5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

薫×梓 電波定点観測所 25

1 :うっかりトマト:02/10/22 02:44
温帯こと、栗本薫/中島梓を生暖かくヲチしましょう!
プライベートへのツッコミは厳禁。スレの存在は他言無用のこと。
電波発信源および他のファンサイトは荒らさず、ヲチあるのみ。

前スレはこちら
薫×梓 電波定点観測所24
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1034237064/l50
・お引越しは"950"を目安に
関連スレは>>2ー3に(予備>>2-10)。

2 :うっかりトマト:02/10/22 02:44
<関連スレ・外部リンク等>
・グインサーガ48【お美しき外伝】
http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1035054463/l50
・あぐら坂
homepage2.nifty.com/kaguraclub/
・過去ログ倉庫&他板スレリンク&関連サイトリンク
ttp://zonu.2ch.net/64/nospherus.html
・温帯用語の基礎知識
ttp://zonu.2ch.net/85/tomatoes.html
・温帯用語:基礎の基礎(「温帯」「トマト」について手っ取り早く
知りたい人はこちらを)
ttp://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Pochi/6593/tomato/kisokiso.htm
更新日記入門
ttp://rotten-tomatoes.netfirms.com/

3 :うっかりトマト:02/10/22 02:45
<関連スレ・外部リンク等、その2>
中島梓、横田めぐみさんは「そんな悲劇的な人生ではない」発言4(dat落ち)
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/news/1033044757/l50
■□人気作家・栗本薫が拉致肯定発言?□■
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1032417329/l50
ヒントでピントのデブ女が拉致被害者に狂った暴言
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/mass/1032419394/l50
【社会】横田めぐみさん「そんなに悲劇的か」と切り捨てた中島梓(dat落ち、HTML化済)

4 :うっかりトマト:02/10/22 02:48
訂正
【社会】横田めぐみさん「そんなに悲劇的か」と切り捨てた中島梓(dat落ち、HTML化済)
http://news2.2ch.net/newsplus/kako/1032/10329/1032958371.html

あと>>1がちょっと間違ってる…>>2-3とするはずが>>2ー3に…

5 :名無し草:02/10/22 02:58
1さん乙ー
ウカーリなあなたに萌え(w

6 :名無し草:02/10/22 03:06
1さん乙カレー。
ところで前スレでちょっと出た池田氏の不倫漫画ですが、彼女の場合、主人公の
女性を知的美人にしたところで、「どーしてあのよーな男のためあのよーな醜態をさらすのぉ」
というところまで描いているので、私は読んでいてそれほど気にならなかったな。
結局、惚れてる女もバカだっつーことは押さえてあるなぁと。

7 :名無し草:02/10/22 03:08
>>1 乙華麗
次からはテンプレにここも入れませんか?
http://zonu.2ch.net/121/slug.html

8 :名無し草:02/10/22 06:24
そういやここってSF板のスレにはリンクはってないんだね。
どうでもいいけど。

9 :名無し草:02/10/22 07:58
まともに動いてるのスレって此処とラ板くらいだしな。
辺境の倉庫番さん(名前変わってたの今気付いたよ)の過去ログ倉庫で用済んじゃうしな。

10 :名無し草:02/10/22 08:16
「今岡家の場合」持ってるけど、何が書いてあるか忘れた。
暇があったら読み返してみて、電波を受信したら報告してみる。

11 :名無し草:02/10/22 09:02
前スレで昼行灯話が盛り上がってましたが、
ttp://homepage1.nifty.com/HAG03057/publish/sfm.htm
を見るとSFマガジン編集長を10年以上やってるのは昼行灯だけ。
もっとも、あそこは社員の給料とか作家の原稿料とかケチるので
有名な会社なんだが。
あと、早川を辞めたあとはポツポツ翻訳をやってますね。
スターリングの「ハッカーを追え」とか。

12 :名無し草:02/10/22 09:42
温帯にグインを書くことを勧めたのも昼行灯氏じゃなかったっけ?

そうか、お前がすべての元凶かァあああああ!!!!!

13 :名無し草:02/10/22 09:52
>12
ミステリでデビューした温帯にSFを書こうと言ったのが、そもそも昼行灯……という
のも、どっかで読んだよ。ただし温帯の文だからあまり信用でけんが。

14 :名無し草:02/10/22 10:27

汚い手で笹沢左保に…(以下略

15 :名無し草:02/10/22 10:28
さんざガイシュツだけどさあ…
お願いだから人の死に関する事に(爆)をつけるなよ。

16 :名無し草:02/10/22 10:29
本日の交信より
>ところで笹沢左保さんが亡くなったのですね。
>71歳ということで、10年もガンの闘病生活を送っていらしたそうですが、
>いまとしては早死になのでしょうか、それともスタンダード(爆)なのでしょうか。

私の父も癌で71才で亡くなりました。
だから今日の交信は、いつもよりむかついてます。
(爆)さえなければ普通に読めたのに。
でも71才で亡くなるのは決してスタンダードじゃないですよ。
少しは家族のことも考えた真面目な文章を書いて欲しいもんです。
温帯、あなたの考え無しの表現で傷ついた人は多数いると思いますよ。

17 :名無し草:02/10/22 10:30
グイン英訳決定!!

日本の恥をさらすな!!

18 :名無し草:02/10/22 10:33
>完全にいまはグインが「自動書記状態」ですから、
>一番まともなもの書けるのはグインかもしれませんけどね。

まともだと思っているのは温帯だけなんです。
早くそれに気がついてください。

19 :名無し草:02/10/22 10:35
>>17
え?
   ウ ソ だ と 言 っ て ・・・(泣

20 :名無し草:02/10/22 10:37
笹沢氏に関してはガイシュツなので
>一応毛布だけで寝ていて、ただ一応あったかい毛布をかさねているのですが、
というバカっぽい文章にツッコミを入れてみる。
一応ヲチ者としては、ただ一応突っ込んどかなアカンかと。

21 :名無し草:02/10/22 10:43
>19

↓見れ

http://homepage2.nifty.com/kaguraclub/guin45.htm

22 :名無し草:02/10/22 11:03
東海ローカルでスマソだけど、朝のAMラジオの某番組で、例の温帯の拉致発言について
投稿があって、パーソナリティに読まれてた。
聞いた限り、トマトか2chねらっぽかったんだけど違うかなあ。
パーソナリティもあぐら詣でしたかどうかは分らないけど、温帯の拉致萌えにはもにょった
みたいで、「(それがチャンスというなら)ご本人が海岸に立ってみてはいかがでしょ?」
と言われておったw

最初の15分くらいしか聞けなかったけど、その後、他のリスナーの感想とか
あったのかなあ。
しかし、とうとうこんなところまであの発言について飛び出すとは・・・。

23 :名無し草:02/10/22 11:11
ガイシュツと言えば今日の交信日記、またしても「ヒントでピント」の出演者の
話題…。
温帯ナビにもいずれ「ヒントでピント」の項が出来るのに500トマト(藁

24 :名無し草:02/10/22 11:16
>21
もしかして自主出版だったりして(w
その翻訳家とかいう人の。


25 :名無し草:02/10/22 11:24
>>24
検索したら「すばる 11月号」で引っ掛かった。
「翻訳をめぐる冒険」っていう連載をしてる人と同一人物かな。
本屋へGO!してしまいそうでつ。

26 :名無し草:02/10/22 11:31
>25
私もやってみたら、FFの訳詞をしたみたい。
たぶんそのくらい…。

しかし格調高い訳って、それじゃあ既に正しい訳じゃなくなってるぞ。
最初のころはそれなりの完成度だったとは思うけど
グインが格調高かったことは一度もないから。
そういう作品じゃないっしょ、もともと。

27 :名無し草:02/10/22 11:33
英訳に関する感想
1.これでいよいよギネスブック掲載への道が……
2.でも、翻訳者は再新巻まで読んでの上で訳しているんだろうか
3.辺境編はともかく、30巻から先が翻訳されることはぜぇったいに
ない、に1万あぐら
4.まかり間違って80巻から先が翻訳されたら国辱だ
5.いっそ、○蛾、蝋ですを翻訳したら、カルトなファンを獲得できるかも

28 :名無し草:02/10/22 11:35
温帯の饒舌体な文章がどう格調高く翻訳されるのか見物だな。
つーか、温帯の文からくどさや下品さ、粘着描写とったら温帯じゃなくなるんじゃないか?



29 :名無し草:02/10/22 11:45
>27
英文で読めるファンタジーはいくらでもあるし
グインみたいな冒険ものはもうかなーりおなかいっぱい状態。
特に目新しいものでもないし。

日本でもグインが出版されてそれなりに人気を得たのは
始めたのがあの時代だったからというのは大きい。
あのころは選択肢の幅がかなり狭かった。
そういう好条件があったからこそ人気シリーズになったわけだけど
今からアメリカで出版なんてなっても、特にインパクトもないし
選択肢はいくらでもある状態ではさして売れないだろうね。たぶん10巻も続かないんじゃないの。


30 :名無し草:02/10/22 11:55
>29

そうとも限らないぞ。
「人間以外の珍獣の書いた小説がこれだ」と言うので話題になるかも。
「Oh! 日本ではブ*が小説を書くのか!」なんてね(w

31 :名無し草:02/10/22 12:19
19です。21さん、ありがとう。
クリックして、腰が抜けちゃいました(あうあう・・・)
これから寝込みます。

今ごろになって、ノストラダムスの大予言が当たったかのような衝撃を受けますた。
アンゴルモワの大王=長編ヤオイックファンタジー=ニッポンの赤っ恥?

32 :名無し草:02/10/22 12:20
>27
>5.いっそ、○蛾、蝋ですを翻訳したら、カルトなファンを獲得できるかも
アメリカン腐女子には一般に、あの手の「姫受け」は人気がないという罠


33 :名無し草:02/10/22 12:27
後書きは翻訳されるんですか?

34 :名無し草:02/10/22 12:54
辺境篇だけなら、訳されてもいいけどね

35 :名無し草:02/10/22 13:00
>>33
HELLO! This is Kurimoto! Are You Happy? I'm more happy than you!(burst)

ってな感じか?

頼むからアレを「日本の代表的な文学」などと紹介しないでおくれ。


36 :名無し草:02/10/22 13:01
他人のスキャンダルの内容まで書いていることが
腹が立ちます。
10年以上も昔のことを……
自分の不倫スキャンダルの方がたいしたことはないと言いたいのだろうか。

37 :名無し草:02/10/22 13:10
辺境編の話なら向こうのファンタジー小説にいくらでもありそうだから
かえって陰謀編(だっけ?)以降、グイソの世界を象徴する美男美女の権謀術数あたりの方が
うける気もする。

どちらにしろ翻訳は10巻くらいで頓挫をキボン。
これ以上、温帯に無駄金と、不必要な自慢ネタが行くのは納得できん w

38 :名無し草:02/10/22 13:16
では一足先に皆で英訳してみようではないか。

おまえの味→your taste
地獄のヒキ→irritated last
何と言う・・・→incredible
手をもみ絞る→rub and rack his hands

合ってるかどうかは知らん

39 :名無し草:02/10/22 13:35
>38
>地獄のヒキ→irritated last
cliff-hanger ending つーのもアリかと。。。


40 :名無し草:02/10/22 13:43
翼の舌→wing's tongue

41 :名無し草:02/10/22 13:44
今日の日記ねぇ、もう>>16で書いてくれてる人いるけど人の死に(爆)はよせ。
んでもって、人の死亡記事ネタを枕に、昔の(20年くらい前?)他人のスキャンダルを列挙するのもよせ。

>この「ヒントでピント」は妙に物故者とスキャンダルがらみになる人の多い番組
だそうだが、他人のことあげつらう前に自分のアタマの上の蠅を追え。

そりから。温帯の音楽自慢読んでいたらジャイアンの歌自慢思い出したよ(ふう)

42 :名無し草:02/10/22 13:58
"Stop, stop it... no, no ... don't stop..."


43 :名無し草:02/10/22 14:46
Okey, kill you baby.

あ、作品が違った(w

44 :名無し草:02/10/22 17:25
>>35

burst ワラタ

45 :名無し草:02/10/22 17:35
海外掲示板で英語版グインの話題が出始めたら
グインの日本での現状と、これからハマることの無意味さを
ネタバレにならない範囲で知らせてやったほうが良いと思われ
そもそもあっちの掲示板で話題にすらならない可能性の方が
大きいとは思うが


46 :名無し草:02/10/22 17:46
>>45

こんな感じ?

99 :Mr.X :02/10/22 17:35

アア、リンダ、ドウナルデスカ?レムスニゲキレルデスカ?グインツヨソウネ。
イシュト、キライネ。アイツロクナシニカタシナイヨ。
セム?サルデスカ?アア、イエローモンキーネ(HAHA)
ラゴン、ハクジンノめたふぁーネ。ヤパリ、ジャップ、ハクジンのチカラカリナイト
ナニモデキナイヨ。ファッキン。サノバビーッチ。

47 :名無し草:02/10/22 18:14
2ちゃんの替わりに米国YAHOO!掲示板あたりで
Tomato増殖……のヨカーン。

48 :名無し草:02/10/22 18:21
今、フジTV スーパーニュースで 多重人格と摂食障害の特集をやっています

49 :名無し草:02/10/22 18:24
つーかあっちの人々の性格考えるとトメィトゥなページが
わらわらと繁殖しそうだ罠

50 :名無し草:02/10/22 18:26
でも、あぐら坂の英語版とか、温帯芝居のアメリカ公演とかなければ、
ヲチの対象とまではならないよな〜

いや、温帯のことだから、昼行灯に翻訳させるか>あぐら

51 :名無し草:02/10/22 18:27
アメリカ人、訴訟起こせ。
ヒロイックファンタジーとして売り出したくせに、途中から801に変わった、
損害を賠償しろって。

52 :名無し草:02/10/22 18:30
>>49

つまり腐ったトメィトゥは3ダラー99セント(10/22現在)なわけだな。

53 :名無し草:02/10/22 18:32
>52
(burst)

54 :名無し草:02/10/22 18:46
たいへん大雑把に言うとペーパーバックは
廉価版から豪華めのやつまで入れれば
6ドル〜30ドルの幅の中。
3ドル99セントとはなかなかいかないと思う。
え?ハードカバーで出版するんじゃないかって?
ガクプル・・・

55 :名無し草:02/10/22 19:18
今岡家の場合、図書館で借りて読んだ。
内容はいつもの自慢話ダターヨ。

56 :名無し草:02/10/22 20:46
個人的には英訳は「風のゆくえ」で終わったら
とりあえずグインはケイロニアで道を見つけたということで
まるく収まるような気がするでつ。
全23巻…英訳すると10巻くらい?

57 :名無し草:02/10/22 21:25
その10巻に圧縮された英訳を和訳して読みたい(w

58 :名無し草:02/10/22 21:29
アメリカの悪文で有名な作家の本がフランス(?)で翻訳された時、
超訳で名文にされて、おおいなる誤解を生んだとかいう話があったなー。
でも温帯の場合、悪文だけが問題じゃないから…

59 :名無し草:02/10/22 21:55
悪文の大江健三郎も英訳でノーベル文学賞にまで、、、、
つーことは?(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

60 :名無し草:02/10/22 22:52
温帯ほど、超訳をオススメする作家はいないな(w

61 :名無し草:02/10/22 22:56
でも、以外と最初から途中からなんちゃって嘆美メロドラマ小説だと
宣伝すればアン・ライスとか好きな層には受け入られるかも。
(アン・ライス好きな人はすみません、ただの例です)
そして、熱狂的なファンは、kkk(カオル・クリモト・クリゴト)と呼ばれるのだ。

62 :名無し草:02/10/22 23:49
友人へのメールに、「腐った指で笹沢さんに触るなといいたい」と書いてから、
あ、汚ない手だったと思ったが、腐った指の方がなんかしっくりする・・・

63 :名無し草:02/10/23 00:02
今日のあぐらはオレにとってダブルのショック。
笹沢佐保は、温帯に手を染める前に夢中だったのだ(もんじろーラヴ)。
そんでもって、グイソの英訳だとぅ…。
なんかやりきれなくて泣きたいっす。

64 :名無し草:02/10/23 00:06
温帯の毒電波が世界を汚染してしまう…ブルブル


65 :名無し草:02/10/23 00:17
翻訳者のメールアドレスとかないのかなあ。
あったら30巻以降は日本の恥だから晒してくれるなとお願いしたい。
超訳だったとしてもせめて最悪70巻以降は勘弁してもらいたい。

66 :名無し草:02/10/23 00:27
>>65
同感・・・
翻訳者の輝かしい経歴に自ら泥を塗るような真似はどうかと
余計なお世話ながら忠告したいもんでつ 

67 :名無し草:02/10/23 00:43
>>66
でも11区に来て温帯に自分の翻訳文を朗読してる方ですよ?
進んで泥まみれになりたいのかも知れませぬ。ある意味、勇者様。

68 :名無し草:02/10/23 00:53
検索で出てこなかったんだけど、この翻訳者ってデビット何とかという名前の人じゃないか?
たしか「やおいは日本独自の文化」とか「コミケ」「おたく」がどうのとかいってた、アニメ系の米人研究者。
今やってるのは「グインサーガの翻訳」とかCAT(ALCの通信教育受講者向け雑誌)でみた。

2年以上前のことだけど。
今更グインはないだろうと、「この人何か間違ってる」と思った記憶がある。

69 :名無し草:02/10/23 01:02
電波は新たな電波を呼ぶ…のか?


70 :名無し草:02/10/23 03:26
すると「3ドル読者」とかが発生するのですね・・・鬱だ。

71 :名無し草:02/10/23 04:36
いや待て、ひょっとしてひょっとすると、31巻以降は超々々訳というか、
本来そうあるべきだったグインサーガとして翻訳されるんじゃないか。
それをもう一回日本語に翻訳すれば、離れて行ったトマト達も救われるような。

重厚で思慮深い豹頭王、破滅の匂いを漂わせる僭王、古い王国の中興の祖と
なる少年王。もちろん、白痴化する登場人物など一人もなく、すべての
伏線は読者の期待を越える形で完璧に決着する。何より、作中もっとも
印象深い登場人物は物語の途中で志半ばに倒れ、吟遊詩人のサーガとして
のみ後世に伝えられる。

そうであったらどれほど嬉しいことか。

72 :名無し草:02/10/23 04:59
>71
それだと原作より先に終わってしまう罠

73 :名無し草:02/10/23 07:56
>68
つまりこの翻訳者はグインを紹介したい訳じゃなくて、
やおいを紹介したいんだね。
○蛾を紹介するための前置きなのか! グインの英訳は。

74 :名無し草:02/10/23 08:21
ぐはぁ(吐血

75 :名無し草:02/10/23 09:16
ナリス登場までは、スターウォーズの第一作(エピソードW)みたいにあらすじで紹介されたりして。

神聖王国パロが、かの新興国家モンゴールの襲来を受けた、いわゆる「黒龍戦役」から半年が過ぎた。
「パロの2粒の真珠」と称された双子の王子と王女は依然行方知れず、パロ国内はモンゴール兵の蹂躙を
受け、混迷の度を極めていた・・・(以下略)


がテロップで流れる

76 :名無し草:02/10/23 09:40
デビットというのが絡んでいるかどうかは知らないが、
>翻訳してくださったのはアレクサンダー・O・スミスさん、



77 :名無し草:02/10/23 09:52
>68
>たしか「やおいは日本独自の文化」とか
えええっ、このヒトはスラッシュを知らないの?

78 :名無し草:02/10/23 10:08
今日の日記またすごいこと言ってるよ。
ほんとに毎日失望させてくれるよ・・・。

79 :sage:02/10/23 10:09
ごめんなさい。あげちゃいました。

80 :名無し草:02/10/23 10:13
おちけつ。メール欄に sage だ。

81 :名無し草:02/10/23 10:15
すいません。東京下町出身の方に伺いたいのですが、そちらには「お世辞」とか「社交辞令」
というものは存在しないのでしょうか?
それとも「凄いなあ」と言われて「えへへへ凄いでしょ」と返すのは普通の反応なんですか?

82 :名無し草:02/10/23 10:27
>「ひととふれあい、知り合う機会」を逃すことのないように、なんてことを
>最近よく思います。こっちが何もしなくてもケンカ売ってきたり悪意持ったり
>する人がいるわけなんですから

……。どこからどう突っ込んだものか……。

83 :名無し草:02/10/23 10:35
多分、今日は平和主義人格「しおりさん」が発動しているのだな。

84 :名無し草:02/10/23 10:37
>>71
それは別の作品です。印税は訳者にあげてください。

85 :名無し草:02/10/23 10:41
最近のあぐら、できるだけ読まないようにしてるよ・・
あまりにも健康に悪い。

86 :名無し草:02/10/23 10:44
>71
超々々訳でなくてもいいが、途中から外伝の方にシフトして、そっちで
適当に完結させてホスィ。
……そうなったら、その英語版の方を読もうかな。

87 :名無し草:02/10/23 10:46
>まあでも私ももう50の坂にさしかかろうとするわけで、
>それだけの年月生きてきて、ひとに感じよくしたり、
>ひとに感じよくしてもらう方法をさえ学習してないとしたら
>相当「馬齢をかさねてる」といわなくてはならないと思うんですが、
>さいわいなことに、それについてだけは最近、
>多少は自信がもてるようになってきましたね。

どこを立て読みすれば・・・・

88 :名無し草:02/10/23 10:53
ああいうのが日本語の名文なんだ!
なんて思いこんでたら鬱だなー > 訳者
(あまり他の本を読んでない、温帯で日本語の勉強をした、とか)

89 :名無し草:02/10/23 10:55
今日の更新日記…
あまりに突っ込みどころが多くてどこに突っ込んで良いのか…

90 :名無し草:02/10/23 10:57
>こっちが何もしなくてもケンカ売ってきたり悪意持ったりする人
>がいるわけなんですから
つまり自分がした事についての自覚は全くない?
本当に「何もしてない」と思っているんですか?

91 :名無し草:02/10/23 11:04
見知らぬ他人に愛想良くして、好かれることを自慢しても、
長年の読者を悲しませることに、気づいていないんだよな。

それが温帯の温帯たる所以なのね。

92 :名無し草:02/10/23 11:24
昨日のあぐら、「S○ホテル」、、って(絶句、、
この、クサレ外道、最底、人でなし、もう罵倒できないくらい悲しいよ。
それじゃ私も。中島梓、ス○ト○、○カ○ロ夫婦、ク○にまみれて氏ね!!!

93 :名無し草:02/10/23 11:56
筒井康隆さんの日記というのは、温帯と同じで非常に露悪的でブルジョアジーなんだけど、
何と言うかその根底に流れる温かみとか優しさが感じられて、とても面白いんだよな。
(ちなみに筒井さんのブルジョアジーは温帯の比ではない。)
温帯、もしかして筒井日記の事が念頭にあるのだったら、早い目に日記の公表は止めた方がよい。
まあ論評の的確さとか、物事の切り口とかとっても相手にもならないほどだがな。

94 :名無し草:02/10/23 12:50
>>91
烈同
これまでの自分の収入(印税)支えてきた読者は放置、
社交辞令・営業スマイルで甘いこと言ってくれる商売人は溺愛、でつか温帯

いいかげん、誰か発言力ある作家なり文芸評論家なりに有力メディアで
長編小説としてのグインをボコボコにけなされて売上激減するとかしないと
わからないのかなぁ

自己満ライブや各社編集部摂待が目的のぼったくり店やってる暇なんざ
これっぽっちもないっていう今の現状を、さ

95 :名無し草:02/10/23 13:03
>誰か発言力ある作家なり文芸評論家なり

そういう人たちは既にグインなんぞ関心がない罠


96 :名無し草:02/10/23 13:05
> ひとは作家に憧れ、なりたがる人も多いですが、私は失礼ながら作家が大嫌いです。
> 作家と編集者としかつきあわない最初の10年を経て「こんなところにいたら気が狂ってしまう」
> と思いました。作家というのは基本的に自分の内的世界しか見ないものです。
> ひととのコミュニケーションはかれらにはどうでもいいし、作品は本当に一人でしか作れないし、
> 編集者というのはそれをおだててさえいれば用の足りる商売です。
>      (中略)
> 作家と編集者には基本的に一人も仕事を離れた友達も、本当に心をふれあえる人間も
> 出来なかったですね。みんな表面的な「おつきあい」で。
>      (中略)
> もともと作家という、内面にむかう資質を持っている人たちがそうやって自分を「先生」と呼び、
> 大切にしてくれる人たちとだけつきあうようになったら、どうなってゆくのか、
> それがいまの日本の大半の小説がつまらない原因だと私は思います。
> 作家仲間のゴルフだ銀座だというあのなまぬるい「友達づきあい」のなかから熾烈で激烈な
> 何かが生まれてくるのなら、お目にかかりたい。やっぱり「知らない」からこそ幻想を抱いて、
> 憧れてもいられるのだろうなと思います。
ttp://homepage2.nifty.com/kaguraclub/2001-4-20.htm

オ、オマッ、オマエッ、オマエガッ、    オ マ エ ガ ナ ー !!!

97 :名無し草:02/10/23 13:10
>96
私も言う!!
今まで思ったうちでの最大級での オマエガナー!!

自分が作家同士で友情築けないのは、自分のせいだなんてことは
ほんっとにこっから先もカケラも思わないのねー。
ていうかさ、温帯に「本当に心ふれあえる友達」がいるのかよ(w
いたら人間あそこまで醜悪にならずにいられると思うけど。


98 :名無し草:02/10/23 13:10
>>81
東京出身、ただし下町じゃないけどさ。
落語とか歌舞伎の世話物とかでも分かるけど、江戸下町ってのはある意味含羞と照れの文化なのよ。
人から誉められたら、「てやんでえ、いい加減なこと抜かしやがんじゃねえ」とか照れて答えるのが型になっている。
誉める方もストレートには誉めなかったり。誉めておいてからわざと落したり。
「見上げたもんだよ、屋根屋の褌」ってことわざ?があるけど、相手をいちど「見上げたもんだ」と
褒め上げておいてから、自分の余りのストレートな褒め言葉が恥ずかしくなって
わざと「屋根屋の褌」と駄洒落で落す。
適当な例が思い浮かばないけど、誉められた方も決してストレートには受けない。
そう言った含羞と衒いの文化を知るものからすれば、温帯の自慢話はなんとも野暮の限りです。



99 :名無し草:02/10/23 13:17
>96 
……絶句。
「私は編集者と作家以外に本当に心をふれあえるお友達が
たくさんいるし、熾烈で激烈な何かを生み出せるのよ」
という電波を受信しますた。

100 :名無し草:02/10/23 13:55
温帯、タクシーに乗って「お願いします」っつたら運転手さんがその言葉遣いに気をよくして、言ってくれたそうだ。

>「旦那さんがうらやましいねえ」なんていわれて(笑)いい気分でありましたが、

そうだろう、そうだろう。
ついでに私はあなたの旦那さんを尊敬しているぞ。アナタという人を配偶者として引き取ってくれたんだからな。
旦那さんは偉いねぇ(藁

101 :名無し草:02/10/23 13:55
>>96
つっこみどころはいっぱいあるが「おまえの旦那は元編集者で、
会社辞めてから翻訳業名乗っていたろう?」ってとこと、
「小松左京さんに高千穂や山田と一緒に銀座の文壇バーに連れてってもらった」ことから、
「作家や編集者が集まる場としてのバーのママもいいですね」みたいなこと書いてたの
どこのどいつなんでしょう、と温帯にはいいたいな。

102 :名無し草:02/10/23 14:14
>100
「お願いします」を誉められたくらいで
いちいち日記に書くのって、よほどふだん誉められることがないのねえ。
行き先を言ってお願いします、なんて当たり前だよ…。
わざわざ日記で書くほどのことかよ。恥ずかしい。
客商売の人って、おだてにのりやすい客ってのはすぐにわかるのよ。
んで、過剰に誉めてやればチップはずんでくれるもんだから上手にヨイショしてくれるわけ。
運がいいから誉めてもらえるんじゃないんだよー。勘違いさん!(w

けどまあ、これだけなんでも自分に都合よく受け取れたら幸せだろうねえ。
ただし、日記に書いたらバカにされてカッコ悪いだけだけど。

103 :名無し草:02/10/23 14:16
>96
単に、他の作家さんや編集者さんから思ったより「ちやほや」されなかったうえに、
「大先生」を持ち上げないといけないので嫌気がさしただけのような気がする。
温帯芝居の役者さんの方が世渡り巧そう。

喫茶店に誘ったり、
缶コーヒーを持たせたり、
手作り小物プレゼントしたりするタクシーの運転手さんって
迷惑以外の何物でもないような気がするのは私だけ?
気持ちは嬉しいけど、ちょっとなぁ。

104 :名無し草:02/10/23 14:18
タクシー乗って、行き先告げて「お願いします」って普通に言うけどなあ。
でもそれで誉められた事なんかないぞ。
御飯食べる時「いただきます」って言ったら「躾いいねえ」って言われるようなもんだと
思うが。
バカにされてんじゃないの?それとも東京のタクシーの客層はそんなに悪いのか?

105 :名無し草:02/10/23 14:20
>>104
俺も思った。
タクシー乗って、「○○まで、お願いします。」って普通に言うよなあ。
俺の住んでるところが田舎だからかなあ。東京って怖いところだな〜、
って思ったよ。

106 :名無し草:02/10/23 14:25
>103
ハゲ同。
タクシーの運転手さんには、できるだけムダ話をせずに
乱暴な運転することなく目的地に向かってもらえたらそれが一番いい。
やたらこっちを誉めてみたり、ましてや何かくれたりなんて
私は絶対にイヤ。できるだけ黙っていてもらいたい。
温帯の言う運のいい運転手って、
私にとっては不機嫌で乱暴な運転手と同じくらい最悪の運転手だよ…。

107 :名無し草:02/10/23 14:29
誇り高き山の手お嬢様 温帯にとっては最近タクシーに乗って「お願いします」なんて言えるのは非常にハイソな育ちをした人間にだけ見られる麗しい習慣なんでしょ。
温帯、自分と他人の差別化好きそうだもん。これから当分、おハイソ山の手ごっこにはまるんじゃない?
そう、たとえば「バー」なんぞに集う「役者さん達」とも分け隔てなく偏見なく親交が結べる真に育ちの良い私とか。
(普通の人は酒場とか役者とかって色眼鏡で見るけど私は違うの!色眼鏡をかけるような下司な育てられ方してないから)

しかしさ。客を喫茶店に誘ったりコーヒー呉れようとしたりする運転手って怖いな、少し。
あ、でもその薄気味悪さを感じずに純然たる好意のみ受け取れるのは温帯の育ちの良さゆえかな?

108 :名無し草:02/10/23 14:29
>104,105
東京でだってそんなことくらいで誉めないですよ、フツーは。
今まで都内で何度もタクシーにのって必ずお願いしますって言うけど
誉めてもらったことないよ。
その運転手と温帯がフツーじゃないだけでしょ。

109 :名無し草:02/10/23 14:30
あ、もしかして、タクシーの運ちゃんからしてみると

ふてぶてしいデブ接近→やばい客か?→「お願いします」→何だ、案外いい奴じゃん

という思考過程を辿ったのかもしれない。

道を譲ってくれたトラック野郎がとてもいい人に見えるように。

110 :名無し草:02/10/23 14:58
>>109
漏れも思った。
あと、最近はこっちが「○○までお願いします」といってるのに
返事もしない運転手もいるけど、温帯がそういうのにあったことが
ほとんどないというのは、よほどヤバイ客と思われてるのかも。

111 :名無し草:02/10/23 15:00
山の手育ちで結婚後は下町に住んでますが

タクシーの運転手さんに行き先告げて「お願いします」は普通でしょ。
最近は不景気だから利用者が少ないそうで
どの運転手さんも愛想良くしてるようですよ。
でも私も黙って安全運転してくれた方がいいな。
話しかけられて適当な返事をするのって気を遣うから疲れるもん。

112 :名無し草:02/10/23 15:02
温帯がこれ見よがしに小説関連の話題をふる

「お客さん、ひょっとして出版業の方?」

「あ、小説書いてます(爆)グインサーガっていうんですけどね(笑)」

「えっあの!うわーこいつぁ驚いたなあ!」

あとは運転手によって、喫茶店に誘ってサインねだったり
缶ジュースのプレゼントを渡したり、など応用は色々

つうことじゃないのかなあ 温帯が自分の素性明かさず、
本当に自分の話術だけでああまで好意的に会話が弾むのなら
(接客業としてのタクシー運転手が営業スマイル・トークしてたってのを
さしひいても)これはまた一つの才能なのかもしれんが

113 :名無し草:02/10/23 15:03
昔、飴をもらったことがあるが知らない人から食べ物をもらうのは
気味悪くてねえ。
餃子をもらったというのは、そんなに食べ物を欲しているように
見えたんだろか。

114 :名無し草:02/10/23 15:08
タクシーの運転手とか、客商売やってる人なんかは、商売がら人みるから
「このデブは、おだてておかないと後で怖いデムパを発信しそうだ」
って直感して、保身のためにいろいろお世辞使うんじゃないかな。
それを、さらに「お得意の脳内変換〜」で、自分に都合良く再構成すると
ああなるんでは。

115 :名無し草:02/10/23 15:47
知らない人からむやみに物をもらっちゃいけません。
子供の頃に教わりましたがのう。でも温帯にそう言うと

そういうひとは、不幸なことですが(笑)ひととひととのふれあいのすばらしさ、いっしゅんで過ぎ去ってしまうシーンへのほのかな愛惜の思いなんかを絶対にわかることができないんだと思いますね。
『一期一会』ということばの本当の意味、それが理解できないのは不幸なひとですよ(爆)ひとがひとをしんじることができなくなった時、それはヒトの文化そのものが終わりを告げるときというか、
ヒトの知的文化そのものの崩壊を告げる足音のような気がしてなりません(爆)大げさだって言われそうだけど(爆)だってうたぐってうたぐって自分をよろってしまったら、結局それは内向的に生きるだけの
不幸な自閉症児ですよ(爆)すなおにひとを信じられないのを自慢するような今の風潮は、私はまったく理解できませんねえ(爆)なーに、ナナメにかまえてんだか、ってことです(爆)あなたたち、
自分がぎすぎすしてひとから親切にされた事なんて無いから、うたぐってばかりいるんじゃあないですか?ほんとに不幸なひとたちですねえ(笑)わたしは幸い、ことごとくいいひとにかこまれて生きてゆくことが
できるよな生まれつきらしいので(爆)よくほめられますしよくいただきものもします(爆)いつぞや大根をたくさんいただいたときなんかも、たくさんもらいすぎて「わあああああ」でしたけど(笑)

って絨毯爆撃されそうです。
初めて温帯風文体に挑戦したけど、非常に疲れました(爆)。

116 :名無し草:02/10/23 15:48
> ひととのコミュニケーションはかれらにはどうでもいいし、作品は本当に一人でしか作れないし、
> 編集者というのはそれをおだててさえいれば用の足りる商売です。

それは大きな誤解だよな。作家が作品を生み出すためには、ちゃんと材料を仕込む
必要がある。また、原稿が「本」というプロダクトになるためには、色々な人の
関与がある。コミュニケーション能力、交渉能力は必要なんだよ。本人が苦手なら
ちゃんとマネージャー付けたりしてる<海外の作家とか

あと、編集者の仕事をこんな風に考えるって、なんでかさっぱり分からん。
編集者は最初の、最も厳しい読者だ。また、「本」が世の中に出るまでの総合プロ
デューサーであり、内容、装丁、印刷、販売まで全てに関わるプロフェッショナル
だ。

あなたの旦那さんは優秀な編集者だったん違うんかい。
「この編集者がいなければこの本は世に出なかった」ということも多いのに。
あなたが新人時代、デビューに関わった編集さんは?
…編集者に色々言われる(実は有効なアドバイス多し)のがイヤで、グインでは
我侭放題、同人本では好き放題なのか。

117 :名無し草:02/10/23 15:49
>>115
んがっ!あまりのしんどさに適当に改行したら温帯っぽさが半減…。
駄目だー。あぐら逝って修行しなおしてきますだ…。

118 :名無し草:02/10/23 15:50
きっちり小袋に入ってる飴ぐらいならいいかもしれないけど、
餃子なんかもらったら逆に気持ち悪いよ〜。
でも温帯からすると、自分のような人間は
人の心がわからない冷酷なヤシ、とか思われてしまうのだろうか。

119 :名無し草:02/10/23 16:07
>115
まだ漢字が多いですね。
ひらがなと誤変換を増やすと温帯らしさがいやますかと(w

120 :名無し草:02/10/23 16:29
絨毯爆撃風に見せるには40文字くらいできっちり改行するとよさそうだ。間違っても、句読
点で改行してはならない。これは小部屋の鳥さんから学んだ、「読みにくい投稿のポイント
」とも言うべきものです。いや実を言うと鳥さん以外にも時々こういう書き方をする人を見か
けるが、こういう人たちって他の人を見て学ぶってことがないんでしょうかねえ。私なんか
からすると信じられないことです(爆)まあさいわいなことに私なんかはパソコン通信歴が
長いのでどうすればよみやすい文章になるかならないかなんて、だてに馬齢を重ねてい
るわけじゃないんでひとさまから好感を持たれる方法なんて確立してしまっていますが、普
通のひとにはそれがぜったいにわからないんですねえ(笑)

あれ?

121 :名無し草:02/10/23 16:34
>>107
そうか。本当に育ちの良いお嬢様は人前で裸になることに特に羞恥を覚えないモンだと昔何かで読んだことある。
真に育ちのいい人は、世の中の悪意や汚さが分からなくて、ただただいい面しか見ないって事かな?

温帯、育ちいいもんねー。偏見とかなくて大らかで。だから略奪婚とかも何の抵抗もなくできちゃうし。
日記の無神経さも、育ちからくる大らかさゆえなのね?!

122 :名無し草:02/10/23 16:35
何度も何度も何度も同じ話を書いてさ、日記のネタがないんだね。
季節ネタか「自慢の引き出しから出してきた“いつもの”」ばっかりじゃない。

評論家として、作家として、あるいは平凡な一主婦としてでも
どんな本を読んでどう考えたのか、を書いてもいいのにと思ったんだけど…

よく考えたら、本を読まないんだったね温帯。

123 :名無し草:02/10/23 16:52
>116
太鼓持ちみたいな編集者しか侍らせてないってことでは?
自身の偏狭な視野から一般論を語るのは毎度のことだし。

思うに温帯は、自身がそういう編集者をしか受け入れていないくせに
太鼓持ちを太鼓持ちであるとして軽蔑してるんでないかと。

124 :名無し草:02/10/23 17:01
> 編集者というのはそれをおだててさえいれば用の足りる商売です。

早い話、自分の亭主はそういうおでてるだけの商売だったので
くだらないのでヒモになってもらったと、そういうことですね?

