5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【社説】 読売新聞の社説を見る 【評価】

1 :文責・名無しさん:02/10/11 18:11 ID:7NWb6nkX
朝日があるなら、読売も比較しながら社説を見ていきましょう。

とりあえず、2-4に1の推薦殿堂入り社説。

2 :文責・名無しさん:02/10/11 18:11 ID:7NWb6nkX
10月11日付・読売社説(2)




 [土井党首謝罪]「『拉致』めぐる過去は消えない」

 今さら何を言っても信用できない、と言うしかない。

 社民党の土井たか子党首が、北朝鮮による日本人拉致事件に関し、旧社会党時代からの対応を陳謝した。

 社民党は近く、この問題に対する党としての正式な見解を示すという。

 長年にわたって北朝鮮に迎合し、不見識な対応をしてきたのが旧社会党―社民党である。拉致事件をめぐる過去は、一片の謝罪だけで消えるものではない。

 社民党は、旧社会党の時代から朝鮮労働党と「友党」の関係を築いてきた。党代表団の訪朝は二十回以上に及ぶ。この親密な交流を背景に、北朝鮮寄りの立場から、国交正常化交渉を急ぐべきだ、といった主張を繰り返してきた。

 拉致問題では、「拉致はない」との北朝鮮の主張に沿った対応を続けてきた。党機関誌は五年前、「新しく創作された事件」との論文を掲載したほどだ。

 その論文は、日朝首脳会談で金正日総書記が拉致を認めたあとも、しばらくの間、社民党のホームページに掲載され続けた。同党の姿勢が、いかに無責任であるかを示すものである。田嶋陽子参院議員も社民党離党の理由に、拉致問題で党が全く説明していない点を挙げた。


3 :文責・名無しさん:02/10/11 18:12 ID:7NWb6nkX
土井氏の謝罪も極めて不十分だ。

 拉致事件に対する、これまでの取り組みについて、土井氏は「追及に十分努力してきたとは言えない」と釈明した。しかし、そもそも、北朝鮮側に拉致事件の解明を迫ったことなどあったのか。

 有本恵子さんら拉致被害者の家族は、土井氏ら旧社会党関係者に協力を求めたものの、対応は冷淡だったという。そうした点についても、説明がない。

 社民党は、朝鮮労働党に抗議することを決めた。が、「日朝友好」の名の下に社民党自身が北朝鮮にすり寄り、その主張を代弁してきたのではなかったか。

 土井氏は、社民党として過去の対応を「総括する」と語ったが、本当に総括などできるのか、極めて疑問だ。

 共産党も謙虚に反省すべきだ。

 二〇〇〇年十月の党首討論で、当時の不破委員長は、拉致事件は「疑いがある段階から出ていない」とし、拉致事件の解明を国交正常化交渉の前提とすべきではない、と主張していた。

 拉致被害者の増元るみ子さんの親族は北朝鮮が犯行を認めた直後の記者会見でこう問いかけている。

 「この問題を無視し続けた国会議員の方々、社民党、共産党の方々、我々に言うことがあったら連絡してほしい」

 社民、共産両党はこの声に、真摯(しんし)にこたえる重い責任がある。

(10月11日08:30)



4 :文責・名無しさん:02/10/11 18:13 ID:7NWb6nkX
本日の読売新聞の社説を見ると、
2ちゃんねるを見てるのではないかと疑うほどの
クリティカルヒットですw

5 :文責・名無しさん:02/10/11 18:15 ID:3s5IEFxo
日本人と2チャンネルが近づいてきたようだ
めでたい

6 :文責・名無しさん:02/10/11 18:33 ID:7NWb6nkX
保守

7 :文責・名無しさん:02/10/11 18:40 ID:Hi0bmgWD
なんだ、みんな産経を見放したのか

8 :文責・名無しさん:02/10/11 18:51 ID:IF50wr3t
>>52ちゃんねるは日本人の気質に合うサイトなんだと思われ

9 :2001/12/24日付・読売社説:02/10/11 19:44 ID:bZRmaa5z
[拉致問題]「『北』の姿勢には筋も道理もない」

 日本国民の神経を逆なでする不誠実極まりない態度だ。
 北朝鮮の朝鮮赤十字会が表明した「日本人『行方不明者』の消息調査全面中止」である。
 国際社会の健全な一員たろうとする姿勢が、まったく見えない。
 鹿児島県・奄美大島近海の日本の排他的経済水域内で行動していた不審船は
北朝鮮の武装船の疑いが強まっている。そうであれば、なお一層、重大な疑念と不信を抱かざるをえない。

 日本政府の調査では、過去に北朝鮮によって、少なくとも七件十人の日本人が拉致(らち)された疑いが極めて濃厚だ。
 日本の国家主権の重大な侵害である。拉致された人はもとより、家族の心痛を思えば、深刻な人道問題でもある。
 北朝鮮が拉致を認めれば、他国の主権を侵害した無法者国家と、自ら認めることになる。
日本側はやむなく、「行方不明者」として調査を求めてきた。

10 :2001/12/24日付・読売社説:02/10/11 19:44 ID:bZRmaa5z

 朝鮮赤十字会は、「拉致は虚構」と強弁し、行方不明者は「北朝鮮内にはいないことが判明した」と言う。
 その上で、拉致問題解決の要求を「謀略的な拉致騒動」と決めつけ、これ以上、調査は出来ないと宣言している。
 筋も道理もない主張である。
 この時期に、こうした挙に出たのは、朝銀信用組合事件をめぐる在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)への強制捜査に対する反発がある、との見方もある。
 犯罪を摘発し、法手続きに従って厳正に処理するのは、法治国家として当然のことだ。
それを「拉致」問題と結びつけるとしたら、筋違いもはなはだしい。

 北朝鮮の出方には、拉致問題を駆け引き材料にコメ支援の引き出しを狙った、揺さぶりの可能性もある。
 相手の手の内にはまって、侮られるようなことがあってはならない。
 米同時テロ後、北朝鮮の一時の積極外交は停滞し、米朝、南北の関係も手詰まり状況にある。
「テロ支援国家」に指定し、厳しい態度で臨む米国に対する激しい非難にも、国際的な孤立を深めていることへのいらだちがうかがえる。

 九四年の核開発をめぐる朝鮮半島の緊張は、冷戦終結後に孤立感を募らせた北朝鮮の“瀬戸際政策”の結果だった。
同じ行動に出ないとは断言できない。
 「よど号ハイジャック事件」の犯人を今もかくまっている北朝鮮は、日本から見ても、明らかにテロ支援国家だ。
 核開発疑惑やミサイルの開発、配備などが、地域の平和と安定を脅かしている状況にも、まったく変化はない。
 日本は、原則的立場を堅持し、毅然(きぜん)とした態度を貫かなければならない。

11 :2002/05/10日付・読売社説:02/10/11 19:49 ID:bZRmaa5z
 [総領事館侵犯]「中国に良識ある対応を求める」

 不明な部分は残っているが、主権を侵されたことだけは、はっきりしている。
 中国東北部・瀋陽の日本総領事館に駆け込んだ北朝鮮の住民とみられる人々が、
日本側の同意なく、敷地内に立ち入った中国の警察当局に連行された。
 領事事務を行う公館の不可侵を定めた「領事関係に関するウィーン条約」に対する、明らかな違反である。

