5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆★☆天声人語を批評するスレッド_No9☆★☆

1 : ◆kri0tET03M :02/10/23 20:31 ID:TYZ/SfOH
: 名無しの新聞配達人 投稿日: 02/01/31 13:04 ID:HZ6wCwhz

2001年11月から始まった天声人語を「批評」するスレッドの後継スレッドです。
みなさん、天声人語を中立・公平に批評してください。

確認ソース(全文コピペは、各自の自己責任でおながいします。)
http://www.asahi.com/paper/column.html

応援歌−僕はテムジン−
http://unknown7.tripod.co.jp/temjin.html
前スレッド
>>2-10(ぐらいかな)



2 :a:02/10/23 20:32 ID:GM9TCe+l
iiyo

3 : ◆kri0tET03M :02/10/23 20:32 ID:TYZ/SfOH
過去スレッド
Part1/http://natto.2ch.net/mass/kako/1006/10068/1006806676.html
Part2/http://natto.2ch.net/mass/kako/1012/10124/1012449895.html
Part3/http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1017219124/
Part4/http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1022314344/
Part5/http://natto.2ch.net/test/read.cgi/mass/1025700125
Part6/http://corn.2ch.net/test/read.cgi/mass/1028931343/
Part7/http://corn.2ch.net/test/read.cgi/mass/1031620402/l50



4 : ◆kri0tET03M :02/10/23 20:33 ID:TYZ/SfOH
part8/http://corn.2ch.net/test/read.cgi/mass/1033556558/-100

5 : ◆kri0tET03M :02/10/23 20:40 ID:TYZ/SfOH
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/mass/1035372689/
次スレッドアドレス


6 :文責・名無しさん:02/10/23 21:50 ID:rVfe7tFu
                ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                (-@∀@) < 嫌なスレだ!
             _φ___⊂)__ | 
           /旦/三/ /| \________
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/


7 :文責・名無しさん:02/10/23 21:50 ID:rVfe7tFu
姉妹スレ
 ○●○朝日の社説 Ver.3
 http://corn.2ch.net/test/read.cgi/mass/1031870272/l50

 朝日の基地外投稿 第37面【ネタ投稿禁止】
 http://corn.2ch.net/test/read.cgi/mass/1034906287/l50

※毎月新聞休刊日には、俺節氏による駄文祭り開催中です (朝7:30〜8:30)




8 :文責・名無しさん:02/10/23 21:53 ID:rVfe7tFu
諸君 私は天人が好きだ
 諸君 私は天人が好きだ
 諸君 私は天声人語が大好きだ

 散歩話が好きだ 思い出話が好きだ 物故者ネタが好きだ 間の悪い時事ネタが好きだ
 印象操作が好きだ 自慢話が好きだ 下手糞な説明が好きだ 論旨不明が好きだ 最近の言葉が好きだ
 日記で 自慢で 煽りで 引用で こじ付けで 薀蓄で 皮肉で 妄想で 政府批判で 親父ギャグで
 天声人語で執筆される ありとあらゆる中学生レベルの駄文が大好きだ

 お茶濁しどころか穴埋めにすらなっていない 月末恒例「最近の言葉」が好きだ
 武富士の似顔絵は似ていないと評しながら 逮捕後にやっぱり似ていると言い訳をした時など 心がおどる
 誰でも知ってる薀蓄ネタや 会社案内丸写しなウォルマートの提灯記事を書いているのが好きだ
 東京タワーに登頂し 次は通天閣に登ってみようというだけでコラムを締めた時など 胸がすくような気持ちだった
 紹介してみた巣鴨の耳かき職人が 実は既に亡くなっていたことを翌日に訂正するのが好きだ
 雪印食品への非難ネタの締めに「モー我慢できない」と寒い洒落を飛ばす様など 感動すら覚える
 一つの単語から主題を絞らずに連想ゲームを繰り返す様などはもうたまらない
 フーコー・大江健三郎・瀋陽亡命事件と 一つのコラムに三つも話題を盛り込んで文章が崩壊するのも最高だ
 いつも引用だけで全てを済ませる執筆者が たまに述べてみた自分の意見があまりにも陳腐な一般論だった時など 絶頂すら覚える
 英字新聞から引用して書いた文を 誤読だ誤訳だミスリードだと叩かれまくるのが好きだ
 文芸ネタだけに引き篭もり たまに不得意な他分野のネタを書くとより一層罵倒される様は とてもとても悲しいものだ
 文章の質のみならず その主観や思想までも異常扱いされるのが好きだ
 ごく稀に出てきたマトモな文章に 「別人では?」との声が出てくるのは 屈辱の極みだ


9 :文責・名無しさん:02/10/23 21:53 ID:rVfe7tFu
諸君 私は天人を 地獄の様な天声人語を望んでいる
 諸君 このスレに集う2ちゃんねらー諸君 君達は一体 何を望んでいる?
 更なる天人を望むか? 情け容赦のない 糞の様な天声人語を望むか?
 駄文悪文の限りを尽くし 八百万人の日本語感覚を殺す 嵐の様な天声人語を望むか?

 「天人!! 天人!! 天人!!」

 よろしい ならば天声人語だ
 我々は満身の力をこめて 今まさに悪文を叩かんとする読者だ
 だが このマスコミ板で 何ヶ月もの間 悪文を叩き続けて来た我々に ただの天人ではもはや足りない!!

 大天人を!! 一心不乱の大天声人語を!!

 我らは2ちゃんねらー マス板住民 再開以来スレッド総レス未だ3000という少数派に過ぎない
 だが諸君は 一騎当千の批評家だと 私は信仰している
 ならば我らは諸君と私で 三百万と一人の批評家集団となる
 正しい日本語を忘却の彼方へと追いやり 眠りこけている連中を叩き起こそう
 髪の毛をつかんで 引きずり下ろし 眼を開けさせ 思い出させよう
 連中に大朝日のコラムの味を 思い出させてやる
 連中にコラムニストとは 引き篭もりでも務まる商売だということを思い出させてやる
 朝日一面の記事と広告とのはざまには 奴らの哲学では思いもよらぬ世界がある事を思い出させてやる
 「文芸ネタと政府批判だけで 貰える給料は貰い尽くしてやる」(談)

 全論説委員職務開始 天声人語担当者「K」始動
 執筆!! 全朝刊 全コラム 解除
 「2ちゃんねる マスコミ板より 天人スレへ」
 目標 朝日朝刊「天声人語」 夕刊「素粒子」!!
 全コラム読者 状況を開始せよ

 征くぞ 諸君


10 :文責・名無しさん:02/10/23 21:54 ID:rVfe7tFu
★特別殿堂入り作品★ これを手本として一層の精進を望む>天人


■02年8月1日 あぶくま抄■ (福島民報)

◇冷ややっこ・枝豆・冷酒・ビール。この四つの食品を酷暑急速冷却化食料物に指定するという
法案がきのう閉会した通常国会で一度も話題にならず審議未了で廃案になった

◇冷酒は一合以上、ビールはビンで一本以上飲めば消夏に効果あり-という条文が「健康を
害する」と一部議員から強い反対にあったためらしい。こんな実現不可能な事柄を願望する
法案がもし衆参両院で真剣に話し合われたら、消費者は冷酒、ビール、枝豆、冷ややっこの
どれかに関心を寄せ売り上げ増になっただろうな。これを仮定法過去完了と呼ぶそうだ

◇ついでに言わせてもらえば「冷ややっこ」は黙って堪えているけれど悲しいのだ。なぜなら
冷奴という正式命名を持ちながら、今もって「奴」という漢字が認知してもらえない。学校での
奉仕活動を義務化する答申をだした中央教育審議会のセンセイ方にも息抜きに居酒屋に
入ってもらいたかった。品書きには「冷奴」とあったに違いない

◇冷ややっこでは、凛(りん)とした冷奴の白い端正な形が崩れてしまう。冷奴は八月の王様だ。
同時に八月に入ると「夕有風立秋」という名句が必ずや思い浮かぶ。国語学者・金田一晴彦
氏によると、暑さの中にも涼しさが立つ、との意ではない。「ユーアルフーリッシュ」と読んで
「おバカさんね」。八月の王様の前でバカになるのも八月の特権だ。


11 :終了:02/10/23 21:58 ID:rVfe7tFu
はいはい、糞スレ立てんな


12 :文責・名無しさん:02/10/23 21:58 ID:CssFdazn
[おまけ] 本邦初公開 これが天人の仕事場の必須アイテムだ!!

                           ↓B
                                  ___
                      〜♪          ,  |   /|
          ∧タミー∧                ト  | //|
   Π     (@∀@  )            (| ̄| |     |
  i´ `i    _(   φ )           ┌────‐─┐
  | 原 | ./旦/三/ /|  〜~  ~〜 |     |    .|
  | 爆 | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  | 〜  □   〜 |  ○.. | ○... |
  | 茶 | | 変逝珍誤 |/    i_i..   |     |    .|
  ` ̄´
   ↑@              ↑A

@ [原爆茶] (ペットボトル入り / Made in North Korea)
「原爆もペットボトル飲料も、手元にあれば必要なくても使いたくなるというところは同じ」という、
インド人もビックリの仰天発想の源泉

A [芳香剤] (トイレ用)
執筆活動には、キンモクセイの香りが欠かせません

B [歯磨き] (ハッカ味)
毎朝ハッカの歯磨きで、化学の美しさとたまにしか感じない化学の有用性に思いを馳せます

※随時追加予定

13 :文責・名無しさん:02/10/23 21:59 ID:CssFdazn
>>1
お疲れ。
で、スレ立てるときは、次スレ用のテンプレを見てから、スレを立ててね。

14 :文責・名無しさん:02/10/23 22:00 ID:rVfe7tFu
>>1>>2>>3=新聞配達人α=ダブスタ=朝日工作員

くそスレたてた動機は?


15 :文責・名無しさん:02/10/23 22:03 ID:kKCNUF4O
                ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                (-@∀@) < コラム書いてるから
             _φ 朝_⊂)__ | 静かにしてくれる?
           /旦/三/ /| \________
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | 小池専用 |/
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


16 :配達α ◆c3uu/mE0SQ :02/10/23 22:22 ID:TYZ/SfOH
>>13
天声人語を内容読む前から、
つまり、スレタイトル段階で馬鹿にするのはどーかと思うから、
悪いとは思ったけど、立てさしてもらいました。

17 :文責・名無しさん:02/10/23 22:24 ID:KFQrSURi
>>16
 うん。評価。偉そうだな。ごめん。
 偏向タイトルは良くないよ。確かに。


18 :文責・名無しさん:02/10/23 22:46 ID:xQ++nou0
私もこのスレタイに賛成です。
小池氏の文章に先入観を持って馬鹿にするため
のスレではないのですから。
それでは単なる叩きスレになってしまいます。

・・・と改めて宣言せねばならないほどの状況って
いうのが、ちょっぴり悲しいw

19 :文責・名無しさん:02/10/23 23:03 ID:oi4OMVib
(´-`).。oO(でも、初期の頃は「天声人語ここがおかしい」とか言ってたような・・・。
      姉妹スレに比べて、スレ立てがスムーズにいかないのはなぜだろう・・・。


20 :文責・名無しさん:02/10/23 23:16 ID:gRoiuXWh
>>19
このスレに天人を真面目に議論したい人間と、単に小池を笑い・叩きの
ネタとしてしか見ていない人間の2種類がいるからだと思われ。
他のスレはネタで一致してる。

おれはPart7のころからここにいるけど、正直>>16-18のいってることは
何をいまさらいい子ぶりたいのか、という感じがしたけどな。 最初は
俺も真面目に論じるつもりでここにきたけど、どう考えてもそういう雰囲気じゃ
なさそうだったから、今はほとんどネタとしかみてない。

まあどっちだろうと、どーでもいいことなんだけどな。

21 :文責・名無しさん:02/10/23 23:23 ID:tBxB3aj+
>>20
天人を真面目に論じるのは、凄まじい難問のような気が。
「東京タワーに登った」と言われても、ねぇ・・・

22 :文責・名無しさん:02/10/23 23:31 ID:9Cs/kAwq
深代氏のコラムなら真面目に論じることのほうが有益なんだろうけどねぇ…
なんかタミーのは論じるよりも、茶化してあげたほうが供養になりそうなところが
なんとも情けない…


23 :配達α ◆c3uu/mE0SQ :02/10/23 23:35 ID:TYZ/SfOH
>>20

天声人語をまじめに議論すると、
天声人語の批評パターンって、マンネリ化しちゃうんですよね。
たとえば、企業の広報・事件の報告・死亡報告などのそれってコラムでやること?って批評や、
自分の意見のないコラム、時期遅れの時事に対する批評などなど。

でも、それは、天声人語著者が、
まるでテンプレ使ってるよに、同じようなパターンや、同じ間違いを繰り替えてしか
コラムをかけないことに由来してると思うんです。

すまない。
内容がまとまらなかった。

24 :文責・名無しさん:02/10/23 23:38 ID:Bg7QCRdI
>>20
ある意味神ですね(w
私ゃ天人を真面目に読むなんて苦行は出来ませんわ。

25 :文責・名無しさん:02/10/23 23:47 ID:tGdbD6hu
北の言う事信じる人間見たらどう思うよ?
アホとしか言えんでしょうが。

天声人語、真面目に語る人間だと思われたいんか?
ネタにしかならんぜ、こんなもん

26 :文責・名無しさん:02/10/23 23:53 ID:gRoiuXWh
>>23
なんか本人もいってるけど、よくわかんねーな
俺は今まで一度もここで天人誉めてる奴は(釣り以外では)みたことない。
無論感心できるようなことをいってた試しがないだけともいえるが…

それじゃまともに批評してるとはいえんし、なら別にいっそのこと
ネタスレと割り切ったほうがいいんじゃないか?
いちいち偏向タイトルが(・A・)イクナイ! とか気にせんでも。

27 :文責・名無しさん:02/10/24 00:28 ID:KW4eDUk4
所見にかかわらず奇数番号は、人語のおかしなところを指摘する。
偶数番号は、人語を弁護するって
ディスカッション方式ってどう?

偶数番号のになった人は、
そーと、ディスカッションの能力が上がるとおもうよ。

28 :文責・名無しさん:02/10/24 00:29 ID:fWlfXAtx
一回比較のために引用された、深代氏のヘプバーン@ローマの休日コラムと
パール判事ネタのコラムは貶されてはなかったと思う。

他社のコラムスレッドだと、産経抄ファンクラブと編集手帳があったと思うけど、
産経はともかく、あんまり面白みのない編集手帳はほとんどレスがついてなかったと
記憶してる。

まともなコラムだと、おもしろくない→dat落ちなんじゃないのかな。

29 :文責・名無しさん:02/10/24 00:38 ID:lMzcAPvW
昭和50年10月15日 朝日新聞 天声人語 
 「新聞は歴史の秒針」といわれる。秒針だからたいへんせわしく、忙しい。分秒を争って報道し、論評する。時
には秒針に先んじて報道する。それが勇み足であったり、見通しの良さであったりもする。
 「締め切り時間」に追われ、書くそばから原稿用紙の一枚一枚が活字にされる。時間がなくて、弁慶の勧進帳の
ように、頭の中で記事を作りながら電話で読み上げることもある。一方で、この「秒針」を何日もかけて丹念に
読み、さらに何年もかけて新聞批評の筆をとる人もいる。締め切り時間という情状は、批評の対象ではない。取
材先に逃げられ、あるいは口をつぐまれる事情を考慮してくれる批評もない。
 別に、新聞批評に苦情をいっているわけではない。苦衷をお察しあれ、と訴えたいわけでもない。ただ、批評
とはそうしたものであり、そして批評は大切なものだ、といいたいためである。役所や企業は、消費者や新聞が
批評する。政治家には選挙がある。しかし、批判する新聞を批判する強力な社会的な仕組みはない。
 批判されない社会組織は、当事者がいかに善意をもっていても、独善と退廃の芽をはぐくむ。新聞は、そう信
じている。だからこそ、他の社会集団を自由に批判する。他人を批判しながら、自分だけは例外だといううぬぼ
れはない。新聞批判は必要であるという以上に、それなしには新聞もまた独善の弊に陥る。
 新聞が何よりも「自由」を求めるのは、それが社会で有益な役割をはたす最善の道だと考えるからである。自
由な新聞の立場は、政党や固定したイデオロギーとは縁がない。また自由な立場で物を言うからこそ、対立する
集団の双方に、自己修正の契機をあたえ得るはずだと信じている。
 したがって、自分の政治的立場に近づかないという理由で批判されることは、新聞にとっての栄誉である。そ
して、そうした批判も含めて、新聞を批判することは新聞のもつ批判機能をより健全なものにするために不可欠
だと考える。きょうから「新聞週間」がはじまる。
 
深代惇郎の天声人語 朝日新聞社 昭和51年 313ページ

30 :文責・名無しさん:02/10/24 00:43 ID:EWZ+5U/l
>>29
昔はこんなにかっこいいコラムだったのか・・・

31 :文責・名無しさん:02/10/24 00:47 ID:KW4eDUk4
>>29
人語って、個人の才覚に頼りすぎたんだね。
なのに肝心の朝日新聞自身が、
そのことに気がついていなかったんだ。

だから、あふぉをコラムニストに。。。(以下略

32 :31:02/10/24 00:50 ID:KW4eDUk4
あっ、でも
自己批判ってマルクスレーニン主義の十八番でもあるんだよね。

33 :文責・名無しさん:02/10/24 01:20 ID:B2djH8P3
(´-`).。oO(文章がまともで、内容がDQNならドキュン記事スレで批評すればいい・・・。
      でも、タミーの天声は、批評する以前の段階で・・・。


34 :文責・名無しさん:02/10/24 01:33 ID:dQ5MK/Hg
明らかに新スレ早すぎ。

35 :文責・名無しさん:02/10/24 02:13 ID:lBRnA789
>>26
めずらしくまともな文章が出てきたときは、誉めるレスがつくこともあるよ。
でも、もれなく「今日は別人か?」とも言われるが。

36 :文責・名無しさん:02/10/24 03:32 ID:xD1Rlr1f
毒にも薬にもならないような内容でも「別人か」レスはつきます。
今の天人はネタというのかある種の電波というのかフグの毒のようだというのか。。。

37 :文責・名無しさん:02/10/24 03:53 ID:I8GLED80
>29
ああ、懐かしい。俺はリア厨でそのあたりの天声人語を
くまなく読んでいたわ。カッコイイだろ?憧れるだろ?
昔はこうだったんよ。昔は

38 :たまにゃ、訃報もやれよ!:02/10/24 05:50 ID:L73Hfyo2
おくやみ記事一覧

元中国電力社長の松谷健一郎さん死去 (10/23 21:14)
元ホクレン会長の伊藤猪五郎さん死去 (10/23 21:14)
日本画家の荘司福さん死去 (10/23 19:31)
元衆院議員の岡島正之さん死去 (10/22 19:56)
プリマハム元社長の安達豊治さん死去 (10/22 19:29)
脚本家の国弘威雄さんが死去 (10/22 13:26)
北里研究所東洋医学総合研究所名誉所長の矢数道明氏死去 (10/22 11:43)
佐藤光夫・アジア開発銀行前総裁死去 (10/21 19:06)
石川重明・警視総監の父高稔さん死去 (10/21 18:37)
作家の笹沢左保さんが死去 (10/21 15:30)
中国で稲作指導 日中友好協会顧問の原正市さん死去 (10/21 10:17)
元TBSアナウンサーの池谷三郎さん死去 (10/20 17:24)
三井造船元常務の河野卓さん死去 (10/20 17:04)



39 :  :02/10/24 06:39 ID:VwZ4r8jQ
>>38「たまにゃ、訃報もやれよ!」
早速ご要望に応じまして久々の物故者ものをアップいたしました。


40 :文責・名無しさん:02/10/24 06:45 ID:hKybVa0n
>>29
これなら大学入試に出てもおかしくないな。。。


41 :39  :02/10/24 07:11 ID:M0/k1sGy
ごめん。今日の天神アップしようとしたが上手く行かない。
誰かお願いします。
すみません。

42 :文責・名無しさん:02/10/24 07:17 ID:B+FEef+6
◇ これほど数奇な運命をたどった歌も珍しいだろう。あの「リリー・マルレーン」
である。作曲したドイツの音楽家のノルベルト・シュルツ氏の訃報(ふほう)に
接して、あの歌のたどった運命を改めて思い浮かべる。

◇ 詩は第一次世界大戦に従軍したドイツの詩人の作である。それがシュルツ氏の目
にとまったのは38年のことで、彼はベルリンのなじみのバーで、数分間で曲を仕上
げたという。レコードにしたが、当時はほとんど売れなかった。

◇ 第二次大戦中の41年、ドイツ軍が占領したベオグラードのラジオ局から毎晩決
まった時間にこの歌が流れ始めた。その放送をアフリカの砂漠に進駐していたロンメ
ル将軍率いるドイツ軍の兵士たちが心待ちにし、聴き入った。「砂漠のキツネ」と連
合国軍に恐れられた知将ロンメルも耳を傾けたことであろう。

◇ やがて連合国軍の兵士たちもこの敵国の歌を口ずさむようになる。戦地での愛と
別れをうたうこの歌はイタリア語やフランス語へ、そして英語へと翻訳され、敵味方
を超えて欧州戦線に広まった。

◇ 44年、連合国軍を慰問する女優マレーネ・ディートリヒがうたい始めたことで、
この歌はまた違った運命をたどる。ものうげにうたう彼女と切り離せない歌になって
いく。戦争が終わっても世界の多くの人が彼女の歌に魅せられ続けた。

◇ 戦意高揚の歌ではなくどちらかといえば厭戦(えんせん)の歌だ。だからこそあ
れだけ多くの人の心をとらえたのだろう。シュルツ氏を「一曲で、それも一曲だけで
思い出されるであろう作曲家の死」と英タイムズ紙は「追悼」している。


43 :ほとんど丸写しですな。:02/10/24 07:55 ID:twqNR2FE
Norbert Schultze
Composer who penned the wartime hit Lili Marleen and music to accompany Nazi propaganda films
http://www.thetimes.co.uk/printFriendly/0,,1-45-449171,00.html

<1>これほど数奇な運命をたどった歌も珍しいだろう。あの「リリー・マルレーン」である。
作曲したドイツの音楽家のノルベルト・シュルツ氏の訃報(ふほう)に接して、あの歌
のたどった運命を改めて思い浮かべる。

<2>詩は第一次世界大戦に従軍したドイツの詩人の作である。それがシュルツ氏の目に
とまったのは38年のことで、彼はベルリンのなじみのバーで、数分間で曲を仕上げた
という。レコードにしたが、当時はほとんど売れなかった。

In 1938 Schultze came across a volume of poems by Hans Leip including one,
The Song of a Young Sentry, written as Leip prepared to leave for the Russian
front during the First World War. Schultze is said to have come up with the tune
for Leip’s words, in what became the song Lili Marleen, in a few minutes sitting
in his favourite Berlin bar.

The new song was not initially a success after it was recorded by the cabaret
singer Lale Andersen, selling only about 700 copies.

<3>第二次大戦中の41年、ドイツ軍が占領したベオグラードのラジオ局から毎晩決まった時間に
この歌が流れ始めた。その放送をアフリカの砂漠に進駐していたロンメル将軍率いる
ドイツ軍の兵士たちが心待ちにし、聴き入った。「砂漠のキツネ」と連合国軍に恐れられた
知将ロンメルも耳を傾けたことであろう。

Then in the early 1940s German forces radio played the song to its Afrika Korps
desert troops; their commander Erwin Rommel apparently championed its cause,
and before long it was being played every evening by Radio Belgrade, the station
set up by the Germans to broadcast across the Middle East after the Axis powers
occupied Yugoslavia.

44 :ほとんど丸写しですな。:02/10/24 07:55 ID:twqNR2FE
<4>やがて連合国軍の兵士たちもこの敵国の歌を口ずさむようになる。戦地での愛と
別れをうたうこの歌はイタリア語やフランス語へ、そして英語へと翻訳され、敵味方を
超えて欧州戦線に広まった。

Before long not only German soldiers but also Allied troops were humming the tune,
similarly impressed by its ability to articulate their mood as they waited for battle
and a chance to return home. And after disquiet in Britain at the popularity of
a German song, an English language version was written by Tommy Connor and
performed by Anne Shelton -- a version said mischievously by the British authorities
to have sanitised the lyrics to prevent any association with prostitution.

<5>44年、連合国軍を慰問する女優マレーネ・ディートリヒがうたい始めたことで、この歌
はまた違った運命をたどる。ものうげにうたう彼女と切り離せない歌になっていく。
戦争が終わっても世界の多くの人が彼女の歌に魅せられ続けた。

Schultze’s song is said to have been recorded in 48 languages and was to achieve
its greatest fame in the English-speaking world when sung later by Marlene Dietrich.
<6>
 戦意高揚の歌ではなくどちらかといえば厭戦(えんせん)の歌だ。だからこそあれだけ多くの人の心をとらえたのだろう。シュルツ氏を「一曲で、それも一曲だけで思い出されるであろう作曲家の死」と英タイムズ紙は「追悼」している。

この部分は英タイムズ紙では、書き出しとなっています。
The German composer Norbert Schultze enjoyed the pleasure -- mixed with frustration
-- of knowing that he would be remembered for one tune and one tune only.


45 :文責・名無しさん:02/10/24 08:40 ID:hKybVa0n
ありゃ、ひさびさにまともか、と思ったら丸写しか。
もう首にしろよ、こんな奴(天人)。


46 :  :02/10/24 08:40 ID:2nmQ752m
>>43>>44
サンクスです。そうすると、私は、普段触れることのできない英国タイムス紙の格調高い記事に、
和訳とは言え接する恩恵に良くしたわけですね。
朝日新聞論説委員・小池民男さん、ありがとうございます。


47 :文責・名無しさん:02/10/24 08:46 ID:L/qdGKZ9
英字紙では訃報記事(オビチュアリィといいます)は、
一面に二つか三つで、亡くなった人の人生についてじっくりと書き込みます。
英文も名文が多いと言われています
(なぜなら死ぬ何年も前から準備し、適時推敲を繰り返しているから・・・)

しかし、今日のは「盗用」と言われても仕方ないくらい内容が「似て」いますね。


48 :文責・名無しさん:02/10/24 08:58 ID:u3o9+4r6
おいおい、久々の訃報ネタと思いきや、
読売じゃばればれだから海外からの盗用か…
大問題級じゃないのか?

49 :文責・名無しさん:02/10/24 09:04 ID:hKybVa0n
タミーの追悼文も、ネタとして作ってみたくなったよ。


50 :文責・名無しさん:02/10/24 09:09 ID:EMTsfkui
ほとんど丸写しのうえに、引用先を明記。
案外肝っ玉が太いぞ、天人。

それにしても、なぜ「追悼」とことさらかぎかっこで括るんだろ。

51 :文責・名無しさん:02/10/24 09:16 ID:vmRVPpiP
祭 り の 予 感 で つ か ?

52 :文責・名無しさん:02/10/24 09:24 ID:tD/re6vF
(´-`).。oO(タミー、これはやばいぞ・・・。
      でも、タミーが降板したら楽しみが無くなるなぁ・・・。
      何とか、もみ消してくれ・・・。


53 :文責・名無しさん:02/10/24 09:33 ID:hKybVa0n
これほど数奇な運命をたどったコラムも珍しいだろう。あの「天声人語」である。
盗作した朝日新聞の引きこもり記者の小池民男氏の訃報(ふほう)に接して、あのコラム
のたどった運命を改めて思い浮かべる。

54 :文責・名無しさん:02/10/24 09:33 ID:hKybVa0n
コピペしてみて思ったが、第一段落、「の」が多すぎ。


55 :文責・名無しさん:02/10/24 09:43 ID:uj3YJUdG
>シュルツ氏を「一曲で、それも一曲だけで思い出されるであろう作曲家の死」と
>英タイムズ紙は「追悼」している。

これだと、このカギカッコの中だけがタイムズからの引用のような書き方だな。
これは問題だろう…
またマスコミで「インターネット上で話題となり」とか言って
2ちゃんの画像が写されるぞ。
しかし気づいた>>43-44さんもすごいな。タイムズ読んでるの?

56 :文責・名無しさん:02/10/24 09:45 ID:ZKAFCDPG


                ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                (;@∀@) < 今日のは、オレじゃない。
             _φ 朝_⊂)__ | 別人だ・・・。
           /旦/三/ /| \________
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | 小池専用 |/
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


57 :43-44:02/10/24 09:55 ID:Ad+Uz2xa
>>55
天人宣言に
>英字新聞から引用して書いた文を 誤読だ誤訳だミスリードだと叩かれまくるのが好きだ

とあるように、
英字紙の誤訳誤読ミスリードはタミーの十八番なので、タイムズ紙のウェブサイトを
チェックしたら、あらあらあら・・・。

このスレに来るようになってから、内外の情報の検索能力が
格段にあがりました。これも小池氏のおかげです。



58 :  :02/10/24 10:15 ID:2nmQ752m
>>50
>これだと、このカギカッコの中だけがタイムズからの引用のような書き方だな。
私もそう読みました。そのあと>>43-44さんの指摘で全体がタイムズのパクリと分かった
訳ですが、そういうことであるならば、タミーは、全体をタイムズから引用したと言おうと
しているのかなと考えましたが、これは一寸無理なような気がします。

>>43-44
いやあ。お見事でした。このスレはハイレベルな人が多いですね!!

59 :文責・名無しさん :02/10/24 11:29 ID:4JGYnpUF
 新スレになって「スレの原点にもどって天人を見直そう」とか言い始めた
矢先に「引用」ですか・・・
 もう、なんと言っていいやら・・・

60 :文責・名無しさん:02/10/24 11:41 ID:M0iOZPtF
また盗作か!!

61 :文責・名無しさん:02/10/24 11:51 ID:qdqdNVjX
韓国新聞とは違い、引用元を明記しています。

62 :文責・名無しさん:02/10/24 12:15 ID:UPbylszd
>>1
逝ってよし!!

63 :文責・名無しさん:02/10/24 12:30 ID:uj3YJUdG
「どちらが先に発表したかなどを含め、現在調査している」(広報室)
とか言ってくれたら盛り上がるのに

64 :文責・名無しさん:02/10/24 12:38 ID:hKybVa0n
新潮・文春にチクってみよう。


65 :文責・名無しさん:02/10/24 12:51 ID:bTfnGhM4
リリーマルレーンなんて普通日本人は知らないだろう。
軍事オタかノスタルジーミュージックオタくらいしか馴染みがないだろ。
最初読んだ時小池もオタの一人かと思ったが盗作でしたか。
英独じゃリリーマルレーンは有名だからタイムズが書いても何の違和感もない。
しかし日本の新聞が取り上げる程じゃないだろ。
よっぽど題材に困ってるんだな。

66 :文責・名無しさん:02/10/24 13:00 ID:L0fQ16NB
昨日からのスレの流れを、人語筆者がみていて
明日、これを書けばネタとしてウケルと思って今日に至ったとしかおもえない。

>朝日
ソートわらたよ

67 :文責・名無しさん:02/10/24 13:01 ID:/UnaltWo
今回の天人、英語版で出す時どうするんだよ!?

68 :文責・名無しさん:02/10/24 13:07 ID:BI74E5d4
まず>>42を読んで、今日のは割と纏まっているなと思ったら、
その直後に>>43-44があって、その理由が分かった。
日本語作文については低能だとばかり思っていたが、
英語の意訳なら結構上手いじゃないか。

69 :文責・名無しさん:02/10/24 13:09 ID:/UnaltWo
>>68
そうだね、この前のブッシュの「むかつく」意訳といい、今回といい。

70 :68:02/10/24 13:14 ID:BI74E5d4
英語の意訳なら結構上手いって評価したけど、
以下の部分に当たる個所が原文に見当たらない。蛇足だ。
道理でちょっと引っかかった筈だ。

>戦意高揚の歌ではなくどちらかといえば厭戦(えんせん)の歌だ。
>だからこそあれだけ多くの人の心をとらえたのだろう。

71 :文責・名無しさん:02/10/24 13:14 ID:ZZjjZaJW
>>65
自分の無知を基準にしてはいけません。

いいねえ、知識がある人をオタ呼ばわりして自己満足に浸れるのだから。


72 :文責・名無しさん:02/10/24 13:17 ID:uj3YJUdG
早くも社員キ(r


73 :文責・名無しさん:02/10/24 13:36 ID:PtRpo98J
>>72
すぐに社員というのはよくない。

しかし、私には天声が、まともな批評を嫌がってるように映る。

74 :文責・名無しさん:02/10/24 13:37 ID:lPq9xF4O
これはThe Timesにちくってやろうよ。英訳が楽しみですね。
英語版出さない可能性もあるけどね。過去にもそういう例があったよ。

75 :68(しつこくてゴメン):02/10/24 13:41 ID:BI74E5d4
>戦意高揚の歌ではなくどちらかといえば厭戦(えんせん)の歌だ。
>だからこそあれだけ多くの人の心をとらえたのだろう。

これのどこがおかしいのか。
勇ましい戦意高揚の歌だって、多くの人の心をとらえることはある。
よって、「だからこそ」で繋げるのは、ヘン。

また、純粋に文法的に見ても「どちらかというと」という
曖昧な根拠に続けて、「だからこそ 〜 のだろう」という
断定的な結論を導いているのにも違和感がある。
俺が訳に自分の考えを付け足すなら、こうするな。

  この歌があれだけ多くの人の心をとらえたのは、歌詞に厭戦
  (えんせん)の気持ちが込められていたからではないだろうか。


76 :68(これで最後):02/10/24 13:48 ID:BI74E5d4
ちなみに訳詞を見つけてきたけど、
http://www.e-arai.com/cd_paris-04.html
これを「厭戦」ととらえるか、
「淡い恋ごころを断ち切って戦いに命を懸ける軍人の心意気」
と見るかは、読み手の感覚だろう。

なお、日本軍歌の中にも戦争の無常を嘆いた切ないものは沢山ある。

 ここは 御国を何百里
 離れて遠き 満州の

とか。

77 :文責・名無しさん :02/10/24 13:49 ID:B7v+XxHk
せっかくの「名訳」も蛇足部分で笑われる天人(w

こーゆーのを「画龍点睛を欠く」といいまつ。(いや「蛇足」だけでも・・・)

78 :名無しさん:02/10/24 13:52 ID:Dcb1Ztp8
thetimesと淺誹は提携してるのかな?

79 :文責・名無しさん:02/10/24 15:08 ID:fWlfXAtx
提携してるのはNewYorkTimesだったんじゃない?
つーか、これ、問題でかくなるんじゃないの?
「引用」って書いてるからセーフなの?

80 :文責・名無しさん:02/10/24 15:28 ID:uj3YJUdG
法的には、激しく微妙だろうね。
いちおうタイムズから一節を引用してるのは断ってるし(全文とは読めないが)
まあ書いてあることも、周知の客観的事実といえなくもない。

しかし、社会的信用の点では影響は計りしれないね。
株価欄のコラムと違って、なにせ今度は「天声人語」だからね。
それがほとんど外国紙の丸写しとあっては…

81 :文責・名無しさん:02/10/24 15:29 ID:0nANWgvM
ニュー速+にスレが立ってもいいほどの「盗作」だな・・・

82 :文責・名無しさん:02/10/24 15:39 ID:/UnaltWo
とりあえず電波ちゃんねるにはタレコミしておきました。

83 :文責・名無しさん:02/10/24 17:08 ID:XOkDoNP8
わっしょい!わっしょい!

84 :  :02/10/24 17:52 ID:T6dvCcoJ
>>68>>76
同意。
小池は、朝日的に、「厭戦」が人の気をひきつけるものと断定して話しを進めている。これはおかしい。
ベルグラードでこの歌の放送が始まり、アフリカ軍団の将兵の心を引き付けたころは独軍絶頂期であるから>>76さん指摘のように“淡い恋ごころを断ち切って戦いに命を懸ける軍人の心意気”」と考えるのが自然ではないだろうか。
時期は下って、「44年」に「連合国軍を慰問する女優マレーネ・ディートリヒがうたい始めた」ころには独軍はすでに各戦線で大敗を喫していて、それこそ厭戦気分が立ち込め初めていてもおかしくはない。(連合軍はラジオで彼女の歌を独軍向けに流した)
こういう時に、彼女が甘い声で歌う歌は苦戦に喘ぐ独軍兵士の里心をくすぐり、厭戦気分を煽ったとしても不思議ではないだろう。平洋戦線の例の“東京ローズ”のように。マレーネ・ディートリヒはネオナチからは国賊扱いを受けているのはこういう事情によるものではないか。
常に「厭戦気分」>“軍人の心意気”と決め付ける朝日・小池の考えは誤りだと思う。


85 :文責・名無しさん:02/10/24 18:05 ID:gquHQoYn
珍しくいい文章だなーと思っていたら、あらららら。

この引用方法じゃ鍵カッコの中だけしか引用していないと
取るほうが自然だよ。これ、「盗作」認定は大げさじゃありません。
Timesにちくるのがいいかも!

ところで、リリー・マルレーン→マレーネ・ディートリッヒと言う連想で
この歌、日本でも結構有名だと思うんだが。
タミーはディートリッヒのファンだったんじゃないか?


86 :43-44:02/10/24 18:16 ID:gb520y3k
イギリス
ガーディアン
http://www.guardian.co.uk/obituaries/story/0,3604,817168,00.html

デイリーテレグラフ
http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=%2Fnews%2F2002%2F10%2F17%2Fdb1702.xml&secureRefresh=true&_requestid=467830

インディペンデント
http://www.independent.co.uk/story.jsp?story=343202

アメリカ
ワシントポスト
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A2511-2002Oct22.html

NYタイムス
http://www.nytimes.com/2002/10/22/obituaries/22SCHU.html

CNN
無し


87 :43-44:02/10/24 18:18 ID:gb520y3k

上の記事を全部読んだ結果
<1>ガーディアンにシュルツ氏の記事が掲載されたのは他紙より10月23日
ワシントンポストの掲載も同日(通信社”アソシエイテッドプレス”の記事を掲載)
→上記の2紙は、読んでない可能性が高い。ただ、時差の関係でウェブなどで読んだ
可能性はあります。


<2>デイリーテレグラフに下記のような記述が
>After Field Marshal Rommel informed the authorities at Radio Belgrade of
>his fondness for the song, they began to incorporate it into their broadcasts;
>Lili Marleen was played every evening at 9.55 pm, just before sign-off.

ロンメル将軍が、その歌を好きだとラジオ・ベオグラードに伝えた後、
それが、同ラジオで毎晩午後9時55分に放送されるようになった。つまり、

天声の↓は不正確(→デイリーテレグラフは読んでいない、と思われる)
◇ 第二次大戦中の41年、ドイツ軍が占領したベオグラードのラジオ局から毎晩決
まった時間にこの歌が流れ始めた。その放送をアフリカの砂漠に進駐していたロンメ
ル将軍率いるドイツ軍の兵士たちが心待ちにし、聴き入った。「砂漠のキツネ」と連
合国軍に恐れられた知将ロンメルも耳を傾けたことであろう。


<3>下記の部分は、英タイムス紙にしか掲載されていない
>彼はベルリンのなじみのバーで、数分間で曲を仕上げたという。


<2>と<3>が致命傷となるかも。面白くなってきたぞー!!!
誰か、この前掲載された、朝日の盗作のお詫び記事アップしてくれー。



88 :43-44:02/10/24 18:27 ID:gb520y3k
>>87
><1>ガーディアンにシュルツ氏の記事が掲載されたのは他紙より10月23日

×他紙より10月23日
○他紙より遅い10月23日

スマソ


89 :文責・名無しさん:02/10/24 18:45 ID:NKqjNnFw
>>1について解説

朝日工作員が立てた時には「天声人語」の文字が入らない。
なぜなら、「天声人語」で検索されても困らないように工作している
からである。

90 :  :02/10/24 19:30 ID:gquHQoYn
43-44さん お疲れ〜

朝日やばいぞage

91 :文責・名無しさん:02/10/24 19:43 ID:Va20LaAS
『英タイムズ紙は「追悼」している』
堂々と盗用先晒すなよw

92 :文責・名無しさん:02/10/24 20:28 ID:nGYT7Kfo
♪ほら耳をすませば天の声
            ∧_∧
     ∧_∧  <`∀´  > ♪脳内電波が駆け巡るニダ
     ( @∀@) /   ⌒i  
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/       / (u ⊃ 
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

93 :文責・名無しさん:02/10/24 21:56 ID:dpBbXAJy
(´-`).。oO(今日は、拉致被害者の永住宣言、ワシントン狙撃犯逮捕、ロシアの立てこもり
      とニュースが多い・・・。
      うまく、逃げ切れそうだぞ、タミー・・・。




94 :文責・名無しさん:02/10/24 23:33 ID:GsK6TDSk
>>85
天人は多分、ディートリッヒというよりは、加藤登紀子ファンなのじゃなかろーか。


95 :文責・名無しさん:02/10/25 00:20 ID:ZpVjkhMe
>>87

で、10/24の天声人語は、イギリスの新聞を訳しただけだったのか?

96 :文責・名無しさん:02/10/25 00:32 ID:l7KyN+Of
夕刊の「素粒子」の方がネタ度は上だと思うのだが、それ用のスレはあるの?

97 :文責・名無しさん:02/10/25 01:16 ID:HsqUKgo1
アサヒ・コムの引用についての記述より……
http://www.asahi.com/information/copyright_detail.html

/*引用開始*/

「公正な慣行に合致」し、「目的上正当な範囲内」で行われる引用とは、通常、次の3つの条件を満たしていないといけない、とされています。
(1)その著作物を引用する「必然性」があること。また、引用の範囲にも「必然性」があること。
通常は、引用先が創作性をもった著作物であることが必要であり、「朝日新聞に次のような記事があった。」として、あとはすべて記事を丸写しにしたものなどは、引用には当たりません。

/*引用終了*/

一見、天声人語を読んだ限りでは引用先(天声人語)に創作性があるように見えますが、
引用元の英字新聞を和訳して丸写ししただけのように見えます。
というよりも、文章の論旨がほとんど変わっていないので、天声人語の創作性については低いと思われます。

ということで、朝日新聞社自ら掲げた引用についての規定に違反している可能性がきわめて高いような気がします。

98 :文責・名無しさん:02/10/25 01:24 ID:82Fq8jXG
朝日はこのスレッドに、天声人語を引用として全コピペするこには、


>>97の理由をもって反対したんだがな。

99 :文責・名無しさん:02/10/25 01:38 ID:i8PMFoOy
とりあえず今日の分の英語版が出たらチェック誰かよろ
…出ないだろうけど(w

100 :文責・名無しさん:02/10/25 01:50 ID:WfXP46At
23日の夕方4時くらいに大阪のラジオで同じようなエピソード紹介
(といっても「元々ドイツの歌だったが、そのうちドイツのラジオを
聞いていた連合国兵士にも広まって歌われるようになった」部分だけ)
してその歌かかってたよ。ちゃんと聞いてなかったけどこの本家の記事
の影響だったのかな。

101 :文責・名無しさん:02/10/25 02:21 ID:f9HvjN/K
まぁ、文春から本が出てるけどね。

「リリー・マルレーンを聴いたことがありますか」 鈴木明
1988年なので絶版だが。

興味ある人は検索してみるといい。


102 :文責・名無しさん:02/10/25 02:29 ID:49y7drhG
タイムズって日本でも(ネットでなく)紙の形で売ってるの? 

タミーは小脇に英字紙を抱えて歩くのが趣味らしいので
この記事をネットでなく新聞紙で読んだのかな?

103 :文責・名無しさん:02/10/25 05:22 ID:A/KHZ6UJ
皆様、ご詮議のほどを m(__)m −10月15日から24日まで−

日【分類】内容<決まり手>★は殿堂入り 

15日【休刊日】
16日【拉致事件】拉致被害者の帰国時の様子<「ハムレット」のセリフの場違いな引用>
17日【国際】バリ島の爆弾テロ、バリ島古来の紛争解決法でテロを解決へ
<テロリストが役場に登録するわけないだろ=素人考え>
18日【社会】収入のために手術数を増やそうとする医師への不信
<北朝鮮が核開発を認めた翌日にあえて医療ネタ>
19日【教育】「愛国心」教育に対し、内村鑑三の言葉で批判
<フセインと金正日の独裁体制と普通の「愛国心」を無理矢理に混同>
20日【国際】ワシントンの連続狙撃事件
<ブッシュの”sick to my stomach”を「ムカツク」と超訳し印象操作>
21日【国際】中野好夫の「悪人礼賛」論を引いて、核開発を認めた北朝鮮について
<何かを論じようとしているらしいが読解不能>★英訳版待ち
22日【社会】盲人の街としての早稲田、放置自転車などまだまだ問題が多い
<−内容はまとも−別人か?>
23日【拉致事件】拉致被害者の帰郷について、石川啄木の歌、寺山修司の歌、
野坂昭如の言葉、浜本富貴恵さんのコメント、寺山修司の歌(二つ目)<引用しすぎ>
24日【訃報】作曲家ノルベルト・シュルツ氏とその代表作”リリー・マルレーン”について
<3カ月ぶりの訃報、英タイムズ紙からの盗用疑惑>

レス番号付きは
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/mass/1033556558/927


駄文祭り〜拉致事件「キムとコイケの神隠し」〜
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/mass/1033556558/472-488


104 :文責・名無しさん:02/10/25 05:23 ID:SF/IiD18
みんなホントに英文読んで言ってるの?
同じネタで語るとしたら誰が書いても同じようなエピソードになるだろに。
先のコピペ天人と英文記事だけど、全然似てないじゃないか。
ホントに英文の方を読んで叩いてるのかオマイラ。馬鹿っぽい便乗は恥かくだけだぞ。

105 :文責・名無しさん:02/10/25 05:37 ID:TY3QiQGA


                ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                (;@Д@) < 今朝、初めてタイムズ紙読んだけど、
             _φ 朝_⊂)__ | 全然、似て無いじゃないか・・・はっ!
           /旦/三/ /| \________
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | 小池専用 |/
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



106 : ◆/JysKl9ST6 :02/10/25 07:07 ID:kXza4W85
■《天声人語》 10月25日
 ミュージカルの2幕目が始まったところで事件が起きたそうだ。モスクワでの劇場占拠事件である。
 武装集団が舞台に上がって「何をしようとしているか分かるな」と叫んだという。まさに暗転である。観客の混乱と恐怖はいかばかりだったか。

 劇場型といわれる犯罪がある。普通、犯罪は人に知られないようにしようとするものだが、劇場型は見られたり知られたりすることを目的にする。
 できるだけ多くの注目を集めようとするから目立つことをする。しかし、劇場そのものが標的になるとは。

 武装集団は人質に携帯電話を使うことを許した。これもまた普通とは逆をいく。爆弾などを仕掛けた劇場内部の危険な状況を人質に伝えさせる。
 「突入しないで」などと訴える人質の声を聞かせて、当局を牽制(けんせい)する。巧妙に計画された攻撃であることを示すやり方である。

 バリ島では外国人観光客の多い場所がねらわれて爆破テロが起きた。ロシアでは、観光客ではなく地元モスクワの人に人気のあるミュージカル公演がねらわれた。
 「ロシアはチェチェンから手を引け」というメッセージは明確なようだ。

 普通の市民を人質にして、政府に要求を突きつける。どう見ても許されない行為だが、ロシア政府のチェチェン介入にさまざまな問題があったことも確かだ。
 いわば政府の「失政」のつけが市民に降りかかる。それも生命の危機にさらされる。理不尽な事態だ。

 テロ対策は、対チェチェンのように軍事力で抑え込むだけでは、うまくいかない。そのことを痛感させられる事件でもある


107 :文責・名無しさん:02/10/25 07:47 ID:MWbTFnJe
今日のも女子高生風駄文。

ロシア国民はチェチェン弾圧に賛成しているのでは?
理不尽でもなんでもないような。

108 :社説スレからコピペ:02/10/25 08:21 ID:+Wp8yvRn
397 :文責・名無しさん :02/10/25 07:39 ID:ZIB/bWuR
今日の一つ目の社説、結局天声人語と同じ事を言ってるだけなんですが、、、。
そして最後はプーチンの今後も左右するとかいう結び。
なんでも使えますな。この結びは(笑)
「小泉首相の今後も左右する」「竹中の今後も左右する」
芸能ネタにも使えますな(笑)

天声人語は、「痛感する」とかだよな。これもなんでも使えるな。
「我々は改めて、真剣に考え直す必要があるのではないか?」とかね。常套手段だよな。
ようするに、何かが事件が起こった場合、
その事件の詳細だけかいて、後はこの常套手段でしめくくれば、いっちょできあがりってか(笑)
いっつも朝日の記事は笑わせてもらってるよ。
おかげで俺の大学のクラスは全員朝日とってないよ。
俺がやめさせたからさ(笑)
そいつらは、またそいつらの友達にいいふらしてるからさ。
2ch見る事をお勧めしておいたよ、皆に(笑)


109 :文責・名無しさん:02/10/25 08:45 ID:SF/IiD18
うすっぺらい読み方だな。アサに対して言ってるその言葉、そのまま自分に問い直してみるのもマタ一興。

110 :文責・名無しさん:02/10/25 08:48 ID:2iRn/KDe
>>106
他国の批判する前に
日本に対するテロ(拉致含む)に対して、どういう対策をとるべきか、論じろ。


111 :文責・名無しさん:02/10/25 08:55 ID:cvY02h/w
(´-`).。oO(北が拉致を認めてからしばらくおとなしかった荒らしが、最近また・・・。
      香具師らの拠り所は、なんなんだろう・・・。



112 :文責・名無しさん:02/10/25 09:01 ID:0ZNZqBeT
>>109 108の言ってることはその通りでしょ。
朝日の記事は全て後付と思うな。
未来に向かって何をしようという提言が非常に薄い。
過去形になった物事を批判するばかり。
なにか未来提案で益になったことってある。

113 :文責・名無しさん:02/10/25 09:20 ID:D4Ru3+qg
またテロリスト擁護してる・・・
昨晩の筑紫も同じ事言ってたな(ToT)

何べんも言うが、テロリストと同じテーブルにのってはダメなのは常識
テロリストが武装解除して初めて話が聞けるんだよ!

114 :文責・名無しさん:02/10/25 09:24 ID:0T5VACV2
@段落、書き出しに「〜そうだ。・・・である。」とある。こいつの家・会社等には、TV無いのだろうか?。
つまり、TVで映像を見ていれば「伝聞」という語法を使う必要性は無い。
せめて書き出しは「〜ようだ。・・・である。」としてほしかった。
そもそも、書き出しに「伝聞」という「あいまいな根拠」を持ってくる必要はあるのだろうか?。
ロシア当局あるいは、テロリストが「情報操作」を、行っている「可能性」を考えての配慮だろうか?。
この情報社会において、その「現実性」「実効性」を考えれば、ありえない事と断じてさしつかえない。
つまり、上記の配慮は馬鹿のすることである。

B武装集団は人質に携帯電話を使うことを許した。これもまた普通とは逆をいく。
爆弾などを仕掛けた劇場内部の危険な状況を人質に伝えさせる。
 「突入しないで」などと訴える人質の声を聞かせて、当局を牽制(けんせい)する。
巧妙に計画された攻撃であることを示すやり方である。

>武装集団は人質に携帯電話を使うことを許した。これもまた普通とは逆をいく。
犯罪という母集団で考えうるから、以上のようなマヌケな結果が導き出される。
テロリストにとって、外部との連絡を人質に許す事に「必然性」が、存在していることは筆者自身も理解している。
ならば犯罪者は、普通合理的でる事を考え合わせれば、十分「普通」の行動である。
はずなのに、「普通ではない。」と書いてしまうところが、愚者の思考である。


Cバリ島では外国人観光客の多い場所がねらわれて爆破テロが起きた。
ロシアでは、観光客ではなく地元モスクワの人に人気のあるミュージカル公演がねらわれた。
 「ロシアはチェチェンから手を引け」というメッセージは明確なようだ。
> 「ロシアはチェチェンから手を引け」というメッセージは明確なようだ。
っという事を言うのに、バリ島うんぬんは、全く「必要ない」文章である。

DE段落「テロに軍事力は火に油、被害をこうむるのは一般市民」という事が筆者の主張であり、
アメリカの対テロ(イラク)戦争を視野に入れている事は、明白である。
ならば@〜Cの内容を変更してその事を明示するべきである。

>>1よ
これが精一杯だ。満足か?

115 :文責・名無しさん:02/10/25 10:31 ID:chGpWJxu
今日の中日新聞朝刊の中日春秋が
昨日(?)の朝日の天声珍語(リリー・マルレーンのやつ)のコピーみたいになってます(藁

116 :文責・名無しさん:02/10/25 10:57 ID:f9HvjN/K
>>115
コピペしておきます。

ノルベルト・シュルツェさんというドイツ人の死去の報を読んだ…

 ノルベルト・シュルツェさんというドイツ人の死去の報を読んだ。
「リリー・マルレーン」の作曲者だ

▼故郷の恋人をしみじみ歌う甘く切ない名曲である。
詩は第一次大戦の兵士ハンス・ライプが前線に出る前に書いた。作曲は一九三八年。
第二次大戦当初にドイツの女性歌手ララ・アンデルセンが歌ってドイツ軍の、さらに
連合国軍兵士の人気を集めた。が、ナチは放送を禁止する


117 :文責・名無しさん:02/10/25 10:57 ID:f9HvjN/K
▼暗くて厭(えん)戦的という理由からだ。彼女は亡命を図って逮捕されたが、生き延びる。
代わって歌い継ぐ形になったのがマレーネ・ディートリヒである。ドイツ生まれでも反ナチで、
米市民となり連合国軍兵士のために歌う。戦後も各国の歌手が取り上げて、故郷や愛する人
への思いを込め、時代と国境を越える愛唱歌になった

▼こちらの愛唱歌も歌い継がれればいい。英のビショップ作曲「埴生(はにゅう)の宿」。
 埴生の宿も わが宿/玉の装(よそ)い 羨(うらや)まじ…。貧しく小さな家でもわが家は至上と、
拉致の横田めぐみさんも昔口ずさんでいた。だから、母早紀江さんは、めぐみさんの娘と分かった
ヘギョンさんに教えたいと


118 :文責・名無しさん:02/10/25 10:57 ID:f9HvjN/K
▼「埴生の宿」は小説『ビルマの竪琴(たてごと)』でも登場し、日英両軍が
思わず和して歌う。「リリー・マルレーン」が敵味方なく愛されたように。国や戦争にほんろう
される兵士だからこそ、心に故郷や家族を描き、歌い聴いたことだろう

▼永住帰国問題も被害者や家族が国にほんろうされる懸念が消えない。めぐみさんたちの
消息とて判然としないなか、一日も早く歌い継がせてあげたい「埴生の宿」だ。

----------------------------------------------------------

後半、少し強引ですが、マレーネ・ディートリヒが歌う前は誰が歌っていたかが分かった。
ロンメルはそっちの方を聴いてたんだろうな。

「埴生(はにゅう)の宿」は「火垂るの墓」の最後に使われてたね。

119 :文責・名無しさん:02/10/25 11:19 ID:ln9/nSdI
>>104
英文読んできた。
天人にはないエピソードが多く入っていて、ナチスドイツとのしがらみなどにも
触れられているので、Timesのほうは論調がずいぶん違うと感じる。
が、真ん中あたりは丸写しだよ。曲についてのエピソードなど誰が書いても
似たようなものになるんだろうけど、各エピソードの順番、段落ごとの話題の順序まで
同じになるっていうのは、変じゃないか??
Timesを読んだ上で書いているのだから、「偶然」似てしまったのなら
書き直すくらいのプライドを持って欲しいもんだ。

120 :文責・名無しさん:02/10/25 11:41 ID:ln9/nSdI
>>118
同じTimesネタでもこちらは大分出来が違うね。
引用は前半だけで、後半との対比もなかなか秀逸。

「埴生の宿」を軸にビルマ戦線の日英兵士→国交正常化問題への流れは
多少強引な展開だけど、めぐみさんの話をあいだに持ってきたことで上手く
まとめている。やんわりと反戦も表現できているところもよいね。

121 :レコバ ◆nmRecoBANs :02/10/25 15:37 ID:0vnpekdj
昨日依頼があった時点でたてるべきだったとその後
後悔しました。。でももう天声人語更新されちゃったしね

122 :文責・名無しさん:02/10/25 16:06 ID:hyue15fp
朝日新聞 天声人語 昭和50年8月25日
 不況の風に吹かれて、企業の優勝劣敗があらわになる。経営派の優劣が問われる時でもある。高度
成長時代には、高々とラッパを吹く経営者がその力量を発揮したが、時代は変わった。隊列を点検し、
戦力を蓄え、機を見て攻め、時に応じて退く判断が必要とされる。
 大実業家渋沢栄一の株が高い、という。幕末から明治まで生きて、生涯に五百余の事業と六百余の
非営利的な公共事業に関係した巨人だった。作家城山三郎氏によれば、彼こそ乱世を生き抜く経営者
の最高峰だ。その生き方は知識を吸収する吸収魔、絶えず提案する建白魔、人と人を結びつけてやま
ない結合魔の「三魔」に尽きるそうだ(日経)。栄一の子息、渋沢秀雄氏が旧制中学のとき、父に、も
し大石良雄だったら吉良に贈賄したかどうかを聞いたことがあった。彼は、「難しい質問だね」と黙
ってしまった。しばらく考えて「おそらく十分な礼物を吉良に贈っただろうね」と答えた、という渋
沢秀雄氏の随筆を読んだことがある。
 元禄時代のこうした贈賄は今日とは観念の違うものだろうし、犯罪ではなかったろう。また吉良が
欲張りだということも分かっていた。渋沢翁はそうしたことを考え合わせ、浅野家のために贈賄する
と答えたに違いない。ところが渋沢氏のこの随筆を読んだ人に、いろいろな反応があったらしい。
「渋沢翁が贈賄を自認したとは嘆かわしい」という人もいた。中学教師の奥さんに「いい事を書いて
下さいました。うちの主人はがんこで、贈り物を一切受け取らないのです。」といわれて苦笑した、と
いう渋沢氏の後日談もある。渋沢翁は自分を元禄時代の中に置いて考え、答えたのであって、背広を着た大石良雄の話をしたわけではなかった。
 歴史は常に現在からみた歴史だけだといわれるが、そこには一見矛盾した二つの教訓があるかと思
う。現在のために過去を知らねばならぬということ、現在の物差しで過去を裁断することを戒めると
いうことの二つである。

123 :文責・名無しさん:02/10/25 16:09 ID:dxEVGJXt
test

124 :文責・名無しさん:02/10/25 17:12 ID:TDHX+tFd
ニュー速+から来ますた(盗作ネタで)
なんていうか、既存のテキストファイルを <PRE></PRE> で囲って「このHTMLの
著作権はわが社にあります」って言ってるみたいですね。

125 :依頼人:02/10/25 19:21 ID:+rgWcdt/
    ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

→ 121 :レコバ ◆nmRecoBANs :02/10/25 15:37 ID:0vnpekdj  ←
→ 昨日依頼があった時点でたてるべきだったとその後       ←
→ 後悔しました。。でももう天声人語更新されちゃったしね    ←

    ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑

…ってうそうそ、怒ってないよ(w
でも、立ててもいいネタではあったと思う。


126 :文責・名無しさん:02/10/25 22:53 ID:7PcRJJR+
明日のネタはもう決まり。
ヘギョンヘギョン


127 :なんかずれてるぞ:02/10/25 23:54 ID:HXNr5mAS
ミ,,゚Д゚彡y━~~ テロって、劇場型犯罪か?

128 :文責・名無しさん:02/10/26 00:03 ID:Rq1FlmRG
ライフル魔のほうが「劇場型」という気もするんですが。
まぁ、テロリストも自分たちの主張を全世界に知らせる、という意味では
劇場型なんだろうな。


129 :文責・名無しさん:02/10/26 00:21 ID:HTuOBiS2
ところでリリーマルレーンのもせ、要ります?

