5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

何故インフレターゲットを導入しないのか

1 :朝まで名無しさん:02/10/05 18:35 ID:8NAzF7Hw
インフレにすれば、デフレも脱却できて
景気も回復するってわかっているのに
何故インフレターゲットを導入しないのだろうか
はたして政府は、デフレを脱却する気があるのだろうか

2 :一市民 ◆iQfHTHsUN. :02/10/05 18:37 ID:bmlrbMjv
>>1
政府もさることながら、日銀も嫌がる政策でしょう。
円安による工場の国内回帰と貿易不均衡は、諸外国からも反撃にあいます。

とはいえ、デフレ促進の現政権は日本を殺すでしょうね。

3 :朝まで名無しさん:02/10/05 18:39 ID:8NAzF7Hw
>>2
政府はデフレ脱却と盛んに言っています
デフレ脱却したら,インフレになるのは当たり前ですけど
口先だけって事でしょうか

4 :朝まで名無しさん:02/10/05 18:40 ID:rtaXngL6
>>1
あの〜、給料もインフレに対応して即座に増額されますか?
つまり、分り易く例えるなら、明日物価が2倍に成ったので、
給料も明日から2倍に成りますかね?

5 :朝まで名無しさん:02/10/05 18:43 ID:8NAzF7Hw
>>4
デフレと同時に,賃下げと失業が増加して行ってますけれど
インフレになったら,デフレと同じぐらいのスピードで逆のことが
起きるのではないでしょうか

でも,いきなり2倍ってのはなさそうだけど

6 :朝まで名無しさん:02/10/05 18:45 ID:QhDl2wwl
>>4
ならないだろうねぇ
インフレにしたらしたで労働者は泣きを見るのか

7 :朝まで名無しさん:02/10/05 18:50 ID:8NAzF7Hw
>>6
いや,モノが売れるようになれば
企業収益も改善するのでは
そうすれば,ベアでも何でもして,
賃上げ要求すればよいと思うんだけど

8 :朝まで名無しさん:02/10/05 18:51 ID:rtaXngL6
>>5 >>6
で、結局、インフレにしても、収入はそのままか賃下げなので、
消費不況に陥って、景気は良く成らない、
と言う事ですな。

9 :朝まで名無しさん:02/10/05 18:53 ID:rtaXngL6
>>5 >>6
で、結局、インフレにしても、国際競争力維持の為に
給料などの収入(人件費)はそのままか賃下げなので、
消費不況に陥って、景気は良く成らない、
と言う事ですな。


10 :朝まで名無しさん:02/10/05 18:53 ID:8NAzF7Hw
>>8
消費が拡大するか,供給が一気に減らないと
インフレにならないんですけど

11 :一市民 ◆iQfHTHsUN. :02/10/05 18:57 ID:bmlrbMjv
少なくとも地価と株価の回復(人為的でも可)があれば不良債権問題
は終了なんですがね。処理できますし、場合によっては引当金の戻し
入れ益まででます。
キャピタルゲインやインカムゲインに重税を課し複雑な申告制度をお
しつけ、一方で預貯金を優遇する現行制度ではデフレ対策など口先だ
けでしょう。リスクを採らなかったものだけが勝つ社会に未来はあり
ません。
我が国の生産力を考えると、何をしてもインフレになりにくいので、
せめてデフレ促進だけはやめてもらいたいと思います。

12 :朝まで名無しさん:02/10/05 19:00 ID:xzq+rAUU
原料、資源を輸入に頼っている日本経済ではインフレターゲットは効果無し。
そんなことすると円が弱くなり輸入原材料価格が高騰して
景気が悪いまま物価が高騰するスタグフレーションが起こるだけ。

13 :朝まで名無しさん:02/10/05 19:01 ID:JNj5leHv
円安下で企業が活発になれば一気に景気は回復するだろう・・・
が、経済が生産増加でなく値上げによってのみ資金回収する方向に向かうとStagflationとなる・・

14 :朝まで名無しさん:02/10/05 19:06 ID:tuy5e+ns
>>13
何?君の会社はチョット業績が良くなるといきなり値上げ?
そんなばかなことをすればライバルにシェアを奪われて倒産だね。


15 :朝まで名無しさん:02/10/05 19:08 ID:8NAzF7Hw
>>11
いやまぁ,日本人がつくるだけつくって
モノを消費しないと言うのは,あるかも知れないけれど
デフレ促進させないために,インフレターゲット導入はありじゃないかな

>>12
つーか,円安が進むと輸出も増えてるのでは
輸出が増えると,貿易黒字の方が増えるとおもうけれど
それに,そんな酷い円安は,その他の国が許さないだろうから調整が起きる

16 :朝まで名無しさん:02/10/05 19:25 ID:tuy5e+ns
>>11
いーや、わが国の生産力をフル回転させるぐらい
ものすごい勢いで輪転機回してバラマキをするんだ。
そうすればインフレになるじゃん。

17 :朝まで名無しさん:02/10/05 19:27 ID:JNj5leHv
>14
ライバル会社もいっせいに値上げしてその状態で市場が安定してしまったら・・・

18 :一市民 ◆iQfHTHsUN. :02/10/05 19:33 ID:bmlrbMjv
>>16
まぁ、そうです。
日本特産の円を外人に売りまくるのも手でしょう。そのお金で優良な
海外資産を買いあさるとか。
でも、金利下げたり量的な緩和をしても銀行が機能不全に陥っていま
すから、難しいですね。いっそ、日銀が株だけでなく、土地でも買え
ばそれが実現するでしょう。

19 :朝まで名無しさん:02/10/05 19:34 ID:tuy5e+ns
>>17
カルテルですか?公取委の出番ですね。

そうでないなら消費に生産が追いつかない状態、つまり好景気です。
インフレ=好景気で問題ないでしょ。

20 :朝まで名無しさん:02/10/05 19:37 ID:D5Tjn28H
まだインフレターゲットなんか言ってるバカがいるのか。
デフレの根本原因が何であるかつきとめて、それに対する対策とらなければ
いくらインフレにしようたってインフレになるわけないだろうに。

どこかに書きこがあったな。
三菱総研かどこかの研究員の人が、1ドル160円の為替レートを2年
続ければデフレはおさまる言ってたって。

それが正解だろう。


21 :朝まで名無しさん:02/10/05 19:41 ID:t9P3RlAT
現内閣は、デフレを脱却させると言っていて
インフレターゲット派は、小泉内閣ではデフレは脱却しないと言っている
で、第三勢力の主張によると、インフレは悪だから、デフレは脱却しても変わらないとのこと

22 :一市民 ◆iQfHTHsUN. :02/10/05 19:43 ID:bmlrbMjv
>>20
デフレの原因は有効需要の不足、この一語につきます。
稼いだ分は使わないとなりません。何のための冨なのでしょう。
預貯金ではなく使うことを推奨する政策が必要です。

為替を1ドル160円にするためには、国債乱発しかないでしょうね。
何しろ円安になればなるほど貿易で稼いでしまい、円高圧力となる
のですから。


23 :朝まで名無しさん:02/10/05 19:47 ID:tuy5e+ns
>>21
まあ、「ターゲットはじめました」と宣伝しても無意味だな、
実際に需要が増えてインフレキターーとみんな思わなくては意味ないもんな。

小泉さんの今までの行動は需要抑制政策だもんな。
狼少年は信用されないよ。

24 :朝まで名無しさん:02/10/05 19:55 ID:hzzclv2x
>>20
それって一種のインフレターゲットだよ。

25 :朝まで名無しさん:02/10/05 20:04 ID:t9P3RlAT
やっぱり、政府はデフレを脱却する気が無いんだな
口だけか

26 :朝まで名無しさん:02/10/05 21:16 ID:5ElFnSUQ
国債を廻すためには預貯金が必要。

27 :朝まで名無しさん:02/10/05 21:42 ID:sqO/8Ern
インフレは年金生活をしている有権者に嫌われるからやりたがらないだろうよ
税金を払っている年齢層の事を考えたらインフレの方がデフレよりもいいに決まってる罠

28 :朝まで名無しさん:02/10/05 21:51 ID:uTmzEXCV
>>20
>いくらインフレにしようたってインフレになるわけないだろうに。

自分でなにいってるのか分かってるのかね。いくらお札を刷っても
インフレにならないっていうのは、無税国家が実現可能ですよって
言ってるのと同じだよ。通貨の発行量を増やしても金利が上がらない
のなら、好きなだけお金を発行できるから、それで国家予算が賄えて
しまう。税金払わなくていい上に、国からお小遣い貰いたい放題。
そんなことが可能だとでも?

29 :朝まで名無しさん:02/10/05 21:56 ID:uTmzEXCV
>>28は「バーナンキの背理法」という有名な指摘。

30 :朝まで名無しさん:02/10/05 22:17 ID:LINK1+db
需要が減退した原因を考える

・少子化、高齢化で金使う人や対象が減るストレートな話
・少子化、高齢化に不安で貯めちゃうヘタレな話
・バブル崩壊ショックで浪費に嫌気が差したor皆が危機感持ってるから俺も消費しない症候群
・もしや日本人が悟りの境地に達し、煩悩から解き放たれた

これらを解決しないとダメでしょう

31 :朝まで名無しさん:02/10/05 22:19 ID:5ElFnSUQ
>>30
>・もしや日本人が悟りの境地に達し、煩悩から解き放たれた

ゆとり教育で国民を馬鹿にする必要がある。

32 :朝まで名無しさん:02/10/05 22:20 ID:GYpptU5+
先行き不安をなんとかせんとな。

33 :朝まで名無しさん:02/10/05 22:22 ID:LINK1+db
しかし考えると
金を使わないと抜け出せないってことに気付かない時点で
悟りではないな
お地蔵さんレベルだまだまだ

34 :朝まで名無しさん:02/10/05 22:23 ID:LINK1+db
>>31
お〜それそれ
大部分は馬鹿でいいんだよなあ
あんたも俺もさ

35 :朝まで名無しさん:02/10/05 22:29 ID:XjIijxgh
>>28
短期的には流動性の罠でインフレにはならない
長期的には我々はみんな死んでいる

短期的にインフレに向かわせるには金融政策だけでなく、
強烈な財政出動が必要でしょう。

36 :朝まで名無しさん:02/10/05 22:30 ID:8NAzF7Hw
いや,お金の価値を減らせば良いんですよ
お金なんてすぐ手に入る,って思えるようになれば
みんな金を使うはず
お金の価値が高すぎるから,誰も手放そうとしない

37 :ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡 :02/10/05 22:47 ID:XjIijxgh
「構造改革なくして景気回復なし」って言っちまった以上、
インタゲなんかで景気回復されたら俺の立場が無いだろうが。

38 :朝まで名無しさん:02/10/05 22:51 ID:LINK1+db
>>36
そうだね
一時的に捨てても惜しくないくらいにしよう
一時的ということは内緒で

39 :朝まで名無しさん:02/10/05 22:56 ID:8NAzF7Hw
>>38
捨てるより使った方がマシってぐらいの方がいい

40 :朝まで名無しさん:02/10/05 23:02 ID:qNjK9aL5
>>28
誰がいくら紙幣を刷ってもインフレにならないって言った?

紙幣を刷りまくって空から播けば、そりゃインフレにもなるだろう。
だがどこまでやっていいか、副作用も考えなければならないし、考慮すべき政治的な影
響もあるだろう。

それで、日銀がこれまでにやった金融政策で、普通ならインフレ気味になってもいいはず
だが、なぜならないのか、そう考えるのさ。

葛根湯を飲ませる。熱がさがらない。もっと飲ませる。それでも下がらない。さらに飲ま
せる。それでも下がらない。
そこで、さらに葛根湯を飲ませるか、葛根湯では利かないと考えて、別の薬を使うことを
考えるか、そこの差さだよ。

俺は、もう金融政策をいじるより、円安にするために取りうるあらゆる政策をやった方が
いいと思う。


41 :朝まで名無しさん:02/10/05 23:38 ID:ZGcZqLq+
>>40
そんなあなたにいい提案があります。

政府から国民に50万円のボーナスを支給、財源は国債引受。

どうよ?銀行にお金をジャブジャブ流しても、土地や株の値下がり
BIS規制や不良債権認定を恐れて貸し出しが増えないのはそのとうり。
(木村が主張する不良債権を処理すれば貸し出しが増える、は根拠なし)

これで確実に需要は増え、期待インフレ率もうなぎ上り、資産価格は暴騰ですね。
さて、リスクは
<制御できないインフレ>
何を言っているんです現在の物価上昇率は上方バイアスを考慮すれば−3%
また巨大なデフレギャップをどうにかするにはこのぐらい思い切ったことを
しなければギャップは埋まらないのでは?

<円安>
これこそ望みどうり、空洞化対策。日本に対外債務はないのでIMFの心配なし。

<働かなくなる>
ここまで勤勉にせっせと貯金する国民に心配する必要があるか?

まじめな議論に耐えうる提案なんですよ、これが。

42 :朝まで名無しさん:02/10/05 23:59 ID:o5ZxWiZK
何をすればインフレやデフレが起こるなんてのは誰でも知っている。
問題は「どの程度」になるかだ。それは神様しか知らない。
頭脳明晰な諸君に1986年の考察をお願いしたい。
どうすればよかったのか俺は今でもさっぱりわからない。

43 :朝まで名無しさん:02/10/06 00:05 ID:kg8L6oWt
インフレは現在の通貨価値の減少をもたらします。
即ち現在の債務額、債権額は実質、共に減少します。

これは、金を借りている人は借金額が実質減ることにより喜び、
金を貸している人はその額が実質減ることにより困ります。

ここで、債務者のモデルを不良債権にあえぐ銀行と仮定し、債権者
のモデルを総額一千兆円とも言われる預貯金を持つ、国民全体とします。

インフレターゲット論とは、現在の日本円の価値を下げて銀行の債務額を
減らして国民の債権額を減少させる政策といわざるを得ない。
これは、国民の預貯金(税金ではない)を使って銀行を救済しようという
論理であり、到底受け入れれられるものではない、と考えます。


44 :朝まで名無しさん:02/10/06 00:07 ID:BhfjuqIX
>>1
世界市場は今まで大きく分けて
欧州+日本+アメリカだった
ここに中国が参入した

欧州+日本+アメリカ+中国

まだ発展途上の部分がある中国の参入によって全体の平均値が減った。これがデフレの原因。
欧州、アメリカ、日本は相対的に低くなったが、中国は高くなった。

さて、次の問題。
日本はアメリカ国債を大量に持っているが、それはリスクが最も高いと言う事でもある。
アメリカが「日本が存在する事そのものが米国経済にリスクをもたらす。」と判断したら米軍は日本を占領します。
アメリカ国債を接収してまずリスクを無くし、その後円経済圏は崩壊、全てドルになります。

これが今の現状、公的資金投入して失敗したら即座に米軍動きます。
アメリカ経済と日本経済は一蓮托生、どっちかが潰れれば両方潰れる。
日本が仮にIMF管理下になった場合、アメリカ経済も同様の瀕死状態に追い込まれる。
それを嫌ったアメリカは何をするかと言うと、IMFではなく自らが統治する、第二次日本占領計画を発動させる。

45 :朝まで名無しさん:02/10/06 00:20 ID:Bv0W71CM
>>1
経済版でバカにされて流民になってここに来たのか?
それともここの住人を試してんのか?

>インフレにすれば、デフレも脱却できて
>景気も回復するってわかっているのに

臭すぎ。釣られんなよ>>all

46 :朝まで名無しさん:02/10/06 00:22 ID:aLouVaTk
紙幣は所詮”紙”で、この先不景気が続くと”紙”同然になるかも
知れないって不安を国民に対して煽るってのはどうでしょう?

47 :朝まで名無しさん:02/10/06 00:24 ID:Bv0W71CM
うわあ、もう釣られてるのがいる。
その上44みたいな「断定する無知」も参加してきた。

好きにしろ。

48 :朝まで名無しさん:02/10/06 00:33 ID:1VwYiESq
>>43
>>45
だから,小泉を支持する奴もしない奴も
デフレ脱却には賛成しているみたいなんだけど
何故こうも,インフレ反対=デフレ脱却反対という
第三勢力が出てくるのだろうか

49 :朝まで名無しさん:02/10/06 00:37 ID:tbqSRumN
>>43
モデルとしてはいいんだろうけど俺は昔からの疑問が解けないでいる。
それは「蓄えはどこまで正当なのか?」ということ。
これは俺的には内なる神学論争みたいなレベルになって夜も眠れない。
表現を変えると「なぜ踏み倒してはいけない?」ということだ。

50 :朝まで名無しさん:02/10/06 00:52 ID:9ePONZfi
なんでデフレが直らないか君らわかってんのか
日本でつくってたものを中国で安くつくろうとするからだろ

51 :朝まで名無しさん:02/10/06 00:57 ID:Bv0W71CM
>>48
1回だけ相手してやる。

オレのレスのどこが、「インフレ反対=デフレ脱却反対」なんだ?
そういうのを称して「断定する無知」だって言ってんだが、
「無恥」も付け加えてやろうか?

流動性の罠、合成の誤謬、資産のグロス増加、市中貨幣量、
外貨準備高の先進国比較、中国の経済状態、
短資会社、中央銀行の使命、税制の世界的なトレンド、
これだけ挙げれば十分だろう。Net検索してお勉強して来なさい。

>第三勢力が出てくるのだろうか

バッカみてえ。日銀内で調整インフレが検討されていないと思って
んのか?

そんなことが簡単にできるなら株の引き受けなんかやるか。

52 :朝まで名無しさん:02/10/06 01:04 ID:5gFSDefy
>>43
最初の4行(第二パラグレフ)で止めとけばよかったのに・・・
見ている方が恥ずかしいよ。経済板くるな。マスコミ板か政治板でやれ。

53 :朝まで名無しさん:02/10/06 01:08 ID:1VwYiESq
>>51
あう,バカにされてしまいますた
ネット検索しなくても,クルーグマンや伊藤元重さんの本とかあるからいいです

54 :朝まで名無しさん:02/10/06 01:11 ID:E7ddo1VG
>>52
同意

55 :朝まで名無しさん:02/10/06 05:59 ID:/o+L5Qnm
>>35
>短期的には流動性の罠でインフレにはならない

日銀が国債を直接買い入れればいいだけですけど。

>>41
>誰がいくら紙幣を刷ってもインフレにならないって言った?

>>20
>いくらインフレにしようたってインフレになるわけないだろうに。
と書いてありますけど。副作用の影響なんてどこにも書いてません。
まあ「インフレは起こせない」という主張がトンデモだということ
が理解してもらえたのなら、それでいいですけど。

>普通ならインフレ気味になってもいいはずだが、なぜならないのか

流動性の罠状態だから。日銀が国債を直接引き受ければいいだけ。


56 :朝まで名無しさん:02/10/06 05:59 ID:/o+L5Qnm
>>42
>問題は「どの程度」になるかだ。それは神様しか知らない。
>頭脳明晰な諸君に1986年の考察をお願いしたい。

インフレのコントロールなんて簡単ですよ。日本には対外債務が
ないんですから。インフレがコントロールできなくなるっていうのは
巨額の対外債務を抱えている国に限った話。実際インフレターゲット
を導入した国はインフレの抑制に成功してるし。
80年代後半の金融緩和はインフレターゲットではありません。

57 :朝まで名無しさん:02/10/06 06:10 ID:/o+L5Qnm
>>51
キーワードのひとつに「短資会社」を挙げているということは、
「通貨の発行量を増やしても短資会社に金が積みあがるだけで
インフレは起きない」という電波を信じてるのかな?日銀の国債
直接引き受けで解決する問題なんだけど。

58 :朝まで名無しさん:02/10/06 06:12 ID:GGYjMD7b
「貸しているカネの価値も下がる」ということに留意してください。
金融機関にとっては二重の打撃になるのです。
結局、コレが嫌なんだと思いますよ。


59 :朝まで名無しさん:02/10/06 06:16 ID:/o+L5Qnm
>>58
担保の価値は上がるということをお忘れなく。あと持ち株も。

60 :朝まで名無しさん:02/10/06 06:37 ID:CdVYMVbC
マイナス金利最強伝説

61 :朝まで名無しさん:02/10/06 06:41 ID:9d+ZPr6K
現実問題として今の時代誰も物を買いたいとはおもわんだろ?
あまりにも物があふれすぎているのでそこから変えていかないと
どうにもならないのでは?

62 :朝まで名無しさん:02/10/06 06:47 ID:CdVYMVbC
各論的な話であれだが
「いくら安くても、消費者が本当に欲しい物がない。
それが今の不況の根底だとずっと感じていた。
高くても魅力ある商品なら売れるはず」

こういう細かなところから需要を発掘してみると全体として伸びもあるのでは
ややニッチ的な切り口から各々が攻めていけば、結果全体として良くなるような気がする

63 :朝まで名無しさん:02/10/06 06:48 ID:/o+L5Qnm
>>61
「これから物価が上がります」と言われれば、安いうちに買っておこうと
するでしょ。オイルショックのときの買い溜めや消費税率UP前の懸け込み
需要みたいに。

64 :朝まで名無しさん:02/10/06 09:19 ID:TGpW4CCU
日銀は国債を買っているよ。

>>63
物価上昇に対応できるように金をためておこうという考え方もあるわな。
食料品なんて買いだめしても腐ってしまって意味がないものだしね。

65 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/06 10:02 ID:cEF1l4CO
サンプロ!やわら豚が出るぞー!!明日暴落を呼び起こすコメントだしかねん!!

66 :朝まで名無しさん:02/10/06 12:06 ID:otVDI6/F
>>64
>日銀は国債を買っているよ。

直接引き受けって書いてるだろーが。誰がオペなんて言った?

>物価上昇に対応できるように金をためておこうという考え方もあるわな。

ないわな。なぜなら貯めたお金の価値もどんどん下がるから。


67 :朝まで名無しさん:02/10/06 13:01 ID:CSMHy5m9
>>66
阿呆か。
日本の高度成長期には6〜7%ぐらいのインフレは当たり前だったんだ。
それでも、みんなせっせと貯金してたんだぞ。


68 :朝まで名無しさん:02/10/06 13:25 ID:N26ohxj+
>>67
でも企業はせっせと投資しただろ。

69 :朝まで名無しさん:02/10/06 15:31 ID:UwFGceO0
>>67
残念でした。インフレが進むと貯蓄率は低下してます。

70 :朝まで名無しさん:02/10/06 16:09 ID:IqEixY2t
「デフレ、デフレ」って叫んでいる政治家や官僚や有識者達って、
結局、80年代後半から90年代初頭の不動産バブルの夢をもう一度、
と言う事だろう。
不動産バブルの頃、本当はどうでも良い様なあるいは不良な不動産に、
「日本の不動産価格は永遠に上昇し続ける」と言うバカな幻想に基づいて、
銀行などの日本の金融機関の大半が積極的に大量に融資していましたな、
まるであたかも、高い工業生産力を有するアメリカ合衆国に対して
国家神道などの精神力で勝てると思い込んで無謀な戦争を仕掛ける大日本帝国みたいにさ。
結局、それらの融資が、焦げ付いて、不良債券化しちゃって。

71 :( ´∀`):02/10/06 16:13 ID:zWNyKDn/
バブルとデフレしかこの世に存在しないと決め付けてる
想像力欠落人間は、やはりゆとり教育の産物なのだろうか。

72 :朝まで名無しさん:02/10/06 16:22 ID:IqEixY2t
約10年程前の不動産バブルと今現在の金融機関の不良債権問題の本質を
全く理解出来て居無い人々が少なくないのも困った事だ。
やはり、長年の、洞察力鍛錬では無く暗記偏重の教育の産物なのだろうか。

73 :( ´∀`):02/10/06 16:30 ID:zWNyKDn/
だから何でバブルとデフレしかありえないの?

74 :朝まで名無しさん:02/10/06 16:33 ID:dOZ8iNVO
>>69 残念でした。インフレが進むと貯蓄率は低下してます。

あたりまえだろう。
インフレになれば、いくら経済成長していても、賃金の上昇がついていかず、
貯蓄できる余裕が減るから、貯蓄率が下がるのはあたりまえだろう。
賃金が毎月の出費と同じになれば、貯蓄はゼロだ。

75 :朝まで名無しさん:02/10/06 16:34 ID:7bh63rfi
>>72はマスコミに踊らされて
バブル潰しに熱狂した人。
物事の側面"しか"見れない人。

勉強は一生もんだぞー



76 :( ´∀`):02/10/06 16:35 ID:zWNyKDn/
>>74
>インフレになれば、いくら経済成長していても、賃金の上昇がついていかず、

うそ!オイルショックのときでさえ賃金は上昇してたけど?(w

77 :朝まで名無しさん:02/10/06 16:40 ID:G3jkXBey
>>76
金の上昇がついていかず≠上昇せず

78 :朝まで名無しさん:02/10/06 16:42 ID:IqEixY2t
>>76 
オイルショックの頃は、労働組合のお陰かね?
あの頃、国鉄のストライキが盛んだったよね。
今の時代、日本がインフレであっても、賃金の上昇は困難。
賃上げなんかしたら、中国などの国際競争に負けてしまう。
人件費のより安い国へと工場が世界中で移転してまくっている時代だからね。
それが、今のグローバル経済なのだよ。
時代が変わったんだよ! ケインズ政策もマルクス経済みたいに無用に成った訳。


79 :( ´∀`):02/10/06 16:47 ID:zWNyKDn/
あのー、不況に突入してからも、98年まで実質賃金は
上昇しつづけて、今でもあまり下がってないんですが…

いやー、国際競争ねぇ。グローバル経済ねぇ。
国際経済やってる人間からするとゲロ吐きながら
笑っちゃうような話だねぇ。

日本のGDPに占める外需の割合は1割で、19世紀の
イギリスよりも低い数値なのにねぇ。
19世紀からケインズ政策は時代遅れだったの?(w

80 :( ´∀`):02/10/06 16:49 ID:zWNyKDn/
テレビしか観ないドキュソの見分け方講座

・中国の脅威(派生語:中国がデフレの原因)
・国際競争力
・グローバル経済 メガコンペティション
・時代は変わった

これらの言葉を使うヤツはバカだと思って差し支えありません。
数字が出てくる本は基本的に読めないヤツです。

81 :( ´∀`):02/10/06 16:53 ID:zWNyKDn/
>>77
おお、拉致スレで見かけたな。
インフレ率を勘案した実質賃金は狂乱物価の当時も
上昇していたよん。詳しくは経済白書でも見とけ。

82 :朝まで名無しさん:02/10/06 17:04 ID:IqEixY2t
>>79
今現在の日本政府発表のGDPなどの経済統計指標って信用出来るの?
統計の母集団に問題あると色々指摘されているんだげど。

>国際経済やってる人間からするとゲロ吐きながら
>笑っちゃうような話だねぇ。
失礼ですが、御用学者ですか?

GDP云々で
「今現在の日本国民の大半には将来の不安無く消費に自由に使える金が沢山ある」と
断言出来ないでしょう。
賃金よりも物価の上昇率が桁違いに高ければ、
自由に買える物やサービスが少なくなるんじゃ!

9.11より前の米国が景気良かったのは、
不動産価格じゃ無くって、先にITなどの新しい産業の株価上昇で
個人の金融資産が増えて自由に使える金が増えた訳でしょう。


83 :朝まで名無しさん:02/10/06 17:06 ID:Kwg95QIY
というより、あの時代は「高度成長期」と表現した方が分かりやすいかも。

84 :朝まで名無しさん:02/10/06 17:07 ID:IqEixY2t
>>79
2002年の今、何で19世紀のイギリスの話を持ってくるの?
今の中国みたいにインドなどの当時の英国植民地に
英国向け製品の為の工場が乱立していましたかよ(爆笑)。

85 :( ´∀`):02/10/06 17:10 ID:zWNyKDn/
>>82
ふーん、じゃあどっかから日本の国内総生産に占める
外需の割合が爆発的に増えてるってデータでも
持ってきてくれ。そんなの変わらないのが常識だから、
それに反論するにはそれなりの論拠がないとな。

しっかし、御用学者ねー。それは構造改革で国際競争力
だとか意味不明な言葉を継ぎ合わせてるヒョーロンカに
つけるべき称号ではないのかな?

GDP云々言ってもねぇ。今現在の日本国民が将来も
自由に使える金がたくさんあるためには経済成長
するしかないでしょー。景気の回復を「バブルだ!」
と言って反対してたら貧乏になるだけだもんねぇ。

最後に。あんたITバブルを今でも信じてるの??????

86 :朝まで名無しさん:02/10/06 17:11 ID:IqEixY2t
>>80
>・中国の脅威(派生語:中国がデフレの原因)
中国に生産拠点を移しているのは、何も日本だけでは無いよ。
欧米諸国発祥の企業も中国に生産拠点を移しています。
そんな欧米諸国自身も「デフレの原因を中国だ!」とのたまって
怒っていますかね?

87 :朝まで名無しさん:02/10/06 17:13 ID:IqEixY2t

で、ID:zWNyKDn/さん、貴方なら、どう言う処方箋を出す訳?
興味あるので、教えて下さいませ。

88 :( ´∀`):02/10/06 17:14 ID:zWNyKDn/
>>84
>今の中国みたいにインドなどの当時の英国植民地に
>英国向け製品の為の工場が乱立していましたかよ(爆笑)。

してましたよ。そもそも植民地が何のためにあるか
知ってます?世界地図に自国領を増やして悦に入る
ためじゃないっすよ。

だからね、経済に占める貿易の割合なんて別に激増して
いたりしないんだってば。時代が変わったなんて妄想なの。

>>86
そもそも欧米はデフレになってないじゃん。
それに不況の原因を中国のせいになんかしてないよ。
してる馬鹿は日本だけ。

89 :( ´∀`):02/10/06 17:15 ID:zWNyKDn/
>>87
俺は逆にキミに聞きたいが。放置する派?

俺はスレタイ通りにすべきだと思うがね。

90 :朝まで名無しさん:02/10/06 17:17 ID:qrSgkp5O
>>85
国内総生産を知ってんのか?


91 :朝まで名無しさん:02/10/06 17:18 ID:IqEixY2t
>>86
>馬鹿は日本だけ。
日本政府に問題がある事は一致しますな、ID:zWNyKDn/さん。
どうせ、私は多国籍企業勤務のサラリーマンですよ。
経済通であるらしいID:zWNyKDn/さんに
日本経済再生の為の処方箋を御教示してもらいましょうね。


92 :( ´∀`):02/10/06 17:20 ID:zWNyKDn/
>>90
知ってますよ。

>>91
だから金融政策をやりゃいいじゃないですか。

93 :朝まで名無しさん:02/10/06 17:20 ID:IqEixY2t
>>89
>俺はスレタイ通りにすべきだと思うがね。
具体的な方法論を示して下さいよ!
で、どうやってインフレターゲットをする訳?

94 :( ´∀`):02/10/06 17:22 ID:zWNyKDn/
>>93
長期国債を日銀が買う

95 :( ´∀`):02/10/06 17:24 ID:zWNyKDn/
そういえば、インドの話はもういいんですか?
うまくかわされちゃったけど。

96 :朝まで名無しさん:02/10/06 17:25 ID:IqEixY2t
>>94
で、その意味は、2チャンネラー代表して書くと、
日銀が紙幣を大量に刷ると言う事ですか。

97 :( ´∀`):02/10/06 17:27 ID:zWNyKDn/
>>96
それはちょっと違う。日銀の新発国債直接引き受け

98 :朝まで名無しさん:02/10/06 17:32 ID:IqEixY2t
>>97
いくら何でもただで引き受けないでしょう。
国債を買う様に紙幣を政府に供給する形で
財政出動する訳ですか?
で、その財政出動は、何に対して使われるのですか、
いくら何でも無駄な公共事業では無いようね。

99 :( ´∀`):02/10/06 17:35 ID:zWNyKDn/
>>98
そうだよ。ただ、その場で使うわけじゃないから、
同時に札を刷る必要はない。

ひょっとしてキミは財政政策と金融政策の
区別がついていないのではないかな?
バカに噛んで含めるように教えないとですか?

100 :( ´∀`):02/10/06 17:37 ID:zWNyKDn/
えっとですね、バカにもわかるように説明すると、

札を刷るのは日銀です。国債を発行するのは政府です。
だから、新発国債を日銀に引き受けさせれば札を
手にするのは政府になります。政府はその金で
財政支出をするでしょう。

しかし、世界中で行なっている中央銀行の買いオペは
既発債を買います。つまり、国債を持っている民間
から買います。だから、財政支出とは関係ありません。

わかりましたか?

101 :朝まで名無しさん:02/10/06 17:39 ID:IqEixY2t
>>99
で、その財政出動で、何に使えば、インフレとして何かの価格が上昇して、
不良債権問題が片づくのですか?
それとも、銀行救済の名目で不良債権全てを買い取る訳ですか?


102 :( ´∀`):02/10/06 17:41 ID:zWNyKDn/
>>101
だから、金融政策と財政政策は全然違いますが。
ニホンゴワカリマスカー?

103 :朝まで名無しさん:02/10/06 17:41 ID:43CJY2li
>>86
各国の工場の移転の程度と、為替レートの問題だろう。もしいま元やウォンが円に対して
5倍になったら、どういう影響がでると思う? 日本に、そして韓国や中国に?

工場移転にともなう職場の喪失、中国韓国などからの低価格の商品の流入が引き起こす国
内企業のリストラ、物価の低き下げ効果、不景気、それによる消費者の低価格指向、そう
いうのがデフレの根底にある。単に流通している通貨の量が少ないからではない。

この状態で、インフレにするために、例えば、政府が、物やサービスの価格を毎月0.3%ず
つ値上げするようにという命令出し、それが実行された、年率3%の物価上昇が起きたと
して、景気良くなると思う人いる?


104 :朝まで名無しさん:02/10/06 17:42 ID:IqEixY2t
>>99
>バカに噛んで含めるように教えないとですか?
>>100
>えっとですね、バカにもわかるように説明すると、
失われた十年で代表される様に、
海外留学経験者が多い自民党議員と官僚は
貴方よりもバカなのですか。

105 :朝まで名無しさん:02/10/06 17:45 ID:CfUQsyQF
横レス失礼

>議員と官僚


奴らは日本経済を良くしようなんて全く考えてないでしょ。

106 :( ´∀`):02/10/06 17:45 ID:zWNyKDn/
>>104
自民党議員って誰のことを指してるのかな?
議員はバカでもなれるからなぁ。

ボクは官僚で、「グローバル経済だから時代が
変わってケインズは無意味になった」
なーんて知能障害みたいなこと言ってる人は
見たことないですよ。大学のサークルの先輩に
キャリアになった人何人もいるけど。

で、教えて厨でばかりいないで、対案は?
それと、インドはもういいんですか?(w

107 :朝まで名無しさん:02/10/06 17:46 ID:IqEixY2t
>>102
だから、大蔵省から金融政策を外した訳ね。
他の欧米諸国も財政監督部門と金融政策部門を分けているのかね。
あれ、そもそもケインズ政策は本来は財政と金融政策が一体化しているんじゃ無かったけ?

108 :( ´∀`):02/10/06 17:48 ID:zWNyKDn/
>>107
ケインズ政策ってのを体系立てのはヒックス卿だけど、
財政政策と金融政策を別々の関数で表してます。
だから金融政策もケインズ政策の範囲内です。

109 :( ´∀`):02/10/06 17:49 ID:zWNyKDn/
別別の関数ってのはどういうことかというと、
財政政策を打たなくても金融政策で十分
経済は運営できるってーことです。
一体化ってのはそういうことです。

110 :朝まで名無しさん:02/10/06 17:50 ID:qrSgkp5O
金融政策でなんとかなるのか?不景気は?

111 :朝まで名無しさん:02/10/06 17:50 ID:IqEixY2t
>>99 >>100
私よりも経済通のID:zWNyKDn/様、
それで、インフレとして何の価格が上昇するのですか?
それって単なる不良債権を国債を介して政府が買い取る事ですか?
それをインフレターゲットと呼ぶのですか?


112 :( ´∀`):02/10/06 17:52 ID:zWNyKDn/
>>111
何の価格って、CPIですよ。

そもそもアナタは、インフレターゲットってどういうことか
知らないで反対し、ケインズ政策がどういう政策かも知らないで
役立たずだと言い、植民地の機能も知らないで19世紀のインドと
中国は全然違うなんて言ってんですか?

悪いですけど、そんな低脳でよく社会人やってますね。

113 :( ´∀`):02/10/06 17:54 ID:zWNyKDn/
それと、

>それって単なる不良債権を国債を介して政府が買い取る事ですか?
>それをインフレターゲットと呼ぶのですか?

アンタ人の話聞いてますかー?

114 :( ´∀`):02/10/06 17:58 ID:zWNyKDn/
うーん、レス遅いっすねぇ。

そろそろメシなので、質問はまとめて書いておいて下さい。
そのうちヒマなときにレスします。
もっと早く質問に答えて欲しきゃ、経済板に行って
「インフレターゲット支持こそ経済学の本流」スレで
ボコボコにされてきてください。以上。

115 :朝まで名無しさん:02/10/06 17:59 ID:IqEixY2t
>>112
>悪いですけど、そんな低脳でよく社会人やってますね。
それが日本国民の大半ですよ。日本のみならず、地球人類の大半ですよ。
真のエリートとは複雑な事象を無知な大衆に分り易く説明した上で
相手を怒らせずに冷静に説得出来る人間の事です、
貴方とは全く正反対ですよ(冷笑)
ま〜、世の中には、無知である事の発覚を恐れて怒るエセインテリも居ますがね。
しょせん、経済学は、仮説だらけの学問、創世記にある若い学問。
それを完成された学問だと信じ込む自体変だよ。

116 :朝まで名無しさん:02/10/06 18:03 ID:IqEixY2t
>>114
>そろそろメシなので、
どうぞ、貴方が居無い間に幼稚な勝利宣言はしませんから、
安心してメシの為に回線切って下さい。私もメシですから。
何せ、ここは、匿名の掲示板。御苦労様、ID:zWNyKDn/さん。


117 :( ´∀`):02/10/06 18:06 ID:zWNyKDn/
ふぅ。教えて厨の分際で何をカンチガイしてんだか。

そもそも、本当のことを知りたきゃ自分で勉強しろよ。
何の義理もないバカに対してわざわざ教えてやるのは
けっこう苦痛なんだぜ。大体お前は2ちゃんなんかに
何を期待してるんだっての。

で、最後は負け惜しみに、勉強したこともない学問を
役立たずと決め付けるとはね。そういうのを
負け犬の遠吠えってゆーんだよ。
そういうことは勉強してから言いなさい。見苦しい。

118 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/06 18:24 ID:5tLwbGIu
此処まで読んだ...痛い。

119 :There is no stupid question:02/10/06 19:12 ID:AZjy4aZK
>ID:IqEixY2t

悪いのはあなたではなくあなたにトンデモ経済理論を信じ込ませた
似非エコノミストです。ID:zWNyKDn/さんは結構丁寧に説明してくれて
ますよ。(口調は荒いけど)
もっと詳しく知りたければ、野口旭という経済学者が書いた本がお勧め
です。『経済学を知らないエコノミストたち』『間違いだらけの経済論』
『経済対立は誰が起こすのか』などがあります。

120 :朝まで名無しさん:02/10/06 19:30 ID:43CJY2li
政府が、物やサービスの価格を毎月0.3%ずつ値上げするようにという命令を出
し、それが実行されて年率3%の物価上昇が起きたとして、本当に景気が良く
なるのでしょうか?

121 :朝まで名無しさん:02/10/06 19:40 ID:MykGPdmD
IqEixY2tは終わってるな。
117氏に心底同情するよ。

122 :朝まで名無しさん:02/10/06 19:43 ID:t3PkRkM6
ひと段落ついたところで、再度質問。
金融政策でなんとかなるのか?不景気は。


123 :朝まで名無しさん:02/10/06 19:44 ID:jnoU9k+J
突然だが、現在の貨幣流通量は適切なんだろうか?

124 :朝まで名無しさん:02/10/06 19:55 ID:vrEMRsL9
なんかへんだなー、日銀の国債の買いオペとか売りオペとかバブル前から
聞いていた。だから為替介入と同じように「普通にやってる」ものと思って
いたのだが。今までそうでなかったのかな?

125 :朝まで名無しさん:02/10/06 19:55 ID:MykGPdmD
>>122
もうちっと考えて質問しろ。ハゲ。

126 :朝まで名無しさん:02/10/06 20:00 ID:t3PkRkM6
お前はハゲなんだろうが、俺はハゲてないので
心配するな。
しかも、バカなお前には尋ねていないので
これ以上ハゲになる必要もない。
それも心配するな

127 :朝まで名無しさん:02/10/06 20:10 ID:AxDNpfYR
>>122
不景気の原因は需要不足。インフレターゲットを導入すれば
需要が増えるので景気は回復します。

>>124
オペレーションと直接引き受けは別のものです。既発債を買うのが
買いオペ。新発債を買うのが直接引き受けです。

128 :朝まで名無しさん:02/10/06 20:31 ID:MykGPdmD
オペレーションと直接引き受けの違いって
財政にまわるかまわらないかの違いと受け取っていいんでしょうか?

129 :朝まで名無しさん:02/10/06 20:36 ID:YeC0OnG7
>>128
引き受け=日銀が政府にお金を渡す。

買いオペ=日銀が銀行にお金を渡す。

130 :朝まで名無しさん:02/10/06 20:41 ID:MiQpQ2Ow
でインフレターゲット論では日銀引き受けすべしというのが主張の核
なのでしょうか?

131 :朝まで名無しさん:02/10/06 20:42 ID:AxDNpfYR
>>128
ですね。

132 :朝まで名無しさん:02/10/06 20:44 ID:MykGPdmD
>>129
サンクス。
続けて質問申し訳ないんですが、
オペではなく引き受けなのは、銀行に渡すよりは
政府にまわした方がましだからということでOK?

133 :朝まで名無しさん:02/10/06 20:48 ID:AxDNpfYR
>>130
必ずしも直接引き受けだけが手段ではありませんし、主張の核は
「なにがなんでも何%のインフレにします」と宣言して、実行する
ことにあるんですが、まあ「日銀引き受けすべし」でも問題ないと
思います。

134 :朝まで名無しさん:02/10/06 20:58 ID:SpKbvSqi
日銀は何を怖がってインフレターゲットを導入しないんですか?

135 :朝まで名無しさん:02/10/06 20:59 ID:YeC0OnG7
>>132
今、銀行にお金を渡しても国債ばっかり買うので
貸し出しが増えなくて市場にお金が出回らない。

じゃあ、政府に渡して公共事業でも何でもやって市場にお金を回そう
って事。

136 :朝まで名無しさん:02/10/06 21:01 ID:G3jkXBey
ちゃんとターゲッティングできるの?

