5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

国語の教科書に載っていた名作

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/15 01:45 ID:CwXpgsQX
そしてdキーと>>2は氏んだ

2 : :02/05/15 01:45 ID:3SDPM4Rp


3 :2:02/05/15 01:45 ID:QOHe8H59
2

4 : ◆7743/SR. :02/05/15 01:45 ID:ExrWRtEA

      ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ピュ.ー ( ・∀・)< 3番ゲットー!
   =〔~∪ ̄ ̄〕 \________
   = ◎――◎
>>2ニュース極東に投票しる!
>>4〜1000ニュース極東に投票しる!

【支援】5/15ニュース極東ニュース極東に投票お願いします
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/news/1021381619/

5 : :02/05/15 01:45 ID:bL1JJsZC
ちびくろまんぼ

6 : :02/05/15 01:45 ID:bSfyXLDp
http://www.nikkansports.com/news/flash/f-et-tp0-020514-22.html

7 :  :02/05/15 01:46 ID:dZnoY0Gs
なんか魚の話があったような


8 : :02/05/15 01:46 ID:BvV6Qmhc


ク  ラ  ム  ボ  ン

9 ::02/05/15 01:47 ID:CwXpgsQX
ごんぎつね
くじらぐも
沢田さんのほくろ
ふき子の父

10 :ゆうちゃん ◆loLi/YPI :02/05/15 01:47 ID:s0BDcI6u
兵十とごんがでてくるはなし
名前なんだっけ
アレは泣いた

スーホの白い馬も泣いたなァ

11 : :02/05/15 01:47 ID:0y7SeXmv
『野ばら』は切ない話だったな。

12 :懐かしい:02/05/15 01:47 ID:WNMpiHh1
中学3年生の時の教科書に載ってた、ルロイ先生とかいう人が出てくる話はマジで泣いたぞ。

13 :SinUNKOAGAINSTBELZEBU ◆SpXqvySA :02/05/15 01:48 ID:JlELOAhd
盆みやげ

エビフリャ〜エビフリャ〜

14 :ゆうちゃん ◆loLi/YPI :02/05/15 01:48 ID:s0BDcI6u
舞姫はワラタ

15 : :02/05/15 01:48 ID:u4AD7kG+
かくれろ かくれろ
はやく はやく
あ たんぽぽも
かくれて いる

16 : :02/05/15 01:48 ID:mDXb41j+
おばあちゃんの糸車

17 :7:02/05/15 01:48 ID:dZnoY0Gs
あ、思い出した
「スイミー」だ

18 : :02/05/15 01:48 ID:EKvlsci2
象の話はいまでも涙が…

19 : :02/05/15 01:49 ID:mDXb41j+
「ろじん」て中国の人の書いた作品。
なんだっけ、
印象的な文章があった。

20 :12:02/05/15 01:49 ID:WNMpiHh1
「握手」だった。井上やすし著。

21 ::02/05/15 01:50 ID:CwXpgsQX
ろくべえまってろよ

22 : ◆AhoNiShI :02/05/15 01:50 ID:ViBb1Dsz
これでも読めばいいのに。
http://corn.2ch.net/entrance/kako/987/987345660.html

23 :DQN&rlo;滅撲&lro;:02/05/15 01:50 ID:+6UR0oqT
>>7 スイミーだったっけ?

24 : :02/05/15 01:50 ID:u4AD7kG+
ススメ ススメ

ヘイタイ ススメ

25 :12:02/05/15 01:50 ID:WNMpiHh1
>>19
ヤンおばさんが出てくるやつか。懐かスイ!

26 : :02/05/15 01:51 ID:Xsydunic
お前らも教科書の挿絵に落書きしましたか?

27 : :02/05/15 01:51 ID:F5/caFIf
ちいちゃんのかげおくり

28 : :02/05/15 01:51 ID:v6iI5FJj
スーホの白い(゚д゚)ウマー

29 : :02/05/15 01:51 ID:+PesZLlK
るんるんるるんぶるるんぶるるん
つんつんつるんぶつるんぶつるん
河童の皿を月すべり水をじゃぶつかせ
顔だけ出して踊ってる

30 :DQN&rlo;滅撲&lro;:02/05/15 01:51 ID:+6UR0oqT
>>17 出遅れだった(w

>>19 蛇足

31 : :02/05/15 01:52 ID:F5/caFIf
>>26
正岡子規に

32 : :02/05/15 01:52 ID:Wa+/LKrl
キキ

33 : :02/05/15 01:52 ID:OUGd6iJr
「蝿」はおもしろかった。

「蝿」を題材にした中学生日記(タイトルもそのまま「蝿」だったと思う)
も、中学生日記らしからぬ名作。先生のプライベートがシブイシブイ。

だれかしらない?

34 : :02/05/15 01:52 ID:BO4tTXMF
赤い実はじけた

35 :うう・・・:02/05/15 01:52 ID:Q86Q4RLM
おじぎり一個だけちょうだい・・・

36 : :02/05/15 01:52 ID:4AQcKGOR
あんず林の泥棒(だっけ?)

37 : :02/05/15 01:53 ID:U4S2RE2I
修身だとおもうけど、
独逸で日本人釣人が、解禁前の魚を逃がすやつ。
誰も見てないから、盗ってしまおうと考えるんだけどね。

38 : :02/05/15 01:54 ID:+BZKgw8/
先生あのね

39 : :02/05/15 01:54 ID:mFv/KBEI
宮沢賢治の 

クラムボンが笑ったよ

とかゆうやつ。

40 :SinUNKOAGAINSTBELZEBU ◆SpXqvySA :02/05/15 01:55 ID:JlELOAhd
小学一年の最初に習ったのはだんごどっこいしょだったかな。

41 : :02/05/15 01:55 ID:YxdCj//u
「鞄」
かなり面白い物語だった。
授業でやらなかったのが残念極まる。

42 : :02/05/15 01:55 ID:eyPgGRCf
ラムネ氏のこと

43 : :02/05/15 01:55 ID:mDXb41j+
魯迅「故郷」

44 : :02/05/15 01:56 ID:vdOWtexL
アーノルド・ノーベルって人が書いた奴。
名前だけを強烈に記憶してる。

45 : :02/05/15 01:56 ID:Wa+/LKrl
カプカプわらったよ

46 : :02/05/15 01:57 ID:6rRWF2ID
坂口安吾のアレ

47 : :02/05/15 01:57 ID:eyPgGRCf
汚れちまつた悲しみに今日も小雪の降りかかる
汚れちまつた悲しみに今日も風さへ吹きすぎる 

48 : :02/05/15 01:57 ID:Xsydunic
じじいとそのファミリーが大きなカブを抜く話。
小学一年のとき学芸会でやった。

49 :あっ:02/05/15 01:58 ID:6nptdCix
それ大好きなやつ!!
挿し絵の風景がすごくきれいなんだよね。
赤ちゃんをかっぱらったけど、あんず林で真人間に
なるって話(だっけ?)

50 : :02/05/15 01:58 ID:v6iI5FJj
>>48
端的過ぎて不覚にもワラタ。

51 :あっ:02/05/15 01:58 ID:6nptdCix
>>36 へのレスです。

52 : :02/05/15 01:59 ID:6WntGZoB
レモンをガリリと噛んだ。

53 : :02/05/15 02:01 ID:TgDdDOtc
>>44
「ふたりはいっしょ」「ふたりはともだち」「ふたりはいつも」(文化出版局)

検索してみた。

54 : :02/05/15 02:01 ID:CwXpgsQX
檸檬バクダン!

55 :.:02/05/15 02:01 ID:14SEe2Cc
クジラ雲

56 : :02/05/15 02:02 ID:mDXb41j+
希望という考えが浮かんだので、わたしはどきっとした。
たしか閏土が香炉と燭台を所望した時、わたしはあい変わらずの偶像崇拝だな、いつになったら忘れるつもりかと、心ひそかに彼のことを笑ったものだが、今わたしのいう希望も、やはり手製の偶像にすぎぬのではないか。
ただ彼の望むものはすぐ手に入り、わたしの望むものは手に入りにくいだけだ。

 

57 : :02/05/15 02:02 ID:LZ4XkXz+
やまなし
ガイシュツ

58 : :02/05/15 02:03 ID:Lv0GsJ6t

かめ
かもめ
かのめ
かめのめ
かもめのめ

59 : :02/05/15 02:03 ID:coAQO+dy
あの坂を上れば海が見える

60 :AU:02/05/15 02:03 ID:zz0WXkUl
>>41
俺もその作品見てすごく感動した。
まじで。
でもうちはそれ授業でやったな。
そしてなぜかクラスの連中のうちでは
授業でやらなかった「ひよこの眼」
が人気だった。

61 : :02/05/15 02:04 ID:JSvrLEUp
少年の日の思い出

62 : :02/05/15 02:04 ID:9STu4v20
太郎こおろぎ

63 :  :02/05/15 02:05 ID:RB5HsCzy
ぞいなかなーだこのことお
ぞいなかなーだこのことお

しってる?

64 : :02/05/15 02:05 ID:t9j+dOpd
ガラスのかお

65 : :02/05/15 02:06 ID:Xsydunic
ごんぎつねは教科書初のバッドエンドでちょっと鬱になった。


66 ::02/05/15 02:06 ID:CwXpgsQX
豊太郎殿、かくもわれを欺きたまひしか

67 : :02/05/15 02:07 ID:6B2vjm3m
大造じいさんとガン

68 :51うまれ:02/05/15 02:07 ID:7FpyNPmY
>10
9番さんのごんぎつね(新見 南吉)ですよ.

69 : :02/05/15 02:08 ID:nyQA/A6f
セロ弾きのマンゴーシュに一票

70 :   :02/05/15 02:08 ID:bSfyXLDp
ウラジミールイワーヌイチ

71 : :02/05/15 02:08 ID:Xsydunic
太郎こおろぎって主人公が教室の床に穴あけて
いろいろなものを入れるやつだっけ?

72 : :02/05/15 02:08 ID:CFIXMfHA
あの坂を登れば

だったかな?

73 :五郎:02/05/15 02:09 ID:scu9avRk
おかあさんの木。ごんぎつねと同じ人が書いたと思う。
戦争で息子が全員戦場に赴き、その帰りを待つお母さんの話。
五郎がタッチの差で間に合わない。五本目の木の下でおかあさんは・・・。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/15 02:09 ID:CwXpgsQX
>>67
タイトルだけ見たら大造じいさんのガン闘病日記かとオモタ消防時代

75 : :02/05/15 02:09 ID:mDXb41j+
アーノルド=ローベル 作  みき たく 訳  2年星組 絵

「おてがみ」

76 : :02/05/15 02:09 ID:LUlikM22
丸善vs檸檬

77 : :02/05/15 02:09 ID:ZF0IUfbI
ムクドリのゆめ

78 ::02/05/15 02:11 ID:CwXpgsQX
太郎冠者次郎冠者

79 : :02/05/15 02:11 ID:mDXb41j+
http://216.239.33.100/search?q=cache:A0OsZOYyNmUC:www.nara-wu.ac.jp/fusyo/otegami/otegami1.html+%83A%81%5B%83m%83%8B%83h%81%40%83%8D%81%5B%83x%83%8B+%82%A8%82%C4%82%AA%82%DD&hl=ja

80 :  :02/05/15 02:11 ID:RB5HsCzy
なんでも入る穴があって、ごみと入れてたら
ある日空から最初に入れたものが振ってくるっていう
☆進一のショートショート。

81 : :02/05/15 02:11 ID:djBWmcY5
モチモチの木の絵が好きだった

82 ::02/05/15 02:11 ID:CwXpgsQX
かたゆきかんこ
しもゆきしんこ

83 : :02/05/15 02:13 ID:nyQA/A6f
>>82
ひろゆきひんこ

84 : :02/05/15 02:13 ID:Jbztnse1
懐かしいな

85 :  :02/05/15 02:14 ID:RB5HsCzy
メロスは走った。(w

86 : :02/05/15 02:14 ID:4AQcKGOR
>>49
一応調べたら、赤ちゃんをかっぱらうんじゃなくて
泥棒が杏ばやしにいたら捨て子っぽい赤ちゃんを見つけて
その純真な姿に思わず改心するって言う話みたい。

87 : :02/05/15 02:14 ID:Y05gzCuQ
砂漠の踏み切りに3人いて
オアシスに散歩に行ってオレンジ食べるやつ

88 : :02/05/15 02:14 ID:OUGd6iJr
>>73

バカヤロウ!思い出させんじゃねーよ!!