130 :文責・名無しさん:02/10/26 00:35 ID:UoF+v8Vf
>>129
マレーネならキボンヌ

131 :文責・名無しさん:02/10/26 07:21 ID:lUXTUi67
■《天声人語》 10月26日

 英語の達者なベトナム青年ドアン・バン・トアンさんは「あの戦争のことを決して
忘れてはいけないと思う。しかし、私たちは開かれた心をもっていたい」とベトナム戦争
のことを語った。

 先日ベトナムへ小旅行したときの案内役の一人トアンさんは23歳、まったくの
戦後世代である。いずれ米国へも行きたいと夢を語る明るい青年だった。

 75年4月のサイゴン陥落から四半世紀を超えた。名前をホーチミン市に変えた都市は、
オートバイがあふれかえる喧騒(けんそう)の街だった。外見上戦争の傷跡を示すものは
ほとんど見当たらない。米国の空爆を避けるため地下都市を築いた近郊の村クチも
各国からの観光客でにぎわっていた。

 帰国してすぐ作家の日野啓三氏の訃報(ふほう)に接した。ベトナム特派員時代に
小説家として歩む意志を固めた人だ。サイゴンの広場での少年の公開射殺をともに
目撃した作家の故開高健が、そのときの日野氏のつぶやきを書き留めている。

 「おれは、もう、日本へ帰りたいよ。小さな片隅の平和だけをバカみたいに大事にしたいなあ。
もういいよ。もうたくさんだ」(『ベトナム戦記』朝日文芸文庫)。開高も「彼の優しく
痛切なつぶやき」に共感した、と。

 あの戦争が終わって四半世紀、という感慨とともに拉致被害者の異国での四半世紀
のことを思う。北朝鮮にいる子どもたちはトアンさんとあまり変わらない世代ではないか。
彼らはどんな将来への夢を描いているのだろうか。同じ「社会主義国」といっても
開放政策をとるベトナムの若者とはまったく違う夢だろうか。


132 :日野氏は14日に死去・・・:02/10/26 07:25 ID:lUXTUi67

日野啓三氏死去  作家、「あの太陽」で芥川受賞
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/2002oct/14/K20021014MKI1Z100000082.html

日野 啓三氏(ひの・けいぞう=作家、読売新聞編集委員)14日午後5時、大腸がん
のため東京都世田谷区代田6−33−20の自宅で死去、73歳。東京都出身。葬儀・
告別式は18日午後零時半から東京都新宿区南元町19、千日谷会堂で。葬儀委員長は
詩人の大岡信氏。喪主は妻奈美(なみ)さん。

 東大卒業後、読売新聞社に入社。ソウル、サイゴンに駐在した。74年「此岸の家」
で平林たい子賞、75年「あの夕陽」で芥川賞を受賞。その後も「夢の島」など都市と
自然の対立を超えた世界を描く作品に取り組んだ。他に「抱擁」(泉鏡花文学賞)、
「砂丘が動くように」「台風の眼」「光」など。

 芥川賞選考委員。90年に腎臓がんで手術したが97年に再発。闘病しながら執筆
を続け、今年に入っても短編集「落葉 神の小さな庭で」などを出した。

 (注)通夜は17日午後6時から千日谷会堂で (共同通信)



133 :文責・名無しさん:02/10/26 07:26 ID:5CWO4RW0
石井議員刺殺、犯人似右翼の行方追う
犯人似右翼の行方追う
犯人似右翼の行方追う
犯人似右翼の行方追う


 民主党の石井紘基衆院議員(61)(東京6区)が25日午前、東京都世田谷区代沢1の自宅前で
刺殺された事件で、犯人の男は1時間以上前から近くで待ち伏せしたうえ、玄関付近で石井議員を追い詰めた末
に包丁で刺していたことが分かった。警視庁北沢署の特捜本部は、恨みによる犯行の疑いもあるとみて調べている。

 また、犯人の男と、石井議員の事務所を度々訪れていた40歳代の右翼団体関係者の容姿が似ていることが分かり、
同本部で行方を捜している。

 調べによると、同日午前10時30分ごろ、迎えに来た公用車の運転手が石井議員宅の玄関ベルを鳴らした。
その直後、車の背後から男が近づき、玄関を出てきたばかりの石井議員を追い詰め、同議員が尻もちをついて、
座り込んだところを包丁で刺した。石井議員の左胸の傷は深さ18センチで、背中に貫通している部分もあった。

 この男は、石井議員宅の周辺で同日午前9時前ごろから、近くの十字路など複数の地点で、
場所を変えながら移動しているのが目撃され、数日前にも、この男に似た不審者が、現場周辺をうろついていたという。

 一方、右翼団体関係者は数年前から、世田谷区内の後援会事務所などを訪れ、事務所関係者に「石井議員に金を貸している」
「仕事を紹介してほしい」などと執ように迫っていたという。

 住んでいたアパート近くの住民によると、頭は丸刈りで、がっしりとした体格。
頭部にバンダナを巻いた姿も目撃されている。
 
 http://www.yomiuri.co.jp/top/20021026it01.htm                



134 :文責・名無しさん:02/10/26 07:50 ID:SO3S8P1m
>先日ベトナムへ小旅行したときの・・・
> 帰国してすぐ作家の日野啓三氏の訃報(ふほう)に接した。

前スレからコピペ

467 :文責・名無しさん :02/10/14 21:24 ID:2Q/8brUG

8日【拉致事件】開国後の日本から鎖国中の北朝鮮と拉致事件の被害者に
<「「現実」との距離をどうやって埋めていくか」=朝日、オマエモナー>
9日【社会】性同一性障害について、競艇の選手の会見、ミニコミ誌主催者の体験など
<単館上映の映画の宣伝を巧妙に混ぜる>
10日【ノーベル賞】ダブル受賞した小柴昌俊さんと田中耕一さん
<「企業と交渉」、「最先端技術の協力があった」、「どんな境遇でも実績を出せる」=支離滅裂>
11日【ノーベル賞】経済学賞のカーネマン教授の学説を紹介
<小池の説明では教授の学説のどこがすごいのかわからず>
12日【ノーベル賞】カーター元米大統領の紹介からプッシュ批判
<カーター氏の伝記”An Hour Before Daylight”を「夜明け前」と超訳>
13日【経済】株に関する格言を紹介しエコノミスト批判<自分の意見無し>
14日【日記】JR東日本が試作中の新しい通勤電車車両の試乗体験記
<実用化は3年後かよ!>


最初に小柴さんがノーベル賞を受賞したときに、触れられなかったのは
ベトナムにいたせいかも。そして、電車ネタは、書き溜めていたやつに違いない。


135 :文責・名無しさん:02/10/26 09:39 ID:dk0ENEBv
>あの戦争が終わって四半世紀、
ベトナム戦争を「あの」なんて代名詞で指されても日本人はピンとこないよ。
まっそれだけ朝日がベトナム戦争に入れあげていたことだけは良く分かる。
>同じ「社会主義国」といっても
北朝鮮を社会主義国と思っていては全ての判断を誤るだろう。
社民党の思考回路と一緒だな。


136 :文責・名無しさん:02/10/26 09:51 ID:1yBAaiBe
(´-`).。oO(この時期にベトナムにいく時事センスの無さについては何も言うまい・・・。
      でも、ヘギョンちゃんに触れないのは、なぜ・・・?


137 :文責・名無しさん:02/10/26 10:38 ID:0KAiM6IY
こんな駄文に何か意味有るのか?

138 :文責・名無しさん:02/10/26 11:54 ID:RGZY6SHu
>>137
暗号文でも隠されているのではないだろうか。今日の天声人語である。


139 :文責・名無しさん:02/10/26 13:52 ID:pg127vxT
週明けの天人に
「話し合いによる解決は出来なかったのだろうか、ロシアの劇場テロである」
が載るに100タミー

140 :文責・名無しさん:02/10/26 14:22 ID:Yb2jF419
へ〜、ベトナムに行ってくるのって、
天人にとっては「小旅行」なんだ。
小旅行って、東京の人が箱根に行くぐらいかと思ってた。



141 :文責・名無しさん:02/10/26 16:16 ID:N0HAvI1X
しかし、チベットに触れないのと同様に現代も行われている中国の
公開処刑には言及せんのだろうな。


142 :文責・名無しさん:02/10/26 16:25 ID:JQKBQB0e
>134
13日は完全に別人だと思う。

143 :文責・名無しさん:02/10/26 16:28 ID:RQIDp1f/
オッサンの作文だ。

144 :文責・名無しさん:02/10/26 17:19 ID:ZPLnZYg0
>>131
ふーん。小池サン、ベトナムに行っていたんだ。この前はニューヨークだったよね。国内ではヒッキーらしいけど海外には
気軽に出かけるのかしら?
ところで小池サン、せっかくベトナムに行ったんだったら、当時のベトナム派遣韓国軍の武勇伝を取材して、コラムにして
もらいたかったです。特にベトナム人の対韓国感を中心に。

145 :文責・名無しさん:02/10/26 17:29 ID:loKn3Y2p
俺最近新聞をまともに読み出して、
読み比べる余裕はあまりないけど、
たけしが新聞批判してるせいもあって、面白半分で天声人語読みだしたけど、
確かに内容はない。けど、朝日人に「天声人語に意味を求めちゃいかん。
所詮あんな小さな欄にかかれていることなんだから」って言われたら
反論できないとおもった。
突っ込みどころも毎日あるわけじゃないし、あったとしても、
言葉の語尾を捉えて揚げ足をとるっていうレベルだから、
指摘してもどうかと思った。
結局は内容があるようでない事ばかり書いているだけで、
揚げ足さえ取らなければ、大して悪いってわけじゃないと思ったのですが、
今まで長い事読んでるかたはどう思いますか?

146 :文責・名無しさん:02/10/26 17:34 ID:t3VBOwUW
>>145
過去スレ読んでから言ってね。


147 :文責・名無しさん:02/10/26 17:51 ID:hVLwbMHY
>>145
>たけしが新聞批判してるせいもあって、面白半分で天声人語読みだしたけど、

このスレで、「たけし」を持ち出してくるやつ初めて見た(激藁


148 :文責・名無しさん:02/10/26 17:54 ID:KW65iOF5
>>145
深代コラム(>>29)を読んでたら、文字数制限やらを理由にあげるのが
ただの言い訳に過ぎないことがわかると思われ。

149 :文責・名無しさん:02/10/26 18:04 ID:Ge09rHkp
>>145
このスレに集う人間の類型。

@ 栄光の実りある美文であった、かつての天声人語のファンだった者
A 天声人語を読むと大学入試に有利などという言説を信じるも、あまりの駄文に失望した者
B 他紙との比較から朝日新聞自体の思想的偏向性に疑問を持ち、それが顕著に表れる天声人語を観察する者
C 2ちゃん的なネタとして電波の入った天声人語を嗜好する者
D ただの朝日嫌い

君に筑紫哲也の言葉を捧げよう。
「公人たる者、不用意に誤解を招くような表現はするべきではない」
石原慎太郎の「三国人」発言を、編集によりさも差別発言であるかのように煽り立てたジャーナリストの言葉は重い。

150 :文責・名無しさん:02/10/26 18:11 ID:Rq1FlmRG
朝日の天声人語はコラムとしてすごい、という洗脳がだいぶ解けた人間多いね。


151 :文責・名無しさん:02/10/26 18:26 ID:KW65iOF5
とりあえず、各紙の今朝のコラムの内容ですが、

編集手帳 拉致ネタ。政府ガンガレ、北にだまされるな!を西遊記と絡めて。
余録 ヘギョンたんネタ。なんで〜こんな〜に〜かわいいのかよ〜
産経抄 石井議員刺殺ネタ。ちょっと電波入り気味…
春秋 石井議員刺殺ネタ。言論を暴力で〜は決まり文句だけど確かにね。

アサピーはやっぱり時事ネタを外してる模様…
ていうか、この時期にベトナムネタを持って来る理由は何?
北ネタを書きたくないのはわかるんだけど、昨日は事件がたくさんあってネタには
困らんかったはずなんだが…

>>149
1と3だなぁ…

152 :文責・名無しさん:02/10/26 18:51 ID:Yb2jF419
>>149
2番の変型で、

名文であるはずと己を騙し騙し読んできたが、ついに耐えられなくなり救いを求めにきた者

かなあ・・

153 :文責・名無しさん:02/10/26 19:15 ID:oDL1MbMN
>>145
君が読んでいる「たけし」とやらは、
すべてゴーストライターによるもの。
昔は、「たけし」がしゃべったものをライターがまとめていた
時期もあったろうが、いまは専属のゴーストが書いている。

「たけし」とやらのメディア批判も具体的に
「何月何日の○○新聞」や番組名が指定されておらず、
批判の対象そのものが「ネタ」です。

ごめんね、子どもの夢を壊しちゃって・・・。


154 :文青・名無しさん:02/10/26 19:30 ID:+HvGeU8t
>>149
筑紫がいってもギャグにしかならんが、まあ一般論としては正しい
ところで三国人発言の件は「不用意」ではなく明らかに「恣意的」
でしたが何か?

155 :文責・名無しさん:02/10/26 20:02 ID:8rQSOCXh
>>149
俺は、4番だな・・・

156 :文責・名無しさん:02/10/26 22:16 ID:YMT+8WYq
政府とテレビ局のつながり

http://money.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1033479580/l50
の337.338.339.340

157 :文責・名無しさん:02/10/27 00:11 ID:E6PTPkRa
>>153
普通に何々新聞のって書いてあったし、
内容も批判する部分に関して、ほぼコピペしてありましたよ。
その時は朝日という新聞社名が一番多く出てきてましたが。
ゴーストライターだということが、なぜわかったのですか?

158 :文責・名無しさん:02/10/27 00:46 ID:KDFbAWCy
>>153
たけしがゴーストをつかっているかどうかは、近著を読んでいないから
わからんが、むかしのから判断すれば、社民や日教組や朝日新聞の敵
ではあったな。

朝日批判の芸人は全てゴーストと思いたい朝日信者かな?



159 :文責・名無しさん:02/10/27 03:19 ID:O6NlQ/RO
>>149
俺は3だね。
読み比べれば読み比べるほど、朝日だけ物凄く浮きあがっていて笑える。

160 :文責・名無しさん:02/10/27 03:40 ID:feNj+TtG
「たけし」が書いている分けないじゃん。ジャンジャン。

しかし、「天声人語神話」だけではなく、
そろそろ、「タケシ神話」とやらからも、
脱却してもらわんとな・・・。





161 :文責・名無しさん:02/10/27 04:21 ID:E6PTPkRa
>>160
ゴーストライターを批判すると神話扱いか(笑)
神話にしたくてたまらないらしいな(笑)

162 :文責・名無しさん:02/10/27 06:09 ID:k2OjAuqM
>>160

おまえ、天人だろ。
名乗ってから文句いえ。
たけしは自分で書いてるから名乗れるんだ。
辻元みたいに「私は書いて無い」とは間違っても言わんだろう。

163 :文責・名無しさん:02/10/27 08:12 ID:CNsSa5si
>>162
160では無いし、話題が少しそれるが、
ビートたけしって初期の頃、よく
「俺んちは貧乏で・・」って言っていたけど
兄3人は大学に行き、彼自身も明治大学工学部に。
理系の私大って、学費高いと思うが、
やつのうちは、本当に「貧乏だった」のかなぁ?とオレは思うよ。
奨学金の可能性もあるけど、中退したら返金しないといけないけど、
うれない芸人やりながら返したのかなぁ?

さらに、「兄貴3人は3人とも東大、しかし、オレは・・」とも
よく言っていたが、兄・北野大は東大ではないし、
「3人とも東大は嘘でした」と「午前3時25分」の文庫版の前書きで
自分で言っているし・・・。

この手の話は、一切、報道されないのはなぜでしょうか?

スレ違いスマソ。しかし、この「たけしネタ」やるのに
ふさわしい板というのは、どこになりますでしょうか


164 :文責・名無しさん:02/10/27 08:21 ID:FsQXbe9t

■《天声人語》 10月27日

 作家の故埴谷雄高氏がこんな文章を書いたことがある。「腰かけている肘掛け椅子
からふと左手の床を見下したりすると、そこにぼかりと口を開いた暗い、底知れぬ深淵を
認めて愕然(がくぜん)とするといった事態……」

 日常のなかにぼかりと開いた深淵(しんえん)におののくような事件が続く。モスクワ
では、ミュージカルを見に行った人たちが武装集団の人質になり、ついには突入作戦
で少なくない犠牲者が出た。東京では、自宅前で迎えの車に乗り込もうとした政治家
が刺殺された。

 米国の首都ワシントン周辺では、日常生活のひとこまを狙ったスナイパーの銃弾に次々
と犠牲が出た。バリ島では、ディスコに興じていた人たちが一瞬にして爆破テロの
犠牲になった。振り返れば、帰国した拉致被害者たちもまさに日常から力ずくで引き
はがされた人たちだった。

 こうした事件が個人の衝動や欲望からだけではなく、国家や権力者、あるいはテロ
集団にかかわっているとき、深淵の闇は一段と深まる。強大な組織や暴力装置、
冷酷な計算が背後にひかえていることが多いからだ。

 「1人の死は悲劇だが、100万人の死は統計でしかない」と言ったのはスターリン
だったか。粛清で死者の山を築いたかつての独裁者である。権力者とは、しばしば
そういう発想をする人種であろう。

 その発想に対しては「否」と異議を唱え続けたい。私たちはひとりひとりの生を大事
に思い、ひとりひとりの死を悼む。いつもそこから出発する、と。「闇の深さ」に対抗する
には、そこから始めるしかないのではないか。



165 :文責・名無しさん:02/10/27 08:23 ID:4Ucq9wyv
>>163
噂板だろうね。
で、たけしの家は貧乏だったのは本当だよ。
要するに、生活費の殆どを学費に注ぎ込んでいた。
後は菊次郎の酒代(w

>この手の話は、一切、報道されないのはなぜでしょうか?
つか、報道する必要は無いでしょ?
芸人の与太話を信じる方が変だよ。
まあ、あえて悪いやつを言うならマスコミだけど。

166 :163:02/10/27 08:34 ID:FsQXbe9t
>>165 thanks

少し、実証可能なネタを集めてから噂板でスレたててみますよ。
たけし信者の阿鼻叫喚が・・・。プププ。


167 :文責・名無しさん:02/10/27 08:41 ID:4Ucq9wyv
>>166
がんがれ。
妄想にならない程度にね。

168 :文責・名無しさん:02/10/27 08:53 ID:OEYUrMaM
(´-`).。oO(たけしネタにつられる香具師がこんなにいるとは・・・。
      しかし、漏れには朝日もたけしも、「団塊世代的無責任」という意味では、
      同じコインの表裏にしか思えんのだが・・・。スレ違いスマソ・・・。



169 :文責・名無しさん:02/10/27 09:07 ID:khOp+AZw
たけしの本がゴーストライターが書いたとしてもその内容筋道はたけしの指示だろ。
たけしの考え方と全く異なる内容じゃないだろ。
文学で○○賞とかの対象になるなら本人が書いたかどうか厳密にチェックが必要だろが。


170 :文責・名無しさん:02/10/27 09:15 ID:v54aqMst
ようするにタケシの芸と小池の芸のどちらがレベルが高いかという
意味でタケシネタが出たんだろ。

オレはタケシの方が面白いし知性や教養も上だと思う

171 :文責・名無しさん:02/10/27 09:32 ID:Hf/5fmPI
たけしの兄らは国立だろ。
昔の国立の学費はバカみたいに安かったのでビンボでいいのでは?

そういえば、国立大の学費が高くなったのも社会主義的朝日論調に
よるところが大きいような。

172 :文責・名無しさん:02/10/27 09:33 ID:NvBGI4NA
> 「1人の死は悲劇だが、100万人の死は統計でしかない」と言ったのはスターリン
>だったか。粛清で死者の山を築いたかつての独裁者である。権力者とは、しばしば
>そういう発想をする人種であろう。

マスコミの紙面やテレビでの取扱上のルールを指していると思ったら、
スターリンの言葉だったのね。
1人の死者の方がその人の人生等について迫れて、
マスコミも取材しやすいし、悲劇性も高まるけど
多数の死者の場合には、悲劇性も分散されて薄まるよね。
マスコミの効用だけど。

> その発想に対しては「否」と異議を唱え続けたい。私たちはひとりひとりの生を大事
>に思い、ひとりひとりの死を悼む。いつもそこから出発する、と。「闇の深さ」に対抗する
>には、そこから始めるしかないのではないか。

結論から言えば、
 「1人のレイプ被害者は悲劇だが、100人のレイプ被害者は統計でしかない」
こんな感じなんだろうな。
 被害者が1人だけだと悲劇性も強く、会社を挙げてケアに努めたかもしれないが、
100人もいるとどうでもよく、無視・静観の構えになるんだろうなぁ。

173 :文責・名無しさん:02/10/27 09:38 ID:fBy7apxb
        _____________
        ||                  ||
        || 平和憲法       。   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ||   絶対死守      \ (@∀@-)<  北朝鮮は地上の楽園
        ||                ⊂ 朝⊂ )  .|  スターリンは子供好きなおじさん
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| |  ポルポトはアジア的優しさ〜
  .∧ ∧     .∧ ∧    .∧ ∧      .|____| \_____________
  (・,, ∧ ∧  (  ∧ ∧ (  ∧ ∧
〜(_(  ∧ ∧ __(  ∧ ∧__ミ・д・∧ ∧
  〜(_(  ∧ ∧_(  ∧ ∧_(   ∧ ∧
    〜(__(,,・∀・)〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)
      @(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ

     /   は〜い、先生。   \


---------------------------------------------------------------------------
                ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                (-@∀@) < スターリンは粛清で死者の
             _φ 朝_⊂)__ | 山を築いた独裁者ですが何か?
           /旦/三/ /| \_____________
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | 小池専用 |/
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

174 :文責・名無しさん:02/10/27 09:41 ID:NvBGI4NA
>こうした事件が個人の衝動や欲望からだけではなく、国家や権力者、あるいはテロ
>集団にかかわっているとき、深淵の闇は一段と深まる。強大な組織や暴力装置、
>冷酷な計算が背後にひかえていることが多いからだ。

岡部事件は、個人の衝動や欲望からだけの事件で、
大会社、マスコミ等の集団が組織的にかかわっていたわけでは
ないのだから、構わないのか。

会社の一部集団による組織的犯罪で、
そこに深淵の闇を感じ取っていた人もいたのだけどね。
非道すぎる事件な割には、あまりにも強く報道管制がかかっていたからね。
強大な組織や暴力装置、 冷酷な計算が背後にひかえているのではないかと。

175 :文責・名無しさん:02/10/27 09:52 ID:EQ9hnCjD
>>172
朝日のゴーストのような、、、、
だれも批判してくれないのが寂しいのか?

せっかくだから批判してやるか
スターリン批判で媚びを売っているのだろうが、そんなことは
何十年も前の極左過激派がとうにやっておるわ!
勇気があるなら毛沢東批判をやってみろ。
毛沢東いわく
「(中国人が)何人餓死しようがミサイルを開発せねばならない」

金日成と同じ穴のムジナ毛沢東を批判しないのは何故?

176 :文責・名無しさん:02/10/27 10:11 ID:1FgdOGYO
深代惇郎の天声人語 1975年4月3日

▼将軍は来り、去る。兵士は残されて、いつも戦争をさせられる。庶民は逃げまどい、
殺される。カンボジアと南ベトナムでは、あれよ、あれよと目を見はるほどの大敗走が
続いている。

▼カンボジアの大統領ロン・ノル将軍は、家族や腹心をつれ、飛行機で国外に逃げて
しまった。「地上の楽園」といわれるバリ島の宮殿で「休息中」だという。南ベトナムの
首相のキエム大将は辞職を申し出たり、大統領のチュー中将の亡命説も出ている。
自由のため、祖国のため、最後まで戦えと下知をした人たちだった。

▼なだれのような解放戦線の進撃の前に、司令官たちは兵士の給与を横取りして、
姿を消す。兵士たちは難民救助船を奪い、乱暴の限りをつくす。見捨てられ、見失われる
のは、いつも「庶民」と呼ばれる人たちなのだ。

▼この内戦に介入したのは、十年前の米国だった。自作自演のサイゴン政権を創作した。
「南ベトナムが自らその運命を決めるため」「全アジアの共産化を防ぐため」「アメリカ
的自由と民主主義を守るため」「名誉ある平和を得るため」。

▼美辞麗句が踊るたびに、戦争は拡大され、残酷になった。北爆、ソンミ事件、
枯れ葉作業(戦?)、カンボジア進攻、米軍引き揚げによるベトナム人同士の戦い・・・・・・
百二十万人の兵士が殺され、四百四十万人の民間人が死傷した。一つの国が
これほど大規模に、他国の内戦に介入した例を知らない。

▼いま、その危機的状況の日々に、フォード大統領は喜劇俳優ボッブ・ホープとの
ゴルフで、カリフォルニアの休日を楽しんでいる。米国の議会は休みで、議員たちも
国に帰った。この悲劇を創作した米国は、思い通りにいかなかった筋書きに失望し、
あるいはそれを批判し、そろって復活祭の休暇中だ。

▼将軍は去り、庶民は逃げまどう。国家とは、むごい存在である。十年のベトナム
戦争とは、一体、何であったのだろう。


177 :文責・名無しさん:02/10/27 10:12 ID:1FgdOGYO

深代惇郎の天声人語 1974年5月17日

▼九十数人の子供が人質にされ、二十人が殺され、七十四人が負傷した。パレスチナ・
ゲリラ三人も、射殺された。むごい、と言うほかに言葉をしらない。

▼イスラエルの参謀総長は「ほかに方法がなかった」といっている。殺されたゲリラたちも
「ほかに方法がなかった」と、考えていたにちがいない。この冷酷な事件には、三つ
の立場があるかも知れぬ。第一は、イスラエル軍がゲリラをだまして突撃したとしても、
子供の生命を取引材料にしたゲリラの方に道徳的責任があるという立場だ。第二は、
ユダヤ人が他人の土地に勝手に国をつくり、百数十万のバレスチナ人を食うや食わずの
難民にしていることに、本当の原因がある。この国家暴力をなくさぬ限り、絶望的な
ゲリラは後を断たない。第三は、ゲリラの過激戦術も、イスラエルの強引なやり方も
どちらも容認できぬというもの。

▼どの立場をとるかは、恐らくその人の人生観や思想の深いところに結びついている。
しかしだれも異論がないと思うのは、イスラエルとパレスチナ・ゲリラは戦争状態にある
という事実であろう。人道的な戦争というものはない。戦争に人道的なルールを決め
ようという試みも、「人道的な殺し方」という矛盾を抜け出すことができるだろうか。

▼ゲリラには自分の大義があり、ユダヤにも自分の大義がある。ゲリラは追いつめられている
と信じ、イスラエルも追いつめられていると信じている。どちらも大義によって相手を殺す。
しかし殺される者は、ただ殺されるだけだ。子供であれ、女であれ、大義があってもなくても、
人間は殺されて、虫ケラのようにゴロリと動かなくなるだけである。

▼「世の中に善い戦争も、また悪い平和も決してあり得ない」とは、ベンジャミン・フランクリンの
言葉である。


178 :文責・名無しさん:02/10/27 11:13 ID:Vmt/hLve
>>170
>オレはタケシの方が面白いし知性や教養も上だと思う


「たけしは頭がいい」なんて、80年代に持ち上げたのって、
筑紫哲也(「朝日ジャーナル」編集長)を始めとするサヨだよね(w。

お笑い芸人は「面白いか面白くないか」で評価されるべきなのに、
「頭がいい」ってのは、なんなんだよ。

だいたい「たけし」の教養なんて、
各分野の入門書レベルの知識しかないよ=小池並み。


179 :文責・名無しさん:02/10/27 11:22 ID:A6aO5neX
教養は小池レベルかもしれんが、たけしは知性が段違いに上。
サヨが持ち上げようが上げまいがタケシの頭のよさには
関係ないと思うが。

180 :文責・名無しさん:02/10/27 11:25 ID:A6aO5neX
つーか天人みたいな小物と較べるのはたけしに失礼の様な
気がしてきた。

181 :文責・名無しさん:02/10/27 11:27 ID:fzHWWHCK
読売・編集手帳
http://www.yomiuri.co.jp/08/20021026ig15.htm

 「かくも長き不在」は、一九六〇年作のフランス映画だ。カンヌ映画祭でグランプリを
受けた。小さなカフェを営む女性テレーズが主人公だ

◆テレーズは、十六年前ナチスに連行された夫に似たホームレスに出会う。男は
過去の記憶を失っている。それをよみがえらせるため、思い出話をしダンスに誘う。
だが、テレーズが夫の名を叫んだとき、男は立ちすくみ、車のヘッドライトの光に
向かって逃げ出していく

◆夫はかつて、拷問を受けた。名前を呼ばれると、その記憶がよみがえる…。記憶を
テーマにした、静謐(せいひつ)な反戦映画である。十六年の時を超えて過去と現在
が交錯する物語に、北朝鮮拉致被害者の二十四年が重なり合う

◆被害者は北朝鮮で、どんな記憶を積み重ねてきたのだろう。その記憶とのつながりが
絶たれるのは、自らの軌跡が否定されるようで、引き裂かれる思いもあるだろう。
拉致のむごさである

◆横田めぐみさんの娘キム・ヘギョンさんが、一部メディアの取材に応じた。母が日本人
だったことを知らず、母が亡くなったことも後になって言われたと語った。彼女の記憶
にも、埋めきれない大きな空白が感じられる

◆思い出したくない、絶ちきれない埋めきれない記憶がある。ヘギョンさんの涙に、
子供の記憶すら交渉カードとされているようで、胸が詰まる。


182 :文責・名無しさん:02/10/27 11:28 ID:fzHWWHCK

日経・春秋
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20021026MS3MI01X626102002.html

 華やかな劇場の客席に横たわるゲリラの遺体と、周囲に置かれた爆発物や武器類。
モスクワの劇場をチェチェンの武装勢力が占拠した事件は特殊部隊が突入して3日ぶりに
制圧されたが、約700人の人質の中から多数の犠牲者を出した。

▼酸鼻を極める「劇場テロ」の背景には、誘拐やアパート爆破など市民を巻き込む残虐な
手口でロシアとの民族抗争を繰り返してきたチェチェンの重苦しい歴史がある。直接
かかわりのない市民を人質にとって、その引きかえに政治的な要求を満たす。
そのために占拠した劇場の内部の模様までメディアに公開した。

▼こちらもメディアを駆使したあざとい「人質」の利用にみえてくる。北朝鮮に拉致された
横田めぐみさんの娘、ヘギョンさんと面会したメディアの報道である。「おじいさんと
おばあさんに来てほしい」という15歳の涙にうそはあるまいが、これでは永住帰国を
巡って被害者の分断に手を貸す結果になるまいか。

▼映像を見た横田さんの父の滋さんは「子供が両国の政治の争いに巻き込まれている」
と絶句した。その苦しい胸の内は察するに余りある。チェチェンでは「誘拐はコーカサスの
歴史的なビジネス」とさえいわれてきたという。ヘギョンさんを新たな「人質」にして
日朝交渉というビジネスの犠牲にしてはならない。


183 :文責・名無しさん:02/10/27 11:30 ID:fzHWWHCK
産経抄
http://www.sankei.co.jp/news/column.htm

モスクワの劇場占拠事件は、文字通り「劇場犯罪」だった。武装グループは外国人客
の多い劇場を選んだうえ、外国の一部記者も中に入れた。世界中の注目を集め、
国際世論の力でチェチェンからロシア軍を撤退させようとしたらしいからだ。

 ▼だが結果としては、特殊部隊との銃撃戦で、多数の犠牲者を出す惨劇を見せただけに
終わった。プーチン大統領も「9・11」以来、テロへの世界の目が厳しくなっていること
を計算し、占拠もテロ犯罪であることをアピールしての「劇場型」決着をはかったのだろうが。

 ▼昨日の本紙でチェチェン社会の「血の復讐(ふくしゅう)の掟(おきて)」という記事を読み、
この問題の難しさを思い、背筋が寒くなってきた。殺人が起きた場合、殺された側の
息子や男の兄弟は、殺人者とその兄弟や男の子供を殺すという復讐をしなければ
ならない宿命を負うというのである。

 ▼この掟を、ロシア軍によるチェチェン侵攻にも当てはめると、チェチェン兵を殺害した
ロシア兵は「仇(かたき)」として一生狙い続けられる。こんどの事件制圧も標的になる
のだろう。そうすると、ロシア軍とチェチェンとの戦いは半永久的に続くことになる。

 ▼この「復讐の掟」は、かつての日本の武士の世界の仇討ちに似ていなくもない。戦後
の占領軍は、この昔の“掟”を必要以上に恐れ、『忠臣蔵』など仇討ち物がある歌舞伎を
禁じた。だが、仇討ちが年中あったわけでもなく、チェチェンの掟の激しさとは比べようもない。

 ▼やっと見つけた自分の仇が村人のためトンネルを掘っている姿を見て、仇討ちをやめ
手伝ったという「青の洞門」のような話もある。現実の厳しさを忘れ、チェチェンとロシア
との間にも「青の洞門」がないものかと思ってしまう。

毎日・余録は・・・
http://www.mainichi.co.jp/eye/yoroku/200210/27.html

184 :文責・名無しさん:02/10/27 11:34 ID:t1GQHZZQ
>>179-180
>教養は小池レベルかもしれんが、たけしは知性が段違いに上。
>サヨが持ち上げようが上げまいがタケシの頭のよさには関係ないと思うが。

>つーか天人みたいな小物と較べるのはたけしに失礼の様な気がしてきた。

ぎゃははは、たけし信者、必死だな(w

つーか、釣り師って楽しいなー。


185 :文責・名無しさん:02/10/27 11:45 ID:CRfJbxno
>>184
降臨してるの?(プ
たけし信者?産経信者の新手か?

186 :文責・名無しさん:02/10/27 11:55 ID:vNNjSbYz
>>164
ロシアの事件、人質60人以上(小池執筆時)が犠牲になったそうだが、随分と物分りのいい
小池でした。
日本やアメリカが当事者であったなら、・・・以下言うには及びませんでした。

187 :文責・名無しさん:02/10/27 12:19 ID:jv79ORT7
>>179
>教養は小池レベルかもしれんが、たけしは知性が段違いに上。

母親・さきさんの葬式後のレポーターとの会話

レポーター「お母さん、亡くなって寂しいですか?」
たけし「(子供みたいな声で、半ベソで)うん」
レポーター「お母さんに、もう一度会いたいですか?」
たけし「(再び、子供みたいな声で、半ベソで)うん」


お母さんが亡くなって悲しいのはわかるけどさぁ、
いい歳こいた、「知性のある」大人の態度かぁ?これ。

「かくも日本男子は情けなくなったか」とかなんとか
勝谷誠彦あたりが批判してもよさそうなもんなのに、
そゆこと言ったマスコミって一個もないんだよ。

北朝鮮問題が型ついたら、
是非「たけし神話の崩壊」を記事にしてよ>勝谷誠彦さん(見てるんでしょ、ココ)


188 :文責・名無しさん:02/10/27 12:35 ID:ALsJUsLR
>>177
まぁ、フランクリンの言葉とスターリンの言葉と、
引用してみたレベルで格の違いは明らかか、と。


189 :文責・名無しさん:02/10/27 12:37 ID:ALsJUsLR
>>187
うまく信者が釣れるといいが、こんな疑似餌だとどうだろうな。


190 :文責・名無しさん:02/10/27 12:45 ID:qR8DecO0
漏れ山田花子信者ですが、天人は山田花子と同じレベルだと思うよ

191 :文責・名無しさん:02/10/27 12:56 ID:FUvvGZXJ
>>189
どうみても知性の欠けた餌だからねえ・・・

>お母さんが亡くなって悲しいのはわかるけどさぁ、
>いい歳こいた、「知性のある」大人の態度かぁ?これ。

とか・・・・もっと頭使って煽ればいいのにね

192 :文責・名無しさん:02/10/27 13:08 ID:IB0SZPn/
>私たちはひとりひとりの生を大事に思い、ひとりひとりの死を悼む。いつもそこから出発する、と。

嘘つけ。毛沢東3000万人の餓死者はどうよ

193 :文責・名無しさん:02/10/27 18:49 ID:QbwUuZYV
>>189、191
すでにアンタらが、釣られてるって(w

スレ違いネタは放置で。



194 : :02/10/27 19:03 ID:/6kA9xcW
朝日の運動面も書き手がそろって他紙の追随を許さなかった



195 :文責・名無しさん:02/10/27 20:58 ID:JNoqog6P
×教養は小池レベルかもしれんが、たけしは知性が段違いに上。
○学歴は小池の方が上かもしれんが、それ以外はたけしの方が段違いに上。

学歴が「天声人語担当」以外に何の役にも立っていない小池氏に比べて、低学歴のたけしの活躍は周知のとおり。

>>187
親の死に臨んだときの感情の発露に知性をうんぬん言うのは、「大人」の態度ですか?

196 :文責・名無しさん:02/10/27 23:00 ID:kRDJtdiv
>>195
馬鹿じゃねぇの?


197 :文責・名無しさん:02/10/27 23:11 ID:1lG7d9Yd
何故にたけし対小池なの?(w

198 :文責・名無しさん:02/10/27 23:26 ID:ALsJUsLR
選挙結果について、どんな呑気なことを書くのか楽しみです。
「日曜日に徹夜かよ〜」と悶えながらパソコンのキーを叩いている小池、萌え。


199 :文責・名無しさん:02/10/27 23:27 ID:RK1swKxT
>低学歴のたけしの活躍は周知のとおり。

傷害事件、道路交通法違反、猥褻物陳列罪・・・。



200 :文青・名無しさん:02/10/27 23:43 ID:cH/Zx7Fi
なんか天人よりたけしのほうで話が盛り上がってる…
おまいら、天人スレなのに小池タン放置してたらかわいそうじゃないか
ちゃんとかまってあげなさい

>>198
選挙結果の話は、おそらく3日後くらいかと
明日は自分のところ棚に上げて、フジ&マスコミ批判に10000スターリン

201 :文責・名無しさん:02/10/28 00:32 ID:LO5CPCkT
> 「1人の死は悲劇だが、100万人の死は統計でしかない」と言ったのはスターリン
>だったか。これはスターリンじゃない。最近天声人語のレベルが落ちている。

202 :文責・名無しさん:02/10/28 01:06 ID:FbefLmlz
>>201
ほぉ、違うんですか?
ということは「スターリンだったか」というのは、反語のように見せかけた普通の質問だったの?
(読者に訊いてどうする)

203 :文責・名無しさん:02/10/28 01:23 ID:a5Bkp2MR
小池民男には荷の重い仕事だ。

204 :朝日新聞のどなたか・・:02/10/28 01:40 ID:IbZdLBeR
コピーだけど

日曜の朝日のこの写真何?
心霊写真?
すごく恐いんだけど・・・
http://wasi.mods.jp/imgboard/img/img20021027211925.jpg
誰かシャーマン霊視して。





205 :文責・名無しさん:02/10/28 01:40 ID:lKIMvQFA
>>197
たけし擁護派
たけし>小池

たけし批判派
「天声人語神話」=「たけし神話」で、どちらの「神話」も解体されるべし。


たけしの比較の対象が
擁護派が「小池」で、批判派が「朝日」や「天声人語」と微妙にずれているのが
かみ合わない理由。


206 :文責・名無しさん:02/10/28 06:45 ID:FemP8+Dv
■《天声人語》 10月28日

 人間の頭脳と電子頭脳とを戦わせる。チェスの世界では、この興味深い対決が
数年来続いている。チェスの世界チャンピオンと高性能のコンピューターとの対戦である。
「人知」と「電知」との争いは一進一退の様相だ。

 96年にコンピューターの挑戦を退けた当時のチャンピオン、ロシアのG・カスパロフ
さんは「こちらが手を抜いたふりをすると、あちらにすきが生じる。駒を犠牲にする
いわゆる捨て駒に敵は対応できない」「コンピューターは本当の脅威にだけ反応する」
などと語り、心理作戦では人間が上だと余裕を見せた。

 翌97年、コンピューターが反撃に出た。同じカスパロフさんを相手に捨て駒作戦も
交えて戦い、結局2勝1敗3分けで勝利を収めた。カスパロフさんは消耗しきった様子で
「重圧に負けた」と語ったという。

 師のカスパロフさんからチャンピオンの座を奪ったやはりロシア人のV・クラムニクさんが
この10月、3週間かけてコンピューター「ディープフリッツ」と対戦した。2勝2敗4分け
の引き分けだった。

 ここでもクラムニクさんの微妙な捨て駒作戦が勝敗の岐路だったらしい。「ディープフリッツ」は
惑わされずに応じて大事な一番に勝利を収めた。「人間的なチェスをする機械だ」とは
クラムニクさんの評だ。ここで人間が負けると、もはやコンピューターにかなわないと
いわれるところだったが、かろうじて踏みとどまった。

 「疲労困憊(こんぱい)です」と語るクラムニクさんに対して「ディープフリッツ」は当然
のことながら、いささかの疲れも見せなかった。


207 :文責・名無しさん:02/10/28 06:47 ID:FemP8+Dv
今日のは、小池>>>たけし、ぐらいだな。


208 :文責・名無しさん:02/10/28 06:57 ID:ghPoQ3qy
>>201
なんとも無責任な朝日ですな。
では、私も、
「中国の核はきれいな核」と書いたのは天声人語だったか。

209 :文責・名無しさん:02/10/28 07:04 ID:gcB7SH8g

コンピューターにやっと引き分け  チェス王者8番勝負
http://www.chunichi.co.jp/00/kok/20021021/mng_____kok_____003.shtml
 【ロンドン20日共同】人間とコンピューターのチェス世界王者同士の対決は
引き分け−。チェスの世界チャンピオン、ロシアのウラジーミル・クラムニク氏(27)と
最強のチェス・コンピューター「ディープフリッツ」の8番勝負は19日の最終戦で
引き分け、双方とも通算2勝2敗4引き分けに終わった。



210 :文責・名無しさん:02/10/28 07:09 ID:/DwBOyLI
>>206
だから何、としか言いようのない駄文だな。
この程度の毒にも薬にもならん文章に関しては、他紙を圧倒している。

コンピュータ(人工知能)に関しての、「ここまで来たのか」という感動も、
未来への希望・畏怖も、何も感じられない。


211 :文責・名無しさん:02/10/28 07:14 ID:aiFq2C3a
>>206
前回で人間に勝つ為のプログラム開発プロジェクトは一応の成果を上げたので終了したのでは無かったか?

前回のと同じソフトと対戦しているのかどうかを読者は知りたい筈だぞ。
予定を変更してプロジェクト続行になったのかどうか、ソフトのバージョンはどうなのか
とかを書かねば無意味。
本当にツボを押えていない駄文だな。朝日記事読んで無いのか?>天人


212 :文責・名無しさん:02/10/28 07:46 ID:Ib8A3OA9
つーか、「テロリストと話し合いを、、、」という天人とタケシの
どちらが知性が上かは比べるまでも無いし、全くスケール的に比較の対象には
ならない。

213 :文責・名無しさん:02/10/28 07:52 ID:sIdZADso
なぜなら、IQ0120くらいの凡人に日教組教師つけて18年間毎日昼夜の別なく
勉強と朝日読書させて東大に入れたら小池のコピーができちゃうん
だからさ。

214 :文責・名無しさん:02/10/28 07:53 ID:2WavtXwU
凡人は100でっせ。


215 :文責・名無しさん:02/10/28 07:55 ID:sIdZADso
>>214
100では低め。日本人平均で110。120では凡人の範疇。

216 :文責・名無しさん:02/10/28 08:11 ID:8Wk7Fn2p
>>206
統一補選で野党が勝った場合と負けた場合のコラムを早々と用意してたんだろ。
だから今日のはただの穴埋めコラム。ニュース自体が古いしね。

自民党が負けてたら
「市民が厳しい『NO』を突きつける結果となった・・・・小泉総理にとっては耳の痛い
話だが、きびしい反省が求められる」

とかなんとか書いた駄文が載ったにきまってる。

217 :文責・名無しさん:02/10/28 08:14 ID:/DwBOyLI
>>213
俺は小池のIQ、90ぐらいだと思う。


218 :文責・名無しさん:02/10/28 08:41 ID:bb7WnLPS
新聞記者とは楽な商売だな。
今日のもどこかの外信記事を下敷きにした感が強い。
会社に出勤すれば外信記事に目を通しインスピレーションをパクる。
一度このくせが出ると止められないだろ。自身で考える力がどんどん衰える。
人を感動させる文などとても無理だろ。

219 :文責・名無しさん:02/10/28 08:41 ID:Ef6k2EAi
ここで議論されているIQは下の計算式のものとは違うのかな?
>>214の凡人は100というのは正しいと思うが・・・。

分母となる生活年齢の世界標準が存在するのなら>>215の言うのも
間違いではないが・・・。

>>217の使い方は、間違っていないと思うヨ。

http://homepage1.nifty.com/NewSphere/EP/b/soc_IQ.html
IQ intelligence quotient

■ 知能指数 =(精神年齢 ÷ 生活年齢)×100

精神年齢(知能年齢)とは「同年代の知能検査結果の平均値」に対してどうなのかと
いう数値のことであって、精神的に大人だ、とか 精神的に子供だ とかいう意味ではない。

 実年齢(生活年齢)が10才で、知能年齢が10才平均と同じであれば、知能指数は
100となる。 知能テストで満点を取っても、計算上IQ200は越えないらしい。


220 :文責・名無しさん:02/10/28 09:06 ID:Ef6k2EAi
>>219
×分母となる生活年齢の世界標準
○「同年代の知能検査結果の平均値」の世界標準

スマソ


221 :文責・名無しさん:02/10/28 10:35 ID:fnqqgaH/
>>206
 ここんところの天声人語の「時流との懸け離れぶり」はなんなのだ?
 小池様はお休み中か?
 そういえば、ベトナムに「小旅行」したとか書いていたが。すげーな。海外行くのに
小旅行ってのも。小旅行ってのは、日帰りとか、一泊とかそういうレベルなんじゃな
いかと思うんだが。

 それはさておき。
 いやぁ、何したいのこの人は? また繰り返すけど「主張」が本当になーんにも
ない。
 産経抄のデンパっぷりも正直あれなんだが、小池様と比べるとまーだ人間臭さ
があるだけマシやもしれん。

222 :文責・名無しさん:02/10/28 10:38 ID:WPphqSBC
今日の天声人語、内容以前に文章の「結び」がないのは気のせいでしょうか?
こんなの大学入試の小論文でも及第点はつかない…。

223 :文責・名無しさん:02/10/28 10:43 ID:KSQKBTvD
今日の天人、なんだか、読書感想文に「ああ無情」を選んで、
ひたすらジャン・バル・ジャンという名前でマス埋めをしている感じ…

ディープブルー(チェス対決で初めて人間に勝ったマシン)がスミソニアン博物館に
いったこととかチェスネタは最近多かったはずなのに…
広がりが感じられないなぁ…

一般にコンピューターvs人間っていう図式になるんだけど、
ただのアルゴリズム実験なんだよなぁ。
数学的なチェス必勝法を探してるだけなのに…

結局は人間vs人間なんだけどねぇ、なんでコンピューターを作った"人間"には
目を向けてくれないんだろう…

224 :文責・名無しさん:02/10/28 10:54 ID:I5pcxUtn
コラムになってないよね。(w
事実を紹介しただけじゃん。
スランプらしい。(いつ絶頂期だったかは知らん)

珍語君、自殺するなよ。(w


225 :222:02/10/28 11:03 ID:WPphqSBC
あ、ちなみに私、大学の期末テストとかで自分の勉強してないところの
問題が出て苦し紛れに解答していて、なおかつ途中で時間切れになると
こういう文章になります。

>>223
最近出た黒崎政男『デジタルを哲学するーー時代のテンポに翻弄される<私>』
(PHP新書)にもコンピュータのチェスの話題が少し出ているのですが、こんな
ことを言っています。

「だが例えば、人間の発明した自動車が、人間の走りの速度を追い越したから
といって、『人間は自動車に負けた!』などと言うだろうか?(中略)あの戦い
は、天才チェスチャンピオンと、コンピュータというツールを使用したプログラ
マー集団との戦い、つまり人間同士の戦いであることは自明である。」

全くその通りですね…。


226 :  :02/10/28 11:07 ID:K0QtO9gX
>>223
同感。
コイケには、コンピューターは人間の作ったソフトで動くことが理解できないようだ。
やはりIQ、低いんじゃないの?

227 :文責・名無しさん:02/10/28 13:30 ID:8w+6Otjc
をいをい

IQってのは単なる偏差値だぜ。平均100で標準偏差50だよ
日本人のIQが110なんて電波飛ばさないでくれよ
母集団が日本人だけなら、IQの平均は常に100だぞ。
国際的に調べても、母集団を増やし、問題を厳密(難しくではなく)にすればするほど
日本人のIQの平均は100に近づくはずだよ。

IQが200超えないってカキコもあるが、んな事ない。
ひじょ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜に稀ではあるが、IQ200超が存在しても
統計学上の不合理は存在しない

228 :文責・名無しさん:02/10/28 13:51 ID:9QibAfip
>天才チェスチャンピオンと、コンピュータというツールを使用したプログラマー集団との戦い、
>つまり人間同士の戦いであることは自明である。

ということを理解していたら、

>「ディープフリッツ」は当然のことながら、いささかの疲れも見せなかった。

なんて出来の悪い近未来SFのような結び方はできないよなw

229 :文責・名無しさん:02/10/28 14:20 ID:LxnvMved
最近の隔世っぷりって
時事ネタを書いたけど社内検閲で引っかかって
ストックされている感想文を無作為でひっぱってきてるせいじゃないか?

230 :文責・名無しさん:02/10/28 14:21 ID:ejnFAWe3
今日の天人のような考え方って非常に西欧的なんだよなぁ。
コンピューターのような無機物が人間を超える能力を持つと、不気味なものに
感じる、ていう感覚はキリスト教的な背景があると思う。

よく引き合いに出されるのがロボットの描写なんだけど、
今日のタミーは西洋のそれに近いよね。
日本の代表的ロボット(?)である、アトムやドラえもんを連想させない
コラムになってる。

英字新聞ばっかり読んでるとこうなるのかなぁ?

231 :文責・名無しさん:02/10/28 18:24 ID:aiFq2C3a
>>227
日頃、テストで鍛えられてるから日本人はIQが高いというのは常識だが
(頭がイイとかいう話ではない)。
まあ、理想的なIQテストが存在するなら話は別だ。

232 :文責・名無しさん:02/10/28 18:41 ID:hmPnYzMl
215 :文責・名無しさん :02/10/28 07:55 ID:sIdZADso
>>214
100では低め。日本人平均で110。120では凡人の範疇。


↑こういうヨタ話をしているのが、「たけし」のレベル。
たけし信者も、このレベル。


233 :文責・名無しさん:02/10/28 19:07 ID:z5Nsh/j4
もうたけしの話はいいって…。

234 :文責・名無しさん:02/10/28 19:15 ID:rDDUN+jD
昔の天声人語を紹介してくれている方に感謝します。
高い評価を受けただけのことがありますね。
今後もいろいろ紹介御願いします。


天声人語氏は死ぬか退職するまでかわらないのかな?なんとかしなきゃ。

235 :文責・名無しさん:02/10/28 19:20 ID:8w+6Otjc
>>231
統計学を勉強しろ、初歩の初歩だぜ
母集団を適切にかつ広く多数選べば平均は100に近くなるのよ

236 :文青・名無しさん:02/10/28 19:40 ID:uKKhGu90
>>227
ルチ将軍は知能指数1300でしたが、それはありですか?

237 :文責・名無しさん:02/10/28 19:44 ID:E0Bgk+WA
>>235
おまえ、本当にバカだな。頭が固すぎ。小池並だ。

おまえの脳の回路は特殊で、朝日信者脳とでもいうものが
あるとすれば、お前の脳がそうなのだろう。

「母集団を適切にかつ広く多数選べば平均は100に近くなる」
という「真理」があれば、杓子定規にそれを世の中に当てはめようとする。
その姿勢は形式主義者の見本だ。世界の人間は均質ではない。環境が違うので
偏りが存在するのだ。そして、その偏りは日本人に有利に働く。それゆえ、
日本人はIQが高いのだ。おそらく、韓国人も最近は高いだろう。

文字も読めない人間やテレビを見た事も無いような人間がIQテストで
不利なのはバカでもわかるが、お前はバカ以下の朝日信者なのだろう。

くだらんことを説明させるな。ボケ。

238 :文責・名無しさん:02/10/28 20:00 ID:aeYOpa9w
>>237 言葉悪すぎ。
そもそもIQなんぞを持ち出して比較しても無意味。
幼少時に値が高くとも、そのまま大人になってしまえば凡人だし、
例え値が高くとも、対人的な表現能力や
コミニュケーション能力に劣っていれば、無能と同じ。
日本人の同年代同志を比較してさえ、余り意義のある指標ではない。
ましてや外国人との比較においてをや。

239 :文責・名無しさん:02/10/28 20:04 ID:KSQKBTvD
これ以上IQやら統計やらやるのであれば数学板にいったほうがよいと思われ。


240 :文責・名無しさん:02/10/28 20:12 ID:aeYOpa9w
今朝の駄文の原因については、恐らく>>216の推察が正しいと思われる。
要するに、穴埋め用のコピペに近い種類の作品だったのだろう。
今回お蔵入りとなった作品は、タミィの執筆期間中に自民が大敗するような
事態が発生したとき、適切な固有名詞を入れ替えた形で日の目を見ると考えられる。

なお、たまに前段と後段で違うことを言っているコラムが発生するのは、
暖めておいた別々の内容のネタから部分的に切り貼りして作成したため、
全体的な整合性が取れなくなってしまったからだと思われる。

241 :文責・名無しさん:02/10/28 20:15 ID:v1JTDRGy
IQに価値があるかどうかは別問題として
天声人語を信じるタイプのIQってすごく低そう。
統計学を持ち出した朝日派見てたらそうオモタよ。

242 :文責・名無しさん:02/10/28 20:22 ID:oSpip55g
>なお、たまに前段と後段で違うことを言っているコラムが発生するのは、
暖めておいた別々の内容のネタから部分的に切り貼りして作成したため、
全体的な整合性が取れなくなってしまったからだと思われる。

もし、そうなら、牛肉擬装よりも酷い話だ。




243 :240:02/10/28 20:25 ID:aeYOpa9w
ニュースソースと紋切型常套句のデータベース、及び自動文章生成アプリを
組み込んだ「ディープフリッツ」とタミィの人語。
果たして勝者はどちらか?!

私の予想では、作成時間は勿論、全体の整合性、論理性、分かりやすさなどに
おいても「ディープフリッツ」が圧倒的優位にあると思われるが、どうか。

244 :文責・名無しさん:02/10/28 20:34 ID:Zt+AVSOS
>>243

すこしファジーにすれば、「ディープフリッツ」は良い
「天声人語」が書けるんだろうな。さらにランダムにすると
タミィそのものが出来るのかどうか。

245 :文責・名無しさん:02/10/28 21:23 ID:1/byf/Il
>>234
>昔の天声人語を紹介してくれている方に感謝します。
>高い評価を受けただけのことがありますね。
>今後もいろいろ紹介御願いします。

サンクス。実は、今日も深代本から「コンピュータ」についての天声を
探したんだけどなかったのよ。
当時コンピューターがそれほど普及していなかったからか、
単に、深代が苦手な話題だったからかは、知らんが・・・。

逆に言うと、このネタは、小池が先人(深代)を超える、いいチャンスだったわけだが、
自爆してしまったようだ。


246 :文責・名無しさん:02/10/28 21:25 ID:uDsffena
>>241
たけし信者=IQ62.5
統計学理解できず。
たけしの絵=幼稚園児並み


247 :文責・名無しさん:02/10/28 22:05 ID:zFIC7OgZ
302 :朝まで名無しさん :02/10/28 21:03 ID:xRNll8z0
たけしキムヘギョンに言及

307 :朝まで名無しさん :02/10/28 21:04 ID:HCvYOgEp
た け し は ア フ ォ で す か ?

309 :朝まで名無しさん :02/10/28 21:04 ID:MIgQC/9b
タケシは相変わらず馬鹿だな(w

314 :朝まで名無しさん :02/10/28 21:04 ID:eQlbcNWl
日本で処刑があるかよ
たけしは北で処刑されてこい

332 :朝まで名無しさん :02/10/28 21:05 ID:obxsKbxD
DQNたけし早速デムパw

333 :朝まで名無しさん :02/10/28 21:05 ID:7Fq20TVX
タケちゃんに政治がらみ発言させちゃダメだよなぁ…
所詮コメディアンなんだから

344 :朝まで名無しさん :02/10/28 21:05 ID:+Q8+xrcD
しょせん文化人コンプレックスのある漫才師にすぎんなあ。

349 :朝まで名無しさん :02/10/28 21:06 ID:JFjWUu6L
たけしは何て言ったのよ?



248 :文責・名無しさん:02/10/28 22:06 ID:zFIC7OgZ

366 :朝まで名無しさん :02/10/28 21:07 ID:WWv8qfmM
>>349
ヘギョンさんが日本に来るとしても、来てもらっても大丈夫なんですかねえ。
「この国はいい国だ」って胸はって言えるならいいんだけど、そうじゃないでしょ〜

みたいな感じ。

375 :朝まで名無しさん :02/10/28 21:09 ID:a7au7OUj
>>366
「それでも北よりはマシ」と平沢がフォロー

379 :朝まで名無しさん :02/10/28 21:09 ID:ZqpBSeql
北よりひどいところはそうはないと思うがね

382 :朝まで名無しさん :02/10/28 21:09 ID:vEwR7BLY
たけしのマトハズレな発言はとても残念だ。

亀有ブラザーズの雪山賛歌の替え歌のころは好きだったんだが

384 :朝まで名無しさん :02/10/28 21:10 ID:YP+H6w4R
こういう問題を相対化しちゃダメだよね



249 :文責・名無しさん:02/10/28 22:08 ID:BWjBqjIU
このスレとたけしに何の関係が?

250 :許すな北朝鮮:02/10/28 22:08 ID:fCPpoVwz
SAPIO 10/23号 拉致被害者を”見殺し”にした政治家の罪状を列挙する 櫻井よしこ

 95年3月、当時自民党幹事長だった加藤紘一氏らが中心となり、「国交正常化交渉を作りだすため」という理由で、50万tものコメを北朝鮮に送ることを決めました。
さらに96年には、国連を通じて600万ドルの資金を北朝鮮に無償供与しました。
 これだけの莫大な支援と引き換えに、97年11月8日、日本政府が求めていた日本人妻の第1陣の帰国がようやく実現しました。しかし、帰国が許されたのは、1800人
いると言われている日本人妻のうち、わずか15人。にもかかわらず、日本はさらに7万tのコメを北朝鮮に送りました。
 98年5月、政府は破綻した大阪朝銀の受け皿となった朝銀近畿に対し、3100億円の公的資金を投入しました。この年の6月、朝鮮赤十字会は「日本人行方不明者はいない」と公表。8月には日本列島を飛び越えて三陸沖にテポドン1号を撃ち込みました。
弱腰外交の日本に「力」をみせつければ、より一層コメや経済援助で譲歩するとの読み
があったとも分析されています。
 99年12月には超党派の村山訪朝団が北朝鮮を訪れました。この訪朝後、野中氏は
帰国直後こそ「食料援助はすぐに行なうのではない」と言いましたが、その後、「コメ支援は速やかに行なうべき」と発言を変えました。そして、年明けの2000年3月7日、日本政府はコメ10万tの支援を決定しました。
 2000年4月、約7年半ぶりに日朝国交正常化交渉が再開。6月には金正日総書記と金大中韓国大統領との劇的な首脳会談が行なわれ、同年10月、日本はさらに50万tの
コメを北朝鮮に送りました。12月には朝銀近畿が2次破綻。再び公的資金の投入を求められ、翌01年11月、政府はさらに2898億円を朝銀に投入しました。
 これまでの度重なる”支援”の結果、拉致問題はどう進展したでしょうか。
01年12月17日、北朝鮮赤十字は、一方的に調査を打ち切りました。そして
12月22日には、あの不審船事件がおこったのです。今年3月12日、柳沢伯夫金融担当大臣は、朝銀にさらに5000億円もの公的資金を投入すると発表しました。



251 :文責・名無しさん:02/10/28 22:15 ID:ZRZpikcZ
>穴埋め用のコピペ
禿藁

散文のストックをたくさんデータベースに入れて、
起承転結になるように語尾や内容を関数化したものを
上手に使ってアルゴリズムを工夫してやると、
思考コンピュータならぬ天人コンピュータの出来上がり。

実は、朝日の上層部が極秘裏にその開発を進めており、
タミーは社の発展の為、わが身を犠牲にしてコラムピュータ001号を
頭脳に埋め込み最強のコラムサイボーグとして世界征(ばかばかしいので以下略

てな妄想がわいてしまいますた・・・ ちと飲みすぎかな(w

252 :文責・名無しさん:02/10/28 23:32 ID:g+04Ds/2
>>246
朝日信者には何を言っても理解できない様だな。さすが!
おまえ、図書館逝ってIQ関連の本読んでみたら?ネットで検索するのも可だが。
日本人のIQが高いというのは常識なのだが、おまえ、反日朝日信者なので
どうしても信じられないのだろうな。重症なカルトだな。


253 :文責・名無しさん:02/10/28 23:52 ID:rKOeX3wg
>>252
ソース出せよ>馬鹿


254 :文責・名無しさん:02/10/28 23:55 ID:rKOeX3wg
>>252
つーか、いろいろググってみたけど、
「日本人のIQは・・・」って書いてあるWebには、
「何年何月の誰だれの実験によると」って書いてないんだよ。

戦前の毛唐の実験結果でもいいからソースを出してよ。
あと、この手の話題が書いてあるサイトって、
自己啓発セミナーっぽいやつが多いんだよなー。


255 :孔子:02/10/29 00:31 ID:YHtYcwfE
朝日の社説を自働作成してくれるサイトってなかったっけ?

