5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ヘタレ】同和も聖域【マスコミ】

1 :1:02/12/04 15:08 ID:ZxpSS7tC
長くなるが、最初は以下のメールマガジンを引用します。

マリード[同和行政オブザーバー]  No.94(2002年 11月 28日)

       読者登録・解除手続きはここからできます。
        http://www.mag2.com/m/0000056946.htm

〔もくじ〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎事業すべてが不正だった──ついに噴出! 同和補助金の欲望(1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■不正の「純度」

 部落解放同盟がルーチンワークのように公金を騙取している事実を裏付ける物
証を、ついにつかんだ。

 解放同盟が私的におこなう温泉地などでの慰安旅行に、京都市が「同和問題の
解決にとって有効」と判断して事業助成金(同和補助金)を交付してきたこと
は、今や周知の事実となっている。だが、同和補助金問題の核心は、そこにある
のではなかった。

 たんにムダな事業(つまり温泉旅行のことです)に公金を空費させてきただけ
でなく、解放同盟は、架空の温泉旅行をでっちあげたり、参加人数を何倍にも水
増しすることで事業経費を粉飾し、補助金を騙し取っていたのだ。解放同盟支部
が宿泊したとされる温泉旅館の帳簿を調査した結果、判明した。

2 :1:02/12/04 15:09 ID:ZxpSS7tC
 京都市(及び京都市教委)は、1997〜99年度の3年間で、市内の解放同
盟11支部のうち、七条支部(下京区)をのぞく10支部がおこなった宿泊をと
もなう「学習事業」61件(行き先の大半は温泉などのリゾート地)に、
5422万円もの事業助成金(補助金)を交付している。

 補助金交付の際、解放同盟が市に提出した「事業助成申請書」「事業実施報告
書」には、事業実施日時、その内容などとともに、参加人数、宿泊施設名、予
算、決算などを記載している。

 京都地裁で進行中の住民訴訟のなかで、われわれ原告側は、支部の「報告書」
で宿泊したと記された旅館・ホテル側に、宿泊したことを示す帳票類の提出(調
査嘱託)を裁判所を通じて求めた。

 11月28日までに全61件中27件についての回答が寄せられたが、「宿泊
の事実なし」との回答があった事業が12件(補助金660万円分)、宿泊人数
と宿泊料金を水増ししていた事業が14件(同1925万円分)、人数・宿泊料
金は一致しているが内容が虚偽だった事業が1件(同21万円分)にのぼった。

 要するにすべてが不正だったのだ。裁判所の調査嘱託が決まった時点で、これ
で同和補助金をめぐる不正の実態が多少は明らかになるだろうと思っていたが、
その度合いはわたしの予想をはるかに超えていた。とんでもない「純度」だっ
た。

  全61事業の不正一覧表は「マリード」ウエブサイトに掲載しています。
   http://almarid.tripod.co.jp/box/kara.html

3 :1:02/12/04 15:09 ID:ZxpSS7tC
■コンパニオン3人と過ごした4時間

〔カラ事業ケース1〕

 解放同盟田中支部(左京区)が京都市に提出した「事業助成申請書」及び「事
業実施報告書」によると、1997年4月18日から1泊2日の日程で三重県鳥
羽で「青年の学習会」事業をおこなっている。「支部青年部の更なる組織強化と
田中地区の将来的展望をどう構築していくのか新役員体制のもと青年の果たす役
割ついて論議する」ことを目的とした取り組みだ。当日は当初の予定より2人多
い52人が参加した。

 支部一行は、1日目午後1時15分発の近鉄特急で京都駅を発ち、16時鳥羽
に到着しさっそく学習会を始めた。学習会は、井上寛支部長の講演でテーマは
「山積している地域課題を青年の立場で考える」だった。2日目は午前中に鳥羽
をたち、途中松阪で1人2100円の昼食をとり、午後4時20分に京都に帰還
した。

 決算報告によると、鳥羽市相差町の旅館「浜の雅亭一井」で1人1泊2万
1000円の宿泊費をはじめ、資料印刷費2万6000円、車中持込み飲料など
物品購入費5万400円など、総事業費は173万2490円かかった。参加者
の費用負担は1人6000円、支部負担金は32万円余りで、京都市から110
万円の補助金を受けた。京都市同和事業助成要綱の規定では、補助金の上限は総
事業費の3分の2までだから、ほぼ満額の助成を受けたことになる。