ダメだ、もう涙が止まらない・・・・

89 : :02/05/15 02:15 ID:s8jVSSrW
夏の葬列がでてないかな。

90 ::02/05/15 02:15 ID:CwXpgsQX
「大仏で結構よ!手を合わせて拝みなさいよ」

91 : :02/05/15 02:15 ID:Lv0GsJ6t
>>82
障害者学級の朗読がたまに隣から聞こえてきたが

片指マンコとしか聞こえなかった

92 : :02/05/15 02:15 ID:bB/DDcf7
「これは、レモンのにおいですか?」
ほりばたでのせたお客の紳士が、はなしかけました。
「いいえ、夏みかんですよ。もぎたてなのです。田舎のお袋が送ってくれたのです」

93 :  :02/05/15 02:16 ID:RB5HsCzy
あめゆきとてちてけんじゃ?

94 ::02/05/15 02:16 ID:CwXpgsQX
>>73
これの大きいのは一郎の木…
ってお母さんが葉っぱを拾っていく話だよね
「五郎はミャンマーで行方知れず」

95 : :02/05/15 02:17 ID:BZfZm/z5
教科書よりも、むしろ現国の試験に出る論説とか、
記憶に残っているような、いいやつがあった。

96 ::02/05/15 02:17 ID:CwXpgsQX
戦争ネタが学年で1回必ずあった気がする

97 :まぁ:02/05/15 02:17 ID:qiNh/6jn




      機関車やえもん


    

98 : :02/05/15 02:17 ID:mDXb41j+
[ちいちゃんのかげおくり]


99 : :02/05/15 02:18 ID:OUGd6iJr
>>96

だな。確かに戦争ネタはあった。

100 : :02/05/15 02:18 ID:Xsydunic
高校の教科書って全然思い出せない。
小中は覚えてるのは結構あるんだが。

101 :  :02/05/15 02:19 ID:RB5HsCzy
高校かー。「青い世界」とかいうピカソの絵についての文章があったっけ。
挿絵のあるやつはよく覚えてる。

102 ::02/05/15 02:19 ID:CwXpgsQX
>>100
坊ちゃん、山月記、舞姫、とか…
古典は一通りやらなかった?

103 :ゆうちゃん ◆loLi/YPI :02/05/15 02:20 ID:AuYP0meN
>>98
それも泣いた

104 ::02/05/15 02:20 ID:CwXpgsQX
アレキサンダーとぜんまいねずみ

って憶えてるヤシいない?

105 : :02/05/15 02:20 ID:mDXb41j+
『ようこそ、おまけの時間に』 『空色勾玉』

106 : :02/05/15 02:21 ID:4AQcKGOR
>>100
同じく。

いまだに小1のころの「コンクリートのあしあと」とか
「ろくべえまってろよ」とか、よく覚えてるからな〜

107 ::02/05/15 02:21 ID:CwXpgsQX
高校か中学だと思うけど「空缶」って憶えてない?
原爆の話。

108 :  :02/05/15 02:21 ID:RB5HsCzy
あおげあおげ

あおぐぞあおぐぞ

109 : :02/05/15 02:22 ID:bB/DDcf7
くじらぐも

110 ::02/05/15 02:23 ID:CwXpgsQX
>>106
私も!ろくべえまってろよの出だし、まだ憶えてる

ろくべえがあなにおちたのをさいしょにみつけたのは**ちゃんです(失念
「まぬけ」
とけんちゃんはいいました

111 : :02/05/15 02:23 ID:Jbztnse1
だんごどっこいしょ

112 ::02/05/15 02:23 ID:CwXpgsQX
>>109
5じかんめのことです。
1年2くみのみんながたいそうをしていると、
空に大きなくもがあらわれました。

113 :  :02/05/15 02:23 ID:RB5HsCzy
消防のころ、スイミー(既出)の音読をみんなでやってて、
一文ずつで交代してた。
んでここが当たるとラッキーだった。

「うなぎ。」

114 : :02/05/15 02:24 ID:mDXb41j+
高校では漱石の「舞姫」かな。
あれはいい話だ

115 : :02/05/15 02:24 ID:GC2Mqixl
安部公房の「赤い繭」がよかった
授業ではやらなかったけど

116 : :02/05/15 02:24 ID:GC2Mqixl
>>114
森鴎外じゃねえか

117 ::02/05/15 02:25 ID:CwXpgsQX
>>114
エリスがおむつを縫っていた…というところで
優香の生理用品のCMソングが脳内を流れて鬱だった

118 :62:02/05/15 02:25 ID:9STu4v20
>>71
遅くなった。スマソそう。君の言う通り床に穴をあけていろんなものを落すやつの話。
最後には村長になったとかなんとかっていう風の噂が。
なんだか知らないけど印象に残ってる。

119 :  :02/05/15 02:25 ID:nyQA/A6f
きさらま!!青空文庫のサイトに逝けば、
なつかしい名作が大量に読めますたよ。
ゴギツネーもオウガイタンも読み放題だしよ。

120 :番組の途中ですが名無しです:02/05/15 02:26 ID:n4SyfH3Z
 『おおきなかぶ』が印象深いなぁ
絵もちゃんと覚えてるよ

121 : :02/05/15 02:26 ID:mDXb41j+
幸せの王子

金製の王子様の像は、自分の体を犠牲にして、貧しい人に自分の体の金やルビーをあげる。
そして最期には目の宝石までも

122 ::02/05/15 02:27 ID:CwXpgsQX
>>120
うんとっこしょ。どっこいしょ。
まだまだかぶはぬけません。

123 : :02/05/15 02:27 ID:9STu4v20
>>107
知らない。
でもどんな話なのか知りたい。
空缶ってどこに絡んでくるの?

124 : :02/05/15 02:27 ID:r3x6DD8V
名作かどうか知らんが、ムツゴロウが書いた小説なかったっけ?

125 : :02/05/15 02:28 ID:opK14aC9
垢で作った人形がなんかするやつなかったっけ?

126 :  :02/05/15 02:28 ID:RB5HsCzy
茨木のり子さんの詩。

私がいちばんきれいだったころ
・・・
なんだっけ。

127 : :02/05/15 02:28 ID:mDXb41j+
つりばしわたれ

最後の授業 「フランス万歳!」

128 ::02/05/15 02:28 ID:CwXpgsQX
>>123
原爆の時代に女子高生だったみんなが数年後に集まって思い出話をする話なんだけど、
原爆で両親を亡くした子が空缶にお骨を入れて学校に持ってきた、という。

129 : :02/05/15 02:29 ID:cFf6k0k1
バスの運転手が
帽子にみかんを入れてあげる話は
なんだっけ?

130 :  :02/05/15 02:29 ID:RB5HsCzy
>>125
ちからたろう

鬼退治。

131 : :02/05/15 02:30 ID:cFf6k0k1
>>125
三年寝太郎か?

132 : :02/05/15 02:30 ID:I62wyEvt
>124
あった。カラス絡みの話じゃなかった?

133 :_:02/05/15 02:30 ID:24zKNxvG
友達から蝶のコレクションを借りたけど、壊してしまったので
謝りに言ったら「そうか、そうか、きみはそんなやつなんだな」
と言われ自分のコレクションも壊してしまう話と、

ドイツの学校の野外実習でソーセージ作るために豚をさばくんだけど、
可愛い女の子が死体に手突っ込んで「温かい、これが命の温かさなのね」
とか喋る話。

ひどくマイナーでスマソ。

134 : :02/05/15 02:30 ID:djBWmcY5
「赤い実はじけた」は名作

135 : :02/05/15 02:30 ID:9STu4v20
>>128
へー。
読んでみたいな。
ちょっと探してみる。
ありがとう。

136 : :02/05/15 02:30 ID:Jbztnse1
注文の多い料理店

137 : :02/05/15 02:31 ID:2R75nuCT
大造じいさんとガン


>>67に同志がいた!ちょっと感動。

138 : :02/05/15 02:32 ID:aF0HOORS
スーホーの白い馬

139 :  :02/05/15 02:32 ID:RB5HsCzy
うーん、やっぱ足尾銅山のことは忘れられないな。
田中正造。(?)

140 :  :02/05/15 02:32 ID:O3TGIlrQ
>>124
それかどうかわからんけど俺が覚えてるのは「ぼくのくろう」
くろうという名前のカラスの物語(CROW?)
最初ムツゴロウの苦労物語だと思った

141 : :02/05/15 02:33 ID:Jbztnse1
大造じいさんの次ぐらいに
源じいさんってのが出てくる話なかった?

142 : :02/05/15 02:33 ID:opK14aC9
>>133
借りたんじゃなくて、黙って持ち出すんじゃなかったっけ?
焦ってポケットに入れて壊れたとか。
そして自分のコレクションをやるからと贖罪を懇願するとか。

143 : :02/05/15 02:33 ID:r3x6DD8V
>>132
カラスだっけ?
オレの記憶だと穴にはまって出れなくなった馬だかポニーだかを
助けるために奮闘する話だったような・・・
もしかしたらオレの知ってるのとは違う話なのかも。

144 :野口:02/05/15 02:34 ID:o5WgWtob
オレが野口だ!!!!

145 : :02/05/15 02:34 ID:2R75nuCT
ぼくのクロウ


めちゃなつかしい!!

146 ::02/05/15 02:35 ID:CwXpgsQX
きつねの窓
親指と人差し指を紫の花の汁かなんかで染めて、窓を作って覗くと、




何があるんだっけ?

147 : :02/05/15 02:36 ID:9STu4v20
手塚治虫が寄稿したやつがなかったっけ?
教科書用に寄稿したものか、どこかからの転載か分からないんだけど。
どんな話かも忘れてしまってる。

では問題。
「隴西の李徴は博学才穎・・・」で始まる作品はなんでしょう?

この作品、何だか知らないけど頭に残っていて、この前岩波から
出てたのを買ったよ。

148 : :02/05/15 02:37 ID:I62wyEvt
>>146
教科書に載ってたんだ。それ最近、NHK教育かなんかで見たよ。
こぎつねの場合は死んだ親狐。狩人の場合は、昔好きだった子とか
死んだ妹とか。ちなみに桔梗の汁ですた。

149 :  :02/05/15 02:38 ID:h/m7Ujfq
タクシーの後ろにみかんが置いてあるやつ

150 ::02/05/15 02:38 ID:CwXpgsQX
>>148
そうだそうだ!思い出せてスキーリした。サンキュ。

151 : :02/05/15 02:39 ID:Jbztnse1
>>149
松井さんだっけ?