 日本政府は、中国政府に抗議し、事実関係の説明を求めるとともに、連行された関係者の引き渡しを要求した。
主権国家として、当然のことだ。
 中国政府が、連行した関係者の引き渡しをはじめ、誠意ある対応を早急にとるよう、強く求めたい。
 連行された二人は、総領事館の正門を抜け、一階のビザ申請待合室まで入ったところで取り押さえられた。
中国警察当局の行動は行き過ぎであり、非が中国側にあることは、明らかだ。

 中国の武駐日大使は、竹内外務次官に対し、警察の行動は総領事館の安全確保のためにとった措置であり、
国際条約も順守していることを強調した。

12 :2002/05/10日付・読売社説:02/10/11 19:49 ID:bZRmaa5z

 昨年来、生活苦や圧政を逃れようと、北朝鮮から脱出してきた住民が、
亡命を求め、北京にある欧米諸国の大使館などに駆け込むケースが増えている。
このため、中国側は監視や取り締まりを強化しており、今回の対応も、そうした方針を反映している、との見方がある。
 しかし、だからといって、条約無視の行為が許されていいわけはない。
武大使の説明も、とても納得できるものではない。中国政府は、事実関係を検証したうえ、対応を考えるべきだ。

 国交正常化からちょうど今年で三十周年を迎える日中関係は、このところ、ぎくしゃくとした状況が続いている。
 偶発的とも言える、今回のような出来事で、関係をこじらせるようなことがあってはならないし、
中国にとっても、それが決して本意ではあるまい。
 これからの日中関係をにらんだ、中国の、良識ある判断が求められている。
それが、中国に対する、国際的な評価にもかかわることになる。

 中国側が引き渡しに応じれば、本人の意思を確認したうえで、第三国への移送などの措置をとればよい。
過去にも、北朝鮮の人間が、日本の在外公館に亡命を求めてきた例はある。
 中国が引き渡しに応じない、というのであれば、あくまで毅然(きぜん)として、翻意を迫ることだ。
事を荒立てる必要はないが日本の対応もまた、国際的に注目されていることを忘れてはならない。

(5月9日22:18)

13 :2002/05/19日付・読売社説:02/10/11 19:53 ID:bZRmaa5z
[中国の模倣品]「いつまで放置しておくつもりか」

 「HONDA」(ホンダ)ならぬ「HONGDA」のオートバイが走り「HITACHI」(日立)もどきの「HATICHI」の家電製品が出回る。
 「悪貨は良貨を駆逐する」というが、中国では「模倣品が本物を駆逐する」事態が進んでいる。
 日本企業が大きな被害にあっており、もはや放置できない状況だ。官民が緊密に連携し、早急な対応が求められる。
 日本製品をコピーして本物を装う模倣品は、かねて、韓国、台湾製などが問題にされてきたが、近年は中国製による被害が急増している。
 オートバイや電動工具、家電製品、腕時計、日用雑貨、音楽CDなど、その品目も多岐にわたる。

 中国に進出している日本企業を対象にした昨年の調査では、54%の企業が何らかの模倣品被害にあい、年間被害額が十億円以上の企業が11%もあった。
 中国の模倣品で日本が被っている被害総額は、年間一兆円に達するという推計もあるほどだ。
長びく不況で、血のにじむような努力をしている企業にとって、看過できない状況にある。

14 :2002/05/19日付・読売社説:02/10/11 19:53 ID:bZRmaa5z

 オートバイを例にとると、中国の年間生産台数は一千百万台で世界トップだ。ところが、その七割が模倣品とされる。
中国国内ばかりか東南アジアなどに安く輸出されるため、日本企業にとっては二重の痛手になっている。
 中国は、世界貿易機関(WTO)への加盟(昨年十二月)を前に、知的財産権関係の法令を整備した。
 世界標準のルールを守り、“模倣品天国”の汚名を返上する責任は、もちろん中国政府にある。
 それなのに、模倣オートバイの製造に地方の国有企業がかかわっている例さえある。模倣体質の根は深い。
 「優れた製品だからまねされる。いわば“有名税”だ」と、あきらめてきた日本企業も多かったという。これでは、事態の改善はおぼつかない。

 関連業界団体などが先月、「国際知的財産保護フォーラム」を発足させ、
被害実態の把握や対策の実施で協力体制を整えた。訴訟なども辞さない筋の通った対応も、ためらうべきではない。
 それでも、政府が民間を強力にバックアップし、対策の先頭に立たない限り、抑止効果は限られる。
 二国間の協議で具体的な改善を強く求めたり、WTOの場で是正を迫るなど、あらゆる手段を動員すべきだ。
 政府が「事なかれ主義」から脱却することこそが模倣品対策の大前提、と言われるようでは情けない。

15 :2002/08/17日付・読売社説:02/10/11 19:56 ID:bZRmaa5z
[教科書採択]「妨害は『表現の自由』への挑戦だ」

 国が検定合格させた教科書を地方教委が採択する。当たり前のことである。
 それに対する妨害行為こそが問われねばならない。
 愛媛県教委が「新しい歴史教科書をつくる会」メンバーらの執筆による中学歴史教科書を、来春開校する県立中高一貫校の教科書として採択した。

 この教科書をめぐっては昨年、各地で採択に当たる関係者に、集団的な威嚇の電話がかけられるなどした。
 それが、文部科学省の教科用図書検定調査審議会が先月の答申で「静ひつな採択環境」を求めるきっかけとなった。
 今回の同県教委の採択の前にも、反対グループが県庁前でハンストを行い、県警が委員の安全確保に乗り出した。
混乱を避けるため、採択決定はタイムリミットぎりぎりまで先送りにされてきた。
 異常な事態である。
 外部からの圧力で採択を左右しようとすることは、断じて容認できない。

16 :2002/08/17日付・読売社説:02/10/11 19:57 ID:bZRmaa5z

 韓国国会議員二十人が署名した、不採択を求める要請文が、県教委に提出された。採択決定後、中国外務省は批判談話を発表した。
 思想、表現の自由に対する挑戦であり明らかな内政干渉だ。
 教科書採択が、地方教委や複数の市町村による採択地区協議会に委ねられているのは、教育の中立性を保障し、地域の実情に合った採択を行うためだ。

 教科書の採択地区は今、狭められつつある。地域性を考慮した採択を行うためである。望ましい動きだが、地区の規模が小さいと、外圧にさらされやすい。
 教科書採択が威嚇行為や外国からの圧力などによって左右されると、それを理由に、検定や採択に対する権力の介入も招きかねない。
 教科書には、学習指導要領に沿った共通性と、執筆者の独自の判断も反映した多様性が、ともに求められる。
 多様性の確保こそが、教科書検定制度の根幹である。

 検定制度を違憲として行われた教科書訴訟では、執筆者の思想、表現の自由、教科書記述の多様性を確保すべきだというのが、原告側の主張だった。
 今回の採択に反対運動を展開している人たちには、教科書訴訟の支持者も少なくない。
「つくる会」の教科書は、自分たちの考え方に反する、というのがその理由だ。知的誠実さを欠いた、明らかな「二重基準」である。
 様々な教科書の中から、住民の負託を受けた教委や協議会委員が、地域に合った教科書を公正に選ぶ。それこそが民主主義に基づく教育のあり方である。