4 :1:02/12/04 15:10 ID:ZxpSS7tC
 ところが、京都地裁の調査嘱託に対し、田中支部の青年52人が宿泊したこと
になっている旅館「浜の雅亭一井」側からは次のような回答書が寄せられた。

「1997年4月18、19日 宿泊者:部落解放同盟田中支部で、該当はあり
ませんでした」

 もっともらしい「事業目的」をうたい、補助金を上限いっぱい要求し、さらに
は支部長みずからが講演したとか、参加者が予定より2人多かったなどとリアリ
ティを装う報告までながら、じつはカラ事業だったのである。

5 :1:02/12/04 15:10 ID:ZxpSS7tC
〔カラ事業ケース2〕

 解放同盟千本支部(北区)が提出した「事業助成申請書」「事業実施報告書」
によると、98年8月29、30日、愛知県三谷温泉で「夏の支部学習会」事業
を開催している。参加者は支部員104人(予定では110人だった)で、1人
2万円の参加費を払った。「事業目的」は「部落問題の完全解決に向けた解放理
論を身につけるとともに、今後の千本のまちづくりについて討論・学習し、交流
を通して団結を強め、解放運動を発展させる」というものである。

 一行は1日目朝8時半に地区を出発(利用交通機関不明)、蒲郡サービスエリ
アで1人3000円の昼食をとり、午後1時20分に宿泊地の旅館「平野家」に
到着(宿泊料は1人2万5000円)。さっそく2時から5時まで研修をおこ
なった。そのおもな内容は「千本ふるさと共生自治運営委員会の取組について」
(講師はいない)。6時から懇親会。2日目は10時に旅館を発ったあと、途中
渥美フラワーパークで、同じく1人3000円の昼食をとり、午後4時千本地区
に帰着した。

 この「夏の支部学習会」事業の総事業費は391万9180円。京都市からの
補助金155万円を受けた。

 ところが、旅館「平野家」は、次のように回答してきた。

「宿泊カード、領収書等調査の結果それに該当するものは見当たりません。な
お、当日関西方面より宿泊された顧客カードのコピーを送付いたします」

 顧客カードによると、同日、関西方面からの宿泊者は、大阪八尾市、奈良市、
神戸市からの3組(いずれも数人の小グループ)だけだった。完全なるカラ事業
だ。この日、104人の千本支部員たちは、いったいどこでどんな「部落問題の
完全解決に向けた解放理論」を身につけるための学習したというのか。中渡瀬充
浩支部長(当時)には、ぜひ言い訳してもらいたいものだ。

6 :1:02/12/04 15:11 ID:ZxpSS7tC
 続いて、水増し事業の事例を紹介しよう。

〔水増し事業のケース1〕

「事業助成申請書」「事業実施報告書」によると、解放同盟千本支部は、97年
9月25日から2泊3日の日程で、「老人宿泊学習会」「支部学習会」事業を開
催した。2事業の行き先(愛知=西浦温泉、静岡=舘山寺温泉)、プログラムは
まったく同じだ。合わせて158人の支部員(ずいぶん大勢いるものだな)がフ
ル参加した。参加費は1人2万5000円。

 この「事業目的」は「老人学習会」のほうは「永年にわたり差別に苦しんでき
た老人を慰楽し、相互交流を図り、今後の千本のまちづくりについて、討議、学
習し、団結を強め、解放運動を発展させる」とあり、「支部学習会」のほうは前
述の〔カラ事業ケース2〕と同様「部落問題の完全解決に向けた…云々」とあ
る。

 一行は1日目朝8時に千本地区をバスで出発し、午後2時には蒲郡市の「ホテ
ル東海園」に到着、2時半から5時まで「まちづくりの取組について」をテーマ
に研修を始めている(講師はいない)。夜は懇親会開催。2日目は午前中研修を
したあと、今度は2日目の宿泊地浜松市の「遠鉄ホテルエンパイア」に向けて出
発。2時にホテル着。3時から5時までまたしても研修。夜もやはり懇親会開
催。

 3日目は朝10時にホテルを発ち、午後4時千本地区に帰ってきた。なお、移
動車中では「車内研修」として啓発ビデオを鑑賞した。

 宿泊料は2晩とも1人2万2000円。2つの事業の総事業経費は897万
7560円で、京都市の補助金は合わせて290万円にものぼった。温泉旅行に
290万円の補助金とはとてつもないが、158人もの大旅団ともなると経費も
かさみ、それに応じて補助金も膨らむのだ。