152 :  :02/05/15 02:39 ID:O3TGIlrQ
ありが ちょうのはねをひいていく ああ ヨットのようだ

153 : :02/05/15 02:39 ID:G1DR+01D
何言ってんねん記念物カブトガニ

154 : :02/05/15 02:39 ID:cFf6k0k1
ちっくとたっく

155 ::02/05/15 02:40 ID:ChNS+/BV
みんな既出だけど、「ごんぎつね」「大造じいさんとがん」「やまなし」
「スイミー」かな。
>139の田中正造は栃木県民だと感動ひとしおですな。

156 : :02/05/15 02:40 ID:bSfyXLDp
今日ほど教科書捨てずにおいときゃ良かったと思った事は無い

157 ::02/05/15 02:40 ID:CwXpgsQX
>>151
車の色は空の色?

学校じゃなくて塾で読んだ。消防時代。

158 :  :02/05/15 02:40 ID:RB5HsCzy
智恵子抄

智恵子は折り紙で作るちぎり絵が得意だったらしい。

159 ::02/05/15 02:41 ID:CwXpgsQX
>>152 懐かしいいいいい!!!!!!

160 : :02/05/15 02:41 ID:opK14aC9
熊の親父が信号を杖で指すと信号が青になると言うやつ?
当時は不思議でしょうがなかった。

161 :133:02/05/15 02:42 ID:24zKNxvG
>>142
ああ、そうそう、そうだよ! 思い出したよ!
たしかすんごく珍しい蝶を勝手に持ち出したんだよね。
当時リア厨で頭に来るというよりは、何か悲しくて深い気分になった
覚えがある。

マジ懐かしいよ。レスありがとう!!




162 : :02/05/15 02:42 ID:djBWmcY5
>>160
「えいっ」だな

163 :139:02/05/15 02:42 ID:RB5HsCzy
>>155
うんうん。

164 : :02/05/15 02:42 ID:4AQcKGOR
文学板でこんなスレ発見
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/987182349/
やはり考察が深い。

一般書籍板にもハケーン
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/987182349/

165 :  :02/05/15 02:44 ID:O3TGIlrQ
電脳教科書(カコイイ)ごんぎつね
http://www.saga-ed.go.jp/school/hirano-el/gongitune.html

166 : :02/05/15 02:44 ID:2R75nuCT
薄墨桜の話ってどんなタイトルだっけ?


167 : :02/05/15 02:44 ID:opK14aC9
光村書店?

168 :  :02/05/15 02:45 ID:RB5HsCzy
あ、記憶が蘇りつつあるなー。(w

くまのこウーフ。

転んで足にとげがささったやつ。
なんか、じぶんはなにでできてるんだろうとか
自分を問い詰めてたな。

169 :  :02/05/15 02:46 ID:TTBTs4s4
めをさませトラゴロウ

何で出てないの?

170 :  :02/05/15 02:46 ID:XQqAwfNB
安部公房「手」
新見南吉「おぢいさんのランプ」 

171 : :02/05/15 02:47 ID:Jbztnse1
狂言「ぶす」ってのがあったな

172 : :02/05/15 02:47 ID:G1DR+01D
クラムボンが笑ったよ。クラムボンが泣いたよ。

173 : :02/05/15 02:50 ID:8JaC3Nhw
蟻が白い蝶を引いていく
ああ、ヨットのようだ


174 :  :02/05/15 02:50 ID:XQqAwfNB
森鴎外「寒山拾得」

175 : :02/05/15 02:53 ID:Jbztnse1
姥捨て山って無かった?

176 :  :02/05/15 02:53 ID:2R75nuCT
てふてふが一匹、韃靼海峡をわたつていつた。

177 :ごんギツネ:02/05/15 02:54 ID:+ucHZmWs
なんかこのスレ読んでたらもう一回読んでみたくなった。
こういう国語の教科書の名作集みたいのってないのかなぁ?

178 : :02/05/15 02:55 ID:G1DR+01D
サイタサイタ サクラガサイタ

179 :  :02/05/15 02:56 ID:0y7SeXmv
青空文庫
http://www.aozora.gr.jp
ごんぎつねの新美南吉他の教科書にあったやつがかなりある。
記憶があいまいでもう一度読みたい人は逝かれよ

180 : :02/05/15 03:00 ID:V8ClhxC9
なんでしななあかんかったんぞう!

181 : :02/05/15 03:00 ID:SfP8DNUh
「オツベルと象」
たしかこんなタイトルのやつ

182 :  :02/05/15 03:02 ID:O3TGIlrQ
さっき>>165に書いたごんぎつね読んできたよ
ウワァァンヽ(TДT)ノ泣けた・・・

183 : :02/05/15 03:03 ID:hBQgQcp8
さっきごんぎつねを読んだけど泣いたよ。
昔はこんな風にいろいろ考えたりはしなかったのになぁ。

184 :  :02/05/15 03:03 ID:O3TGIlrQ
ごんがかわいそうやあ!
ごんのかわりに、るきじが死んだらええねん!

185 : :02/05/15 03:03 ID:cFf6k0k1
>>177
高いよ(w

国語の教科書が本になりました。
光村ライブラリー 
全18巻
セット定価:18,000円+税
(各巻定価:1,000円+税)


186 : :02/05/15 03:04 ID:4AQcKGOR
今思い出した。

厨時代「鈴」を朗読してた女の先生が読みながら号泣してたのを・・・。

187 : :02/05/15 03:06 ID:EEv3zZ4x
>>147
なんだったけ?
山月記だっけ?


188 : :02/05/15 03:06 ID:Xyr+ULon
小学校。
☆新一。
繁栄の花。
なんてことない話だけど、10年後に単行本買って読み直した時は感慨深いもんあったなあ。

189 : :02/05/15 03:07 ID:1TnoAp06
お手紙 アーノルド・ノーベルド 作 絵 みきたく 訳

がまがえるくんが玄関の前に座っていました。かえるくんが来て言いました。
「どうしたんだい、がまがえるくん。」

190 : :02/05/15 03:07 ID:M/bkoB75
 

191 :fusiana3:02/05/15 03:07 ID:Jm9GIgIS
「飛び込め」を当時すでに理解できた人いる?
漏れはいまだに理解できん。
ただ1つわかっているのは
ここのスレの平均年齢が高いということだけだ。

192 : :02/05/15 03:08 ID:V2SIGWhL
夏目漱石のこゝろ

193 : :02/05/15 03:09 ID:NlTTL6Pg
>>192
どんな話だたかな
読んだのに思いだせん

194 ::02/05/15 03:11 ID:74eO2poN
めもあある美術館
あと、戦争中病院できゅうりを作っていた患者と看護婦が結婚して二人の息子をつくる話

195 :  :02/05/15 03:11 ID:O3TGIlrQ
木口小平は死んでもラッパをはなしませんでした

196 : :02/05/15 03:12 ID:hBQgQcp8
飛び込めは意味が良くわからなかったけど面白かった。
ただ1つわかるのには同意

197 :  :02/05/15 03:15 ID:NY7GiFhS
こころは三角関係の話じゃなかったっけ?
下宿人とそこのお嬢さんみたいなのと。

198 : :02/05/15 03:15 ID:4AQcKGOR
http://www.iiclo.or.jp/data/mukogawa_1992.html

ここに、小学校国語教科書の作品リスト一覧がある。
1992年版・1996年版・2000年版だけだけど
80年代に小学生だった俺のときと変わらない作品もたくさんある。

199 :  :02/05/15 03:18 ID:O3TGIlrQ
>>198
1992年、スプーンおばさんなんか載ってるの!?ギャップを感じる・・・

200 :思い出の国語の教科書!:02/05/15 03:22 ID:mlo4UigD
http://www.pureweb.jp/~dodo/Kandou/OmoideKYO.html


201 : :02/05/15 03:27 ID:KHpPmTN3
ところで皆は自分が興味無い話の授業の時は後ろにのってる比較的長め
の小説で暇を潰してた派?

ありの行列

202 : :02/05/15 03:27 ID:2S8a5dzg
せんせいあのね
きのうぼくは、かたつむりをとったよ。
びんにいれて、えさをやったよ
        おわり

203 :  :02/05/15 03:31 ID:O3TGIlrQ
>>201
森鴎外に増毛作業してた派です

204 : :02/05/15 03:33 ID:4AQcKGOR
>>201
おいらはいつも先生の話をよく聞く子だったから読んでなかった(w
結構そういう人多いみたいね。

>>199
アニメで見てた世代だもんね。
ホントにギャップが・・・。

で、「あんず林のどろぼう」で、こんなサイト発見。
探しゃすぐ出てくるもんだ。
http://www.so-net.ne.jp/storygate/story/anzu/

ダイジェスト版のフラッシュだけでも
思い出して。・゚・(ノД`)・゚・。

205 : :02/05/15 03:46 ID:BKb99Mtx
小学 飛び込め(外国の話)
   骨壷
   巻末のブス(狂言?)

高校 心(漱石)
   アダニとかが出てくる、怖い話
とかもあったね   
たまに教科書とか読みたくなるね
小学校の読みてーな(ちなみに光村図書だった)

やっぱしスイミー、ごんぎつね、野ばら、スーホの白い馬ははずせんね

206 :かなりうろおぼえ:02/05/15 03:50 ID:V2SIGWhL
>>193
主人公が「先生」と慕う初老の男性がいるんだけど、
彼は「私は先生と呼ばれるような立派な人間ではない」って言うんだよ。
「先生」には奥さんが居るんだけど、奥さんが言うには「先生」は
若い頃に親友を亡くしてから人が変わったとか言うの。
で、ある日「先生」は主人公に手紙を残して行方不明。
以後、その手紙の内容について語られるんだけど、それがこの小説の大半を締めてる。

先生は学生の頃、同じ下宿に住む親友とそこの下宿屋の「お嬢さん」を取り合って
三角関係みたいになるんだけど、先生はお嬢さんが好きなことを親友には言わない。
親友はそれを知らないでお嬢さんが好きだと先生に相談する。
日頃から親友とお嬢さんは仲が良くて、それで焦った先生は
俺達とは身分が違うとか何とか言って諦めさせる(だったと思う)。
で、親友が留守の時に下宿屋の女将さんに「お嬢さんを下さい」って言ってあっさりOK。
後ろめたいながらも浮かれていたある日、深夜なのに親友の部屋の電気が付いてて、
ふすまの間から覗くと親友が自殺してんの。
親友が自殺した理由は先生しか知らなくて、お嬢さんと結婚した後も
先生はそれをずーっと独りで抱え込んだまま生きてきた。
・・っつー話。
その手紙は遺書で、先生は入水自殺かなんかしちゃうんだよ。
それを主人公が探しに行くところで終ったと思う。

207 : :02/05/15 03:51 ID:BKb99Mtx
あと巻末演劇コーナー、ブス以外にもUFOとか宇宙人の
話もあったよね

手袋を買いにもなつかしいーー = ごんぎつね = 新美南吉

志村ふくみさんつう人がでてくる京都の染色の話とかあったね


208 : :02/05/15 03:52 ID:fP+uAoQ6
へちま 辺見庸

209 :204:02/05/15 03:53 ID:4AQcKGOR
自己レス。
>そう言う人
って言うのは>>201のように授業中に勝手に小説読み進めてたって言う人のことね。

210 : :02/05/15 03:55 ID:to6ELSpa
ソテツがどーのこーのって言う話なんだっけ?
結構低学年だったと思うけど。

211 :42年:02/05/15 03:56 ID:aZKQ48J+
>>73
「おかあさんの木」は大川悦生の作品ですね。
今思い出しただけで涙が...

