5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◎◎ タイヤの窒素ガス充填の効果って? ◎◎

1 :Pussy:02/11/30 10:02 ID:2cZKEnxz
タイヤの窒素ガス充填って効果ってあるの?
宣伝みると、膨張率が低いので温度による空気圧の変化が少ないとか、
分子が大きいのでエア抜けが少ないとかいいことばかりかいてあるけど…
乗り心地までよくなるらしい(本当?)。
確かにF1とかのレーシングカーは窒素ガスを充填しているらしから、極限状態では効果ありか?
4本で2,000円となっていたが、果たしてその効果は???

2 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 10:02 ID:LbMRmgDe
ないよ。


3 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 10:03 ID:LbMRmgDe
まぁ、宣伝に踊らされて気分で満足しなさいってこった。


4 :◆z51....... :02/11/30 10:13 ID:JwnoASEp
オイラの車は80%窒素充填さ。

5 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 10:16 ID:YIshYzXf
>>4
残り20%は酸素?

6 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 10:17 ID:+yWchrmy
ヘリウムガス入れたら、ロードノイズが面白い音になりますた。

7 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 10:22 ID:g7o215pU
そもそもホントに入れてるかどうか、チェックのしようがない罠。

8 :Pussy:02/11/30 10:24 ID:2cZKEnxz
そうだった、大気中の空気も80%が窒素だったね…

9 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 10:27 ID:JEU8In2+
はい終了

10 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 10:33 ID:nGzJqx8z
F1(その他自動車レース)って、窒素ガス使うのはタイヤだけじゃないし。

11 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 10:42 ID:pzsF1690
乾燥した空気だろ!

12 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 10:45 ID:vWG4JYbw
>>11
マジに言ってる?

勿論冗談だよね?

13 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 10:45 ID:Ryyx8eMP
F1で窒素使うのはクラッシュ時の火災対策では・・。

14 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 10:47 ID:Kb0iQAKt
俺はバネ下軽量化の為に水素入れてますが、なにが?
数gの差でしかないが、差が分かる人にはお奨めだよ。


15 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 10:48 ID:4LcQnRpz
マジレスすると
F1でもBSは脱水した空気使ってる

ま、チッソ入れてスパシーボ味わえ(w

16 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 10:49 ID:GDzfJarh
足踏み式ポンプ<<<<<圧搾空気(これが普通)<<窒素充填<<<<<ヘリウム充填

まぁ、一般人は圧搾空気で充分。フツー無料だし。

17 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 10:50 ID:vWG4JYbw
>>14
君の「分る人」というのは
サーキットで0,01秒を争う人の事ですか?

町乗りには意味無い事は判っているよね?

18 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 10:51 ID:pzsF1690
>>15
そうですね


19 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 10:56 ID:7DOzMMbc
窒素入れると、バーストし易くなると言う噂があるんですが、本当ですか?

20 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 10:56 ID:djsPo19T
じゃぁ、俺もマジレスするが、
窒素は良い。非常に良い。

だが、ガススタでの窒素充填には何の意味も無し。
真空にして空気抜いている訳ではないから。

窒素入れて抜いて最最充填しても98%。
元々80%のものが98%になっても・・・
100%の効力は発揮出来ず、
100%発揮しても時速160km以上で効力が分る。

つまり、街中では意味が無い。
(バイクなら効果大)

21 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 10:59 ID:wE7EPS2F
もともとタイヤへの窒素充填は航空機から始まったとされているけど、その理由は
空気だと中に含まれる水分が高々度飛行時に低温で凍結し固体化する(氷になる)
のを防ぐ為、というのが主たる理由らしい。(クラッシュ時の火災の際にタイヤ内
の空気に含まれる酸素が助燃剤として作用するのを防ぐという意味合いもあるけど)

その点、窒素ならボンベから充填する限り湿度0%(含有水分ゼロ)だからね。

22 :GG:02/11/30 11:10 ID:f/LjKJD0
車に乗り始めた頃、窒素を入れてみたが全く体感出来なかった
タイヤ交換をし、暫く空気で走ってた・・・・