7 :1:02/12/04 15:11 ID:ZxpSS7tC
 ところが、2日目の宿泊地「遠鉄ホテルエンパイア」が提出した領収証控をみ
ると、上記のことはまったくのでたらめだったことがわかる。宿泊者は1ケタ違
う47人だけ、宿泊料も1人1万円に過ぎなかった。その代わり宴会(酒6本、
ビール60本、ウイスキー2瓶など)とカラオケ代などで、支部は12万円支
払っている。

8 :1:02/12/04 15:12 ID:ZxpSS7tC
〔水増し事業ケース2〕

 解放同盟千本支部は98年2月15〜16日、兵庫県湯村温泉の旅館「朝野
屋」で「冬の支部学習会」事業をおこなった。「事業助成申請書」「事業実施報
告書」には、参加者は118人(1人2万2000円の参加費)で、京都市から
受けた補助金は155万円、「事業目的」欄にはまたしても「部落問題の完全解
決に向けた…云々」と万能の呪文のようなことが記されてある。

 1日目、地区を朝9時半に出て、2時半に旅館着(宿泊料1人2万6000
円)。3時から6時まで「研修・討論」(テーマは「千本ふるさと共生自治運営
委員会の取組について」。講師はいない)。2日間で学習会はこの3時間だけ
だった。7時から懇親会。翌日は午前中にカバン団地(場所の記載なし)を見学
したあと、午後4時には地区に帰り着いた。

 ところが、旅館「朝野屋」の領収証控によると、宿泊者は22人(水増率5・
4倍)しかおらず、宿泊料も1万8000円に過ぎなかった。一方、酒・ビー
ル・ウイスキーなどで6万円、2次会でもやったのか、ラウンジ、スナックなど
での飲み代として6万4000円の他、マージャン代として3000円を支払っ
ていることがわかった。

 さらに、重要なことに、かれらは3人の女性コンパニオンをわざわざ鳥取県か
ら呼びよせていたことも旅館が提出した書類に記録されている。われわれ原告側
が直接「朝野屋」の会計担当者に問いあわせたところ、このとき隣県から派遣さ
れたコンパニオンの基本料金は2時間で1人1万円だった。しかし千本支部参加
者は、規定時間内では飽き足らなかったのか、時間を2時間延長してもらってい
る(追加料金はコンパニオン1人につき1万円)。結局コンパニオンたちの車代
も含めて6万8000円の出費だった。

 それでも支部が「朝野屋」に支払った総額は、70万円足らずなので、京都か
らの往復の交通費を勘案しても、支部(もしくは支部長)の懐には、まだ数十万
円のお釣りが残されていたはずである。

9 :1:02/12/04 15:12 ID:ZxpSS7tC
〔水増し事業ケース3〕

 解放同盟田中支部は98年11月20〜21日、「支部一泊研修と青年」事業
をおこなった。「事業助成申請書」「事業実施報告書」によると、参加者は支部
員と青年138人、1人5000円の参加費を払った。「事業目的」は「田中地
区の町づくりを今後どのように取り組んで行けばよいのか基調を受け、そしてそ
れぞれの立場で意見を述べ今後の町づくりに繋げていく」ことにある。

 事業の行き先は淡路島=洲本温泉で、補助金220万円が出ている。支部員ど
うしでこんなテーマでの話し合いをもつために、なぜ淡路まで行くのか、なぜ行
政が公金で援助しなければならないのか、理解に苦しむところだ。

 1日目朝9時半、バス2台で出発。2時に洲本の宿泊先「ホテルニューアワ
ジ」に到着し、さっそく4時まで学習会をおこなった。井上支部長が基調報告
し、参加者で討論をおこなっている。ちなみに、220万円もの補助金を受け取
りながら2日間の学習はわずかこの2時間弱だけだった。

 2日目はミュージアムパーク、淡路ファームパーク、震災記念館を見学したあ
と、午後5時帰着した。

 しかし、これも参加人数を大幅に水増しした不正事業だった。「ホテルニュー
アワジ」が提出した請求書明細控によると、宿泊者数は支部が市に報告した
138人ではなく、たったの32人だった。そして夜は宴会とカラオケに興じて
いたことがわかった。