まだ出てないようだけど「一切れのパン」も印象的な作品でした。
詩では草野心平の「オ母サン」とか...

212 : :02/05/15 03:58 ID:bB/DDcf7
草野シンペイといえば
ぎやわろつぎやわろつぎやわろろろりつ
ぎやわろつぎやわろつぎやわろろろりつ
とかいう、なんかかえるの詩があったぞ

213 : :02/05/15 03:59 ID:I62wyEvt
>206
微妙に違ってる…

214 : :02/05/15 04:00 ID:2ssufjFx
「ひとつだけ」っていうタイトルの、戦争中の母子の物語。
いまでも脳裏にコスモスが・・
スーホーの白い馬も泣けた。


215 : :02/05/15 04:03 ID:1ZRPJ9HC
>>213
指摘しる

216 : :02/05/15 04:03 ID:bB/DDcf7
おじぎりちょうだい ひとつだけちょうだい

217 :  :02/05/15 04:05 ID:O3TGIlrQ
坊ちゃんを教科書で読んで続きが気になって図書館で全部読んだ
そういう自分がなんだか偉いような気がした(笑)あの頃

218 : :02/05/15 04:07 ID:1ZRPJ9HC
漱石はいい

219 : :02/05/15 04:16 ID:V8PuIpF+
30代以上
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/middle/1015144804/


220 : :02/05/15 04:19 ID:y4lTZ9h+
名も知らぬ、遠き島より流れくる やしの実ひとつ
・・うろおぼえだがこの詩好きでした。

たはむれに母を背負いてそのあまりかろきに・・・うう、なんだったっけ。


221 : :02/05/15 04:20 ID:BzVmJrRs
まだあげそめし

222 :  :02/05/15 04:21 ID:O3TGIlrQ
>>220
泣きて三歩歩めず

223 : :02/05/15 04:28 ID:NY7GiFhS
>>220
それは歌になってるね。

ふるさとの岸をはなれて
・・・
なんだっけ。(w

224 : :02/05/15 04:29 ID:BKb99Mtx
ふっと思いだして本箱の中探したら、
光村の小学六年の上下が出てきたーー
落書きとかもそのまんま!なつかすいいいーー
ぶすとか野ばら、クラムボンも・・・

ついでに社会六年の上下と家庭科6年も。
あと高校ときの現国も。中学英語のサンシャインも発見!

小学ン時から教科書とかノート捨てないでずっと
とってあるから押し入れの中にほとんどあるなきっと

当方今年26歳になります



225 :  :02/05/15 04:29 ID:O3TGIlrQ
名も知らぬ 遠き島より流れくる やしの実ひとつ
ふるさとの岸を離れて
なれはそも波に幾月〜

226 : :02/05/15 04:32 ID:NY7GiFhS
>>223
わお、ありがとう。
読むと日本語がきれいだなあ。

227 :226:02/05/15 04:33 ID:NY7GiFhS
×>>223 → ○>>225さん

ごみん、寝ます。

228 : :02/05/15 04:33 ID:Y05gzCuQ
望郷の詩なんですよね
正直、泣いた

229 :220:02/05/15 04:36 ID:y4lTZ9h+
ほんとだ、綺麗な詩だね。これで歌える(w

>>222 ありがとう、すっきりした・・。

230 : ◆ikuma05A :02/05/15 04:41 ID:DWhkblUH
ちいちゃんの影送りはよく授業のあとに右手を見て空みたもんだなぁ。。。。

231 :  :02/05/15 04:45 ID:H7LdBNwY
富岳百景。感動しないがマターリとした生活感が伝わってくるね。
文鳥


232 : :02/05/15 04:45 ID:x2O5Whkl
秋になると粟餅がどっさり食える

233 : :02/05/15 04:45 ID:iZC3WG2m
風呂場で排水溝を見て、壁を見ると排水溝の * ←こういう形が
壁に浮かびあがる。
その度にちいちゃんの影送りを思い出す。

234 : :02/05/15 04:49 ID:LedpTDyX
キーカラカラ キークルクル

235 : :02/05/15 04:50 ID:DWhkblUH
モチモチの木

236 : :02/05/15 04:58 ID:DWhkblUH
まこちん

237 :  :02/05/15 04:59 ID:rBgZpbvA
蜘蛛の糸
芥川抜きにして語れないでしょう。

238 : :02/05/15 05:15 ID:2S8a5dzg
「ちかれたビー。」といって笑わせてきました。
このフレーズが忘れられん。

239 : :02/05/15 05:21 ID:ubZoQ4vh
たまごだか銀色のたまごだか、核爆弾(実験?)であぼ〜ん。
あれも☆だったかな?


まぁ、とりあえず椋鳩十とみなみらんぼうマンセーといってみるテスト

240 : :02/05/15 05:25 ID:zC9xkSM2
小学校1、2年の時の連絡帳に書く日記は「せんせいあのね」だったな…

241 : :02/05/15 05:34 ID:zC9xkSM2
中学んとき、うしろの席の女の子が「どうてい」とかいいながら、クスクス笑ってたな
そんときなんの事かわからんかったけどな

詩だったかな「道程」

242 : :02/05/15 05:37 ID:4AQcKGOR
>>241
これね。

道程 高村光太郎

僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちにさせた広大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の気魄を僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため

ネットで拾ってきますた。

243 :スイミー:02/05/15 05:45 ID:dSS9+8Vc
小さな黒い魚スイミーは、広い海で仲間と暮らしていました。ある日、仲間たちが大きな魚にみな食べられてしまいました。一匹だけ残ったスイミーは・・・



244 :  :02/05/15 05:46 ID:R0ISJ7RB
ちいちゃんの影送り

245 : :02/05/15 05:47 ID:2S8a5dzg
八郎

246 : :02/05/15 05:49 ID:1rXWwrdc
>243
スイミーは!?
スイミーはどうなったの!!?

247 : :02/05/15 05:49 ID:2S8a5dzg
マヤの一生

248 : :02/05/15 05:51 ID:1rXWwrdc
>243
スイミーはどうなったか聞いてんだよ!!
はやく答えろボケが

249 : :02/05/15 05:52 ID:vb+xnB0u
ちいちゃんの影送りってどんなんだったっけ?

250 : :02/05/15 05:54 ID:1rXWwrdc
>243
無視か!?
気になって寝れねえんだよ
頼むよ

251 : :02/05/15 06:01 ID:1rXWwrdc
駄目だ
グーぐるで検索してもスイミーは・・・ッとこまでしか出てこない・・・
頼むから
気になってしょうがないんだよ
しかもひとが居ねえんだよ
リロードしても全然かわらねえじゃねえか
今居るの俺だけって感じ

252 :オレ:02/05/15 06:03 ID:kroE0MWY
スイミーん不足

253 : :02/05/15 06:08 ID:VOvKMdee
「生きる」谷川 俊太郎

・・・
生きているということ
いま生きているということ
いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ
いまいまが過ぎてゆくこと
・・・

この詩全部言えます。
なぜ覚えてるのかいまだに不明 覚えさせられたわけじゃないけど・・。
教科書は貰った日に全部読んだなぁ・・


254 : :02/05/15 06:09 ID:dR2nWLSa
スレチガイで申し訳ないが
俺の妹が小学4年生のときの音楽の教科書に
ブルーハーツのTrainTrainが載っていた・・・

255 :243:02/05/15 06:11 ID:2S8a5dzg
スイミーは仲間の死に涙した・・・
己の怒りを正義の怒りに変え・・・



水陸両用アガーイたんに進化!




256 : :02/05/15 06:11 ID:eVcxfqZH
確か、他の小さな魚の軍団と出合って(このあたり曖昧)、
んで、群れの中で、スイミーだけ色違い。(確か他全部黒、スイミー赤)
それで、おおきな魚に食べられないように案を出し合って、
みんなで固まってでかい魚の形になり、スイミーが目の部分を担当。
おおきな魚に見えるから、襲われなくなってウマー。(ここは合ってるはず)

257 : :02/05/15 06:14 ID:kAP3/g1l
やっぱり走れメロンだろ

258 :  :02/05/15 06:15 ID:VOvKMdee
ちなみにスイミーの作者のレオ=レオニさんは
1999.11.24 に他界されたそうです。

ちょっと今日図書館よって本借りてこよう。
みんなも図書館でさがそう。


259 : :02/05/15 06:17 ID:eVcxfqZH
おいこら、>>251 よ。ぐぐる検索で簡単に出てきたぞ?
>>256 でウソ書きまくって、恥さらしちまったじゃないか!!!

http://www.reviewers.jp/ronnbunn/jinguu/jidoubunngakunonakanokodom/130-141.htm
>『スイミー』は、一匹の黒い小魚が主人公である。スイミーの仲間の
>赤い魚たちは、大きな魚にたべられてしまう。そこで、スイミーは海中を
>放浪し、ふたたび赤い魚の群れに出会う。小魚たちが大きな魚をおそれるのを
>見てスイミーは、みんながいっしょに泳いで大きな魚の形をつくることを
>思いつき、ほんとうの大きな魚たちを追いはらってしまう。

なんか曲。 http://www5a.biglobe.ne.jp/~shiho_y/operetta/swimmy.htm
授業風景。 http://www.biwa.ne.jp/~kyojo-es/2-1/suimi.htm


260 : :02/05/15 06:21 ID:zC9xkSM2
小6の教科書しかなかった

261 : :02/05/15 06:22 ID:VOvKMdee
・・・・

捨てなきゃよかった・・。

262 : :02/05/15 06:24 ID:zC9xkSM2
国語のノート発見
ケルルン クック。

263 : :02/05/15 06:39 ID:VeAgpPqt
>>249

戦時中のお話です。
ちいちゃんという幼い子は、しばしば家族とかげおくり(注1)をして遊んでいました。
ある日、空襲がちいちゃん達を襲います。そして、逃げ惑う中ちいちゃんは家族と
はぐれてしまいました。
やがて空襲が終わり、家族を探しますがみつかりません。
ちいちゃんは独りかげおくりをしてみました。いーち、にーい、さーん…
ぱっと空を見上げると、残像はちいちゃんのものだけではなく、みんなの分も
あり…

とかなんとか、なんかそんな話だった気がする。

*1,晴れた日に、影をじっと見つめた後、空を見上げ、空に影の形の
  残像を見る遊び。

ところで、おーいぽぽんた!の詩を書いたのも草野しんぺいさん?
昔B'zの稲葉さんがラジオで大爆笑してたよ。

264 : :02/05/15 06:39 ID:zC9xkSM2
5年の科学発見
ベストを裏返すには…これは…マリックが似たような事やってたな…

265 : :02/05/15 06:43 ID:zC9xkSM2
この前、ぼくは国語事典で国語事典という言葉を調べたら、
「あなたが今、手に持っているものです」と書いてあった。

266 : :02/05/15 06:47 ID:VeAgpPqt
>>129>>149>>151>>157は、多分おなじ作品なのかな?

タクシー運転手の松井さんが帽子が、木陰に落ちていた白い帽子を
拾うと、実は中に帽子の持ち主が捕まえたであろうちょうちょうが入っ
ていて、逃がしてしまう。松井さんはダッシュボードに置いてあった夏
みかんを変わりに入れてあと妄想ウフフ。そんなほのぼのなおはなす?
「白い帽子」?
僕も記憶違いっぽい(w 一つの作品をめぐってまったく別の話ができそうなヨカン

267 : :02/05/15 06:49 ID:KEO11KqR
>>265 センス(・∀・)イイ!