ていうかさ、温帯は自分をおだてることをしないで
しっかり意見言っちゃうような担当はすぐに替えてきたんだろうね。
そして今はおだてるだけの編集しか残ってないと。
その結果、ぐいんはああなったと。なるほどなるほど。

125 :名無し草:02/10/23 17:20
96さんが中略されたとこを改めて読んでしまった…。

>よしんば小説のほうが簡単に認められ、芝居は、先に小説を書いて認められて
>しまったというだけでいつまでも「お道楽」扱いをされているとしてもですね。

「お道楽」扱いされるのは、小説が先に認められたせいらしい。
内容が「お道楽」の域を超えないからだとは思っていないらしい…。
そりゃあ最初は話題先行で道楽って言われるかもしれない。
けど本当にいいものなら、10年もやってれば正当に評価されますよ…。

>私のなかにはつねに激しい怒りがくすぶっています。それを持ち続けていら
>れるからこそ、小説もまた私は決しておさまりかえった「老大家」にはなり
>えない、いつも若く最前線で疾駆しているのだと思います。
激しいイカリでわけのわからんヤホイを書くわけですか?
そして若く最前線…?? 誰のこと?
老大家とさえも呼んでもらえず、しかしいたずらにキャリアだけ長い
シマツに終えないババア作家として「温帯」なる名称をいただいているというのに。

自分をここまで美化できるなんて、醜悪以外のなにものでもありません。

126 :名無し草 :02/10/23 17:53
>いつも若く最前線で疾駆しているのだと思います。

無茶苦茶激しい事実誤認だな。

127 :名無し草:02/10/23 17:56
温帯ってよく「わたしって○○なヒトだから」って言いますよね。
わざとなんだろうけど、激しくバカっぽ。
そしてかなり歪んだセルフイメージで自分を規定しているのを感じる。

128 :名無し草:02/10/23 18:01
あなたの書くものは正直つまらない、と
誠実に言ってくれる人は身近にいないのかなぁ。
だとしたら、すごくかわいそうかも…。
(売れて金が入ればいいやと思っている人ばかりなら)

129 :名無し草:02/10/23 18:05
>128
身内の目で見ると面白いかもしれない。
いわゆる内輪受けってやつ。

私にはつまんないけどな。

130 :名無し草:02/10/23 19:29
>>128
温帯、利益関係でがんじがらめに縛られてるから
裸の女王様やり続けるしかないのかもね
グインの正直な感想いって、温帯にヘソ曲げられたら

昼行灯氏 → 家おんだされて生涯遊んで暮らす目論みがパァに
D君    → 学費支払いストップされて大学中退の憂き目
波屋蚊輪 → ドル箱作品の収入がなくなってマズー
劇団メムバー→ 日記で名指しで愚痴られて業界に居づらくなる
信者    → 即、ぱてお永久追放

なのは火を見るよりあきらか 
温帯が半径10m以内にいるときは、24時間365日
手を揉み絞り続けて生きていかなきゃならないんだと思われ

131 :名無し草:02/10/23 19:37
そして心ある人は離れていくわけか……
かわいそうだな……

自 業 自 得 だけどなー

132 :名無し草:02/10/23 20:12
日本にもちゃんと小説化としても、劇作家・演出家としても、
認められている人はいるんだよね。(あえて名前は挙げず)

自分はオールマイティーな才女のつもりだそうだが、
海外には温帯以上の才女はゴロゴロしているぞ!
狭いパティオ、狭い身内の中でお山の大将しても意味ないんですが。

今の温帯はすべて中途半端、何もかも守りに入って素人の自己満足。
しかも狭い日本でも認められてないし。

133 :イラストに騙された名無しさん :02/10/23 21:11
「くだらない因習にしばられて若く素晴らしい才能に
正当な評価を下せない日本は私には狭すぎる」
等と思ってるのでは…(;´Д`)

134 :名無し草:02/10/23 21:38
まあでも、あそこまで自分に自信を持てる、
自分を肯定できるってのは*あるイミ*うらやましいような気も。
外から見てるとかなり「イッちゃった人」なんだけど
本人はけっこう幸せなんだろうなと。

135 :名無し草:02/10/23 21:48
>とにかく基本的には、私はただ私のまんまなので、こういうのって、
>結局それが一番ラクだよなあって、このごろことあるごとに思いますね。
>ああ、私って賢かったんだな、変に自分を作ったり、自分をエライと思ったり、
>あるいは「こう思われたい」っていうのを無理矢理押し出したり、なんというか
>「無理や不自然をしなくてよかったな」って。私はただ私のままでいるだけなので、
>これって何も無理なく続きますもんね。思ったことを思ったようにいってるだけなんですから。
>これが一番ほんとに楽だなあって、最近ほんとに思いますよ。
>構えもせず、オープンで、フランクで、怒りたけりゃ怒って、後悔するときゃして。
>そういうふうにしてるのが一番しんどいときもあったと思うんだけど、それを貫いてきてよかったなあって。
>「ああ、川の流れのように」ってとこですか(笑)このごろあの気持わかるかもしれない。
>ほんとにいろんな人がいるんですもんねえ、やさしい人、気持のいい人、
>図々しい人、自分が失礼だと気がつかず失礼な人、やたらおどおど引きこもる人、
>一見よく見えて実はウラでめちゃ勘違いな人、傲慢な人、ただのばか、おたく、
>思い込みの強い人、そっとよりそってこちらのことを思ってくれる人――
>それぞれに対して、さだまった対応なんてマクドナルドのマニュアルじゃないんで、
>ありっこない。自然でいるのって、楽でいいですね。とほんとに最近強く思います。
>あとがきでもずっと自然でいたかったですけど、たぶんあれだけの文章だと、
>そうもゆかないのかもしれないですけどねえ。

http://homepage2.nifty.com/kaguraclub/2001-9-29.htm

136 :名無し草:02/10/23 21:48
子供が小さくて話す相手がいなかったころは、タクシーの運ちゃんとのおしゃべりは
楽しかったっす、もう会話する相手飢えてたもんで。温帯も普段は話相手いなさそうだから
そういう心理じゃない?
子連れだと子供に飴くれるじいさんばあさんにもよく遭遇するようになるから、
食べ物もらってありがとうという心理も分からないでもない。でも、餃子はやだなぁ。
(っていうか、本当はお菓子控えめにしてるから飴もあんまり・・・。世知辛い世の中
で好意をいただいたことがありがたいからもらったら子供にちゃんと食べさせてますが)。
子供と道歩いてたらポラロイド写真をなぜかとってくれたおじいちゃんなんてのもいるし、
見知らぬ人間に好意を示してくださる方なんてのは世間にはたくさんいるんだけどね。

137 :135:02/10/23 21:49
ぎゃあああ直リンしちゃったーー

蒼ちゃまに頃されてきます・・・

138 :名無し草:02/10/23 21:58
>134
いや、温帯は「自分はもっと世間から敬愛される存在であるはず!」
と思っていて、けどそうなってないのに気づいてるから
ああも日記で自分の自慢をかますんだと思います。
結局、幸せ装ってるけど決して幸せな人じゃないと思う。
本当に幸せだと思ってる人は、幸せ自慢なんか必要ないもの。
自分であんまり幸せじゃないことに気づいているからこそ
必死で幸せな自分を日記に書く。哀れなり。

139 :名無し草:02/10/23 22:04
倍々ゲームで動員数を増やしていく劇団の主宰者は、
どのような客の感想や批判でも無視したりはせず、
自分の肥やしにしているのさ。

温帯には、ム・リ

誉め言葉にしか耳を傾けない人間って、無残なことになっていくねぇ。
周りの人間も悪いんだよ。
自分のかーちゃんが、あんなんなったら必死で諌めるけどな。
罪を放置する罪、は犯したくないもの。


140 :名無し草:02/10/23 22:07
退化して大家にならないとは、これいかに?

homepage2.nifty.com/kaguraclub/

141 :名無し草:02/10/23 22:32
笹沢左保先生について

>あのころは「元本だけで200冊か、すごいなあ」と思っていたなあ(笑)

「今は私の方が上ですけど、売り上げも発行冊数も」とでも言いたげですな……
とりあえず質より量作家だし。

ところで温帯って何冊くらい本出してんだ?

142 :名無し草:02/10/23 23:04
>>138
禿同。
ある意味、あれだけ不幸な人もいないと思う。
もはや同情する気も失せたけど、必死になって毎日、日記で、
「私とはすごい。私は若い。天才だ。愛されている。幸福だ」
と自己暗示のように繰り返しているさまはもはや悲惨でしかない。

グインもこれから売れ行きが先細って行くだろうけど、それに
「気づかないふり」を続けるだろう。
ますますまわりから人が離れていくだろうけど、
「結局、人間というものは」と愚痴をつぶやき続けるだろう。

温帯は、たった一つの、単純なことが出来なかった。
「現実を直視すること」

いやまあだれも程度の差はあれそうなんだが……。

143 :名無し草:02/10/23 23:47
>>135
>図々しい人、自分が失礼だと気がつかず失礼な人、やたらおどおど引きこもる人、
>一見よく見えて実はウラでめちゃ勘違いな人、傲慢な人、ただのばか、おたく、
>思い込みの強い人、
……自分が見えないというのは恐い、とつくづく思う…

144 :名無し草:02/10/24 00:05
他人は見えても自分が見えてない、のは、
自分も他人も見えてない、よりは、
いくぶん賢いとは思う、が、ずいぶん不愉快だ…

145 :名無し草:02/10/24 00:12
温帯が見てるのは自分の脳内の他人だと思われ。

146 :名無し草:02/10/24 00:14
>142
いまこそ、あの方が必要なんですね?

伊集院さ〜〜ん!

いや、美少年になったのじゃなくて、本物の方・・・

147 :名無し草:02/10/24 00:15
温帯の辞書には
「人のふりみて我がふり直せ」
と言う言葉が載っていないに5000トメトゥ

148 :名無し草:02/10/24 00:19
温帯の辞書に載ってないものの多さと来たら・・・(半笑

149 :sage:02/10/24 00:45
話をブツ切りしますが、
前スレの埋め立てから、
ワークショップ参加者の感想を見てきました。

温帯ってワークショップで、
自分で指導してるのかな?

150 :名無し草:02/10/24 00:47
ゴメン、あげた。
あぐら逝ってきます。

151 :名無し草:02/10/24 00:54
>>130
劇団メンバについていえば、温帯に嫌われて何か書かれても、
業界では蚊がつぶやいたほどの影響力もありませんので、

単に暇つぶしレベルの「チョロイ仕事」が一つ減るだけかと
思われます。

152 :名無し草:02/10/24 02:56
音楽業界的にも(といっても網羅してるわけではないが)
たかが金に物言わせてミュージシャン気取りになってる
素人芸のおば様になんと言われようと仕事に関係ないので。

有閑マダムのご機嫌取ってればいいラクな仕事が一個減る
だけです。

153 :名無し草:02/10/24 08:21
>130
信者について言えば、
いまさら一日発言2〜3しかない廃墟のようなパティオを
永久追放されてもどうでもいいと思われ。

154 :名無し草:02/10/24 08:28
>図々しい人、自分が失礼だと気がつかず失礼な人、やたらおどおど引きこもる人、
>一見よく見えて実はウラでめちゃ勘違いな人、傲慢な人、ただのばか、おたく、
>思い込みの強い人、
人間をこういうふうに典型的なパターンでしかとらえられなくなっているから、
温帯の小説はつまらないんだと思う。


155 :名無し草:02/10/24 08:51
つーか、人を決め付けるのに
「ただのばか」ってスゴイ言葉だなーと思うんですが。

156 :名無し草:02/10/24 08:53
森村誠一氏が、笹沢左保氏に手向ける追悼文を「朝日」に書いてたよ。

良い事も悪い事も、艶聞もスキャンダルも、死因となった癌以外の病も
何もかも、「小説を書き続ける」ことにぶち込んだ人生だったのだ、と
そんな事を感じました。静かな、でも悼む心がしんしんと伝わってくる、
文章だった。

年齢を重ね、病を得てなお、書き続ける事を生きる事としている人、
私はそう言う人を小説家と思う。

157 :名無し草:02/10/24 10:20
温帯の読者って、まだ10〜20代の青少年なのかなぁ。
というか、そう想定されてるのかなー?
温帯も若いころはその年代の心理の機微をすくいとる事ができたと思う。
それで読者を獲得し信者を増やせたと思う。
今は?
無理じゃないかなー。
温帯ってさ、それなりの年齢になって
略奪婚とか仕事しながらの子育てとか、結構ネタの素は持ってるよ。
どうして同年代の例えば女性をターゲットに書かないんだろう?
ひょとして共感を得られるかもしれないのに。
妙に若ぶってるのがずっと疑問でね。
損なんじゃないかなーと…。

158 :名無し草:02/10/24 10:36
>157
温帯オバサン嫌いだからねえ、無理じゃない?
あ、オヤジも嫌いなのか。
そういえば若いヤツも嫌いだって言ってたね。
他人全部嫌いで見下しているヤツが人から共感を得ようと思っても
絶対無理だとおもう。

159 :名無し草:02/10/24 10:41
>158
オバサン嫌いって、自分がオバサンだし、、
アヤジも嫌いって、昼行灯がオヤジだし、、
若いヤツも嫌いって、息子が若いヤツだし、、
( ´,_ゝ`) プッ

160 :名無し草:02/10/24 10:44
513 名前:可愛い奥様[] 投稿日:02/10/24 10:18 ID:ELK5Tvl4
http://donutp.com/exe/DonutP_4_3_b_FULL.zip
ワンボタンで検索する方法ありますよ。タグブラウザ使うんです。
ドーナツPなんですけど、起動させて検索バーに検索したキーワード入れて
検索サイトを選択します。インフォシークもありました
それから検索バーの一番左のボタンをクリックしつづけると押したぶんだけ検索されます。
窓が増えすぎたらタブバー(サイトのタイトルが表示されてるところ)を右クリック→全てを閉じる
で全部閉じれます。

みなさん頑張って!



どうやらトミーズ雅をインフォシ−クでランキングさせる祭りになってきたようです


161 :名無し草:02/10/24 10:56
今日の本スペ
>それがご縁で、ずっと私の本を差し上げるようになり、仙台からも
>毎年新米の季節になるとササニシキを頂戴するようになり、

この専門学校のオーナーとやら、多分10〜30巻あたりまでは
「作家直々に送ってくれた小説!」って具合に喜んでたろうが・・・

最近届く温帯小説読んでどう感じてるかはげしく気になる
お返しに送ってるササニシキに見合うだけの内容なんでつかね(w

162 :名無し草:02/10/24 11:24
>161
そのオーナーさん、タイでエビ釣ってますねえ。

163 :名無し草:02/10/24 11:56
+激しく+ 大 損 ・゚・(ノД`)・゚・

164 :名無し草:02/10/24 14:06
古古々米でもお釣りが来ると思われw

165 :名無し草:02/10/24 14:09
更新日記

>「中島梓がちゃんとミュージシャンしている」といって指さして面白がって笑うんですが

何か笑った。これ使えそう。
・温帯がちゃんと小説家してる
・温帯がちゃんと演出家してる
・温帯がちゃんと社会人してる

166 :名無し草:02/10/24 19:40
ヤフトピにアンケートが…

167 :名無し草:02/10/24 21:10
>>166
投票しちゃいました(w
「信者」って項目はどうよ?と思ったら1票入ってた…

168 :名無し草:02/10/24 21:12
でも信者のコメントは無いのな。いじめられると思ったんだろか?

169 :名無し草:02/10/24 21:13
>165
温帯がちゃんと漢字使ってる
温帯がちゃんと改行してる
温帯がちゃんと電波出してる

170 :名無し草:02/10/24 21:22
>166
うぉー。参加してぇー!
って勇み足で行ったものの、自分がどこに属するかわからなかった(恥

買わない&立ち読みしない、解脱はまだでネタヴァレが楽しみな漏れは
いったい何トマトと言えばいい? トマト・ヲチ派?

171 :名無し草:02/10/24 21:42
>170さん
新たに項目追加すればいいんでないかい?
「ネタヴァレで満足派」とかさ(w

それよりマジに「トマトって何ですか?」って聞かれてるよー。
ヤフに温帯用語の基礎知識のリンク貼る訳にもいかんしなあ。
質問してる人の解釈も笑えましたが(w

172 :名無し草:02/10/24 21:43
>170
項目増やせるみたいだから、やってみたら? ウォッチトマトとか。

173 :名無し草:02/10/24 21:58
トマト・読まない派・ネタバレよろしく
なんてどうかな?

174 :名無し草:02/10/24 22:28
トマト・もはやネタバレすら不要派・サイトヲチだけでお腹イパーイ

でも元信者だけどね(爆)
昔、菊池某が自書のあとがきで温帯を叩いてたときは
「この人たち仲が悪いんだろうか……でもここまで書かなくても」と思ったものだが
今はわかる。菊池さん、あなたが正しかったと。

175 :名無し草:02/10/24 22:58
>>174
私は小説道場を開いている女流よりはまし、とかいうのでしたっけ?
あれ見てもにょったりしたこともあったけど、今は深く深〜〜〜〜〜〜っく頷いてしまうわ……。

176 :名無し草:02/10/24 22:59
トマト
……って可愛い名前だね。
上から読んでもとおまあとお……
舌から読んでも………
スマソ

177 :名無し草:02/10/25 00:49
今日はレスが少ないですね。それだけ電波が少なかった=平和な証拠か(w

おながいしまつおながいしまつおながいしまつ!
温帯が明日の日記でこの問題に触れませんように!!
と、今夜のニュースを見ながら手を揉み絞ったトマトがここに一人…。

178 :名無し草:02/10/25 01:49
>>174
たしかその前に小説道場で
その方の事を
小説はヘタだけどイキオイだけはある作家
として名前を挙げていた(もう一人と連名で)と思うのですが……
今のアナタには両方ありませんがナ

179 :名無し草:02/10/25 01:50
>177
寒い国の劇場の件、ですか? だったら私も激しく祈っております。

180 :名無し草:02/10/25 02:04
>>179
いえ、拉致問題のDNA一致した件です。
複雑な心境ながらも、喜びを噛み締めてるような表情のご夫妻…。

絶対に温帯の駄文で歪めて欲しく無いと思いますた。
もちろん寒い国の件も嫌ですよ。頼みまつ。ループネタでいいから(;´Д⊂)

181 :名無し草:02/10/25 02:07
>179
DNA鑑定結果の出たお孫さんの方かと思いますた…


182 :名無し草:02/10/25 02:09
久々に、ほんと久々にあぐら詣でしてみた。

……誰だよ、伊集院の刊行進めてる編集は!
もうこれ以上漏れの心の名探偵をけがすな……全力で阻止したい。
グインはもう仕方ないとして、伊集院でヤホヒィはもう見たくないんだよ。

183 :名無し草:02/10/25 02:22
ちょこちょこエッセイの仕事もあるらしいのが
理解不能…。どこから依頼きてるんだ?

184 :名無し草:02/10/25 06:37
>>182
同意するっす。伊集院は(も)やめてくれー。

彼は、いつからあんな怠慢な探偵に成り下がったのか。
ロクに調査も推理もせずに、脳内に持ち合わせてるテキトーな知識で
「ああいう人はきっとこうなんだろう」って朝まで一人で喋ってるだけ。
演説に夢中になって肝心の事件は解決できない。バカ過ぎ。
専門分野の事件や困難な事件からは何故かお呼びがかからず、
ありがちな人間関係のゴチャゴチャにばかり首を突っ込む。
で、その言い分が「人の心の在り方こそがどーたら」って、
取ってつけたような言い訳せんでもいいよ伊集院さん。
論理的な事件を解く能力がないってのはもう読者にバレてるんだから。

一句詠む。 「探偵の お里が知れるQED」
もひとつ詠む。 「こんなはずではなかったと 青トマト」
くすん、サイコ・ドクターでも読もっと。

185 :乙一:02/10/25 06:42
自分には知識がないので小説を書くのは無理、と考えるのは間違いです。
僕もろくに知識などないのに書いてます。

小説を書くという行為は、鏡を覗き込む行為に似ている気がします。
僕には自分の書いた文章が自画像のように思えてなりません。
執筆するときの注意は、自分の顔がトム・クルーズ似ではないのに、
羨望や陶酔で目が曇ってトム・クルーズ似の自画像を描いてしまわないことでしょうか.....。


186 :名無し草:02/10/25 07:01
>183
あぐらの「とんグル」とか「わくグイ」とか、ああいうのの事じゃないですかね?

187 :名無し草:02/10/25 07:41
おはようございます。
今朝は例の報道のことについて触れるんじゃないかしらと気が気でなく、
いつもの起床時刻より早く目覚めた次第です。
まだ更新はなされていないようですが…かなり心配。
あくびしながらもう少し待ちたいと思います。

寝起きであぐら詣でやっちまったせいか、
右のまぶたがピクピク痙攣しておりまする(w

188 :名無し草:02/10/25 08:25
>187
>寝起きであぐら詣で

なんの苦行ですかそれわ(w

189 :名無し草:02/10/25 09:37
>188
蓮池兄の苦悩を思えば、あぐらの電波如きなんでもないように感じられまして(w
しかし所詮私は腐ったトマト。
まぶた痙攣の次はまつ毛が抜け始めますた…

190 :名無し草:02/10/25 09:42
>そしてまた、帰国した拉致被害者の一件は、実になんとも異様な展開をたどりはじめたものですね。
>本当にこれでいいのでしょうか?本当に本当にこれでいいのでしょうか?
>私にはとうていそうは思えません。この展開はあまりにも異様です。
>これが日本の正義である、とストレートにいってしまっていいのでしょうか?
>「俺の24年を無視するのか」という蓮池薫さんの発言については、みんなどう考えているのでしょうか?
>これで一般世論の正義感は「この問題は平和裡に解決した」と感じているわけなのでしょうか。
>本当にこれでいいのですか?

こ、こりはまた大変な事態に…!?

191 :名無し草:02/10/25 09:44
な、なにを言いたいの温帯!?

まっ、まさかっ……!?!

192 :名無し草:02/10/25 09:48
本日の交信より
>帰国した拉致被害者の一件は、実になんとも異様な展開をたどりはじめたものですね。
>本当にこれでいいのでしょうか?本当に本当にこれでいいのでしょうか?
>私にはとうていそうは思えません。この展開はあまりにも異様です。
>これが日本の正義である、とストレートにいってしまっていいのでしょうか?
>「俺の24年を無視するのか」という蓮池薫さんの発言については、
>みんなどう考えているのでしょうか?
>これで一般世論の正義感は「この問題は平和裡に解決した」
>と感じているわけなのでしょうか。本当にこれでいいのですか?

で、あなたはどう考えているのでしょうか?
下手なこと書いて、またつっこまれるのが嫌なのでしょうか?
作家であり評論家であるあなたの御高説を是非伺いたいものですが。

ったく、こんな文章だったら小学生でも書ける罠
最後に橋本元首相と同じ店で食事した、と自慢こきも忘れてなかったしw

193 :名無し草:02/10/25 09:48
今日の交信日記
>その後、アプルの女性従業員がうちのお芝居を見に来ていて、
>「あの人だ!」というのでそのまま警察に通報して、芝居の終わったあとに、
>私たちも立ち会いのもとでその人が逮捕される現場に居合わせたりして
>(このときの芝居は「ヴァンパイア・シャッフル」で、セットのうしろにその
>目撃者のかたを呼んできて

シアターアプルの名前と、(多分アプル側としてはあまり公開したくない)
そこでの過去の事件を詳細に渡って晒し上げですか温帯・・・
そこになんか怨みでもあったわけ?

それとタダ見した犯人も、どうせならもっとまともな劇見てるときに
捕まればよかったものを。まあパクリの極地ともいえる温帯イタタタタ
作品観劇中に「パク」られたならお似合いってものかもしれないけど

194 :名無し草:02/10/25 09:51
トマトの祈りは虚しかった。177、179の両氏に黙祷。

195 :名無し草:02/10/25 09:52
>>190
きゃっ、ごめん、かぶっちゃった。
もう1度あぐら詣でしてきまつ

196 :名無し草:02/10/25 09:53
呆然…。
昨晩、皆が危惧してた話題にベタベタ触れまくり。

それにしても何なの、あの詰問調は…。
ああ嫌な予感が的中だよこりゃ。

197 :名無し草:02/10/25 09:57
>195
いえいえ。お気になさらずに。

それにしても温帯、あんたって人は…(怒

198 :名無し雀:02/10/25 09:58
拉致された方の「俺たちの(北での)24年を無視」に関しては
うちのボケ牛も言及してました…。
ああいう「世間の人たちとはちょっと違う意見を持つ私」を
演出したい人たちの思考回路って同じなんでつね。

被害者家族にとって一番辛い一言を、
行方不明の家族の苦しささえ想像できない人が
どうこう言えることじゃないんだってなぜわからないんでしょうか…。

199 :名無し雀:02/10/25 10:02
198
行方不明の身内をもつ家族、の意味です。

こいつらの想像力のなさには本当に呆れる。
にも関わらず、「他の人たちが見過ごしてることをちゃんと見てる私」
とか思ってんだよなあ。ああ、情けない。


200 :名無し草:02/10/25 10:13

  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  | ひときわつよい電波がでています|
  |_______________|
                 /
                <
               / ゆんゆんゆ〜ん♪
          \_\_\ 
           .\ \ \
          .. __|___
  . . ,,;;;;; †;;;;,、. |. |::::::::::::::::::::::|
     (*T∀T)/ |::::::::::::::::::::::|
   / ̄ ̄ ̄≡ .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:|
   |        .|::::::::::::::::::::::|
  .  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

201 :名無し草:02/10/25 10:13
温帯に何か反応を返してやったほうがいいのかしら。

見過ごすことが不可能ですので何か叩きつけてやりたい衝動にかられてますが、
私の指があぐらへ舞い戻る操作を激しく拒否しておりまする。

202 :名無し草:02/10/25 10:14
>190
これでいいかどうかを決めるのはおまえじゃねえんだよ!!

おまえの愛する息子が拉致られて24年も行方を絶って
やっと戻ってきたときに「俺の24年を無視すんのか」と言われて
素直に「そうね。それじゃあ戻りなさい。もう二度と会えないわね」
とか言えるんかよ。ほんとバカブタが。

家族が苦悩してないとでも思ってんのか?
だいたい、おまえは北朝鮮ってのがどんな国か知らないのか? アホが。


203 :名無し草:02/10/25 10:22
また私に「だったらその身でもって経験して来やがれ!」と叫ばせるのですね、温帯。




204 :名無し草:02/10/25 10:31
温帯ってさあ、妙にロマンチックに拉致られた人たちに変な感情移入してるけど
残された家族たちの苦悩ってちょっとでも考えたことあんの?
なんの理由も思い当たらずいきなり姿消されたんだよ?
死んだならまだ諦めもつく。けど行方不明って辛いと思う。
全国にはそういう家族がたくさんいるんだよ。
どんな事件に巻き込まれたのかもわからない。
もしかして新潟の時間みたいに監禁され続けてる可能性もある。
そういう思いを日々かかえて生きてきた家族の気持ち、なんでわからないんだ?
もう黙れ。おまえには発言の資格はないよ。

205 :名無し草:02/10/25 10:31
英訳だニューヨークだと小躍りしとらんと、
ハングル訳でサイン会in平壌の日取りを決めとけ!!! 馬鹿!!!



206 :名無し草:02/10/25 10:34
危惧されたネタが2つも登場かあ。

207 :名無し草:02/10/25 10:40
モスクワの劇場の占拠のニュースを聞いて
自分のミュージカルの事件にもならない事件を連想するってのも
なんかあまりにもズレすぎていて、気の毒に思えてきた。
人質とか独立運動、銃撃戦とかってなったら
ふつうペルーの日本大使館の事件とか思い浮かべないか?

208 :名無し草:02/10/25 10:47
温帯ってさ、ニュースのネタをふるけど
それ自体は実はどうでもよくて
いつもそれから自分の話を持ち出すんだよね。
これってオバさんがよくやる手だよ。
最初は皆が話してる話題にあわせてるんだけど
それから無理矢理発展させて自分の話にもっていく。
そしていつしかそのオバさんの自慢話家族の自慢話になってる。
一番嫌われるタイプだよ。

209 :名無し草:02/10/25 11:19
今までは、もうだめぽ〜と思っていた。

でも、今度ばかりは、完璧に、

           +  も  う  だ  め  +

210 :名無し草:02/10/25 11:21
やっぱり温帯には身をもって体験していただかないと
おわかりにならないようでつね・・・
"たぐいまれな体験"を24年ほどしてきて欲しい(鬱


211 :名無し草:02/10/25 11:42
トマトアンケート、信者さんが2人になったんですね。
なんだか、自覚症状があって、「信者」をクリックしている姿も
痛々しく感じますが・・・

212 :名無し草:02/10/25 11:58
>>169
>温帯がちゃんと電波出してる

温帯がデンパを出すのはデフォルトですが何か?

213 :名無し草:02/10/25 12:22
確かに自分の半生が否定(無視)されるのは辛い事だろう。
だが、その要因を作ったのは誰なんだろう?
日本政府の今までの対応の拙さも有っただろう、でも最大の原因は「あの国」。
「帰るな」といってる家族でないことは、判りきってるのに。
そもそも拉致される前の生活を全否定された所から24年間が始まっているんだから。
自称「心情右翼」とか言ってる割にその精神性は「団塊左翼」ベッタリなんだよなあ、温帯。

214 :名無し草:02/10/25 12:42
しかし、文章というか、論理展開が下手なひとだなあ。
「北には帰さん」とか「帰るなら歩いて行け」と言い始めている周辺の人間の異様さは
皆も十分わかっているんだけど、それを「異様だ」とストレートに表現してしまっては
誤解されても仕方がない。
拉致被害者の苦悩を家族が無視しつつあるというこの皮肉な状況を、どう表現するかが
作家の手腕だろうに。
言いたい事は分からないでもないけど、そんな浅薄な作文を公共の場に晒すことの危険性
を分かっているのだろうか?

215 :名無し草:02/10/25 12:47
拉致された人々にも「大事にしたい記念品」があるだろう。子供たちにはそれぞれの
勉学や友達という慣れ親しんだ生活がある。24年は長い、あまりにも。

…それでも。今帰して、きっとまた会えるなんて、他人には軽々しく言えないよ。
本当に「命」がかかってるんだ。

だからね、外交カードでもある今回の決定について、手放しで「良かった」とか
誰もがはしゃいでいるともでも言うの?「誰もが幸せな決定」が出来ない、そんな
中での苦渋の道である、というのはちょっと考えれば「誰もが」理解するよ。

「自分だけが分かっている」ような口を利くなよ>温帯

216 :名無し草:02/10/25 12:57
「北へ行かせよう、それこそが被害者個人の意思を尊重することに他ならない」
北朝鮮にとっては上記の世論を醸し出す事までが折込済みの策略なんだけれど…。
気が付かないんだろうな。

217 :名無し草:02/10/25 12:58
>>213
サヨクではないと思うよ。

というか今日の日記は、蓮池さんやその家族の発言を読んで、以前から日記で言っていた
「拉致被害者は北朝鮮での生活があったのだ、日本に帰ってきてもそれで幸せになれるとは限らない」
という自分の主張の裏付けを感じて興奮して書いたんだでしょう。

「どうだ!わたしを批判したネット上のナメクジ共!わたしが正しかったのだ
わたしは間違ってはいないのだ!!」と言いたいのでわ。

温帯がよくやる論理のすり替えですね。
本来の問題から論点をずらして
「国家・権力による個人の行動の制限」批判にすり替えてます。
困った時はかならずこれ書くね。

218 :名無し草:02/10/25 12:59
今の報道見てると、拉致被害者の心情は置いてきぼりだもんね。
大体、親友が「お前洗脳されてるのか?」なんて聞くか?普通。(自分で「親友」を
称する奴も信用できんが)
24年も暮らしてれば、それなりにしがらみとかもあって、簡単に去就を決めることは
できないだろうに、それを「日本にいろ」ってゴリ押しするのは、ある意味二度目の拉致
だよな。拉致被害者の中には「やっぱり(日本に)帰るんじゃなかった」って思っている人
もいるんじゃなかろうか。
でもね、温帯。そう思っても、家族の心情とか、捜索に人生かけてきた人とか、拉致されたまま
行方不明の人とかもいるんだから、そんな簡単に片付けてはいけないよ。
ましてや(爆)なんて使ってる場合ではないよ。

219 :名無し草:02/10/25 13:05
グリーンマイルネタだけど、「宇宙皇子」と書かずに「宇宙の皇子」
わざと間違えたんじゃないかと思うん。
結構意識してたのね。

こっちもボロボロで打ち切りになったが。

220 :名無し草:02/10/25 13:06
>218
アナタ、牛師匠?
そういうときに二度めの拉致って言葉を使うなよ、無神経な。
あんた、わかってるようで全然わかってない。
被害者の家族がどういう思いでいるかがわかってないんだよ。
家族は被害者の気持ちを充分にわかった上でそれでも言いたいんだよ。
心の叫びなんだよ。
214も「異様さ」とか言わないで。もっと言葉を選べないか。

だれだって拉致被害者の気持ちは考えてる。それと同時に被害者家族の気持ちも。
だからこそ、被害者の心の叫びが異常とは誰も思わないんだって。
お願いだからもうちょっと考えて発言してほしいよ。

221 :名無し草:02/10/25 13:07
今日の電波な交信日記を見ました。
…さんざんここでは言われている事と思いますが、あえて言わせて下さい。

温帯、一知半解のしたり顔で物事を論ずるのはもうやめて下さい。
あなたの単なる下世話な野次馬根性丸出しの立場から書かれた、他人への
思いやりやユーモアのまるでない、しかもだらだらした文章で、時事問題を
始めとする物事を語って欲しくないです。





222 :名無し草:02/10/25 13:09
たとえば、オームに入信したコの家族が
取り返しにきたときと同じことが言えるんじゃないの?
それでも「オームで過ごした○年を無視するのか」って
言う家族を非難しちゃうわけ?
家族は目を覚ましてほしいと願うだろう。当然だよ。
北で生活したってことはそういうこと。
それを忘れて家族を批判するのはやめてほしい。

223 :名無し草:02/10/25 13:13
>214
被害者家族が被害者の苦悩を無視してる?
まあよくもそんなひどいことが言えるもんだ。
家族こそが一番苦悩してるんだよ。
どんな思いで24年を過ごしてきたと思ってる?
もうちょっと考えて意見しなよ。
あんたもかなり温帯に毒されてるね。

224 :名無し草:02/10/25 13:17
222でつ。
言う家族ではなく、言われる家族だね。

拉致された人にはまだまだ言えない胸の内があるはずだよ。
なにしろ拉致されたのが「北朝鮮」なんだからね。
そこのところ忘れちゃいけないと思うよ。

225 :名無し草:02/10/25 13:20
>>223
拉致被害者も家族もみな苦悩している。
だが、それでも家族が拉致被害者を責める姿を見ていると、何ともいえずやり切れぬ。

ということではないか。

226 :名無し草:02/10/25 13:23
>>223
拉致されてたのが、あの「北」だよ。
「喋ったら(残された)家族を殺す」と脅されていて「何で喋らないんだ」と家族に責められている
ような感じは僕も受けるけど。

227 :名無し草:02/10/25 13:24
これはねえ、踏絵ですよ踏絵。一見耳に心地良い「個人意思の尊重」をぶら下げて
国家の犯した犯罪を差し引きゼロにしようとしてるんだよ、金正日は。
如何に自発的な様に見えても、実は予定通りの行動なんだね。

228 :名無し草:02/10/25 13:24
>>226
あ、温帯にはまったく賛同してないからね。あれはただの物見遊山だ。

229 :名無し草:02/10/25 13:35
223>225.226
本当に被害者家族が単純に責めている、と受け止めているのですか?
家族だからこそできる、感情の吐露ではないでしょうか。
相手の立場もよくよくわかった上でそれでも言えるのが家族じゃない。
それを「異様なこと」だと思わないし「苦悩を無視」とも思わない。ごく当たり前のこと。
(特に214さんがこの言葉を選んだことに無神経さを感じました)
息子(兄弟)の気持ちもわかるから強くいえない、なんて
差し支えないコメントでないところに、人間性を感じる。
むしろ、こういうエゴに近いほどの強い強い感情でしか被害者たちを動かせない。
今は困惑していても、被害者たちには必ず通じる。
感情とはそういうものだと、私は思います。


230 :名無し草:02/10/25 13:45
>>229
そうか?
そこまで強く言い切れる反論は自分には無いが。

231 :名無し草:02/10/25 13:54
229>230
反論?
私は被害者家族を「異様だ」とか「被害者の苦悩を無視してる」とかって
無神経な言葉で責める言葉を軽軽しく使うのはどうかって言ってるだけですよ。
どうしてそうやって、責めるべきではない人たち(家族)を責めようとするのかしら。


232 :名無し草:02/10/25 13:58
温帯をお忘れなく!

233 :名無し草:02/10/25 14:19
>>214
>>218
どっちも家族を責めてるとは思えないんだけど?
「被害者を苦しめているのは家族だ」と断言している記述はないよね。
そう読めたってだけで、そんなに罵倒するのも大人気ないと思うのだけど。
選んだ言葉がよろしくないと感じたところはある。
私的には"ニ度目の拉致"は、ちょっと抵抗あり。

いずれにせよ、当事者以外の人間は、報道から心理を推測するしかないわけで、いろんな考えが出てきて当然なんじゃないの?
温帯を反面教師として、異なる意見にも耳を傾ける人が多いスレであってほしい。

234 :名無し草:02/10/25 14:27
モスクワ劇場占拠、拉致被害者帰国問題と予想通りの話題をネタにしています。
発言内容についてはもう何と言っていいやら〜。
・事実を述べる→その事実について考察する
というのならまだしも日記じゃ
・事実を述べる→その事実からふと連想しちゃったので自分語りを垂れ流し
ですもん(涙)。

んでもって日記の最後にはこう。

>全然関係ないけどきのう食事をしていたら、別室から橋本龍太郎もと首相が出てきました(笑)本物でした(笑)
>だからどうしたって話でもないけど、「珍しいものを見ちゃった」ので(笑)自慢しようと思って(笑)それだけなんですけどね。

だからどうしたって話じゃないけど腰が砕ける話ってのはこうかと思いましたね。


235 :名無し草:02/10/25 14:33
そもそも温帯は普段から「TVや新聞を鵜呑みにするな、自分の頭で考えろ」って言ってるのに
自分にとって都合の良いニュースソースだけは
頭から信じて日記に書いちゃってるのがイタイ。

しかもそのニュースソースはサンケイと朝日の新聞だけ。


236 :名無し草:02/10/25 14:34
温帯……明日、石井コウキさんの話は書かないでね。お願い。

237 :名無し草:02/10/25 14:38
食事etcをしてたら珍しい人を見ちゃった、ワーイ
って2ちゃんでもありふれた話だと思うんですが。
(そんなスレもあるし)
そういう立派?な店で食事してるって事を自慢したいんでしょうか?
よくわからん…。

238 :名無し草:02/10/25 14:41
食事をしてたら有名人見ちゃった、わーい!
・・・・って。
山の手お嬢様で大作家で演出家であらゆることに鋭く問題意識を持っている方がそんなミーハーな。
素知らぬふうをしているってのもたしなみだと思うのでつが。

239 :名無し草:02/10/25 14:49
たとえ拉致問題が、すべて解決したとしても、
まだまだ北との関係は解決どころか、
更に恐ろしいことになる可能性が大。

そんなこと、みんな分かっていますよ。
あえて口に出さないだけ。

240 :名無し草:02/10/25 15:06
>これで一般世論の正義感は「この問題は平和裡に解決した」と感じているわけなのでしょうか。

わたしが見た限り、TVニュースでもワイドショーでも、「これで問題解決」などと報道してはいないです。
温帯の脳内世界の『一般世論』はそうなっているのかもしれませんけどね。


241 :名無し草:02/10/25 16:59
> 本当にでも、世界じゅうが狂いだしはじめている、というような印象が
> このところ私にはとても強くありまして、なんだか、何もかもが
> 非常に恐しい回転をはじめた、いっせいにあちこちで
> いろいろなものが狂いはじめた、という感じがします。
> いろいろなことが同時に起こるのは偶然かもしれないし、たまたまそうなっただけで
> 「あの10月はとてもことの多い時期だった」みたいなことで
> いずれはすんでしまっているのかもしれないし、あるいはさらにすごい事態に
> 展開していっているかもしれないし、それはもういま私にはなんともいいようがないのですが――

(;´Д`)どっちなんだよ

242 :名無し草:02/10/25 17:03
ワラタ

243 :名無し草:02/10/25 17:04
前回はイエローカードだったが、今度はレッドカードだ>温帯

もう誰もあなたを擁護しないだろう。

244 :名無し草:02/10/25 17:40
温帯の日記を読んで、時代の閉塞感とか末世感、虚無感とかは多かれ少なかれ誰でも感じているだろうと思った。
それを吐露してる人も少なくないだろう。
でも何故、反感を買うのか?前科を勘案しないとしても何だかもにょるのはナゼだろう?
・・・ああ、きっと自分語りと有名人目撃談があるせいだろうな。

245 :名無し草:02/10/25 18:09
>なんだか、何もかもが非常に恐しい回転をはじめた、
>いっせいにあちこちでいろいろなものが狂いはじめた、という感じがします。

温帯がまっ先に恐ろしい勢いで狂いはじめた、という感じがします。

246 :名無し草:02/10/25 18:12
>241
温帯は同じ事を何年、十何年も前から言い続けてます。
世紀末のときも1999年にもグランドクロスでも。

だからきっと「世界中が狂っていく中で私だけが正しい、
正しいのは私だけだから世界は私を批判するんだわ!」と
思ってるのでは。いや、思いたいのでは。

狂ってるのは温帯の中のホルモンバランスあたりです。

247 :名無し草:02/10/25 18:13
温帯って1980年代から「世紀末」「世も末」って言っていたよね・・・

248 :名無し草:02/10/25 18:22
>247
言ってた。出産直後の頃は、「小さな子どもがいると、母としての本能が
強くなって、世の中がおかしくなっているのを、より強く感じるようになった」
とか書いてました。

249 :名無し草:02/10/25 18:51
要するに世の中がどうおかしいかを言いたいわけじゃなくて、
世の中がおかしいことに気づいている自分、を語りたいわけですね。

250 :名無し草:02/10/25 18:54
印象だけで、具体的にどうおかしいかを書かないのが特徴。
ここがおかしい! とか、ここが狂ってる! じゃなくて
「感じる」んだから、電波かもしれない。

251 :名無し草:02/10/25 19:19
> でも本当にこれは印象批評になっちゃって申し訳ないんだけど、
> なんか、20世紀まで、つまり去年までとは雰囲気というか空気のニオイが
> 違う気がするなあとは思うんですよ。同じように暗い事件とかイヤな事件とか
> つらい事件とか起こっているし、いろいろ社会は切迫している感じがするんだけど、
> 世紀末のどんづまりみたいな停滞の気分がどこか窓があいて、
> 21世紀になってからは「まだ先がある」っていう――なんとなく根本の底の底で
> 上向いてるものがあるような気がするんですねえ、ほんとに印象だけど。
> (中略)
> でも、新世紀なんて関係ないと思ってたけどそうでもないですね。
> なんか、ラクですもん、世紀末より。何かがラクです。イグアナは死にましたけどね。

ttp://homepage2.nifty.com/kaguraclub/2001-6-4.htm

全てが印象批評じゃん。ってゆーか批評じゃないよね、ただの印象。
そんなのワイドショーしか見ないおばさんだって言えるよ。


252 :名無し草:02/10/25 19:35
>「珍しいものを見ちゃった」ので(笑)自慢しようと思って(笑)

橋龍見たくらいで「自慢しようと思う」のか。おめでてーな。
そういう元首相も来る店にさりげなく行っちゃう*自分*かよ。おめでてーよ、おばさん。。

253 :名無し草:02/10/25 19:43
にしてもなー。
阪神大震○は笑えた!コピペ発祥の地である2chで
被害者とその家族の感情を慮れという論調が
大手を振るうってのもなー。
人のココロが判るようになったのね、と歓迎するべき傾向なのか
知れないけど、この心地悪さはなんだろな。

ああ、温帯に関係ないや・・・久しぶりにあぐら参りしてこよう・・・

254 :名無し草:02/10/25 20:14
>253
ま、別に2chだからって普通の感覚を嫌うこともなかろ。
スレごとに雰囲気が違って当たり前だしな。

255 :名無し草:02/10/25 20:17
>253
気持ちは解るが。

あのコピペを面白がって広めた板もあれば、心底憎んだ板もある。
それが2ch。その多様性が2ch。異なる意見、真っ向から対立する
意見もすべて受け入れてしまうのが2ch。


まぁ、ここ数ヶ月の2chがなんか収まり悪いってのは同意だが。

256 :名無し草:02/10/25 20:28
噂の眞相に例の週刊文春の記事が取り上げられてないか見てきたんだが、
10/10発売だったんで、まだ間に合ってないっぽい。来月に期待。

かわりといっちゃなんだが、林真理子が文壇で派閥を作ろうとしているとか、
個人的に小泉の純ちゃんと知り合いなのを自慢して回っているとかいう記事を
読んだ。林真理子もたいがいアイタタだと思うけど、いろんな意味で温帯より
主流を歩いているんだなあ、と再認識したよ。

257 :名無し草:02/10/25 20:49
ハヤシマリコ嬢は確かにアイタタだが、作品もエッセイも読むに足りるだけの
ものを生み出してくれてるからね〜。

258 :名無し草:02/10/25 21:12
しあたーあぷるで上演中事件て、これまでも何度か読んだよあずタン。
刺激的な日常送ってるような口ぶりなのに、ループばかりてどゆこと。
と、機会があったら本人の前で言ってやりてえ。
もうちょっとオブラートに包むけどさ。
「日記見てると、同じ話題が何度も挙がってますね」とか。

世界が狂って行くような不安てのも、知り合いの霊能者がこう言ったとか、
テレビしか見ないそのへんのオヴァ厨にも劣る論拠を出してきた時脱力したっけ。

259 :名無し草:02/10/25 21:21
異論もあるが、アカシックレコード読者の私としては、
このくらい解析してから文章をかけよ、と言いたいです。
作家にもいろいろあるよな。

ttp://plaza12.mbn.or.jp/~SatoshiSasaki/y2002/nk.html

260 :名無し草:02/10/25 21:35
>>153
遅レスすいませんが、パティオってそんなにさびれてるんですか?
一日に2〜3しか書き込みが無いほど?
私も昔、パティオの信者だったんですけど、今はもう全然どういう状態か知らないので。
私が行ってた頃は一日で何百も書き込みあって、ログ読むの大変だったんですけど。
上級信者さんたちもいなくなっちゃたんですか?

