5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

どうして近親相姦は遺伝子をバグらせるの?

1 :朝まで名無しさん:02/10/06 18:23 ID:NwDaX0bD
まじでおせーて。

2 :朝まで名無しさん:02/10/06 18:24 ID:RpYUwEIn
やだ。

3 :朝まで名無しさん:02/10/06 18:27 ID:grEki23B
バグって誤動作したわけではない。
遺伝子は普通通りお仕事していますよ。

4 :段造:02/10/06 18:27 ID:vJY1J9hC
知らない人と仲良くさせるため、じゃあないの。

5 :朝まで名無しさん:02/10/06 18:28 ID:WeMS31wU
>>3
激しく正しい。

6 :269:02/10/06 18:30 ID:b2aHtxys
1よ、 猪鹿蝶ってしってるか?

7 :朝まで名無しさん:02/10/06 18:36 ID:g37Y1pul
高卒は劣性遺伝

8 :朝まで名無しさん:02/10/06 18:48 ID:+LT2LM6z
高校生物の知識がないなら説明が面倒くさいから諦めて。

個体群内に頻度の低い劣勢(ホモでないと発現しないという意味であって
形質が劣るという意味はここには無い)遺伝子は、普通はなかなか
形質が見られない。1/100の割合で入っている遺伝子であれば、ホモに
なる確率は1/10000。
ところが近親相姦だと、例えば親が一人ヘテロでそうした遺伝子を持って
いるとそれぞれの子に1/2の確率で受け継がれる。男児と女児両方に
受け継がれる確率は1/4。そのときその二人から子供が生まれた場合、
さらに1/4の確率でホモに遺伝子を持つ孫が生まれる。つまり全部で1/16。

そんな劣勢遺伝子の内、生存に明らかに不利なものがヒトゲノムには
沢山あると言われている。自由交配ならばそれでもめったに問題になる
事はない(劣勢だから)のに比べて、近親交配ではその危険性が格段に
増すので好ましくない。

でも、遺伝子はきちんと(不都合を働くように)働いていますけどね。

9 :漏れが小学生でも分かるように説明シル :02/10/06 19:47 ID:dZA2Et4U
5千個の異なる玉が2セット1万個あり、それを袋の中に入れてある(これがお前の
親父)。で、そこから、半分の1セット、5千個をとり、母親の袋からも半分の5千
個をとり、混ぜてそれを別の袋に入れる。これがお前の遺伝子の組み合わせなんだ。

例えば、父親の遺伝子の5千個の玉の中の340番目の玉にバグがあったとすれば、
2分の1の確率で、お前もバグ付きの玉を受け継ぐことになる。しかし、このバグ玉
以外に、母親由来のバグのない玉の二個をもっているから、正常な玉が一個あるので
問題にならない。
で、お前の妹も、同じような遺伝子のセットをもっているとすると、やはり2分の1
の確率で340番目の玉がバグをもつことになる。しかし、血縁関係にない人の遺伝
子には、340番目の玉がバグである確率は極めて低いから、お前も妹の遺伝子と組
み合わせて両方がバグになる確率は極めて低いことになる。
しかし、もしもお前と娘から子供ができるとすると、たった4分の1の確率で両方が
バクになることになる。で、この結果遺伝病となる。



10 :朝まで名無しさん:02/10/06 20:23 ID:3L4avN/Q
答え


1 の 親 は 駄 目 人 間

11 :9月の海はくらげの海:02/10/06 20:29 ID:89YS7DSk
精神的にもバグ・・・・・・

12 :大天才様1号:02/10/06 20:33 ID:rTQas02W
要するに、妻の母親や妻の妹とする近親相姦ならノープロブレムって事だろ。

13 :朝まで名無しさん:02/10/06 20:35 ID:ZO1g0ztp
でわ何故に人は近親相姦ネタに萌えるのだろう? 


14 :赤い彗星のののたん:02/10/06 20:38 ID:2w1nSrdd
┻( ´D`)┻ノ------⊃ くりいむれもん

15 : :02/10/06 20:39 ID:ZqLNjrgh
萌えねえよ、ばかちん

16 :朝まで名無しさん:02/10/06 20:52 ID:UvIKRsIg
日本のゲーリー・オールドマンこと佐藤浩市のデビュー作品は
なんとNHKのドラマで近親相姦ものだったのはご存知でちゅか
母親が岸恵子でちょと萌え〜!だったかも (w

17 :段造:02/10/06 20:55 ID:vJY1J9hC
>>12
息子と父親との近親相姦もノープロブレムでよろしいか?

18 :朝まで名無しさん:02/10/06 21:03 ID:NUM3t1jd
おぇ

19 :朝まで名無しさん:02/10/06 21:06 ID:WKXrgwM7
法的にも「いとこ」はいいんだよね。

20 :朝まで名無しさん:02/10/07 00:22 ID:YwhGufeH
血が濃いということは、優勢でも劣勢でも強く出過ぎるということだな。
絶世の美女と言われたクレオパトラの両親はきょうだいだったらしい。
お前らの好きな某半島国じゃいとこ同士の結婚は鬼畜扱いらしいぞ。
管直人夫婦はいとこ同士。前田利家夫婦もそうだな。

21 :朝まで名無しさん:02/10/07 06:30 ID:ol0GPAsZ
天皇家はあったってほんと?

22 :朝まで名無しさん:02/10/07 06:39 ID:eDcqR4QQ
>>21
明治天皇は偉丈夫で子沢山(って産んだのは彼じゃないがw)だったが、女児は
育つものの、男児は成人まで生きたのが大正天皇只一人。それもご存じの通り
精神薄弱であった。これがいわゆる近親婚の積み重ねのクラッシュの例といわれて
ますね

で、大正天皇はパパラパだったが、こと男児を残すという点をとれば圧倒的に優秀
な成績を残している。昭和天皇始め4名の男子皇族が成人した。
これをどうみるか、ということだな。なにせ大正天皇は精神薄弱だったのでいくら
天皇現人神であれ、さすがに皇族的価値観で言う一番血筋のいい嫁は皇后にならなかった、ということである。

つまーり、近親婚ばっかりだと男子がうまく育たないという実例をいきなりこの
100年ほどで体現したということ、らしい
この辺の事情も踏まえ、又戦後の法律が養子皇族を認めない方向となったことも
あって皇太子妃には民間(血による不良発生の予防)から嫁を取ったということで


23 :朝まで名無しさん:02/10/07 06:50 ID:ol0GPAsZ
>つまーり、近親婚ばっかりだと男子がうまく育たないという実例・・・
これはバグのうちの一例なんですか?
それとも、どの家計でも近親相姦するとなぜか男の方があぼーんしやすい法則があるんでしょうか?


24 :朝まで名無しさん:02/10/07 06:54 ID:ol0GPAsZ
そういや、環境ホルモンの影響も男がバグって女化する例が多かった気が・・・。(その逆よりも)

25 :朝まで名無しさん:02/10/07 07:04 ID:uIgDgbyT
上のような誤解が世間ではいまだに信じられているが、
それは実は都市伝説のようなモノで、近親間だからといって
障害児の確率が増えるわけではない、ただ「近親間だと目立つ」だけだ。

それでは何故近親Hがタブ−かというと、あまりにも気持ちよすぎて
仕事する気にならなくなり、いずれ社会が崩壊してしまうからだと言われている。

26 :朝まで名無しさん:02/10/07 07:07 ID:9qP/5/+g
>>14
くりぃむれもんは血がつながっていないので問題なし。

27 :朝まで名無しさん:02/10/07 07:36 ID:1+12U+em
ネズミとかの実験ではわざと近親交配させるんだとか。

28 :朝まで名無しさん:02/10/07 09:22 ID:SeQQqgjb
>25
後半部分は迷信か?(w

29 :(^^):02/10/07 10:35 ID:GPY5yH1+
文化人類学者のレヴィ−・ストロースは、近親結婚のタブーは各共同体の
存続と発展のためであったと考えたという。

たとえば漏れの村の男女だけで結婚してるなら、結局漏れの村は近親結婚だけで
子孫を残すことになる。ちみの村も事情は同じ。そうすると、まず親子兄弟
で子どもをつくると劣性遺伝が発現しやすくなる。これが第一のデメリット
だが、同時に一つの村は地域的に限定されているので、経済的に生産性を
向上することが難しくなる。そうした経済的閉塞を根本から打開するには
「戦争で、領地を拡大し、新しい人的・物的資源や土地などを獲得する」
か「安全確実な人的・物的資源の交換ができるようにする」必要がある。
んで、戦争ではお互いの損失もばかにならないので、安定した相互交換の
システムを作る必要がある。そのためには自分の村の男女は自分の村の男女と
結婚してはならない、という掟をつくっておけばよい。
そうすれば自然に各村はゆるやかに、自然に親類関係を共有することになるので
安心して交易や交流を拡大することができるというわけなり。もちろん人類が
太古の時点でこのように論理的に考えたとはいえないので、ある種の直感的英知
(野生の思考というなり)によって徐々にそういう社会システムが発生し、それと
同時に世界各地のどこの共同体でも基本的には近親結婚が禁止されるようになった
というのであるよ。だから、逆に王族や神官など、それぞれの共同体の純潔性
を象徴的にも保持する位置にいる人たちは、他の共同体の人間と結婚するのでは
なくて近親結婚によって共同体のアイデンティティを保つ役割を担ったということに
なるなりね。そうした共同体の規範が今でも社会制度や規範の中に、根付いたまま
維持されているということらしいです。