268 : :02/05/15 06:51 ID:VeAgpPqt
>>265
なかった。゚(゚´Д`゚)゚。  今日、図書館で大きいの見てくる
三省堂の辞書の「Shinmeikai」というロゴがベネッセに似てる罠

269 : :02/05/15 06:57 ID:lJnKkT5W
>>265を読んで辞典を開いた人の数→(999)

270 :  :02/05/15 07:06 ID:VOvKMdee
>>265
俺も無かった゜(゜´Д`゜)゜
辞典開いちゃったよ。
>>266
あまんきみこ?結構読んだなぁ・・そういえば。
マジ図書館行こうっと。気になるものがたくさん。

271 : :02/05/15 07:13 ID:zC9xkSM2
白いぼうしか、ノートには書いてあるのに教科書にのってない罠。

272 : :02/05/15 07:13 ID:1eJ4MQI2
おまえら!!つりり橋わたってかけてこい!!!

273 :271:02/05/15 07:14 ID:zC9xkSM2
しまった!国語五下か! 上は捨てたな…

274 : :02/05/15 07:22 ID:GCltB9v1
oraorade hitori egumo

275 : :02/05/15 07:37 ID:YCQqQOIR
>194
> あと、戦争中病院できゅうりを作っていた患者と看護婦が結婚して二人の息子をつくる話

漏れもこの話印象に残ってる。タイトルはたしか「ひょう」。
でも上の要約では身も蓋もないので記憶で語ってみよう。

庭に雹が降ってきて、兄弟がそれを帽子とかで集めたりした後にお母さんが雹に
まつわる思い出話を語る。看護婦してていつも患者冷やす氷が足りなくてあるとき
雹が降ってキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!ってなもんで慌てて集めてたら患者さんの
きゅうり畑踏み荒らしちゃってて怒られたという。お母さんの話はだいたいこんなもん。
で、兄弟のどっちかが、その畑荒らされて怒った人はどうしてるか聞いたら、
母「今は男の子の二人のお父さんをやっている」
兄「そうか、だからお父さんとお母さんはきゅうりが好きなんだ」
弟「???」
おわり。


276 :おかあさんの木:02/05/15 09:35 ID:DBH4gz+j
七人の息子を持つおかあさんは、戦争に赴いた七人のかわりに、庭にキリの木を植えた。
そして毎日「お国のために手柄を立てておくれ」と七本の木に話しかける。

ある日、役場の人がやってきた。長男が戦死したという知らせを持ってきた。
おかあさんは「お国のためにお役に立てて嬉しく思います」と答えた。
しかし訃報は次々と訪れた。次男が死に、三男が死に。
おかあさんは無念さに堪えかねてキリの木に「今だから言うよ」と語りかけた。
「お前がお国のお役に立てて嬉しいなんて、本当なものか。
戦争で死なせるためにお前たちを産んだのでないぞえ。一生懸命大きくしたのでないぞえ」
四男も死に、六男・七男と訃報は続いた。そして五男は行方不明という知らせ。
すっかりやつれ果て、腰も曲がり目もかすんでしまったおかあさん。
周りの人が「非国民と思われるぞ」と注意しても、おかあさんは庭木に話しかける。
「息子や父さんを死なせ、外国の町をとって良いことがあろうか。はやく戦争をやめて仲直りすればいいに」
お母さんは最後の最後まで、行方知れずの五郎に期待をかけていた。

ある日ひとりのくたびれた兵隊が、おかあさんの家にやってきた。
「おかあさん、五郎です。五郎が帰ってきましたよ!」
五郎が探し回り、やっと見つけたおかあさんは、五本目の木の下で息を引き取っていた。

月日は流れ、五郎とその家族が縁側にいる。庭には七本の木。五郎は子供達に話す。
「おばあちゃんがしてくれたように、わたしは、
もう二度とお前たちのためのキリの木を植えたくはないのだよ。」

277 :おかあさんの木:02/05/15 09:35 ID:DBH4gz+j
>>276(自己レス)
記憶たよりであやふやな部分もあるけど再現してみた。
頭ごなしの反戦はどうかと思うが、親子間の愛情は時代を超えて伝わるね。

278 :中学だったかな?:02/05/15 09:54 ID:5+S9X/IQ
戦争絡みといえば、やっぱり夏の葬列が印象に強い。救いようのない話で欝だった…

279 : :02/05/15 10:13 ID:Ay3XTHv1
>>266
タクシーの運転手さんが夏みかんを積んでいた。
道端に帽子をみつけたので持ち上げたら中にモンシロチョウがいて
逃げてしまった。お詫びに夏みかんを帽子の中に入れておいておいた。
そのあと車に戻ったら、白い服の女の子がタクシーに乗り込んで
「お花畑○丁目」とか言う実際には無い住所に行ってくれといってきた。
アブラナ畑の横を通ったとき女の子は消えていた
なぜならさっき逃げたモンシロチョウが化けていたから。
運転手は無賃乗車にブチキレですよ

280 :ポポ:02/05/15 10:20 ID:o4BaYzub
大きなかぶがありました
うんとコショ どっこいしょ


281 : :02/05/15 10:25 ID:9hgCirpr
なんか友達の蝶の標本を盗んで後悔って話なかったけ?

282 : :02/05/15 10:31 ID:jBPiBZqQ
>>275
そうか、そういう意味だったのか。ニヤニヤ
リア厨のころには思い付かなかったなぁ

283 :エルマー:02/05/15 10:32 ID:D6QsmiGO
特攻隊が突撃する瞬間、彼らが叫ぶ言葉は「お母さん」なんだって歴史の先生が言ってた。何で?お前その場に居たのかと問い詰めたかったが、彼らは最期に母の温もりを感じたかった、生まれ変わっても母の子に生まれたいって事言いたかったんだと思う。皆親孝行してる?

284 :京都県民がらすき以下略 ◆RAGE8TeM :02/05/15 10:43 ID:iK+DGTXc
>>281
ヘルマン・ヘッセの奴だよね

あとドイツに住んでる日本人の子供が豚の処理見てとか言う話も

285 :たぶん:02/05/15 10:50 ID:z+PoMGhz
『尋三の春』


286 : :02/05/15 10:57 ID:KHFASP+y
3人の駅員。

知ってたら神だぞ

287 :名無し:02/05/15 11:00 ID:IDSiU9LE
少年の日の想いでは なかなか印象深かった。

288 : :02/05/15 11:04 ID:9hgCirpr
>>286
知ってる。
最初、一人が山に行って感動して
次に別の一人が街に行って感動して
最後の一人がオアシス見つけて感動してってやつね。

289 : :02/05/15 11:07 ID:9a/WVpPt
あゝ、全くたれがかしこく、たれが賢くないかはわかりません。
たゞどこまでも十力の作用は不思議です。

290 : :02/05/15 11:18 ID:rxjrtSM6
だいぞうじいさんはガン

291 : :02/05/15 11:22 ID:Kqto5m/n
>>92 名前:  投稿日:02/05/15 02:15 ID:bB/DDcf7
「これは、レモンのにおいですか?」
ほりばたでのせたお客の紳士が、はなしかけました。
「いいえ、夏みかんですよ。もぎたてなのです。田舎のお袋が送ってくれたのです」

↑↑↑
これ作品名なんだっけ?????

292 : :02/05/15 11:22 ID:lVH3OWRC
大泥棒ホッツェンプロッツ

293 : :02/05/15 11:26 ID:Kqto5m/n
>>263
か げ お く り
ってなんか怖いな・・・。


294 : :02/05/15 11:27 ID:fp6GBtLE

るんるんるるんぶるるんぶるるん

つんつんつるんぶつるんぶつるん

295 : :02/05/15 11:54 ID:IQQzlZJS
玄関のコンクリート塗り直して、乾かないうちに
小さい子が靴跡付けちゃうんだけど、
その後、成長して足がその靴跡に合わなくなった…

って話、なんて題名か分かる方いませんかね??
うろ覚えながらも、気になってしょうがないんす。。

296 :かぼちゃと鯉こく:02/05/15 11:54 ID:DiEJrQBv
>>278
兄が戦死。信じられなくて壷を開けてみたら砂が入っていてなんか納得した。
って話だっけ?


297 :田奈:02/05/15 12:12 ID:CPMS64vi
ベロ出しチョンマ
たぶんこんな題名だと思うけど知ってる人いる?

298 : :02/05/15 12:15 ID:XLfJ6fcV
>>297
それは道徳の副読本で読んだ。
こわくておぼえてるよ。(w

299 : :02/05/15 13:21 ID:V8PuIpF+
>>296
ちがうー

300 : :02/05/15 13:24 ID:4AQcKGOR
>>295
「コンクリートのあしあと」


301 : :02/05/15 13:38 ID:7z7PkpCb
> 「これは、レモンのにおいですか?」
> ほりばたでのせたお客の紳士が、はなしかけました。
> 「いいえ、夏みかんですよ。もぎたてなのです。田舎のお袋が送ってくれたのです」
>
> ↑↑↑
> これ作品名なんだっけ?????

「そらいろのタクシー」の第何章か、サブタイトルは「白い帽子」じゃなかったか?


302 : :02/05/15 13:45 ID:+ua+Mfrm
三年峠

303 :ああああああああ:02/05/15 13:46 ID:I01hrGXa
>>296
女の子犠牲にして自分が助かったって話じゃなかったっけ?

304 : :02/05/15 13:46 ID:7z7PkpCb
半日村・・・これは国語?道徳?

305 :あああああああ:02/05/15 13:47 ID:I01hrGXa
やっぱ走れメロスだよ

306 :  :02/05/15 13:50 ID:+ua+Mfrm
六月の蝿みたいなの無かったっけ??

307 :  :02/05/15 13:50 ID:7z7PkpCb
>>301のつづき

正式なタイトル判明! 「車のいろは空のいろ」でした!

車のいろは空のいろ
著:あまんきみこ
初出:1968年 ポプラ社(絵:北田卓史)
文庫版:1978年 講談社(絵:佐野洋子)

「これは、レモンのにおいですか?」
ほりばたでのせたお客の紳士が、はなしかけました。
「いいえ、夏みかんですよ」

 こんな始まりの「白いぼうし」というお話を、むかし国語の教科書
で読んだ覚えはないでしょうか(^^)。松井さんは春野タクシー会社の
運転手。毎日ぴかぴかにみがいたそらいろのタクシーでお客さんを運
んでいます。この本は、彼の周りで起こるちょっと不思議な事件をつ
づった連作童話です。

↓ソース
http://www4.xdsl.ne.jp/~totimoto/sora.html

308 :  :02/05/15 13:50 ID:7z7PkpCb
http://www4.xdsl.ne.jp/~totimoto/sora.html

309 : :02/05/15 13:54 ID:snS6n+ve
安岡章太郎のサーカスの馬
「まぁいいやどうだって」

310 : :02/05/15 14:01 ID:6XGtXmt2
あの丘を越えれば海が見える

311 : :02/05/15 14:01 ID:BTZNdI8l
>>301
考えてみればこういう感覚的な文を最近あまり見ないな。
匂い立つような文というのを、知らない人が多いかもしれない。

312 : :02/05/15 14:33 ID:v2fHYu/v
手袋を買いに

313 : :02/05/15 15:00 ID:kRHAPT3T
>>286
正式なタイトルは「三人の旅人たち」

ざっとスレを見たが意外とこの話あげる人が少ないな。


314 : :02/05/15 15:02 ID:/ebG1Vce
>>307
(^^)←これうざい

315 : :02/05/15 15:02 ID:jBPiBZqQ
うみ ひろい うみ
あおい そら しろい くも
たかい たかい くもの うえ
おりる おりる みんな おりる

316 : :02/05/15 15:04 ID:7F6LRXK4
山本周五郎

317 : :02/05/15 15:04 ID:8rmEd0bR
>314
(^_^;)←コレより遥かにましだ。キニシナイでやれ。


318 : :02/05/15 15:42 ID:V8PuIpF+
>>315
一瞬たて読みするのかと思った・・
毒されているなぁ。

319 :_:02/05/15 15:49 ID:we+8riwI
>>1
なんで、こんなスレをニュー速にたてるんだ?
しかも、教科書に関するスレは既出だろ?
おまえ、そんな既出なスレを真似しただろ?
はずかしいぞ


320 : :02/05/15 16:03 ID:1murjA+H
恋人がコンクリートのミキサーに飲まれて人間生コンクリになるって話があった。
スプラッタだった。

321 : :02/05/15 16:05 ID:l7c/8HcW
デカい木が空飛ぶやつ。

322 :ごめん:02/05/15 16:08 ID:DiEJrQBv
夏の葬列はこれか
ttp://www.biwa.ne.jp/~hirobe/work2/kokugo3/natu.htm


323 : :02/05/15 16:08 ID:Yu26g1wW
>>319
最近過去のスレ 良スレをパクった物がかなり目立つよ。


324 : :02/05/15 16:10 ID:P0WFg8vj
もちもちの木

325 : :02/05/15 16:25 ID:LL01DZwB
三月記

326 :ねこ:02/05/15 16:28 ID:pt70Lsd7
>>325
山月記でしょ?
オレもいまそこやってる。

327 :うま:02/05/15 18:14 ID:Q9asGgpW
シーホー(?)とかいう馬のでてくる
モンゴルの話なかった?