17 :2002/08/23日付・読売社説:02/10/11 20:00 ID:bZRmaa5z
 [「日本海」呼称]「政府は毅然として『歴史』を守れ」

 これも、政府・外務省の対応の鈍さが問題をこじらせたケースと言えるのではないか。
 国際水路機関(IHO)が、日本海を「東海」と改称するよう求める韓国の主張に応じて、
来年改訂予定の海図「大洋と海の境界」の最終稿から、日本海の掲載ページを削除した、という。

 韓国の主張は受け入れられないが、日本政府も毅然(きぜん)と対応してこなかった責任を自覚すべきだ。
IHOに断固抗議するとともに、韓国にも「日本海」の呼称の正当性を強く主張する必要がある。
 韓国の主張には問題点が多い。朝鮮半島から見れば日本海は「東海」だろうが他のどの沿岸国にとっても、東の海ではない。
北極海が、世界中のどの国から見ても北の方向にあるのとは異なる。
 「日本海」の呼称は、歴史的にみても正当性がある。

 十七世紀初頭のイタリア人宣教師の手による世界地図に登場し、日本の鎖国時代の十八世紀末以降、欧州を中心に定着した。
韓国が主張するような、二十世紀前半の日本の植民地政策によるものなどでは決してない。
 それにしても、日本政府は事態がここまで進む前に、なぜ、きちんと手を打たなかったのか。

18 :2002/08/23日付・読売社説:02/10/11 20:00 ID:bZRmaa5z

 韓国が呼称変更を持ち出したのは、一九九二年の国連地名標準化会議でのことだ。その後、韓国はIHOなどに猛烈な根回しを展開した。
これに対する日本政府の動きは極めて鈍く、IHOへも効果的な働きかけをしてこなかった。
 日本政府には“前科”がある。二〇〇〇年に発効した日中漁業協定は、東シナ海を「東海」と表記している。
世界中の地図、日本中の地図に「東シナ海」と表記されている海を、公式文書の中で、わざわざ「東海」としたのは、どのような理由からか。

 「チャイナ・スクール」と呼ばれる外務省の親中派グループが中国に迎合した結果だろう。まことに情けない。

 中韓両国の要求を受け入れれば、日本の地図には、二つの「東海」ができてしまうことになる。
 韓国が、黄海を「西海」、東シナ海を「南海」と呼ぶのは自由だが、国際的には通用しない。
そもそも、韓国が中国や国際社会に対して、東シナ海を「南海」とせよ、などと要求しているという話は聞かない。
 日本海についてだけ、韓国が自国中心的な要求を持ち出すのは、日本政府がこれまで、筋の通った対韓外交をしてこなかったためだ。
政府は、毅然とした姿勢で対応しなければならない。

19 : :02/10/11 20:06 ID:bZRmaa5z
>>17-18の読売社説に対し、韓国政府が抗議

韓国の東亜日報
http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=060000&biid=2002082485468

韓国の国政広報処は20日、
「読売新聞は、日本帝国主義のアジア侵略をわい曲かつ美化し、従軍慰安婦問題も合理化した」
として、抗議の書簡を読売新聞に送った。


20 :9〜19:02/10/11 20:10 ID:bZRmaa5z
長々と失礼しました。

21 :文責・名無しさん:02/10/11 20:33 ID:BxvQEe/y
>>20
お疲れ様です。

感動しますた

22 :文責・名無しさん:02/10/11 22:09 ID:RBrkzz+o
>20
態々有難う御座いました。

確かにこれらは殿堂入りでも可笑しくない社説だ

23 :文責・名無しさん:02/10/11 23:07 ID:zj4BaRtG
いいスレだ

24 :文責・名無しさん:02/10/11 23:27 ID:xMf3v1x/
8/15の社説を入れておかなければなりませんよ。

25 :文責・名無しさん:02/10/11 23:52 ID:+9yNtW4G
関連スレ

ニュー速+
【社説】[土井党首謝罪]拉致事件をめぐる過去は、一片の謝罪だけでは消えない
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1034260726/


26 :文責・名無しさん:02/10/11 23:55 ID:hqO//KI+
読売の最近の強気は、2ちゃんねるの世論が相当影響してるように思えてなりませんがいかが?

27 :文責・名無しさん:02/10/12 00:16 ID:t3+Ug9BR
10月12日付・読売社説(2)

-----------------------------------------
 [平 和 賞]「地道な努力に与えられた栄誉」
-----------------------------------------

http://www.yomiuri.co.jp/08/20021011ig91.htm


… [平 和 賞] っていう文字の強調の仕方が微妙に2chっぽくてワラタ。


28 :文責・名無しさん:02/10/12 00:20 ID:xYtUwEu6
>>26
2ちゃんねるだけではないでしょうが、かなり影響は与えていると思いますね。
膨大なアクセス数を誇る掲示板に書かれる様々な意見が、
世論のある部分を代表している事には間違いないですからね。
これまでサイレント・マジョリティと言われてきた人々の意見が、
ネット上には溢れている感じがします。



29 :文責・名無しさん:02/10/12 00:27 ID:UK5ONrJQ
ナベツネはマズーだけど、基本的に読売はバランス感覚あるよね
やや右より(中道右派・センターライト)だけど、
しっかりと政府批判するときもあるしね
ただ政府に妄信的な産経とか、ただ政府に批判的なアサピーとは違うね

30 :文責・名無しさん:02/10/12 00:30 ID:TzWnfD9O
良くも悪くも庶民的な新聞だからな。

31 :文責・名無しさん:02/10/12 00:34 ID:e5ObhxZ7
朝日は世界的にも特別すぎる・・・
自国に反抗的なメディアなんて普通ねーよ・・・

32 :文責・名無しさん:02/10/12 00:37 ID:lHE3H5a4
4年前、朝日(と名指しこそしてなかったものの)が従軍慰安婦問題をはじめ
歴史を捏造したと非難して、その直後に韓国政府から抗議が来た社説持ってる人居ませんか?

33 :32:02/10/12 00:39 ID:lHE3H5a4
あ、ちなみにこのときは、
中川農水相の発言が朝日はじめ左翼マスコミに問題発言として取り上げられ、
危うく首が飛ぶところでした。

34 :文責・名無しさん:02/10/12 00:41 ID:pUCzAUiT
そういえば、リニューアルしたドラえもんが2ちゃんで割と評判良かった
っていう記事が確か昨日の夕刊に出てたぞ。

35 :文責・名無しさん:02/10/12 00:44 ID:UduOOlw6
>>28
部屋出て選挙いけ。

36 :文責・名無しさん:02/10/12 00:56 ID:Fzb+YSbB
読売も硬派になってきたね。
なんか産経の社説みたいだよ。


37 :文責・名無しさん:02/10/12 01:05 ID:e5ObhxZ7
今までは、世論が反日左翼チックであるとばかり思っていたのに、
ネットによって実態を見てみれば、
意外や意外、特に若者は結構なナショナリズムな毒の少ない愛国者である事が判明。
じゃあ、いままで心にもない日本的左翼のようなことを言ってきたけど、
少しは普通の意見を書いてみよう

そう思わせたんだろうね。
おれもネットするまでは、
世間はアホな反日ばかりと思ってたけど、そうでもないことに安心したし、
こういう普通の意見を言うと、本気で身の安全を考えた物だが、
そうでもないことに安心して、ネットの意見を書けるようになった。

38 :文責・名無しさん:02/10/12 01:07 ID:UduOOlw6
>>37
反日キチガイ発見!!


