5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【驚愕】土方歳三は稲垣メソバーの曽祖父だった!

1 :あう使い:02/05/08 01:33 ID:xgZJ/0kg
ソース
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/quwatoro/bakumatu/hijikata.html

353 : :02/05/12 20:52 ID:mo8qT45Y
土方と沖田はどっちが強い?

354 : :02/05/12 20:58 ID:q0+WJBqS
>>341
乙カレーいただきますた!

刀の鞘が赤くなってるけど、ハ土方って結構派手好きだったのかな(w

355 : :02/05/12 21:01 ID:cqoQmkis
>>347
ひらめ顔だけど、普通の顔だったんじゃないか?

356 : :02/05/12 21:02 ID:p4lAg1Ux
        , -=-‐〜--へ__,,- 、
      <        ヽ   ゝ
       ノ    二、___ゝ,/_/ヘ  |
      |    ヲ          | |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |    ┤  ===、 , ==|  | <   
     ノ   彳  ―ェ 〈‐ェ〈  ゝ  \
    ゝ、  イ6|ゝ    / \ |‐"     \_________
      く   .^|        - ゝ
       ヒi_,| \l  [ ――.|
        ,,, -/\  \____,|
     ―'|  \  \    |\_
       |   \  \.  / 〉 \ ̄
        |__,\  / ̄〕/ 、/

↑じゃないのか?

357 : :02/05/12 21:03 ID:MA+zmrV3
>>353
近藤も土方も、竹刀を持たせては沖田にはかなわなかったらしい。

358 : :02/05/12 21:04 ID:gaKVwqzf
>227
無茶苦茶遅レスなのだが、
斎藤は恩義ある会津藩を放って行くのは士道に反するとかで
土方らと別離して会津に残ったはずだが・・・。
戊辰戦争後には会津藩士として斗南に流されているし。

359 : :02/05/12 21:07 ID:cqoQmkis
>>358
その後、西南戦争に言ったんだよな?
でも、なんで東京に住むようになったんだろう?

360 : :02/05/12 21:45 ID:gaKVwqzf
確か陸軍が長州、警察は薩摩出身の人間が占めていたのだが
西郷が政府から離反したために、
薩摩藩士たちもまとめて国に帰ってしまって
警察官が足りなくなったので、
元会津藩士たちを大量に動員したんじゃなかったけか?

361 :178:02/05/12 23:21 ID:L98oDo6P
>>354

土方は赤が好きだったみたいです。
試衛館時代、赤の面紐を好んで使っていたという有名な話があります。
さらにこの鞘はどうか分かりませんが、臙脂色の鞘を使っていたらしいです。

362 : :02/05/13 00:06 ID:vnOboHk4
良スレage

363 : :02/05/13 00:06 ID:vnOboHk4
良すれage

364 :おや?:02/05/13 02:36 ID:IbQtahZa
なんだ土方
タイムショックに出てるじゃないか

365 :_:02/05/13 06:23 ID:eLGC3lg8
それはカガタケシ

366 : :02/05/13 10:14 ID:qA6P6uyK
竹刀では沖田>土方>近藤 だよね?

沖田が稽古してる声(奇声?)が何キロも離れた場所まで聞こえてきたって伝説あるよね?
すごいな。ひ弱なイメージって感じだけど俺の中ではメチャゴツイ奴だな、彼は。
教え方が乱暴で勇より怖かったらしいし。

367 : :02/05/13 10:44 ID:JhKSrjZQ
沖田が美男子じゃなかっただろうってのは、新選組好きならみんな知ってるよ。
土方は美男子だけど、近藤勇の顔はいかにも剣豪という風貌だよ。

あと、司馬遼太郎は通俗時代劇としては面白いけど、司馬史観だのといって特別もてはやすものなんて無い。中身無いからね。ただの英雄賛美。
天皇制についても逃げてるし。一番、重要な事が抜けてる。