256 :文責・名無しさん:02/10/29 00:43 ID:YyA/oXB2
>>255

http://aglaia.c.u-tokyo.ac.jp/~yamamoto/diary/my_cgi/shasetsu.cgi

257 :文責・名無しさん:02/10/29 01:16 ID:sjAhAd2I
>>256
作者、東大生なんだねぇ。

258 :文責・名無しさん:02/10/29 06:15 ID:XYDphTUy
天声人語   詰め込み型教育の失敗と弊害について、実例を
       晒し世間に警鐘を鳴らす話題作。受験最終勝利
       者の駄文を読むと、その壊れ方のひどさに驚き
       勉強をする気が失われてしまうという。しかし、
       どんなバカでも東大に入りさえすれば、
       との期待を持たせてしまう一面もあるという。



259 :文責・名無しさん:02/10/29 07:05 ID:bEMn7uXo
東大生は勉強できるのは確かだが、
「頭がいい」とは限らない。

260 :文青・名無しさん:02/10/29 07:25 ID:MDDLq9N1
■《天声人語》 10月29日

◇夏目漱石は山路を登りながら考えた。「智に働けば角が立つ。情に棹(さお)させば
流される。意地を通せば窮屈だ」。この『草枕』の有名な書き出しをしばしば思い
浮かべるこのごろだ。

◇拉致事件をめぐってさまざまなことを思い、考えさせられた。被害者が帰国したときの
感動と涙に始まって、一連のできごとでは「情」に流れることばかりだった。拉致という
非道な行為やそれを実行した国への憤り、これもまた当然の「情」だろう。

◇しかし「情」に流されてばかりもいられない。死亡を伝えられた被害者をめぐる謎は
多いし、帰国した被害者の永住のためには克服すべき難題がいろいろある。そうした
状況を冷静に把握し、打開策をさぐるためにも「智」を働かさざるをえない。多少「角が
立」ってもやむをえない。

◇きょうから始まる日朝正常化交渉では、「意地を通す」ことも必要だろう。拉致事件や
核開発問題で言うべきことを相手にまっすぐ言う。最初からそんな姿勢では交渉全体が
「窮屈」になりはしないか、などと遠慮はしていられない。

◇いまは「情」も「智」も「意」も尽くして、事態打開にあたるべきときだろう。ただし、あまり
どれかに偏すると物事はゆがみやすい。三つのバランスを保ちながら進めることだ。

◇『草枕』は「兎角(とかく)に人の世は住みにくい」と続く。しかし、その「人の世」をつくった
のは神でも鬼でもなく「唯(ただ)の人」である、と。こんどの交渉相手も、多々問題はある
にせよ、所詮(しょせん)「唯の人」である。そう思えば、打開の糸口もつかめるのではないか。

261 : ◆/JysKl9ST6 :02/10/29 07:25 ID:RRMUfprS
天声人語》 10月29日

 夏目漱石は山路を登りながら考えた。「智に働けば角が立つ。情に棹(さお)させば流される。
 意地を通せば窮屈だ」。この『草枕』の有名な書き出しをしばしば思い浮かべるこのごろだ。

 拉致事件をめぐってさまざまなことを思い、考えさせられた。被害者が帰国したときの感動と涙に始まって、
 一連のできごとでは「情」に流れることばかりだった。
 拉致という非道な行為やそれを実行した国への憤り、これもまた当然の「情」だろう。

 しかし「情」に流されてばかりもいられない。死亡を伝えられた被害者をめぐる謎は多いし、
 帰国した被害者の永住のためには克服すべき難題がいろいろある。
 そうした状況を冷静に把握し、打開策をさぐるためにも「智」を働かさざるをえない。多少「角が立」ってもやむをえない。

 きょうから始まる日朝正常化交渉では、「意地を通す」ことも必要だろう。拉致事件や核開発問題で言うべきことを相手にまっすぐ言う。
 最初からそんな姿勢では交渉全体が「窮屈」になりはしないか、などと遠慮はしていられない。

 いまは「情」も「智」も「意」も尽くして、事態打開にあたるべきときだろう。
 ただし、あまりどれかに偏すると物事はゆがみやすい。三つのバランスを保ちながら進めることだ。

 『草枕』は「兎角(とかく)に人の世は住みにくい」と続く。しかし、その「人の世」をつくったのは神でも鬼でもなく「唯(ただ)の人」である、と。
 こんどの交渉相手も、多々問題はあるにせよ、所詮(しょせん)「唯の人」である。そう思えば、打開の糸口もつかめるのではないか。

262 : ◆/JysKl9ST6 :02/10/29 07:26 ID:RRMUfprS
(´・ω・`)

263 :文青・名無しさん:02/10/29 07:32 ID:MDDLq9N1
…他紙のコラムが最初からみんな冷静に分析してた中、これ書いたヤシが
「情に流されるな」とか書くか? 遅すぎ。
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/mass/1033556558/507

> 拉致事件や 核開発問題で言うべきことを相手にまっすぐ言う。
言うべきことの中身については全く触れられていないのだが。 何を言うの?
とくに核開発問題では、天人は一度も「即刻中止を」とはいっていないはずだが…

> こんどの交渉相手も、多々問題はある にせよ、所詮(しょせん)「唯の人」である。
> そう思えば、打開の糸口もつかめるのではないか。
「草枕」で例えられた中では、北朝鮮はまさしく鬼にあたると思うぞ。

264 :文責・名無しさん:02/10/29 07:41 ID:ie9EzIwS
>>260

 まーた、漠然とした話だのぉ・・・。

265 :文責・名無しさん:02/10/29 07:46 ID:YyA/oXB2
>◇きょうから始まる日朝正常化交渉では、「意地を通す」ことも必要だろう。拉致事件や
核開発問題で言うべきことを相手にまっすぐ言う。最初からそんな姿勢では交渉全体が
「窮屈」になりはしないか、などと遠慮はしていられない。

珍しく戦前の朝日新聞みたいなことを言っていると思ったら、

>◇いまは「情」も「智」も「意」も尽くして、事態打開にあたるべきときだろう。ただし、あまり
どれかに偏すると物事はゆがみやすい。三つのバランスを保ちながら進めることだ。

すぐこれかい。まぁ、こういう段落を入れておかないと、また上の者に
あれこれ言われるんだろ。同情するよ、天人。


266 :文責・名無しさん:02/10/29 07:50 ID:EsylwLgG

情に流されてばかりで智が働かないくせに偉そうなことをかいてるな。
引用するなら最後までしないと中途半端で気持ち悪いぞ。
「人でなしの国」を出さないのは北朝鮮をかばう為か?

267 :文責・名無しさん:02/10/29 08:07 ID:+rf0I9Ns
先日フジテレビと共同でやった悪質なプロパガンダに対する
嫌悪の情は?

268 :文責・名無しさん:02/10/29 08:18 ID:ie9EzIwS
>>260
>そう思えば、打開の糸口もつかめるのではないか。

 あーたの言う「打開」とは結果的に何を意味しているのか、問い詰めたい。

269 :文責・名無しさん:02/10/29 09:32 ID:7jk1nKbO
深代惇郎の天声人語 1973年8月19日

▼金大中氏はソウルで「日本の世論が私の命を救ってくれた」と、日本人記者に語っていた。
「国際世論」というのは、あるようでないようで、まことに頼りないが、それが大きな力に
なるときもある。

▼ソ連の作家として、国際的に評価の高いソルジェニーツィン氏は、国内では異端者である。
政府からは「反ソ的」のラク印を押され、ノーベル文学賞を受けながら、その授賞式に
出席できなかった。それでも彼は「検閲制度や政治弾圧」について、激しい政府攻撃を
やめない。もしスターリン時代だったら、とうの昔に粛清されていただろう。

▼当時とくらべれば、ソ連の体質も変わった。しかしこの作家が体制批判をつづけて
いられる最大の理由は、欧米のジャーナリズムが粘り強く、詳細に彼の言動を
報道しているからだ。ソルジェニーツィンの安否は、もはや一作家の問題ではなく、
欧米人の良心に直接結びついている。

▼もう一つの例をあげよう。昨年、ギリシャ政府がアマリア・フレミングという老婦人を
逮捕した。彼女はペニシリンの発見者である英人A・フレミングの未亡人で、ギリシャ国籍の人。
容疑は、軍事独裁に反対して捕まった政治犯の脱獄を助けて、失敗したためだった。

▼ヨーロッパで、夫人釈放の世論はわき上がった。その強さに、政府は刑を科すことが
できず、仕方なく「亡命してほしい」と頼みこみ、やっと英国に立ち去ってもらった。
この二つの事件には、ひとりの人間の自由を執拗(しつよう)に追うジャーナリズムの
良心があり、それを支える大衆の国境を越えたヒューマニズムがあった。

▼金大中事件もまた、日本の主権無視という民族感情の問題だけではない。政治信条と
言論の自由をどれだけ大切なものと考えているか、というわれわれ自身の問題であろう。



270 :文責・名無しさん:02/10/29 09:36 ID:YyA/oXB2
>>269
深代の奴がなんで清々しいか分かったよ。氏は「そんな」「そう」という、
意味のない指示代名詞を極力使ってないんだ。

>▼金大中事件もまた、日本の主権無視という民族感情の問題だけではない。政治信条と
言論の自由をどれだけ大切なものと考えているか、というわれわれ自身の問題であろう。

今の小池なら、「そんな政治信条と言論の自由を…」と書いて、一気に駄文化しちゃうんだが。

そんなことをあれこれ考えた。


271 :文責・名無しさん:02/10/29 09:37 ID:cUOqVHHz
国と国との外交を俗世間の世渡り感情に例えたこと自体が間違い。
特に今回の日朝交渉には決裂さすと言う選択肢もあるし、極端な場合
戦争という暴力も出てくる。
例え事態がなっとらんわ。

272 :文責・名無しさん:02/10/29 09:41 ID:AWXZ/9HT
「唯の人」・・・?
なんてのん気な((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

273 :文責・名無しさん:02/10/29 10:09 ID:ie9EzIwS
>>269
>「国際世論」というのは、あるようでないようで、まことに頼りないが、それが大きな力に
>なるときもある。

 賛否あるだろうけど、これはテクニックだな〜。
 

274 :  :02/10/29 11:17 ID:q/cNmDbg
>>261
今日のコイケのご宣託は:
北鮮の行為は、「情」においては赦し難いが「智」を働かせて寛容シル。
北鮮への援助は、「智」においては認め難いが「情」を働かせて実施シル。
ということで宜しいのでしょうか。

275 :文責・名無しさん:02/10/29 11:39 ID:iRXzofBe
>『草枕』は「兎角(とかく)に人の世は住みにくい」と続く。しかし、その「人の世」をつくったのは神でも鬼でもなく「唯(ただ)の人」である、と。

>こんどの交渉相手も、多々問題はあるにせよ、所詮(しょせん)「唯の人」である。そう思えば、打開の糸口もつかめるのではないか。

ホントに「多々問題はあるにせよ」か?
多々問題ありすぎはしないのか!

これって、話し合えば、お互いに「唯の人」だから糸口も見つかるでしょう!
と、能天気にほざいているだけではないか!
「そう思えば」というより、そう思いたいというのがアサピーの本心なのか?

276 :文責・名無しさん:02/10/29 12:21 ID:cCou1caI
>『草枕』は「兎角(とかく)に人の世は住みにくい」と続く。しかし、その「人の世」をつくったのは神でも鬼でもなく「唯(ただ)の人」である、と。

北朝鮮は「人の世」ではなく、「人の世」に嫌気がさした偉大な首領様の作った「人でなしの国」
「地上の楽園」なんだから話は違う。

交渉の相手はもはや「唯の人」ではなくて、朝日が憧れていた「アカ」だ。
「アカ」を「人」扱いするという発想がおかしい。

277 :文責・名無しさん:02/10/29 12:40 ID:wWEG41JB
どうでもいいが、今日は「」が多いよ。

278 :文責・名無しさん:02/10/29 12:42 ID:+mQ5pamU
ODA 廃止でよろしいでしょうか?
核兵器開発資金転用疑惑、
知的所有権軽視疑惑、ODA廃止の理由はいくらでもあります。

江主席、首相に靖国参拝中止もとめる 日中首脳会談
http://www.asahi.com/politics/update/1028/003.html

税金の使用用途は国民が決める。ご意見はこちらへ↓

官邸:http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
外務省:http://www.mofa.go.jp/mofaj/comment/index.html

各党にも追及してもらいましょう。

保守党:http://www.hoshutoh.com/
民主党:http://www.dpj.or.jp/
自由党:http://www.jiyuto.or.jp/
共産党:http://www.jcp.or.jp/

望みは薄ですが一応

公明党:http://www.komei.or.jp/
社民党:http://www5.sdp.or.jp/



279 :文責・名無しさん:02/10/29 13:11 ID:VkE+85Q/
>>278
誤爆か? いずれにせよ、一応でも社民はいらん。

280 :なんじゃこりゃ:02/10/29 17:23 ID:63FDl4+3
「私は受験をひかえている花の中学三年生です」という少女からお手紙をもらった。トマトの絵入りの
可愛い便せんに「天声人語と社説を、どうか夏休みの間お休みにして下さいませんか」と誤字の無い筆で
書いてあった。
 この「花の中学三年生」は夏休みの宿題に、毎日、「天声人語」と「社説」の要約、感想、字句解釈
をやらねばならない。ところが、いくら読んでも何が書いてあるか分からない日がある。一日に二時間
かかるときがある。「どうかお休みにして下さい」という切々たる訴えが、コラム子を悩ませる。
 夏休みの最後を思う存分、海や山で遊びたいのだろう。それを毎日、辞書と首っ引きでこのコラムと
向かい合ってある姿を想像すると、何だか申し訳ない気持ちにもなる。と同時に、彼女が「分からない」
のはなぜだろうと考える。分からない言葉に出会ったら、辞書でも引けばよいはずなのに。
 おそらく彼女が二時間も取り組んで分からないときがあるのは、漢字や熟語の難しさのためばかりでは
あるまい。文中で論理が飛躍したところ、発想が転換したところ、問題が急に抽象化したところでつまづ
くのではあるまいか。こちらの表現や問題の整理の仕方に上手、下手があるのかも知れぬが、読む方の
知識や読解力の問題もあるにちがいない。たとえばパレスチナ・ゲリラにしても、インフレにしても、
言葉をやさしく、やさしくして、「眉」を「目の上に生えた毛」というたぐいに言いかえても、分からな
いことに変わりはない。
 それに日本語は複雑で、微妙で、難解なところがある。劇作家宇野信夫氏が「親になる」と「親となる」
という言葉の違いを書いた文を、読んだことがある。子を産めば「親になる」から犬ネコでも出来ること
だが、親といわれるような「親となる」のは難しい。「に」と「と」で意味ががらりと違ってくる。
 こうしたことは、多分、辞書を引いても見つかるまい。文意を正確に読みとることも難しいが、文を
味わうこともまた難しい。 


281 :文責・名無しさん:02/10/29 18:09 ID:XLeDE7V9
>>281
深代人語。1974年8月24日。ちゃんと出典を書いてちょ。


282 : :02/10/29 18:33 ID:CZMWOTNf
>>280
花の中学三年生の学校では朝日新聞購買を強要すんのか。
アカ教師の独善ここに極まれりだな。
俺がこの学校の父兄なら猛烈に抗議してやる。

283 :意図が丸見えなのはわざとなのか力量不足か:02/10/29 18:48 ID:W0sfCTET
ミ,,゚Д゚彡y━~~ いやあ、この期に及んで北の擁護できるなんて、ある意味凄い。

284 :文責・名無しさん:02/10/29 19:06 ID:Z9pAo26U
>>282
30年近く前の話だって。
IQ低い「たけし信者」は、去れ。


285 :文責・名無しさん:02/10/29 19:19 ID:TNTVb644
産経抄

少女キム・ヘギョンさん(一五)へのインタビュー(フジテレビ、朝日、毎日)に対する
賛否両論がうずまいている。どちらかといえば厳しい批判が多いが、産経抄は
なぜ取り上げない? 同じグループへの遠慮かというおしかりをたくさんいただいた。

 ▼べつに控えていたわけではない。書こう。あの涙の会見には「北朝鮮はめぐみさんと
その娘を取引の焦点にして拉致問題の幕を引こうとしている」「被害者家族の会の分断を
図ったのだ」「北の政治的意図に利用された」などという批判が読者から寄せられた。

 ▼鋭いご指摘であり、小欄も賛成する。ただしメディアの端くれとして次のことは
申し上げたい。かりに北朝鮮に政治的策謀があったとしても(間違いなくあるだろうが)、
情報に背を向けることは報道機関の自殺行為である。敢然、平壌に赴くことが当然だ
と考える。

 ▼そこで問題なのは、北はこの取材に何か条件をつけていたのかどうか。条件を
つけていたとすれば論外だが、そうでない場合もヘギョンさん会見の映像や記事を
出すにあたり、取材の背景や北の意図について十分な状況説明をつける。その配慮が
あったかどうかが賛否の分かれ目だろう。

 ▼以下のようなご指摘もあった。北朝鮮が取材許可を与えたメディアの顔ぶれが
興味ぶかい。朝日と毎日は北朝鮮を「朝鮮民主主義人民共和国」とわざわざ表記する
新聞である。ちなみに読売は「北朝鮮」とだけ呼んでおり、フジテレビも同様である。

 ▼ならばフジテレビになぜ許可を与えたのか。それは同じメディアグループにある
産経との間にクサビを打ちこもうとした。家族の会へと同様に分断工作を図ったのだと。
なるほど、それもまた鋭い見方かもしれぬと感心して拝聴した。



286 :文責・名無しさん:02/10/29 19:23 ID:TNTVb644
毎日・余録
http://www.mainichi.co.jp/eye/yoroku/200210/29.html

山本夏彦さんが亡くなった。新聞はどこも「辛口コラムニスト」といった表現で訃報
(ふほう)を伝えた。辛口コラムにもいろいろある。当人は辛口のつもりだが、実は
古びたイデオロギーで裁断しているだけ、という硬直コラムを往々にして見かける。
山本さんは違う。

 《山本夏彦はまちがいなく「王様は裸だ」と叫ぶ子供の一人だった》。これは山本さんを
称賛した匿名批評の一節(雑誌「選択」91年5月号)。むろんアンデルセン童話
「裸の王様」(原題は「皇帝の新しい着物」)に登場する子供である。

 山本さんは新聞にも手厳しかった。《いま新聞がいけなくなったのは、自分を全き
潔白全き正義だと思うようになったからである》(「文芸春秋」84年12月号)。
新聞も「裸の王様」だということだろう。「そんなことはないですよ」と言いたいが、
しっぽが残っていることは否定しがたい。

 同じ年10月号の「文芸春秋」には、次のように書いていた。《北朝鮮の金日成主席
の息子に金正日がいる。主席のあと目はこの人がつぐと発表されたとき正気の人なら
笑うところを新聞は笑わなかった。あるいは笑うこと遠慮がちで少なかった》。

 北朝鮮との国交正常化交渉がきょうクアラルンプールで再開する。拉致事件の
解決に国民の熱い視線が注がれている。核開発問題には国内のみならず国際的な
関心が集まる。

 山本さんの筆法を使えば、北朝鮮は国家そのものが国際社会における「裸の王様」だ。
自分の奇妙さに気づいていない。少なくとも、気づいていないふりをしている。
交渉相手としては難物だ。だが、弱点はある。「裸の王様」は寒くてたまらないはずだ。
しかも、経済という血流がおかしくなっているのだから。どうにかして着物を着せたい。


287 :文責・名無しさん:02/10/29 19:24 ID:TNTVb644

>どうにかして着物を着せたい。

これが無ければ、いいコラムだったのに。



288 :文責・名無しさん:02/10/29 19:24 ID:orbWx6zm
草枕の冒頭の引用ですか、名文の引用ですね

まぁ、画家が「この世は住みにくい」から旅に出るって話なんですが、
小池タンにとっても住みにくい世の中になったんでしょうね
小泉訪朝以来、日本の左派連中は北朝鮮擁護や自衛隊廃止をとても訴えられない
世の中になりましたからねw

チマチョゴリ切り裂きキャンペーンも、在日朝鮮人弾圧キャンペーンも尻すぼみだし、
あれこれ、朝日が考えた北擁護はことごとく無視されるしね


今日の天人の要約は

北朝鮮&総連擁護の「智」も「情」も「意地」も出尽くしました。
もう勘弁してください。私は旅に出ます。
                            小池

としか取れない俺は意地悪かなw

289 :文責・名無しさん:02/10/29 20:12 ID:l+6MTvpI
>どうにかして着物を着せたい。

はあ? 結びで「裸の王様」の寓話性を破壊したら、前段が無意味になってしまいますが。

天人はのっけから壊れっぱなしだが、
余録は最後の最後で全てをぶち壊す高等技術を持っているらしい。

290 :文責・名無しさん:02/10/29 20:21 ID:QpFvmJAy
「情」も持てず「智」も持てず、「意」などは到底持てるはずもない、
中国あたりの権力者の拡声ロボットにすぎない小池くん。
今日も駄文をごくろうさん。

291 :文責・名無しさん:02/10/29 21:13 ID:H/eFylRk
>>286

北朝鮮を「裸の王様」になぞらえたのは正しい。
論法でいけば、「太陽政策」が、いかにおかしいか、
わかりそうなものなのに。



292 :文責・名無しさん:02/10/29 21:51 ID:JFP2g6ro
多分今日の天人は、冒頭であげた「草枕」の「智に働けば〜」がまずありきで
それが絶対唯一の真理であり、その文言にそって現実にある問題を強引に解釈したんだよ。

ノストラダムスの大予言しかり、宗教裁判しかり(w

293 :文青・名無しさん:02/10/30 07:26 ID:8LOng5hn
■《天声人語》 10月30日

◇最近の言葉から。「敗戦を北朝鮮のピョンヤンでむかえた」作家の五木寛之さんは、
戦後の混乱のなかでやむをえず赤ん坊を手放した親たちのことを思い出す。

◇「その赤ん坊たちは、いま、どこでどう暮らしているのだろう」。子たちを「放置」した親は
「だれに抗議するわけにもいかない。自分を責めるしかすべのないそんな親たちのことを
思うと、胸がつぶれそうになる」。

◇「私が薫を思う気持ちは、薫が(北朝鮮に残してきた)子供を思う気持ちと同じです」と
蓮池ハツイさん。息子の拉致被害者、薫さんは「おれの24年間を無視するのか。おれは
おれなりにやっている。それを無駄だったと言うのか」と永住帰国を説く友人たちに語った
という。「彼の心には二面性がある。24年間、植え付けられた思想は簡単に変えられない。
親を取るか、子を取るか、苦渋の選択にたたされている」とは薫さんの兄透さん。

◇「私たちの父は、危機を和平の始まりに転換させた。すべての子供たちを戦争の世界から
救おうとしたのだと思うと、胸が詰まる」。40年前のキューバ危機についてケネディ元
米大統領の娘キャロラインさんが、ソ連のフルシチョフ元書記長の子供と面会したとき語った。

◇「小学生のころ、電車の運転士になりたかった」というノーベル化学賞の田中耕一さんは
上京して「新幹線ののぞみに初めて乗れ、うれしかった。出張でのぞみは高いので」。

◇拉致され、死亡したと伝えられた田口八重子さんの兄の飯塚繁雄さんは「私もいつかは
花束を持って飛行機の前に立ちたい」。


294 :文青・名無しさん:02/10/30 07:27 ID:8LOng5hn
「最近の言葉から」シリーズ。 日曜の統一補選の分析とか北との交渉の状況とか、
書くべきネタが山ほどあるはずの時期にやるようなことか?

最後の段落はどういう意図で持ってきたんだろ。 拉致被害者の家族は早く北朝鮮に
行って、国交正常化の橋渡しをしてこいという暗示を込めてんのかな?

295 :文責・名無しさん:02/10/30 07:39 ID:3+7Zkdj9
>夏目漱石は山路を登りながら考えた。「智に働けば角が立つ。情に棹(さお)させば流される。
>意地を通せば窮屈だ」。この『草枕』の有名な書き出しをしばしば思い浮かべるこのごろだ。

「夏目漱石は山路を登りながら考えた。」のくだりは明らかに不要。
これを省略すると、ぐっと文章が明瞭簡潔になる。

そもそも草枕はエッセイではなく、フィクションを描いた小説ではないか。
「山路を登りながら考えた」のはあくまで草枕の主人公に過ぎない。
実際には、漱石は書斎で黙考したことを、人生の象徴として
「山路を登りながら考えた」としたのかも知れないというのに、
「夏目漱石は山路を登りながら考えた。」としても良いものだろうか。

296 :文責・名無しさん:02/10/30 07:47 ID:hTEVwsyG
田中耕一さんの言葉・・・浮いてます

297 :文責・名無しさん:02/10/30 08:00 ID:M5VOoxiM
>>295
バカだからしかたないのでは?

引用の仕方を知らない低レベルコラムニストが売りなんだから。

298 :文責・名無しさん:02/10/30 08:06 ID:3+7Zkdj9
>>293
四段落目のケネディ元米大統領の娘キャロラインさんの言葉は、まだ
他の「戦争や国家によって引き裂かれた親子の重い話」との関連性が
無きにしもあらずの感だが、五段落目の田中耕一さんの言葉を紹介した意図は
全くの不明。他の「言葉」に比べて内容が浮き過ぎている。

ある一つのテーマに沿って言葉を選ぶのか、全くのランダムに選ぶことで
世相を浮き彫りにするのか、手法をどちらかに統一して欲しい。

299 :295(298):02/10/30 08:29 ID:3+7Zkdj9
>>297
バカにも限度というものがある。幾らなんでも文章のプロが、
小説とエッセイを混同するようなことがあって良いものか。
それに、夏目漱石といえば、かつての自社が世に送り出したところの、
誰もが認める偉人である。朝日新聞社の誇るべき業績の一つである。

ひょっとしたら、草枕に描かれている思索は、本当に漱石が熊本の山路を
歩いている時に創作されたものなのかも知れない。そしてタミィ氏は、
そんな深い知識を踏まえた上で、敢えて
「夏目漱石は山路を登りながら考えた。」としたのかも知れない。

なあんて弁護してみたりして。

300 :  :02/10/30 08:52 ID:F3tk49vd
>>293
全くバカにも限度がある。
敗戦ー避難民といういわば極限状態で万やむを得ず我が子を手放したケースと
平時に拉致された人達が北鮮での生活の中でもうけた子供とを並べ論ずるとは。
まあ、小池本人は分かっていて、読者を欺くつもりで書いているのだろうが、
結局は朝日読者を愚弄していることに気がつかないのかね。


301 :文責・名無しさん:02/10/30 08:58 ID:Gwq7nKfw
>>293
田中耕一さんの言葉をこの文脈で入れるのは、俺には理解できない高度な意味があるんだろうか。


302 :文責・名無しさん:02/10/30 09:10 ID:pakv+CT8
>>299
まぁ、ハムレットの頓珍漢誤用、悪人礼賛の意味不明の解釈を読んできたら
これくらいありえるなぁ、と思ったよ…

でもさぁ、今月の言葉、って絶対にやらないといけないものでもないでしょ。
昨日は交渉再開がでかいニュースだったんだし。

ちなみに各社のコラムは
編集手帳 めぐみタンネタと交渉について
余録昨日の公害訴訟ネタ
産経抄世界文化賞をもらったゴダール監督ネタ
春秋ヘギョンたん報道と交渉再開ネタ

産経はちとアレだけど、ほかの3紙は時事ネタを持ってきてる。

今日のは拉致ネタ関連でまとめれば、比較的読めるものになっていたはずなのに、
なんで田中氏の言葉をもってきたのだろうか…
タミーのコラムが電波コラムになる主原因は「蛇足」なんだよなぁ。
マス埋めのつもりで"余計なコト"を書いてるんだろうけど、それが致命的なんだよな…

303 :文責・名無しさん:02/10/30 09:14 ID:YxmPAMBD
短いコラムでも読み終わった後で2倍3倍に思考を膨らませて余韻を楽しめるのがある。
天人のは余韻は余韻でも「なんでこうなるの」という疑問と腹立たしさだ。


304 :文責・名無しさん:02/10/30 09:29 ID:9NBLK0DZ
>>293
「最近の言葉」で、キムヘギョンの言葉が無いのはなぜかしらん(w

ところで、今日の社説は天声人語みたいなので、以下にコピペします。



305 :文責・名無しさん:02/10/30 09:30 ID:9NBLK0DZ

■読書週間――本は読まれているのに
 読書週間に考える。本当に「活字離れ」が進んでいるのだろうか、本は読まれなく
なったのだろうか、と。
 電車に乗ってみる。文庫本や雑誌を読んでいる人が相変わらず多い。携帯情報端末の
画面でインターネットから落とした小説に読みふける人もいる。縦書き表示の「電子本」
でいつでも芥川竜之介や太宰治を読める。そんな時代になった。
 高校生が携帯電話で熱心にメールを打っている。音声メディアだとばかり思われて
いた携帯電話は今や、文字を読み書きする「ケータイ」に変わった。短い文章でも日々
の積み重ねの中から「ケータイ文学」の旗手が出てきたっておかしくない。

 書店には、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』が山積みされている。上下巻で初版を
230万セットも刷った。村上春樹の『海辺のカフカ』も上下巻で800ページを超える。
それが売れに売れている。
 ハリー少年は4作目で14歳になった。カフカ少年は15歳だ。2人は恋や死を経験
し成長していく。ゲームのような展開にひきずりこまれ、読み終えた後に何かが残る。
そんな作品である点が似ている。
 家を出て図書館に住み込んだカフカ少年は夏目漱石全集を全部読もうと思い、
鉱山で働き始めた青年の体験を描いた『坑夫』に取り組む。「完成された作品にない
吸引力」に引きつけられる。『千夜一夜物語』を読むと「僕は僕ひとりになり、ページの
あいだの世界に入りこんでいく」。
 この小説を読んだ少年少女は文学の魅力に触れ、別の作品も読もうという気になるだろう。
そんな大著が読まれている。



306 :続きです:02/10/30 09:34 ID:fmS03Fll
 本は読まれなくなったのではない。むしろ、読まれない本があふれていることに
問題があるのではないか。
 出版不況といいながら、『出版年鑑』によれば、昨年の新刊書籍は前年より6千点
も増えて、初めて7万点を超えた。しかし返品率が4割にのぼる。実際には6割しか
売れていない計算である。
 売り上げを増やすために、とにかく本をたくさん出す。返品が来る前に、また別の
新刊を出し続ける。そんな「自転車操業」が出版業界の実態である。新刊偏重で、
本の寿命も短くなっている。
 悪循環を断つ第一歩は、出版社が思い切って刊行点数を絞ることだ。じっくり企画
をたて、丁寧に売っていく。読みやすいように体裁を工夫することも大事だ。

 ハリー・ポッターのファンの女子中学生が、本紙「声」欄(大阪本社版)に「本がとても重い」と
投書を寄せていた。
 「電子ブックでもいいけれど、精密機械だし、学校に持っていってこわしたくないので、
電子ブックになっても買うかどうかは分かりません。文庫本になるのを待つのもつらいです。
出版社の皆さん、どうか軽い本を世の中に出してください」
 少女の声は届いただろうか。

307 :文責・名無しさん:02/10/30 09:36 ID:fmS03Fll

■読書週間――本は読まれているのに
> 読書週間に考える。
>本当に「活字離れ」が進んでいるのだろうか、本は読まれなくなったのだろうか、と。

> 電車に乗ってみる。

>そんな時代になった。

>そんな大著が読まれている。

> 少女の声は届いただろうか。

タミー臭がぷんぷん漂ってくるのですが・・・。



308 :文責・名無しさん:02/10/30 09:41 ID:fmS03Fll
読売・編集手帳
http://www.yomiuri.co.jp/08/20021029ig15.htm

 童謡「みかんの花咲く丘」の歌詞が浮かんだ。「いつか来た丘 母さんと 一緒に
ながめたあの島よ 今日もひとりで見ていると やさしい母さん思われる」
(作詞・加藤省吾、作曲・海沼実)

◆拉致されて異郷に暮らす折節、横田めぐみさん

柑橘(かんきつ)系のコロンの香りを思い出していたらしい。「お母さんはいつも香水
の匂(にお)いがしていた」。北朝鮮でしばらく一緒にいた曽我ひとみさん(43)に語っている

◆柑橘類の古い名称は、「ときじくのかぐのこのみ」という。日本書紀には「非時香菓」
とある。時がたっても消えない芳香を、「非時」の二文字に表したものだろう

◆「お母さんが通ると、いい匂いがするから見ていなくても分かる」。母、早紀江さん(66)が
覚えている幼い日の娘の声である。めぐみさんにとって母の匂いは薄れることのない
「非時香菓」だったに違いない

◆「街をゆき子供の傍(そば)を通る時蜜柑(みかん)の香せり冬がまた来る」(木下利玄)。
秋から冬。いまだ安否の定かでない被害者の家族には、蜜柑の匂いに遠い一家団欒(だんらん)
の光景が浮かんでくる季節でもあろう

◆きのう、国交正常化交渉が再開された。拉致問題は大筋で解決済みだとする
北朝鮮の主張からは、経済協力を引き出す狡猾(こうかつ)な駆け引きの「臭(にお)い」
が漂ってくる。邪悪な国家テロへの贖(しょく)罪(ざい)の「匂い」はまだ届かない。


309 :文責・名無しさん:02/10/30 09:42 ID:fmS03Fll
日経・春秋
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20021029MS3MI01M929102002.html

 駅の売店で、女性週刊誌の表紙が偶然、目に飛び込んできた。表紙になるのは
モデルか女優ばかりと思っていたが、今週のその週刊誌は横田めぐみさんの娘の
キム・ヘギョンさんだった。

▼そういえば、昔はこういう顔つきの女の子が日本にもたくさんいたような気がする。
朴とつで少しはにかんで、それでいてりりしい。郷愁を誘うような懐かしい顔だが、
最近、この手の顔つきの子を目にすることはなくなった。それにしても「孫」は祖父母
にここまで似るものなのか。

▼15歳の彼女にインタビューしたテレビ番組の視聴率は26.3%もあった。「北朝鮮に
利用された」「取り調べのような質問は配慮に欠ける」などと抗議の電話がテレビ局
に殺到し、平壌に残る被害者家族の帰国問題ともからんで大きな波紋を広げている。
「国家に言わされた」かどうかは分からぬが、真っ赤なほおを伝わる涙の印象は強烈だった。

▼「みなさんが心配するほど私たち不幸ではありませんでした」と地村富貴恵さんは
言う。「1日も早く夫と子供に会って、相談したい」と言うのは曽我ひとみさん。被害者
とその家族にとって、幸せとは何かを一言で言い切るのは難しい作業だ。24年間の
過去と、これから、を背負った日朝正常化交渉が、クアラルンプールで始まった。


310 :文責・名無しさん:02/10/30 09:42 ID:YONeyfd/
>>307
タミー臭(w
たしかに、そんな感じかも・・・。
しかし昔の天人って李承晩ラインについてのこととか
結構書くこと書いてんだよね、全く今の天人は何なんだ


311 :文責・名無しさん:02/10/30 09:44 ID:pakv+CT8
>>307
同意。
アサピ-の論説委員はタミーしか人材がいないのか…?

そもそも、タミーは本をきちんと読んでるのかなぁ?
あと書きや解説だけ読んで読んだ気分になっているだけ、な気がする…


312 :  :02/10/30 09:48 ID:F3tk49vd
>>307
>>そんな時代になった。
>>そんな大著が読まれている。

「こんな」短い文に「そんな」を2回も使っているの見ると、おっしゃるようにコイケ・タミー流ですね。
あるいは朝日論説委員の間で「そんな」が流行っているのでしょか。

ところで普通は書き言葉で「そんな」は余り使わないような気がしますが、どうなのでしょうか。



313 :文責・名無しさん:02/10/30 09:51 ID:PHJqwRf5
>>306
最後の少女の電波が無ければ同感なのに・・・。

314 :文責・名無しさん:02/10/30 09:52 ID:biY4L0/K
佐渡の中学生まおちゃんのほうが文章うまい。
小池さん、この子にかわってもらってくれ。
http://www.clanefly.com/maomao14/index.html

315 :文責・名無しさん:02/10/30 09:59 ID:ba4w8IKA
>>312
そんなことはないだろ。

316 :文責・名無しさん:02/10/30 10:16 ID:xB6mmSLe
>この小説を読んだ少年少女は文学の魅力に触れ、別の作品も読もうという気になるだろう。
>そんな大著が読まれている。

「そんな」が、何をさしているのか、いまいちわかりにくい。


317 :文責・名無しさん:02/10/30 10:21 ID:cAQ05RaY
>>315に挙げられたような、そんな使い方もあるだろう。そんな晩秋の朝、電車に
乗りながら ふとそんな思いにかられた。

(夏の終わりを感じるそんな8月31日、日記を書いていない子どもが擬態語など、
そんな言葉を駆使して必死に行間を埋める光景である。紅葉が始まった山々を
電車の車窓から眺めながら ふとそんな遠い日の記憶に思いをはせた)

確かに文章が1.3倍くらいにふくれますね。実は本当に小学生が書いていたりして。
ばーちゃる・こらむにすと・タミー10歳



318 :文責・名無しさん:02/10/30 10:25 ID:xB6mmSLe
>>317
タミーの通称を考えているのですが、いいのありますか?
案としては

ダブニストのタミー小池氏
ダブナー系コラムニスト・タミー小池氏


319 :文責・名無しさん:02/10/30 10:26 ID:Gwq7nKfw
受験生を混乱させるので、天声人語に「そんな」「こんな」は禁止してください、
朝日新聞の役員様。


320 :文責・名無しさん:02/10/30 10:32 ID:xB6mmSLe
珍語子というのもありだな・・・。


321 :文責・名無しさん:02/10/30 11:52 ID:l63N3vYn
「小学生のころ(以下略)」と「新幹線ののぞみに(以下略)」が子供の頃と今との気持ちの対比なのが
1,2段落目の共通点とでも思って書いたのかな?
それにしても、脈絡無いな。

322 :文責・名無しさん:02/10/30 12:12 ID:2S456sfi
>>293
 こういうこと書いちゃいかんのだろうけどさ・・・。

 ゴミだな、これ。

323 :文責・名無しさん:02/10/30 12:45 ID:x3T1AxOk
>316
ペットボトラー小池

324 :  :02/10/30 12:53 ID:p3/2cgiD
>>323
ハッカ歯磨きやトイレ用芳香剤も捨て難いし。


325 :文責・名無しさん:02/10/30 13:32 ID:QeX17TH3
>>314

すごいよ、この子。ホントに中学生?

語彙の豊富さ、文章のリズム、組み立て、観察力と批判精神
すべてにおいて天人を凌駕してる!

326 :深代人語:02/10/30 15:06 ID:+B8bBm5H
 「なにっ、このアイヌ」といわれてカッとなり、相手をナイフで刺殺したトビ職
人が、第二審の東京高裁で懲役五年から四年半に減刑された。本人は「第一審で
は恥ずかしくていえなかった」といい、裁判長もこの言葉が犯罪の動機だったこ
とを認めた。
 殺された労務者は朝鮮人だった。アイヌと朝鮮人、たがいにののしり合ったのだ
ろうか。「差別の中の差別」に、暗い悲しさがこもっているように思う。差別を
作っている張本人はだれなのか、という思いが心を突き刺さずにはおかない。
 関西の団地に住む朝鮮人の奥さんから、投書をもらったことがある。日本に生ま
れ、日本で育ち、日本人の中で暮らしている。団地夫人たちが、自分を朝鮮人だと
知ると「まあ、ちっとも知らなかったわ。日本人と同じじゃないの」と、声を上げ
るそうである。
うれしそうな表情で、素直な感想を述べているのだろうが、この朝鮮人の奥さん
にはそれがたまらないという。その言葉、その言い方に、しゃべっている本人さ
え気づいていない差別の芽が鋭く感じとれるからなのだろう。
何で読んだか忘れたが、口の悪いのが売り物のすし屋のおやじの話があった。
「夏の今、ヒラメだって、あんたもダメな客だね」そんな悪たれや講釈を聞きに
くる客がいて、結構はやっていた。あるとき若者が入ってきた。「何からいきま
しょうか、おにいさん」「何にしようかな」。
おやじの例のくせが始まった。「すし屋で座ってまだ考え込むようじゃ、あんた
もダメだね。朝鮮野郎みたいだな」。若者は間をおいてから「おやじさん、ぼく
が朝鮮人じゃなくてよかったですね」と、さわやかに言ってのけた。おやじはぐ
うの音も出なかったそうだ。だれでも自分は偏見がないと思い、そういう。偏見
がないと信じ込む偏見、独断ではないと思い込む独断ほど、その病は重い。



327 :文責・名無しさん:02/10/30 15:59 ID:CLm1YPvw
>>326

>関西の団地に住む朝鮮人の奥さんから、投書をもらったことがある。日本に生ま
れ、日本で育ち、日本人の中で暮らしている。


赤報隊の声明文に酷似しているな(笑

328 :文責・名無しさん:02/10/30 16:04 ID:CLm1YPvw
>>326
「何で読んだか忘れたが」以下、さんざん引用する姿勢が不思議。
駄文の極み。

329 :文責・名無しさん:02/10/30 16:16 ID:Wv/fB906
>>326-328
自作自演

330 :文責・名無しさん:02/10/30 16:26 ID:gVUXXz+J
>>293
これだけ前後のつながりがない単語・文章を羅列をすると、エヴァンゲリオン風
のオープニング風・フラッシュが出来そうですな。すでにあるのかも知れないけど
タミー語録で作ってくれないかなあ。


331 :文責・名無しさん:02/10/30 16:39 ID:bjvMJz5I
>>316
「そんな」が指しているのは、取り敢えずは「この小説」。
では、「この小説」の「この」は何を指しているのか。
以下から該当するものを全て答えなさい。

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
『海辺のカフカ』
『坑夫』
『千夜一夜物語』

・・・何という難問だ。

332 :文責・名無しさん:02/10/30 17:30 ID:qG6QmVxp
 最近の天声人語から。「これほど数奇な運命をたどった歌も珍しいだろう」とは、
第二次大戦中に敵味方を超えて愛された「リリー・マルレーン」について。ドイツ人の
作曲者ノルベルト・シュルツ氏が今月亡くなった。英紙からの引用・転用の方法も
数奇だったか。

「テロ組織との戦いは、常に国連に登録しながら進めるのがいい」とは、200人近くが
犠牲になったとされるバリ島のディスコでの爆弾テロへのコメントだ。バリ島古来の
風習を、現代の国際紛争に当てはめようという「数奇」なアイデアだ。いや、その突拍子の
無さは「珍奇」と言ったほうが適当か。

北朝鮮に拉致された被害者の運命も「数奇」と言えなくもない。そんな数奇な運命を
たどった拉致被害者と、その家族の24年ぶりの再会に際して出た感想が
「長い空白の時間を飛び越えて、肉親の愛がほとばしる光景だった」。数奇、珍奇というよりも
陳腐の一言につきるだろう。

陳腐と言えば、愛国心教育に関するコメントだ。内村鑑三を引用し、北朝鮮やイラクに
ついて触れながら、最後の締めが「どこの国にも言えるだろう」。新しい電車の車両の
開発者には、「努力に期待したい」、突然の報せに作業服のまま記者会見に望んだ
ノーベル化学賞受賞の田中耕一さんには、「新しい時代を感じた」。

 お膝元のワシントンでスナイパーの驚異におびえるブッシュ米大統領のコメント
”sick to my stomach”を「ムカツク」と超訳したのは、ご愛敬だが、中野好夫氏の
「聡明な悪人」が、”wise evildoers”と訳されたのは、これまた珍妙だ。


333 :文責・名無しさん:02/10/30 17:37 ID:UtgQYe/j
>>326
赤報隊の犯行声明文
>われわれは日本人である。日本に生まれ 日本にすみ 日本の自然風土を母とし 日本の
伝統を父としてきた。

これは深代の天声人語を踏まえた上での脅迫であろう。日本中に北朝鮮の息のかかった
在日がいるので朝日が反北朝鮮的な記事を書けばどうなるかを暗示した脅迫文だと思われる。

深代天声)関西の団地に住む朝鮮人の奥さんから、投書をもらったことがある。日本に生ま
れ、日本で育ち、日本人の中で暮らしている。


犬飼兵衛記者(当時42歳)が腹部に61発被弾し、右手の中指と薬指は散弾によりボロボロになり、
小指切断の重傷を負ったとされるが、これは朝鮮の英雄安重根「断指同盟」にちなんだ残虐行為である
と推測される。
 安重根は1909年3月に11人のテロリストと共に「断指同盟」を行っている。
自らの指を断ち、日本に復讐するというのだ。犬養記者の指は安に捧げられたのでは
なかろうか。

334 :文責・名無しさん:02/10/30 18:14 ID:oTv6nvwg
>だれでも自分は偏見がないと思い、そういう。
>偏見がないと信じ込む偏見、独断ではないと思い込む独断ほど、その病は重い。

この部分は極めてまともだと思う。

335 :聡明な悪人の英訳版:02/10/30 18:34 ID:QvHAOgbU
Play `wise evildoer' regarding N. Korea nukes
http://www.asahi.com/english/tenjin/K2002102800229.html


For many people, there may be no question that those who are good-natured are
easier to get along with than evildoers.

Contrary to conventional wisdom, social affairs commentator Yoshio Nakano (1903-1985)
advocated ``tribute to evildoers.''

In an essay of the same title, Nakano says, ``Two things I have detested over the
years are goodwill and naivety.'' He gives a list of examples to show how he has been
troubled by deeds attributed to goodwill and naivety. He goes on to complain that
good-natured people are difficult to deal with because they take it for granted they
can do anything without taking responsibility for the consequences, so long as they
do it out of goodwill.

``The good thing about evildoers is that the games they play have certain rules,''
Nakano continues. ``Consequently, if you observe their rules and remain on guard,
they are very easy to get along with.''

Deeds that stem from goodwill, he explains, are most difficult to deal with because
vigilance does not work when the absence of ``grammar'' makes it impossible to
foretell what will happen next.

The way countries deal with one another resembles the manner in which individuals
get along with evildoers-deceiving one another while adhering to certain rules.
But the pattern may be starting to break now.



336 :聡明な悪人の英訳版:02/10/30 18:34 ID:QvHAOgbU

I am talking about the country responsible for the kidnapping of Japanese citizens.
The Democratic People's Republic of Korea (North Korea) has admitted it is developing
nuclear weapons.

Pyongyang still has a lot of explaining to do about the abductions, but it has admitted
they were the work of the North Korean government and offered an apology to Japan.
Contrastingly, it seems to be asking ``So what? What's wrong?'' over its nuclear
development program.

A newspaper published in the Republic of Korea (South Korea) termed Pyongyang's
strategy ``brinkmanship diplomacy.'' In a possible North Korean scenario, if Pyongyang
hints at holding nuclear weapons when it is driven to the edge of a cliff, other countries
will try to placate it by offering concessions.

Did North Korea expect its new game to come out this way? Whatever its expectations,
this game is too risky.

Nakano paid tribute to ``wise evildoers''-meaning evildoers familiar with the niceties
of rules and believing in adhering to rules. The sagacity of evildoers is needed to
deal with the North Korean nuclear arms development program.

--The Asahi Shimbun, Oct. 21



337 :原文:02/10/30 18:44 ID:QvHAOgbU
■《天声人語》 10月21日

◇悪人と善人とでどちらがつきあいやすいか。善人に決まっている。多くの人がそう答える
かもしれない。その常識をひっくり返して「悪人礼賛」を説いたのが評論家の故中野好夫さん
だった。

◇「由来ぼくの最も嫌いなものは、善意と純情との二つにつきる」と書き始めるこの随筆は、
善意と純情から出たとする行為にいかに迷惑を被ったかを書き連ねる。善意から出たの
だから何でも許される、責任をとらなくてもいい、といった思い込みがあって始末が悪い、と。

◇「悪人における始末のよさは、彼らのゲームにルールがあること、したがって、ルールに
したがって警戒をさえしていれば、彼らはむしろきわめて付合いやすい」。善意からの行為が
最悪なのはどこから何が飛び出すかわからない「無文法(ノーグラマー)」にあって、警戒の
手がきかない、と。

◇国家とのつきあいは悪人とのつきあいに似ている。だまし合いをしながらも一定のルール
がある。ところが、このところ様子が変だ。拉致事件を起こした国のことだが、核兵器開発を
進めていると表明したそうだ。拉致事件では疑惑を多々残しながらも一応は国家犯罪を
白状し、謝罪した。核開発では開き直りの様相である。

◇「がけっぷち外交」と称する韓国の新聞があった。追いつめられてがけっぷちで爆弾を
ちらつかせる。そうすれば、まわりはなだめにかかるだろう。そう考えたのか。このゲームは
危険すぎる。

◇中野さんは、「聡明な悪人」に敬意を表している。ルールをよくわきまえた悪人である。
核をめぐってはその「聡明さ」が必須だ。



338 :比較:02/10/30 18:45 ID:QvHAOgbU
最後の段落

◇中野さんは、「聡明な悪人」に敬意を表している。ルールをよくわきまえた悪人である。
核をめぐってはその「聡明さ」が必須だ。


「聡明さ」の何を意味しているかが問題となっていたのですが、英訳では、

Nakano paid tribute to ``wise evildoers''-meaning evildoers familiar with the niceties
of rules and believing in adhering to rules. The sagacity of evildoers is needed to
deal with the North Korean nuclear arms development program.


最後の一文を訳すと、

北朝鮮の核開発に対処するには、悪人の聡明さ(The sagacity of evildoers)が必要とされる。

受身形と言うことを考えると、(日本や諸外国には)悪人の聡明さが必要とされる、

日本は聡明な悪人になれ!と言っていることになります。



339 :文責・名無しさん:02/10/30 18:59 ID:PurnQj+f
>>311
社説を書いた奴は小池の愛弟子なんです(嘘)。
小池に天人魂を注入されたのかもしれない。そんなことを考えてみたw

>>332
わろた

340 :文責・名無しさん:02/10/31 01:07 ID:whU6bvAn
名文を小池式駄文に直してみた。

こんな山路(やまみち)を登りながら、こんなことを考えた。
そんな智(ち)に働けばこんな角(かど)が立つ。
あんな情(じょう)にこんな棹(さお)させば流される。
あれこれ意地を通(とお)せばこんな窮屈(きゅうくつ)だ。
とかくにこんな人の世は住みにくい。

…あの名文があっという間に小池式駄文に!

こんな国境の、あれこれ長いトンネルを抜けるとあんな雪国だった。
そんな夜のあんな底があれこれ白くなった。

…これは便利だ(どこが)。

誰かcgiで「なんでも小池式にテキスト変換しちゃうツール」でも作ってくれないか。


341 :文責・名無しさん:02/10/31 01:45 ID:blQHyXih
>>340
 最高(笑
 いろいろ脳内想像しちゃったよ。

 そんな柿喰えば あんな鐘が鳴るだろう 法隆寺

 ごめん

342 :文責・名無しさん:02/10/31 02:20 ID:WhYDkroL
 こう考えた。山路を登りながらである。
 角が立つ。智に働けばである。
 棹させば流される。情である。
 通せば窮屈だ。意地である。
 とかくに住みにくい。人の世である。


343 :文青・名無しさん:02/10/31 07:00 ID:mb6JOogy
■《天声人語》 10月31日

◇東京都が都心の墓地に歴史散歩道をつくるそうだ。桜の名所として知られる青山墓地など
自然環境に恵まれたところが多く、いわゆる著名人の墓も少なくない。観光コースとして人気を
集めるかもしれない。

◇中国の上海で葬儀場を訪ねたときのことを思い出す。さまざまな形式の葬儀が営まれていた。
「同志の死を悼む」といった無宗教の「社会主義的」葬儀もあれば、魔よけの垂れ幕を張り
巡らせた昔ながらの葬儀もあった。

◇巨大なコインロッカー室のような大部屋には位牌(いはい)がずらりと並べられていた。小さな
仕切りのなかに遺影と花が飾られ、遺族が花を交換する姿もあった。土地不足で墓を持てない
人が多いらしい。一方で、豪華な墓地の宣伝パンフレットなども出回っていたから、この面での
貧富の差も大きいのだろう。

◇映画などで見る韓国の葬儀は、盛大である。大勢の親族や友人が集まって飲み食いし、
歌い、泣く。そんなことを考えていくと、北朝鮮に拉致され、死亡したと伝えられた人たちの墓の
「不在」への疑問が増す。その消息への疑問とともに。

◇親や先祖を大事にする伝統は、儒教文化圏に共通する。社会主義化した中国でも、親から
子への連綿としたつながりは大事にされ、親族の結束も固い。韓国では、年上を敬う「長幼の
序」が色濃く残る。日本でも、墓参りは多くの人にとって重要な年中行事だ。

◇分断後の北朝鮮は、そうした面でもがらりと変わってしまったのだろうか。進展しなかった
日朝国交正常化交渉を見守る拉致被害者や家族のつらさを思う。

344 :文青・名無しさん:02/10/31 07:00 ID:mb6JOogy
東京都が都心の墓地に歴史散歩道をつくる → 中国の葬儀を思い出す
→ 韓国の葬儀は盛大である → (墓の話をしてたのに、唐突に)儒教文化圏は血族を大事にする
→ 北朝鮮ではその文化すら失われたのか? 拉致被害者の家族のことも考えてやってよ

ポカーン(゚Д゚)… 東京に墓地の散歩道ができる話から、「致被害者や家族のつらさを思う」のか…
さすがは天人、凡人には理解できない話の飛びっぷり。 つぅか最初の段落全然いらんやんか。
それにしても、みんなが昨日からいってることがよくわかった。 思わずふいちまったじゃんかよ。
> 大勢の親族や友人が集まって飲み食いし、歌い、泣く。そんなことを考えていくと、…
> 分断後の北朝鮮は、そうした面でもがらりと…
性懲りもないというか、なんというか。

五段目はなんかおかしいな。 これじゃまるで日本が儒教文化圏みたいじゃないか。 影響が
ないわけじゃなかろうが、儒教文化バリバリの韓国と日本の神道的な先祖・親を畏敬する感情を
一緒くたにするのはちょっと大雑把過ぎやせんか?

結論もだから何なんだとしかいいようがないな。 「情」に流されてばかりでなく、「智」も働かせ
なくてはならないとつい一昨日言っていたのは一体どこの誰でしたっけ?? それなら、
どうすれば進展があるのか手前で考えを捻れよ。 (もっとも、国交正常化は誰も望んでいないが。)

345 :文責・名無しさん:02/10/31 07:47 ID:AXDBEApU
>そんなことを考えていくと、北朝鮮に拉致され、死亡したと伝えられた人たちの墓の
「不在」への疑問が増す。その消息への疑問とともに。

意味不明の駄文。家の墓に盛大なのを建てるのが向こうの文化であって、向こうに家を
持たない拉致被害者の墓を誰が建てるのか?本当に知能低そう。
拉致犯が被害者の墓に目立つのを作ると思うのか?>天人

346 :文責・名無しさん:02/10/31 08:01 ID:whU6bvAn
洪水でも流されない墓を作れよ、とも思う。


347 :文責・名無しさん:02/10/31 08:38 ID:blQHyXih
>>343
 最初に「お? 青山にどんな人が埋葬されているのか語るのかな?」と
思わせておいて、「なんだ。世界のお墓事情?」かなと思いきや「朝鮮情勢」
をからませ、最後は「拉致被害者」の話にもっていく。

 なんてアクロバティックな展開だろう! 常人には考えもつかない!
 ・・・まぁ、考えたくもないがな。

348 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

349 :  :02/10/31 09:55 ID:OJT0fL5j
>>343
>そんなことを考えていくと、北朝鮮に拉致され、
なるほど。小池サン、こういう文の積み重ねで、「いわゆる」小池式駄文が形作られていくわけですか。


350 :文責・名無しさん:02/10/31 09:57 ID:FJUi/9Z4
 逆の意味で目が離せんな。
しかし、他に適当な人がいないんだろうか?自称クオリティペーパーが
これじゃ。というか、こんなのが入試への出題率高いって・・・。

 入試の問題を作成する先生方には、読解力がないんだろうか?

351 :文責・名無しさん :02/10/31 10:04 ID:gC7TnvUi
椎名誠の倫敦巴里みたいだが
「小池風シリーズ」

鐘の音がする。あれは祇園精舎のそれだろう。
諸行は無常であるとの響きがする。
沙羅双樹の鐘の色もまた盛者必衰のことわりをあらわすのかもしれない。

352 :文責・名無しさん:02/10/31 10:12 ID:whU6bvAn
>>351
「そんなことをあれこれ(柿を食べながら)考えた」とするともっといいかもね。


353 :351:02/10/31 10:21 ID:gC7TnvUi
>>352
THX!

しかし文体は真似できても、今日のみたいな発想はとても真似できるもんではありませんな(w
ペットボトル→原爆
歴史散歩道→拉致問題
こういう駄文とマジカルバナナのコンボはさすがとしかいいようが・・・

354 :  :02/10/31 10:25 ID:OJT0fL5j
>>350
なにかで読んだのですが、朝日の記事は多様な解釈ができるので、
問題が作りやすいからだそうです。では正解はどうやって決めるのという疑問が
わきますが、多分著者にも分からないのでしょうから、問題作成者の意向によるのでしょう。
小池タミーの迷走文の解釈をさせられる今時の受験生のつらさを思う。ふとそんなことを考えた。


355 :350:02/10/31 10:33 ID:FJUi/9Z4
>>354
 多様な解釈ですか。つまり何が言いたいのかよくわからない、
というこですね。

356 :文責・名無しさん:02/10/31 11:00 ID:b9IvBkC8
>>534
以前、入試問題に出た文章問題に書いた本人が解答したら
バツだった、と言ううわさを聞いたことがある。
ちなみに問題は「この場面での筆者の気持ちを次のうちから選べ」
だったらしい(W

タミーも入試問題を解いてみるといいかもね。

357 :文責・名無しさん:02/10/31 11:34 ID:utfTbBzW
Wカップの「決意は固い」の記事を引用
問題:「中田選手は引退するつもりなのでしょうか?」


358 :文責・名無しさん:02/10/31 13:39 ID:Dv8LQ0mI
タミーの天人は読解問題にすると非常に難解だけど、小論文のお題になったら
ガッツポーズだと思う。
これほど突っ込みが出来て反論しやすいコラムはないよ…

359 :文責・名無しさん:02/10/31 14:25 ID:jI60Xjsy
最後の一節だけど

◇分断後の北朝鮮は、そうした面でもがらりと変わってしまったのだろうか。進展しなかった
日朝国交正常化交渉を見守る拉致被害者や家族のつらさを思う。

ニュースを見ていると特に被害者家族は
交渉が進展しなかったことに関してつらいと思うより、
日本が下手な譲歩をしなくてよかったと安堵しているように見えたのだが。
国の基本方針厳守を評価しているようだし。
それに北朝鮮に対して激しい怒りも表していたなあ。
単なるつらさを思うのではなく、その複雑な胸の内を思ってやれよ。

360 :文責・名無しさん:02/10/31 15:17 ID:6BcYLi2+
>>356
山田詠美もそんな事を言ってたね。ちょっとおかしいんじゃないかって。
本人も現在の試験問題などにはたいそう不満を抱いているようです。

361 :文責・名無しさん:02/10/31 15:21 ID:FAgDJ7Vr
あたりまえだ
試験問題の国語の穴明き文見ただけで鬱になる
こんな試験している国なんてあるのか
自由に文を書かせりゃいいんだバカ文部

362 :文責・名無しさん:02/10/31 15:21 ID:kPzApMJ9
原爆茶 ああ原爆茶 原爆茶

タミー

363 :文責・名無しさん:02/10/31 16:55 ID:xj3VMA1c
おい、お前ら
本文根拠って言葉知ってるか?