261 :名無し草:02/10/25 21:43
ウチで取ってるローカル新聞で見つけた、拉致問題についての一意見。

「母親から『帰ってきて同居しなさい』と矢の催促です。(中略)
 だって家を出て20年。子育ても今のとこでしたし、地域の人たちとのお付き合いもあるし。
 すっかりこっちの生活出来上がってしまってるものね。
 両親も大事だけど、今の生活も大事ってとこかな。
 たかだか車で30分ほどの実家でさえこんなんだから、拉致被害者の方々も家族揃って
 永住帰国となると、即決はできんやろね。一生、日本へは帰れない覚悟で生活を築いて
 きただけに、思いは複雑。永住帰国を望まれる被害者家族のご両親の気持ちは分かるけど…。
 いつでも自由に行き来できる国になればいいのに。  主婦/43歳」
 
拉致されたご本人とそのご家族の心情の違いが、「異常、異常」と騒いでる温帯より
よっぽど分かりやすく感じますた。
温帯、イパーンの人たちはそんなに馬鹿に見えまつか。

262 :名無し草:02/10/25 22:52
>260

10/20 1発言
10/21 1発言
10/22 1発言
10/23 3発言
10/24 1発言

むかしいたひとは誰もいません。


263 :名無し草:02/10/25 23:31
>>256
噂の真相はあれでお友達タブーのある雑誌ですから
自称・オカドメの友人,温帯はなかなか載らないんじゃと
思うのですがどうでしょうか.

264 :名無し草:02/10/25 23:40
>262

昔、私が行ってた頃も、けっこうな発言数だったよ。
いつのまにそんなに減ったんだろうか。
やっぱりあぐらでなんかやらかす度に、人が去っていったのかな。

むかしいたひとは、何してるんだろ、
別にパティオつくってそっちへいってしまったのかしらん…

265 :名無し草:02/10/25 23:44
>264
みんなここにいたりしてね

266 :名無し草:02/10/25 23:46
>262
温帯はお返事しているのですか?

それにしても見事なさびれっぷり。
なんか温帯がここ数年どんどんおかしくなったわけがわかる気がするなあ。
以前たまに批判メールが一通来たくらいでなにをムキになってるのかと
思っていたけど、そんなのがなくても2ch見なくても、中庭の状況だけで
自分がいかにだめになったか、本人にもわかっちゃうもんね。


267 :名無し草:02/10/26 01:18
ふう…
私の中で、今日の安藤アナの「めぐみさんとカメを繋ぐもの」発言は
「パソコンとキュウリを繋ぐケーブル」を超えますた。


268 :名無し草:02/10/26 01:32
>267
カメ? いったいなんでまた……

269 :名無し草:02/10/26 02:13
>261
その投書、すごく分かりやすいと思う。温帯の訳分からない文と較べたら、
その奥さんの方がずっとずっと、いろんなことを分かっているのだなあ。
「普通の人と違う」ことを求めて異常な事しか書けなくなるなら、
むしろ普通(平凡)であることの方がどんなにか良いだろう、とつくづく思いましたよ。
基本をないがしろにしてるってかんじだ、温帯は。

家族が引き離されて、24年ぶりに戻ってきたらそりゃあ帰したくないだろうよ。
でも、そうすることでまた新しい家族(えーと北のね)を引き裂くことになるんだ。
それを、簡単にどうこう言えるか?当事者でもなく? 
誰も彼もが(たとえばここのトマトさん達もだけど)有効な答えを出し切れずに
苦悩しているのが分からないのか?
想像力って、こう言うときに使うんじゃないのか?

ああ、今更だな。ぐちってゴメソ。

270 :269:02/10/26 02:25
ちょっと口調が???続きで温帯チックだったと思う・・・
わざとじゃないがショボーン。
胡座参りに行って来まつ・・・。

271 :名無し草:02/10/26 02:57
>>270
逝くこた無いよー。温帯の文章読んで「?」って思わない方が怖いもん。
?と畳み掛ける269さんのレスから、激しい憤りを感じ取れますた。

272 :名無し草:02/10/26 02:59
天狼パティオがさびれたというよりは、ニフ全体がそんな感じ
なのですが。フォーラムもどんどん掲示板を統廃合してるし。
ニフ自体が廃墟。
でも、温帯はインターネット上で天狼パティオに代わる物を
作る気はないだろうな。たとえパスワード制にしても、批判的な
意見を封じるのはムリだと思う。

273 :名無し草:02/10/26 03:20
>265
前の点呼の時はふた桁いたね

274 :名無し草:02/10/26 06:03
温帯は救う会のこれでも読め!!
http://www.eshirase.net/bn/200210/02-10-25.htm

275 :名無し草:02/10/26 10:06
ガイシュツだったらスマソ。
昼行灯のライブの様子が多少わかりますた。
じーさんバンドだったんだね。

http://www003.upp.so-net.ne.jp/cuti-banny/diary/diary.02.9.21-9.30.html

276 :名無し草:02/10/26 10:10
さんざんガイシュツだとは思うが、温帯ってまったく変わってないよな。
例の手紙の件とまったく同じ。相手のことを何も考えられてない。
自分とは違う立場の人達の気持ちをまったく想像できないのでしょう。
自らの経験からのみ導き出された「自分だったらこうする」でしかない。
それが一般から激しく逸脱していることわかって書いてるのかね・・・
結局は、黒死病の時のように当事者達と実際合ってみないとわからんのでしょう。

想像力も無く、現実離れした価値観しか持てない作家。
何が原因でそうなってしまったのか・・・哀れな。

277 :名無し草:02/10/26 10:34
疲れて頭がヘロヘロになってる自覚があるなら(私の見たところでは、頭がヘロヘロ
なのは疲れのせいではないが)、ああいうデリケートな問題を日記に書くなよ。
いや、書いてもいいけど公開するなよ。公害だよ、あれ。

278 :名無し草:02/10/26 10:36
本日の交信日記

モスクワの劇場の事件と自分の舞台の内容を比較して論理を展開していました。
現実と空想(舞台)は違うだろうが!あり得るあり得ないの話どころではないと思うのだが、
温帯の頭の中では舞台も現実なんでしょうね(藁

ところで「天狼星」の舞台が終わって8千万の借金?
名古屋公演のチケット、買ったんだけど仕事の都合で見に行けなかったんだよ。
どんなヘタレな内容だったか、無理しても見に行けばよかったなあ。

279 :名無し草:02/10/26 11:20
お、おい…
柳の「石に泳ぐ魚」に関して何を語ろうと言うのだ…。
こわいよー。妙な方向で話を展開したらと思うと。
なんか喜んで地雷踏みまくってる気が。
とりあえず、柳の話は避けた方がいいって。

280 :名無し草:02/10/26 11:51
>236
語っておられますよ…。

もし「雨が降る」→「気分が滅入って愚痴る」
→「踏まんでいい地雷を踏んで歩く」なのだとしたら
テルテルボウズでもつるしておこうかな。
柳さんについての話は絶対地雷だと思いますし。

281 :名無し草:02/10/26 12:03
地雷を踏まずにいられないのではないかと思うほどですな。
無視されるよりは叩かれた方がマシとか(最近トマトも
「平和なお話」は生温くスルーしてるし)。
来年50の構ってチャンって、ちょっと嫌すぎ…。

282 :名無し草:02/10/26 12:18
>文章とかもたぶん相当もつれてるんだろうな、と思うんですけど、
>頭そのものが相当もつれてしまってるしな。

いつものことですが…人生に疲れてますか。

283 :名無し草:02/10/26 12:29
>>279

> 本当は柳美里さんの「石に泳ぐ魚」の出版についての展開の話とか、
>したい話もあるんですが、正直いって、ともかくいまんとこはもう、ひとさまの
>こと、世間さまのことどころじゃない、おのれが生きるか死ぬかの極限状況だ、
>って気がしますんで――ま、死ぬとすると疲労死ですけど、とにかく、申し訳
>ないながらあまりに極限状況になった人間というのは、ほかのことは考えられ
>なくなるものだ、という見本みたいなもんだと思っていただくしかないかなと
>思います。(後略)

「『石に泳ぐ魚』の話をしたいが疲れてるので……期待を裏切って申し訳ない」
「小説家の一人としてこういう問題について考えてる私って偉い!」

なのか?あいかわらずの自意識過剰っぷり&強引な話題転換

284 :名無し草:02/10/26 12:33
メビウスの輪・クラインの壺的交信日記。
ループネタの謎が解けそうです(w

285 :名無し草:02/10/26 13:01
温帯は以前「夢見る頃をすぎても」という本の中で、
「石に泳ぐ魚」について言及しています。
その頃はまだ、あの作品にモデルがある云々という話は出ておらず、
温帯はただ、「作品としての構造上の欠陥」についてだけ語っていたな。

286 :名無し草:02/10/26 13:19
うわぁぁぁん、「温帯」の嫌いな「田舎」に住んでるから
まさかA森にまで手をのばすとは思わなかったよ、、、。

自分、田舎でかまわないので「東京の下町育ちで都会人」の
温帯、来なくていいですよ〜。

287 :名無し草:02/10/26 13:25
ttp://homepage2.nifty.com/kaguraclub/2001-4-21.htm
>そもそも「何かのために小説を書く」ということは、締切のためであれ、
>お金のためであれ1回もありません――いや、2,3回だけは
>「義理や約束のために」 そうだったことはなくはないかもしれません。
>だがふしぎなものでその2,3回は必ず、ほかの作品にくらべて
>いまひとつぱっとしない、という成果でむくいられ ましたね。

今日の日記
>1997年の「天狼星」のあとで、全部で8千万という赤字の借金をかかえて、
>私が働いて返すしかなかったとき、2年近くもわりとこういう状態で
>とにかく働いて働 いていたときがありましたが

働いて返すって、これ、グインの事ですよねぇ・・・
もうグインは全部捨ててしまったので、ぐぐってみますた。

上演1997年3月芝居「天狼星」

55巻1997年3月発売「ゴーラの一番長い日」
56巻1997年6月発売「野望の序曲」
57巻1997年8月発売「ヤーンの星の下に」

55巻は3月発売なので、実際の執筆時期はかなり前になります。
57巻は確実に天狼星以降の執筆ではないでしょうか。
わたしの印象では50巻以降は完全にぐだぐだになった印象があるので
シンクロしてますね。

288 :名無し草:02/10/26 13:31
重箱の隅つつきでスマソです。
疲労死って言葉、ありましったっけ?
なんか、耳に慣れないんですけど・・・

289 :名無し草:02/10/26 13:34
> 疲れがここまでたまってくると、ケアレスなミスも頻発してきて、

> 文章とかもたぶん相当もつれてるんだろうな、と思うんですけど、頭そのものが相当もつれてしまってるしな。

こんな状態で書かれたグイソ!
(;゚∀゚)=3 ムッハー、読んでみたい

290 :名無し草:02/10/26 13:50
8千万って借金抱えた時点で、自分の舞台には何か致命的に
欠けてるモノがあるって悟ってもいいようなもんだけどねぇ・・・

温帯、今からでも遅くないから小説一本に絞りなよ
読者が争って買うようなシリーズ出してガバっと儲けたら
ちゃんと実力と方針もったまともな演出家に投資して
高品質の芝居を世に送り出す手伝いしてやりゃいい

芝居続ける → 世間一般での評価は最悪 → 自尊心ヘコむ →
音楽やってみる → 少数だが誰か誉めてくれる人がいる → 
最初は小説に割く予定だった時間も無理矢理音楽に割り当てる →
小説の品質急降下 → 店や音楽も、疲労とイライラのため失敗続き→
(「芝居続ける」に戻る)  の無限ループじゃ温帯に限らず誰だって
壊れちゃうよ・・・

291 :名無し草:02/10/26 14:11
>>290
たしか日記では、芝居で出来た借金は
プロデューサーが悪いと書いていた記憶が

292 :名無し草:02/10/26 14:33
なんか読んでると、
温帯、借金続き(?)で老後はどうなる?と人事ながら心配。
トシとるにつれて本もそんなに売れなくなるだろうし
(トシとればとるほど滋味がでて支持されるタイプの作家じゃないし)
更年期障害も笑い事じゃなくバカにできないよ。
今までの著作の権利で一生食って(家族も)いけるのかなー?
いや、一度は信者だったもので、あんまりミジメな老後は
送ってほしくないんだよねw。

293 :名無し草:02/10/26 14:35
その為のグイン英語化

294 :名無し草:02/10/26 15:18
>こと、世間さまのことどころじゃない、おのれが生きるか死ぬかの極限状況だ、
>って気がしますんで――ま、死ぬとすると疲労死ですけど

仕事が忙しくて過労死ってのはわかるが
趣味のことで疲労死? ただのアホでつね。
それって、遊びすぎで死んじゃうってことでつよ。
しかもそのために本業のお仕事を遅らせてる。
だーれも同情なんぞしてくれないでしょうね。


295 :名無し草:02/10/26 15:23
>293
大江健三郎氏著作とは違う意味で、翻訳に苦労しそうな…

296 :名無し草:02/10/26 15:28
>>294
まさにそう思いますた 
温帯、本業おろそかにしてお遊びに狂って死んでも
軽蔑されこそすれ(あと元ファンの怒りを買いこそすれ)
誰も同情してくれないよ・・・
残ったD君も物笑いの種にされたらどうするよ

297 :名無し草:02/10/26 16:20
【過労死(かろう・し)】おのれの価値観を持たないパラダイムに犯された平凡なサラリーマンが急死する事
【疲労死(ひろう・し)】たぐいまれな創造者が精神的・肉体的負担が原因となって急死する事


298 :名無し草:02/10/26 16:38
>263さん。噂の真相に不倫をすっぱぬかれたのなんて20年もまえ、
創刊2,3年目の頃で、それきり接点はないらしいです。
周辺の若手サブカルとかが温帯の痛さを吹き込んでるのと、
文壇メインストリームじゃないので、編集部の存在認識が低いのです。
それとよほど裏話がないと後追い特集はやらないらしいです。
ただし「訴えてこない人」しか相手にできないほど裁判を抱えてるので
その点では可能性ありみたいです。でもあそこ取材能力低いよー。

299 :名無し草:02/10/26 17:08
86時間ゲームをやり続けて死ぬようなものでつか?<疲労死

300 :名無し草:02/10/26 17:18
>おのれが生きるか死ぬかの極限状況

生きるか死ぬかの瀬戸際でサイト更新してるんですね。
いや〜、まったくたぐいまれなるおバカですなあ。
ってこの人ホントに自分が北朝鮮に拉致された人よりも
もっと極限状況に生きていると思っていそうで怖い。

301 :名無し草:02/10/26 17:28
温帯、ここはひとつ休養でもなさってくだちい。
もうすぐ紅葉の季節ですし、「紅葉狩り」なんていかがでしょ?
まさか天ちゃんみたいに「もみじを食べる為の狩り」とか思ってないスよね。
…まさか、な。いくら旧暦知らずの温帯だって…。

302 :名無し草:02/10/26 17:31
グインサーガ出版記録
1994 4冊
1995 4冊
1996 4冊
1997 4冊+外伝3冊
1998 4冊+外伝3冊
1999 7冊+外伝1冊

温帯、よくがんばった。
金儲けなんてちょろいということを学んでしまったんだろうなぁ。

303 :名無し草:02/10/26 17:36
温帯が突如無関係な人に噛みついたり、貶めたり、
かと思うと急にはしゃいでるのを見てると、
やはりホルモン系の不安定さを感じます。
おかしいよ本当に。


304 :名無し草:02/10/26 18:25
>天狼の美少年・原○○一20歳、ヴァージンライブ!

どなたかは存じませんが、もうちょっと自分を大事にした方が…。


305 :名無し草:02/10/26 18:27
>>302
明らかにお金(借金返済)のために書き始めてから
おかしくなってますね。
というか、そう指摘されても、もう言い訳しようがないですね。
「お金の為や芝居のために小説を書いてない」と言い張られてもな。
逆に、いくらお金を払っても損をしたと思わせない小説を書いてくれればいいんですが。

そうか、あの当時隔月グインになって喜んでたけど
温帯は金の事しか考えていなかったわけですね。
トマトの顔を見ると一冊の印税分50円玉に見えてたのかな。

306 :名無し草:02/10/26 18:30
>>302
ぁあああ、外伝は買わない人間だったのに
外伝のキタイ編はグインが出てくるので迷わず買っていた。
本来なら売り上げが落ちると思われる外伝にグインが出てくれば
買わざるを得ない、ましてやそれが本編で語られるはずのストーリーなわけで・・・・

 す っ か り 温 帯 と ハ ヤ カ ワ の 戦 略 に は ま っ て た (鬱


307 :名無し草:02/10/26 19:16
そーそー、なにがどう外伝なんだかちっともわかんないよね。

外伝が100冊なのか(^^;
イシュトサーガが100冊?

308 :名無し草:02/10/26 19:52
>>302
追加
2000 7冊
2001 6冊
2002 4冊+外伝1冊+(予定)外伝1冊

309 :名無し草:02/10/26 19:58
>>308
12月に出る予定の本伝は入ってる?

310 :名無し草:02/10/26 20:01
その昔、信者だった私は発売日を待ちかねて神保町に日参してた。
やっと買えてワクワクしながら一語一語噛みしめるように読んだ。
まさか自分がトマトになるなんて想像もしてなかった。
いい加減目を覚ましてよ、温帯。今からでも遅くはないから(と思う)
でなきゃ私の10数年が余りにも空しくなってくるから・・


311 :名無し草:02/10/26 20:25
年 累計巻
1979 02 2冊
1980 05 3冊
1981 09 4冊+外伝1冊
1982 12 3冊+外伝1冊
1983 16 4冊+外伝2冊
1984 19 3冊+外伝1冊
1985 23 4冊
1986 25 2冊+外伝2冊
1987 27 2冊
1988 29 2冊
1989 31 2冊
1990 34 3冊+外伝2冊
1991 36 2冊
1992 41 5冊
1993 42 1冊
1994 46 4冊
1995 50 4冊
1996 54 4冊
1997 58 4冊+外伝3冊 ●『天狼星』
1998 62 4冊+外伝3冊 
1999 69 7冊+外伝1冊 
2000 78 7冊
2001 84 6冊
2002 88 4冊+外伝1冊(予定 +本編1冊+外伝1冊)

312 :名無し草:02/10/26 20:31
まとめてみますた。
グインの質の低下の原因としてよく挙げられる「芝居」「ワープロ」「パソ通」ですが
いつ頃から使い始めたんでしょうかね。
そういったデータも照らし合わせるとおもしろいかもしれません。


313 :名無し草:02/10/26 20:35
>312
乙〜。93年に1冊しか出てないのにビクーリ!何があった年?
温帯ヲチを超えて研究スレと化しつつあるでつね(burst)

314 :名無し草:02/10/26 20:39
>312
乙!
同人をどこで出したかも加味するといっそうわかりやすいかも。
ちなみに最低最悪の70巻台を書いた魔の2000年の直前に
「○蛾」が書かれている。

315 :名無し草:02/10/26 20:43
>>313
芝居に手を出しだした頃じゃなかったっけかな。

316 :名無し草:02/10/26 20:44
温帯年表キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

317 :名無し草:02/10/26 21:47
>312 乙! ガンの手術っていつだっけ?

318 :名無し草:02/10/26 22:28
概ねのトマトが面白いと認める30巻まで。
その30巻が書かれたのは1989年、13年前だったのか・・・・。
もっと昔かと思ってた。たった13年でここまで落ちるとはなぁ(ノД`)

特に文が荒れ始め、ヤオイ臭が漂い始めるのが50巻以降だから1995年あたり。
30巻から6年しか開いていないよ。この6年に何があったのか。

319 :260:02/10/26 22:36
>>262
お答ありがとうございます。
私は家の事情でパティオから離れているうちに入れなくなって
かといって再度パスワードをもらうのもめんどくさくて、月日がたつうちに
ここへ流れ着いたんですが・・・
なんかすごい状態になってたんですね。
○田は○め氏の話題が出てると必ず嗅ぎつけて現れる○っと・みー氏とか
悪名高いグイン801同人のイラスト描きの○ニ氏とか、どとうの書き込みしていた人達
どこいっちゃったんでしょうね。


320 :名無し草:02/10/26 23:00
やふアンケート、信者倍増!(4人)
でもコメントは無いのね…。

321 :名無し草:02/10/26 23:11
>>319
2人ともまだいる。

322 :名無し草:02/10/26 23:20
年 累計巻
1979 02 2冊
1980 05 3冊
1981 09 4冊+外伝1冊
1982 12 3冊+外伝1冊
1983 16 4冊+外伝2冊
1984 19 3冊+外伝1冊
1985 23 4冊
1986 25 2冊+外伝2冊
1987 27 2冊
1988 29 2冊
1989 31 2冊      ●『魔都』
1990 34 3冊+外伝2冊 パソコン使用開始?
1991 36 2冊      ●『マグノリアの海賊』
1992 41 5冊
1993 42 1冊
1994 46 4冊      天狼プロダクション開始
1995 50 4冊 ●『炎の群像』/中庭開始
1996 54 4冊
1997 58 4冊+外伝3冊 ●『天狼星』
1998 62 4冊+外伝3冊 
1999 69 7冊+外伝1冊 老出巣
2000 78 7冊      ○蛾
2001 84 6冊
2002 88 4冊+外伝1冊(予定 +本編1冊+外伝1冊)



323 :名無し草:02/10/26 23:31
>319
あの連中が来るようになって中庭がつまらなくなった。

324 :名無し草:02/10/27 00:31
同じ芝居でも、プロがやるのは観客動員数もハンパじゃないねぇ
ttp://www.mainichi.co.jp/news/journal/photojournal/today/27-01.html

温帯も、時期限定ではあったけど小説部門では確かにグインで
最高に光り輝いてはいたんだよな 今からでも遅くないから、
また小説界での宝塚(万人が認める良さの象徴としての意味ね)
に戻れるよう路線(ていうか小説そのものへの取り組み方)変更してホスィ・・・

325 :名無し草:02/10/27 00:35
1990年 フルハウス(カメ×イシュ、イシュ×ナリ、ナリ×イシュ)
199?年 フルハウス2(イシュ×ナリ、ナリ×イシュ)
1996年 フルハウス3(凶星=ヴァレ×ナリ)
1997年 フルハウス4(転生ネタ、通信教育講座)

326 :324:02/10/27 00:35
カッコ多すぎでスマソ >>324

327 :名無し草:02/10/27 01:06
>>320
アンケートに信者さんのコメントが出ますた。
>ナリス様のこれからが心配です。(30〜34歳 , 女性)
どう心配なんでしょう…氏んで欲しくないとか?(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル



328 :名無し草:02/10/27 01:12
>327
足がにょきにょき生えるとか、何故か妊娠するとか、
何か人間以外のものに変わるとか、嫁の前で不倫をカミングアウトするとか
色々これからも心配なことは豊富にあるよ! (;´Д`)ネタニデキルウチガ ハナ カモ…

329 :名無し草:02/10/27 01:21
入院・手術したのは90年年末〜91年年始のようです(更新日記より)

日記を検索すると、1995年『炎の群像』でも赤字が出ているそうな。
致命的だったのは『天狼星』のようですが。
『炎の群像』『天狼星』は同じプロデューサーとも。
ttp://homepage2.nifty.com/kaguraclub/2002-5-11.htm

やっぱり年表みると、グインの出来に芝居・パソコンが連動してるな。
30巻以降はナリスケコーン話が長くて萎えもしたけど
アリが出てきて、破滅への道を歩み始めたイシュトのなんてのは
まさに大河小説を読んでる醍醐味で面白かったし
続きが読みたいと思わせてくれたんだけどな。
その後アリが変態策士になり、イシュトがユラニアの少年(45巻)に
無意味に入れ込んだあたりからキモくなった。
極めつけがヴァレがナリスケの手に落ちた50巻くらいか。

>>325それってヤホィパロディじゃなくて、ローデスのような本編扱いなんですか?

330 :名無し草:02/10/27 01:47
集計はグインサーガのみですよね?
他にもシリーズや単発の書下ろしがいくつかあった訳で。
…どれだけ借金のために書いたんだか。

331 :名無し草:02/10/27 01:51
>>330
そういう年表ってないのかな?
いや、自分がわからなくなってきたので作ろうかと思ってるんだけど。

332 :名無し草:02/10/27 02:22
全然違う話ですみません。
有田芳生さんのHP、酔醒漫録(毎日更新の日記)の素晴らしいこと!!!
比べようもなのもわかってますが、
特に10/21のはじめの3行!


333 :名無し草:02/10/27 02:28
>>331
某「ファンページ」に著作リストがありますよ。
リンク辿れば天狼以前の芝居の上演データも。
年表作成お待ちしてまーす。(と自分は楽をする)

334 :名無し草:02/10/27 02:29
>>332
思わずうpしてしまいます!

>10月21日(月)朝7時から11時まで新書原稿に手を入れる。
>どうしても直さなければ気が収まらないからだ。
>青焼き段階で大幅な変更をしてしまったが、編集担当者の水野さんは
>すべて了解してくれた。大切なのはお金を出して買ってくれる読者
>なのだから、これもやむをえない作業だった。(改行はトマトがチョト変えますた)

大切なのは…大切なのは…ああ、頭の中でぐるぐる廻るよ…(;´Д⊂)


335 :名無し草:02/10/27 03:41
>>329
フルハウスは全てヤホィパロディでした・・・当初は。
カメ×イシュとヴァレ×ナリは温帯脳内でいつのまにか既成事実にすりかわった模様でつ。
イシュナリはフルハウスでも未遂とか夢オチとかだから温帯的にもまだパロディなのでは。

336 :名無し草:02/10/27 03:51
遅レスだけど、>286さん。
同じくウワァァァァァンな同郷人でする。
日頃「東京生まれで東京育ちの繊細な都会人」をヒョーボーしてらっしゃる温帯、
どーぞそのまま東京にいてください。

…20年くらい前になるかなあ、某「とても可愛い女の子を描く」ことで人気の出た
アニメ絵師が「みちのくを旅しつつその風景をイラストにする」という雑誌の企画で
当地を訪れたことがあるんですが。
おりしも秋、山も公園も一面の紅葉で、桜の時期に次ぐ綺麗な季節でした。

その絵師、「東北とは暗いところ」「津軽は陰鬱な風景の寒々とした地」という
イメージを抱きつつの来訪だったらしく。
旅の顛末をイラスト集として出版した時、絵師がイラストにつけたコメントは
ことごとく、「イメージと違う」「こんな色鮮やかな風景を見るとは思わなかった」
「明るすぎる」と。
太宰治の生家近辺を描いたイラストで、「ようやくイメージどおりの津軽に出会えた」
などと書いていて、アンタは先入観から一歩も出ずに終わったんかい、と思いっきり
ツッコミ入れたものでした。

今日の、というか、本スペのご当地ネタシリーズがはじまってからずっと、妙に
その古い記憶が甦ってくるですよ、何故か。

337 :名無し草:02/10/27 04:49
>>330
今表作ってるんだけど、天狼プロ作った翌年が17冊。
天労で赤が出たと言われている翌年の1998年が19冊。
グインを入れてもこれだけ書いてる(小説のみ)。

元々速筆だから1981年19冊、1984年16冊とかあるけど、
連載まとめたものもあると思うから今ほどじゃない。

評論入れたらどんなことになるやら……。

338 :名無し草:02/10/27 09:41
>336
そのアニメ絵師って誰ですか?ヒントだけでもキボンヌ。

339 :名無し草:02/10/27 10:38
336さんじゃないけど、
唄が宇宙を救うアニメのキャラデザさん

340 :名無し草:02/10/27 10:55
おハルさんか…

341 :名無し草:02/10/27 10:56
私は主に伊集院読者なんですが
今、ちょっととっさに出版年はわからないのですが
伊集院のよれよれ具合も
年表とわりと一致しているように思えるのですが...

342 :名無し草:02/10/27 11:22
(爆 が無い!!

343 :名無し草:02/10/27 11:26
>>246
正しいことを言っているのに誰一人信じてくれず
皆に迫害される悲劇の巫女カサンドラですか。
やっぱり温帯って悲劇萌え・・・(つд`;)モーエーッチューネン

344 :名無し草:02/10/27 11:44
>>261
遅レスだけど、その主婦の方の投稿をそのまま
温帯に送りつけてやりたい。禿げしく送りつけてやりたい。
作家の温帯よりも一般人の方がよっぽど文章が上手だと明記して。

345 :名無し草:02/10/27 11:50
>>344さん、>>269さん
レスありがとうございます。>261です。
誠に申し訳無いのですが、あの文章は正しくは投書では無いです。
新聞のコーナーに読者が直接電話で意見を述べ、それを記者さんがまとめて
おられます。ですから元は話し言葉なんです。
でもかなり忠実にニュアンスを伝えてるコーナーですから、あの主婦さんは
文章でもほぼ同じ事を書ける方だと思われます。
説明不足ですいませんでした!あぐら参りに逝ってきまする…

346 :名無し草:02/10/27 12:13
>345の書き込みした後に表示がおかしくなってしまった( ゚д゚)ポカーン
なんで?最新50表示にしたらレス切れてるYO…


347 :名無し草:02/10/27 12:31
今日の交信日記もスパイシーですね(w
地雷を踏んで歩いているのではなく、温帯の
歩く所がどんどん爆発しているかのような印象です。
日本をどうにかしなくては!と考えるより先に
グインをどうにかして下さい、温帯。
あと評論は書かなくて結構です。交信日記だけで
お腹イッパイなので。

348 :名無し草:02/10/27 12:43
>>335
ありがとうございました。
なるほど、一応はパロディなのですね。
同人=セルフパロディの自覚でやってた時は
まだ温帯もマトモだったのかも。

349 :名無し草:02/10/27 13:03
>いまの日本のこの上滑りな、いい気な、「日本人被害者はゼロ」
>というような「おのれさえよければよし」というのが当たり前な態度

例えばインドネシアでテロがあった時、最も強く求められる情報は
インドネシアに駐在・旅行中の家族や社員、友人、知人の安否。
それを「上滑り」で「いい気」と断じる温帯が世間知らず。

評論家を標榜するなら、逆に、「日本人被害者はゼロ」なのに
あえて報道される事故や事件の意味をこそ考えるべき。

つか、巷間に流布する、この非常識で地に足のつかない似非
ヒューマニズム的言説を疑いもせず鵜呑みにして得々と騙って
恥じない温帯が「評論書く、書く」ってのもどうよ。

350 :名無し草:02/10/27 13:04
今日の日記…

厨房の頃、確かに自分も海外の事件や事故のニュースが流れたときに
「日本人被害者はいません」というのが入ると
「日本人に被害者がなければすべてOKとでも言うんかぁゴラァ」な気持ちになりましたが

大人になって自分の友人や親族が海外に在住してたり旅行に行ってたりということが
多くなると、やっぱりニュースで大きな事故があったとき
「××国? ○○ちゃん、××国に留学中だけど大丈夫か?」
と不安になるわけで。
そういうとき日本人の被害者の有無のお知らせは非常に有難く思う。
日本人には被害がなかったから良かったっていうのと
自分の知人友人血縁者の安否は微妙に違うと思うんだけど、違う?

んでもって温帯、イスラム教に多大なる誤解を持っていると思う…
あ、キリスト教にも…っつーか宗教全般、解かってないよね…

351 :名無し草:02/10/27 13:10
評論家となるには情報収集能力が著しく欠如してますね。
著しくガイシュツですが。

しかし、この人、ママの日とかお芝居や音楽活動のリハとかで
世間話することもあろうに、
どういう話してるんだろ?
やっぱし、デンP?

352 :名無し草:02/10/27 14:05
この人は特殊な立場に居るわけだから、違った視点や考えが出るんだとは思う。
マズイのはそれを糞を垂れ流すごとく書いてしまうことだね。
個人的な日記とはいえ著名人でもあるわけだし、多くの人が見ているのだから。
2chじゃねーんだから

353 :名無し草:02/10/27 14:17
温帯の文章ってさ、あれどう考えても読み直したりしてないよね。
誤字や改行もそうだけど話がループしてるところとか、凄いね。
少しは他のテキスト系のページ覗いてみろっての。

確かにタイピングは速いんだろうね。遅いとあんな文章書けないと思うよ。
考えるがままに書いてて、きっと気持ちいいんだろうね。

つーか、同じことを小説でやるんじゃねぇ!

354 :名無し草:02/10/27 14:20
>パラダイムが直接に激突してきて
>認識のパラダイム
>片方だけのパラダイム
>「日本」というパラダイム
>さまざまなパラダイム
>日本というパラダイム
>おのれの国家のパラダイム
>日本のパラダイム
>パラダイムを確立し直してゆく

温帯は『パラダイム中島』!ちぃ、覚えた!

355 :名無し草:02/10/27 14:26
非常識・配慮に欠けると抗議する

凡人には理解できぬと得心する温帯     ( ´,_ゝ`) プッ バーカ
天才はいつの世でも糾弾され、なんという悲劇だと、温帯ウトーリ  (*´∀`) わたしって凄い〜 萌え〜

温帯の場合下手に抗議すればより一層増長するのは目に見えているから
逆に「一般的・平凡な意見ですね」と言えば悔しがるかも。
実際、厨房レベルの論理しかないわけだし。
なんでも “反対” “逆を行く” のが温帯のスタンダード。

356 :名無し草:02/10/27 14:31
マスコミ板から転載なんですが

朝鮮学校中学1年の教科書より、
http://isweb34.infoseek.co.jp/school/haniwa82/k-textbook/k-school.html
将軍様のずば抜けた戦術を伝える『縮地法(引用者注:地を縮め数歩歩くだけで瞬時に、数百数千里を
移動することができる術法)』に関する話も、わが人民たちの中に広く伝わっています。
いつの日であったか将軍様は『縮地法』でもって、東西南北を縮めて行き来したといいます。
ある時数多くの敵どもが将軍様に立ち向かいました。実に危険きわまりない瞬間でした。
この時、将軍様は付近にあった松の葉を取り、その葉を細かくちぎり冠っていた網笠の中に入れ、
くるくる回した後、風にとばせました。するとなんと、細かくちぎった松の葉がそれぞれ兵士に変わり、
押し寄せた敵どもを全滅させました。
金(日成)大将は天下妖術を使い、東西南北を飛んで行き来する。
将軍様の意を得て闘おうとするわが人民の気勢は、天をも衝く勢いです。

なんとなく、というかやっぱり、
「ナリス様の素晴らしい作戦」と同じニオイを嗅いでしまったクンクン。

357 :名無し草:02/10/27 14:36
パラダイム銀河  歌/薫オンタイ

358 :名無し草:02/10/27 14:46
まあ、とりあえずこのせちがらい世の中で、
温帯の筆がどうであろうとその出版物からかなりの利益が循環しているのだから
やはり大したものだのう、と言わずばおるまいて。
ハヤカワの社員、バイク便、印刷屋、紙問屋、インク屋、流通、本屋、装丁屋、イラスト屋、そして翻訳屋
温帯様のおかげでたくさんの人が今日もごはんを食べられます。または暮らしにゆとりが生まれます。
今の日本では売れているものには逆らえない罠。ありがとう温帯(私は関係ないけど)

359 :名無し草:02/10/27 14:55
う〜ん、そう言われると、ハヤカワから原稿料をなんどか貰ったこともある拙雀も
温帯に感謝しなければいけないのか。足を向けて寝られないな。

360 :名無し草:02/10/27 14:58
感謝するのは温帯にではなくトマトおよび信者の皆様でしょう。

361 :名無し草:02/10/27 15:12
ハヤカワもそろそろ脱・温帯なんじゃないの?
新刊にはさまってたチラシ見てるとちょっとそんな気が

チラシその1
「早川書房が児童書をはじめます」
10月から翻訳児童書を「ハリネズミの本棚」というシリーズで出す

チラシその2
「ハヤカワSFシリーズJコレクション」
10/31の刊行記念フォーラムのゲスト(予定)
北野勇作/小林泰三/佐藤哲也/菅浩江/高野史緒/田中啓文
/飛浩隆/野尻抱介/林譲治/平谷美樹/牧野修
特別ゲスト:山田正紀/神林長平

温帯の出る幕なし

362 :名無し草:02/10/27 15:15
>>354 >>375
先越されたーヨ 温帯○ァカの一つ覚えのように
パラダイム繰り返すよな・・・ 

363 :名無し草:02/10/27 15:26
>こういうテロルの時代のなかで

テロルって言葉あったかな?
テロの間違いじゃないのかなぁ。
日記も更新する前に読み返すなんてしないんだろうね。

364 :名無し草:02/10/27 15:37
>>363
テロル=terror,独語

365 :名無し草:02/10/27 15:37
>>363
笠井潔も使ってる。あの世代の人にとっては普通。

366 :名無し草:02/10/27 15:38
>>361
>ハヤカワもそろそろ脱・温帯なんじゃないの?

翻訳ものの長編ファンタジーがスタートした時に同じ事考えました。
グインに代わる*長編*シリーズを模索しているように感じられて。
ペーパーバック1冊を5冊以上に分けて出版というのはどうかと思いましたが。
おかげでグイン並みに話が進まないように感じられる罠。

367 :名無し草:02/10/27 15:47
>>361
>ハヤカワもそろそろ脱・温帯なんじゃないの?

地元の駅ビルに入ってる本屋。ハヤカワといえばダニエル・キイスしか入れず、
グインの入荷も30巻後半で途絶えてたのに、ちょっと前から神林の
バックナンバーと星界の紋章全巻、時の車輪・真実の剣の最新刊は
入れてくれるようになった。

だけどグインの既刊も最新刊も、相変わらず入ってない。
(割りとボーイズが幅利かせてる書店ですが、そちらでも温帯全滅)

368 :名無し草:02/10/27 15:48
>>359
間接的に温帯の売上げの中から出てるギャラなのかも知らんね

369 :名無し草:02/10/27 16:41
>>354
(爆)が爆笑や句読点の言い換えであるように
パラダイムもなんか違う意味で使ってるような気がするなあ。
「常識」「考え方」あたりか?

370 :名無し草:02/10/27 17:34
「目には目を 歯には歯を」というのは、「過剰報復を戒める法律条文」と
聞いた事があるよ。つまり「目には目と歯」はダメなんだということ。

もちろんコレを逸脱しがちなのは、人間の本性というものかも知れないけど、
温帯はなんか俗説とかをそのまま、頭から信じてそうでイヤン。
イスラム法では報復を奨励してる、とかさあ。


371 :名無し草:02/10/27 17:50
そもそも「目には目を・・・・」ってのは、オリジンはハンムラビ法典の
条文だしょ?ちょっと歴史をかじれば、人類最初の成文法というありふれたネタで
必ず詳細を解説した文章にいきあたるはず。
温帯、昔は「そういうのを、わりと調べたりするのが好きである」なんて
エッセイで書いてたのに、今は・・・・゚・(ノД`)・゚・

372 :名無し草:02/10/27 17:56
温帯、今日の日記の内容もともかく、「今朝」ぐらい漢字で書いてください。
ひらがなと漢字の使い分けが変なのは
やっぱり温帯の責任ではなくて、変換ソフトのせいなのでしょうか?
でも変換ソフトは学習機能というのがあって…(略

373 :名無し草:02/10/27 18:04
「砂漠の民だから過酷な環境に適応するため云々」ってフレーズも、温帯
の日記に出てきたと思うけど(スマソ、見直すのは目が辛い)、だからこそ、
マホメットは「神の前での絶対平等」を説き、部族間の権利争いを厳に
戒めた。

一族皆殺しになるまでの報復を止めさせる、というのは、実は世界の何処
にもある話で、「罪刑の均衡」というのは現代法が常に直面している課題、
どんな法律の考え方もそれに苦心しているのは、ちょっと調べれば分かる
じゃないのかな?