137 :朝まで名無しさん:02/10/06 21:06 ID:57NA9RUW
>>135
公共事業やったからって景気回復するわけじゃないんでしょ

138 :朝まで名無しさん:02/10/06 21:07 ID:YeC0OnG7
>>134
想像だが

1、政策決定者がいなくて議論に明け暮れている
2、物価を抑えることしかしてこなかったので、怖い
3、責任を取るのがいやだ
4、うまくいってしまったら構造改革が出来ないじゃないか
5、デフレなら職員の実質所得が上がる
6、成功したら今までの政策が失敗と言うことになり自分の立場がまずい。

>>136
他の国ではうまく行ってるのだが。

139 :朝まで名無しさん:02/10/06 21:10 ID:6aW5ebL5
まず速水っちに引退してもらわないと

140 :朝まで名無しさん:02/10/06 21:11 ID:MykGPdmD
>>135
サンクス。
日銀の機能がいまいちわからないってことでぐぐってました。
お金が足りないなら刷れ
http://homepage2.nifty.com/niwaharuki/ono-1.doc
以下コピペ
----
おカネを増やす方法(土地本位制から離脱する方法)
〈第一案〉政府貨幣発行
  1000兆円硬貨(又は紙幣)を1つ作り、日銀に持ち込んで国庫に入金する。これを財源にして、国民に配布したり、減税したり、日本の将来を担う産業の育成を行ったりする。
[この案に対する批判]
1.IMFが許さないだろう。
しかしIMF も日本の景気回復を願っているし、それにより利益をうる。
IMFも日本に日銀の国債引受によって景気回復をさせよと言っている。
2.金融政策は中央銀行が行うべきもの
しかし中央銀行の機能がマヒしたら、政府が機能回復を行うべきである。
3.政府に貨幣発行を許したら、歯止めが掛からなくなってインフレになる。
しかし議会制民主主義の現在の日本において、インフレ経済に導くような政府は嫌われ、選挙で敗北する。
4.タダでお金を貰ったら人は働かなくなる。
しかし一年間暮らしていけるほど、配るわけではない。減税や産業育成事業等を併用すべきかもしれない。

〈第二案〉国債の日銀引受
額面1千兆円の無利子無期限の国債を一枚発行し、日銀に引き受けてもらい、国庫に入金してもらう。
→ 国会の承認が必要
〈第三案〉日銀が国民に向けて無利子・無期限の「融資」を行う。銀行や国民金融公庫が窓口になる。例えば50兆円の規模で均等に。
〈第四案〉経済が正常化するまで、政府が日銀を吸収する。
あるいは、政府と日銀は一体である(統合政府)と考える。
政府が国債を発行して銀行に売る。それを買いオペで回収する。 → 政府貨幣を発行したのと全く同じ。



141 :朝まで名無しさん:02/10/06 21:14 ID:AxDNpfYR
>>132
資金需要がないから銀行にお金を渡しても市中に出回らない。
政府に渡せば、政府は公共事業等によって強制的に資金需要を
作り出すことができるので、市中にお金がまわる、ということ
です。

>>136
イギリスとニュージランドで成功しています。両国が採用した
のは、インフレ防止だけでなく、デフレ防止のための下限つき
ターゲティングです。
インフレが止められなくなるというのは巨額の対外債務を抱えた
国の話ですから、日本では心配ありません。金利はいくらでも
上げられるんですから。

>>137
公共事業による需要創出効果を狙っているわけではなくて、
あくまでインフレを起こすための手段ですね。

142 :朝まで名無しさん:02/10/06 21:20 ID:AxDNpfYR
>>140
そのページはちょっとあぶないですね、、、

143 :朝まで名無しさん:02/10/06 21:29 ID:x9lBLvib
新紙幣発行時になにか動きがあるんでないか・・・・


と、思ってみたりする。

144 :朝まで名無しさん:02/10/06 21:33 ID:DCuZc5/h
でもなんだかなあ。
あのバブルの時すら、せいぜい「新規赤字国債発行ゼロ」だったわけだよね。
がんがん償還したわけではなかった。
要するに狙い通りのレベルが実現、ほどほどの景気水準に戻ったとして
さあ返済しましょうか、となるのかどうか?
パニックよりはマシだろうが、赤字残高は他の国とぜんぜん違う。

145 :朝まで名無しさん:02/10/06 21:38 ID:XtcfbhQ+
インフレターゲットだなんて結果を恐れぬ議論だな・・
放っといてもどうせ何時かはインフレだけど

146 :朝まで名無しさん:02/10/06 21:46 ID:Hkt0jiJC
>>144
返済するなんてことにはならないよ。
今後景気が回復しても赤字国債は発行しなけりゃならん。


147 :朝まで名無しさん:02/10/06 21:47 ID:YeC0OnG7
>>144
名目成長率>利率
なら、対GDP比で減り続けるでしょ。
残高600兆 GDP1000兆なら今より安心でしょ。

>>145
放っておいても、とは工場がつぶれまくって失業者は餓死し、外貨準備は食いつぶし
物がほしくても手に入らなくなって、そしてインフレと言うことですか。

148 :朝まで名無しさん:02/10/06 21:54 ID:AxDNpfYR
>>144
がんがん償還する必要はないです。

>>145
ハイパーインフレになるっていうのは、巨額の対外債務を抱えた国の
話なんですよ。それと戦争やなんかで供給能力が不足している場合。
どちらも今の日本には当てはまらない話です。
ちなみにハイパーインフレとは前月比50%以上のインフレのことで、
年率に換算すると約13000%です。年2〜3%のインフレを目指すインフレ
ターゲットとは桁が違います。13000%のインフレになるまで金利を
上げないなんてことは有り得ませんから、心配は無用なのです。

149 :朝まで名無しさん:02/10/06 21:58 ID:MykGPdmD
>>142
すみません。どのへんがあぶないかもこっそりと教えていただけないでしょうか

150 :朝まで名無しさん:02/10/06 22:12 ID:AxDNpfYR
>>149
http://homepage2.nifty.com/niwaharuki/

ここですよね。うーん、、なんとも「あやしい」としか、、
インフレターゲットも理解されてないようですし、全般的に
アレな感じですね、、


151 :朝まで名無しさん:02/10/06 22:23 ID:cxH9cbMV
バブル崩壊後、ここ十年間に渡って、ケインズ政策の教科書に従って、
何百兆円もの税金や財政投融資などの公的資金を公共事業に注ぎ込んでも、
日本の金融システムなどの日本経済はちっとも再生し無かった。
ちなみに、財政投融資は将来の増税。
未だに誰一人も“ノーベル経済学賞”を受賞して居無い日本の大学の経済学部卒よりも
欧米から優れた真の経済学者数人を日本政府の経済閣僚としてスカートした方が
良いでしょうな、日産のゴーンみたいな感じで。
おって、忘れていた、日本の官僚の大半は東大法学部卒。
経済政策を担当する官僚の大半は、経済学部卒では無く、法学部卒なのだろうか。

152 :朝まで名無しさん:02/10/06 22:26 ID:VqJtTEhc
竹中金融相、日銀総裁にインフレターゲット導入を要請
http://www.asahi.com/business/update/1006/001.html

153 :朝まで名無しさん:02/10/06 22:27 ID:YeC0OnG7
>>151
大賛成。間違いなくインフレターゲットを始めますな。
だって私の書き込みって海外の偉い学者さんの受け売りだから。

ちなみに国債引受は将来の増税にあんまりつながらない。

154 :朝まで名無しさん:02/10/06 22:31 ID:VqJtTEhc
>>151
海外に経済閣僚を広く公募したら、名乗り出る筆頭候補はクルーグマンと見た。
あいつ目立ちたがり屋だし。

155 :朝まで名無しさん:02/10/06 22:33 ID:cxH9cbMV
>>153
もし政策として実行するならば、
インフレターゲットのインフレを別の言葉で置き換えた方が良いです。
賃上げ上昇率よりも生活必需品の価格が急騰すると
大衆と大衆迎合政治家達は信じ込んで猛反対致します。

156 :朝まで名無しさん:02/10/06 22:44 ID:MykGPdmD
>>150
見るからに確かにあやしいそちらのページはチェックしてなかったですw
こっちのページ見てました
http://www.tek.jp/p/

157 :朝まで名無しさん:02/10/06 23:24 ID:wBDtwV6f
インフレターゲットとは、結果的に自国の通貨“円”の価値を下げる事、
もっとより一層に円安にすると言う事ですか?
エネルギー資源と食料の自給自足が不可能で輸入に依存している日本で、
インフレターゲットを実行した結果で自国の通貨の価値が下落して
円安が加速すれば、国内の食料品や石油製品などの生活必需品の価格が暴騰する、
と言った地獄のシナリオはあり得るのですか?

158 :朝まで名無しさん:02/10/06 23:37 ID:CfUQsyQF
>>157
あり得ません。インフレに振れればそれだけで円高要因になりますし、
インタゲで円が安くなったとしても輸出が増加し円高圧力が高まります。
過度な円安にはなりません。よって生活必需品が暴騰することはありません。

159 :朝まで名無しさん:02/10/06 23:38 ID:UMMXHdkP
>>157
ないっす。
円安は輸出に有利っす。
また、いまは過当競争下にあるので輸入価格上昇が物価に反映されにくいです。
マクドナルドが円安でも値下げ攻勢をかけたのは、そういう理由です。
価格が上がるのは過当競争がなくなってから、需要がそれだけ増えてからです。
つまり価格が上がる頃には所得も増えて、59円のハンバーガーじゃなく
2000円のうな重を食べてます。

160 :朝まで名無しさん:02/10/06 23:53 ID:T9qvDDIZ
>>157
かならず円高になります。木偶の坊じゃないんだから。







161 :朝まで名無しさん:02/10/07 00:10 ID:xxMKfTLC
と言うよりも、わざと景気回復を遅らして国民の憤懣を構造改革に
向けるようにしむける、ついでにナショナリズムを煽って・・・



162 :朝まで名無しさん:02/10/07 00:30 ID:n+2dkKBv
>>152
ニュース議論のこのスレでこの話題が発表から一日たってもほとんど触れないのはなぜだろう

163 :朝まで名無しさん:02/10/07 00:40 ID:e5u0YILe
>>162
不良債権処理なんて強烈なデフレ政策を強行するやつの言葉なんて
信用できない。
というより、竹中はデフレ政策しているのに日銀にインフレにしろ
とは如何に?

164 :朝まで名無しさん:02/10/07 00:43 ID:ya4s6GFa
よく分からないけど、日銀がウンと言わなかったからでないの。>>162

165 :朝まで名無しさん:02/10/07 00:43 ID:n+2dkKBv
>>163
意見が出てきて結構結構。

私見的には竹中はデフレ政策であろうと不良債権処理を主張しなければ自分が政策立案者の立場にいらんないし
デフレ政策だとわかっているから、片方でインフレ政策を取らせたいんだろう
政治的な問題と経済的な問題の妥協だと思っている。


166 :朝まで名無しさん:02/10/07 00:55 ID:e5u0YILe
>>165
それで日銀が納得しますかね。

それに政府が協力してリフレしないとインタゲも無意味でしょう。
日銀が金を出しても結局デフレ期待から貯蓄や国債へ流れてしまうのでは。


167 :朝まで名無しさん:02/10/07 01:00 ID:n+2dkKBv
>>166
日銀が納得するかどうかはともかく竹中の立場じゃそうするしかないんじゃない?
小泉の立場だったら別かもしれんが

竹中が小泉に「日銀と歩調をあわせて不良債権処理なんかやめて財政拡大しましょう」といったところで
自分が首になるだけでしょう。


168 :朝まで名無しさん:02/10/07 01:01 ID:V5PdltQU
しかし、なかなか結果を出すのは難しかろうな。

プロジェクトチームに木村なんて厄介なのもいるわけだし

169 :朝まで名無しさん:02/10/07 01:09 ID:e5u0YILe
>>167
小泉首相は支持率命で経済なんて良く知らないのだから、
「首相、こうすれば景気回復ですよ、支持率うなぎ上り」
といえば説得できそうなものだけど。

それすらしないのは竹中は学者としての良心を売り渡したとしか思えない。

170 :朝まで名無しさん:02/10/07 01:18 ID:n+2dkKBv
>>169
マスコミがさんざん銀行の問題と公共事業のネガティブキャンペーンを張り続けて
その上に小泉が乗っかってきたのに竹中ごときでそれを覆せるとは思えないな。

景気が回復する前にマスコミが説明責任をもとめて騒ぎ出すのは目に見えているからね。
それにその問題を調整してくれるんなら竹中が学者の良心売り渡そうが私はいいと思うよ。


171 :朝まで名無しさん:02/10/07 01:28 ID:e5u0YILe
>>170
でもさ、世論調査じゃ、小泉内閣で景気は回復すると思いますか?
の問いにNOがほとんどだよ。世論は改革に懐疑的だよ。
テレビに出て15分も語れば説得できるだろ。
インタゲ論なんて思いっきりわかり易い、

需要が足りない>お金を増やして需要を増やす>インフレ期待が生まれて資産価格UP>景気回復

それで、今まで間違ってましたごめんなさい、と潔く謝ってほしい。
これから樹海行きになる人が救われるんだからやれ。
竹中は今までいっぱい稼いだんだから失脚しても生きていけるじゃん。
このまま大臣つづけた方が命が危ないんじゃないの?暗殺されそう。


172 :朝まで名無しさん:02/10/07 01:36 ID:n+2dkKBv
>>171
それでも支持率が高いんだわ、小泉政権の。
それにもともと経済的な支持がおっこったのは構造改革をさっさとしないからだという論調。
改革そのものについての懐疑はまだ深まってないのよ。

で、謝ってそのまますむんだったら誰でも謝るだろうが
謝ったらマスコミが追い討ちかけたがるだろうからだれも破局までは保身を優先する

まあ竹中が稼いだ金額については興味ないので勝手にしてくれ

173 :朝まで名無しさん:02/10/07 01:41 ID:e5u0YILe
うーん。
やはり日経を筆頭とするマスコミに問題ありか。
しかしエリートサラリーマンの記者より2chのほうが
まともなことを言うとは、もうだめぽ。

評論家さんの保身のために日本は破綻しなくてはいけないのでしょうか。


174 :朝まで名無しさん:02/10/07 01:48 ID:n+2dkKBv
>>173
評論家の保身というより
感情的なワイドショー根性で政策への支持が判断されるような状況が改善されない限り難しいでしょうな。

公共事業だって財政的な危惧もさることながら
受けがいいのは「一部の人間が利権を売り物にして私服を肥やしている。」てことだからね。
じっさいに公共事業を批判している人の中にそれを経済的に効果があるかないか考えたやつがどれほどいるか

175 :朝まで名無しさん:02/10/07 01:51 ID:e5u0YILe
日本のマスコミやら世論形成やらを考えたら鬱になったので寝ます。
記者なんて匿名なんだから突然論調変えても大丈夫そうなものだけどな。

176 :朝まで名無しさん:02/10/07 06:51 ID:04WVuNx9
>>157
史上類が無い長年の日本国内の異常な超低金利政策への対抗策として
ドル建てやユーロ建ての定期預金や投資信託などの海外の金融商品で
資産運用している人々が急増中です。それは個人のみならず、
年利5.5%の運用を義務付けられている厚生年金組合も然り。
その様な状況で、インフレターゲット実行で円安になれば、
少しでも資産を増やしたいが為に外貨建ての金融商品を増やしたいが故に、
手持ちの円建ての資産を急いでドル建てやユーロ建ての資産へ変換。
つまり、急いで円を売ってドルやユーロを買う人々が急増し、
円安に歯止めが掛らず、円が大暴落するのでしょうか。円の大暴落によって、
自給率が極端に低い故に資源と食料を輸入に依存している日本で、
国内の食料品や石油製品などの生活必需品の価格が暴騰するでしょう。
以上の様な最悪のシナリオが考え得るのです。
経済のグローバル化で、生産拠点が人件費の安い国へ移転しているので
円安による輸出産業の儲けによる経済再生は困難だし。
また経済のグローバル化で、個人が海外の金融商品で資産運用出来る様に成ったし。
時代が変わりましたな。

177 :朝まで名無しさん:02/10/07 06:57 ID:6rgEWju3
>>176
つくづくもう一国国内だけで社会経済が成り立つ時代は
終わったんだなと思うよ。
特に日本は外国と仲良くやっていくしか生き残る道はないと
改めて感じた。


178 :朝まで名無しさん:02/10/07 07:00 ID:mAiOosx8
インフレを前提とした経済学がそもそも間違っている。
経済成長率が頭打ちの現在ではインフレ・デフレにかかわらず、時間経過によって貨幣の価値が変動することを防ぐべき。

179 :朝まで名無しさん:02/10/07 07:17 ID:eDcqR4QQ
そういや大学のころに経済学でもデフレって習ったけど、当時デフレの実際例なんて
なかったもんな。新時代ってことで、いままでの常識もいろいろ疑ってみる必要
があるんだろうな

180 :朝まで名無しさん:02/10/07 07:59 ID:CcQDRRpn
柳沢を止めさせて竹中を金融担当相にしたんだ.その時点で
小泉のハラはインフレターゲットに決まったんだろう.
(竹中は割と強力ないんふれたーげっと推進派)


1がニュースを見る目はフシアナかと湖一時間問い詰めたい

181 :朝まで名無しさん:02/10/07 08:04 ID:Dd2lRnlH
とにかく、竹中の話はわかりにくい。

182 :朝まで名無しさん:02/10/07 08:05 ID:1IX5fwst
>そういや大学のころに経済学でもデフレって習ったけど、当時デフレの実際例なんて
なかったもんな

何十年前に大学出たの?

183 :朝まで名無しさん:02/10/07 08:40 ID:t/RZGJjn
>>180
インフレターゲットは財政支出を伴うものなので、緊縮財政派の竹中は
消極的です。首相にインフレターゲットを進言したという話は、多分に
ポーズというか、一種の保険でしょう。それと金融庁は金融機関の監督を
行う役所ですから、インフレターゲットとはあまり関係がありません。

重要なのは次の日銀総裁を誰にするかですが、恐ろしいことに速水と同じ
くらい分かってない田中直毅が有力だと言われています…

184 :朝まで名無しさん:02/10/07 08:44 ID:t/RZGJjn
>>182
恐らくデフレではなく流動性の罠のことを言いたかったのでは。
「モデルからは導出できるけど実際の観測例はない」というのは
流動性の罠に対してよく言われることです。

185 :朝まで名無しさん:02/10/07 08:48 ID:CcQDRRpn
>>183
>インフレターゲットは財政支出を伴うものなので

財政政策と金融政策を混同してないか。
金融政策メインでインフレタゲを狙うのがインフレタゲ派の主張じゃないのか


竹中は10月3日に速水相殺との会談でインフレタゲ政策の採用を
要請したそうだぞ

186 :朝まで名無しさん:02/10/07 09:05 ID:t/RZGJjn
>>185
ややこしいですが、財政政策としての財政支出ではなく金融政策としての
財政支出です。マネーサプライを増やすための手段です。
日銀が国債を直接引き受けるということは、その代金を政府が使うという
ことです。政府がお金を使うことで市中にお金がまわるようになります。

竹中くんはポーズがお上手なので、簡単に信用することはできません。
他の政策との整合性もありませんし、速水の任期も残りわずかですから
本気の交渉ではないでしょう。

187 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/07 10:03 ID:vH84L5zs
NHKトップニュースで株価暴落キターーーーーーーーーーーーーーーーー
アヒャヒャヒャヒャヒャ、皆シヌゾーーーーーーーーーーーーーー!!

188 :朝まで名無しさん:02/10/07 10:11 ID:noy+LEHB
>>183
有力なインフレターゲット派学者の岩田規久男も、財政支出の
拡大には反対、むしろだからこそ金融政策をメインに据えている。
http://www.esri.cao.go.jp/jp/forum1/010301/kicho.html
財政政策の限界
 資産デフレのワナから抜け出すためには、財政支出の拡大には大きな限界がある。
財政支出の拡大は景気循環の後退期の局面で、民間需要が自律的に回復するまでの
間、需要不足を埋めるという「つなぎの役割」しか果たすことはできないからである。
資産デフレのワナから脱出しない限り、民間需要が自律的に回復することは困難で
あり、回復したとしても極めて弱々しいものに止まってしまう。そのため、
財政政策に頼った景気回復政策は、絶えず財政支出を拡大しつづけなければならず、
公債残高の累増をもたらす。これまでのところ、公債残高が累増しても金利が
上昇せず、設備投資が抑制されたり、円高がもたらされたりするといった、
負の公債残高効果は働いていない。しかし、公債残高の累増は人々に将来の増税を
予想させることにより、すでに家計の消費を抑制し、財政支出拡大効果をかなりの
程度相殺していると考えられる。

189 :朝まで名無しさん:02/10/07 10:54 ID:aI8lnEdI
経済に詳しい人に聞きたいんだけどさあ。
資産デフレつうのは、要するに土地の価値が下がってるということがメインなのかな?
で、それを上がる方向に持っていけば、経済が正常に回り始めると。
それって本当なのかねえ。それは一時的には不良債権処理が進むだろうけど、その先
も土地の値段を上げつづけることってできないでしょう。これから人口は減少に転じる
わけだし、大量の土地を必要とする生産現場は海外に移転しちゃってるし。
土地の値段が上がりつづけることを前提にした経済構造そのものを転換するべきなん
じゃないかねえ。
と、シロウト的には考えるわけだが。

190 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/07 11:15 ID:vH84L5zs
諸君!腹抱えて笑え!朝日フライングか!!!!!!!!
平蔵が嘘付いたか?速水がボケたか???

159 名前:くたばれ速水 ◆LYNKFR8PTk :02/10/07 11:12
「竹中担当相が物価目標導入要請」との事実はない=一部報道で日銀
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021007-00000053-reu-bus_all

殺すなら、速水を殺せ。




191 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/07 11:18 ID:vH84L5zs
「(目標実現の)手段がないなかで、導入は不可能だし、不適切だ。従来からの、この日銀の考え方に変わりはない」と述べた。

 中央銀行に一定の物価上昇を目指した金融政策を義務づけるインフレターゲットは、一段の金融緩和手法として、先の通常国会でも議論された。

 日銀は一貫して否定してきたが、塩川財務相も6日、民放テレビ番組で「インフレターゲットを設けても、(実質的な効果を上げるのは)難しい」と述べ、否定的な発言をしている。


192 :朝まで名無しさん:02/10/07 11:19 ID:t/RZGJjn
>>188
ええ、ですから財政政策としての財政支出ではなく金融政策の
手段としての財政支出です。財政支出による乗数効果で景気を
回復させようとしているわけではありません。岩田規久男さんは
買い切りオペの増額を主張されているようなので、国債の直接
引き受けとは違って財政支出を伴わないようですが、目指す効果
は同じものです。

>>189
「資産デフレ」というのは銀行や企業のバランスシート上の問題
を指す用語でして、経済全体で問題になるのは「デフレ」です。
土地だけでなく物の値段全体が下がることが問題なんです。

193 :朝まで名無しさん:02/10/07 11:25 ID:zPmvldSz
また朝日か、文責をとって欲しいもんだ
株価変動の損失はどのくらいの賠償額になるのかしらんが、売国奴を潰すには充分だろうよ

194 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/07 11:38 ID:vH84L5zs
>>193
激しく同意。
これは洒落にならないフライング。

195 :朝まで名無しさん:02/10/07 12:08 ID:aI8lnEdI
>>192
いやその、インフレターゲットを主張する人の中には、各銀行・企業のバラ
ンスシートの改善こそが最優先で、中でも土地資産の値下がりが問題だから、
という主張の人がいるでしょう。
土地の値上がりなんて、一時的には誘導できるかもしれないが、新たな土地
需要がない限り、持続的には値上がりしないよね。そんな一時的なものに
日本経済の体質改善のキモがあるとは、とうてい思えないんだけども。
そのへん、有識者はどう考えてるの。

196 :朝まで名無しさん:02/10/07 12:31 ID:PCboxtCu
>>176
・・・だれもこのキャピタルフライト君に突っ込まないんだね。
君に素敵なことを教えてあげよう 

経常収支+資本収支=0 

キャピタルフライト=貿易黒字激増だ。むしろ大歓迎だ。

>>195
インフレになれば現金所有は損。金持ちや企業は実物資産を買いあさるでしょ。
株や土地はインフレ期待が生まれれば真っ先に値上がりするね。B/Sは改善に向かうね。

インフレにすればB/Sは改善するだろうけど、最大の目的は現金所有にリスクを付けて
需要を喚起することなんだが。

ちなみに俺は有識者じゃないただの学徒。

197 :朝まで名無しさん:02/10/07 12:35 ID:tU03ANqp
また土地の値段あげて、要は資産として土地をこのタイミングで買える層がもうかる
ってことですか?

198 :麻生太郎マンセー:02/10/07 12:35 ID:v73Fl5KV
>>195
土地は擬制資本。
それ自体の需給作用以前に「税」が地価の決定要因になっている。
従って、土地税制は1985年のバブル以前に戻そう。
http://www.chikuhou.or.jp/aso-taro/kamanosato/200207.html


199 :朝まで名無しさん:02/10/07 12:44 ID:t/RZGJjn
>>195
>いやその、インフレターゲットを主張する人の中には、各銀行・企業の
>バランスシートの改善こそが最優先で、中でも土地資産の値下がりが
>問題だから、という主張の人がいるでしょう。

もしいるとすれば、その人はインフレターゲットについて理解して
いませんね。インフレターゲットというのはインフレ期待で消費を
増やそうという政策ですから。そもそも不況の原因はバランスシート
の毀損ではなく需要不足ですから、バランスシートの改善が最優先に
なるという時点でおかしくなります。

バランスシートの改善が必要だと主張しているのはリチャード・クー
ですが、彼はインフレターゲット派ではなかったような気がします。
彼の主張はおかしなものでして、不況の原因はバランスシートの毀損
だといい、バランスシートが毀損した原因は不況だといっています。
完全な循環論なんですね。

200 :朝まで名無しさん:02/10/07 12:49 ID:PCboxtCu
>>197
まあ、インフレになれば貧富の差は広がるだろうけど、
金持ちに余裕が出て投資も増えて、貧乏人に雇用の増加や
給料の底上げといった恩恵があるから、問題ないでしょ。
才能あるやつは成り上がることも出来るし。

デフレでみんな仲良く貧乏になるよりましでしょ。

201 :朝まで名無しさん:02/10/07 12:51 ID:aI8lnEdI
>>196>>198
現金所有がリスクになって需要が喚起される。それによって景気が上向く。
インフレターゲットの言わんとするところは、おおむねこんなところだよね。
しかし、その中心に土地を据えるみたいな言い方の人がいるというのがどう
も納得できないんだけども。
日本は土地本位制みたいな制度を戦後ずっとやってきて、ある段階までは
それが成功してたわけだけども、それに引き戻そうというのには、おいおい
ちょっと待てよ、と思うんだが。土地に対する実需があったから地価も伸び
続けることに裏付けがあったので、これからは、そうはいかないんじゃない
か?インフレ期待で一時的に地価は上がるだろうが、それは一時的なもので、
実需のない価格上昇は、すぐに裏切られると思うのだが。
どーも納得できないのよ。

202 :朝まで名無しさん:02/10/07 12:53 ID:tU03ANqp
そうかな。あんまりそうは思えないな。
正直デフレでもインフレでも収入と支出のイタチごっこになるのは同じで、
インフレだと資本家が先に儲かって、デフレだと資本家が先に損する、という
違いあると思うんだけど?

203 :朝まで名無しさん:02/10/07 12:58 ID:P7g6SV3f
収支に着目しないなら
>>196
>キャピタルフライト=貿易黒字激増だ。むしろ大歓迎だ。

これもヘンだね。
少なくてもインフレターゲット派にとっては。

204 :朝まで名無しさん:02/10/07 13:14 ID:PCboxtCu
>>203
いいじゃん、どうせキャピタルフライトなんか起きないんだし、
普通に円高にいくだろうし。
学部生に過度な期待をしないでおくれ。
>>201
インフレ率と同じくらいの勢いで値上がりするだろうから、現金よりましでしょう。
>>202
そう思うのは、あなたが貧乏人じゃなくて、実は中産階級、せいぜい上級貧乏人だからでしょう。
失業率とか自殺者数の数字を見れば不況は貧乏人直撃だよ。
デフレでも金持ちは資産運用でマッタリ財産増やしますよ。

205 :朝まで名無しさん:02/10/07 13:25 ID:tU03ANqp
>>204
確かにワタクシ=202は上級貧乏人と呼ばれるに相応しいという意味でご明察w
失業の危機はない私ミクロにとってはデフレでも別に問題ないんですよ実際。
変にインフレに転じて支出の伸びが先行する期間が一年とかできるほうがイヤなんで
すけど

関係ないけど失業率はともかく自殺するのは頭おかしいという気がします。
自殺を選んで、破産を選ばないのは
妙なプライドと心中したように思えるのであまり同情を感じないです。

206 :朝まで名無しさん:02/10/07 13:32 ID:t/RZGJjn
>>202
>インフレだと資本家が先に儲かって、デフレだと資本家が先に損する

資本家というのは株式所有者のことを指すのでしょうか。だったら
インフレで得をするのは確かですけど、他の人も同様に得をします
から、資本家だけが先に儲かるということはないですね。デフレも
同じで、資本家だけが損をするわけではありません。
債権を持っている「資産家」ならインフレは損になりますが、他の
資産(例えば土地、株式)などを持っていれば最終的には得になり
ます。基本的にマイルドなインフレで被害を被る人はいないと考えて
いいと思います。みんなにやさしいのがインフレターゲットです。
資産家が不当に儲かるというようなことはないのでご安心を。


207 :朝まで名無しさん:02/10/07 14:16 ID:0Ct4+bs8
日銀、銀行保有株買取の罠について

川口の政経メールマガジン
「日銀、銀行保有株買取の罠

登録は下記から
http://www.mag2.com/m/0000098028.htm

ご意見・感想をお待ちいたします

208 :朝まで名無しさん:02/10/07 16:01 ID:aI8lnEdI
>>199
あ、そうそう。そういうことですよ。聞きたかったのは。
やはりインフレターゲット政策と地価の上昇期待とは、本質的には別ものなんですね。なっとく。

地価の下落→銀行のバランスシートの悪化→貸し渋り、貸しはがし→各企業の投資抑制→不況
というのが、地価を云々する連中の言い分なんだろうが、そもそも有望な投資案件がないのに
銀行の融資がどうのこうのというのは本質をついてないと思う。ひどい貸し渋りは、倒産を増
やすだろうけどね。

本質はやっぱり、消費を増やすこと。そのためには、インフレターゲットも有効だけど、消費者
の将来への不安を軽減すること、企業が活動しやすい環境を整えること、が必要じゃないですか。
あと、銀行の問題で言えば、土地担保にべったり依存しないで、リスクを取ることを憶えること。

209 :朝まで名無しさん:02/10/07 17:34 ID:J0pLBZHy
>>208
>そもそも有望な投資案件がないのに
>銀行の融資がどうのこうのというのは本質をついてないと思う。

その通りだと思います。

>消費者の将来への不安を軽減すること、企業が活動しやすい環境を
>整えること、が必要じゃないですか。

高齢化が避けられない以上、将来不安の軽減策には限界があるだろう
というのが、インフレターゲットが提案された理由のひとつです。
企業が活動しやすい環境を整えるという案については、供給側を強化
することになってしまいますので、景気には逆効果になります。今の
不況の原因は需要不足ですから、供給能力を高めるとデフレがさらに
進むことになります。竹中さんや小泉さんが進めている構造改革とは
まさにこの「供給能力の改善」なんです。どんどんデフレにしよう、
どんどん景気を悪くしようと言っているわけで、正気の沙汰とは思え
ません。「景気悪化は一時的」というのも全く根拠レスです。

210 :朝まで名無しさん:02/10/07 18:10 ID:aI8lnEdI
>>209
竹中のおっさんの言うことは別にして、漏れの言ってるのは、供給を増やせ、
ということではなくて、新たな需要を喚起できる新商品・新サービスの登場
を促進すべく、様々な規制を撤廃しろ、つうことです。
需要不足の原因のひとつは、欲しい物・サービスが無いということだから、
それを企業が提供できるように、環境を整えることが大切じゃないかと。
もっと言えば、それができる新たな企業の勃興を促進して、老化した大企業
を淘汰すべきじゃないかと。日本の多くの大企業が創業50年を超えていて、
若さを失っているし、効率もよくない。(日本のホワイトカラーの生産性は、
バブル時代ですら米国のそれを大きく下回っていた。と、どこかで読んだ。)
これらを淘汰して、日本経済全体の効率を高めましょうと。

211 :朝まで名無しさん:02/10/07 18:13 ID:kAgLSiIp
>1
>インフレにすれば、デフレも脱却できて景気も回復するってわかって

バカのオマエっきゃ、分かってねーんだ!
インフレ不況はかつて長い間日米欧で頭痛の種だった、stagflation!!


212 :朝まで名無しさん:02/10/07 18:29 ID:9oUnsClJ
>>210
携帯電話等が好例ですが、仮に新たな需要が生まれたとしても
デフレ下では、それを消費者が購入する事によって、どこかで節約をしてしまうんです。
(そしてそれこそが好況時と不況時のもっとも顕著な差なのですが)


213 :朝まで名無しさん:02/10/07 19:26 ID:J0pLBZHy
>>210
>需要不足の原因のひとつは、欲しい物・サービスが無いということ

これはデフレについてのよくある勘違いです。>>212さんが既に指摘
されているようですが、需要全体が落ち込んでいるということは、
個々の商品の魅力に問題があるわけではなく、パイ全体が縮小して
いるということです。したがって、新たに魅力的な商品が登場したと
しても、代りに他の消費が減らされてしまうだけで、全体としての
消費は増えません。

>もっと言えば、それができる新たな企業の勃興を促進して、

デフレ下で起業は無理です。私は個人的に資金繰りに苦労している
ベンチャーの人をたくさん知っています。新規産業が生まれてくる
のは景気が安定した時期です。収益の低下した大企業を淘汰しても
代りになる若い企業は現れません。

>これらを淘汰して、日本経済全体の効率を高めましょうと。

効率が悪いから不況になっているわけではありませんし、不況期に
効率を高めることは不可能です。新規産業は育たず、研究予算は
削られる一方ですから。
それに人を切って効率的になるのは企業だけです。日本全体では
失業者を抱えることになります。

214 :朝まで名無しさん:02/10/07 19:36 ID:J0pLBZHy
>>211
今の日本でスタグフレーションが起こることはありません。

1970年代にアメリカやヨーロッパでスタグフレーションが進んだ
原因は、労働組合の過剰な要求による賃金の(生産性向上を超えた)
上昇です。当時アメリカやイギリスの労働組合は大変強力でした。
今の日本の労働組合にそのような影響力はありませんから、スタグ
フレーションが起こることはないのです。

215 :朝まで名無しさん:02/10/07 19:39 ID:9oUnsClJ
ただ、フォローを入れておくならば、
>>210さんも決して間違った事を言ってる訳じゃないんです。
本来ならそれが経済成長にも繋がるし、「国際競争力」とやらの向上な訳ですから。
ただ、現状はそれ以前の問題なんですね。
規制緩和も良いんです。老化した企業が倒産するのも結構なんです。

ただ、今はそれがデフレ圧力に繋がる。まったくけったいな事になってるんです。

216 :段造:02/10/07 19:45 ID:eotYHkNh
>>212-215

なるほど。よく解かりました。サンクスです。


217 :朝まで名無しさん:02/10/07 19:47 ID:J0pLBZHy
>>215
そう、私も再度確認しておきますと、供給能力の改善が必要ないということ
ではないんです。今やってはだめだというだけの話です。

218 :朝まで名無しさん:02/10/07 21:34 ID:aG8OIl70
わかってくれると嬉しいですね、でもねその考えも捨てなくて良いんだ。いつかきっとそれが、
日本の糧になるわけだからね。だいたいね、こういうマクロな事象をね、現場の人間やらが
心配しなきゃいけないのがどこかおかしいんだ。それぞれの仕事をどう成功させるか、って
のが人の本分な訳だからね。

まあ、こっから先は60過ぎの爺の戯言と思って聞き流してくれたら良いんだけどね
経済音痴な総理だのね、もうろくした大蔵大臣やらね、風見鶏なブレインやらね
あと、不良債権のチームの木村剛、私はこれが大嫌いなんですけども。
まあ、頼りないのが揃ってる訳だけどね、それでも私は日本の景気回復を確信しとるんですね。
欧米のバブル崩壊ってのが一つの転機になると私は思うんだけどね
もう日本は前に進むしかないんですよ、実はインフレターゲットって最初は私も
何の事かわからなかったんだけどね、横文字ですから。まあ、要は物価の安定化だったんだけど。
あの風見鶏は一応その辺はわかってるようだ。わかってなきゃ困るんだけども。
でもね、アメリカには後がない、でも日本には後がある。これは大きいですよ。
ジャパン・アズ・ナンバーワンとか言われてたんだけどね、
私は、今度はジャパン・イズ・ナンバーワンなんて呼ばれる日が来るんじゃないかと
そう夢見てるんですね、いや、これは流してくれて結構なんですけどね。
いや、でも絶対そうなりますね

219 :朝まで名無しさん:02/10/07 21:35 ID:aG8OIl70
私らが若いときはね、こういう話を部屋で酒飲みながらやってたわけです。
でもね、ここでは顔は見えないけど、素面で徹底的に討論できる。
ちょっと調べれば大蔵省の数字が見れるわけで、それに基づいて討論できる、これは進歩ですよ。
2ちゃんねるはね、下品なんて言われてるけどね、私らも下品だったわけで、その辺はそんなに変わっちゃ
いないんですよ。だからこういう事はどんどんやれば良いんですよ、どんどん。
本物がすぐわかるんですからね、ニューエコノミストなんてね、信じちゃいけませんよ。あいつら馬鹿ですからね。
「ケインズは死んだ」なんてね、あいつら後世の人に笑われますから、あなた達は笑われちゃいけない。
「あいつら足し算も出来ないじゃないか」って。私なら言ってやりますよ。

今日はね、2ちゃんねるのいろんな所を見せていただいたわけで、最初はね、なんだコイツラと
思ってたわけですがね。でも見てる内に、面白いじゃねぇかと、若いのに痛快な事言ってくれるん
ですね。ちゃんと計算できる人がいる、若いのに。こりゃあ嬉しいですよ。
だいたい今の40代とかね、まあ30代は一概に言えないんですけどアホが多いですよ。
マスコミの言う事本気にしちゃってる。まあ今日は寝ますけどね。酒飲んじゃってね。
久しぶりに面白いもの見ましたよ。いやぁ、よかった。

220 :朝まで名無しさん:02/10/07 21:39 ID:wATblpWP
酔ッパライキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

221 :朝まで名無しさん:02/10/07 21:42 ID:g8ERJ7o9
60過ぎの爺さんから、景気回復宣言が飛び出しますた。


222 :朝まで名無しさん:02/10/07 21:46 ID:2Xlv2YA5
激ワロタ

223 :朝まで名無しさん:02/10/07 21:51 ID:2Xlv2YA5
電波爺ですな

224 :朝まで名無しさん:02/10/07 22:01 ID:6HWGlQ4u
爺さんイイ!!

225 :朝まで名無しさん:02/10/07 22:06 ID:J0pLBZHy
60歳過ぎてパソコンやってBBSに書き込んでるってすごい。

226 :朝まで名無しさん:02/10/07 22:09 ID:qQ4OamIh
そりゃ若いやつはものは知らんでもパソコンは使えるもん。
歳食ったやつは、ものは知っていてもパソコン使えない人が多いだけ。
パソコンなんて一般人にしてみれば文房具なんだから、
たいしたことじゃないのにね。

227 : :02/10/07 22:19 ID:5eD8cG7u
インフレターゲット支持こそ経済学の本流 その28
http://money.2ch.net/test/read.cgi/eco/1033878368/l50

竹中金融相、日銀総裁にインフレターゲット導入を要請
http://www.asahi.com/business/update/1006/001.html


228 :朝まで名無しさん:02/10/07 22:22 ID:N2j0hbGr
レフレクター・ビットが、どうしたって?

229 :朝まで名無しさん:02/10/07 22:26 ID:TqosjapJ
ちとこの株価は企業業績の実情にあわない下がり方じゃねーの?
株やっている人の心理ってよく分からんけど
雰囲気で流され過ぎなのでは?
どう見ても企業は一部とはいえ息を吹き返しつつあるように思えるのだが。

230 :朝まで名無しさん:02/10/07 22:45 ID:gx7dAhRl
"ライオン宰相"の異名をとり、国民から絶大な人気を得るも、
緊縮財政を徹底させて昭和の大恐慌を引き起こした浜口雄幸総理大臣。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/7553/keikoku.html#0802
小泉も全く同じ道を辿りつつあるな。

231 :朝まで名無しさん:02/10/07 23:43 ID:K7TwgsNL
特定の金融機関と土建屋の救済目的のインフレターゲットは、
事実上の輸入大国の日本にとって劇薬ではないでしょうか。
日本はエネルギー資源や鉱物資源や食料品は自給自足出来ず、
ましてや工業製品の部品までもが。
パソコンさえも全ての部品が日本国内で製造されている訳ではありません。
ウィンドウズなどのソフトウェアの大半も、或る意味、米国から輸入品です。
インフレターゲットを実行した結果により自国の通貨の価値が下落して
円安が加速すれば、国内で、食料品や石油製品などの各種生活必需品の価格が、
さらにパソコンなどの各種商品の価格までもが暴騰する危険性が。
日銀や日本政府内でも慎重論や反対意見があるのは、やはり・・・。
それとも、私の考えすぎなのでしょうかね?