 ウエブサイト掲載の一覧表を参照していただければわかる通り、一口に「水増
し事業」といっても、参加者を1割2割水増ししているのではない。少なくとも
2倍弱、はなはだしい場合は5倍以上も水膨れ(酒膨れか)させているケースが
ほとんどなのだ。そして、〔水増し事業ケース2〕で紹介した千本支部のよう
に、旅館への支払いよりも京都市からもらった補助金のほうがはるかに多い事例
が大半を占める。もはや「水増し」とさえいえない悪質なものだ。

10 :1:02/12/04 15:13 ID:ZxpSS7tC
 京都市同和事業助成要綱では、参加者が多くて、宿泊料が高ければそれだけ事
業経費が大きくなり、京都市の助成枠も膨らんでいく仕組みだ。人数水増しや宿
泊料の虚偽報告は、補助金を規定以上に騙し取るための公文書偽造行為なのであ
る。

 また、これまでもくり返し指摘してきたことだが、各支部が提出した「事業実
施報告書」には京都市が補助金支出を決めた最大の根拠となる学習内容を示す具
体的な記述、資料はいっさい(文字通りまったく)明らかにされていない。学習
時間自体せいぜい2〜3時間と少なすぎるうえ、それを証明する資料が皆無と
あっては、本当に学習などやられたのかどうか、わからない。

 上記5例、いずれも千本、田中支部の事業を紹介したのは、この両支部は、件
数・補助金額とも多いので際だっているためだ。他の8支部にしても、規模・件
数こそ小さいものの実情に大した違いがあるわけではない。引き続き次号で紹介
したい。

  全61事業の不正一覧表は「マリード」ウエブサイトに掲載しています。
   http://almarid.tripod.co.jp/box/kara.html

11 :1:02/12/04 15:13 ID:ZxpSS7tC
マリード[同和行政オブザーバー]  No.95(2002年 12月 1日)

〔もくじ〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎マスコミの「解同タブー」も露呈──同和補助金の欲望(2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


▼京都市、解放同盟に補助金返還を要求へ

「マリード」94号(11月28日発行)で発表した京都市同和補助金をめぐる
不正事実が、京都市と部落解放同盟に少なからぬ反響を与えている。

 11月29日付の「しんぶん赤旗」(関西版)でこの事実が大きく報道され、
同日開かれた京都市会決算特別委員会の質疑の中でも、自民党、共産党委員が、
市の責任を追及した。

 京都市側は「早急に事実を調査し、厳正な措置をとりたい。調査のための組織
を立ち上げ、不正事実を市として確認すれば(解放同盟側に)賠償、補助金の返
還を求めたい」と答弁した。

 発表以降、わたしの得たいくつかの情報によると、一部ではかなり深刻な危機
感をもって受け止められているようだ。

12 :文責・名無しさん:02/12/04 15:14 ID:XWehxXso
くやしいが この点だけは赤旗を支持している

・・だから京都は共産党が強いのだろうな

13 :1:02/12/04 15:14 ID:ZxpSS7tC
▼新たに旅館側の資料到着──相変わらず全事業が不正だった

 その後、裁判所の調査嘱託で解放同盟各支部が学習会のために宿泊したとされ
る旅館から、新たにいくつかの回答がわたしのもとに届いている。11月30日
まで判明した結果をまとめると、全61件の学習事業中、カラ事業が15件(補
助金額870万円)、参加人数・宿泊料の水増し事業が20件(同2512万
円)、参加人数・宿泊料が一致するものの虚偽報告事業1件(同21万円)、当
該旅館の廃業等で調査不能な事業が5件(同510万円)、回答未着が20件
(同1509万円)となる。

 依然として、旅館側からの資料の提出があった事業は、すべて不正事業なので
ある。

  全61事業の不正一覧表(11月28日現在)は「マリード」ウエブサイト
  に掲載しています。
   http://almarid.tripod.co.jp/box/kara.html


 予定では今号でも、その不正の実例を紹介するつもりだったが、変更して以下
の気になる事実を指摘したい。

14 :1:02/12/04 15:15 ID:ZxpSS7tC
▼新聞各社、横並びで無視

「マリード」94号で同和補助金の不正事実を発表する同じ日、わたしは事前に
京都地裁の記者室で、「マリード」記事と同じ内容の記者発表をした。出席した
記者は、毎日、京都、産経、読売、共同通信の各社(朝日は不参加)。その前日
(27日)、あらかじめ記者クラブに会見を電話で申し入れ、28日午後2時か
ら1時間余りにわたって、説明した。不正を裏付ける資料も山ほど提供した。