39 :文責・名無しさん:02/10/12 01:13 ID:lHE3H5a4
>>37
そそ。
実際に社会人になって社会に出てみると、結構ナショナリスト的な意見の持ち主が多い。
それも本人は別に政治に興味なんか無くて国粋的だと思ってないパターンが多いんだよね。

例えば「外国人が来ると治安が悪くなるから来て欲しくない、っていうか来るな!!」 とか、
「外国人参政権?日本国籍も持ってない奴等がアホ抜かせ」とかね。
要は社会人になると自分担当の仕事では損益割れは許されないから損得勘定で物を見るようになる。
物の見方が徹底的にシビアだ。そこには「外国人との共生を」なんて生ぬるいガキ書生の言い分など入り込む余地は無い。




40 :文責・名無しさん:02/10/12 17:39 ID:Opw+ZcJ8
TV欄の放送塔に
「司会が独善的で強引
テレビ朝日系27日「朝まで生テレビ」の独善的で強引な司会にあきれ果てた。
意見を言いたいならパネリストの座に座ればいい。(類似意見3通)」

って投稿が載ってたけど、
27日の生テレビの司会について、詳細きぼん


41 :文責・名無しさん:02/10/12 18:16 ID:e5ObhxZ7
露骨な世論誘導=朝日

42 :27:02/10/12 18:50 ID:t3+Ug9BR
あれ?今見たら>>27の社説が [平和賞] になってるよ。
何で普通の書き方に直しちゃったんだろう?

43 :文責・名無しさん:02/10/12 19:12 ID:i116XHoH
>>40
田原総一郎「いいか!? いいか!? いいか!?
(〜中略〜)いいか!? いいか!? いいか!?」


↑確かこんな感じの司会ぶりだった。

44 :文責・名無しさん:02/10/12 23:38 ID:Xb4Zf8ot
>>43
鶴こうの「ええんか〜?ええんか〜?」と変わらんな。

45 :文責・名無しさん:02/10/13 22:34 ID:xNISg5zE
AGE

46 :文責・名無しさん:02/10/16 22:42 ID:AeK/O/Q1
age

47 :文責・名無しさん:02/10/16 22:47 ID:8IQKPD69
8月15日の社説持ってる人いないか?
確かタイトルは「歴史をすなおに見直したい」


48 :文責・名無しさん:02/10/18 21:43 ID:zOcKoTxu
「テレビ局はなんで竹中 批判をしないのか」
http://money.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1033479580/l50

49 :文責・名無しさん:02/10/19 02:38 ID:v1W9QfRB
ただ、読売読者はほとんど社説なんか読まんわな。
昔、日経の専売所にいたけど、
読売の拡張員は子供にまで印鑑を押させるって有名やったぞ(w

50 :文責・名無しさん:02/10/20 17:48 ID:s4n/suBC
age

51 :文責・名無しさん:02/10/22 16:34 ID:WjdYLcMd
評価!
上げ!

52 :文責・名無しさん:02/10/24 11:31 ID:z+HZrQIj
産経中傷糞スレ上げ荒らしの制でこういう麻酔谷必要なスレが沈んでいる。
マジで一度リセットしる!

53 :文責・名無しさん:02/10/24 18:16 ID:vvTwNYd6
読売の社説は精神分裂病スレを上げてるのはたぶんあの荒らしだよ

これも落とさないで〜

54 :文責・名無しさん:02/10/26 21:51 ID:YMT+8WYq
政府とテレビ局のつながり
http://money.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1033479580/l50
の337.338.339.340

55 :文責・名無しさん:02/10/27 16:00 ID:HhNm8GqL


56 :文責・名無しさん:02/10/29 16:23 ID:bXhK2vPm


57 :文責・名無しさん:02/10/29 18:38 ID:BICdOmtG
age

58 :文責・名無しさん:02/10/31 17:33 ID:SVCsQoD/


59 :文責・名無しさん:02/11/02 19:37 ID:DgbjfL0J
読売(・∀・)イイ!

60 :文責・名無しさん:02/11/04 16:29 ID:7x0raL4H
読売(・∀・)マンセー!

61 :文責・名無しさん:02/11/04 16:35 ID:bc+E8iWY

産経スレのあげ荒しは、それなりに言葉を書き込んでいくのだが、
このスレのから上げは、本当にスカだな・・・

議論の無いスレは落とせ!!

62 :文責・名無しさん:02/11/04 16:53 ID:WxZS/7O8
>>61
朝日必死だな

63 :文責・名無しさん:02/11/04 17:08 ID:djYeTpKF
今日の社説は良かった。


64 :文責・名無しさん:02/11/07 11:18 ID:S9gVaXOZ
♪  \\ ♪わたなべさんちの〜 つねおくん〜 このごろめちゃくちゃ変よ〜♪//   ♪
     \\     どうしたの〜か〜な〜  ♪                 //
     ♪    ∧ ∧     ∧ ∧   ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧     ∧∧  ♪
 ♪    ∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*) ♪
      (゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧
    ♪ ∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)♪
─♪──(゚0 ゚*)|  ∪(゚0 ゚*)|  ∪(゚0 ゚*)|  ∪(゚0 ゚*)|  ∪(゚◇ ゚*)|  ∪(゚0 ゚*) |  ∪
       |  ∪  | |  ∪|   | | ∪. |   | |  ∪|  | .|  ∪|   | | ∪ |  |〜♪
  ♪   |  | U U .|  | U U  |  | U U. |  | U U .|  | U U  |   | U U ♪
       U U     U U     U U     U U     U U     U U  

65 :文責・名無しさん:02/11/10 00:43 ID:4qyAy4gX
去年の話を持ち出してもよいか?
小泉総理が8月15日に靖国に参拝するということで、例によって朝日が韓国・支那に
ご注進して大騒ぎになり、結局14日参拝に落ち着いたことがあったよな。
あのとき、産経は「小泉の裏切り者」、朝日・毎日は「そもそも靖国参拝自体がいけ
ない」という論調の中で、読売のみが小泉を支持した。ま、スジ論から言えば、内政
干渉するなゴルァというのは全く正しいのだが、朝日の煽りが効果的で、韓国内で火が
燃えあがった状態になり、もし、15日参拝が強行された場合、韓国政府は相当に強硬
な態度を日本に対してとらないと収まりがつかない状態だった。日韓離間の状態を作
り出すことで誰が一番利益を得るのかということを考えると、あの時点では、あれは
やむを得ない選択だったのではないか。小泉がもう少し周到にやればよかったとは言
えるのだが。
で、あの状況の下では、読売の社説が一番バランスがとれていたと思うがどうか。

66 :プリーズ。:02/11/10 00:45 ID:cgQaMeXj
8月15日の社説を誰かうpして。

67 :文責・名無しさん:02/11/10 01:10 ID:8AAFhtz+
>>66
8月15日付・読売社説 [終戦の日]「歴史をすなおに見直したい」
【国際法上は五十周年】
今年も、戦没者追悼の日を迎えた。政府主催の追悼式典は、四十一回目となる。
戦後五十七年になるのに、なぜ四十一回なのか。一九五二年四月二十八日に
サンフランシスコ講和条約が発効して日本が国家主権・独立を回復するまで、
連合国軍総司令部(GHQ)が日本に戦没者を追悼することも許さなかったのが一因だ。
八月十五日は「終戦の日」とされている。だが、国際法上の「終戦の日」は、
講和条約発効の日である。それまでの日本はGHQによる占領行政下にあった
のだ、という歴史の実態を改めて思い起こしたい。
これは、現行憲法についても言えることである。