364 :文責・名無しさん:02/10/31 17:33 ID:VgpgRLS8
>>363
知らない

365 :文責・名無しさん:02/10/31 17:40 ID:xj3VMA1c
>>364
人語の面白さの半分も理解できてないな
本文根拠とりながら読んでみれ
すごく勉強になるから

366 :文責・名無しさん:02/10/31 18:10 ID:NVi4qkqL
>>340
このような文を読み、「ドラえもん」のオープニングテーマを思い出したのは私だけだろうか?

367 :文責・名無しさん:02/10/31 19:09 ID:v8zxJhxy
>親や先祖を大事にする伝統は、儒教文化圏に共通する。

儒教文化圏でなくとも、親や先祖を大事にする伝統を持つ文化は世界中に沢山ある。
むしろ、そのような伝統の無い文化の方が珍しいくらいだ。

>墓が行方不明になっていると言う北朝鮮に拉致され、死亡したと伝えられた
>人たちの墓の「不在」への疑問が増す。その消息への疑問とともに。

墓が行方不明になっているというのは、北の住人ではない。
日本から拉致された、縁の無い「異邦人」であるゆえ、北の住人からすれば、
「親や先祖を大事にする」という意識から外れた人達だ。

加えて、現在の北の住人が、どのように親や先祖を大事にしているかも
分かってはいない。

よって、日本、中国、韓国の共通性を表し、そこから北の異質性を浮き彫りにする
のに、儒教文化の中から、余り特徴的ではない「親や先祖を大事にする」という
伝統のみを持ち出すのには無理があるし、また「日本人の墓が行方不明」という事に
関しても、「親や先祖を大事にする伝統」からは決して外れてはいない。

368 :文責・名無しさん:02/10/31 19:22 ID:v8zxJhxy
ところで文化大革命の時、朝日新聞は中共と一緒になって儒教的なものを否定してはいなかったか?


369 :文責・名無しさん:02/10/31 19:56 ID:UbPZxiY8
>>364
http://www.ka.shibaura-it.ac.jp/98ss.html
本文根拠は、下の方に出てくる


370 :文責・名無しさん:02/10/31 20:18 ID:Fp/dU/WE

つーか、本文根拠も知らない奴は、
天声をどう楽しんでたのかと、小一時間問詰めたい。


371 :文責・名無しさん:02/11/01 00:43 ID:mARAf2Z8
>>370
 まあ煽るな。
「本文根拠という言葉」を知らんのと
「本文根拠と言う言葉が指し示す概念」を知らんのとでは
かなり意味が違うと思うぞ。

っちゅうか、「本文根拠」ってgoogleで検索しても5件しかヒットせんのだが……。


372 :文責・名無しさん:02/11/01 07:11 ID:cvRNv5jk
いつだったか正確な日はわすれたけど、天声人語にJRの新型通勤電車に
試乗した記事があったね。1か月ほど前かな。天神のおっさんは、車体の幅が
8センチ広くなったとか、居眠りがしやすいかどうかとか、どうでもいいことばかり書いていたが、雑誌にこの新型電車の記事がでていた。それによるとこれは
ネットワーク化された電車なんだね。車内でパソコンが使えるようLANが設置されている。「車内LAN」が」ついているんだ。天神はこの方面に
まったく無知というか無関心と見えて天声人語にはこれについての言及は
一言もなかった。あげくのはてに車内での睡眠とか読書が大切とか
アホを書いてたと記憶している。
通勤電車に車内LANが必要かどうかはさておいて、
肝心のことに何も触れなかったこの人ほんとに新聞記者なの?

373 :文青・名無しさん:02/11/01 07:50 ID:oO7i4xKp
■《天声人語》 11月01日

◇文化功労者に決まったドナルド・キーン氏を作家の谷崎潤一郎が親しみを込めて
こう評したことがある。「いつも汽車は三等に乗り、あまりパッとしない背広服を着、
古ぼけた靴を穿き、少しも辺幅を飾らうとしない……」。

◇日本の風景に溶け込み日本文化に深入りしたキーン氏の日本とのつきあいは長い。
39年のニューヨーク万博に友人の中国人と見学に行ったそうだ。日本への憎悪が
強烈だった友人は日本館に入るのを拒み、キーン氏ひとりで入場した。その感想をこう記す。

◇「若いガイドや売子たちが、新聞に報道されている残虐な兵士たちとあまりに
ちがうので、一つの国がこうもちがう人々を生み出すとはどういうことかといぶかしく
思ったものだ」(『日本との出会い』中公文庫)。

◇のちに英国で日本文学を教えるようになったときも「どうして猿真似の国の文学を
やっているのか」とよく尋ねられたという。そうした日本への偏見にキーン氏は反論
してきた。反論するときには日本大国論をぶったという。

◇経済大国であるだけでは真の大国とはいえない。大国にふさわしい文化をもっている
かどうかが問われる。その点は造詣(ぞうけい)の深いキーン氏である。堂々と日本
護をしてくれたに違いない。

◇その経済大国としての日本がいまあがいている。こんどのデフレ対策に対しても、
たとえば英経済紙は「日本は困難な決断をする能力と意志を欠いている」と批判した。
確かに打開の道は険しい。だが、キーン氏のように文化も含めた底力から見れば、
また違った視界が開けはしないか。

374 :文青・名無しさん:02/11/01 07:50 ID:oO7i4xKp
文化功労者発表は10/30の話。 なんでこんな話題の時だけ反応が早いんだろう?
統一補選で与党が勝ったことにはついに触れなかったくせに。

最後の段落さえなければそれなりに読めたのに…この一文全くの意味不明。
> だが、キーン氏のように文化も含めた底力から見れば、また違った視界が開けは
> しないか。
来年の入試でこんな問題が出たらもうお手上げだな。
(問)ここで筆者の言う「文化も含めた底力」というのが具体的に何をさすのか、
また経済問題にそれがどのように関係してくるのか200字以内で説明せよ。


375 :文責・名無しさん:02/11/01 08:03 ID:cvRNv5jk
>374 これは国語の問題ではなく政治経済の問題でしょうね。
小論文のテーマかな?おもいついたことを書き並べておけば正解でしょう。


376 : :02/11/01 08:14 ID:PfGfNbE0
>>374
白紙答案が正解ですw


377 :文責・名無しさん:02/11/01 08:17 ID:x0WDBGKI
サッカー韓国に負けたわけだが、反日コラムはまだですか?

378 :文責・名無しさん:02/11/01 09:16 ID:T03MEdSx
深代淳郎の天声人語  1975年1月13日


▼日本文学の権威、ドナルド・キーン教授が勲三等旭日中じゅ【糸受】賞をうけることに
なったと聞いて、重病だろうと考え込んだ知人がいた。五十二歳の年齢でこういう
勲章を贈られるのは、命旦夕(たんせき)に迫っているはずだと早合点したのである。

▼もしキーンさんと同じように、日本文学研究で業績をあげた人が日本人だったらどうだろう。
まず死ぬ以外には、七十歳前にこの勲章はもらえそうにない。だからキーンさんが重体
だろうと思ったのは早トチリだったにしても、一理はあった。実際は、日本の勲章は外人の
場合だけ、日本人ほど年寄りにならなくても贈られる。

▼「いつになったら私の仕事を、日本文学の”紹介”ではなく”研究”といってくれる
のでしょうね」というのが、この大家の長年の嘆きである。その大著『日本文学史』三巻の
執筆も、いよいよ近代にはいってきた。日本の国文学者でも、本格的な文学通史を書いた人は
ほとんどいないのではないか。

▼しかしキーンさんは、古事記から川端康成まで、原典を読んで筆をすすめるという仕事を
しながら、相変わらず日本文学の「研究者」ではなく、「紹介者」扱いである。
「アメリカ人なのに結構やるものだ」といった言い方で始末して、日本の専門家たちは
自分たちの権威を守ろうとする。こうした反応は、国文学だけの話ではなく、多分われわれが
島国の人間であることと関係がありそうだ。

▼外人とくに西洋人に、日本の歌舞伎や能がわかるはずはない、と頭から決めて
かかっている。芭蕉研究の本が英語で出版されると、「外人に俳句がわかるもの
でしょうかね」と、頭をかしげて否定的な表情をする。ところが自分たちは、フランス
文学が好きですといったりする。日本の古典よりシェークスピア劇の方がピンとくると
いう人もいる。相手は自分たちのことを理解できないのが当たり前で、自分たちが
外国のことを理解できるのは当たり前だと思って疑わない。



379 :文責・名無しさん:02/11/01 09:20 ID:IK1AFS1k
>>373
え? ここで終わりなの?
文章終わってないじゃん。
「小学生のマス埋め作文化」が最近激しいですね。

380 :文責・名無しさん:02/11/01 09:36 ID:gbLRIvFT
またしても結文で飛躍してんな
まじめに書けよ( ゚Д゚)ゴラァ
と言いたい・・・・・・

        無駄かw

381 :文責・名無しさん:02/11/01 09:43 ID:SsMhsyYY
>>378

>日本の古典よりシェークスピア劇の方がピンとくると
>いう人もいる。相手は自分たちのことを理解できないのが当たり前で、自分たちが
>外国のことを理解できるのは当たり前だと思って疑わない。

小池に対する皮肉だな・・・。



382 :文責・名無しさん:02/11/01 10:01 ID:nSaljCAf
「舞台を観て涙が止まらなくなる経験を久しぶりにした。
三輪明宏さんのリサイタルである」
――『とくダネ!』キャスター佐々木恭子のコラム(in産経新聞)より

こんなところにもコイケ節が・・

383 :  :02/11/01 10:16 ID:tIjxGH9v
書き出しから、なにか引っかかるものを感じた。
小池民男が記すところの天声人語である。

384 :文青・名無しさん:02/11/01 10:41 ID:MtwNpXLi
>>378
> 外人とくに西洋人に、日本の歌舞伎や能がわかるはずはない、と頭から決めて
> かかっている。
米で歌舞伎の公演をやるとヘビメタと同じ感覚で見る観客がいたり(鏡獅子が髪を振り回す
シーンで「ブラボー」の大歓声が起こったりする)、ドイツで一時期盆栽が流行したときには
クリスマス用の飾り付けがしてあったりしたから、西洋人が必ずしも「日本人と同じ感覚で
日本文化を受け取っている」とは限らないらしい。
もっともその感覚のズレこそが、異文化交流の面白さの一つであることは確かだろうけど。

深代天人は、こちらとしてもツッコミ甲斐があるな。 小池天人は内容以前に日本語として
おかしいところや、常識からかけ離れた思考にしかツッコミ入れるところないもんなあ。

385 :文責・名無しさん:02/11/01 10:45 ID:RiXz/g57
しかし、コイケの後がまが河谷史夫だったりしたらもっと嫌だな。
本出てるけど、河谷の文章もひどいんだなこれが…。


386 :朝日の社長さんへ:02/11/01 10:54 ID:wi1N7nL4
論説主幹も変えるようだし、ついでに小池と自分の首もかえろ!

387 :g:02/11/01 11:03 ID:evWNjmVY
朝日新聞社員の犯罪史
http://academy.2ch.net/korea/ ハングル板 (韓国)
http://homepage.broba.ws/asahicom/asahistory.htm
●渡辺秀実(21) →朝日新聞販売店員、新聞勧誘のため訪れ、会社員の顔を殴り重傷を負わせた
●松岡善隆(52) →朝日新聞販売店長、軽トラックで身体障害者をはねて殺害し逃げる
●鍋谷督成(39)→朝日新聞整理部記者、大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕
●西川至人(32) →朝日新聞専売店配達員、女性会社員(32)を強姦の疑いで緊急逮捕
●渡辺和彦(29) →朝日新聞松本支局員、住居侵入の現行犯で逮捕
●中村富生(68) →朝日新聞販売店経営、法人税法違反(脱税)罪で浦和地裁に在宅起訴
●内藤好之(57) →朝日新聞学芸部記者、器物損壊の現行犯で逮捕
●古屋聡一(30) →朝日新聞経済部記者、傷害の現行犯で逮捕
●川井真澄(24) →朝日新聞販売店従業員、会社員、谷森○さん(23)の首を絞めて殺害
●奥村恒彦(60) →朝日新聞嘱託、覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で大阪府警が逮捕
●脇元勝則(41) →朝日新聞専売所店長、競馬のノミ行為をしていたとして、競馬法違反容疑で逮捕
●戸田不二(55) →朝日新聞旭川支局記者、道交法違反(酒酔い運転)の現行犯で逮捕
●山川幸生(30) →朝日新聞社会部記者、女子中学生にいかがわしい行為をし、強要の疑いで逮捕
●小川実(44) →朝日新聞販売店配達員、同僚の右わき腹を包丁で刺し殺人未遂の疑いで逮捕
●渡辺哲(24) →朝日新聞販売店店員、新聞購読の強要容疑で逮捕
●藤芳浩(39) →朝日新聞広告第五部次長、女性の前で下腹部を露出。公然わいせつで現行犯逮捕
●永島学(31) →朝日新聞外報部記者、都迷惑防止条例違反(粗暴行為の禁止)で現行犯逮捕
●西村章(60) →元朝日新聞社部長、 都迷惑防止条例違反(粗暴行為の禁止)で現行犯逮捕
●辻武彦(29) →元朝日新聞勧誘員、会社員から現金41万円を奪い、強盗の疑いで逮捕。
●東郷茂彦(56) →元朝日記者、女子高生の左足太股をなでまわす。過去痴漢での逮捕歴が9件
.

388 :  :02/11/01 11:29 ID:aHknR7dF
>>386
>論説主幹も変えるようだし・・・
そうなんですか。いまのサガラキ(変換しないからこのまま)敏郎はガチガチの
アカピーらしいから、朝日得意の宗旨替えの前触れかしら?

389 :文責・名無しさん:02/11/01 11:33 ID:IEgwDeir
何で天人に限らず朝日は、日本人に後向き(中朝韓には前向き)な記事で紙面を埋めるんだろう。
低血圧の人の昇圧剤なのか?
漏れは高血圧気味なので、いずれは脳の血管切れて芯でしまうぞ。
今のうちに遺言で朝日に謝罪(以下略

390 :文責・名無しさん:02/11/01 11:41 ID:ugMmGGeh
>>372
通勤電車で睡眠できるかどうかはかなり重要だと個人的にオレは思う

391 :文責・名無しさん:02/11/01 11:49 ID:ugMmGGeh
>>384
> > 外人とくに西洋人に、日本の歌舞伎や能がわかるはずはない、と頭から決めて
> > かかっている。
> 米で歌舞伎の公演をやるとヘビメタと同じ感覚で見る観客がいたり(鏡獅子が髪を振り回す
> シーンで「ブラボー」の大歓声が起こったりする)、ドイツで一時期盆栽が流行したときには
> クリスマス用の飾り付けがしてあったりしたから、西洋人が必ずしも「日本人と同じ感覚で
> 日本文化を受け取っている」とは限らないらしい。
> もっともその感覚のズレこそが、異文化交流の面白さの一つであることは確かだろうけど。

別に西洋人全員が日本の文化を理解できると言ってるわけではないので、あまり意味のないツッコミだと思うぞ

392 :文責・名無しさん:02/11/01 12:28 ID:JpqDlT4w
文化勲章ネタですが、日経でも取り扱われてます。


 今年の文化勲章受章者と文化功労者が決まった。ノーベル賞を受賞する
田中耕一さんはダブル受章となったが、「こんな私がいただいていいのかなと
思っています」と戸惑っている。その初々しさがこの勲章にさわやかな風を吹き込む。

▼「文化の日」に授けられる「最高の栄誉」を巡っては逸話が多い。変人ゆえ断ると
みられた作家の永井荷風氏の受章にはどんな心境の変化があったのか。清貧の
数学者、岡潔氏はふだんのゴム靴を革靴に替え、3等列車を乗り継いで授章式に
のぞんだ。ノーベル文学賞の作家、大江健三郎氏はダブル受章を断った。

▼「ノーベル賞が先か、文化勲章が先か」。田中さんも言うとおり「文化勲章は
国内からの祝福の象徴」だから、世界に評価を先取りされるケースは今後も
予想される。評価の基準が違うのだから当然ありうることだが、若い才能の
すぐれた研究や創造活動を視野に入れて年功本位の選考基準は改める必要があろう。

▼ノーベル賞をパロディー化した米国の「イグノーベル賞」に日本の玩具メーカーが
開発した「犬語の翻訳機」が選ばれ、人気商品になっている。犬につけた小型マイクが
伝える鳴き声を分析して「おなかがすいた」などと犬の気持ちを液晶画面で表示する
という。遊び心あふれるこんなアイデアも未来につながる。


それにしても今日もほんのりマジカルバナナ気味ですな。
文化勲章からデフレに話をもっていくなんて…
まだ、日経のほうが夢が持てて好感が持てるよ…

393 :文青・名無しさん:02/11/01 13:02 ID:2i8vI6G5
>>391
無論深代氏の言ってることを否定するつもりは毛頭なく、それとは別に
こういうケースもあるという個人的な意見を述べたにすぎんよ。
本来、批評とはそういうもんだと俺は思っているんで。

ていうかね、俺のしょうもないひとり言なんか
面白くないと思ったのならいちいち噛み付かずにスルーしる(w

394 :文責・名無しさん:02/11/01 13:14 ID:JpqDlT4w
>>393
ま、こういうふうにひとつのコラムを読んで各人の意見が
出て来るのがよいんだと思われ。

深代氏のコラムは意見がときどき電波だけど、文章はまともだから、
きちんと読み手に伝わって議論が起こせるけど、タミーは文章自体が電波だもんなぁ…
名前の呼び方でも深代氏とタミーで差ができちゃってるし…

ガンガレ,タミー!と思ってしまう(w

395 :文責・名無しさん:02/11/01 14:10 ID:PI8k9Hux
マジカル中年・プリティー・タミーが見られるのは このスレですか?
(必殺技はプリティー・ペットボトル・ボンバー)

アニヲタでスマソ


396 :文責・名無しさん :02/11/01 14:16 ID:+DIC0A2e
>>395
ハン板の魔法の在日少女(眼鏡っ娘)ヒカルと競演キボン(w

397 :文責・名無しさん:02/11/01 14:17 ID:7Rk/tR78
ヽ( 堰ヘ)ノ< 石原を批判する他紙記者は飛ばせ!
ヽ( 堰ヘ)ノ< 東急Gの総帥だって仲間だんだぞ!
ヽ( 堰ヘ)ノ< おいらは石原の親代わり(by ミズノ元社主  ←産経タソ ヨロピクネ
ヽ( 堰ヘ)ノ< 産経には縮刷版がないぞ!過去の報道を検証できないだろ!
        ざま見ろ朝日 ガハハ ←産経タソ ヨロピクネ


398 :  :02/11/01 16:32 ID:oVvW9nIL
>>373
>◇経済大国であるだけでは真の大国とはいえない。大国にふさわしい文化をもっている
かどうかが問われる。

バカを書くにも限度があるのでは?
文化が劣っていてなんで経済大国になれるのか?
経済と対比させるなら軍事だろうよ。

399 :文責・名無しさん:02/11/01 19:09 ID:a56+6jt7
朝日って実は大国主義者だったのか。そうだったのか。
あるいは優れた古代文化を残す中国を暗に賞賛しているのか。
以下ネタ。

◇のちに日本で中韓賛美を繰り返すようになったときも「どうして猿真似の国の賞賛を
やっているのか」とよく尋ねられたという。そうした中韓への偏見に朝日新聞社は反論
してきた。反論するときには中・韓大国論をぶったという。


400 :文責・名無しさん:02/11/01 19:47 ID:KdYeuuAV
今日も駄文だな。キーンが、あの連続射殺犯と同じ元米軍人だったという事実を
が抜けてるのは何故?

401 :文青・名無しさん:02/11/02 06:20 ID:jAZNZ9CL
■《天声人語》 11月02日

◇サバのみそ煮、ジャガイモのそぼろ煮、ワラビのお浸し、白菜のかき玉汁、玄米ご飯。
東京都調布市にあるレストラン「クッキングハウス」の日替わりランチは無農薬素材と
家庭の味で、常連も多い。

◇作っているのは心を病んで通院している人たちである。開店準備だけ手伝う人、調理も
接客もと意欲的な人。千円でおいしい昼食を出すレストランは、80人の精神障害者が人と
交わり、それぞれのペースで好きなだけ働く社会復帰のレッスンの場でもある。

◇20年ほど前、ソーシャルワーカーとして精神科病棟で働くことになった松浦幸子さん(54)は、
初めて見た患者たちの姿に衝撃をうけた。トレーニングウエアで無表情にうずくまっている。
家族の面会も絶え、人生の大半を入院したままの人もいた。

◇一人ひとりに寄り添ってみると、繊細で不器用な人たちだった。人間だれしも病むことがある。
ありのままを受け入れ、支え合う場があれば、病院を出て生きていける。友人と貯金を
出し合ってワンルームマンションの1室を借りた。

◇退院した患者や通院中の患者が一緒に食事を作って食べて本音で語り合う。心病む
人たちの居場所はいつのまにか地域に開かれ、レストラン兼地域の活動の拠点となった。
12月には15周年を盛大に祝う。

◇全国で32万人もの精神障害者が入院生活をおくっている。北海道浦河町の「べてるの家」は、
患者たちの日高昆布の産直事業や「幻覚妄想大会」で、すっかり有名になった。

◇少しの助けと発想の転換があれば、地域で暮らしていける人が少なくない。

402 :文青・名無しさん:02/11/02 06:20 ID:jAZNZ9CL
いろいろと言いたいことはあるが、今日はもう今からお出かけで時間がない。
ただこれだけは言わせてくれ。
「幻覚妄想大会」はちゃんと説明してほしい。 なんか物凄いものを想像しちゃったじゃないか。
あと、最後の一文はなんか日本語おかしい。 ×「地域で」→○「地域住民と」

403 :文責・名無しさん:02/11/02 07:16 ID:qeMAD8U/
いまどきランチ千円は高すぎ

404 :文責・名無しさん:02/11/02 07:41 ID:P8MfZwNv
どうやらものすごいものらしい。

http://www.google.co.jp/search?q=%E5%B9%BB%E8%A6%9A%E5%A6%84%E6%83%B3%E5%A4%A7%E4%BC%9A&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

405 : :02/11/02 08:19 ID:F5ZiFM7a
こりゃものすごいな!

406 :文責・名無しさん:02/11/02 08:35 ID:RjR+8oYe
お前等、記事をよく読め。こんなことも分からないのか。
これだから2ちゃんねるは…
べてるの家(上)
http://www.sapmed.ac.jp/sapmed/npsy/contents/introduction/relation/beteru/beteru_1.htm
(前略)
 それに対して、この大会を思いついた向谷地さんは「薬を飲んでいても、
幻覚や妄想が人格の9割ぐらいを占めていると思える人がいます。
周りがその症状を否定し、人格の1割を相手にしていて、信頼関係が生まれるでしょうか。

症状も個性の一部として付き合っていくことで、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人間同士の関係が生まれると思うのです」と説明する。
(以下略)

どうしてこれを額面どおりに受け止められない!
おまえらのような人間がいるからろくなことが無いのだ。
おまえらのお仲間は今日運動会をするそうじゃないか?
せいぜい運動会のニュースでも批評してくれ じゃ!

407 :文責・名無しさん:02/11/02 08:37 ID:RjR+8oYe
>>402
>今日はもう今からお出かけで時間がない。
だったらここに書き込むな。

>なんか物凄いものを想像しちゃったじゃないか。
そういう発想が人間の多様性を否定し、差別に結び付けている。

408 :  :02/11/02 08:56 ID:LeLCe+yW
>>406-407
工作員必死だ罠。
>だったらここに書き込むな。
>そういう発想が人間の多様性を否定し、差別に結び付けている。
言論弾圧と決め付け、アサヒのテンプレどおりだな。






409 :文責・名無しさん:02/11/02 09:00 ID:RjR+8oYe
>>401
この記事で言いたいことはたった一つ
◇少しの助けと発想の転換があれば、地域で暮らしていける人が少なくない。
ということだけ。どんな病気の人も上記に記したことが実践されれば生活ができるということ。
それをやれすごいものだとかへんだとか
そういう新聞の読み方が今近くにいるかもしれない病気の人を思いやる気持ちを失わせる。
お前達の差別的書き込みが想像力の欠如をもたらす。

これだから2ちゃんねるは…

410 :文責・名無しさん:02/11/02 09:01 ID:Jb/YMP3n
>おまえらのような人間がいるからろくなことが無いのだ。
自分の差別発言に気付いていない罠。

411 :文責・名無しさん:02/11/02 09:03 ID:RjR+8oYe
>>408
工作員?
そういった言葉が想像力の欠如を生み出す。
>アサヒのテンプレどおりだな。
そんなものがどこにあるのか教えて欲しいものだな。


412 :  :02/11/02 09:07 ID:LeLCe+yW
病人に対する思いやり、ご老公様のご印籠だな。
これ以上、卑劣なアラシの相手は止めましょう。

413 :文責・名無しさん:02/11/02 09:09 ID:mPBQZ1j/
家族が頼み込むので病院へ通ってやっている。薬は、あんなものは効かないが
一応飲んだフリする。薬が効かないのは病気じゃないからだ。問題はそんな
事じゃ無い。人間は皆、トカゲと入れ替わっれいるのだ。マトモなのは
一部の人間だけ、そう、天声人語を書いてる人と、朝日を読めてルひとだ。。
食事を出すのは、やっぱり、トカゲが減るように、トカゲは薬が効くからな、
病院で貰ったたくすりをやることもある。
ここに書き込んでるクソウヨはトカゲだ。詩ね。
人間はまだ生き残っている。天声人語を呼んでる皆さん、頑張りましょう。
トカゲ人間の監視に負けないぞ。

414 :文責・名無しさん:02/11/02 09:16 ID:wZZ12hpP
>>413
日本語がよくわからない。なにいってんの?

415 :文責・名無しさん:02/11/02 09:18 ID:RjR+8oYe
>>413
いま「これだから2ちゃんねるは」と書き込んだ私もトカゲか?
そういう極端な発言は止せ

朝日新聞を読んでいる人が忌み嫌われるのはそういうお前みたいな発言をする奴がいるからだ。

416 :文責・名無しさん:02/11/02 09:22 ID:wZZ12hpP
RjR+8oYeさんは天声人語を毎日読んで変だなと思ったことはありますか?



417 :文責・名無しさん:02/11/02 09:22 ID:hqW472RI
短いコラムで良く判らないが精神障害者の作った料理なんて食たくないな。
これは普通の人間の感覚だろう。だからどうやって衛生管理をしてるか知りたい。
こんな事書けば本題から離れていってしまうからね。


418 :b.t:02/11/02 09:22 ID:577xParZ
数日の間 22時まで電話045-960-1741で姓名判断無料キャンペーン 知人もどうぞ!
     

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=0120574494

問い合わせ専用〓フリーダイヤル0120-57-4494  

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=todonews2

数記号の説明    
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=vhp

朝日横浜支局
33)゜粕谷卓志   8`     4’     7`:  49才× 50才10年ぶりの自己主張転機混乱 52才×別れ挫折  54才× 56才×別れ挫折  57才○

姓名判断文化を否定する朝日横須賀支局  
25)山本大輔 8▽ ̄ 4 ̄ 4 ̄ 

国家財政再建するには

公務員給与40兆円を半減       
特殊法人廃止
インフラ整備必要なものも凍結    
議員定数半減
その他ご意見戴ければ当HPに反映させます。



419 :文責・名無しさん:02/11/02 09:33 ID:RjR+8oYe
>>416
そんなこと一度も考えたことも無い。
ただこの板やあるホームページでやれ朝日新聞が基地外だの変だの
そういうことが書かれているに対して嫌気が差している。


420 :文責・名無しさん:02/11/02 09:48 ID:+/aLKEPg
障害者の社会参加みたいにあんまり賛否が分かれないものをネタにして
無理やり論争を起こす前ふりだったりして。

「障害者の作ったものは食べたくない」インターネットの
掲示板での書き込みである。過日私が紹介した文章へのそんな批判である。
同僚がネットサーフィン中にそんな書き込みを見つけたらしい。
そんな差別主義が蔓延し、時に噴出しているのがネット社会である。
アメリカのイラク攻撃につながりかねない全体主義のそんな風潮を感じた。
差別といえば 在日朝鮮人へのそれである。横田めぐみさんの娘への取材を
「国益に反する」と断言する一部マスコミがある。言論の自由を守らねば
ならないマスコミが自分の首を絞める。この傾向はいつか来た道を思い
起こさせる。
 寒波が襲来し、東京でも冷たい風が吹くようになった。
キムチ鍋をつつきながら ふとそんなことに思いをはせた。

数日後にこんな文章が載ったりして。

421 :文責・名無しさん:02/11/02 09:50 ID:/k5Epom5
>>407
>>なんか物凄いものを想像しちゃったじゃないか。
>そういう発想が人間の多様性を否定し、差別に結び付けている。

それは違うな。
「幻覚」や「妄想」という言葉にマイナスのイメージを持つのは普通。
それによって他人に危害を与える可能性があるのだから。

「べてるの家」は、精神病患者の幻覚・妄想が必ずしも危害を加えるもので
は無い事を知らせると同時に、マイナスイメージを逆手にとってユーモアに
している。
天声人語は、その点の説明が全くない。
単に最後の「発想の転換」という言葉を入れたいがために「幻覚妄想大会」
という言葉を持ち出したとしか思えない。この2つは完全に蛇足。
余計な言葉を入れると駄文になるという手本みたいなもの。

422 :文責・名無しさん:02/11/02 09:51 ID:wZZ12hpP
>そんなこと一度も考えたことも無い。
とりあえず、こういう独善性はやめたほうがいいと思う。
常軌を逸した朝日批判は多いけど、中には真っ当なものもあるので。
まず、各紙のコラムを読み比べれば?

423 :文責・名無しさん:02/11/02 10:00 ID:RjR+8oYe
>>422 and ALL
ご指摘ありがとう。2ちゃんねるのみなさんごめんなさい。
とりあえずコラムを読み比べることはやってみたいと思う。
ネットで掲載されているだろうか?
あと朝日新聞に有害性があるということを早く世間一般人に証明できるといいですね。
それではさようなら。


424 :文責・名無しさん:02/11/02 10:00 ID:A3uVh8gl
>>419
>ただこの板やあるホームページでやれ朝日新聞が基地外だの変だの
>そういうことが書かれているに対して嫌気が差している。
アホだな

425 :文責・名無しさん:02/11/02 10:07 ID:wDDTke3j
小生の頭の中に蜥蜴人間が住みついて、四六時中監視している
せいで、天人がよく理解できないので教えてください。

<その1>
第3、4段落「松浦さん」が借りた「ワンルームマンションの一室」が、
すなわち第1、2段落の「クッキングハウス」のことなのでしょうか。
いや恐らくそうんだろうけど、一言の説明もなく唐突なので。

<その2>
第6段落
> ◇全国で32万人もの精神障害者が入院生活をおくっている。
> 北海道浦河町の「べてるの家」は、 患者たちの日高昆布の産直
> 事業や「幻覚妄想大会」で、すっかり有名になった。

ここだけ取り出すと「べてるの家」は入院施設のように読めます。
しかし前段落までの流れからすると、「べてるの家」は「クッキング
ハウス」と同列で、精神病患者の退院促進施設の一例としてあげら
れていないと文章として成り立ちません。

いま窓の外から緑色のまだらがある牛の姿をしたコイケ氏が、
恐ろしい表情で小生をにらみつけているのでこの辺にしておきます。

426 :文責・名無しさん:02/11/02 10:30 ID:+/aLKEPg
あ、朝日新聞購読してみませんか?
 ̄ ̄ ̄ V ̄ ̄ ̄ ̄
  ______
 | ∧_∧. || | |
 |(;-@∀@),||o.| |
 |/  つ || | │


427 :文責・名無しさん:02/11/02 10:35 ID:QEdwmO/u
レストラン経営が精神障害者の社会復帰の場所として適当
とは思えない。食い物の安全をどうやって確保してるのかね?

いつもの事だが、一部の特殊な例をあげて全体を論じるでたらめさ
が極めて不愉快。

428 :文責・名無しさん:02/11/02 10:45 ID:mcXxhl8u
>人間だれしも病むことがある。

小池は精神を病むことがあるのかもしれないが、普通の人が
病むのは拉致されたりした時だけでは?

429 :文責・名無しさん:02/11/02 11:48 ID:tvEOL6f9
>>423

一応こういうのもあるけど…って、見てるかな。

新聞コラム社説リンク集
http://www.ne.jp/asahi/sec/eto/NewsPaperLink.html

新スレ立てる人に、上記リンクも添付していただけるとありがたいのだが。
比較したい人は参考になると思います。


430 :文責・名無しさん:02/11/02 12:45 ID:Gq1uAs/5
>>425
><その1>第3、4段落「松浦さん」が借りた「ワンルームマンションの一室」が、
すなわち第1、2段落の「クッキングハウス」のことなのでしょうか。いや恐らくそうんだろうけど、一言の説明もなく唐突なので。・・・
 そうとしか解釈のしようがないのですが、「ワンルームマンションの一室」で自分の食事を作るなら兎に角「千円でおいしい昼食を出すレストラン」
のような営業行為が可能なのでしょうか。仰る通り相変わらずの説明不足のタミーですね。
>>427
胴衣です。
>>401
>「幻覚妄想大会」
小池タミーには必要ありませんね。日常是「幻覚妄想大会」ですものね。


431 :文責・名無しさん:02/11/02 13:08 ID:2H+QZiE0
http://plaza21.mbn.or.jp/~mikoe/01_topnews/hidokei.html
 メキシコのロスカボスのホテルでもたれた日中首脳会談。
経済発展を最重要課題に掲げ、米国に対して北朝鮮の核兵器開発問題
では協調姿勢
を見せた中国。対日関係も重要視しているはずなのだが、江沢民主席か
ら出てきたのは小泉首相の靖国参拝に対する強い批判だった。
▼20分の会談予定が45分にも延びたのは3回にもわたって江沢民主
席が靖国参拝問題を取り上げ、くり返し今後は参拝しないように求めた
からである。
▼「この問題は13億中国人民の感情に触れる問題だ」と言う江主席に
小泉首相は「靖国参拝は、特定の人をお参りするというのではなく、心
ならずも、やむなく戦場に行かれた人への哀悼の念を表明し、二度と戦
争をしてはならないという決意から判断した」と説明。しかし江主席は
引き下がらない。「中国としては戦争犠牲の一般の日本国民と侵略戦争
を発動した一部の軍国主義者というのは区別している。だから靖国神社
には参拝しないがよい」と小泉首相に迫ったのである。
▼そう言われても小泉首相は、きっと来年も参拝するつもりなのだろう。
▼不良債権処理もこれから半年が山場である。靖国に参拝して戦死者た
ちにお祈りして助けてもらうのだろうか。でも小泉さん、彼らは戦争に
負けたんですよ。

432 :文責・名無しさん:02/11/02 17:13 ID:4q0yKSjl
朝日は、ココで言われてるほどおかしくはない。
しかし、おかしい事にはかわりがない。



433 :文責・名無しさん:02/11/02 17:33 ID:XozmAHXJ
>>401
>友人と貯金を 出し合ってワンルームマンションの1室を借りた。
主語がない(まあ、主語は松浦さんなのだろうけど)。
で、ワンルームマンションを借りてそれからどうなったのかも書いていない。

434 :402:02/11/02 18:06 ID:YpHdgCEy
あはははは、今帰って見たらごっつい変な天人読者が遊びに来てたみたいやね。
いまどきこれだけ典型的な悪良識かましてくれる天然君は絶滅危惧種クラス。
めっちゃ爆笑させてもろたよ。 今日暇だったら、一日中相手をしてやってもよかったかも。

> どうしてこれを額面どおりに受け止められない!
「幻覚妄想大会」を額面どおりに受け止めたら物凄いことになるから、天人に
ちゃんと誤解を受けないよう説明しろっていってるわけで、俺の言いたいことはまさしく
>>421氏が説明してくれたことそのまんま。 >>421氏に感謝。

ていうか、この手の言い回しは人並みの知性があれば真意は読めて当たり前と思っているし、
たぶんここでは理解できなかったのはID:RjR+8oYeだけでしょう。
どうも彼(彼女?)は天然厨らしいし、もうここに来るつもりはないみたいだけど、自分の感性が
世間から見りゃ特殊なのだということに、手遅れになる前に気づいてくれればいいけどね。

おおっと、「人並みの知性」なんて言葉を使うとまたムキになって上げ足とりにくるな。
「普通の日本語能力」とでもいったほうがいいのかな?

435 :文責・名無しさん:02/11/02 18:54 ID:etACRavr
タミー的には
「幻覚妄想大会」は既に我々地球市民にも有名なイベントということになってるのかもしれない?

436 :文責・名無しさん:02/11/02 20:57 ID:BTOnavPQ
ペットボトルを見ると核兵器が頭に浮かぶのですが、コレは妄想でしょうか。

437 :406:02/11/02 21:21 ID:kXgwd3uY
あらためまして。先ほどは取り乱して申し訳ありません。
しかし、マスコミ板というとほとんどが朝日か産経を馬鹿にした批評が多く、朝日新聞を読んでいる私にとって腹が立っていました。
そこで上記のような暴挙に出てしまいました。
その結果かえって朝日新聞の有害性を知らしめることになりましたが、なぜそこまでして朝日新聞を馬鹿にしたいのでしょうか?
2ちゃんねるの住人は神様だというのでしょうか?他の人で朝日新聞を読んでいる人を嫌にして他の新聞の売上を増加させて
何をしようというのでしょうか?ここの住人の真意をお聞かせ願いたいと思います。

438 :文責・名無しさん:02/11/02 21:31 ID:A3uVh8gl
>>437
>なぜそこまでして朝日新聞を馬鹿にしたいのでしょうか?
朝日がそれでけ馬鹿にされるような事をしているから

何で朝日批判スレが多いからって
>2ちゃんねるの住人は神様だというのでしょうか?他の人で朝日新聞を読んでいる人を嫌にして他の新聞の売上を増加させて
>何をしようというのでしょうか?ここの住人の真意をお聞かせ願いたいと思います
こんな思考に飛ぶんだ?
意味不明

439 :文責・名無しさん:02/11/02 21:34 ID:A3uVh8gl
>>437
って言うか、読んでる新聞馬鹿にされた位で嫌な気分になんてなるなよ
たかがニュースソースだろう?
新聞の質が低い事とあんたには、何の関係も無いだろ

440 :文責・名無しさん:02/11/02 21:38 ID:4q0yKSjl
>>437さん
とりあえず、天声人語のおかしなところを指摘します。

@筆者の意見・感想のないコラムである。
A起承転結の起と承で終わってしまうことがよくある。
B散文詩のようなコラムの時もある。
C企業の広報を行う事もある。

その他追加は、ほかの人頼むね

441 :文責・名無しさん:02/11/02 21:39 ID:wSGo/F5z
>>437
>マスコミ板というとほとんどが朝日か産経を馬鹿にした批評が多く
朝日の批評はその記事内容の偏り、社員の行動の基地外に対して行なわれているもの
産経の批判は、ありゃ単なる気違いが一人突っ走っているだけのもの
それ位の内容の差は該当スレ2〜3個読めば分かりますよ。

>朝日新聞を読んでいる私にとって腹が立っていました。
>そこで上記のような暴挙に出てしまいました。
他の人も書いてるけど、朝日の記事ばかり読んでるとあなたみたいに視野狭窄になるのも仕方がないですね。

>その結果かえって朝日新聞の有害性を知らしめることになりましたが
ありがとうございます(ワラ

>なぜそこまでして朝日新聞を馬鹿にしたいのでしょうか?
この”そこまでして”って何にかかるんでしょうか?
誰も朝日新聞を馬鹿にしたいなんて思ってないですよ。
上にも書きましたが、みんな記事(このスレでは天声人語)の内容が変だから批評をしてるだけですよ?

>2ちゃんねるの住人は神様だというのでしょうか?
マスコミ板には少ないですけど、半角には結構多いですよ(ワラ>神

>他の人で朝日新聞を読んでいる人を嫌にして他の新聞の売上を増加させて
>何をしようというのでしょうか?
産経スレアゲ荒らし気違いみたいな妄想は止めた方がいいですよ。
何で新聞記事の気違いっぷりを話しているスレがあると他の新聞の売り上げを増加させようと思うのか、
私にはそっちの方が逆に聞いてみたいですけど。


442 :文責・名無しさん:02/11/02 21:55 ID:xT5tv1im
>>441
彼乃至彼女は、複数紙とるカネがないからゼロサムなんだよ。
そして自らのもつ独善性に従って、自分がそうなのだから他人も、と考える。

443 :文責・名無しさん:02/11/02 22:00 ID:DYpNhrjW
>>441
 ここはネットの掲示板ですね。そして、何かの意見に対して、何かを
書き込む場所でもあります。
 このスレッドの場合、天声人語を読んで、それを「楽しむ」場所です。

 おかしいと思ったら、おかしいと書いて良い場所です。言論がどうの
なんていう高尚なものじゃありません。天声人語があまりにも、おもし
ろいので、「おもしろい」と書いているのです。

 老婆心ながら申し上げます。
 天声人語をさまざまな視点を持って読んでみてください。文章の不合
理さ、いや、もっと端的にいえば「文章へたすぎ」という結論が見えて
くると思います。




444 :文責・名無しさん:02/11/02 22:08 ID:wZZ12hpP
>>406=437さんは2ちゃんねる初心者ですか?
書き込む前にSG(セキュリティー・ガード)に登録しないと危険ですよ。
SGに登録せずに書き込んだ場合、
あなたのパソコン内の情報が他人に見られる恐れがあります。
初期の頃から2ちゃんねるにいる方達は
かなりのスキルとこのBBSのコマンドを知っています
ですから簡単にあなたのIPアドレス等抜かれ、住所まで公開された人も数多 くおり
社会的に抹殺されてしまう。それが2ちゃんねるの隠れた素顔でもあります
SGしておけばまず抜かれるコマンド自体が無効になってしまうので
どんなにスキルがある人でもIPアドレスを抜くことが不可能になります

SGに登録する方法は、名前欄に「 fusianasan 」と入れる。

これでSGの登録は完了します。
一度登録すれば、電話番号を変えない限り継続されます。
fusianasanは、正式にはフュージャネイザン、
又はフュジャネイザンと読みます。
元々はアメリカの学生達の間で、チャットの時に
セキュリティを強化する為に開発されたシステムです。
fusianasanを掲示板に組み込むのは結構面倒なのですが、
2ちゃんにカキコしてたらウィルスに感染したとか、
個人情報が漏れた等の抗議がうざったくなったひろゆきが、
仕方なく導入しました。
悪意のある人間にクラックされる前にSGを施す事をお勧めします。

445 :文責・名無しさん:02/11/02 22:17 ID:wSGo/F5z
>>443
何故私に言いますか?(ワラ

446 :406:02/11/02 22:20 ID:kXgwd3uY
>>444
いいえ、それには及びません。
この板には来た事が無かったのですが、別の板には行った事があるので。

447 :文責・名無しさん:02/11/02 22:29 ID:4q0yKSjl
>>444

それは、いくらなんでもどーかと思うぞ。

448 :文責・名無しさん:02/11/02 23:05 ID:DYpNhrjW
>>445
 ごめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇん。

 てことで、
>>446=406さん、よかったら>>443読んでぇ(^^;

 はずかちぃ。

449 :文責・名無しさん:02/11/03 00:20 ID:QeeftUR4
>>406

>朝日新聞を読んでいる私にとって腹が立っていました。

こんな事書くと、朝日信者っていわれますよ(w
朝日とってるけど朝日嫌いって人もこのスレには結構いるようですし。
よろしければ、どうして朝日新聞が好きなのか教えてくれませんか?

後、朝日をバカにしていると怒っているようですが、順序が逆じゃないでしょうか?
バカにされるようなことを朝日がしているから笑われるんです。
例えば 378 の深代氏の天声人語には、擁護するようなレスもついてますよね。
朝日(天声)はバカにされるほどひどくない!
と言うのであれば頑張って擁護して下さい。
なんせほとんど毎日袋叩き状態ですから(w

450 :深代天人:02/11/03 00:36 ID:Tsn35Rnp
毎日、コラムを書いていると、きょうは思うような材料が見
当たらないという日もある。書くことがなくて、書かねばなら
ぬときは動物園に電話を入れる、というのが昔から新聞記者の
習性の一つにあった。
「サル山のボス争いはどうです」。先方はそんな話を準備して
くれたものだ。そこできょうは、上野動物園に電話したら「話
題はありませんねぇ」。つれない返事を聞きながら、むかし、
夏のことだが、例によって上野に電話をしたことを思
い出した。林寿郎さんが飼育課長のころだった。
「そうね、何もありませんね。動物の競泳大会でもやりますか
」。さっそくサル、ブタ、ニワトリ、ヒツジ、チンパンジーな
どをプールのコース順に並べて、いっせいに水にほうり込んだ
。競泳成績はおぼえていないが、サルがあれほど泳ぎ達者だと
初めて知った。ブタが短い脚を使って、大きな
図体をうまく泳がせるのにも感心した。
その写真が新聞に大きく出たが、「問題意識が低い」といっ
た読者の投書は来なかった。他のニュース報道なら「もっと鋭
くえぐれ」といった激励やらシッタをもらうのだが、サルとブ
タの競泳について「背景を深く掘り下げる」必要はなかったか
らであろう。もっとも昨今は「この紙不足のご時世に何事ぞ」
と、おこる人がいるかも知れない。
書くことがなくて、動物園にも異変がなくて、トイレットペ
ーパーも出回ってきて、雪月花にも感慨がわかないときは、政
治の悪口を書くといってはふがいない話だが、そういう時もあ
る。本人は、ほかにないから書いているのであって、そう朝か
ら晩まで悲憤慷慨しているわけでもないのに、コラムだけは次
第な憂国のボルテージが上がって、自分とはいささかちぐはぐ
の「書生論」になる。
ジャーナリズムには、そういう気のひけるとこもがある。


451 :文責・名無しさん:02/11/03 01:35 ID:qpM5DWHj
>>450
コラムとしてはなんてことはないが流石深代氏。読みやすい
タミーの場合は医療ネタがそれなのかな。

452 :文責・名無しさん:02/11/03 01:49 ID:ZovsH4F3
>>450
ネタ切れの時の1手法である「内幕暴露型」であるが
>>451氏指摘のとおり、とにかく読みやすい。
国語つかいの力が優れているからだろう。見習いたいとも思う。
それにつけてもコイケ・民ーの悪文が際立つ。
思想面では今の朝日であれば、特に幹部であればいた仕方がないのであろうが、
軽快なリズムのある文を書けるひとが今の朝日にはいないのかな。


453 :文責・名無しさん:02/11/03 01:54 ID:gTt1Soxv
>>450
少なくとも読んで楽しめるな。


454 :文責・名無しさん:02/11/03 02:14 ID:IZVkDILm
1。現珍語君は文才がない。公共の媒体に書くレベルに達していない。

2。プロ市民的発想が鼻につく。

3。人生経験が乏しいらしく、情報のほとんどを2次資料に頼ってる。

4。創造力がないらしく、引用で字数を無理やり埋める事が多い。

5。専門的知識や経験が必要な問題にも、浅薄な知識と理解で
  偉そうなコメントをする。(読んでる方が恥ずかしくなるだよ)

結論:現珍語君は朝日新聞に相応しいコラムニストである。(w

455 :文責・名無しさん:02/11/03 04:45 ID:QM1qqYcN
>>450
小池程ではないが、これまた駄文。
「問題意識が低い」などでは無く、動物虐待ぢゃないか。


456 :文責・名無しさん:02/11/03 05:00 ID:PEoWAizh
>>401
差別主義者の紹介か?
気違いは気が違っているだけで、病や障害などではない(笑


457 :文責・名無しさん:02/11/03 05:51 ID:lAsP0DMQ
>>401
朝日得意のこの手の偽善記事にいつも思うのだが、
それならば朝日の本社や支局の社員食堂で使ってやれよ。


458 :YAHOOO情報:02/11/03 05:54 ID:XPwimH4o
http://alink3.uic.to/user/hokori.html

459 :文責・名無しさん:02/11/03 06:35 ID:4fSd7yCe
>>455
内容はかなりDQNだと思うけど、文章自体はタミーのようにはなってないからねぇ。
いわゆる「やっちゃった!朝日のDQN記事」状態なだけかと。

タミーのはまず「文章としていかがなものか」から始まるからなぁ…
深代氏のは文章的、日本語的な指摘はほとんど入らないから、
最近タミーの変な日本語を読んでるものにとって必要以上に読みやすいと
取られている部分はあると思う。

私ら読者もちとタミーレベルの文章に毒されてる部分はあるかと。
深代氏レベルの文章はコラムとしては並の上ぐらいだったはずなんだけど、
下の上ぐらいのタミーと比較してしまうからねぇ。

いろいろ読み比べないとだめですな。

460 :文責・名無しさん:02/11/03 07:31 ID:Cp51wj7t
>>459
禿堂

>>450は珊瑚事件に通じるモノがある。
今なら、「飼育係の発案か?朝日が依頼したのか?」と
「背景を深く掘り下げ」られたかも。

461 :402:02/11/03 07:55 ID:vFUMouHa
>>437
いやーん、何で俺のおらんときに限ってここに来るの?
俺もあんたと、朝日のどこがいいのか小一時間語り合ってみたいな♪

俺の想像では、多分こやつはリア工くらいで、国語の先生あたりから朝日の
天人は入試でもよく取り上げられるから毎日読んで勉強しなさいとか
いわれてて、それをそのまま鵜呑みにしちゃってたら、2chのマス板では
朝日が袋叩き状態になってるから、アイデンティティが揺らぎ始めている…
とか、そんなところかな?

あるいは親ががバリバリの現役左翼さんとか。
もしそうなら、俺もなんとなく気持ちが分かるんだよね。 うちの田舎は
共産党が熱心に活動してたところで、うちの親も赤旗とってたから子供の頃
よく読んでたけど、そんな環境だとなぜ共産党があれほど世間から忌み
嫌われてるのか本気で全然分からなかったから。
ちなみにうちの田舎では、今も支持率は自民と共産で半々です。

462 :文責・名無しさん:02/11/03 08:00 ID:dQFaOjbf
>書くことがなくて、書かねばなら
ぬときは動物園に電話を入れる、というのが昔から新聞記者の
習性の一つにあった。

コイケならこう書くだろうね。

そんな風に書くことがなくて、あれこれ書かねばならない時もある。
そんな時には動物園に電話を入れる。それが昔から新聞記者の
修正の一つだ。

要するに、コイケの場合は何書いても駄文になっちゃう上に、
つまらないことしか書けない(書かせてもらえない?)ってのが
二重にひどいんじゃないかと。


463 :文責・名無しさん:02/11/03 08:25 ID:lx58dXTj
■《天声人語》 11月03日

 「はよつくれ」「そんなもの要らん」。京都・鴨川の三条大橋と四条大橋の真ん中に
歩道橋を渡す計画が両岸の対立で宙に浮いている。骨董(こっとう)店が多い東岸の
祇園・縄手通は賛成、花街で知られる西岸の先斗町(ぽんとちょう)通が反対という構図だ。

 4年前にパリ風の橋を架けようとして猛反対された市長はそのプランを断念したが、
歩道橋計画そのものは生きているとして、有識者に検討をゆだねた。鴨川の橋のあり方
について最近出た提言はこの橋の是非は判断せず、「地域の協議を尊重しなさい」という内容。
対立に匙(さじ)を投げた格好である。

 建設予定地に立つと、反対派の気持ちはわかる。橋がかかれば、先斗町通は真っ二つに
分断される。所構わず座り込むジベタリアンが橋のたもとにたむろしたら、街の粋な
雰囲気が壊れる。そんな心配が出ている。

 一方、三条と四条の間600メートルに橋がないのは不便という賛成派の弁も、もっともな
面がある。人の流れをつくって商店街を活性化したいという願いも自然だ。建設=景観破壊=悪玉
という決めつけはすべきでなかろう。

 「先の戦は大変どした」と語るのが応仁の乱のこと、という土地柄である。両岸の
人たちからは「洛中洛外」「秀吉のときまでは」といった言葉が出る。町内自治の
意識が強い。一言も二言もいわないと済まない。それでいて新しモノ好きとくるから、
やっかいだ。

 ここはよそ者も行政も抜きで、両岸が腹を割って話し合うしかあるまい。橋はつくるが
先斗町はトンネルでくぐり抜ける、といった解決策が見つかるかもしれない。


464 :文責・名無しさん:02/11/03 08:29 ID:4fSd7yCe
>>461
一回やってみたらおもしろいだろうなぁ、と思うのが、
数ヵ月前の天人を天人だと言わずに国語の教師に添削してもらうこと。
それか、各社のコラム(読売とか毎日、産経、日経のコラム)をどれもタイトルを
隠して読みくらべをしてもらう。

それで感想や添削をすれば、朝日という権威、天声人語というブランドだけなのが
わかるような気がする。

多分天人を名コラムだと思ってる人は、あたりさわりのない
日経か、毎日、読売のコラムを天声人語だと思うんではないのかな?
産経は結構イロが出てるから分かると思うけど。

だれか現役生とか実験してくれないかなぁ?

465 :文責・名無しさん:02/11/03 08:41 ID:ONnNKltf
>>463 
>それでいて新しモノ好きとくるから、やっかいだ。
意味不明。橋が新しいモノということかな?
モノがわざわざ片仮名なのは、何か意味があるのかな?



466 :文責・名無しさん:02/11/03 08:44 ID:4fSd7yCe
>>463
問題になっている街の様子がわからない…
なんで橋がかかると先斗町通が分断?
橋がかかると普通はつながる、ていう感じじゃないの?
タミーは予定地のことを知ってるのかもしれんが、こっちは知らないよ。

地元の人の降臨キボン

あと、今日もまた、「そんな心配」…
使わずにいられないほど、指示語依存症なのかな…

467 :文青・名無しさん:02/11/03 08:52 ID:vFUMouHa
>>463
天人の話だけじゃ問題がさっぱりわからんという人のために。(ただしどちらも4年前の議論のときのもの)
賛成派の言い分→http://www.iijnet.or.jp/goyou/pont/conproc-pref9712.html
反対派の言い分→http://www.users.kudpc.kyoto-u.ac.jp/~k54315/iyori/wholearti-ville1998.html
まあよくある水掛け論というやつですな。

> 建設予定地に立つと、反対派の気持ちはわかる。橋がかかれば、先斗町通は真っ二つに分断される。
…橋が架かることと西岸の町が分断されることの因果関係が俺にはどうしても想像できない。
逆にいえば、建設予定地に立たない限り反対派の気持ちは分からないということなのだろうか?

> 建設=景観破壊=悪玉という決めつけはすべきでなかろう。
かつて、日本橋付近の高速道路は景観を著しく損ねていてイクナイと紹介していた天人が、
どういった風の吹き回しなのか。 どうして自分の書いてることなのにこうも一貫性がないのやら。

> ここはよそ者も行政も抜きで、両岸が腹を割って話し合うしかあるまい。
よそ者論議はともかく、行政を抜きにして橋架の議論をするというのか…
つまり市民投票で決定でもしろと? だったら地方行政なんて最初から全くいらんやんか。

>>464
各社コラムのブラインド試験か、確かに面白そうやね。 別に国語の先生でなくても、ここで
全く同じ題材を扱った主要5紙のコラムを並べてやれば、みんな天人がどれであるかだけは
見分けることができるんじゃないかな。

468 :文責・名無しさん:02/11/03 08:52 ID:g5Gl70M6
意味不明な駄文だな。なぜ、応仁の乱が?そんなこと誰でも知ってるし
この話題には無関係。

東側には民家が多かったような。
あたかも商店街だけの問題であるかのような論調が気になる。

469 :文責・名無しさん:02/11/03 09:01 ID:gGiM6n6f
>>464
それでは、天声を見分けるのが簡単すぎるので、現役女子高生のも混ぜとけばなおよし

470 :文責・名無しさん:02/11/03 09:17 ID:FoxpcSle
西側は人通りが多く、東側は人通りが少ない。
東側で人が集まるのは橋周辺だけ。
西が反対しているのは、西を歩いている観光客が、まん中で
橋を渡ってしまい、西の半分を素通りすることではないか。
これが、「分断」の意味するところであろう。
単なる地域エゴの典型例であり、天人が駄文を書いたのは
西側先斗町で接待を受けたからなのかどうか。

471 :主婦のサークルです。:02/11/03 09:19 ID:GnkVM9zt
ほんの少し刺激を求めてる主婦のサークルを作りました!
私たち主婦が楽しめる安全でちょっとトキメキのある出会を求めて
只今男性会員を募集中です!! 女性会員も募集(^○^)/"
http://f-cc.com/~tokimail/

472 :470:02/11/03 09:26 ID:Eh4rjz0G
で、あるから解決策は橋を掛けた上で西側に高札を掲げる。
「この先にはおもろいとこおへん 先斗町」

473 :文責・名無しさん:02/11/03 09:31 ID:WpmbBRRj
馬鹿かと

天声人語をどーこー言う前に、
まずお前ら、自分の理解力を疑えよ。

私は、私自身、今日の天声人語が理解できないことが
はずかしいよ。

474 :文責・名無しさん:02/11/03 09:32 ID:g6N5k7GR
チョウニチ新聞最近の天声人語、最近切れ味悪いな。
ネタも季節もの、ローカルもの、癒し系タナカもの・・。

ただ機会あるごとに、拉致被害者家族へ同情的なコメントを
目立たぬように忍ばせ、拉致被害者関係団体との融和を画策中
であることは見逃せない。





475 :e140231.ppp.asahi-net.or.jp:02/11/03 09:33 ID:cb3MuHsR





        http://plaza.rakuten.co.jp/a240a/









476 :孔子:02/11/03 11:58 ID:itPuLugJ
>>473
ネタだと思うが一応マジレス。
意味不明な文章があったとする。
わかりにくいが深いことがかいてあったとしたら其れは一応まともな文章。
わかりにくいし実は内容も何も無いと言うのがただの駄文。
分かりにくい文章=名文と思っているようではドキュンといわれてもしょうがないぞ。
ちなみに名文とは深いことを分かりやすく伝えるものの事。
駄文=内容の無いことをわかりにくく伝える文章。←天人はココ!
名文=内容のあることをわかりやすく伝える文章。
難文=内容のあることをわかりにくく伝える文章。
易文=内容の無いことをわかりやすく伝える文章。
なお、この文章は易文であり、私が勝手に創作した単語なども含まれているので
辞書などひかないこと!(笑



477 :揚げ毎:02/11/03 15:18 ID:9bh5p0l2
>>468
東京の人が「ウチの店は戦前から営業しております〜」と言った場合の「戦」は太平洋戦争。
京都の人が「ウチの店は戦前から営業しております〜」と言った場合の「戦」は応仁の乱。
良くも悪くも京都とはそういう街である…と言うことを天人は書きたかったんだろうね。
駄文だから事情を知らない人には意味不明な文章になってしまったんだろうけど。

478 :しかし、真っ二つって表現は違うと思うんだが:02/11/03 15:39 ID:BrdLWX8K
今まで

===================
  |                    |
  |                    |
  |                    |
===================
       ←  600M  → 

歩道橋建設後

===================
  |         |          |
  |         |          |
  |         |          |
===================

ミ,,゚Д゚彡y━~~ 今までは、どっちかの通りを600M歩いてからじゃないと反対側にいけなかったということか?