30 :朝まで名無しさん:02/10/07 13:28 ID:0h1TTkK3
>>29
たばこや宝くじは地元で買いましょう、みたいなものだよね。
(地方税だから)


31 :朝まで名無しさん:02/10/07 15:06 ID:6m/q1dPO
>>25
ヨーロッパ王室で血友病が多かったのはひとえに近親婚の賜物ですが何か。

32 :朝まで名無しさん:02/10/07 17:42 ID:PhffNoF4
血友病の遺伝子持ってるのが近親婚の結果排除出来なかっただけであって、
近親婚が血友病を発生させた訳ではない。■



33 :朝まで名無しさん:02/10/07 18:14 ID:7PaYXvHk
あれほど言ったのに、まだこんなスレ立てるですか!もう許さんです!
あんたを許すわけにはいかんです!こんなスレでレスたくさん付くとでも
思ってるなんて頭おかしーよです!あんたみたいなバカ初めて見たです!
あんたみたいなバカ、ゴキブリ以下です!あんたみたいなバカ、ウジ虫以下です!
死んでほしーです!つーか、死ぬべきです!あんたは絶対に許されないです!
勘違いしたバカを許すわけにはいかんのです!面白半分にいい加減なカキコ
するヤツなど許さんです!キャラメルコーンのピーナッツをケツの穴に詰めて
死ねよです!!!
今まであんたがどんな生き方してきたか知らんけど、どーせひどい生き様
だったと想像出来るです!あんたのカキコから読みとれるです!バカ特有の
匂いがするです!あんたのことが全く理解出来んです!あんたは絶対許さんです!
死んでも許さんです!地獄で苦しめよです!それでも足らんくらいです!
豆腐の角に頭ぶつけて死ねよです!!!
あんたもっと現実を知れよです!いつまでも引きこもってネクラなことしてる
場合じゃないよです!でも、もー手遅れです!あんたは何をやってもダメです!
この世に生まれてきたことを後悔してもダメです!あんたは生まれ変わっても
どうせダメ人間に決まってるです!絞め殺したいけどあんたに触るのが嫌なので
やめるです!でも、あんたみたいなカスは死ねよです!風呂の排水口に吸い込まれて
死ねよです!!!
絶対許さんです!絶対許さんです!絶対許さんです!あんたみたいなヤツは
絶対許さんです!早く消えろです!さっさとこの世からいなくなれよです!!!
いつまでも勘違いしたまま生きていけると思ったら大間違いだよです!この
まま生きててもお前にはいーことなんにもねーよです!何でもいいからさっさと
死ねよです!!!



34 :朝まで名無しさん:02/10/07 22:01 ID:3LBDFc2m
けどさ、一度でいいから妹(姉でも可)とHしてみな。
まじで病みつきになるから、あの背徳感がいいんだよな〜。

35 :朝まで名無しさん:02/10/07 23:38 ID:H+5MbXRj
>>32
発生はさせませんでしたが発病はさせましたが何か。
「遺伝子をバグらせる」というスレの本題から言えばそちらが正しいのは
分かっていますが、障害児が生まれやすくなるという意味では…?

>>34
やっちまったんですか(^_^;

36 :朝まで名無しさん:02/10/08 04:41 ID:N1vw46pA
>>35
障害児が生れない組み合わせからは障害児が生れにくい、という点では近親もそれ以外も条件は同じ。

どちらにせよ、ゲノムの解明が進めば、近親如何に関らず、
性交前に組み合わせの問題を把握できたり、解消出来たりする世の中になるのでしょう。

ただそうなった時でも、オカルト的な理由で近親相姦は否定されそうな気はします。


37 :朝まで名無しさん:02/10/08 10:19 ID:JVj3qX7N
遺伝子って全部優勢のがそろってれば、半分で人間つくれるんじゃねーのかな

38 :朝まで名無しさん:02/10/08 10:29 ID:99Bz2LaX
>>36
あなたは間違っているよ。
>>8
に正解書いてあるじゃん。
哺乳類は、みんなそうだよ。

劣勢遺伝子がバグとして働くように見えても、生物として貴重な遺伝子
資源なのかもよ。
鎌状赤血球の話知っているか?

39 :電波5号:02/10/08 10:36 ID:yzjRCZOx
>>1は近親に恋心をいだいていると。

40 :朝まで名無しさん:02/10/08 10:41 ID:qpgfjl5I
基本的に人類の根っこは同じだから、地球人全員近親という見方もできるが。
疫学かなんかのデータだったか、近親相姦で子供に障害が生じる確率は
そうでない場合と比べ数%上昇するというのを見たことがあるな。

個人的には珍走なんかのDQN遺伝子を排除して欲しいがな
週末うるせーんだわ。

41 :朝まで名無しさん:02/10/08 10:41 ID:N5pfxAM9
>鎌状赤血球の話知っているか?

横レスだが、教えちくり


42 :朝まで名無しさん:02/10/08 10:48 ID:CR8kydGb
「鎌状赤血球」って確か貧血を起こしやすくはなるが、
マラリアに対する抵抗力が高くなるんだっけ?
高校では物理だったのでよく覚えとらんが。
同じく横レス&曖昧スマソ

43 :朝まで名無しさん:02/10/08 10:50 ID:Ng3I6DKX
両親のうち一方だけからこの遺伝子を受け継いだ
個体はマラリア耐性が高いが、双方からこの遺伝子を
受け継いだ個体は寿命が極端に短い(成人せずに死亡
する)という件ですね。

44 :朝まで名無しさん:02/10/08 11:00 ID:cAXIOu8M
コピー人間は強いかという議論と同じ。
いろいろなのがいると「多様性」
どんな事態が起こっても誰かが、適応して種として生き残れる。
人類もエイズに強い奴がいてそいつらだけ生き残る。

45 :朝まで名無しさん:02/10/08 11:02 ID:qpgfjl5I
エイズみたいに最弱の感染病なんか全然脅威ではないのですが?

46 :朝まで名無しさん:02/10/08 11:11 ID:99Bz2LaX
>>42
鎌状赤血球の遺伝子はマラリアのはびこる地域では生存に有利に
働いたのかもしれないってこと。

映画「スピーシーズ」だったか、それをネタのひとつに使ってい
た、鎌状赤血球遺伝子を持ったヤシ一人だけエイリアンに殺され
なったよ。

47 :朝まで名無しさん:02/10/08 13:38 ID:u7ZhRNUp
>>37
但しどれだけ正常に発達したとしても不妊。

48 :朝まで名無しさん:02/10/09 12:21 ID:VpqAVaVx


49 :むぅ。:02/10/09 12:52 ID:7n5vDl7E
なんかの本で、劣性遺伝が出やすいって書いてあったよ。
劣性遺伝の特徴をもつには劣性:劣性ってあわせにならないと・・・ってやつ。

ただ一重まぶた:二重まぶたとかの違いぐらいなら気にならんけど、
発症せずにデータだけもってる劣性遺伝の病気が表にでてきやすいと。
なんか遺伝の病気で何万人にひとり運が悪いと出るやつ。
ほんとかなぁ??
それに遺伝子が似てきておんなじ病気にみんなで罹りやすいとのこと。

50 :朝まで名無しさん:02/10/09 12:59 ID:EJ32M7sh
愛子タンの醜いお顔は近親婚を続けた血筋の弊害でしょうか?

51 :朝まで名無しさん:02/10/09 15:58 ID:SjTLsuL5
父ちゃんに似ただけ

52 :朝まで名無しさん:02/10/09 18:48 ID:bs7b6BeA
劣勢:劣勢で病気になる危険性は確かにあろう。でも
もしかしたら天才やエスパーが生まれるって事は無いのだろうか?