 記者のみなさんは、それぞれ一応の関心を示してもらっているように見えた。
かなり細かな質問まで受けた。会見後は記者どうし、さあ解放同盟としてのコメ
ントは誰からもらおうかなどと相談していたし、ある記者は前日からわたしに電
話してきて、事前の説明や資料を求めたりしてきた。

 これまでわたしは住民監査請求や住民訴訟を起こしたとき、あるいは判決が出
たときなど、その都度記者発表している。そして必ず複数の新聞で記事にしても
らっている。つい10日ほど前も、同和奨学金関係の住民監査請求の結果(「マ
リード」93号)について記者発表し、京都、朝日新聞に記事にしてもらった。

 そういう経緯があるので、今回も当然記事になるだろうと思った。いやむしろ
扱いはこれまでと違い、かなり大きくなるかもしれないなとさえ期待していた。
補助金の不正受給発覚は、先の住民監査結果と比べても、その「事件性」、イン
パクト、アピール度において、はるかに強いものがあると思うからだ。

 事実、「マリード」94号に対する読者のみなさんの反響にしても、通常号よ
りはるかに大きいものがありました。

15 :1:02/12/04 15:15 ID:ZxpSS7tC
 ところが会見翌日の29日の各紙朝刊には、わたしの発表内容の記事は1行も
載らず、唯一赤旗だけが報道してくれた。

 会見に参加した新聞社のうち、何社かが記事にしないというのならまだ理解で
きる。各紙紙面の都合もあるだろうし、判断基準もいろいろだろうから。しか
し、全紙いっせいに無視とは、まったく思いもしなかった。

 マスコミが無視したのはわたしの発表だけではなかった。前述の通り、11月
29日、市会決算特別委員会でこの問題を自民党の中村安良さん、共産党の井坂
博文さんがかなりの時間を取り、当局の対応を厳しく追及した。しかし、新聞は
市会でのやり取りも無視した。やはりこのことを1字も記事にしなかったのだ。

 補助金の詐取などというのはささいな問題で、記事にするに値しないという判
断もあるだろうが、同日付各紙の他の記事内容を見ていると、何らかの合理性の
ある判断で掲載しなかったとは、わたしには思えない。

 数年前まではマスコミの「同和タブー」「解同タブー」は厳然としてあった
が、最近ではかなり緩んできているように思っていた。しかし、わたしの誤解
だったようだ。

 おそらく新聞は、この問題で京都市がはっきりした対応を示した時点で、ある
いは裁判所が決定を出した時点で、ちょこちょこっと何くわぬ顔で記事を載せる
つもりなのでしょう。それも仕方がないかと思う一方、こんなこといつまで続け
るつもりかいなと泣けてきますね。

16 :1:02/12/04 15:16 ID:ZxpSS7tC
▼補助金を詐取した支部長(京都市職員)は懲戒処分か

 マスコミのこととは別に、11月29日の市会決算特別委員会では問題にされ
なかった重大な点についても、触れておきたい。

 京都市からの補助金の申請者及び受取人は解放同盟支部長だが、かれら支部長
の多くは、じつは京都市職員でもある(下記参照)。この問題について京都市は
どう対処するつもりなのだろうか。

 委員会で杉原文化市民局長は「市として不正の事実を確認したら賠償、もしく
は補助金の返還を求めていく」旨答弁した。となると、同盟支部長として不正を
おこなった市職員にも当然何らかの処分を加えなければならない。補助金の不正
受給は、当局合意の上でのことだったとわたしは確信しているが、しかし、だか
らといって公金詐取の事実には変わりない。

 とくに京都市は、相次ぐ職員不祥事への反省から、懲戒処分の基準を大幅に強
化したと発表したばかりなのだ。京都新聞(02年10月1日付)の報道による
と、

「不祥事に対する懲戒処分の指針(基準)では、無断欠勤や秘密の漏えいは免職
か停職▽勤務態度不良は減給か戒告▽収賄、横領、覚せい剤所持などは免職▽職
員倫理条例の違反やセクハラは免職から戒告−などの基準を定めた。」
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/2002oct/01/W20021001MWA1K100000090.html