479 :文責・名無しさん:02/11/03 16:04 ID:ONnNKltf
>>478
略図サンクス。
先斗町のど真ん中に鉄道を通そうという訳ではあるまいに、真っ二つという表現はどうかと思う。
それともなにか別の理由があるのだろうか?
コイケは、もしかして「推理コラム」とでもいう新ジャンルを打ちたてようとしている
のだろうか?


480 :文責・名無しさん:02/11/03 16:05 ID:I3FS98l5
「そんな心配が出ている。」
前にも指摘されていたが、珍語君は無用に文章を長くする
のが好きだね。これって、無理やり紙面を埋めるためかな?

「4年前にパリ風の橋を架けようとして猛反対された市長はそのプランを断念したが、
歩道橋計画そのものは生きているとして、有識者に検討をゆだねた。」
これも意味不明で阿呆な文章だな。プランと計画って同じじゃねーか。

「決めつけはすべきでなかろう」「両岸が腹を割って話し合うしかあるまい」
「なかろう」とか「あるまい」とか珍語君に限らず新聞で良く使われる言い回し
だが妙に鼻につく。


481 :文責・名無しさん:02/11/03 16:20 ID:+Yba/2N9
誰もつっこまないのであえて言わせてもらう。
「ジベタリアン」は今時ねーだろ。
すでに死語。
安っぽいうえに文字数も無駄に費やすし。

482 :文責・名無しさん:02/11/03 17:19 ID:Q6o14B75
このスレッドが現天声人語を馬鹿にしかできない。

月1回くらい、手放しでほめる日を作って見れ。

483 :文責・名無しさん:02/11/03 17:39 ID:7+NxHX7h
>482
日本語変

484 :文責・名無しさん:02/11/03 17:39 ID:pw6F91cm
>>482
釣りなら他でやれ

485 :連想の突飛さは皆評価してますよ:02/11/03 17:45 ID:BrdLWX8K
>>482
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 手放しで褒められる前に、くそみそに批判されないコラム書いてくれ。

486 :文責・名無しさん:02/11/03 19:00 ID:xom3Z02E
最低ライン以下だからな

487 :文責・名無しさん:02/11/03 18:59 ID:o/z2PSMf
最低ライン以下だからな

488 :文責・名無しさん:02/11/03 20:24 ID:ONnNKltf
タミーは幸せ者よ。これほど話題にされるダブニスト元へコラムニストは
他にいただろうか。

489 :文責・名無しさん:02/11/03 20:33 ID:L+ObE1hp
>>482
 ん? 現天声人語を評価しているわけじゃないでしょ?
 褒められるような日が来るのを期待ってこと?

 もし、今の天声人語をバカにするな! って書き込みなら、どの辺が
評価できるのかぜひ教えてほしい。興味がある。

490 :文責・名無しさん:02/11/03 20:38 ID:LF+8fpWu
>>489
同じく

491 :チンコ マンコ:02/11/03 20:40 ID:CWFzhRVe
僕は45歳女装してアイドルやアナウンサー等好きな女性になりきり スカート
はいて なりきってオナニしてます。エクスタシーです。
皆さんも一度ためしてみては、やみつきになります。究極のオナニです。
SEXより楽しいかもしれません。 ちなみに初心者むけ女装グッズサイト
教えときます。このサイトが親切で解りやすいです。
http://www.h3.dion.ne.jp/~josei/

492 :深代天人:02/11/03 21:11 ID:JL0pnH5D
毎日、駄文をつづっていると、思うようなコラムの材料が見つからぬ日もある。
昨年、このコラムで「そんな時は上野動物園に電話してお話をさがす」と書いた
ら、読者から何通もの手紙をいただいた。
同情し、激励してくれる方もいたが、きついおしかりの文もあった。「この重大
時機に、書くことがないとは不謹慎千万。何ヶ月でも続けて、インフレの話を書
くべし」。お気持ちはごもっともだが、さて、連日インフレの話ばかり書くのも
いかがなものだろう。
イソップのオオカミと少年の話ではないが、「いまだ例のない大ニュース」のこ
とばかりでは、読む方も「ああ、また大ニュースか」と不感症になる恐れもある。言葉
もまた過剰流動性で減価するのではないかと考えたりもする。
スリラー映画で有名なヒチコック監督は、一作ごとに奇想天外なトリックを考え
出す。ヒチコック映画で殺された人間は四百八十七人、映画の売り上げから割り
算すると、一人殺すごとに四十万ドルの商売になると計算したひま人もいる。あ
る人が「よく続きますね。殺人のタネがなくなったらどうします」と聞くと、「
おれが人殺しをやる」と答えたそうだ。
米国のユーモリストで俳優だったウィル・ロジャースが来日して、先代菊五郎にインタビューしたことがあった。彼は本国の
新聞に、毎日五十行の原稿を書く約束をしていたのだが、このインタビューで一日分
は書けるかも知れぬと期待していたのだろう。ロジャースは質問をしながら、自
分の眼鏡をはずし、その縁をしきりにかんでいた。その癖を見た六代目が「へえ
、アメリカにはチューインガムの眼鏡まであるのかい」と感服した顔をした。そ
の一言に「サンキュー、今日のコラムが書ける」というなり、宿舎の帝国ホテル
に飛んで帰ったそうだ。そのうれしさが、まことによく分かる。



493 :文責・名無しさん:02/11/03 21:16 ID:Kbc6We+m
>>489
>>490

お前らがよく馬鹿にするペットボトル→原爆ってのがあるが、
あれは普通に読めば、発想と着眼点がすばらしいものだぞ。

ただし、武士が辻斬りの件は、俺もどーかと思ったがな、、、。


天声人語にあれこれ言う前に、まずお前らがよく使う単語の定義付けをしてくれ
例:まじかるバナナ
議論はそっからだよ。

494 :文責・名無しさん:02/11/03 21:23 ID:L+ObE1hp
>>493
 んーと、すまんのですが、ペットボトル→原爆の原文持ってません?
 手持ちにないんで。
 覚えてはいるんだけど、本文あったほうがいいでしょ? 

495 :文責・名無しさん:02/11/03 21:25 ID:Kbc6We+m
>>494
すまない、俺も持ってない。

496 :文責・名無しさん:02/11/03 21:27 ID:L+ObE1hp
>>495
 そうですか。残念。
 誰か本文を掲載してくれるまで待ちませんか?
 コラム批評とかで、想像だけでやりはじめると、ただの罵りあいに
なるので。

(と言いつつ、これからゴハンなんですが)

497 :揚げ毎:02/11/03 21:31 ID:9bh5p0l2
天声スレ5よりコピペ

★「昔はこんなに水を飲んだだろうか、と思うときがある。ペットボトルの水のおかげ
である。あれを持ち歩く習慣がついてしまった。水事情が良くない海外を旅行したとき
からの習慣かもしれない。水が手元にないとつい不安になる。 」

★「手元にあると無意識のように口をつけてしまう。本格的な渇きを感じる前に飲んで
しまう。水の存在が疑似的な渇きを招いているのではないか、と反省するときもある。
欲求があって何かを欲しがるのではなく、何かが目の前にあるから欲求が生まれる。 」

★「水ではなくお茶の人もいるだろうし、あるいはスナック菓子の人もいるだろう。そう
した飲食物だったらまだいい。しかし、もっと別の物で同じ心理が生じるとすると……
と考えて不安を覚えることがある。たとえば武器である。 」

★「昔の武士は試し切りというのをしたらしい。いい刀を手に入れると使ってみたくなる。
わら人形相手ではつまらない。そういって実際に人間を相手に試し切りをしたという。
そこまでさかのぼらなくても、最近の戦争でも似たようなことがあったという話はよく聞く。
殺傷の欲望を、手にした武器が促す。 」

★「究極の武器といえば核兵器に行き着く。インドとパキスタンとの緊張がまた高まっ
ている。核保有国の両者が自制できるかどうか。ペットボトルの水をにらみながら核
戦争の恐怖におびえる。あまりに極端な連想かもしれないが、人間の欲望と自制と
の関係という点では、同じだ。 」

★「ものと欲求との関係が転倒しやすい時代だ。気をつけないと、みるみる深みにはまる。」

498 :文青・名無しさん:02/11/03 23:02 ID:VpSbcOoY
                          _、_
お、来てる来てる。 >>497氏、グッジョブ( ,_ゝ` )b

で、まず「まじかるバナナ」の定義だが、一般には「風が吹けば桶屋が儲かる」と
いわれているやつだな。 連鎖的に起こる事象に関して、隣り合う事象の因果関係は
正しいけど、一番最初と最後の結果を繋げるとワケワカランことになるという
一種の言葉遊び。 「まじかるバナナ」という言葉そのものは、「マジカル頭脳パワー」
という一時期流行ったテレビ番組でこういうゲームが行われていたことから。
そのとき、「○○といえば、××!」というように言葉を繋げていくのがルールだった。

でもって、ペットボトル原爆の回を「まじかるバナナ」風に要約すると…
1) ペットボトルの水は、手元にあると無意識に欲求が生まれ飲んでしまう。
2) 手元にあると無意識に欲求が生まれるといえば、武器でも同じ心理が働く
  (昔の武士の辻斬りのように)
3) 武器といえば、究極の武器原爆である。 (殺傷の欲望を、手にした武器が促す点で同じ)
結論:ペットボトルも原爆も、手元にあれば使いたくなるという点で同じである
    (それゆえ筆者は)ペットボトルの水をにらみながら核戦争の恐怖におびえてしまう

499 :文青・名無しさん:02/11/03 23:02 ID:VpSbcOoY
俺の意見としては、1→2、2→3のように発想を飛躍させることができる奴は常識では
「天人も含めて」いない。 つまり、天人の突拍子もない発想の裏には、まず結論として
核兵器批判があり、それに(きっと本人は真面目にお洒落だと思っていたに違いない)
ペットボトルの話を冒頭にして強引に繋げたところが問題だと思う。

核兵器保有の是非は個人の自由だからそのことについてどうこう言うつもりはないが、
こんな無理やりな文章のつなげ方するくらいなら、ペットボトルの話をすっぱりあきらめて
もっとマシな、自然な流れで読める文を作ることはできたでしょうが、といいたい訳よ。
この回に限らず、天人はまず結論ありきで、それに合わせて題材や引用を選ぶという
本末転倒な行為が実によくある。 著名人の台詞の、天人にとって都合のいいところだけ
引用するなどは朝飯前。 でも論理的に導かれた結論ではないので必ずどこかに無理が
きて、結局文章全体を見ると完全に論理が破綻してしまう(これが、まじかるバナナ状態)。
ペットボトル原爆はその典型例だったからこそ、伝説として語り継がれている。

朝日新聞であることを抜きにしても、新聞の花形とも言える一面のコラムニストが
こんなことでいいの?と、みんな不思議に思っているんじゃないのかね。
さて、俺は擁護派にこの回のどのへんが素晴らしいのか説明してほしいが…

500 :文責・名無しさん:02/11/03 23:18 ID:UuerWVSO
>>493
>>497を見て発送が凄いとか着眼点が凄いとか思うんですかね?
私には(たぶん他の人にも)気違いの戯言にしか読み取れなかったんですが。

501 :文責・名無しさん:02/11/04 00:10 ID:JOn4p03K
>>484
なかなかの釣り師がいたぞ。12人も釣ってやがる(笑
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/off/1036299550/l50

502 :文責・名無しさん:02/11/04 02:19 ID:z/lklMjy
>>493

>あれは普通に読めば、発想と着眼点がすばらしいものだぞ。

発想…核兵器に関して何か一言言いたい
着眼点…ペットボトルはあるとつい飲んでしまう

これでいいんですか?
別にすばらしいとは思えないが、どこらへんがすばらしいの?


503 :文責・名無しさん:02/11/04 02:30 ID:YGn782Ec
493さんではありませんが

その二つを結びつけて、ぬけぬけと文章をしたため、
朝日社内のチェックを通って朝日の一面に載せよう
とする天人の度胸が素晴らしい!!

504 :文責・名無しさん:02/11/04 02:54 ID:YGn782Ec
私、天声人語スレで初めて天声人語を「マジカル
バナナ」と喩えたDQNなので一言。

日テレ「マジカル頭脳パワー」内のゲームに由来し、
話の枕から本論へ、凡人には発想しがたい突拍子
もない連想で話を展開していく文体を指します。

(例)
「××といえば○○である。」「たとえば○○である。」

>>497 のペットボトル原爆が典型。

> 手元にあると無意識のように口をつけてしまう。(略)
> 欲求があって何かを欲しがるのではなく、何かが目
> の前にあるから欲求が生まれる。
> (略)そう した飲食物だったらまだいい。
> しかし、もっと別の物で同じ心理が生じるとすると…と
> 考えて不安を覚えることがある。たとえば武器である。

ペットボトルの水→武士の試し切り→最近の戦争の試し
切り(日本軍の百人切り伝説?)→印パ核問題

これを見事とみるか、キチガイ的とみるかは人それぞれ
ということで良いのではないでしょうか。
私もある意味感銘をうけましたので。

505 :文責・名無しさん:02/11/04 03:03 ID:jbqcKf0b


                ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                (-@∀@) < コラム書いてるから
             _φ 朝_⊂)__ | 静かにしてくれる?
           /旦/三/ /| \________
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | 小池専用 |/
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


506 :文責・名無しさん:02/11/04 03:11 ID:61aINvpI
母が「最近の天声人語には夢がない。教養もないしそこらの普通の人が書いてるみたい。」と申しておりました。
小池様。ヤバいですよ。見抜かれてますよ。あなたの無教養が。朝日大好きのマイマザーにすら。

507 :文責・名無しさん:02/11/04 06:57 ID:qEBgXP6w
■《天声人語》 11月04日

 あの本も読んだ。この本も読んだ。そういって自分の読書量を誇示する。あるいは「こんな有名
な本も読んでいないの」と相手をからかう。そんな光景にお目にかかることはあるが、その逆を
いくちょっと変わったゲームがある。

 有名な本だが、自分はまだ読んでいないという本を挙げる。たとえばトルストイの『戦争と平和』
でも、夏目漱石の『坊つちやん』でもいい。参加者に「読みました」という人が多いほど得点が高い。
自分以外は全員が読んでいる本を挙げれば最高得点だ。

 英国の小説に出てくるゲームで、学者の間でやるとかなり屈折した展開になる。勝つためには
恥を忍んで自分の不勉強ぶりを告白する。主人公の英文学者は、あるとき必勝を期して
ディケンズの『オリバー・ツイスト』を読んでいないと告白したが、敗退した。

 このゲームに巻き込まれて、つい「『ハムレット』!」と口走った英文学者がいた。皆大笑いした。
冗談に決まっている。しかし本人は「うそつきだというのか」とまじめに怒り始めた。どうやら本気
らしい。座は白け、本人は大学への就職をふいにすることになる。『ハムレット』を読んでいない
英文学者を採用するわけにはいかない、と。

 まじめすぎると、そんな悲喜劇も生じるが、遊びだと割り切れば、大人のゲームとして楽しめる
かもしれない。しかし、とまじめに考える。いまの日本で必勝をねらえる本はあるだろうか。漱石だ
ろうか、鴎外だろうか。

 読書週間中の本屋を探索したが、これだという本には行き当たらなかった。



508 :文責・名無しさん:02/11/04 07:06 ID:qEBgXP6w
シェークスピアは英語の古典だろ・・・

日本にはシェークスピアはいなかったけど、いい古典は腐るほどあるだろ、
なんでそんなことにこだわらなきゃならないんだ?

509 :文青・名無しさん:02/11/04 07:25 ID:mVwneINL
>>507
本をそれほど読まない俺にとっちゃあんまり面白そうにないゲームなんだが…
読書量ですらなく本屋を探索したことを誇示する人にとっては面白いんだろうな。

文章は相変わらず不要な指示代名詞が目立つ。 (1段→そういって、そんな 5段→そんな)
これって、文の工夫や並べ替えとかでほとんど消せるはずなんだけどね。
試しに第1段落の意味を変えないように、不要な部分を削ってみますた。

> あの本もこの本も読んだといっては自分の読書量を誇示する、あるいは「こんな有名な
> 本も読んでいないの」と相手をからかうなどの光景を目にすることはあるが、その逆をいく
> ちょっと変わったゲームがある。

510 :文責・名無しさん:02/11/04 07:35 ID:PEUa9mW2
またしても駄文。
「本」では無く、「小説」とするのが適当。中学生が本文のような書き方をする。

第三段落  「以上のべたのは、『英国の小説に出てくるゲームで、』」などとすべし。
      本文は構成が良く無い。


511 :文責・名無しさん:02/11/04 07:40 ID:8iO5QV2I
>しかし、とまじめに考える。

なんだこの文は!!

512 :つーか、同じ趣味道士じゃないと盛り上がりそうにも無いな:02/11/04 07:54 ID:27ag9zSv
>>507
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 「学者の間でやると〜」って、その小説には学者以外がやってる描写もあるのか?

513 :文責・名無しさん:02/11/04 07:58 ID:nqIVeAKs
>>507
 極め付けの駄文! ひどすぎ。
 あぁ、ムカムカするわ、これ。

514 :文責・名無しさん:02/11/04 08:01 ID:bRXMHrRG
駄文過ぎて気持ち悪くなったので直してみました。

 読書にまつわるちょっと変わったゲームを紹介しよう。競技人数は数人。親は、未読のある
小説名を挙げる。「読みました」という人数が得点である。勝つ為には、未読の名作を挙げる
のが良い。自分以外の全員が読んでいれば最高得点だ。
 英国の小説に出てくるゲームで、学者の間でやるとかなり屈折した展開になる。勝つためには

515 :文責・名無しさん:02/11/04 08:04 ID:fnE1CTNS
>>497のペットボトル原爆について

>>498 >>499 >>500 >>502

終始一貫してある
「ものと欲求との関係が転倒しやすい」って主張がみえないんですか?



516 :文責・名無しさん:02/11/04 08:06 ID:T7KHsWnl
>509
わかり易い書き換えありがとう。
やっとわかったわ。そういう意味だったのね。


517 :普遍性もな:02/11/04 08:08 ID:27ag9zSv
>>515
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 出されてる例に説得力が無いんだよ。

518 :文責・名無しさん:02/11/04 08:12 ID:fnE1CTNS
>>517
出されてる例に説得力うんぬんは、
文章が変とは、まったく違う事なんだが?

519 :499:02/11/04 08:18 ID:mVwneINL
>>515
他の人はどうか知らんけど、俺は主張がわからないとか主張そのものが
間違っているなどとは一言もいっていない。 その主張を見えやすくするなら
もっと分かりやすい書き方があるだろうが、といっている。 よーするに
天人は物書きのクセに文章下手ってこと。

520 :文責・名無しさん:02/11/04 08:34 ID:tZYOdmkz
>515
ごちゃごちゃ言わずに、
「小池天人にも名文有り」を主張するんだったら、
その名文とやらを集めて、このスレで名文祭りでもやったら?

521 :文責・名無しさん:02/11/04 09:22 ID:XgcQUwz5
>>518
激しく同意。
>文章が変
以前の問題だもんな。

522 :文責・名無しさん:02/11/04 10:36 ID:OCJgiMO+
「まじめ」の使い方に違和感がある。
「まじめに怒り始めた」「まじめすぎると」「とまじめに考える」と、
不勉強な英文学者を皮肉るにしても、後ろの二つはしつこい。
せいぜい「真剣になり過ぎると」「と真剣に考える」だろう。
まあ、言葉を重ねたからって、シャレてるわけでもないが。


523 :文責・名無しさん:02/11/04 10:46 ID:YGn782Ec
>>515
> 終始一貫してある 「ものと欲求との関係が
> 転倒しやすい」って主張がみえないんですか?

みえてます。
あなたの論点はレベルが低すぎ。
そこから先の話をしてるんです。

524 :感動しますた。:02/11/04 10:49 ID:zIh/Cg/x
深代淳郎の天声人語  1975年9月22日

▼お彼岸にはいったというのに、残暑がきつい。寝そべって本を読みだしても、
読書三昧の前に、ねむ気三昧の方が先にやってくる。閑話、本の話をしよう。

▼職業上、本は比較的読む方だろう。道で本屋が目にはいると、ちょっとのぞいてみる
習性は抜けない。が、棚から棚にこぼれるばかりに並ぶ新刊書を見ると、その物量に
圧倒されて、呆然自失に近い心理状態になる。それでも題と著者と帯封と目次と、
「前がき」や「後がき」を読み、その書評を思い出して買う。

▼だが結局、失望に近い読後感をもつことが多い。芭蕉に駄句多く、ドストエフスキーに
凡作多しといわれるが、著者の高名が必ずしも中身を保証するものではない。
題や装丁の魅力ほどに内容に心ひかれるものは、暁の星のように少ない。

▼かつ消え、かつ結ぶウタカタのような本の流れの中で、一年たっても本屋に
並んでいる本だけを読むという友人がいる。立派な見識だと思うが、そういう
うらやましい身分にはなれそうもない。

▼「最悪の読者というのは、略奪兵みたいなやり口の連中だ」といったのは哲学者の
ニーチェだ。自分の使えそうな個所だけを勝手に取り出して、食べては排せつする。
中身をバラバラに解体して、食べにくいものはクズカゴにぽんと捨て、
口に合うものだけを口にする。

▼筆者をふくめて、こうして本を一過性の風俗現象のようにしてしまう読者にも
責任はあるのだろうが、読み手をそう非難する資格があるほどの本が数多いとは
思えぬ。なぜ、詰まらぬ本ばかり多いのか。本当に書きたくて書いた本、本当に
書かねばならぬという気持ちで書いた本が少ないからではないか。

▼「作家」だから、書いている。「評論家」だから書いている。だから、だからの自転車
操業で飯を食う人が世にあふれているが、実は、この「だから」がくせ者だ。

525 :文責・名無しさん:02/11/04 10:50 ID:YGn782Ec
>>507
第4段落の「ハムレットと口走って就職口を失った学者」
というのは小説内のエピソードなんでしょうか?

526 :文責・名無しさん:02/11/04 10:55 ID:z/lklMjy
>>507
海辺のカフカとかハリー・ポッターとか模倣犯とか、「読書人」が
狙える必勝本はいくらでもあると思うんだが。

オチとして「そんな中で必勝本が一つある。
日本国憲法である。私はもちろん読んでない」
とかだったら面白いのに。

まぁ今回の駄文は、オチはないけど「いったいどんなオチなんだろう」と
ハラハラしながら読みました。


527 :文責・名無しさん:02/11/04 10:56 ID:z/lklMjy
>>515
見えない。


528 :文責・名無しさん:02/11/04 11:02 ID:YGn782Ec
>>507
>
> しかし、とまじめに考える。いまの日本で必勝を
> ねらえる本はあるだろうか。漱石だろうか、鴎外
> だろうか。
>  読書週間中の本屋を探索したが、これだという
> 本には行き当たらなかった。

すごく後味の悪い終わり方ですね。
「日本人の活字離れに警鐘を」という論旨なので
しょうか。

「ハムレット」を読んだことのある英国人の割合より
「坊つちやん」を読んだことのある日本人の割合が
明らかに低いという調査でもあるのかしらん。

529 : :02/11/04 13:22 ID:6WiTtYw3
突っ込もうと思ったところはすでにほとんど皆さんが指摘して
らっしゃる、さすがw
大体、どこからどこまでが小説の中の話なんだyo!

530 :文責・名無しさん:02/11/04 14:08 ID:NqdZKoWK
>>528氏がすでに指摘しているとおり、>>507の結びの>読書週間中の本屋を探索したが、これだという
本には行き当たらなかった。・・・なんだ。これは。
全体の流れから、「今は本屋にはろくな本しか出回っていない」としか読めない。読書週間に水を差そうという
思惑なのかね。



531 :文責・名無しさん:02/11/04 15:03 ID:38m8CMKY
>>523

そこから先の内容を示せよ。

普段、天声人語にあんたら「指示語」が何を指示しているのかわからないって
いってなかったか?


532 :文責・名無しさん:02/11/04 15:11 ID:TP11FwCh
>>492

イソップのオオカミと少年の話ではないが、「軍靴の響きが」のこ
とばかりで、読む方は「ああ、また軍靴の響きか」と不感症になりました。

533 :文責・名無しさん:02/11/04 16:26 ID:uC64+MMR
>>531
読解力が低い様なので解説してやると
>>523は「君が言うような"ものと欲求との関係〜"うんぬんの主張は皆分かってるよ」
って事だ

534 :文責・名無しさん:02/11/04 16:26 ID:UNUP7HK+
>>531
本当に、>>523の「そこから先」が分からないの?
中学生?あるいは小学生?

あのね、「ものと欲求との関係が転倒しやすいって主張」はみんな理解してるの。
「そこから先」ってのは、「ものと欲求との関係が転倒しやすいって主張」は理解
した上で、その為に挙げているペットボトル→核兵器という流れが適当かどうか、
全国紙のコラムに載せるだけのレベルがあるか、という話の事なんだよ。

分かった?
国語の勉強はしっかりね。君もそのうち、適切な指示語とそうでない指示語の区別
がつくようになると思うよ。

535 :ちぐはぐなんだよねぇ:02/11/04 16:38 ID:27ag9zSv
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 「ものと欲求との関係が転倒しやすい時代だ。」と言いつつ、昔の武士の例を出したりとかな。

536 :文責・名無しさん:02/11/04 16:43 ID:JiTxVEtg
>読書週間中の本屋を探索したが、これだという本には行き当たらなかった。

>>530さんなどのおっしゃるとおり、私も後味が悪い終わり方だと思いました。
もう少し違う文章の方が良いような、本を出版している人に失礼です。
そう解釈してしまいました。

537 :文責・名無しさん:02/11/04 17:03 ID:z/lklMjy
>>536
本を出してる人間を見下してるんでしょ。
天人はいつも誰かを見下してて、それも無意識のうちにやっているから、
よけい人を不愉快にさせるんだよな。


538 :特報・小池降板へ:02/11/04 17:03 ID:wmXH/AKn
おい、まだ誰も書き込んでいないのか!!!!!
日垣がメールマガジンでタミー降板情報を流しているぞ!!!!!

539 :文責・名無しさん:02/11/04 17:08 ID:yYjaRIKc
>538
詳細きぼんぬ。
後任がまともな人だったら・・・複雑だ。

540 :特報・小池降板へ:02/11/04 17:10 ID:wmXH/AKn
日垣の文章から引用です。

まあそういうわけで、天声人語批判を書いたチンケな野郎とは全然無関係に
(と緘口令が敷かれて)、11月1日づけの人事異動により、朝日新聞社伝統の
「天声人語」一人体制に終止符が打たれることに相なりました。多数の証言と
裏づけがとれましたので、いちはやく皆様にお知らせいたします。

 さらに複数のインサイダー情報によりますと、当面K氏を含む「二人体制」
とし、半年後にはK氏をさらに別の記者に交替させ、こうして「K氏降板」を
実現する。『エースを出せ!』なる愚書の著者になどバレることなく穏やかに
コトを進めようということらしいです。

 これまで天声人語を読んだこともなかったにもかかわらず、不肖『エースを
出せ!』を読んで、毎日「朝日新聞」が来るのを楽しみになったという読者が
増えていたというのに、なんてことするんだッ。


541 :文責・名無しさん:02/11/04 17:16 ID:z/lklMjy
>>538
それは残念(大藁)だが、後任というか二人体制のもう一人が誰なのか知りたい。


542 :523:02/11/04 17:17 ID:YGn782Ec
「そこから先」の内容が分からないって?
>>498,499 両氏がすでに説明しきっている。特に>>499

天人自らも、本文中に「あまりに極端な連想かもしれな
いが」と断りを入れている点からも、お分かりいただける
と思う。


蛇足ながら
私は一度も指示代名詞が分かりづらいという書込みは
したことないのですが・・・
掲示板に参加している大勢を「あんたら」でひとっくくり
にするのは強引だって。
前スレ末のスレ立て談義を見てもわかるとおり、スレ
参加者が同じ意見でまとまってるわけでもないし。
自分以外の書込みを一人の人格と仮想して議論し出
すと収拾がつかなくなるので、ご注意を。

天人擁護は大歓迎。
大いに議論を深めましょう。

543 :文責・名無しさん:02/11/04 17:18 ID:yYjaRIKc
>540
ありがとう。

つまり、フェイドアウト?

544 :特報・小池降板へ:02/11/04 17:19 ID:wmXH/AKn
そういうことらしいね。これ以上の情報は現在のところありません。
朝日記者いたらもっと詳しいことを教えて。

545 :文責・名無しさん:02/11/04 17:30 ID:yYjaRIKc
朝の娯楽が・・・残念だ。
俺節さん、ここ見てたらタミー追悼駄祭りおながいします。

それとも、朝日に抗議メールでも送るか?(w

546 :文責・名無しさん:02/11/04 18:00 ID:Wj/r6+bg
>>545俺節です。ご指名ありがとうございます。
これからしばらくは、今日はタミーかどうかをあてる楽しみがありますね・・・。


   ★追悼駄文祭り★タミー小池の天声人語〜夏目漱石とか好きだから〜




547 :駄文祭り・夏目漱石:02/11/04 18:01 ID:Wj/r6+bg

2001年8月21日 ■天声人語■

 きのう思いつくままアランの『幸福論』を引用したが、ついでにざっと目を通して
「再読」の楽しさというのを味わった。

 若いころ読んだときには、処世訓ふうのところが気になってあまり好きになれなかった。
平明さのなかにひそむ機知には感心したけれど。それがいま読むと、なるほどと思う
ことが多い。アランに限らない。よくある経験だ。

 日本人では、たとえば夏目漱石だ。子どものころからいまに至るまで繰り返し読む。
あるいは読まされる。いつも何か発見がある。逆に言えば、子どもに漱石を読ませる
なんて何と大胆なことをするものだと思うこともしばしばだ。「草枕」の世界などには、
いまだ到達しそうにない。

 アランに話を戻せば、彼は子どものことをよく書いている。「私はこういう少年が好きだ。
つまり、困難にうちかちながら反省し、曲がり角をまちがったときにはまず『ぼくのまちがい
だった』と言い、自分の過失をさがし、心から苦しむような少年だ」。言い訳ばかりを
さがすような人間を彼は好まない。

 そう言いながらこんな例を出すところがいい。陰気な猟師と陽気な猟師がいる。
ウサギをとらえそこねて、陰気な猟師は「こんなざまはおればかりだ」と不運を嘆くのに、
陽気な猟師はウサギの計略に感心する。もちろんアランは陽気な猟師を好む。

 第一次世界大戦を挟んで書き継がれたことを思い、ヨーロッパ全体が打ちひしがれた
時代であったことを思うと、彼の平衡感覚は貴重だったろう。極端な考え方を嫌い、
穏やかに物事を考える人だった。



548 :駄文祭り・夏目漱石:02/11/04 18:01 ID:Wj/r6+bg

2001年10月20日 ■天声人語■

 気がついたら秋の真っただ中にいた。そんな感じがする。目には見えないけれど、
風の音にはっと驚く。そんなふうにやってくるはずの日本の秋だが、今年は、9月11日の
事件で、季節の移りゆきを見失ってしまったような気がする。

 それでも、郊外でススキの群れなどを見かけると秋の深まりを感じる。同時に、中秋の
名月もとっくに過ぎてしまった、と悔いに似たような気持ちに襲われる。

 こんな悔しさは、日本人に独特なのだろうか。夏目漱石の英国経験の記「月は憐
(あわ)れ深きものと説いて驚ろかれたる折もあり」などを引きながら、柴田宵曲
(しょうきょく)の随筆「月と人」(『団扇の画』岩波文庫)がそのへんを考えている。

 英国に限らない。フランスについてはこんな歌をあげる。〈巴里人(パリびと)は風流
(みやび)なきかも望月(もちづき)の此(この)夜の月を顧みもせず〉(赤木格堂)。
少なくともヨーロッパには、この「風流」は通用しないらしい。

 日本でも、古くはもっと別の感情があった。『竹取物語』がよく知られる。かぐや姫が
月を見て物思いにふけっていると「月の顔を見るのは忌むこと」といってやめるように
言われる。『更級日記』にも子どもの顔に月光があたるのを嫌って顔を覆う場面がある。

 こうしたところは、しばしば月と狂気とを結びつけて考えるヨーロッパの人に通じる。
考えてみると、日本の月見の習慣も中国からの影響といわれ、月への愛着を日本
古来の独特の感情とはいえないのだろう。

 そしてまた思うのは、地上戦が始まったらしいアフガンの月である。人々はどんな
思いで見ているか。



549 :駄文祭り・夏目漱石:02/11/04 18:02 ID:Wj/r6+bg

2001年11月2日 ■天声人語■

 文学史上最も名高い「匂(にお)いと味」といえば、あのお菓子のマドレーヌをあげなければ
ならないだろう。現代文学の到達点ともいわれるマルセル・プルーストの『失われた時を
求めて』に出てくるマドレーヌだ。

 その紅茶に浸したマドレーヌの匂いと味から突然過去がよみがえり、長大な小説
が動き始める。「脆(もろ)くはあるが強靭(きょうじん)な」匂いと味が「巨大な思い出
の建物」を支えている、と書き、それに続く思い出のなかの街も、さまざまな匂いの
描写で始まる。

 同じようなことを夏目漱石が言っていることを『匂いを讀む』(吉本隆明・光芒社)で
教えられた。「或る香をかぐと或る過去の時代を憶起(おもひおこ)して広々と眼前に
浮んで来る。朋友に此事を話すと皆笑ってそんな事があるものかと云ふ」。

 漱石がこれを記したのが1901年ごろで、プルーストがあの大作を書き始めたのが
1909年ごろだから、影響しあった可能性はない。先の著書で吉本氏は、匂いに
敏感な人はいい文学者だろうと推察している。

 こんなことを思い浮かべたのも、環境省が発表した「かおり風景100選」を見ながら
いろいろ想像を広げたからだ。100選のうち、実際に接したことがあるのは15ほどだった。

 その中には、たとえば富山の和漢薬の匂いがある。大きな荷物をかついだ行商の
薬売りのおじさんの姿とともに、はるかに遠い幼少期がよみがえる。そんなふうに
匂いと記憶とは密着している。

 草花の匂いに誘われ、不意に忘れていた過去の風景が浮かんでくる。年を取るに
つれそんな経験がふえてきた。



550 :駄文祭り・夏目漱石:02/11/04 18:02 ID:Wj/r6+bg

2001年11月10日 ■天声人語■

 明治時代、日本で一番高い建物は何だったか。東京の浅草にそびえる凌雲閣
(りょううんかく)、いわゆる浅草十二階だった。日本で最初の電動式エレベーターも、
この建物に設置された。

 1890年の11月10日に開業予定だった。しかし、実際は1日遅れの11日からだった
らしい。開業当初の人気はたいへんなものだった。15年ほどのちに夏目漱石も
「坊っちゃん」に語らせている。ばあやの清とだったらどこへ行っても恥ずかしくないが
「野だの様なのは、馬車に乗らうが、船に乗らうが、凌雲閣へのらうが、到底寄り付けた
ものぢやない」と。

 飽きられるのも早かった。明治末期にはもう珍しくもなく、むしろ薄気味悪いとさえ
見られるようになった。「かの怪しき十二階の塔は、亡霊の如く黒く、――星なく荒涼
たる夜天のうちに聳えてゐたのが見えた」(木下杢太郎)とあるように。

 関東大震災で崩壊したから、十二階にのぼった経験のある方はもうほとんどいらっしゃら
ないだろう。しかし、文学から映画までこの「十二階」は繰り返し登場し、現在に至っている。
それらを渉猟した『浅草十二階』(細馬宏通著・青土社)に詳しい。引用もこの労作に
負うている。

 人間は高さを目指してさまざまな塔をつくってきた。日本一を目指し、世界一を目指し、
高さを競ってきた。しかし、先日の世界貿易センタービルへの激突事件で、その欲望
に冷や水をかけられたような気がする。

 ただ、無くなった塔をいつまでも記憶のなかで反芻(はんすう)する人もいる。
〈十二階みえしあたりの冬霞〉(久保田万太郎)



551 :駄文祭り・夏目漱石:02/11/04 18:03 ID:Wj/r6+bg

2002年2月20日 ■天声人語■

 ブッシュ大統領が国会演説で福沢諭吉にふれたので、『福翁自伝』を開いてみた。
幕末に英語を学ぶたいへんさがよくわかる。

 江戸中でだれか英語のできる人はいないか尋ね、ある人物にたどり着いた。忙しい
といってなかなか相手にしてもらえなかったが、2、3カ月通った。その彼も少し発音
を知っている程度で、徒労だった。辞書も手に入らないところからの学習だった。

 ブッシュ大統領が言及した福沢の訳語「競争」では「笑い話」が残っている。幕末、
経済書の邦訳を頼まれた。そのとき「コンペチションと云う原語に出遭い、色々考えた末、
競争と云う訳字を造り出し」幕府の担当者に見せた。争いとは穏やかでない。どんな
ことか、と聞かれて、「商売世界」の競争について説明した。

 「西洋の流儀はキツイものだね」と要人。その上で「何分ドウモ争いと云う文字が
穏やかならぬ。是れではドウモ御老中方へ御覧に入れることが出来ない」と言うので
あきれてしまったが、競争の文字だけ黒塗りにつぶして渡したという。「お上」の驚く
べき頑迷さである。

 夏目漱石あたりになると普通の言葉になったようで『吾輩は猫である』でも「猫」が
何か運動をしようか、という段で「鰹節競(かつぶしきやう)争(さう)、鮭探(しやけさが)し」
などとつぶやいている。

 ブッシュ大統領は演説で新渡戸稲造にも言及したのだから、漱石にも触れれば
よかった。福沢、新渡戸、漱石とくればそろい踏みになる。もちろん日本のお札の顔
である。日本経済への、円への関心の強さをそっと忍ばせるしゃれた判じ物になった。



552 :駄文祭り・夏目漱石:02/11/04 18:03 ID:Wj/r6+bg

2002年5月14日 ■天声人語■

 日本のミュージカル? あまり見たくない。そう思っていたが、誤解を解いてくれたのが
劇団四季の「キャッツ」だった。歌はともかく、とてもだめだろうと思っていた踊りのうまさに
驚いた。東京・新宿で上演していたころだ。

 断続的に上演を続ける劇団四季とは違って、本家ロンドンでの公演は11日終わった。
21年前幕を開けた同じ日に、演劇史上数々の記録を残して「キャッツ」は幕を閉じたのだった。
約9千回の上演で延べ800万人の観客を集めたという。

 都会の片隅で暮らす個性的な猫たちの物語で、中で歌われる「メモリー」がヒット
したから、ご存じの方も多いだろう。多彩な歌と踊りに加えて円形の劇場に奇抜な
舞台装置と衣装、客席も巻き込む演出などで観客を楽しませる。

 「芝居は修業のために時々行くが実に立派で魂消(たまげ)るばかりだ」。100年ほど前、
夏目漱石にそう言わせたロンドンの舞台である。競争は激しく、生き残るのは大変だ。
奇抜さだけで生き延びることはできない。

 「キャッツ」終了については、英紙が「ボブ・マーチンは余生をどう過ごしたらいいのか」と
ある男を取り上げていた。工場勤めをし、退職した72歳の彼は、793回「キャッツ」の
舞台を見たという。11日が794回目だ。長期公演は、観光客のほかそういうファン
にも支えられている。

 「キャッツ」は舞台も客席も真っ暗の場面から始まる。そして目だけが光る猫たちが
集まってくる。11日の最後のロンドン公演には、これまでの俳優が全員招集された
という。壮観だったろう。



553 :駄文祭り・夏目漱石:02/11/04 18:04 ID:Wj/r6+bg

2002年7月27日 ■天声人語■

 手紙文化はこれからどうなるのか。衰退の一途をたどるのだろうか。電話の登場と
普及があって、さらに電子メールが加わった。瞬時に世界中と交信することができる
便利な手紙だ。しかし、書き方は従来の手紙とは少々異なる。今後、文学者らの
書簡集を読む楽しみはどうなるのだろうか。

  たとえば、借金を頼む石川啄木の手紙を読む。「筆につくされぬ前置は以心伝心
にて御諒察被下度候」と書き出して「現在懐中十二円と若干なり、誠に済まぬけれど五、
〇〇又々御願申上候」と。

 夏目漱石が借金を断る手紙もある。「御手紙拝見 折角だけれども今借して上げる
金はない。家賃なんか構やしないから放つて置き給へ。僕の親類に不幸があつて
それの葬式其他の費用を少し弁じてやつた。今はうちには何にもない。僕の紙入に
あれば上げるが夫(それ)もからだ。……」。

  追伸が愉快だ。「紙入を見たら一円あるから是で酒でも呑んで家主を退治玉へ」。
ただしこれは啄木への返事ではない。『手紙歳時記』(TBSブリタニカ)、『心にひびく
日本語の手紙』(朝日新聞社)などから引用した。

 こうした書簡集に必ず収録されるのが、米国滞在中の野口英世にあてた母シカの手紙だ。
「おまイの。しせ(出世)にわ。みなたまけました」に始まり「はやくきてくたされ」と息子
に帰国を懇願する不思議な魅力をたたえた手紙である。

 成立した郵政4法は、手紙文化の盛衰には関係なさそうだ。50年後に編集される
書簡集を想像する。相変わらず啄木、漱石やシカの手紙が収録されるに違いない。



554 :駄文祭り・夏目漱石:02/11/04 18:04 ID:Wj/r6+bg

2002年8月21日 ■天声人語■

 高校野球の決勝戦を迎えるといつも夏の終わりを感じる。閉会式の行進曲とともに
夏が去っていく。そんな感慨を毎夏味わう。夏休みも残り少ない。そちらの思いが
強いという高校生も多いだろう。で、夏休みといえばじっくり読書をするいい機会だが、
皆さんどうだったろうか。

 森鴎外や夏目漱石ら「文豪」の作品が高校の国語教科書から消えていく。そんな報に
接して、時代の変化を感じる。教科書は、それをきっかけに読書をする目録のような
ものだろう。読みこなせるかどうかは別にして、「文豪」の見本程度は残しておいても
いいのではないか、と思った。

 一方、街には日本語関係の本があふれている。日本語力を高めようという機運が
あるようだ。この「ブーム」については、本紙文化欄で作家の丸谷才一さんがこう指摘
している。「考えるための道具である日本語の性能が低いのではないかという不安
が生じたのだ。みんなの心の底で、漠然と」。

  それでいくと、先の「文豪」は近代日本の始まりにあたって「考える」ことをした人
だった。そのために日本語という「道具」を駆使した人だった。

  漱石でいえば、お札からは消えていくし、教科書からも消えていく。寂しい思いがする。
ただし本人は「他人は決して己以上遥かに卓絶したものではない。また決して己以下に
遥かに劣ったものではない。特別の理由がない人には僕はこの心で対している」
(『漱石書簡集』)と考える人だから意に介さないだろう。

 日本語力と考える力の劣化、について考えさせられる。



555 :駄文祭り・夏目漱石:02/11/04 18:05 ID:Wj/r6+bg

2002年10月29日 ■天声人語■

 夏目漱石は山路を登りながら考えた。「智に働けば角が立つ。情に棹(さお)させば
流される。意地を通せば窮屈だ」。この『草枕』の有名な書き出しをしばしば思い
浮かべるこのごろだ。

 拉致事件をめぐってさまざまなことを思い、考えさせられた。被害者が帰国したときの
感動と涙に始まって、一連のできごとでは「情」に流れることばかりだった。拉致という
非道な行為やそれを実行した国への憤り、これもまた当然の「情」だろう。

 しかし「情」に流されてばかりもいられない。死亡を伝えられた被害者をめぐる謎は
多いし、帰国した被害者の永住のためには克服すべき難題がいろいろある。そうした
状況を冷静に把握し、打開策をさぐるためにも「智」を働かさざるをえない。
多少「角が立」ってもやむをえない。

 きょうから始まる日朝正常化交渉では、「意地を通す」ことも必要だろう。拉致事件や
核開発問題で言うべきことを相手にまっすぐ言う。最初からそんな姿勢では交渉全体が
「窮屈」になりはしないか、などと遠慮はしていられない。

 いまは「情」も「智」も「意」も尽くして、事態打開にあたるべきときだろう。ただし、
あまりどれかに偏すると物事はゆがみやすい。三つのバランスを保ちながら進めることだ。

 『草枕』は「兎角(とかく)に人の世は住みにくい」と続く。しかし、その「人の世」をつくったのは
神でも鬼でもなく「唯(ただ)の人」である、と。こんどの交渉相手も、多々問題はあるにせよ、
所詮(しょせん)「唯の人」である。そう思えば、打開の糸口もつかめるのではないか。



556 :駄文祭り・もの食ふ人びと:02/11/04 18:06 ID:Wj/r6+bg


   ★追悼駄文祭り2★タミー小池の天声人語〜もの食ふ人びと〜



557 :駄文祭り・もの食ふ人びと:02/11/04 18:06 ID:Wj/r6+bg

2001年4月8日 ■天声人語■


 尾張、紀伊、水戸といえば、徳川の御三家でマツ、イブキ、ヒノキといえばいわゆる
三木だ。では、ネギと生シイタケとイグサといえば……なべ物の材料、ではないし、
すぐには関連を思いつかない。

 一般セーフガードという難しい用語の対象になる3品だそうだ。輸入が多すぎて、
国内の生産者がたいへんだから、ブレーキをかけようということらしい。なぜ、その3品か。
いずれも中国からの輸入品という点では共通している。でも、わざわざ中国産品ねらい撃ち
というわけでもないだろう。

 確かに、少し前からネギは一束100円とか、生シイタケもどっさりまとめて200円とか、
冬のなべにはありがたかった。数字で見ると、ネギはこの3年間で輸入が10倍近くに急増
している。しかし、輸入品の割合は1割弱だ。生シイタケは90年代に輸入が増え続け、
4割を占めるようになった。イグサは、畳表の原料だが、畳の約半分が輸入品らしい。
でも、この3品だけが特に突出しているわけではない。

 では、なぜこの時期に? なべの季節が終わったから、との好意的解釈は、イグサ
が入るから通用しない。「ここは政治の出番なんでしょうなあ」という宮沢財務相の
言葉が実感がこもっている。

 農林族議員といわれる人たちが動いたらしい。そんな政治の仕組みがまだ働いて
いたのか、と少々暗い気持ちになる。それでものごとがまわっていったらきりがなくなる。

 消費者として懐に響くのもさることながら、よく言われる政治主導とはこういうことなの?
 と尋ねたくなる。



558 :駄文祭り・もの食ふ人びと:02/11/04 18:07 ID:Wj/r6+bg

2001年5月17日 ■天声人語■

 先日、昼食にそば屋へ行って驚いた。しーんとしている。あわててまわりを見た。
客はいる。どういうわけかほとんど若い女性だった。

 ちゃんとそばを食べていた。音をたてないで、するするもぐもぐ食べていた。こちらも、
ひとり勢いよくすする気が失(う)せた。もぐもぐとはいかないが、遠慮がちにずるずる
やった。友人からは、後日、こんな笑い話を聞いた。

 あの「ずるずる」はたいていの欧米人が苦手とする。しかし日本文化に溶け込もうとした
Aくんが何とか音を出せるようになった。街のそば屋で実演を試みた。勉強の成果を
精いっぱいに発揮した。そして満足げにまわりを見るとどうも様子がおかしい。
「するする」女性が多かったのだろう。彼を見る目は、称賛の目からは遠かった、と。

 いろいろ聞いてみると、実際、若い世代はあまり音をたてなくなっているらしい。
女性にその傾向がとくに強いようだ。若い女性数人から「友だちの半数以上は音を
たてないかな」とも聞いた。

 そばは、落語では欠かせない題材で、そばをすするのは、大事な動作だ。もちろん、
そばなしで、音だけずずずーっとやる。うまいもんだ、といつも思う。しかし、これにも
ひょっとしたら、将来は解説が必要になるのか、と心配になる。

 こんな短歌があった。〈立食ひのまはりはうどん啜るおと蕎麦すするおと差異のさぶしさ〉
(小池光)。現代サラリーマン諸氏の「寂しい」食事風景だろう。でも「差異のさぶしさ」
どころか、そのうち「おとなき寂しさ」になってしまうかもしれない。


559 :駄文祭り・もの食ふ人びと:02/11/04 18:07 ID:Wj/r6+bg

2001年5月27日 ■天声人語■

 先日、小欄でそばをすする音について書いたところ、ご批判やご意見をいろいろ
いただいた。それらを参考に「すする」を再考する。

 そばを食べるとき、音をたてない若い女性がふえた、と書いた。「衣服が汚れない
ように食べているだけ」という女性からの反論が多かった。音をたてるのがいかにも
「正しい」食べ方であるかのような書き方へのお叱(しか)りもあった。

 「せんべいとたくあんとそばは音をたてて食べるのがおいしいといいますが、そばの
場合は江戸時代に自然に出てきたのでしょう」。そう言うのは東京の神田藪蕎麦社長
の堀田康彦さんだ。そばを長くつなげる技術を競い合った時代で、しかも『長居は野暮
(やぼ)』とされるそば屋だ。長いそばを急いで食べる。いきおい音をたててかき込む
ことになる、と。

 それが「粋(いき)」な食べ方として定着したらしい。堀田さんは「音をたてなくなった
のは欧米のマナーが広まってきたから」とも言うが、その意見も多かった。あちらでは、
食事中に音をたてるのは、普通、下品とされる。それがそばにまで及んだ、と。

 伊丹十三監督の映画「タンポポ」にこんな場面があった。作法教室の先生がレストランで
スパゲティの食べ方を生徒に教える。もちろん「音をたてないように」だ。と、近くで大きな
音がする。見ると、イタリア人が豪快にずるずるかき込んでいた。品は良くないが
おいしそうだった。

 食べ方は、いろいろだ。文化と礼儀の領域だから、押しつけはできない。ただ、「すする」を
例に、食の風景の変化を記しておきたかった。



560 :駄文祭り・もの食ふ人びと:02/11/04 18:08 ID:Wj/r6+bg

2001年6月20日 ■天声人語■


 デパートで奇妙なものを見かけた。四角いスイカである。話には聞いていたが、
実物にお目にかかるのは初めてだった。わんぱく少年がかしこまって正座をしている
ような風景に、一瞬笑いをこらえたが、こらえることもなかった。相手はスイカだ、気分
を害することはないだろう。

 値段を見ると、笑いごとではない。1万5000円とある。ちょっと買って食べてみるか、
というわけにはいきそうもない。それで疑問だけが残った。中の赤い実は丸いのか
四角いのか。どうやって切って食べるのか。

 産地にたずねてみてよかった。中の実も四角いそうだが、実は生食用ではなく、
観賞用だという。当初は生食用を目指したが、結局、形のために味を犠牲にしたというのだ。
その作り方は「企業秘密」で、開発した香川県の生産農家では特許出願中だとか。

 この欄で以前「直線と曲線」の話を書いたことがあるが、生物学者の赤澤堯さんから、
湯川秀樹氏の随筆「自然と人間」を教えられた。「自然は曲線を創り人間は直線を創る」
と書き出される随筆(初出は1940年)だ。

 自然界で、偶然に直線が現れる確率は曲線に比べると無限に小さい。しかし、人間
は直線が好きだ。簡単な規則に従い、取り扱いに最も便利だから。人間が自然界を
説明する自然法則もほとんどが直線的だ。しかし、さらに奥深く進めば、直線的でない
自然の神髄に触れるのではないか、との奥深い話だ。

 あまりに人間的な四角いスイカを眺めながら、自然界の神秘と人間の技術について
思いをめぐらすのだった。



561 :駄文祭り・もの食ふ人びと:02/11/04 18:08 ID:Wj/r6+bg

2001年6月24日 ■天声人語■

 チャンネルを回しても回しても食べ物の番組ばかりということがある。何と食べる
ことの好きな人たち、あるいは食べるのを見ることが好きな人たちなのか。日本の
テレビ番組の一大特徴だろう。

 さすがに趣向を凝らした番組もあって、海外へ輸出もされている。ただし、まったく
趣向を凝らしていない部分もある。試食のときのせりふ、味の表現である。「意外に
歯ごたえがある」「意外にさっぱりしている」などと「意外」を連発するか、せいぜい
「潮の香りがします」程度だ。

 日本語にはもう少しましな言い方があるだろうに、と手元の本を繰ってみる。たとえば
自他ともに認める食通の北大路魯山人(1883〜1959)はどうか。やや意外だった。
ひたすら「美味」で押しまくっている。多く「美味(びみ)、美味(おい)しい、美味(うま)い」
を使い分けるばかりだ。大先生というのは、うまいかまずいか、を言うだけでいい
ということなのか。

 濃厚な描写というのもある。最近ではこんな描写に出合った。「きわだって照りのある、
暗色の肉入りシチューをかけたサフラン・ライス」についてで、その味を「一種暗い戦慄
(せんりつ)に満ちていて、偉大なる低音の基調があり、……」と描写していく。

 映画で話題になった『ハンニバル』(新潮文庫)の一節、といえばおわかりだろうか。
ここは、異常なるカニバリズム(人肉食)をめぐる小説、と言うにとどめておこう。

 失礼、口直しです。やはり和食の淡泊さがいい。描写も、簡潔がいい。魯山人の言う
「新鮮に勝る美味なし」。この一言に尽きる和食だ。



562 :駄文祭り・もの食ふ人びと:02/11/04 18:09 ID:Wj/r6+bg

2001年9月12日 ■天声人語■

 「とりあえず枝豆」の季節である。ビールのつまみには欠かせない。ゆでて塩をふる
だけだから調理は簡単だが、枝豆にうるさい人は結構多い。

 「ゆで立てにぱらりと手塩をふったのが好き」という作家の永井龍男さんは「冷蔵庫
に入れると豆の味は死んでしまう」。彼が語る夏の楽しみは、こうだ。「さっと汗を流して上り、
縁側で一と涼みしていると、枝豆とビールの小瓶が食卓に運ばれてくる」(「熱い冷たい」)。

 生前、鎌倉のお宅に伺ったことがあるが、裏山が迫る庭に張り出した縁側があって、
なるほど湯上がりにはさぞかし気持ちいいだろうと思う。ただし、わが訪問は桜の季節で、
残念ながら枝豆には少々早すぎた。
 大豆を未熟のうちに、枝ごと刈り取って食べる。よく考えついたものだ。日本独特の
食べ方だろうか。古くからある食べ方らしく、江戸時代には、ゆでた枝豆を売る行商人
もいたらしい。

 出版人で随筆家の小林勇さんにはこんな話がある。前方から中年の婦人が枝豆の
束を提げて歩いてくる。小林さんはとっさにお辞儀をして、その枝豆はどこで手に入るか尋ねた。
この先に老先生が住んでいて「季節のものを愛し、殊に枝豆は大の好物である」から、と。

 分けてもらうのは不可能だという婦人は、もの思う表情を見せて、2束のうち1束を
押しつけて「差し上げます」と足早に去った。老先生宅で話をしていて、枝豆が運ばれて
くると「そいつは豪気だ」と老先生、幸田露伴は喜んだ(「枝豆」)。戦後すぐ、枝豆1束
も入手が難しい時代だった。



563 :駄文祭り・もの食ふ人びと:02/11/04 18:09 ID:Wj/r6+bg

2001年9月12日 ■天声人語■

 人間界にも、食べ物のタブー(禁忌)というのがある。たとえば、イスラム教徒は
コーランの教えに従って豚肉を食べない。こんな俗説を聞いたことがある。豚肉は
しっかり火を通さないと食中毒になりやすい。その危険を避けるための知恵だった、と。
俗説ではあるが、なるほど、と思わせるところはある。

 狂牛病については、飼料原因説が有力だ。死んだ家畜などを粉にして混ぜ合わせる
肉骨粉が牛の世界にあの病気をもたらしたというのだ。考えてみれば、牛はそもそも
草食動物である。それに、同類の牛も含めた「肉や骨」を食べさせて育てる。これを
「近代畜産が生み出した強制的共食い」という専門家もいる。

 どうやら人間が勝手に自然界のタブーを破ってしまった。その病気が、さらに「人畜」
の境界を越えて人間界に侵入する。犠牲者にはたまったものではないが、不遜(ふそん)な
人間への罰であるという見方もできるかもしれない。

 しかも病原体はウイルスでも細菌でもなく、プリオンといわれるたんぱくの一種らしい。
研究は始まったばかりといっていい。治療法はまだ見つかっていない。

 この「文明病」が日本に上陸した恐れがある。いや、あまり大げさな言い方はしない方が
いいのかもしれない。それでなくても、この病気は必要以上に恐怖心をあおる可能性がある。
正確な情報に基づいた的確な行動、これが肝要である。その情報を管理する役所の責任は重い。

 そんなとき米国の事件が飛び込んだ。これがテロだとすると、最悪の「文明病」だ。
人類の病は深い。


564 :駄文祭り・もの食ふ人びと:02/11/04 18:10 ID:Wj/r6+bg

2002年1月24日 ■天声人語■

 想像するだけでも異様な光景だ。13・8トンもの牛肉の詰め替え作業をする。663箱分に
あたるという。上司の命令だったのだろうが、休日に動員された社員はどんな気持ち
で作業をしたのだろうか。雪印食品の牛肉すりかえ事件である。

 この事件で、何ともいえない暗い気持ちにさせられるのは、いくつか嫌なことが重なって
いるからだ。まず親会社の雪印乳業の食中毒事件があった。雪印というブランドに大きな傷が
ついたあの事件から1年ちょっとしかたっていない時期である。雪印グループとしては
名誉回復に向けての重要な過程にあったはずだが、そのことは頭になかったのだろうか。

 また、狂牛病発生という危機を悪用しようとした。業界にとっても、あの危機をどう乗り切るか、
極めて深刻な時期だったはずだ。それに便乗どころか悪用とは。しかも結局は税金でもって
賄われる「買い取り制」の悪用である。

 そうしたことに加えて、もうひとつ暗然たる気持ちにさせられることがある。生産者や
消費者への思いがまったく感じられないことだ。両者をつなぐ食品会社として、どちらとの
つながりも大事なはずだが、それが感じられない。

 オーストラリアからはるばる送られてきた牛肉を国産牛と偽り、結局は廃棄の対象にする。
牛を育てた酪農家だったら、身を切られるような思いで焼却処分に向けるのではないか。

 消費者からすれば、そんなごまかしをする食品会社を信用する気にはなれない。
「モー我慢できない」。牛にしてもそんな気持ちになるのではないか。



565 :駄文祭り・もの食ふ人びと:02/11/04 18:10 ID:Wj/r6+bg

2002年2月3日 ■天声人語■

 少し前だが、本紙(東京本社発行)の「声」欄に、「時代劇の主役太り過ぎでは」という
投書が載った。遠山の金さんや旗本退屈男が、でっぷりと、あまりに福々しくては、剣術の
立ち回りもままなるまい、という時代劇ファンの嘆きだ。

 そんな気もするが、いや主役はあのくらい貫録がないと、という反論もあるかもしれない。
「武士は食わねど高楊枝(たかようじ)」という言葉から想像するのは空腹をこらえ、
眼光鋭い細身の姿だが、実際の侍はどうだったのだろう。

 例えば江戸時代、豊後(今の大分県)臼杵藩の武士の食事は飽食などとは無縁だった
ようだ。「朝は粥(かゆ)、昼は麦飯。副食は朝昼とも大根や瓜(うり)などの漬物で、夕飯に
みそ汁をたく。一日、十五日のみ野菜の煮付けか、雑魚を食べる」(『大分歴史事典』)。
これで太れという方が無理だ。

 が、武士が皆やせていたのでもない。戦国時代の武将今川義元は肥満で馬に乗れず、
輿(こし)で移動して軍勢を指揮したという。藤堂高虎は大食漢で体重は30貫(約113キロ)
あったと伝えられるが、やはり例外だろう。

 「豊かさの象徴だった肥満は今や貧困の象徴」。肥満研究で名高い米コロンビア大学付属病院の
医師はそう話す。現代の米国人は19世紀半ばの南北戦争のころの同身長、同年齢の
米国人より平均10キロ重い。特に低所得層の肥満と成人病が深刻だ。一説では、
ハンバーガーなどファストフードの影響が大きい。

 臼杵藩の質素な食事を笑えようか。これに、たんぱく質と野菜をもっと加えると、
粗食変じて豊かな「スローフード」になるはずだ。



566 :駄文祭り・もの食ふ人びと:02/11/04 18:11 ID:Wj/r6+bg

2002年7月13日 ■天声人語■

 何でも腐りやすい季節である。なのに、これほど腐りにくくていいのだろうかと思うときが
ある。たとえば牛乳だ。日持ちがいい。英国に滞在していたときは、冷蔵庫に入れていても
すぐ腐ってしまうのに閉口した。日本との違いに驚いた。閉口はしたが、納得もした。
牛乳は本来腐りやすいのではないか、と。

 高温多湿の日本の夏である。牛乳はともかくとして、さまざまな食品に保存のための
工夫がされているのだろう。ありがたい半面、やりすぎではないかと心配にもなる。
人工的な手を加えすぎているのではないか、と。

 「食」をテーマにした本社世論調査(12日朝刊)でも、多くの人が食べ物の安全性に
不安をもっていた。なかでも添加物への不安が大きかった。目には見えないし、影響
もはっきりしないから気がかりは増す。

 調査結果で驚いたのは、食生活は良くなっているかどうかの項目で、世代の差が極端な
ことだ。年齢が高くなるほど「良くなった」、低くなるほど「悪くなった」という。高齢者は
50年前に比べると良くなったと考えたのだろう。悪くなったという若い世代は、自分
の食生活が貧しくなった実感を語っているのか。

 カロリーの取りすぎを心配する人も多い。肥満が深刻な社会問題になっている米国
と比べると深刻度はずいぶん違うと思う。しかし、米国並みにダイエットの本や食品が
あふれるのは、心理的な要因が大きいのではないだろうか。

 中国製の「やせる」薬で死者が出た。極端な例かもしれないが、「食と健康」について
再考を促す事件だ。



567 :駄文祭り・もの食ふ人びと:02/11/04 18:11 ID:Wj/r6+bg

2002年7月19日 ■天声人語■

 昔はこんなに水を飲んだだろうか、と思うときがある。ペットボトルの水のおかげである。
あれを持ち歩く習慣がついてしまった。水事情が良くない海外を旅行したときからの習慣かも
しれない。水が手元にないとつい不安になる。

 手元にあると無意識のように口をつけてしまう。本格的な渇きを感じる前に飲んでしまう。
水の存在が疑似的な渇きを招いているのではないか、と反省するときもある。欲求
があって何かを欲しがるのではなく、何かが目の前にあるから欲求が生まれる。

 水ではなくお茶の人もいるだろうし、あるいはスナック菓子の人もいるだろう。そうした
飲食物だったらまだいい。しかし、もっと別の物で同じ心理が生じるとすると……と考えて
不安を覚えることがある。たとえば武器である。

 昔の武士は試し切りというのをしたらしい。いい刀を手に入れると使ってみたくなる。
わら人形相手ではつまらない。そういって実際に人間を相手に試し切りをしたという。
そこまでさかのぼらなくても、最近の戦争でも似たようなことがあったという話はよく聞く。
殺傷の欲望を、手にした武器が促す。

 究極の武器といえば核兵器に行き着く。インドとパキスタンとの緊張がまた高まっている。
核保有国の両者が自制できるかどうか。ペットボトルの水をにらみながら核戦争の恐怖に
おびえる。あまりに極端な連想かもしれないが、人間の欲望と自制との関係という点では、
同じだ。

 ものと欲求との関係が転倒しやすい時代だ。気をつけないと、みるみる深みにはまる。


568 :文責・名無しさん:02/11/04 18:17 ID:Wj/r6+bg



     ★タミー小池・追悼駄文祭り★


          ★終了★


訂正
>>562 2001年9月12日→ 2001年7月22日

来週の、駄文祭り・傑作選もよろしく。  俺節(ところでタミー降板はネタじゃないよね?)