53 :朝まで名無しさん:02/10/09 19:32 ID:6ddnI556
俺は姉と関係を持つようになって4年経つが、ちゃんと避妊してるので
ノゥプラァブレム。

54 :朝まで名無しさん:02/10/09 20:08 ID:z3cmWVeW
↑問題あるよ器もいよあんたとその姉

55 :朝まで名無しさん:02/10/09 20:37 ID:iWvWwlQR
>>52
だから近親婚は天才か奇形児かのどちらかが出る可能性が高いってことになるのか?
>>54
釣りだろ。

56 :朝まで名無しさん:02/10/09 21:16 ID:FNs91HLf
>>52,55
そりゃ、俗説ってやつだよ。

57 :朝まで名無しさん:02/10/10 02:45 ID:ZPvnogat
子供さえ出来なければ、近親相姦ってノープロブレムじゃないか?

いま心配されているのは、精子バンクや卵子バンクの普及によって
兄弟とは知らぬ男女が恋仲になり近親交配が行われる危険性だね

58 :大天才様1号:02/10/10 03:03 ID:tpsxAnlH
将来、精子バンクに登録された俺の精子から生まれる子供達には、
兄弟バッジの着用を義務付けよう。

兄弟バッジをつけている奴とは恋愛禁止。これで近親交配は防げる。

59 :朝まで名無しさん:02/10/11 10:13 ID:RJ8xJxth
キリスト教では第二世代(アダムとイブの子ら)でバグってます。

60 :朝まで名無しさん:02/10/11 12:47 ID:lcpQ3I/4
>>59
まだ複製によるデータエラーの殆ど無い者同士だったから問題なかったんじゃないの?

61 :朝まで名無しさん:02/10/11 13:45 ID:TPZ1pKAG
>>57
今のようなフリーセックス以前の社会の名残だとは言えますね。

62 :朝まで名無しさん:02/10/12 07:51 ID:mHUa/VIf


63 :朝まで名無しさん :02/10/12 11:14 ID:09JTpLqQ
競馬をやってる奴なら、分かり切ってることなんだが.....

64 :朝まで名無しさん:02/10/12 11:23 ID:uC6fnyke
>>38

>>36はべつに間違ってないぞ
>>8とも矛盾しない

65 :朝まで名無しさん:02/10/12 11:31 ID:W0dc+VLK
>63
ノーベル賞受賞学者のクロスをつくろう.
超天才が生まれるかもよ.

66 :朝まで名無しさん:02/10/12 11:35 ID:GdI58KCr
>>65
エジソンも言ってるだろう、99%の努力だって
真に賢い人間は、資質だけでは生まれないよ

67 :朝まで名無しさん:02/10/12 11:45 ID:hOzCZ5cs
>>66
その努力するのも才能というワナ

68 :朝まで名無しさん:02/10/12 12:04 ID:CfRbD36F
>>66
逆。
「努力だけでは太刀打ち出来ない」のが天才ということ。


69 :朝まで名無しさん:02/10/13 08:04 ID:WyV8jAEw
才能だけで努力している人の先を行っている人なんかほとんどいないよ。
才能プラス常人を遙かに上回る努力が天才の条件。
ひょっとしたら努力していないだけでセンスは相当あるっていう凡人も
在野に埋もれていると思う。中卒塗装工の家に生まれたら才能が開花す
る可能性低くなると思うよ。

70 :朝まで名無しさん:02/10/13 10:46 ID:SmcWfwwO
>ひょっとしたら努力していないだけでセンスは相当ある
そういうのは天才なんじゃないの?


71 :朝まで名無しさん:02/10/13 18:41 ID:hCkhPlmt
父娘相姦と母子相姦
やばいのはどっちだろう?

72 :朝まで名無しさん:02/10/13 18:52 ID:qAYJELSe
母子や父子相姦が「やばい」ということは日本でも常識だが、
いとこ結婚もまた遺伝性疾患を引き起こす大きな要因となる
ということは意外と知られていないんかな。

日本は外国より何倍もいとこ結婚が多く、遺伝性疾患が多い。

73 :朝まで名無しさん:02/10/14 19:27 ID:Zy9FOZUH


74 :朝まで名無しさん:02/10/14 19:30 ID:H78vw4KR
>>72
今年の春になんか出てたね?

近親でない子供で障害を持つ確率は1-3%
で近親婚の場合2-4%だっけ?

75 :朝まで名無しさん:02/10/14 19:48 ID:Zy9FOZUH
近親による障害って具体的にどういうの?
モンゴルとか?

76 :山口人:02/10/14 20:43 ID:n9XbvERc
うちの親は、いとこ同士なんだけど、
実際、どんな遺伝的問題があるの?
今のところは、4人とも障害はないけど・・
ただ、父方一族が殆ど全員、糖尿病もってて、
俺も、10代後半なのに、尿酸値が糖尿寸前まで高いとか言われてる。
後は、アレルギー性体質、蓄膿、軽いぜんそく、
全部父方だ・・

77 :朝まで名無しさん:02/10/14 20:47 ID:yAGYZY5r
>>71

>父娘相姦と母子相姦
>やばいのはどっちだろう?

母子相姦のほうがやばい。
理由:母が高齢出産をするから(ジョークです)

>>72

>いとこ結婚もまた遺伝性疾患を引き起こす大きな要因となる

いとこ同士でも、
親が同性同士(兄弟・姉妹)か、異性同士(兄妹・姉弟)か
で、違うんじゃないの?


78 :朝まで名無しさん:02/10/14 20:59 ID:Cz/2MxoH
最近インド映画にはまっているのだが
ヒロインはたいがい主人公の従妹
そして最後に二人は結ばれてハッピーエンド
遺伝的にいいんかいな?

79 :朝まで名無しさん:02/10/14 21:50 ID:nIrdCwQu
みんな >>8 に騙されてるなあ。
愉快愉快。



80 :朝まで名無しさん:02/10/14 22:30 ID:r2dDRFUs
>>76
ふと思い出して、歴史学者の網野義彦の本を繰ってみた。以下引用。

― 余談ですが、私自身がルーズな近親婚の結果なので、私の父と母はいとこ。父の両親、
つまり私の祖父、祖母もいとこ。母の両親、祖父と祖母もいとこでした。きょうだいは
五人ですが、よくまあこれで、近親婚によるマイナスがでなかったものだということを
ときどき話し合うことがあります。

障害がないのなら、近親婚自体を気にすることはないと思われる。体質の遺伝は、
そうでなくともよく起ることであるし。遺伝病なら話は別だろうが。

81 :朝まで名無しさん:02/10/15 03:10 ID:F0I1eO+a
近親婚の悪い面ばかり見てはいけない
仮に兄妹どうしの結婚を何代も続けたとして
純粋な種どうしを掛け合わせれば
F1種になって天才が生まれる

82 :朝まで名無しさん:02/10/15 11:01 ID:DaGOfRex
test

83 :朝まで名無しさん:02/10/15 11:52 ID:pKJC2OaR
アダムとイヴしかいなければ、次の代は絶対に近親相姦になる。


84 :朝まで名無しさん:02/10/15 12:00 ID:d6bkZX9h
>>75
ダウン症・血友病・てんかん・神経症などの問題があるといわれている。
>>81
エジプトの古代王朝などは「王の血」を守るため、しばしば近親婚が行なわれた。
その結果、しばしば近親配合の副作用とみられる短命・死産の子が多かったことが
記録に残っている。
日本の貴族・天皇家でも、大正天皇が精神薄弱か?と噂されたのは有名だけど、
それ以後は宮家以外からの人間を娶るようになったのは、彼の存在が「またバカが
生まれてくるんじゃないのか?」と、宮家関係者を恐れさせたからだよ。

85 :朝まで名無しさん:02/10/15 20:47 ID:UnQE7oEl
>>84
>しばしば近親配合の副作用とみられる短命・死産の子が多かったことが
>記録に残っている。
F1種を作るうえで当然排除すべき劣勢形質だよね
死産が多いほど純粋種になっていく
動物でもF1種が有効なのはサラブレッドで証明済み

86 :朝まで名無しさん:02/10/15 20:52 ID:RciF+OXF
>>84
エジプト古代王朝なんて例を挙げなくても
もっと近場な所で日本の皇室と言えばよいのに(笑)

87 :朝まで名無しさん:02/10/15 20:52 ID:rLsR9JY7
正確な統計って取りようが無いと思うんだが。

88 :朝まで名無しさん:02/10/15 23:21 ID:XQqnFA3d
>>47
なるほど。上手いね。

89 :朝まで名無しさん:02/10/16 00:06 ID:/dBnqa2L
亀レスですが。
さり気に電波流さないようにおながいします。
>>22
>大正天皇只一人。それもご存じの通り
>精神薄弱であった。これがいわゆる近親婚の積み重ねのクラッシュの例といわれて
>ますね

大正天皇が精薄であったという証拠を提示してください。
出来ないのなら、根拠の無い電波レスと認めて謝罪汁。

90 :89:02/10/16 00:12 ID:/dBnqa2L
追加、
近親婚の例として近代天皇家をあげるのは不適当。
古代ならともかく。


91 :朝まで名無しさん:02/10/16 00:20 ID:G1UDlg5L
狂牛病と同じ問題レスわ!