68 :つづき:02/11/10 01:11 ID:8AAFhtz+
四七年五月三日に憲法が施行されたはずの後も、GHQは言論・出版への
厳しい検閲を継続していた。憲法の中核的原理である「集会、結社及び言論、
出版その他一切の表現の自由」(第二一条)は施行されていなかったのだ。
その意味では、今年こそが実質的な憲法施行五十周年である。
四五年八月十五日には、まだ、日ソ中立条約を破ったソ連が、千島列島から
北方領土へと侵攻を継続していた。
そのソ連が、極東国際軍事裁判(東京裁判)の検事席、判事席にいて日本を
裁いていたというのは、実に矛盾した構図である。しかも、日本将兵ら数十万人
の連行・シベリアでの酷使という、明白な国際法違反が「同時進行中」である状況下
でのことだった。
他方で、東京裁判中は、英、仏、蘭によるアジアへの再侵略も「同時進行中」
だった。オランダ軍がインドネシア独立軍と停戦協定を結んだのは、東京裁判終了の
翌四九年である。ベトナム北部のディエンビエンフーでフランス軍が降伏したのは、
五四年になってのことだ。
第二次大戦で、日本はアジア「諸国」を侵略したわけではない。当時の東アジアには、
中国、タイのほかは、米、英、仏、蘭などの植民地しかなかった。大戦突入以前からの
日中戦争の継続局面を除けば、日本はこれら「欧米諸国の領土」に侵攻した、という
戦争である。

69 :つづき:02/11/10 01:12 ID:8AAFhtz+
【 東京裁判の再点検を】
この点について、東京裁判のインド代表・パル判事は、欧米諸国には帝国主義行動の歴史に
照らして日本を裁く資格はないとし、被告全員を無罪とした。しかし、「パル判決書」は、
日本が国家主権を回復するまで、GHQにより報道も出版も禁じられていた。
日本とドイツを同列に並べるというのも間違いであろう。
ナチスドイツは、戦争そのものとは別の次元で、思想的・組織的・計画的に
ユダヤ人絶滅政策を推進した。ホロコーストのための組織運営は、時には軍事作戦上の
都合よりも優先された。
日本の戦争行動にも、さまざまな蛮行が伴ったが、特定民族を絶滅しようと図った
ことはない。ドイツの「人道に対する罪」とは根本的に異なる点である。
だからといって、当時の日本の指導者たちになんの責任もない、ということにはならない。
日本を無謀な戦争に引きずり込んだという意味では、A級戦犯とされた人たちは、
「A級戦争責任者」だったといえるだろう。
【 平和祈る戦没者追悼】
ともあれ、GHQの言論コントロールの下で進められた東京裁判の「文明の裁き」
史観を、改めて再点検してみる時期ではないだろうか。東京裁判史観にとらわれて
いる人たちは、しばしば、“日本一国性悪説”的な自虐史観に陥ってしまっている。

70 :文責・名無しさん:02/11/10 01:21 ID:F3yYmPvM
お次は「日本は朝鮮に良い事もした」でぜひやって欲しい。

71 :つづき:02/11/10 01:23 ID:8AAFhtz+
いわゆる“従軍慰安婦”問題は、その典型だ。戦時勤労動員だった女子挺身(ていしん)
隊を“慰安婦狩り”のための制度だったかのように歴史を捏造(ねつぞう)した
一部新聞のキャンペーンなどは、自虐史観の極みというべきだろう。
ドイツは、占領地で将兵の慰安施設用に、国家的、強制的な“女性狩り”を
していた。しかし、ユダヤ民族絶滅政策の暴虐があまりもの巨大悪だったために、
“女性狩り”問題は相対的に不問に付され、ドイツの指導者も国民も、そんなことは
なかったような顔をしている。

72 :つづき:02/11/10 01:27 ID:8AAFhtz+
自虐史観派はそうした歴史的事実をも見ないふりをして、「ドイツに比べ反省が足りない」
などと論じている。
二十一世紀に入ってから、日本の国家としてのアイデンティティーをめぐる
論議が活発になっている。その論議のためにも、アジアにおける近代史の実態、
そうした時代環境を踏まえた上での日本の近・現代史、さらには戦後史を虚心に
洗い直してみることが必要だろう。
現在の日本では、これは決して、戦前のような軍国主義への回帰を志向すること
などにはならない。それは日本国民の大多数がよく知っている。
日本は、平和な国際環境と自由な通商体制なしには、国民の豊かな生活を維持
できない国だ。 戦没者追悼の祈りは、それを再確認することに意義がある。

73 :群馬:02/11/10 14:29 ID:Dz1NkC3I
読売のPR紙「すくーぷ」が今日の読売についてきたんだけど、

その8/15の社説をそのまま載せてアピールしてたよ。

(大見出し)
「納得」と「発見」があります
読売新聞の社説

新聞は、どれも同じではありません。
特に、新聞社の主張がストレートに表れる社説は、
新聞によって大きく異なります。
読売新聞の社説には、いつも力強い声援が届けられています。

<8月15日の社説に対して寄せられた投書>

 北米在住のものです。8月15日付社説に感動しました。日本の大
手マスメディアもこのような正論を堂々と主張できるほど、日本の世
論は変わりつつあるということが明確に認識できたことにです。
「正しい歴史認識」のため、今後も某国、某団体の圧力に負けな
い毅然とした報道に期待します。帰国後は読売新聞を取ることにし
ます。

(米ニュージャージー州 会社員 38歳 男性)

あと2件は「ありがとう(足立区55歳女性)」
「これもよかったが教科書採択んときの社説なんか今世紀最高。日本はこれからよくなるぞ
(ドイツ会社員男性30歳)」
てなかんじだった。

74 :文責・名無しさん:02/11/15 17:04 ID:ooC0pqRO
上げ上げ

75 :文責・名無しさん:02/11/15 17:10 ID:awgC6PCu
>>67-69
読売も可哀想にな。
以前2chで太平洋戦争以後だけ取り上げて、それ以前の中国侵略に触れず
あの戦争を美化し、さらに論理矛盾(植民地が外国領土なら、戦後その領土
に軍隊派遣して何が悪い。w)等様々にこのマス板でも馬鹿にされ、挙句の
果てには、民主国家である韓国政府から「歴史を歪曲した」という歴史歪曲
新聞のお墨付きまで頂戴するきっかけとなったあの社説をこんなところで曝
されるとは・・・・・(爆


76 :文責・名無しさん:02/11/15 17:11 ID:JTCdK8rB



釣りはニュース議論板でどうぞ

77 :文責・名無しさん:02/11/15 17:12 ID:JTCdK8rB
  |\∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | (\´∀`) < 今日もヴァカをいっぱい釣るモナ〜!
  | (つ\ )   \__________
 J | | |
    (__)_)

  ∧_∧   /|  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ´∀`)/   | < おっ!きたきた!
 (   へつ.   |  \__________
  只(__)_) / |
       / (>>) ピクピク
      /