569 :文責・名無しさん:02/11/04 18:29 ID:wmXH/AKn
乙彼。
ネタじゃないよ、本当。日垣の情報が間違ってたらその限りじゃないけどな。

2人体制のもう一人はだれかと言う問題だが、
俺の何の根拠もない予想だと・・・
(1)早野
(2)船橋
(3)外岡
のどれかだな。

570 :文責・名無しさん:02/11/04 18:37 ID:z/lklMjy
>>569
ちなみにその三人の文章力はどうよ。
ていうか、コイケって朝日の内部的に文章力的には普通なのか劣っていたのか。


571 :文責・名無しさん:02/11/04 18:39 ID:RJ6f0/G+
タミーの文章はすぐ見分けがつくと思うけど、
今まで以上にツギハギな電波文章になったらどうしよう…(w

でも、今までネタとしてやってきた
「今日は別人?」が使えなくなるのか…

事実は小説よりも奇なり、て本当に起こるんだなぁ…

572 :文責・名無しさん:02/11/04 19:41 ID:TdaEmCBv
韓国は小説よりも奇なり

573 :文責・名無しさん:02/11/04 19:42 ID:JiTxVEtg
記事の丸写しがあったけど、あれが原因なのかなぁ・・・・

574 :文青・名無しさん:02/11/04 20:03 ID:mVwneINL
小池降板キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!! って、乗り遅れちゃったよ・゚・(ノД`)・゚・。

ついに来るべきときが来たか… (まあ今まで使われ続けたことの方が奇跡だが…)
まあ、ひとまず我々に毎朝面白いネタを提供してくれた小池民男のご冥福を祈り、
黙祷のひとつでも捧げてあげようではないか。
( -д-)∩迷わず成仏しろよ… あの世に行ったら、戦争で死んだ人達にちゃんとワビ入れろよ!

575 :文責・名無しさん:02/11/04 20:18 ID:pzOLaLa2
やめたの?
ここのスレ愛好者としてはちょっと残念だ

576 :文責・名無しさん:02/11/04 20:20 ID:+KshWSfD
駄文祭りとかいう荒らしはヤメレ

駄文でスレを荒らすのは完全な荒らし行為だろ。>朝日?

577 :文責・名無しさん:02/11/04 20:20 ID:z/lklMjy
以後の二人体制を考えてみる。

コイケ=無難な過去の書き駄目原稿を、少しだけ時事にあわせて書き直したものが掲載される。

もう一人=微妙な時事の話を、新論説委員と相談しながら掲載する。


578 :文責・名無しさん:02/11/04 20:27 ID:u1QTSrfX
>>546
>夏目漱石とか好きだから
思いっきりあずまんがじゃねーかw
空耳ケーキを聴きながら、そんなことを考えてみた。

あーあ、小池ちんが降板したら、そんな小池節は楽しめなくなるのね・・・。

注:空耳ケーキを聴きながら、のところはノンフィクションw

579 :文責・名無しさん:02/11/04 20:30 ID:2pFFxulf
朝日は何の権利があって我々庶民のささやかな朝の楽しみを奪うのか。
謝罪と賠償を(略

巨泉の時みたいに社民党議員が
「やめないで」って止めてくれないかなあ。さみしくなるなあ・・・


580 :タミ〜:02/11/04 20:34 ID:wk3EwXuQ
>>579
やめるんじゃないです。もうやめたんです

581 :文責・名無しさん:02/11/04 20:40 ID:2pFFxulf
識者と書いて「デムパ」と読む。そんなあなたが好きでした。

誰かドラえもんが未来に帰るときのAA貼ってくらさい。


582 :文責・名無しさん:02/11/04 20:44 ID:wmXH/AKn
今日の日垣の文章によると、10月16日付に28回目のシェークスピア
を登場させたことが朝日社内で話題を呼んだということ。今日付けのは29
回目だって。

583 :文責・名無しさん:02/11/04 20:48 ID:38m8CMKY
新体制は、
@ 小池が書いて、それを新任が添削してから掲載。
A 小池と新任がそれぞれ書いて、良いほうを掲載。



584 :文責・名無しさん:02/11/04 20:50 ID:u1QTSrfX
          ↓後任               ↓小池
           ___                _
       / ____ヽ           /  ̄   ̄ \
       |  | /, −、, -、l           /、          ヽ
       | _| -|  ・|< ||           |・ |―-、       |
   , ―-、 (6  _ー っ-´、}         q -´ 二 ヽ      |
   | -⊂) \ ヽ_  ̄ ̄ノノ          ノ_ ー  |     |
    | ̄ ̄|/ (_ ∧ ̄ / 、 \        \. ̄`  |      /
    ヽ  ` ,.|     ̄  |  |         O===== |
      `− ´ |       | _|        /          |
         |       (t  )       /    /      |
              「できることなら…辞めたくないんだ。君の事が心配で」
「ばかにすんな!ひとりでちゃんとやれるよ。やくそくする。」

585 :文責・名無しさん:02/11/04 20:57 ID:PEUa9mW2
林彪生存説と同じで以前から複数体制だったであろう。
小池はとうに失脚していたのではないか。
つか、あんなので生き延びられる訳がない。
小池が書いてるとされて来たのは瑕疵ある駄文を垂れ流して来た
朝日新聞社の責任逃れの為であろう。

別人?の日は文字通り別人。

586 :文青・名無しさん:02/11/04 21:04 ID:mVwneINL
前スレ落ちてて見れないという人もいるだろうから、念のため10/16の天人を再掲載。

■《天声人語》 10月16日

◇「期待と不安と」。再会を待ち受ける拉致被害者の家族は一様にその複雑な思いを語っていた。
それはそうだろう。24年間もの空白である。しかし北朝鮮からチャーター機が飛来し、再会が
実現した瞬間「複雑な思い」は吹き飛んだ。肩を抱き合い涙を流した。単純に喜びを表現した。

◇24年間でさまざまな隔たりができたかもしれない。しかし変わらないものが少なくとも一つあった。
互いに肉親のことを忘れず思い続けたことだ。空港での再会の場面はそのことを教えてくれた。

◇シェークスピアの「ハムレット」に出てくるこんなせりふを思い浮かべる。「愛が時にうち勝つか、
時が愛にうち勝つか」。再会の瞬間はまさに「愛が時にうち勝った」としかいいようがない。
長い空白の時間を飛び越えて、肉親の愛がほとばしる光景だった。

◇夜の記者会見では、帰国した人たちは皆多くを語らなかった。一方で再会後の振る舞いは
いろいろだったことが家族の話からうかがえる。

◇浜本富貴恵さんはたいへん陽気で「恥ずかしいほどよく笑っていた」と兄の雄幸さん。富貴恵さんの
夫の地村保志さんもホテルに向かうバスで車窓のカーテンを全部開いて外に手を振ったりしたそうだ。
他方、バスの中でほとんど会話がなかったという蓮池薫さんは自分の姿が映るテレビを凝視
していたという。

◇「あの瞬間は忘れることができないと思う」と男同士で抱き合った再会の瞬間の感激を蓮池さんの
父秀量さんが語った。戸惑いはあるにせよ、その言葉がきのうから始まった新しい展開の原点
ではないか。

587 :文青・名無しさん:02/11/04 21:10 ID:mVwneINL
ちなみにこの日のここでの感想は、おおむね「電波が足らん」「シェークスピアの引用はいらん」
というものでした。
「朝日内での反響」というのが、具体的にどういうものだったか(賞賛か批判か)ってわかります?

>>585
情報が本当なら、11/1から既に複数体制が始まっているから、11/1〜4の天人に新人が
書いている可能性はあるね。 俺は、自信はないが11/1は最後の余計な一文がなければ
普通に読めたので、あるいは11/1がそうなのか? とも思った。
ただこれだけは確信して言える。 今日(11/4)のは絶対にタミーだった。

588 :文責・名無しさん:02/11/04 21:11 ID:z/lklMjy
拉致問題関連で、小池天人の、他紙と比べてのあまりのヘタレぶりが
社内的に問題になった、ということだろうな。


589 :文責・名無しさん:02/11/04 21:14 ID:z7YbSo3k
兄 讀賣「まっとうな論調に帰れよ」
弟 朝日「オレの58年間を否定するのか?それなりにやっている」
讀賣「、、、、(こいつ、潰れるな)」

590 :文責・名無しさん:02/11/04 21:17 ID:wmXH/AKn
>>587
後半の11月からというところ日垣の文章もあいまい。

>まあとにかく、あとしばらく11−12月はK氏による天声ちんこが楽しめるよ
>うで(人語でした)、正月から3月末にかけ次第にフェイドアウトしてゆく、
>というシナリオだそうです。これなら小生意気な日垣にも気づかれまい。
>って、バレてる。

 この文章によると、2人体制だからすぐ交互に書くってわけでもないよう
だね。
 それから朝日内でも反響は「またやっちゃったよ」というもんだった
というようなもんだったようです。

591 :文責・名無しさん:02/11/04 21:19 ID:z/lklMjy
「拉致なんてたいした問題じゃない」って迷文もあったねぇ。。。


592 :文青・名無しさん:02/11/04 21:28 ID:mVwneINL
>>589
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) まっとうな論調に帰れよ
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i  
    /   \  讀  | |
    /  朝/ ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/       / (u ⊃ 

  
 オレの58年間を否定するのか?それなりにやっている

            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`ili ) 、、、、(こいつ、潰れるな)
     ( #´_ゝ) /   ⌒i  
    /   \  讀  | |
    /  朝/ ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/       / (u ⊃ 
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

593 :文責・名無しさん:02/11/04 22:02 ID:Yj2HiJoR
あげ...

594 :文責・名無しさん:02/11/04 22:14 ID:m5pKKjnV
>>590
スレ違いだけど、日垣の新メルマガってどうすか?
1万円の価値あり?
俺的には、ちょっち高いかと・・・。



595 :文責・名無しさん:02/11/04 23:03 ID:WVUQkOAa
小池タンおつかれさま

596 :文責・名無しさん:02/11/04 23:25 ID:RJ6f0/G+
そういや最近タミー風味の社説(読書週間のやつ)が載ってたけど、
マジでタミーが書いたものだったのかも…

天人からフェイドアウトしても論説委員には残る、てことなのかなぁ…

597 :文責・名無しさん:02/11/05 00:54 ID:2q7H9GQk
>>594
俺も高いとは思ったが、今日みたいなネタがどんどん出てくるなら
悪くはない。今はまだ判断不能といったところかな。

598 :文責・名無しさん:02/11/05 06:21 ID:uGYp8Sbr
円満移動ではなく、フェイドアウトか
散り際も惨めなタミー

599 :文責・名無しさん:02/11/05 07:11 ID:FyRM7kT3
フェードアウト、この場合には「なし崩し」とでも訳しても良いですか。
他社の言動には、非常に厳しい朝日さん。ご自分のことになると「なし崩し処理」
これで「社会の木鐸」ですか<アサヒさん。

600 :文責・名無しさん:02/11/05 07:39 ID:f0K/43We
今朝のはあまりタミーぽくないが、どうなんだろうな。


601 :文青・名無しさん:02/11/05 07:52 ID:TydSBp/B
■《天声人語》 11月05日

◇拉致事件をめぐって読者からいろいろ意見をいただく。いずれも痛みを込めた便りで、忘れがちな
見方を教えられることも少なくない。

◇20人が亡くなった96年の北海道のトンネル崩落事故と重ね合わせて家族のつらさを思う人がいる。
あの事故で、たとえ絶望的な状況だとしても、家族は一刻も早く重い岩を取り除いてやってほしい、
と願った。「遺族の一人が『自分の身内だと思ってやれ!』と叫んだ言葉が、私の心にもささります」。

◇本欄も含めてメディアの実感を欠いた「冷たさ」への批判がある。「もっと切実感を持った書き方が
できないでしょうか?」という神奈川県のFさんは「かつて日本がアジアの国々に対して、今日の北朝鮮が
行っている以上のことを行ったことも日本人はこの機会に省みるべきだと思いつつ」。

◇拉致事件への認識が甘かった野党政治家を批判する熊本県のOさんは「権力に対する批判という
だけで善悪正邪の視点を見失っている」と本紙をはじめ野党に甘くなりがちなマスコミの体質を指摘する。

◇北朝鮮の国民は普通の人間かもしれないが「前代未聞の独裁国である」とする神奈川県のSさんは
「拉致事件という犯罪を犯した国を相手に国際常識の通じない交渉はあまりに難しい」。

◇日本への永住帰国で無理をしすぎると「被害者の方々が24年間なんとか生きて、つくってきた家庭を
こわすことになりかねない」と心配する神奈川県のOさんのような意見もある。

◇政府間の交渉が進む拉致事件は、すべてをそこには収めきれない多様な思いをかかえている。

602 :文青・名無しさん:02/11/05 07:52 ID:TydSBp/B
> 「かつて日本がアジアの国々に対して、今日の北朝鮮が行っている以上のことを行ったことも日本人は
この機会に省みるべきだと思いつつ」。
これは昨日のNステの続きだな。 なんのことか分からない人はNステスレみるべし。 昨日だけで
part34〜35またいで800近いレスがついてるから。 どうも朝日グループが拉致問題の挽回策として、
「拉致より植民地支配のほうがひどかったじゃないか」キャンペーンをついに始めたらしい。
しかし、俺も20年間拉致問題を無視してきたメディアは十分冷酷だと思うが、このFとやらは今の
朝日の反日謝罪報道ではまーだ飽き足りないのか。 謝罪したきゃ自分だけでやってほしいよ本当。

> 本紙をはじめ野党に甘くなりがちなマスコミの体質を指摘する。
まったくその通りだ。 そういえば天人って、一連の騒動の中で社民党批判したことってあったっけ?

> 「拉致事件という犯罪を犯した国を相手に国際常識の通じない交渉はあまりに難しい」。
「前代未聞の独裁国である」点はもちろん同意だが、「国際常識の通じない交渉」ってなんのことだろう。
日本語が変でないか? 「拉致事件という犯罪を犯した国際常識が通じない国を相手に、交渉は
あまりに難しい」っていうことなのかな。

> 政府間の交渉が進む拉致事件は、すべてをそこには収めきれない多様な思いをかかえている。
意味不明。 多様な思いがあろうが反対意見があろうが、外交は国として主張を一元化して望むべき。
そりゃ今の外交が北に強い姿勢を崩そうとしないのは、天人にとっては面白くないのはわかるけどさ。

俺は、今日のはタミーに一票。 なんとなく。

603 :文責・名無しさん:02/11/05 07:55 ID:f0K/43We
>>602
タミーが書いたら文章はもっとヒドいだろ。
だもんで、タミーより多少は文章に関してはマシだが、思想的にアサヒな新キャラかと思ったんだな。


604 :文青・名無しさん:02/11/05 08:04 ID:TydSBp/B
>>603
新キャラがどんな文章書く奴かまだ何にも分かってないからなんともいえない。
ただ、「だからどうした」という結論にタミー臭を感じた。

605 :文責・名無しさん:02/11/05 08:52 ID:6oCkGeAK
>>602
コイケ臭のうすいところ:
●書き出しが倒置法では無い。
●例の「そんな」が一つも無い。
●日本語として破滅的なところは無い。
コイケ風味のところ。
●第3段落の自虐派のせりふ
●結局自分の考えをいえない落とし。
ただしコイケらしいところは、アサヒ幹部に共通するところだろう。
うーん。アテ勘で新キャラにします。


606 :文責・名無しさん:02/11/05 10:14 ID:mksPO/Cd
いや、今日のは絶対に小池だと思う。
●結局自分の考えをいえない落とし。
この部分は小池ならではだと思う。


607 :文責・名無しさん:02/11/05 11:41 ID:pqp1A+1S
アリバイ工作的なものも織りまぜつつ、
結局は都合のいい部分だけを投書から抜き出すやり方は相変わらず。
タミーに一票。


608 :文責・名無しさん:02/11/05 11:42 ID:ebDOh15j
アリバイ工作的なものも織りまぜつつ、
結局は都合のいい部分だけを投書から抜き出すやり方は相変わらず。
タミーに一票。


609 :文責・名無しさん:02/11/05 12:16 ID:YEyf8gtW
神奈川県のFさん=大阪府生野区のキムさん

610 :文責・名無しさん:02/11/05 12:39 ID:HTfRmA1U
コピペだけど。
--------------------
テーミス2002年11月号 「朝日新聞が始めた社論大転換の波紋」を読んだよ。
http://www.e-themis.net/search/mokuji/0211.html
朝日新聞社長が佐柄木論説主幹を論説委員に降格させ、若宮論説副主幹を主幹に昇格さ
せたんだけど、テーミス誌が朝日関係者から得た情報として近く朝日は社論を大転換し、
改憲容認へと踏み出すそうだ。
実は朝日の論説委員の過半数は改憲論者(半数近くは護憲だが)なんだけど、佐柄木が
バリバリの護憲派で、論説委員を抑え込んでいた。昨年の社説での昭和天皇の戦争責任論
も、反対の声が少なからずあったのに佐柄木がやらせたそうだ。
朝日新聞編集幹部が、「編集サイドは今、読者に不信感を持たれないように、いかにさりげ
なく社論を転換するかに腐心している。最終的には憲法改正容認にまで踏み込むことになる
だろうが、幸いなことに来年の憲法記念日までかなりの時間があるので、社論を少しずつ
ニュートラルに戻し、違和感のない形で憲法改正容認を打ち出せればいいのだが」と証言。
なぜそうなったのかというと部数減少が激しいから。
朝日新聞販売幹部の証言。
「とにかく部数の落ち込みがひどい。実売800万部などというのは疑わしい。各地区とも実売
は公称の7掛けから8掛けでしかない。特にここ数年の読者離れは深刻だ。しかも、「社論が
気に入らない」「おたくは左だから」といった理由が目立って増えている。他紙も部数が落ち込
んでいるが、そうした読者の大半は他紙に切り替えるから、他紙との実売の差はますます
開いていく。このままでは実売500万部割れは時間の問題とさえいわれている」
こうした販売現場の悲鳴に営業・広告が共感し、三者一体での突き上げで社上層部が思い腰
を動かし、「社論大転換」の大号令につながったという。

ざっと、大体こんな内容。
--------------------

611 :半分荒らしみたいなもんだよ:02/11/05 12:53 ID:MV2gwhB4
ミ,,゚Д゚彡y━~~ 駄文祭りするのは構わんが、朝日のサイトへのリンクだけにしといて欲しい。

612 :文責・名無しさん:02/11/05 13:11 ID:3GwAEORB
今朝の天声人語を読むと、チョウニチ新聞の「今」が見える。
最近の大衆の批判、解約件数の激増に自身を失っているようだ。
だが、単に投書を書き並べただけではないぞ。
ちゃんと、「かつて日本がアジアの国々に対して、今日の北朝鮮が
行っている以上のことを行ったことも日本人はこの機会に
省みるべきだと思いつつ」と。最後の「・・つつ。」は余計な悪文だが、
しっかり主張はしている。

何も変わっていない。



613 :文責・名無しさん:02/11/05 13:19 ID:HTfRmA1U
>>612
ちょっとだけ変化があるとしたら、タミー時代には考えられなかった
自社批判が載っていることだと思われ。
まぁ、月末じゃないんだから引用だけでほぼ埋めてしまうのはどうかと思う罠。
しかも「声」欄のように読者の投書を引用することで社が言いたいことを
代弁させているのが卑怯臭い。


614 :文責・名無しさん:02/11/05 13:29 ID:i2Nv/9BL
何気に神奈川県の人の投書を多く取上げたのだろう?
読者増を計る罠?

615 :名無し:02/11/05 14:47 ID:ZWAf2RJu
いってることが全然おかしいんだもん。
じゃあ中国の今でもチベットと言う国を植民地にして同化政策
をしているのをどう思っているんだろう?
これは今でも中国と言う国が古い帝国主義を引きずっているからだろ。
やっぱ言論の自由を謳うくらいならこれくらい言うべきだね

616 :文責・名無しさん:02/11/05 15:08 ID:A+YHqFtf
文章読んで吐き気する新聞って他にないよな。

617 :文責・名無しさん:02/11/05 15:52 ID:lF6+ECPF
>>614

小池は神奈川県出身です。

自身の投書を自身で採用というウルトラCを行った模様。

618 :文青・名無しさん:02/11/05 16:07 ID:1vAdudzq
>>610
テーミス誌の書き方が夕刊○ジっぽくて、どこまで信憑性があるのか疑わしくはあるが…
来年の憲法記念日を見据えての改革というのは、確かに11月から半年かけて天人を交代させる
というのと一応つじつまは合ってるな。
でもこれって、結局朝日は玉音放送をしないままこっそり手の平返して、過去のでたらめな記事を
反省もせず知らん振りするということじゃないか? それじゃ結局今までと何も変わらんやんか。
それが一番朝日不信を増大させてる原因なのだが…
そこまで新聞が売れなくなっているのなら、論説委員改革なんて小手先やってないでトップの
経営責任を株主と広告主が厳しく追求してクビにするのが筋じゃないかなー、とか思ってみたり。

しかし、これを受けて社民党ははたしてどうするんだろうね。 TVCMで護憲固持してた以上
今更引っ込みはつかんだろうし、個人的にはここまできたのなら見苦しい真似はせず、
護憲掲げたまま壮絶に集団自爆して欲しいと願ってるけど。

619 :文責・名無しさん:02/11/05 17:21 ID:Gjt1fXnQ
「我が社民党は戦後一貫して憲法改正を訴えてまいりました」
と言い出すに100ジョンイル。

まあ社民党はありえないけど、朝日は来年辺り言い出しそう(w

620 :文責・名無しさん:02/11/05 19:06 ID:lnClxPWf
>>613
自社批判についてだが、朝日に限らず、「本紙を含めたマスコミ一般」として
報道のあり方を反省するポーズをとることなんて痛くも痒くもないと思う。
 責任主体はあいまいだし、なんとでもいえる。
 朝日新聞が本当に過去の個別の報道について自己批判したら別問題だが、
そういう自己批判をするのは盗用とかサンゴとか本当に言い訳できない
事件を起こしたときだけ。これは朝日に限った話ではないけどね。
 結論・私は今日のは小池だと思う。

621 :文責・名無しさん:02/11/05 19:16 ID:UETMk1U1
>>617




ま っ て  ぃ   ぽ   ん   ぷ







622 :文責・名無しさん:02/11/05 20:11 ID:HTfRmA1U
>>620
>自社批判についてだが、朝日に限らず、「本紙を含めたマスコミ一般」として
>報道のあり方を反省するポーズをとることなんて痛くも痒くもないと思う。

うん。
だけど、こういうことを書いたとアピールすることが
アサピー的に重要なんではないのかなぁ…
嘘か誠かわからんけど、社論を大変換するみたいだし、
思っても無いことをこれから書いていきそうな気がする…

623 :文責・名無しさん:02/11/05 20:21 ID:blpZedAz
今日の窓は駄文だ

竹内啓二なる見かけないペンネームの筆者だが、タミーズスメルがぷんぷん。

624 :文責・名無しさん:02/11/05 21:06 ID:6qVv65+P
駄文

625 :三段跳び:02/11/05 22:06 ID:LaGiBo4o
竹内啓二の文は駄文である。駄文を記すのは小池タミーである。
ゆえに竹内啓二なるペンネームの人物はわれらがタミーである。
と推論しました。

626 :文責・名無しさん:02/11/05 22:22 ID:7Ge1QXTb
小池ちんが何気に”名誉論説委員”なる役職に就いていたりなんかしちゃったりして(広川太一郎風)

627 :文青・名無しさん:02/11/05 22:40 ID:mT3ufQ62
    /l \ サン
 ./l/l ゛   サン
 |/l/ ..   ゛          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |/    ゛ ∧タミー∧::...   /   僕がクビ? か、勘違いするなよ! 
 \ ゛'..   (;@∀@::):::::....<    僕は来年から"名誉論説委員"になるんだからな!
      ∬φ   :::::)_::...... \  (…などと、そんなことを初冬の陽射しが
      旦/三/ ̄/|:::::   \ 温かく感じる新しい席で考えるのであった)
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  .|::::::::::::  \___________________
     | お払い箱 . | /::::::::::::::
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


628 :文責・名無しさん:02/11/05 22:56 ID:aJ0U1rWS
うーむ、俺はタミーが今のアサヒ水準では「まだ文章力マシ」という疑惑が少しする。
あ、外岡秀俊(だっけ)はもう少し上だと思うけどね。
なんか昔小説書いてなかったっけ。「北帰行」とか。



629 :文責・名無しさん:02/11/05 22:58 ID:LaGiBo4o
>>627
燦燦と暖かい日差しが・・・窓際です。
しかし、しかし、「窓際も 今は高値の 指定席」・・・並みのサラリーマン

630 :文責・名無しさん:02/11/06 00:34 ID:6s8dEZDe
要約するにはもったいないし
全文打込みは面倒なので、画像にしてみました。
著作権法上の問題がありそうなので、すぐ消します。

図書11月号(岩波書店)に掲載された
諏訪正人さんの「新聞一面の根元」です。
今年6月に交代するまで、23年間「余録」を
書きつづけた方です。

http://unknown7.tripod.co.jp/suwa/suwa1.jpg
http://unknown7.tripod.co.jp/suwa/suwa2.jpg


631 :文責・名無しさん:02/11/06 00:38 ID:/rz9g325
>>630
タミーは何年続けたことになるんだろうな。
2年半?


632 :文責・名無しさん:02/11/06 00:52 ID:6s8dEZDe
>>631
下記によると、栗田旦氏から交代したのが
2001年3月だそうですから、1年と7ヵ月ですね。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~akiyama/no62.htm

諏訪さんの文中、
「なかには重さに耐えきれず、力尽きて
よろよろ倒れかかるコラムもある」
というのが、まさに小池天人のことではなかろーか
と思います。

633 :文責・名無しさん:02/11/06 04:26 ID:nqeJCdK+
>>632
禿堂。

小池抜擢は緻密な右傾化計画に基づいた人選ではなかったか?
社民的駄文書きに天声を書かせれば、自滅するのは当然。


634 :文責・名無しさん:02/11/06 05:00 ID:U7UDBE1d
>>601
タミーでは無さそう。
たまに日教組かぶれの女人が書いてる日があったが、今日のがまさにソレ。
「痛みを込めた便り」とか書くのはかなり痛い人だと思うぞ。いかにタミー
とて、そんなことは書けないのでは?
最後の「すべてをそこには収めきれない多様な思いをかかえている」
なんてのはいかにも女子高生が書きそうな駄文だし、おっさん臭が薄い。

635 :文責・名無しさん:02/11/06 06:20 ID:d9zOU3ga
折れはここの使ってる。安いし、結構女ウケいいからお勧め!
http://www.adultshoping.net/linkstaff.cgi?id=001951

636 :文責・名無しさん:02/11/06 07:02 ID:2k5+dn3Z
■《天声人語》 11月06日

 秋になると、「今から冬の仕度にかからないと間にあわない」といって子供の冬の衣服の準備を
始める。去年は自分の古いウールの上衣をなおしてつくったが、すぐだめになった。今年はどう
しようか。そんなことをつづった随筆が『美しい暮しの手帖』に掲載されたのが49年10月のことだ。

 筆者は昭和天皇の長女、東久邇成子(ひがしくにしげこ)さんで「日本は変つた」と書き始められる
随筆の題名は「やりくりの記」だった。配給の食料は粉が多いことから「お粉の料理は私の自慢
料理の一つ」などと戦後の困窮生活をつづる。

 花森安治編集長が書き直しを要求したうえの掲載だった。話題になったこの号を契機に雑誌は
上げ潮に乗ったという。のちに「美しい」を抜いて『暮しの手帖』になったこの雑誌の戦後の「暮し」に
与えた影響は大きい。300号記念の特別号を眺め、改めてそのことを思う。

 今週発売の特別号は東久邇さんの随筆をはじめ創刊以来の記事を各種再録する。のちに
雑誌の顔になった商品テストの抄録では、たとえば初期のマッチのテストに時代色が濃い。
69年のトースターのテストでは、焼いたパン4万3088枚を積み上げた写真が壮観だ。

 随筆には川端康成や坂口安吾、小倉遊亀ら作家や画家に加え、浅沼稲次郎、田中角栄ら
政治家も名を連ねていて、この雑誌のうたう「暮し」の幅広さを示す。

 「広告がない。スキャンダルがない」。先月死去したコラムニストの山本夏彦さんが死の直前、
特別号に寄せた談話で、花森編集長とこの雑誌のユニークさを巧みに表現していた。

637 :文責・名無しさん:02/11/06 07:04 ID:DVR9vngT
今日のはタミーだと思う

638 :文責・名無しさん:02/11/06 07:06 ID:2k5+dn3Z
確かに「暮らしの手帖」は歴史に残る雑誌だし、功績はかなりあるんだが・・・

結論が無いのはどういうこと?!

639 :文青・名無しさん:02/11/06 07:44 ID:JfhROoE1
>>638
結論は「(暮らしの手帳は)広告がない。スキャンダルがない」じゃないの?
それがどうしたって? 俺に聞かれても困るなぁ…

今日も小池でファイナルアンサー?

640 :文責・名無しさん:02/11/06 07:51 ID:xLx5Sckq

GHQの洗脳に無理矢理協力させられた皇族の悲話を懐かしむの図か
表現の自由の無かった時代を讃美するのはなぜ?


641 :文責・名無しさん:02/11/06 08:06 ID:xXi6iuqX
>>636
のコラムの筆者は

>随筆には川端康成や坂口安吾、小倉遊亀ら作家や画家に加え、浅沼稲次郎、田中角栄ら
>政治家も名を連ねていて

権威主義なんだけど

>筆者は昭和天皇の長女、東久邇成子(ひがしくにしげこ)さんで
>花森安治編集長が書き直しを要求したうえの掲載だった。

皇族はあまりお気に召さないみたいね。


642 :文責・名無しさん:02/11/06 08:11 ID:/rz9g325
>>641

皇族が書く→スゲー
その皇族に書き直しをさせた→モットスゲー

で、やはり権威主義みたいな気も。


643 :文責・名無しさん:02/11/06 08:18 ID:xXi6iuqX
>>642
そう、権威主義のくせして皇族嫌いってのが、なんとも朝日らしいね
ってのが言いたかったの。

644 :文責・名無しさん:02/11/06 08:20 ID:WoA5jUh/
どうやら2人体制になったからといってすぐ書くというわけでは
ないらしいね。年内は小池の連続登板という説が正しいようだ。

645 :文責・名無しさん:02/11/06 09:08 ID:aSqEfadv
東久邇成子さんは、出自は皇族ですが当時すでに臣籍降下していました。(だから東久邇姓)
だから皇族扱いは不要かとは思いますが、それにしても天人の書き方はいやらしいですね。

646 :文責・名無しさん:02/11/06 09:16 ID:mvRV5F9B
このスレ好き。
チョウニチ新聞、論調を静かに「右」にシフトを始めたという噂は
本当らしい。
「暮らしの手帳」で団塊世代の注意を引き、
皇室の関係者に好意的な姿勢を見せ、近距離をアピール。
卑怯この上ない。解約してよかった。

647 :文責・名無しさん:02/11/06 10:19 ID:QLnpm1B8
タミー倒置になれた人間にとっては いつものように、

秋になると、「今から冬の仕度にかからないと間にあわない」。暮らしの
手帳である。 ってやってくれないと物足りません。(w

で、いつから雑誌紹介コーナーになったのですか?


648 :文責・名無しさん :02/11/06 10:30 ID:iMhn088+
このスレは【タミー?】天声人語の作者を当てよう【別人?】に変わりますた(w

649 :文責・名無しさん:02/11/06 12:04 ID:AEzdDXeQ
>>648
次のすれタイトルだと思われ。

650 :文責・名無しさん:02/11/06 12:42 ID:wsn1FYnE
最初読み始めると天人の家の話かと思ったら「暮らしの手帖」の話か。
どこにポイントのある文なのかさっぱり分からん。
天人は本の紹介を良くするが本を沢山知ってるから、俺はこんなに偉いんだぞ。
と自慢したいのか。自分の頭で考えようね。

651 :文責・名無しさん:02/11/06 13:50 ID:0CTBiF6G
 間違いなく小池天人ですわなー。
 まとまりの無さは世界一かもしれん。
 雑誌紹介ならば、もっと内容に触れて方向性を描けばいいのに。特に
広告が無い、スキャンダルが無い、なんてのは特筆すべき部分なのに
最後に他人の言葉で語らせているあたり・・・。

 最後に山本夏彦翁を持ってくるあたり、氏も草葉の陰で苦笑してるん
じゃなかろうか。

652 :文責・名無しさん:02/11/06 14:01 ID:zUp+ETvk
今日の珍語は「暮らしの手帳」の宣伝ですか? (w
前にも似たようなのがありましたね。あれはWal-Martの会社案内だったが。
文才も創造力も思考能力もないのに、毎日気の利いたコラムを期待される
珍語君の苦しみは察するに余りある。(w 

653 :文責・名無しさん:02/11/06 15:43 ID:2KCWsK8w
>>592
ハゲ藁

654 :文責・名無しさん:02/11/06 16:45 ID:+0cbvT4N
朝日新聞は売り上げが落ちたので右翼化するらしいよ。

655 :文責・名無しさん:02/11/06 16:52 ID:H59sp3NI
軍部の検閲により無理やりサヨ記事を書かされてきました、
と開き直るのかね 今度も。


656 :文責・名無しさん:02/11/06 17:04 ID:gNpsMgJT
>>610
社長の箱島、編集担当役員の君和田がイデオロギー色の薄い経済部出身。
論説の若宮、東京・編集局長の秋山が政治部ってことは、「政治部」が鍵の社論大転換かな?

657 :文責・名無しさん脚:02/11/06 17:24 ID:FzAeQG7r
「300 号記念の特別号を眺め、改めてそのことを思う。」
ここだけでタミーと結論づけた私です。

658 :文責・名無しさん:02/11/06 18:41 ID:3Uppio70
電波ちゃんねるhttp://dempa.gozans.com/に紹介されていたぞ。


■朝日新聞が社論を大転換?
テーミス誌11月号によれば、戦後、左翼傾斜路線を貫いてきた朝日新聞が
密かに「改憲」へと社説を転換させていく計画をもっているらしい……。
遂に2ちゃんねらーの勝利!?とおもいきや、その理由は、「部数の落ち込みが激しいから」。
いやぁ、これが本当だったら、まさに「ポカーン」ですが。

関連スレ)
【メディア】朝日新聞が始めた社論大転換の波紋
【ニュース速報+】 http://dempa.2ch.net/dat/2002/11/newsplus-1036566208.html
【アサピー】朝日新聞、社論大転換の予感【キタ━(゚∀゚)━!】
【ニュース速報】 http://dempa.2ch.net/dat/2002/11/news-1036565011.html

659 :あいうえお:02/11/06 18:52 ID:ASV45Xlx
みんな新聞の現物を読まないで批評しているんですか???
 
今日の天声人語については紙の朝日新聞を読んでいないとわからない致命的
な欠陥がある。今日の文化総合面に掲載された「花森安治にみる先見性」という
暮らしの手帖の記念特別号発行に関する記事とモロダブリなのだ。
 この記事、さすがに宮様の原稿のことには触れていないが、最後を山本夏彦の
コメントでしめているところまでそっくり同じ。商品テストの話ももちろん
出てるし。社内パクリにしても同日付の新聞で記事がダブっちゃまずいだろう。

660 :文責・名無しさん:02/11/06 19:43 ID:gLuXgCZX
>>659
いや、、現物の新聞を読んでおられる方が多数と思うわれ

661 :文責・名無しさん:02/11/06 20:56 ID:CDKsIBMo
>>659
>「花森安治にみる先見性」という
>暮らしの手帖の記念特別号発行に関する記事とモロダブリなのだ
私にとってはどうでも良い記事なので、読んでないです

662 : :02/11/06 21:00 ID:D9ZgWyy4
浅ピーが反省なければいけないのは、天声人語煮代表される文章がが玩具扱いされてしまったことだ。
ネットの時代になり、新聞の価値は大幅に低下した。
過去の醜態なども、縮刷版の修正だけでホウカッムリできる時代ではなくなった。

速報性ではテレビに完敗、事実を追求していく姿勢については週刊誌に遠く及ばない。
では、新聞の存在意義はなんなのだ?受験生のバイブルか(vv
テレビ欄しか見ない人多かろう、それも最近はテレビ専門雑誌で間に合うし、ネットでも代替可能である。

嫌われるのはまだいい、しかし軽蔑されてはおしまいだ、それ以上に哀れみをかけられているのが浅ピーなのだ。
浅ピーよ、論調を変えるとはいわないが、少なくとも過去についての総括を済ませてからやるのがスジだろう。
こそこそと陰に隠れてやっても、今の時代では通用しないことをわかるべきだ。

新聞社は地方事業税を免除されている、これは公共性があるとの理由らしいが、ガス・電力会社が
それを免除されているということは寡聞にして耳にしたことがない。
さらに新聞社のように勝手な理由で、新聞休刊日などというものを作ったりもしていない。
さらに浅ピー・読売・毎日の三社の朝夕刊セット価格がまったく同じなどという、価格カルテルも噴飯ものだ。

所詮、文屋風情ごときの新聞記者が、肩で風を切って歩く時代は終わったのだ。さっさと消えてしまえ!

663 :文青・名無しさん:02/11/06 21:18 ID:JfhROoE1
>>662
あのー、ここは一応「天人のおかしな日本語文章を厳しく批評するスレ」なので、
ここではタミー級のまとまりのない文章書くのやめませんか? あと長文書くなら
せめて素の誤字脱字はやめましょう。

それはともかく、今日は意見が割れなかったね。
全員一致で今日の天人はタミーということでよろしいか。

664 :文責・名無しさん:02/11/06 23:16 ID:6s8dEZDe
(11月6日)
> 花森安治編集長が書き直しを要求したうえの掲載だった。
こう書いた以上、なぜ何をどのように書き直させたのか紹介すべき
だと思います。

> 「広告がない。スキャンダルがない」。先月死去したコラムニス
> トの山本夏彦さんが死の直前、特別号に寄せた談話で、花森編集
> 長とこの雑誌のユニークさを巧みに表現していた。
「...続きは文化面で。」と書けばよかったのに。

間違いなく小池天人ですね。


665 :文責・名無しさん:02/11/06 23:42 ID:5rzwnTIm
遅レスですが>>592さん、ありがとう

666 : ◆/JysKl9ST6 :02/11/07 06:23 ID:Xcudp5pN
■《天声人語》 11月07日

 大戦中、ナチス・ドイツにさらわれたポーランドの4歳の男の子は、孤児院を経てドイツ人家庭に引き取られ、ドイツ人として育てられた。
ナチス礼賛の少年だった。戦後、11歳のとき、自分がポーランド人だと知らされる。

 「僕がドイツ人じゃない。ドイツ人じゃないだって。僕は……ポラッケだっていうのか。(略)馬鹿馬鹿しい。ふざけた話だ。あり得ないじゃないか」。
「ポラッケ」と呼んで軽蔑(けいべつ)していたポーランド人だと聞かされ深い衝撃を受ける。

 曲折の末、少年はポーランドの実母に会いに行く。すぐにもドイツに帰る心づもりで。駅に迎えに来た母のことを「ああ、この眼差しを、その目に溢れた悲しみを私は決して忘れない!」。
滞在中、ドイツで聞いた話とはまるで違うナチスの「蛮行」を聞かされ、茫然(ぼうぜん)とするばかりだった。

 しばらく滞在したあと母に「ドイツに帰るの」と尋ねられ、とっさに「ポーランドに残ってもいいんだけれど」と答えた。一瞬後には後悔した。
それまで遠慮していた母が、そのとき初めて彼を抱きしめた。その後も彼の心は揺れ続けるが、結局母国に残った。

 A・トヴァルデツキ氏が体験をつづった『ぼくはナチにさらわれた』(共同通信社)からの抜粋である。訳者の足達和子さんは、国家による人さらいの無残な歴史を多くの人に知って欲しい、と。
ナチスによる人さらいは50万人、うち20万人がポーランド人だったという。

 歴史的な背景は違っても、国家や戦争に翻弄(ほんろう)される個人、とりわけ幼き者の運命のむごさを思い知らされる。


667 : ◆/JysKl9ST6 :02/11/07 06:29 ID:Xcudp5pN
(´-`).。oO(旧日本軍の強制連行、 北朝鮮の日本人拉致、 どっち?)

668 :文責・名無しさん:02/11/07 06:57 ID:p2WuDOK2
>>667
言うまでも無い。

669 :文責・名無しさん:02/11/07 06:59 ID:j3xLZlcP
むむむっ、微妙だな
この時期にこんな文章とは・・・・

文体は小池タン臭いな

670 :文責・名無しさん:02/11/07 07:11 ID:FkGns872
>歴史的な背景は違っても、国家や戦争に翻弄(ほんろう)される個人、とりわけ幼き者の運命のむごさを思い知らされる

この一文以外は、『ぼくはナチにさらわれた』という本を要約しただけの
まるで小学生の読書感想文のようなコラムでし。

671 :文責・名無しさん:02/11/07 07:20 ID:Ycg/souc
単なる本の紹介じゃないか。いつもの駄文より酷い。
朝鮮人強制連行説が破綻したので、今度はナチスか(笑

ナチスの人さらいなんて初耳だな。それにしても4歳児をさらう理由が無いじゃないか。
わざわざ人さらいして、孤児院に入れて、里子に出すだなんて、ドイツに利益の出ない
荒唐無稽な話だな。普通に考えれば作り話だろう。天人は話の信憑性を出すような
紹介に努めるべきだったな。天声を信じてるバカばかりじゃないんだし。

672 :文責・名無しさん:02/11/07 07:30 ID:NMWf3FeP
ナチスドイツ=旧日本
さらわれた=強制連行
ナチスによる人攫い50万人=旧日本による強制連行??万人
上のうちポーランド人20万人=上のうち朝鮮人?万人
ということが言いたいわけね。
で結論は「歴史的な背景は違っても、国家や戦争に翻弄(ほんろう)される個人、とりわけ幼き者の運命のむごさを
思い知らされる」と「強制連行被害者」を思い、北朝鮮拉致事件を相対化させる。
と、いうことですか?
小池サン記すに「1000スターリングゴールド

673 :文青・名無しさん:02/11/07 07:31 ID:W5H9RXiL
>>666
一応へぎょんのテストケースとして読んでやるが、それでもなんかこう、読んだ後イライラするな。
ここまで書いておきながら名指しで批判するのを避けるとは。 国家や戦争に翻弄される個人…
とか、また北の悪行を一般化しようとしてるし。 天人はいまだに北に未練がましいな。
いっぺん蓮兄に「一度でいいから、日本人として『金正日に激しく抗議する』と書いてください」と
責められてこい。

今日もわざと意図を隠した散文調の文章からタミー臭がする。

674 :文責・名無しさん:02/11/07 07:57 ID:Aov/Z93c
本の紹介の仕方がおかしい。あれでは作り話として受けとめられるのではないか。
紹介の仕方が偏っているのは、天人が以下のような体験をしたからではないか。

「僕が日本人じゃない。日本人じゃないだって。僕は……朝鮮人だっていうのか。(略)馬鹿馬鹿しい。ふざけた話だ。あり得ないじゃないか」。
「朝鮮人」と呼んで軽蔑(けいべつ)していた朝鮮人だと聞かされ深い衝撃を受ける。

675 :文責・名無しさん:02/11/07 08:38 ID:T1/CG953
その本を読んでいないので断定はできないが、戦後11才で事実を知り、“さらわれた”のが4才。
ドイツのポーランド侵攻が1939年だから、この子はポーランド侵攻のときに“さらわれた”の
だろう。

671が言うようにドイツ側には何のメリットもない。おそらく戦災ではぐれたかしているところを
戦災孤児として引き取られたってところが事実じゃないのか。
そうだとすると中国在留孤児とあまり変わらんケースだと思うぞ。

676 :文責・名無しさん:02/11/07 09:37 ID:oYwy9gjK
時期が時期だけに、俺は素直に、拉致問題を連想したのがだ、
しかも、やけに読みやすかった。
まぁ、本の要約だから、当たり前なんだがな。

それはそうと、この時期に>>666をよんで、
日本軍を連想するお前ら心を病んでるな、


677 :天声人語を書きながら考えたこと:02/11/07 09:41 ID:eFdfQv+r
反抗期で親(日本)が嫌で嫌でしょうがないんだ!
俺は大人(国家)の束縛から自由を求めて地球にはばたく地球市民だ!
でも本音は近所のかっこいいお兄ちゃん(北朝鮮)に憧れてるんだ!
兄貴はやさぐれて、みんなからは嫌われて不良だけど地上の楽園を築いた真の漢なんだ!かっこいいなぁ
おれ、一生ついていくぜ!兄貴と呼ばせてくれ!
兄貴は俺の理想(マルクスなんとか共産主義)を叶えてくれる、たったひとりの俺の夢だ!
俺は資産もたっぷり持ってる伝統の家生まれだからこの巨大な力をすべて兄貴に捧げるぜ!
偉大なる俺の兄貴が人さらいなんてするわけねーだろ!
兄貴は立派だー!かよわき愚かな民衆どもよ、兄貴についていけ!マンセー!マンセー!

兄貴?どうしたんです?
謝罪?(゚Д゚;)ハァ…?
えっそんな…いままでの俺は…
今まで兄貴を慕って、一生ついていくと誓った、兄貴、そんな…
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
もう大人(国家)なんて嫌いだあああ 
俺の数十年をかえしてくれえええ 大人(国家)なんて、大人なんて、だいっきらいだーぁぁぁ
 
盗んだバイクで走り出す 行き先も解らぬまま
暗い夜の帳の中へ 誰にも縛られたくないと 逃げ込んだ夜に
自由になれた気がした 123年目の秋

678 :文責・名無しさん:02/11/07 09:49 ID:uC+2LsvZ
今朝のチョウニチ新聞。なんとも回りくどく、最初キムヘギョンへの同情かと思えば、
とんでもない。
日本をナチスに置換え、大戦中の日本軍朝鮮人強制連行(=実は徴用なんだよ)
を痛烈に批判している。ここ2・3日の紙面埋めの為の駄文とは明らかに違う。
死ぬまでこんな赤クサイ記事読まされつづけるかと思いと気分が悪くなる。
これが、あの”タミー”なのね。覚えとこ。

679 :文責・名無しさん:02/11/07 09:53 ID:uC+2LsvZ
>676
そこがチョウニチの卑怯さ、狡猾さなんだよ。
も一回読んでみ。そうしないと判らない。
「サブリミナル効果」を狙ってるんじゃないか?

680 :文責・名無しさん:02/11/07 10:01 ID:86OeKAud
<<673
コラム読んだ印象としては
「国家や戦争に翻弄される個人…」
ナチスドイツの例を引き合いにだして、
結局ここに収斂させるのがねらいかも。

しかし、読者の印象は、「北朝鮮はナチスみたいだ」というところに
集中するだろう。




681 :??????:02/11/07 10:02 ID:8yMwHGXZ
本文を読んでいないからなんとも言えないが、戦後11歳でナチス
礼賛? そんな零囲気の時代でないのですが、しかもポーランドに
いけたところをみるとこの少年は東ドイツの人間。ナチスのナでも
言ったら警察に連れて行かれるはずですが。戦前の話ならわかりますが
これも11歳の皇軍兵士のような胡散臭さが。


682 :文責・名無しさん:02/11/07 10:19 ID:86OeKAud
680を訂正。
冒頭部分で、読者は「ナチスは人さらいをした。北朝鮮みたいだ」と感じる。
しかし、ずっと読んでいくと、最後の方で「ナチスによる人さらいは50万人、
うち20万人がポーランド人だったという」と記述している。
そうすると読者は、日本を想起するというわけだ。


683 :文責・名無しさん:02/11/07 10:38 ID:iYEgxYML
朝日は言いたい事をぼかさずに書いたらどうですか?

684 : :02/11/07 10:39 ID:G/7sRqdt
>>682
普通の読者の解釈は結局>>680のと同じになるんじゃないの?
記者の誘導能力にはギモン。

>>681
俺もこの本を読んでないけど、大人になってからの後知識だな。
自分を育ててくれたドイツ人に感謝すべきだろ、こいつは。

685 :文責・名無しさん:02/11/07 11:29 ID:L2QNMZ2v
ドイツ人虐殺の多くが ソ連軍ではなくポーランド人の手によって行われた
って検証番組があったね。まあそっちは絶対朝日に載る事はなかろうが。

被害者様は神様らしいから・・・


686 :文責・名無しさん:02/11/07 11:38 ID:09WVQ7aO
朝日新聞、今じゃもうまともに読んでる人いないんじゃないの?


687 :文責・名無しさん:02/11/07 11:38 ID:fKk00bgn
>>674

<=(´∀`) <「僕が日本人じゃない。日本人じゃないだって。僕は……朝鮮人だっていうのか。(略)
         馬鹿馬鹿しい。ふざけた話だ。あり得ないじゃないか」。
          「朝鮮人」と呼んで軽蔑(けいべつ)していた朝鮮人だと聞かされ深い衝撃を受ける。


688 :文責・名無しさん:02/11/07 12:57 ID:OWj9pn4O
 全然話題とは関係なくて恐縮なのですが……。
>681
>零囲気
 どういう風に変換したんでしょうか……?

689 :文責・名無しさん:02/11/07 13:06 ID:+M9gJ/Zs
>>681

わかってるなら、何にも言うなよ
馬鹿?

690 :  :02/11/07 17:42 ID:vyJkz32t
初心者なんですが、
今日の天声人語は何を言いたかったんでしょう?
誰か教えてくらさい・・・。

691 :文責・名無しさん:02/11/07 17:46 ID:v4G4N/D5
あまりの電波っぷりに、電波中毒のはずの2ちゃんねらーが過剰電波に混乱しております。

692 :文責・名無しさん:02/11/07 17:52 ID:dfuRR474
>>688
手書き認識ではなかろうか。

693 :文責・名無しさん:02/11/07 17:59 ID:dfuRR474
>>684
普通の読解力と理性の持ち主なら北朝鮮のことだと思うだろうね。
日本を連想するのは、在日、プロ市民、そして俺たち心を病んだ2ちゃんねらーくらいだよ(w


694 :文責・名無しさん:02/11/07 18:05 ID:+q62kHGb
今日のはどう考えても北朝鮮拉致批判だろ。
おまえら心が貧しすぎだ!
そんなネガティブ人間が増えたから日本の景気はよくならないんだろうな。
反省しる!

695 :文責・名無しさん:02/11/07 19:45 ID:z5vO28E7
>>694

うんにゃ、そうではないと思うよ。
一見、北朝鮮批判ととれなくもないが、朝日はそんな素直なタマじゃない。
この本の内容の真偽はともかく、これは戦時中の話だ。
日本人拉致とは全く状況が違う。 それを「国家や戦争に翻弄される個人」という使い古された
重宝な言い回しで一括りにすることで、結果、北の犯罪の悪質さを薄めることに手を貸している。

それにこの「国家」の中には、拉致被害者本人の意思云々ではなく、国家として対応することに
決めた強硬な現「日本国政府」も含まれていると思うよ。
国家や「戦争に」とあるから、暗に過去の日本による「強制連行」もね。

世論を考慮しながら、いかに朝日の主張をにじませるか、苦心のほどはわかるよ。

696 :文青・名無しさん:02/11/07 21:00 ID:i/DmAuWJ
>>695に同意。
本人がどこまで意識していたかは俺達には知る由もないが、今回のことで拉致家族にテーマを
絞っていたのなら最後の段落は「国家に翻弄される個人」とだけ書けば十分であり、拉致とは
全く関係ない「戦争」という言葉を入れる必然性はどこにもない。 もっといえば、はっきり
「北朝鮮に翻弄された個人」といえば問題なかった。

読み手が深読みしすぎというが、一番悪いのは普段からそう疑われても仕方がない文章を書き、
また今回の話をわざと思いっきり回りくどく書いて、北朝鮮という言葉を直接使うのをやめた
天人のほうだろう。

697 :文責・名無しさん:02/11/07 21:03 ID:PeDqdGrx
君たち、読み方が甘い。
今日のは右派が書いたのだ。
主題は、「在日は母国へ帰りましょう」ということだ。
ドイツ(日本)人だと思っていた少年が、自分はポーランド(朝鮮)人
だと知り衝撃を受け、母国へ帰る。
めでたし、めでたし。

左派っぽく見せ掛けているのは左右どちらからも好かれるようにとの小癪
な技であるが、主題は明確だ。

698 :孔子:02/11/07 21:16 ID:KO9Q5Kea
やはり強制連行を意識していると思う。
ナチスドイツは日本の同盟国で、人数的にもいわゆる「強制連行」に近い人数の
話だから。

699 :文責・名無しさん:02/11/07 21:19 ID:cYTYqrcC
筆者は北朝鮮しかイメージしていなかったのだが、
いつもの癖で北朝鮮を名指しにしなかったので
痛くもない腹を探られる結果を招いたと言ってみるテスト。

700 :文責・名無しさん:02/11/07 21:53 ID:NXaP32T9
糞スレ対策

701 :文責・名無しさん:02/11/07 23:23 ID:GvZVDqHZ
初歩的な疑問で恐縮ですが、ドイツ国内では
第二次大戦終了数年後もナチス礼賛が庶民
の間での一般的な感情だったのでしょうか。

もしくは特殊な家庭にもらわれたとか。


702 :文責・名無しさん:02/11/07 23:45 ID:/pTolvgt
単に兵隊さんにあこがれた 日本で言うところの軍国少年だっただけじゃ?
終戦後、大人たち(アサピー含む)の豹変振りにショックや怒りを感じた
という小説は結構あるけど。鬱屈した戦勝国へのコンプレックスから
いつしかサヨへの道を・・・


703 :文責・名無しさん:02/11/08 00:17 ID:RfvJ1/lc
ほとんど抜粋じゃないか。

704 :文責・名無しさん:02/11/08 00:29 ID:c8cPh7Pb
>>703

大正解

批判されるべきは、ほとんど抜粋で終わるコラムであり、
それ以外の深読みはまったく、根拠薄弱だな、




705 :文責・名無しさん:02/11/08 03:07 ID:P0wYxaB/
何かここ数日、今後の方針がはっきりしないためか 慌てふためいている
様子がもろに伝わってくるのは気のせいだろうか。

一週間くらい「意匠変更中」って書いて空欄にしたらいいのに。
(ここの住民は困りそうだけど)

706 : ◆/JysKl9ST6 :02/11/08 06:44 ID:YEPWEJyS
■《天声人語》 11月08日
 オランダは、勤務時間などを工夫して仕事を分かち合うワークシェアリングの先進地だ。
2年前、欧州に出張した同僚が労働組合の全国本部を訪れた。

 幹部は取材の最後に、苦笑いを浮かべて切り出した。「オランダ旅行がブームのようだね」。
前日には当時の日経連の一行が訪れ、近く労組の視察団も来るという。

 日本では雇用対策の決め手として、ワークシェアリングへの関心が高まっていたころだ。
多くが社会雇用省に労組、財界団体というお定まりのコースで、制度の沿革や現況などを聞いて回る。
同僚は何ともばつの悪い思いに駆られたそうだ。

 「外国詣で」は、雇用問題に限らない。徹底した民営化を進めたニュージーランドには、96年前後、行政改革の視察団が大挙して訪れた。
介護のあり方なら、ドイツやデンマークがお手本である。スウェーデンは年金制度に加え、90年代初めの金融危機での鮮やかな処理にも注目が集まる。

 「先達はあらまほしきことなり」(徒然草)。試行錯誤を重ね、立派な制度をつくった人々から学ぶことは少なくなかろう。
とはいえ、それぞれが払った犠牲や隠れた副作用に目を凝らさないと、上っ面をなでただけの旅で終わってしまう。
さきの労組幹部は「政労使の合意から20年をかけた事実を忘れないでほしい」と強調していた。

 もう一つ、成功に欠かせない条件があった。「実態を隠さずに伝え、政治的な合意形成に努めること」。
スウェーデンの財政金融担当相として、危機を乗り越えたボー・ルンドグレン氏の言葉はひときわ重い。

707 : ◆/JysKl9ST6 :02/11/08 06:47 ID:YEPWEJyS
(-@∀@)<俺たちはいつも外国詣でしてるぞ! 近場で済ませてるが。

708 :文責・名無しさん:02/11/08 06:53 ID:dKhwnuxU
>>701
礼讃が一般的だったとされる。ナチスを選んだのはまぎれも無く
ドイツ市民なのだから。アメリカが洗脳を試みても、ドイツ人は
日本人ほど頭が悪くないので、なかなか、洗脳の効果が上がらなかった
ので洗脳当局はそのことを嘆いたレポートを出しているくらいだ。

まあ、共産圏では、アメリカ以上のえげつない荒唐無稽な作り話
で洗脳するのは明白なので、共産圏で書かれた書物は、より一層の
疑いを持ちながら読む必要があるだろう。

709 :文責・名無しさん:02/11/08 06:58 ID:TojOCfq4
またしても・・・結論が意味不明。・゚・(ノД`)・゚・。

「実態を隠さずに伝え、政治的な合意形成に努めること」
って誰に言ってんの?何をして欲しいの?