色々足回りに気配りするようになって
細かいセッティングが解るようになり
また、窒素を奨められ、入れてみると
ハンドリングや、挙動までもが変わって感動した

色々な気体が混合してると、圧力でお互いの分子の隙間に入ろうとするので
圧力に対しての収縮率が安定しない
窒素は直巻きのスプリングと同じ役割があると考えられる

23 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 11:16 ID:wE7EPS2F
同じ冷間時圧力で充填を行った空気充填タイヤと窒素充填タイヤでそれぞれ
同じコースを同じだけ周回した場合を比較すると、窒素充填タイヤの方が
圧力の上昇率は小さい値を示すのは事実。(ただし、それなりにハードな
走行をしないとその差異は判らないけど)

これが窒素充填支持派の主張する、窒素の優位性の1つになってるんだけど
圧力上昇率に差が出てくる原因はじつは気体に含まれる水分が原因であって、
気体の熱膨脹率自体は酸素も窒素も同じ。 ということは、湿度0%の空気と
湿度0%の窒素とで比較すれば全く同じということだ罠。

乾燥窒素ならば窒素ボンベから簡単に充填出来るから、乾燥空気を作るよりも
むしろコストも安く扱いも簡単ということ。

24 :23:02/11/30 11:21 ID:wE7EPS2F
>>23 の補足。
「それなりにハードな走行をしないとその差異は判らない」 とは、タイヤが熱くなる
ほどの走行をしないと、空気充填タイヤと窒素充填タイヤの内圧の上昇率の差が現われ
にくい、という意味。 ある程度以上の温度上昇が無いと空気充填タイヤ内部の水分が
気化しないからね。

25 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 11:25 ID:UiLBrUrB
誤差で収まるよ

26 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 11:26 ID:cKUz3DhP
>>21
それは窒素のグレードによる。>水分
窒素ガスにも安いのから高いのまであるんだぞ。
っても三段階くらいだが。


27 :GG:02/11/30 11:27 ID:8XgGedDc
>>25
RE711とRE01のタイム差も誤差で収まるよ


28 :23:02/11/30 11:29 ID:wE7EPS2F
というわけで、タイヤが熱くなるようなハードな攻めの走り(笑)をする人でもない限りは、
空気充填でも窒素充填でもほとんど差はないものと思われ。

29 :GG:02/11/30 11:29 ID:8XgGedDc
アルコール50cc+水50ccは、たしか97ccになるんだったかな
不純物は物質の体積をも変化させてしまいます

だから窒素が有効なんですよ

30 :23:02/11/30 11:30 ID:wE7EPS2F
>>26
とりあえず工業用窒素ボンベ(灰色のヤツ)から充填すれば湿度ほぼ0%ナリよ。

31 :23:02/11/30 11:35 ID:wE7EPS2F
>>29
それは複雑な分子構造を持つアルコールだから起こる現象ですね。
極めて単純な2原子分子の気体である窒素と酸素の混合気体では起こりません。
そしてその混合気体の熱膨脹率は、それぞれの気体単体の場合と同じになります。

32 :23:02/11/30 11:38 ID:wE7EPS2F
ちなみに漏れはべつにサーキットや峠を攻めてるわけでもないので、ごく普通に
空気入れを使ってシュコシュコと空気を入れてまつ(w

コンマ1秒を争うシトはどうぞ窒素でもヘリウムでも入れてくらはい。

33 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 11:49 ID:lrDn1x9i
まあそういうこったな

34 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 11:56 ID:nvD244fP
12ヶ月点検以外、空気圧見ない人には、窒素充填は、とても意味があると思う。空気充填よりも抜けにくいわけだし。

35 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 11:58 ID:lrDn1x9i
>>34
抜けにくいんだ?