78 :文責・名無しさん:02/11/15 18:53 ID:RiDCPlj5
>>74
醜タソこんなところにカキコしてる暇があったら仕事探さないと(w

79 :11月17日付・読売社説:02/11/17 00:47 ID:4A8+VBTI
[李登輝氏ビザ]「“嫌中感情”を増幅する外務省」

 外務省は、いつまでこんな対応を繰り返すのか。

 台湾の李登輝・前総統に対する訪日査証(ビザ)の発給問題である。

 慶応大学の学生サークル主催の講演会に出席しようとした、李氏のビザについて、
外務省は、発給しない方針を打ち出した。李氏も、今回の訪日を断念したという。

 発給拒否の理由を、外務省は「私人による私的な訪日と評価するのは、極めて困難なため」としている。

 李氏は、二〇〇〇年五月に総統を退任し、いまは公職を離れた、一人の私人である。犯罪者などではなく、
入管難民法など国内の法令に照らして問題がない以上、私人のビザは、淡々と事務的に発給の手続きを進めるのが筋だ。

80 :11月17日付・読売社説:02/11/17 00:48 ID:4A8+VBTI
 英国は、李氏の総統退任後、程なくして訪問を受け入れた。チェコも一昨年十月に、
国際会議に出席する李氏の入国を認めた。米国は昨年、五年間有効の数次ビザを発給している。

 ビザ発給は日本の主権にかかわる問題だ。外務省は今回、何を根拠に、私的な訪日ではない、などと判断したのか。

 与野党の議員から「外務省の説明は到底、受け入れられない」といった声が相次いだのも、当然である。

 外務省には、昨年四月に李氏が病気治療のため訪日ビザを申請した際も、
書類が提出されていたのに「申請の事実はない」などとウソまでついて、ビザ発給を拒もうとした“前科”がある。

 中国は、李氏を台湾独立勢力の後ろ盾と位置づけ、一貫して李氏の訪日に強く反対している。
その中国に対する、外務省内の、いわゆる“チャイナスクール”が、度が過ぎた配慮をしたために起きた醜態だった。

81 :11月17日付・読売社説:02/11/17 00:49 ID:4A8+VBTI
 それから教訓を得なかったのか。今回の対応にも無用な対中配慮が見える。

 日中関係が重要であることに異論はない。
だが、それは、外交の自主性を放棄して、中国の主張をすべて受け入れなければ維持できない、というものではないはずだ。

 「中国に媚(こ)びている」と批判されるチャイナスクールの姿勢は、
かえって、日本国内の嫌中感情を増幅させる結果になっている。中国・瀋陽の亡命者連行事件が、その端的な例である。

 それにしても、こうした不見識な対応をいつまで続けるのか。

 福田官房長官は記者会見で、「外務省に任せている」と語ったが、主権意識が薄い首相官邸であってはならない。

 国のありようが問われている。外務省の姿勢を正すのは小泉首相の役割だ。

http://www.yomiuri.co.jp/08/20021116ig91.htm

82 :文責・名無しさん:02/11/17 00:52 ID:ATzeBdv/

朝日が800万部→500万部に、産経の発行部数が200万部へと減少するなか、これから世論を形成するのは、1000万部以上の世界最大の部数を誇る読売です。
そして読売新聞が社を挙げて主張しているのが憲法改正であり、直に実現するでしょう。
 

 

83 :文責・名無しさん:02/11/17 01:10 ID:0OxO+XUt
[李登輝氏ビザ]「“嫌中感情”を増幅する外務省」
http://www.yomiuri.co.jp/08/20021116ig91.htm

>中国は、李氏を台湾独立勢力の後ろ盾と位置づけ、一貫して李氏の
>訪日に強く反対している。その中国に対する、外務省内の、いわゆる
>“チャイナスクール”が、度が過ぎた配慮をしたために起きた醜態だった。

中国政府に対して弱腰外交するチャイナスクールを批判しています。


84 :文責・名無しさん:02/11/17 01:16 ID:bCveVKCl
最近の読売の社説を読むと、益々朝日が赤旗の姉妹紙に思えてくるよ。
もうテレビの報道も、放送法を改正して右左をハッキリ主張する報道を
目指すべき時が来たと思う。
でも朝日系って左と言うより反日だよね。

85 :文責・名無しさん:02/11/17 01:47 ID:NejJi2fz
>>859
あの板は、よしりんの批判と悪口を集めた板かと思ってたが、最近はようわからんw
それよりも、ウヨサヨの話なら他の板でやってくれ。対策案のない話は自治スレでやらないように。
雑談はこちら
【初心者】雑談・質問スレッドonマス板【歓迎】
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/mass/1035518307/

86 :名前がアラビア数字w:02/11/17 23:38 ID:0hXh3IsG
 山田洋2社長は創業者の長男で、84年に社長に就任。96年に会長に退いたが、
2001年5月、社長に返り咲いた。創業家の求心力を経営再建に生かすとの判断だったが、
「創業家への依存心が、統治能力の強化を損ねたのでは」(関係者)との見方もある。
http://www.yomiuri.co.jp/02/20021116ib24.htm

87 :文責・名無しさん:02/11/18 01:01 ID:01eIuJW1
>>85
誤爆?

>>86
それは社説?

88 :文責・名無しさん:02/11/18 22:21 ID:akxnC4ob
11/4の社説は堂々と「中国人犯罪」についてのべている。素晴らしい。

89 :文責・名無しさん:02/11/18 22:37 ID:+DISOJBp
>>83
読みました。
外務省チャイナスクールが中国を庇えば庇うほど、日本国民の「嫌中感情」を
増幅させる・・みたいな主旨でしたよね。
チャイナスクールがやってることは結局、中国のためにもならないかもしれませんね。

90 :文責・名無しさん:02/11/19 18:47 ID:trammhD3
大変だ!朝日がまたこんな記事を!

http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1037698183/l50

91 :文責・名無しさん:02/11/19 18:52 ID:trammhD3
上げ

92 :文責・名無しさん:02/11/22 17:49 ID:RqV6CbH1
読売は素晴らしい

上げ

93 : :02/11/22 18:16 ID:6Adc6DxD
社説じゃなくてゴメン

読売西部本社が出した玄洋社の本があるけど、中野正剛の死のとこで
朝日の緒方竹虎についての記述で情報局総裁に就いたのを触れないのは
朝日への遠慮があったからなのか?

94 :文責・名無しさん:02/11/25 16:42 ID:SJii/L3K
賞賛上げ

95 :文責・名無しさん:02/11/25 17:09 ID:zNNRyPib
今日の読者欄で、N23の筑紫を批判してたよ。
週間金曜日の件で

96 :文責・名無しさん:02/11/25 17:11 ID:bBRef6Ux
ありがとう読売新聞!