232 :朝まで名無しさん:02/10/07 23:56 ID:K7TwgsNL
>>231
自己訂正です。
>特定の金融機関と土建屋の救済目的のインフレターゲットは、
特定の金融機関と土建屋の救済目的が隠された真の狙いのインフレターゲットは、

233 :朝まで名無しさん:02/10/07 23:59 ID:yxpIdRPP
1ドル200円のころって、そんなにガソリン高かったか?(w

考えすぎというより、残暑に頭やられていると思われ

234 :朝まで名無しさん:02/10/08 02:50 ID:bjrjLppt
>>229
ただ、時価会計導入していると株価の下落が企業業績にも影響する。
だから業績のほうが株価に近づいて鶏と卵の論理になってしまう

235 :朝まで名無しさん:02/10/08 08:11 ID:ZXwmm056
>>231
>特定の金融機関と土建屋の救済目的が隠された

インフレターゲットの目的はインフレ期待によって消費を増やすことです。
消費全体を増やそうという政策なわけですから、特定の金融機関や土建屋
の救済になるということはありません。

インフレターゲットを主張しているのは主に経済学者ですから、銀行や
土建屋のために発言する必要はなく、純粋に理論的な観点から提案して
います。その根拠と思考過程はすべて公開されていますので、隠された
意図を疑われる方には、ご自分で確かめられることをお勧めします。わかり
やすい解説書もたくさんあります。ちなみにこの政策をはじめに提案したの
は海外の学者です。

236 :朝まで名無しさん:02/10/08 08:14 ID:ZXwmm056
>>231
>インフレターゲットを実行した結果により自国の通貨の価値が下落して

インフレターゲットが目指すのは2〜3%のインフレですから、円の価値が
急落するということはありません。

>円安が加速すれば、国内で、食料品や石油製品などの各種生活必需品の
>価格が、さらにパソコンなどの各種商品の価格までもが暴騰する危険性が。

インフレターゲット自体物価を上げようという政策なわけですが、2〜3%の
インフレにするだけですから、暴騰することはありません。

237 :朝まで名無しさん:02/10/08 09:59 ID:N5pfxAM9
土建が息を吹き返すなら結構な事じゃないか。

238 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/08 10:16 ID:YNOeA2QQ
>>237
ttp://www.spc-reit.com/reit.html
土地と言えば此れだろ。
行ってらっさい。

239 :朝まで名無しさん:02/10/08 10:22 ID:N5pfxAM9
いや、小泉は潰すだろうけども。


240 :朝まで名無しさん:02/10/08 12:24 ID:DGQKtZ8U
きのうの210だけど(漏れもしつこいな)、漏れはインフレターゲットは肯定して
いるよ。ただし、それだけで持続的な成長が可能かということに疑問を持っている。
一時的に消費が増えても、潜在的な成長力がなかったら、すぐに息切れしてしまう
でしょと。
そもそも経済成長の源泉は何かというと、発展途上の水準にある経済は別にして、
新たな価値が次々に創造されて、社会に提供され続けることでしょう。そこに効率
的に投資がなされることで、経済が回っていく。価値創造がなければ、投資も行わ
れず、経済成長も起こらない。
というわけで、インフレ誘導と規制緩和とはセットで行われるべきじゃないかと。

241 :朝まで名無しさん:02/10/08 12:43 ID:N5pfxAM9
>>240
それはその通りだと思うぜ

242 :朝まで名無しさん:02/10/08 13:40 ID:ZXwmm056
>>240
インフレターゲットは持続的な成長に貢献しないとお考えでしょうか?
どうも財政政策の効果と混同されているような気がしますが、インフレ
ターゲットの効果は一時的なものではありません。2〜3%のインフレを
維持すれば、消費の落ちこみを継続的に防ぐことができ、新規産業の
成長を助け、資源配分の最適化を促す効果があります。

逆に、規制緩和さえ行えば新たな価値が次々に創造されて、社会に
提供され続ける、とは思えません。既に緩和されている分野や規制が
ない分野にはその効果はありませんし、規制が成長を阻害する主な
要因だとも思いません。もちろんおっしゃりたかったのは規制緩和だけ
ではなく、教育改革や政治改革、税制改革など幅広い分野の改革の
ことだと思いますが、実際に長期の成長を促す改革とはなにかを考え
ますと、細かいアイデアは無数に思いつきますが、確たる自信をもって
成長を支えることができると言える改革はなかなか思い浮かばないの
ではいでしょうか。(将来どの分野が有望かが分かれば、自分で起業
してor株を買って大金持ちになることができます)

243 :朝まで名無しさん:02/10/08 13:41 ID:ZXwmm056
(つづき)
アメリカのような改革を行えばいいという声もありますが、実際の成長率
で比べてみますと、80年代のアメリカの成長率と90年代の成長率では
0.3%しか違いはありません。アメリカと同様の改革を行っても、たった
0.3%の成長しか見こめないということになります。
潜在成長力を高めようという議論には限界があるのではないでしょうか。
もちろん重要なテーマではありますが、個々の主張の価値を判定しに
くいことも確かです。

まとめますと、規制緩和はしなくてもいいといっているわけではなく、
大賛成、でもむずかしいですね、ということです。インフレターゲット派も
規制緩和が必要ないなんていう人はいないと思います。

244 :朝まで名無しさん:02/10/08 14:28 ID:DGQKtZ8U
>>242,243
うーん。ちょっと噛み合っていないような。240は間違ってるけど、でもそうだよ、みたいな。
まずもって、規制緩和さえ行えば、とは誰も言ってないでしょ。セットで、と。
あと、インフレ率を維持すれば、と言っているが、どうやったら維持できる?
新規産業の成長を助け、と言っているが、新規産業が生まれてくるための素地の整備が
無ければ、資源は既存産業に吸収されてしまい、結局は成長に寄与しない。
要するに、インフレターゲットの設定「だけ」では効果は薄くて、他の有効な政策とを
組み合わせることが必要だと。
240と242-243は相反する意見なのかなあ?そうとは思えないんだが。

245 :朝まで名無しさん:02/10/08 15:38 ID:tlzlSTJ8
インフレターゲット論者って自分で買い物をした事が無い“引き篭もり君”達ですか?
と言うのは、インフレターゲットで物価が上昇すれば
→PCの価格やインターネット接続料金や携帯電話の料金も上昇
→IT関連の消費落ち込む→IT産業不振→金融機関によるIT産業への投資が新たな不良債券化!
インフレターゲットで物価が上昇すれば
→ハンバーガーなどの食料品の価格が上昇→食料品の消費が落ち込む
→外食産業不振→金融機関による外食産業への投資が新たなる不良債券化!
インフレターゲットで物価が上昇すれば
→マンションなどの不動産価格が上昇→不動産購入が落ち込む
→不動産業の不振→金融機関に不動産業への融資が新たなる不良債券化!
インフレターゲットで物価が上昇すれば
→国内航空運賃やJRなどの国内交通料金が値上げ
→国内旅行が海外旅行よりも割高になる→国内観光産業が不振
→金融機関によるリゾートなどの国内観光産業への融資が新たなる不良債券化!



246 :朝まで名無しさん:02/10/08 15:39 ID:N5pfxAM9
>>244
その辺は経済板でも意見が分かれていて、議論しています。
俺は結構あんたに同意だけどな。なんかいろいろあるみたい

リフレにする為の経済政策(インフレターゲット)2
http://money.2ch.net/test/read.cgi/eco/1033054410/



247 :朝まで名無しさん:02/10/08 15:39 ID:ZXwmm056
>>244
インフレターゲットを過少評価している一方で、効果が不確かな
産業政策論を評価しすぎている、と言えば分かりますか?

>インフレ率を維持すれば、と言っているが、どうやったら維持できる?

公定歩合操作、オペレーション、国債の直接引受け、準備率操作等で
調整が可能です。オペレーションでは金融緩和はできないという主張に
対してはバーナンキの背理法で反論が可能ですし、それがだめでも
直接引受けなら確実にインフレを起こすことができます。もちろん抑える
こともです。

>新規産業の成長を助け、と言っているが、新規産業が生まれてくる
>ための素地の整備が無ければ、資源は既存産業に吸収されてしまい、
>結局は成長に寄与しない。

簡単におっしゃいますが、なにが新規産業を生み出す素地になるのか
わかりますか?わかったら自分で起業するか株を買うかして大金持ちに
なれますよ。失敗例はいくつもあるんです。第5世代コンピュータ計画とか
Σプロジェクトみたいな旧通産省の夢の跡が。つい最近ではITですか。
すっかり聞かなくなりましたね。
というわけで、なにが有望な産業になるのかわからない以上、せいぜい
インフレターゲットで実質金利を低下させて資金面でバックアップするしか
ないと思うんです。規制緩和は必要ですが、効果のほどには疑問がある
ということですね。

248 :朝まで名無しさん:02/10/08 15:41 ID:tlzlSTJ8
インフレターゲット論者って自分で買い物をした事が無い“引き篭もり君”達ですか?
あるいは想像力の欠如などの思考能力が低い高学歴の人々達ですか?
と言うのは、インフレターゲットで物価が上昇すれば
→PCの価格やインターネット接続料金や携帯電話の料金も上昇
→IT関連の消費落ち込む→IT産業不振→金融機関によるIT産業への投資が新たな不良債券化!
インフレターゲットで物価が上昇すれば
→ハンバーガーなどの食料品の価格が上昇→食料品の消費が落ち込む
→外食産業不振→金融機関による外食産業への投資が新たなる不良債券化!
インフレターゲットで物価が上昇すれば
→マンションなどの不動産価格が上昇→不動産購入が落ち込む
→不動産業の不振→金融機関による不動産業への融資が新たなる不良債券化!
インフレターゲットで物価が上昇すれば
→国内航空運賃やJRなどの国内交通料金が値上げ
→国内旅行が海外旅行よりも割高になる→国内観光産業が不振
→金融機関によるリゾートなどの国内観光産業への融資が新たなる不良債券化!


249 :朝まで名無しさん:02/10/08 15:49 ID:ZXwmm056
>>244
>要するに、インフレターゲットの設定「だけ」では効果は薄くて、他の有効
>な政策とを組み合わせることが必要だと。

私の主張はインフレターゲットだけでも効果は大きくて、規制緩和には
それが不可欠というほどの重要度はない、ということです。規制のせいで
不況になっているわけではありませんし、規制が潜在成長力を弱めている
という説も不正確(主因ではない)だと思います。

250 :朝まで名無しさん:02/10/08 15:53 ID:ZXwmm056
>>245
インフレターゲットで消費が増えるというのは、「インフレ期待」に
よって消費が増えるという意味です。値段を高くしたら消費が
増えるといっているわけではありません。例えば「これから物価は
上がりつづけますよ」といわれれば、安いうちに買っておこうとする
でしょ?


251 :朝まで名無しさん:02/10/08 15:55 ID:N5pfxAM9
つーかほっとけよ

ループするから

252 :朝まで名無しさん:02/10/08 16:20 ID:DGQKtZ8U
>>249
うーん。どうやらインフレ誘導だけでよいという意見に近いみたいだな。
だったら同意できない。

経済学に詳しい人に、非常に根本的なことを聞きたい。
経済が成長することというのは、必然的なことなの?もしそうだとしたら、
それはなぜ?

経済成長がいついかなる時でも必然的なものならば、それは経済政策だけ
で全て解決するだろうけども。そうとは思えないんだけどね。シロウト的
には。

253 :朝まで名無しさん:02/10/08 16:29 ID:zRiG1BCw
ま、土地価格が下がったおかげて幸福度は増しているからねえ。
バブル時には一戸建てなんぞ夢のまた夢だったよ。



254 :朝まで名無しさん:02/10/08 17:27 ID:8vfz5qNz
顔にボコボコにされた悲惨なグローバル経済君が粘着になっているな(藁
そもそも98年以前の日本で、現在の日本以外の世界中の国で
物価は上昇し続けてることを認められない「ヒキコモリ」君かな?

>>252
経済が成長するというのは必然的なこと。
なぜなら、人間の持つ生産技術は進歩し続けるから。
これがなければ別に成長しなくとも良いわけだが、
人間に進歩を止めろというのは非現実的だろう。

生産性が上がっても経済規模が成長しなければ
必然的にモノが余り失業が生まれ貧乏になる。

>>253
バブルはバブル。バブルではなくて、緩やかなインフレという
当たり前の状態に戻そうと言ってるわけ。
地価がこれ以上下がると、家を買う前に失業してしまうぜよ。

255 :朝まで名無しさん:02/10/08 17:29 ID:8vfz5qNz
てゆうかそもそも、需要が増えなければ物価は上がらんのだよ。
物価が上がって需要が減って不況悪化というのはそもそも
この前提を無視しているんだよ。

256 :朝まで名無しさん:02/10/08 17:44 ID:ZXwmm056
>>252
>うーん。どうやらインフレ誘導だけでよいという意見に近いみたいだな。

重要度が違うといっているだけです。それにも同意できないというので
あれば、具体的にどこが納得できないのか教えてください。

規制が不況の原因でないことは分かっているのに、規制緩和が不可欠
だと感じるのは、金融政策の効果を信用していないからだと思います。
金融政策のような単純な操作が複雑な現実経済を左右するという話に
違和感を感じるのはよくわかります。だから、規制緩和のような効果の
わかりやすい政策を補強として加えたくなるのも分かります。
しかし実際に金融政策が現実の経済に影響を与えていく過程を知れば
それほど不思議なことではないとわかるはずです。要はディーティール
が掴めないから信用できないんです。

257 :朝まで名無しさん:02/10/08 17:46 ID:ZXwmm056
>>254
>そもそも98年以前の日本で、現在の日本以外の世界中の国で
>物価は上昇し続けてることを認められない「ヒキコモリ」君かな?

非常にわかりにくい文章なんですが、デフレで困っているのは
現在の日本ですから、他の時代や他の地域は関係ありません。
98年以前の日本でも、実質均衡金利が低ければ物価は低すぎる
ということになります。単純な物価を比較して高い低いと言っている
わけではないんですよ。

258 :朝まで名無しさん:02/10/08 17:47 ID:DGQKtZ8U
>>254
なんだかオカシなヤシが出てきたな。
1行目は漏れに言ってるのか?
2〜3行目は...はあ?何が言いたい?誰か、物価が上昇してないって言った
ヤシがいるのか?インフレ誘導の効果について議論してたヤシはいるけど...

>なぜなら、人間の持つ生産技術は進歩し続けるから。
こういうことを聞いてるんじゃないんだけどな。
成長するということは、経済学から導き出される結論なのか、逆に経済学
の前提条件なのか、ということなんだけどな。
まあこれでもいいや。生産技術が進歩しつづけることって、必然?本当?
そうじゃないと思うよ。例えば古代中国では、生産技術が衰退した時期も
あるんだよ。これは、森林を伐採しすぎて、鉄の生産に必要な炭が作れな
くなったから。豊かな森林の存在が、成長の前提にあったわけなんだよ。

つまり、経済成長というのは、いついかなるときでも必然的に生ずるもの
ではなくて、ある前提条件が必要じゃないかということ。今の日本では、
規制緩和がそのひとつじゃないのということを言ってるんだが。

259 :朝まで名無しさん:02/10/08 18:00 ID:DGQKtZ8U
>>256
ああ、すまん。要するに軸足の違いね。そういうことなら理解する。

規制が不況の原因というわけではないんだけども、旧来の経済構造ではどう
にも立ち行かないなという印象があるのでね。構造転換には、ショック療法
として、大胆な規制緩和が有効かなと。
印象というあやふやな表現をするのは、定量的に議論できない、少なくとも
漏れにはできないから。そして、実際に体質の古い企業にいるとわかるが、
40歳以上の連中の頭の固さはどうにもしようのないもので、日本中にこうい
う連中がはびこっていて頭をおさえられてたら、そりゃあ活力もなくなる
でしょうと。新しい企業群が生まれてくるようにしないと、先は無いなと。
印象ばかりで申し訳ないが。

260 :朝まで名無しさん:02/10/08 18:16 ID:PRxjOTcd
>>259
規制緩和のみで需要が生まれるというのは,なかなか難しいでしょう
例えば,橋本政権時にセルフのガソリンスタンドができるようになれば
ものすごい需要の喚起になると言っていましたが,見事に失敗しました
電力の自由化なども,結局何も変わっていませんし
携帯電話が誕生したとしても,こっちで増えて,あっちで減ってと言うのでは
総需要は増えていないことになります
確かに,需要が増えたときに,供給が追いつくように規制緩和するのは良いのですが
供給を増やしたところで,需要が増えないと言うの現状です

261 :朝まで名無しさん:02/10/08 18:21 ID:N5pfxAM9
>>260
ちょっと考えてみた。
規制緩和は重要。絶対に外せない。
しかし景気とは余り関係ないという感じなのかな

むしろ、規制を外し競争を激化すると
デフレ下ではその競争が価格に転化される。
デフレ圧力がますます進み、減っていくパイで後のない戦いを
企業は強いられない。ますます新規需要の芽を摘む循環に陥る。

こんな感じで間違いないかな?

262 :朝まで名無しさん:02/10/08 18:24 ID:N5pfxAM9
強いられないじゃなくて、強いられる。

これか

263 :朝まで名無しさん:02/10/08 18:33 ID:ZXwmm056
>>259
>旧来の経済構造ではどうにも立ち行かないなという印象があるのでね。

構造問題は腐るほどあります。しかしそれが不況の原因だとは限らない。
アメリカにもイギリスにも構造問題はあります。でも彼らは成功している。
ここはやはりインフレターゲットのいいだしっぺに説明してもらいましょう。
http://home.att.ne.jp/sigma/rk/krug/nopaintext.html
http://home.att.ne.jp/sigma/rk/krug/return.html

インフレターゲットに関するFAQ(ここでの議論がほとんど説明されている)
http://www.post1.com/home/hiyori13/krugman/liquid-j.html
http://www.post1.com/home/hiyori13/krugman/jrespectj.html

そもそものはじまり(インフレターゲットとはなにか)
http://www.post1.com/home/hiyori13/krugman/japtrapj.html
これが出たのは98年ですよ。失われた4年間…

264 :朝まで名無しさん:02/10/08 18:40 ID:ZXwmm056
この人今年ノーベル経済学賞とるかもしれないです。発表は明日。

265 :( ´∀`):02/10/09 06:00 ID:zapTRf5v
彼は戦略的貿易理論の実績があるからね。

過去ジョン・ベーツ・クラーク賞の受賞者は半分くらい
ノーベル賞貰ってるし、可能性はあるよな。

266 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/09 16:21 ID:o0L+nyRt
 政府が策定するデフレ対策の内容を見定めたいとの雰囲気が強く、買
い手控え気分が強まる一方で、リスク許容度の低下した海外年金資金な
どの売りが終日優勢で、軟調な展開が続いた。UFJやみずほHDなど
の大手銀行・グループの一角が急落したことも、投資家心理を一段と冷
やすきっかけになった。ソフトバンクの大幅安で、信用取引を利用する
個人投資家の間では追加証拠金の差し入れ義務(追い証)が発生し、手
じまいに伴う投げも出たという。市場からは、「買い材料は全くといっ
ていいほど見当たらず、日経平均の8000円割れも覚悟せざるを得ない」
(準大手証券)といった声が聞かれた。
 外国人投資家の投資判断に利用されるドル換算の日経平均(QUIC
K算出値)は終値で70ドルの節目を割り込んだ。
 東証1部の売買代金は概算6065億2300万円、売買高は同7億4903万株
。値上がり銘柄数は210、値下がり数は1179、変わらずは101だった。 

オイオイ、もう理解してるんだろう?鼠にゃ何も期待できないと。
言った所で形骸化して終わりって事も。こりゃ止まらんな。

267 :朝まで名無しさん:02/10/09 20:29 ID:izyFt9K8
「デフレ、デフレ」と日本政府は発表しているが、
そもそも欧米諸国よりも日本の方が物価が安くなったのかよ?
日本政府の発表を信じられる?
過去には、大日本帝国末期の大本営発表、近年は、薬害エイズ、
で、最近は、北朝鮮の拉致に対する外務省の対応。

268 :朝まで名無しさん:02/10/09 20:34 ID:izyFt9K8
インフレターゲット論者には二倍以上の特別価格を設定すべきだな。
物やサービスを購入する際に、インフレターゲット論者は、
通常価格の二倍以上の金額を支払うべきだな、御国の為に!

269 :( ´∀`):02/10/09 21:03 ID:rrKKfriG
空売り屋さん必死だね

270 :朝まで名無しさん:02/10/09 23:11 ID:DPkBK/Lt
>>260
誰が、構造改革「のみ」でいいって言ったんだよ。なんかちょっと腹立ってきた。
>>263
確かに、「とは限らない」が、日本の場合は深刻だと思うんだけどね。
戦後日本は生産に力点を置きつづけて、そして高い教育水準がそれを支える良質な
労働者を供給し続けてきたわけでしょう。さらには、地価が上がりつづけることで
銀行は安全な担保を確保して、ほぼノーリスクで資金が供給されてきた。しかし、
これらがいずれも立ち行かなくなったわけだから、新たな成長シナリオが用意され
なきゃいけない。しかし、そんな都合のいいシナリオは誰もすぐには用意できない
んだから、あとは大胆な規制緩和によって、市場のドラスティックな変革能力に期
待するしかないでしょう。
他になにかあるなら、そっちでもいいけどね。なにかある?インフレ誘導「だけ」
で大きな変革がなされるとは思えないんだけども。

271 :朝まで名無しさん:02/10/10 00:05 ID:Fo33SURk
市場のドラスティックな変革能力とやらに期待して、いつその結果が出てくるの?
神の見えざる手はいずれ、経済を自力回復させ、完全雇用に向かうかも知れないが
実際には、日銀の見える手が、短期間で経済状態を変動させていると認識すべき

272 :朝まで名無しさん:02/10/10 01:33 ID:i1p6UIJ1
で、反論が1つもないが、インフレターゲットが正しい、という結論でいいのか?

273 :朝まで名無しさん:02/10/10 01:36 ID:poLNxZpJ
>>272
いいと思うよ

274 :朝まで名無しさん:02/10/10 01:55 ID:tKaeirqi
>>270
景気さえ良ければ頭のいい奴が勝手に起業して
効率の悪い企業はシェアを奪われて消える。
経済は勝手に効率的になる。

日本は、お金を刷れば景気は回復する。
失業者も工場設備も山ほどある、技術力もかなり高い、
潜在成長力は有り余ってる。

インタゲ「だけ」でOKよん。

>>268
0点、過去ログぐらい読んでから煽れ。

275 :朝まで名無しさん:02/10/10 02:07 ID:cw+KABcd
>>274
>経済は勝手に効率的になる。
>日本は、お金を刷れば景気は回復する。

そーなの?
仮に274が金を持っていたとして投資したくなるような事業があるの?

「金を刷れば(配れば)誰かが金を使ってくれて景気が回復する」

という他人まかせの景気対策は失敗してきたような・・・
もっとやんなきゃ駄目?

276 :朝まで名無しさん:02/10/10 02:12 ID:poLNxZpJ
てか為替だな
円高をなんとかする為のインフレ政策だと思うよ
いつまでもプラザ合意に付き合う必要はない罠

277 :朝まで名無しさん:02/10/10 02:19 ID:kp3NKl61
>潜在成長力は有り余ってる。
これって確かなの?
なんか白書にはかなり落ち込んでいるっぽいこと書いてあったよね。
まあ潜在成長力の定義がなにかということもあるが・・・

>日本は、お金を刷れば景気は回復する。
すり方の問題あるよね。
どうやってすった金を配ればいいのか。


278 :朝まで名無しさん:02/10/10 02:22 ID:poLNxZpJ
てか
解っててそれが出来ないのは、年金生活者が怖いからだろうな
若い者が選挙に行かないからそうなるのよ
老人達の為に未来を棄てるわけにはいかないだろうに
やるべきことはやって欲しいもんだな

それが本当の痛みを伴う改革だろうよ

279 :朝まで名無しさん:02/10/10 02:27 ID:poLNxZpJ
>>277
>どうやってすった金を配ればいいのか
公的資金を強制注入っていうのも手法だろうよ
銀行は嫌がるだろうが、貸し渋りの理由はなくなる

280 :朝まで名無しさん:02/10/10 02:33 ID:kp3NKl61
>>279
それってインフレターゲットと関係なくね?
それはそれで需要拡大に結びついてインフレ要因ではあるだろうけどさ。
銀行が金貸し出す体質になれば、金融緩和も効果があるだろうしね。

281 :朝まで名無しさん:02/10/10 02:35 ID:poLNxZpJ
>>280
>それってインフレターゲットと関係なくね?
まぁね
私もそう思う
悪い手法ではないが、スレ違いだったな
スマソ

282 :朝まで名無しさん:02/10/10 02:35 ID:tKaeirqi
>>275
いつ政府が、貨幣流通量を増やして名目所得を伸ばして需要を増やして
デフレギャップを埋めてインフレ期待を起こして投資を促進しようとしたの?

未来の人ですか?

>>277
デフレ=供給過剰=潜在成長力あり
経済白書こそ構造改革すべき、
っていうかエリート官僚が変なこと書くことが真の構造問題。

>>279
銀行にやっちゃ駄目。国債しか買わないです。
市中に直接流すのが重要。

283 :朝まで名無しさん:02/10/10 02:38 ID:poLNxZpJ
>>282
>銀行にやっちゃ駄目。国債しか買わないです。
>市中に直接流すのが重要。
自己資本率が改善すれば、国債を買ったとしても役に立たないわけではない
市中に流す方法は…うーん難しいね
誰か明確な答えもってないの?

284 :朝まで名無しさん:02/10/10 02:41 ID:kp3NKl61
>デフレ=供給過剰=潜在成長力あり
現在のデフレの要因というのは供給側がそれだけ成長しているからというよりは、
それだけ需要がないからでないの?
供給力に見合った経済規模までは伸びる余地は確かにあるが、
それ以降発展できるかは未知ではないか。

>銀行にやっちゃ駄目。国債しか買わないです。
公的資金の投入は貸し渋りをなくさせることができるからという話では。

285 :朝まで名無しさん:02/10/10 03:05 ID:Vgf97go+
>>282

インタゲとは違うけど小渕さんの時以来、結構金をつぎ込んでる
のに一向に金を使おうとしませんよね。

>貨幣流通量を増やして名目所得を伸ばして需要を増やして
>デフレギャップを埋めてインフレ期待を起こして投資を促進・・・

そう、そこが良くわからないんですが、貨幣流通量を増やして、
それが直接需要増加になるんでしょうか?
インフレ期待で無理やり投資させたとしても今の日本で需要っ
て増えるんでしょうか?

インフレで景気が良くなるというのは漠然とした期待だと思う
のですが。

286 :朝まで名無しさん:02/10/10 03:11 ID:J2ReHghS
インタゲのいいところはアフォを煙にまけるとこですなw

俺個人的にはインタゲというだけでは賛成も反対もできない、という感想。
理屈はわかるが、本当にその通りにコトが運ぶかどうかはかなり怪しい。
なにせ個人の消費マインドはかなりの冷え込みぶりなのだし。

287 :朝まで名無しさん:02/10/10 11:59 ID:9L2HieuM
>>283
銀行に流しても国債しか買わないからマネーサプライは増えないという
主張に対しては、いくらお金を発行しても金利が上がらないのなら国債
の発行だけで税収が賄えてしまい、無税国家が誕生してしまうという
バーナンキの背理法で反論が可能だし、それがだめだとしても日銀の
国債直接引受けで解決。

>>285
インフレで景気がよくなるのではなくて、「インフレ期待」で景気がよく
なるんです。「これから物価が上がりつづけますよー」と言われれば、
安いうちに買っておこうとするでしょ。ちょうどオイルショックのときの
買い溜めや、消費税率UP前の懸け込み需要みたいなものです。

>>286
上の仕組みで消費が増えないとしても、デフレが解消することによる
消費増は確実に見こめます。それは、人件費の実質負担が軽減される
ことによる雇用増で生まれる消費と、ローン負担が軽減される現役世代
の消費が増えるということです。

288 :朝まで名無しさん:02/10/10 12:01 ID:9L2HieuM
株価の下落でようやく小泉・竹中路線のトンデモぶりが明らかになりつつ
ある、といいんだけど。

289 :朝まで名無しさん:02/10/10 12:03 ID:fEkpn+I2
インフレターゲット
日本の経済官僚がちゃんとできるか疑問
経済官僚には東大法学部卒が多い。
いわば素人が経済政策を考えているので不安という意見がある。

290 :朝まで名無しさん:02/10/10 12:08 ID:9L2HieuM
>>289
インフレを起こせないという意味の失敗なら状況は今と変わらないだけ。
インフレが進みすぎるという意味の失敗なら、彼らはインフレ潰しだけは
得意だから問題なし。

291 :朝まで名無しさん:02/10/10 12:35 ID:1G8F0vRn
>インフレで景気がよくなるのではなくて、「インフレ期待」で景気がよく
>なるんです。「これから物価が上がりつづけますよー」と言われれば、
>安いうちに買っておこうとするでしょ。

古典的な説明としてはそうだろうが。あるいは生活必需品だったらそうかもしれな
いけど。経済学の素人からすると、あまり納得できる説明じゃない気がする。
現代の多くの商品は、頻繁に新商品に切り替えられてて、その商品サイクルにあわ
せて値段が変化しているので。「いずれ安い機種が出るから、それまで待とう。」
という行動はありえてもさ、「待ってても安くならないから、今買おう。」とは
ならないんじゃない?例えば、今バカ高いプラズマテレビ、安くなったら買おうと
は思っても、安くならなかったら永遠に買わないじゃない。
インフレ誘導の効果は否定しないが、それだけでOKってのはどうも・・・

292 :朝まで名無しさん:02/10/10 12:39 ID:1G8F0vRn
根本的に消費マインドが冷えている原因はさ、先々の生活に不安感があるか
らでしょう。今の自分の勤め先が潰れたら、またはリストラされたら、今の
日本の雇用システムでは終わりだから。どうしても不安感が払拭できない。
一方、転職先が豊富に用意されている。転職もしやすい。そういう状況だっ
たらどうだろう。それほどの不安感はないんじゃないか。
雇用のあり方も含めて、あらゆる意味で経済構造全体が変わる必要がある
と思うがね。やっぱりインフレターゲットだけじゃダメ。

293 :朝まで名無しさん:02/10/10 12:40 ID:jE3v4FdD
現在のデフレは不況の原因ではなくむしろ結果。

デフレは不況を作っている一つの要素と言えなくもないが、たくさんあ
る要素の中の一つにすぎない。
不況の結果としてのデフレはよくないことだが、デフレのみを人為的、
作為的に調整しインフレにしたところで景気がよくなるものではない。
不況には他の要因が多く複雑に絡み合っているからだ。

今の状態で強引に人為的インフレを起こしたところで景気は回復せず、
不況とインフレの二重苦に苦しめられることになる。


294 :朝まで名無しさん:02/10/10 12:54 ID:9L2HieuM
>>270
不況の原因は需要不足です。あなたのいう成長シナリオが崩壊したから
不況になっているわけではありません。

>戦後日本は生産に力点を置きつづけて

経済の主体が第三次産業に移行してから久しいです。小学校の社会科
でも習いますよね。

>そして高い教育水準がそれを支える良質な労働者を供給し続けてきた
>わけでしょう。

外国からの技術移転で高成長を実現できたのは70年代までです。
それ以降は欧米の先進諸国と同じように独力での技術開発が必要と
されてきましたが、日本の教育はその要求に応えられませんでした。
教育の陳腐化は70年代にはじまっていたんです。90年代の不況の原因
には成り得ません。

295 :朝まで名無しさん:02/10/10 12:54 ID:9L2HieuM
(つづき)
>地価が上がりつづけることで銀行は安全な担保を確保して

資金需要を賄ってきたのは民間貯蓄です。担保は担保ですから、実際の
資金源は預金です。
さらに80年代以降間接金融が進みましたので、銀行の資金供給の相対
的な重要性は低下しています。バブルで銀行が怪しい不動産屋に金を
貸したのは、それまで金を借りてくれていたまっとうな企業が直接金融に
移行したためです。特に企業向けの長期貸し付けに特化していた長期
信用銀行2行が経営破綻したのは象徴的です。

成長シナリオの変革に成功したといわれる90年代のアメリカの成長率は
80年代から0.3%しか上がっていません。
「成長シナリオ」や「潜在成長力」と言った言葉は安易なイメージに頼って
危機感を煽ることしかできないインチキエコノミストの常套文句ですが、
現実の説明としては極めて不正確です。

296 :朝まで名無しさん:02/10/10 13:02 ID:1R/Qqnvr
>>295
逆じゃないの。「成長シナリオ」や「潜在成長力」と言った言葉は危機感で
はなく夢や楽観を呼ぶでしょう。いま正にそれが求められていると思うよ。

297 :朝まで名無しさん:02/10/10 13:05 ID:1G8F0vRn
>>294
これは明らかに間違ってるだろう。
輸出でメシ食ってる国なのに。第3次産業も規模としては大きくなったが、
その生産性は欧米に比べて著しく低い。生産に傾斜した国ですよ。日本は。
で、教育の陳腐化は70年代には始まっていたけども、それでもまだ優秀だ
ったんだよ。過去の蓄積があったからね。
そして、不況の原因は消費不足だが、消費マインドが冷え込んだ原因は成
長シナリオの崩壊が原因とは考えられない?理由は、ちょっと表現違うが、
>>292

298 :朝まで名無しさん:02/10/10 13:14 ID:fbk8w5tu
輸出はGDPの10%に過ぎない。
たしかに現状では、これで非常に助かってるわけなので
けっして軽視してはいけないが、輸出でメシ喰ってるという認識は誤り。

第3次産業が消費の主体だったのは確かだよ。

70年以降の日本は、強烈な内需の裏付けがあって成り立っていた

299 :朝まで名無しさん:02/10/10 13:21 ID:9L2HieuM
>>291
プラズマテレビが売れなくても、消費全体が増えれば問題はないですよ。
現実にオイルショックや消費税率UPで消費は増えてますから。

>>292
>一方、転職先が豊富に用意されている。転職もしやすい。そういう状況
>だったらどうだろう。それほどの不安感はないんじゃないか。

需要がないのに転職先が豊富にあるわけがないです。雇用不安は不況
の結果であって原因ではありません。もし雇用不安が不況の原因だと
するならば、その雇用不安の原因は何なのでしょう。

>>293
不況の原因は需要不足です。だからデフレなんです。いくら日本経済の
構造を変えても供給能力が上がるだけで、さらにデフレは進むことになり
ます。

>不況とインフレの二重苦に苦しめられることになる。

それをスタグフレーションといいますが、今の日本では有り得ないこと
です。労働生産性の上昇を超えた賃上げ要求を実現できる強力な労組
がありませんから。ご自分でスタグフレーションの起きる要因を調べられ
たらいかがでしょうか。

300 :朝まで名無しさん:02/10/10 13:24 ID:ZcnXYU2d
うーん俺も懐疑的だな インタゲ
>>292の意見が的を得ているような気がする。マインドが冷えている、
それも自分や家族の将来の収入が途絶える可能性を考えて冷えている
というのはかなーりのことで、それがインフレになったから、という
だけで消費性行が盛り上がるというのは信用できない。

高くなるであろうから買う、という行動を相当な規模で起こさせるには
素人目にもはっきり見えるようなインフレが必要かと思うんだが、そういう
レベルに人工的に持っていくというような実験をするのがいいのかどうか。
正直、いまのデフレで落ち着いているほうが安心感があるんだが

301 :朝まで名無しさん:02/10/10 13:24 ID:1G8F0vRn
>>298
10%に過ぎないのか、10%もあるのか。
輸出で稼いだ金を、生産性の悪い産業に流すことで、際どいバランスを保
ってきた国じゃないの?その際どいバランスがとれなくなったのが、今の
不況の原因なんじゃないの?
インフレターゲットだけで全てが解決されるかのような意見を聞くと、じゃ、
今の不況って単なる景気循環なのかよ、と聞きたくなる。単なる景気循環
で10年も不況が続くのか?

302 :朝まで名無しさん:02/10/10 13:33 ID:9L2HieuM
>>301
>インフレターゲットだけで全てが解決されるかのような意見を聞くと、
>じゃ、今の不況って単なる景気循環なのかよ、と聞きたくなる。単なる
>景気循環で10年も不況が続くのか?

景気循環じゃないからインフレターゲットが必要とされているんですが。
財政政策と勘違いしてませんか?短期的な需要創出効果を狙ってる
わけではないんですよ。

303 :朝まで名無しさん:02/10/10 13:34 ID:fbk8w5tu
>>301
その景気循環の流れに人為的に逆らっているのが現在。

つうか、供給力は今でも充分にあると思うけど







304 :朝まで名無しさん:02/10/10 13:35 ID:yeTiyqpQ
>>293
不良債権は不況の原因ではなくむしろ結果。

不良債権は不況を作っている一つの要素と言えなくもないが、たくさんあ
る要素の中の一つにすぎない。
不況の結果としての不良債権はよくないことだが、不良債権処理のみを人為的、
作為的に調整、処理したところで景気がよくなるものではない。
不況には他の要因が多く複雑に絡み合っているからだ。

今の状態で強引に不良債権処理を起こしたところで景気は回復せず、
不況とデフレの二重苦に苦しめられることになる。


305 :朝まで名無しさん:02/10/10 13:36 ID:9L2HieuM
>>297
>輸出でメシ食ってる国なのに。

これは>>298さんが書かれているとおりです。輸出産業が他の産業を
食わせているわけでもありません。

>教育の陳腐化は70年代には始まっていたけども、それでもまだ優秀だ
>ったんだよ。過去の蓄積があったからね。

その過去の蓄積が陳腐化したといっているんですが。キャッチアップに
特化した過去の教育が陳腐化したといっているんです。

>不況の原因は消費不足だが、消費マインドが冷え込んだ原因は成
>長シナリオの崩壊が原因とは考えられない?

成長シナリオというより人口トレンドが原因でしょう。高齢化。
だからインフレターゲットが必要だという話です。

306 :朝まで名無しさん:02/10/10 13:36 ID:fbk8w5tu
>>304
あはは、そっちの方が正しいと思うよ

需要不足を解消せずして、結局不良債権の処理など出来ない。
>>293は因果関係が逆だ。

307 :朝まで名無しさん:02/10/10 13:39 ID:fbk8w5tu
>>300
デフレで落ち着くわけ無いじゃないか。

どこか、日本とは違う場所で生活してるの?

308 :朝まで名無しさん:02/10/10 13:39 ID:9L2HieuM
今の不良債権は90年代後半に生まれたものです。80年代後半に生まれた
不良債権によって未だに苦しめられている、というイメージは間違いです。

309 :朝まで名無しさん:02/10/10 13:42 ID:fbk8w5tu
>>308
それはどうなんだろ?
たしかに90年代後半からは、ドカスカ増えたけど

根本はバブルの強引な破裂にあると思うんだけど



310 :朝まで名無しさん:02/10/10 13:46 ID:9L2HieuM
>>309
バブル崩壊後にできた不良債権は処理が進んだんです。
あれだけ税金をぶちこんだわけですし…

311 :( ´∀`):02/10/10 14:52 ID:NoFBQmC5
インタゲの目的が「値上がり前の駆け込み需要」だけを目的にしている
というのは非常に大きな間違い。それだけではない。

むしろ求められる効果は失業率の低下と実質金利の引き下げ。
デフレではモノの値段は安くなるが、失業が累増するため
「安心して消費」できるのは公務員くらいなものだろう。
明日失業するかもしれないのに、モノが安くなっても買わないだろう。
また、デフレ下では財政赤字がサステイナブルではない。

312 :朝まで名無しさん:02/10/10 15:12 ID:Tfy4fcR4
>>287
>デフレが解消することによる消費増は確実に見こめます。
>それは、人件費の実質負担が軽減されることによる雇用増で
>生まれる消費と、ローン負担が軽減される現役世代の消費が
>増えるということです。

すいません。この根拠がサパーリなんですが。
駆け込み需要があったとしても、それで雇用増になるんでしょうか?
会社の経営者はそう簡単に人を雇うものなんでしょうか。
ローン負担が軽減しても社会保障の負担増で消費しようとは思わない
のではないかと・・・

313 :朝まで名無しさん:02/10/10 15:18 ID:1G8F0vRn
>>305
なんという単純な論理か。
輸出産業が直接食わせているわけじゃない。だが、間接的には明らかにそうだろう。
輸出産業に競争力がなかったら、円相場は今よりもっと安いでしょうに。そしたら、
輸入も少なくなる。輸出入が少なかったら、それに関わる産業は今のコストじゃ食
えないだろう。
あらゆる産業は互いに連関してるって、当たり前な事実だ。10%だから貢献が少な
いなんて、単純にもほどがある。
だいたいがこのスレの住人は、数値にこだわりすぎる。血液検査の結果だけ見て
診断を下す医者のような印象がある。血液検査で抗体価が高いからって、風邪なの
か腹膜炎なのか外傷なのかによって治療法は全然違う。経済でも同じじゃないか。
数値をつぶさに眺めることは重要だが、それが全てじゃない。

314 :朝まで名無しさん:02/10/10 15:19 ID:fbk8w5tu
>>313
その通り。輸出産業を喰わす為にも
内需を押し上げる必要があるんだ。

さもなくば、輸出の綱もいずれ切れる

315 :朝まで名無しさん:02/10/10 15:21 ID:9L2HieuM
>>312
>駆け込み需要があったとしても、それで雇用増になるんでしょうか?