92 :朝まで名無しさん:02/10/16 00:23 ID:XjXYxYuO
遺伝的にはあんまり問題ないって話じゃなかったっけ?


>>74
でキシュツだったか。


93 :朝まで名無しさん:02/10/16 15:31 ID:aLiAwdpS
ge

94 :朝まで名無しさん:02/10/17 05:07 ID:gGPjJhRf
天皇家に男子がなかなか生まれないのは近親婚の弊害ですか?

95 :朝まで名無しさん:02/10/17 05:32 ID:xh/gA51A
天皇家の近親婚は古代での話
天智や天武のころはすごい。
高校日本史の資料集にもばっちり載ってるから確かめてみな。
特に天智天皇、当時でもさすがに同母兄妹の姦通は禁忌だったが、
その禁忌を犯した疑惑がまことしやかに・・・。
日本初のシスコンとして一部で崇め奉られてます。( ´,_ゝ`)プッ

ちなみに近代天皇家については、
家系を見ればわかるがちっとも近親婚じゃないよ。

96 :朝まで名無しさん:02/10/17 07:03 ID:l5WArau5
現在のサラブレットの先祖の父系を遡ると、僅か三頭の馬になるのです。
現在、日本だけで年間、一万頭近く生産されていますが、その全てのサラ
ブレットは、僅か三頭のアラブ馬から作られたのです。
(父系は三頭ですけど母系は沢山いますよ)

偉大な馬の遺伝を固定するために、近親交配などというテクニックまで使わ
れているほど、人間が作り出した動物なのです。イギリスの土着種に、アラ
ビア半島に居たアラブ種とを交配を繰り返し作り上げたのでした。




97 :差別ぢゃないぞ!:02/10/17 07:19 ID:ACxXJCyM
漏れは韓国の、「同じ姓とは結婚しない」という感覚がどーーーしても
わからん。
日本の多様な姓ならまだしも、漢字一字だと、職場にだっていくらでも
いるだろうに?
多分、遺伝的な原因の経験から導き出された風習のひとつなんだろうが・・・
誰か詳しく教えれ。


98 :朝まで名無しさん:02/10/17 07:25 ID:HV8yZcf9
日本の島嶼部では親が予め子供達が結婚する相手を決めていたらしい。
これも娘を取った取られたで両家族間で血の雨が振る事態を防ぐ為の、
貞操観念絡みからだけかと思っていたけれど、
本当は狭い島の中だけで結果的に血が濃くならないようにとの、
生活の知恵だったのかな。
予め付き合う相手を決めておけば間違いが起こらないからね。

99 :朝まで名無しさん:02/10/17 15:59 ID:J3dFGeiC
手塚治虫氏の「火の鳥 望郷編」に、自分の息子と交わって子孫を増やしていく
という話があったな。考えてみれば凄まじい話だ。


100 :朝まで名無しさん:02/10/17 16:02 ID:Ii29qfqj
>>97
そんなんあるんだ。
キムさんは結婚しにくそうだな。

101 :朝まで名無しさん:02/10/17 16:41 ID:ZEGb5GRO
だからキムさんは日本から女性を拉致しちゃったんだよ。

102 :朝まで名無しさん:02/10/17 16:56 ID:BKoDgIT7
すばらしい>>101
拉致問題に一石を投じました

103 :朝まで名無しさん:02/10/17 17:15 ID:8Fyu+r3j
おまえら勘違いしているようだから、教えてやる。

遺伝子がバグるんじゃなくて、はじめからバグってるんだよ。で、多くのバグは、
ペアにならないと発動しない。相手方から持ってきた遺伝子が正常なら無問題。

劣勢・優勢というのは、ペアの遺伝子のどっちが優先されるかということであっ
て、それによる形質がいいか悪いかということとは別。まあ多くの場合、有利な
形質のほうが優勢であることが多いが。

104 :朝まで名無しさん:02/10/17 17:22 ID:gqSZVDm9
>>97

同じ姓の、同じ系統の異性と結婚しちゃいけないんだろ。
だから、同じ金さん同士でも、結婚しちゃいけない相手は
それ程多くはないんだよ。

ただ、最近、その法律は撤廃されたと思うけど。

105 :朝まで名無しさん:02/10/17 19:51 ID:MhxTYJzP
>>97
おなじ故郷の同姓で結婚しちゃいけないんであって、同姓全てと結婚できないわけじゃないYO


106 :朝まで名無しさん:02/10/17 19:57 ID:U8zE1gQh
背徳感を満喫した見返りって事

107 :朝まで名無しさん:02/10/17 20:04 ID:C68FtFXZ
従姉妹とやったときには死んだバーサンに申し訳ない気がしたよ。

108 :朝まで名無しさん:02/10/17 20:17 ID:uKROwNAl
正直、環境ホルモンの影響を考えると、従兄弟同士ぐらいなら
まったく問題ないな。

109 :朝まで名無しさん:02/10/17 20:43 ID:ciJ8cpSw
男系の先祖のおなじ故郷の同姓で結婚しちゃいけないんであって、同姓全てと結婚できないわけじゃないYO

110 :納税奴隷:02/10/17 21:53 ID:k8wyMUYy
キリスト教の神話に「お父さん人類が居なくなった。娘の私に子だねをください」。
そんな話を思い出した。これは罪?

111 :朝まで名無しさん:02/10/17 22:03 ID:QCvRqxnj
女性の単位生殖は可能なのか?

112 :朝まで名無しさん:02/10/17 22:09 ID:PqWL3urA
>>111
出来なければ、キリストは生誕していない。

113 :朝まで名無しさん:02/10/18 00:05 ID:jT1X5I/5
>>81
生物として優秀な種=頭良いってのは間違いだろう。

健康な筋肉バカの方が有力だと思ふ。

>>112
処女妊娠が本当だとするなら、マリアが単にさせ子で、大工が単に足りな
かったってことだよ。

114 :朝まで名無しさん:02/10/18 00:10 ID:IisSw93C
今にローマ法王が
「あれは出来ちゃった婚でした」
と公に訂正する日がやってくるのかな?

115 :朝まで名無しさん:02/10/18 00:15 ID:jT1X5I/5
>>114
当時のパレスチナの言葉では、処女と若い女の区別の無い言語
であった。

とかの良い訳を考えついた人がいるよ。

116 :朝まで名無しさん:02/10/18 05:28 ID:bShZCywE
>>108
従姉弟、従兄妹とちがって従兄弟はもともと問題無いよな。



117 :朝まで名無しさん:02/10/18 05:39 ID:39DPtOKd
>>59
なる程、だから知恵の実を食べたんだ。と早朝から妙に納得してしまう。

118 :朝まで名無しさん:02/10/18 07:46 ID:yD5kX9zo
>>117
59は説明不足。もともと人間の誕生はアダムひとりだった。
そして、アダムのろっ骨の1本からイブが誕生したのです。
すなわちイブはアダムのクローン。そして、二人は愛し合う。
大本辿れば、人類はみんなクローン。あなたと私もクローン。
クローン同士で増殖してきた。人類みな兄弟。仲良くしよう。

つか、クローンは私のこじつけ、冒頭は聖書の話からでつ。

119 :朝まで名無しさん:02/10/18 17:36 ID:i5QP4Xmk
>>118
旧約聖書ね。
自然科学の立場からは、この話には異論がある。これだと、アダムは肋骨が一本不足
している状態だったはずだ。それが遺伝したとすると、現代の人間の男性は皆、肋骨
が不足していなければいけない。しかし、肋骨が不足している形跡は見られない。
そこで、実は他の骨だったのではないかという仮説が成り立つ。他の類人猿と人間を
比較すると、不足している骨がひとつある。それは○ンポの骨。オランウータンのチ
ン○を調べると、数本の軟骨があるのだ。人間にはこれがない。ということは、イブ
の元になったのは、アダムのチ○ポの軟骨だったのではないだろうか。
私はこの仮説を実証すべく、残りの半生を捧げるつもりです。