368 : :02/05/13 11:05 ID:0fKLf4Z0
>>365
わからなかった・・・(´・ω・`)ショボーン

369 : :02/05/13 11:20 ID:p+Z/zOGk
>367
そこまで細かく読んでくれたら司馬先生も天国でご満悦であろう。

370 : :02/05/13 11:26 ID:JhKSrjZQ
>369
リアル厨房の時、よく読んだもん。

371 : :02/05/13 11:42 ID:0fKLf4Z0
>>370
そういえば、近所に司馬遼太郎記念館があるなぁ。


いったことないけど。

372 : :02/05/13 12:07 ID:8EbK+Lzl
>>361
> 臙脂色の鞘を使っていたらしいです。

これ↑、なんて読んでどんな色なのれすか?
以前テレビで見た記憶から、赤く塗って正解とおもってたけど・・・

(゚∀゚)アヒャ

373 : :02/05/13 12:12 ID:mmuTC+fU
渋沢平九郎かっこいい!
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/quwatoro/bakumatu3/heikurou.html

374 : :02/05/13 12:12 ID:3EzlJcy3
>>372
えんじ
再変換してみた

375 : :02/05/13 12:12 ID:mmuTC+fU
ビートたけし
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/quwatoro/bakumatu3/syuri.html

376 : :02/05/13 12:14 ID:mmuTC+fU
小堺かずき
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/quwatoro/bakumatu2/makino.html

377 : :02/05/13 12:19 ID:aN82o8XI
風間杜夫

http://www.dokidoki.ne.jp/home2/quwatoro/syashin/kido02.jpg

378 : :02/05/13 12:21 ID:8EbK+Lzl
>>374
> えんじ

えんじかぁ、えび茶色れすね。
帰ってから塗り直してみるにょ。(゚∀゚)アヒャ

>>mmuTC+fU
ワラタ

379 : :02/05/13 12:22 ID:mmuTC+fU
おさる
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/quwatoro/bakumatu/kirino.html

380 : :02/05/13 12:26 ID:fR3EuIZp
>>367
司馬文学を読み違えてんじゃねーよ、バカ。
『坂の上の雲』とか、『街道をゆく』まで読んだのかよ。
小説も書けないくせに批判してんじゃねえよ、クソ厨房w

381 : :02/05/13 12:31 ID:JhKSrjZQ
>>380
司馬文学とか言うと笑われるよ。

『街道をゆく』だったっけか? 冒頭が「織田信長はあらゆる意味で革新的だった・・・」つう感じの書き出し。
まったく成長の無い内容に、一生やってろと思ったね。
司馬遼太郎は別に嫌いじゃないけど、いい大人が読むモノではないよ。読むのは君のようなリアル厨。

382 :380:02/05/13 12:42 ID:v+6ZVApp
>>381
まあ、口では何とでも言えるけどね。
それだけ馬鹿にするのなら、あれ以上のものを書いてごらんよ。
読んで理解するのはカンタンでも、書くのは才能が要るんだよ。
たしかに頭の切れる人には物足りないかもしれないが、あれほどわかりやすい文章を
書ける人も少ないと思うよ。

383 : :02/05/13 13:06 ID:SXK1OE7Q
>>367
司馬遼太郎は文化勲章を天皇から貰っているだろ。
逃げてねーよ。

384 : :02/05/13 13:07 ID:KReyDPAB
>>381
まあ、そのようにあれこれ言うのも結構なことだが、何故彼が歴史小説を書くに
至ったかの動機を一度くらいは読みなさい。
私も坂本竜馬英雄論には批判的ではあるが、彼のそうした動機を考慮すれば「別に
良いのでは?」と思う。
だいたい少なくとも司馬さんはあなたよりも読書量、知識量が豊富であり実績も
ある人なんだから批判をするにしてももっと上品な物言いをしろよ。それじゃあ
ただの悪口雑言に近いものがある。

385 : :02/05/13 13:10 ID:JhKSrjZQ
別に文体どうこう言ってないよ。確かにテンポ良いし読みやすい文章だよ。
文章を書く才能が俺の方があるなんて一言も言ってないし、ただ読んで客観的に評価しただけ。
それとも、読者にはその権利も無いとでも???