駆け込み需要というのはインフレ期待(値上がり期待)が消費に与える
影響の例として挙げただけで、実際には2〜3%のインフレを維持すると
宣言するわけですから、消費刺激効果は継続的に生じます。

ローン負担の軽減とは、ちょうど>>311さんがおっしゃっている実質金利
の引き下げのことです。実質金利が下がればお金を借りようとする人が
増えますし、既に借りている人の負担も軽くなります。結果消費が増え
雇用も増えると。

316 :朝まで名無しさん:02/10/10 15:52 ID:9L2HieuM
>>313
>輸出産業に競争力がなかったら、円相場は今よりもっと安いでしょうに。
>そしたら、輸入も少なくなる。輸出入が少なかったら、それに関わる産業は
>今のコストじゃ食えないだろう。

貿易産業が弱くなれば貿易産業が弱くなる、ということですか?それじゃ
トートロジーだ。国外需要が減るから国内価格が高くなるということでしたら
その効果は10%の中に入ってます。

>あらゆる産業は互いに連関してるって、当たり前な事実だ。

その連関はGDPの中に含まれています。GDPとは付加価値の合計のこと
ですから。
連関なら産業連関分析というものがありまして、そこらへんの研究は進んで
いるんですよ。

血液検査でもアデノウイルスや工ンテロウイルスが見つかれば、
「こりゃ風邪だな」となるのではないでしょうか。

317 :朝まで名無しさん:02/10/10 16:03 ID:9L2HieuM
訂正。
アデノウイルスが発見されただけでは結膜炎やクラミジアと区別が
つきませんね。まあ血液検査に限らず、より詳しい検査をすれば、
正確な治療ができるのではないかと言いたかったわけです。逆に
検査無しで有効な治療ができるとは思えませんし。

318 :朝まで名無しさん:02/10/10 16:49 ID:cSxBEx/d
現在のデフレは不況の原因ではなくむしろ結果。

デフレは不況を作っている一つの要素と言えなくもないが、たくさんあ
る要素の中の一つにすぎない。
不況の結果としてのデフレはよくないことだが、デフレのみを人為的、
作為的に調整しインフレにしたところで景気がよくなるものではない。
不況には他の要因が多く複雑に絡み合っているからだ。

今の状態で強引に人為的インフレを起こしたところで景気は回復せず、
不況とインフレの二重苦に苦しめられることになる。


319 :朝まで名無しさん:02/10/10 18:04 ID:poLNxZpJ
>>318
私は円高が良くない結果を生んだと思うがね
いつまでもプラザ合意に付き合っているからこうなる

320 :朝まで名無しさん:02/10/10 18:29 ID:3l/HH8qs
>>315
今は借りようとする人はとても多いのですよ。
消費者金融だってあれだけ儲かっているわけですからね。


321 :朝まで名無しさん:02/10/10 18:54 ID:1R/Qqnvr
俺、学費ローン借りちゃったよ。たったの60万円だけど。
金利が4%弱だから借りたようなもんだ。
インフレで名目高金利だったら借りる気がしたかな?うーん、、、

322 :朝まで名無しさん:02/10/10 18:57 ID:nucXY7+J
大恐慌時の日本を例とするならば
1931年には10%を越える激しいデフレから量的金融緩和で
2.4%前後のインフレになるわけだが
日銀のバランスシートに占める国債のシェアは
10%から20%へ大幅に上昇させている。


昭和2年 1927年 昭和金融恐慌 高橋是清が取り付け騒ぎを終焉させる。
昭和4年 1929年 浜口雄幸内閣金本位制への復帰、緊縮財政で未曾有の不況に突入。
昭和6年 1931年 高橋是清が日銀の国債直接引き受けを決断し不況を脱出。


323 :朝まで名無しさん:02/10/10 18:57 ID:nucXY7+J
昭和6年、高橋是清蔵相が日銀の国債直接引き受けを決断した。
結果昭和4〜5年に前年比マイナス10%を超えたGNPデフレータは
プラス3〜5%の水準を昭和8年から4年間続ける。

324 :朝まで名無しさん:02/10/10 18:58 ID:nucXY7+J
米将軍吉宗と元文の改鋳
http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/feature_27.htm
元文小判1枚の金含有量は享保小判の半分程度に引き下げられたが
新旧貨幣の交換に際しては旧小判1両=新小判1.65両というかたちで
増歩(ましぶ)交換を行う一方、新古金銀は1対1の等価通用とした。
この結果、旧金貨保有者にとっては、旧貨をそのまま交換手段として
利用するよりも、増歩のえられる新金貨に交換のうえ利用するほうが
はるかに有利となった。 こうした増歩交換政策の実施が功を奏し
徳川幕府が期待したとおり新金貨との交換が急速に進み、貨幣流通量は
改鋳前との比較において約40%増大した。この貨幣供給量の増加は物価の
急上昇をもたらし、深刻なデフレ下にあった日本経済に「干天の慈雨」のような
恵みを与えた。

325 :朝まで名無しさん:02/10/10 18:59 ID:nucXY7+J
・インフレターゲットの効果
金融政策への信頼性の確保(早すぎる引き締め期待を打ち消し、行き過ぎたインフレを抑える)

・量的金融緩和(国債の買いオペ)の拡大
日銀が国債の買い入れを増やす事で、まず国債の金利が大幅に低下する。
これにより、利払いが低下し財政の健全化に大きく貢献する。
その結果、財政拡大の余地が生まれる。
そして公共事業(できれば乗数効果の高い)や減税をやれば確実に需要が拡大する。

インフレターゲットとその達成に対する無制限の量的金融緩和の宣言により
市場への大きなインフレ期待感を生む。インフレ期待から投資意欲が増える。
銀行には、運用できない現金が大量に余るようになり
国債以外で運用貸し出しをしなければならない状況に追い込まれる。
海外投資や外貨保有が増えれば、円安となり経常黒字が増える。
名目所得の増加で、個人消費が伸びる。

326 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:06 ID:+O5pS3uQ
あえて通貨を堕落させようという古典的な無謀な試みを宣言して行うことは、
キャピタル・フライトのリスクを自ら膨張させる。大幅な円安と国債暴落の
リスクを高めていく。その結果、景気回復による物価上昇の前に起こることは、
急激な金利の上昇にすぎまい。デフレからインフレへの転化が景気回復をもた
らすという彼らの思惑は見事に外れ、高金利下の深刻な不況が日本全体を覆い
尽くすことになるだろう。
現時点の日本において、キャピタル・フライトのリスクを直視しないのは、
狂牛病を直視しない農林省と同じである。不良債権問題を直視しない金融庁と
言い換えてもよい。キャピタル・フライトのリスクはもうそこにある。
危機はすでにそこにあるのだ。目を凝らせば、はっきりと見えるはずである。
その危機を直視していないから、無責任な言説を垂れ流すことができるのだ。

327 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:07 ID:+O5pS3uQ
調整インフレと称するインフレターゲットは、デフレを人為的にインフレにする
代物である。インフレにすれば企業業績が回復し、実質金利も下がる。物価は上
がるが給料も上がり、実質債務が減少する。それによって競争力が増していき、
景気が回復する。なるほど。確かにそんな気がする。しかしこれはインタゲ派が
都合のよいように解釈したに過ぎない。
前例主義で言えば、1930年代のスウェーデンがデフレを人為的にインフレに
して成功したらしい。但し消費者物価指数が無かったので証明のしようがない。
日本では30年代の高橋是清時代にデフレを人為的にインフレにもっていった例
があるが、殺害された後、理由はいろいろあるにせよハイパーインフレとなる。
日銀が国債をすべて買うという行為や戦争による激しい副作用であろう。


328 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:08 ID:+O5pS3uQ
次に1922年のドイツの話であるが、ヴェルサイユ条約でドイツの賠償金額は
途方もない額となった。政府はライヒス銀行に国債を買わせて通貨は17.2倍
に増加して卸売物価は75.9倍に1年間で跳ね上がったのだ。これは生産設備
があればお札を刷ってもインフレは起きないと主張するヤカラの意見とは矛盾す
る。賠償金は当然払えなかったから報復措置としてフランスとベルギーに基幹産
業の溜まり場であったルール地方を1923年に占領された。そして人類史上最
悪のインフレが起こったのだった。この2年間に通貨は43億倍、卸売り物価は
344億倍になった。
前例主義は指標の一つであるかもしれないが、経済環境が今とは全然違うのだが
ら同一として見るのには、個人的にはやや違和感を感じざるを得ない。
さて本題に戻ろう。インフレにすると需要が増大するという理論についてだが、
インフレの規模にもよっては恐ろしい流動性を発生させる効果を持つ。仮に年間
100%のインフレが起こってる国を通貨があるとしよう。そんな紙屑みたいな
通貨を長く持つ愚か者はほとんどいないはずだ。

329 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:09 ID:+O5pS3uQ
とまあ、借金だらけの国家から見た視点では一見いいこと尽くめのようにも見え
てしまうが、インフレを起こすような国の通貨は当然暴落する。そうすると中央
銀行が国債を買い支えることになってより激しいインフレを起こす。これではイ
ンフレが止まらなくなるから公定歩合を通貨が安定するまで上げる結果になろう。
そして変動金利でお金を借りてる人たちは高い確率で破産する。インフレになれ
ばその分給料が上がると思ってる人もいるみたいだが、労働分配率が下がるまで
は給料は増えないと見るのが妥当であろう。デフレであまり下がらなかった給料
がインフレで即上がるというのは都合の良すぎる解釈に終始している。
次にインフレターゲットで物価をコントロールできるかという問題がある。イン
フレ抑制は、規制の緩和や国営を民営化することで、ある程度可能であることは
理解できるが、その逆は上で書いたスウェーデンしかない。しかも証拠はないの
だ。インタゲ派は金融政策で物価をコントロールできると言い張るが、それを証
明しているそれを示すもっともらしいものはない。コントロールできるのならバ
ブルは起きなかったであろうし、不景気という言葉とも無縁でいられるだろう。


330 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:10 ID:nucXY7+J
>>326
キャピタルフライト=円安
円高で日本が苦しんで、円安で助かってる事実を無視する馬鹿。

>>327
暗殺や戦争をリフレ政策のせいにする馬鹿。

331 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:10 ID:+O5pS3uQ
インフレデフレを表現するときに経済学者と名乗る人やエコノミストと自称する
人はどうも消費者物価指数に限定している節はある。経済学的に見ればそれは間
違いはないが、自由主義市場経済はそれだけで動くものではない。日本では土地
本位制が信用の拡大縮小を決めてきており、それがバブル崩壊以降縮小に転じて
いる。これで銀行の貸し出し残高は減っていき、今では貸し剥がしをやっている。
その裏で、中小企業よりも遥かに財務体質の悪い大企業を金利面で低く抑えてい
たり、債権放棄や債務の株式化で助けている。これでは努力しない大企業が助か
って、努力している中小企業が報われない。まさに真面目な奴がバカを見る世界
である。アメリカでは株式本位制が株価上昇時には成り立っていた。株価が上が
ればそれが信用につながって資金調達を容易にしてきた。そして401Kによる
株式運用益が消費拡大を支えていたとも言われる。そういう投資(投機)の世界
を無視したところから議論しているから視野が狭くなる。歴史的に見て、金融政
策でバブルを抑えられることはないし、それによって生まれる不良債権問題は解
決できない。

332 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:12 ID:+O5pS3uQ
日本では努力する者が報われず、努力しない既得権益者が報われる社会である。
この負の循環を断ち切ることができない以上、日本の景気が回復することはない
だろう。無論循環的景気回復はあるだろうが、日本が立ち直るほどのものではない。
国の借金は現在700兆円ぐらいあるが、人為的インフレを起こすことで金利が爆
発するリスクを誘発する防波堤は破壊される可能性は高い。絶対などとはこの世の
相対的な部分には存在しないが、過去の歴史を見てみれば、経済破綻した国でイン
フレの起こらなかった国はないのだし、インフレが起こるということは国債も大暴
落を起こしてることだから、実質紙屑になる。それを防ぐ為に日銀がすべて買い取
ったらそれこそハイパーインフレの誘発を招く。韓国と違い、日本の経済破綻を救
える国は存在しない。結果として国民は円に関わる紙切れの金融資産を全財産失う
ことになるだろう。構造改革をやらずにきたツケはある日突然やってくる。少なく
てもその答えは10年以内に出るはずだ。最悪の場合は日本発世界恐慌も有り得る。
インフレターゲットと称して、楽して問題解決をしようという前提は間違っている
ことがいずれわかることだろう。
森ばかりを見て病原菌に侵された木々が病気をばら撒いてることを理解できないか
らマクロ政策で問題が解決できると思い込んでいるのだろうが、こういう世間を知
らない人たちが政策を立案するからいつも間違える。そして借金ばかり膨らむ自転
車操業国家と成り下がってしまったのだろう。

333 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:13 ID:nucXY7+J
>>328
ドイツの賠償帳消しの為の行為と
金融緩和を同一視する馬鹿

>>329
インフレをコントロールできなかった事は
近代の先進国では存在しない事を知らない馬鹿

そもそも、コントロールできないなら中央銀行は不要。

334 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:13 ID:+O5pS3uQ
「諸外国ではインフレ・ターゲットをやって成功している」というが、これは
高すぎる物価を押さえるために、「上から下へ」下げているのであって、「下か
ら上へ」上げるインフレ・ターゲットは未だかつてどこの国もやっていない。
いちおう学説によるとスウェーデンで一回行われたが、これは1930年代の
話で、1993年から導入しているものとは違う。1930年代の時は数値を
設けない物価水準目標であって、まるでデフレ下のインフレ・ターゲットの
成功例であるかのように扱っている学説はどうにかしている。そして最初は
デフレよりインフレが懸念されていたという説もあるくらいで、その評価も
分かれている。一見うまくいったように見える部分もあるが、最終的には不況の
深刻化で打ち切られており状況も現代の日本と違い参考にしにくい。ただ常識的
に考えるのであれば、上で述べたように日銀がインフレ目標の導入をして
うまくできる訳がない。
 日銀の力だけで景気回復はできない。しかし日銀が何でも買いまくれば
インフレにはできる。日銀があえて明示的にインフレ目標値を設定させられた
暁には、それを達成するために、インフレになるまでどんどん紙幣を印刷し、
過剰流動性を大きく膨らませることになるだろう。

335 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:15 ID:fbk8w5tu
むしろ日銀は、行きすぎたインフレを押さえつけるのは得意。
(というかこれしかできないのでは?)

336 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:20 ID:nucXY7+J
日銀は、オイルショックの時も
世界でいち早くインフレを抑えた。
あの土地バブルすら、あっさり潰しきった。

インフレ潰しは、得意中の得意
心配する必要は無い。(w

337 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:26 ID:VlMdC3Si
>>336
>日銀は、オイルショックの時も
>世界でいち早くインフレを抑えた。
>あの土地バブルすら、あっさり潰しきった。
押さえたと言っても、オイルショックの爆発的に高騰した物価が元に
戻ったわけではない。
当然のことだがね。

338 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:35 ID:3l/HH8qs
日銀がインフレを抑えるのは得意だといっている人がいるが
実際のところは難しい。
>>336ちなみにバブルをつぶしきったのは総量規制という
極めて政策的なものであります。

現在財政赤字はGDP比7.4%程度であるが、インフレ(2〜3%程度)が達成された
暁には財政赤字幅をGDP比6%くらいまで縮小できると考えられている。
つまり、インフレに転じても新規国債を発行し、資金をジャブジャブと流す
ことは辞められないのだ。
どんどん発行される国債を民間銀行が買うのであれば民間に資金が
いきわたらなくなるかもしれないやはり日銀が引き受けていくことになるかもしれない。
インフレが加速している間は国債は破綻しないが、実際にこの方法では
インフレの加速をやめさせることは無理なのだ。

339 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:43 ID:Ly4X4bqs
インタゲ反対派は、具体的にどうこの不況を脱出させれば良いと思ってるの?


340 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:43 ID:nucXY7+J
>>338
インフレになってるんだから、国債の発行を減らせばいいだけ。
需要政策として国債を使ってるわけだからな。



341 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:43 ID:fbk8w5tu
>>338
国債を発行するのは何のためかもう一度考えて欲しい

342 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:46 ID:fbk8w5tu
>>339
貯蓄を切り崩してまでも欲しくなる、魅力的な新産業の勃興が
景気を牽引してくれるらしい。


無理だっての




343 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:49 ID:Ly4X4bqs
>>342
新産業を興すための資金に苦労してるのにね
ベンチャーが育つ土壌じゃないよ、今は

344 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:50 ID:9L2HieuM
>>338
>日銀がインフレを抑えるのは得意だといっている人がいるが
>実際のところは難しい。

どう難しいんですかね。公定歩合上げ放題だと思うんですが。
引受けた国債も売り放題ですし。

ID:+O5pS3uQさんが一生懸命貼り付けてるのは木村剛の本ですかね。
電波そのものなので、あまり信用なさらない方がいいのですが。

345 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:53 ID:3l/HH8qs
>>340
政策的なものでね、物価スライド制をとっている
公務員削減や社会保障の打ち切りなどを行わないと
財政赤字は収束しない。
したがって国債は発行し続けられる。

346 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:57 ID:mzhNMs2m
>>328
通貨の堕落だって、木村剛の電波本でも読んだか?

要するにスタグフレーションだのハイパーインフレだのが心配なんだろ?

デフレの原因は需要不足、需要が増えない限りインフレにはならない。
つまり
お金を配る→所得増→需要増=景気回復→インフレ→投資増加→自立成長
よって
景気回復→インフレであり、スタフレの心配なし。

また、ハイパー供給過剰な日本でハイパーインフレなどありえない。
お前の会社では、「インタゲが始まった」と聞いたら即値上げか?
そんな会社は倒産だな。
値上げしても売れるくらい需要があって、他社も値上げして始めて値上げだろ

347 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:59 ID:9L2HieuM
>>345
340さんは需要創出のために使われている国債の発行を減らせと言われて
いるんですよ。公務員給与や社会保障に使われている分ではありません。
ちなみに財政赤字が収束するってどういう意味ですか?すぐ下に「国債は
発行しつづけられる」と書いてあるということは、財政赤字を0にしろと
いうことですか?そんな必要はないと思うんですが。

348 :朝まで名無しさん:02/10/10 20:01 ID:nucXY7+J
>>345
なんか間違いしてるな、国債はそんな一般会計ではないよ。
需要増加の為の公共事業などに使われてるわけで
公務員の給料や、社会保障費で使ってるわけじゃない。

政府の財政がどうなのか調べてから言ってくれ。

349 :朝まで名無しさん:02/10/10 20:05 ID:mzhNMs2m
>>338
その試算怪しい。
2〜3%のインフレで財政赤字GDPの6%(30兆円)?

それって景気回復せず実質所得が上がらずインフレ率の分だけ増収したって言う
かなり妙な試算なんじゃないの?

350 :朝まで名無しさん:02/10/10 20:06 ID:3l/HH8qs
>>349
一応経済白書の抜粋からです。

351 :朝まで名無しさん:02/10/10 20:09 ID:mzhNMs2m
>>350
じゃ、信用できねーや。
白書によれば潜在成長力を高めると景気回復するらしいからな、
経済白書は経済学に喧嘩売ってる。

352 :朝まで名無しさん:02/10/10 20:46 ID:VlMdC3Si
現在のデフレは不況の原因ではなくむしろ結果。

デフレは不況を作っている一つの要素と言えなくもないが、たくさんあ
る要素の中の一つにすぎない。
不況の結果としてのデフレはよくないことだが、デフレのみを人為的、
作為的に調整しインフレにしたところで景気がよくなるものではない。
不況には他の要因が多く複雑に絡み合っているからだ。

今の状態で強引に人為的インフレを起こしたところで景気は回復せず、
不況とインフレの二重苦に苦しめられることになる。


353 :朝まで名無しさん:02/10/10 20:50 ID:9L2HieuM
内容も電波だし、繰り返し張りつける奴も電波。

354 :朝まで名無しさん:02/10/10 21:24 ID:cjLYvWeG
ここまでの議論を読んで(まあそれがすべてかどうかはしらんが)、
俺の感触はインタゲ反対するべきだと。

インタゲ推進側の人ってターゲットのインフレ率について低いのと高いのと
をごっちゃにしてしゃべっていると思われるフシがあるからだ。

インフレだから消費は増える、という言い方からしておかしな話だが
(消費が増えるからインフレになる、という順序だろ)、一般市民に
インフレだから=モノの値段が上がっちゃうからいまのウチに買っておこう、
という消費行動を起こさせるためにはそうとう素人目にもよく見えるレベル
のインフレが必要になると思うが、それは年率にしたら二桁とかとんでもない率で
ないといけないのでは。

ところがインフレの弊害について述べる段になるとインタゲ推進派の説明って
2〜5%とかのモデレートなインフレの克服みたいな説明になっているというマヤカシ臭さを感じてしまうのだが?
印象。

355 :朝まで名無しさん:02/10/10 21:26 ID:Ly4X4bqs
>>354
で、どうすれば良いと?

356 :朝まで名無しさん:02/10/10 21:30 ID:TyCp1yeO
インフレになれば、金融機関の不良債権問題の処理は今より簡単になるのは
間違いありません。しかしながら、景気がよくなるかといえばそれは何とも
答えようがありません。各経済学派によって全く貨幣観が違いますから・・・

357 :朝まで名無しさん:02/10/10 21:34 ID:cjLYvWeG
>>355
正直なところ積極的な回答の持ち合わせはないです。
だけど354で表明した俺の疑問に回答してくれる識者がいたらいいなと。
そうでないとインタゲ懐疑派になりそうだな、という話です。個人的な。

358 :朝まで名無しさん:02/10/10 21:37 ID:Ly4X4bqs
>>357
一般市民の消費も大切だろうが、今のままだと企業の設備投資は凍結に近い状態が続くよ
インフレ基調になることが明示されれば、少なくとも企業は設備投資に動く

359 :朝まで名無しさん:02/10/10 21:40 ID:gnP61ge+
あくまで不良債権処理を加速するための
一種の麻酔としてごく短期間だけインフレターゲット導入しよう
って主張ならわかるけど、
これを景気対策にしようとすると、賛同しかねる

360 :朝まで名無しさん:02/10/10 21:44 ID:cjLYvWeG
>>358
なるほど設備投資。たしかにそれなら一般消費者よりは先に動く可能性は
理解できます。
が、彼らにわかるような「インフレ基調の明示」ができるのでしょうか?

361 :朝まで名無しさん:02/10/10 21:47 ID:t7eeIBIw
家計に効果が波及する前に
設備投資で生産能力上がって在庫が増えたら
景気が悪化しちゃわない?

362 :朝まで名無しさん:02/10/10 21:51 ID:9L2HieuM
>>354
>インフレだから消費は増える、という言い方からしておかしな話だが

正確にはインフレ期待ですが、別におかしなことではないと思いますよ。
オイルショックの時がそうでしたから。(石油価格の急激な上昇が原因で
インフレが起き、さらにインフレが進むというインフレ期待から消費が増え
ました。)

>それは年率にしたら二桁とかとんでもない率でないといけないのでは。

消費税が3%から5%に引き上げられるだけで駆け込み需要が起きまし
たよね。

>2〜5%とかのモデレートなインフレの克服みたいな説明になっている

そもそもインフレターゲットとは2〜4%のインフレを目指そうというもの
ですから、おっしゃる意味がよく分からないのですが、要するにインフレ
が進みすぎるのが怖いということですか?それなら何度も指摘されて
いるとおり、公定歩合や準備率は上げ放題ですし、売りオペもし放題
ですから心配はありません。インフレが抑制できないというのは南米の
ように巨額の対外債務を抱えた国の話です。

363 :朝まで名無しさん:02/10/10 21:56 ID:9L2HieuM
>>359
>一種の麻酔としてごく短期間だけインフレターゲット導入しよう

財政政策とは違いますから、短期間では効果はありません。
弊害はほとんどありませんから、短期間でなければならない理由は
ないと思います。実際イギリスととニュージランドは恒常的に続けて
ますし。

364 :朝まで名無しさん:02/10/10 21:57 ID:Ly4X4bqs
>>360
方法論と、インタゲ反対は別問題でしょう
方法論はこのスレでも何度も語られているようですし

>>361
BtoBがまず最初に動き出すでしょうから、その心配は要らないのではないでしょうかね

365 :朝まで名無しさん:02/10/10 22:00 ID:mzhNMs2m
>>360
インタゲの方法は簡単に言うと、

「50万やるから何か買え。」

日銀がお金を国民にあげるの、そうすると消費が増えて会社が儲かるの
50万で足りなければもっと配るの、どんどん需要が増えて忙しくなってくると
インフレ期待が生まれるの、で、投資が増えて雇用が増えるの。

マイルドインフレじゃ消費は伸びないが、投資は増えるの。
貯蓄魔国民に浪費は期待してないの。


366 :朝まで名無しさん:02/10/10 22:10 ID:9L2HieuM
>>365
うーん、違うんですが、、、

日銀が「インフレにします」と宣言するんですね。そして実行する。
そうするとインフレ期待が起きて消費が増えると。
投資が増えるためには消費が増えなければいけませんから、
やはり消費に期待するということになります。

367 :朝まで名無しさん:02/10/10 22:22 ID:9L2HieuM
追加。
消費が増えるだけでなく実質金利も下がります。

368 :朝まで名無しさん:02/10/10 22:32 ID:DHC+a58f
1990年代のアメリカ合衆国でインフレ無き景気拡大が約十年弱近く継続。
従来の経済学の理論では説明が出来無かったので
ニューエコノミー論なる経済学の新説がもてはやされた。
自由貿易の名の下で世界中からより安い商品が
米国へと絶え間なく輸入された御陰で
好景気が約八年続いてもインフレが起きなかった、とそうだ。
SOHOやeビジネスで代表される様にIT技術の発展の御陰で、
都心の一等地にオフィスを構える必要性が減少し、
約十年前の日本みたいな異常な不動産インフレも起きなかった、だとさ。

369 :朝まで名無しさん:02/10/10 22:45 ID:DHC+a58f
>>365 >>366
投資が日本国内のみ、消費が国内産のみ、だったら理論通りに成りますね。
インフレターゲットを、理論通りに成功させる為には、
自由貿易を破棄しましょう、無論、世界の工場である中国への設備投資も、
つまり、経済鎖国しましょう。

370 :朝まで名無しさん:02/10/10 22:46 ID:9L2HieuM
>>368
「インフレ無き」といっても3%程度はあったんですよ。

371 :朝まで名無しさん:02/10/10 22:52 ID:9L2HieuM
>>369
自由貿易は関係ないです。

372 :朝まで名無しさん:02/10/10 22:53 ID:DHC+a58f
>>370
早速のレス、有り難う御座います。暇な時に再確認致します。
インフレターゲットを提唱した学者は
目標する範囲をそれを根拠にしているのかな。

373 :朝まで名無しさん:02/10/10 22:58 ID:9L2HieuM
>>372
アメリカの金利とは関係ないですね。日本の実質均衡金利を推定して
4%を主張しているようです。

374 :朝まで名無しさん:02/10/10 23:01 ID:LQtfM+Ng
現在のデフレは不況の原因ではなくむしろ結果。

デフレは不況を作っている一つの要素と言えなくもないが、たくさんあ
る要素の中の一つにすぎない。
不況の結果としてのデフレはよくないことだが、デフレのみを人為的、
作為的に調整しインフレにしたところで景気がよくなるものではない。
不況には他の要因が多く複雑に絡み合っているからだ。

今の状態で強引に人為的インフレを起こしたところで景気は回復せず、
不況とインフレの二重苦に苦しめられることになる。


375 :朝まで名無しさん:02/10/10 23:10 ID:cjLYvWeG
4%程度のインフレ予告を企業が真に受けて設備投資したとして、
その場合、企業はインフレに「ならない」場合も想定してマーケティング
しますよね?

376 :朝まで名無しさん:02/10/10 23:12 ID:DHC+a58f
やっぱり、インフレターゲット論者は、
「インフレターゲットを実行すれば、一年後、
生活必需品の価格は、実は、この程度しか上昇しません!
そのわずかな上昇分で日本経済の癌である不良債権を処理するのです!」
と、物価に関する具体的なシミュレーションを明示すべきだ。
そうしなかれば、インフレターゲット論は一般大衆に受け入れられないよ。

377 :朝まで名無しさん:02/10/10 23:16 ID:3l/HH8qs
>>375
というかインフレ予告が実行されて現実にインフレ基調を確認してから
でないと動くわけないって。
そういう知恵をつけるための10年だったのだから。
実際には投資自体も非常に金のかからない方法を取るだろうけど。

378 :( ´∀`):02/10/10 23:20 ID:SXcfofIw
だったら、まず政府がお金使えばいいじゃん
高速道路がいやなら、母子家庭の補助金やったり
いくらでも方法はあるだろうからな

それに、量的緩和でインフレにならないことはありえないよ。
バーナンキの背理法で検索してみりゃ

379 :朝まで名無しさん:02/10/10 23:25 ID:9L2HieuM
>>375
そりゃあの日銀の言うことですから、はじめは信用されないでしょう。
でも言うだけじゃなく実際に量的緩和策が行われればいいわけでして。

380 :朝まで名無しさん:02/10/10 23:37 ID:PPyO1xvD
国の借金が増えれば増えるほど、将来の税負担が気になって
ますます消費意欲が減退する。
少々カネをばら撒いても家計は貯蓄か借金の返済にまわすだろう。

多少なりとも効果が期待できるのは相続税の廃止だと思うぞ。


381 :朝まで名無しさん:02/10/10 23:49 ID:H6qvHQI2
徳政令はダメかな

382 :朝まで名無しさん:02/10/10 23:49 ID:9L2HieuM
>>380
減税も財政支出なんですが…

383 :朝まで名無しさん:02/10/10 23:53 ID:PPyO1xvD
相続税の廃止はチョト意味が違うような、

384 :朝まで名無しさん:02/10/10 23:58 ID:9L2HieuM
>>383
なぜに?

385 :朝まで名無しさん:02/10/11 01:33 ID:1wxzecI/
>>376
インフレターゲット論者に文句を言いたいのなら以下のスレでどうぞ。

インフレターゲット支持こそ経済学の本流 その29
http://money.2ch.net/test/read.cgi/eco/1034002062/


386 :朝まで名無しさん:02/10/11 03:50 ID:VQ3qaO8r
インフレターゲット賛成
んで、何でやらねーんだよ。政府は。

387 :朝まで名無しさん:02/10/11 08:08 ID:YBfrCebc
>>386
そりゃインフレになったら、年金生活者が困るからだろうよ
年寄りは投票率が高いからな、若いもんが選挙に行かないからそうなるのだよ

388 :( ´∀`):02/10/11 08:30 ID:FZwdwnkr
年金はもともと物価に連動して給付額が変動する仕組みなのに、
いまは特例でぜんぜん下がってないからね。実質ウナギのぼり

389 :朝まで名無しさん:02/10/11 08:34 ID:Rxrk/zN+
インタゲで一般市民の給料や貯金の価値下げると脅して金使わせて
インフレで会社や資産家は何もしないで資産価値UPとはおめでたいな
こういう奴らが資産売り払って金使いまくれば景気も回復するさ
一般市民の財布あてにするんじゃねーよ

390 :( ´∀`):02/10/11 08:42 ID:FZwdwnkr
>>389
だから、それだけが目的じゃないんだよ。
そりゃ結果的についてくることなんだよ。
デフレってのは、失業をちらつかせて一般市民に
必死で節約させてる実に不条理な状態なの。

391 :朝まで名無しさん:02/10/11 09:50 ID:YECflMiC
>>389
一般市民が苦しんでるんだけどね。
金持ちはデフレでも大して問題ないし。
実感がないだけだよ、そのうち自分のみに降りかかってはじめてわかる。
年金も削減、公務員の給与も削減、あと増税。
あんた、どうしたらいいと思ってんだよ。

392 :朝まで名無しさん:02/10/11 10:10 ID:US2gpqIM
現在のデフレは不況の原因ではなくむしろ結果。

デフレは不況を作っている一つの要素と言えなくもないが、たくさんあ
る要素の中の一つにすぎない。
不況の結果としてのデフレはよくないことだが、デフレのみを人為的、
作為的に調整しインフレにしたところで景気がよくなるものではない。
不況には他の要因が多く複雑に絡み合っているからだ。

今の状態で強引に人為的インフレを起こしたところで景気は回復せず、
不況とインフレの二重苦に苦しめられることになる。


393 :朝まで名無しさん:02/10/11 11:59 ID:L7uk7Ntt
>>391
ほほう。ではあなたは金持ちなんですかな?
だとしたら困ってないのになんで必死にみんなをここで説得していらっしゃるのか?

394 :朝まで名無しさん:02/10/11 12:30 ID:srt20/8e
金持ちは、インフレでもデフレでもそれほど関係ない。
現金の価値が下がるなら資産運用すればいいだけだから。

デフレで困るのは、経済全体が縮小して真っ先に切り捨てられる
低所得者。真っ先に首を切られる立場の奴ら。

395 :朝まで名無しさん:02/10/11 12:36 ID:L7uk7Ntt
>>394
だからそれはわかったってばw

だからね、じゃあ>>391とか>>394は何者なわけ?金持ちなら別に泡喰って
インタゲを推進しなくてもいいんでしょ。じゃあなんで君たちはそんなに
熱心にインタゲを推進してるんですか?

396 :( ´∀`):02/10/11 12:39 ID:LA7EjYAZ
このままじゃ日本が沈没して昔のアメリカみたく
大恐慌になるからに決まってんだろ

397 :朝まで名無しさん:02/10/11 12:41 ID:LME4Euds
首になるのを待ってるのがそんなに良いのかね?
インタゲ叩いてる人は、このままが良いのか、他に不況を脱出する方法があるのか
そこら辺のコメントが抜けてるんだけど

398 :朝まで名無しさん:02/10/11 12:41 ID:L7uk7Ntt
昔のアメリカって80年代とかのことですか?もっと前のこと?

399 :朝まで名無しさん:02/10/11 12:42 ID:L7uk7Ntt
俺はインタゲには懐疑的だが、別に叩いてはいないが。

400 :( ´∀`):02/10/11 12:42 ID:LA7EjYAZ
そもそもある政策を推進する人間を、その政策によって
特別に恩恵を得る人間と決めてかかってる時点で
悪いけど頭の中身小学生レベルだと思われ

401 :( ´∀`):02/10/11 12:43 ID:LA7EjYAZ
>>398
大恐慌がいつのことかも知らんのか?

402 :朝まで名無しさん:02/10/11 12:44 ID:L7uk7Ntt
>>400
人格批判はしてもらっても別に賛成もしないし反対もしないよw

動機を知るのはいいことでしょ。当然必死になるにはそれだけの動機があるはず
だと考えるのはまともな思考だと思うけどね。

403 :朝まで名無しさん:02/10/11 12:44 ID:LME4Euds
>>399
叩いていないならそれでもいいけど、じゃ、どうすればいいと思ってるの?

404 :( ´∀`):02/10/11 12:44 ID:LA7EjYAZ
>>402
だから、動機なら「このままじゃ日本は大変だ」で十分だろ

405 :朝まで名無しさん:02/10/11 12:46 ID:L7uk7Ntt
>>401
歴史教科書では知ってますがあんまり当時の状況を知らないので、いまの
状況がどう酷似しているとかはわかりません。すみませんね。

406 :( ´∀`):02/10/11 12:48 ID:LA7EjYAZ
>>405
あっそ。じゃ、もっとまともに勉強してから出直せ。
何も知らないくせに「インタゲ反対!」とスレを荒らす
バカが多くて困る。

407 :朝まで名無しさん:02/10/11 12:48 ID:L7uk7Ntt
>>403
正直なとこインタゲみたいな即効性(?)のある対案はないです。
インタゲの知識自体2ちゃんで仕入れたものがすべて(苦笑)なので。

408 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/11 12:50 ID:nSp2bpIS
>>407
ダイヤモンド社の本でも読むデシ。

409 :朝まで名無しさん:02/10/11 12:52 ID:L7uk7Ntt
>>406
だからなにがそんなにあなたをいらいらさせているのかがわからないんですよ。
懐疑的とはいいましたが、反対もしてないです。僕みたいなニュートラル
な人間を非難してまで導入を宣伝したいひとの動機がわからない。

純粋な愛国者なんですかね?(苦笑)

410 :( ´∀`):02/10/11 12:53 ID:LA7EjYAZ
まあ何だね、俺は以前から思ってるんだが、本来専門技術的な
問題が一般に知られすぎて、自分で勉強する気もない厨房が
口をはさむことにより議論のレベルが低下する典型例だな。
その意味では森永卓郎の罪は重い。

411 :朝まで名無しさん:02/10/11 12:53 ID:rUx/V8bE
ところでインフレで現金の価値が下がるっていうのがよく理解できないんだけど。
普通預金の金利ならかなりはやくインフレを織り込んだ金利に調整されるんでないのかい?

412 :朝まで名無しさん:02/10/11 12:53 ID:rUx/V8bE
>ところでインフレで現金の価値が下がるっていうのがよく理解できないんだけど。
現金じゃなくて貯蓄だ。

413 :朝まで名無しさん:02/10/11 12:54 ID:LME4Euds
学生ならともかく、社会人なら自分の首を心配しなくてはいけないだろ
学生だって、親が金持ちならともかく、サラリーマンなら同じことだ
インタゲしなくても景気は回復するかもしれないけれど、デフレが続けば
失業者も増え犯罪率も上がるぞ
そう言う社会がお好みなのか?

414 :( ´∀`):02/10/11 12:55 ID:LA7EjYAZ
>>409
お前がニュートラルだから相手にしてるんじゃないの。
お前みたいに勉強もしないで議論に口を挟むバカを観てると
そのあまりの向学心のなさに絶望するわけ。

何で、そんなに知りたきゃもっと勉強しようと思わないわけ?

415 :朝まで名無しさん:02/10/11 12:55 ID:LME4Euds
>>412
100円で買えた物がインフレで1000円になったとしたら、現金貯蓄の価値は
10分の1になるよね
金利が上がるって言ったって、貯蓄自体が10倍になるわけじゃないし

416 :朝まで名無しさん:02/10/11 12:56 ID:L7uk7Ntt
>>410

417 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/11 12:56 ID:nSp2bpIS
ニヒリズムに浸った人間は只管邪魔なのれす。
正直どっかに引っ込んでろってなもんです。
対案は無い、でもやる事には懐疑的、これじゃ事態はススマンのレス。

418 :朝まで名無しさん:02/10/11 12:58 ID:LME4Euds
>>417
今の政府の政策と似たり寄ったりだねー
人気を維持したままやった振りだけする
口は挟んだよって(w

419 :朝まで名無しさん:02/10/11 12:59 ID:L7uk7Ntt
この件について初学なのは明白なので、その点の批判はもちろん受けますが
はなから賛成しないヤツは敵みたいなノリというのはコミュニケーションとして
あまり有効じゃないと思いました(そっちが専門なので)

では

420 :朝まで名無しさん:02/10/11 12:59 ID:rUx/V8bE
>>415
100パーセントなんてハイパーな状況になったらどうなるかしらんが、
十パーセント以下ぐらいならちゃんと織り込むんじゃないの?
少なくとも数パーセントなら確実に織り込むと思うが。

421 :( ´∀`):02/10/11 13:00 ID:LA7EjYAZ
普通に、自分なりの知識に基づいて反対するなら真面目に議論もしよう。
普通に、自分なりに考えて賛成すべきか反対すべきか迷ってるなら
疑問に一つ一つ答えていこう、というスレだと思うが、

「インタゲ推進してる人達は金持ち?貧乏人?対案はないよ。
インタゲも良く知らない。何?ボクを攻撃してまで導入したいの?」
というような厨房は徹頭徹尾バカにして二度と来させないがよろし

422 :朝まで名無しさん:02/10/11 13:02 ID:LME4Euds
>>420
預金は預金だもの、利子分しか増えないよ
利子なんて7%ついたって10年でやっと倍だよ
5%のインフレで貯蓄が1%増えたとしても価値は下がってるじゃない

423 :( ´∀`):02/10/11 13:02 ID:LA7EjYAZ
>>420
金利は政策的に動かし得るからダイジョーブ

424 :朝まで名無しさん:02/10/11 13:05 ID:rUx/V8bE
>>422
利子率って実質利子率+インフレ率だろ。


425 :( ´∀`):02/10/11 13:06 ID:LA7EjYAZ
>>424
ちゃう。マイナス。プラスになるのは「デフレ率」。
まあデフレ率ってのはマイナスのインフレ率だから当たり前だが。

426 :( ´∀`):02/10/11 13:07 ID:LA7EjYAZ
おおっとぉ、失礼。実質利子室+インフレ率なら合ってるけど、
名目より実質が重要なのは明らかでは?

427 :朝まで名無しさん:02/10/11 13:08 ID:LME4Euds
>>424
>>411-412に対して答えただけだが

428 :朝まで名無しさん:02/10/11 13:08 ID:yV7IZKGl
インフレになると利率が上がりますよね。
そうなると円は上がります...か?理屈はそうなるんだと理解してるんですが

429 :朝まで名無しさん:02/10/11 13:10 ID:rUx/V8bE
>>426
だからインフレで資産が減るって理屈はよくわからないのよ。
そもそも実質均衡利子率がマイナスなら、
インフレにしてその均衡利子率が正常なんだからマイナスにしても文句言われる筋合いがないしさ。
実質均衡利子がプラスなら貯金の価値はインフレだろうがデフレだろうが減らないだろうし。

430 :( ´∀`):02/10/11 13:11 ID:LA7EjYAZ
んー、たぶん順番を取り違えてるから混乱するのでは。

まず、名目金利はある程度調整できるんよ。政策的に。
だから、名目金利は上がらない。で、インフレ率が上昇。
そうして実質金利が下がり、投資や消費のインセンティブが起こる。
実質金利が下がると当然、円安になる。円高になるのは
景気が回復した後。

431 :朝まで名無しさん:02/10/11 13:12 ID:rUx/V8bE
>>427
>5%のインフレで貯蓄が1%増えたとしても価値は下がってるじゃない
今金利が1パーセントだとしたら、インフレ率が5パーセントになったら
金利は6パーセントになるんだから問題ないだろ。
調整がスムーズにいかず、インフレ率が金利に反映されるまでのラグで若干の損がでると思うが。

432 :朝まで名無しさん:02/10/11 13:14 ID:rUx/V8bE
>>430
政策的でプラスである均衡利子率をマイナスにできんの?

433 :( ´∀`):02/10/11 13:14 ID:LA7EjYAZ
>>431
長期的にはフィッシャー効果でそういうことになる。

ということで短期的には金利が引き下がり、長期的には
あまり変わらないってことでいいんじゃないの?

434 :( ´∀`):02/10/11 13:15 ID:LA7EjYAZ
>>432
今現在、アメリカがマイナス金利をやっている。

435 :朝まで名無しさん:02/10/11 13:15 ID:LME4Euds
質問の仕方が悪い プンプン

436 :朝まで名無しさん:02/10/11 13:16 ID:rUx/V8bE
金融政策で実質利子率が変化するのは確かにそうだけど、
繰り返すけど実質利子率が少しでもプラスなら老人の「財産を減らされている」って非難は
おかしいと思うんだけど。

437 :( ´∀`):02/10/11 13:17 ID:LA7EjYAZ
>>436
それはそうだ。老人は今現在、日本で最も優遇されている。

438 :朝まで名無しさん:02/10/11 13:17 ID:rUx/V8bE
436は投稿行き違い。すまぬ

439 :朝まで名無しさん:02/10/11 13:22 ID:lnYguJWh
日本経済なんてどーなってもいいね

はやく破綻してくれないかな



440 :朝まで名無しさん:02/10/11 13:23 ID:iYC81UxS
で、ここに来ているインフレターゲット論者は、何が言いたいんだ?
一般的に言われているインフレターゲット論について解説しているだけで、それを
踏まえて何が提案できるつうんだ?
デフレよりインフレのが良さそうだなんてことは、八百屋のおっちゃんでも分かる
ことで、それをもっともらしく解説してもらっても何もならん。最低、自分の意見
が以下のどれに当たるのか答えろよ。
@インフレターゲットの設定だけで、全てが解決される。
Aインフレターゲットだけでは解決されないので、○○と組み合わせて実施すべきだ。
B受け売りを披露して、いい気分になりたいだけ。

441 :朝まで名無しさん:02/10/11 13:25 ID:rUx/V8bE
二重投稿とか言われてしばらくかきこめねーし。
>>434
それって金融緩和で持ってったの?
政策でマイナスにも自在にできるのか。
なんか人口が減少してるとか特殊な環境だから今の日本は実質均衡利子がマイナス
になりうるとか聞いた気がするんだが。

442 :( ´∀`):02/10/11 13:26 ID:LA7EjYAZ
インフレで現状がよくなるなら、それを提案して何が悪いのか
よくわからん。インタゲを親の仇みたいに思ってるヤシが多いのは何故?

ちなみに俺はAだな。景気がある程度回復するっていうのを
ゴールにするなら@だろう。

443 :( ´∀`):02/10/11 13:27 ID:LA7EjYAZ
>>441
>それって金融緩和で持ってったの?