というのはウソですが、オランウータンのナニの軟骨の話は本当です。

120 :朝まで名無しさん:02/10/18 19:29 ID:2bTXPCjF
男男と女女と女男の話はこのスレでは無いのかな?カフカくん。

121 :朝まで名無しさん:02/10/18 23:37 ID:7OxxBFl1
インブリードだから

122 :朝まで名無しさん:02/10/19 17:02 ID:gaNuRMGx
あげ

123 : ◆02rwKSWLBo :02/10/19 17:57 ID:NvbE6ZU+
サラブレッドの話しついでだけれど、
競走馬の大半、つまり負けた馬の末路ってのは生殖する事も叶わず
動物園の「ライオンの餌」ってのも有名な話だろうね。
たまに生き長らえても「当て馬」扱いだったりもする。
数限られた勝利馬のみが生殖する事が可能でそれを繰り返す事で更に速い馬ってのが生産されている。
じゃぁ、そのサラブレッドは自力で出産する事が可能なのだろうか。
こればかりは栗東あたりの業者さんが喋って欲しいけれど実は不可能だ。
だからサラブレッドの出産は人間が手を貸さないとならない。
結局の所、過剰な近親婚ってのは生命種の多様性を失わせる事にはなりそうが、はて。


124 :朝まで名無しさん:02/10/21 17:04 ID:GUBRhrki
あげ

125 :朝まで名無しさん:02/10/21 17:45 ID:Uu+HpJEl
新たな伝染病が発生したり気温等の環境が変化したときに、
種が均一だと全滅する可能性があるので、種が多様な方が有利。
多様性が保たれる仕組みは、近親婚だと♂・♀が共に似た
遺伝子のため、劣性遺伝が発生しやすくなることによる。
劣性遺伝というのは、生まれてくる前に死産したり、生まれて
きても生きていくのに不利なことが多い。
以上のことにより、何世代か経つうちに、自然に近親婚を避ける
ようになる。

というようなことを、昔学んだような気がします。

126 :朝まで名無しさん:02/10/21 20:57 ID:GUBRhrki
でも無性生物のほうが繁殖力強かったり、何億年も前から伝染病ももろともせずのほほんと生きてたりする。
有性って徳なのか、損のか・・・




127 :朝まで名無しさん:02/10/21 21:05 ID:iLsopmN/



       「ニュース議論」とは関係ないから

       ほかいってくれよ。

128 :朝まで名無しさん:02/10/21 21:27 ID:68GxvoRk
グッピー飼って勉強しる 

129 :朝まで名無しさん:02/10/21 22:32 ID:/1JSqLXY
天皇家の顔が日本人ぽくないのは藤原氏の時代に藤原氏の血を濃くし過ぎた
せいだと、高校時代の物理の先生が言っていました。

130 :朝まで名無しさん:02/10/21 22:37 ID:GpE23PeD
ちょっと待って。
アダムとイブの二人から人類が始まったとは言わないが、
それでも昔にさかのぼるほどルーツは絞れてくるよね?
人類の創世記のころはそれこそ近親相姦しまくりの血がとっても濃い状態だったってこと?
それでも立派にここまで繁殖したんなら、
いまさら騒ぐほどたいした問題ではないってこと?

131 :朝まで名無しさん:02/10/21 22:52 ID:iLsopmN/

ニュース議論と関係ないから
    ほかにいってください


132 :朝まで名無しさん:02/10/22 12:57 ID:qajjYh52
ミトコンドリアをたどっていくと一人になるってのは信憑性があるんだろうか?

133 :朝まで名無しさん:02/10/22 13:18 ID:zRRlgTmu
>>132
本題とは関係ないけど、割と最近の知見だからニュース扱いとして
もらって話すけど、なかなか鋭いところを突いた指摘ですな。
従来、ミトコンドリアは完全に母親由来とされていた。精子にも
ミトコンドリアはあるが、受精時にこちらは消滅するという結果が
観察されていたからだ。
ところが、ミトコンドリアが原因となる、まあ一種の遺伝病があるんだが
これが父親から遺伝した例が見つかってね。よく調べてみると
そのようなケースもどうやらあるらしいという結論が得られた。

つまりミトコンドリアイブは架空の存在だった、ということだ。

134 :朝まで名無しさん:02/10/22 15:12 ID:qajjYh52
なるほろ・・・

135 :_:02/10/22 15:18 ID:GymxRzDK
近親相姦が遺伝子異常の発現率を上げるというが、そもそも近親相姦が
タブーなのは交換すべき商品(女)が身内で消費されることを防ぐためだ、
と書いたのは「贈与論」を書いたモースくん。@法政大学出版会

136 :朝まで名無しさん:02/10/22 15:24 ID:t4FeDYcl
ミトコンドリアはもともと、我々真核生物に寄生した独立の原核生物だった
んだね。こいつは酸素を利用したエネルギー代謝ができるという特殊な性質
の持ち主だったので、「こいつは追い出さずに利用したほうがいいな」とい
うことになって、共生が始まった。今から約40億年前の話。そして、長い
進化の歴史の中で、やがて不可分なひとつの生物となっていった。

ニュース議論と関係ないな・・・他行く?

137 :朝まで名無しさん:02/10/22 15:32 ID:ryB4If+J
近親婚をタブーとするのは狩猟及び牧畜を生業としていた人々の文化。
家畜などの近親婚からは体の弱い子供が生まれることが多いことから経験的に学んだと思われる。

それに対し農業を生業とするとする人々の間では他人との結婚は遺産(土地)の相続分与を難しくするため、
近親婚が結構行われていた。

キリスト教の発生母体となったヘブライ人は古代羊飼いなどの遊牧を主な生業としていたため
近親婚がタブーとなったのであろう。キリスト教が広まるに連れ近親婚もタブーとされるようになった。

キリスト教普及以前のスパルタなどでは近親婚は一般的に行われていたし、エジプトなど
近親婚だらけ、あのクレオパトラの最初の夫は実の弟だ。ツタンカーメンの父親も妻を離縁し実の娘と
結婚したこともある。

日本では聖徳太子の息子と娘が結婚している。異母兄妹の結婚は認められていたようだ。
ただ同母兄妹(姉弟)はタブーだったらしい。
万葉集か古今集か何かに実の兄妹の悲恋に関する詩があったと思う。
確か心中するんだよな。

138 :朝まで名無しさん:02/10/22 15:55 ID:t4FeDYcl
>>137
それ誰の説?偉い先生の説かもしれんが、ちょっと納得いかないなあ。
それだと、コテコテの農業国家だった朝鮮で同族結婚がタブーにされていた
ことが説明できない。
日本書紀にも、兄妹で子供作ったら奇形児が生まれたって話が出てくるよね。
あれも日本が稲作始めてからの神話。
それに、人間以外の、特に野生生物だと、近親婚してもほとんど奇形児は生
まれないそうですよ。だいぶ上のほうでサラブレッドの例が出てたけど、あ
んな野生から遠くなった動物ですら、近親婚してもほとんど奇形児は生まれ
ない。不利な遺伝子を持っていると、自然に淘汰されてしまうから、野生動
物では不利な遺伝子を持っていること自体が少ないからなんだそうで。
人間の場合は、あまりに野生から離れてしまったので、近親婚を意図的に禁
止せざるを得なくなったと考えるほうが、妥当なのでは。

139 :朝まで名無しさん:02/10/22 16:05 ID:2Es87KVx
>>138
ヘテロで発現する遺伝子が生存競争で意味のある淘汰圧にまでなるかな?

140 :137:02/10/22 16:07 ID:CrsrrBAk
>>138
朝鮮半島のは儒教の影響でしょう。それに同族結婚が厳しくタブー視されるようになったのは
李氏朝鮮以降のことですし。
奇形児が生まれる話は古事記では?
イザナギとイザナミが国造りをするとき、初めはイザナミから話し掛けて交わったら蛭子が生まれた。
次にイザナギから話し掛けて交わったらちゃんとした子供が生まれたと言う話とは違いますかね?
あと日本では上でも書いたように同母兄妹の近親婚はタブーだったはずです。
だから日本書紀にそのような話が載っていたとしても、それが同母兄妹の話であるなら奇形児が産まれる
という展開であっておかしくないと思います。

野生動物ではなくて家畜の話ですから、せっかく生まれた家畜の子が財産としての価値が低ければ
タブー視されるのではないかと思います。

ちなみに人間でも近親婚を数世代続けない限り、例え兄妹等で作った子供であろう
と奇形児である確率は一般の子作りの場合と大差ないですよ。これはネット上で
調べられると思います。

141 :朝まで名無しさん:02/10/22 16:14 ID:PsTk6DR/
競馬馬はほとんど100%近親婚らしい(全ての競馬馬の
何代か前は共通の2頭のサラブレッドになるらしい)
んだけど、「弱くなってない」よね?
むしろ強く(早く)なっている。
これはどういう事なんだろう?