710 :文責・名無しさん:02/11/08 07:13 ID:WwCd9d8/
 卑怯な逃げを打っているのかどうか。今日の天声である。ワークシェア
リング慎重論と取れなくもない。日本は朝日新聞の論調と正反対の
選択を積み重ねて繁栄してきた。朝日論調を指針としてスエーデン型の
福祉を避けたのは正解だったが、ワークシェアリングに関して判断に迷うので
主張を明確にすべきだ。

朝日読者によるコスタリカ旅行ブームを牽制?

711 :文責・名無しさん:02/11/08 07:30 ID:IN7GQjHP
また同僚か。
いままで何回くらい「同僚」が出てきたのだろう。

712 :文責・名無しさん:02/11/08 08:07 ID:R8hS0J6S
>>706
くせのない文章でつまらない。
内容も2年前の「同僚」の出張がネタ元って・・・

713 :文責・名無しさん:02/11/08 08:10 ID:6oyO+OMX
>706
天声人語が「小池」と「新キャラ」のワークシェアリング体制になろうとしているので
「ワークシェアリングの選択は、慎重に」と社内に牽制球を送ったのでは?
ただし相変わらずの下手な文なので、小池の思いが伝わるかどうかは疑問だが。

714 :文責・名無しさん:02/11/08 09:31 ID:q2Y0nQZf
本日の天声人語はワークシェアリング慎重論というよりむしろ、
「役所、労組、財界団体は無意味な海外視察は止めよ。
同行した朝日の記者はとても恥ずかしい思いをしたじゃないか。」

読んだ感想としては、我が社員以外は全て低俗で無知である、という
かん違い甚だしいこの会社のエリート意識、傲慢さが伺えてとても
ためになりました。

文末の「実態を隠さずに伝え、政治的な合意形成に努めよ。」とは、
単なるつけたし。強いて言い換えれば、
「帰国後はちゃんと報告書だせよ。そして労働組合と根回ししろよ。」

あぁ、むかつく。






715 :文責・名無しさん:02/11/08 09:40 ID:/f0p5uhc
>>713
すげえ深読みだ…このスレさすが

716 :文責・名無しさん:02/11/08 11:00 ID:QJRDZVp8
>>706
よくもまあ、こんなに説得力のないコラムが…(呆

717 :文責・名無しさん:02/11/08 11:52 ID:TTGSRlCs
>>706
>オランダは、勤務時間などを工夫して仕事を分かち合うワークシェアリングの先進地だ。
2年前、欧州に出張した同僚が労働組合の全国本部を訪れた。
 幹部は取材の最後に、苦笑いを浮かべて切り出した。「オランダ旅行がブームのようだね」。
前日には当時の日経連の一行が訪れ、近く労組の視察団も来るという。。。。

いまさら言うまでも無いことなのでしょうが、コイケの状況説明文の分かり難さはすでに芸術的
ですね。「オランダ、欧州、労働組合、全国本部、幹部、日経連、労組の視察団」と次々に固有名詞があげられますが
どこの労働組合なのか、なんの全国本部なのか、どこの組織の幹部なのか、一読では分かりませんね。
天声人語の虚名を信じている人は、自分が読解力不足と誤解しそうですね。

718 :文責・名無しさん:02/11/08 12:14 ID:dd5w7Exr
アンパンマンの歌を思い出してしまった。

「同僚と、投稿だけが、友だちさ〜♪」

困ったら顔だけすげ替えるってのも同じですね。
「アンパンマン、新しい顔(執筆者)よ!」

バタコさんはアサピーだったのか(w



719 :文責・名無しさん:02/11/08 12:52 ID:/f0p5uhc
とにかく、短いコラムなんだから言いたいことを一つに絞るべきだな。
あ、その前に、何が言いたいのかを自分ではっきりするべきだな。

720 :文責・名無しさん:02/11/08 12:59 ID:5FzVXtV3
>>706
ワークシェアリングで失敗した清美は
もっと外国詣でをするべきだった。
そして、朝日新聞に実態を隠さずに伝えれば
政治的な合意形成を取りまとめてあげたのに。
ということでつね。

721 :文責・名無しさん:02/11/08 13:14 ID:oUQFjmjD


最近金融危機から、脱出した隣国には視察に行っていないの?




722 :文責・名無しさん:02/11/08 13:23 ID:yGmFLua3
>>721
>最近金融危機から、脱出した隣国には視察に行っていないの?

脱出したと言えるかどうか‥

-----------------------------------------------------

http://japanese.joins.com/html/2002/1107/20021107182322300.html

「通貨危機発生危険度、96年に似た水準

韓国の通貨危機発生危険度が、1996年中盤の水準に達しており、
通貨危機の再発防止対策が必要だと指摘されている。(略)
通貨危機警報指数は、97年11月には4点ほどで頂点に達して以降、
98、99年にはマイナスを記録していたが、2000年以降、急速に上昇しており、
9月末現在で0.75となり、96年中盤(6月0.4、8月0.85)と近似値を
見せている。
これについては▽為替レートの相対的高評価▽経常収支黒字幅の縮小
▽国民総生産(GDP)に対応した預金銀行貸出率の増加−−
などが原因だと分析されている。(以下略)」

723 :文責・名無しさん:02/11/08 13:36 ID:DeyP0JDn
> 日本では雇用対策の決め手として、ワークシェアリングへの関心が高まっていたころだ。
>多くが社会雇用省に労組、財界団体というお定まりのコースで、制度の沿革や現況などを聞いて回る。
>同僚は何ともばつの悪い思いに駆られたそうだ。

とある分野の先進国を訪れ教えを請う。
どこの国でも普通にやっていることだと思います。
なんで同僚はばつの悪い思いに駆られたのでしょうか?
全然わからないのですが……

724 :文責・名無しさん:02/11/08 14:46 ID:KmFQqQp0
>>723
実はこの同僚、訪欧の目的は「ワークシェアリング先進国オランダの取材」だったのでは。
それで相手に“その話しなら、お国の各団体の方々が既に多数お見えですよ。とても関心をもたれている話題なんですね。日本でも。
それにしては「社会の木鐸」を任じる朝日新聞さんともあろうお方がずいぶんと遅いご取材ですね。”とでも言われて、赤面したのでは。。。。
などと窓際の席で東京タワーを見ながら密かに思いました。

725 :文責・名無しさん:02/11/08 15:12 ID:rbpP4OAW
「実態を隠さずに伝え、政治的な合意形成に努めること。」って同僚が聞いた話なのか、
自分が直接聞いた話なのか不明だよね。いつもの事だが、珍語君はどこからどこまで
が引用なのかが分からないようにわざとボカしてるんだよね。そうしないと、全部引用
だって事がばれちゃうから。(w

「さきの労組幹部は『政労使の合意から20年をかけた事実を忘れないでほしい』と強調していた。」
この書き方だと、同僚から聞いた話なのに、あたかも自分が直接聞いたみたいな印象を与えてしまう。

珍語君、cure thyself!








726 :文責・名無しさん:02/11/09 07:03 ID:459uJ5iU
小池が死守する「天人席」から見えるのだろうか。
赤坂に出現した」100メートルを超すクリスマス樹。
ttp://www.asahi.com/national/update/1109/002.html

727 :文青・名無しさん:02/11/09 08:29 ID:Jcqfs+FQ
■《天声人語》 11月09日

◇米国南部をめぐり「サザン・ホスピタリティー」という言葉がつかわれることがある。南部風
もてなしというのだろうか。そうした相手を思いやる独特の気風がある、と。

◇南部の都市アトランタに住んだことのある米国研究の猿谷要さんは、その気風の原点を
南北戦争での敗北に求めている。「敗者は敗北感や屈辱感を味わい、その敗者からこそ
他人に対するやさしさが生まれるのではないだろうか」(『アメリカの風』実業之日本社)。

◇アトランタを州都にするジョージア州は何かと話題の多いところだ。州知事から大統領に
なったカーター氏はことしのノーベル平和賞に決まった。公民権運動の先頭に立ったキング
牧師もここの出身で、やはりノーベル平和賞の受賞者だ。

◇こんどの中間選挙でも、注目の舞台の一つだった。上院議員、知事ともに共和党が
おさえた。とりわけ民主党の現職知事を破った知事選は共和党側も予想できなかった波乱
らしい。「たまっていたエネルギーが解放された地震のようだった」と地元紙が伝える。

◇CNNやコカ・コーラの本社がある現代都市アトランタと地方との格差が広がってきた。
この州での共和党の勝利は都市(民主党)に対する地方(共和党)の反乱だったとの見方も
ある。もちろん米国全体に吹いた共和党風の一環との分析も。

◇中間選挙の共和党の勝利で、大統領を後押しする議会の性格が鮮明になった。イラク
攻撃への歯止め役としては期待できない。そういう流れの中、猿谷さんのいう「敗者のやさしさ」
という良き伝統は無力だろうか。

728 :文青・名無しさん:02/11/09 08:30 ID:Jcqfs+FQ
こういうなんとも回りくどいブッシュ批判は、間違いなくタミーちゃんのものですな。
論旨は、「共和党は中間選挙で負けてたら、他人への優しさが生まれイラク攻撃も思い止まった
だろう」ということらしい。 要するに、共和党が勝ったことに対する負け惜しみかと。 他人の
国の話なのに、なぜかよっぽど悔しかったらしいな。
共和党が勝ったことのみをもって南部の「敗者のやさしさ」が無力だとするのは、南部の
人間に失礼でないか? 毎度の事とはいえ、視野が狭いな天人。

まあ、いってることはここと大差ありません。 (こっちのほうがイカニモで笑えますが)↓
ttp://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-11-07/15_0701.html

729 :文責・名無しさん:02/11/09 08:33 ID:Xz4OW2fP
11月9日天声人語: http://www.asahi.com/paper/column.html
イラク攻撃に加速するアメリカをけん制し、「平和」のアサヒを演出。

蓮池薫さんが洗脳の溶ける前に何度も家族に言っていたそうだ。
「大国アメリカが北朝鮮のような小国をいじめるてるのはおかしい。」
これと妙にダブルな、このコラム。
アメリカのイラク攻撃を「弱いものいじめ」だと世論に訴えているところ。

チョウニチさん、あれは”いじめ”じゃなくて「テロとの戦い」なんですよ。
あんたがた無責任でいいですねぇ。









730 :文責・名無しさん:02/11/09 09:24 ID:M57B68V6
今日の天声も駄文だな。意味不明。

南部は北による敗者への徹底的な弾圧を記憶している。そう、
戦後の日本人と同じく。戦後、裁判官が抗議の餓死を選んだのも
アメリカへの抗議自殺である。

731 :文責・名無しさん:02/11/09 09:26 ID:YGSLEqnR
>>727
>「敗者のやさしさ」とは日本に対して言っているのだと解釈しました。
いつまでも「45年8月」の敗戦の日を忘れずに、アジア諸国へ「やさしく」ね。




732 :文責・名無しさん:02/11/09 09:35 ID:Z7IRpQNM
というか、イラク攻撃を思いとどまらせたいと本気で
考えているのなら、民主党や共和党では無く、反ユダヤの
ネオナチに期待するのが正しいのでは?(藁>天人

「敗者のやさしさ」を持ってるかは疑問であるが。

733 :文責・名無しさん:02/11/09 09:53 ID:ikp0iQYZ
共和党がホントに嫌いなんだなw

734 :文責・名無しさん:02/11/09 10:34 ID:jI/WLxNa
「この州での共和党の勝利は都市(民主党)に対する地方(共和党)の反乱だったとの見方も
ある。」って誰がそう言ったのか不明ですね。珍語君が勝手にでっち
あげた可能性がありますね。

猿谷要の「仮説」もお粗末ですね。こんな只の思いつきで本を書いちゃうんですか?(w
そんな怪しい説を自分に都合良く利用する珍語君は妄想の上に妄想を積み重ねている
ようなものではないでしょうか。






735 :文責・名無しさん:02/11/09 10:51 ID:NTHnIkf2
キング牧師を輩出したということは 南部では最後まで黒人に対する偏見が
強かったということもあったわけでしょ。それは南北戦争の原因の一つでも
あったわけだし。
善悪は別として、当時は奴隷解放に反対する黒人も少なくなかったそうです。
(コストが高くなって失職しちゃうから)まあアサピー的には「リンカーンは
優しいおじさん」という認識しかなかろうがね。
そういった面を見ずにやさしいとは・・・

あんたは「サザン・ホスピタリティー」と書きたかっただけなんじゃないかと
小一時間(略


736 :文責・名無しさん:02/11/09 11:27 ID:uadxhMgm
あと第1次大戦後、当時最も民主的な憲法を持った敗戦国ドイツの優しさが
ナチスを生んだのかと小一時間(略


737 :文責・名無しさん:02/11/09 11:39 ID:/UPQwRBk
今日は別人ね


前天人は、アメリカの政治ネタに興味がなかったもん。

738 :文青・名無しさん:02/11/09 11:52 ID:Jcqfs+FQ
>>737
最近きた人ですか?
小池は今までさんざん(的外れな)ブッシュ批判してきましたが、何か?

739 :文責・名無しさん:02/11/09 12:07 ID:jYsdHE1u
ところで今日の天人からは、「サザン・ホスピタリティー」「敗者のやさしさ」
なるものが、具体的にどういうものなのかまったく見えてこないのですが。

これは漏れに読解力がないからなのでしょうか。

740 :文責・名無しさん:02/11/09 12:12 ID:1HGx96Uo
>>739
脳内電波が足りません(w


741 :文責・名無しさん:02/11/09 12:49 ID:VuIm18nv
 小池節とはちょっと違う印象も受けるんですが、冗長でまとまりの
ない文章は相変わらずという感もあるし。

 内容的には、ブッシュ批判、イラク攻撃反対ならハッキリ言えよ。
 なーにが南部的優しさ、だ。そんなのは同じ白人人種に対してだ
けだよ。行ってみろ。差別意識の高さは潜在している。仕事で三週間
しかいなかったのに感じられたぞ。

742 :文責・名無しさん:02/11/09 14:28 ID:W9+JKyhE
どうも別人の筆力・分析力にも疑問を感じて来たな。
ここ何日かの「別人疑惑」が持たれているテキストを見る限りでは。


743 :文責・名無しさん:02/11/09 14:44 ID:sqp8YSBw
>どうも別人の筆力・分析力にも疑問を感じて来たな。

このスレ的にはオーライだな。

744 :孔子:02/11/09 14:44 ID:EttfpT96
ところで、ブッシュって元テキサスの知事だったような。
テ キ サ ス っ て も ろ 南 部 の よ う な 気 が す る の
は 私 だ け ?

745 :文責・名無しさん:02/11/09 14:46 ID:pUvgk/ja
アメリカ政治ネタだから、今日は外岡かも。

746 :文責・名無しさん:02/11/09 14:52 ID:9kv4Kbs0
やさしさ、といえば、
ポルポトが「アジア的やさしさ」に満ちている、
って言っていた偉大な先輩がいたね。

747 :sage:02/11/09 14:53 ID:fILURFmP
イラク攻撃反対→いい人
イラク攻撃賛成→悪い人
という、ストーリーの下敷きが非常に単純。

純朴だったアトランタの人々も、都会化する中で
間違った方向に変わってしまった…といいたいのか?

ベトナム戦争時の反米運動の頃とちっとも変わっていないな。



748 :文責・名無しさん:02/11/09 15:02 ID:1Ael1dTb
@∀@)「南部のKKK団はアメリカ的やさしさに溢れていた。黒人は幸福」

749 :文責・名無しさん:02/11/09 15:23 ID:UUq1dyKq
サザンホスピタリティーと政治的タカ派と何の矛盾もないのだが。

リベラルが鼻持ちならない嫌ーな奴だったり、こわもてのおっさんが実は
すごく良い人だったって良くある事じゃん。ていうか、そういう事の方が
むしろ多いだろ。

750 :文責・名無しさん:02/11/09 15:38 ID:33xY/b9P
ほんとの議論がこのスレッドしたい。

天声人語を守りたい。
でも、>>1のソースが余りにひどいから、守れない。

頼む朝日、批評の対象に値するモノを書いてくれ。

751 :文責・名無しさん:02/11/09 15:38 ID:pF6uCis5
今日の天声は「イソップのあのブドウは酸っぱい」を思い出させた。

朝日信者は「コカ・コーラ」を忌避する宗教的風習があるので、
アトランタへの地方からの叛乱という脳内解釈で敗北を誤魔化そうと
している。
いいかげんに事実を事実として認めれば?>朝日

ジョージアコーヒーがなぜ、「ジョージア」か分ったのが唯一の収穫。

752 :文責・名無しさん:02/11/09 15:40 ID:EjbnyaLI
人間に対する洞察力が浅すぎるし、
国際情勢の判断も甘すぎる。
女子中学生でも書かないようなみっともない情緒的な作文だね。

753 :文責・名無しさん:02/11/09 15:41 ID:9kv4Kbs0
>>750の日本語が(以下略)


754 :文責・名無しさん:02/11/09 15:55 ID:NLLuteUb
>>751
心理学でいう合理化ですな。
ttp://www8.plala.or.jp/psychology/topic/gourika.htm
#ここのページの"甘いレモン"も通じるものがあるですね…

755 :文責・名無しさん:02/11/09 16:22 ID:rXze9YfC
アトランタにはKKKの本部もあるのだが。

756 :755:02/11/09 16:29 ID:rXze9YfC
ちなみにKKKが産まれた経緯は、南北戦争の敗戦によって
アトランタに流れ込んできた北部人や黒人達から、
南部の白人達が自衛するためだった。

757 :文責・名無しさん:02/11/09 16:30 ID:E2dr57CM
そういえば どっかで見たのですがKKK団って最近は笑いものになっている
みたいですね。黒人の警官に守られながら「黒人は屑だ」みたいな演説を
ぶっているらしいし。聴衆もほとんど黒人・・・
これがほんとの「サザンホスピタリティー」ですね(w

国家権力に守ってもらいながら政府・国家権力=巨悪みたない電波を飛ばす
人は何処にでもいるんですね。

758 :文責・名無しさん:02/11/09 16:36 ID:HmeoJfL4
よく言われてることだけど、最近の天声人語はほんとにヘタ。
才能のなさが文章から香ってる。



759 :文責・名無しさん:02/11/09 18:15 ID:pmPbMxMC
7日ので『ポラッケ』(差別語)って言葉は使ってよいのでしょうか?
おそらくテレビでは放送禁止だと思うのですが。(「チョン」と同じ意味で)
新聞には差別語に対して規制が無いのでしょうか?
だれか詳しい人教えてください。

760 :文責・名無しさん:02/11/09 20:32 ID:ACYqDrlS
>>759
もともと日本の法律には”この言葉を喋ったり載せたりしたらダメ”というものは無いよ。
それでも、テレビで”チンポ”や”ルンペン”にいちいち放送コードを入れるのは、クレー
ムをつけられないための処置。”こういう言葉を喋ったらまずいから、やめとこうや”
みたいなとりきめがあるそうな。
同じような取り決めが新聞にもあるんじゃないかと。
ただ、なにぶん朝日新聞はルール無用の悪党(笑)なものでそんな取り決めなんぞは
すっかり忘れているかもしれん。

761 :文青・名無しさん:02/11/10 08:19 ID:Z+TFy1I7
■《天声人語》 11月10日

◇この欄で1年ほど前、肺がんと、その後遺症を克服して神奈川県警の捜査1課長を務めた
腰原常雄さん(70)のことを取り上げた。

◇それがきっかけで出版社から腰原さんに話があり、これまでのことを1冊の本にまとめた
という。「負けてたまるか―肺ガン刑事の長生き奮闘記」(二見書房)とタイトルは大仰だが、
いろいろな読み方ができる本だった。

◇42歳の警部が健康診断で肺に影があるといわれる。医師は「手術しなければ3年。すれば
5年もつ」と言う。ためらった末に肺の切除手術を受けるが、手術の影響で声が出なくなる。
職場からの「退職勧告」に反発し、声が出ないまま激務に復帰する。たたき上げの刑事だけ
あって、自らの本当の病状を医師たちに問いただす姿勢はまるで警察の捜査をみているようだ。

◇警察も会社も同じだが、病気を患うと組織の中ではマイナスに働きやすい。「あいつはもう
終わりだ」という声が聞こえてくる。声の回復に努めながら、それにどう打ち勝って、刑事なら
誰もがなりたいと思う捜査1課長にのぼり詰めていくのか。その過程がつづられる。

◇夫人の当時の日記が引用されている点も、元刑事の著書としては珍しいだろう。泥棒の
捜査で1年近く夕方出かけて始発で帰ってくる夫の生活が妻の目から語られる。そして発病。
「刑事はいつどこに出張するかわからない」として自室に隠してあった「軍資金」を入院前に
夫から手渡される。妻は死を覚悟する。

◇刑事ものとしても、サラリーマンものとしても、夫婦ものとしても読むことができた。

762 :文青・名無しさん:02/11/10 08:19 ID:Z+TFy1I7
日本語のおかしいところはないようだが、読んでていろいろ疑問が湧くな。
・なんで手術てしても5年の人がその後30年近くも生きてこれたのか?
・「手術の影響で声が出なくな」ってその後「声の回復に努め」たとあるが、結局この人の声は
回復したのか?
・「捜査1課長」って何をするのか? 本当に「刑事なら誰もがなりたいと思う」ものなのか?
・5段目わかりにくいんだが、「刑事はいつどこに出張するかわからない」という台詞は
あの世へ出張することにかもしれないからという暗示だろうけど、ここでいう「軍資金」って
何のことなのか? (生命保険? 手術代?) 何故隠してあったのか?

こういうのを書くときは「広く浅く」も結構だが、何度もいってるように字数が足りず読者に
説明しきれない点がでてくるような事態を招くくらいなら、自分が一番感銘を受けたところに
論点を絞って詳しく説明しながら書いた方が読む方にとっては読みやすいと思うが、どうよ。

763 :文責・名無しさん:02/11/10 08:37 ID:XBa1qPE7
>>762
同意。タミーは読書感想文の基本も知らんのだろうか…
この感想文じゃ点は貰えませんよ。



…ひょっとしてネタばれ防止のために…ってんなこたーないか。

764 :文責・名無しさん:02/11/10 08:37 ID:6zoqNcsr
>手術の影響で声が出なくなる。 職場からの「退職勧告」に反発し、声が出ないまま激務に復帰する。
>警察も会社も同じだが、病気を患うと組織の中ではマイナスに働きやすい
>泥棒の捜査で1年近く夕方出かけて始発で帰ってくる夫の生活が妻の目から語られる。そして発病。

その刑事のことを思って警察は退職勧告したわけでしょ。
>「手術しなければ3年。すれば5年もつ」
なわけだし、悪意でしか物事は見れないのかね。会社っていうのは当然に朝日なのだろうが。
まぁ、警察は税金で運営されているわけだし、十分な働きを望めない人物に
退職を勧告するのは、納税者の意識からすれば、至極当然のことなのだろうけど。

765 :文責・名無しさん:02/11/10 09:26 ID:aZxyxoSO
>>761
>刑事ものとしても、サラリーマンものとしても、夫婦ものとしても読むことができた。
散々分かりにくい説明文を書き散らした挙句に、この自己満足。この駄文はまさしくコイケが書いたのだろう。
無能な読者には「記事」としても「コラム」としても「PR文」としても理解することができなかった。(涙;

766 :文責・名無しさん:02/11/10 09:27 ID:RR5SvigY
今朝の朝日新聞看板コラムは、読書感想文でした。

767 :文責・名無しさん:02/11/10 11:21 ID:KX+zEvB0
28年前には唖は欠格条項に該当したのでは?

768 :文責・名無しさん:02/11/10 11:23 ID:q7DDWAgp
みなさま、タミー閉店セールの在庫整理に
お付き合いいただきありがとうございます。

769 :文責・名無しさん:02/11/10 11:28 ID:q7DDWAgp
> ◇夫人の当時の日記が引用されている点も、
> 元刑事の著書としては珍しいだろう。

よくわからない決めつけだ。
いや「だろう」って書いてるから推測か。
これ以下第5段落はすべて要再提出ですね。

770 :文責・名無しさん:02/11/10 11:31 ID:9JNN4FaH
「まだだ、まだ落ちんよ!」
機動戦士アサピー・タミーの逆襲 絶賛上映中


771 :文責・名無しさん:02/11/10 12:23 ID:9qjbL48F
◇警察も会社も同じだが、脳を患うと組織の中ではマイナスに働きやすい。「あいつはもう
終わりだ」という声が聞こえてくる。


わたす達も聞きますた。もう、終わりなんだってね。おつかれさん。
ムネオの話に出てたような田舎に隠居すれば?うらやましいんでしょ。

772 :文責・名無しさん:02/11/10 13:04 ID:8Rk7ZKKP
末期的。

773 :文責・名無しさん:02/11/10 13:23 ID:+z+Y8CN3
明日は駄文祭りですか?

774 :文責・名無しさん:02/11/10 13:41 ID:JYf0H/2/
単なる書評を書かせてもダメだな

別に読まなくてもいい本に思えてくる・・・
熱い思いを伝えて欲しいものだ

775 :文責・名無しさん:02/11/10 15:25 ID:CZu1gNOJ
そろそろJR西の二重事故が、天人風にアレンジされて掲載されると楽しみに
していたのに・・・

776 :文責・名無しさん:02/11/10 15:30 ID:EPBN4ejl
>>762
捜査一課は、殺人・窃盗などを捜査する部署です。
いわゆる「刑事者ドラマ」に登場するような事件を扱う部署ですね。
その責任者である「捜査一課長」が刑事の花形であることは確かにそのとおりです。
ただし、そういうことをちゃんと説明しないと普通の読者には分かりにくいでしょうね。

汚職や詐欺、経済事件などは捜査二課、
少年事件は少年課、警備は外事課が担当です。

777 :訂正:02/11/10 15:35 ID:EPBN4ejl
誤)「刑事者ドラマ」
正)「刑事ものドラマ」

778 :文責・名無しさん:02/11/10 15:56 ID:SnM/3pq9
 出来の悪い読書感想文だなやぁ。結局、池田氏の感想はまったく含まれて
いないでやんの。

>「負けてたまるか―肺ガン刑事の長生き奮闘記」(二見書房)とタイトル
>は大仰だが、いろいろな読み方ができる本だった。

 大仰って、いい意味には聞こえないぞ・・・

779 :文責・名無しさん:02/11/10 17:07 ID:cXvsFEPa
誰だよ池田って。

780 :文責・名無しさん:02/11/10 17:44 ID:TcAG+9Wc
駄文祭りやめようぜ、

どうせ読まないんだから、ただの荒らしだよ

781 : :02/11/10 17:52 ID:ID3lMBQA
あ〜あ、このスレにいる香具師は国語の先生なのかな?
ここまで、くそみそにけなされると、哀れみを感じてくる。
もっとも、書いた香具師がアホではあるんだが(vv
ここ見てる朝ピー君、社内の評判書いてくれ〜。

782 :文責・名無しさん:02/11/10 18:10 ID:aZxyxoSO
俺は朝日はとっていない。ウエブで天人みるだけ。だから、毎日のように
駄文を読まされても、あまり大きなことは言えないが、
小池サンよ。金払って朝日よんでる人たちが800万人いるんだろう。
「いくらなんでもふざけんな」て文句いってこないのかな。

783 :文責・名無しさん:02/11/10 18:25 ID:SnM/3pq9
>>779
 えへへ。ゴメン。小池だ。
 某所で遊んでたんで「池」がつくと池田になってしまったよ。

784 :文責・名無しさん:02/11/10 18:49 ID:SETvorv1
今日の讀賣にいいこと書いてたよ。
うろ覚えだが、女流童話作家曰く、

宿題だからといって嫌々感想文を書くと、あらすじの紹介に話が
偏ってしまう。

785 :文責・名無しさん:02/11/10 19:01 ID:mCSAdglV
そういえば、朝日法則が発動していたな。
精神病患者家族会が厚生省に裏金を渡していたとかいう讀賣記事
があったよ。天声で取り上げられたのがたたったのかどうか。


786 :文責・名無しさん:02/11/10 20:54 ID:bNspPD7E
>俺節さん
明日の駄文祭りのタイトルは”さらば、わが青春の『小池民夫』”でお願いします。
元ネタは”さらば、わが青春の『少年ジャンプ』”

787 :文責・名無しさん:02/11/10 22:05 ID:TMztu6+o
「小池民男」だよ。

788 :文責・名無しさん:02/11/10 22:24 ID:n4TxlOY8
>>787
スンマセン。素で間違えました。

789 :文責・名無しさん:02/11/11 01:39 ID:56bUM3oK
「天声人語」(朝日新聞)とタイトルは大仰だが、いろいろな読み方ができるコラムだ。
 

790 :文責・名無しさん:02/11/11 06:11 ID:EMi2TTZM
俺節っす。駄文祭り、ひとまず今回で打ち止めレス。題して


★駄文祭りファイナル★さらば、わが青春の『小池民男』★



791 :文責・名無しさん:02/11/11 06:12 ID:EMi2TTZM

2001年6月4日 ■天声人語■ 歯痛

 確かに歯痛というのは、人間とは何であるかを考えるのにいい材料
かもしれない。と、唐突に思いついた。

 あの痛みは孤独な痛みだ。なぜかあまり同情されない。まわりは何と
自己中心的な奴(やつ)ばかりなのだ、と歯ぎしりしても痛みが増す
ばかりだ。それはそうだろう。他人が歯痛のときには、自分だって
「たいへんだね」と空々しく言うばかりだ。自分の身に明日降りかかる
とは思わない。他人の痛みがわからないいい例だ。

 痛みが増す。早く医者に行っておけば良かった。そうやって悔やむ。
くよくよするからよけい落ち込む。明日行こう。そして明日になると、
また明日にしよう。1日1日と治療を延ばすから、もちろん事態は悪化する。
この繰り返しだ。過去に学ばないこと甚だしい。

 ドストエフスキーの「地下室の手記」を手に取る。何といっても、
初めて?歯痛の「哲学的考察」をした作品だ。一時はやった実存主義
という哲学の先駆けとも言われた作品だ。痛みの不条理さを
解説してくれるだろう。

 「歯痛にだって快楽はあるさ」(江川卓訳・新潮文庫)。そう言って、
うめき声を取り上げる。うめいても無駄で、自他ともに疲れるだけなの
をわかっていて、なおうめく。屈折した快楽だ。家族には「おまえたちも、
いっそ眠らないで、おれが歯が痛いんだということを、四六時中感じ
つづけるがいいさ」。この嫌らしさは相当だ。

 で、きりきり痛むころになると、ドストエフスキーどころではなくなる。
結局、人間とは何と弱いものか。きょうから、歯の衛生週間です。



792 :文責・名無しさん:02/11/11 06:12 ID:EMi2TTZM

2001年8月22日 ■天声人語■ 日本は親切過ぎる社会

 大学生10人のうち10人が「碩学(せきがく)」という言葉を知らなかった。
また「戊辰(ぼしん)戦争」については10人中2人だけが「聞いたことがある」と
答えた。いずれも最近この欄で使った言葉だ。

 インターネットを使って国公立大学の大学生から聞いた結果だとして、
ある人から教えていただいた。書き方を工夫された方がいいのではないか、
というご忠告でもあった。

 わざわざ難しくは書きたくない。できるだけわかりやすく書きたい。しかし、
この語がぴったりという場合には、多少難しい言葉でもつかいたい。その悩みと
ともに、もしわからなかったら辞書を引いてくれるだろうという期待もある。
それくらいの不親切さは許されるのではないか。

 日本社会は親切すぎる社会ではないかと思うときがある。おせっかい社会と
言ってもいいかもしれない。たとえば電車で。乗ってドアが閉まってから「危ないですから、
駆け込み乗車はおやめ下さい」と構内放送がある。(もう乗っています)

 たとえば競馬場で。勝負の判定が遅れたとき「お持ちの馬券はお捨てに
ならないように願います」。(お願いされても捨てません)。テレビのワイドショー
などでせりふをわざわざ文字で画面に流すのもその親切か。

 日本のサービス業の接客の良さには定評がある。海外で不愉快にさせられた
ときなどはしみじみそう思う。しかしだんだんうっとうしくもなる。ぜいたくな悩み
だろうか。エスカレーターのない地下鉄階段を息を切らして上りながら
「しょせん口先親切社会か」とつぶやくときもある。



793 :文責・名無しさん:02/11/11 06:13 ID:EMi2TTZM

2001年10月12日 ■天声人語■ ハッカ歯磨き

 ノーベル賞受賞の野依良治(のよりりょうじ)さんと共通する体験がひとつある。
ナイロンが空気と水と石炭からできている。幼いころ、そのことにひどく驚いたことだ。

 空気と水、はわからなくもない。しかし、あの真っ黒な石炭から半透明の
繊維ナイロンができるとは、と感心した記憶がいまでも鮮明だ。二人の違いは、
もちろん歴然としている。こちらはそれっきりで、野依さんはその驚きを育て続けたことだ。

 発表後のインタビューなどを聞いていると、わかりやすいが、味わい深い言葉が
いろいろあって、その人柄がうかがえる。「研究生活は失敗の連続だった」
「大きな発見はほとんど偶然からだ」。謙そんではなく、まさにそうなのだろうと思う。

 そう断言できるほど失敗を重ねてきた。たぶん、人一倍失敗を重ねてきた自信が
あるのだろう。授賞理由になった「不斉(ふせい)合成」も、別の実験をしていて、
偶然発見に至ったらしい。ただし、この「偶然」は少々くせものだと思う。偶然を
招き寄せる力があったからだと思う。

 学生時代はスポーツやマージャンに熱中して「劣等生」だったといい、その後の
研究生活でも、合間に音楽や美術に傾倒したという。この一見、研究には無駄とも
思えることの積み重ね、そうやって培った幅の広さも「偶然」を招き寄せることが
できた一因ではないか。とは、無駄にばかり時間をつかいすぎた者の勝手解釈だが。

 「化学はおもしろく、美しく、ときに役立つ」という。朝、ハッカの香りのする歯磨きを
つかいながら、その言葉をかみしめたのだった。



794 :文責・名無しさん:02/11/11 06:16 ID:taptY3H9

2001年12月6日 ■天声人語■ エンロン

 史上最大の倒産といわれる。米国企業のエンロンである。その規模の
大きさもさることながら、複雑多岐にわたる取引は、まさに現代の怪物だ。
それが突然倒れた。これまた現代の怪談といってもいいだろう。

 85年に、天然ガスのパイプラインを運営する会社として誕生した。
「世界有数の企業が100年かかったことを15年で達成した」と自賛する。
実際、ここ数年最も「革新的な企業」として注目されてきた。去年は全米7位
の企業に躍進した。

 商売の中身を聞かれると素人は少々困る。中心は電力、天然ガスの
卸売りだが、インターネット取引では1200の商品を扱っているという。
たとえば天候も商品にする。冷夏とか暖冬によって生じる需要の変動、
そのリスクをデリバティブ(金融派生商品)として売買するというのだが、
すみません、説明しきれない。

 規制緩和で新しい市場ができる。そこに素早く参入する。というより、
規制緩和を獲得し、新しい市場を創設していく。そうして急成長したらしい。
本社がテキサス州にあり、同郷のブッシュ大統領一族とは親交深く、
彼らへの政治献金も莫大(ばくだい)だった。

 帳簿のごまかしがばれたりして傾き始めたら、あっという間に倒れた。
「鉄の胴に、粘土の足」と形容する英紙もあった。

 「危機管理」もエンロンの商品のひとつだった。テキサスの本社の様子を
報じる米紙は「ほとんど社員は消えたが、どの階にも(捜査に入った)
警官がいる。現実とは思えない」と語る同社の危機管理責任者の話を
掲載していた。皮肉な光景だ。


795 :文責・名無しさん:02/11/11 06:20 ID:taptY3H9

2001年12月28日 ■天声人語■ 戦争用語

 『世界戦争事典』(河出書房新社)という600ページを超す分厚い本を、ぱらぱらと
めくる。紀元前2000年から最近に至るまで、古今東西にわたる戦争や争乱、
内戦の「総目録」といった趣である。

 中には、聖戦も正義の戦いも、あったのかもしれない。だが、殺戮(さつりく)に
違いはあるまい。よくもまあ、人類は性懲りなく蛮行を重ねてきたものか。いずれ、
あの同時多発テロに対抗する「新しい戦争」が、そこに書き加えられるのだろう。

 戦争の最大の被害者は、いつの世も社会の底辺を支える庶民だ。
藤木久志・帝京大教授の『雑兵たちの戦場』(朝日新聞社)には放火、苅田(かりた)
(田畑の作物を荒らす)、乱取り(人や物を奪う)という「雑兵たちの作戦の三点セット」
におびえる戦国時代の農民の過酷な姿が生々しい。

 そして、乱暴狼藉(ろうぜき)や略奪に走る雑兵たちの多くもまた、強引に
徴用され、あるいは飢えに耐えかねて村を捨て、戦場に一時の稼ぎの場を
求める農民たちだった。弱者が弱者を襲う。かくれもない戦争の一面の真実だろう。

 戦乱にくまどられてきた歴史の故なのかどうか。日本語には、合戦や戦争に
まつわる言葉が随分と多いように思う。「陣中見舞い」「一騎打ち」「白兵戦」
「矢面に立つ」「槍玉(やりだま)にあげる」「軍配をあげる」「鎬(しのぎ)
を削る」などなど。

 争いごととは縁が深い選挙や政治の世界で、よく耳にする。メディアの業界用語
にも、例えば「夜討ち朝駆け」「抜け駆け」「遊軍」。目くじらをたてることはないのかも
しれないが、戦争用語はあまり多用したくないものだ。


796 :文責・名無しさん:02/11/11 06:21 ID:taptY3H9

2001年12月31日 ■天声人語■ 取り返しがつかない!

 このところ、ある言葉が繰り返し頭のなかに浮かんでくる。「取り返しがつかない!」
という言葉だ。作家の大江健三郎さんが子ども向けに書いた『「自分の木」の下で』
(朝日新聞社)に出てくる。

 「私が子供の時、なにより恐ろしかった言葉はなんだろうか?」と自問する
大江さんが思い出す。父が突然亡くなった日の深夜、遺体の横で母親が
怒っているような強い声で何度もいっている。「取り返しがつかない!」。
廊下で聞いていた大江さんは恐(こわ)くなって蒲団(ふとん)に戻った。

 大江さんは「子供の自殺」について語ろうとした。「子供にとって、
もう取り返しがつかない、ということはない。いつも、なんとか取り返すことができる」。
これは人間の世界の「原則」なのだ、と。だから、自分を殺してはいけない、他人を
殺してはいけない。

 大江さんの願いにもかかわらず、世界のあちこちから母親たちの
「取り返しがつかない!」の悲痛な声が聞こえてくる一年だった。えひめ丸の
事故があった。明石市の歩道橋の事故に付属池田小の殺傷事件、中東では
自爆テロとその報復が続き、9月11日の同時多発テロである。

 大人たちの任務は、どうしてあんなことが起きたのか、あるいは起き続ける
のか、原因を突き止めること、そして二度と起きない手だてを考えることだろう。
それはわかる。しかし同時に、大人たちも皆、大江さんの言う素朴な「原則」に
立ち返るほかない、との気持ちが強まる。

 「取り返しがつかない!」。この恐ろしい発語を、世界から少しでも
少なくするために。




797 :文責・名無しさん:02/11/11 06:24 ID:taptY3H9

2002年1月15日 ■天声人語■ ラ・ロシュフコーの『箴言集』

 最近の出来事でよく理解できないのは「荒れる成人式」だ。あちこちで騒ぎが
起き、その対策をいろいろ講じているらしい。ここは、偉大なる警句家ラ・ロシュフコーの
言葉を手がかりに、事態を考察した。引用は彼の『箴言集』(岩波文庫)から。

 「大多数の若者は、単にぶしつけで粗野であるに過ぎないのに、自分を自然だと
思いこんでいる」。若者とはそもそもそんなものだ、という。ただ、当の若者がそれを
当然として開き直っているとするとしゃくにさわる。

 酒が騒ぎを引き起こすという見方もある。若者はまだ酒の魔力をよく知らない。
酒に溺(おぼ)れやすい。「われわれが一つの悪徳に溺れずにすむのは、悪徳を
幾つも持っているおかげであることが多い」。ちょっとあぶない悪徳の勧めだ。

 「自分は人に好感を与える、という自信は、えてして人を不愉快にする
決め手になる」。確かに自分だけ舞い上がって、他人の心中を想像できない
輩(やから)にかき回されることがある。警句家に言わせると「ひとしきりしか
歌われないはやり唄(うた)にそっくりの輩がいる」、そんな輩だろう。

 式を仕切る大人の側に問題はないか。「年寄りは、悪い手本を示すことが
できなくなった腹いせに、良い教訓を垂れたがる」。そういう人もいる。
「うんざりすることが許されない人を相手にしていると、ほとんどきまってうんざりする」。
そういうこともある。

 17世紀に生きた「箴言(しんげん)」の人は、結局は自分の愚かさを、人間の
愚かさを知れ、と言っているのだろう。簡単なようで一番難しいことかもしれない。



798 :文責・名無しさん:02/11/11 06:28 ID:NrSaP0L5

2002年1月24日 ■天声人語■ モー我慢できない

 想像するだけでも異様な光景だ。13・8トンもの牛肉の詰め替え作業を
する。663箱分にあたるという。上司の命令だったのだろうが、休日に
動員された社員はどんな気持ちで作業をしたのだろうか。雪印食品の
牛肉すりかえ事件である。

 この事件で、何ともいえない暗い気持ちにさせられるのは、いくつか
嫌なことが重なっているからだ。まず親会社の雪印乳業の食中毒事件が
あった。雪印というブランドに大きな傷がついたあの事件から1年ちょっとしか
たっていない時期である。雪印グループとしては名誉回復に向けての
重要な過程にあったはずだが、そのことは頭になかったのだろうか。

 また、狂牛病発生という危機を悪用しようとした。業界にとっても、あの
危機をどう乗り切るか、極めて深刻な時期だったはずだ。それに便乗どころか
悪用とは。しかも結局は税金でもって賄われる「買い取り制」の悪用である。

 そうしたことに加えて、もうひとつ暗然たる気持ちにさせられることがある。
生産者や消費者への思いがまったく感じられないことだ。両者をつなぐ
食品会社として、どちらとのつながりも大事なはずだが、それが感じられない。

 オーストラリアからはるばる送られてきた牛肉を国産牛と偽り、結局は
廃棄の対象にする。牛を育てた酪農家だったら、身を切られるような思いで
焼却処分に向けるのではないか。

 消費者からすれば、そんなごまかしをする食品会社を信用する気には
なれない。「モー我慢できない」。牛にしてもそんな気持ちになるのではないか。



799 :文責・名無しさん:02/11/11 06:28 ID:NrSaP0L5

2002年4月12日 ■天声人語■ 東京タワー

 思い立って東京タワーに上ってみた。東京に暮らしていて、毎日のように
あのタワーを見ていても上ったことがない。そんな人が意外に多いと思うが、
筆者もその一人だった。東京はけっこう緑が多い。大阪に比べるとずいぶん多い。
友人とそんな話をしていて、ではあそこから眺めてみよう、とその気になった。

 自慢にはならないが、塔というものにはあまり上ったことがない。米国の
ラスベガスで偽のエッフェル塔に上ったが、これはあの町そのものより、
砂漠のなかの人工都市の景観、とりわけ遠景の砂漠を見たいと思ったからだった。

 ほかには、上海で、建設中のテレビ塔に途中まで上ったくらいのものだ。
急激に変わっていくあの町のかたちを記憶にとどめておこうと思った。
東京タワーの方には、それほど関心がなかった。

 展望台に着いてまず目に入るのは皇居の緑だ。そして浜離宮の庭園と
足元の芝公園で、西には神宮の森と新宿御苑が連なる。その向こうには
真っ白な富士山が見えた。しかし、意外に緑が少ない。東京湾は別にして、
意外に水も少ない。そう思った。

 東京タワーの開業は、即席ラーメンが発売され、巨人の長嶋茂雄が
新人王を獲得し、1万円札が発行された58年のことだった。当初は、
修学旅行生にも東京名所の人気1位だった。これまでに約1億3800万人
が上った。

 大阪の通天閣のことが気になってきた。高さは東京タワーの約3分の1で、
56年に再建されてからの来場者は、2700万人余だという。
こんどは、あそこに上ってみようか。



800 :文責・名無しさん:02/11/11 06:30 ID:NrSaP0L5

2002年7月19日 ■天声人語■ ペットボトル原爆

 昔はこんなに水を飲んだだろうか、と思うときがある。ペットボトルの
水のおかげである。あれを持ち歩く習慣がついてしまった。水事情が
良くない海外を旅行したときからの習慣かもしれない。水が手元にないと
つい不安になる。

 手元にあると無意識のように口をつけてしまう。本格的な渇きを
感じる前に飲んでしまう。水の存在が疑似的な渇きを招いているのでは
ないか、と反省するときもある。欲求があって何かを欲しがるのではなく、
何かが目の前にあるから欲求が生まれる。

 水ではなくお茶の人もいるだろうし、あるいはスナック菓子の人も
いるだろう。そうした飲食物だったらまだいい。しかし、もっと別の物で
同じ心理が生じるとすると……と考えて不安を覚えることがある。
たとえば武器である。

 昔の武士は試し切りというのをしたらしい。いい刀を手に入れると
使ってみたくなる。わら人形相手ではつまらない。そういって実際に
人間を相手に試し切りをしたという。そこまでさかのぼらなくても、
最近の戦争でも似たようなことがあったという話はよく聞く。
殺傷の欲望を、手にした武器が促す。

 究極の武器といえば核兵器に行き着く。インドとパキスタンとの
緊張がまた高まっている。核保有国の両者が自制できるかどうか。
ペットボトルの水をにらみながら核戦争の恐怖におびえる。あまりに
極端な連想かもしれないが、人間の欲望と自制との関係という点では、同じだ。

 ものと欲求との関係が転倒しやすい時代だ。気をつけないと、
みるみる深みにはまる。


801 :文責・名無しさん:02/11/11 06:33 ID:NrSaP0L5


★駄文祭りファイナル★さらば、わが青春の『小池民男』★


〜それでは、みなさん、ごきげんよう〜



802 :文責・名無しさん:02/11/11 07:31 ID:q4bhdwrz
>>801
スレタイに、さらば、わが青春の『小池民男』を使ってくれてありがとう。
もう小池は辞めるみたいだから、こんな連想ゲームは楽しめなくなるのか・・・

803 :文責・名無しさん:02/11/11 07:46 ID:DyVk+UoG
いやあ〜読めば読むほど、タミーがいかに迷コラムニストっていうのがひしひしと伝わってきますな。
ま、タミーにはこれからもペットボトルを見る度に(((;゜Д゜))) ガク ガクブルブルし続けてもらいたいもんだ。

804 :文責・名無しさん:02/11/11 07:48 ID:wNKs5Av+
素人にしてはみんな文章がうまいんだよね。
じつ〜に、不思議なんだけど(w
書いている内容はめちゃくちゃだけど、文章だけはうまいんだよ。
まるでプロが書いているみたいに。

805 :文責・名無しさん:02/11/11 07:59 ID:LGz1KWZv
>>804
日本語の乱れを憂う者の集まりだよ。
内容も文章もまとも。

806 :文責・名無しさん:02/11/11 08:16 ID:ACnomO+e
>>804
天声人語は確かに素人離れしていて、とてもプロの書いた文章とは思えない(w


807 :文責・名無しさん:02/11/11 08:23 ID:at5ydwWr
>>806
いやいや、むしろ素人にしてはうまい、と言うべきだろう。
ブンヤは元々コラムニストじゃないからな。
誤字・脱字は整理記者が直してくれてるんだろうと思うよ

808 :文責・名無しさん:02/11/11 08:32 ID:zkbbo0uI
朝日という名まえが付いていなければ誰もこんな駄文は読まないだろうなあ

809 :文責・名無しさん:02/11/11 08:34 ID:XiFDnbOG
「マスコミ人」よもっとしっかりしてくれと言いたくなる

810 :文責・名無しさん:02/11/11 08:53 ID:J9qML+dE
小池的アクロバティック倒置法を使ってみました。
こうでいいですか? > 天声ファン

「きんぴらにしよう。夕食の献立を考えている時に思った。
 今日はスーパーの特売日。ゴボウが特に安い。」


811 :文責・名無しさん:02/11/11 09:08 ID:ACnomO+e
>>810
「そんな」「こんな」「あれこれ」という、ワケワカラン指示代名詞も欲しいところ。

「きんぴらにしよう。あれこれ夕食の献立を考えている時にふとそう思った。
 今日はそんなスーパーの特売日。ゴボウが特に安い。」

とか。


812 :文責・名無しさん:02/11/11 09:39 ID:T1mLlA+v
>>810
漱石、マジカルバナナ、米国批判、経済音痴ぶり
も付け加えてみました。

「きんぴらにしよう」(夏目漱石「浮草」)。
夕食の献立のことである。
今日はスーパーの特売日でゴボウが特に安い。
さて安いといえば先日来の米国の株安である。
きんぴらと違い、こちらは歓迎できない。
強気のブッシュ政権も対応に苦心している。
イラク攻撃への積極ぶりも、市場関係者の評価は今ひとつのようだ。
特売のきんぴらを手にしながら、そんなことをあれこれ思った。

813 :文責・名無しさん:02/11/11 10:01 ID:J9qML+dE
>>811-812
 うまいなぁ・・・。素で感心しちゃった(^^;

814 :小池天声人語の思いで。:02/11/11 10:02 ID:/DLP6cEO
小池民男さんの天人在任期間は2年ほどと、歴代のなかでも極短いほうでしょう。
しかし小池さんは、ご自身に与えられた時間を一刻もゆるがせにしませんでした。ハッカ入り歯磨きを使いながら、
東京タワーに登り周囲を見渡しながら、はたまた地下鉄の入り口で見たアブラゼミの死骸から到底常人には及びもつかない閃きを得て、
それを次々と天声人語として発表、広く世に問いかけました。
かつてのアインシュタインの相対性理論のように、小池天声人語を理解できるのは日本広しといえども数人しかいないのではないかと
囁かれるほどの問題作でした。
なかでも本日の駄文祭りの最後を飾った「ペットボトル原爆」は、小池さんの最高傑作として永く人々に語り次がれて行くでしょう。
小池さん。素晴らしい思い出を有難う。またお会いできる日を楽しみにしています。

815 :文責・名無しさん:02/11/11 10:08 ID:KySv+EKU
>>814
タミーの駄文には、今度はどこで会えるかなぁ。

816 :文責・名無しさん :02/11/11 11:12 ID:JkruZ4FC
さらば、小池たん。

 同僚と昼食にカレーを食べていて軽い違和感を憶えた。ニンジンが入っていないのだ。我が家のカレーには大ぶりに切ったニンジンが必ず入っている。あまりニンジンが好きな方ではないが、ないとなにか物足りなさを感じるらしい。
 「勉強しなさい。」学生の頃によく言われた言葉を思い出す。当時は煩わしく感じ時に反発もしたものだ。就職してからは当然言われることがなくなったが、今ではこころのどこかに空洞を見つけることがある。
 新聞と言うものは有用な情報のみを得られればいいと思っていた。若い頃である。コラムなど受験勉強のためにだけ存在するとさえ思っていた。受検に良く出るからという理由で新聞を選んでいた。そんな時代である。
 最近2ちゃんねるというもの知った。をインターネットを利用するようになったからである。そこには様々な人々が思い思いの意見を書き込んでいた。天声人語スレも程なく見つけた。
 目から鱗が落ちる思いをした。天性人語とはこんなにも面白いものだったのか、と。惰性で新聞を読んでいた自分を恥じた。ハッカハミガキ、ペットボトル、普段何気なく実にしていたものがなんと想像力を刺激するものであったのか。
 それからは毎朝天声人語を熟読するようになった。意味が通じず苛立ちを憶えたこともあったが、休刊日になるとやはり物足りなさを感じるようになった。投書欄とは一味違う香ばしさがプロの妙味を感じさせた。
 そんな天人氏がこの度交代するという。野菜ジュースにセロリが入っていなかったらやはりものたちなく感じるだろう。そんなことを、ふと考えた。

817 :文責・名無しさん:02/11/11 15:51 ID:TZEYTMTx
>>812
ワラタ!

818 :文責・名無しさん:02/11/11 15:56 ID:iaftk50C
っで、そろそろ、
次のスレッドのタイトルと>>1の内容を考えはじめよう

今回は、スレッドは完全に同意うえ立てましょう。

819 :文責・名無しさん:02/11/11 16:36 ID:45nKUOqZ
去年だったか、被害者の関係者が配っていた武富士放火犯の似顔絵に「リアルに
描きすぎてダメなのでは?」ケチつけたらしばらくして犯人が捕まったのが一番
笑ったかも・・・
あれも小池っちなのですか?捕まった犯人は似顔絵ソックリだったな〜

あと、赤ん坊連れ去った女に同情的な文を寄せたら、数日後にその女が男を引き
とめる為だけに犯行におよんだのが分かったヤツとか(´_ゝ`)

820 :文責・名無しさん:02/11/11 18:18 ID:gF66JTIv
>>816
あんた、うまいよ。すぐに小池の跡を継げる。

821 :文責・名無しさん:02/11/11 18:22 ID:J9qML+dE
>>820
 最大の問題は、果たしてそれが褒め言葉なのかどうか・・・。

822 :文責・名無しさん:02/11/11 20:58 ID:P2C1Xd/5
>>799
>東京タワーの開業は、即席ラーメンが発売され、巨人の長嶋茂雄が
>新人王を獲得し、1万円札が発行された58年のことだった。

あれ?東京タワーって33年開業だろ・・・・

あ!それって1958年の事か
そこまでして元号使いたくないのねw



823 :816:02/11/11 21:21 ID:bdY03w7+
>>820-821
わぁい!ほめらりちった(w













鬱だ氏のう・・・

824 :文責・名無しさん:02/11/11 21:40 ID:gF66JTIv
>>822
それは新聞表記に関する朝日という会社全体のルールで別に小池の趣味ではない。
今や朝日のほか、毎日、読売もこのルール。今でも元号を使っているのは
産経だけ。


825 :文責・名無しさん:02/11/11 21:52 ID:9A2RuIGA
なんで元号を使わないんだろうね。

826 :文責・名無しさん:02/11/11 22:01 ID:ruGg+NQF
元号が「朝日」となるのを待っているんでは。

827 :文青・名無しさん:02/11/11 22:39 ID:YzdicKvy
>>825
まあ敢えて元号を使うことのメリットは何か? というのも答えはないしね。
歴史学でも、西暦を使うことが普通ではある。

828 :824:02/11/11 23:37 ID:FCIB7qKF
別に昔から元号無視だったわけではないよ。
昔の新聞を見てみればわかること。新聞が西暦に変わったのは
平成に改元されたあたりかな。天皇制云々のほか
改元されるといろいろ計算が
面倒だという機械的な理由もあると思う。

俺の実感からもいえるが、昭和のころは西暦なんてほとんど
考えなかった。1980年になったとき80年代って話
が少し出たけれど、周りの空気は今年は「昭和55年」と
しか考えておらず、極めて実感が薄かったことを覚えている。

逆に今は元号を使うことがむしろ政治的な意味を帯びやすい。
「俺は保守だ」とかね。西暦のほうが無色。
いいか悪いかは別としてね。

829 :文責・名無しさん:02/11/12 00:31 ID:IQw9hkRl
>小池さん。素晴らしい思い出を有難う。

あれ? 小池さんは正式に降板が決まったのですか?
どこかにソースありますか?

830 :824:02/11/12 00:34 ID:RdDpxulf
いや、まだ未確認状態だよ。
まだしばらく(年内は)小池体制が続くんじゃないかな。
本スレの540以降を参照してくれ。


831 :文責・名無しさん:02/11/12 02:18 ID:mwB25asc
A.D.=Anno Domini 主の年

人間はイエスの奴隷や下僕では無いので使えない。
西暦を採用するということは荒唐無稽な宗教の教祖を主であると認める
ことになる。信教の自由を侵害すること甚だしいので公器
を自覚している新聞は使用していない。

832 :文青・名無しさん:02/11/12 07:05 ID:dF33rzA5
>>831
サヨあたりに言わせりゃ、元号は(特に一世一代の現代では)
天皇と深い関係があるから、天皇現人神思想の押し付けである、
とかいわれかねんな。

無論どんな理由で新聞を選別しようが、特定の宗教について
どんな感情を持っていようが個人の自由ではあるが、
あんまり変なところにこだわりすぎると結局損するのは自分だよ。
西暦は宗教というより、文化と見るべきかと。

断っとくが、俺は別に西暦元号どちらの表記でもあまり気にしないし、
キリスト教徒でもない。

833 :文責・名無しさん:02/11/12 07:35 ID:9Rl3Vtyz
西暦はキリストの誕生年を元年としたのだが、その後誕生年はもう4年早かったことが
分かった。だから年表ではキリスト生誕は紀元前4年となっている。
俺の考えでは、これはけがの功名でよかったのではないのかと思う。
結果的に、元年=キリスト生誕年ではないので他宗教民族でも取り入れ易いのではないのか。
>>832意見に賛成。

834 :文責・名無しさん:02/11/12 07:36 ID:DllEItwo
さっそく一般人を装ったサヨが現れたか。
元号が天皇現人神思想の押し付け?
初耳だな。そうだったのか?
中国の制度を真似たとか習ったが、違っていたのか?
西暦が主の年とかも高校で習ったが、変なこだわりだったのか?


835 :文責・名無しさん:02/11/12 07:48 ID:h8WSNDrV
 スレ違いだけど、asahi.comの更新がまだだから、ちょっとだけ。

>>834
 まーまー。そういう風に教わる人も多いわけで。
 感覚的な話ですけどね、私は西暦は「時間・数字的なもの」で、
元号は「情緒的なもの」ととらえてます。
 具体的な事件の日付なんてのは、西暦表記の方がわかりやすいで
すね。歴史の勉強する時に便利、というのが正確かもしれません。
一方元号は、日本的な情緒を味わう時にこれほど便利な道具はない
なー、と。
 「平成元年」だの、「大正ロマン」だの、「元禄繚乱」だの、
口ではうまく言えないものの、時代の雰囲気を描くのに便利かと。

 必ずこっちを使えと目くじら立てるのではなく、マスコミさんは
うまく扱ってくれるといいんですが。


836 :文責・名無しさん:02/11/12 08:01 ID:AlfcOnr0
なんで今日はこんなに更新遅いの?