もちろん、その一方でそれを踏みにじるテロや報復合戦が止められない、と
いう現実もあるんだが、それは「イスラムの考え方に根がある」「イスラエ
ルの律法に問題が」というのは全然違うぞお。

374 :名無し草:02/10/27 18:16
http://isweb43.infoseek.co.jp/art/nyanko50/

ばかでかい年表α版を取り合えずあげておきました。
そのうち2か3ページに分割します。
1995年以降はもう少し詳細にやらないといけないかとちょっと悩んでいて、
それも併せて、できるだけ進めようかと思ってますが……。

375 :名無し草:02/10/27 18:20
私は宗教に疎いほうだけど、「目には目を」が聖書にも載っていることは知ってるぞ。
キリスト教、ユダヤ教、イスラム教すべてに共通の文言じゃないの?

376 :名無し草:02/10/27 18:31
目をやられたら目だけ、
歯をやられたら歯だけに報復すべし
ってのが本意・・・常識ではないかもしれないけどさ・・・作家なのに・・・作家なのに・・・作家なのに・・・
評論家でもあるのに・・・故事成語とか、こういうのがわかんないのはさ・・・

377 :名無し草:02/10/27 18:33
>374
おお、乙〜!
温帯書き散らかしてるなあ、と思ってしまいました。

お暇があったらタイトル付きの詳細版もきぼーん。

378 :名無し草:02/10/27 18:36
>>374
乙!!乙!!
年間19冊刊行ってすごいなあ。
以前に自分で言ってたように、こういうのはやっぱり
外国の作家には信じてもらえないのかもしれないね。

379 :名無し草:02/10/27 18:40
89年の仕事量が少ないってことは、
そのあたりに出産とか病気とかあったのだろうか。

380 :名無し草:02/10/27 18:57
キリスト教とイスラム教は旧約聖書を共有し、同じ神を拝んでる。
>まったく異なる論理の体系を下敷きにしたパラダイム
と言うなら、仏教やヒンズー教、日本の八百万の神の方が
果てしなく異教なわけで…

今日の混乱は、経済の不均衡に端を発しているのが明白で、
宗教や民族の問題はただの大義名分、後付けの動機っしょ。

宗教や世界史、国際情勢もほとんどわかってないうえに、
経済の問題いたってはきれいさっぱり抜け落ちてる温帯が
いくら「パラダイム」と騒いだところで、滑稽なだけ。

381 :名無し草:02/10/27 19:10
まあ現代は「目には目」すら至ってない(と思わせる)状況があるから、
この「目には目〜」の条文がものすごいものと勘違いしがちなのかも。

382 :名無し草:02/10/27 19:18
>>375さんや、>>380さんのカキコみていて思い出したのですが、
クリスタルの婚礼だったか、虹の道だったかで、ナリとリソダが
新婚の御披露目にジェニュアに立ち寄った場面で、ダモン大僧正に
「異教であることは実はそれほど恐るべきことではない。
真に恐るべきは同じ教えのうちでの異端である」と言わせてました。
(ミロク教徒のヨナがジェニュア預かりになっていた件と、
アルフリート・コントの異端説とのからんだ話題だったと思う)

あのころの温帯の感性なら、たとえ宗教的知識が無くても、
回教と基督教が同じ聖書を論理基盤として共有しているからこそ
争いが絶えないのであり、むしろ論理の体系が異なる宗教同士の方が
マターリとした関係をきずきやすいこと、理解できそうな気もするのでつが・・・

383 :名無し草:02/10/27 19:21
>374乙華麗さまです。
がんばって研究させていただきます(w

本は「花陽炎」1999年・狼叢書
(歌集というのでしょうか。短歌みたいなもの)なんていうのもありました。

384 :名無し草:02/10/27 19:33
>>374
モツカレー(゚д゚)ウマー
>>374さんには負担がかかるかもしれないけれど
もっと詳細な年表ができたら素晴らしいと思います。

cgiを使って登録できるようになれば
少はお手伝い出来ると思うのですが。


385 :名無し草:02/10/27 19:40
>374さまグッジョブ!
「温帯用語の基礎知識」「更新日記入門」「温帯ナビ」
そして今回の年表。好むと好まざるのかかわらずトマト達は信者よりも
…つか本人よりも温帯に精通してしまうのでつね(w
おう!好んで精通してやるともさ!でないとグイソファンだった自分が浮かばれん。

ところで「あなたはトマト?」の壁紙が変ってたね。カワイイ!

386 :名無し草:02/10/27 19:41
338>339
超遅レスですが、教えてくださってありがとうございました。

387 :名無し草:02/10/27 19:43
もともとイスラムはキリスト教やユダヤ教を「経典の民」として
異教徒という認識はしてないはずだしね。

388 :名無し草:02/10/27 19:58
>>382
>「異教であることは実はそれほど恐るべきことではない。
>真に恐るべきは同じ教えのうちでの異端である」と言わせてました。

温帯の感性っつーか、塩野七生の作品の中にそんな言葉ありました。

389 :名無し草:02/10/27 20:10
温帯ってもしかして、ユダヤ・キリスト・イスラムの神が同じ神であるって事さえ
知らないんじゃないか?

390 :名無し草:02/10/27 20:50
啓典の民というのはコーランにも書かれているようですしね。

391 :名無し草:02/10/27 20:53
>388
宗教観すらパク…もとい、本歌取りなのですね……

392 :名無し草:02/10/27 20:56
でもでもでも作家なんだからさ・・・
しかも昨日今日お子ちゃま向けノベルでぽっと出た人じゃないんだからさ・・・
「目には目を」が限定報復を説いたものであるとか、
キリスト教とイスラム教の「神」が同じであるとか、
旧暦にまつわる諸々とか、そのへんはみんなみんな
基 礎 教 養 じ ゃ ん ! !
昔は博識な人だと思って尊敬してたよ・・・

393 :名無し草:02/10/27 20:57
>>354
ばくしょう

ちぃ,それ消去しておきな

394 :名無し草:02/10/27 21:02
ミロクというと、菩薩さんを思い浮かべるけど、温帯が本歌どっているの
は、ミロクとかミカエルとかの原型になったミトラ教かもしれんなぁ。
どうでもいいけど、ミトラ教は「コナン・ザ・バーバリアン」にも出てきたん
じゃなかったけか。

395 :名無し草:02/10/27 21:09
イシュトヴァーンがミロク教徒を弾圧するとか
そーゆー伏線があった気がする
ヨナが本編に出てきたとき、ヨナとイシュトが再会して
アリの後釜になることを期待したが、ヨナもナリナリの魅力(藁に逝ってしまい
ヨナがミロク教徒であることが後の伏線になると思っていた頃がナツカスイ…

396 :名無し草:02/10/27 21:13
>>392
や、作家として必要不可欠な基礎教養とは思はないよ。

したり顔で「パラダイム」連呼して、「このままでは日本の
先行きが心配だ。今こそ私が「評論」を書かねば」などと
言いださなければね。

温帯はそれを言ってしまうから阿呆呼ばわりされるわけで。

397 :名無し草:02/10/27 21:34
皆さん教養ありそなんでぜひ教えてください
そもそも簡単に言うと、パラダイムってなんですか?
辞書の意味はわかっても、使い方っていうかそういうのがわかりません。
温帯の文章を読むとかえって混乱するばかりなので。

398 :名無し草:02/10/27 21:59
ttp://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search.cgi?MT=%A5%D1%A5%E9%A5%C0%A5%A4%A5%E0&sw=3

こういうとこでどうでつか?

399 :名無し草:02/10/27 22:05
>398
全然わからないよう〜(TT)

400 :名無し草:02/10/27 22:14
パラダイムというのは価値観・価値基準という事では

例えば、現代の主だった先進国では、痩せてる=美しいというパラダイムがある

401 :名無し草:02/10/27 22:22
う〜んと、例えば

西洋の中世では「天動説」で天体の運行が説明されてましたよね。
(基本となっているのは聖書に書かれた言葉ですけど)
そして、当時の学者・思想家は「天動説」という枠組みにたって
色々な惑星や太陽の動きを記述していた。
ところが、色々な観測されたデータが蓄積されてきたり、観測手段
自体の精度が上がってくると、「天動説」では説明しきれない事実が
判明してきた。
そして、「天動説」とは相反する概念である「地動説」のほうがじつは
正しいのではないか、ということで、ある時点で劇的に枠組みが「地
動説」に変更された。
そして現在「地動説」が天体の運行を説明する際の枠組みとして
機能している。

ということが言われてますけど。う〜ん。
として機能している。


402 :名無し草:02/10/27 22:23
>>399
ttp://ww5.enjoy.ne.jp/~viderin/pathogen/15kuhn.html

このあたりがわかりやすいかな。

403 :名無し草:02/10/27 22:23
>>401
ありゃ、最終行消し忘れでつ。

404 :名無し草:02/10/27 22:28
>>399
自分の専門外のことはわからないので、我田引水な例で恐縮ですが・・・
「これまで、癌の化学療法は悪性細胞の死滅を目標として研究が進められてきたが、
前世紀の末ごろから、生体と癌細胞との共存を可能にするという新しいパラダイムに
基づいた新世代抗癌剤の開発と、それを主軸とする治療スケジュールが模索される
ようになりつつあり・・・」
「癌細胞を死滅させるという大目標のためには、あるていど正常組織に障害があるも
やむなし、という考え方から、生体と悪性細胞の共存を容認することによって
予想される副作用を軽微なものとし、完全治癒よりもQOLの向上を重視する方向への
パラダイムシフトが新世紀の癌治療を特徴付けるものとなるであろう・・・」
みたいな文を、少し前に書きました。適切かどうか心配ですが・・・



405 :名無し草:02/10/27 22:28
>397
「社会を構成している基本的価値観」を「パラダイム」と呼びます。
そのパラダイムに変化があれば、当然社会システムや政治、経済、
家庭、生活様式といったあらゆる部分に大きな変化が起こります。
そういう大きな社会を変えるほどの変化を「パラダイムシフト」
といいます。たとえば、グーテンベルクの活版印刷の発明により、
教会と聖書の価値観の違いがわかってしまい、宗教改革がおきた。
蒸気機関の発明で産業革命が起き、子供や労働者が搾取されて、
社会主義や共産主義というイデオロギーに価値観をもつ人々が
出現して、革命というパラダイムシフトが、、、という具合です。
これらの例は岡田斗司夫の「ぼくたちの洗脳社会」からパクリました。
ごめんね〜。でも私にはとてもわかりやすかったです。

406 :397:02/10/27 22:34
>398-402
おお、ありがとうございます。
いままでもやの中だったものが一気に晴れた気がします。
いや、気がするだけかもしれないけど。

と書いてる間に、>404-405が。
ありやとうございまーす。
便利な言葉だなあという感想を持ちましたです。

407 :名無し草:02/10/27 22:56
>402
面白いね。

「通訳不可能性」について初めて知ったけど、
これを使うと、温帯と世間の齟齬が奈辺から
生ずるのかシンプルに説明できますね。

世間で流通するパラダイムと、温帯の信奉する
それが異なるため、「通訳不可能」である、と。
それだけのことなんですねぇ…

408 :名無し草:02/10/27 23:08
パラダイムって事で言えば、グイン本編ではナリスなんかが
星船だとか星間航行とか平気で言ってるんだけど
中原では地動説の世界なんじゃないの?と思ってて
ず〜〜っと違和感あった。
というかそれ以前に、空に見える星を「惑星」と捉えてるフシがあるのに
違和感が。。。温帯は天動説のパラダイムに犯されて (w 、なんも考えなしに
さらっと書いちゃったのかな。


まぁ一度中原が滅んだあとに、調停者が都合良く再構成した世界なので
中原の人間は天動説を知ってるのかもしれないけれど。

409 :名無し草:02/10/27 23:42
♪おーまえがー、パラダイーム
               by サワダケソジ

410 :名無し草:02/10/27 23:44
408が言おうとしてるのは天動説と地動説が逆なんじゃないかなと思われ

そしてグインと同じ舞台であるトワイライトでは
きっぱり「地球」という言葉が使われていたような

411 :名無し草:02/10/27 23:57
>>382,>>388
遅レスですが、

>「異教であることは実はそれほど恐るべきことではない。
>真に恐るべきは同じ教えのうちでの異端である」と言わせてました。

ホルヘ・ルイス・ボルヘスの著作「神学者たち」という掌編にも
同じ意の文があります。

412 :名無し草:02/10/28 00:39
温帯には栄えある「パラ厨」の称号を授けます

413 :名無し草:02/10/28 00:39
北欧神話やローマ神話からはそのままパクッ……
もとい、本歌取りとやらをしていましたが。

まあその程度の宗教観なんでわ。今更ながらだけど。

414 :名無し草:02/10/28 00:57
よもや、言葉の意味もわからずにパク・・・本歌取りをしているのかな?

415 :名無し草:02/10/28 01:15
語呂が気に入ればオッケーだったりして<本歌取り

416 :名無し草:02/10/28 01:27
ま、本歌取りでもなんでもいいんだけどね、面白けりゃ。それが問題だ。

あとヤホヒじゃなけりゃ

417 :名無し草:02/10/28 02:14
やふあんけーとに、殆どネタのような信者さんコメント出現。
ああ、私も昔はあんなだったさ…(果てしなく遠い目)

418 :名無し草:02/10/28 05:08
>396
>や、作家として必要不可欠な基礎教養とは思はないよ。

そうかなぁ?
現代日本の恋愛小説専門とかならともかく、
少なくとも*異世界*ファンタジーを書く以上は、
比較宗教学や民俗学の基礎くらいは押さえているべきだと思うが・・・
M.エリアーデとか読まないのかな。
(つか、昔、文化人類学を読むとか言ってなかったっけ?)

しかも飛翔大賞で「確固とした異世界を作れ」とか
威張ってる人間だからな。
陰暦も知らずに時代物書いたり、長唄の名取りだったりする作家様にはかなわない。

419 :名無し草:02/10/28 07:20
>396
時代物書くのに旧暦の知識がなかったら、
描写がめちゃくちゃでしょう。

420 :名無し草:02/10/28 08:49
うん。
>>392の「限定報復」とか、「キリストとイスラムの神」とかって、
例えば宗教学概論の授業なんかで必ず出てくるような基本だと思う。
旧暦にいたっては「赤恥青恥」で問題になりそうなレベルの認識で、
時代小説をよく読むだけの人間でも頭に入るような事柄かと。
ましてや書く立場なんだからさ…


421 :名無し草:02/10/28 08:58
>418さんへ
よく同人さんが使うレトリックに
「パラレル世界の時代劇?だから史実とずれまくっていても(考証等全くされてなくても)
 そういう世界の話と仮定して読んでもらわないと困るし、仮定出来ない程
 想像力が貧困な人には作品の理解も出来ないだろう」というのがあるね。

私が読んだ例だと、江戸時代の【裏長屋】で

○○はドア?を開けた…ギイ、バタン…。 

とかね。

422 :名無し草:02/10/28 09:56
きょうも電波ゆんゆん…。
「拉致被害者の問題は終わったことになってるが終わってない」
といってるが、終わったのは北朝鮮のメディアの話ですか、
といってみたくなるよ。
やれやれ。

423 :名無し草:02/10/28 10:08
温帯、今日の日記自分の書いたことに酔ってるみたいだね。
けどあんたが書いてることは、ワイドショー好きの主婦の言ってることと同じ。
俗っぽく平凡で、目新しい発見も深い洞察も何もない。
歴史をなにひとつ知ろうとせずにそのときの状況だけを見て、
誰にでも考え付くようなことを書いてるだけね。

たとえば、チェチェンのことにしてももっと歴史を調べてみたら
ものすごく複雑で根深い問題があるんだってことがわかるよ。
あの問題をテロ行為とだけ捉えてるなんて大国の思惑そのままだね。
温帯の書いてることは、ここ数日の新聞記事を見ただけのこと。
ほんとーに、平凡で底の浅い日記だよ。

424 :名無し草:02/10/28 10:09
「自分の運命の主人」になったつもりでいるのは

あ な た だ け 

425 :名無し草:02/10/28 10:16
だからさあ、まず「基本的人権」の正しい意味を調べろ。
おまえの言う基本的人権の意味が間違ってることに気づけ。


426 :名無し草:02/10/28 10:17
うーむ、一日ぶりでこのレスの数。
しかも教養タプーリ!マジでためになります。
「目には目」すら知らなかったわたし。勉強させていただきますですよ。
ありがたや〜。

427 :名無し草:02/10/28 10:22
今日の日記読んで怒りを通り越して脱力した。
「ほーら、やっぱり私は正しかったんだわ。」
と、ほくそ笑んでる姿が想像できて鬱になりそう。
しかし書評を自分の都合の良いように歪曲してすり替えて
あんな電波たっぷりの長文を書き流すとこなんざ
さすがに「作家的創造力」の持ち主だよね。w

428 :名無し草:02/10/28 10:33
>私は作家として、きちんとそれを、おりにふれて文字に残しておかなくては
>いけないと思うようになりました。
…つまりこれからもだらだらと日記に妄想まじえながら、自分語りと(爆)付きの文章で
「文字に残す」と。
>1ヶ月後、半年後にまた私は「いま、あなたはこの問題についてどのような関心を
>もっていますか?」と、マスコミにむかっても、いろいろと騒いだ人たちに
>むかっても問いかけてみたいと思います。
……はぁ。

429 :名無し草:02/10/28 10:49
今日の日記、文春で取り上げられたことでまた騒いでるけど
あれってやはり、自分があの日日記に書いて公表したことが
倫理的におかしかったのに、心の底でもう気付いてるせいじゃないかなぁ

「自分を暗に批判する記事や他の評論家たちから自分の言い分を
守るため」という目的以外にも
「とにかくあの日の言い分を正当化しないと、心の奥底にいる
(世間と同じまともな倫理観を持った)もう一人の自分に自分を
否定されてしまう」といった、なんかこう藁をもすがるような必死さが
感じられますた  

430 :名無し草:02/10/28 10:52
うわー…もう…なんと言うか…このダサさ、カッコ悪さったらいったい…
ワテクシ、とてもこのアホさ加減を表現できる言葉を持ちませんわ…。

明らかに筆が進むとともにどんどん気持ちが高ぶっていって、最後に絶頂をむかえ…ってこれってそのまんまオナ…ゲフンゲフン

431 :名無し草:02/10/28 10:54
温帯…一度『喫水線』を辞書で引いてみれ。悪い事は言わんから。

432 :名無し草:02/10/28 10:55
???相変わらずサパーリ分からん日記だが???
「人は自分の運命の主人公にはなれない」から「拉致された人は必ずしも不幸ではない」のか?
「たぐいまれなる人生を生きるチャンスを与えられた」のか?

親兄弟の前でレイプされて発狂するか自殺するかテロリストになるか、って、
逆にいえば無限の可能性を持った人生からその3つのほとんど絶望的な人生への
選択肢しか与えられなくなってしまうと言っているようなものだと思うが……。
さすがにパラダイムの違う人間とは同じ文章を読んでも抱く感想が違うものだとオモタヨ。
1ヶ月後、半年後に温帯がまた無神経な言葉を拉致被害者家族にぶつけたりしない
ことを祈るよ。もちろん温帯のためじゃなく無神経な言葉に傷つけられる相手の人たちの
ために、だが。

433 :名無し草:02/10/28 11:00
>基本的人権は誰にでもあり、それが満たされていないなんて許せない、と思うなんて、
>なんと傲慢な考えかただろう。この世界にはハンディキャップを持っている人は大勢います。

この書き方だと「ハンディキャップを持ってる」だけで、
基本的人権が犯されているという事に?
そこはかとなく、温帯自身の考えが垣間見える気がするような。


434 :名無し草:02/10/28 11:12
>>433
そうだよね、Z武くんや温帯の弟も基本的人権を持っていない
ことになってしまう。
小学校の社会の教科書で、基本的人権とは何か、もう一度
勉強して来い。

435 :名無し草:02/10/28 11:39
人間である以上、かならずもっている権利をいう。単に人権あるいは基本権ともよばれる。
個人はすべて生まれながらにして固有の、他人に譲り渡すことのできない権利をもっている。
これが人権または自然権とよばれるものである。(後略)

温帯の日記読んでたら私まで分かんなくなりそうにナターヨ。>基本的人権
んで↑Lycosで調べてみた。…ハンデ持ってる方には無い権利か…?

436 :名無し草:02/10/28 11:41
温帯、NHKでやっている週間子供ニュースでもみたらいいのに。
時事ニュースが割ときちんと解説されている。
あ、TVないんだっけ。

437 :名無し草:02/10/28 11:42
基本的人権が満たされていないのは許せませんが何か?
そんなのは社会主義国家ならともかく、民主主義国ならば
当たり前のことじゃないですか。
私の人生は私のものであり、何人たりともそれを侵害する事はできない…。
あ た り ま え の こ と で す !
それは障害者の方もまったく同じだという認識を持っていますが、
温帯の脳内国家では違うようですね。
温 帯 逝 っ て よ し !

438 :名無し草:02/10/28 11:45
いい加減、「透徹した視線」でこちらを蔑んだように見つめてくるのはやめて頂きたいものだが。

439 :名無し草:02/10/28 11:48
「だってテレビ見ないもん(えっへん)」
「そのえっへんは何のえっへんだ」

440 :名無し草:02/10/28 11:49
私、勇気がなくて今まであぐらに逝けなかったんですよ。
(大昔、信者だったし)
でも、読んでて逝くべきだと思いましたね。
ここでコピペを見ててもダメだよね。
温帯のダメさを根本から知らなければ!
じゃ、逝ってきまーす。(泣……泣かすなよ。旧信者を)

441 :名無し草:02/10/28 11:51
>440さん、どうかご無事で!
私もかつて通った道です…。トマトの促成栽培サイトあぐら。

442 :名無し草:02/10/28 11:54
温帯がTV見ない理由って、「TV=俗物」とかいう理由ですか?
だとしたら、ずいぶんと固定観念に縛られた考え方ですね。
TVやインターネットで、手軽に大量の情報を手に入れる事が
できる時代だからこそ、今度は情報を自分で選択したり、
正しいものとそうでないものを見分ける力がつくというのに。

443 :名無し草:02/10/28 12:00
>>437
社会主義国家でも、保護についての考え方は違うけど
あることになってますね。

444 :名無し草:02/10/28 12:03
「基本的人権が犯される事は『あってはならない』」
この考えを否定して、「運命を甘受し、苦しみに耐える事」を素晴しいとたたえてたら、
悲惨な現実、理不尽な仕打ちなどはなくならない。もちろん全てなくす事は不可能に近いだろう。
でも「あってはならない」という怒りこそが、その現実を良い方向にもっていく力に
なるんじゃないの。

445 :名無し草:02/10/28 12:08
まあ図らずも今日の交信日記で温帯が拉致萌えレイープ萌えであることを
再告白してしまったようなものなわけで。

446 :名無し草:02/10/28 12:12
も1回週刊誌に取り上げてもらった方がいいんじゃないのかと

447 :名無し草:02/10/28 12:14
拉致監禁レイープ萌えなのは勝手だけど、フィクション内だけにとどめて
おいてくれ・・・

448 :名無し草:02/10/28 12:31
いつものことだが、書評の片岡みい子にしても、
「黒い瞳」の著者のファイナ・ブラゴダーロワにしても
温帯の我田引水に引用されて、痛ましいかぎりです。

449 :名無し草:02/10/28 12:53
相変わらず何を言っているのか分からない温帯の日記
そんなに自分が正しいと思うのなら、
止めはしないので単身で北朝鮮なり、チェチェンへ行って、
自らの言葉の正しさを証明してください。

100%洗脳されて帰ってきそうだけどね。

450 :名無し草:02/10/28 12:53
基本的人権が万人にあらねばならないとされたのは、ほんの近代の事。
そこまでには長い長い、時には血を流しての戦いがあった。
被差別に苦しみ、「同じ人」として扱われなかった数々の悲劇の歴史を知ら
んのか。

そうやって「スタートラインの平等」を認めることが第一歩であって、そう
やって実現したものは決して「個人が必ず幸福になる」ことを保証するもの
じゃない。時に過酷な運命に苛まれても、「人間らしく生きる」ことの基本
に据えられること、生きる希望として誰もが持っているはずの事、それが
基本的人権という文言に結実しているのだと、私は思う。

「自動的に実現される幸福を保証する」なんて、ここにいる人、誰も思わな
いよね。傲慢な誰かってどこにおるんや、え?温帯。

基本的人権なんてものは、この世に無いと言わんばかりの温帯の書き方は、
差別や不幸や理不尽な出来事をひたすら甘受すべき、という、自分は安全な
人間のタワゴト、と強く思う。

451 :名無し草:02/10/28 13:00
だいたい、生まれる時代がほんの少し違えば、女であるというだけで
選挙権もなければ、勉強するにも偏見がつきまとう、ましてや
物書きになるなんてとんでもない、っていう時代だったんだよ。
やっと、一応は法律上では男女同権になって、それでもまだ実質上、
本当の意味での同権にはなっていないから戦っている人達もいる。

温帯は、先人の作った基本的人権や男女平等の上で、
ぬくぬくと恩恵を受けているからこそ、今の自分の生活が
あるという事を少しでも想像したことがあるのか?

いや、あるわけがないな。
だいたい温帯からしてものすごい男尊女卑だし・・・。

452 :名無し草:02/10/28 13:03
>この10月のまっ黒なカレンダーをひきはがして
>早く何も書いてない11月のカレンダーにかえたい

ついに干されましたか。めでたい事です。

453 :名無し草:02/10/28 13:06
今週刊少年ジャンプ読んでたら、414ページで、
第12回ジャンプ小説大賞の審査員に温帯が選ばれてる事に今更気付いた。
顔写真ヤッベ。
ついでに乙一氏のコメントは是非温帯に読んで欲しいと思ったが、
もし読んでも反省材料にするとか出来なくなってるんだろうなあ…

454 :名無し草:02/10/28 13:08
「女は駄目」だとか「女は馬鹿だ」とか言う男尊女卑のオバサンっているよね。
決して自分を貶めてるわけじゃなくて、
さも客観視するかのように貶めることによって
名誉男性(名誉白人みたいに)として振舞おうとするバカ。

455 :名無し草:02/10/28 13:13
外国の事件で「日本人の安否」が報道される理由とか、
「基本的人権」のそもそもの意味とか、
温帯が明らかに誤解して何度も書いている言葉の意味について
あえて知らせてあげる人って、ダンナも含めて誰もいないんだね。
ちょっと憐れみに似た感情を覚えた。本人の自業自得だけど。

456 :名無し草:02/10/28 13:24
>>431
そういうのは温帯に行っても無駄。
ATOKの開発者に(以下略

457 :名無し草:02/10/28 13:27
じゃなくて、意味を間違えてるのか。すまん>温帯

458 :名無し草:02/10/28 13:47
もう本当に、誰か攫ってやってくれ・・・。
どっか見知らぬところに捨てていいからさ。

いやダメか・・・野良温帯になっちゃうか。

459 :名無し草:02/10/28 13:54
例の北の国もさらっても迷惑だから、さらわんよなあ。

460 :名無し草:02/10/28 14:02
北の国の拉致というのは、誰(どんな人物)を拉致するか、
というのは巧妙に計画されているという噂があるから、
温帯は絶対に拉致される事はない。
拉致しても、国家が秘密裏に動いたり、いなくなると社会的に
大騒ぎになりそうなやんごとなき人物は、絶対に狙わず、
ごくごく普通の一般人にのみターゲットを絞ったらしい。
(だから、当時中学生の横田めぐみさんは間違って拉致されたと言われている)
温帯は、あれでも一応著名人だからね。

461 :名無し草:02/10/28 14:07
「今岡家の場合は」
わざわざ図書館で予約して昨日えっちらおっちら引き取りに行きました。
学校に行く電車の中で読みました。馬鹿なことをしました。
ホントなら反省かたがたあぐら詣でにいかなきゃですが、とてもそんな気力ありません(爆)

462 :名無し草:02/10/28 14:14
>451
温帯が普通に就職していたら
あの年代ならまだ均等法がなかったから
女性は仕事内容、給与とあらゆる局面で差別されてたんだけどねえ。
べつに自分が普通に就職していなくても
同級生からそういう話は聞くと思うんだけど。
温帯って、ワセダでも本当の友達はできなかったみたいだね。

プロジェクトXで、均等法を作った女性たちの闘いを見て
同じ女性としてこの人たちのおかげで自分は…と涙したけどね。
あ、温帯はテレビ見ないんだね。
自分が低俗な番組しか見てこなかった人ほど
テレビを低俗と決めたがるのな(w


463 :名無し草:02/10/28 14:29
作家に限らず、「センセイ」と呼ばれる職種の人は多かれ少なかれ特殊な価値観に染まってるよ。
だから最近、学校の先生が会社やお店で社会体験積むの流行ってるでしょう?
温帯はそういうのしたくても(周囲がさせたくても)引受先いないかもだけどさ。

464 :名無し草:02/10/28 14:41
漏れワセダ出身だけど、文学部文芸専攻って、
「わたしは他人とは違った特別な人間なのよ」と
勘違いしている人の率が少々高いような気がする。
(もちろんきちんとした立派な人もいるけど。)

465 :名無し草:02/10/28 15:18
>>464
特別なだけに就職活動では苦杯を飲むヤツが多い・・・と。


466 :名無し草:02/10/28 15:23
>>463
温帯にできそうな仕事ってなんかあると思う?
事務でも接客でもいいから、人の下に付く仕事って意味でね。

467 :名無し草:02/10/28 15:27
>>466
引き受け先が気の毒すぎて、考えられんね。
なんか頭下げれば下げるほど、間違った方向にプライド高くなっちゃいそうだし。
(いや、偏見とは承知だけどさ…)

468 :名無し草:02/10/28 15:40
大学時代に喫茶店でバイトしたとき、
台所の床に落としたオムレツを、パンにのっけて客に出した、
その客は嫌な奴で、いつもぶちぶち文句つけるんだけど、
その日に限って何も言わずうまそうに食ってた。

と、さも武勇伝のように語ってましたな温帯。
ああ、あと就職するなら料亭!とかいうタワゴトも。

469 :名無し草:02/10/28 15:49
温帯は朝日とか出版・新聞系受けて、見事に玉砕されたんでしょう。
こういうのは就職しなかったとは言わず「できなかった」というべきだ。

芸大受験の件と同じようなものだ。

470 :名無し草:02/10/28 15:53
>>468
料亭っていうと仲居さんって事?
あんなにものすご〜く気配りが大事で、
人の気持ちの機微がわからないとできない職業を希望?

身のほど知らずっていうのはこういう時にこそ使うべき言葉だね!

471 :名無し草:02/10/28 16:03
なんかついに、取り返しのつかない大失言やらかしてないか?
障害者は基本的人権がない、というようにも読めるのは気のせいか?
そのからみでもし文春にまた取り上げられたりしたら、
今度こそ社会的に抹殺されるぞ、これ。



472 :名無し草:02/10/28 16:04
乳癌を切ったとき、「これで身体を売るという選択肢はなくなった」という
感想を持ったはず。まあ、切る前からいささか…ゲフンゲフン

473 :名無し草:02/10/28 16:11
>470
大方、例の『バーのママ』みたいに甚だしい思い違いをしてらっしゃるか、
有能な自分なら見出されてすぐ女将になれる、とでも考えてらっしゃる
(これも思い違いだが)んでしょう。

474 :名無し草:02/10/28 16:17
日本ではどんな仕事でも無理だろ。
店員がふんぞりかえっているのがあたり前の国も世界にはあるから
そういうところへ逝けばいい。

475 :名無し草:02/10/28 16:20
じゃあ、北海道か。
(北海道の方、冗談です、スマソ。)
ふんぞり返ってるのがOKでも、きちんと定時出社とかできなそう
だから、所詮、駄目なやつは何をやっても駄目。

476 :名無し草:02/10/28 16:24
いつも思うのですが、自分の妄想に満ちた考えを
「我々はこう思う」と表現しないで欲しい。
日本人はこうだ はたまた 一般人は、若い人達は
こうだという決めつけにうんざりしてきます。
想像力がないのはあなたの方ですよ、温帯。

477 :名無し草:02/10/28 17:10
>>422
お?
「温帯世間」では、「終った事」になってるの?
一度行ってみたいな温帯国。

478 :名無し草:02/10/28 17:13
>1ヶ月後、半年後にまた私は「いま、あなたはこの問題についてどのような関心を
>もっていますか?」と、マスコミにむかっても、いろいろと騒いだ人たちに
>むかっても問いかけてみたいと思います。

一ヶ月後、半年後。
まず本人が自分でそう書いたことをろくに覚えていないと思われ・・・
ごまとしらすだの卵のこと書きましたっけ?書いてないですね?だの嗚呼

479 :名無し草:02/10/28 17:15
非常に引用しにくい文書ですが、こうだそうです。

-----------
けさの新聞では、本来きのう帰国するはずだったという拉致被害者の人たちの
記事はおかしいほど小さくなっており、ずっと特集をくんできた週刊誌の見出し
からは、ほとんど「拉致被害者」の文字は消えていました。私は黙ってずっと
この先の経過をも見ていようと思います。世論は狂奔して、マスコミに乗せ
られて騒いで、そしてマスコミが沈黙すればあっけなく忘れ去って次の話題に
飛びつくものであるかもしれない。

480 :名無し草:02/10/28 17:20
>私は黙ってずっとこの先の経過をも見ていようと思います。

黙って見ててくだちい。おながいします。


481 :名無し草:02/10/28 17:34
>>479
本当だ・・・
温帯国では、もう被害者全員の日本永住帰国でけりがついてしまっているらしい。
向うに残されている家族のことはどうなるんだろう?とか、
その辺の問題は、別に思い付きもしなかったんだね、温帯は。

全然関心ないんじゃん・・・


482 :名無し草:02/10/28 17:47
国家犯罪な上に現在では国交正常化交渉の外交カード。
下手をしたら、日本に帰ってきた家族と北朝鮮の家族とは2度と会えないかも
しれない。
みんな息を詰めるようにこの後の成り行きを見つめ、何とか頑張れよ政府、と
思っているとは、全然考えないと思われ>温帯

483 :名無し草:02/10/28 17:51
温帯、テレビは見てないけど週刊誌は読んでるんだね。しかも女性週刊誌。
そりゃ女性週刊誌も良いけどさぁ・・・たまにはテレビみなよ。
連日、北のお話は長い時間を使って語られているし、16歳の娘さんの件
(個人的にはあれをやったテレビ局は誠心誠意謝罪すべきだと思う)もあって、
時に加熱しすぎながらも、慎重に気を使いながら報道されてるよ?

「記事はおかしいほど小さくなっており」って・・・温帯、バカでしょアンタ。

484 :名無し草:02/10/28 17:54
>>483
しかも女性週刊誌の「見出しだけ」だってさ。

温帯には、こないだのへぎょんの特番見てみて欲しかった。
あれ見たら何と言ったかねえ。

485 :名無し草:02/10/28 17:55
昨日は統一補選もあればロシアの占拠事件の終結、アメリカでの銃乱射事件
日米韓首脳会談など大きなニュースがあったため
とりわけ大きな動きがなかった拉致事件の扱いが小さくなったのは
しかたない…ということも理解できないのか。温帯。

486 :名無し草:02/10/28 18:03
「アマゾネスのように」ゲットしました。いや、図書館で「ご自由にお持ちください」
となってたもんで、資料にと思って。でも読み進められないですね〜、昔一度別の
図書館で読ぐいぐい読めたのは「グインを書いた人がこんなこと考えてるのか」という
興味からだったんだな、と実感。バカと分かってる人間の文は読むのがばかばかしくなる。
まぁでも、群集恐怖症のためハイヤーばっかり使ってて一時期稼ぎの半分が消えたなんて
のを読むと、芝居やらなくても無駄金使ってた人なのね、と妙に得心。

487 :名無し草:02/10/28 18:07
>>486
まあ、お金たくさんある人はそういう使い方するよ。

488 :名無し草:02/10/28 18:08
女王様でいられる客商売、いっこだけあるじゃん
と一瞬思ったんだけど、
温帯は「お姫さま」でいたいのよね…
(つか、それ以前の問題か…)

489 :名無し草:02/10/28 18:15
それはいーね
悪口いい放題だし、温帯向けなんじゃない?


490 :名無し草:02/10/28 18:23
ああ、そうかもねえ

人によっちゃ女王様の美醜は問わないっつか
よりヘヴィなルックスの女王様を好むらしいしね・・・
まあ、よっぽどマニアな人なんだろうけど
トマトもマニアの端くれ、気持ちはわかるし。

491 :名無し草:02/10/28 18:33
>474
店員がふんぞり返っている国でも、無知でお客様感覚でふんぞり
返ってるような温帯ではきっとそれすら無理。

492 :名無し草:02/10/28 18:50
>>490
「1万円払ったくらいであたしに逆らう権利があると思うなよ!
この腐ったナメクジが!アーヒャヒャヒャヒャ〜」

493 :名無し草:02/10/28 19:07
グイン初期の著者近影なんか、結構チャーミングに写ってるんだけどね。

まあ脳内容姿はそこから一歩も動いていない(というか美化されている)んだろうけど。

494 :名無し草:02/10/28 19:09
しかし、プロの女王様はMの心を読み取って、
的確に相手の求めるいじめツボを押さねばならぬと聞く。
温帯には無理だと思われ。
しかも、いつも必ず罵倒から自分語りへと移行してしまうので、
マニアの方は (・д・)ポカーン かも。
ん、放置プレイならいいのか。

495 :名無し草:02/10/28 19:17
Mの人っつーより、温帯マニアにしかウケないような。
それだと 今 と 変 わ ら ん

496 :名無し草:02/10/28 19:17
>1ヶ月後、半年後にまた私は「いま、あなたはこの問題についてどのような関心をもっていますか?」と、
マスコミにむかっても、いろいろと騒いだ人たちにむかっても問いかけてみたいと思います。

ここにおいでの皆様方。ネットでネコを殺して画像を公開した例の事件の時、こいつは
3ヶ月から半年までには小さい子供の連続バラバラ殺人事件が起こるとか書いてなかったっけ?