142 :朝まで名無しさん:02/10/22 16:22 ID://wnGBOJ
サラブレットはたぶん人間が飼う状況では強いが
自然では生きていけないんじゃない?
遺伝病って蓄積させると発病しやすいんじゃないかな
たとえば明確なもんじゃなくても心臓病とかガンとか
ひとつの方向にリスクが高くなるんじゃないかな


143 :朝まで名無しさん:02/10/22 16:23 ID:t4FeDYcl
>>140
儒教が生まれたのは中国で、これも農業国家だよね。李氏朝鮮だったら、なお
のこと狩猟や牧畜と関係があるとは思えない。
奇形児の話は古事記だね。うん。スマソ
で、農業国のほうが、住民が一定の場所に定住するので、近親婚が起こりやす
い。そこから奇形児が生まれやすいというのを直接的に学んだ、と解釈したほ
うが自然だと思うけどなあ。
すまんけど、俺は偉い先生が言ったからって、素直に信じないんだよね。

144 :朝まで名無しさん:02/10/22 16:26 ID:PsTk6DR/
>>142
(なるべく)あらゆる方向に適正がある方が良いのかな?
現代人間社会もかなり分業化していると思うけど、
それよりも「そこそこなんでも出来る人」こそ
目指すべき(近親婚の逆)人間像?
「そこそこ力も強くて、そこそこ頭も良い」みたいの。



145 :144:02/10/22 16:28 ID:PsTk6DR/
>>142
追加。
これはマジ質問なんだけど、
「身障者との交配」も遺伝子の多様性を維持・拡大する為
には必要なのだろうか?

146 :朝まで名無しさん:02/10/23 01:24 ID:KhRPPWX2
「身障者」という定義を一概に論じられないんじゃ?
「正常な」遺伝子のエラーと「異常な」遺伝子のエラーがあるから。
前者は生物の進化のため必要なのだろうケド後者は廃頽に繋がる?

147 :朝まで名無しさん:02/10/23 01:31 ID:OxTf052O
>>143
朝鮮半島は牧羊民族が混じってますよ.たしか.
飛鳥時代頃までは当時の日本と大差がないのだけど,その後モンゴル系の民族が侵攻してたはず.
で,はじめからいた民族が全滅したとは思わないけど,婚姻制度なんかは勝利者側の民族の制度が
色濃く残りやすいから・・・

という意見はどうでしょう.

148 :朝まで名無しさん:02/10/23 14:00 ID:tuRYVvft
進化とデータエラーってワケラレナイヨネ

149 :ゴレイヌ ◆5m18GD4M5g :02/10/23 14:05 ID:MiY9geRp
>>141
三頭じゃなかったか?
それとも俺が知らない間に二頭になったのか。
もし始祖が最強なら先祖帰りを狙ってる気もするんだが。
近親だと遺伝子がっての、不完全優勢のバランスな気も。
自然界ではメンデルの法則よりも不完全優勢が圧倒的らしい。
だからバランス的なものが近い遺伝子だと崩れるのかも。

150 :朝まで名無しさん:02/10/23 14:24 ID:nF6bddph
きのうのt4FeDYclだが。
>>147
ありうる。それに儒教と結びついてはいるが、儒教にもともとそういう教義
があったわけではないし。
ま、このように、物的証拠が持って来れないような時代の話というのは、い
かようにも解釈できちゃうので、偉い先生のご高説が正しいとは言えないの
ではと。>>137

>>149
ダーレィ・アラビアン、ゴドルフィン・アラビアン(一説によるとバーブ)、
バイアリー・タークの三頭ね。
元々はもっとたくさん始祖がいたのだが、淘汰されてこの3系統だけが残った。
最初から近親交配を狙っていたわけではない。
なお、アメリカ原産のクォーターマイルホースという種類は、サラブレッド
から作られた種で、こっちには上記三頭以外の系統が残っている。

151 : :02/10/23 14:42 ID:763z069o
最近なんていう本だったか忘れたが、
『人がルックスのいい異性を選ぶのは、自分の子孫もルックスがいいほうが選ばれやすいからだ』
みたいなのがあったと思うが(結局その本には見た目を良く思う判断理由が述べられてなくて、不完全な理論だという評を読んだけど)、
異性の兄弟(兄妹とか姉弟とか?)はいくら他人が見てルックスが良くても、当人たちはそう思えないらしいという事はあるように思う。


152 :朝まで名無しさん:02/10/24 13:11 ID:pZD7Rb4z
>不完全な理論だという評を読んだけど)、
食べたいから食べる、寝たいから寝るみたいな論法だね。

153 :朝まで名無しさん:02/10/24 13:30 ID:SNWty2Gl
エラーか進化かって判断基準は、結局そのときの
社会・環境の現状に合ってるかどうかだと思う。
Z武氏だって、地球が氷河期に入り、気温が著しく下がった場合、
内臓・脳を守るため四肢への血流を少なくする、といった理由で
適合するやも知れない。この場合、突然変異の奇形とはいえ
立派な環境順応した進化と考えることもできるだろう。

154 :朝まで名無しさん:02/10/24 19:12 ID:pZD7Rb4z
わかんないんだけどさ、
オトタケの遺伝子って、あの体になる遺伝子と、普通の体をつくる遺伝子の両方があって、
オトタケJrは2分の一の確率でどっちかになるのかな?
ちがうのかなー?おれよくわかんねーや。

155 :朝まで名無しさん:02/10/24 19:21 ID:x1X3zZ9C

クローン動物にバグがあるのと同じ理由なんではないの?



156 :朝まで名無しさん:02/10/24 19:32 ID:QmCtKQbS
>>153の言うのは、現代進化論の主張そのものに近い。
古典的進化論では、望ましい進化の方向があって、それに向かって進化して
いくはずだ、という考え方。現代は、無秩序に突然変異が起こっていて、そ
のうちの環境適応したものが別の種として分離したり、以前の種を駆逐した
りすると考える。
でもこの話ってのは、近親相姦で奇形が生まれるって話とは全然別だけどね。

157 :朝まで名無しさん:02/10/24 19:34 ID:l+Z+7Kyq
遺伝子をコピーすると、多かれ少なかれ一定の確率でコピーミスが出る。
卵子の遺伝子にコピーミスがあったら、その部分を精子の遺伝子で補完している。

特に精子が持つ23番染色体が、他の染色体と同じ大きさならば、
卵子のエラーも十分にカバーできるが、その半分に満たない大きさだと
カバーできない領域があるため、子に深刻な問題が生じやすい。

158 :朝まで名無しさん:02/10/24 19:44 ID:x1X3zZ9C

>>157
そのコピーミスが近親相姦の場合に多く起きるのでしょうか?


159 :朝まで名無しさん:02/10/24 19:52 ID:l+Z+7Kyq
>>158
その通りです。
近親の場合は近い世代に共通の親を持つため、一致する遺伝子が多いのです。
つまり、卵子が持つ遺伝子のバグを、同じバグを持った精子の遺伝子では
カバーできないわけです。

160 :159:02/10/24 19:54 ID:l+Z+7Kyq
>>158
すみません。訂正します。
コピーミスの起きる確率は、近親の場合もそうでない場合も一定です。

161 :朝まで名無しさん:02/10/24 19:57 ID:VT/n/p84
そういった現象を敏感に察した種族の民がいたからこそ
何かしら世界的に近親相姦結婚は避けられるようになったのであ〜る。

162 :朝まで名無しさん:02/10/24 19:57 ID:x1X3zZ9C
クローン動物にバグが生じるのはなぜでしょう?


163 :朝まで名無しさん:02/10/24 19:59 ID:x1X3zZ9C
>>160
近親相姦は特に関係ないということですか?

164 :朝まで名無しさん:02/10/24 19:59 ID:wXMX3Ne0
>>160
びっくりした(^_^;
伴性遺伝はヒトの男で優性だもんな。血友病とか。

165 :朝まで名無しさん:02/10/24 20:00 ID:7TMUIFVa
古来から近親相姦を認めてきた文化圏(どこだったか忘れた)においては
異常を起こす劣性遺伝子は既に淘汰されているため
近親相姦によって奇形児が生まれる可能性が高まることは無い

166 :朝まで名無しさん:02/10/24 20:01 ID:MweXCgLJ
物理的な面では何も問題ないが
精神的な面で「おや??」と思うところがあるような子が高い確率で出るらしい

167 :朝まで名無しさん:02/10/24 20:02 ID:x1X3zZ9C
>>163
コピーミスが起きる確率は一定だけど、
同じバグを持った遺伝子同士が一致する確率が高いということ
と理解すればよいんでしょうか。

168 :朝まで名無しさん:02/10/24 20:08 ID:7TMUIFVa
クローン動物の元は体細胞から採るので、
細胞分裂の回数を決めるテロメアの長さが減数分裂→通常の受精で生まれるより短いからだろ

169 :朝まで名無しさん:02/10/25 14:39 ID:TG4fkMdG
>>167
コピーミス云々とは切り離して考えてください。
X染色体のうちY染色体に相同性の無い部分に、集団内に頻度の低い劣性の
突然変異があったとすると、XX、つまり女性の場合はもう片方のXまでその
変異を持っている可能性が(一般には。近親婚ではこれが高くなる)低いため
優性の野生型遺伝子にレスキューされます。
ところがXYすなわち男性の場合、レスキューのしようがないため100%発症
します。
血友病のほとんどが男性なのは、この遺伝子がY染色体上にあるためでは
なく、X染色体上にあるからなのです。


170 :朝まで名無しさん:02/10/25 14:57 ID:9VXbgDPw
データエラー率って一定なの?データエラー起こしやすい血統とかないのかな?