36 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 12:03 ID:skv00kW3
圧搾空気充填だが結構抜ける。
2週間で0.3〜0.4キロくらい。
スローパンクチャーでもないようだし(5000キロ毎に交換してるがいつも同じ)。

通常はここまで極端じゃないでしょうけど、最低1ヶ月に1回は点検すべきですね。


37 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 12:24 ID:pzsF1690
>>36
ホイールのバルブも点検しる!
バルブのムシの締め付け不良やバルブ自体の組み付け不良もある。

38 :36:02/11/30 12:27 ID:skv00kW3
>>37
そうか、漏れはずっとタイヤが問題だと思ってたよ。
スポーツ系の奴なのでしょうが無いかな?と。
今日ホイル側も診てみます。

39 :石屋 ◆lOUrJk5KMs :02/11/30 12:31 ID:nsQM7QOA
ttp://www.murakamitire.co.jp/j_contents/kako_contents/omega.html

このHPの真ん中より後半で書いてあるよ。
その他の部分も面白いけどね。

40 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 12:45 ID:lrDn1x9i
>>39
やっぱ水なのね・・・・

41 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 13:40 ID:9MQ3fwQM
>>6
 そ れ だ !


42 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 14:48 ID:SqK34YM8
「窒素は抜けにくいけど、空気は抜けやすい」
この理論だと、主として酸素が抜けるわけだから補充を繰り返していれば
いずれ窒素100%に近づくのでは?

43 :F:02/11/30 15:00 ID:4oIVHtNq
まぁ、自宅に窒素ボンベ設置できればベストだな。
圧搾空気用のコンプレッサでも良いや。


44 :6:02/11/30 15:11 ID:+yWchrmy
>>41
だろ?

45 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 15:19 ID:5SR3Ujbm
>分子が大きいのでエア抜けが少ないとか
窒素と酸素の分子量調べれ。

46 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 19:15 ID:hjXzo1QY
>>22合金じゃないんだからさ・・・・

47 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 19:35 ID:hjXzo1QY
気体は、分子がガッシリスクラムを組んで固まってる状態(固体)でもなければ
米びつの中の米みたいに、互いにゴリゴリすれあってる状態(液体)でもない。

気体の分子ってのは、空中にまばらに存在して互いにぶつかり合いながら飛び
回ってる。そんな状態。エレベーターん中にスーパーボールが100個位猛スピードで
飛び回っていて「ウェ〜〜!大変!!」そんな感じ。
(ちなみに圧力ってのは、ぶつかられた時に受ける力の集合みたいなもんなんだよね)

異なる分子が隙間に入り込むってのは関係無いような。
>>29の話も液体の話でしょ?米びつの中に砂入れて振るうと隙間に入り込んでって
見た目の量が減る。


48 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 19:50 ID:hjXzo1QY
前にも、スレが立った事があったけれどそのときは概ね下のような感じで落ち着いたような。

●気体その物の膨張率や性質は空気とさほど変わらない。(空気の8割までが窒素)
●ただし、ポンプで空気を詰めた場合と違い水蒸気が含まれないのでこの点で有利
●万一の車両火災のときにはタイヤに詰めた気体に酸素を含まないので破裂して噴出
した気体に炎があおられて勢いを増す危険は少ない。(航空機ではこの辺が重要?)
●分子の大きさが大きいので抜けにくい。が差はどの程度あるか疑問(空気の8割が・・)


車の初心者やサンデードライバーがこれを試した場合、もし空気が相当抜けてたりし
たら、効果覿面!ガソスタもそんなお客さんには若干、圧高めに入れる”サービス”
をしてる可能性もあるし・・・・・
また、空気圧をちゃんと管理しているドライバーでもスペアタイヤ位は抜けにくい
窒素をいれてズボラしてもいいかな?って事もある。スペアタイヤはやや高圧だし。
燃料タンク近くではあるし。

他にも、チューブから若干ずつ漏れ出す酸素がホイールに与える影響とか、振動の
減衰特性とか、言われてみれば「厳密には無いとは言えないが・・・」的なのも
あったけれど実際に差になって現れるとは考えにくいって事で落ち着いたような。

結局、きちんとタイヤ管理してる人なら必要無し!
でも、気分で入れてみるのも悪いわけじゃ無し!(副作用無し!)ってことで。

49 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 19:58 ID:hjXzo1QY
あと、ヘリウム入れるのはお金に余裕のある人はやってみても良いですが、水素は
ダメです。止めてください。
それの発展形で(発展形か?)水素と酸素の混合気体を入れてドキドキしながら高速
を走るってのも・・・以下略

50 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 21:22 ID:v5pAjyqk
>>49
ンな奴いねぇってw

51 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 21:32 ID:HaVr51oY
≫49
工業用ヘリウムってそんなに価格は高いの?
ひと壜ナンボって位だと思ってたけど。

ってか…ヘリウムってめちゃ抜けるの早くない貝?