497 :名無し草:02/10/28 19:23
5/27の交信日記ですね。半年経過まであとひと月あります。
まあ温帯自身は自分の予言が当たった時しか
思い出さないんでしょうけど。

498 :名無し草:02/10/28 19:23
>>496
書いてた……鬱

>私の不吉なカサンドラ的予言をしておかなくてはと思ったので(爆)こう
>いう事件があいついだということは、これから2,3ヶ月から半年以内に、
>また必ず小さい子供の連続殺人ないし、子供のバラバラ殺人事件みたいなものが
>出現する、という前触れだ、ということです。
>これは完全に「予震」みたいなもので、これは必ず発展します。
homepage2.nifty.com/kaguraclub/2002-5-27.htm

しかも外れ……

499 :498:02/10/28 19:24
あ、そうかまだ5ヶ月めか。
先走ってすまん>温帯

500 :名無し草:02/10/28 19:25
まあ、義理父による子殺しはあったわけだけど・・・
もちろん、温帯本人も関連付けてないから外れている訳ですが

501 :名無し草:02/10/28 19:30
私自身は予言がはずれてしまい(爆)ちょっと立場が悪くなって
しまったりするかしら(笑)(爆)などと思ったりもしなくはないのですが、
でも、ああして、私が前もって声を上げておいたことがもしかしたら
みんなの心にひっかかって、起こるべきだったことがらの多くが
防がれることになったのだと思えば、栗本の予言がはずれることで、
何人かのお子さんの命を救ったのだと誇らしく思うこともまた
揺らせるのではないかと思うのですね(爆)(笑)。


502 :501:02/10/28 19:31
揺らせる→×
許される→○

ビッグマウスに身投げしてきまつ。

503 :名無し草:02/10/28 19:52
みなさまの書き込みをみて、あぐらへ行ってみましたが、
「10月っていっぱいリハとか稽古があって、忙しかったわ〜。
私のようなたぐいまれな人間以外の愚民は暇でしょ」
というデンパを受信したあたりで眼が滑って読めなくなりました。
どうやってもサンケイ新聞の書評以降が読めません。

周囲に、自分語りが激しくて声のでかいおばちゃんがいるんだけど、
その人と話してる気分になる。鬱だ。


504 :名無し草:02/10/28 19:54
>>498
その日の日記、匿名のネット社会を許した時点でディレルが現れるのは必然と
書いてありますが、その後の記述も見るに及んで解った事があります。
温帯ヤホヒィの登場は小説という文学形態を許した事に対する当然の帰結ですね。

505 :名無し草:02/10/28 20:05
グイン後書き研究、ぼちぼち進行中。

90年(32巻)グインの後書きを初めてワープロで書く。
  (33巻)パソコンおタクを名乗る。グインとまかすこは手書きを守ると宣言。
91年(37巻)(笑)の初出?
92年(39巻)(^^;)フェイスマーク初出?パソ通にハマったらしい。
  (41巻)音楽ソフト&ミディのキーボード購入。作曲にハマる。
94年(43巻)点牢プロ発足。
95年(48巻)「炎の群像」舞台化。「損と失望はさせません!」 …。

なんだかうpしながら破滅の序曲が聴こえてきたのでチョト中断しまつ。
ご覧の皆様、おどろおどろしい曲を脳内演奏なさってくださいませ。

506 :名無し草:02/10/28 20:11
今の世の中、新聞記事と新聞広告での週刊誌の見出しだけの情報で
不安に思わない人って、危機意識のきわめて希薄の人だと言うしかないね。
ネットでのニュースさえ見てないようだし。
(ネットじゃずーっと拉致被害者の記事はトピックに入ってる)
それでよく不安にならないなあ。
私は自分で可能な限りの手段でいろんなニュースを知っておきたいと思うけど。

結局温帯は、世の中の動きを知るためにニュースを見るのではなく
目に付いたニュースから何かを言うだけなんだろうね。
つまり世界がどうなっていても特に関心がない。
そういう生き方もあるだろうしそれを否定はしないけど
少なくともそういう人はニュースに関してコメントしたりしないのが普通だろうね。

507 :名無し草:02/10/28 20:18
>>505
あれですね、帝国のテーマというか
T部長のテーマというか。

508 :名無し草:02/10/28 20:24
ネット辞書も引かない
ネットニュースも見ない
インターネットのオーソリティですからに・・・

509 :名無し草:02/10/28 20:26
温帯のパラダイムでいう「基本的人権」ってのはいったい
どういうことになってんだろ…。まさに翻訳不能の極北。

>週刊文春の記事の結びで「作家的想像力は事件が解決してからにして
>いただきたい」ということばがのっていました。本当にそうだったのでしょうか。
>作家的想像力は、そのとき世論が団結するための邪魔にみえても、
>本当はそういう巨大な事件の渦中でこそまさに必要なものではないのでしょうか。

温帯の発言によって世論が分断されてた、なんてことはなかったと思うが?
叩かれたのは、危険思想だったからではなく、バカな発言だったから。それだけ。
現実を見ようよ、温帯。

510 :名無し草:02/10/28 20:37
>>505
お疲れ様です。
グイン本編はいつからワープロになったんでしょうかね。
グインは手書きで書きますと言ってたのに
その後しばらくして、あとがき?に
「イシュトヴァーンはイシュトで辞書登録しています」とか書いてあって
脱力した記憶があります。

511 :名無し草:02/10/28 20:40
どっちかっつーとSMにおける女王様ってのはMに奉仕する役柄だから
温帯には無理だよ…

512 :名無し草:02/10/28 20:56
>510
「アマゾネスのように」の中で、『唯一手書きをつづけていたグインも、これからは
ワープロ(=パソコン)書きにしようと決めた』という言及がありますな。
かなり進行したガンという現実をつきつけられて、「手書きにこだわる」ことより、
『グインを完成させる』という命題の方を優先しようと決意した、とか。

…今の目で見ると「質より量を取るのかよっ!」とツッコミたくなりますが、それでも
刊行当時はそれなりの決意として読めたような。

ちょうど、活動が小説メインから舞台メインへ移行する、過渡期のころの刊行
なんですよね、「アマゾネス」は。
温帯の「(比較的)まともな本」として読めた、最後の数冊なんではないかと。

513 :名無し草:02/10/28 21:05
「S」はサービスの「S」って言うくらい大変な気配りが必要だって
その道の人から聞きましたよ。
あのオババでは無理です。


514 :名無し草:02/10/28 21:09
>>505,512
年表を作っているものです。
それ年表に入れていいですか?
「アマゾネス」が1992年11月(オフィシャルのキャッシュがあった)なので、
1992年前後からワープロ書きということになりそうです。
たぶん、「黒い炎」あたりかと。

515 :名無し草:02/10/28 21:33
温帯の料亭づとめってこうでしょ

大物文化人or政治家
「いやあ、やっぱり格調高い店で飲む酒は格別だ。それはやはり女将のお手柄で云々」
AZ女将
「まあお上手ですこと、ウフフフ…」

文壇の大御所
「いつ来ても隅々まで気配りの行き届いて、それでいて何とも言えず風雅な風情の
漂う格調高い店だねえ。これはやっぱり、女将の人柄の溢れる場所だからカンヌン・・・」
AZ女将
「まあ、おだててもなんにも出ませんことよ、ヲホホホホ・・・」

…すいません、寒くなったんでコタツに戻ります。

516 :名無し草:02/10/28 21:52
>誰の立場にもなれず、孤独に、だがだからこそ、誰にでも「想像力によって
>なれる」のが、それが「作家の想像力」というものであり、任務でもあると
>私は思うのです。だからこそ、私がJUNE小説を書いているときに、
>つねにリストカット常習犯の少女や引きこもりの女性、摂食障害に悩む
>女性からの手紙が山のようにやってきたのだと思います。

作家の任務とJUNE小説に何の関連があるのか頭の悪い私には
よくわからないのですが…
私は元JUNE読者だけどJUNE読む人がそんな人ばっかりだと決め付け
られてるようですごく嫌。
そういえば「朝日のあたる家」の朝倉雪子もテレビ見てる人を「暇人」と思いっきり
馬鹿にしてましたね。あれって温帯の気持ちだったんですね。

517 :名無し草:02/10/28 21:54
あれだけ、お姫さま願望があるのに、「わたしにはシンデレラコンプレックス、
いつか王子様が願望はからっきしない」とか言いきれちゃうのか…。

「くたばれグルメ」では、わたしの腕前は、盛りつけなんか料亭じこみで
プロ級とあったんですが、料亭に修業したことでもあったのでつか。
群よう子ともたいまさこの突撃体験エッセイにはそういうのあったけどぉ。

にしても、芝居で8千万の赤字ってすごいですね。それ以前のも累積してたら
多いときは億、少ないときでも常時8ケタの借金があるってことですね。
多重債務におちいると、平常心を保っていられるのは100万くらいまで
と何かで読みました。するとここ10年狂乱パニックホヒぃ状態が
常態となっている人の繰り言と思えば、すこしは寛大に…いや、なれんわ。

むかし花柳界では「掘れた…まちがいた…惚れた客にほど金を遣わせろ、
そうしたら、女に飽きがきても、遣った金が惜しくて別れにくくなる」という
至言があったそうで。
温帯!! まさにこれだね。個人的には目ウロコがぼっとーんモード。
納得。推定3億からつっこんでりゃ、意地も…ねえ。ばんばれ。

518 :名無し草:02/10/28 21:55
「作家の想像力」っていまの温帯に一番欠けているものですね。

519 :名無し草:02/10/28 21:59
「作家の想像力」って言うと、節度があるように聞こえるもんな…

520 :名無し草:02/10/28 22:03
年表を作っておられる>>514様へ。
あなたのお手伝いの為にいたしてますのよ、オホホ…(デビふう)。
では続きをば。チョト長いです、すまそ。

95年(49巻)ワープロにキャラ名を辞書登録してるらしい。フーン
      ぱちおの予告。ちゃんと告知します、との事。
  (50巻)すでにぱちお始まってるし。告知はどーした。
96年(52巻)点牢オンライン開設?
  (53巻)ぱちお住人にけしかけられてフルハウスを!
  (54巻)ニフ「グイン特設会議室」宣伝。
97年(55巻)自分のHPを持ちたい!と切望。「MAC買ったんだい」と自慢こき。
  (59巻)「財政上の事情で狂ったように小説を書きまくった」発言。
98年(60巻)(爆)初出?(激爆)を含むと20コぐらい(爆)ってます。
  (62巻)「『炎〜』と『天狼☆』で作ったかなり莫大な借金を払う為
      むちゃくちゃ働いた」らしい。そうですか。
  (63巻)ゾルーガの指輪製作販売。
99年(65巻)天狼叢書の宣伝…。
  (69巻)「グインヤオイ」(ローデス)を嬉々として宣伝…。そしてこの巻数…。
00年(73巻)○ガ・サーガ宣伝。「嫌だったら読まなきゃいいじゃん」発言。読むかゴルア!
  (74巻)グインの漫画化を宣伝。
  (75巻)HP作りに勤しんでるらしい。信者からの御注進「某HPは見ないで」に
      激怒してる模様。名言「ミスリーディング」×2。
  (76巻)伝説のサイトあぐら開設。「ヤオイの開祖」を高らかに宣言。

この後は皆様よ〜く御存知の事かと。改めて読むとしみじみ思う。

当時読んでた自分の肩を掴んで揺すぶりたい!激しく罵倒したい!


521 :名無し草:02/10/28 22:06
>520
ありゃ(巻数)のアタマがガタガタじゃん。
見苦しい物をお目に掛けた罰に、あぐら最初から読み直してきます。

522 :名無し草:02/10/28 22:13
中庭開設も年表に入れたがイクナイですか?
今年7周年とかどこかで読んだ記憶があるけど、正確にはいつでしょう。
あとがき発掘したら書いてあるかな?
(と、まだ本を保持してるトマトさんを頼るブクオフトマトの私)

523 :522:02/10/28 22:16
ああ…リロードせずに書いたらこのザマ。
520さんすみませぬ。
ウメちゃんのチュウに吸いつくされに逝って来ます。

524 :名無し草:02/10/28 22:23
>522
中庭は1995年9月1日

525 :名無し草:02/10/28 22:44
(;´Д`)萎え言葉初出

99年12月 69巻 ストーカー
00年08月 74巻 ランドマーク
00年10月 75巻 夜光塗料
00年12月 76巻 ベストドレッサー

526 :名無し草:02/10/28 22:50
>>509
少なくともお前の作家的想像力はイラネーヨ、
と言ってやりたいですね。

527 :名無し草:02/10/28 22:54
蓮弟「俺の24年間を無視するのか!?」
温帯「人は誰も自分の運命の主人にはなれない」

終わり…。


528 :名無し草:02/10/28 22:54
>464
遅レスでスマソ。
早稲田の一文文芸トマトです。真面目に、真面目にがんばってる人も
多いんだよう。たのんます。一割だなんてくくんないでください。
出身校が同じであるだけでも激しく鬱なんですーーー(泣)

529 :名無し草:02/10/28 23:02
>>526
作家的想像力ですか。
トマト達は、温帯にとってDQN読者。
温帯はそれをモチーフに作家的想像力とやらを使って書いたのが
ロマンクエストと日記上での罵詈雑言のみ。
スティーブン・キングは、同じDQN読者をモチーフにしてミザリーを書きました。
これを見れば作家の力量と先見性はどちらが優るかは明らかですね。

そこまで作家としての想像力を使いたいなら、そういった小説を書けばいいのにね。
ま、依頼がないんだろうけどさ w

530 :名無し草:02/10/28 23:19
>529
もしDQNトマトが温帯を閉じ込めて思い通りに作品を書かせたら
素晴らしい小説が出来てしまうのでわと思いますた。

531 :名無し草:02/10/28 23:24
>>512
「完成させる」というはずのワープロ導入が、ただのスピード自慢と
誤植責任転嫁と、脳内妄想垂れ流し小説の元凶になるとは・・・!!

532 :名無し草:02/10/28 23:26
>>517
>飽きがきても、遣った金が惜しくて別れにくくなる
まさしくこのスレやあのスレの人たちの事では・・・

533 :名無し草:02/10/28 23:29
ジャンプの審査員写真見てきた。アンパンマソ。

534 :名無し草:02/10/28 23:37
温帯を選考委員に推してるヤシらって
ちゃんとグインや最近の作品読んでるのかなあ

535 :年表:02/10/28 23:37
http://isweb43.infoseek.co.jp/art/nyanko50/

こんな感じにしようと思ってます。
単純に時系列で並べちゃおうかと。

温帯の私的な部分はぼかして。

パソコンや芝居、同人誌は年表に入れますが、細かいところは「個人的分析」に振るかも。

なお「誕生〜1984」以外はないのでご注意を。


536 :名無し草:02/10/28 23:54
>535さんのサイトですが、ネスケ(4.x)で見るとなぜかひたすらリロードを繰り返し
停止ボタンもききません。
ローカルに保存してMETAタグの部分をコメント化したらおさまったのですが
ネスケ系で普通に見られる方がいらしたらバージョンきぼんぬ。

537 :名無し草:02/10/28 23:55
はじめまして。
グインサーガファンだと最近まで自認していた新参者です。
こんなスレッド見つけなきゃよかったああぁああーー。
と思いつつ通勤途中にi-mode使ってまでスレ熟読しています。

昔は出るのが待ち遠しくて本屋に何度も足を運んでたものですが
最近は本屋に行ったついでに新刊見つけて購入するようになっていました。
情熱が薄れたわけがここに来て判明。

グ イ ン は ヤホヒィ(*゚д゚) だ っ た の か 。

まだ青いプチトマトのわたしは怖くて「あぐら」とやらを
見る気がしません。
だって、だって、だってグイン好きなんだもの。
だってグイン好きなんだものーーー!!ヽ(`Д´)ノ ウワァン

538 :名無し草:02/10/29 00:03
>537さん
ライノベ板のグインスレはお読みでしょうか?>読んでらしたらスマソ。
あぐらへはまず過去ログを熟読、その上で『腹筋に力を入れ、目薬を用意して』
見に行かれる事をお奨めします。私もそうでした…。


539 :名無し草:02/10/29 00:36
>578
アドバイスありがとうございます。
ライトノベルの方はまだのぞいてませんので、今度じっくり読みたいと思います。
ああ、パケット料金が嵩む。。

540 :余談。:02/10/29 01:43
漏れ乙一ファンなんだが、
将来こいつがもっと売れっ子になったときに、
温帯に見いだされたヤシっていう
烙印を押されてしまったらどうしようかと。
それが非情に心配です。

541 :名無し草:02/10/29 02:05
神林長平とか大原まり子とか、「私が見いだした」って
堂々と言ってたしな……

542 :名無し草:02/10/29 02:06
げっ、神林さんのお尻に汚い蹄の跡が・・・・・・・

543 :名無し草:02/10/29 02:14
すいません。
「神林、大原はあたしが」のソースはどこにあるのでしょう?

不愉快なので探してるのですが見つからない。

544 :名無し草:02/10/29 02:39
ごめん、自分語りです。

当方、バイトで知的障害者の子供達と毎日顔を合わせています。
子供達は可愛かったり、たまにはクソガキと思ったりしてますが、
先生方や世間がいかに彼らを世間一般ととけ込ませようと努力しているか
見える分、温帯の書いてた(らしい←ここしか見てないから)ことは
ちーとも状況を分かってないくせにえらそーに。としか思えないよ。

確かに、重度障害の子たちはただヨダレたらしてそこにいるだけなんで、
こういう子たちに手を添えてなにかをやらせているのは茶番じゃないのかとか、
いろいろ私的にも(聞いてみたら先生方も)悩むこともあるよ。
でも、彼らの人権やら、社会参加やら、なにもせずにだらだら意見を述べるより
ずっと実践的なことをやってる。(必ずしも正しいかはわかんないけどね)
なんかなあ、温帯も作家やっていくなら、もっといろいろ見たり学んだり、
実践をまずしたら良いんじゃないの?

ごめ、長かったです・・・・

545 :名無し草:02/10/29 05:02
>>543
多分、ソースは「小説道場」かと、思うのですが・・・
うろ覚えですが、温帯が下読み委員をしたときにA評価をつけたのが
このお二人だったとか、そんな自慢だったと思いますです。


546 :名無し草:02/10/29 07:57
>>545
そうそう、小説道場第一回目。
宣伝屋をやとわずに自分で宣伝しとくが、
といいつつ、温帯が文章読んで評価を高くつけた子が
その後プロになって活躍してるって。
で、神林の名前が出てた(大原まり子も出てたかも、覚えてない、スマソ)。
だからウデは確かなんで、安心して投稿せよ、
なんせ直木賞作家様よ、ほっほっほ、って話だった。

547 :名無し草:02/10/29 08:26
私の好きな門弟さんの美しい本の帯に、
「栗本薫氏 推奨!」とか、
(笑)の二つもついた馬鹿にしたような推薦文が書いてあった時には、
まさしく汚された、という気分でした。


548 :名無し草:02/10/29 08:34
>>547
筒井康隆が言うところの「無理やり同衾されて、おまけに寝小便された」という状態だな。

549 :名無し草:02/10/29 09:01
>548
うわ〜、実際にやられたら殺意抱く状況だな。
しかし、うまい表現だ。
さすが筒井康隆。

550 :名無し草:02/10/29 09:46
キタ━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━!!!!

で、きのう「人間は自分の運命の主人にはなれない」という話を書きましたところ、
いろいろなかたから、なかなか感動的な共感のメールを沢山頂戴し、また、
友にして天狼叢書のパートナーでもあるイラストレーターのさとう時子からも、
「まさに同じようなことを思って書いたところだった」といってもらいました。
でもけさになって突然、「いや、でもこれは私のいいたいことの全部じゃない」と
思ったので、追加して書き直しておこうと思います。

((((゚Д゚))))ガクガクブルブル

551 :名無し草:02/10/29 10:04
>ああ、なんだか本当に人間としての私と、小説の内容は何の関係もなく、
>どこか高い星の上かなんかから降ってきて私はただそれをうろたえながら
>書き留めているだけなんだなあ

で、電波…

552 :名無し草:02/10/29 10:06
昨日のジャンプに載ってた乙一氏の話
「(略)小説を書くという行為は、鏡を覗き込む行為に似ている気がします。
僕には自分の書いた文章が自画像のように思えてなりません。
執筆する時の注意は、自分の顔がトム・クルーズ似ではないのに、
羨望や陶酔で目が曇ってトム・クルーズ似の自画像を描いてしまわないことでしょうか…。」

これを読んで、もしや温帯の目には自分が傾城の美姫に見えてるのかしら。
だからあんな自己肯定と陶酔に塗りつぶされた駄文が書けるのかしらと思いますた。

553 :名無し草:02/10/29 10:12
成増をバカにすんな、ゴルア。

>きのうときょうがリハが遠い(爆)板橋区の成増、
>ああ、きょうも成増です。

ガイシュツだろうが「づつ」はないよね。

554 :名無し草:02/10/29 10:40
>>550
温帯の周辺には真性外基地しかいないってことで<温帯マンセーの
共感メールが殺到  
また昼行灯氏が温帯に都合良くメールをセレクトしていると思われ

555 :名無し草:02/10/29 10:45
今日の本スペ
>「村のみんなに頼まれたので」って、そのバッグからなんと40冊くらい
>の本が出てきたこと。全部サインしましたけど、なんとなく胸が熱く
>なりました。サインがすむと涙を浮かべて手を握ってくれて「これから
>また2日間かけて島に帰ります」といって出ていったこと、

その少年と村の人々、今の温帯の壊れっぷりを見たら
何を思うんだろう・・・サイン本も果たしてまだ持っているのかどうか

556 :名無し草:02/10/29 10:51
女流作家で温帯と同じ賞も取っていて、
やはり長くシリーズものを続けていて多作でもあり、
演劇の分野でも活躍していながら謙虚な人がいることに
最近気づいたよ。

平岩○枝さんを末永く応援すると決めました。


557 :名無し草:02/10/29 10:51
>>551
「電波」とは、元々「宇宙からの電波を受信している」と
のたまう方々がおられたことから派生した言葉ですよね。

ウワー、ほんとに受信してたんだ(゚∀゚)!

558 :名無し草:02/10/29 10:54
えーっと、えーっと、えーっと……

 ク ナ シ リ 島

から来たんですか??

いや、クナシリ島って、あの、北方領土の「国後島」ですか、
それとも、北海道には、他にも「クナシリ島」ってあるんすか??

559 :名無し草:02/10/29 11:12
温帯マンセーのメールを送ったヤシ等も気の毒に、
せっかく共感してあげたのに「私はその共感よりさらに上なのよ(笑)」
なんて言われて、それでも嬉しいのか?


560 :名無し草:02/10/29 11:18
国後島から2日がかりで…それ…やばいんじゃ…

561 :名無し草:02/10/29 11:19
>559
「私も同じ意見です」というメールを複数もらったので、
「ふん! 私はあなたたちより上なのよキー」
と言う調子で書き散らしたに違いない。

562 :名無し草:02/10/29 11:20
故郷が(爆)だらけにされ、トマムは道南にされ
あまつさえ、胸を熱くした思い出の少年は
国後島から来たことにされちまってる・・・・
密入国かよっっ!

氷の美術館に氷雪の女王があったら捨ててきます・・
二度と来るな。

563 :名無し草:02/10/29 11:22
なんかとってつけたような綺麗ごと日記後半で吠えてるけど、

略奪婚に本家取り、なんちゃってミュージシャン活動やお寒い舞台演出
に加え日記でも毎日毒電波まき散らし放題と
人生面で完全に自分の好きなようにやってきて(弟の介護なんて
やったこたないしするつもりもなかった)、
肝心の長編小説も誤字脱字・時代錯誤表現とキャラ総痴呆化で
救いようがなくなってるのもす・べ・て強引に正当化。これまた
全部自分の好きなようにやっているような、苦労の苦、自戒の自の字も
知らない人に「人間は自分の運命の主人にはなれない」とか
「だがまた、人間は自分の運命の奴隷でもない」とか勿体ぶって
説教されてもねえ・・・

力のある作家は、自分で実際に経験してない事でも豊かな想像力と
他人への思いやりを持ってそれを仮想的に小説で表現できるもんだけど
今の温帯にあるのはワンパターン化した妄想癖と、徹底的な他人への
差別意識だけ。 なんでこう人格的に破綻した人にエラそうなこと
言われなきゃならんのよ。それも、拉致被害者や家族の気持ち汲んで
やることすら出来ないエセ評論家にさ。

564 :名無し草:02/10/29 11:49
ヽ(`Д´)ノ ぅわーーーん。本スペ見ないんで
故郷にに汚い手をされたなんて…。
リユックの少年、クナシリではなく、奥尻と言ったんでは?
2日かけて密入国するわけないし、温帯耳がとおK…ゲフン、ゲフン。

565 :名無し草:02/10/29 11:56
奥尻か、利尻か、どっちかだろーな。




温帯の好きそうな、名前だな……ごめん>北海道の人。

566 :名無し草:02/10/29 12:22
焼尻もあるんだよ・・・鬱

567 :__:02/10/29 12:35
成尻(なりしり)ってのがあれば面白いのに。

568 :名無し草:02/10/29 12:44
「シリ」はアイヌ語で「土地」のこと。
汚い手でアイヌの言霊の篭った地名を汚してはなりませぬぞ(藁

569 :名無し草:02/10/29 13:15
>567
愛媛県にあるみたいだよ>成尻
読み方わかんないけど(w

570 :名無し草:02/10/29 13:26
Nooooooooooooooooo!!
当方、愛媛県産トマトでつ。

571 :名無し草:02/10/29 13:52
この人は本当にもう駄目なんだなあ……ということをまた思い知りました<クナシリ表記
もう怒りもほとんど湧かないんですが、皆さんどうですか?
(ウオッチ2年目)
でも解脱は出来ない未熟者……

572 :名無し草:02/10/29 14:09
クナシリ島の村のみんなはロシア人なのだろうか……

573 :名無し草:02/10/29 14:26
クナシリ? 北方四島の? あのクナシリ?と、頭の中を「?」だらけにして
ここにやって来ましたが…。やっぱ、間違いだよね…?

574 :名無し草:02/10/29 14:29
「クナシリ島から二日間」の温帯が語る、「北朝鮮拉致被害者」

なーんの説得力もねーや。

575 :名無し草:02/10/29 14:53
>553
げげげっ!温帯来てるの?
文句言うならくるな。誰も頼んでないぞ。
万が一を恐れて、外出(特にダイエー)は控える事にするぽ。

576 :名無し草:02/10/29 15:54
>ああ、なんだか本当に人間としての私と、小説の内容は何の関係もなく、
>どこか高い星の上かなんかから降ってきて私はただそれをうろたえながら
>書き留めているだけなんだなあ

温帯が、こういう妙にリリカルというか崇高な文章を連ねだすと
自分の脳内には、お目目キラキラ、巻き毛クルクルでうっとりしてる
AZタン姫の姿が浮かぶ。

……ただし、しりあがり寿の画風で。

577 :名無し草:02/10/29 15:57
「あなた言葉・考えに共感しました」って言うと
「わたしが考えている事はもっと高尚なのよ、分かった気にならないでちょうだい。フンッ!」と
温帯は気持ちよ〜〜く書き散らし始めるのか。

578 :名無し草:02/10/29 16:07
>>576
「11月のラジウム温泉」か?

579 :名無し草:02/10/29 16:33
初めて点牢叢書の絵師さんの名前を知りました。>本日の更新日記で。
検索して彼女のサイトを拝見してきたが…。

もうグイン本編もあの人使って下さいよ。
末弥さんは可哀想だし丹野さんも勿体無いから。


580 :名無し草:02/10/29 16:48
>579
あのヘタレ絵が表紙になったらすっぱり解脱できるんだけどなあ。

581 :名無し草:02/10/29 16:51
確かに聞き慣れない地名って、一回言われただけだと覚えられないけどね、聞き慣れないならね。
でも利尻、奥尻って料理作るの好きな人なら結構聞く地名じゃない?
昆布とか海産物で有名なんだし・・そうでもないのかな。


582 :名無し草:02/10/29 16:58
というか、「クナシリ」と書いて、何の違和感もなく、それを公開してしまうってのがね。
既に終わった人というか、なんというか。

いくら更新日記の方で偉そうなことを言っても、この1文で、その底の浅さが計れてしまう。

583 :名無し草:02/10/29 17:04
>581
とりあえずクナシリじゃないとは思うだろうねえ、普通は。


584 :名無し草:02/10/29 17:05
「くなしり」っていまのATOKでカタカナに変換できる?
うちは12だが変換候補にさえ出なかった。

何か考えがあってカタカナにしたのかはわからないけど、
温帯の意志でやったことだね。

もっとも次のグインで「クナシリ」とかいう島が出てくる可能性は捨てきれない。
単語登録してあったという可能性が。


585 :名無し草:02/10/29 17:20
「国後」をわざわざカタカナに変換しているってことは、
「くなしり->国後」を知らなかったのか??

まさか温帯、北方領土、北方四島を言えないんじゃ……。

この人、新聞を2紙取ってるって言ってたけど、新聞の何処を読んでるの??


586 :名無し草:02/10/29 17:30
国後と書いても、週刊誌やワイドショーしか
見ない方々には読めないでしょうし、位置もわからないでしょう(爆)
だからわざわざカタカナ表記にしました(大爆)

587 :名無し草:02/10/29 17:49
>584
ATOK14で出ますよ。

588 :587:02/10/29 17:50
あ、ごめん間違った。出ません。

本14冊持ってあぐら詣でに逝ってきます。

589 :名無し草:02/10/29 17:55
あの叢書の絵描きさん、温帯に見つかっちゃっていやいや描いてるんだろうなと同情していたら、
なーんてこたぁない、 温 帯 と 同 類 だ っ た わけですか。
いや根性が同類なんて酷いことは言いません、感性の向きが、ね。

あなたの時代遅・・(げふんげふん)もとい、温帯好みな絵柄、今のヤホヒィグインにぴったりですyo!

590 :名無し草:02/10/29 18:00
>584
IME2000なら出ました。
実はいつの間にかIME使ってるのかも。

591 :名無し草:02/10/29 18:05
>きのうはなんと1時から10時までの9時間ぶっつづけ労働
>(むろん間に多少休憩したり、食事したりもしましたけども)で、疲れたけど、

9時間程度でお疲れでつか・・・・・

592 :名無し草:02/10/29 18:14
「くなしり」で変換したら、カタカナで「クナシリ」って出るかという話だよね?
IME98でも出ました。ただし「国後」「くなしり」に続く三番目の選択肢です。

593 :名無し草:02/10/29 18:22
>591
同感だじょ。
温帯がやってる程度のことで地獄の…とか片腹痛いわ。
世の中の人たちはもっともっと働いてるんだけどねえ。


594 :名無し草:02/10/29 18:24
今日のあぐら
>本当は、悪意で「ひとにかまっている」ゆとりなんか、本当に自分の生を
>どういうかたちであれ、真摯に生きている人間にはきっとないはずだと
>思うんですけどね。逆に真摯に生きていると、ほかの真摯に生きている
>人への共感や、そこから「助けてあげたい気持」も出てくる余地が
>生まれるんだと思うのですが。

温帯に「助けてあげたい気持」の出てくる余地ってあんの?

595 :名無し草:02/10/29 18:37
9時間労働で威張ってるの?しかも飯食って?
お前の馬鹿にしとる平凡なサラリーマンはなぁ、
特にベンチャーともなればおまえの倍の時計一周半くらいは働くんじゃ〜!
女だろーが一週間泊り込みなんてフツーなんじゃ〜!!

とか面と向かって罵ったら「私はプロレタリアートとは違う」とか後で書き散らかされそうで鬱。
温 帯 、 い つ 疲 労 死 し て く れ ま す か ?

596 :名無し草:02/10/29 18:38
国後、ATOK13で出たけど

温帯、女性でも一日10時間ぶっ続けで何ヶ月も働く人はいます。
私はおかげで10キロ痩せました。(当時はかなりのデブでした(藁))

597 :名無し草:02/10/29 18:47
みんな、おちけつ!
温帯のはそもそも 労 働 じ ゃ な く て 道 楽 だし

598 :名無し草:02/10/29 18:53
>ああ、なんだか本当に人間としての私と、小説の内容は何の関係もなく、
>どこか高い星の上かなんかから降ってきて私はただそれをうろたえながら
>書き留めているだけなんだなあ

末期状態の平井和正が同じようなこと言ってませんでしたっけ?

599 :名無し草:02/10/29 19:18
>>589
プ シ ュ ー コ ポ ン ポ ス とは「霊魂の導き手」を意味するギリシャ語に由来し、
そういった役目をもつ神の称号としてもちいられました。

サイト名からして…。

600 :名無し草:02/10/29 19:26
>ああ、なんだか本当に人間としての私と、小説の内容は何の関係もなく、

えーと、じゃあなんでこうなるの?
>「栗本には興味ないけどグインをちゃんと書け」っていう人たちなんか、
>いったい、私の人生(略)について何を知っているというんでしょうね。
>一人の人間がどういうふうに何を感じ、何を考えてどう生きてきたかも知らなければ
>知ろうともしないで(略)いいきってしまえるような神経で、しょせん何が理解できるというんだろう。
ttp://homepage2.nifty.com/kaguraclub/syunju1.htm

物語と自分が関係ないんなら「栗本には興味ない」といわれて怒ることもないのでは。
まあ、どうでもいいですが。

ところで温帯ナビの看板変わってたね。濃縮トマトスープですか(w

601 :名無し草:02/10/29 19:37
>585
たぶん見出しと週刊誌の広告だけ。

602 :名無し草:02/10/29 19:39
なんか最近、もはや「温帯」などと生ぬるい呼称はふさわしくないので、
「豚婆」とかよりふさわしい名前で呼んだほうがいいのではないかと
思うのは私だけでしょうか?

603 :名無し草:02/10/29 19:47
その少年か、少年に本を預けた人で
今ここの住人になってる人はいないのー?

604 :名無し草:02/10/29 19:48
>豚婆

豚に失礼です。

・・・という冗談はさておき、やっぱり温帯は温帯っしょ(w
唯一無二のオリジネイター、オンリーワン、後にも先にも周りにもこんな奴いねえ!
今じゃ「温帯」以外に考えられないなあ、呼称。

まあ、本来の意味で使われる「温帯」の文字を見ても
プッ となってしまうのが困りものなんだが・・・

605 :名無し草:02/10/29 19:49
>599
わしも見てきた。なんつーか…霜の所もそうだけど、装飾過剰というか自分
酔い臭いというか…
やっぱパーソナリティが似てると感覚も似るのかね。

606 :名無し草:02/10/29 20:09
>602
温帯の太り方は豚レベルをとっくに超えてるよ。
豚ってまるまるしてるけど、脂肪の塊ってわけじゃないもの。
温帯はまるまるを通り越してる。

607 :名無し草:02/10/29 20:18
絵描きさんのサイト、見てきたけど耽美系同人サイトにはありがちだから、そんなには気にならなかった。
それで温帯の日記の方を確認しようとして久々にあぐら詣でをしてみたら、やたら見やすかった。
文字のサイズを最小にしていただけなんだけど、
字の大きさだけでこんなに印象が違うものなんだなあ。

それにしても、本当にこんな事あるんだ。

>で、きのう「人間は自分の運命の主人にはなれない」という話を書きましたところ、
>いろいろなかたから、なかなか感動的な共感のメールを沢山頂戴し、
>また、友にして天狼叢書のパートナーでもあるイラストレーターのさとう時子からも、
>「まさに同じようなことを思って書いたところだった」といってもらいました。

温帯の取りまきは、温帯と同じ頭の持ち主なのか、
それとも温帯の言っている事が特殊な翻訳ソフトで変換されて脳に届くのか、
どちらなのだろう。
案外後者で、解脱すると一気に現実が目に入ってきて、トマトになるのかも。

608 :名無し草:02/10/29 20:40
>607
取り巻きさんは「こういう事を言ってあげれば喜ぶんだろうな」と
温帯の喜ぶツボをおさえてるだけなのではとか思ってみたり。

ククク、ヤツをおだてるのなんざちょろいもんだぜ・・・!

とか言ってみたり(w

609 :名無し草:02/10/29 20:54
>608
かなーり同感っす。
取り巻きさんたちは、信者とかとは違って
自分の仕事の確保という頭があるので
適当にあしらっとけ、くらいの人は当然いるでしょう。
ババアおだてときゃオイシイ仕事がひとつ増える、くらいのもんで。

610 :名無し草:02/10/29 21:02
>>609
なんか悲しいなあ・・・

611 :名無し草:02/10/29 21:04
ところで607氏の引用から

>また、友にして天狼叢書のパートナーでもあるイラストレーターのさとう時子からも、

友にしてパートナーでもあるイラストレーター呼び捨てにされとります。舎弟扱い?(w


612 :名無し草:02/10/29 21:05
大人の世界って多かれ少なかれそんなもんだよねー。
温帯は成長しないといけないとこばかり子供だもんなあ。
つーか、退化してんのか……


613 :名無し草:02/10/29 21:19
>>611
それは歪んだ見方をしすぎ

614 :名無し草:02/10/29 21:25
友にしてパートナーでもあるイラストレーターさんのサイト逝ってきまつた。
あぐら2周年記念のお祝いイラストっちゅうのがあったのだが

>I congratulate you on the 2st anniversary of Kagura club

をいをい… 「2st」はなかろう… 一周年のときの使いまわしか?
それとも語学堪能(!)な温帯への挑戦だったりして(w

615 :名無し草:02/10/29 21:48
なんか同人誌の恥ずかしいチラシの間違いと同じことやってて笑う

616 :遅レススマソ:02/10/29 21:53
温帯、温帯。
週刊誌で「発揮は後にしろ」とコメントされてた「作家の想像力」というのは
温帯が思っているような
「実際には体験していない事をたぐいまれな感性で直感し想像力で深く洞察する」
なんて事ではなくて
「勝手な思い込みを根拠にした事実と異なる無責任な妄想を
物書きの知名度と力を使ってさも本当のように自制なく垂れ流す」
ことです!

ああ、いかん。
いい加減アレのだめさ加減を思い知り、
遠くから生暖かく眺めつつ次第に忘れようと思っていたのに
我慢できずに暴れそうだ。

雀さんのところにスーツの仕立ての修行に逝ってきます。



617 :611:02/10/29 21:53
>613
すみません、あぐら参りで感性が180度ひねくれてました。
もう1回あぐら参りしてきて元の角度に感性戻してきます。

単なるタイプミスなんでしょうね。

618 :名無し草:02/10/29 21:55
>いろいろなかたから、なかなか感動的な共感のメールを沢山頂戴し

自己陶酔型自慢炸裂あイタタ人種は正確な数が数えられません。
ホントにひとつ、ふたつ、沢山と数えます。
因みにひとつ=結構な数、ふたつ=かなりの量、となります。
普通の人はこのことに気付くまで、苦労を強いられます。
気付いたあとは、単に不愉快になります。

619 :名無し草:02/10/29 22:00
>>613
漏れが中庭にいた頃は舎弟扱いですた

620 :名無し草:02/10/29 22:06
>>616
温帯がそんな事すら読みとれなくなってしまっているのは
あの記事に書かれた事が悔しかったんだろうね。 す っ ご く 。
だから言い返すチャンスを狙っていた。 w
でもその反論は、いつもの如く的はずれ(爆笑

621 :名無し草:02/10/29 22:19
いつまでもグダグダと自己弁護たれ流してんじゃねーよ。
腐ったドリアンみたいに、すくいようがないぞ、温帯!

622 :名無し草:02/10/29 22:20
>>617
タイプミスかー。わらた。マジで言いそう。
実はそれほど親しくないがホントかな。

623 :名無し草:02/10/29 22:21
>619
漏れが中庭にいた頃は下僕扱いですた

624 :名無し草:02/10/29 22:22
>>611
たぶん、呼び捨てなのは「マブダチ扱い」ではないかと……
昔吉田秋生先生や岸祐子先生のこと呼び捨ててたし
「親しいのよっ!」アピールのつもりかと……

625 :名無し草:02/10/29 22:26
呼び捨てにされると
『私はあずさ様から呼び捨てにされるくらいの親しい仲なのよ』と思うのではないかと

626 :名無し草:02/10/29 22:36
>607
「運命論」を使って「基本的人権」を否定してのけた
温帯に共感したのではなく、新聞記事の孫引き文に
共感したということであれば、常識人の範囲内では?

人は運命に逆らえない

障害者のように基本的人権のない人もいるのに
基本的人権がなくてはならないと考える人は傲慢

拉致上等!

しかし、昨日の亢進日記は温帯パラダイムの真髄っすね。
牽強付会、常識・脈絡一切ナシ。

627 :名無し草:02/10/29 22:39
おねがいしまつ「プロビデンス」にさわんないで
特にあのタイトルはクリスチャン・ベアが参加していて
お気に入りなの〜

628 :名無し草:02/10/29 22:49
>いろいろなかたから、なかなか感動的な共感のメールを沢山頂戴し

「なかなか」の一言に「凡人が書いたにしてはなかなか読めるレベルの」
という意味を読み取ってしまう私は、ひねくれ過ぎでしょうか。

629 :名無し草:02/10/29 22:57
>いろいろなかたから、なかなか感動的な共感のメールを沢山頂戴し

温帯の事だから「なかなか」は「沢山頂戴し」に掛かってるのかも、
と思ってしまう私がいますから大丈夫ですよ。>628

630 :名無し草:02/10/29 22:59
>ああ、なんだか本当に人間としての私と、小説の内容は何の関係もなく、
>どこか高い星の上かなんかから降ってきて私はただそれをうろたえながら
>書き留めているだけなんだなあ

昔はこの手の発言も
「自分の書く物が借りパ…ゲフン…本歌取りであることの告白」
と解釈してたんですが。

グインがユリウスを吹っ飛ばす時も
「自分の中から出る力ではなく星から受けているパワーだから無限だ(大意)」
とか言ってましたな。やでやで。


631 :名無し草:02/10/29 23:01
最近の、一連のとてもまともとは思えない北朝鮮のコメントをみているうちに、
「温帯」=「一人北朝鮮」という感じがしてきました。
ある意味、温帯なら北の将軍様ともタイマンはれるのでは。

632 :名無し草:02/10/29 23:07
>>630
「宇宙のみんなー!オラに力を分けてくれー!」
みたいなもんだったのか・・・グイン・・・

633 :名無し草:02/10/29 23:07
>ああ、なんだか本当に人間としての私と、小説の内容は何の関係もなく、
>どこか高い星の上かなんかから降ってきて私はただそれをうろたえながら
>書き留めているだけなんだなあ

これは温帯の言う「ミューズに選ばれた証」なんだろうが
なにせ書くものがアレだから電波扱い……哀しいね。
これも自慢のつもりで書いたんだろうにね。

634 :名無し草:02/10/29 23:12
>>633
でも、筆が進むときって本当にそういう感じだよ。
いくらでも湧き出るというか降ってくるというか。
だから筆がすべるがままにどかどか書き留めていくんだけど、
きちんとした構想があったり、世間に出すものという自覚があるのだったら、
その後にちゃんと利に適うようにまとめたり推敲するのが普通の小説家。

温帯も、それさえやれば電波扱いされずに済むのに。
降ってくるものをただ書き留めて出しているというのは
つまり、現実の作家としての自分の視点が欠けた文章を書いているってことなんだよね。
(あれで推敲しているとは言わせない)

635 :名無し草:02/10/29 23:15
>>634

>だから筆がすべるがままにどかどか書き留めていくんだけど、

温帯って、筆が滑りっぱなしなんでは。
下りばかりの峠道をブレーキの壊れた車で失踪もとい疾走していく
感じっていうか。


636 :名無し草:02/10/29 23:18
>633
禿同だなあ。
うまい小説、魅力的な小説を書いてる人がこういうことを言えば
それなりにかっこいいかもしれないけど、今のグインが高いところから
降ってくるのはみっともなさ過ぎる。
温帯はあんなひどい電波な小説を受信してすばらしいとでも思うのか?

637 :名無し草:02/10/29 23:25
温帯の目には
すばらしくたぐいまれなお美しい文章に見えるんだろうね、
あのグインがさ……作家として終わってるよ。

638 :名無し草:02/10/29 23:26
>>634
まあその筋の人なら表記揺れがまったくなおっていない時点で
「著者校もしてねーな」とわかるでそ。


639 :638:02/10/29 23:27
しまった、ひさびさにやってしまった……。
あぐら坂にお百度に逝って参ります(涙

640 :名無し草:02/10/29 23:42
>>536
かなり遅くなりましたが,ネスケ4.78ではまっとうに見れました。

641 :名無し草:02/10/30 00:19
まあ、漫画の神様が下りてきたとか、
やおいの神様が下りてきたとか
そういう言い方って冗談でやりますからねえ。
温帯もそのレベルでしょ。
ただ本人がミューズに愛されてとか思ってるとこがイタい。

642 :名無し草:02/10/30 01:27
スマソ、627なんのことかわかんない…。
新たな地雷を温帯が踏んだの?