171 :朝まで名無しさん:02/10/25 15:35 ID:4exJw76G
Y染色体は一見、X染色体の下半分が欠けたような形、大きさをしています。

たとえば、血友病の場合。
傷口をふさぐ凝固因子の遺伝子は23番染色体のX染色体の下半分にあります。
そのため、精子のY染色体は血液凝固に関係する遺伝子情報を持っていません。
ですから、卵子のX染色体がもし凝固因子遺伝子に異常を持っていた場合、
その子は凝固因子に関する正常な設計図を持たないことになり、血友病となります。


172 :朝まで名無しさん:02/10/25 15:46 ID:4exJw76G
男子の場合、23番染色体の下半分に関しては、
父親と母親の遺伝情報がミックスされることなく、
母親のものだけがコピーされることになります。

173 :朝まで名無しさん:02/10/25 19:43 ID:9VXbgDPw
じゃ血友病の息子は絶対血友病だけど、娘は半々の確率ってわけか?

174 :朝まで名無しさん:02/10/25 21:51 ID:+FuunyAr
>>173
血友病に関する遺伝子はX染色体にのみ含まれている、劣性遺伝子だよ。
男(XY):母親から受け継いだXが異常であれば確実に発症。
女(XX):父親・母親両方から受け継いだX染色体が異常であったときのみ発症。
      片方からのみ異常だった場合は発症しない。

要するに女性の場合、両方とも異常であるという、極めて低い確率でしか発症しない。
しかし、近親相姦を繰り返せば、当然そのリスクが上がる。血友病以外にも、色盲なんかも同じ。


175 :朝まで名無しさん:02/10/25 22:21 ID:hsMUMU5/
サラブレッドが怪我すると治りにくいのは、近親婚のせいだと聞いたことがあります。

あと、サラブレッドって上に書いてあった二頭か三頭の元馬と血が繋がってないと
サラブレッドとして認められなかった気がするんですがどうでしょう?>詳しい方。

176 :朝まで名無しさん:02/10/26 12:33 ID:MkkBDWA7
YYっていう人は無いの?

177 :朝まで名無しさん:02/10/26 12:40 ID:sVvOcezl
>>176
ホモかレズということになるのでは?

178 :朝まで名無しさん:02/10/26 13:02 ID:58SsPv0O
>>176
XYYならいますよ。

179 :朝まで名無しさん:02/10/26 13:12 ID:OMIgtzqC
母親が子供の子供を産んだら、その子供はどうなりますか?

180 :朝まで名無しさん:02/10/26 13:14 ID:LxjNH0WK

最近の原発停止と、拉致帰国問題の関係 。
オマエら、なんで最近原発が止められてるかわかってないな。

どうして、拉致帰国問題と関係あると気付く奴がいないんだ!?!

181 :朝まで名無しさん:02/10/26 13:19 ID:ZR0+Fhtu
>>180
病院紹介しようか?

182 :朝まで名無しさん:02/10/26 13:38 ID:58SsPv0O
>>179
先天異常の確率が高まるだけで、ちゃんと人間が生まれますよ。
動物では良くあることでしょうね。
人間界ではタブーですが、実際には結構あるのではないでしょうか。

183 :朝まで名無しさん:02/10/26 14:30 ID:etGOzAIp
>>182
なるほどサンクス。しかし、そうなると生まれた子供は息子でもあり
兄弟でもある…変な話ですなw

184 :朝まで名無しさん:02/10/26 15:52 ID:6x2drk2J
>>176
Y遺伝子は、精子を作る情報しか持ってないよ。
だからYYの組み合わせではからだを作ることはできない。
男は精子を作る目的のために、親からの遺伝情報のうち
染色体一本分の情報を捨てざるをえなかったといえる。
引き継ぐものも、受け継ぐものも少ないって、なんかちょっと寂しいな。

185 :184:02/10/26 15:53 ID:6x2drk2J
「Y染色体」の間違い。

186 :184:02/10/26 15:54 ID:6x2drk2J
Yって、Xにくらべるとすげー小さいよ。

187 :朝まで名無しさん:02/10/26 18:00 ID:h780bRcp
xとxyyとxxyはそれぞれどんなやつ?

188 :朝まで名無しさん:02/10/26 18:10 ID:UEEw7Ytg
参考に。
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/body/1026897228/l50

189 :失礼は承知で・・・・:02/10/26 18:18 ID:L8C5RnoZ
>>183
配偶者が見つからないからと言って間違っても実行しないように。

190 :朝まで名無しさん:02/10/26 18:19 ID:R6cfFnTD
他の板で議論しろよ。
場違いもいいところだぞ。


191 :朝まで名無しさん:02/10/26 18:44 ID:FhDhhn5Y
>>178
そうすると、YY とは「コンドームに溜まった精液」みたいなものでしょうか?

192 :朝まで名無しさん:02/10/27 02:36 ID:HDo8KAaX
>>183
父親と娘とならこういうケースがある。
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/totigi.htm
栃木実父殺し事件

193 :朝まで名無しさん:02/10/27 02:41 ID:8Je3eTAa
XYYって粗暴になり、犯罪者になる確率が高いってね。

194 :朝まで名無しさん:02/10/27 06:49 ID:TcwhYoZn
>>183
>生まれた子供は息子でもあり
>兄弟でもある…変な話ですなw

そう。ややこしくなるので、原則的に、あらゆる社会では近親婚を
タブーにしているんです。
近親婚タブーは遺伝子バグ が主な理由ではなく、相続権がワケワカメ
になって、社会混乱が起きるから、というのが主な理由です。


195 :朝まで名無しさん:02/10/27 09:48 ID:7ccUe7Jg
>>194
相続権云々なんて結構最近の話じゃない?
縄文時代的な村社会では、ほとんどフリーセックス状態で、
結果として遺伝的にもシャッフルされていたらしいが。
もちろん村の人間はほとんど何らかの形で血が繋がっているが、
誰が誰の子かもはっきりしないようなシステムだったようだ。

196 :朝まで名無しさん:02/10/27 09:53 ID:zQU5l1UP
>>195
>縄文時代的な村社会では、ほとんどフリーセックス状態で、
>結果として遺伝的にもシャッフルされていたらしいが。

それは18世紀19世紀頃作られた根拠のない神話です。
レヴィ・ストロースの研究以来、どんな部族社会でもかなり厳格な
近親婚タブーがあることが判明しています。
まあ、「相続権」という言い方がよくなかったのは認めるけど、このスレの
ずうぅっと前のほうに、文化人類学における、「女性という財産交換」システム
についての丁寧な記述がありますので、そちらを参照されて下さい。

197 :朝まで名無しさん:02/10/27 16:21 ID:8i0A48hj
>>170
非相同的染色体組み替えや染色体異常の発生率について系統間に違いがあるか
どうかは分かりませんが、少なくとも1塩基対置換のようなケースについては
系統間で修復酵素の活性が違うことがあるので、差異はあり得ます。
実は結構な確率でDNA複製の時に塩基置換は生じているのですが、修復酵素が
強力に働いているので見かけ上データエラーがほとんど起こっていないように
見えるのです。

198 :朝まで名無しさん:02/10/29 19:45 ID:QvNeQNeD
肌の色とか人種って一番ベースになってるのは何人なんだろう。

199 :朝まで名無しさん:02/10/29 21:21 ID:GzSamtO8
>レヴィ・ストロースの研究以来、どんな部族社会でもかなり厳格な
>近親婚タブーがあることが判明しています。
そのわりには、何百年も家系図が残っているような
貴族・王族・皇族の家計は近親相姦だらけなのだが。

200 :朝まで名無しさん:02/10/30 00:03 ID:haFsPmKD
なるほどねえ。
まあそういうわけで今度は
「人種と進化と遺伝」について考察してみよう。
ではどうぞ!