と発表されている。

 数十万円から数百万円もの公金を詐取したわけだから、上記基準に当てはめる
と、「免職」ということになろうか。この問題についての京都市の対応にも注目
していきたい。

17 :1:02/12/04 15:16 ID:ZxpSS7tC
〔参考〕
1997〜99年度当時の解放同盟支部長を京都市職員がつとめていた支部は下
記の通り。10支部中6支部までの支部長が市職員だった。ただし改進支部のみ
補助金の申請・受取人は副支部長名でおこなわれている。

 ●千本支部:教育委員会職員
 ●田中支部:都市計画局職員=98年退職
 ●錦林支部:水道局職員
 ●久世支部:教育委員会職員=97年退職
 ●西三条支部:建設局職員
 ●改進支部:水道局職員

18 :1:02/12/04 15:18 ID:ZxpSS7tC
マリード[同和行政オブザーバー]  No.96(2002年 12月 3日)

〔もくじ〕
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎教育長──全部、同和対策室のせいにするのか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 判明した京都市の同和補助金不正問題は、12月2日の市会決算特別委員会
(教育委員会分)でも、共産党の藤原冬樹委員により取り上げられた。われわれ
原告が京都地裁に訴えた1997〜99年度の61件の解放同盟支部による「学
習事業」助成のうち、13件が教育委員会の助成事業でもあるからだ。

 2日現在、市教委分13件のうち7件についての旅館側の回答が寄せられてい
る。内訳はカラ事業2件、水増し事業4件、当該旅館廃業による調査不能1件。
また、カラ事業2件と水増し事業4件のうちの2件の補助金の支出決定者は、当
時市教委総務部長だった門川大作・現教育長である。当然、門川教育長の責任を
問う追及がなされた。

 門川教育長は調査嘱託結果について「驚愕しております。教育委員会を含む
オール京都市で調査を行う組織を立ち上げ事実を確認して対処していきたい」と
のべた。だが、みずからの責任については、「この同和補助金支出の書類審査、
状況把握はすべて同和対策室でおこなうことになっていた」ことをくり返し強調
した。

 早い話、おれの責任と違うで、と言いたいようだ(まあ、住民訴訟の被告でも
あるからそう答弁せざるを得ないのでしょう)。この人のキャラクターなのか、
答弁の態度はじつに横柄だった。

(どうせこの質疑内容も新聞は知らなかったふりをして無視するでしょうから、
ついでにご報告させていただきました)

19 :1:02/12/04 15:21 ID:AuvK7xJy
 12月5日は、これまでの各局質疑及び書類審査をふまえて市長総括質疑がお
こなわれる。市長がどういう方針を表明するか、同和温泉補助金問題の大きなヤ
マ場となる。

▼解放同盟支部長=市職員は懲戒免職しかあり得ない

 前号で、京都市から同和補助金を不正受給した10支部のうち、1997〜
99年度当時、6支部の支部長が京都市職員であり、かれらも当然何らかの処分
を受けることになろうと指摘した。

 今日(12月2日)、京都市の情報公開コーナーに開架している、この10月
に京都市が大々的に発表したばかりの「京都市職員懲戒処分に関する指針」を確
認してきた。

「指針」の「公金及び公物の取り扱い関係」という項目の処分基準では、次のよ
うに定められている。

「(1)横領等
    公金又は公物を横領し、窃取し又は詐取した職員は、免職とする。」

「指針」には情状によっては処分を軽減する規定もあるが、今回の場合、どうも
その基準に当てはまるものは見当たらない。となるともう、結論は一つ、「懲戒
免職」しかない。

20 :1:02/12/04 15:21 ID:AuvK7xJy
 該当する6支部といえば、解放同盟京都市協の中でも中心支部ばかりだ(市協
事務局長、副議長を兼任する支部長も含まれている)。すでに市を退職している
支部長の扱いはともかく、京都市、いや桝本市長は本当にみずから定めた基準通
りの処分がくだせるのか。

 かといって、新たな懲戒基準を打ち上げた先から「例外」的処分をしてしまう
と、市政全体に与える影響は重大だろうし、与党議員も黙っていないに違いな
い。

 はたまた、破れかぶれで、じつは同和補助金の実態が公文書に記載されている
ものと違うことは京都市も初めから知っていた、だからこれは公金詐取には当た
らない、などと言い出すか──いくらなんでもこんな手は採らないだろうな。