97 :文責・名無しさん:02/11/25 18:29 ID:LwA7UQAc
>>95
埼玉、25歳、無職が気になる

98 :文責・名無しさん:02/11/27 20:41 ID:788tyz8v
賞賛上げ

99 :文責・名無しさん:02/11/28 08:49 ID:Zk9ySlmS
こういうスレがあったんすね。
今日の社説もなんか(・∀・)イイ!!こといってるので張っておきます。

#つか、社説スレって朝日もあんまり盛り上がらないからなぁ……
#一応新聞の顔なので比較する際重要なんだけどなぁ。

100 :文責・名無しさん:02/11/28 08:52 ID:Zk9ySlmS
11月28日付・読売社説(1)

[対「北」交渉]「日本に正常化を急ぐ理由はない」

 北朝鮮との国交正常化交渉は年内再開が困難な見通しとなってきた。

 外務省のアジア大洋州局長が中国・大連で、北朝鮮当局者と非公式に
協議したが、具体的進展はなかった。だからといって、政府はあたふた
してはならない。

 小泉首相は、交渉再開を粘り強く働きかけるよう、川口外相に指示した。
日本にとって、家族を含めた拉致被害者の帰国の確定と核開発計画の
破棄が最優先課題である。この原則を堅持し、毅然(きぜん)とした姿勢で
臨まなければならない。


101 :文責・名無しさん:02/11/28 08:53 ID:Zk9ySlmS
 越年する見通しとなったのは、帰国した五人が戻らないことに北朝鮮側が
「約束違反だ」と強く反発しているためだ。北朝鮮に残された五人の家族を盾に、
交渉を有利に運ぼう、という思惑があることは明らかだ。

 こうした北朝鮮の戦術に、惑わされてはならない。

 拉致被害者の生活支援を柱とした法案が、衆院厚生労働委員会で全会一致で
可決された。法案は、拉致を「未曽有の国家的犯罪行為」と明記している。非が
北朝鮮にあるのは、はっきりしている。

 譲るべきは、北朝鮮の側だ。


102 :文責・名無しさん:02/11/28 08:54 ID:Zk9ySlmS
 五人は日本にとどまる意思を表明している。被害者家族も「一切譲歩しない」と
強調している。政府は引き続き、本人や被害者家族らの意向を踏まえ、五人の
子供ら家族を日本に呼び寄せることに全力をあげるべきである。

 政府の一部にまた、コメ支援容認論がくすぶり始めているという。膠(こう)着(ちゃく)
状態を打開する材料に、との狙いのようだ。

 これまでにも計百十八万トンものコメ支援が行われてきた。しかし、それによって
拉致事件が解決に向け、進展したことは全くなかった。

 政府は、そうした愚を、二度と繰り返してはならない。

103 :文責・名無しさん:02/11/28 08:56 ID:Zk9ySlmS
 日朝交渉にあたっては、核開発問題の重要性も、絶えず確認しておかなければ
ならない。

 北朝鮮は、米朝枠組み合意など国際的取り決めを無視し、濃縮ウランによる
核開発計画を進めていることを認めた。

 国際社会は再三、核計画破棄を求めている。米政府内には、重油供給凍結
だけでなく、軽水炉事業そのものを見直すべきだという強硬論も強まっている。

 日本は米国と連携し、北朝鮮の核開発阻止に向け、国際的包囲網を強化して
いかなければならない。韓国や中露両国の協力も働きかけていくべきだ。

 北朝鮮があくまでも核開発計画の断念に応じないなら、制裁の検討も視野に
入れる必要があるだろう。


104 :文責・名無しさん:02/11/28 09:01 ID:Zk9ySlmS
以上です。

もうひとつの社説は整備新幹線について地方が負担すべき
負担について云々でした。

朝日はこんな感じ。(ちょっと古いけど)
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/mass/1031870272/565-566

105 :文責・名無しさん:02/11/29 17:55 ID:kGQjMjbc
その従軍慰安婦を既成事実化しようとする朝日の社説は







糞以下

106 :文責・名無しさん:02/11/30 18:23 ID:ajkxg1Hn
うーん、やっぱり社説スレは人気が薄いっすね……
とりあえず、今日の社説は各社ケニアのテロと金融対策が中心かな?

読売
  [金融工程表]「銀行を追い込むだけでいいのか」
  [連続テロ]「国際協調の強化で拡大を阻め」

朝日
  ■ケニア・テロ――狂気の連鎖を断つには
  ■工程表――期限を守って粛々と

毎日
  ■金融再生 危機打開にはもっと速さを
  ■ケニア同時テロ 許し難い国際社会への攻撃

日経
  金融健全化への決意が問われる
  日立判決、発明報酬の意義

産経
  手を尽くして自国民守れ【ケニア同時テロ】
  脱デフレの後押しが必要【金融再生工程表】

107 :文責・名無しさん:02/11/30 18:39 ID:ajkxg1Hn
テロについては各社ともテロ許すまじ、となってたんですが、朝日は
やっぱりアメリカにも責任がある、ていうことを言いたいみたいっす。
(朝日の社説スレ参照)

あと、結構違いがでたのが金融工程表のほうっすね。
読売は銀行に負担を強いるだけでよいか?になっているのに対して
朝日は銀行は粛々とやるべきだ、になってます。
毎日、産経、日経は行政と銀行が危機感をもって遂行しる、な感じ。

読売だけがちょっと浮いてるけど、朝日に反発する形になってるですね。
経済は詳しくないのでなんともかんともなんですが……

108 :文責・名無しさん:02/12/01 18:12 ID:dnpKymgd
朝日の社説は学生の作文

109 :12月2日付・読売社説:02/12/02 01:59 ID:PDOcGY+w

 [講演中止事件]「言論妨害は芽のうちに摘み取れ」

 多様な主張を認め合ってこその、言論の自由である。

 意見が違うからといって、相手の言葉を封じようとしては、民主主義は成り立たない。

 東京都立川市で一日開かれた国際交流行事で、予定されていた台湾出身の評論家、金美齢さんの講演が中止された。
同市在住、在勤の中国人らの中止申し入れに対し、混乱を恐れた民間の主催者団体が応じたものだ。

 金さんは、日本留学時代から台湾独立運動に参画、台湾当局から帰ることを認められなかった時代もあった。

 中国人らは、申し入れに際し、主催者や会場を提供した市に抗議書を送り、「金氏は台湾独立の象徴」「講師に呼ぶのは中国人への侮辱」などと主張した。

 「中台統一」を目指す立場から、「台湾独立」という金さんの考えを標的としていたことは明らかだ。

 だからといって、自分たちの考えに合わない意見は封殺していい、というものではあるまい。

110 :12月2日付・読売社説:02/12/02 02:00 ID:PDOcGY+w

 台湾の進路に関する意見は様々だ。台湾においてさえ、統一や独立をめぐり、議論は絶えない。
中国と台湾を取り巻く環境も変化しつつある。

 こうした状況の下で、金さんを講師に招くことが、なぜ中国人への侮辱になるのだろうか。
色々な声がある現実を知ることこそ、国際交流という行事の趣旨に沿うもの、と言うべきだろう。

 主催者は「政治的トラブルが起きるのを避けようと、自主的に判断した」と、中止の理由を語っている。抗議が圧力になったと言っていい。

 言論には言論をもって対する、というのが民主主義の本来の姿である。中国人らの行動は、そうした基本原則を踏みにじるものである。

 言論の自由が民主主義の原点であることを考えれば、混乱回避を最優先した主催者の側にも、もう少し対応の余地はなかったのだろうか。

111 :12月2日付・読売社説:02/12/02 02:01 ID:PDOcGY+w

 こうした言論封じ込めは、これまでにもあった。評論家の上坂冬子さんは、
一九九二年に、憲法改正について語っているとして、いわゆる護憲勢力の反対で新潟市での講演をキャンセルされた。