643 :名無し草:02/10/30 01:35
>641
温帯のいうミューズとは、拙トマトは殺菌もできない石鹸のことだと思っとりますが何か?

644 :名無し草:02/10/30 04:17
少し前に遡りますが、
温帯って見てないわとふんぞり返っているTVに出て、
お金貰った挙げ句、土井マサル氏が死去したり何だと何かある度に
しつこくしつこく『TV出てたのよ!』と自慢してたよーな…。

アレ?

645 :名無し草:02/10/30 08:06
>>611
私もそれ気になってた 温帯って、誰かと少しでも仕事上で
つきあい始めるとすぐに相手を呼び捨てにして舎弟扱いするよね
確か役者さんで体格いい男の人(二人くらい?)も、呼び捨てで書いて
どこか行くときも引き連れて得意になってたはず

ぱておで思ったほど信者がヨイショしてくれないから、公開メディアで
他人を舎弟扱いして寂しさ紛らわしてるのかなあ、とも思いました

646 :名無し草:02/10/30 08:11
数年前、温帯の芝居を見に行ったとき、
終演後に温帯が数人の取り巻きに囲まれていた。
そのとき突然温帯が「○○(呼び捨て)、飲み会の場所取ってこい」
と言った。言われたのはスタッフの人なのかと思って、
中庭者だった連れに「あれ誰?」って聞いたら。
「ファンクラブの会長さんだよ」と言われてビクーリしたよ。
温帯のファンクラブの会長は呼び捨てにされたあげくに、
使い走りまでさせられるのか〜 とオモタ。

647 :名無し草:02/10/30 08:16
ふと思いついたのだが、温帯って基本的人権の幸福追求権のことを、
「幸福になる権利」の事だと思っているのか?
「幸福を追求する権利」と「幸福になる権利」って全然ちがうよね。
リアル厨房だったときそこを間違えてテストで×になったことがあるので。

648 :名無し草:02/10/30 08:35
>646
ひ、ひどい・・・
でも「温帯不安倶楽部」と書くとなんだかピッタリ(w

649 :名無し草:02/10/30 08:41
それだ!! < 幸福追求権

650 :名無し草:02/10/30 08:44
>>646
でも当人は言われて喜んでるんだろうね。
言われる立場としては、崇拝者にそう言われることに対し不快感は無いと思う。

言う側の人間性はともかく。

651 :名無し草:02/10/30 09:00
やっぱり、学生からそのまま人気作家(藁)になって
一般社会で働いたことがない、ってのが問題なんだろうか。
周りがヨイショ人間ばっかりの半生だったのかなぁ。
他の作家で、若い頃にデビューして、
そのまま一線で頑張ってる人っているかな。
で、その人は温帯みたいになってるのかな。単純な疑問だけど…。

652 :名無し草:02/10/30 09:15
>647 >649
激しく同意。ずっと思ってたことが647さんのレスでキレイに表現されてた。
幸福追求権っていうのかー。学校で教わったかどうかも覚えてないや・・・

それはおいといて、普通、自由とか人権とかって言うときには
まさに「幸福を追求する権利」のことをイメージしてるよね。
温帯の基礎知識が間違ってるのかな。
それとも「人はそういうふうに思ってる」と思い込んでるのかな。
どっちにしろ、そんな温帯とじゃ議論にも会話にもならない。
共通概念ってやつが違い過ぎるもん。
それって温帯が小説家だからじゃないよね。
なんか香ばしいモノを受信してるからだよね・・・

653 :名無し草:02/10/30 09:29
長文で申し訳ないけど、参考までに憲法の条文を貼っておきます。

***
第11条〔基本的人権の享有と本質〕
国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に
保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及
び将来の国民に与へられる。

第12条〔自由・権利の保持義務、濫用の禁止、利用の責任〕
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、
これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならな
いのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

第13条〔個人の尊重、生命・自由・幸福追求の権利の尊重〕
すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対す
る国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国
政の上で、最大の尊重を必要とする。

第97条〔基本的人権の本質〕
この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由
獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、
現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託
されたものである。


654 :名無し草:02/10/30 09:47
人は誰でも幸福になろうとする、幸福になりたいと思う。
それが幸福追求権。
今回の北朝鮮の問題は、この幸福追求権を著しく侵害しているのは確か、
それに対して「幸福じゃない人だっているんだから」などというのは、
論外と言うよりただのヴァ(略

655 :名無し草:02/10/30 10:01
今日は時事ネタなし。

>成増が都心より温度低かったのかもしれませんが(笑)

って、知らないのはあんただけ。

656 :名無し草:02/10/30 10:29
多分ね、法律でどう定義されてるかとか、温帯はどうでもいいんだと思う。
その時々で感覚的に言葉を選び、その定義に世間一般に流通しているものと
ズレがあっても、「文脈から読み取ればわかるじゃん」くらいで書いてると思う。
ああ、AZちゃん今回はこういうつもりで書いてるのね。ってある程度わかって
しまうのは読者歴の長さゆえか……と苦く思うトマトひとつ。


657 :名無し草:02/10/30 10:34
>>651
新井素子氏はそうじゃない?
高校生の時にデビューして、就職歴はなく、一応今も一線といっていいと思う。
温帯と違うのは、寡作で、旦那さんはごく普通の会社員だってとこかな?

氏も、昔からのファンの間では、新作は賛否両論になることが多いけれど、
否定意見がでるのは、本当に作品に期待しているからであって、
ファンは数年に一度の新作を本当に楽しみに待ってるって感じかな。

658 :名無し草:02/10/30 10:55
>651
漫画家にはそういう環境の人多いですが
だからって温帯のような非常識な人ばかりじゃないよ。
要は本人の意識の問題でしょう。


659 :名無し草:02/10/30 11:30
>>657
>ファンは数年に一度の新作を本当に楽しみに待ってるって感じかな。
新井素子のファンはそんな感じなのに、

トマトは「月一回の駄作を電波ヲチ目当てでやさぐれながら待ってる」
のが大半なんだろうなあ・・・この違いはなんだ えっ温帯さんよぉ(ウトゥ

660 :名無し草:02/10/30 11:35
「人間は運命の主人ではない」ってさあ、多少年食った人間なら思い当たる、
「人生のままならなさ」への諦観を表すもので、そんな思い通りにならない
人生でも、顔を上げて、少しばかりの誇りをもって生きていこう、という趣旨
だと思う。

でもそれもこれも「自由と幸福」を追求する権利をお互いに認め合っての上
でのこと。それが認められないところでの「少しの幸福」ってね、本当にそう
いう目に遭ってる人にとっては、言葉が非常にきついんだけど…

「奴隷の幸福」なんだよ。

それだって人間には生きていく上で必要なものだ。けど、元来は「回復され
ねばならない人間としての権利」を侵害されていることに変わりはない。
慌てて言いつくろっても、もう手後れだよ。嬉々として書き散らしたあの日
の日記を忘れないよ>温帯

661 :名無し草:02/10/30 11:53
いずれにせよ、被害者のみならずその家族もまだ生きてるこの
極力デリケートな時期に、実在人物を小説のキャラクター扱い
するような発言かます温帯は非常識だよね (しっかりした取材を
経て書かれるドキュメンタリー色強い小説ならまだしも・・・
100%妄想の産物だし)

後からとってつけたように書かれた言い訳の山も正直見苦しいだけ・・・
かなり赤っぽい紫色で絵を描いた後で、(周囲がそれを赤っぽい
というので)青の絵の具をべたべたと指でなすりつけて
「いいえ最初から青でした」って必死になってるおヴァカさんに見える

662 :名無し草:02/10/30 12:30
テレビを見ないことを自慢しているけど、
拉致問題や拉致家族やロシアのテロ事件を語る時は、
実際にその眼で耳で、映像なり、当事者の言葉なり、
見もしないで勝手に偉そうに判断して欲しくない。

朝日と産経の2紙を取っていてそれをいくら熟読しても、
実際に見ていないと細かいニュアンスが分からないと思う。
自分の感性を大切にしたいなら、社会問題について評論をぶちかましたいなら、
テレビくらい見ろ!それくらい常識だよん。

663 :名無し草:02/10/30 12:39
温帯がテレビ見ようが見まいがどうでもいいけどさ、
情報収集もせずに印象批判だけで社会情勢を語るのやめれ。

664 :根無し:02/10/30 13:13
某球団のドラフト1位選手の,ホモAV出演で指名返上騒ぎ.
ああいうのって温帯が言うトコロの"言われ無き差別"ってヤツぢゃあないのか.
常にマイノリティのために戦ってきた『ヤオイの開祖』ってのがホントウなら
黙ってないでなんか言うてみれ.
知ってて黙殺するようなら『踏絵が踏めん』ってワケね.
でもまたゾロ,『彼にとってはたぐいまれなる人生で・・・・』ってヤルの
かねぇ.どっちにしろ自縄自縛というか自饒自爆ってのか.

665 :名無し草:02/10/30 13:32
自業自爆ってのはどうだろう。ちゅどーん

666 :名無し草:02/10/30 13:40
>>660
温帯の言う、横めぐちゃんは多少空が青いとか可愛いとか言われてたから
不幸な拉致生活の中でも少しぐらいの幸せはあっただろう、という考え方は、
まさしくその「奴隷の幸福」なのよ。
普通のサラリーマンである不幸より、奴隷の幸福に誇りを持て、と言ってたんだよね。

誰かが、「ああきょうのネズミはいつもより太ってて美味しかったなあ、って幸せか」とか
非常にうまい例えを出していたけど、
そんなの、普通の日本人の女の子の幸せであるわけがない訳で。

667 :名無し草:02/10/30 13:47
ニュースによっては、
ただの誰かの目から見た、誰かのフィルターを通った新聞記事より、
動く映像の方が余程ダイレクトで濃密でストレートな情報なのにな。
きっと拉致被害者の語る言葉のニュアンス、
その言葉を言ったときの表情などといった情報は
テレビもネット動画も見ない温帯には永遠に伝わらないに違いない。
フジテレビのヘギョンのインタビューで、「拉致」という言葉を聞いた時の
それまでにこやかに語ってたのに一瞬素に戻った彼女の、あの顔が忘れられないよ。

668 :名無し草:02/10/30 13:51
>それにしても本当に拝みたくなるくらいいいバンドさん歌手さんたちで、ずっと待たせてしまっても不平ひとついわないし、こんな大変なスケジュールを恨みもせずに、
>いや恨んでるかもしれませんが冗談にまぎらせながらにこにことやってくれるし、これで私がスケジュールの文句なんかいったら罰があたってしまう、というくらい、
>すてきな人たちです

良かったね。何か学祭前の大学生とか文化祭前の工房の熱気が伝わってくるようで、今日の日記、筆者を知らなかったら微笑ましく読めたんだろうなぁと思ったよ。
ほんでもって、いっしょにバンドやってる人が温帯を恨まずにいてくれることを、心から祈ってしまったよ。
だってバンドメンバーとして認められるってのは温帯言うところの「トマトに迫害される理不尽で類い希な人生を誇り高く生きていくのに欠かせない、ささやかな幸せ」だもん。

669 :名無し草:02/10/30 14:28
本日の記録
(笑)  16回
(爆)  6回
(大爆) 2回

670 :名無し草:02/10/30 14:36
>>651
SFに限ると、新井素子以外で、山田正紀や神林長平がいます。

ただ温帯って、自分が楽な方へ楽な方へって流れていくんだよね。
今はそれが演劇や音楽なんでしょう。金払って垣間見る幸せ。
それで満足ならしかたない。ただ、そのための金は払わない(本買わない)けど。

671 :名無し草:02/10/30 14:56
神楽坂を都心部と言うのか。初めて聞いたな〜w

672 :名無し草:02/10/30 15:10
神楽坂から成増なんて、地下鉄使えば30分ちょいしかかかんないよね。
飯田橋駅使えるなら、乗り換え無しで行くし。
成増より奥地から毎日通勤して、12時間労働とかしてる私は、
温帯脳内基準ならきっと何十回か疲労死してるに違いない(w

でも温度差があるのは本当なの…

673 :名無し草:02/10/30 15:12
山手線の内側OR山手線の駅から徒歩圏内の場所は全部、都心部とか?


674 :名無し草:02/10/30 15:28
>664 それは最近のニゥスですか?

675 :名無し草:02/10/30 15:39
>>674
確か、昨日の東スポのすっぱ抜きだったかな?
2ちゃんのスレはここにあるよ。
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1035789099/

676 :名無し草:02/10/30 15:44
>>664
こーいうニュースは温帯的にはむしろ「そっと見守らねばならないデリケートな問題」なので自制して誠実な姿勢で見守るのでわ?

677 :名無し草:02/10/30 16:17
>>675
産経か朝日に載ってないなら、温帯的には「無いもの」です……。

678 :名無し草:02/10/30 16:18
>>676
そしてそれをネタにヤオイ小説を書いてメシのたねにするってか?

679 :名無し草:02/10/30 16:25
そこまでしたら屑だろ?

680 :名無し草:02/10/30 17:25
もう十分、屑です。

681 :名無し草:02/10/30 17:43
すみません、ちょっとお伺いしたいのですが・・ここは出版関係のお仕事されてる方もいらっしゃるようなので。
あのグリーン・マ○ルの後書き見て思ったのですが、ああいうのは書き直しの要求は出来ないのですか?
後書きは出版社の方から依頼するのですか?だからあんなのでも載せざるを得ないのでしょうか?
あの後書き見た時に、何で出版社の人はこれを載せたんだろうと思ったんですよ。
作者が(それもベストセラー作家が)見た時に、常識的に考えて不快になるのではないかという後書きなんかつけたら
後々に会社にとってもマイナスになりそうなものですが・・もうこの会社からは俺の本は出さない!とか。
宜しかったらそういう事情を教えて下さると嬉しいです。宜しくお願いします。不思議でしょうがないもので。

682 :名無し草:02/10/30 18:01
>>681
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/967/967733338.html
41 名前: >33 投稿日: 2000/09/22(金) 22:00

>解説をコイツに依頼した新潮の編集者は誰なんだ! そいつを百叩きにしたい。

栗本を指名したのは翻訳者だという話だよ。
まさかあんな解説になるとは夢にも思わなかったんだろうね。


44 名前: >41 投稿日: 2000/09/23(土) 08:07

翻訳の白石氏が中島を指名したんですか・・・なんともトンデモないことをしてくれたものですな(笑)。
でも、中島って、他の作家の「解説」とやらでも、やっぱり自分のことを書いていたらしい。
白石氏は知らなかったのでしょうね。


46 名前: >44 投稿日: 2000/09/23(土) 09:40

翻訳家の白石朗氏は栗本さんのことよーく知ってると思います。
もと早川の編集者だし、ワセミスのOBだもん。
だから栗本さんには少なくとも二重の義理がある人ですね。
(栗本さんのダンナのもと部下、大学の後輩)


683 :名無し草:02/10/30 18:24
>681
温帯のに限らず、「解説」とやらで
著者に悪印象まるだしの文章とかたまにあるよ。
解説を有名人に書いてもらってハクをつけたい場合は特に。
ああいう解説って編集者が選ぶことがことが多いから
なんかとんでもないことになってることがたまにある。
特に翻訳ものになると、原作者が読んでないのをいいことに
ひどい解説ってあるよー。
編集もいろんな経緯で依頼してるから直してもらえないことが多いみたい。
読者にとっては、ほんとむかつく話だよ。

684 :名無し草:02/10/30 18:58
>>681
在庫がはけて新しく刷りなおすとなったら解説が無くなるか
新しい人になったりするんだろうけど・・・

685 :名無し草:02/10/30 19:13
遅い話ですが、ジャソプの審査委員の顔写真を見ました。
びっくりした!びっくりした!びっくりしたよー!
豚とか書いてるけど、ガン治療の頃から知らなかったんで
昔の面影が無い化粧なのは知ってたけど、
本当にすごくまるまるですね…(汗)

686 :名無し草:02/10/30 19:23
>>685
>豚とか書いてるけど、ガン治療の頃から知らなかったんで
昔の面影が無い化粧なのは知ってたけど、

スレで豚とか書かれてるけど、ガン治療の後の濃い化粧の時から
今まで写真を見ていなかったので、これほど凄いとは思いもよらなかった。

支離滅裂でしたので訂正しまつ。キュウリでパソコン繋ぎに逝ってきます…。

687 :名無し草:02/10/30 19:29
拉致されて生きていたり、子供を残した人の事だからのんきに「不幸とも言い切れない」
とか言うんだと思うんだよね>温帯
アウシュビッツで死んでいった多くの人々の間にも、感動的なエピソードや自己犠牲、
ふと見上げた空の青さ、人の情けの話は沢山ある。

じゃあ、ナチスに生存権を奪われた人たちは、「不幸じゃなかった」のかえ?
あの場所ですべての親族を奪われた人に、面と向かってそう言えるんか?
「類い稀な経験をして、人として幸せでしたね」とそう言えるんか?

そして、拉致されて戻ってきていない人の家族に、やっぱそう言えるんか?
…人としてもう駄目なんだなあ…

688 :名無し草:02/10/30 19:39
昔読んだ芸能雑誌記事。ドリカムの吉田美和は「きたきた〜」と突然没頭して
詞と曲を書いちゃうらしい。で、それを見て「5分で終わる奴はいいよなぁ」と
後の二人はため息つくとか。かかれた歌を整えるのは二人の仕事なんだそーな。
神様から受信するのもいいし、それを自分で磨かないのもいいさ。でも、そーゆー
場合、手伝ってくれる人見つけてその人の意見聞くとかすれば別だったんだろうね。
私は吉田嬢の作品はあんまり好きじゃないけど、でも、ちゃんと作品になってるとは思う。

689 :名無し草:02/10/30 19:40
>681
いわゆる「ヴァカ晒しあげ」なのではないかと

690 :名無し草:02/10/30 20:10
しかしあのグリーンマ○ルの後書きは、人間が書いたものとは
思われなんだ。・・・ああ思い出しちゃった

691 :名無し草:02/10/30 20:12
そ、そんなにひどいの?>解説

692 :名無し草:02/10/30 20:16
>688
作詞・作曲の時点で出来上がるのは素材のような物である事が多いです。
それがCDやライブで聴ける作品になるにはアレンジャーとしての才能が
モノ言うと思われます。…ちと話が逸れましたが。
温帯の場合、素材としての本歌を捻りも無しに小説に書いたり、聞き齧り
程度の知識を客観的なスタンスからでなく垂れ流すから問題なんだね。
受け手に迎合しろとは言わんが、受け手のツボを突くような表現を心がけるのが
ゲージツ家ってもんだろ!と思いますた。


693 :名無し草:02/10/30 20:20
>>688
アレンジするより「素(もと)」を作るほうがやっぱり凄いんだと思うんですけど・・・
駄目っすかね?
詩や曲を生み出すのってやはり大変「以上」のものがあると思うけど・・・。

694 :名無し草:02/10/30 20:28
>693
どちらとも言えます。歌詞がプーでもメロディやノリで聴かせる曲があり、
曲自体ありきたりでもアレンジでカコイクなる時もある。
温帯作品について言えば、初期のグインはアレンジャーとしてはイケてた。
現在は…そもそもチューニングがおかしい楽器で作った、リフばっかりが
クドいメロディと放送禁止の歌詞ってトコですな。

695 :名無し草:02/10/30 20:37
>691
そりゃあもう。あんなひどい解説生まれて初めて読んだってくらいひどい。
もしあなたがキングファンなら、絶対に目に入らないように細心の注意を払うべきです。

私はアレを読んでマジで気を失いそうになりました……。

696 :名無し草:02/10/30 20:37
>694に補足(本人による)
素を作るのが凄い点。どんなアレンジしても変らずいい曲ってありますね。
それ考えると素材作るのも凄い才能です。
「リフばっかりクドい」は「サビがウザい」と言い換えてもいいかな。

697 :名無し草:02/10/30 20:38
>>670
神林さんは働いたことあるはずだよ。
SFワールドの特集インタビューで記述があったと思うけど。

698 :名無し草:02/10/30 20:43
>681
解説の件はともかくとして、慎重社からは温帯、小説では絶縁されてます。
以前日記で、一番のご近所な出版社なのに、可愛がってくれた重役さんが
退職したら、途端に依頼が来なくなったと恨み節が綴られてました。

699 :名無し草:02/10/30 20:47

グインのような長編で、しかもある程度各キャラの運命が見えてくるようになったら
そこからは読者をどれだけハラハラドキドキさせるかという
小説技術が問題になってくる場合が多いのではないでしょうか。
読者の方が物語に没頭している場合、小説技術なんてどうでも良いんだけど
ここ数年でそう言った事が気になってくる人が多くなったと言う事。

温帯は自分のお気に入りのサビ(ヤホヒィ)部分を延々と聞かせているわけで
トマト達にはそれが気持ち悪く感じたり、何回も聞かされたメロディなのでお腹イパーイなのです。
でも温帯はまだ聞かせ足りないようで・・・また同じ気持ち悪いメロディが続いているのです。

700 :名無し草:02/10/30 21:11
古本屋に「伊集院大介の冒険」があったので買って読んでみた。
(伊集院シリーズ読むの初めて)
最近のじゃないから文章まだましなのかなと思ってたのに……だめぽ

会話長いし、温帯の偏見が見えるし、言い回しがオバサンだし
誤記はあるし。「面だまし」って(w
ミステリとしても大していいとは思わなかったし(トリックとか)
文章にもキャラクターにも魅力無し。
中途半端に古臭いのも気になったけど一応現代物ですよね?

長編のほうはもすこしましな出来なのでしょうか。


701 :名無し草:02/10/30 21:48
先日翻訳業界の雑誌に
「柴田元幸氏の原稿」なるものが掲載されてました。
柴田氏は初稿を編集者に見せて
言葉の足りない部分、おかしい部分を補ってもらって、
その上で二稿、三稿と校正を重ねていくそうです。
原稿は編集者と柴田氏の赤でいっぱい。

どこぞの「ゲラ刷りなどという面倒くさい仕事が云々」
云う作家の風上にも置けないヴァカにその記事読ませたい。

702 :名無し草:02/10/30 21:54
>>694
>>696
うまいなぁ。
リフと間奏(ヤオくさいシーンはこれにあたるか?)だけえんえんと長くて疲れる曲ってあるよね。
しかも楽器のキーがそれぞれ合ってなかったりリズムマシーンが狂ったりするよーだ
でもファンはそんな所も素敵、とカラオケで歌いまくる・・・

703 :名無し草:02/10/30 22:45
>>702
>でもファンはそんな所も素敵、とカラオケで歌いまくる・・・

温帯自ら、ひとりカラオケ・マイクはなさーずで歌いまくってるし・・・
あの文章はカラオケ自慢のがなり声そのものだよね。

いやうまい例えから脱線していきそうなネタですまんすまん

704 :名無し草:02/10/30 22:48
今、村上春樹が「海辺のカフカ」刊行記念でサイトやってるじゃないですか。
読者からのメールに作者が答えると言う形の。
まんせーメールから批判メールまで結構色々来てるんだけど、
もし温帯がこれやったらどんなことになるんだろうなあ……と。

柴田先生のお名前を見て思い出しました。

705 :名無し草:02/10/30 22:58
>703
がなり声っつーか、一人よがり声っつーか…。
果てしなく品下ってしまいそうだ。スマソ

706 :名無し草:02/10/30 23:20
>703
脱線どころか本質突いてるとオモタよ(w>歌いまくる温帯

さらに例えて言うなら。最初は壮大なシンフォニーであった。
サビ部分(主題)は豹頭王の「俺は誰だ〜何をせよとこの世界にいるのだ」であった。
しかし第2楽章あたりから指揮者が暴走し、主題は「ナリスマンセー!
ナリスマンセー!ナリスマンセー!」と繰り返すだけになった。

いつの間にか客席はガラガラになり、それに気付かない指揮者は狂ったように
タクトを振っているのであった。

707 :名無し草:02/10/30 23:38
山田正紀は二年間世界放浪してたことがあるから
一緒にして欲しくない。その間にかなり壮絶な
体験してても、それを書こうとしてない。

温帯には未だにタメか以下らしいが。

708 :名無し草:02/10/31 00:06
噂で聞いただけなんで、話半分で聞いて欲しいんだけど。
温帯、やっぱ長年やってるだけあって、その辺の新人よりは売れるわけですよ。
だから、温帯付きの編集氏は、温帯がゴキゲンになれるように、ご機嫌取りに
小説以外の仕事をとってくるという…………噂なんだけど。もしかして、編集さん
じゃなくて昼行灯が、なのかもしれないけど。

グリーンマイルの編集さんはいい仕事されてる方なので、何か事情があって温
帯に頼んだとしか思いたくないよ…。

709 :ちょっとタイプしてみた:02/10/31 00:15
「グリーン・マイル」の解説です。冒頭部分。

 スティーヴン・キングの本は滅多に読みません。というよりもうこの十年以上、
かつてなぜかたまたまいただいていた「読書家」の虚名はきれいさっぱり返上して
「本を読まないヒト」になりはてております。それでもまだ書評委員をやっていた
あいだはノルマの本を読んだりしていたのですが、それももうやめてからはとんと
活字には御無沙汰であります。一日の活動の大半がパソコンあいてのものになって
からはなおのことです。半分照れ隠しも含めて、「TVは見るのではなく出るもの、
本は読むのではなく書くもの」などとうそぶいておりますが、まだ心理学の本とか
ドキュメントはしばらく保っていたが、こと「小説」に関するかぎり全滅といって
いい惨状を呈しております。キングの本はなおのことであった――というのは私は
ホラー小説を書いているくせに怖がりで、ホラー小説など読むなんて変態だ、と思
っているからなのですね。

……なんだったら全部タイプ……しますか?<オナカイパーイ?(w

710 :名無し草:02/10/31 00:20
>709
おお!ありがとうございます。そのクソ解説読みたいと思っていますた。
できれば全文きぼん!キングファンの方には目の穢れとは存じますが。
それにしても「かつてなぜかたまたま」、これがプロの文章…。

711 :ちょっとタイプしてみた:02/10/31 00:27
では第二弾(w

 ことに『クージョ』のラストが非常にヨワくて――といっても読んだわけではなく
て、映画の関連で小説のラストがどうなっているかきいてしまったもので、
「絶対読むかっ」と思った――『ミザリー』に関してはなおのことです。
『シャイニング』は――ついこないだまで上演していた私の作演出の舞台ではナタを
ふりまわす殺人鬼が登場したりするので、どうも私のキングへの偏見というのは、
「同類嫌悪」的な部分が相当あったんではないかと思います。
 といって、『悪夢の種子』などはどういうわけか熟読玩味していたりするのですね。
まあディーン・クーンツも『ベストセラー小説の書き方』だけ読んでいたりする私の
ことなので……しかし今回、何かとご縁のある、かつ大学のクラブの後輩にして日頃
いろいろと英語関係のお世話になってもおります白石朗君のたってのお頼みという
ことで、実に実に十年ぶりくらいに「小説」というものを読みました。
 もっとも選考委員をやっているいくつかの賞の候補作は読まないわけにはゆかない
ので、正確にいうならば「ひさびさにプロの小説を」ということになりましょうか。
いや、べつだん毛嫌いしているわけではないので小説は読めば面白いのは確かだし、
ましてそれがキングの如き手錬とあらば当然のこと、所用でいった大阪への飛行機の
往復二時間で頂戴した五冊全部読んで一時間ほどお釣りがきました。


712 :名無し草:02/10/31 00:30
グリーンマイルの解説、立ち読みしようと思ったんだけど
目が文章を上滑りして、ちーとも内容が分からんかった。

713 :名無し草:02/10/31 00:30
これって、女子高生が自分語ってる交換日記でわ・・・(汗

714 :名無し草:02/10/31 00:32
どのへんが「解説」なのかと小一時間(略
AZちゃん、先生は解説を書きなさいと言ったのであって、
自分語りを書きなさいといった覚えはないわよ。
そんな事では0点しかつけられません。

715 :713:02/10/31 00:32
あちゃー。あげちゃってスマソ。
大口にバサロ泳法教わってきます。

716 :712:02/10/31 00:34
とか書いたら転載が! 拷問ですか?
誰か要略しちくれ。


717 :ちょっとタイプしてみた:02/10/31 00:36
第三弾。タイプミスがあったらスマソ。
一応、ひらがなと漢字などは忠実に打っているつもり……

 最大の感想がとにもかくにも「いやー実に久しぶりだ」というものであるのはまあ
なんともなさけない話ですが、つまるところ今回のこのキングの『グリーン・マイル』
の「分冊」というかたち、「文庫出しおろし連載形式」の小説について私、「この私」
に解説を書かせようというのはこれはもうはっきりいって新潮社と白石朗の陰謀以外の
なにものでもなく、たとえこの世の誰がこの形式に文句をいおうとこの栗本だけは何が
あろうと決して文句をいえた義理ではない、ということは敵はよくご存じだということ
ですね。しかも『グリーン・マイル』はたった六冊、読者を待たせるのは六ヶ月ですが、
私はもう二十年にわたって延々と六十冊近くこれを続けておるわけですから。ご存じ
ないかたのために御説明しておきますと、私はこの「分冊・文庫出しおろし連載」という
形式でいまや個人の小説としては世界最長となった『グイン・サーガ』という小説を
延々二十年にわたって書いておる者です。



718 :ちょっとタイプしてみた:02/10/31 00:45
第四弾。出ました「たぐいまれ」(爆)

 しかしそれで思うにこの形式というものは、アメリカでこそ非常に珍しくてだからこそ
大評判にもなったのでしょうが、日本ではそれほど決してたぐいまれなものではない。
『グイン・サーガ』はまあ冊数も冊数(現在五十六巻を数えております)ですが、
十冊程度のそういう大河長編というのはことにいま特に珍しくはない。『十二国記』あり
『宇宙の皇子』あり『銀河英雄伝説』あり『アルスラーン戦記』あり、ことにライトノ
ヴェル系ではこの形式でない単発のほうがかえって珍しい。もしマンガでいうなら、まあ
マンガだとまず雑誌連載して、というのがスタンダードですが、ついに「書下ろし連載」
になった高口里純の『ロンタイBABY』などというのもある。また日本といわずともそれ
『ペリー・ローダン』というものがある。あれこそこの形式の最大のもので、いまや
二千冊を超えてなおも毎週発売されているそうですが、全部読んで全部覚えていて全部
とってある人はいるんだろうか、とひとごとながら心配しちまいます。


719 :名無し草:02/10/31 00:54
>>718
既にグリーンマイルとは1000光年離れている…

720 :ちょっとタイプしてみた:02/10/31 00:56
第五弾。手が疲れてきました……しかしキングになるまでが長い……

 というわけでこの形式は、うちの亭主のいわく「完成品でないと売り物にならない」
という考えかたのつよいアメリカでこそ評判になったのであろうが、日本やドイツでは
先例がないとは云わさないぞ、というものなんですが、そういってしまってはミもフタ
もない。
 やはりそこはそれ「キングがやったから」「あのスティーヴン・キングがやるから」
ということもいえたんだろうと思います。まあそれとこの微妙な厚さですね。拙著
『グイン・サーガ』は一冊が四百字詰め四百枚と決まっています。まあ一冊読んでそれを
当面読返していただいて二ヶ月たったら次が出る、それだけの読みではある分量、
一応「長編一冊」ではあると。しかしこの『グリーン・マイル』は二百枚くらいなんで
しょうか、実になんというか微妙きわまりない厚さで、これはやはり一冊読むとちょうど
欲求不満になる、という分量です。まあそれをいうと『ペリー・ローダン』のおおもとも
そんなもんで、日本で翻訳出版されるさいに二冊分まとまっているようですが。それに
これは自分もやってますからよくわかりますが、やはりスティーヴン・キングという人は
「ヒキ」がうまい。「わああっそれでどうなるの!」と思った瞬間に「以下次号に続く!
 乞う御期待!」となるいぢわるというか、テクニックのことです)この人もホントに
アコギな人で、これなら「ミザリー化」する読者が出るのもうなづけます、ってまだ出て
ないか。



721 :ちょっとタイプしてみた:02/10/31 01:06
第六弾。あと一回かな? タイプするとすごくわかる。表現の重複。
マジで、推敲は一回もナシですね……

 この、承前、というんですが前の分のラストを少しダブらせてそれも違う視点から
はじめたりするテクなども私も使いましたが、これはなかなか「読者をじらせる快感」
があるものです。もっとも性格のいい作者は使わないかもしれません。そのへんもさすが
小説テクの確立している国アメリカで「小説の名手」のほまれも高いキングだ、という
気がするんですが――内容についてまだ完結してないのでどこまでふれていいのか
なかなか微妙なものがあるんですが、読んでいてしきりと思ったのが、これは
「実にいろいろと遊んでいる」なあということでした。暗喩、読みかえ、ほのめかし、
ほかのありとあらゆるテクニック満載でお送りしております、という感じで、これは
たぶんキングさんも楽しんで書いたのでしょう。それは読んでいるとわかります。
それに思ったほど怖くなかった、ってばかいってますが、まだ一冊完結篇が残ってるので
私としてはまだ釈然とはしてないんですが、これがまた「私」がいうと全国百万の
『グイン・サーガ』読者から「キサマがそれをいうのか」といわれそうだからいうわけに
参りません、ははははは。
 ともあれ無責任な感想としては、ミスター・ジングルズがめっちゃ可愛いですね! 
私もこんなの欲しいです。とか思いながらついついウチのハムスターと遊んでしまいました。


722 :名無し草:02/10/31 01:06
>720さん、まだ続くのでつか?
もう難行苦行の域だから「疲れたぞゴルア!」と中断してもいいと思われ。
つか、全文をおながいした私710が無茶でした。ごめんなさい!
よくこれでキングのファンから投石されなかったな、温帯。

723 :名無し草:02/10/31 01:08
>>720
>『グイン・サーガ』は一冊が四百字詰め四百枚と決まっています。

決まってるんだ。
最近のもそうなの?

724 :名無し草:02/10/31 01:13
うう、以前ちゃんと読んだ記憶はあるんだが、あの頃はまだちょっとばかし
信者が入っていたもんでたいしてむかつかなかったんだが(変だとは思ったよ)
ここまで自分語りしていたとは気づかなかった。
一時間で全部読んだなんて言う必要があるか?
こんなところで自分の自慢をして読んだ人が喜ぶとでも思うのか?
読者に対してはともかくとしても、キングに対しては失礼すぎる。

725 :名無し草:02/10/31 01:14
>723
最近は違います。
でもそれに温帯自身が気づいていなくて、以前あぐらで恥を晒していました。
きっといまだに変わったことに気づいてもいないでしょう。

726 :名無し草:02/10/31 01:16
これ全部訳してキング本人に送ったら…
キングの日本訳は永遠に出ない事になりかねんわ…

727 :ちょっとタイプしてみた:02/10/31 01:16
第七段。やっと最後〜〜でも、本題は一体どこに?(大爆)


 パーシーはホントにヤなやつですね。なんとかならんのでしょうか。ブラッドももっと
ヤなやつですが。八十代と七十代の恋というのも切なくていいね、とか、語り手がポール
ってのはやっぱしこれは「パウロ」にかけてあるんだろうなとか、久々の「読書」は
相変わらずのまったくの感覚派の感想に終わってしまうのでした。もっともあまりに
ギシギシしてて感覚での感想いう気力もなくなるような小説が多すぎるからしだいに
小説読むより書いたほうがいいやな、となったわけなので、その意味ではキングさえ
読んでればいいんだろうとは思います(笑)。もっとも『クージョ』は死んでも読まないぞ。
 まだあと一冊完結篇が残っててそれをきょうまさにゲラで手にいれたところなので、
「どうなるんだろう」とあれやこれや想像したり推理したりして楽しめます。
『グイン・サーガ』の五十八巻も書き終わりましたし、どっちにしてもめでたし、
めでたしですね――キングのことだからきっと六巻目にはまたなんかかっか仕掛けが
あるんでしょうが。
 キングは極東の国にこの分冊連載をワンサカやってる奇妙な出版文化があることを
知ってるのでしょうかね? 「これは世界にも例のない形式」だと信じているんだったら
ガッカリするかもしれないな、と思ったりしました。では私は六巻を読みはじめることに
します。皆さんはもうちょっと待ってて下さいね、って意地悪だなあ(笑)わたしも。
                        (平成九年四月、作家・演出家)


728 :名無し草:02/10/31 01:17
>725
一ページあたりの行数が変わっただけじゃなくて、
全体の文字数も変わったの?

729 :ちょっとタイプしてみた:02/10/31 01:19
>>722さん

お気遣いありがとうございます。
いえいえ、わたしがキングファンなもので、カナーリ怒ってるんですよ。
なので怒りの矛先をキーに打ち付けてみました(w
ああ、すっきり……するわけないか(ナミダ

730 :名無し草:02/10/31 01:19
ひー!なんすかこれは〜!!
世につまらん解説はたくさんあるかもしれないが、
一応キングについて(素性や話の内容など)語るだろうに
この!この内容!

私もグリーンマイルは未読ですが、しかし何故に6冊分冊の
形式を取ったかとか、普通の小説家ならばもっともっと
興味深く掘り下げてくれると思うんだけど・・・

翻訳の人は「あら、キングの訳をするのね?じゃあ私に解説文を
書かせなさいよ、いいわね?!」とか温帯に無理にねじ込まれて
断れずに解説を書かれてしまった・・・と、思いたい・・・・
そして、「こんな解説嫌だ」と思いつつも意見することが出来なかったのだと・・・

731 :名無し草:02/10/31 01:23
>727さん、ほんとに乙〜!
温帯文タイプするなんてさぞ苦痛でしたでしょう…
漏れも以前やろうとしたことあるが、普段使わない変換だらけだし、
しばらく辞書がおかしくなったYO…

ところで。温帯はマジで「1、2、たくさん」としか数えられんのか(ω
>全国百万の『グイン・サーガ』読者

732 :名無し草:02/10/31 01:24
>727様、゚・(ノД') つ旦~ 涙入りのお茶をドゾー…。>710
ありがとうございますた。読んでてこんなに腹が立った解説文は初めてでつ。
あなたの偉業に感謝しつつ、じっくり読ませていただきまつ。
私ならタイプの途中でちゃぶ台返しするでしょう…。短気だし。


733 :名無し草:02/10/31 01:24
えんえん自分語りを(キングの読者がどうしてグインのことなど知りたがるか)
たぐいまれな悪文で垂れ流しておいて
読者の思考力を停止させたところですかさず「演出家」を名乗るとは
悪辣にも程ってもんが……


734 :名無し草:02/10/31 01:24
>728
え〜と、確か、20文字X20行の400字詰め原稿用紙から、
40文字X10行の400字詰め原稿用紙に変わった、というような事情があったので、
そういう縦長ので書くと余白が多い、すなわち文字数が少ないという計算になる。
80文字X5行の原稿用紙に会話文があるのを想像してみるとわかりやすいと思う。

735 :名無し草:02/10/31 01:25
「分冊連載」って・・・・
グインの形式とキングのこれは、違うものだと思うんですが、どうなの?
キングはきちんと話の終わりまで計算して、きっちり分かれたストーリーを
きちんと完結させたんであって、書き散らしながら何処へ流れていくか分からない話とは
一緒にされたくないと思うぞ。あと、極東のヤオイックファンタジーのことなど
知るわけもないし知りたくもあるまい。教えたくもありません。

736 :名無し草:02/10/31 01:25
後書きのスペースって、本を書いた作家への尊敬や感嘆の気持ちを綴ったり
その作品の感想や自分なりの考えを述べる場所じゃないのか?
キング氏に対する尊敬もなくむしろ悪意さえ感じさせ、
感想にもなってない自分語りに終始。よくもこんな醜悪な言葉の残骸を吐き出せたもんだ。
読んでて怒りがふつふつと湧いてきた。

737 :名無し草:02/10/31 01:28
>727 乙彼様!
>734 そういうことか。ありがと!

738 :名無し草:02/10/31 01:29
なんかかっかって日本語でつか……

739 :ちょっとタイプしてみた:02/10/31 01:38
みなさん乙彼コールありがとさんでした〜
今読み直したらさっそく抜けがあったよ(恥)でも通じる罠。
変換はひらがなが多かったので、実は困りませんでした。
いつもは文節変換で一文ごとの変換なんだけど、一語ごとにしただけ。
もうやるまい……自分の日本語感覚と、IMEのために(w

740 :名無し草:02/10/31 01:39
すみません。私「なんかかっか」のところで思わず机ぶったたきました……


741 :名無し草:02/10/31 01:40
グリーン・マイル 5巻の発行は、1997年6月でした。


1997年と言う事は、タイミング的に天狼星の赤字埋めですか?