328 : :02/05/15 18:16 ID:NHgeQOrJ
クラムボンは死んだよ

329 : :02/05/15 18:21 ID:Ubl1pD88
>>327
スーホの白い馬
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4898110223/

330 : :02/05/15 18:24 ID:uXK6aIBy
教科書って結構名作多いよな。
名作かどうか知らんが国語好きだったから結構覚えてる。
「しらかばはサヤサヤ歌いました」とか。
「アッチー」とか。

河合塾かどっかの受験対策でやった、野坂昭如のやつ。
空襲に遭ったおかあさんが赤ん坊を守るためにお乳を赤ん坊にあびせる。
終戦を迎えた真っ青な空のもと、からだの水分を使いはたして
からからに干からびたおかあさんといっしょに赤ちゃんも天に昇ってゆく、てやつ。
泣いた泣いた(´Д`)

331 : :02/05/15 18:26 ID:ItvEVEZy
ちいちゃんの影送り(ワラタ)

スーホの白い馬(ホースとスーホをギャグでかけたつもりなのだろう)

332 : ◆LOVER3ZU :02/05/15 18:26 ID:q1sR/PcR
題名忘れたが、野球の話。
戦争前、名三塁手が甲子園まであと1アウトって
ところでエラーして逆転負けする話。
主人公はその弟で、
氏んだ兄の話を聞くという感じだったかな?
うろ覚えでスマソが。

333 : :02/05/15 18:28 ID:V8PuIpF+
老犬が死んじゃって、「ずっと好きだったよ」と言ってあげる話。
先生が朗読中に泣き出してびっくりした。

334 : :02/05/15 18:31 ID:Ubl1pD88
魯迅の「藤野先生」憶えてる?

335 :ポン:02/05/15 18:34 ID:aF0HOORS
宗男列伝

先生が朗読中いきなり泣き出してびっくりした。

336 :うま:02/05/15 18:34 ID:Q9asGgpW
>>329
アーりがとサン!

337 :名無しさん:02/05/15 18:52 ID:1l4NlxUO
「あの坂を上れば」 杉みき子

あの坂を上れば海が見える・・・もう一度読んでみたいな。

ところで、友達の蝶の標本壊しちまった話はなんていうんだっけ?

338 : :02/05/15 18:56 ID:ixdCEK6d
[葉桜と魔笛」は今思い出しても泣ける。

不治の病の姉に送られてくるエリート海軍からの恋文を盗み読みしてしまった妹。
いつの間にそんな人と知り合ったのかと嫉妬と疑問にさいなまれ、悪いと思いつつも
その手紙の束を読み続ける。
その手紙の中に男が姉の会いにいくと言う書き込みがあり妹は当日姉のそばにいて
その男を待ち続けるのだが・・・。

授業も聞かずに何度も読み何度も泣いたよ。

339 :fusiana3:02/05/15 18:57 ID:3sjvfEoE
>>332
「タッチ」

340 : :02/05/15 18:58 ID:IRm9LvA1
教科書だったかはうろ覚えだが、
繁栄の花(たしか星新一)
題名不明(和尚さんが毒だと言って隠してたみつあめを食べちゃう話)
あの丘を越えれば(題名うろ覚え)

341 :名無しさん:02/05/15 19:07 ID:1l4NlxUO
>>339
それは、死んだの弟の方じゃん。

342 : :02/05/15 19:07 ID:7z7PkpCb
星新一といえば、中学のとき国語の教科書に
「お〜い、でてこ〜い」が載ってた。
底なしのアナに産廃とか核廃棄物を捨てたら空から降ってくる話。


343 :だれかまとめてほすぃ:02/05/15 19:10 ID:DiEJrQBv
標本を壊す話:ヘルマン・ヘッセ「少年の日の思い出」
みつあめの話:『沙石集』巻8−11(各地の民話にバリエーションあり)

繁栄の花は確かに星新一ですね。


344 : :02/05/15 19:11 ID:XyAWSfQJ
3年の教科書に載ってた力太郎の「うんぎゅむう」にワロタ

345 : :02/05/15 19:13 ID:WLD48G0E
「最後の授業」のよかったな。
あと鼓の腕を競う話(山本周五郎?)

それと、まどみちお&谷川俊太郎はやっぱ神レベルだな。
自分のガイジの手を勝手に動かして詩を書きましたなんてやってる
基地外ヤシとは次元が違う。

346 :ff:02/05/15 19:15 ID:7z7PkpCb
[天下一の鎌]俺はコレで男の正しい生き様を知った

347 : :02/05/15 19:16 ID:XyAWSfQJ
>>337
少年の日の思い出

348 : :02/05/15 19:22 ID:SmZr4qQz
クラムボンはカプカプ笑った。と

349 :名無しさん:02/05/15 19:26 ID:1OCjcFgu
>>320
「セメント樽の中の手紙」
スプラッターと言うよりは、女性の聡明さと静かな悲しみが心に残ったよ。

中1の国語の教科書に載ってた
「杉の木はやっぱり杉の香りがした。」という生徒作品の詩、好きなんだけど
同級生と話しても誰も覚えてない。
知ってる人がいたら結構な年かな?

350 : :02/05/15 19:27 ID:qcu1isZv
「ピザパイの歌」はまだ出ていないな。

351 : :02/05/15 19:28 ID:v+bonqDA
「代走じいさんとガン」「ルロイ修道士」

352 : :02/05/15 19:29 ID:5bApDPBU
>>345
「最後の授業」は実話ではなく
プロパガンダ的につくられた・・・と聞きました。ガッカリ

353 : :02/05/15 19:33 ID:VYpYP/4v
「銀のしずく降る降るまわりに」
知里幸恵・・・。



354 : :02/05/15 19:45 ID:WLD48G0E
>>351
代走じいさんと

ワラタ

355 :_:02/05/15 19:45 ID:O+HvthVf
「あめくん」
パラパラパラとあめくんがやってきた

356 : :02/05/15 19:47 ID:DjK2m2CJ
「手袋を買いに」
今読んでも泣ける(今だから泣ける)


357 : ◆LOVER3ZU :02/05/15 20:01 ID:Rhi/hqos
傘好きなおっさんの話。
タイトルはそのまんま「おじさんとかさ」だったかな?

358 :森の妖精さん:02/05/15 20:03 ID:LvHuG1P8
『陰翳礼賛』written by谷崎潤一郎

359 :森の妖精さん:02/05/15 20:06 ID:LvHuG1P8
>>276
それだけ死んだら、そのまま日本版プライベート・ライアンが出来そうだ。

360 :正しい日本語普及委員会:02/05/15 20:15 ID:bp2rFIbM
雨にも負けず風にも負けず、
雪にも夏の暑さにも負けぬ丈夫な体を持ち
欲は無く決して怒らず、いつも静かに笑っている。
一日に玄米三合と味噌と少しの野菜を食べ、
東に病気の子供あれば行って看病してやり、
西に疲れた母あれば行ってその藁を背負い、
南に死にそうな人があれば行って怖がらなくてもいいと言い、
北に・・・・・
日照りのときは涙を流し、
寒さの夏はおろおろ歩き、
みんなからデクノボーと呼ばれ、
誉められもせず苦にもされず、
そういう者に私はなりたい。


・・・・記憶だけで書いたから、だいぶいい加減。


361 : :02/05/15 20:22 ID:fKTncrSH
セメント樽〜は教科書掲載作だったんだね。
意外なところ(ニュー速+の塩素タンクに落ちた作業員のスレ)で知ったよ。

362 : :02/05/15 20:43 ID:V8PuIpF+
>>342
今年から、中2の英語の教科書に載ってる。

363 :_:02/05/15 20:45 ID:1kzZiLFm
モーパッサン『二人の友』
「さようなら、モーリスさん」

作者忘れた『踏切』
「あっしをしばっておくんなさい。あっしがレールを外したんだ」

364 : :02/05/15 20:46 ID:J+u1WW3N
朝のリレー 谷川俊太郎

365 :285:02/05/15 20:46 ID:z+PoMGhz
『尋三の春』木山捷平 旺文社文庫
遠足に行って初めて飲んだ『みかん水』(ジュース)を妹に
土産として買って帰ったら、星一徹みたいなヲヤヂに
(ぜいたく物)と勘違いされ、ゴルァ!と殴られる。

新しく赴任してきた先生がイイ先生で、一太(?)少年は…


366 ::02/05/15 20:46 ID:A53KVMwp
>>361
読んでいて気持ち悪くなった作品だったな。
生きたまんまミキサーに巻き込まれて死んだ相手の遺体は
結局見つからないんだろうなぁ。・・・・とかよぅ。(´д`)

「おたまじゃくし」
あれは結局、弟と兄。どちらが幸せだったんだろう?
今でも時々考える。

367 : :02/05/15 21:39 ID:Gblsj/CG
>>332
「一塁手の生還」 赤瀬川 隼 

368 : :02/05/15 21:40 ID:YdeA5pB4
>>17
ここ見れ http://www2.justnet.ne.jp/~assoonas/UC274.HTML
「スイミーを立体的に考える」

369 : :02/05/15 21:41 ID:3poYEQOl
ごんぎつねがかわいそうだ。兵十はドラゴンボールを集めて
ごんをよみがえらせるべき。

370 :故郷:02/05/15 21:44 ID:9+/ZxjR+
「夜、スイカをかじる音がしたら、それはチャーさ。」

で、結局チャーって何なんですか?
穴熊みたいにちっこくて体中油でつるつるらしいんですが。

371 :名無しさん:02/05/15 21:44 ID:UJw/JTqZ
>>345
最後に主人公が「ビバ!フランス!!」と叫んでいるんだけど、設定がおかしい。
物語の舞台であるアルザス地方は元来ドイツ語圏であり、
同朋ナチスドイツが攻めてきた上に、大嫌いな学校の授業が無くなるのだから、
主人公が嬉しがるのならともかく、少なくとも悲しがりはしないはず。
普仏戦争以来の、両国の因縁が生んだ迷作と思う。

372 :名無しさん:02/05/15 22:09 ID:+JzBmyj8
>>371
なんか微妙に間違ってるけどネタ?(w
ま、どっちにしろプロパガンダ小説だから。

373 :んとす:02/05/15 22:17 ID:2pDuNzho
>>339
姉と妹が逆。
腎臓結核で死ぬのは妹。

374 : :02/05/15 22:26 ID:eyPgGRCf
うちら 陽気な 鹿島市娘
おんな3人そろったらぁ 鹿島市いとは
ゆかいだな。
べりぃ ぐっぐっ べりぃ ぐっぐっ

教科書で読んで、泣いたなぁ。

375 : :02/05/15 22:27 ID:eyPgGRCf
金もいらなきゃ おんなもいらぬ、あたしゃもすこし、


376 : :02/05/15 22:27 ID:DtlnQpah
機関車やえもん

377 : :02/05/15 22:32 ID:WqG6Q7Vh
生け贄婦人

378 :戦国自衛隊:02/05/15 22:36 ID:xEgvq517
大造じいさんとガン。

羅生門(←誰の作品だったけ?)