386 : :02/05/13 13:17 ID:JhKSrjZQ
>384
動機って、敗戦時に「いつから日本人はこれほど愚かになったのだろう。昔はそうではなかったはずだ。」ってなやつでしょ。知ってるよ。だから昔(リアル厨房時)は俺も無批判で迎合してたのよ。
でも、青春ばんざい、英雄ばんざい、が歴史観なのか、と思わない?

なんかスレ違いになてきたね。ごめん。俺のせい・・・。


387 : :02/05/13 13:19 ID:KReyDPAB
>>385
だから客観的に評価するのも非難するのも結構だが、「一生やってろ」などと言った
りあなたにどれほどの知識、読解力があるのか知らないが「ただの〜〜〜だ」と簡単
に切り捨てたり、評価をするにももっと上品な書き方があるだろうといってるんだよ。
だから議論の前に荒れることになるんだ。

388 : :02/05/13 13:32 ID:KReyDPAB
>>386
そうだよ、「敗戦の日の自分への手紙」という意味合いだよ。
自国に誇りを持てるように、自国を好きになれるように書いたものであって、
現在の日本に一番必要な動機だよ。その部分で多大な影響を与えて事には敬意を
払うべきだし、小説を書くに当たって彼は教科書なんかよりも緻密に調査をして
いるのは確かだ。歴史観なんてものは過去をどのように捉えるかの話であって
定義など無い。だいたい青春、英雄マンセーは小説の表向きの話であってその
細かな内容や、小説以外の本に書いてある本質的な彼の考え方を見ればそんな
単純な評価は不可能なはず。
迎合することには確かに疑問符がつくが、敬意を払うところには払って批判を
するならするでもっと違う書き方を求む。




389 : :02/05/13 15:19 ID:TSrX5Xpl
難しい円

390 :380:02/05/13 16:38 ID:HNQUHvpf
まあ、ID:JhKSrjZQはリアル工房だったということか。ID:KReyDPABに反論できなかったね。
ちょっと本読んだくらいでイキがるやつが必ずいるんだよな。
批判するなら、司馬さんのように数万冊を読破してからにしろっての。

391 : :02/05/13 17:50 ID:u8id/6Jb
>>378
塗り忘れハケーン!!

392 : :02/05/13 21:23 ID:Xwk/sd3x
>>390
ニュー速でそんなこと言ってもなぁ

393 : :02/05/13 21:35 ID:JhKSrjZQ
>JhKSrjZQはリアル工房だったということか。ID:KReyDPABに反論できなかったね。

ただ単に落ちてただけですが・・・

>批判するなら、司馬さんのように数万冊を読破してからにしろっての

わかってないなあ・・・。それが英雄賛美だっての。
読書量自慢なら他でやれよ。しかも人の読書量だし・・・。
司馬遼太郎が某図書館の蔵書を全て読んだとかいう伝説は知ってるけど、知識が有る事と本質を見抜く力は別物ですから。いくら良い包丁を持っていようが腕が悪けりゃ料理は不味い。



394 : :02/05/13 22:28 ID:4H384C3k
>393
君、「痴がましい」という言葉知ってる?


395 : :02/05/13 22:30 ID:BpQF4fAH
竜馬がゆくは絶対読んでおけよ。

396 : :02/05/13 23:14 ID:Xwk/sd3x
>>393
ニュー速でそんなこと言ってもなぁ

397 :380:02/05/13 23:38 ID:+CAhiJ5K
>>393
プ
こいつ何もわかってねえな。
司馬が嫌いらしいが、偉そうなことは作家として名を上げてから言え。
あれを読んで何も感じない奴は、小説家にも読書家にも向いてないよ。
まあわからん奴に何言っても仕方ないか。
>いくら良い包丁を持っていようが腕が悪けりゃ料理は不味い。
↑しかし、この比喩は激しくワラタ。もっといい文章書けるようにがんばろうね、坊や(w


398 : :02/05/14 12:56 ID:xFp/UAFB
age

399 : :02/05/14 12:58 ID:K5D2Eii9
>>1
という事は土方、腋臭だったのか。

400 : :02/05/14 14:00 ID:DjGKpRym
400!!

401 : :02/05/14 17:55 ID:xFp/UAFB
あげ

402 : :02/05/14 22:27 ID:lgrwzsqv
あげ

87 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)