 桝本市長は、大変な決断を迫られるていることは間違いない。

21 :1:02/12/04 15:24 ID:AuvK7xJy
以上。
ヘタレマスコミの実態である。

このメルマガを購読したい人は
こちらまで。
読者登録・解除: http://www.mag2.com/m/0000056946.htm
         http://almarid.tripod.co.jp/

22 :文責・名無しさん:02/12/04 15:59 ID:GvllKlV6
このメルマガ発行人は身の危険を感じないんだろうか
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

23 :文責・名無しさん:02/12/04 16:06 ID:iNA0NLwF
>>22
本も出してるよ。

24 :文責・名無しさん:02/12/04 16:36 ID:1Knd5W4b
頑張ってね、1さん

25 :1:02/12/04 20:04 ID:3CsVm08q
同和にしても朝鮮半島にしても
声のでかいところにはとことん弱い日本のマスコミですなぁ。

このへたれっぷりはどうやったら治るんでしょうか?
みなさん、いい知恵ないですか?

26 :文責・名無しさん:02/12/04 20:11 ID:BHL0bbjJ
突然のメール、誠に申し訳ありません。
重複して受信された方は、誠に恐れ入りますが削除して下さい。
御迷惑と思われる方おられるとは思いますが
紀平様の義理の息子さんが捜しておられます一度ご覧頂き、どうかご協力の程 お願い致します。

★紀平 美代子(64歳)★
(昭和13年11月27日生 本籍地:三重県)

義母は、数々のサラ金やローン会社から長年にわたり支払いも出来ない事を自覚しな
がらも借り続け、本年詐欺罪を適用される手前で、色々な人達に世話になり購入金品
を返却し破産宣告を受け、その後行方不明になっております。ほっておけば又、御迷
惑をおかけする事は間違いありませんので、謝礼金付きで広く捜す事になりました。
皆様の御協力をお願い致します。

写真は下記のホームページに掲載されていますので、
一度ご覧になり協力してあげて下さい。
ホームページをお持ちの方で、リンク協力頂けるという方おられましたら、
メールにてご連絡いただければ幸いです。宜しくお願い致します。
************************
http://www3.ocn.ne.jp/~tobiinu/info4.html
atp-therapy@dk.pdx.ne.jp


27 :1:02/12/05 02:25 ID:etPos5pp
age

28 :文責・名無しさん:02/12/05 05:12 ID:/Cg7HjI7
>>25
名スレだ

マスコミには警察官僚が天下っているから、全く期待できない
期待できるメディアは、webだけだ

政治系・ニュース系各板にスレッド立てて、問題を広く知らせて下さい

29 :文責・名無しさん:02/12/05 05:22 ID:pfpt0Uwz
基本的にヘタレマスコミは潰すのが一番だと思います
そうしたら、潰れかかったマスコミが圧力団体に乗っ取られるわけでしょうけど
そうしたら、また潰せばいい
「空間は真空を嫌う」と申します
ヘタレマスコミ、お手軽売国マスコミをどんどん潰していけば
かならずや真のマスコミが日本に誕生することでしょう
それまで手を緩めないことだと思います

30 :文責・名無しさん:02/12/05 05:26 ID:Fy6fPr9d
部落にしろ在日にしろ日本社会というのは
恫喝した人が勝つ社会なんだろうね。

31 :文責・名無しさん:02/12/05 05:27 ID:UHC46DD+
アンタッチャブルな問題の解決はアメリカによる外圧しかないだろう
不良債権処理が遅々として進まないどころか、増え続けてきた事実に
アメリカは闇勢力のせいだとしている
あまりにも権力や企業との結びつきが深くなりすぎている
まず闇将軍を失脚させることで突破口を開き、政治的な力を削ぐことで
報道封殺や妨害させないようにしなければ
暴力を背景に、権力のトップにまで上り詰めたようなヤツが、
大きな顔するようになってから、日本がおかしくなり始めた