が、かんDo!した

379 :   :02/05/15 23:00 ID:KjCeef8M
らしょもんはあくたがわだよ。

380 : :02/05/15 23:05 ID:WLD48G0E
>>378
羅生門(←誰の作品だったけ?)

理数教育も大事だけど、国語教育も大事だと思う今日この頃・・・。
漱石、芥川、鴎外らが消えるのはいかがなものか?

381 : :02/05/15 23:06 ID:vQzQpERv
春でえむん
照屋林賢

風ぬソイソイ いいあんべぇ(以下略

382 : :02/05/15 23:07 ID:rbBoxMax
おじぎり、ひとつだけちょうだい

↑わかった人はご一報くれ

383 : :02/05/15 23:07 ID:sU2QV/8P
当時触れた作品を今読むと、また違った感慨があるね。

おかあさんの木なんかは涙がとまらないよ・・・。

384 : ◆LOVER3ZU :02/05/15 23:08 ID:77+B4vUE
>>367
煤i゚∀゚)三塁じゃなくて一塁か・・・サンクソ

385 : :02/05/15 23:08 ID:wEEp0yJ4
「エンビフライ」と「あの坂をのぼれば」知ってる人いるかな?

386 : :02/05/15 23:09 ID:vQzQpERv
>>382
知ってる!何だっけ、ヒントくれ!

387 : :02/05/15 23:11 ID:e8G4H+o4
>>382
ちいちゃんのかげおくり?

388 : :02/05/15 23:12 ID:dnPfSJfr
ベロだしちょんま

ってのなかったっけ

389 : ◆VISA.8EE :02/05/15 23:13 ID:/2WnvjAm
スイミーって映画にもなってたよね?
小学校の頃スィミーの後に、裸足のゲン見さされて、、、凹んだ。

390 :382:02/05/15 23:15 ID:rbBoxMax
>>386-387
「ひとつの花」って話だよ
ゆみことかいう小さい子がおにぎりを欲しがるはなし(こんな要約でいいのか?

391 : ◆LOVER3ZU :02/05/15 23:15 ID:77+B4vUE
一つの花?

392 :   :02/05/15 23:15 ID:KjCeef8M
>>382
はないっぱいになあれ(題名等は既出かも)じゃない?
ひとつ、ひとつとねだっていくゆみこという子のお話。

393 :392   :02/05/15 23:16 ID:KjCeef8M
逝ってきましゅ。

394 :no name:02/05/15 23:17 ID:ftuVXFkn
赤い実はじけた!

395 : :02/05/15 23:20 ID:vQzQpERv
もちもちの木

ムチムチの木のほうがいいなぁ。

396 :ごん〜:02/05/15 23:57 ID:fz94sMtA
>369
禿げしく同意&禿げしくワラタ!

397 : :02/05/16 00:23 ID:1bbDjWKe
たかい たかい
みえる みえる
あおいそら しろいくも

・・・続きがでてこない

398 :  :02/05/16 00:59 ID:rhyntXEK
しゃぼんだまの中へははいれません
まわりをくるくるまわっています

こんな感じの詩があったような

399 ::02/05/16 02:45 ID:0lNhjKwy
「少年の日の思いで」なつかしー。たしか、蝶の標本を貸す方の
少年は「エーミール」とかいうんだっけ?当時、エーミールくんは
「ヤなやつ」「スカしてる」「冷たい」と大不評でした@ウチのクラス。

400 :教育:02/05/16 02:53 ID:29g+BwWl
そしてトンキーは死んだ
おじさんのかさ
あかいえあおいえあいうえお?(とかいうのがわ行まであるやつ)
題名は忘れたが、風船に向日葵の種をつけて飛ばす話。

お母さんの木はクラス全員が感動しかかってたのに、
朗読してた先生(男)が号泣しだして、萎えた。


401 : :02/05/16 03:00 ID:l1XPc4OM
ごんぎつねってテーマソング無かった?確か授業用のカセットのやつで
「ご〜んご〜ん、ご〜んご〜ん、ご〜んぎ〜つね〜」ってかんじだったと
記憶してるが。

あと何かうるし塗りの昔話なかったっけ?内容全く覚えてないんだけど。
学芸会で朗読したってことだけまでは覚えてるんだけど(w

402 : :02/05/16 03:00 ID:4z1Ir/0P
で、国語事典で国語事典て調べた?

403 : :02/05/16 03:01 ID:UXoFQ9Yq
マドンナBが出てくる話。多分豚の解剖をするやつかな?
あと大泥棒ホッツェンプロッツにワロた。ホプロと略す程よく読んでた。

404 :これぞ縦読み:02/05/16 03:05 ID:3w0+nFzQ
あかるいおひさまあいうえお
いいものみつけたあいうえお
うたにあわせてあいうえお
えにかきたいなあいうえお
おやすみなさいあいうえお

405 : :02/05/16 03:12 ID:29g+BwWl
ケンカした山 もあったな。

406 :fusiana3:02/05/16 03:13 ID:uJyZzZky
どうでもよいが、縦読みとドドイツって
どう違うのだ?

407 : :02/05/16 03:13 ID:pQQmwxPx
会いたくて会いたくてわたげをとばすたんぽぽはるかさんの詩とか。 
 

408 : :02/05/16 17:22 ID:PouhgfC6
ageうえお

409 :高校生のマジレス:02/05/16 17:42 ID:nLlAxsE3
生殖T
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる

今使ってる教科書に載ってます。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/16 18:04 ID:fLrC9b28
八郎

411 : :02/05/16 18:06 ID:rUfE7682
イッシー。
キミは生前、誰からも相手にされないって思っていたね。
彼女だけが味方だと思っていたね。

でも、そんな彼女に裏切られて、本当に落胆したでしょう。
誰も信じられなくなったでしょう…。

でもね、キミは仲間がいたよ。

俺たちだよ。

俺たちがキミの帰りを今か今かと待っていたんだ。
本当に、みんな心から心配してたんだよ。

…だけど、イッシーの日記は更新されなかったね。
他の人からイッシーが帰らぬ人となったことを教わったよ。

どうか、安らかに眠って欲しい。
  

412 : :02/05/16 18:10 ID:i2LxHt6j
警官に野球の審判頼む話しらねえ?
さいごは主人公がホームに滑り込んで、警官は一瞬躊躇しながらアウトを宣告するやつ

あと、えんびフライの話もすき

413 : :02/05/16 18:37 ID:02Z0LlSD
レモンは遠くへ行きたいのです

薄く切ってみれば それがわかります

薄く切ってみれば いくつもの車輪

車輪 車輪 車輪

レモンは遠くへ行きたいのです

414 :チトセアメ@ ◆OJa/SINE :02/05/16 18:43 ID:fgC8Q3OI
    ____
   /∵∴∵∴\
  /∵∴ _| ̄|__ \
 /∵∴ |_ ●__ |  |
 |∵∵/  └┘ \|
 |∵/   三 | 三  |
 |∵|    __|__  |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  \|    \_/ /  < 力太郎
   \____/     \_____


415 ::02/05/16 18:44 ID:splLe0ry
えんびフライ!
何て題名だっけ?
お父さんはジャッコが好きなんだっけ?

416 :七誌:02/05/16 23:34 ID:gQED91fE
>>412
「クロスプレー」

>>415
「盆土産」

いずれも光村図書中学校




417 :名無しさん:02/05/17 00:03 ID:RiBtAyAU
ルロイ修道士が登場する「握手」はマジで名作。

病気に犯され、成長したかつての教え子に最後の別れをするため
各所を回っていたルロイ修道士。
主人公との最後の別れの場面で

「死ぬのは怖くありませんか。自分は、怖くて仕方ありませんが」
「天国へ行くのですから、怖くはありませんよ」
「天国か。本当に天国がありますか」
「天国があると信じたほうが、楽しいでしょう」

とかなんとかいう場面はマジで泣けた。

418 : :02/05/17 00:38 ID:po+DjF/n
>>417
指のサインのやつ?

419 : :02/05/17 01:07 ID:s9iXOw6f
ルロイ修道士
http://www.kitasato-u.ac.jp/ts/lsnetj/Jules2/index005.html

420 : :02/05/17 01:11 ID:KWIGT5ng
カメの涙で作ったロウソクを持ってカメに乗って湖の底に潜る話
なんていうか知りませんか?思い出せなくて・・。

421 :踊る生姜:02/05/17 01:19 ID:NAlVGsdz
も っ こ り

11年前の小学校1年生の教科書。

422 :417:02/05/17 01:29 ID:x8oKhkR4
>>418
そうそう。

>>421
音楽の教科書の話題で恐縮だが、厨房の時のリコーダー用の教科書に
「もっこ」という名前の曲があって、当然の如く最後に「り」を書き加えた。(w

423 : :02/05/17 12:15 ID:pOnuJR3d
a g e

424 : :02/05/17 21:35 ID:rXZU/pHl
のこ屋の父

425 : :02/05/17 23:17 ID:IXzifft2
太平洋と日本海を桜並木でつなごうって話。
国鉄バスの車掌さんの
「この地球の上に 天の川のような 美しい花の星座をつくりたい
      花を見るこころが一つになって 人々がなかよく くらせるように」
って言葉にものすごく感動した。この車掌さんは確か志し半ばでガンで倒れたはず。
1度行ってみたいと思いつつ行けてない。


426 : :02/05/17 23:25 ID:d7TXs2Re
>425
それって映画化されてる?試写会に行った覚えが・・。

427 : :02/05/17 23:27 ID:6ZlfE8h1
アルザスロレーヌ

フランス万歳


428 : :02/05/17 23:27 ID:MdaHqdoE
上野の精養軒でオムレツを食うやつ何だっけ?