52 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 22:37 ID:Bc9MrQmS
まぁヘリウムじゃ無くて屁でも入れとけ

53 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/11/30 23:06 ID:TjOZMx8+
>>52
屁は燃えるぞ、危険だw

54 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/01 10:56 ID:4PxPkkEG
≫53
って言うか…タイヤ4本分の屁を回収するのコレ大変。

某お乙か制約みたいにウレア精製用に自衛隊宿舎から尿を回収したみたいに
屁回収装置を設置する貝?

55 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/01 11:34 ID:Hsk3nhZ7
>>51
水素はもっと抜けやすいって

抜けにくさを追求するなら、炭酸ガス(CO2)なんかどうかと思うのだが。言わずと知れた不燃性ガスだし。
でも、フロンほどではないにしても大気放出や製造が規制されてるから普及しないだろうが。

56 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/01 11:58 ID:7FZEq1TX
>>22
>色々な気体が混合してると、圧力でお互いの分子の隙間に入ろうとするので
常温常圧の気体でそれはないよ・・・・

>>55
CO2はめちゃくちゃ抜けやすい。
分子の大きさだけで決まる物じゃないらしい。
タイヤ充填程度のCO2の大気放出なんか規制されてないだろ。
んなこといったらタイヤ以前に車が大量放出源

でもって窒素の効果だけど、既にいくらか水が結露してたまっている
タイヤに完全乾燥窒素を入れた場合、これを蒸発させて結露させない
ようにする効果はあると思う。この場合は圧力変動が減るという形で
現れるかもしれない。


57 :GG:02/12/01 12:06 ID:26NAJzkc
>>56
厳密に言うと考えられるのでは?
常圧とは言ってもタイヤの空気圧から瞬発的に最大どの位の圧力がかかるか・・・

もしCO2ならその瞬発的な圧力で一瞬液化する事も考えられないだろうか?

58 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/01 12:08 ID:F10nw01g
抜けが少ないのと温度変化に強いのを実体験しました

年に一度しかエア増しせずに済んでいます

月一にチェックしてますが本当に変化無し

チェックが原因で漏れているかもしれませんがね


59 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/01 12:10 ID:fOmkCC63
>>57
もう一度物理を勉強しる!

なんだかまたトンデモなかほりが漂ってきたよ〜

60 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/01 12:17 ID:E2UMiKNW
>>16
アフォの漏れに教えてくれ。
足踏み式ポンプと圧搾空気充填は違うのか?
足踏み式ポンプって、ホームセンターとかで売ってるやつだろ?
圧搾空気充填って、GSでコンプレッサー使って一気に入れるやつだろ?

マジレスキボン

61 :GG:02/12/01 12:18 ID:26NAJzkc
>>59
書物が全て正しい訳では無い
同じ圧力でも、中に入ってる気体によって共鳴振動数は違うとか
色々な要素が影響してると考えてもおかしくない
柔軟な考え方しませんか?

私立の医学生じゃあるまいし

62 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/01 12:19 ID:t0UUu62o
みんな凄いなぁ。
おれ、今まで息で膨らませてたよ。

63 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/01 12:27 ID:qL3MvOoX
>>58
月一でチェックするならそんときエア補充したっていいじゃん。

もし仮に確実に1年間エア抜けがない(充分少ない)のだとしても、
タイヤのパンクなどで圧力低下してないかチェックする必要はどのみちあるやん。

64 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/01 12:30 ID:qL3MvOoX
>>61
物理法則以前に、
そこまで「厳密」に考慮する必要があるのか?
というのが柔軟な考え方ではなかろうか?