そうだよ

444 :朝まで名無しさん:02/10/11 13:29 ID:rUx/V8bE
>>443
なるほど。勘違いしてたよ。

445 :朝まで名無しさん:02/10/11 13:48 ID:srt20/8e
実質金利マイナスとは、インフレ率から名目利子率を引いて
マイナスって意味ね。

>>440
インタゲに反対する人や効果を疑問視する人を
インフレ賛成派に変えるため。

446 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/11 14:10 ID:nSp2bpIS
漏れは@で良いや。
マスコミ利用して@を喧伝すりゃAに繋がるだろうしね。
デフレ環境では未来無しって言う認識が広まれば後は雪崩の如しでしょ。

447 :朝まで名無しさん:02/10/11 14:33 ID:gaQDGLx3
>>440
>一般的に言われているインフレターゲット論について解説しているだけで、
>それを踏まえて何が提案できるつうんだ?

踏まえてもなにも、インフレターゲットを提案しているわけですが。

>最低、自分の意見が以下のどれに当たるのか答えろよ。

インフレターゲットで全てが解決するなんて言ってる人はいませんから
2しか選ばれないと思うんですが。具体的にインフレターゲットで何が
解決するのかは、今まで説明されてきた通りです。

448 :朝まで名無しさん:02/10/11 14:47 ID:srt20/8e
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20021011AT3KI00Z111102002.html
日銀、現行の量的緩和を維持

日銀は10、11両日に開いた政策委員会・金融政策決定会合で、
現行の量的緩和策を維持すると全員一致で決めた。
当座預金残高の目標は10兆―15兆円程度で据え置く。
急速な株安が金融機関の経営へ与える影響に懸念が広がり、
政府・与党から追加緩和を求める声も強まっているが、
日銀では「資金量は十分出ている」(速水優総裁)との認識が大勢。
政府の打ち出す総合デフレ対策を見極めたいとの意向も絡み、
当面は量的緩和を維持しながら情勢を見守る方向だ。

449 :朝まで名無しさん:02/10/11 14:47 ID:upvQGwwx
ニュークラシカル寄りの人の中には、インフレターゲットだけ
でも十分と主張する人もいる。

そこはインタゲ論者の中でも議論が分かれるところだ。


450 :朝まで名無しさん:02/10/11 14:48 ID:srt20/8e
この状況でも動かないわけで。
どうしようもない・・。

451 :朝まで名無しさん:02/10/11 14:54 ID:LME4Euds
やっぱり具体的にインタゲは嫌だという人からはどうしたら良いと言う意見は出て来ないのね


452 :朝まで名無しさん:02/10/11 15:40 ID:GoImC4wj
現在のデフレは不況の原因ではなくむしろ結果。

デフレは不況を作っている一つの要素と言えなくもないが、たくさんあ
る要素の中の一つにすぎない。
不況の結果としてのデフレはよくないことだが、デフレのみを人為的、
作為的に調整しインフレにしたところで景気がよくなるものではない。
不況には他の要因が多く複雑に絡み合っているからだ。

今の状態で強引に人為的インフレを起こしたところで景気は回復せず、
不況とインフレの二重苦に苦しめられることになる。


453 :朝まで名無しさん:02/10/11 15:49 ID:srt20/8e
日銀法改正を検討のニュースをリークしろ。
それが株価にプラス材料になることを見せ付けろ。

このままでは竹中は、日銀にデフレに負けてしまうぞ。


454 :朝まで名無しさん:02/10/11 15:51 ID:upvQGwwx
日銀が動かなければこのまま、負け決定ですな

455 :朝まで名無しさん:02/10/11 15:54 ID:srt20/8e
マスコミでは、小泉、竹中が不良債権処理を進めるから
ダメなんだと見当違いな事言ってる。

ちょっと前まで、不良債権処理を進めないからダメだ
柳沢を変えろといってたのに、馬鹿マスコミはどうしようもない。

このままでは、インフレターゲット推進派の竹中が
デフレと日銀に負けてしまう・・。

ここまで来たら、日銀法改正しかない。

456 :朝まで名無しさん:02/10/11 15:58 ID:gaQDGLx3
インフレターゲットを本気で推進してる人間が緊縮財政にするかな。
不良債権処理もデフレギャップを広げるだけだし、そもそも不良債権の
せいで不況になってるわけではないし。

457 :朝まで名無しさん:02/10/11 16:10 ID:srt20/8e
http://kabu.zakzak.co.jp/news/kiji/2002100902.html
竹中は、完全なインフレターゲット推進派。
日銀が抵抗勢力。


458 :市場マンセー:02/10/11 16:13 ID:4Tm3dapI
>>440>>449
おいらは@

 成 長 は す べ て を 解 決 す る 

高齢化?成長が補填してくれます。
財政赤字?成長が補填してくれます。
不良債権?成長が消し去ってくれます。
構造改革?成長してれば投資も増えて加速度的に生産性アーーーップ。

大体なんですか、上のほうで中国中国言ってる人は、
輸出産業なんてね、ひとつに特化するのが一番なんですよ、
むしろ日本はまだこんなに国産している、と嘆くべきなんですよ。

459 :朝まで名無しさん:02/10/11 16:22 ID:hVpl5Hi7
党の一部には、「日銀法改正研究会」というタカ派集団が、インフレターゲットに向けて日銀に圧力をかけている。
私には、絵に描いたような責任転嫁に映る。そのエネルギーを党税調にでも向けた方が、よほど役に立つ。
http://www.mainichi.co.jp/life/money/honma/2001/0824.html
毎日新聞経済コラムより

(「日銀法改正研究会」=このスレで強引な論を展開しているインフレターゲット論者の連中のこと)
このスレのうさんくささはこれら一部集団による意図的世論誘導スレであるためだろう。


460 :朝まで名無しさん:02/10/11 16:28 ID:srt20/8e
>>459
コピペ君は、なんでそんなに必死のな??
何が君をそんなに突き動かすのか??

461 :朝まで名無しさん:02/10/11 16:29 ID:iYC81UxS
440だけどさ。
@と答えた人に。インフレターゲットのみ論に反対する人の多くは、おそらく持続的な成長
には経済構造の抜本的な転換が必要だと考えているんだよね。そういう人達は、一時的にで
も景気が回復してしまうと、世論の危機感がなくなってしまうので困る、という考えが暗に
ある。そういう人達に、インフレターゲットは効果があるあるとだけ言っても意味がない。
構造改革が必要ないか、あるいは成長軌道にさえ乗れば、勝手に構造転換されていくんだと
いうことを、説得力ある議論で説明しようや。
Aと答えた人に。具体的に○○を埋めようや。
これらをやらなかったら、単なる評論家。知識ヲタ。

462 :朝まで名無しさん:02/10/11 16:34 ID:gaQDGLx3
>>457
あやしいもんだと思いますよ。彼のこれまでの主張を考えると。
1年前にも似たようなことがあったし。

463 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/11 16:35 ID:9V42FK1b
>経済構造の抜本的な転換が必要だと考えているんだよね。
コーポレイトガバナンスの事でちか?
巨大企業の危機感煽る為に中小が潰れて逝ってるでち。
正直堪らんでち。

464 :朝まで名無しさん:02/10/11 16:50 ID:gaQDGLx3
>>461
需要不足で不況になっているのに構造に問題があるというのはおかしい
ということに気付きませんかね。構造改革が必要なのは供給能力の不足
が原因で起こるデマンド・プッシュ型のインフレのときだけですよ。
(需要に対して)供給が過剰なときに供給能力を増やそう、というのは
おかしいでしょ?それに実質金利が高止まりしてるときに構造を強化
なんてできるわけがないですし。税収は減り、企業の研究予算は削られ、
ベンチャー企業は資金を調達できないのに、持続的な成長を可能にする
構造転換なんかできると本気で思ってるんですか?

465 :朝まで名無しさん:02/10/11 16:52 ID:gaQDGLx3
ちなみに持続的な経済成長を支えるのは生産性の上昇ですが、不況に
なると生産性は低下します。景気がよくならないと持続的な成長も
無理なのです。

466 :朝まで名無しさん:02/10/11 16:54 ID:gaQDGLx3
危機感だけで経済成長できるわけじゃありませんから。

467 :( ´∀`):02/10/11 16:58 ID:LA7EjYAZ
>>461
代案もなしに偉そうに仕切るな。
お前みたいな厨房が一番ウザい。

468 :朝まで名無しさん:02/10/11 16:59 ID:Cex/xX2E
ここまで読んで
インタゲ派の言いたいことは何気に判った
反対しているやつが何を言いたいのかわからない

469 :( ´∀`):02/10/11 17:02 ID:LA7EjYAZ
>>466
まったくその通りだが、日本には昔から呪文を唱えているだけで
現実の状況が良くなると思い込む人間が多い。
これを揶揄したクルーグマンの文章

カルダーウッド氏曰く「公共セクターはいつも、あと少しという
口実を持ち出してきて、このせいで構造改革が遅れて、危機意識も
下がってしまいます」。これは、不景気は実はその国のために
なるんだという昔ながらの考え方だ。苦労したほうが人間(ならぬ
経済)ができてくる、というわけだね。でもみなさんお気づきでは
ないかもしれませんが、日本はそんな「危機感」なんていう想像上
のもので困ってるわけじゃない。危機そのものにすでにどっぷり
つかってるんだよ。そしてそれは、改革が進まないせいで生じてるん
じゃない。需要がないから起きてるんだ。


470 :市場マンセー:02/10/11 17:11 ID:4Tm3dapI
>>461
いったいなんですか、あなた。
いいですか、生産性を上げるには投資が増えなくてはいけません。
北朝鮮が悲惨なのは古臭い機会で古臭いものばかり作ってるから
韓国が何気にいい感じなのは新しい機械を買って生産性を上げてるからなんですよ。

デフレで不況時に投資増やしたら馬鹿ですよ。あなた潰したいんですか会社を。

だいたいね、構造改革なんてものが人為的に出来たらソ連はなくなったりしませんよ。
競争して見て、実際に勝ち残って生産性が上がって、あとから考えて、
「ああ、あの時構造改革だったんだ」
ってはじめて気づくのですよ。何がいいかなんて分かったら
経済学者はこっそり起業して億万長者ですよ。


471 :( ´∀`):02/10/11 17:15 ID:LA7EjYAZ
戦前日本が世界恐慌から真っ先に立ち直って、重化学工業を
発展させたのも高橋財政でリフレしてから。

その際資金の流動性を高めるために不良債権処理をしたり
規制緩和やったりどっかの国と自由貿易協定を結んだり
するのはいいだろう。しかしこんなものは所詮政府による
「成長の条件作り」でしかない。条件だけ揃っていても
投資するヤツがバカを見る環境で誰が投資するものか、と。

472 :朝まで名無しさん:02/10/11 17:18 ID:kBpuNMqE
現在のデフレは不況の原因ではなくむしろ結果。

デフレは不況を作っている一つの要素と言えなくもないが、たくさんあ
る要素の中の一つにすぎない。
不況の結果としてのデフレはよくないことだが、デフレのみを人為的、
作為的に調整しインフレにしたところで景気がよくなるものではない。
不況には他の要因が多く複雑に絡み合っているからだ。

今の状態で強引に人為的インフレを起こしたところで景気は回復せず、
不況とインフレの二重苦に苦しめられることになる。


473 :朝まで名無しさん:02/10/11 17:22 ID:5s7cAk1N
毎日の記者アホだな
減税なんかしたって,投資先がないんだから
意味ないべ
あわてて減税するくらいなら,財政支出減らすなよ

474 :( ´∀`):02/10/11 17:24 ID:LA7EjYAZ
毎日の経済部記者が絶望的なまでにアホなのは
2000年に「デフレを止めるな!推し進めよ」と
絶叫してた時点で周知の事実なわけだが。

475 :朝まで名無しさん:02/10/11 17:39 ID:upvQGwwx
>>468
じゃあ飲みに行くべ

476 :朝まで名無しさん:02/10/11 19:58 ID:YBfrCebc
しかしコピペがうざってーな(w

日銀の速水総裁の真意が解らんな、だれか解る人解説キボンヌ

477 :朝まで名無しさん:02/10/11 20:08 ID:gaQDGLx3
もうすぐ退任だからやる気なし。

478 :朝まで名無しさん:02/10/11 20:16 ID:Q2dhdebZ
中央銀行総裁はウソをつく権利が認められてるからね。
トーシロに真意がわかるようじゃ困るっしょ。

479 :朝まで名無しさん:02/10/11 20:34 ID:KKR53Sr5
反論なければインフレターゲット導入するが、いいか?

480 :朝まで名無しさん:02/10/11 20:34 ID:YBfrCebc
>>479
神?

481 :朝まで名無しさん:02/10/11 20:40 ID:kIG54FsG
>>479
そのためにはまず内閣支持率を今の1/3にしないと無理そう…

482 :朝まで名無しさん:02/10/11 20:43 ID:YBfrCebc
>>481
そんなこたないぞ
今でも充分説明すれば支持される

483 :朝まで名無しさん:02/10/11 21:09 ID:Q4V4c/R8
スレの皆さんへ、注意事項よ。
顔文字のコテハン( ´∀`)の煽りにのるな。
スレで( ´∀`)に「バカだ!」と罵倒されても、
「こいつは、現実では周囲から『変な人』と馬鹿にされているからこそ、
ネット人格が傲慢になるんだよな。可哀想な奴」と考えて、無視しましょう。
このスレを名スレにするために、皆さん、御理解と御協力よ。



484 :朝まで名無しさん:02/10/11 21:10 ID:LME4Euds
ぷっ

485 :朝まで名無しさん:02/10/11 21:11 ID:ok1Bybx7
どうせコントロールなんかできないんだから、
ハイパーインフレを狙うべきだ。
あがり始めたら絶対とまらない。

486 :朝まで名無しさん:02/10/11 21:13 ID:J+Z3itss
>>485
借金でも抱えてるのか?
そんな夢物語言ってないで真面目に働いて返しなさい。

487 :朝まで名無しさん:02/10/11 21:19 ID:gaQDGLx3
>>483
煽られると無視するんですか?自分で勉強して反論してやろうとは
思わないんですね。そういう姿勢がバカだと言われているのでは?

488 :朝まで名無しさん:02/10/11 21:22 ID:Q2dhdebZ
>>486
まあ個人レベルならそれもまた然りだが、企業レベルだと
「どー足掻いても自力じゃ無理っしょ」なところが目白押し…

で、そういうところを徳政令で救うか、それともそのまま潰し
ちゃうか、という議論なんじゃないの?

489 :朝まで名無しさん:02/10/11 21:27 ID:J+SnF57t
>>487
煽りの意味知ってるか?
>そういう姿勢がバカ

490 :朝まで名無しさん:02/10/11 21:30 ID:gaQDGLx3
>>489
無意味な煽りではないと思いますよ。内容を見ればわかると思いますが。

491 :朝まで名無しさん:02/10/11 21:31 ID:J+Z3itss
>>488
インフレがはじまったらハイパーになるしかないなんていう意見に対し
煽り気味にレスを返しただけなんだけどね

492 :朝まで名無しさん:02/10/11 21:36 ID:Vw2PIlwN
高橋財政でもデフレからインフレになった時にハイパーインフレになんかなっていない。
せいぜい3%くらいのインフレになっただけ。

493 :朝まで名無しさん:02/10/11 21:37 ID:gaQDGLx3
ハイパーインフレって13000%ですからね。

494 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 21:38 ID:CU9IWq1A
今はデフレで不況なんだから、インフレ調整するべき。

495 :朝まで名無しさん:02/10/11 21:38 ID:mOQ/uuo1
「先週道でサイフを拾ったから今週も拾うはずだ」

496 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 21:41 ID:CU9IWq1A
インフレターゲットはインフレを抑える為の政策で
リフレにもハイパーにもするもんじゃないんだよ。

497 :朝まで名無しさん:02/10/11 21:44 ID:WEajvWAg
>>492
高橋財政では公債が未達した。その直後に暗殺。

498 :朝まで名無しさん:02/10/11 21:44 ID:gaQDGLx3
>>496
イギリスとニュージランドは下限付きターゲットですからリフレ用でも
ありますよ。それにインフレを抑える為の政策だということは、インフレ
の進み過ぎを止められるということですからね。

499 :朝まで名無しさん:02/10/11 21:45 ID:J+SnF57t
490
>無意味な煽りではないと思いますよ。
煽りというのは対しては基本的には無視するのが正しい姿勢。
意味のある議論をしたかったら、下らない煽りはしないことだ。


500 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 21:46 ID:CU9IWq1A
リフレの意味を勉強してからカキコきぼーん。

501 :朝まで名無しさん:02/10/11 21:51 ID:gaQDGLx3
>>499
意味の無いレスに対して罵倒していただけでしょう。

502 :朝まで名無しさん:02/10/11 21:56 ID:Evc0Nax0
インフレターゲットは壮大なる実験である。
実験である以上は100%の成功の保証は無い!
推進論者はその点を理解しているかね?

バブル崩壊後、10年も、ケインズなどの経済学者の教えに従って、
公共工事などの財政出動を大規模にやっても、異常な超低金利政策をやってみても
バブルの頃の水準に戻せなかった。
今度は、残された手段として、インフレターゲットか。成功するかね?

503 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:00 ID:Q9dbuUP6
>>501
> 煽られると無視するんですか?自分で勉強して反論してやろうとは
>思わないんですね。そういう姿勢がバカだと言われているのでは?
この意見がおかしいと言うこと。
煽りは無視するのが正しい姿勢。

504 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 22:01 ID:CU9IWq1A
失敗してもええやん。別に害はないやろ。日銀総裁の首を3ヶ月ごとに
挿げ替えればいいだけや。首相よりちょっと早いぐらいの
ペースでちょうど良くなるんじゃないか?

505 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:03 ID:gaQDGLx3
>>503
「正しい姿勢」といわれてもね。

506 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:03 ID:Vw2PIlwN
>>502
日本経済がニューエコノミーとは思わないね。
なぜ日本経済がこんな体たらくになったかというと結局官僚の無責任が
原因だね。
経済政策は、金融政策と財政政策の両輪で運営されている。
しかしこの7年くらいこの両輪がちぐはぐなんだ。
金融緩和したら、財政は引き締めに、財政出動したら金融引締めに
金融、財政担当の官僚たちが自分の思惑から相手の足を引っ張ってばかりいる。

インフレターゲットと言うのは金融を担当する官僚に対する足かせである。
これで少なくとも財政出動したときに金融引締めに走り景気回復の芽を
摘んでしまうことは無くなるはず。

後は、財務官僚の財政建て直しの病を何とかできれば日本の景気は確実に
回復するね。


507 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:03 ID:Obup7v+N
日銀による国債引受キボーン。
あっという間にインフレ、円安で
銀行も企業も大助かりで日本は起死回生。

508 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:05 ID:J+Z3itss
>>504
何をもって失敗といってるのか分からないけど
インフレが加熱し止まらないことを言ってるのだったら失敗はやばいって。

509 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:05 ID:Q9dbuUP6
>>505
きちんとした議論がしたかったら下らない煽りは止めるべきだ。
当たり前のことだろ。


510 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:06 ID:gaQDGLx3
>>500
インフレと書くと次の文との関係で誤解を受けるかなと思いまして。
まあインフレなんですけど。

511 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 22:07 ID:CU9IWq1A
金融に足かせかけるんなら、なんで財政にも足かせかけないんだ?

インフレ目標を金利0%でデフレの世の中に掲げても達成できるわけ
ないやん。それは足かせと言うんではなく、嫌がらせというんだよ。

512 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:07 ID:YBfrCebc
てか、ちょっと煽られたくらいでコテ叩きに走るヘタレを恥じろ

513 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:09 ID:+dVdscZl
ほんとにあっという間だろうな、
3分で効果現れると思うよ。

発表直後に株価ストップ高。
5日ぐらい値がつかねーんじゃねーの?

514 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:09 ID:Vw2PIlwN
>>511
今までの日銀の姿勢は、前回のインフレ懸念も無いのに利上げしたことで
足かせは絶対に必要。あんな馬鹿に独立性は不要だと個人的には思っているし。
もちろん財務官僚に対する足かせも必要。


515 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:10 ID:Q9dbuUP6
>>512
こういう書き込みが煽りね。
こういうのは無視。

516 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 22:12 ID:CU9IWq1A
日銀の独立性うんぬんの問題ではなく、あれは総裁の頭の問題。
総裁が馬鹿だから、嫌がらせをするってのは理屈にあわん。

517 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:12 ID:gaQDGLx3
>>515
書き込む人が判断することですから。

518 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:13 ID:Evc0Nax0
今、このスレで、煽りのインフレが起きようとしている。
これ、無視してね。

519 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:13 ID:Vw2PIlwN
>>516
総裁が馬鹿になる可能性があるから日銀の独立性なんて要らない。
中央銀行の独立性が経済にプラスに働いたという証拠は無い(byスティグリッツ)


520 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:13 ID:O0nIMczc
現在のデフレは不況の原因ではなくむしろ結果。

デフレは不況を作っている一つの要素と言えなくもないが、たくさんあ
る要素の中の一つにすぎない。
不況の結果としてのデフレはよくないことだが、デフレのみを人為的、
作為的に調整しインフレにしたところで景気がよくなるものではない。
不況には他の要因が多く複雑に絡み合っているからだ。

今の状態で強引に人為的インフレを起こしたところで景気は回復せず、
不況とインフレの二重苦に苦しめられることになる。


521 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:13 ID:J+Z3itss
インフレターゲットに限定するから議論がおかしくなるんだ。
インフレ政策にすればインフレターゲットも財政出動も含まれ。

522 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:13 ID:gaQDGLx3
>>511
>インフレ目標を金利0%でデフレの世の中に掲げても達成できるわけ
>ないやん。

どうしてですか?

523 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 22:15 ID:CU9IWq1A
総裁が馬鹿になる可能性があるなら、財政のトップも
馬鹿になる可能性があるから嫌がらせ(たとえば国債/GDPとか)
をやってみたらどうだ?

独立性が高いほど過去のインフレ率は低かっただろ。

524 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:15 ID:J+Z3itss
>>522
毎年お金の価値が増してるわけだから
金利0パーセントで名目の金額が増えなくても
実質的な金額は増えてる。
つまり金利がついている。

525 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:16 ID:Vw2PIlwN
>>523

デフレが問題の国でインフレ率を低く保つことが出来ることのメリットて何?

526 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:16 ID:7eag+zxr
党の一部には、「日銀法改正研究会」というタカ派集団が、インフレターゲットに向けて日銀に圧力をかけている。
私には、絵に描いたような責任転嫁に映る。そのエネルギーを党税調にでも向けた方が、よほど役に立つ。
http://www.mainichi.co.jp/life/money/honma/2001/0824.html
毎日新聞経済コラムより

(「日銀法改正研究会」=このスレで強引な論を展開しているインフレターゲット論者の連中のこと)
このスレのうさんくささはこれら一部集団による意図的世論誘導スレであるためだろう。


527 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:18 ID:Vw2PIlwN
>>526
金融緩和派は一般にハト派と言われる。
金融引締めは、当然、タカ派。
正しくは、「日銀法改正研究会」はハト派集団だよ。

528 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 22:20 ID:CU9IWq1A
過去の中央銀行の役目は低インフレであったの。
それで政府と癒着すればするほど、金融政策が国民の為では
なく政府の為に使われてきたの。

デフレの国で低インフレに導くのはすばらしい事だ。

529 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:20 ID:7eag+zxr
>>527
とご本人が申しております。

530 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:20 ID:gaQDGLx3
>>524
実質金利が高止まりしているとどうしてインフレ目標が達成できないんですか?

531 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:20 ID:Vw2PIlwN
>>529
金融界では一般にハト派と言うんですが?


532 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:24 ID:J+Z3itss
>>530
さあ?よく読んだらこの文章の意味よくわからなくなってきた。
ただ実質金利が高ければそりゃ貯蓄してる方が得だから
金融政策だけではインフレ目標を達成するのは難しいってことにしておく。

533 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:25 ID:TPg+7DdN
>>528
デフレ不況になって素晴らしいとはこれいかに?

534 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:26 ID:gaQDGLx3
>>532
お札を刷ればインフレになりますよ。貯蓄とは関係ありません。

535 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 22:26 ID:CU9IWq1A
日銀は金利が0だから、これ以上実質金利を下げる事が
できないんだよ。金利が変わらなかったら、借りる量も変わらない
でしょ。

536 :( ´∀`):02/10/11 22:28 ID:930OzLZX
日銀に物価上昇率のタガを嵌めるのは「嫌がらせ」かな?
日銀はそれが仕事なんだから、目標が達成できなければ
責任を取らされるのは当たり前なのではないかな?

「嫌がらせ」論の小宮隆太郎御大に伊藤隆敏はこう反論してるよん

537 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:29 ID:gaQDGLx3
>>535
インフレにすれば実質金利は下がりますよ。そもそもインフレターゲット
というのは、金利が0でも実質金利が下げられるから提案されているわけ
でして。

538 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:29 ID:Vw2PIlwN
>>535
現時点ではね。
将来、インフレ懸念が出てきた時に金融引締めなんて馬鹿な事を
2度とやらさせないために絶対必要。

539 :( ´∀`):02/10/11 22:30 ID:930OzLZX
日銀のツールは名目金利だけじゃないっしょ。

540 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:30 ID:J+Z3itss
>>534
じゃあインフレ目標には金利の上げ下げは関係ないとでも言うのかよ。

541 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:32 ID:Vw2PIlwN
>>536
民間企業にはデフレ経済でも利益はプラスを設定して利益を出せと言う
わけだが、日銀は出来ませんと言って、目標は誰でも簡単に達成できそう
なものにするとすれば中央銀行なんていらん罠。


542 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:33 ID:gaQDGLx3
>>540
ないというか、量的緩和する一方で金利を上げてたらそりゃインフレは
起こせませんけど、そんなことはしませんから、金利はあんまり関係ない
ですね。

543 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 22:33 ID:CU9IWq1A
インフレターゲットを示せば実質金利を下げられるってなら、
小泉が「日本経済感動した」と言えば景気が回復するようなもん。

今の日銀のターゲットは0だけど、アナウンス前と比べて実質金利が
下がったか?

んんん。下がってるわけないよね。

544 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:34 ID:Vw2PIlwN
>>543
速水じゃ実質金利がどんどん上がるからね。

545 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:35 ID:gaQDGLx3
>>543
もちろん宣言するだけでなく実際に量的緩和を行うんですよ。

546 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 22:36 ID:CU9IWq1A
はは。それやったら
実質金利は総裁しだいで、インタゲうんぬんじゃないじゃないか。

547 :( ´∀`):02/10/11 22:36 ID:930OzLZX
>>541
そうなんだよね。
それに、内閣総理大臣なんかは国会で不信任されたり
選挙で負けることがあるし、こんなどうしようもない
不景気でも業績の悪くなった企業は不良債権処理される
のに(w、日銀総裁だけはどんなに無能でも有害でも
任期中は安泰ってーのはおかしな話だよね。

548 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 22:37 ID:CU9IWq1A
日銀はかなり前から量的緩和を行っています。

549 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:38 ID:gaQDGLx3
>>548
量が少ないです。ターゲットも宣言してません。

550 :( ´∀`):02/10/11 22:38 ID:930OzLZX
短期金利がゼロ近傍になっているときに、短期国債ばかり
買いオペしても民間のポートフォリオを組替えるだけでは?

551 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:39 ID:Vw2PIlwN
>>546
景気は気からというのを俺は否定しないね。
鼠男総理大臣も顔が貧乏神みたいだからさっさと変わって欲しい(w

552 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:39 ID:Q2dhdebZ
三十兆円枠ってある意味「デフレターゲット」かもね。

553 :( ´∀`):02/10/11 22:41 ID:930OzLZX
>>552
日銀の長期国債買い入れ上限もね。
規久男っちが外せと言っていたけど。

554 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:43 ID:J+Z3itss
>>542
なんかもう頭痛いや。
たぶん根幹の部分は違わないみたいだからそれでいいよ。

555 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 22:45 ID:CU9IWq1A
ターゲットは0%以上と明確です。
長期国債を買ったからといって短期国債買うのと効果は変わらない
だろうし、短期国債を買えなければ長期国債を買えば良い。
ただ効果は変わらないだろうけど。

556 :( ´∀`):02/10/11 22:46 ID:930OzLZX
>>555
ゼロパーセントインフレって実質デフレじゃん(w

長期国債と短期国債の買い入れが違わないという根拠は?
もし両者に違いがないなら金利も変わらないはずですが?

557 :( ´∀`):02/10/11 22:47 ID:930OzLZX
んー、読めば読むほど「やんばる」の論拠って小宮御大みたいだね。
いままでもデフレ厨よか全然いいと思うけど。

558 :朝まで名無しさん:02/10/11 22:47 ID:gaQDGLx3
>>550
植田さんだって意味が無いっていってるのに…

559 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 22:51 ID:CU9IWq1A
実質デフレかどうかは関係ない。今現在のインフレ率より高い
んだから実質金利は下がらなきゃおかしいだろ。

長期国債も短期も金利がつかない債権という意味で同じ。
長期も短期も金利面でほとんど変わらないやん。そら将来の
インフレリスクも織り込まなければならないだろうけど、
それでも1%程度の金利ってのは実質名目0%金利と同じだ。

560 :( ´∀`):02/10/11 22:55 ID:930OzLZX
>>559
そーゆーことではなくて、インフレーション・ターゲッティングの
根幹は、「リフレするまで決して引きしめない」ということを
示さないと、「どうせまた引きしめるんだろ」ということで期待に
働きかけることは不可能ですよ、ということなのよ。

反対するのもいいけど、論拠になってる論文くらい読みゃ。

561 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:00 ID:mOQ/uuo1
よしわかった。1990年の公定歩合を4.0%まで引き下げるという結論でok

562 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:00 ID:J+Z3itss
やんばる落ち着け。
なんか電波っぽくなってきたぞ。

563 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 23:00 ID:CU9IWq1A
インタゲという言葉が全てのってる論文は残念ながら全部は読めない。
学生でも学者でもない社会人なんだから。(そういう非生産的な
毎日を送れる君がちょっぴり羨ましくもあるが。)

リフレするまで引き締めないんだったら、そう宣言すればいいだけで
わざわざ守れもしないターゲットなんて作る必要なんかないやん。
守れないターゲット作る方が余計日銀のうさんくささが増して逆効果
やん。

564 :( ´∀`):02/10/11 23:03 ID:930OzLZX
>>563
最初に出たクルーグマンの「復活!流動性トラップと…」くらい
読んでもいいんでないかい?(w
俺はパンキョーの授業中に読んじまったぞ(w

ところで量的緩和でリフレできないってーのは、そもそも論理として
背理であることに「やんばる」君は気付かないの?

565 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:03 ID:gaQDGLx3
>>563
ひとつも読んでないでしょ。

566 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:06 ID:YBqn/S/8
インタゲ実施後、引き締めのタイミングについては当然「まだだ」「いまだ」と論争になる
と思うが、その辺の目安みたいなものはあるのか?

先に言っておくけれど、論文はなんら読んでません。

567 :( ´∀`):02/10/11 23:06 ID:930OzLZX
やんばる君が読んだ論文は、小宮せんせの日経「経済教室」と、
先々週あたりに載ってた日経5面の「深尾VS小宮」特集くらいって
気がするな。

568 :( ´∀`):02/10/11 23:07 ID:930OzLZX
>>566
ターゲットがあれば、その時点のCPIが目安になるでしょう。

569 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 23:08 ID:CU9IWq1A
http://www.pkarchive.org/

http://www.pkarchive.org/

私がやんばるくいなだった頃ほとんど2ch経済の誰もインタゲなんて
話題にしてなかった頃インタゲスレを作った本人です。(苺ではすでに
話題になってました。すいません。)

量的緩和でリフレはできるだろう。(私は札束を国民にばらまけば
景気は回復すると信じているのだから。)ただ今のやり方でインタゲ
やっても無理だと言ってるのだ。

570 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:08 ID:J+Z3itss
>>566
年率のGDP成長率とインフレ率じゃだめか?

571 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 23:10 ID:CU9IWq1A
日経は読みませんし、君の言ってる記事なんて目にとまった
事もない。

572 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:11 ID:Q2dhdebZ
>>569
> 私がやんばるくいなだった頃

このフレーズはなんだか素敵

573 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 23:12 ID:CU9IWq1A
というか、最近新聞なんて読んだ事ない。テレビも見ないし。
見るのはうたばんとBestHitTVぐらい。たまにNHKの理系のやつ
みるけど。

574 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:13 ID:7eag+zxr
現在のデフレは不況の原因ではなくむしろ結果。

デフレは不況を作っている一つの要素と言えなくもないが、たくさんあ
る要素の中の一つにすぎない。
不況の結果としてのデフレはよくないことだが、デフレのみを人為的、
作為的に調整しインフレにしたところで景気がよくなるものではない。
不況には他の要因が多く複雑に絡み合っているからだ。

今の状態で強引に人為的インフレを起こしたところで景気は回復せず、
不況とインフレの二重苦に苦しめられることになる。


575 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:14 ID:J+Z3itss
落ち着けやんばる。
なんとなく独り相撲になってきてるぞ。

576 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:15 ID:gaQDGLx3
>>569
>ただ今のやり方でインタゲやっても無理だと言ってるのだ。

ではどうすればインフレになると?

577 :dell:02/10/11 23:16 ID:Lo8cSdId
>>574

このコピペ、3行目までは正しい事を言っているのがミソですね。

でも、4行目以降が問題です。

>デフレのみを人為的、作為的に調整しインフレにしたところで景気がよくなるものではない。

「デフレのみ」を人為的にインフレにすることは、そもそもできません。
総需要を増やす(=景気回復する)ことにより需給ギャップを解消し、インフレにするわけです。
インフレターゲットというのは、金融政策により(量的緩和、実物資産買いオペまで含む)総需要を押し上げることによりインフレを起こす政策です。

>今の状態で強引に人為的インフレを起こしたところで景気は回復せず、
不況とインフレの二重苦に苦しめられることになる。

景気回復⇒インフレ なのだから、
「不況とインフレの二重苦」などということは、あり得ません。


578 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:16 ID:knDcDqev
>>569
俺の希望は直接国民に手渡し。
はい国からボーナスだよって。

579 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:18 ID:YBqn/S/8
>>570
GDP成長率年率ですか。
そうすると毎回繰り返されているように「景気の腰はまだ弱い」的な理由がかなりの期間はばを効かせそうですね。

じゃあもうひとつ。
デフレからインフレに転じても給与所得者の給与の伸びはそうそう簡単に
は追従しないと思われるんです。結局ボーナスで反映されるようなことにな
ると思われるのですが、最短で一年程度の「モノの値段は上がる&収入は
増えない」という期間が発生するように思えるのですが、この想像は間違って
いますか?

580 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 23:19 ID:CU9IWq1A
システマチックに日銀引き受けの所得税減税をすればよい。

581 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:19 ID:EQAH/ahi
「諸外国ではインフレ・ターゲットをやって成功している」というが、これは
高すぎる物価を押さえるために、「上から下へ」下げているのであって、「下か
ら上へ」上げるインフレ・ターゲットは未だかつてどこの国もやっていない。
いちおう学説によるとスウェーデンで一回行われたが、これは1930年代の
話で、1993年から導入しているものとは違う。1930年代の時は数値を
設けない物価水準目標であって、まるでデフレ下のインフレ・ターゲットの
成功例であるかのように扱っている学説はどうにかしている。そして最初は
デフレよりインフレが懸念されていたという説もあるくらいで、その評価も
分かれている。一見うまくいったように見える部分もあるが、最終的には不況の
深刻化で打ち切られており状況も現代の日本と違い参考にしにくい。ただ常識的
に考えるのであれば、上で述べたように日銀がインフレ目標の導入をして
うまくできる訳がない。
 日銀の力だけで景気回復はできない。しかし日銀が何でも買いまくれば
インフレにはできる。日銀があえて明示的にインフレ目標値を設定させられた
暁には、それを達成するために、インフレになるまでどんどん紙幣を印刷し、
過剰流動性を大きく膨らませることになるだろう。

582 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:20 ID:gaQDGLx3
>>577
うーん、いろいろ違うんですが、、まあ置いといて。


583 :dell:02/10/11 23:23 ID:Lo8cSdId
>>563

どうして守れないのかわからない。
日銀が地球上の全ての資産を買い占めてもインフレにならない?そんなことはあり得ないでしょう。
国債、地方債、外債、株、REIT・・・と買いオペを拡大していけば、必ずインフレになるし、あとは買いオペの金額を調整するのみです。

584 :dell:02/10/11 23:24 ID:Lo8cSdId
>>581

インフレターゲットには下限だけでなく上限もあることをお忘れなく。

585 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:26 ID:gaQDGLx3
>>584


586 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:28 ID:tzKmc3xu
>>584
dell←こいつのレスって単なる書き間違いだけでなくいつもズレてるな。

587 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:29 ID:5s7cAk1N
全然ずれてないと思うが
すまんが,どこがずれているのか教えてくれ
素人の俺にはずれている箇所がわからん

588 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 23:30 ID:CU9IWq1A
外債買ってサプライサイドのインフレに持っていけば、まさに
とんでもが言うスタグフになる可能性がある。しかも今世界は
好況ではなく同時不況色を強めてるのに。

国債地方債を買っても、貸し出しが今の状況で増やせるとも思えない。
株買って燃やせばまあ株価は上がるでしょう。それが需要を増やすか
疑問だが。REITの事は解らない。まあ需要が無ければ、損がでるわけ
でREITを買う事が不動産の価格を吊り上げるとは思えないけど、
説明は非常に歓迎する。

589 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:30 ID:J+Z3itss
>>579
確かに消費支出額、設備投資額などの指標も必要かもね。

後もう一つだけど、給与所得者の給与は下がりにくいため
デフレの状況では実質的に高い水準にあると思います。
だから仮に一年くらい物価のインフレだけ先行しても大した影響は
ないと思われます。それに貯蓄もありますし。

590 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:31 ID:gaQDGLx3
>>579
>そうすると毎回繰り返されているように「景気の腰はまだ弱い」的な

それは内閣府の月例経済報告なのでは。
まあインフレを抑えるためにCPIという指標があるわけですし。

給与の伸びについては、あなたの会社の状況によっては上がらない
可能性だってあります。

591 :dell:02/10/11 23:37 ID:Lo8cSdId
>>588

外債の買いオペの結果を単に「サプライサイドのインフレ」とまとめるのは、ちょっと「らしくない」乱暴な議論ですね。
外債買いオペは、円安を通じて生産・所得を増加させるではないですか。

長期国債買い切りオペについても、札割れが頻発するくらい大量に買えば、
ポートフォリオリバランス効果はあるではないですか。

株価が上がれば資産効果があるし、地価が上がれば信用創造には明らかにプラスですよ。


592 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:37 ID:gaQDGLx3
>>588
コスト・プッシュ型のインフレだけではスタグフレーションには
なりませんよ。生産性の上昇を超えた労働賃金の上昇が
必要です。そのためには強力な労組が必要になりますが、
今の日本にも世界にもそんなものは残っていません。


593 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:41 ID:OP04Cr/T
>>952
賃金はさほど上がらず物価だけがあがるということですね。

594 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 23:46 ID:CU9IWq1A
円安を通じて輸出が増えればだけど、円高になって輸出が減った
とも思えない。どちらにしても不況時に円安で輸出が格別増えるとも
思えないし、増えても日本のGDPから見れば微々たるものに思える。
それより円安からのインフレの方が日本経済に痛いものに
なるのでは。

長期国債が現金と変わるならありえる事だと思うけど、企業の
貸し出しに特別増えるとは思えない。いったいその金はどこに
行くと考えているのだ?

株価が上がって資産効果があるのは日本人のほんの一部。将来も
その値段が続くと思わなければ株が銀行預金に流れるだけなのでは?
もちろん少しは消費に使うだろうけど。

REITを買えば地価が上がるのか?いったいなぜそういう考えが
でてくるのか、説明してくれると非常に助かるのだが。REITで
いっぱい物件を建てれば不動産不況になってREITを保障している
銀行とかにダメージがくるのではないか?(REITって不動産の
証券化だよね?)

595 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 23:49 ID:CU9IWq1A
とんでもがスタグフになるって言ってるのが一時的にも正しくなる
という事を紹介しただけで、円安が単なるサプライショックってのは
こっちも承知済み。疑うなら、経済版の「そこにあるスタグフの危機」
スレでも見てくれ。

596 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:49 ID:sb5tVBxm
>>581
で、どっかーーんとインフレかな?
レスポンスの悪い系の制御は神わざ。

597 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:51 ID:gaQDGLx3
>>595
一時的にも正しくならないと言っただけです。

598 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 23:53 ID:CU9IWq1A
10%+のインフレでもインタゲであれば一年程度で低インフレに
持っていく事が可能なのは、実証済み。
まあ単に世界的にインフレ傾向が収まった時期とインタゲ導入の
時期が重なっただけかもしれないし。

599 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:54 ID:gaQDGLx3
>>594
>株価が上がって資産効果があるのは日本人のほんの一部。

株の代金で金融緩和になるという話では?