32 :文責・名無しさん:02/12/05 05:31 ID:/Cg7HjI7
>>31
日本のアンタッチャブルを育てたのは、アメリカCIAです

日本自身がどうにかしない限り、アンタッチャブルは増大し続けます

33 :文責・名無しさん:02/12/05 05:34 ID:/Cg7HjI7
>>30
部落利権・在日利権・警察利権は、三位一体だ。

日本が国民から武器を取り上げているのは、1つには、恫喝するヤクザたち
(右左関係ない)が、利権の障害に対し、個別に暴力に訴えやすい環境を
整えているんだ。

34 :文責・名無しさん:02/12/05 05:59 ID:hc2hMEqm
>>32
その通り!
日本の国力を削ぎ落とすことに関してアメリカと韓国と中国は完全に手を組んでいます


35 :文責・名無しさん:02/12/05 11:56 ID:wXA+icTw
 総連と同じでしょ。
 ネタにすると、どがーっと関係者がやってきて大騒ぎするんでしょ?
 関東の人間なんでよくわからんのだが、大阪の友人に言わせると、冗談でも
からかうもんじゃねーぞ、というものだそうだ。

 マスコミとしても、この手の厄介な団体は触れにくいんだろう。
 結局、こういうタブーに切り込むマスコミなんて、日本にはいないんだから。
 北朝鮮問題だって、拉致被害者が出てきてやっとだもんね。

 一部の同和関係者は、もうこういう補助金は不要なのでは?という意見も
出てるんだってさ。


 無論、オレも安全なところからこうやってうだうだ言ってるだけなんだけどさ。


36 :文責・名無しさん:02/12/05 13:21 ID:FyRLCCoi
安さ徹底追求!!電話の事なら何でもコムズにおまかせ下さいませ!!
http://members.tripod.co.jp/ysurvivor/comzmini.html
ブロードバンドもコムズからどうぞ!!
http://members.tripod.co.jp/ysurvivor/brobanshop.html
よろしくお願い致します。

37 :1:02/12/05 13:38 ID:0kfbWksU
官僚や、一般企業には強く出るくせに
こういううるさい団体には弱い。

マスコミも警察の退職者を雇って、タフなクレーマー集団に対抗する力をつけてもらいたいもんだ。
少なくとも現状では、報道のあるべき姿がゆがめられているわけだし。

何とかならんもんかね。

費用水増しで補助金請求。
これって立派な詐欺罪でしょ。

告発状は匿名でも出せるものなの?
一個人で同和と対決するのは難しいけど、匿名で告発できるなら告発したいよ。

38 :文責・名無しさん:02/12/05 13:43 ID:z+gCPRB2
警察や検察に告発状だすのは、個人でOKですよ。

書式もとくになかったように記憶する。

1さんのように、ちゃんと資料が揃っているなら、もうそれ送りつける
だけでも十分でしょ。

ベストなのは、内容証明にすれば、受けとった側もなんらかの
調査をしなければならなくなりますね。
あとで、1さんが、送った証拠があるけど、オタクはなにも
やらなかった」と、逆に調査しなかったところを告訴できるから。


39 :文責・名無しさん:02/12/06 00:53 ID:AYmUPM5G
同和関係はトイレの汲み取り作業の利権でも問題になってるよね。

同和の脅しに役所が屈して業務の許可を出さず、
競争原理を持ち込もうとしたNPO法人が逆に逮捕されてる。

40 :文責・名無しさん:02/12/06 03:03 ID:PzlCQBiD
>>37
マスコミは、警察官僚天下りを大量に受け入れてますよ
官僚以外は受け入れないけどね

41 :文責・名無しさん:02/12/06 13:18 ID:gCNlDmE3

まさに日本の寄生虫。

カイドウ&チョウセンジン



42 :1:02/12/06 23:04 ID:v1Y4cl1r
>>40
>>>37
> マスコミは、警察官僚天下りを大量に受け入れてますよ
> 官僚以外は受け入れないけどね

なんでそれでヘタレてんだろう?
なんか、考えれば考えるほど腹立ってきた。

同和の問題、もっと知りたいけどみんな情報持ってない?

43 :文責・名無しさん:02/12/06 23:16 ID:E/+qU9MQ
人権板へどうぞ。

44 : :02/12/09 01:51 ID:LyW0a+JZ
啓蒙上げ

45 :文責・名無しさん:02/12/09 02:08 ID:hv2LuV7c
>>1
何をいまさら分かりきったことを

46 :文責・名無しさん:02/12/09 03:09 ID:yqPEwx7B
同和への怒りage

31 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)