65 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/01 12:31 ID:t0UUu62o
ゴムの材質や木目細かさも考えなければならないよ。

66 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/01 12:41 ID:4PxPkkEG
またまた…自称学者さんの自論の応酬が始まっちったよん(ワラ
アホ臭っ!たかが車のタイヤの中に充填された気体如きにここまで佳代。

ってか…まぁ、こう言う議論から新ハケーンが出てくる鴨知れん支那。
が…しかしおまいら頭硬すぎだわ。



67 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/01 12:53 ID:4PxPkkEG
↑頭の硬度の高い世間知らずな頭てっかちなヤシら…
ジャパネットた○たの立て板に水な売り文句に
アシスタントやサクラのわざとらしい『をぉ〜!!とかパチパチ…』に見事なまでに洗脳されて
ローヤルゼリーoh乳なんか買うんじゃねぇぞコラ!

68 :GG:02/12/01 12:55 ID:26NAJzkc
タイヤは車の運動性能を支える最も重要な物でしょ
窒素以上に適した気体を研究してみるのも良いかも
専用のタイヤが必要になるかも知れないが
クーラントがただの水ではないように、タイヤも追求するべきかと
乗り心地重視や運動性能重視で混合比を変えたり、選択出来るようにすれば
新しいビジネスになるかもしれない

69 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/01 12:58 ID:qL3MvOoX
研究する必要があるのなら、2ch読んでる場合じゃないと思うが・・・。

70 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/01 13:08 ID:j0z8w8W1
乾燥した(水分がない)窒素や空気を入れれば、通常のコンプレッサーエア
に比べて空気圧の変動は抑えられます。が、今装着しているタイヤについて
は、効果が期待できません。タイヤ内面に付着している水分が除去できない
からです。
というわけで、もし窒素充填されるのであれば、新品タイヤ装着時をお奨め
いたします。

71 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/01 13:13 ID:j0z8w8W1
加えて、エアコンプレッサーのドレン抜きなどの基本的なメンテに気を使って
いるタイヤショップであれば、窒素充填とコンプレッサーエアの差が小さいは
ずです。まるで霧吹きのように水分を含んだコンプレッサーエアを平気で充
填しているようなDQNなショップなら、差は大きいでしょう。
何たる皮肉か。

72 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/01 13:14 ID:6Bty95zb
クーラントは必要にせまられてって感じで作られたからねぇ。
水道水じゃあ錆びるし腐るしね。井戸水だと更にミネラル分が張りついたり・・・
放熱性だけで言えば真水の方が性能は高い。レースでは水道水って車も少なくないん
じゃなかったけか?

サーキットや航空機に使われてるのも「乾燥しているから」ってのが主な理由でしょ?
あとは安全性とか。要するに「窒素」そのものの効果はうすいし、必要性もうすい。

>>60
基本的にフットポンプで入れた空気も、コンプレッサーで詰めた空気も一緒じゃない
かな?大切なのはその後にきちんと空気圧を管理することの方だと思われ。
あと、自転車置き場に雨ざらしで置かれてたような空気入れ使うと、いっぱい水分が
入っちゃうかも。漏れの持ってる空気入れは油とかさして使ってるからそれも入る
かも。車に使ったことはないけれどね。

73 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/01 16:06 ID:H27/9dib
ハマーみたいにすればこれで解決。
要するに空気漏れして空気入れるのがめんどくさいんだろ?
だったらこれでいい。


74 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/01 16:15 ID:4U47XRrf
>>22
>窒素は直巻きのスプリングと同じ役割があると考えられる

「考えられる」・・・か。実証はされてないのか?

75 :GG:02/12/01 16:42 ID:26NAJzkc
>>74
考えただけです・・・・

76 :ふっさーる ◆XBR5fZcq3w :02/12/01 20:29 ID:W7LPoOT3
しょせん、どんなに入れても車のタイヤは3キロ程度
10キロ近く入れる自転車にくらべりゃ・・・・。

77 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/01 20:45 ID:1l6cnwEZ
>>72
多くの場合レギュレーションで水道水以外の使用は禁止されています。
だから毎レース後に抜かなくてはならず面倒。


78 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/01 21:09 ID:WPi6R5iR
>>61
窒素100%と空気とで音速どれくらい変わるか計算できたら聞いてやる。

79 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:02/12/02 12:14 ID:nMDUDNNM
>>56
> 分子の大きさだけで決まる物じゃないらしい。

ゴムの種類によってはCO2で膨潤しますね。
高圧条件だとテフロンパッキンなんかもやられます。

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)