600 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 23:55 ID:CU9IWq1A
別にそんな事は知ってるって。
http://money.2ch.net/test/read.cgi/eco/1034035971/l50
はい。リンク張ってあげたよ。俺ってとっても親切やね。

601 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/11 23:58 ID:CU9IWq1A
>>599
どういう風に日銀が株を買うのかによる。ただ単に吊り上げようという事
で株価が下がるたびに株価を買うぞとアナウンスして吊り上げていくのか。
(こっちの場合はほとんど買う必要無し)それともターゲットを決めて
企業買収みたいな感じで株をしこたま買うのか。

602 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:58 ID:5s7cAk1N
経済は素人なんだけど
確かに,LTCMが破綻したように予測不可能なことが
何万分の一の確率で起きるかも知れないけれど
そんな事を心配しては,地震大国日本で経済活動なんか
できないんじゃないかと思う

603 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:59 ID:pT/QQ7ne
http://www.geocities.co.jp/NeverLand-Mirai/3088/
http://www.cyberworld.ne.jp/kidspage/pekochan/index.html
このクソつまらない厨房たちのページ行ってみてください。
更新押すとカウンターが回るのでガンガン回してOK
今もアクセス増えつづけてるから じゃんじゃん参加してね
このレス見た人は違う板に同じ内容を書いてください

604 :朝まで名無しさん:02/10/11 23:59 ID:gaQDGLx3
>>600
起こるはずがないことが分かっているにも関わらずスタグフレーションに
なると危機感を煽っていたわけですか。

605 :dell:02/10/11 23:59 ID:Lo8cSdId
>>594

円安で輸出が増えることは、理論的にも、過去のデータからも明らかでしょう。
長期国債買い切りオペを大幅に増加させても、おそらく当面は、貸し出しの増加は僅かでしょう。
量的緩和以降の動きから見ると、国債買い切りオペの大幅な増加は、銀行の外債保有を大幅に増やすと思われます。
従って、円安⇒生産・所得増加⇒物価上昇となるでしょう。

それから、基本的にREITは既存のビルを買うのであって、ビルを建てたりは(少なくとも現段階では)していません。
従って、REIT市場の活性化はビル需要を増加させ、不動産市況の回復に寄与するでしょう。


606 :朝まで名無しさん:02/10/12 00:02 ID:9D8YvOb6
リフレ策の中で、為替を円安にする案はちょっと賛同できんな。
輸出企業は儲けるかもしれんが、輸入企業は原材料費の上昇を
消費者に価格転嫁できず、収益が悪化するだけでは?
輸入企業から輸出企業への所得移転で終わる気がするが。

国内に資金環流するのであれば減税という選択肢もあるが、
貯蓄に回るだけじゃないかと。

607 :( ´∀`):02/10/12 00:05 ID:hTUPStCd
>>606
輸出が増えて輸入が減れば、相対的に有効需要が増加して
デフレ圧力を緩和することができる。

608 :朝まで名無しさん:02/10/12 00:07 ID:NM3lmRt8
円安による輸出増加で景気回復なんていう自分勝手なことできるわけがないだろう。
それに日本のGDPに占める輸出割合なんて10%くらいだよ。
内需で景気回復しなきゃだめだって。

609 :朝まで名無しさん:02/10/12 00:07 ID:7v+72mvN
>>601
金融緩和の効果について話していたのに資産効果による消費増の話
になってるのはおかしいと指摘しただけですよ。

>>602
LTCMは破綻して当然。リスクヘッジしてなかっただけ。

610 :dell:02/10/12 00:07 ID:bj80vE3X
>>606

リフレ政策をとれば、ある程度円安傾向となるのはやむを得ないでしょう。
ただ、あまりに外需偏重の景気回復は国際的な通商摩擦のリスクもあるため、
金融緩和だけではなく、内需拡大策としての財政出動(公共投資、減税)も積極的に行うべきだと私は思います。

611 :( ´∀`):02/10/12 00:08 ID:hTUPStCd
>>608
「結果的」に円安になるのなら構わないのでは?
政府の意図的な円安誘導は問題があるだろうが。

612 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/12 00:10 ID:4VTieoAQ
円安で輸出が増えるけど微々たる量。げんに経常収支なんてどこの国で
も為替に変わらずだいたい同じような物。しかも輸出は相手国の
景気に左右される。今世界の景気はあまりよくない。アジア方面で
かなり需要があるみたいだが。

外債を増やすには資本が必要。円安になれば、外債なんてもてなくなる。

>従って、REIT市場の活性化はビル需要を増加させ、不動産市況の
>回復に寄与するでしょう。
なぜリスクを投資家に分散させる事によって不動産市況が回復するのか
よくわからん。説明きぼーん。

613 :( ´∀`):02/10/12 00:11 ID:hTUPStCd
>外債を増やすには資本が必要。円安になれば、外債なんてもてなくなる

よくわからん。説明きぼーん。

614 :朝まで名無しさん:02/10/12 00:11 ID:NM3lmRt8
>>611
日銀の量的緩和による円安は
政府の意図的な円安誘導とほぼイコールじゃあないかな。
今頭ぼけてるから、もしこの大前提が違ったらごめんなさい。

615 :朝まで名無しさん:02/10/12 00:12 ID:7v+72mvN
>>612
だから金融緩和の手段について話していたわけで、話がそれていって
ませんか?

616 :( ´∀`):02/10/12 00:16 ID:hTUPStCd
>>614
まあそう言えなくもないだろうけど、日本が実質金利を
下げれば円安になるのは当たり前で、そうしなきゃ
日本はあぼーんしてしまうわけで、そんなこと誰も
望んでないわけで。

617 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/12 00:16 ID:4VTieoAQ
>>613
銀行の話ね。日銀じゃない。ごめん、言葉足らずだった。

>>612
話がそれていってたらごめん。悪い癖だからそっちで修正機動して。

618 :くたばれ速水 ◆LYNKFR8PTk :02/10/12 00:18 ID:GJPOrq+X
みんな経済板から、出張ですか。(w

金融緩和の手段は、色々言われてるけど
どれもこれも、日銀がやらない限り話しにならんわけだがね。。

日銀が買うのは、国債か、外債か、株か、土地か。
財政は、拡大するべきか、現状維持か。
拡大するなら、公共事業か、減税か。
インフレ策推進派でもこの辺の議論は、割れるね。

619 :( ´∀`):02/10/12 00:19 ID:hTUPStCd
>>618
お、あなたまで来たか(w

620 :dell:02/10/12 00:20 ID:bj80vE3X
>>612

>経常収支なんてどこの国でも為替に変わらずだいたい同じような物。

それはどこの国で観察される現象ですか?

>しかも輸出は相手国の景気に左右される。

その通りだけれど、円高より円安が輸出の増加に寄与することには変わりがありませんね。

>外債を増やすには資本が必要

意味がよくわかりません。
OECD諸国の国債はBIS規制におけるリスクウェイトはゼロです。
従って、これらの国債を銀行が購入しても自己資本比率の低下を招きません。

>なぜリスクを投資家に分散させる事によって不動産市況が回復するのかよくわからん。説明きぼーん。

REITの設定やREITによる物件購入が相次げば、不動産需要が増えるではないですか。





621 :朝まで名無しさん:02/10/12 00:20 ID:7v+72mvN
>>617
インフレを起こす具体的な手段について話していたわけで、
そちらは国債の日銀引受けを原資とする減税を主張されていたわけ
ですよね。で、インフレターゲット付き長期国債買い切りオペ増額では
だめなんですかね。

622 :朝まで名無しさん:02/10/12 00:21 ID:NM3lmRt8
リフレにする為の経済政策(インフレターゲット)2
http://money.2ch.net/test/read.cgi/eco/1033054410/

おまえらみんなここ帰れよw

623 :朝まで名無しさん:02/10/12 00:24 ID:+cxSRcB/
>>609
LTCMの破綻はアジア通貨危機から始まった,世界通貨危機がロシアにも広まり
ロシア政府の対応が悪く,これらを予測できなかったのが原因だと聞いています
こっちはファイナンスの数理モデルですが,こんな事が起きるとは
誰も予想していなかったわけで失敗したんですよね
ノーベル賞候補と呼ばれるクルーグマンも,あるモデルに当てはめて
インフレターゲットを主張しているわけでしょう
しかし,万に一つの確率で,想定外の事が起きてスタグフレーションになるかもしない
それは否定しないけれど,そんなことを語っては,身動きが取れなくなってしまうと思うわけですよ

624 :( ´∀`):02/10/12 00:25 ID:hTUPStCd
『LTCM伝説』読んだ?

625 :朝まで名無しさん:02/10/12 00:28 ID:7v+72mvN
>>623
ヘッジさえしてれば問題はなかったんです。誰も予想してないどころか
ロバート・マートンは警告していたんですから。スレ違いもいいとこですね。

626 :朝まで名無しさん:02/10/12 00:33 ID:+cxSRcB/
>>625
どうも,スレ違いですいません
素人は引っ込みます

627 :朝まで名無しさん:02/10/12 00:35 ID:7v+72mvN
>>626
いえいえこちらこそ。『天才たちの誤算』はお勧めです。

628 :朝まで名無しさん:02/10/12 00:49 ID:s6aF+aXh
現在のデフレは不況の原因ではなくむしろ結果。

デフレは不況を作っている一つの要素と言えなくもないが、たくさんあ
る要素の中の一つにすぎない。
不況の結果としてのデフレはよくないことだが、デフレのみを人為的、
作為的に調整しインフレにしたところで景気がよくなるものではない。
不況には他の要因が多く複雑に絡み合っているからだ。

今の状態で強引に人為的インフレを起こしたところで景気は回復せず、
不況とインフレの二重苦に苦しめられることになる。


629 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/12 00:52 ID:4VTieoAQ
>それはどこの国で観察される現象ですか?
日本でもアメリカでも良い。

>その通りだけれど、円高より円安が輸出の増加に寄与することには
>変わりがありませんね。
だからそれは小さいって言ってるやん。経常収支なんて2%ぐらいでしょ。

>意味がよくわかりません。
>OECD諸国の国債はBIS規制におけるリスクウェイトはゼロです。
>従って、これらの国債を銀行が購入しても自己資本比率の低下を
>招きません。
ん〜疑ってBISのHPまで調べてきたらまさにその通りでした。
(OECD以外は円建てではないと駄目みたいですが。だからアルゼンチンの
サムライ債があるのかと少し賢くなりました)どちらに
しても円安は外国建て資産を膨らますので資産を売って円に換えざるを
えなくなる。

>REITの設定やREITによる物件購入が相次げば、不動産需要が増えるでは
>ないですか。
REITに設定できる優良不動産は需要なしにはありえない。オフィス
需要が変わらないかぎりREITに設定できる優良物権が増えるとも
思えない。

630 :dell:02/10/12 01:28 ID:bj80vE3X
>>629

やんばるさんはマンデル=フレミングモデルも否定なのですか?
金融緩和が通貨安をもたらし生産、所得を増加させるというのが、マンデル=フレミングモデルにおける金融緩和の効果なのですが・・・。

>どちらにしても円安は外国建て資産を膨らますので資産を売って円に換えざるをえなくなる。

これがわからない。
OECD諸国の国債はBIS規制におけるリスクウェイトがゼロなのだから、BIS規制上の総資産は増えません。
だから、「外国建て資産を膨らますので資産を売って円に換えざるをえなくなる」ことはないでしょう。

>オフィス需要が変わらないかぎりREITに設定できる優良物権が増えるとも思えない。

優良物件が増えないのに優良物件に対する需要は増える。だから、優良物件の価格が上がる。





631 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/12 01:53 ID:4VTieoAQ
モデル事態はすばらしいけど、あるモデルがいつも正しいという事は
ないと思う。たとえば金利が安くなって株価が上がって通貨高になるかも
しれない。どちらにしても金融緩和が所得を増加させるのは間違い
ないが、銀行が今の状況で貸し出しが増やせるとは思えない。投資も
今のデフレギャップの中では需要が回復してからでないと、
増えないのではないかと思う。だからこそ政府が需要を作り出す
べきだけど、国債を発行してやれば非常に大規模な物が必要になり
現実的ではないと思うので、日銀が引き受ければ良いと思う。

>OECD諸国の国債はBIS規制におけるリスクウェイトがゼロなのだから、
>BIS規制上の総資産は増えません
国債はゼロだけど、民間への貸し出しは円安によって増えるんだから、
資本を増強しないかぎり、民間への貸し出しを売り払って円に換える
しかない。

>優良物件が増えないのに優良物件に対する需要は増える。だから、
>優良物件の価格が上がる。
REITになるからと言ってその物件の値段が上がるという理屈が
私には解らない。

632 :( ´∀`):02/10/12 08:45 ID:JLTUB7sH
今の状況で貸し出しを増やせないから金融緩和するのでは?
金利が安くなって株価が上がれば資金需要が出ないと考えるほうが
モデルとして摩訶不思議な気がするんですけど。
ただ、きっかけがいまいち金融緩和だけで起こるかわからない、
というのはあるので、一度呼び水的な財政支出がしたほうが
いいかも知れないですね。

あと、二段落目はdellさんと同じくなんで換金しなきゃいけないのか
僕にもわからないっす。銀行は資産をいちいち換金した上で
貸し出してるんですか?

三段落目に関しては、それまで持ち主が半永久的に家賃収入くらいしか
取らずに所有していた物件が、それを配当として投資できるように
なれば金融商品としてはかなり魅力的なので需要は増えると思います。
どうしようもない物件なら増えないと思いますが。

どうもやんばるさんは「反対のための反対」をしてるようにしか
思えないっすね。

633 :朝まで名無しさん:02/10/12 10:20 ID:9HAWerfP
アメリカ政府はデフレ対策をするって発表していたようだけど、どういう対策するのかね?

634 :朝まで名無しさん:02/10/12 11:49 ID:t5B2683e
>>633
戦争と公共事業以外考えられない。

635 :朝まで名無しさん:02/10/12 11:54 ID:6t66LAoP
やんばるさんの考えるリフレってどんなの?

636 :朝まで名無しさん:02/10/12 12:02 ID:AoEg9Isx
>>632
> ただ、きっかけがいまいち金融緩和だけで起こるかわからない、
> というのはあるので、一度呼び水的な財政支出がしたほうが
> いいかも知れないですね。
つーか、それなしでは成立しないっしょ。
それなしで貸し出し量が増えるのなら十年前に回復してるはず。

637 :朝まで名無しさん:02/10/12 12:18 ID:6t66LAoP
>>636
過去に金融政策と財政出動が噛み合った時なんて合ったっけ?

638 :朝まで名無しさん:02/10/12 12:20 ID:dtVby42H

デフレ解消はインフレ政策を実行するのみ、今、極度のデフレなので
 イフレターゲット必要有りません。 これ経済の常識?


639 :( ´∀`):02/10/12 12:22 ID:Zr9GnWfy
>>637
どっちかがアクセルふかしてるときは
どっちかがブレーキ踏んでたからね(w

640 :朝まで名無しさん:02/10/12 12:24 ID:dtVby42H
政府がインフレ政策とり、経済拡大されそうだと、
銀行から、どんどん借金すべし。

641 :朝まで名無しさん:02/10/12 12:58 ID:ov9fWZ+f
>>637
噛み合わさせるためにもインタゲを導入して金融サイドの暴走を止めるのは重要。
インフレ懸念も無いのに利上げされたらたまらん。

642 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/12 14:04 ID:4VTieoAQ
>>632
>今の状況で貸し出しを増やせないから金融緩和するのでは?
それはすでにやられていて、結果はでていない。

>金利が安くなって株価が上がれば資金需要が出ないと考えるほうが
>モデルとして摩訶不思議な気がするんですけど。
金利が安くなれば、債権から株に流れる可能性はあるでしょう。
ただし、株はリスクのある資産で持ち合いを解消しようとしている
時に新たに銀行が株の保有を増やすとは考えにくいですが。
あともちろん金利が安くなればですが。

>僕にもわからないっす。銀行は資産をいちいち換金した上で
>貸し出してるんですか?
こっちは質問が解らないが。たとえば10兆円アメリカ本田にドル建てで
貸していれば、ドルが20%高くなれば、2兆円ぶんの貸し出しをアメリカ
本田から回収するか、それが無理ならアメリカの銀行にその債権を売るしか
ない。もちろん日本の貸し出しを縮小するという手もあるけど、常識的に
考えて海外を縮小する事になるでしょう。

>三段落目に関しては、それまで持ち主が半永久的に家賃収入くらいしか
>取らずに所有していた物件が、それを配当として投資できるように
>なれば金融商品としてはかなり魅力的なので需要は増えると思います。
持ち主が将来受け取る現在価格に対して証券化価格は手数料と格付け上げ
する為の手数料もしくは値引きが必要。私にはどこがどういうふうに
この物件の値段が上がるのか見えないのだが。

>どうもやんばるさんは「反対のための反対」をしてるようにしか
>思えないっすね。
別にそういった量的緩和をしたければすれば良い。それで景気が回復すれば
儲けもの。ただ達成できない目標を掲げるのは日銀の信用を落として逆効果だ。

643 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/12 14:07 ID:4VTieoAQ
>>635
私は金融からではなく、需要面から景気は回復させるべきだと思う。
インタゲに関しては達成不可能な目標をたてるのは、日銀の信頼性を
損なわせるだけだと思うので、逆に無理な事は無理として、財政政策の
サポートに回るほうが、あとあと良いと思う。

644 :朝まで名無しさん:02/10/12 14:39 ID:XITZw4pd
>>643
まず需要と供給のバランスに手をつけるなら、プラザ合意以降の円高誘導をまず見直すべきだな

645 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/12 14:44 ID:4VTieoAQ
1987年の「なんて読めば解らん都市」合意でドルは十分下がったと
して、すでに15年間円高誘導は行われていません。

646 :朝まで名無しさん:02/10/12 15:09 ID:trk/7YzC
川口の政経メールマガジン
「日本財政破綻の足音 第一部 」
本日21時配信予定

登録は下記から
http://www.mag2.com/m/0000098028.htm

ご意見・感想をお待ちいたします



647 :朝まで名無しさん:02/10/12 16:46 ID:j5//oa9h
>>645
今の実効為替レートが、本当に適正なものか疑った事はないのか?
FRBによって意図的に高い水準にされているとは思わないのか?

648 :朝まで名無しさん:02/10/12 16:49 ID:gGg+6Pm6
しかし、今ドル高誘導すれば日本は助かるがアメリカは沈没
しちまうからな。

いくら日本の不況がアメリカの足を引っ張っているとはいえ、
そういう本末転倒な真似はしないだろうよ。

649 :朝まで名無しさん:02/10/12 20:24 ID:Qi1KB8Ks
>>643
量的緩和の効果がないというのはバーナンキの背理法から誤りであることが
明らか。現在日銀が行っている緩和策に効果がないことと、量的緩和自体が
無効であることとは別。(短期国債の買いオペだけで量的緩和が十分行われ
ているとは片腹痛い)

財政政策については一時的な刺激策に過ぎず、自立的回復には繋がらない。
財政政策で自立的回復が実現することを示すには、均衡点が複数になって
しまう。
http://www.post1.com/home/hiyori13/krugman/scurvej.html

650 :朝まで名無しさん:02/10/12 20:25 ID:Qi1KB8Ks
おっと無意味にsageてしまった。

651 :朝まで名無しさん:02/10/12 22:40 ID:6t66LAoP
>>643
なるほろ、需要面ですか。
すると具体的には、どんな感じになるんでしょうか。
たとえば、成長産業にバンバンお金を発行するとか
もしくは、公共事業などを効率よく、大規模にするとか
そんなんでしょうか?

経済はよく分からないので、厨な聞き方ならすみまそん。

652 :朝まで名無しさん:02/10/12 23:26 ID:gxUErNOd
        ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・)<  ( ´∀`) まだー?
             \_/⊂ ⊂_)_ \_______
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
        |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:| :|
        |           .|/


653 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:04 ID:UGVzriPE
インタゲ導入の理由

1. インフレ期待による需要創出→外資による草刈り場へ
2. 日銀国債引受を財源に公共投資→今までの失政(財政赤字)を
                 チャラに

654 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:14 ID:VSurAS9T
結論:インフレターゲットが正しい。インフレターゲット反対意見は すべて論破された。
よって、日本政府は、すぐにインフレターゲットを実行するべき。

終了

655 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:22 ID:WEclkJ7v
財政赤字をチャラにするためには相当なインフレが必要であって
モデレートなインフレを想定しているインフレターゲットでは
追いつかないのではないですか?
少しでも改善すればいいということかな?

656 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:29 ID:UGVzriPE
>>655
「相当なインフレ」をターゲットしてるんじゃない?

657 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:30 ID:WEclkJ7v
>>656
ほほう。それはすごい。
「5年間で円の価値は2分の1にします」
とか言うのかな。


658 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:30 ID:UGVzriPE
いままでの分すべてをチャラにとは言わないけど、追加分を
チャラで済ますぐらいのものを期待してるんでしょ?

659 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:31 ID:95u9UNc9
>>658
期待してないですよ。そういう政策じゃありません。
目的は実質金利を下げること。

660 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:32 ID:UGVzriPE
>>659
純粋な金融政策ってこと?

661 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:32 ID:3c7NLoaf
なにいってんのいんたげだけでちゃらにするわけないじゃんいんたげでけいきかいふくしてぜいしゅうでちゃらじゃん

662 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:33 ID:WEclkJ7v
実質金利って、国債の金利のことですか?
名目金利がいまだって、相当低いのに?


663 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:33 ID:95u9UNc9
>>660
純粋なというのがどういうことか分かりませんが、「国債チャラ」を
狙った政策でないことは確かです。チャラにする必要もありませんし。

664 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:34 ID:UGVzriPE
>>661
でも>>657みたいのでもチャラになるじゃん。
結構期待してんじゃない?

665 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:34 ID:UGVzriPE
>>663
現状の財政赤字は許容範囲?

666 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:35 ID:WEclkJ7v
立花隆氏は歴史的にみて、これほどの規模の国家財政の赤字は
ハイパーインフレで解消してきたのだ、と論じていたよ。
ま、それしかないかというとそんなことはないんだろうけど、、

667 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:36 ID:95u9UNc9
>>662
名目金利-インフレ率=実質金利。
名目金利は0以下にはならないので、それ以上に実質金利を
下げたいときにはインフレにする必要があります。

668 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:37 ID:wDPFLkO1
>インフレにすれば、デフレも脱却できて
>景気も回復するってわかっているのに

あんた、馬鹿な事言うんじゃないよ。無理やりインフレにしてデフレ不況を
克服できると思ってるの?デフレ原因の不況を克服した上で初めて
インフレを許容できる体力がつく。
下手をすれば、スタグフレーション(不況下のインフレ)
を引き起こす可能性さえある。つまり、不況が回復していないのに
インフレが進行して、物価が上昇する。物価上昇にもかかわらず
企業体力は回復せず、消費も高物価のためさらに冷え込む。
このほうが最悪の異常状態。不況期に価格が下げ圧力となり物価が
下がるただし低価格、低収益で企業業績が下がる循環はむしろ
正常な経済現象。無理に作為して失敗したら人為的異常現象を引き起こす
恐れがある。いまは、デフレ原因の要素を取り除き、将来の回復の芽となるものを
育てる正攻法こそ取られるべきだ。


669 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:38 ID:WEclkJ7v
>>667
すなわち金利をマイナスにするってことですか?
ふむむ。

670 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:40 ID:95u9UNc9
>>664
財政赤字のせいで不況になっているわけではありませんから、期待しては
いないと思います。

>>665
このままのペースが続けば困りますけど、残高としては全然許容範囲です。
>>666
立花隆は電波です。別に解消しなくてもいいですし。

671 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:41 ID:UGVzriPE
『貨幣は貨幣であるが故に貨幣である』んだからデフレってのは
貨幣経済にとって理想的な状態だよね。
でもインタゲ論者はこのまま無策を継続するとハイパーインフレ
が来るって言うんでしょ?
どっちにしろ極端はよくないし、下心がないんだったら、あと
きっちりターゲッティングできるんだったら、インタゲをやって
みてもいいかも、とは思うんだけど。

672 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:43 ID:WEclkJ7v
ペースについてですが、かなりのペースでは?
財部誠一氏などはHPで借金時計なるページを作成して
煽っておられますが。。
(見てるうちに額がどんどん増えていくというもの)

673 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:45 ID:3c7NLoaf
>>669
高度成長時代に借金すればするほど得と言われたのはそのためです。
将来給料が倍になれば昔の借金の重みは半分になりますよね?
時が経つのを待つだけで昔大金だった借金が屁でもなくなるわけです。
ってそんぐらい分かってるか…失礼。

674 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:46 ID:WEclkJ7v
いえいえ、解説ありがとうございます。勉強になります。
素人なもので。

675 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:46 ID:UGVzriPE
>>673
でもさ、いま体力持ってるのは外資なんだし、かつてと違って
日本は魅力的だし、草刈り場になんない?

676 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:48 ID:WEclkJ7v
外資が席巻しても、そこで働くのは日本人でしょ?
日系企業よりも幸せな人もでるし、それはそれでいいの
ではないか、と思いますけどね。
ビッグバンでウインブルドン現象が起こるとか言われた
けどそうでもないような気もする。

677 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:49 ID:3c7NLoaf
>>675
日本人が雇用されて給料もらってればそれでいいんじゃないですか?

678 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:50 ID:3c7NLoaf
あ、かぶった。

679 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:50 ID:WEclkJ7v
失礼

680 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:52 ID:95u9UNc9
>>668
>あんた、馬鹿な事言うんじゃないよ。無理やりインフレにしてデフレ
>不況を克服できると思ってるの?

デフレとはインフレの反対ですから、インフレにすればデフレは解消
します。

>デフレ原因の不況を克服した上で初めてインフレを許容できる
>体力がつく。

インフレにするといってもたかだか2〜3%ですから、体力もなにも
ありません。好況な経済はそれぐらいのインフレ率です。

>下手をすれば、スタグフレーション(不況下のインフレ)を引き起こす
>可能性さえある。

まったくありません。スタグフレーションは並外れて強力な労働組合
の存在がなければ実現しません。

>いまは、デフレ原因の要素を取り除き、将来の回復の芽となるものを
>育てる正攻法こそ取られるべきだ。

そのためのインフレターゲットです。デフレ下で「将来の回復の芽となる
ものを育てる」ことなんてできませんし。

681 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:53 ID:UGVzriPE
ケーコーン紹介所になっちった。

でも結局そうなるのか。経済政策としてそれはどうなんですかね?
産業空洞化は現在進行形でしょ?中小企業(とその労働者)は切り
捨て?

682 :朝まで名無しさん:02/10/13 01:58 ID:95u9UNc9
>>671
>『貨幣は貨幣であるが故に貨幣である』んだからデフレってのは
>貨幣経済にとって理想的な状態だよね。

貨幣価値が上がりすぎるのも貨幣経済にはよくないのです。

>でもインタゲ論者はこのまま無策を継続するとハイパーインフレ
>が来るって言うんでしょ?

誰もそんなことは言っていません。少なくともインフレターゲット賛成派は。
ハイパーインフレとは巨額の対外債務を抱えた国でなければ起こらない
現象ですから、世界に冠たる債権国である日本には関係のない話です。

>下心がないんだったら

下心ってなんでしょう。元々アメリカの経済学者が提唱した政策ですし
今も世界中の経済学者や中央銀行関係者に支持されている政策です
から、特定の利害関係から提案された政策でないことは確かです。

683 :朝まで名無しさん:02/10/13 02:03 ID:95u9UNc9
>>681
産業空洞化というのは眉唾ものです。中小の製造業が苦しんでいるのは
単に不況だからでしょう。80年代にアメリカではメキシコへの産業移転
が問題になりましたが、90年代には空前の好景気になりました。
そもそも日本はサービス産業主体の経済ですから、空洞化しようがない
というのがほんとのところでしょう。製造業で成り立っているイメージ
が先行しがちですが。

684 :朝まで名無しさん:02/10/13 02:06 ID:UGVzriPE
>>682
> 誰もそんなことは言っていません。少なくともインフレターゲット賛成派は。

あらそうだった?インタゲ賛成派(俺もそうかも)は現在は恐慌で
あるとういう認識なんでしょ?このままずるずる行けばマジでアウト
になるよって聞いたけど。
あと対外債権(ってアメリカ国債でしょ?)ってほんとにインフレ
の行き過ぎへの担保になるの?

あ、「下心」ってのは財政赤字(失政)をチャラにってことでつ。

685 :朝まで名無しさん:02/10/13 02:10 ID:95u9UNc9
>>684
マジでアウトになるというのはハイパーインフレを指すのではありません。
物価が下がりつづければ経済は縮小するばかりだと言っているんです。
ハイパーインフレはその逆で物価が上がりすぎることをいいいます。

対外債権が担保になるわけではなくて、対外債務がインフレを止められない
原因になるということです。その対外債務がないんだから、ハイパーインフレ
は有り得ないわけです。

財政赤字はチャラにする必要はありませんし、不況の原因でもありません。

686 :朝まで名無しさん:02/10/13 02:28 ID:UGVzriPE
>>685
経済の縮小→円の下落→貿易赤字→対外債権の減少
ってことではなかったんですか?

と、今日はこの辺で。おつき合いどうもありがとうございました。

687 :朝まで名無しさん:02/10/13 02:34 ID:95u9UNc9
>>686
経済の縮小自体が問題です。仕事がなくなり、犯罪が増え、行政サービスが
減るわけですから。貿易赤字や対外債権の減少(同じことですが)は問題では
ありません。アメリカのように貿易赤字を抱えていても景気がいいということ
はあるわけですから。

688 :朝まで名無しさん:02/10/13 02:37 ID:UGVzriPE
>>687
これでホントに最後(W

ありません。アメリカのように貿易赤字を抱えていても景気がいいということ

だってあそこはお札刷ればいいんだもん。

689 :朝まで名無しさん:02/10/13 02:41 ID:95u9UNc9
>>688
お札を刷ればインフレになりますよ。国際基軸通貨だからお札刷って
もの買い放題というのは間違いです。基軸通貨にメリットなんてありません。
詳しくは以下を参照のこと。
http://www.post1.com/home/hiyori13/krugman/euroj.html

690 :朝まで名無しさん:02/10/13 02:56 ID:95u9UNc9
>>688
貿易赤字って別に悪いことではないんですよ。アメリカでなくても
貿易赤字で好景気の国はたくさんあります。逆に貿易黒字ならいい
というものでもありません。今の日本がまさにそうですが。

691 :朝まで名無しさん:02/10/13 02:59 ID:95u9UNc9
わかりやすいのは説明は以下
http://www.senshu-u.ac.jp/~the0374/PAPERS/PAPER97/

692 :朝まで名無しさん:02/10/13 03:01 ID:95u9UNc9
わかりやすい説明は以下、の間違いですね。

693 :朝まで名無しさん:02/10/13 03:09 ID:Uxrvjnrp
>1
>何故インフレターゲットを導入しないのか

何故って、インフレターゲットの成功事例、世界中にないだろ!

先週日経が大扱いし、また系列でWBSが単独インタビューした、
インフレターゲットのサンドイッチマン、狂愚漫。
もっともノーベル賞に近い経済学者、などと持ち上げたが、当然
ながらインタゲ男・屁ーぞー同様に、今回(2名)も問題外(w



694 :朝まで名無しさん:02/10/13 03:21 ID:Rm64B1qP
>>693
やってみないことにはどういう結果になるのか解らない
だからやらない

そんな人間を内閣に入れる方が間違いだろうよ
今は未曾有の領域にある、慎重さも必要だが思い切った政策もまた必要だろう

695 :朝まで名無しさん:02/10/13 03:34 ID:95u9UNc9
>>683
>何故って、インフレターゲットの成功事例、世界中にないだろ!

逆です。失敗例がありません。インフレを起こすために使われた
例はないというのも間違いです。イギリスとニュージランドは
下限付きターゲティングですから。

クルーグマンがノーベル賞をとるのは確実ですよ。既に40歳以下
の最も優れた経済学者に送られるジョン・ベイツ・クラーク賞を
受賞しています。

696 :( ´∀`):02/10/13 10:11 ID:gKkEfLjJ
オハヨウ御座います。昨夜は遊んでました。

さてさて。
>>693のような香ばしい燃料が補給されてまたスレが活性化しますかな。
わざとやってんのかもしんないすけどね。

クルーグマンの主要業績はあくまで貿易政策で、インタゲなんて
経済学者なら誰でも賛成する政策なんて主要業績でも何でもない。
ただ一番最初に言い出したから彼の名前がよく出るだけの事。

インフレーション・ターゲッティングなんかでノーベル経済学賞を
やったら、価値が平和賞並にデフレスパイラルします。

697 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/13 10:17 ID:8hNUaUn6
>>696
おはようございやす。
サンプロ例の如く検証も無しにインタゲ危ないって言い逃げ。

698 :( ´∀`):02/10/13 10:20 ID:gKkEfLjJ
あと、>>やんばるさん

なんだか話がずれてるような気がするので軌道修正すると、
実は大筋ではそんなにずれてない気もするんすよね。
このスレの主要な主張(や、経済板の論調)は
「日銀がもっと本気で量的緩和すればリフレできる」と
いうことだけど、日銀だけじゃなかなかリフレしないんじゃない?
ということっしょ?

なら、LMが水平になっているぶん、政府の財政支出である程度
ISを右に動かす政策と一緒にやればいいってだけのことで、
これなら経済板の「だな〜」あたりの主張と一緒じゃないすかね。

699 :朝まで名無しさん:02/10/13 10:21 ID:Uxrvjnrp
>695
>クルーグマンがノーベル賞をとるのは確実

ノーベル賞で特に経済学賞は、デリバ関連で受賞の米国の連中が皆、最近の
企業不正、破綻で皆馬脚をあらわして犯人扱いに、など惨憺たる状況だから、
インタゲ男・狂愚漫の受賞、だってあるかもな(w

とにかくWBSの単独インタビューで、この貸し剥がしの時期に「日本で
は資金があるのに借り手がいない」等々、日本経済に無知のまま偉そうに
指図してみせるなど、「語るに落ちる」専門家ぶりだったな(w

700 :( ´∀`):02/10/13 10:23 ID:gKkEfLjJ
>>697
あ、そうなんすか?

経済板でちらっと「サンプロでインタゲやってる」と見ました。
でも田原は「下から上にあげるインタゲはしたことない」って
前々から言ってるみたいっすね。まあただのマッチポンプ男なんで
どうでもいいけど。

701 :( ´∀`):02/10/13 10:25 ID:gKkEfLjJ
>>699
ブラック・ショールズ関連の受賞のことかな?
あれは会計不信とは関係ない話だけど。

それにデフレ下で資金の借り手がいないのは本当だよ。
みんな借金が自動増殖する前に返そうとするし。

702 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/13 10:26 ID:8hNUaUn6
>>700
論を煮詰めて検証して答えを出すなら未だしも
「インタゲ危ない!危ない!」と脊髄反射。
これでマータTV観てる奴等が思考停止する。
正直堪らん。

703 :( ´∀`):02/10/13 10:28 ID:gKkEfLjJ
ZAKZAKで「竹中VS木村」って記事で、「外資系エコノミスト」
が「インフレターゲットについては木村が正論」って言ってるのを
必死で貼り付けてる連中が経済板にもいるようだからね。

「下から上にあげたことはない」なんて単純なウソで騙される
ほど日本人って単純なんだよね。大体、コメントしてる奴が
どこからどうみても「空売り屋」じゃねーか、と

704 :朝まで名無しさん:02/10/13 10:35 ID:jF/f/yFn
ヒステリーババアにと同様、日本に無知男クン・狂愚漫にも信者らが(w

705 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/13 10:37 ID:8hNUaUn6
>>704
うぉーい、漏れは中小企業営んでるけど
今更借り入れする馬鹿は漏れを含めて他業者にもいねーぞー。

706 :( ´∀`):02/10/13 10:38 ID:gKkEfLjJ
クルーグマンに恨みでもあるの?(w

まあ大方木村本の愛読者なんだろうけど。

707 :( ´∀`):02/10/13 10:40 ID:gKkEfLjJ
サンプロではまた田原のおべっかが始まったようですな。

頭痛くなってきたんでテレビ消して、ついでにこちらも落ちます。

708 :朝まで名無しさん:02/10/13 11:16 ID:VSurAS9T
結論:インフレターゲットが正しい。インフレターゲット反対意見は すべて論破された。
よって、日本政府は、すぐにインフレターゲットを実行するべき。

終了

709 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/13 11:20 ID:8hNUaUn6
>>708
反対意見と言うか、インタゲ導入に対する不安は払拭されたと言うべきかもね。


710 :朝まで名無しさん:02/10/13 11:26 ID:Uxrvjnrp
>709
>不安は払拭されたと言うべきかもね

もともと不安などないから、信者なんではないでしょうか、狂愚漫の。

711 :朝まで名無しさん:02/10/13 11:26 ID:Tutuip62
「諸外国ではインフレ・ターゲットをやって成功している」というが、これは
高すぎる物価を押さえるために、「上から下へ」下げているのであって、「下か
ら上へ」上げるインフレ・ターゲットは未だかつてどこの国もやっていない。
いちおう学説によるとスウェーデンで一回行われたが、これは1930年代の
話で、1993年から導入しているものとは違う。1930年代の時は数値を
設けない物価水準目標であって、まるでデフレ下のインフレ・ターゲットの
成功例であるかのように扱っている学説はどうにかしている。そして最初は
デフレよりインフレが懸念されていたという説もあるくらいで、その評価も
分かれている。一見うまくいったように見える部分もあるが、最終的には不況の
深刻化で打ち切られており状況も現代の日本と違い参考にしにくい。ただ常識的
に考えるのであれば、上で述べたように日銀がインフレ目標の導入をして
うまくできる訳がない。
 日銀の力だけで景気回復はできない。しかし日銀が何でも買いまくれば
インフレにはできる。日銀があえて明示的にインフレ目標値を設定させられた
暁には、それを達成するために、インフレになるまでどんどん紙幣を印刷し、
過剰流動性を大きく膨らませることになるだろう。

712 :朝まで名無しさん:02/10/13 11:31 ID:Uxrvjnrp
>711
明快ですね、ここには信者ばかりじゃなかったんですね!

713 :朝まで名無しさん:02/10/13 11:35 ID:Tutuip62
「諸外国ではインフレ・ターゲットをやって成功している」というが、これは
高すぎる物価を押さえるために、「上から下へ」下げているのであって、「下か
ら上へ」上げるインフレ・ターゲットは未だかつてどこの国もやっていない。
いちおう学説によるとスウェーデンで一回行われたが、これは1930年代の
話で、1993年から導入しているものとは違う。1930年代の時は数値を
設けない物価水準目標であって、まるでデフレ下のインフレ・ターゲットの
成功例であるかのように扱っている学説はどうにかしている。そして最初は
デフレよりインフレが懸念されていたという説もあるくらいで、その評価も
分かれている。一見うまくいったように見える部分もあるが、最終的には不況の
深刻化で打ち切られており状況も現代の日本と違い参考にしにくい。ただ常識的
に考えるのであれば、上で述べたように日銀がインフレ目標の導入をして
うまくできる訳がない。
 日銀の力だけで景気回復はできない。しかし日銀が何でも買いまくれば
インフレにはできる。日銀があえて明示的にインフレ目標値を設定させられた
暁には、それを達成するために、インフレになるまでどんどん紙幣を印刷し、
過剰流動性を大きく膨らませることになるだろう。

714 :716:02/10/13 11:37 ID:Tutuip62
だぶった、すまん

715 ::02/10/13 11:52 ID:2BZU4OSF
デフレを阻止してインフレに転化することが出来、なおかつインフレ抑制
のためのターゲット成功例が幾らでもあるのであれば、インフレターゲットは
うまくいくってことじゃんw。ていうか「いままでやらなかったから
やらない」だなんてただの前例主義で反論にすらなってない。

しかし、まあ、あれだね。100歩譲ってインタゲに議論の余地がある
としても、さらに大きな議論の余地があったと思われる2000年8月の
「不況下での利上げ」があっさり決まったことには賛成なのかね。
日銀擁護クンは。




716 :( ´∀`):02/10/13 11:54 ID:gKkEfLjJ

コピペしかできない低脳は逝け

717 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/13 12:08 ID:8hNUaUn6
>>715
ありゃ日銀の明確なデフレで逝くぞ宣言だからねー。

718 :朝まで名無しさん:02/10/13 12:26 ID:ARa+w82K
>>699
>この貸し剥がしの時期に「日本では資金があるのに借り手がいない」

企業部門全体では資金余剰になってるんですよ。マスコミの垂れ流す
電波を真に受けちゃだめです。資金循環統計で確認しましょう。

719 :朝まで名無しさん:02/10/13 12:45 ID:cnj9eS+L
現在のデフレは不況の原因ではなくむしろ結果。

デフレは不況を作っている一つの要素と言えなくもないが、たくさんあ
る要素の中の一つにすぎない。
不況の結果としてのデフレはよくないことだが、デフレのみを人為的、
作為的に調整しインフレにしたところで景気がよくなるものではない。
不況には他の要因が多く複雑に絡み合っているからだ。

今の状態で強引に人為的インフレを起こしたところで景気は回復せず、
不況とインフレの二重苦に苦しめられることになる。


720 :朝まで名無しさん:02/10/13 12:55 ID:6tgq4wsH
>>715
日銀はあれで腹を切るべきだったね。
しかし日銀擁護君は誰も追及しない。
目が節穴なのか、それとも日銀職員なのか?