742 :名無し草:02/10/31 01:39
>>734
む?
あの絨毯爆撃文字からすると、あながち活字数が減ったわけじゃないのかもよ。
もちろん、ひらいた仮名を漢字に換算する前の計算で。
正しく改行したら400枚以上書いてるような気もする。

だからナニって言えば、駄作は駄作、氏んでくれってことだが。

743 :名無し草:02/10/31 01:41
『宇宙の皇子』ってなんやねん。あれは10じゃなくて48冊だぞ。
わざと間違えたな。ライバルだし。

744 :名無し草:02/10/31 01:41
>700
遅レスですが、伊集院のこと。
私は今から15年くらい前に読みましたが、当時から思っていることとしては
「〜冒険」はミステリーとして、私も全然ダメだと思います。後付けの理由(トリック?)とか、
そういうことを全く考えない私でも、ちょっと反則じゃないのかと思いますた。

しかし、なんで当時あれが好きだったかと言えば(正直今も好きなのよ・・・)、
「伊集院大介氏にキャラ萌え」だったからです。人間が好きで、人の生き様が
好きで、だからこそ他人の生き様を踏みにじるのを許さない。
年輪を重ねて生きてきた人間に対する深い尊敬。そういった
「主人公でありながら脇役人生」な伊集院さんの他人を見つめる目線が好きだったのよ。

殺人犯人が自ら命を断ったりする筋書きを、「自分の罪をつぐなわせなくてはいけない、
だから自殺はいけない」と否定したくだりがあって(うるおぼえ)、そこでは
「おお、なるほど〜!」と感心したりとか、結構いろんな影響を受けたもんです。
私の人格の数%は伊集院さんに学んだことが確実にあるんです。
当時のそういったことまでは否定したくないけど、でもやっぱり今の状態で読んだら
700さんと同じ気持ちになるかもですわ。

ちなみに長編が短編に較べて格段に良いかと言えばそんなことはないけど、
短編よりは読みでがあった・・・ような気がしますた。

745 :名無し草:02/10/31 01:41
ageてしまった……更に申し訳ない。
タイプさまに最大限の感謝を捧げつつ、解説文を音読してきます……


746 :名無し草:02/10/31 01:54
>>744
わかる!ハゲドウだよ〜
私も一連の伊集院ものは「キャラ萌え小説」として読んでました。
あの人が好きだったんだよ……ミステリとしてはまあ、こじつけ多いし
無茶な展開もアリアリだけど、そんなものは求めてなかったんだ……
でも「冒険」も「私生活」も「猫目石」も「紘の聖域」も
ボロボロになるまで読んだもんだよ……今でも大好きな探偵の一人だ。

だからこそ天狼星以降が許せんのだよ……「仮面舞踏会」はまだましだったが。

747 :名無し草:02/10/31 02:08
「あんたバカじゃないの?」
としか言いようがありません。
グリーンマイルの解説。
ただそれだけです。

748 :名無し草:02/10/31 02:12
>グリーンマ○ル解説
ひ、ひどい……。
悪評は聞いていたけど、まさかここまでとは……さすが温帯(絶句)。
この人、「グイン」「私ってすごい」の相槌自分で入れないと、文章書けないん
じゃなかろうか。鳩が首を振らないと歩けないのと一緒で。

ところどころ、おかしなふうにキングを持ち上げてるのが違和感ある。
板についてない太鼓持ちやってるみたいで、一応相手を褒めてるけど、でも
言いたいのは自分のこと、という感じがすごくする。
媚びへつらいながらも、肥大した自意識を隠しきれないという感じ。
「恥を知れ、中島梓」を思い出すな。

749 :名無し草:02/10/31 02:14
内容にぜんぜん触れてないのは、
ほとんど読んでいないからなんでしょうね。
それを誤魔化すために、のこりのほとんどの規定枚数を自己語りで埋めたのでしょう。
中学生の読書感想文以下ですが、「解説」なんですよねこれ?
「解説」とわかって引き受け、「解説」を書いているんですよね?
解説、してないじゃん。
「評論家中島梓」として引き受けたのでしょうか?
それとも「作家栗本薫」として?
どのみち、どっちの肩書きにも恥ずかしい文章力です。低脳。

750 :名無し草:02/10/31 02:16
>742
温帯は今も前もきっちり400枚書いていると主張してる。
だから文字数は絶対減っていないというのがその主張。
ただ、今と以前と原稿用紙が違うだけで。
絨毯爆撃でも何でも、一行が長い原稿用紙を使ったら、
絶対に全体の文字数は以前よりかなり減るよ。

まあなんにしても、駄作は駄作なんだが。

751 :名無し草:02/10/31 02:16
書いてある内容って、こんなとこ?
-----
最近本は読まないのよね。
でも解説頼まれちゃったからしょうがなく読んだわよ。
これって文庫出し下ろしなのね。アメリカでは珍しいのかしら。
あらキングってば、私と同じテク使ってるのねえ。
一般人にはわからないでしょうけど私にはわかるのよ。同類だから(爆)

752 :名無し草:02/10/31 02:19
>738,740
「なんかかっか」ってどこ!?と思って
読み返してみたらありましたね。
>キングのことだからきっと六巻目にはまたなんかかっか仕掛けが
>あるんでしょうが。
最初は目が滑ってうまく拾えなかったみたいです。
ムカついて仕方なかったのもあるけど。
もし自分の作品(があったとして)にこんな解説書かれた
としたら間違いなくボコるよ。


753 :名無し草:02/10/31 02:20
クーンツ読むんじゃねえ。

しかも『ベストセラー小説の書き方』だけ、かよ。

クーンツの良さは、ホラーだからじゃない、
恐怖や悲しみの中でも手を繋ぎあう人間の勇気、美しさが肝なんだよ。
あんたにはもう一生書けないだろ。
クーンツ読むんじゃねえ。

754 :752:02/10/31 02:23
すみません、あげてしまいました。
あぐら坂参りを丁寧にみっちりとしてきます。

755 :名無し草:02/10/31 02:24
後輩の白石某は会社クビだろうな。まだいるなら俺が斬首してやろう。頭出せっ。

756 :名無し草:02/10/31 02:28
>755
白石さんはキングの翻訳でいい仕事してるんだよ。
勘弁してやっておくれ。
あんな駄文かかれてショック受けてると思うよ。・゚・( ノд`)・゚・。

久しぶりに読み返して、
読んだ当時の衝撃を思い出してしまいました。

757 :755:02/10/31 02:32
>>756
そうなんだ。しかしそれならばこそキングを汚してしまった責任をとって温帯の首を(Ry

758 :名無し草:02/10/31 02:36
温帯の首なんて、切り口から嫌なもんが沁みだしてきそう……

759 :根無し:02/10/31 02:48

>>709〜727様,お疲れです.

ってこりゃ,軒を貸したつもりが土足で奥座敷に上がり込まれて,反吐とクソ
ぶち撒けられた挙句に"頼んだのアンタでしょッ"ってゼニまで毟られて,ココ
までイカレてると思わなかった依頼者は呆然として腐ったトマト握りしめてる
って図式ぢゃあないのか.

自己肥大の腐臭,ってのは当方がNif者だったときから臭ってたけど,人間が
ココまで思い上がれる生き物だとは,ついぞ思はなかつた.

なんか,壊れて怪死した有吉佐和子がタモリの番組ブチ壊しにしたときの既視感
を感じたのは当方だけだらうか.更年期障害,って年齢的にも似てるし.

760 :名無し草:02/10/31 03:02
汚い手でキングに(以下略)

761 :名無し草:02/10/31 03:36
もうだめぽ…。
性格悪いとかのレベルじゃない、温帯はマジにいかれてるよ!
病気なんだと思いたい。

762 :名無し草:02/10/31 03:43
>727
かつてこれほど醜悪な「解説」を名乗る自慰行為には出会ったことが
ありませんでした。
こんな世紀の「糞駄文」をタイプしてくださった貴方の忍耐力には
心から敬服いたします。

それと共に、いかに、温帯こと、栗本薫こと中島梓こと何某が
すでに終わってしまった作家(評論家もどき)であるか痛感いたし
ました。

自己を省みない肥大した精神とは斯くも醜いものなのですね。


763 :名無し草 :02/10/31 03:51
コレのどこが「解説」なんだろーねぇ。

ダメすぎ。



764 :名無し草:02/10/31 03:58
メドゥーサみたいに切り口からなんか出てきそうだよ>首
こういうのに羽が生えたペガサスもどきとか
http://member.nifty.ne.jp/ACT21/meisyan-top.htm

765 :名無し草:02/10/31 04:58
温帯さ、ワセミスに所属はしてないんだよね。
出入りはしてたようだけど。
温帯と同時期にワセミスにいたある人から聞いたから、
これは間違っていない。

温帯がワセミスの名前出すのはっきり言って迷惑みたい。

766 :名無し草:02/10/31 07:01
>727
これが噂の解説ですか!
(立ち読みしようと思ってたところです。ありがとうございます。)

朝っぱらから醜いモノを見てしまった…。
下世話ですが、温帯はこの解説で金もらったんでしょうね。
返せよ! いや、キングファンに賠償金払ってもいいくらい。
多少は温帯とその精神構造を知ってる私でもハラたつんだから
クリモトなんて知らないファンは、さぞムカついたでしょうね。
あ〜もう、「ダメだ、こりゃ」以外の感想が思いつきませんわ。

767 :名無し草:02/10/31 07:04
「なんかかっか」ってグイソ外伝最新刊『宝島』にも
出てたよね?
あと「わああ」って表現もよくあぐらで見るけど
アホみたいで萎えますわ。

768 :名無し草:02/10/31 07:28
>>767
あぐらにあるのはいいけど、小説の中に「なんかかっか」ですか?

温帯、死亡。

769 :名無し草:02/10/31 07:35
むしろキングご本人よりも依頼した白石氏が気の毒でなりません。
キングはこの駄文一生読まずにすむだろうけど(関係者が全力で阻止するだろうから)
白石氏は…読んじゃったんだろ。

770 :名無し草:02/10/31 08:00
727さん、おつかれ〜。
ウワサの解説、さんくすこ!
朝から、笑う気力も怒る元気もなく読ませていただきますた。
例によってツッコミどころ満載で、絶句してます。
でも、一言だけ言わせてください。

>平成九年四月、作家・演出家

 ふざっけんな!ゴ、ゴルァ!
   ∧ ∧   ⌒ ___
   (#゚Д゚)  ⌒ //   ヽ
    |つつノノ ==| |    ;;|
  〜|  |    | |  δ ;;| 
    ∪∪   ==| |    ;;;|
          ヽヽ  ,,;;/ ≫∬⊂

771 :名無し草:02/10/31 08:03
727さん、解説有り難うございました
ハムスターのくだりだけ妙に文章が目に馴染んだ(あとは脳内を横滑り)
賛成できるのはそこだけらしいです

772 :名無し草:02/10/31 08:42
「なんかかっか」
ってどう言う意味の日本語ですか?
勉強不足ですみませんが、わからないです。


773 :名無し草:02/10/31 08:44
まっとうな日本人にはわからなくて当然だ>「なんかかっか」
安心しろ、772タン。

774 :772:02/10/31 08:52
773さま
ありがとうございます。
日本語じゃなかったんですね。安心しました。

775 :名無し草:02/10/31 08:55
「なんかかっか」でぐぐってみたら
あぐらが出てきて笑ったよ。
しかも温帯と同じ使用法の人はひとりもいない…。

776 :名無し草:02/10/31 09:09
どうしても目が滑って読めず、なんかかっかを検索してようやく
どこに書いてあるのかわかりました…。

777 :名無し草:02/10/31 09:10
「なんかかっか」問題は過去スレにあるよ。
間違いではないけど、話し言葉で、書き言葉にはなってないみたい。

778 :名無し草:02/10/31 09:23
あーもう、アレを見るのがいやで、グリーンマイル文庫版は書庫の奥底に封印して
いたのにな…
合本ハードカバーがわりと早めに出たのは、あの駄文を人目に触れさせないため
ではないかと、邪推しております。
あの件と、その少し後、新本格系の特集本に「新本格読んでません(けど、私の
ほうがエライ)」とか書いちまった件とで、温帯はミステリ界からは事実上あぼ
ーんされてしまったと思われます。

779 :名無し草:02/10/31 09:25
ごめん、あげちった。

780 :名無し草:02/10/31 09:29
「だって本読まないんだもん(えっへん)」
「だからそのえっへんは何だと訊いている」

781 :名無し草:02/10/31 09:54
>所用でいった大阪への飛行機の
>往復二時間で頂戴した五冊全部読んで一時間ほどお釣りがきました。

他の誰も突っ込んでませんが、これって1時間で5冊読んだってことですよね?
この本は…というかホラー全般苦手なのでキングは未読なのですが
グリーンマイルという本は、1冊12分くらいでよめるような本なのですか
コバ●トの駄作でも12分では完読できないと思うのですが…

あ、グインならできるかも〜

782 :__:02/10/31 10:02
>というわけでこの形式は、うちの亭主のいわく「完成品でないと売り物にならない」
>という考えかたのつよいアメリカでこそ評判になったのであろうが、


・・・ちょっとアメリカ人が羨ましくなったよw


783 :名無し草:02/10/31 10:02
「小説」は読まないっていうのなら、他にはどんな本を読んでるんだろう?
温帯の読書日記ってどこかにありますかね。純粋にナニ読んでるか知りたいので。
心理学あたりだろうと推測はできますが、はっきり言って著者に気の毒だw。
温帯って、自分に都合のいい又は自分の現状を肯定してくれる情報しか
受け入れなさそうでさ。

784 :名無し草:02/10/31 10:06
>>781
1冊が薄いから、かなり早くは読めるけど
まともに(少なくとも解説を書く立場で)読んだら12分はムリ。

785 :名無し草:02/10/31 10:13
反省すべき事があったので、
自分を罰する為にあぐら参りへ。

>いまの段階では、何日か、出かける予定のない日が続いてるところさえあったりしますもんね。
>まあ、そのあいだは角川のホラー小説を書いていなくてはならないんだけど、そんなのはもうね。「いつものとおり」ですからね。

角川の担当者様。
今からでも遅くありません。仕事キャンセルして下さい。
こんなにナメ腐った態度で出版される本なんて、読者に対する暴力です。
(買わないけど)



786 :名無し草:02/10/31 10:24
温帯さぁ。書かせてもらってるんだよ。

講談社との義理(伊集院)も果たしてないし、
逃げるのはいいけど(よくはないが)、
逃げてる場合じゃなくなってるんじゃないか。

787 :名無し草:02/10/31 10:24
今日の交信日記
>どうせおいおいにはどんどこ詰まっていってしまうんだろうとはいえ、
>いまの段階では、何日か、出かける予定のない日が続いてるところさえ
>あったりしますもんね。まあ、そのあいだは角川のホラー小説を書いて
>いなくてはならないんだけど、そんなのはもうね。「いつものとおり」ですからね。

温帯、月一で角川編集を11区で摂待してるから大丈夫!と強気なのは
わかるが、こういうこと公言したらマジメに仕事干されるよ・・・?

788 :名無し草:02/10/31 10:53
じぶんは、買うだけ買ってならべるだけになっていた人です。
40巻から読んでないんだけど…最新刊まで全部ある(!)のだ。
老後の楽しみにと取っておいたはずなのに、じぶんが読めなくなってからの
10年間に、グインは変わってしまったのですね。くすん。
何も知らずに買いつづけていたなんて!

そんな中、家族がなんか読むものないかーってことで、本棚にずらずらっと
並んでいるグインサーガに興味を示して読み始めました(驚)
外伝を読み尽くしてしまい、本編を65巻あたりから読み、それも完読して
しまったので、実家からその前の分も取り寄せてきてやったら
第1巻から(!)今黙々と読んでます。

感想聞きたいんだけど…ここを読んでいると、とっても怖い…。
それよりも、最近刊行の部分って違和感なく読んでるんだろうか?
ココ読んだ限りでは、最新刊と辺境編って、かなーり内容と指向性が
違うと思うんだけどなあ。

789 :名無し草:02/10/31 11:21
>私に「あなたはもっと小説を読むべきだ」と釈迦に説法みたいな
>こといってきた人も20代の人でした。きっと「もうそんなムダにし
>ていい時間なんかない」という感覚はわからないんでしょうね。
http://homepage2.nifty.com/kaguraclub/kosinnote3.htm

無駄な時間はない? そうですか…
クソみたいな舞台の時間は無駄じゃないんですね。

790 :名無し草:02/10/31 11:21
>>727
> 語り手がポール
> ってのはやっぱしこれは「パウロ」にかけてあるんだろうなとか、

かけてあるもなにも、英語だったら聖パウロも
ふつうにセント・ポールっていうんじゃないの?
この「かけてある」ってどういうことだ?

791 :名無し草:02/10/31 11:27
>783
温帯はヤオイマンガの他には、「ひまつぶしに」エッセイを読むぐらいだそうです。

792 :名無し草:02/10/31 11:33
グリーンマイル解説アプ乙です。
このスレでの評判を聞いて本屋で解説部分だけ読んだときは「うひー」と思った
だけだったが、一巻から本編を順に読んでいって、五巻を読み終わってから
あらためて読むとほんとうにつらい。つらかった。マジで泣きそうになったよ。
なぜキングがこんなキに貶められなくてはならんのか。

まえがきによると、分冊形式はアメリカではポピュラーではないけど昔からあるそうです。
有名なのはディケンスで、船便で来る続きを待つ人が港に殺到し死人まで出たとか。

793 :名無し草:02/10/31 12:02
>>789
同感 あと自分で自分を釈迦呼ばわりしてるのが禿げしくイタィ...

794 :名無し草:02/10/31 12:03
>790
ヴォネガット「猫のゆりかご」の翻訳者(伊藤典夫氏)による解説。

『(前略)ジョーナは旧約聖書ヨナ書で(中略)小預言者ヨナの英語名』

普通はこう書きます。

795 :名無し草:02/10/31 12:09
>今年の冬は寒そうだねえ!毛皮のコートと革コート、どっちにしたらいいんだろ!

毛皮だとヒグマに見えて、2ちゃんのニュー速+でクマスレにされる。
革だとカバに見えて、プラハの動物園に新しい動物として送られる。

796 :名無し草:02/10/31 12:15
>795

それは失礼です!
ヒグマとクマにあやまりなさい!

797 :名無し草:02/10/31 12:16
>791
が〜〜〜〜ん!!w

798 :名無し草:02/10/31 12:27
釈迦に説法つーよりも馬の耳に念仏の方がしっくりくるよな。
今の温帯にはさ。

799 :名無し草:02/10/31 12:29
ブタにしんじゅ

800 :名無し草:02/10/31 12:35
ええと、ほかに何人か小説家のHPを巡回しておりますが、例外なくみんな読書家
だよ?あと、音楽とかドラマとか映画とかup to dateでなくても浴びるように
自分に取り入れている。

だって、そうしないと「引き出し」が枯渇するから。

半年〜1年間ドラマの脚本やって、引き出しが空になるほど頭ひねって、しばらく
リハビリしないと何もできなかったってってのも2人ばかり知ってますが…

温帯の日記を読むと、「出してばっかり」なんだよね。いつ「仕入れ」をするの
だろう、と不思議だったんだが、もう仕入れは必要無いんですね…

801 :名無し草:02/10/31 12:38
>>756
ショック云々じゃないよ。仕事として最悪。
キングでいい仕事してるほどちゃんとした人なら尚更、
自分で解説に推薦しておいてあれに対してリテーク出す責任を放棄した罪は重いよ。
先輩後輩なんて仕事のクオリティの前には関係ないだろ。
編集側も発注元だってギャラ払ってんだから、
それに見合う原稿書かせるべき。

802 :名無し草:02/10/31 12:45
>白石朗君のたってのお頼みという
>ことで、実に実に十年ぶりくらいに「小説」というものを読みました。

白石にどうしてもと頼まれたのでしかたなく小説を読みました。
わたしはここ十年、他人の小説など読まないのでこれは特別な事ですよ(爆)
 

803 :名無し草:02/10/31 12:48
大した老大家大先生ですね。

804 :名無し草:02/10/31 13:01
今日の行進日記
(笑) 5個
(爆) 2個

おとなしめです。

805 :名無し草:02/10/31 13:08
もうこれ以上、頼むから温帯には解説してほしくない。
本文にはなんら罪はないのに、温帯の解説が載っているってだけで、
不愉快で読めなくなる本が増えてしまう。
なにより「汚い手で…(略)」ですわ。

806 :名無し草:02/10/31 13:30
今日のスペシャル
>でも、この週末はMANDALAだから、大正浪漫のお好きなMさん、
>また張り切って富山から出てきて下さるかな。私の歌の世界、芝居の
>世界をとても愛して下さる方なので、今度のライブをきいてもらうのが
>楽しみです。決しておみやげのますずしをあてにしているわけではない
>(笑)(笑)(笑)

温帯それ以上肥えてどうするつもりよ(w

それと富山から新宿三丁目までの旅費と時間調べてみたら
全部電車で行ったにしても片道10700円、4時間オーバー
往復8時間、20000円以上かけさせてさらにお土産ねだりでつか・・・

807 :名無し草:02/10/31 13:30
>>789
んだと(゚Д゚)ゴルァ!!!

いろんな考え方もあろうが私としては
読書のヨロコビを持たない人の書いた本なんざ読みたかない。
私にゃそんな人の本を読む時間はない。

つかなめんな!!

808 :名無し草:02/10/31 13:45
>>795-796
ワロタ

809 :名無し草:02/10/31 13:48
グリーンマイル解説より
> 所用でいった大阪への飛行機の
> 往復二時間で頂戴した五冊全部読んで一時間ほどお釣りがきました。

公演 1997年4月15日〜20日 「天狼星」大阪公演 
発行 1997年6月       グリーン・マイル 5 夜の果てへの旅(温帯解説)

ttp://homepage2.nifty.com/kaguraclub/2002-10-26.htm
> 1997年の「天狼星」のあとで、全部で8千万という赤字の借金をかかえて、
> 私が働いて返すしかなかったとき、2年近くもわりとこういう状態で
> とにかく働いて働いていたときがありましたが、
> あのときも頭がなんかスポンジになっちゃったような気がしてましたけれども


810 :石川トマト:02/10/31 13:59
ぐわ…と、富山に来たのねん。
しかもご丁寧に明日の予告まで。
全国的に知名度の低い石川県。
温帯には素通りされることを祈っていたのに…
ああ、明日のことを思うと心配で溜まりません(と手をもみしぼる)

811 :名無し草:02/10/31 14:05
>809
要約すると「天狼の為に片手間でスポンジ解説を書いた」
という事で宜しいか?

812 :名無し草:02/10/31 14:21
>788
いらさいませ。
初期のグインサーガと現状とは、本気で別物になっております。
ここは作者話のスレで、グイン愚痴はライトノベル板が中心だから
グインサーガの現状を仲間トマトと歎きたいならお越しください。
新刊まで読んでみてご自分が現役読者だと思われたなら、一般書籍板へどうぞ。
その他にも複数スレがあるので、スレ倉庫や辞書も見たら面白いかもよ。
あと、ここもラ板もサゲ進行(Eメールの欄に小文字でsageといれてね)なのでよろしく。

813 :名無し草:02/10/31 14:25
これ伝説の「グリーンマイル解説」か・・・。初めて読んだありがとう。
ところで、皆が言っていることだが、どこが解説なんだ?
「ヒキ」なんて分冊になっている以上、特に強調するテクニックでもないだろうに。
温帯、文芸批評で世に出ておいて、ロシアフォルマリズムも知らんのか?
この駄文(いや、文字の羅列だな)が商業出版で出たなどということがどうしても
信じられない。この世で最低の解説は「一度読んでみてください」だと聞いた事があるが、
世の中、下には下がいる。
丸谷才一や筒井康隆や小林信彦にも「グリーンマイル」の解説依頼して併載する、という
イベントをしてみたい。

814 :名無し草:02/10/31 15:30
>811
「天狼の為に片手間でスポンジ解説を書いた」というより、
「天狼の為に片手間でスポンジ頭で書ける仕事だったので喜んで引き受けて
お金ももらいついでに自分の宣伝に利用させてもらった」ではないかと。

815 :名無し草:02/10/31 15:40
私はキングファンではないのでその本を買うことはないだろうけど、
もし持っていたらその解説部分を切り取って引き裂いて、「こんな
駄文を載せるな」とクレームつけて出版社へ返送してしまいたくな
るな。

816 :名無し草:02/10/31 15:54
>814
811のスポンジ解説とは「穴だらけの、お考え
だだ漏れ解説」(お考え→お金稼がなくちゃ。その為には
グイソよ!そうだわ、解説で広告しちゃおーっと)
ではないかと思われ。
でもこういう表現だとスポンジに申し訳ないな・・・・。

817 :名無し草:02/10/31 16:02
とにかく温帯の脳みそは
吸収力の落ちた、捨てるしかないカスカスのスポンジ
ということでよろしいですね

818 :名無し草:02/10/31 16:42
湧く湧く愚院らんど ラザニアの少年
>そのアレックス氏ご自身と、この話をすすめて下さってる
>プロデューサーのSさんとが、グインの大ファンで、

このSさんとは白石氏のことか?
としたら、また白石氏に災難が降りかかりますね。

819 :名無し草:02/10/31 17:01
そのアレックス氏は、今のグインも大好きなんだろうか?
それが世間の評価なんだろうか?
とても気になるー。

820 :名無し草:02/10/31 17:17
681です、いろいろと教えて下さった皆様ありがとうございます。
・・しかし改めて読むとほんっとにヒドイ解説ですよね。(タイプして下さった方乙です)
でもやっぱり不思議だなぁ・・この解説載せた編集者さんが社長さんとかいうわけじゃないですよね。
こんな仕事したって他の社員に見られて恥ずかしくないのかな。誰も止めなかったのかな。
ファンレターやHPとかで(日本語と英語出来る人は沢山居るし)どこからキング本人に知られるか判ったもんじゃないと思うんだけど・・
温帯の本はこの会社ではキングより稼いでるんでしょうか?それなら、まだ判るんですが・・ないですよねそんなこと?

821 :名無し草:02/10/31 17:31
>>816
このグリーンマイル解説って、天狼星の大赤字を埋めるために
昼行灯がコネを使ってあちこちから仕事を取ってきたものの内のひとつなのでは?

でも温帯にそんな事情を言おうもんならヘソ曲げるから
↓のような体裁を整えたんじゃないの?

> しかし今回、何かとご縁のある、かつ大学のクラブの後輩にして日頃
> いろいろと英語関係のお世話になってもおります白石朗君のたってのお頼みという
> ことで、実に実に十年ぶりくらいに「小説」というものを読みました。
 
恩を仇で返す。厚顔無恥。守銭奴。

822 :名無し草:02/10/31 17:57
>820
出版業界じゃたまにあること。
他にそういう例をご存知ない?
編集者の中には一度頼んだ原稿、
それもそれなりに売れっ子作家だった場合は
かなりヒドい出来でもそのまま使うことは多いよ。
それがいいとは決して思わないし
怒りや呆れはもっともだと思うけど、
不思議がるほどのことじゃない。
そういういーかげんな編集はいくらでもいるのさ。

823 :名無し草:02/10/31 18:18
その編集者がもしまじめだったのなら、上司に相談して、
困った上司がその上の上司に相談して、
困ったその上の上司がまたその上の上司に言えずにそのまま刷ってしまったとか?

全部想像。オレが働いている業界でよくある話。


824 :名無し草:02/10/31 18:20
>>759
> なんか,壊れて怪死した有吉佐和子がタモリの番組ブチ壊しにしたときの既視感
> を感じたのは当方だけだらうか.更年期障害,って年齢的にも似てるし.

この有吉佐和子「笑っていいとも」出演に関しては,番組から頼まれて律儀に
最後まで喋りとおしたというのが本当のところ。次の日出番の橋本治が,電話
するのは12:45ごろ(正確な時間は失念)になりますとあらかじめ連絡を受けて
いる。

それにしても…,何があったとしても…,数々の舞台を成功させた人と温帯を
比較するというのは……

825 :名無し草:02/10/31 18:57
>824
禿同。
有吉佐和子の件ってそのものは見てないけどヤラセに決まってるじゃん。
温帯と一緒に語っていい人じゃないよ。

826 :名無し草:02/10/31 19:07
>806
特に遠方からお越しの取り巻きさん達は、その地方の特産物をお土産に
上京しなくてはならないという暗黙の了解みたいなものあります。
関西の人は、柿の葉すしを持っていきます。

827 :名無し草:02/10/31 19:08
ちと流れを変えて申し訳無いが。
ヤフの「拉致問題発言」トピに、温帯の舞台を観た方がコメントされてまつ。
この方は今PA子さんのサイトを読んではるらしい。
またひとつトマトが誕生する瞬間に立ち会えそうだ…。
手を揉み絞りつつマターリと見守りたいと思いますた。


828 :名無し草:02/10/31 19:08
>>825
あれがヤラセ?
あとのコーナー全部潰れたし客からもブーイングが起こった。
タモリもさんまもほとほと困ってる感じがありありだったよ。
なんでも晩期の有吉氏は躁鬱がひどくて、いいとも出演中は
極端な躁状態だったと聞いたが、どっちが真実だ?

まあ、温帯は年がら年中ナチュラルハイって感じだけどさ。

829 :名無し草:02/10/31 19:19
>825
その番組たまたま見てたよ。ヤラセとは思わなかったけど(よく知らなかったし)
ヤラセだったとしたら大失敗だったねぇ。客席からのブーイングもけっこう
すごかったし、とにかく異様な雰囲気は感じたよ。
私もテレビ見ながら「早くいつものコーナーにならないかなー」と思ってた。
たしかあの日は明石屋さんまがいたけど、さんまのコーナーが面白かったからさ。

830 :名無し草:02/10/31 19:21
>>825
あれはやらせじゃない。躁病(本物の)
僕はたまたまリアルタイムで見てたけど、少しでも精神病に対する知識がある人から見れば、
考えられないほどのひどい仕打ちだった。
平たく言えば、アトピーで体を掻きむしっている人に、トロロを塗ったり、蚊をたからせたり
して、更に痒がる様を見てゲラゲラ笑っているようなもの。
完全に放送禁止のレベルだった。

831 :名無し草:02/10/31 19:23
>828
ちょっと調べてみましたが、ヤラセと呼ぶにはかなり大変なハプニングだった
ようです。(黒柳徹子さんの時も同じような事があったらしい)
私はオンエア観てないので何とも言えませんが…温帯と同列に並べるのは
止めません?有吉さんが好きかどうかは個人で温度差がありますから。

温帯の前に温帯無く、温帯の後に温帯無し!つーことでドデショ?

832 :名無し草:02/10/31 19:29
有吉佐和子はもういいべ。
>>824にはソース出せと言っとくわ。あるわきゃねーが。

833 :名無し草:02/10/31 19:53
いずれにしても、有吉佐和子と温帯を同列に並べるのは不適切、ということで。

834 :名無し草:02/10/31 20:46
『男性行員の服装も自由化=顧客に親しみを―トマト銀行(本店、岡山市)』

こんなニュースがあったのでお知らせしてみました。


835 :名無し草:02/10/31 20:53
温帯式速読術の話が出たので……こういうものだそうですよ。
ちなみにSF大賞選考委員のために候補作を読まねばならない、
しかし後4日しかないのに5冊残ってる、というシチュエーションです。長文引用スマソ

>特に「山尾悠子作品集成」という、箱入りの百科事典みたいな本に目がゆくたびに恐怖で気が遠くなる(爆)
>8800円!!!!!うううううっ、これ、普通に読んだら何日かかるんだろう?
>長年鍛えに鍛えた「速読術」を駆使してもこれは相当かかりそうだな。
>この速読術はスゴイですよ。読んでからまる1日のあいだだけは、内容の相当こまかいところや
>登場人物の名前とかまで、ただ単にハードディスクにうつしたみたいにしっかりと記憶している。
>いや、「忘れてよし」という消去命令がかかるまでですね。ちょっとづつメモでも作っておけば
>相当完璧に記憶してます。これであの10年間の「小説道場」とか乗り切ってきたんですから。
>もろもろの選考委員(略)いろいろやってきましたが、この特技のおかげで、なんとかなったんですね。
>読むのが早いっていうと、「ちゃんと読んでないんじゃないのか」とか心配したり怒ったりするかたもいるかもしれないけど、
>文章かくのと同じで、駄目なヒトはどれだけゆっくり読もうが書こうが駄目な文章しか書けない、
>それと同じで、早く読んだところで内容のアタマに入り方は同じです。
>というか、早く読んで内容が入ってないのはそれは、速読術とはいわない、
>ただページめくってるっていうんですね。にしてもきょうは、
>きのうの夜ついつい誘惑にまけて更新準備をしてしまったんで(本当はきのう2冊くらい読む予定だった)
>更新のほうはそれをアップすればいいはずなんで、しょうがない、きょうは近所でリハスタジオ借りたので、
>移動に時間かかりませんから、それまでのあいだ、泣き泣き小説を読んでるほかはないですねえ。
>あああああ。いったい何年ぶりだろう、SF読むなんて。

自サイトの更新や道楽のお稽古に忙しくて、「読み込む」どころか「泣き泣き」候補作を読む。
マジで、なんでこんな人間が選考委員をやっているのか、ハヤカワの見識を疑う・・
他にいくらでもふさわしい人材がいるだろうに。


836 :名無し草:02/10/31 21:01
ソース貼り忘れた
homepage2.nifty.com/kaguraclub/kosinnote3.htm

これの11月11日ってとこにある。

837 :名無し草:02/10/31 21:06
黒柳徹子さんが出たときも他のコーナーつぶして面白がって続けたじゃん。
出演者折り込み済みの他コーナーつぶし。出番なかった〜、という芸人の
文句も予定通り。他の出演者目当てのお客は本気で怒るかもしれないけど。

838 :名無し草:02/10/31 21:08
>>820
温帯の出版社別のリストはすぐにも作れます。
新潮は微妙に入っておりません。

SFの人なのに光文社と徳間がいないんだよなぁ、温帯。


839 :名無し草:02/10/31 21:13
>それと同じで、早く読んだところで内容のアタマに入り方は同じです。

いや、ほんとの速読術は、大意を掴むだけ、内容をほぼ把握するため、
読んで楽しむ、といろいろなレベルに合わせて読む速さも違うんだよ…。
ま、温帯は頭に入ってると思ってるだけみたいだしね。

それにしても「速い」自慢の好きな人だねえ。
結局温帯って、速くやっても時間かけてやっても同じ成果しか出ないんだろうね。
速く読んでも遅く読んでもさして頭に入ってないし記憶もしてないようだし
速く書いても遅く書いても、駄作しか書けない。
それだけのことでしょ。


840 :名無し草:02/10/31 21:16
>834
トマト銀行の金庫の中身が温帯作品の山だったら…(((;゚Д゚)))コワー。
あらぬ妄想が頭をよぎってしまいますた。関係者の方に謝罪します。ペコリ

841 :名無し草:02/10/31 21:22
>読んでからまる1日のあいだだけは、内容の相当こまかいところや
>登場人物の名前とかまで、ただ単にハードディスクにうつしたみたいにしっかりと記憶している。
>いや、「忘れてよし」という消去命令がかかるまでですね。ちょっとづつメモでも作っておけば
>相当完璧に記憶してます。

う〜〜ん、これって普通のことじゃない?
登場人物の名前一日覚えてるぐらいで自慢されてもねえ。
メモとってるから忘れないって、それ覚えてるというのかね??
これで速いといわれても、実はナナメ読みしてるだけなんじゃないかと小一時間。

842 :名無し草:02/10/31 21:23
>>840
促販用の景品がウメちゃんや新ちゃんのグッズだったら・・・

ガタガタガタガタ


843 :名無し草:02/10/31 21:24
トマト銀行というのは、
100巻満期目指して500円ずつ積み立てた預金が
いつのまにか紙くず同然のヤホヒィな価値しかなくなって
取り付け騒ぎになっている、このていたらくを言うのでは・・・

844 :名無し草:02/10/31 21:26
関係ない話ですが、某地方新聞とってるんですが、
先月からなんと友の会「トマト倶楽部」(うろ覚え)なるものがスタートし
(というか新聞とってるだけで勝手についてくるんだけど)
月一でトマトマガジンなるものがついてくるようになったんですよ。
なんの呪いだろう・・・と悩んでしまいましたわ。

845 :名無し草:02/10/31 21:27
>795
ガイシュツもガイシュツなツッコミであろうとはしようちしているのですが、
これはもういまはっきりといってしまいますがやっぱりいっておかなければ
ならないことだとおもうのでいわせていただきます(温帯風表記)

食うために牛やブタを殺すのは野蛮でも、着飾るために殺して
皮剥ぐのはいいことなんだね、大作家様。
寒さには強いんだろう?11区の欠陥構造を棚に上げて、クーラー
効き過ぎて寒いって言う人を我慢が足りない奴だって馬鹿にしてたんだから。

自 前 の 肉 襦 袢 で 賄 い や が れ。

846 :名無し草:02/10/31 21:27
>>841
いや、問題は読んでるだけで選考も何もしてないことかと

847 :名無し草:02/10/31 21:29
>843
うわーっ!購読派だったけどもう買わん!
潰れる銀行にせっせと積み立て続けてるような気がしてきたよ!

848 :名無し草:02/10/31 21:32
いや、やはり一番の問題はこんなヤシが選考委員してるってことかと…

849 :名無し草:02/10/31 21:32
>841
ハゲ同。
要するに温帯は小説の細かい内容や登場人物を
たった1日しか覚えていられないと…。
その程度の記憶力しかないってことですよね。
ナナメ読みでもこのくらいは覚えられるんじゃあ。
温帯はそれさえもメモにとらないとダメだと…。

だいたいハードディスクにうつしたみたいにという場合って
ふつうは、描写をまる1ページとか台詞をいくつかそのままとか
そういうときにしか使わないのでは?
登場人物の名前って温帯にとってはそれほど覚えるのが大変?

850 :名無し草:02/10/31 21:36
>849
自作のタイトルすら間違う人ですからね・・・
もしかすると大変なのかもしれませんよ

851 :名無し草:02/10/31 21:38
ハヤ○ワの編集、絶対これ読んでるよね?
少なくともまったく耳に入ってないってことはないよね?
なのになぜ温帯が審査委員なの?
これほどの暴言吐いて許されるなんて、出版界が理解できません。

852 :名無し草:02/10/31 21:48
>849
>登場人物の名前って温帯にとってはそれほど覚えるのが大変?
そうか! (゚Д゚)
名前がパk……本歌取りばかりなのは、
自分で考えても覚えられないせい……なのか……

853 :名無し草:02/10/31 21:52
>「忘れてよし」という消去命令

その命令はさぞかしお早くかかるんでしょうね。

854 :名無し草:02/10/31 22:05
>>832
私は824さんではありませんが、橋本治の有吉佐和子追悼文「誰が彼女を殺したか?」に詳細が書かれています。
とはいえ、824さんの書き方だと、誤解を招くかと思います。
正確には、こんな流れです。
・有吉→橋本の順番は、あらかじめ決まっていた。
 (この点はヤラセ)
 本来は通常通りの時刻(12時15分前後?)に、電話が来るはずだった。
・しかし、有吉さんの話は終わらない。
 (これは予定外の展開)
 番組スタッフも、最初は面白がっていたけれど、次第に止められないと気がついたようです。
 そのため、橋本治のところには、番組スタッフから時刻変更の電話が何回か入る。
 「12:45ごろ」というのは、最後に連絡が来た時の話で、あらかじめ決めていた時刻ではないです。
よって、ヤラセとは言いがたいのではないかと思います。

スレ違いの長文ですみません。
今は亡き人の話ゆえ、誤解してほしくないので…。

855 :名無し草:02/10/31 22:15
>>835
>マジで、なんでこんな人間が選考委員をやっているのか、ハヤカワの見識を疑う・・

茶々を入れるようでスマソが、(日本)SF大賞って徳間書店主催じゃなかった?
堀晃『太陽風交点』(第1回受賞作)を巡ってハヤカワと裁判沙汰になってる。
なお事件当時のSFマガジン編集長は昼行灯。

856 :名無し草:02/10/31 22:53
>812
カイセツありがとうございました。788です。

グインの未読分を最新刊まで到達するまでに、敵(爆)は20冊くらい書きそうなので、
とりあえずはあぐら詣でをしてみようと思います。
(たまーにその日の日記だけは読んでいましたが、HPの中身だけでも
全文読破なんて気が遠くなりそう)
全部読むと、かなりの収穫がありそう(つか、疲れるだけかなー)

あ、sageなのですね。あげてごめん。
あぐら逝って来ます…

857 :名無し草:02/10/31 22:55
>>831
黒柳徹子はきっと本番中に「もうこのままいっちゃうか?」
みたいな話が裏であったような気もするが・・・
タモリと仲いいし

858 :名無し草:02/10/31 22:56
駄目なヒトはどれだけ速く読もうが書こうが駄目な文章しか書けない・・・


859 :名無し草:02/10/31 22:58
>854
以前買った本に収録されていたので読んだ覚えはあるけど、
有吉さんはちゃんと時間通りに電話しようとしたけど、
周りが面白がって話を続けさせたというような話だった。
躁状態なのがホントだったとしたらいじめか晒し者にしたったことだろうね。
スレ違いスマソ。

860 :名無し草:02/10/31 23:00
>856さん、いらっさいまし。
そんなあなたに「温帯ナビ」!こちらの住人さんがお作りになったサイト。
過去ログ倉庫から跳べますから、ご利用なさいましな。
いきなりあぐら詣ではキツイでそ。

861 :名無し草:02/10/31 23:02
温帯の昔の本のどこかに、自分の本を速読されるなんて許せないって
書いてあったような記憶があるんだが。
グインの後書きだったかなあ。

862 :名無し草:02/11/01 00:09
しもらー、ほんと懲りないよな。

> なんてったって私の文章「グズグズ」ですから。
>(Σ( ̄▽ ̄;しまった、嫌味言ってしまった…(^_^;)←わかってて
>言ってる確信犯)

グズグズっていうかさ、あのひどい温帯の文のさらに劣化コピー
なんだよなあ。しもらーの文って。

しかも書くスピード自慢してるとこまで温帯のコピー。
面 白 す ぎ だ ぞ

863 :名無し草:02/11/01 00:10
無理したって速読になっちゃうんですけどw

864 :名無し草:02/11/01 00:12
>グインの後書きだったかなあ。
この言葉を受けて探してみました…が、斜め読みのせいか発見できず。
しかし26巻の後書きにこんな記述がありました。

「〆切りに迫られて、書きたくもないのに書いた、本人も納得のゆかぬような
小説を、読まされる読者こそいい面の皮ですもんね」

言い換えてみます。
「借金に迫られて、書きたい人物だけを書いた、本人しか納得のゆかぬような
小説を、読まされる読者こそいい面の皮ですもんね」
いや、納得できる読者はいるんだろうけどね。ハア。

865 :名無し草:02/11/01 00:15
26巻ではまだ意識はあったということか・・・
どの辺から昏睡状態になるんだろう

866 :名無し草:02/11/01 00:19
さっきPSO(ネットゲーム)やってたら、
*エクレア ヒメ*
ってヤシがいたよ・・・。

本当は半角英字なんだけど、変なスペルで覚えられなかった。
少なくともeclairじゃなかったな・・・。

867 :名無し草:02/11/01 00:21
ごめん、飛び入りです。有吉先生が出ていた「いいとも」リアルタイムで
見ていました。それから半年くらいでお亡くなりになったので、
けっこう蒸し返された…。
テレホンショッキングがどうにか終わっても出ずっぱりで、ラジカセを
持ちだして、母校の校歌か応援歌みたいのをかけたりなさっていて、
明石屋さんまが当時「ひょうきん族」で持ちネタにしていた「帰ってよ」


868 :名無し草:02/11/01 00:23
で、笑いにからめて、丸くおさめて退場させようとしたんだけど、
「目上の人物に対してそういう物言いはあるか!」と先生が
逆上なさって、結局1時間出ずっぱりだったように憶えています。
タモリが始末書を書いたとか、何人か飛ばされたとか都市伝説
みたいな噂が流通したしね。
亡くなってからも、取材でSMクラブに見学に行ったとか、けっこう
手ひどい面白がられかたをされていたですね。


869 :名無し草:02/11/01 00:32
>867-868
飛び入りなら仕方ないんだけどさ、もう亡くなった方の話題は止めようよ。
温帯とは関係無い話なんだし。

870 :名無し草:02/11/01 00:52
速読というか「速読法」についての温帯の文章を見つけました。

>こないだなんて何か知らんが、家に「一分間で一冊」本が読める速読法、
>という本が送られてきて、目をとおしたりしてしまったがね。
>そうすると何かイイコトがあるのかね?(中略)
>私はこの速読法の本は五分で目をとおした。(中略)
>速く読むのなんざちっとも偉かない。たくさん読むのも偉かない。(中略)
>一分で読むな。本が気の毒だ。私の本を一分間速読術で読むようなやつに
>読んでもらいたくない!