429 : :02/05/17 23:28 ID:YO2yGVKU
吉牛のコピペが教科書に載ってた時はびびった

430 :クロちゃん ◆SAKE/39g :02/05/17 23:30 ID:KZI+ChGQ
高校入試などでも現代文にハッとするような名作が出題されていて回答に詰まることがある
大岡昇平の「俘虜記」ではロシア兵が持ってきた生鮭を抑留者達が貪り食らう様が描かれ
芥川龍之介の「蜜柑」では灰色の冬の空に橙色の蜜柑が舞う


しっかし狐狸庵先生が「自分の作品が共通一次に出題されたのを解いてみたが全然当たらなかった」という現実の寒さ

431 ::02/05/17 23:35 ID:Sc8mvCnc
スカイハイツオーケストラだっけ?
公園で指揮とるとかなんとか・・

432 : :02/05/17 23:36 ID:4hV+BSku
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1013354945/555

433 :名無しさん:02/05/17 23:38 ID:AkD5+fO2
>>430
「当たらなかった」というのがミソか?
皮肉かなにかかな。

434 :クロちゃん ◆SAKE/39g :02/05/17 23:43 ID:KZI+ChGQ
>433
あんな選択問題国語の試験なんかじゃねーと書いておられたと思いマッスル

435 : :02/05/17 23:50 ID:d7TXs2Re
注文の多い料理店の朗読テープを学校で聞いた。
「クッリィームはぬりましたか?」という感じの不思議なテンションの。

436 : :02/05/18 03:25 ID:PhYvseP5
既出だが夏目漱石「坊ちゃん」

437 :.:02/05/18 03:28 ID:j9hSC1M/
小学校の教科書に乗ってた。

川端康成 『眠れる美女』

438 : :02/05/18 03:34 ID:7TptEVcp
おみやげ

439 : :02/05/18 03:36 ID:QiVe6hIc
教科書と違うが、工房のとき学校で受けさせられた業者テストみたいなヤツで、
鉄道員(ぽっぽや)が出た。
みんな泣きそうになりながら必死に解いてた(w


440 :授業そっちのけ:02/05/18 04:01 ID:qDQ+kXhd
「ちびくろさんぼ」
差別だ!ということで教科書おろか一般書籍まで絶版の憂き目にあったが、小
学校1年の下の教科書に載っていたさんぼはかわいらしくやんちゃな黒人の男
の子とやさしい両親のお話だった。
「ちび」はかわいいおチビちゃん、「くろ」は肌が黒い(健康的イメージ)、
南の楽園に住む自由で元気な同世代の男の子の楽しいお話がなんで差別なのか
いまだにわからない。差別意識旺盛のキチが自分勝手な解釈で作品本来の価値
を歪めたのは許せないね。読めば挿絵のさんぼに友情が湧くと思うよ。
 話は飛躍するが、
カルピスのマークが同じような理由で変わったのも納得がいかない。最近まで
昔のカルピスのダンボールを捨てられずにいた(シルクハットをかぶった垂れ
目の男の子がおいしそうにカルピスを飲んでいるのだが、2色刷りでカルピス
を白で表している関係上、男の子が黒色で印刷されているだけのマークだった
のに)。


441 : :02/05/18 04:40 ID:S3Cnamui
みんな、
「だんごどっこいしょ」を忘れるな!!

442 :これも読めばイイ話:02/05/18 04:49 ID:qDQ+kXhd
「タイトル不明」・・・子供達と和尚さんとみかんの話
 お寺の庭にみかんの木が植えられている。未熟で青い実がなっているのを
子供達がいただこうとしたとたん和尚さんに見つかって怒鳴られてあわてて
逃げ出す。翌日、子供達が再び取りに行くと張り紙がしてあって「あと○○
日待て」と書いてある。子供達は張り紙を見てなにも取らずに帰る。
子供達は毎日のようにみかんの木の前に通うようになる。そのたびに張り紙
がしてあって「あと○○日・・・」と書いてあるのだが、その予定はたびた
び延びた。子供達はジリジリしながらもその文面を信じてみかんをとらない。
 「明日まで待て」の張り紙を見て、翌日子供達がみかんの木の前に行くと、
いっぱいぶらさがっていたみかんの実がひとつもない。和尚さんにだまされ
た!と怒る子供達だが、よく見ると木の下にかごが置いてあって中には完全
に熟したおいしそうなみかんがいっぱい入っていた。その上には風に飛ばさ
れないようにみかんで押さえた紙が載っていた。見慣れた和尚さんの字で、
「たんと熟れたよ、みんなでおあがり。盗んで食べたらすっぱいすっぱい。」
子供達が和尚さんの家に目を向けると、不在なのか戸はしっかり閉まってい
て静まり返っていた。日ごとに早まる夕暮れで、戸に実のないみかんの木の
長い影がかかるようになっていた。

443 :今はサヨリが旬なんだ:02/05/18 04:55 ID:+AkCHKhO
「赤い実はじけた」だろ!


444 :FREAKS ◆GFREAKSo :02/05/18 05:30 ID:IhizOJiX
「しまった!あながあいていた!!」
っていうセリフが出てくる話のタイトルが思いだせん。。。

花の種の入った袋を持ってたら穴があいていて
とおってきた道筋に花が。。。

みたいな筋だったと思うんだが。。。
俺が小学校1年生のときかなぁ?

445 :クロちゃん ◆SAKE/39g :02/05/18 09:02 ID:h4JgJ7a4
>437
そ…それは

だったら谷崎の瘋癲老人日記も収録キボー

446 : :02/05/18 15:48 ID:K6ZVM6zm
>>428
みなさん感動されたようでさんざ既出の
井上ひさし「握手」だよ
ルロイ修道士ね。
>>444
読みたくなっちゃったー
和尚さんはどーなったの?

447 :(・∀・)イイ!&rlo;リアル工房&lro; ◆/uwhnXR. :02/05/18 15:50 ID:TPxcIkur
>>444
なんか見たことあるようなきがする

448 :野口擬古:02/05/18 17:04 ID:6sILxNoo

1の カキコにわ みなたまげました
わたくしも よろこんでをりまする
なかたのかんのんさまに さまにねん 
よこもりあく いたしました
コピペなほでも きりがない 
いぼし ほわこまりをりますか 
1か きたならば もしわけかてきましょ
よるになるト みな煽りに いてしまいます 
わたしも こころほそくありまする 
ドかはやく 逝ってくだされ
スレを たてたこト たれにもきかせません 
それをきかせるト みなに 煽られて しまいます 
はやく逝ってくたされ はやく逝ってくたされ
はやく逝ってたされ はやく逝って 
いしよのたのみて ありまする

にしさむいてわ煽り 
ひかしさむいてわ 煽りしております
きたさむいてわ コピペしております 
みなみにむいてわ コピペしておりまする
ついたおにわしをたちをしております 
多少はまに ついたちにわおかんてもろておりまする
なにおわすれても このスレわすれません 
コピペおみるト いただいておりまする 
はやく逝ってくたされ いつ逝くトおせてくたされ 
このスレの へんちおまちてをりまする
逝っても逝ききれません


449 :七誌:02/05/18 17:05 ID:2cevwYMV
光村図書小学校一年 「はなのみち」ですな。
たしか、松谷みよ子作。


450 : :02/05/18 17:05 ID:/3CAO3eX
老人と海

451 : :02/05/18 17:38 ID:p7tzO0Af
みんななつかすぃ
そして国語だけでも教科書とって置くんだと
公開した今日この頃

452 :451:02/05/18 17:39 ID:p7tzO0Af
×公開
○後悔

453 : :02/05/18 20:11 ID:BP20nKv9
>353
アイヌ語の話だったね。家庭教師行ってたとき教科書にのってて覚えてる。

自分の教科書で覚えてるのは中一の「一房の葡萄」とか中二の「走れメロス」
かな。山椒魚も中二だったかな。
高校では山月記が好きで檸檬が嫌いだった。

454 : :02/05/18 22:37 ID:lN1dzdOZ
>>449
松谷みよ子ではなく、岡信子。

【はなの みち】
くまさんが ふくろを みつけました。
「おや,なにかな。いっぱい はいって いる。」
くまさんが ともだちの りすさんに ききに いきました。

くまさんが ふくろを あけました。
なにも ありません。
「しまった。あなが あいて いた。」

あたたかい かぜが ふきはじめました。
ながい ながい,はなの いっぽんみちが できました。

455 : :02/05/19 01:37 ID:tvCCAtrH
男勝りのおきゃんな女の子とその尻に敷かれていた気弱な男の子の話。
祭りの日、その女の子があるピンチに陥り、今まで見せたことのないうろたえ
ぶりをその男の子が見て、勇気を振り絞って女の子の手を引いて救出する。
手を引いて走っているうちに、男の子と女の子はお互いに心の変化を自覚する
というもの。
 子供が思春期を迎える瞬間を見事にとらえた佳作だったが、性差別という理
由で今の教科書には載ってないそうだ。タイトルと作者は忘れてしまった。

456 : :02/05/19 01:45 ID:Yk1tHtmi
泥んこ祭り

457 : :02/05/19 01:47 ID:QkAjD/YW
「オツベルと象」

一番最後の行、何の脈絡もなくいきなりあった
「おや、川へはいっちゃいけないったら」はどういう意味だ?これ?
凄く不気味で今書いてて鳥肌立ってるんだが。

458 : :02/05/19 02:17 ID:oSxpDJo/
父親が高校生時代甲子園に出場した時の砂を
薬のビンか何かに入れて、残してあるんだけど
それを息子が庭にばら撒いてしまう
っていう話、誰か覚えてない?

459 :オツベル化粧品:02/05/19 02:20 ID:FWYzepYI
>457
漏れもその謎がわからず卒業したクチだ。

460 : :02/05/19 02:21 ID:AAOJjriB
>>457
なんか人の世に流されるな
とかそういう意味だってこのまえ先生が言ってたよ

461 :457:02/05/19 02:28 ID:QkAjD/YW
ttp://comet.tamacc.chuo-u.ac.jp/2000zemi/muranami/soturon.htm

ぐぐったらこんなのが出てきた。それにしても宮沢賢治の作品は何か不気味な表現が多いな。

462 :FREAKS ◆GFREAKSo :02/05/19 02:36 ID:OXg1IxhF
>449
>454
はなのみち!!
ありがとぅ。。。
ことあるごとに気になってたんだよ。。。
絵本探しちゃおうかなぁ。。。

463 :宮沢:02/05/19 10:08 ID:MhxTdFzY

けふのうちに
とほくへ逝ってしまふわたくしの1よ
みぞれがふっておもてはへんにあかるいのだ
(あめゆじゅとてちてけんじゃ)
うすあかくいっさう陰惨な雲から
みぞれはびちょびちょふってくる
(あめゆじゅとてちてけんじゃ)
い蓴菜のもやうのついた
これらふたつのかけた陶椀に
1がたべるあめゆきをとらうとして
わたくしはまがったてっぽうだまのやうに
このくらいみぞれのなかに飛びだした
(あめゆじゅとてちてけんじゃ)
蒼鉛いろの暗い雲から
みぞれはびちょびちょ沈んでくる
ああ1
氏ぬといふいまごろになって
わたくしをいっしゃうあかるくするために
こんなさっぱりした雪のひとわんを
1はわたくしにたのんだのだ
ありがたうわたくしのけなげない1よ
わたくしもまっすぐにすすんでいくから
(あめゆじゅとてちてけんじゃ)
はげしいはげしい熱やあえぎのあひだから
1はわたくしにたのんだのだ
銀河や太陽、気圏などとよばれたせかいの
そらからおちた雪のさいごのひとわんを……


464 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/19 18:33 ID:NqqfkD4G
age

465 :   :02/05/19 22:16 ID:IXFjwOjh
国語の授業のお陰で、吉野弘を好きになった。
「I was born」は衝撃的だった。

↓これは、教科書にも載ってるのかな?これも大好き。

「祝婚歌」
http://www1.odn.ne.jp/~cax65500/syuku.htm


あと、高村光太郎の「レモン哀歌」も泣いたなぁ・・・。

466 :   :02/05/20 01:26 ID:vFs9dkJR
↑激しく同意
                                             
チエコショウ萌え

80 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)