721 :朝まで名無しさん:02/10/13 15:24 ID:mp+BSHc8

中立経済へ移行するには、2%程度の
インフレ経済政策を実行すれば宜しいのです。
バブル時の総量規制の廃止、更なる減税すれば経済
活況するでしょう。


722 :朝まで名無しさん:02/10/13 15:28 ID:d70MiutT
あえて通貨を堕落させようという古典的な無謀な試みを宣言して行うことは、
キャピタル・フライトのリスクを自ら膨張させる。大幅な円安と国債暴落の
リスクを高めていく。その結果、景気回復による物価上昇の前に起こることは、
急激な金利の上昇にすぎまい。デフレからインフレへの転化が景気回復をもた
らすという彼らの思惑は見事に外れ、高金利下の深刻な不況が日本全体を覆い
尽くすことになるだろう。
現時点の日本において、キャピタル・フライトのリスクを直視しないのは、
狂牛病を直視しない農林省と同じである。不良債権問題を直視しない金融庁と
言い換えてもよい。キャピタル・フライトのリスクはもうそこにある。
危機はすでにそこにあるのだ。目を凝らせば、はっきりと見えるはずである。
その危機を直視していないから、無責任な言説を垂れ流すことができるのだ。

723 :朝まで名無しさん:02/10/13 15:28 ID:d70MiutT
調整インフレと称するインフレターゲットは、デフレを人為的にインフレにする
代物である。インフレにすれば企業業績が回復し、実質金利も下がる。物価は上
がるが給料も上がり、実質債務が減少する。それによって競争力が増していき、
景気が回復する。なるほど。確かにそんな気がする。しかしこれはインタゲ派が
都合のよいように解釈したに過ぎない。
前例主義で言えば、1930年代のスウェーデンがデフレを人為的にインフレに
して成功したらしい。但し消費者物価指数が無かったので証明のしようがない。
日本では30年代の高橋是清時代にデフレを人為的にインフレにもっていった例
があるがその後、理由はいろいろあるにせよハイパーインフレとなる。
日銀が国債をすべて買うという行為や戦争による激しい副作用であろう。


724 :朝まで名無しさん:02/10/13 15:29 ID:d70MiutT
次に1922年のドイツの話であるが、ヴェルサイユ条約でドイツの賠償金額は
途方もない額となった。政府はライヒス銀行に国債を買わせて通貨は17.2倍
に増加して卸売物価は75.9倍に1年間で跳ね上がったのだ。これは生産設備
があればお札を刷ってもインフレは起きないと主張するヤカラの意見とは矛盾す
る。賠償金は当然払えなかったから報復措置としてフランスとベルギーに基幹産
業の溜まり場であったルール地方を1923年に占領された。そして人類史上最
悪のインフレが起こったのだった。この2年間に通貨は43億倍、卸売り物価は
344億倍になった。
前例主義は指標の一つであるかもしれないが、経済環境が今とは全然違うのだが
ら同一として見るのには、個人的にはやや違和感を感じざるを得ない。
さて本題に戻ろう。インフレにすると需要が増大するという理論についてだが、
インフレの規模にもよっては恐ろしい流動性を発生させる効果を持つ。仮に年間
100%のインフレが起こってる国を通貨があるとしよう。そんな紙屑みたいな
通貨を長く持つ愚か者はほとんどいないはずだ。

725 :朝まで名無しさん:02/10/13 15:30 ID:d70MiutT
とまあ、借金だらけの国家から見た視点では一見いいこと尽くめのようにも見え
てしまうが、インフレを起こすような国の通貨は当然暴落する。そうすると中央
銀行が国債を買い支えることになってより激しいインフレを起こす。これではイ
ンフレが止まらなくなるから公定歩合を通貨が安定するまで上げる結果になろう。
そして変動金利でお金を借りてる人たちは高い確率で破産する。インフレになれ
ばその分給料が上がると思ってる人もいるみたいだが、労働分配率が下がるまで
は給料は増えないと見るのが妥当であろう。デフレであまり下がらなかった給料
がインフレで即上がるというのは都合の良すぎる解釈に終始している。
次にインフレターゲットで物価をコントロールできるかという問題がある。イン
フレ抑制は、規制の緩和や国営を民営化することで、ある程度可能であることは
理解できるが、その逆は上で書いたスウェーデンしかない。しかも証拠はないの
だ。インタゲ派は金融政策で物価をコントロールできると言い張るが、それを証
明しているそれを示すもっともらしいものはない。コントロールできるのならバ
ブルは起きなかったであろうし、不景気という言葉とも無縁でいられるだろう。


726 :朝まで名無しさん:02/10/13 15:31 ID:d70MiutT
インフレデフレを表現するときに経済学者と名乗る人やエコノミストと自称する
人はどうも消費者物価指数に限定している節はある。経済学的に見ればそれは間
違いはないが、自由主義市場経済はそれだけで動くものではない。日本では土地
本位制が信用の拡大縮小を決めてきており、それがバブル崩壊以降縮小に転じて
いる。これで銀行の貸し出し残高は減っていき、今では貸し剥がしをやっている。
その裏で、中小企業よりも遥かに財務体質の悪い大企業を金利面で低く抑えてい
たり、債権放棄や債務の株式化で助けている。これでは努力しない大企業が助か
って、努力している中小企業が報われない。まさに真面目な奴がバカを見る世界
である。アメリカでは株式本位制が株価上昇時には成り立っていた。株価が上が
ればそれが信用につながって資金調達を容易にしてきた。そして401Kによる
株式運用益が消費拡大を支えていたとも言われる。そういう投資(投機)の世界
を無視したところから議論しているから視野が狭くなる。歴史的に見て、金融政
策でバブルを抑えられることはないし、それによって生まれる不良債権問題は解
決できない。

727 :朝まで名無しさん:02/10/13 15:32 ID:d70MiutT
日本では努力する者が報われず、努力しない既得権益者が報われる社会である。
この負の循環を断ち切ることができない以上、日本の景気が回復することはない
だろう。無論循環的景気回復はあるだろうが、日本が立ち直るほどのものではない。
国の借金は現在700兆円ぐらいあるが、人為的インフレを起こすことで金利が爆
発するリスクを誘発する防波堤は破壊される可能性は高い。絶対などとはこの世の
相対的な部分には存在しないが、過去の歴史を見てみれば、経済破綻した国でイン
フレの起こらなかった国はないのだし、インフレが起こるということは国債も大暴
落を起こしてることだから、実質紙屑になる。それを防ぐ為に日銀がすべて買い取
ったらそれこそハイパーインフレの誘発を招く。韓国と違い、日本の経済破綻を救
える国は存在しない。結果として国民は円に関わる紙切れの金融資産を全財産失う
ことになるだろう。構造改革をやらずにきたツケはある日突然やってくる。少なく
てもその答えは10年以内に出るはずだ。最悪の場合は日本発世界恐慌も有り得る。
インフレターゲットと称して、楽して問題解決をしようという前提は間違っている
ことがいずれわかることだろう。
森ばかりを見て病原菌に侵された木々が病気をばら撒いてることを理解できないか
らマクロ政策で問題が解決できると思い込んでいるのだろうが、こういう世間を知
らない人たちが政策を立案するからいつも間違える。そして借金ばかり膨らむ自転
車操業国家と成り下がってしまったのだろう。

728 :( ´∀`):02/10/13 15:38 ID:gKkEfLjJ
デフレ厨は木村本のコピペをすればするほど

「つまり、コピペしかできないのか」

としか思われないことに気付いているのだろうか。
ひょっとして実はリフレ派だったりするのか?(w

729 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/13 15:41 ID:8hNUaUn6
フライトの字が出た時点で読むのをヤメマスタ。
キムラー?きむきむきむきむきむ...キムラー!!

730 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/13 15:47 ID:8hNUaUn6
>>728
最初に書き出した労力は凄いもんだわさ(W
執念すら感じるやね。

フライトって、おいおい都合の良い時だけ無政府状態にでもなるのかよ。


731 :朝まで名無しさん:02/10/13 15:47 ID:skimQkuA
ハイパーインフレになるのが前提ってわけではない
ならないようにコントロールするのが、日銀や政府の責任だろうよ
まだ何もやってない時点で必要以上に不安を煽るのは感心しない

732 :( ´∀`):02/10/13 15:50 ID:gKkEfLjJ
しかも論理構成が「風が吹けば…」だからな。
太平洋戦争が起こったのを高橋財政のせいにしてるのは笑った。

こんなことができるなら、アメリカの大恐慌が起こったのも
そもそもワシントンが建国したのが間違っていたとでも
何とでも言えるだろう。

733 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/13 15:56 ID:8hNUaUn6
キムラの野朗はどの口でこんな事言うんだ?


734 :朝まで名無しさん:02/10/13 16:12 ID:mp+BSHc8
>>725

何処の国でもデフレに対しインフレ政策をとり解決してきたのです。
インフレに対しデフレ政策を実施、経済は景気変動論の循環波動、
これが経済政策の常識です。

アメリカの双子の赤字について、世界の学者やエコノミストが解消の
手立てが無いと批判し、それが立ち直り、今度はバブル崩壊だと言われております。





735 :朝まで名無しさん:02/10/13 16:18 ID:OmfQRqki
財政赤字なんて大した問題じゃねーし

736 :朝まで名無しさん:02/10/13 16:25 ID:6Ra9zvAc
「諸外国ではインフレ・ターゲットをやって成功している」というが、これは
高すぎる物価を押さえるために、「上から下へ」下げているのであって、「下か
ら上へ」上げるインフレ・ターゲットは未だかつてどこの国もやっていない。
いちおう学説によるとスウェーデンで一回行われたが、これは1930年代の
話で、1993年から導入しているものとは違う。1930年代の時は数値を
設けない物価水準目標であって、まるでデフレ下のインフレ・ターゲットの
成功例であるかのように扱っている学説はどうにかしている。そして最初は
デフレよりインフレが懸念されていたという説もあるくらいで、その評価も
分かれている。一見うまくいったように見える部分もあるが、最終的には不況の
深刻化で打ち切られており状況も現代の日本と違い参考にしにくい。ただ常識的
に考えるのであれば、上で述べたように日銀がインフレ目標の導入をして
うまくできる訳がない。
 日銀の力だけで景気回復はできない。しかし日銀が何でも買いまくれば
インフレにはできる。日銀があえて明示的にインフレ目標値を設定させられた
暁には、それを達成するために、インフレになるまでどんどん紙幣を印刷し、
過剰流動性を大きく膨らませることになるだろう。

737 :( ´∀`):02/10/13 16:28 ID:gKkEfLjJ

たった4年前にニュージーランドが成功してんだろうがタコ

738 :朝まで名無しさん:02/10/13 16:35 ID:6Ra9zvAc
http://www.irmnet.com/irmj/jwatch/jw011031.htm

739 :朝まで名無しさん:02/10/13 16:40 ID:6Ra9zvAc
クルーグマンのインフレ・ターゲット論の最大の問題は、中央銀行が期待インフレ率を
自由にコントロールできるとしている点である。そのようなことが日銀にできれば、バ
ブルも起こらなかっただろうし、バブル崩壊もコントロールできたはずであった。これ
だけの長期低迷も起こりえなかっただろう。空を飛べない人に空を飛べと言っても、そ
れは政策とは言えない。クルーグマンの理論は学問的に意味があっても、思考実験の範
囲を越えるものではなく、政策と言えるものではない。クルーグマンの政策提言のバカ
バカしさは、経済学者には分かりにくかったのかもしれない。

740 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/13 16:42 ID:8hNUaUn6
>>738
その前に日本が潰れます、デフレ環境下で無いと改革出来ない?
国民馬鹿にするのも大概に。


741 :朝まで名無しさん:02/10/13 16:42 ID:6Ra9zvAc
よく話題になっているインフレ目標導入論は、一歩間違えれば国民の財産
1400兆円を無に帰す大々的な実験である。お茶の間ワイドショー政治
が弄ばれ、田中外相が更迭されると内閣の支持率が30%も落ちるような
世の中である。政治家の中には日銀にインフレ目標を導入させ、強力に調
整インフレ政策を進めさせるよう提言している勢力もある。マスコミでも
読売新聞、産経新聞が社説で主張している。たしかにデフレで不況下では、
調整インフレ政策を強力に進めるインフレ目標導入論は単純で分かりやす
く、国民の人気を得やすいだろう。しかしそれは同時に財政赤字、過剰流
動性が大きく膨れ上がった日本にとって経済破綻への道でもある。

742 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/13 16:43 ID:8hNUaUn6
売りオペってナンジャロー。

743 :朝まで名無しさん:02/10/13 16:45 ID:jj4Ig+rX
>>742
日銀が持ってる国債を銀行に買わせる政策。


744 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/13 16:48 ID:8hNUaUn6
>>743
そういう意味じゃねー。
売りオペによる金融引き締めで民間資金を回収、調整できるジャロー。

745 :朝まで名無しさん:02/10/13 16:52 ID:jj4Ig+rX
>>744
知ってるなら聞くなよ。
釣り師か?

746 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/13 16:55 ID:8hNUaUn6
>>745
御免ね。
インフレ率調整が不可とか言ってるコピペが頭上に有ったからさ。


747 :朝まで名無しさん:02/10/13 17:35 ID:XbafJb5D
もう、いいじゃん。
みんなはハードクラッシュが良いって言ってるんだから。
覚悟も出来てるみたいだし、立ち直れる自信もあるみたいだし

748 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/13 19:05 ID:8h2s32BG
>>649
>量的緩和の効果がないというのはバーナンキの背理法から誤りであることが
>明らか。現在日銀が行っている緩和策に効果がないことと、量的緩和自体が
>無効であることとは別。(短期国債の買いオペだけで量的緩和が十分行われ
>ているとは片腹痛い)
別に量的緩和が無効だと言ってるのではない。無効だと思ってるなら、日銀
引き受けなんか出てこない。君がどうやって量的緩和を行おうとしてるのか
知らんが、私は国民に札束ばら撒くのがベストだと思う。

>財政政策については一時的な刺激策に過ぎず、自立的回復には繋がらない。
>財政政策で自立的回復が実現することを示すには、均衡点が複数になって
>しまう。
君はクルーグマンの書いた物を理解していると思えない。複数あっても不思議で
はないんだよ。
しかも私が書いた物を理解しているとも思えない。日銀引き受け
で財政政策をすれば、ISバランスは改善するんだよ。
頭の良い人が書いた物を訳してうわべだけ語ればいいていうものでもないんだよ。

749 :朝まで名無しさん:02/10/13 19:17 ID:VSurAS9T
結論:インフレターゲットが正しい。インフレターゲット反対意見は すべて論破された。
よって、日本政府は、すぐにインフレターゲットを実行するべき。

終了

750 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/13 19:53 ID:8h2s32BG
>>651
政府がお金の用途を決めるというのはよくないと思う。それなら株でも買った
ほうがましだ。国民に特別減税というかたちで配布するべきだと思う。ただ
日銀引き受けで減税というのは癖になっても困るから、デフレ減税特別法と
いうのでも作って、デフレになれば、政府の判断ではなく法律に基づいて
自動的に減税されるというのが一番だと思う。

なぜこういう風に思うかというと、まず日銀が金利0で景気を上向かせよう
というのは無理がある。量的緩和論者が主張するように日銀が何でも買えば
いいというのは、政府が何でも買えばいいという理論と同じで経済がいびつ
になると思う。

なぜ国債発行ではなく日銀引き受けなのかというと、デフレ時で資金量を増やそう
して需要を増やそうとしている時に国債で市場から資金を回収する必要が無いから。

751 :朝まで名無しさん:02/10/13 19:55 ID:J6kLzfVh
もしインフレターゲットをやったら二年で破滅だよ
すさまじいスタグフレーションが待っている
提案
銀行に口座維持手数料制を認めたらどうでしょう?
一律1%取れば銀行の体力復活、一部の預金は
株や債権、土地に流れて景気復活!
0.1%でも可

752 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/13 20:07 ID:8h2s32BG
>>698
私は日銀が本気になればリフレできるという事が可能かどうかで議論して
いるのではなく、良いか悪いか。また今のような特殊な状況で日銀にインタゲ
を課すのが良いのかどうかで議論していると思う。

また「本気」というのが具体的ではない為議論が噛み合わない事もあるのでは
ないかと思う。Dell氏のように具体例をだせば、議論になりうると思うし、
私も「本気」を理解できるのだはないかと思う。

753 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/13 20:14 ID:8h2s32BG
>>720
日銀の政策の失敗とインタゲでリフレの議論は切り離すべき。日銀が
失敗するからといって、インタゲでリフレ(はっきりいえばインタゲで
リフレではなく、日銀なんでも買ってリフレ論なのだが)が正当化
されるわけではない。

754 :朝まで名無しさん:02/10/13 20:15 ID:QS/ecl5L
現在のデフレは不況の原因ではなくむしろ結果。

デフレは不況を作っている一つの要素と言えなくもないが、たくさんあ
る要素の中の一つにすぎない。
不況の結果としてのデフレはよくないことだが、デフレのみを人為的、
作為的に調整しインフレにしたところで景気がよくなるものではない。
不況には他の要因が多く複雑に絡み合っているからだ。

今の状態で強引に人為的インフレを起こしたところで景気は回復せず、
不況とインフレの二重苦に苦しめられることになる。


755 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/13 20:18 ID:8h2s32BG
>>737
金利は0ではないし、デフレも長期的なものではない。


756 :朝まで名無しさん:02/10/13 20:18 ID:E5311gV5
>>715
亀レスですが、2000年8月の利上げは何故行われたのでしょうか?
といっても俺は世のニュースに興味がなく、全く知らなかったけど
うちの売り上げがそのころから落ちていった。
さらによく通っていた中国マッサージの呼び込み君は、2001年に明けてからは
ストンと客が来なくなったと言ってた。俺もなぜそんなになったのか不思議だった。
利上げがあったんですね。なぜなんでしょう。
ちなみにインフレターゲットが打開策というなら支持したいのですけど。

757 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/13 20:21 ID:8h2s32BG
>>751
今それは禁止されてるの?大口預金のコスト率は小口より低いのだから、
全口座を一律で取るのは理屈に合わないように思う。

758 :朝まで名無しさん:02/10/13 20:22 ID:GkCgCchJ
インタゲはいつでも出来るけど失敗のリスクがある、だから
「最後の手段」として温存されている。

という理解でいいの?

759 :朝まで名無しさん:02/10/13 20:52 ID:J6kLzfVh
>>757
景気回復の有力な手段の一つだと思う
まだ荒削りな案だし改良すべき点も多いのは認めます
しかしやり直し可能な数少ない選択肢の一つだと思います

760 :朝まで名無しさん:02/10/13 20:52 ID:Rm64B1qP
コピペうざ〜〜

761 :朝まで名無しさん:02/10/13 21:42 ID:hGeKQtqv
インフレターゲットは壮大なる実験に過ぎず。
そもそも、インフレ自体が官僚によってコントロール可能かどうかが最大の疑問!
だいたいね、官僚によって経済がコントロールされる計画経済自体、
旧ソ連などの典型的な共産主義国家の事例の様に、大失敗しているぞ。

インフレターゲットと言う実験で失敗したら、円安に歯止めが掛らない。
インフレは通貨の価値を下げる、つまり円安。
エネルギー資源と工業原料と食料の自給率が極端に低すぎる輸入大国日本で
円安に歯止めが掛らず、円が暴落すると、生活必需品の価格が暴騰する。



762 :( ´∀`):02/10/13 21:52 ID:UiI6BgE6
金融政策を「計画経済」なんて言ってるアホは初めてみた。

それじゃ世界中の国が「計画経済」なんだな(w

763 :( ´∀`):02/10/13 22:00 ID:UiI6BgE6
>>752
日銀にターゲットを課すかどうかについては、今のような状況でも
リフレしたあとでも課すのが当然であると思う。
何故なら、日銀にはいまのところ、どのような失敗をしても
責任を問われることはないし、そもそも失敗の基準さえないからだ。
例の利上げも失敗であるのは明白なのに、その失敗を認定する
基準もなければ責任を問う根拠もないため、誰もお咎めを受けていない。

「本気」の具体例を出すならば、長期国債の買いオペに上限も設けて
いることだけを見ても到底「本気」ではないとわかる。
具体的に「本気」とは何かと問われれば、すぐにでもこの上限を
取り払うことであろうと思う。

764 :朝まで名無しさん:02/10/13 22:08 ID:sFU3c+DU
とどのつまりは、どうやって総裁を選ぶ、あるいは解任するのが正しいかなんだな?

765 :朝まで名無しさん:02/10/13 22:08 ID:Qjb/UyXF
http://www4.justnet.ne.jp/~greentree/koizumi/93_kaise.htm
Q  弱いインフレは、強いインフレに転じるのでは?
 
A  強いインフレになりかけたら、マネタリズムで調節できます。
 マネタリズムとは? 基本的には、簡単です。景気が過熱したら、
金融を引き締めること。それだけです。効果は確実かつ強大です。
具体的な例は、石油危機(オイルショック)のときの「狂乱物価」への対処。
年率 30% を越える物価上昇を、たちまち収束しました。
 マネタリズムについて、詳しい内容を知りたければ、
フリードマン「選択の自由」などを読んで、勉強してください。

766 :朝まで名無しさん:02/10/13 22:23 ID:Rm64B1qP
ハイパーインフレを懸念する人も多いが、果たしてそうなるものだろうか?

円安で輸入価格が高騰したとしても、1次エネルギーに占める石油の比率は石油ショック当時よりも
改善しているし、食糧にしても飽食の時代と言われる嗜好的な食生活なので、それが単純に高騰したとしても
食料そのものの供給がそれ程の深刻な影響を受けるとは思えない

私は専門家ではないから憶測なんだが、ハイパーインフレは簡単には起きないように思える

767 :朝まで名無しさん:02/10/13 22:24 ID:Uxrvjnrp
>761
禿げ同!

官僚がインフレ率を決めて通貨の番人を軟禁状態にし、恣意的に経済をコント
ロールすることまでを、金融政策だなんて言ってるアホもいたんだね。
インフレを矮小化するのはいいが、ヒステリーババアのオヤジさえ万歳して放
り出しちゃった、かの「狂乱物価」を、たちまち収束しました、だなんて(w

結論:不毛なインフレターゲットは即時却下、こそ正しい。
インフレターゲットを、との一部のたくらみは すべて論破された。
よって、日本政府は、すぐにインタゲ派の徹底放逐を実施すべきである。

終了♪


768 :朝まで名無しさん:02/10/13 22:33 ID:Rm64B1qP
地価を担保に貸し出しをしてきた金融システムが、長期的な地価低迷で機能不全を起こしているのが問題だな
これが貸し渋りを生み、景気を低迷させている原因だろうよ
それを改善する良策はないもんかね?

>>767
どこが論破されたのか小一時間問い詰めたい(w

>恣意的に経済をコントロールすることまでを、金融政策だなんて言ってるアホもいたんだね
アホは君だ
今の資本主義の形態は、経済そのものを故意的にコントロールするものです

769 :朝まで名無しさん:02/10/13 22:38 ID:9eDW2ibY
極端な円安なんてよほどの事が無い限り”ならない”
というより、”なれない”んだよ。
ソ連の失敗  需要>>>>供給
日本の場合  需要<<<<供給

わかりる?

770 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/13 22:54 ID:8h2s32BG
>>763
>日銀にターゲットを課すかどうかについては、今のような状況でも
>リフレしたあとでも課すのが当然であると思う。
二つには大きな違いがある。今の状況で当てはめるというのは、経済の
状況に対して激しくマネタリーポリシーを変えていく。後者は
長期的もしくは中期的なリスクを考えて穏やかにマネタリーポリシーを変えていく
という考え方。私は後者の考えの方が長期的に日本の為になると思う。

>何故なら、日銀にはいまのところ、どのような失敗をしても
>責任を問われることはないし、そもそも失敗の基準さえないからだ。
それなら、インタゲはクレディブルではないから、実質金利など下げない
じゃないか。それならする必要はないだろう。

>例の利上げも失敗であるのは明白なのに、その失敗を認定する
>基準もなければ責任を問う根拠もないため、誰もお咎めを受けていない。
そこは同意する。

>長期国債の買いオペに上限も設けて
>いることだけを見ても到底「本気」ではないとわかる。
長期国債の買いオペを増やして長期金利を下げたら、余計に民間企業への
貸し出しをするメリットが減るじゃないか。今でも日銀が長期国債を
買うという保険がついてるから、あんなに国債を買って貸し出しを
減らしている可能性もあるのではないか?

どちらにしても、日銀があまり金融市場に口をだすべきではないと思う。
今日銀がやるべき事は不良債権を抱え込んだ銀行の健全化であって、
銀行が日銀にしたがってリスクの高い商品を買って不安定になる事ではない。
現在の高値で銀行が長期国債をたくさん持っており、日銀がさらに煽って
銀行が長期国債を増やす事は適切では無いように私は思う。

771 :( ´∀`):02/10/13 22:56 ID:0XS/AAvv
まず、円安で狂乱物価になるかどうか。

答え:ならない

これは弾力性だの何だの難しいことを持ち出さなくても
そもそもつい最近まで1ドル200円より円安だったことを
思い出せば誰にでもわかる。当時、そんなに生活必需品、
高かったっけ?

オイルショックの狂乱物価は円安で起こったわけではない。
あれがOPECが石油そのものを大幅に高くすると宣言したから
供給ショックが起こって狂乱物価になったので関係ない。

また、日本のように多額の債権を持つ国で極端な円安にはならない。

>>767
0点。そもそも日銀がマイルドなインフレを保つのは
官僚が決めることでも何でもなく日銀法に載ってることだ。
現状ではこれが死文化してるため具体的にするに過ぎない。
逆に言えば、この義務さえ守れば日銀は官僚や政治家の
理不尽な要求を聞かなくて済む。つまり政策の自由度が増す。

もしインタゲに反対するなら、日銀法そのものを改正して
「日銀は独立性を有するが政策目標を恣意的に選択でき、
また誰もこの責任を問うことはできない超法規的機関である」
とでも書くがいい。
現代の統帥権として世界中の笑いものになるだろう。

772 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/13 22:59 ID:8h2s32BG
>>768
地価は上げなきゃいけないと私も思う。(最低でも下げ止まるべき)

773 :朝まで名無しさん:02/10/13 23:03 ID:scjTe4m1
土地担保に頼ってしか金貸さないような銀行なんぞさっさと潰れていいよ。

774 :( ´∀`):02/10/13 23:05 ID:0XS/AAvv
>>770
まず、現状が非常事態であるという認識が欠けていると思われ。
そもそもターゲット自体は永続的に課すものであるため、
インタゲが長期的・中期的なパースペクティヴを持たないという
のは曲解に満ちた言い草である。

中段は意味不明。長期金利を下げたら貸し出しが減る?
それなら金利を上げれば増えるというのだろうか。
この辺は大きな断絶があるように感じる(w
また、日銀が買いオペをすると銀行の長国保有が増えると
いうのも何でそうなるのか全然わからない。

すいませんが、ボクが相当バカであるためか、何が言いたい
レスであるのか全然わかりませんでした。

775 :朝まで名無しさん:02/10/13 23:07 ID:scjTe4m1
首都圏近郊の住宅購入・賃貸費用はあと30%ダウンくらい価格破壊しないとダメだな。

776 :( ´∀`):02/10/13 23:09 ID:0XS/AAvv
>>775
バカだな。同じだけ給料が下がったら何も変わらん。

価格だけはそのままにして、取得にかかる税金を減らしたり
税法上の優遇措置を設ければよいというだけの話だ。

777 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/13 23:16 ID:8h2s32BG
>>774
>まず、現状が非常事態であるという認識が欠けていると思われ。
>そもそもターゲット自体は永続的に課すものであるため、
>インタゲが長期的・中期的なパースペクティヴを持たないという
>のは曲解に満ちた言い草である。

インタゲは長期的であっても金融政策が効かない時期と、効く時期では
日銀がとる金融政策の態度はまるで違うのだよ。効かない時期にインタゲ
すれば安定化ではなく不安定化につながりかねない。

>長期金利を下げたら貸し出しが減る?
>それなら金利を上げれば増えるというのだろうか。
日銀保障がついた長期国債と利幅が減った(短期で借りて長期で
貸すからだね)民間融資、私なら人に聞くまでもなく、国債投資に
振り向ける。

キーワードは金利リスクね。モラルハザード。銀行のバランスシート
の不安定化ね(特にリフレ時の)。

778 :朝まで名無しさん:02/10/13 23:17 ID:Uxrvjnrp
>>776 :( ´∀`)
バカだな。何が言いたいレスであるのか全然わかりませんでした。


779 :西川のり子:02/10/13 23:20 ID:NBRjgA2x
>>775
50年後はそれくらい下がるかもナ。
人口減少でホームレスとかをどこかに住まいをあてがっても
2割くらいは空き家になるらしいから。
今よりもっと東京一極集中を強めれば東京の地価は下がらないかもしれないが。

780 :( ´∀`):02/10/13 23:20 ID:0XS/AAvv
>>777
まずここが違うんだよね(w
同じような議論を小宮隆太郎と伊藤隆敏がしてたけど、
結局「量的緩和が効かないのがデフレ」と「デフレってのは
マネタリーな現象」という平行線だった。

確かに、マクロの教科書に「Mは外生変数」と載ってるほど
簡単でないのはわかるが、しかし量的緩和をしても
インフレにならないというのはそもそも論理的に成立しない。

そんなに効果がないなら、幸田真音あたりの耳障りな暴落厨を
黙らすためにも国債なんて全部買ってしまえばいいな。

781 :( ´∀`):02/10/13 23:22 ID:0XS/AAvv
>>778
2ちゃんがまだアングラだと思われていた頃、
こんなゴミには発言権はなかった。
このゴミに与えられた言葉こそ「厨房」であり
レベルの低い自分に説明しろ、だとか場のレベル
を下げようとするものを排除するために「煽り」
や「叩き」の正義があった。
そのおかげでかつての2ちゃんねるの議論のレベル
は維持されていた。

なんでもないレベルの発言に対し、トンチンカンで寝惚けた
発言を堂々とできる2ちゃんの今に乾杯。

782 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/13 23:23 ID:8h2s32BG
>>780
>しかし量的緩和をしても インフレにならないというのはそもそも
>論理的に成立しない。
無効だなんて話はしてない。危険だという話をしているんだ。
日銀がなんでも買えっていうのは、金融の不安定化を招く。
I really want you to read my post again!!!

783 :朝まで名無しさん:02/10/13 23:23 ID:Q48dAHVn
現在のデフレは不況の原因ではなくむしろ結果。

デフレは不況を作っている一つの要素と言えなくもないが、たくさんあ
る要素の中の一つにすぎない。
不況の結果としてのデフレはよくないことだが、デフレのみを人為的、
作為的に調整しインフレにしたところで景気がよくなるものではない。
不況には他の要因が多く複雑に絡み合っているからだ。

今の状態で強引に人為的インフレを起こしたところで景気は回復せず、
不況とインフレの二重苦に苦しめられることになる。


784 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/13 23:25 ID:8h2s32BG
>インタゲは長期的であっても金融政策が効かない時期と、効く時期では
ここは誤解しやすい部分であるので説明すると、金融政策とは
通常の金融政策のことね。

説明不足かな。ごめん。

785 :( ´∀`):02/10/13 23:26 ID:0XS/AAvv
>>782
読んでいますが、意味がわからんのですよ。

日銀が長国の買いオペを増やすと銀行の長国保有が
増えて金利リスクが増大すると言うんでしょう?

そもそも民間への貸し出しが少ないのが、実質金利が高いから
需要がないんだ、って発想はないんですか?

そろそろ眠いんで落ちますが。

786 :朝まで名無しさん:02/10/13 23:28 ID:0yc1ZlVi
スタグフレーションの到来か‥‥

787 :朝まで名無しさん:02/10/13 23:30 ID:KO4S9vde
775 名前:朝まで名無しさん メール: 投稿日:02/10/13 23:07 ID:scjTe4m1
首都圏近郊の住宅購入・賃貸費用はあと30%ダウンくらい価格破壊しないとダメだな。

776 名前:( ´∀`) メール:sage 投稿日:02/10/13 23:09 ID:0XS/AAvv
>>775
バカだな。同じだけ給料が下がったら何も変わらん。

価格だけはそのままにして、取得にかかる税金を減らしたり
税法上の優遇措置を設ければよいというだけの話だ。

781 名前:( ´∀`) メール:sage 投稿日:02/10/13 23:22 ID:0XS/AAvv
>>778
2ちゃんがまだアングラだと思われていた頃、
こんなゴミには発言権はなかった。
このゴミに与えられた言葉こそ「厨房」であり
レベルの低い自分に説明しろ、だとか場のレベル
を下げようとするものを排除するために「煽り」
や「叩き」の正義があった。
そのおかげでかつての2ちゃんねるの議論のレベル
は維持されていた。

なんでもないレベルの発言に対し、トンチンカンで寝惚けた
発言を堂々とできる2ちゃんの今に乾杯。

788 :( ´∀`):02/10/13 23:31 ID:0XS/AAvv
>>786
過去ログも読めない厨房は消えろ。

789 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/13 23:31 ID:8h2s32BG
民間への貸し出しが少ないのは、金利ではなく、バランスシート
の問題だと思う。銀行のバランスシートも問題だし、借りる方の
バランスシートも問題。長期金利が上がれば早く銀行のバランスシートは
改善する。

金利の問題もあるだろうけど、土地の問題が大きいと思う。
実質金利だけでは90年代のスタグレーションを説明できない。

790 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/13 23:33 ID:8h2s32BG
スタグネーションの間違い。とんでもの馬鹿野郎。私ももう寝たほうが
良いようです。お休みないさい。

791 :経済オンチの自由党・中塚一宏(政策調査会副会長):02/10/13 23:46 ID:Qjb/UyXF
http://www.nakatsuka-net.com/message/2002/200206/20020625.html
調整インフレへの期待(6月25日)

会期延長がされましたが、これは殆どが参議院のためのものなので、衆議院は
開店休業状態です。今日は有権者の皆さんの意見を伺いに街に出ました。
なんと言っても景気回復を求める声が本当に多い。国会と普通の感覚のズレ、
これが大変大きいと思います。小泉総理の他人事発言の連打と田中前外務大臣
の薄ら寒い自民党批判を聞くにつけても、この一年間はいったい何だったん
でしょう。

また調整インフレ支持者が多いのにも驚きました。インフレによって国の借金
を目減りさせるという手法は、私はとるべきではないと思います。財務省は
借金の残高にこだわるので、インフレにより実質価値を目減りさせることを
考えるのかも知れませんが、借金は借換さえ出来れば問題はないはずですし、
現に今まで国は借金を返したことはありません。

インフレの恐ろしさは、現金課税と同じであって、借金は減るけれども同時に
預貯金も目減りするし、加えて物価の上昇ほど賃金は上昇していかないだろう
ということです。

第一、インフレにしようとしてなるものなのかどうか分かりませんし、
インフレになったとしてそれを制御できるとも限りません。

このままの経済財政運営を続けていけば、何もしなくてもハイパーインフレが
起こることでしょう。インフレでもないデフレでもない状態を目指すべきで
あるにもかかわらず、インフレへの期待が高まっていることは、政府・与党の
無策の反映だと思います。

792 :朝まで名無しさん:02/10/14 00:01 ID:4HedJlRX
こんなのが国会議員やってるのか。 こりゃダメだ

793 :文責・名無しさん:02/10/14 00:13 ID:g1N8/vkA
日本一国だけインフレになんかなるわけねーじゃん。
ここは北朝鮮じゃねーっつうの。

794 ::02/10/14 01:15 ID:ahjoBwb8
>>793
チミの頭のレヴェルでは、なぜ多くの国が為替に関して変動相場制を採用している
か理解できないようだね。


795 :朝まで名無しさん:02/10/14 01:24 ID:/kGGg3+i
>>791
中塚って頭悪そうな人だね。


796 :朝まで名無しさん:02/10/14 01:33 ID:VCy5Blsl
結論:不毛なインフレターゲットは即時却下、こそ正しい。
インフレターゲットを、との一部の不純な主張は すべて論破された。
よって、日本政府は、すぐにインタゲ派の徹底放逐に邁進すべきである。

797 :朝まで名無しさん:02/10/14 01:37 ID:0UMiiYzZ
>>796

1つも論破されずに放置されてますが。

ちなみに、>>796を日本語に翻訳すると「ちくしょう! おぼえてろよ!」になります。(笑)

798 :朝まで名無しさん:02/10/14 01:40 ID:5qpO6uBT
インタゲいいじゃん。
俺借金まみれだし無年金だしはやくインフレ来てほしいよ。

799 :朝まで名無しさん:02/10/14 02:19 ID:480yjBA6
君の事はさておき、企業は借金だらけで、融資も渋られる状態だからな。
アメリカだってなんだかんだで土地担保が主流。

地価の上昇は重要な要素だねー

800 :朝まで名無しさん:02/10/14 07:20 ID:023qwrdU
日本の借金は、多くは日本人に対してです。
つまり、日本国内で100倍のインフレを起こせば、
返す金は百分の一で済む計算になります。

いずれはそうします。

二重カキコじゃないってば。


801 :朝まで名無しさん:02/10/14 09:21 ID:ECuHtlVT
>>800
>返す金は百分の一で済む計算になります。
貸した金の百分の一しか返ってこない人ができるということですが。

802 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/14 09:30 ID:Cp999UGB
投信法の改正に伴い、不動産の証券化を代表する不動産投資信託(J-REIT)
が2001年9月から東証に上場しました。
また、大手企業グループを中心に設立に向けた準備が進められています。
そのためには、まず金融庁による投資法人資産運用業の認可が必要になります。

此れは地価下落の歯止めにゃならんのか???





803 :朝まで名無しさん:02/10/14 11:16 ID:5EmPEHrD
そろそろ明らかになってきたように、インフレターゲットのねらいは
景気回復ではなく、インフレによって国の借金を目減りさせることにある。
インフレにより景気回復というのはそれを正当化するための方便にすぎない。

>インフレの恐ろしさは、現金課税と同じであって、借金は減るけれども同時に
> 預貯金も目減りするし、加えて物価の上昇ほど賃金は上昇していかないだろう
>ということです。

正論であろう。

804 :朝まで名無しさん:02/10/14 11:21 ID:Ni1JHaD1
>>803
インフレは借金する人に恩恵があり
デフレは預金してる人に恩恵がある。
どちらの人も大切だけど残念ながら借金してくれる人がいないと
経済は回らない。利息も生まれない。
個人レベルでは正論、マクロじゃ暴論。


805 :住専の時にも言われたけど:02/10/14 11:31 ID:gcKhrNRc
要するに借りたもんを馬鹿正直に返す必要はない、ってことだね(笑)

806 :朝まで名無しさん:02/10/14 11:37 ID:Ni1JHaD1
>>805
借りる人の方が重要で数が少ないんだから
優遇しようってことだよ。

807 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/14 11:39 ID:Cp999UGB
溜め込んで使わない奴が多いから少し吐き出させるって事やね。

808 :朝まで名無しさん:02/10/14 11:45 ID:wYOnZogx
要するに個人の預貯金を目減りさせて、その分国の借金を減らそう
というのがインフレターゲット。

809 :朝まで名無しさん:02/10/14 11:56 ID:wYOnZogx
>>804
>インフレは借金する人に恩恵があり
これは間違い。
「インフレは借金をしている人には恩恵がある」なら正しい。

新しく借金をする人はインフレ下では高い利息で借りなければならない。
つまり借金しにくい状態である。


810 :朝まで名無しさん:02/10/14 12:00 ID:Ni1JHaD1
>>809
確かにそのとおりだ。
すいません、見落としてました。

811 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/14 12:01 ID:Cp999UGB
最近設備投資した漏れには嬉しい事じゃ。

812 :朝まで名無しさん:02/10/14 12:03 ID:YTqFdJDL
まあとりあえず現金資産の70%は外貨にしちゃってあるから
あとは好きにやってくれ(笑)

813 :朝まで名無しさん:02/10/14 12:04 ID:sH3V4nBd
まあとりあえず現金資産の70%は外貨にしちゃってあるから
あとは好きにやってくれ(笑)

814 :朝まで名無しさん:02/10/14 12:05 ID:aP+MwxPA
>>812-813
よーしパパ、1$=50円まで円高誘導しちゃうぞー

815 :朝まで名無しさん:02/10/14 12:05 ID:sH3V4nBd
あらダブった、ごめんね。

816 :朝まで名無しさん:02/10/14 12:12 ID:Ni1JHaD1
俺も借金して自分に設備投資しちゃうぞー

817 :朝まで名無しさん:02/10/14 12:18 ID:5qpO6uBT
>>816
整形ですか?

818 :朝まで名無しさん:02/10/14 12:21 ID:+SMCQTNI
しかしインフレが借金してる側に有利っちゅーけど、
かなりの固定負債抱えた町工場なんかにとってもホントに有利になるのかねえ。
原材料費の高騰のほうが先にきて、アッサリ御陀仏になりそうだへど。

819 :朝まで名無しさん:02/10/14 12:23 ID:Ni1JHaD1
>>818
価格に転嫁すればええやん。
だってインフレなんだもん。

820 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/14 12:24 ID:Cp999UGB
>>818
不吉な事言うない。
うちゃ別に原材料費が倍になろうとも
粗利がデカイからなんとかなるけんども。
他業種はどうやろね。

821 :朝まで名無しさん:02/10/14 12:25 ID:Ni1JHaD1
>>817
足にジェット入れます。

822 :朝まで名無しさん:02/10/14 12:27 ID:5qpO6uBT
>>821
で、海外に雄飛ですか。いいねぇ〜

823 :朝まで名無しさん:02/10/14 12:28 ID:Ni1JHaD1
>>819
それ以前に、今の日本でインフレになるってことは
景気が良くなってるってことだからそんな心配しらない。

824 :朝まで名無しさん:02/10/14 12:29 ID:Ni1JHaD1
ららら♪そーらーを こーえーてー♪

825 :朝まで名無しさん:02/10/14 12:33 ID:JabdZrsY
>>823
経済板より
>>45
>何度でも言う。
>インフレにすると景気がよくなるのではなく、
>インフレにすると景気が回復する条件が整う(実質金利の低下等)。

>かってにインタゲ派の主張を変えるんじゃない。

インタゲの結果インフレになったとしても景気がよくなるわけではない。
インタゲ派がそう言っている。

826 :朝まで名無しさん:02/10/14 12:33 ID:lD5U6qZR
>>819
“協力”会社さんに“協力”してもらえるようなとこだったらいいんだけどね。

827 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/14 12:37 ID:Cp999UGB
>>826
はぁ、下請けの所なら値段も上げれずアボーンの可能性って事ね。
まあ「其れ」が来るまでに業務形態見直してコストダウン図ってりゃ
生き残れるだろうさ。軽く言う様で悪いけど。
後は交渉次第やね。


828 :朝まで名無しさん:02/10/14 12:37 ID:Ni1JHaD1
>>825
だって今の日本の不況は需要がないから起こってるでしょ。
インフレになるってことは需要が供給を上回るから起きるわけだから
景気は回復してる。と思うんだけど・・・

829 :朝まで名無しさん:02/10/14 12:44 ID:JabdZrsY
>>828
スタグフレーション という言葉があるのをご存じか?