昭和61年の本ですのでそれなりに言ってることはまともですなあ。
『本とつきあう本』というアンソロジーです。
まあそのほかに、本を読むなら、栗本薫の本を読め、はずれがないから。とか
身銭を切って本を買って読め、とか。

>本というのは、憎しみをこめて投げすてる権利もまた、読者は持っている
>ものなのだ―――私はそのことを忘れずに本を書いている。

泣けました。


871 :名無し草:02/11/01 00:54
>>868
へえー見たかったな〜それ。
温帯にも一度テレホンに出てみて欲しい・・・
けど呼んでくれる友達がいるかなあ。
テレビ嫌いだけど、出るのは好きなんだよね?出てよ〜。
ミュージカルの宣伝でもグインの海外出版でもなんでもいーぞ

872 :名無し草:02/11/01 00:55
>870
一緒に泣いていいですか(目幅涙

873 :名無し草:02/11/01 00:55
昭和のころはまだ良かったということか
平成に入ってからおかしくなりはじめるんだな?

874 :名無し草:02/11/01 00:56
うわあ、記憶から抹殺していたグリーンマイル解説がッ。
うpお疲れさんでした。
白石さん、いい人なんだけどなー(涙)。周りがなー(号泣)。

875 :名無し草:02/11/01 01:05
>>871
温帯、テレホンに出てたよ。15〜6年くらい前かな。
誰から回ってきて、誰に回したのかはちょっと失念(スマソ
ちなみに「ごきげんよう」の前身の「いただきます」にも一度出演してた。

876 :名無し草:02/11/01 01:07
私も見た。温帯inテレホンショッキング。
「テレビ見ない」自慢してたことくらいしか覚えてない……
「あ、でもひとつだけ見てた番組が……」「なんですか?」「ヒ●トでピ○ト!」
みたいな寒いこと言ってたな……漏れ、まだその頃信者だったよ……

877 :名無し草:02/11/01 01:13
>>875
>>876
え!!マジで??15〜6年前っつったらぼっちゃまが生まれたあと?
え〜〜〜〜〜〜〜〜〜・・・見たかったナー。
その頃なら、炎の群像の宣伝かなあ?
ミュージカル嫌いのタモさんとどんな話をしたのかなーとか想像しちゃう・・・
いただきますにも出てたのか・・・っていただきますってどんな番組だったかも憶えてないけど
ところで、ヒントでピントって他局やんけ・・・気つかえよ

878 :名無し草:02/11/01 01:13
>862
あの人は思考回路を外部委託してるみたいだからねー…。温帯のやる事なす事全
て正しいんでしょきっと。

なんか信者ちゃんってそういう人が多いような気がするけど。

879 :名無し草:02/11/01 01:18
温帯とテレビか…。日テレ系のクイズ「国民の常識」だっけな?
アレに温帯が出たら楽しそうだなーと思いながら観てます。


880 :名無し草:02/11/01 01:21
とんちんかんちんな答え書いて
太田と古舘という意地悪ふたりにいじられて逆ギレするのが目に浮かびますね

881 :名無し草:02/11/01 01:28
>>875
ググッてみたところ、温帯の出演は1987年10月8日、
「マッハ文朱 → 中島梓 → 旺なつき」という友達の輪ですた。

882 :名無し草:02/11/01 01:40
マッハさん余計なことを……(ワラ
今はもう交流ないんだろうね。

883 :名無し草:02/11/01 01:42
>>877
「いただきます」は三人のおばさんが視聴者の質問や相談に答える
という番組内容で、けっこう露骨な下の話も多かったんですよ。
しかし温帯はそんなこと全く知らなかったようで、
いきなりの下ネタの相談に「え、なにこの番組。
こんな番組なら出ないんだった」というような発言を
うろたえながらなさいました。
しかも「いただきます」は生放送という罠。
いくら家にテレビがなくっても、自分の出る予定の番組の内容くらいは
チェックしとけよと思たYO!

884 :名無し草:02/11/01 01:42
>870
昭和61年にはまだ忘れてなかったのですね、「そのこと」
・・・ううう(泣

885 :名無し草:02/11/01 02:09
たまには昔自分が書いた文章、読み返してみた方がいいよね……

昔林真理子の本の解説ですごく自意識過剰な文章書いてたよ。
そのときに「私は人の書いたものはすぐにそらんじてしまうが
自分の書いたものは覚えない」とか言ってました……
だからあんなにつじつまのあわないものが書けるのだな。
まだあぐらができるずっと昔だが、あまりの痛いはしゃぎっぷりと
過度な自分語りに「なんじゃこの人は」と思って読んだ……

886 :名無し草:02/11/01 02:17
>>881
>>883
おお・・・ありがとう、友よ(勝手に)。
マッハから来たと言う事はやっぱりヒントでピントつながりなんですね。
で、ミュージカル関係の役者さんへ、という流れかな。

いただきますは相談番組だったのか・・・すっかり記憶に無いなあ。
でも本番中に「こんな番組なら・・・」って、
チョイスするハガキの傾向とかの打ち合わせしてなかったのかな?
リハーサルがなかったか、リハーサルに出なかったか、どっちかなんだろうね。
でも本番中に「こんな番組」とか「出るんじゃなかった」とか言うのはちょっと配慮に欠けますね。

887 :名無し草:02/11/01 02:22
>886
打ち合わせしたのは、別の人格だったのでせう……
で、驚いて「こんな番組なら(意識の表に)出るんじゃなかった」と(生温

888 :名無し草:02/11/01 02:22
>>886
温帯が出てたのは知らないけれど
あの番組は視聴者からの質問や相談に
オバサン達が言いたい事をはっきりと言うコンセプトだったから
温帯だけでなく他の出演者もみなワガママだった。


889 :名無し草:02/11/01 02:26
タモリを無視して舞台宣伝&自分自慢。
友達紹介の「えー」を真に受けてさらに自分賛歌を1時間続ける。

890 :名無し草:02/11/01 02:31
>>888
塩沢ときが出ていたのだけは記憶にあります、そういえば。

891 :名無し草:02/11/01 04:13
もう収束した話なのにすみません。
温帯の前に温帯はなく、温帯の後に温帯はなし。に同意しつつ。
>>830のレスを見て興味をひかれたものですから。(身内にいるので。)

206 名前: >205 投稿日: 2000/04/07(金) 01:48

そうそう、橋本治。彼が書いた「誰が有吉佐和子を殺したか」
にいいとも事件の真相が載っていて、ちょっと有吉に同情。
単にテレビの生放送を何も知らないではしゃいでただけじゃん。
スタッフちゃんと段取り説明してやれよ。ってね。


892 :名無し草:02/11/01 04:27
あーしかも>>854さんでがいしゅつでした。返す返すスマソ。

で、速読法なんですが。
自分、今習ってる最中なんですが、温帯書くところの「速読」にはかなり違和感ありまくり。
おまえそれ飛ばし読みちゃうんかと。
「かなりの速読ができる自信がある」という言葉、
温帯の自負する「かなりの絶対音感」と同じ違和感ですね。(かなりの絶対音感ってなんだ!)

文字を見る→読む→理解する という流れを
文字を見る→理解する に変えていくのが速読なので、
>一分で読むな。本が気の毒だ。私の本を一分間速読術で読むようなやつに
>読んでもらいたくない!
↑といわれても、飛ばし読みやナナメ読みじゃないんですが。

そもそも、朝日と産経の見出ししか読んでないと思われる温帯に
速読速読言って欲しくないなぁ。飛ばし読みと誤解されちゃうじゃん〜〜

893 :根無し:02/11/01 07:31

すんません,=>>759であります.

有吉佐和子女史になぞらえたことで不快に思われた方,申し訳なし.
以前,岡本かの子と似ている点も上げたりしたけど,2人とも,かの思い上がり
温帯に,亡くなる直前の狂騒ぶりとか,日常の評判とかは表面上似ていても
指摘すればコレだけ非難が返ってくる.

舞台にしても,”油屋おこん”は今でも演じられつづけていますし,『格』が
違うってことは重々承知.(”女王陛下に乾杯”がどんな内容だったか興味は
あるところだけれど)

老耄(?)で末期の作品がどんどん珍作化し,遺作”暴力租界”で歴史的な自爆
をしてしまった我が青春の師・大藪春彦氏にしても,遺作の最終数十ページ
で,突如として全盛期の文体を彷彿とさせる銃器解説を輝かせている.

かの腐臭を放つ自己肥大女郎がいみじくも放言するように,グインサーガが
現代の源氏物語であって,巨大なる社会現象を引き起こしているものなので
あれば,こぅいぅ声が末永く語られるのであろうが・・・・ ありえない.


894 :名無し草:02/11/01 07:47
同じ板の牛と同じでさ、
誰かに似てるとか、共通点があるとか言わない方がいいよ。
絶対こてんぱんに否定意見が出るんだから。
比べられた人が可哀相だし、第一失礼だ。


895 :名無し草:02/11/01 08:09
「笑っていいとも」に出たけど、ミュージカルの宣伝のためだから
友達の輪を歌わなかったって自慢してなかったっけ?
…単に大人げないだけのような気がするよ。

896 :名無し草:02/11/01 08:13
いやあ、色んな意見はあっていいと思うけどね。
事実と違ってなければ。
誰と比べてもここでは温帯が結局最凶な訳だし・・・

大藪春彦のその最後の数十ページのように
温帯も不意に輝きを取り戻す日がくるのかなあ。

897 :名無し草:02/11/01 08:25
>>809
ていうか、たった2年ちかく・・・ということは2年以下か、
で8千万の借金がチャラになるって
温帯ってやっぱりすごいんだね。素直にそう思う。
「私が働いて返すしかない」ってところがチョト泣ける(・・・ダンナ、本当にただの紐なんだね・・・)。
いやもちろん自分で作った借金なんだろうけどさ。

898 :粘着スマソ:02/11/01 08:34
>>854
それも違う。
「1時近くに電話が行きます」と橋本治のところにADから変更の連絡が
あったのは『番組開始前』だと書かれてます。(今、手元の本を確認)
事実を確認せずに、奇行と騒いだマスコミを批判していますね。

「ともかく僕はそのことを知っていたし、有吉さんはキチンと言われて
分からないなんてことはない人でしたよ。僕は有吉さんにお説教をした
ことだってあるんですからね。僕みたいなチンピラ作家の言うことだって、
チャンと聞いてくれる人でしたけどね、有吉さんは。」
            (橋本治「誰が彼女を殺したか?」より)



899 :名無し草:02/11/01 09:31
>898
あやまれば粘着続けていいってことじゃないぞ。
わかっててやってるのは返って悪質だ。
よそでやってくれ。

900 :名無し草:02/11/01 09:33
>>898
いい加減にしたら?スレ違い。いい迷惑。

901 :名無し草:02/11/01 10:00
>898
まあ、贔屓の作家を持ち出されて、
名誉回復したいつー気持ちはわかるけど、それは話の種とか流れであって、
温帯と同レベルに思ってる人がここにいるわけないんだからさw


902 :名無し草:02/11/01 10:15
そうそう、なんちゃって三味線のあの雌豚に、
「一の糸」を読め!と言いたいっす。

903 :名無し草:02/11/01 10:27
>>901
だね。温帯は最凶伝説を作っている最中だ。
敵う者なしだぞ!ドーン!

904 :名無し草:02/11/01 10:41
>>899
ちょっと言い方きついぞ。
名誉回復したい気持ちはわかるよ。

905 :名無し草:02/11/01 10:50
833 名前:名無し草[sage] 投稿日:02/10/31 19:53
いずれにしても、有吉佐和子と温帯を同列に並べるのは不適切、ということで。

ということで、よろ。

906 :名無し草:02/11/01 10:53
しかし山尾悠子か。
温帯のちょっと前に二十歳でデビューして、結婚・出産の関係であっという
間に消えた人なんだよね。天才扱いだったのに。
で、また再び見いだされようとしている。
なんか温帯が「結婚してもちゃんと作家業を続けたあたしってすごい(爆)」
とか電波飛ばしそうなヨカーン

907 :名無し草:02/11/01 10:56
>>898
ありがと。疑念が晴れますた。

908 : :02/11/01 11:20
「いいとも」思い出した。テレビ出てるのに
「私のうち、テレビないんです」
タモリ、苦笑。と、いうか「何言ってんだろ
このひと」って感じで冷ややかに見てた。
確か「くたばれグルメ」をタモリに渡してた。

909 :名無し草:02/11/01 11:27
今日の温帯日記は例によってMANDALAライブの事でイパーイ
小説そっちのけの同人音楽もほどほどにしとけやゴルァ!!
・・と思ったが、「MANDALA 野呂」でぐぐってみたら結構実力派の
プロらしい <温帯日記で晒・・ゲフンゲフン紹介されてるミュージシャン

どうせなら一回くらい見ておこうかと思ったがもう連休の予定あるし。
誰か勇気あるトマトは潜入+ぶっちゃけ正直なレポきぼん
ttp://www.mandala.gr.jp/aoyama.html
ttp://www.mandala.gr.jp/aoyama/0211.html

910 :名無し草:02/11/01 12:08
温帯の現在のテイタラクを後からココで知ったんだが、コイツこそ温帯の後継者
なのか!という感を益々深めちゃった作家がいる…
それは、清涼院ry
プツン

911 :名無し草:02/11/01 12:40
きょうの日経新聞の「消費」欄(東京本社版35ページ)より。

「旬のトマト 20種競演」

流通するトマトの種類が増えているという記事(渋谷西武の写真入り)。
「フルーツトマトが火付け役となり、トマトブームが続いている」
とのこと。

912 :あなたはトマト? ◆/YI2FnXeqA :02/11/01 12:41
『あなたはトマト?』
ttp://sweety.jp/tomatoes/
を主催している者です。
みなさん、楽しんでいただけているようで嬉しいです。

>>535
>年表(なめくじemanon)さん
『温帯覚書』
ttp://isweb43.infoseek.co.jp/art/nyanko50/
にリンクを張らせていただきたいのですが、構いませんか?

メールで問い合わせようと思ったのですが、
連絡先が書かれていないようでしたので、こちらでお尋ねしました。
こちらへの書き込みか、メールにてご返事いただけると幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

以上、宣伝まがいの私信、失礼しました。
お詫びの証に、これからあぐらに詣でてきます。
ではでは・・・

913 :名無し草:02/11/01 12:44
今日の行進日記
(笑) 9個
(爆) 1個
(大爆)1個

914 :名無し草:02/11/01 13:20
>913
(笑)と(爆)と(大爆)の、ちっちゃなブラスバンドを想像してしまった。
(笑)がトランペットや小太鼓で、
(爆)が大太鼓で
(大爆)がシンバルって感じ。
ブラスバンドじゃないな。小学生の鼓笛隊だ。
トテチテタッター行進だー♪

915 :名無し草:02/11/01 13:31
MANDARAでライブなんかやって客入るの?

916 :名無し草:02/11/01 13:42
温帯の曲ってイケてるんですか?CDとか出してるのかな。
あぐら開設1周年時にトップに曲がついてたんじゃなかったっけ。
その頃はまだPC無くて聴いてないんです。温帯の曲聴いてみたいぞ!


917 :名無し草:02/11/01 14:32
>899-900
よく読めば蒸し返してるのじゃなくて
間違いを訂正してるだけだってことがわかるだろうに。
うろ覚えで適当なこと書いたトマトを非難するならともかく
それを訂正した人を非難してどうする。
こういう場合はスレ違いだのってことは関係ない。
脊髄反射でレス付けてる悪い例だね。

>898
訂正ありがとう。
貴方のその書き込みは大変意味のあるものです。
これで故人も浮かばれたと思います。

918 :名無し草:02/11/01 14:36
\4,700もするのか。その半分くらいだったらな…。

919 :名無し草:02/11/01 14:42
地獄の10月って何回書いてるんだ?
あんな楽なスケジュールで地獄って(プッ
しかもその殆どが趣味のこと。
仕事殆どしてないやーん。
趣味じゃあ、責任もないしプレッシャーもかからん。
そんなもんに地獄も何もないと思うけど。
仕事で時間ない人にとっては
寝る時間もないほど趣味に費やせるのって
むしろ天国じゃないの?
ほーんと甘ったれてるなあ。
ま、その結果があの脂肪ってことだね。

920 :名無し草:02/11/01 14:59
>とにかく夜中の2時までのリハを誰一人
>不平をいう人もなく冗談まじりにこなしてくれる、
>今回のメンバーはもう最高だと思います。

単にメンバーの中にあぐらを読んでる人がいるだけなんでは…

921 :名無し草:02/11/01 15:24
>>908
あんなに料理好きなタモリにその本を渡したか・・・
本当に無神経どころか
他人の神経を逆撫でするツボは心得てる人だなあ・・・

922 :名無し草:02/11/01 15:28
>917
粘着自作自演うざい

923 :名無し草:02/11/01 15:29
>915
チケットは完売

924 :名無し草:02/11/01 15:41
>>922
あんたもいいかげんにしなよ・・・

925 :名無し草:02/11/01 15:58
8000万の赤字って、チケットが1枚8000円だとしてあと1万人客が入れば元が取れたって事だ。
小劇団だよねえ???

926 :名無し草:02/11/01 16:10
相場からして8000円のチケットというのはあんまりだと思うが、
もし4000円だったら2万人分?
仮に2万人だったら1000人入る劇場で20回分客席ゼロ?

どうやったら芝居でそんなに赤字が出せるのか不思議。
帝国劇場で一ヶ月公演とかの世界を想像しちゃった。

927 :名無し草:02/11/01 16:15
>>925
8000円チケット・・・プロの芸能人の舞台ならこれでも安い方なんだろうが
温帯作品にその価格だとカナーリ抵抗ある罠(w ああ、でも1997年
当時は信者だったからホイホイ見に逝ってたかもしれづ

それと >>923 ソースは?さっきMANDALAかけたら
11/2〜4の3日間ともまだ若干空きがあるとか言われたけど

928 :名無し草:02/11/01 16:30
ttp://homepage2.nifty.com/kaguraclub/kagura6-1.htm

> 私も何回か、自分で資金ぐりというか、予算づくりにたずさわってみて、
> 「しかしこんなの、最初から採算のとれっこはないじゃないか」と
> 非常に考えこまざるを得ませんでした。インカムのほうは、もう入場料かける
> 限界のキャパで決まってしまってるわけで、たとえばじゃあ200人入る劇場なら、
> チケット5000円とったとして1日百万円の収入が上限ときまってる。
> だけど、百万では、キャストのギャラだって、ほんのちょっとまともな人使ったら
> もうそんだけでおしまいですよ。じゃあ劇場費はどうするんだ。照明は、音響費は、
> 衣装代は、舞監費は、音楽制作費は、ってことにどんどんなってきますから・・・・・・
> でもインカムは100と決まってるのに、どうにもならんでしょう。
> スポンサーなんてそうそうつくもんじゃないし、助成金だってそうそうくれるもんじゃないし。
> でもそれで、200人満杯にできるかどうかっていったら、これで半分しか
> 入らなければもう50万の赤字でしょう。じゃあそれで5日間の公演したとしますね。
> ぎりぎり満杯入ってインカムは500万。それがまあ、ならして6割しか入らなかったら、
> 500万予定していて入るのは300万、これだけで200万の赤字。
> そこに制作費が例えば全部で800万かかったとしますね。そんくらい、
> マジあっという間ですよ。そしたらもう、そこに入るのは300万なんだから、
> つごう500万のアシが出るわけで、それを素人の、普通の職業の人が埋めようとしたって、
> これはもう、2,3回それをくりかえした段階で自己破産申請、ってことになるのは当然といえましょう。

愚痴のオンパレード。お金、お金、お金〜。
で、芝居を1回やるのにグイン何冊書けば資金調達できるんですか?

929 :名無し草:02/11/01 16:31
家の整理をしていたら天狼☆のパンフが出てきました。
当時の自分はどんな気持ちでチケットを取ったのか
今となっては思い出す事すら出来ません。

930 :あなたはトマト? ◆/YI2FnXeqA :02/11/01 16:33
またまた私信ですみません。

>>912
>>535
>年表さん
よく考えてみると、
あなたに成りすます不埒者が現れる危険性があったりするので、
ご返事はメールでお願いします。

931 :名無し草:02/11/01 16:38
>928
何故最高500万円しか入らないとわかっていて800万使うんだ?
そういうのは「優雅な趣味」としか言いようがないんじゃあ。
最初からグインで穴埋めするハラがあってやっているところがむかつく。

932 :名無し草:02/11/01 16:39
>>928
2年あれば8000万返せるんだから
べつにいーじゃん、と思っちゃだめなの?
別にあなたは平凡なサラリーマンやら「普通の職業の人」じゃない
類い稀なおかたなのですし・・・。

いや、ただの支払い能力自慢だとは思うんですけどね。
「これが素人の、普通の職業の人なら破産するのは当然」と言ってる訳ですし。
あなたはすごいおかたです〜マンセーマンセー

933 :名無し草:02/11/01 16:52
>928
温帯の舞台ってさ、所詮は素人芝居なのに
何から何までプロに任せすぎ。
それでアシが出るのは当然。
やり方しだいでいくらでも経営は成り立つ。
けどまあ、温帯が全部出してくれるからこそ
一緒にやってくれる人がいるわけで
そうじゃなきゃ、誰も温帯の舞台に協力なんてしてくれないしな。
まあ贅沢な趣味ってことでいいと思うけど
その自覚があるならてめえのことを「演出家」とかぬかすな。

934 :名無し草:02/11/01 16:52
>>928
> スポンサーなんてそうそうつくもんじゃないし、助成金だってそうそうくれるもんじゃないし。

実績のあるまともな演出家の舞台ならともかく
完全同人のなんちゃって演出家になんざ
そりゃどこの企業だってビタ一文出せねぇだろうよ・・・

935 :名無し草:02/11/01 17:08
>そんだけ長い間演劇やってて、スポンサーもまともにつかない状態が続く
 ↓
自分のやっている演劇に問題があると気づけないのか(゚д゚)ポカーン

自分が小説家だから演劇の方はきちんと理解されないとか仰るけど、ある分野
での「成功」が他分野で何かをはじめるときの大きなアドバンテージになると
いうのは「平凡な主婦」の自分でも理解できるぞ。
最初は注目して貰えたのが後に話題にも上らなくなるっていうのはその芝居に
それ程の価値がない何よりの証拠じゃないか

まあ、その辺りも温帯が温帯である由縁か

936 :名無し草:02/11/01 17:10
ていうかさ、温帯の舞台って温帯がスポンサーなんじゃないの?
私はずっとそう思ってたんだけど。
温帯がスポンサー下りたら、誰もその舞台をやらないでしょ?
自分たちで資金出し合ってでも、温帯の脚本使いたいとか
温帯に演出やってもらいとか、そんな話ないでしょ?
スポンサーやるからこそ脚本も演出もできるんじゃないの。
そんなこともわからずにやってんのか、このオバさんは…。

937 :935:02/11/01 17:20
引用じゃないのに>いれてしまった
あぐらいってきます

でもあぐら参りの後に本当に吐いたことが二回ほどあるんだよね
winだと少しは配色落ち着いて見えるんでしょうか?

938 :名無し草:02/11/01 17:21
>だけど、百万では、キャストのギャラだって、ほんのちょっとまともな人使ったら

「まともな人」って…。なんちゅう失礼な言い方。
他にいくらでも書きようがあると思うんだけど…。

939 :名無し草:02/11/01 17:29
   \ エリン〜ギ♪ マイタケ♪ ブナシメジ♪/

     (二二ニニつ   ミ彡ミ彡ミ     γ'⌒"ヽ
      ヽ   / /    ヾミ彡ミゞ     (___)
       | (,,゚Д゚)      | (,,゚Д゚)       | (,,゚Д゚)
       |(ノ  |)     |(ノ  |)      |(ノ  |)
       ヽ_ノ        ヽ_ノ        ヽ_ノ
       U"U       U"U          U"U

940 :名無し草:02/11/01 17:59
>>938
同感・・・舞台で食べてる人が見たら、
ド素人の自称演出家にこんな事言われる筋合いない!ってきっと怒るよね


941 :名無し草:02/11/01 18:07
そもそも温帯ってどうして芝居したいのかな〜?
昔演劇少女だったとかそういう事はないですよね?
自分の書いた物を芝居にしたいっていうなら、
脚本だけ提供するって形じゃダメなのかな〜?
そんなに何もかも自分で手がけないと満足いかんのか?


・・・思いつきで書いたら疑問符ばかりの文になってしまいますた。
あぐら詣、逝ってきます。

942 :名無し草:02/11/01 18:12
子供っぽい全能感を満たすために、演出家兼スポンサーと言う肩書きが必要なのでしょう。

943 :名無し草:02/11/01 18:18
>>937
窓使いでもダメじゃ…。
なんとなく目がすべったり配色に嫌悪感を感じたりするのは
宇宙酔いかも(w

944 :名無し草:02/11/01 18:20

                     |  ,
                /爆\∩⊂⊃
           ⊂´⊃ ( ´D` ) / , .|  
             | !⌒!!⌒!つ ,-=-   
        〔〕    ||,─、(⌒)─、 | |  
   /爆\|||o   ( ○ )( ○ )||.|     
   ( ´∀`|||   / `ー ´ `ー- /へ        
   (  つ/|||ゝ               ∩/笑\
    > / へ゜>       ._    .    (´∀` )     
    し´し´         非      ┌┴--っ )
         /笑\   .//       | [|≡(===◇
        ( ´∀`)ハ_/Cハ /爆\ `(_)~丿
        ⊂    .) 呂~/ .(´∀` )    ∪
          .)  .(__.)  θ、⊂ )  
         (_/\_.)   ⊂二(\/    
     .                し \|/   
                      ./|

945 :名無し草:02/11/01 18:22
keyは?

946 :名無し草:02/11/01 18:23
>945
温帯の担当だから省略?>key
でもこのAAイイ!ツーバスなのがそそる。

947 :名無し草:02/11/01 18:38
>945、456
省略です(キッパリ
914タン、ブラスバンドじゃないけど、なごんでね(w

948 :名無し草:02/11/01 18:56
>943
レスサンクスです

前レスで誰かが言ってた通り文字を小さくするとだいぶ読みやすくなりました
しかし、温帯のところのモニタの色調整がおかしいと信じたくなるような配色
やっぱりきつい

949 :名無し草:02/11/01 19:36
度胸試しだ。

950 :名無し草:02/11/01 19:49
tp://homepage2.nifty.com/kaguraclub/ijuin1.htm

>  そんで、そのあと、「天狼星」っていう、生首がごろごろみたいな話をもとに
> ミュージカルを作って、それを関西に持ってって1ヶ月とたたないうちに
> あの神戸の酒鬼薔薇事件がおきちゃって、関西のかたから
> 「警察が参考にききにくるかもしれませんよ。いや、あの本読んでマネした」って
> いわれるかもしれない」とかっておどされて、これまた「げーーーー」だったんですが、
> さいわいまあ、酒鬼薔薇くんが読んでたのは別のかたの本だったみたいだけど・・・・・・

これは何が「さいわい」なんでしょうか。
それになぜ「酒鬼薔薇くん」なのでしょうか。よく分かりません。

951 :名無し草:02/11/01 19:52
http://members.tripod.co.jp/slug505/index.html

年表はこちらに移しました。リンクは自由ですからどうぞ。
アンソロジーとか追っかけ切れてないけど、一応形にはなっていると思います。

#危うく950踏むところだった……。

952 :名無し草:02/11/01 19:54
(;´Д`)ハァハァ踏んでしまった
しばらくお待ち下さい

953 :名無し草:02/11/01 20:06
薫×梓 電波定点観測所 26
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1036148693/

たてますた(;´Д`)ハァハァ

954 :名無し草:02/11/01 20:10
>953

乙でした〜
今週ずっと残業で、帰ってから主婦業・・・ハリポの新刊も読めない。
趣味で忙しい有閑マダムになってみたいよ、オンタイ!!(泣)

955 :名無し草:02/11/01 20:10
早稲田に行っていたなら、早稲田小劇場とか関わったのでしょうか?
そんなことあるわけないか〜〜。
けっこう早稲田出の演出家とか役者とか多いので
自分も出来ると誤解したとか思えないな。

956 :914:02/11/01 20:26
>944>947さん
和んだよー。最高!
ありがd。
永久保存するよ!

それに比べて、なごめぬのぅ、あぐらーは。

957 :914:02/11/01 20:28
・・・と、新スレの1さんにも、こっちで乙華麗ー。


958 :名無し草:02/11/01 20:38
埋め立てにコッソリ書いてしまえ!温帯信者の風氏、イタすぎ。

>ちなみに私は自費出版のために働くなど毛頭考えておりません。
>いずれプロになるので。
>また、私は、労働拒否主義者ですので、
>ここでは労働の話題は一切出さないで下さい。
>お願いします。

初めて掲示板に書いた人に散々文句たれたあげくこれかよ。
浅葉タンや霜さんの方がまだ可愛げあるなー。


959 :名無し草:02/11/01 20:41
労働拒否主義者って・・・・普通の日本語では「怠け者」って言うよね。
ゴクツブシ、とか、役立たず、でも良いけれどw

960 :名無し草:02/11/01 20:45
> 温帯信者の風氏

コイツは何様なんじゃ(脱力

961 :名無し草:02/11/01 20:53
四十九歳で、トマトたちにもうだめぼとささやかれて、美しくもなく、
確実に善良でもなかったらしい一人の温帯の、
恐ろしいような壮絶な孤独さをぼくは思ってひそかにぞっとした。
(彼女は、栗●薫、という存在こそがDQNであることをこっそりと考えてみるような
夜中に、いったい何を思って耐えていたのだろうか)

962 :名無し草:02/11/01 21:20
前々から気になってたけどスルーしてた。
けど958見てムショーに知りたくなったよ。
なのでこの際聞いてしまおう。
風氏ってどこに行けば会える?
ヒント教えてほちい。ダメならスルーしてちょ。

963 :名無し草:02/11/01 21:28
>958
すまん、コソーリこのBBSはどういったらいいか
道順を教えてください。
URLを貼るのが問題ありならば
検索のコツをば…(ペコリ
なんか楽しそうなんで…(w

964 :名無し草:02/11/01 21:30
>938
「まともな人」以外にオファーしても「アルバイトがあるから」って
理由で断られる演出家の分際で、何を言ってるんだ温帯は…

965 :名無し草:02/11/01 21:31
>958
教えてちゃんでスマソ。
自分も知りたいでつ。心臓バクバクしちゃって、気になって眠れませぬ(w

966 :名無し草:02/11/01 21:50
>955
どっかで自分とつかこうへいを同列に並べてる演劇論をぶちかましてたらしいです。

967 :名無し草:02/11/01 21:51
958でつ。風氏の電波が温帯市民権を得たようですのでURL公開…しても
問題無かろう。ただ、ナイーヴな問題を抱えているようなんでそこんとこ
*多少は*考慮して訪問してくだちい。多少でいいと今回オモタ(w
ttp://free.gaiax.com/home/takayuki





968 :名無し草:02/11/01 21:56
>967
ありがd。週末の楽しみができますた(w
ちょっくら、逝ってきます。

969 :名無し草:02/11/01 22:07
>967
風氏の電波が、ここまで強烈とは。
すでにくらくらするんだが・・・ヽ(*`Д´)ノうおおおおお
読んでいるだけで、精神が病んでしまいそうで、怖い〜

970 :963:02/11/01 22:22
>967
ありがd
さっそく行って来て………あああああああ。
好きなアニメにようこそヨウコなんか入れてサイトで公開しても恥ずかしくない
と思っている大学院生(男)って痛い。痛すぎる!!!!
好きな漫画と好きなアニメはもーすこし選んでほしい。どうしても公開したいのなら。

痛いところは多すぎましたがええ。その。まず一番最初に痛かったところが
上記でした。はい。

971 :名無し草:02/11/01 22:23
>967
ありがとうございます。
見てきちゃいました。
病気系なのね。
そして作家志望ちゃんなのね…。ははは


972 :名無し草:02/11/01 22:42
age

973 :名無し草:02/11/01 23:17
労働拒否主義者って・・・
日本国憲法に違反してるのでは?(藁


974 :名無し草:02/11/01 23:39
あのさー、ノーベル賞って、シャレだよね?>風氏
プロフィールだけで、おなかイパーイ。ついでにチキン肌。
((((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

975 :名無し草:02/11/02 00:01
>>967 ありがd!
なんか病気っぽいよね・・・○由さんて人もけして
荒し目的じゃなくて、同じ精神上の苦しみ感じてる人なのかな?
と友達探す感覚で書いていったようなのに。

2ちゃんに限らず、ネット上で晒されたら結構手厳しい書き込みが
集中する予感・・・<「労働拒否主義者」や「労働の話題は一切出さないで」
発言 

976 :名無し草:02/11/02 00:07
>北朝鮮よりちょびっツの方が大事だ〜〜っ!
>と泣いてTBSに抗議した私もいるわけだけど。
風さん日記より抜粋。言葉を失くしますた。

>>ばぶりかさん
>じやなくってー、
>ぱぷりかさん
>ごめんよー、また濁点つけちゃったー(><)
風さんの電波の前では天ちゃんがカワイク見えます。
天ちゃんはカナ入力なのかなーあ?

977 :名無し草:02/11/02 00:22
>>967
素晴らしいヲチ対象の提供ありがd!
自分の好きな作家がリンク先の好きな作家に上がってなくて
本当に良かったと、心の底から思えますた。

978 :名無し草:02/11/02 00:23
天ちゃんの文章はどうしてあんなに温帯そっくりなんだろう・・・
やっぱり信者だから?

> それにしても今日はプレ小説書けるかな。どうかな。
>書き出せば書けるんだけど、さすがに今日はいろいろ
>やるべきことあるからね。
>ちょこまか時間見つけて書くか。いや、それやると
>細切れでダメか。
>…ま、なんとかなるっしょ。
>なかなか、天ちゃんワールド炸裂な(なんじゃいそら^^;)
>作品になりそうですよ。
>雰囲気だけで何が言いたいのかわからない作品かもね。(ヲイ)

天ちゃん、Yahoo!で叩かれたことまだ根に持ってるのか・・・
上のほうでも文章「グズグズ」って書かれたこと根に持ってる
発言あったし。粘着質なとこまで温帯に似なくてもいいのに(w

979 :名無し草:02/11/02 00:52
風ワラタ。
アクセス解析がすごいことになってる。

それにしても日記すごすぎ。

980 :名無し草:02/11/02 01:23
>979
自分もワロタ。
トマト総数、三桁はいると見た・・・

981 :名無し草:02/11/02 01:27
>980
同じく(w でもあんな足跡残っちゃうならヲチスレなんて立てたら
イッパツで怪しまれるなー。

982 :名無し草:02/11/02 01:28
>970 >963
ようこそようこが入ってるとなぜ痛いのか解説希望

983 :名無し草:02/11/02 01:47
風さん…貴志Y介の「天使の囀り」に登場する人物を連想してしまいますた。


984 :名無し草:02/11/02 01:49
風三サイトみた・・・プロフィール見てこっちが鬱。

・・・マヒカリ系かよ。しょーがねえなあ。<身内に信者多数(トホ

にしても、自分がメンヘルだから優しくしろといわんばかりなのに
がんばって自費出版のためにできるかぎりの労働をしようとする
ゲストさんを、あそこまで貶めるたあ、結局自分だけがおかわいそうな
温帯と瓜二つ。

985 :名無し草:02/11/02 02:06
「生きづらさ系」って初めてきいた言葉。

986 :名無し草:02/11/02 02:18
風邪ってずっと前に見たことがあるけど、真性っぽくて怖かったので観察対象
から外した記憶が…。
あれは…シャレにならんレベルなのではないかと…

987 :名無し草:02/11/02 02:27
風タンのサイト、あぐらと違って目にはやさしくはあるんだけど、
妙に気疲れする。なんでだろ〜。

988 :名無し草:02/11/02 02:27
>>967
う、こないだの騒ぎのとき、どっかの掲示板で見たぞ。この名前。

989 :名無し草:02/11/02 02:31
てかこやつがマジで男なのか知りたい
女じゃないのだろうか?この小説のラインナップ・・・

990 :名無し草:02/11/02 02:34
生んでくれと頼んでもいないのに・・・ってお前は10代か。
じゃ生きてくれと誰も頼んでないぞと言い返したろか。

991 :名無し草:02/11/02 02:39
>>990
言い返すと、マジやばそうなんですが
((((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

992 :名無し草:02/11/02 02:52
>>988
「男臣」傾倒ボードのあるサイトのBBSで、
激しく温帯擁護してたヤシですよ。そこから発掘された、と。

まあ、メンヘル系サイトには、ああいうのイパーイいるみたいだし
あまりヲチにハマらぬようにな、皆の衆。

993 :名無し草:02/11/02 03:02
>>992
ご忠告、いたみいりまする。
ホント、引っ張り込まれるような危険さを感じる。
船幽霊みたい感じでさ(w

994 :名無し草:02/11/02 03:49
>977
自分の好きな作家、二人もかぶってて最悪だ…

しかも、P.K.ディックを「思想家」の欄に入れやがったのは許さん。
あの人は(いい意味で)只の「SF作家」なの!
ディック本人も結構痛い人だったし、駄作も書いてるけど
ほんっとに名作も書いてる「作家」なの!

働く気がない自分を正当化する奴が、働こうと努力した作家に
汚い手で触んな、ばかー!


995 :名無し草:02/11/02 08:39
ちと訪問してきたけどオコサマには興味ないなあ。


996 :963:02/11/02 10:32
>982
いい年した男が子供向けアイドルアニメを好きだと
公言した場合、一般人はその男をどう見るか。
普通、冷笑、寛容な人でも生暖かい笑みを向けるであろう。

私とてロリオタとして開き直って我が道を逝く人は
それはそれとして遠くから見守ってやろうという気持ちはある。
(生暖かい笑みデナー)
しかしながら、彼は自分がそれを公言することで
そのように見られるであろうことに
まったく考慮していないことが痛いのである。

それに気づいていなければ、君もかなり痛い人種だよん


997 :名無し草:02/11/02 12:23
汚い手で老子に触るな〜!
かなりヤヴァイ系ですな。
でも温帯スメルがぷんぷん。
殆ど受験勉強しないで私立大学に合格、とかさ。

998 :名無し草:02/11/02 12:46
好きな作家リスト
なんだか女子校の文芸部か入ってる子によくありそうな……。
大人とは思えないし、男ともとうてい思えん。

999 :名無し草:02/11/02 12:46
>996
>982は、それがどういうアニメか知らないのではないかと思うが。
漏れも知らなくて、何が痛いんだろうと思ったし。

>それに気づいていなければ、君もかなり痛い人種だよん
当たり前に誰もがアニメに詳しいと思っている、
自分の痛さに気づくがよろしい。

1000 :名無し草:02/11/02 12:48
1000トマト!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

306 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)