 九七年には、ジャーナリストの櫻井よしこさんが、「従軍慰安婦」問題をめぐり、「人権」を掲げる団体に講演を妨害された事件もあった。

 金さんは、今回の事件について「自立していない日本の象徴ではないか」と、厳しく指摘している。

 小さな綻(ほころ)びも、放置してはなるまい。そのまま見過ごしていけば、全体主義につながることになりかねない。

http://www.yomiuri.co.jp/08/20021201ig90.htm

112 :12月2日付・読売社説(2):02/12/02 02:04 ID:PDOcGY+w

 [検査院報告]「官庁にチェック機能はないのか」

 あってはならない不正な経理処理や、でたらめな支出が、あまりにも堂々と行われていることに、改めて驚く。

 会計検査院の二〇〇一年度決算検査報告がまとまった。
中央省庁や政府機関の決算をチェックし、不適切と指摘したものは、予算の無駄遣いを含めて約三百件、総額で二百四十三億円にのぼった。

 実態は一向に改まらない。改善措置や予算の返還を求められた行政機関は、猛省すべきである。

 悪質極まりない経理操作の代表例は、外務省の裏金(プール金)作りだ。

 職員のハイヤー代水増し請求などの不正が発覚した外務省は昨年十一月、内部調査の結果として、六年余りで二億円近いプール金があったと発表していた。

 ところが、検査院の調査では、プール金は調査対象期間前からすでに一億円以上もあり、
残額を含めた総額は約四億六千万円にのぼっていたことが判明した。腐りきった体質と言うほかない。

113 :12月2日付・読売社説(2):02/12/02 02:05 ID:PDOcGY+w

 同省は検査院の指摘を受け、懲戒処分を含め三十九人の追加処分を決めた。

 検査院報告では、同省が所管する多くの国際機関で、
巨額の予算が毎年繰り越されている実態も明らかになった。
チェック機能が働かない同省の体質に、根本的な問題がある。

 農林水産省のBSE(牛海綿状脳症=狂牛病)対策費のでたらめな支出も、改めて指摘された。

 BSE発生後の昨年十月から全頭検査が始まり、それ以前に解体処理された牛肉は緊急保管事業の対象となった。
業界団体が事業主体となったこの事業では、保管代に加えて、冷凍に伴って味が落ちる分に対する補償費として、
合わせて八十七億円の助成金交付が決まった。

 事業対象となった牛肉の中から、検査院が一部を抽出して検査した結果、半分強がBSEの発生前に冷凍されていた。
味落ち分に対する助成金は、チェックもなく、それらにも支出されていた。

114 :12月2日付・読売社説(2):02/12/02 02:06 ID:PDOcGY+w

 検査院が適切に使われなかった支出金の返還を求めるのは当然である。だが、それだけで済む問題ではない。

 BSE対策では、昨年度は約千五百億円が使われ、今年度も約二千億円が投入される。
事業のずさんな運用に対して、同省は責任の所在を改めて明確にする必要がある。

 不正な経理処理やずさんな予算執行に共通しているのは、官庁内部のチェック体制の甘さである。
監査部門を独立させて権限を大幅に強化するなど、官庁自身が真剣に取り組まなければ、行政への不信は膨らむばかりだ。

http://www.yomiuri.co.jp/08/20021201ig91.htm

115 :文責・名無しさん:02/12/02 05:03 ID:xbtyjrqQ
>>109-111

読売って良い社説書くねぇ。
昔からこうだったのかな?



116 :文責・名無しさん:02/12/03 14:19 ID:PMt0ht45
>>115
>読売って良い社説書くねぇ。
>>75「良い」社説ね。(w

117 :文責・名無しさん:02/12/03 16:43 ID:AAL2Ht6P
比べてみれば良く分かる
朝日の偽善が

118 :文責・名無しさん:02/12/05 16:03 ID:1rvrkjcE
12月5日付・読売社説(1)

 [イージス派遣]「“平和ボケ”論理から脱却せよ」

 当たり前のことを決めたに過ぎない。むしろ遅すぎるくらいである。

 政府が、海上自衛隊のイージス艦派遣を決定した。

 自衛隊は、テロ対策特別措置法に基づき、補給艦と護衛艦合わせて五隻を
インド洋に派遣し、米軍などへの後方支援活動を展開している。

 その護衛艦の一隻と入れ替わる形で、今月中に派遣される。

 イージス艦は、高度な情報収集・分析能力を持つ最新鋭艦だ。艦隊へのテロ攻撃の
動きも、早い段階で探知できる。

 防衛庁は当初から、派遣の必要性を主張していた。米国も求めていた。

 自衛官の安全確保はもとより米軍への支援の実効性を高める観点からも、派遣を
ためらう理由は最初からなかった。

 決断がここまで遅れたのは、与党のうち、公明党と、自民党の野中広務・元幹事長らが
強く反対したためだ。

119 :文責・名無しさん:02/12/05 16:03 ID:1rvrkjcE
 公明党は、四日の常任役員会でも「国民の理解が十分に得られていない」などとして、
派遣反対を確認した。自衛隊の活動を制約するために、公明党がしばしば持ち出す論理である。

 しかし、必要なら、国民を説得して、理解を得るのが政党の責任である。そうした努力も
せずに、国民の理解不足を挙げるのは、政党としての責任感が足りないと言うしかない。

 公明党や野中氏らが掲げる、もう一つの反対理由は、イージス艦が収集した情報で
米艦が攻撃すれば、政府が「憲法で禁じられている」とする集団的自衛権の行使に
なりかねない、というものだ。

 これにも、首を傾(かし)げざるを得ない。

 米艦船と情報をやりとりできるネットワークシステムは、いま派遣されている護衛艦も
搭載している。集団的自衛権の行使を云々(うんぬん)するなら、現在の護衛艦派遣も、
問題にしなければおかしい。


120 :文責・名無しさん:02/12/05 16:04 ID:1rvrkjcE
 米国は最近、イラク攻撃を想定し、米艦艇がペルシャ湾岸に移動したあとの
警戒監視活動の肩代わりを、改めて日本に求めているという。

 今回の決定は、そうした米国の要請も考慮したうえでのことだろう。

 自衛隊の活動は、国際社会による反テロ共同行動の一翼を担うものだ。テロとの
戦いの輪が崩れることのないよう、日本も積極的に協力する責任がある。

 イージス艦派遣は、後方支援活動を進める上で必要かどうか、という観点から淡々と
判断すべき問題だ。政治的思惑で左右すべきではない。

 自衛隊の活動に足かせをはめさえすればよい、といった誤った平和主義に基づく
安保論議から、もう卒業する時だ。

121 :文責・名無しさん:02/12/05 16:05 ID:1rvrkjcE
アサピーの社説はこちら
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/mass/1031870272/605-606

122 :文責・名無しさん:02/12/05 17:10 ID:vv+whUn8
>決断がここまで遅れたのは、与党のうち、公明党と、自民党の野中広務・元幹事長らが
 強く反対したためだ。

野中と公明党は似ているんだよな

123 :文責・名無しさん:02/12/06 18:48 ID:vaPM2ywF
読売新聞を買おう!

124 :文責・名無しさん:02/12/07 17:10 ID:b7uZWkky
読売(・∀・)イイ!

125 :文責・名無しさん:02/12/09 16:11 ID:v8gEvPK4
ありがとう読売新聞

51 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)