830 :朝まで名無しさん:02/10/14 12:45 ID:Ni1JHaD1
>>829
知ってるけど
あんたのスタグフレーションの認識を
発生要因をまじえて説明してくれ。

831 :朝まで名無しさん:02/10/14 13:01 ID:Ni1JHaD1
>>823は自己レスです。

832 :朝まで名無しさん:02/10/14 13:52 ID:N8mTaOum
適正な競争力を維持できるなら、多少のインフレ下でも生き残れる
利益無視の低価格競争より余程マシだろうよ

833 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/14 14:12 ID:Cp999UGB
>>832
禿げ同。
技術料金を適正に取らせてもらうべさ。
このままじゃ、技術磨いても甲斐無しだからね。


834 :朝まで名無しさん:02/10/14 14:17 ID:soNYUaTI
安いのが良い事なのです。
技術などという目に見えない物に金を払う事に私たちは慣れていません。



835 :朝まで名無しさん:02/10/14 14:17 ID:soNYUaTI
そして私はIDがSONYです。

836 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/14 14:28 ID:Cp999UGB
>>834
まーうちの業種だと、この状況が長く続く様なら
安い劣悪な機械でのオートメーション化が進むね。
職人達なんて勿論首だよ。
品質ダダ下がりだよ。



837 :遅くなりましたが649です:02/10/14 14:32 ID:BtLtDzAb
>>748
>私は金融からではなく、需要面から景気は回復させるべきだと思う。
と書けば量的緩和は無効で財政政策でしか景気は回復しないととられても
仕方がありませんよ。しかもその下に、
>インタゲに関しては達成不可能な目標をたてるのは
と書かれてあれば尚更です。日銀引受けにターゲットは設けないんですか?
要するに量的緩和の手段として財政支出を行うということなんでしょうけど、
それって金融からの回復でもあるんじゃないでしょうかね。

>君はクルーグマンの書いた物を理解していると思えない。複数あっても
>不思議ではないんだよ。
ほうほう、では引用したクルーグマンのコラムのどこがおかしいのか説明
してもらえませんかね。私の指摘は上で述べたとおり、あなたが財政政策
のみによって景気回復が可能であるかのように主張していることを前提に
しているわけですが、それを理解していれば、
>日銀引き受けで財政政策をすれば、ISバランスは改善するんだよ。
とは書かないはずですよね。ちなみにこの勘違いが解決してもクルーグマン
批判の方は残るわけですが、あれは筆の滑りだったということで、これ以上
突っ込むのはやめておきましょう。

838 :朝まで名無しさん:02/10/14 14:37 ID:Ni1JHaD1
>>837
意地の悪いレスの返し方するね。
大人なんだからもうちょっと感情抑えようよ。

839 :遅くなりましたが649です:02/10/14 14:42 ID:BtLtDzAb
>>748
どうしてこのような勘違いが起こるのかというと、あなたの用語の
使い方に問題があるからです。(どうも基本的な用語の理解に問題が
あるような気もしますが)自分では気付いてないのでしょうが、
用語の使い方が間違っているために、主張が一貫していないように
読めるのです。他の方にも過去レスを読めとおっしゃっていますが、
あなたがその過去レスと矛盾する内容を書いているから突っ込みが
入るのです。

840 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/14 14:44 ID:zTH6lijj
>>837
>と書けば量的緩和は無効で財政政策でしか景気は回復しないととられても
>仕方がありませんよ。しかもその下に、
君の過去レスを読まない怠慢をこっちの責任にしないでくれ。最低でも過去レスを
読んでから議論に入るのは常識だろ。ぼけ

>>君はクルーグマンの書いた物を理解していると思えない。複数あっても
>>不思議ではないんだよ。
>ほうほう、では引用したクルーグマンのコラムのどこがおかしいのか説明
>してもらえませんかね。
君の張ったリンクには行ってないけど、クルーグマンオフィシャルHPの英語版には
複数あっても構わないと書いてある。便利すぎると書いてあるだけで。
もしそれが書いてないなら、君がいってる所のものは都合よく改ざんされてると
思う。

841 :朝まで名無しさん:02/10/14 14:52 ID:t03BR2Rj
現在のデフレは不況の原因ではなくむしろ結果。

デフレは不況を作っている一つの要素と言えなくもないが、たくさんあ
る要素の中の一つにすぎない。
不況の結果としてのデフレはよくないことだが、デフレのみを人為的、
作為的に調整しインフレにしたところで景気がよくなるものではない。
不況には他の要因が多く複雑に絡み合っているからだ。

今の状態で強引に人為的インフレを起こしたところで景気は回復せず、
不況とインフレの二重苦に苦しめられることになる。

842 :朝まで名無しさん:02/10/14 14:53 ID:EHWnQKhA
>>847
俺的にはやんばるさんの方が分かりやすいんですが、

今は流動性の罠なので金融緩和はあんまり意味がない、そりゃあ日銀が何でも買い捲れば
いつかインフレになるだろうけど、それはお金をばら撒きすぎて手が付けられなくなるかもしれないわけで、
だったら効果のあるところに使ったほうがいい訳で、
名目所得を上げれば需要が増えてインフレ期待も出来やすいわけで、
うまいこと流動性の罠から脱出できて金利を低く誘導してれば景気回復するのだから

やっぱりお金のバラマキは必要と思うわけです。

ぜんぜん見当違いのことを言っていたら俺の理解力不足です。

843 :朝まで名無しさん:02/10/14 14:54 ID:t03BR2Rj
 クルーグマンのインフレ・ターゲット論の最大の問題は、中央銀行が期待インフレ率を自由
にコントロールできるとしている点である。そのようなことが日銀にできれば、バブルも起こ
らなかっただろうし、バブル崩壊もコントロールできたはずであった。これだけの長期低迷も
起こりえなかっただろう。空を飛べない人に空を飛べと言っても、それは政策とは言えない。
クルーグマンの理論は学問的に意味があっても、思考実験の範囲を越えるものではなく、政策
と言えるものではない。クルーグマンの政策提言のバカバカしさは、経済学者には分かりにく
かったのかもしれない。
 よく話題になっているインフレ目標導入論は、一歩間違えれば国民の財産1400兆円を無
に帰す大々的な実験である。お茶の間ワイドショー政治が弄ばれ、田中外相が更迭されると内
閣の支持率が30%も落ちるような世の中である。政治家の中には日銀にインフレ目標を導入
させ、強力に調整インフレ政策を進めさせるよう提言している勢力もある。マスコミでも読売
新聞、産経新聞が社説で主張している。たしかにデフレで不況下では、調整インフレ政策を強
力に進めるインフレ目標導入論は単純で分かりやすく、国民の人気を得やすいだろう。しかし
それは同時に財政赤字、過剰流動性が大きく膨れ上がった日本にとって経済破綻への道でもある。

844 :朝まで名無しさん:02/10/14 14:55 ID:t03BR2Rj
インフレ、債権放棄、公的資金注入は麻薬と同じである。

麻薬の投与は苦悩を一時的に浄化させてくれる魔性の薬であるが、
やがて激しい副作用で麻薬の投与量が増えていき、後戻りできなくなる。
よかれと思って麻薬を投与しても、与えすぎれば死を迎える。
苦痛から解放させるため、患者に麻薬を与えるのは間違いだ。
たとえ多量の血が流れようとも、大手術を施さなければ問題は解決しない。

今の状態で強引に人為的インフレを起こしたところで副作用が激しくなる
だけだ。正常な人達が中毒患者の看病を無理やりやらされることで、関係
のない沢山の人が被害を受けるだろう。

845 :朝まで名無しさん:02/10/14 14:57 ID:t03BR2Rj
インフレターゲット派は卑怯者である。

まず日銀にインフレ政策を要求する。日銀側はインフレをコントロールできないと
人為的にデフレをインフレにする政策を拒否しているが、これは当然の権利であろう。
インフレ政策をやったところで、仮に成功してもその功績はインタゲを要求した連中
が得をするだけだし、失敗すれば確実に日銀のせいになる。日銀には何のメリットも
ないと言えるであろう。

インフレターゲットに失敗しても、インタゲ派は日銀が駄目だったからと必ず言うだろう。
彼らは、戦争を安全なところから眺めてるだけの主犯格と同じ、卑怯者である。

846 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/14 14:58 ID:Cp999UGB
>>843
まーだ、そんなコピペを貼り付けてからに。
>>842
京都大学、谷口教授の「ネオインフレーション」御奨めする。
確か経済板にスレ立ってたけな。

847 :朝まで名無しさん:02/10/14 14:59 ID:t03BR2Rj
あえて通貨を堕落させようという古典的な無謀な試みを宣言して行うことは、
キャピタル・フライトのリスクを自ら膨張させる。大幅な円安と国債暴落の
リスクを高めていく。その結果、景気回復による物価上昇の前に起こることは、
急激な金利の上昇にすぎまい。デフレからインフレへの転化が景気回復をもた
らすという彼らの思惑は見事に外れ、高金利下の深刻な不況が日本全体を覆い
尽くすことになるだろう。
現時点の日本において、キャピタル・フライトのリスクを直視しないのは、
狂牛病を直視しない農林省と同じである。不良債権問題を直視しない金融庁と
言い換えてもよい。キャピタル・フライトのリスクはもうそこにある。
危機はすでにそこにあるのだ。目を凝らせば、はっきりと見えるはずである。
その危機を直視していないから、無責任な言説を垂れ流すことができるのだ。

848 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/14 15:00 ID:Cp999UGB
>>845
こら、日銀の損得で国を衰退させられて堪るか。

849 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/14 15:01 ID:Cp999UGB
>>847
木村コピペ逝って良し。


850 :朝まで名無しさん:02/10/14 15:01 ID:t03BR2Rj
特権階級とは制度化された略奪を意味する盗賊集団である。

日本という国には特権という方法で盗賊になれる制度がある。
法律を作り、それを制度化して国民を縛り付ける連中は、考え方しだいでは
泥棒より悪質と言える。泥棒は高いリスクをとって努力しているが、特権階級
はノーリスクで、努力もせずに大金を手にしているのである。法的に犯罪では
ないが、やっていることは泥棒以上であろう。

日本は腐ったリンゴに蝿がたかる果物みたいなものである。民間が再生させよう
としても、すぐそこに蝿がたかって腐ってしまう蛆虫国家だ。

851 :朝まで名無しさん:02/10/14 15:06 ID:t03BR2Rj
>>849
悔しかったら論破してみろよ(藁

852 :遅くなりましたが649です:02/10/14 15:09 ID:BtLtDzAb
>>840
>最低でも過去レスを読んでから議論に入るのは常識だろ。ぼけ
その過去レスと矛盾していると言ってるんですが。

>複数あっても構わないと書いてある。便利すぎると書いてあるだけで
おやおや物は言いようですね。
>The point is that multiple equilibria are too easy - they are a
>device that can justify practically any policy, and should therefore
>not be proposed unless you have some compelling reason to think
>they must be there.
結論が全く逆なんですが。

853 :朝まで名無しさん:02/10/14 15:10 ID:5qpO6uBT
>>851
今日は( ´∀`) が来てないからむりぽ

854 :朝まで名無しさん:02/10/14 15:10 ID:9aeasjLq
そろそろ明らかになってきたように、インフレターゲットのねらいは
景気回復ではなく、インフレによって国の借金を目減りさせることにある。
インフレにより景気回復というのはそれを正当化するための方便にすぎない。

>インフレの恐ろしさは、現金課税と同じであって、借金は減るけれども同時に
> 預貯金も目減りするし、加えて物価の上昇ほど賃金は上昇していかないだろう
>ということです。

正論であろう。

855 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/14 15:10 ID:Cp999UGB
>>851
おいおい、過去スレ読んだのか?
日銀と政府が都合よく機能停止でもするのか???


856 :朝まで名無しさん:02/10/14 15:11 ID:x0VeN/kL
>>846
コピペコピペばかり言ってないで少しは反論してみろよ(藁

反論できないからコピペと言ってごまかしてるんじゃないか?(藁

857 :朝まで名無しさん:02/10/14 15:12 ID:/JsqbmKK
>>ID:t03BR2Rj オレも調整インフレ導入には懐疑的な立場だが、
自分のカキコは841だけだな。843〜845は何に書いてあった?

858 :朝まで名無しさん:02/10/14 15:18 ID:RBNnMCmM
コピペに対しては、既に経済板のインタゲスレでも、このスレでも対応済みなので
相手にすることない罠

859 :朝まで名無しさん:02/10/14 15:51 ID:Dx/25JkX
>>1
今の日本は、デフレや不況に”なっている”のではありません。
デフレや不況に”している”のです。
その目的は、非高率な産業や企業を潰して、
日本国内の高コスト構造を是正するためです。

ですから、非効率な企業が潰れるまで景気はよくなりません。



860 :朝まで名無しさん:02/10/14 15:56 ID:aP+MwxPA
>>859
> その目的は、非高率な産業や企業を潰して、
> 日本国内の高コスト構造を是正するためです。
現実に潰れるのは借金の多いところであって、
「非効率」なところではない罠

両者は同じようでいて違うのよね。

861 :朝まで名無しさん:02/10/14 16:01 ID:BtLtDzAb
>>859
失業者が増えると日本全体が非効率になるんですけど。
デフレ不況で研究開発や設備投資が減れば健全な企業も
効率が悪くなります。リストラして元気になるのは企業だけ。
経済全体では何の解決にもならないどころか逆効果。
詳しくは過去ログを参照のこと。

862 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/14 16:03 ID:Cp999UGB
潰したら景気が良くなるの?
んで、腐った企業潰したら他の企業がまともになるの?
つられて腐るよ。(失業者が溢れてる状況で景気が上向く?)
縦しんば不良企業退出が達成できたとして、高まったデフレ基調を
ホイホイと路線変更できるの?(繰り返し書くが失業者が溢れてる状況で)

863 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/14 17:28 ID:zTH6lijj
>>852
>その過去レスと矛盾していると言ってるんですが。
いったいどことどこが矛盾してるんだ?

>おやおや物は言いようですね。
>>The point is that multiple equilibria are too easy - they are a
>>device that can justify practically any policy, and should therefore
>>not be proposed unless you have some compelling reason to think
>>they must be there.
>結論が全く逆なんですが。

べつに複数あっても構わないって言ってるじゃないか。いったいなんの結論
が全く逆なんだ。

人のコラム引用して誤爆して俺は誤爆したって認めるのが
君の小さなハートには耐え切れないようだね。w

864 :深尾光洋(慶應義塾大学商学部教授):02/10/14 17:34 ID:+BGd5P+C
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061495836/250-0036193-8435413
デフレ阻止へ舵を切れ――小泉純一郎首相の掲げる構造改革、すなわち不良債権
処理、財政の全面的な見直しと赤字の削減、政府系金融機関などの特殊法人民営化
と補助金の撤廃は、いずれも欠くことのできない政策であり、筆者も全面的に賛成
である。しかしデフレを放置すれば、すべてが水泡に帰する。その理由は、日本の
国家財政の破綻と財政インフレである。1930年代の世界を振り返れば、デフレと
インフレという2つの恐怖があった。デフレによる倒産と失業、財政赤字の拡大に
よる財政破綻とインフレである。日本はいま、この2つのリスクに直面している。
デフレを早期に断たないと財政破綻によるインフレリスクが急速に高まる。


865 :朝まで名無しさん:02/10/14 17:39 ID:at29+DBK
>>864
これはこれで電波なこと言ってるな。

866 :深尾光洋(慶應義塾大学商学部教授):02/10/14 17:45 ID:+BGd5P+C
http://www.mainichi.co.jp/life/family/syuppan/economist/0109/04d.html
 構造改革は、不良債権処理、財政・財投機関の見直しなどで経済を効率化する。
ただ、同時に痛みを伴う。低成長でデフレ圧力が強まる。構造改革は必要だが、
デフレを悪化させると改革自体が失敗する。デフレが進行すると不良債権は
もっと増える。税収が減り、財政赤字が拡大する。
 ではどうするか。公共投資や減税で景気を支えるのは、財政破綻のリスクが
大きい。金融政策で物価下落を支えるしかない。高インフレを目指す調整インフレ
には反対だが、物価下落を止め、物価安定目標圏を設定する形の金融政策は行う
べきだ。消費者物価指数(CPI)には歪みがあり、プラス1%ぐらいが実際の
ゼロインフレだ。そこで消費者物価で1・5%プラスマイナス1%の目標圏を設ける。


867 :朝まで名無しさん:02/10/14 18:06 ID:BtLtDzAb
>>863
>いったいどことどこが矛盾してるんだ?
だからそれを書いたのが>>837なんですよ。

>べつに複数あっても構わないって言ってるじゃないか。いったいなんの結論
>が全く逆なんだ。
安易に均衡点を複数にするなという文章を「べつに複数あっても構わない」
と解釈するのは苦しすぎでしょう。そもそもあのコラムは、均衡点が複数ある
のは変(exotic)だということを理由にして、日本の経済政策を皮肉っている
わけですから、「べつに複数あっても構わない」のならコラム自体が成り立た
なくなってしまいます。

868 :やんばる  ◆3L4q/O9KmY :02/10/14 18:24 ID:zTH6lijj
>>867
だってクルーグマンはISバランスが悪いって論理なんだから、退屈な(boring)
一つの均衡点になるに決まってるじゃないか。だからといって複数あると
まずいとも全然言ってないし言えるわけがない。回復すれば後付けで
どんな理屈でもつけられる。

869 :朝まで名無しさん:02/10/14 18:28 ID:3zpygJW7
不毛な議論というのはこういうのを言うんだろうね

870 :朝まで名無しさん:02/10/14 18:48 ID:BtLtDzAb
>>868
言葉尻だけとらえて「複数あるとまずいとも全然言ってない」と言い張っても
むなしいだけだと思うんですけど。

But anyone who has played this sort of analytical game knows that
multiple equilibria are something to be invoked only sparingly: as
William of Ockham might have said, thou shalt not multiply equilibria
unnecessarily.

コラムの趣旨を考えれば私の引用は間違ってなかったと思うんですがね。

871 :朝まで名無しさん:02/10/14 19:03 ID:y8amn7/+
ヤンバルってなんか不毛な奴だな(w

872 :朝まで名無しさん:02/10/14 19:14 ID:dTADYrpW
これだけ通貨供給を増やしてるのに、これ以上どうやって通貨を供給量
を増やすのかさっぱりわからん。資産課税でもすんの?

873 :朝まで名無しさん:02/10/14 19:29 ID:khHOXvGI
調整インフレをしたところで、景気が本格的に回復すれば円高になり、バランスがとれるように働くと思うんだが?
インタゲ反対派は、それともカダストロフィーを望んでいるのか?

874 :朝まで名無しさん:02/10/14 19:36 ID:BtLtDzAb
>>872
長期国債買い切りオペの増額か日銀引受けですね。

875 :朝まで名無しさん:02/10/14 20:15 ID:tNgr9fXQ
カダストロフィー????


876 :朝まで名無しさん:02/10/14 20:44 ID:5qpO6uBT
>>872
民間による日銀券印刷を許可します。

877 :朝まで名無しさん:02/10/14 21:03 ID:XFfmjlTJ
>>876
偽札?

878 :朝まで名無しさん:02/10/14 21:41 ID:oaRrGD2U
インタゲっていう略し方はなんだか隠微な感じがするのは、
私だけでありましょうか??

879 :朝まで名無しさん:02/10/14 21:42 ID:TkLLzCrt
じゃあ、もう一字略してイン(略

880 :朝まで名無しさん:02/10/14 21:55 ID:jeZO9wfk
>>845
>インフレターゲット派は卑怯者である。

結論:不毛なインフレターゲットは即時却下、こそ正しい。
インフレターゲットを、との一部のたくらみは すべて論破された。
よって、日本政府は、すぐにインタゲ派の徹底放逐を実施すべきである。

終了♪

881 :朝まで名無しさん:02/10/14 22:03 ID:khHOXvGI
>>880
不毛なのは君だろ
何度も同じようなコピペ張りやがって

882 :朝まで名無しさん:02/10/14 22:38 ID:VCy5Blsl
>881
当方無毛、そして君はムダ毛、そしてインタゲはやっぱり不毛、だろ?


883 :朝まで名無しさん:02/10/14 22:47 ID:+QYUACdj
>>882
無毛とな。なるほど陰毛も生えてないガキだったってわけか。
きっと蒙古斑もまだ残っているのであろう。

884 :朝まで名無しさん:02/10/14 23:00 ID:LB13wFiJ
>>825>>828
インフレターゲット宣言→インフレ期待→溜め込んでいる金を使い出す→インフレ
→実質金利低下→需要喚起→マイルドインフレへ誘導

これがインフレターゲット、確かにインフレ→景気回復ですが、
金融緩和だけでは効果がないと考える人は

インフレターゲット+財政支出→需要創設→インフレ発生→実質金利低下→あとは同じ

と言っているので、景気回復→インフレと言えなくもない。
この場合、財源は国債引受とかになるので、金融緩和してインフレにしろ、という点では同じ。

885 :朝まで名無しさん:02/10/14 23:10 ID:khHOXvGI
なんにせよ設備投資されるだけの金が動かないと景気は良くならない罠

886 :朝まで名無しさん:02/10/15 02:34 ID:YP/w/Br3
インフレはゆるやかなインフレ(2%内外?)はOKだがインフレ率が
高くなるのはやはりよろしくない、という当たり前のことが浸透してるのか?

887 :朝まで名無しさん:02/10/15 02:44 ID:k7auNVPs
>>869
結論:不毛なインフレターゲットを、との一部の不遜な企みは 悉く論破された。
   よって政府は即刻、インタゲを企図の一派を一網打尽にすべきである。

888 :朝まで名無しさん:02/10/15 02:47 ID:P6lujTw3
みんな言葉に踊らされすぎ。
構造改革マンセーって踊ってたことを忘れたのかな?
安易なインフレターゲットは危険。
それと反発してアンチインフレってのも危険。
で、結局わけわかんなくなって一人混乱する俺。

889 :朝まで名無しさん:02/10/15 02:54 ID:QQvIPIby
インフレターゲット宣言→コントロール不能によるハイパーインフレ・円暴落・国債暴落危惧
→溜め込んでいる金を外貨預金・貴金属購入・投信購入に使い出す→?

890 :( ´∀`):02/10/15 06:06 ID:XhxBBqTi
素敵なデムパスレになってるね。

さて、それじゃバイト先(内定先でバイト中)行ってくるか。
最近は全然学校行ってないなぁ…。

>>886
してるんじゃない?それがターゲットの意味なんだから。

891 :( ´∀`):02/10/15 06:20 ID:XhxBBqTi
857 :朝まで名無しさん :02/10/14 15:12 ID:/JsqbmKK
>>ID:t03BR2Rj オレも調整インフレ導入には懐疑的な立場だが、
自分のカキコは841だけだな。843〜845は何に書いてあった?

>>841のIDも…。
このスレも自作自演の雨嵐ですなぁ。

892 :朝まで名無しさん:02/10/15 07:05 ID:k7auNVPs
>>888
>構造改革マンセーって踊ってたことを忘れたのかな?

禿げ同!衆愚のみんな、はやらせられ言葉インタゲ、に踊らされすぎ。
構造改革マンセー、のお相手は抵抗勢力、
政治改革マンセー、のお相手は「守旧派」だった。
いま国内はフィーバーに大反省、数百億の政党助成だけが成果だったね、
多分負の(w

893 :857:02/10/15 07:41 ID:JSVXMnUX
>>891 オマエσ) ´∀`)、勘違いしてるぞ。そのレスは
「自分の能力でのカキコは841だけであとはコピペだろ」という意味だ。

ご登場ついでに、金融政策で経済のスピードを制御する方法を説明してみな。
ただし、舞台は今の日本ってことでね。


894 :朝まで名無しさん:02/10/15 10:25 ID:6RrLdkSb
やっぱさsageなきゃ駄目だなこのスレは
ageてると電波がどんどん流入して香しくなってくる。

895 :朝まで名無しさん:02/10/15 12:32 ID:zYjMwCxQ
名前が悪いんだ、名前が。インフレにトラウマ持ってる人もいるだろうから。
ブリブリごっつぁんターゲットにしよう。

896 :朝まで名無しさん:02/10/15 13:24 ID:s+4pLayd
〉〉841は超有名なコピペなのに自分の能力でのカキコとは笑える。売りオペも知らない電波は言うことが違うな。

897 :朝まで名無しさん:02/10/15 14:19 ID:SmMSaj+m
荒れてるな
っていうか、自作自演でコテハン攻撃か?
暇人め

898 :朝まで名無しさん:02/10/15 18:16 ID:/DuysP8v
>>892
経済板の過去ログ読み返したら?
コイズミが首相になって以来ずっとコイズミ流構造改革には反対だぞ。

899 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/15 19:10 ID:9HFHBczR
漏れは橋本内閣の馬鹿鼠の頃から大嫌いだが。
なーにが「民営化がならなければ私大臣辞任します!」だよ。
結果は調べるまでもないよな。

900 :朝まで名無しさん:02/10/15 19:15 ID:k7auNVPs
>>898
>経済板の過去ログ

申し訳ないが全然行ってないんで(^-^)、
ってか衆愚のみんな、とは基本的には構造改革、政治改革マンセー、であった
世論調査の当時の対象者、つまり世論一般を念頭にしたんだが。

901 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/15 19:23 ID:9HFHBczR
>>900
アチラの板ではマスコミと某宣伝会社の仕業とされてますな。


902 :朝まで名無しさん:02/10/15 21:07 ID:DSu9LyK1
>>894〜897 迷惑な基地外だのう。841と同一人物か?
でも「売りオペも知らない」は笑わしてくれる。
ここのスレはそういうレベルとは知らなんだ。(w

903 :朝まで名無しさん:02/10/15 21:42 ID:hBdls6ik
インフレ策を実施すれば景気は絶対に「より」良くなるだろう。
これに異論がある者はいないはずだ。
ただその為にどんだけ国債(借金)をつぎ込んでもいいのかとなると疑問なんだな。
要するにコストパフォーマンス。
借金よりGDPが伸びる確率が高いことを証明してくれ!

904 :朝まで名無しさん:02/10/15 21:49 ID:+bQLX5RK
>>903
最早緊縮財政を敷いても借金は減らないことが明らかになって
しまってるんだよな。。。

905 :朝まで名無しさん:02/10/15 22:06 ID:SmMSaj+m
>>903
インフレ策は、円安を生む
それを待ち望んでいる製造業も多いことだろう
デフレを脱却できるなら、競争力のある企業は息を吹き返す可能性が高い
今は資金の調達すら困難で、景気回復どころではない
なんにせよ、何もしないよりはマシだから、やってみろと思う

906 :朝まで名無しさん:02/10/15 22:17 ID:MZwsIvyP
クルーグマンのインフレ・ターゲット論の最大の問題は、中央銀行が期待インフレ率を自由
にコントロールできるとしている点である。そのようなことが日銀にできれば、バブルも起こ
らなかっただろうし、バブル崩壊もコントロールできたはずであった。これだけの長期低迷も
起こりえなかっただろう。空を飛べない人に空を飛べと言っても、それは政策とは言えない。
クルーグマンの理論は学問的に意味があっても、思考実験の範囲を越えるものではなく、政策
と言えるものではない。クルーグマンの政策提言のバカバカしさは、経済学者には分かりにく
かったのかもしれない。
 よく話題になっているインフレ目標導入論は、一歩間違えれば国民の財産1400兆円を無
に帰す大々的な実験である。お茶の間ワイドショー政治が弄ばれ、田中外相が更迭されると内
閣の支持率が30%も落ちるような世の中である。政治家の中には日銀にインフレ目標を導入
させ、強力に調整インフレ政策を進めさせるよう提言している勢力もある。マスコミでも読売
新聞、産経新聞が社説で主張している。たしかにデフレで不況下では、調整インフレ政策を強
力に進めるインフレ目標導入論は単純で分かりやすく、国民の人気を得やすいだろう。しかし
それは同時に財政赤字、過剰流動性が大きく膨れ上がった日本にとって経済破綻への道でもある。

907 :898:02/10/15 22:26 ID:/DuysP8v
>>906
ある程度のインフレ率をコントロールできない中央銀行などいらん。
以上。

908 :朝まで名無しさん:02/10/15 22:42 ID:hzjbtNum
>>903
リフレ政策は借金(国債発行)しないよん。
あるとしたら日銀引受、出世払いみたいなもんだから借金とは異質でし。

リフレ政策で国債残高は一円も増えませぬ。

909 :朝まで名無しさん:02/10/15 22:52 ID:UD6Fteeb
>>906
結論:不毛なインフレターゲットを、との不遜な企みは,またまた論破された。
   

910 ::02/10/15 22:57 ID:2fOwa+7t
インフレをコントロールした例っていままであるのか?
封建制があった時代のように強権発動できる時代でさえ操れなかった物価を
おもちゃのように扱うにはいかがなものかと(ムネヲ風


911 :朝まで名無しさん:02/10/15 23:02 ID:hyfuXakt
現代の代表的な貨幣数量説論者(=マネタリスト)であるM、フリードマンは、
中央銀行の役割は毎年一定の割合(3〜4%程度)の通貨を機械的に供給する
ことにとどめるべきで、なまじっか人為的な金融政策を行なうからかえって経
済が混乱すると主張して、ケインズ政策を批判している。フリードマンはさら
に、裁量的な財政政策を含めおよそ人為的な政策は長期的には全て無効で、全
てを市場に任せることが最良だと主張している。

912 :朝まで名無しさん:02/10/15 23:05 ID:8e2kIzrB
>>910
ありまくりですよ。インフレターゲットが失敗した例はありません。
日本のように対外債務のない国なら尚更です。
公定歩合は上げたい放題ですし、売りオペもし放題、準備率も上げ放題
ですから、コントロールできないという主張のほうがおかしいのです。

913 :朝まで名無しさん:02/10/15 23:09 ID:8e2kIzrB
>>911
フリードマンはインフレターゲットに賛成していますよ。

914 :朝まで名無しさん:02/10/15 23:21 ID:k7auNVPs
>913
不利奴漫、狂愚漫らは、単なるインタゲ原理主義者(w

915 :朝まで名無しさん:02/10/15 23:26 ID:8e2kIzrB
>>914
マネタリストのフリードマンと貿易論が専門のクルーグマンが
「インタゲ原理主義者」ですか?ご冗談を。

916 :朝まで名無しさん:02/10/15 23:31 ID:3RWK9gQS
日本がインフレターゲットを導入したら、困る国があるとおもいます。
その国とは、ずばり韓国だとおもいます。

917 :朝まで名無しさん:02/10/15 23:58 ID:hzjbtNum
>>916
まあ、日本が成長したら経済的利益はあっても
あと10年で日本を追い抜く計画が台無しだからな。

918 :朝まで名無しさん:02/10/16 04:28 ID:gn8Krx+T
2CHインタゲ派って嫌韓派と人がかぶってるの?

まあおもしろい、っていえばおもしろいけど。


919 :朝まで名無しさん:02/10/16 09:23 ID:56ep4GXV
>>918
コテハンでは経済学部生とその露払いだな。
ときどきアンチ嫌韓がツッコミを入れたりするから、印象に
残るんだろう。

920 :朝まで名無しさん:02/10/16 15:46 ID:XG9/dKzf
>>918
朝日(反インタゲ派)VS産経(インタゲ派)
この構図が、韓国問題と状況が似てるんだろ。

921 :朝まで名無しさん:02/10/16 17:37 ID:/cFFEu+l
インタゲという方法はともかく、インフレ方向にもっていかないことには日本経済は泥沼だろう。
それに反対している奴は、すべて日本経済が破綻することによって利益を得るやつらとみなしてよい。
つまり

922 :朝まで名無しさん:02/10/16 17:43 ID:8Tk0dM+B
現在のデフレは不況の原因ではなくむしろ結果。

デフレは不況を作っている一つの要素と言えなくもないが、たくさんあ
る要素の中の一つにすぎない。
不況の結果としてのデフレはよくないことだが、デフレのみを人為的、
作為的に調整しインフレにしたところで景気がよくなるものではない。
不況には他の要因が多く複雑に絡み合っているからだ。

今の状態で強引に人為的インフレを起こしたところで景気は回復せず、
不況とインフレの二重苦に苦しめられることになる。


923 :朝まで名無しさん:02/10/16 17:47 ID:yPTuHcIR
経済の構造的問題は、まず不良債権を退治してからでないと無理。
だからインフレは不良債権処理にもっとも有効。

銀行潰して企業を潰して失業者を増やすのこそ、愚策。

924 :朝まで名無しさん:02/10/16 17:48 ID:DocpZpu6
>>919
> コテハンでは経済学部生とその露払いだな。
露払いワラタ

925 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/16 17:48 ID:8IoalSVu
>>922
宿題、ウィクセル効果とは?
英国のピグーが提唱した**効果とは?


926 :朝まで名無しさん:02/10/16 17:51 ID:yPTuHcIR
経済の構造的問題は、公による依存型経済と、円高による産業の空洞化。
公による依存型経済は、構造改革・政治改革・金融改革・税改革。
デフレ経済の中では中々出来ない。

円高による産業の空洞化は、民間の新しい産業を生み出す活力にかかっており、公だけに頼っても無理。
これはデフレが原因でもなければ、インフレで解決する問題でもない。
っが、デフレよりはインフレのほうが、企業の体力は快復するので、まだ望みがある。

927 :朝まで名無しさん:02/10/16 17:53 ID:yPTuHcIR
人為的インフレ
これもやり方次第だね。
今の小泉政権には無理

928 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/16 18:08 ID:8IoalSVu
゙ハ、ワザトヌイタヨ。ケンサクイヤ。

929 :朝まで名無しさん:02/10/16 21:06 ID:AXZl0kyX
調整インフレが可能なんだから、
インフレスパイラルに陥った時は調整デフレも可能なんだよね。
完璧じゃん。

930 :朝まで名無しさん:02/10/16 21:12 ID:yPTuHcIR
先行き不安材料がすべて解消されるわけでは無し、高齢化社会ではさほど経済成長が望めないのは解ってる。
中国のように未開発経済ではなく、成熟経済。
少子化では土地需要もそれほどの延びをどこまで期待できるかは、ちょっと懐疑的。
よほど有効な産業でもこの先起こってこない限り、インフレスパイラルは心配しすぎかと思う。

イラク戦で、原油の高騰でも起これば別だが。
心配なのはそういう方面だ。

931 :朝まで名無しさん:02/10/16 21:14 ID:yPTuHcIR
あ、それと国債の増えすぎ暴落で、経済がパンクすれば、スパイラル的アボーンでしょうけど。


932 :朝まで名無しさん:02/10/16 23:36 ID:U0SnlBTR
>>929
日銀はそれに関してはスペシャリスト。

933 :朝まで名無しさん:02/10/17 19:03 ID:jmG4det5
米でもデフレ警戒感強まる、物価下落が表面化
http://www.yomiuri.co.jp/02/20021017i211.htm

934 :朝まで名無しさん:02/10/17 19:07 ID:jmG4det5
速水日銀総裁、円安傾向を容認
http://www.yomiuri.co.jp/02/20021016i213.htm

ようやく動き始めたみたいだな
いい材料になると思うよ

935 :朝まで名無しさん:02/10/18 02:21 ID:EBJdbWQq
竹中って

 寝たきりの重病人に対して「筋肉つけないと元気になれませんよ。まずは腕立て伏せ100回から始めましょう」
 というアフォのような気がしてならない。
 まずは、元気になること、それから体力づくり。

  元気:景気回復
  体力:構造改革

936 :朝まで名無しさん:02/10/18 07:21 ID:Iqb50L2N
>>935
まぁ、とりあえず円安容認っていうのは、即効性のあるワクチンだと思うよ
日銀がそう動くのは、余程深刻だけど(w

937 :朝まで名無しさん:02/10/18 19:15 ID:50gY3nqf
ふと思ったんだけどさ、財政破綻で景気回復しないか?

財政破綻→国債引受→なぜか需要回復→安定成長

巨大なデフレギャップのおかげで
マイルドインフレで安定したりして。


938 :朝まで名無しさん:02/10/20 21:16 ID:zZbxtoIi
結論:インフレターゲット反対人間は 全員論破された。今すぐインフレターゲットを導入するべき。

終了

939 :朝まで名無しさん:02/10/20 21:21 ID:J+ycMoLg
景気対策としてのインフレターゲット導入について
報道若しくは提言する日本のマスメディアは極少数派。
極少数派どころか、インフレターゲット論のブームは終わった様に
思われる。

940 :朝まで名無しさん:02/10/20 21:26 ID:Mi/LSkr+
>>939
てか、最近のマスメディアは親韓扇動と同じで、意図的に避けてるのと違うか?

941 :朝まで名無しさん:02/10/20 21:34 ID:J+ycMoLg
本当にインフレターゲットがローリスク・ハイリターン的な効果があるなら、
とっくに2000年頃に政府は実施していただろう。
2002年のノーベル経済賞を受賞した理論とは、
従来の経済学は「人間は合理的な判断の上で経済活動を行う」と言う前提で構築されていたが、
実際はその前提自体が大きな間違いであったと心理学の観点から証明したもの。
実際にインフレターゲットは推進論者の思惑通りに巧く行くのかね?
インフレターゲットはハイリスクじゃないの。



942 :朝まで名無しさん:02/10/20 21:54 ID:qXaORlxE
>>941
いざ日本政府がインフレターゲットをやった直後に、
昔のジャージソロスなどの投機家達が英国の通貨ユーロへの統合を妨害した様に、
金の亡者的な国際投機家が暗躍して、そんな連中らが「その手があったか!」的な
あっと驚く方法で、日本の富を一瞬に奪い去って、日本経済が衰退したら、困るな。

943 :朝まで名無しさん:02/10/20 21:57 ID:qXaORlxE
>>941
いざ日本政府がインフレターゲットをやった直後に、
90年代前半頃にジョージソロスなどの国際投機家達が英国の通貨ユーロへの統合を妨害した様に、
金の亡者的な国際投機家が暗躍して、そんな連中らが「その手があったか!」的な
あっと驚く方法で、日本の通貨危機を起こして、日本の富を一瞬に奪い去って、
日本経済が衰退したら、困るな。


944 :朝まで名無しさん:02/10/21 00:31 ID:GzAGW/fi
隕石とか降ってきたら正直困る

945 :朝まで名無しさん:02/10/21 00:39 ID:ckxLme4P
>>941
ノーベル賞をとった理論はミクロですから、マクロの経済政策にはあまり
関係してきません。実質金利を下げるだけですから、大きなリスクなんて
ないです。

>>942
ヘッジファンドは裁定取引で儲けています。適正価格より高いものは売り
安いものは買うだけです。イギリスやタイの通貨下落は元々通貨当局が
無理な価格を維持していた事が原因で、ソロスが動かなくても長続きは
しなかったでしょう。投機家を悪く言うのは単なる政治家の責任逃れです。
インフレターゲットは無理な価格を維持するというような話ではありません
から、投機家が活躍する余地はないですね。

946 :朝まで名無しさん:02/10/21 00:47 ID:Rg0YqKMa
>>945
投機のチャンスはあると思うよ、ヘッジファンドは買いまくると予想。
っていうか俺は株買うよ、借金してでも買いまくるよ。
一生に一度の大チャンスと思うので。


947 :朝まで名無しさん:02/10/21 00:53 ID:ckxLme4P
>>946
それは投機というより投資ですね。ヘッジファンドじゃなくても株は
買いますよ。


948 :朝まで名無しさん:02/10/21 01:15 ID:cxUfOYER
>>947
いや、借金してまで株式を買うのは「投機」と思われ
悪いことは言わんから「失くしてもいい」範囲で投資しなはれ。

949 :朝まで名無しさん:02/10/21 01:20 ID:Rg0YqKMa
>>948
もち、返せる範囲で借りるさ、
って言うかまともな所は返せないほど貸してくれない。


950 :( ´∀`):02/10/25 09:36 ID:CIresF+Q
良スレageときますか。

951 :朝まで名無しさん:02/10/25 09:53 ID:3zCt5IKt
>>950
あれ?電波スレじゃなかったの?(W

952 :( ´∀`):02/10/25 10:03 ID:CIresF+Q
>>951
スレタイ通りの話が進めば良スレなんじゃないの?(w

953 :朝まで名無しさん:02/10/26 04:52 ID:4HwdUWkt
ふふ竹中すれおタここにも発見!!!!
たのしーーーーーー
るんるん

954 :朝まで名無しさん:02/10/26 05:12 ID:FoR5YSDv
消費税率を毎年1%ずつ上げていけば、自動的にそれにみあって
インフレになるとおもわれるが、どうか?

955 :朝まで名無しさん:02/10/26 17:31 ID:0892AYDR
インフレ傾向になったらますます将来不安が増すから、将来のインフレ予想分、
今以上に溜め込んどかないと。
でもインフレになれば予定調和的に所得も同比で増えると思っているバカって
救いようがないね


956 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/26 17:39 ID:A9y6alTb
>将来不安が増すから、将来のインフレ予想分、
> 今以上に溜め込んどかないと。
ふーん、通貨価値が下がって行くのに溜め込む人も居るんだね。
勉強になったよ。


957 :朝まで名無しさん:02/10/26 17:47 ID:hz8kx19p
>>956
そっか、じゃあ円以外で溜め込めばいいんだね。
勉強になったよ。

958 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/26 17:51 ID:A9y6alTb
>>957
金はどないや?
土地もどないや?
株もどないや?

959 :朝まで名無しさん:02/10/26 18:53 ID:EHcraBNo
円以外で溜め込んだらリフレ派の思う壺だぞ(w

960 : :02/10/26 19:26 ID:TZ6XL5Y1
ttp://tmp.2ch.net/test/read.cgi/youth/1035276673/

961 :朝まで名無しさん:02/10/26 19:33 ID:injOEU5q
すごい奴が居るな
インフレになるのに貯金するとは
久々にワロタよ

962 :朝まで名無しさん:02/10/26 19:43 ID:NSpsryIE
インフレになれば当然預金金利も上がるからね。
インフレになったとしても不必要な物は買わない、貯蓄するだろう。

963 : :02/10/26 19:45 ID:cHx28FUY
朝鮮戦争が起きればインフレに簡単になって景気回復するよ

964 :朝まで名無しさん:02/10/26 19:46 ID:QXAejsfo
まあ日本株・債権の組み入れ比率が低くて良さげなファンドでも探してみるよ。


965 :朝まで名無しさん:02/10/26 19:50 ID:YkOvgZVu
>>962
あっと

966 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/26 19:51 ID:A9y6alTb
名目と実質ってナンジャロー。

967 :朝まで名無しさん:02/10/26 19:55 ID:YkOvgZVu
びっくりするほどユートピア!

968 :朝まで名無しさん:02/10/26 19:56 ID:aIvWZOYo
>>965
ユースケ・サンタマリアさんですか?

969 :朝まで名無しさん:02/10/26 19:57 ID:pEkHjfHB
じゃ、あなたはそうしてください。

970 :朝まで名無しさん:02/10/26 19:58 ID:XsNVTi0e
なるほど、インフレで貯金するなどと発想できる奴がいるから、日本経済がおかしいままで
放置されるのか
なるほど

971 :朝まで名無しさん:02/10/26 19:58 ID:pEkHjfHB
>>962

972 :朝まで名無しさん:02/10/26 19:59 ID:YkOvgZVu
(´??ω??`)モキューン

973 :朝まで名無しさん:02/10/26 20:00 ID:lcmdmF95
ここはひどいインフレターゲットですね!

ガイシュツ?

974 :朝まで名無しさん:02/10/26 20:09 ID:o8ooWU8e
郵便貯金は年利6.7%という時代があったからね。
しかも10年固定。
一時的に景気がよかったときの金利が10年間適用される。
インフレが同じ率で10年続けば得にはならないがね。

975 :974:02/10/26 20:11 ID:o8ooWU8e
郵便貯金→定額貯金というのかな

976 :朝まで名無しさん:02/10/28 17:28 ID:ctf7wFOn
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/news2/1035793695/l50
新スレ

977 :朝まで名無しさん:02/10/28 19:28 ID:N2moHUK8
    ∧∧  ミ  _ ドスッ
     (   ,,)┌─┴┴─┐
    /   つ 糸冬 了 │
  〜′ /´ └─┬┬─┘
   ∪ ∪     ││ _ε3
            ゛゛'゛'゛

978 :朝まで名無しさん:02/10/28 19:36 ID:Qv7RxANj
現在のデフレは不況の原因ではなくむしろ結果。

デフレは不況を作っている一つの要素と言えなくもないが、たくさんあ
る要素の中の一つにすぎない。
不況の結果としてのデフレはよくないことだが、デフレのみを人為的、
作為的に調整しインフレにしたところで景気がよくなるものではない。
不況には他の要因が多く複雑に絡み合っているからだ。

今の状態で強引に人為的インフレを起こしたところで景気は回復せず、
不況とインフレの二重苦に苦しめられることになる。


979 :朝まで名無しさん:02/10/28 19:46 ID:N2moHUK8
>>978
可及的速やかに新スレに移行してください
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/news2/1035793695/l50
            ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ( ´Д` ) < 終了しますた
          /,  /   \_______
         (ぃ9  |
          /    /、
         /   ∧_二つ
         /   /
        /    \       ((( )))  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /  /~\ \     ( ´Д`) < 終了しますた!
       /  /   >  )     (ぃ9  )  \_______
     / ノ    / /    /    ∧つ
    / /   .  / ./     /    \     (゚д゚) シマスタ
    / ./     ( ヽ、     / /⌒> )     ゚(  )−
   (  _)      \__つ  (_)  \_つ     / >



980 :朝まで名無しさん:02/10/28 20:42 ID:qoR6edzo
結論:インフレターゲット反対意見は すべて論破された。日本政府は今すぐインフレターゲットを開始するべき。

終了

342 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)