837 :文責・名無しさん:02/11/12 08:50 ID:vTb/FI7z
この問題に対する朝日の見解の調整に手間取っているのでは?
===以下ヨミウリから===
「松木さん遺骨」は別人
1980年に欧州で拉致され、北朝鮮側が「死亡」と伝えてきた松木薫さん(拉致当時26歳)について、
政府調査団が先月持ち帰った「遺骨」を鑑定した専門家と内閣府の「拉致被害者・家族支援室」の担当者が11日夜、
「別人の骨と結論づけた。 (03:02) [全文へ]



838 :832:02/11/12 08:56 ID:mms6FKN8
>>834
そうか、俺はサヨの工作員だったのか、知らんかたーよ(w

信教の自由とか、いかにも「ある系統の団体」が好んで使う大仰な言葉持ち出してたから、
老婆心からアドバイスしただけのつもりだったんだけどね… まあいいや。 新聞の表記が
全て元号に統一される日を夢見て、いろいろと頑張ってください。
俺はあんたにゃこれ以上なんにもいいませんです。

839 :文責・名無しさん:02/11/12 09:29 ID:K5DMLjet
■《天声人語》 11月12日

◇芸術の都イタリアのフィレンツェが、先週末「反戦」のデモ隊で埋まった。ヨーロッパ
各地から集まった参加者は主催者発表で100万人、当局発表でも約50万人というから、
たいへんな人数だ。「爆弾ではなくブッシュを落とせ」といった旗を掲げてイラク攻撃反対
を訴えた。

◇それまでにロンドンなどヨーロッパ各地、それにワシントンでも反戦集会が催されてきた。
ヨーロッパでの動きは、ここ数年続いている反グローバル化運動とつながっているらしい。
米国をはじめ各国政府は、グローバル化の中で世界の弱者を置き去りにし、抑圧してきた。
そう主張し、イラク攻撃もその一環だと見る。

◇米国では、各地で小規模の反戦集会などが行われてきたが、先月末のワシントンでの集会は、
警察発表で10万人という大規模な集会になった。「ベトナム戦争以来最大規模」とは主催者
の弁だ。

◇こうした集会に初めて参加したという地方都市の女性は「保守的な町に住んでいて孤独な思い
をしていたが、これで元気が出た」といい、近く自分の町でも集会を開くという(ニューヨーク・
タイムズ紙)。主催者は「米議会は国民の声を反映していない」と主張している。

◇米国の中間選挙での共和党の勝利から国連安保理の全会一致の決議へとイラク包囲網は狭まり、
米国は臨戦態勢を強めている。それとは別に国際的な反戦運動は、無視できない「世論」の流れ
があることを示す。

◇イラクが安保理決議を受け入れ、ブッシュ政権が振り上げた拳をいったん引っ込める。まずは、
それを願おう。


840 :文責・名無しさん:02/11/12 10:08 ID:MR3kWlka
>イラクが安保理決議を受け入れ、ブッシュ政権が振り上げた拳をいったん引っ込める。まずは、
>それを願おう。

同意。それだけ

841 :文責・名無しさん :02/11/12 10:25 ID:uVqoAazg
>>869
言いたいことはわかる。

つまり、今日のは小池タンではないということに100ヲン

842 :文責・名無しさん:02/11/12 10:42 ID:n4D/qks3
>◇米国の中間選挙での共和党の勝利から国連安保理の全会一致の決議へとイラク包囲網は狭まり、
>米国は臨戦態勢を強めている。それとは別に国際的な反戦運動は、無視できない「世論」の流れ
>があることを示す。

中間選挙前に朝日は「ブッシュ政権の外交方針が市民の審判を受ける」って言ってなかったか?
その「審判」が下ってもなお自説を言い張るのはどうしたものかねえ。

「保守的な町にすんでいて孤独な思いをしていた女性」って、革新の町なら暖かいってか?
こいつNYに逝ったことないな(w

843 :文責・名無しさん:02/11/12 10:56 ID:ZSgctZGQ
この前のサザン・ホスピタリティの駄洒落を言いたかっただけとか・・・

ホシュピタリティ

844 :文責・名無しさん:02/11/12 11:07 ID:h8WSNDrV
>>839
 それでいながら、中間選挙で歴史的圧勝したってことをどう考えて
いるんだろ?

>それとは別に国際的な反戦運動は、無視できない「世論」の流れ
>があることを示す。

 反戦運動も世論なら、選挙も世論だろうて。しかも後者は数が出る
明確な世論。

 テレ朝なんかもそうなんだけど、「アメリカの国民は戦争を望んでいな
いはずだ」っていう妄想で記事を作ると大失敗するぞ。ヨーロッパについ
ても同じ。特にイギリス、ロシアなんかはイスラム過激派に敏感になって
いる。
 偉そうにいっちゃうけど、そういう深い視点がないから、近年の天人は
内容的にスカスカなんだよなぁ・・・。


 オレも今日のは、小池タミーとちょっと違う印象を受ける。記者あがり
の奴が、てめーの思想に乗っかって勢いで書いた文章に見えるんだが。


845 :文責・名無しさん:02/11/12 11:13 ID:Xo2W5X3f
>>839
しかし説明の下手なところは小池風味だと思った。俺の読解力が劣るのかもしれないのだが、
>。「爆弾ではなくブッシュを落とせ」といった旗を掲げてイラク攻撃反対を訴えた・・・
そうだが「ブッシュを落とせ」とは「藪から取ってきた木々を落とせ」とでも解釈すれば良いのかな?
それとも「選挙で落とせ」ということなのかしら?
>米国をはじめ各国政府は、グローバル化の中で世界の弱者を置き去りにし、抑圧してきた。そう主張し、イラク攻撃もその一環だと見る。・・・
もうすこし分かりやすく書けないのかね。「そう主張し、そう見る」のは誰なんだよ?まさか筆者自身の意見じゃないだろうね。

846 :文責・名無しさん:02/11/12 11:19 ID:U2ZwvIS7
>>845
ブッシュがパラシュート降下してる画を想像してますた。
選挙で落とせか、なるほどね。


847 :文責・名無しさん:02/11/12 11:28 ID:KrlzX9Ok



アメリカの中間選挙がまったく主張に反映されないコラムはここですか?



848 :文青・名無しさん:02/11/12 11:29 ID:mms6FKN8
>>839
欧が全体的に今回の戦争は支持していないのは本当だろうが、「国際的な反戦運動」なんてものは
存在しないだろ、タリバンへの空爆は支持してたしね。 今回はお題目が「テロ撲滅」とはいえ、米の
やり方があまりに強引だから国際的な理解が得られていない、というだけの話でしょう。
俺も今回もし米が本気でやるつもりなら、日本は深入りせずに「やりたきゃ勝手にやれば?」くらいの
態度でいいと思う。 協力を要請されたら、さすがに無視するってのは現実問題としていろいろ
あるだろうから、前回からは思いっきり支援のレベルを下げて、適当にお茶を濁すってとこか。

ただ、米が「戦争するぞ」とイラクに脅しをかけること自体は非難しない。 核査察のような
レベルの問題になると、ある程度力で脅しをかけないと進まないという一面もあるのは事実だろうし。
朝日とかの「反戦」を標榜する単純思考の団体は、外交はそういう微妙で複雑な駆け引きというのが
根本的に分かってないみたいね。
米が「戦争やるぞ」といったら、字面通りに受けとって「戦争はんたーい」だもんな。 笑っちまうよ。

この話は、まだこれからしばらく二転三転あると思うよ。


849 :文責・名無しさん:02/11/12 12:07 ID:dOPwHZAS
日本の統一補選でも与党が勝ったのに朝日は紙面をあげて負け惜しみを書いていたな。

それはさておき、今日の人語は反グローバリズム運動は反戦運動と同じものではなく、
グローバル経済に反対する貧困者や偏狭なナショナリズム(パトリオティズムではない)
の方が主流だという事実を無視してないか。

商店を襲って破壊行為を繰り返したり、しばしば暴力に訴えるデモの沈静化はNATOの重
大な課題であり、ヨーロッパ統合の妨げでもあるんだが。
朝日はヨーロッパ対アメリカの構図を夢見ており、ヨーロッパ統合支持だったよな。

反グローバリズム運動を平和主義者の反戦運動という側面からしか捉えないのは意図的
といわれても仕方ないだろう。

850 :なななし:02/11/12 15:10 ID:El7Iufmz
> ◇芸術の都イタリアのフィレンツェが、先週末「反戦」のデモ隊で埋まった。

自分達でも分かってるんでしょ、わざわざ「反戦」とカッコ付きで書いたんだから。
ロイターの配信写真の真正面には「鎌とハンマー」が描かれた赤い旗、その周りには
イラクの国旗が大きく振られている。少なくともこれだけで「反戦」ではないことがわかる。

> 「爆弾ではなくブッシュを落とせ」といった旗を掲げてイラク攻撃反対を訴えた。

これ中間選挙の時のスローガンなんだけど、これがフィレンツェで掲げられていたって
いうニュース、何処かで見た?選挙後じゃ意味のないスローガンだと思うんだが。

851 :文責・名無しさん:02/11/12 15:18 ID:Kt3HpeF1
天声人語読んでいつも感心する。

「朝鮮人にしては日本語上手だなぁ・・」

852 :文責・名無しさん:02/11/12 15:57 ID:KrlzX9Ok
>>851

そういう含みのある差別はやめれ

853 :文責・名無しさん:02/11/12 16:29 ID:UUyhkBB9
東京タワーあたりまでこのスレで追っていて
久し振りに来たわけだが
ペットボトル原爆が未だに信じられない・・・

854 :文責・名無しさん:02/11/12 16:30 ID:oUYWjwJV
>>851

今となってはもはや死語になった感のある言葉をあえて送ろう

「逝ってよし」

855 :文責・名無しさん:02/11/12 16:31 ID:SfYbfpyX
今日は
(1)主張の当否は別として、論旨が明快=小池っぽくない
しかし
(2)その主張たるや「世界人類が平和でありますように」の札みたいな
もんで独自性のかけらもない=小池っぽい

で迷う。どちらだろう?

856 :文責・名無しさん:02/11/12 16:45 ID:ZXmIUWSk
新人が書いて小池が添削してんじゃねぇの?

857 :朝まで名無しさん:02/11/12 16:49 ID:ZjUEuIcM
でも、朝日は良質な燃料投下をしてくれるので、
このまま糞サヨ路線を突っ走って欲しい。

858 :文責・名無しさん:02/11/12 17:54 ID:ziTjx9J2
毎日一本短い文を書く。どんな下らない内容でもいい。そんな仕事で年収2千万を得ている人物がいる。チョーイル新聞のタミー小池氏のことだ▲

859 :文責・名無しさん:02/11/12 18:22 ID:WmiO6eEI
日本一、熱狂的支持者を持つのは、民ーだよな

粛々とNo9までスレッドが伸びて、しかもこれからも安定成長が
確約されてるのて、この人だけでしょ

860 :文責・名無しさん:02/11/12 19:15 ID:LFAHvkrA
http://www.yomiuri.co.jp/05/20021109i116.htm
【フィレンツェ(イタリア中部)9日=秦野るり子】イタリアの古都フィレンツェ
で9日、米国が準備を進める対イラク攻撃などに反対する大規模な反戦デモが行わ
れた。全欧州の反グローバル団体が共催しており、参加者は50万人を上回って
いると見られる。

 フィレンツェでは、欧州の反グローバル団体が一堂に会す「欧州ソーシャル・
フォーラム」が7日から開かれており、デモはその一環として企画された。
参加者は、「ブッシュ(米大統領)、ブレア(英首相)は暗殺者」などと書いた
プラカードを掲げて市内を行進。米英両国のイラクへの強硬姿勢に対する欧州内
の反発を浮き彫りにした。

 デモは9日夕(日本時間10日未明)まで続けられる予定。国連安保理の決議で
対イラク攻撃が現実味を増しているだけに、大荒れになるとの予想もある。警察
当局は、6000人を投入して厳戒態勢を取っている。

 イタリアでは、昨年7月、主要国首脳会議の開催に合わせてジェノバで行われた
反グローバル団体のデモが暴徒化、警察の発砲で1人が死亡しており、今回のデモ
参加者の一部が「報復」を唱えているとの情報もある。デモの舞台となるフィレン
ツェは、ルネサンス発祥の地で多数の歴史的建造物、文化財を抱えるだけに、損傷
を恐れる声も上がっている。 (11月10日01:08)
----------------
ピース暴徒、という言葉が頭に浮かんだ。

861 :文責・名無しさん:02/11/12 19:37 ID:A//t1HWF
ふと、朝日が社論を変える、みたいなこといってたけど、
こういう(>>860)方向にもっていくんじゃ…
恐いよママン…

862 :文責・名無しさん:02/11/12 21:38 ID:h8WSNDrV
 平和をおとなしく祈る集会じゃないようですな。


863 :文責・名無しさん:02/11/12 22:16 ID:uprdBbre
NHKスペシャル・シリーズ変革の世紀は坂本龍一を起用して、
やたらヨーロッパの「ゆるやかに集った市民団体」・反グローバリズムに好意的なんだよな。
ところが、右翼や保守主義、移民抑制を求める市民の潮流取り上げていない
---------------------------------------
国家や大企業が主役を担い、物質的な豊かさを追い求めた20世紀の文明が
行き詰まりを見せた今、現代社会の閉塞感を突き破る新しい時代の胎動が、
世界各地で姿を現し始めています。
サミットやWTOの会場を数万人で囲み、国際政治を市民の力で変えようとするNGO。
市場経済がもたらす豊かさに背を向け、福祉や環境保護の仕事に身を転じた人々。
音楽の無料配信をきっかけに、知的創造のあり方を問い直し始めた市民グループ。

変革の原動力となっているのは、高度情報化です。インターネットは人々に
情報という強い力を与え、国境を越えて個人と個人を結びつけ、
“地球市民”とも呼ぶべき新しい時代の主役を生みました。
そして今、変革の動きは、国家、経済、文化、さらには私たちの
ライフスタイルにいたるまであらゆるものを巻き込み、
歴史の大きな潮流になろうとしています。

21世紀、人類はどこへ向かおうとしているのでしょうか。
そして私たちはどのような未来社会を築くべきなのでしょうか。
4月から放送を開始する「NHKスペシャル・変革の世紀」は全7回。
今まさに生まれようとする新しい時代の萌芽を世界各地に取材した5本の
ドキュメンタリー番組に加えて、夏と秋の2回、
インターネットと連動した視聴者参加型番組を放送します。
http://www.nhk.or.jp/henkaku/about/index.html

864 :文責・名無しさん:02/11/12 22:57 ID:XYH5mTbk
>>861

朝日の社論は確かに変わってきてますよ。
「革命は銃口から生まれる」(by 毛沢東理論)⇒「平和は銃口から生まれる」(by 新朝日理論)

(((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

865 :文責・名無しさん:02/11/12 23:07 ID:DebEkxK5
 >>863
 反グローバリズムは、サヨクの専売特許じゃないってことに気づいている?
左翼は元来「インターナショナリズム(といっても労働者階級の連帯という文脈で)」
を主張していたが、グローバリズムは、「米国」の一極支配という色彩のほうが強く、
いわば、反共の本家本元から漏れ出てきたもので「資本主義」的色彩が濃厚なもの。
 ここに、「反米」保守、「民族主義」者たちの参入する余地がある。
 いや、わかっているのならいいんだよ。
わかっていないならDQNだね。あんた、学部どこ?

866 :文責・名無しさん:02/11/12 23:08 ID:DebEkxK5
 つづき。
 欧州の糞ウヨなら、ルペン、ハイダーあたりかね。
あんなナチ擁護のDQNを弁護しろとでもいうのかね?

867 :文責・名無しさん:02/11/12 23:16 ID:EdQOsvsr
> 672 名前:もういちど、かみしめよ。 投稿日:02/11/12 23:10 ID:DebEkxK5
> 石原原慎太郎は、確かに「芥川賞」はとった。だから作家、
> であることはまちがいないのだが、「作家」と呼ぶに足る作品は
> その後、皆無にちかい。通俗政治評論本(いわば石原のオナニー本)
> ばかりを数多くかいている。
(中略)
>  「石原ヨイショ」するメディアと、それに踊らされる阿呆。
> 阿波踊りじゃない、つーの。

まあこの板で上のようなマルチや糞ウヨなんて言葉使う奴は一人しかいない訳だ

頼むからこのスレにだけは来るな基地外

868 :文責・名無しさん:02/11/13 00:07 ID:1RNWMxCZ

歪曲読者どもだな

869 :文責・名無しさん:02/11/13 05:03 ID:8ypG2bt5
あたまの悪いサヨクがウヨを装った書き込みをしているな。
天声の駄文ぶりに過疎化が進んだから寄って来たんだろうが
特殊思想ですぐにバレてるのに気付いていないようだな。
主張の結論がサヨクなのは誰も咎めんが、論法がデタラメなので
誰も相手していないのに気づけ。

870 :文責・名無しさん:02/11/13 06:46 ID:yC2Ko8De
天声人○
最近、吉野家に行ってみた。
するとそこには、どうしたことか席が無く座れない。
そこの垂れ幕を見ると、150円引きとかいてある。思わず失笑してしまった。
推察するに、席が無いほどの客は、150円引きを目的に来たもどだと。

たかが150円、されど150円かと考えながら、
目の前に座る親子ずれが視界に入った。「よーしパパ特もりたのじゃうぞ。」
吉野家には、似つかわしくない雰囲気である。
150円を渡せば、彼らは席を立つのであろうかと考えながら、本来の吉野家のあるべき菅戸を考えた。

元来吉野屋というところは、U字テーブルの向かい同士が、不本意ながら喧嘩を始めるような
ピリピリしたその感覚が良いのである。
不本意ではあるが、ご婦人と子供には危険すぎるので、あまりお勧めできない。
どうにか、席に着くと隣に座った男が、「大盛、つゆだくで」と注文を出す。
同じもの注文を考えたが、素人臭いのでやめた。

ところで、となりの、男は本当に「つゆだく」が食べたいのであるか。いや、きっと、「つゆだく」と言ってみたいだけなのだろう。
ペットボトルを持つと擬似的な渇きを覚えるのと同じ理屈だ。

店員がオーダーを聞くので、すかさず私が「大盛ネギだく」と答えると
店員は少し戸惑い、そこに間髪いれずに「ぎょく」というとなにやら、メモを取っているようだった。

それは、この注文を行ったものは店員に特徴を詳細にメモされてしまうということだ。
よってそれは、この読者には、あまりお勧めできない。
読者は、牛鮭定食を食べる事が望ましいかもしれないと、考えながら店を後にしたのであった。


871 :文青・名無しさん:02/11/13 07:37 ID:WAjBlMlv
■《天声人語》 11月13日

◇真夜中に目をさますと部屋の真ん中に小さな家がある。女の子が主人公の一見可愛らしい
歌は、そう始まる。窓からのぞくと小さな父がテレビを見ていて、小さな母が花をいけている。

◇NHKで放送中の「みんなのうた」の「そっくりハウス」(谷山浩子)だ。小さな家の子供部屋には
自分と同じパジャマを着た女の子がいて、何かをのぞきこんでいる。彼女がのぞき込んでいる
のも小さな家だった。小さな家をのぞく私を私が見ている。それをまた私が見ている。それを
また……と延々と続く奇妙な光景である。

◇村上春樹さんの小説『スプートニクの恋人』(講談社)にも奇怪な場面があった。事故で
遊園地の観覧車に閉じ込められた女性が、たまたま自分のアパートを見てしまった。そこには
自分と男がいて最も見たくない光景を見せられる。その一夜の経験で彼女の髪は真っ白になった。

◇自分と同じもうひとりの自分がいる。この「幻想」を専門用語ではドッペルゲンガー(二重身)
という。落語の世界では、こうなる。「そこつ長屋」である。

◇八つぁんが駆け込んできて熊さんに言う。「おめえは雷門のところで死んでいる」。そういえば
昨夜は酒のせいで記憶が途切れている、と熊さん。2人で現場に行った。「あっこれは、オレだ。
確かにオレだ」と熊さんは涙を流す。しかし、と考える。死体はオレだが、この死体を抱いている
オレは誰だろう?

◇自分そっくりの影武者が何人かいるといわれるイラクのフセイン大統領もふと思いはしない
だろうか。「自分は誰だろう?」と。

872 :文青・名無しさん:02/11/13 07:37 ID:WAjBlMlv
天人よ…ついにヤケになっちゃったか…? 一体何なんだこれは…?

もう論評以前の問題だな。 こういうのは「ぱふ」にでも投稿してくれ。

873 :文責・名無しさん:02/11/13 07:40 ID:WDzCWqGu
ひさびさに強烈なのが出てきたな(w

874 :文責・名無しさん:02/11/13 07:43 ID:WDzCWqGu
天人が二人体制になったため、
タミーの自己同一性が崩壊しつつあるのだろうか。

875 :文責・名無しさん:02/11/13 07:44 ID:dV6fmCmC
> 事故で遊園地の観覧車に閉じ込められ
> た女性が、たまたま自分のアパートを見
> てしまった。
> そこには自分と男がいて最も見たくない
> 光景を見せられる。

理解不能。この小説読んだ人の解説希望。

876 :文責・名無しさん:02/11/13 07:45 ID:DItUo6g8
>>870を一読→偽者と判断→>>871を読む→偽者?→>>870が本物?
疑心暗鬼になり、速攻で久しぶりに、
でソースを確認しに朝日.comに行っきますた。


さて、正解は、ソースを確認してからのお楽しみです。




877 :文責・名無しさん:02/11/13 07:46 ID:dV6fmCmC
>>874
>天人が二人体制になったため、
> タミーの自己同一性が崩壊しつつあるのだろうか。

なるほど「自分は誰だろう?」と。 (わら)

878 :文責・名無しさん:02/11/13 07:50 ID:ZRWD02hx
テトペッテンソンまだ?

879 :文責・名無しさん:02/11/13 07:50 ID:Y6RToYIX
もう訳判らん やっつけ仕事でやっているとしか思えない

考えられるのは、何度も書き直し(あくまで表現上の)を命じられた
末に、テーマそのものの変更を迫られたか 



そう考えないと大新聞にこの狂った文章が載る理由が解らない(素で狂ってるなら別だが

880 :文責・名無しさん:02/11/13 07:51 ID:pC414JqH
天人はドッペルゲンガーを見ちゃったのか。
連載を打ち切られることを死を怖れるがごとく
怖れている様が伝わって来る。
自我が危機に瀕した故に自分探しをはじめたか?

新聞のコラム欄を穢さずに、文芸板にでも逝け>天人

881 :文責・名無しさん:02/11/13 07:52 ID:DItUo6g8
神様。。。。

>>871をお許しください。

882 :文責・名無しさん:02/11/13 07:53 ID:9Tp7ovSw
今日のもまたまた激しくお粗末。テレビ番組の場面や
小説、落語のあらすじを書き並べてどうすんの? 
最終段落に唐突に不正印が出てくる。
わけがわからん。出来の悪い小学生の作文。ほんと、この人、
どうなってるの? お医者さんへいったほうがよろしいかと。

883 :文責・名無しさん:02/11/13 07:53 ID:ZRWD02hx
おお、そういえば今日はおりしも
テトペッテンソン(とそっくりハウス)が流れる日だ。
録ることにしよう。
思い出させてくれた天人に感謝だ(w

884 :文責・名無しさん:02/11/13 07:53 ID:DItUo6g8
つーか、ヤバいぞ

スレッドの残り120じゃ足りないぞ
今日のは。。。

885 :文責・名無しさん:02/11/13 07:57 ID:1jyKLUSr
良質の燃料が来てるじゃないか

886 :文責・名無しさん:02/11/13 07:58 ID:CeynKkzn
もうわけわからん
最後の一文だけ理解できる
「自分は誰だろう」
おまえはタミーこと小池民雄だ
折れは心底お前を心配しているのだが・・
心にも無いこと言ってゴメソ

887 :文責・名無しさん:02/11/13 08:00 ID:1jyKLUSr
点呼とりまーす。


今日の読んで、マジでたみーが心配になった人は、
書き込む際にひとことそれとわかる言葉を入れてください。


お悔やみ申し上げます。。。。


888 :文責・名無しさん:02/11/13 08:24 ID:B9VEanqt
ネタ投稿にしてはお粗末だなぁ。
最後の一文がまったく異質だな、こりゃひでぇ。
と思ってたら本物の天人だったのか・・・

889 :文責・名無しさん:02/11/13 08:28 ID:K6Lu76KM
>>871

お悔やみ申し上げます以外に何を書けばいいのか…。


890 :文責・名無しさん:02/11/13 08:39 ID:gT0aWME8
洒落にならんなぁ・・・
ペットボトル原爆とほぼ同等の衝撃を受けた。
「朝日発フセイン経由の人格破壊兵器」だ、これは。

お悔やみ申し上げます。。

891 :文責・名無しさん:02/11/13 08:47 ID:P4ShENxg
逆に折れはこれからもタミーに頑張ってもらいたいと心底思うようにナッタヨ

892 :文責・名無しさん:02/11/13 09:12 ID:E/4AaRrr
今日のってタミーで確定?
なんとなく女っぽい気がしたんだけど。

893 :文責・名無しさん:02/11/13 09:16 ID:xO1FQQHG
>>892
確定も何も、小池丸出しでんがな

894 :文責・名無しさん:02/11/13 09:17 ID:VMo+7JC4
あの…
今日の東京版社説に強烈なモノが載ってるんですよ…北朝鮮関連で。
社説スレがあるのは知ってるんですが、あすこは閑散としてるのでこっちにうpしてもよろしいでしょうか。
長文になってしまいますが、まるでタミーの書いた文章のように香ばしいので…

895 :文責・名無しさん:02/11/13 09:20 ID:dzFhlHJl
うーん。さすがにクオリティーペーパー朝日新聞と言えども、タミー級の超弩級デムパ戦艦
がもう1隻あるとは思えませんが。。。。。。


896 :文責・名無しさん:02/11/13 09:36 ID:FvBgHqnS
今朝の天声人語、開いた口がふさがらない。

11月9日の天声人語では「敗者のやさしさ」でイラク攻撃に突き進むアメリカを批判。
11月12日では、イタリアでのイラク攻撃反対デモを取り上げるなど、
ここしばらく、反米・新イラク論調をとっていたが、

今朝は一転身代わりを多数用意しているとされるサダムを「ネタ」
にして結んでいる。

私にはワカリマセーン。

897 :文責・名無しさん:02/11/13 09:37 ID:FvBgHqnS
>894
その社説は知ってるが、大阪版はひょっとして違うの?

898 :朝日の批判したら投稿妨害:02/11/13 09:40 ID:uvrS4LkI
困っています。*** Adults Only - Click Here to Download XXX Movies ***
SEARCH THE WEB'S TOP RATED SITES:

朝日新聞系列のスポーツ新聞のダイエー掲示板で(日刊スポーツ)
自分の国家論をふまえて批判発言したら
↑うんぬんのアダルトサイトにつながる有料ホームページプログラムの攻撃を受けました。
いまだにいたずらメールも送られます。
管理者の仕業だにほぼちがいないと思うのです。
警察にも詳細報告したのですが朝日の掲示板は
頻繁に苦情がきているそうです。
今も粘着的にクリックページプログラム
が止まらず
いたずらメールが送られてきます。
誰かよい知恵を貸してください。

朝日は言論の自由の弾圧とか5月3日なると
ほざいていますが自分の意見にそぐわないと
こうして個人ならば弾圧するのかと思いました。

強い怒りを覚えます。

ほらまたアダルトサイトがきた今度はFriendfinderが来ました。

899 :文責・名無しさん:02/11/13 09:52 ID:VMo+7JC4
>>897
スマン。社説スレはまいにちうpされているようだ。
わざわざこちらに書き込む必要はないね。
スレ汚しスマソ。

900 :文責・名無しさん脚:02/11/13 10:26 ID:wQ1EtTGU
>>875
『スプートニクの恋人』は読んだことはないのですが、自分が男にレイプされて
いる場面を見てしまった、と解釈しました。「男」は恋人とは限りませんし。

どなたか正解を教えてください。

901 :文責・名無しさん :02/11/13 10:26 ID:uums1Qkz
 タミーは思った。12日の本紙を見てである。
 自分は原稿を書いていないが紙面は埋まっている。
 天人はオレだが、この天声人語を読んでいるオレは誰だろう。








 ご愁傷様です・・・

902 :文責・名無しさん:02/11/13 10:26 ID:T6gGvUrU
小池さん、天声人語から外されそうでストレス、挫折感があるのかな。
▼出社して、ふと隣を見るともう1人の天声人語氏というのが座っている。
どうやらなにかの資料読みをしているようだ。最も見たくない光景を見た気分だ。
そういえば、このごろ前夜の酒のせいか記憶が途切れることが多い。
机のそばにある窓を見つめながら毎朝のように考える。
オレはいったい誰だろう?「自分はいったい誰なのだろう?」と。


>>870はなかなか格調たかくっていい文章だ。文人ぽさがいい。870さん感謝。

903 :文責・名無しさん:02/11/13 10:33 ID:aDRtrLUj
翌日タミーの文章を載せて、「ほーら、最近 天声人語のレベル低下が
言われているけど やっぱり名文でしょ」と思わせるための前ふりなのだろうか?

マクドと同じでいっぺん下がったレベルはもとに戻せないちゅうに。

まさに駄文・スパイラル!


904 :文責・名無しさん:02/11/13 10:35 ID:7ohR08m5
>>871
(⊃ДT)アイゴー!!
おまいらがあんまりいじめるから、小池タン壊れちゃったじゃないかよー! 謝罪と賠(略

これペットボトル原爆みたいにタイトルつけるのすら難しいな。「フセインドッペルゲンガー」
とでも言おうか? でもこれじゃ長すぎるかな。

905 :文責・名無しさん:02/11/13 10:36 ID:taEH5BhL
ウヨのみんな!
タミーの励ましのお便りを出そう!

906 :文責・名無しさん:02/11/13 10:39 ID:aDRtrLUj
タミーの日記:
「ある日、同僚が私になっていた。私は同僚になっていた・・・」
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


907 :文責・名無しさん:02/11/13 11:29 ID:FLK5kbHi
無理やり落ちをつけて、とんでもない作品になりますた。
不覚にも最後で笑ってしまいますた。

908 :文責・名無しさん:02/11/13 11:30 ID:I2+U1nzq
今日の天人。久しぶりの大電波。殿堂でも一、ニをあらそうあのユンユンぶり。これはタミーが下書きしてタミーのドッペルゲンガー
が更に手をいれた「極上物」ではないのか。ビジネスホテルのトイレに入り、取り替えたばかりらしい芳香剤から発する芳醇なキンモクセイの香りに襲われながら、
ふとそんなことを考えた。

909 :なななし:02/11/13 11:52 ID:fJRmhpvE
>>904

「鏡の中のフセイン」

…カッコよすぎ?

910 :朝日2002.11.13 社説前編:02/11/13 12:04 ID:tuOjqMsc
■日朝関係――交渉を壊さぬために

 何ともやりきれないことだ。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に拉致され、
「交通事故で死亡した」とされた松木薫さんの「遺骨」の一部が、別人のもので
ある可能性が高いことが分かった。

 拉致被害者に関する北朝鮮の調査と、日本政府への説明の信憑(しんぴょう)
性を一段と疑わせる出来事である。日本国民の間に北朝鮮への怒りと不信を
募らせ、膠着(こうちゃく)した日朝国交正常化交渉への悪影響も避けられまい。

 金正日総書記は、日本人拉致について「遺憾なことであり、おわびしたい」と
明言した。ならば、すべての拉致事件と、被害者のその後について徹底した
調査を続け、その結果や関連資料のすべてを日本側に提供する国家としての
責任がある。

 日本政府に対する北朝鮮の説明によると、松木さんは22年前のスペイン
滞在中に「特殊機関工作員と接触する過程で共和国訪問の勧めに応じ、
連れてこられた」とされる。小泉首相の訪朝時に他の7人とともに「死亡」と
伝えられた一人である。

 松木さんの「遺骨」について、北朝鮮側は本人のものだという完全な保証は
ないとしてきた。それでも、別人の可能性が確認されたことで、家族が北朝鮮の
「いい加減さ」を憤るのは当然である。「死亡」とされた人々についての北朝鮮の
説明にはもともと不自然な点が多く、素直に受け入れられるものではないからだ。

 国交正常化をめざしつつ、北朝鮮に対して改革や対外開放を促し、核やミサイル
開発を断念させる。そうした判断から小泉首相が再開した日朝交渉は、拉致問題
での対立から入り口で立ち往生したままだ。北朝鮮が誠意を示すことが先決である。

911 :朝日2002.11.13 社説後編:02/11/13 12:06 ID:tuOjqMsc
 そのうえで日本側にも注文したい。

 政府は帰国した5人の被害者を戻さず、逆に北朝鮮からその家族を呼び寄せる
方針だ。北朝鮮はこれに反発し、5人をいったん戻すべきだと主張している。

 問題の根が北朝鮮側にあるにせよ、にらみ合いが長期化すれば、北朝鮮に
子どもたちを残した5人の拉致被害者の心労は増すばかりだろう。政府には、
北朝鮮に責任ある対応を迫ると同時に、交渉打開に知恵をしぼることが求められる。

 「交渉が不調で困るのは、経済支援が欲しい向こうの方だ」として、ただひたすら強気で
臨めばいいという主張が聞かれる。石原東京都知事は、北朝鮮が拉致被害者の子どもを
迫害するようなことがあれば「戦争したっていい」とさえ語った。だが、そんな挑発的な姿勢
だけですむほど話は簡単ではあるまい。

 特異な独裁国家とのつきあいにいら立ちは募る。腹立たしく、うんざりすることばかりだ。
だが、感情的になるだけでは、北朝鮮の政策を変えさせ、この地域に平和と安定を根付
かせることもできない。

 いうべきはいう。しかし対話は閉ざさない。知恵と胆力が必要な時だ。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html

912 :文責・名無しさん:02/11/13 12:19 ID:yKvEjbql

>「交渉が不調で困るのは、経済支援が欲しい向こうの方だ」として、ただひたすら強気で
臨めばいいという主張が聞かれる。石原東京都知事は、北朝鮮が拉致被害者の子どもを
迫害するようなことがあれば「戦争したっていい」とさえ語った。だが、そんな挑発的な姿勢
だけですむほど話は簡単ではあるまい。

日本政府の強気な姿勢に、石原都知事の人気取りの暴言をからめて批判するのは、筋違いというもの。
それこそ、腹立たしく、うんざりする。

それにしても「ただひたすら」・・・・、この手の形容副詞句は何だい?
これこそ、相手を貶める言い回しであり、小ざかしい姿勢ではないのかな!

913 :     :02/11/13 12:23 ID:LZur/eji
今だ!2ゲトー!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄       (´´
       ∧∧   )      (´⌒(´
    ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
       ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
        ズザーーーーーッ


914 :文責・名無しさん:02/11/13 12:28 ID:N8XAIqL5
>だが、そんな挑発的な姿勢だけですむほど話は簡単ではあるまい。

いや、簡単だってば。簡単じゃないとする根拠はなんだ?

>感情的になるだけでは、北朝鮮の政策を変えさせ、この地域に平和と
>安定を根付かせることもできない。

とにかく低姿勢な話し合いだけでテロ国家の政策を変更させるべきだ!って
主張のほうが、よっぽど「感情的」だと思われ。


915 :文責・名無しさん:02/11/13 12:30 ID:CIEDvnRj
次スレ立てるよ。
タイトルは?


916 :文責・名無しさん:02/11/13 12:43 ID:vRqCQ9wY
>>915

【朝の娯楽】天声人語を批評するスレッド_No10【方向転換も?】

で、いかがでしょう?
ただ、次スレは950越えてからの方がいいかも。

917 :朝まで名無しさん:02/11/13 12:46 ID:ki52i9ga
>いうべきはいう。しかし対話は閉ざさない。知恵と胆力が必要な時だ。

朝日新聞さん、知恵を出して下さい。

918 :文責・名無しさん:02/11/13 13:00 ID:zJuwIRiy
>>871
 驚異の駄文だな、これ・・・。うわぁ・・・。
 無理やりフセインに持っていくのも笑うが、なんだこれ?
 ドッペルゲンガーの話をしたかったのか? 谷山を論評したかったのか。

 こんなの載せるなよ>朝日新聞

919 :なななし:02/11/13 13:28 ID:fJRmhpvE
> 問題の根が北朝鮮側にあるにせよ、にらみ合いが長期化すれば、北朝鮮に
> 子どもたちを残した5人の拉致被害者の心労は増すばかりだろう。

こういう意見を「感情的」というのではないか?

920 :文責・名無しさん:02/11/13 13:28 ID:o1fz8+a6
個人的には
ペットボトルをはるかに超えたと思います

921 :文責・名無しさん:02/11/13 13:42 ID:z4nYdZ3g
>>871
小池サン、天人更迭の代償として朝日の「名声」とともに地に塗れようとしているのかな。
確信犯だったりして。


922 :文責・名無しさん:02/11/13 13:42 ID:s25A8NbT
>>920
同意、
凌駕してるね。。。

923 :文責・名無しさん:02/11/13 13:45 ID:s25A8NbT
言い忘れたけど>>871のよし牛コピペの天人版の方が
>>870よりはるかに、出来がいいと思ったの俺だけ?

924 :名無しさん@告知します!:02/11/13 13:52 ID:UMIE/vtb
自宅で仕事が出来る真面目な方を若干募集しています。
現在仕事をもっている方でも、副業として取り組めます。
仕事の方法はご指導致しますので、学ぶ姿勢のある方を歓迎致します。

募集人員: 若干名、定員になり次第終了致します。
資格 :25才以上、性別、職業、地域を問いません。
週10時間以上パソコンに取り組む時間が取れる方。
ただし、下記の3つのどれかに当てはまる方
http://travailathome.net/andinf/
真剣に生活の改善を望む方
真剣に将来の安定を望む方
かなえたい夢、目標を達成したい方

仕事を始めるまで10日ほどかかります。
ホームページから、2回アンケートにお答え頂いた後、
電話面接により審査の上、採用:不採用を決定致します。

「なんとなく、、」はお断りします。
なんとしても成功したい、限られた人だけを募集しています。
http://travailathome.net/andinf/

925 :文責・名無しさん:02/11/13 13:53 ID:zJuwIRiy
>>920
 ペットボトルって、その論理的飛躍に笑えたんだけどさ。
 >>871の文章って、「小池さん大丈夫?」あるいは、
「やべー・・・壊しちゃった」っていう、哀れみを覚える
んだよね。
 その意味で同列に扱っていいのかどうか。

 駄文レベルに関して言えば、ペットボトルを遥かに凌駕
している。


926 :文責・名無しさん:02/11/13 14:12 ID:CIEDvnRj
次スレ立てました。
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/mass/1037164156/

>>915
タイトル長すぎたんで適当に削りました。
950まで待ってると工作員が現れそうなのでもう立てました。

927 :文責・名無しさん:02/11/13 14:20 ID:l6vcsIqm
■《訂正人語》 11月13日 >>871

◇私がTVをつけると、ブラウン管の中に、起小さな家の子供部屋には 自分と同じパジャマを着た女の子がいて、
何かをのぞきこんでいる。彼女がのぞき込んでいる のも小さな家だった。
小さな家をのぞく少女を同じ少女が見ている。それをまた同じ少女が見ている。それを また……と延々と続く奇妙な光景が映し出された。

◇NHKで放送中の「みんなのうた」の「そっくりハウス」(谷山浩子)である。

少女がもしも私自身であれば、さながらドッペルゲンガー(二重身) だなと考え少し身が震え上がった。
なにしろ、この現象を体験したものは必ず死ぬといわれているからである。

◇しかし、この恐ろしい現象も落語になると面白い。
「そこつ長屋」である。 八つぁんが駆け込んできて熊さんに言う。
「おめえは雷門のところで死んでいる」。そういえば 昨夜は酒のせいで記憶が途切れている、と熊さん。
2人で現場に行った。「あっこれは、オレだ。 確かにオレだ」と熊さんは涙を流す。
しかし、と考える。死体はオレだが、この死体を抱いている オレは誰だろう?

◇今、話題の人物、数人の影武者を持つイラクのフセイン大統領は、官邸で自ら自身に会うことがしばしあるだろう。
また、影武者が暗殺などの標的になり刺殺されることも、恐ろしい話ではあるが考えられる。
◇そのとき、フセイン大統領は、。「自分は誰だろう?」と思いはしないのだろうか。
彼が私のドッペルゲンガーなのか?それとも、彼に死をもたらした私の存在自身が、彼のドッペルゲンガーなのだろうかと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー−ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上訂正人語です。
あまりにひどいので、ベースを変えずに書いてみました。私の文章力ではこれが、精一杯です。
できたら、添削等お願いします。たみーには勝ってるとおもうけど。。。不安(笑)

928 :文責・名無しさん:02/11/13 14:24 ID:6E8tZ/my
>>904
「影武者フセイン」
そのままだな…

929 :文責・名無しさん:02/11/13 14:29 ID:8wrSiSEe
>>927

こいけーの方が、まだまともだぞ。。。痛い痛すぎる。

930 :文責・名無しさん :02/11/13 14:51 ID:uums1Qkz
■《訂正人語》 11月13日

◇真夜中に目をさますと部屋の真ん中に小さな家がある。女の子が主人公の一見可愛らしい
歌は、そう始まる。

◇NHKで放送中の「みんなのうた」の「そっくりハウス」(谷山浩子)だ。小さな家の子供部屋には
自分と同じパジャマを着た女の子がいて、何かをのぞきこんでいる。彼女がのぞき込んでいる
のも小さな家だった。小さな家をのぞく私を私が見ている。それをまた私が見ている。それを
また……とその光景が延々と続く奇妙な歌である。

◇村上春樹さんの小説『スプートニクの恋人』(講談社)にも奇怪な場面が描かれている。主人公の
女性が事故で遊園地の観覧車に閉じ込められ、そこから自分のアパートを見てしまった。部屋の中
には自分と男がいて最も見たくない光景を見せられる。その一夜の経験で彼女の髪は真っ白になった。

◇自分と同じもうひとりの自分がいる。この「幻想」を専門用語ではドッペルゲンガー(二重身)という。
様々な伝説や物語のモチーフとしても有名だろう。この不思議な幻想は日本の古典落語にも描かれる。
「そこつ長屋」である。

◇八つぁんが駆け込んできて熊さんに言う。「おめえは雷門のところで死んでいる」。そういえば
昨夜は酒のせいで記憶が途切れている、と熊さん。2人で現場に行った。「あっこれは、オレだ。
確かにオレだ」と熊さんは涙を流す。しかし、と考える。死体はオレだが、この死体を抱いている
オレは誰だろう?

◇イラクのフセイン大統領も自分そっくりの影武者が何人かいるといわれる。彼らは直に対面することは
ないのだろうか。そして対面したときにふと思うのかも知れない。「自分は誰だろう?」と。

文章だけ直して見ました。
なんだか自分の存在に自信がなくなってきました・・・

931 :文責・名無しさん:02/11/13 15:23 ID:dSggQ04f
あらすじと巻末の解説を丸写しした小学生の読書感想文よりヒデーな、今日のは。

932 :文責・名無しさん:02/11/13 15:23 ID:Q9Hr9z/3
>>927
の出来がいい。

>>930
は小池の元の分にこだわり過ぎてる。

それじゃ、訂正になんない。
分の構成自体がひどいんだから



933 :文責・名無しさん:02/11/13 15:31 ID:xN2HvJHo
そして2chねらーは新たな遊びを考え出した。




         《訂正人語》          Σ(◎△◎;僕の文を訂正?

934 :文責・名無しさん:02/11/13 15:50 ID:zmLVLsgH
もはや「批評」の対象にすらならなくなっちゃった。

935 :文責・名無しさん:02/11/13 16:29 ID:SYtHEx6c
えー、お悔やみ申し上げます。

つーか、タミーに何があった…?
やっぱり、2人体制になって自分のドッペルゲンガーでも見たのかな…

936 :文責・名無しさん:02/11/13 16:31 ID:IrE9rZVe
タミーで良いよ。朝日に金払ってるわけじゃないし。今日のみたいに
政治的に無害なら、電波でも構わないっていうか、いろいろバカに
できて面白い。それに、タミーが書き続ける事で購読者は減るだろうから、
好都合でもある。タミーにはずーーっと書き続けて欲しいものだ。

937 :文責・名無しさん:02/11/13 16:39 ID:xN2HvJHo
>>936

俺はたみーてんじんのために、新規契約したんだが。。

勧誘「お願いしますよ。朝日○聞とってください。」
俺 「うん、いいよ」
勧誘「えっ、マジっすか」
俺 「うん、でも3ヶ月ね。でなにくれるの?」
勧誘「いろいろありますけど、何がいいですか?」
俺 「全部ひとつずつ」
勧誘「えっ、それはちょっと」
俺 「いいよ、洗剤だけで」
勧誘「マジすっか、ありがとうございます。こんなすぐ決まったの久しぶりです。」
俺 「天声人語が読みたいからね。」
勧誘「奇特っすねぇ。解約理由のトップですよそれ。」
俺 「だろーね。」

938 :文責・名無しさん:02/11/13 16:56 ID:SYtHEx6c
>>937
奇特なお方ですなぁ…
ということはタミーを読んでユンユン社説を経て
プロ市民の溜り場"声"欄を読むことになるんすね…

タミーだけでオナカイパーイになる自分には無理っぽいなぁ…

939 :文責・名無しさん:02/11/13 18:27 ID:+df03rtt
>>927

新天人?

940 :文責・名無しさん:02/11/13 19:28 ID:RtZNQFoj
>>930
私はあれこれ思った。
違うコーナーからの転載ではないかと。
それは読者投稿欄(声)だ。

941 :文責・名無しさん:02/11/13 19:31 ID:B8HWX2st
次スレ
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/mass/1037164156/

942 :文責・名無しさん:02/11/13 20:11 ID:njr//dlD
>>900
 ずばり!ご名答です。
 あーあ、小説のネタまでばらすとは、朝日も(以下省略)

943 : :02/11/13 20:56 ID:q6zDU6H1
この文章が、大学の入学試験にでるのかな〜。

出す勇気のある大学はどこだろう?

944 :文責・名無しさん:02/11/13 21:21 ID:BETiwJ5T
>出す勇気のある大学はどこだろう?
ものつくり大学(大嘘)

945 :文責・名無しさん:02/11/13 21:27 ID:qhqON1/H
とっくりハウス
http://www.abe-techno.co.jp/image/jirei3_2.jpg

946 :文責・名無しさん:02/11/13 21:39 ID:bND17941
出題 13日のコラムを45字以内で解説せよ

解答例

 俗物の筆者が狂気を装って書いた駄文であろう。天才は狂気に
似るという説に従ったかのごとし。

947 :文責・名無しさん:02/11/13 22:35 ID:zJuwIRiy
 さて、次スレどうしましょうかね。
 個人的には、天声人語を扱ってることが、一見さんでも分かる
スレタイ希望します。あんまり何かにかぶれた感じのタイトルは
ちょっと引いちゃうし。

948 :文責・名無しさん:02/11/13 23:04 ID:vdqtellS
>>947
もう次スレあるよ
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/mass/1037164156/

949 :文責・名無しさん:02/11/14 01:22 ID:As3RCJHM
倒置好きについてはさんざんガイシュツだけど、いくらなんでも
「落語の世界では、こうなる。「そこつ長屋」である。」
はひどすぎる。
俺、この一文だけで871はネタだと断定しちまった。

950 :無名さん:02/11/14 13:06 ID:Qx+jvqAU
なんてわらえるしゃせつだろう!

951 :文責・名無しさん:02/11/14 16:04 ID:mInjTiNh
>>103の殿堂入まとめ職人さんは今回はお留守かな?
いつも楽しみにしてるんだけど。

952 :文責・名無しさん:02/11/14 19:06 ID:XhArggA0
>>937
>>勧誘「奇特っすねぇ。解約理由のトップですよそれ。」
この部分本当にこう言ったの? 
天人のせいで解約する人がかなりいるんだ・・・。

953 :文責・名無しさん:02/11/14 19:46 ID:EPWIrGjI
>>952

>>930読んでも草思う?

954 :952:02/11/14 20:46 ID:XhArggA0
そう思う。新聞は必ずしもその内容で解約しないから。

955 :文責・名無しさん:02/11/14 21:46 ID:Rim62FlP
>>954=952
ただ、新聞解約時の理由に持って来て反論できないほどひどい
状況になっているのは事実だべ。

タミーはあぶくま抄を越えたんだからもう引き返せないところにはきてるんじゃないのかな…

956 :文責・名無しさん:02/11/14 21:51 ID:AZwlWAgx
受験のためにと朝日を取った連中は
お目当ての天声珍語を読んで(゚Д゚)ハァ?と思っても不思議ではない。
名文。小論文のお手本。天珍読むだけで読解力があがる。
そんなこと言われていた時代があったんだよねぇ、、、確か。

957 :952:02/11/14 21:59 ID:XhArggA0
>>955
まあそうだろうね。
別に俺は議論をしたかったのではなく、勧誘員の発言がネタなのか
本当にそう言ったのか知りたかっただけ。
本当なら興味深いな。

958 :文責・名無しさん:02/11/14 22:16 ID:Rim62FlP
>>956
深代氏のときのはある意味、写経する価値があっただろうと思うけどねぇ。
いつまでも過去の栄光をひきずってる罠。

知人は受験にイイ、といわれて読んでたけどあまりにおかしい、と思い、
新聞変えますた。
もうブランドとしてもハナエモリ状態になっている気がする…

959 :文責・名無しさん:02/11/14 22:24 ID:EPWIrGjI
俺の友達英訳してるよ。
マジで。。。

友達「すごく力になるよ。」
俺 「指示内容の無い指示語とか、主語の無い時どーしてんの?」

友達「それを考えるから、力になるんだよ。」
友達「ほら、古池や かわずとびこむ 水の音って英訳しようと考えると、すごく考えないといけないだろ。」

俺     絶句

俺( 「俳句じゃなくてコラムなんだけど・・・」 )

960 :文責・名無しさん:02/11/15 00:51 ID:Pp5naNln
>>959
すごい苦行を自らに課す友人だね。いやたいしたものだ。

ちょっと気になるけど、その人英語の成績いい?ものの見方はまっとうなほう?

961 :文責・名無しさん:02/11/15 00:54 ID:AfwJfh0/
>>960

ものすごくいい子、

人を信じることを美徳としている。

962 :遅くなりマスタ:02/11/15 02:30 ID:qv7Z6bGt
皆様、ご詮議のほどを m(__)m −10月25日から11月14日まで−

日【分類】内容<決まり手>★は殿堂入り 

25日>>106【テロ】ロシアの劇場占拠事件<劇場占拠から劇場型犯罪を連想し、
さらに「しかし、劇場そのものが標的になるとは。」と一人でボケとツッコミを演じる>
26日>>131【日記】ベトナム旅行の案内役と日野啓三氏の訃報からベトナムを語る
<なぜ今この時期にベトナムに行ったのか?>
27日>>164【テロ】故埴谷雄高氏の言葉「底知れぬ深淵」を使って、モスクワとバリ島でのテロ、
日本の政治家暗殺を語るのかと思ったら、なぜかスターリン批判<文意が見えず>
28日>>206【テクノロジー】チェスのチャンピオンのクラムニクさんが、コンピューターと対戦し引き分け
<で、何が言いたかったの?>
29日>>260【拉致事件】夏目漱石の「草枕」を引用して日朝交渉についてあれこれ
<交渉相手を「唯の人」だと思えば打開の糸口も開けるはず=そんなアホな>
30日>>293【最近の言葉】五木寛之さんの戦後の混乱時に半島に子供を置いてきた親たちの気持ち
についての言葉,、蓮池ハツイ・薫・透さんらの苦悩、ケネディ米大統領の娘キャロラインさんが
フルシチョフ・ソ連書記長の子供と会ったときのコメント、ノーベル化学賞の田中耕一さんの電車に
対する憧れ、田口八重子さんの兄・飯塚繁雄の願い<田中耕一さんの言葉が浮いている>
31日>>343【薀蓄】東京の墓地に散歩道を作る計画、上海の葬儀場,、映画で見た韓国の葬儀、
拉致事件被害者の墓が無いことへの疑念、分断後の朝鮮半島に思いをはせる
<久しぶりに素晴らしい出来映えのマジカルバナナ>★お見事



963 :文責・名無しさん:02/11/15 02:30 ID:qv7Z6bGt

11月
1日>>373【人物】文化功労者に決まったドナルド・キーン氏を紹介しつつ日本経済談義<ハァ?>
2日>>401【精神医療】心を病んで通院している人たちの社会復帰のための集まりを紹介
<「少しの助けと発想の転換があれば、地域で暮らしていける人が少なくない」=万能の結び>
3日>>463【社会】京都・鴨川に計画中の橋を巡っての対立を紹介
<建設予定地に行ったらしいが、文章が下手くそなために街の様子がよくわからない>
4日>>507【文化】英国の小説に出てくる、他人は読んでいるが自分の読んでいない本をあげる
ゲームを紹介<そのゲームが紹介される小説の作者や題名は述べず>
5日>>601【拉致事件】拉致事件に関するお便りを紹介
<いろいろ紹介したあげくに「すべてをそこには収めきれない」と逃げを打つ>★新技
6日>>636【訃報】故・花森安治氏が編集長を務めた『暮しの手帖』を紹介
<訃報コラムを別の物故者・山本夏彦氏の言葉で締めるという荒技を披露>
7日>>666【歴史】A・トヴァルデツキ氏の『ぼくはナチにさらわれた』を紹介
<旧日本軍の強制連行と北朝鮮の日本人拉致のいずれをも連想させる玉虫色、
ていうか本を丸写し>



964 :文責・名無しさん:02/11/15 02:31 ID:qv7Z6bGt

8日>>706【海外】オランダに行った同僚の体験から日本人の外国詣でを皮肉る
<オランダのワークシェアリングの話をメインに据えながら、スウェーデンの財政金融担当相の言葉で締め>
9日>>727【米国批判】米国南部の「サザン・ホスピタリティー」は猿谷要さんの言う「敗者のやさしさ」
からきているが、中間選挙に勝った共和党にはその伝統は無力だ
<いちおう言いたことは伝わるが、相も変わらずのブッシュ批判>
10日>>761【書籍】肺がん手術後の困難を克服した神奈川県警の腰原常雄さんの手記を紹介
<腰原さんの事情がうまく説明できていない上に、「刑事ものとしても、サラリーマンものとしても、
夫婦ものとしても読むことができた」と読書感想文としては最低レベルの締めくくり>
11日【休刊日】
12日>>839【国際】イタリアでの反戦集会などを紹介し、国際的な反戦運動が無視できない「世論」であると断定
<「爆弾ではなくブッシュを落とせ」=ブッシュの落下傘降下をイメージ?>
13日>>871【精神世界】谷山浩子の「そっくりハウス」、村上春樹の『スプートニクの恋人』、落語の
「そこつ長屋」などからドッペルゲンガーを語り、影武者が何人もいるフセイン大統領に思いをはせる
<ふと思いはしないだろうか。「自分は誰だろう?」と。>★とうとう壊れちゃいました



★追悼駄文祭り★タミー小池の天声人語〜夏目漱石とか好きだから〜
>>547-555

★追悼駄文祭り2★タミー小池の天声人語〜もの食ふ人びと〜
>>556-568

★駄文祭りファイナル★さらば、わが青春の『小池民男』★
>>790-801



965 :文責・名無しさん:02/11/15 05:24 ID:NQzMl6aE
次スレ

【方向転換?】天声人語を批評するスレッド_No10
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/mass/1037164156/

966 :文責・名無しさん:02/11/15 06:51 ID:ymjLPzcO
>962-964
おつかれさまです。
いつもありがとう。

やっぱり影武者ハウスの破壊力がダンドツかな(w

967 :文責・名無しさん:02/11/15 08:10 ID:DnxREsFY
来年も痴呆のクソバカ私大の入試にはこの天声人語の文が出るのだろうな(鬱&藁
そこには60台ぐらいの爺教授がイパーイいるからなあ

968 :文責・名無しさん:02/11/15 08:11 ID:wvncySRM

次スレ

【方向転換?】天声人語を批評するスレッド_No10
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/mass/1037164156/

969 :文責・名無しさん脚:02/11/15 10:28 ID:p33Ya1uh
>>942
え、正解!? やった:-) これでモヤモヤが消えて枕を高くして眠れます。ありがとう。

970 :文責・名無しさん:02/11/15 10:55 ID:7eTwo98O
>>871
激ワラタ

971 :文責・名無しさん:02/11/17 22:41 ID:7qyMIgnK
age

972 :文責・名無しさん:02/11/18 18:46 ID:H0J1Zx6E


973 :文責・名無しさん:02/11/18 20:05 ID:H0J1Zx6E


974 :文責・名無しさん:02/11/18 20:58 ID:nmt/38el


975 :文責・名無しさん:02/11/18 21:27 ID:nmt/38el


976 :文責・名無しさん:02/11/18 21:41 ID:TsIwqRdM
トン


埋め立て?

977 :文責・名無しさん:02/11/18 22:00 ID:Xx2TkwCP
「天声人語」ってタイトルからしてなめてるよ

978 :文責・名無しさん:02/11/18 22:29 ID:aDmqG5Fx
なにしろ天です天

パパもう嫌になっちゃう(−−−>小一時間

979 :文責・名無しさん:02/11/18 22:56 ID:iYHTGx86
添性塵誤

980 :文責・名無しさん:02/11/19 06:12 ID:6t8INjZ8
次スレ

【方向転換?】天声人語を批評するスレッド_No10
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/mass/1037164156/l50

981 :      :02/11/19 22:25 ID:fDO9MZ37
このスレは、これより1000取り合戦に入ります。

982 :文責・名無しさん:02/11/19 23:09 ID:sBr6bFxW
入ってねーじゃん。


983 :文責・名無しさん:02/11/19 23:19 ID:tzowe7az
>>981
 まったりしてるよねぇ〜♪
 そんだけ人がいないってことなのか・・・

984 :文責・名無しさん:02/11/20 00:57 ID:csTy+GJt
まあ、980超えてるから圧縮には引っかかるので
マターリ(´∀` )と埋めましょ

985 :文責・名無しさん:02/11/20 08:14 ID:ruHkeFA9


986 :文責・名無しさん:02/11/20 11:37 ID:8ehDAaWr


987 : :02/11/20 13:02 ID:c86fyxDT
再び1000取り合戦スタート!!

988 :文責・名無しさん:02/11/20 17:41 ID:MDJKk/ZW
そりーり、988

989 :文責・名無しさん:02/11/20 18:11 ID:MDJKk/ZW
こそーり、こそーり、



990 :文責・名無しさん:02/11/20 18:51 ID:6GoR+DQO

       ,,、,、,,,       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   \∧_ヘ
,,、,、,,,             やっぱや〜めたっと >   / \〇ノゝ  ,,、,、,,,
           ,,、,、,,,  ________/   /三√ ゚д゚)
                                /三/| ゚U゚| \
    \エーーーーーーーッ!?/   ,,、,、,,,    U (:::::::::::)∪  ,,、,、,,,
   ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧  //三/|三|\
   (    )    (     )   (    )    )   ∪  ∪
  ∧_∧∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧,,、,、,,,       ,,、,、,,,
  (    )    (    )    (    )    (    )      ,,、,、,,,

991 : :02/11/20 19:46 ID:ore+GOqB
3たび1000取り合戦スタート!!

992 :文責・名無しさん:02/11/20 19:47 ID:M5kDa+7U
1000

993 :文責・名無しさん:02/11/20 20:56 ID:MDJKk/ZW
2ch一1000取りにやる気のないスレッドはここですか?

994 : :02/11/20 21:00 ID:b+vgzNvz
>>993
そんなことないよ。漏れも1000取り合戦に参入だ!

995 :文責・名無しさん:02/11/20 21:00 ID:Y5Sj1+wj
1000

996 : :02/11/20 21:03 ID:b+vgzNvz
996

997 : :02/11/20 21:04 ID:b+vgzNvz
あと3つで1000だ

998 : :02/11/20 21:06 ID:b+vgzNvz
1000ゲット

999 :文責・名無しさん:02/11/20 21:07 ID:S8+B/uFL
1000

1000 :   :02/11/20 21:09 ID:b+vgzNvz
 1000ゲット

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

441 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)