201 ::02/10/30 00:20 ID:2gLdN6cs
>>そのわりには、何百年も家系図が残っているような
>>貴族・王族・皇族の家計は近親相姦だらけなのだが。
そういう神聖化神格された極少数で構成され
権力の集中を図る王家では近親が奨励されている。
その他の一般民族では未開の民族でも
インセンストタブーが存在するようだ。

202 :朝まで名無しさん:02/10/30 06:14 ID:Dva8D1rz
>>199
「王権」という相続権を庶民に拡散させないために、血族間で
交配するから、近親婚が増えるわけです。




203 :朝まで名無しさん:02/10/30 08:04 ID:kIfLwoO9
>>198
ホモ・サピエンスはたったの一種類、黒白黄色は、亜種でさえない。
最初の『イブ』は、アフリカにいた・・・というのが定説だけど、
それは最古の原人を含めて、原人の発掘が一番多いからじゃないかな?
『イブ』が色白だったかどうかは全く不明。

204 :朝まで名無しさん:02/10/30 08:08 ID:kIfLwoO9
>>196
現在の進化論を正しいとすれば、
ホモサピエンスは、たった一個体から繁殖したことになる。
つまり、究極の近親婚を繰り返して今に到っているわけなんだけどな。

205 :朝まで名無しさん:02/10/30 11:03 ID:RD6AeRF/
>>203
亜種じゃないことになってるけど、本当はどうかな。
人種差別の根拠になりかねないから、そういうことにしているだけで。
蝶なんか、羽の端っこの幅1mmぐらいの模様が違うだけで「新種だ!」とかいう
世界もあるつうのに、体格も色も違うのに・・・・ま、一種類ということにしと
こう。
漏れは差別主義者ではありません。
>>175
亀レス。
父方だけをたどっていくと、3頭の始祖に必ず行き着く。だけど、途中で母方に折れ
曲がってたどると、どこかで行き着かない場合があるわな。どんなに純血性の高い
やつでも、母方だけずっとたどってったら、3頭の始祖に行き着けないからね。
で、どこまでをサラブレッドとするかって議論が大昔からあって、昔は18世紀始め
に出版されたジェネラルスタッドブックつう本に先祖が全部載ってなきゃ、サラブ
レッドとは呼ばれなかった。が、19世紀になってからこの基準は緩和されて、少な
くともその後に出版されたジェネラルスタッドブックのどれかに載っていればいい、
ということになった。
あと、サラブレッドだから怪我が治りにくいってことはないよ。と、思う。

206 :朝まで名無しさん:02/10/30 11:03 ID:UsMhMBH7
なんでこんなインテリっぽい内容になってるんだろう・・・?
>>1の意向を汲んでやれよ(w

207 :朝まで名無しさん:02/10/30 11:48 ID:kIfLwoO9
>>205
だってさ、犬もあれ一種類なんでしょう?
交配可能なんだから。
犬の差って、人間どころじゃないわな。
逆に、人間はどうしてこれほど均質なのか?って疑問なんだけどな。

208 :朝まで名無しさん:02/10/30 11:58 ID:Ep0QlRdR
>>7は劣等遺伝子の優性遺伝

209 :朝まで名無しさん:02/10/30 12:37 ID:RD6AeRF/
犬は人為的にいろんな種を作っちゃったからな。あれは今でも1種類ってことになってるの?
哺乳類の場合、交配可能な範囲が「科」で、その下に「種」と「亜種」がある、って話
だった気がする。ヒトは、「ヒト科」までで終わりなんだよね。これもウロ憶えだが。

210 :朝まで名無しさん:02/10/30 12:57 ID:kIfLwoO9
>>209
え?『科』で交配可能なの?
俺は『種』じゃないとダメなのかと思ってた。
犬の『種』、スピーシーズは、一つなの?
誰か詳しい人教えてくらハイ。

211 :朝まで名無しさん:02/10/30 14:06 ID:9XCfflOM
で、最初のホモ・サピエンスの肌の色は?

212 :朝まで名無しさん:02/10/30 14:40 ID:t6VU/1os
>それは最古の原人を含めて、原人の発掘が一番多いからじゃないかな?

原人と新人の遺伝上の距離も問題だけど、
とりあえず現在の Homo sapiens の遺伝子多様性をみるに
アフリカ大陸が一番分化がおびただしいので、
現生人類の起源はアフリカなんだろう、という
推測が支持されているのでは。

213 :朝まで名無しさん:02/10/30 23:14 ID:lVrcNA8O
>>204
ミトコンドリア・イブ仮説は卵子の細胞内にある、ミトコンドリアの
遺伝子の研究結果である。

つまり、男性の情報、交配による遺伝子のシャッフルは除外できる
データを元にしているのである。

ミトコンドリア・イブからだけ人類が分化したわけでは無いだろう。

ただ、
>とりあえず現在の Homo sapiens の遺伝子多様性をみるに
これは間違いであると思う。
ホモサピエンスには多様性なぞ無い。
極めて均一と見て良いだろう。
こんなに、爆発的スピードで世界中に拡散した生物は少ないはずだ。

214 :朝まで名無しさん:02/10/30 23:17 ID:lVrcNA8O
アメリカ・インディアンを100人用意し、
アフリカのピグミー族100人を用意し、
ドイツ人100人を用意したとしよう。

この各グループの遺伝子の差と、各グループ内の遺伝子のばらつきを
調べると。
グループ内のばらつきの方が大きいのだ。

215 :204:02/10/31 05:26 ID:mUzK1Cae
>>213
現在の進化論では、その発端の説明はどうなっているのですか?
私の理解では、最初の遺伝子変化は、母親の受精卵で起きるのが発端かと思いますが、
しかし、その一個体が、どうやって繁殖するんでしょうね。

どなたか、遺伝に詳しい方、教えてください。

216 :朝まで名無しさん:02/10/31 06:31 ID:zEhxwoA2

DNAに関しては、以下を一読すると参考になるです
http://www.nhk.or.jp/dna/

217 :朝まで名無しさん:02/10/31 06:56 ID:mUzK1Cae
>>216
ありがとうです。ブックマークをつけて、じっくりと勉強します。

218 :朝まで名無しさん:02/10/31 07:02 ID:zEhxwoA2
>>217
いや、>>216は一般向けだから、あなたの疑問に回答できるかどうかは…
…このスレには関係あるけど。

219 :朝まで名無しさん:02/10/31 11:40 ID:4Em/6NHv
最初の人類の肌の色は?

220 :朝まで名無しさん:02/10/31 20:47 ID:r44dSULf
>>219
白だな
ていうか最初の人類って何だよ馬鹿

221 :朝まで名無しさん:02/10/31 20:56 ID:NbrZu/uN
競馬では、よくインブリードがありますが、これらに遺伝病はないんでしょうか?

222 :朝まで名無しさん:02/10/31 21:15 ID:wtsZFqHB
>>219
>>216によると、黒人が人類のスタンダードだと思う。
モンゴロイドとコーカソイドは、その変種のようだ。

223 :朝まで名無しさん:02/10/31 21:48 ID:zbOSPnWS
>>222
黒人がスタンダードってのは、肌の色ではなく頭の偏平率での話なんじゃ
ないのかな?

人類に進化する前は毛むくじゃら?
だったのなら、毛が抜けた時はやっぱ白だったのではと思ってしまう。

その後、紫外線によりアフリカで黒色が淘汰され残った。
しかし、サハラを超え北に辿り付いた一部は、紫外線が弱くビタミン生成
の淘汰が働き、白に戻った。

インド人はその白が、また太陽がイッパイの地域に辿り付きまた、黒くな
ったと想像するのだが。

さて、人類が体毛を失っうに至った経緯はようとしれない。

224 :朝まで名無しさん:02/10/31 21:51 ID:sJKvhD53
法律も医学もなかった大昔でも「親父」や「お袋」の概念はあっただろうから
孫娘を孕ませちゃったときなど困っただろうね、娘なのか曾孫なのか???

この頃の事情に詳しい人居る?


225 :朝まで名無しさん:02/10/31 21:52 ID:zbOSPnWS
>>224
そんなに長生きできんだろ、そんな昔。

226 :朝まで名無しさん:02/10/31 21:56 ID:sJKvhD53
>>225
子供生むのも早かったんじゃないの


227 :朝まで名無しさん:02/10/31 22:00 ID:zbOSPnWS
>>226
35ぐらいになったら死んでいるだろ?

人間の肉体のピークは19才ぐらいだよ。

228 :朝まで名無しさん:02/11/01 12:30 ID:UxEftYCZ
黒派の根拠ってアフリカだから黒ってだけ?
白派の根拠って毛が抜けた直後だから白ってだけ?

229 :朝まで名無しさん:02/11/01 12:32 ID:gkWD1mdT
>>228
中を取って、人類は黄色人種から始まった・・・と結論しよう。

230 :朝まで名無しさん:02/11/01 12:43 ID:nwO64Y70
人類の歴史は近親相姦の歴史
最初は近親相姦を繰り返したお陰で人類は繁栄したのでは?

231 :朝まで名無しさん:02/11/01 13:02 ID:gkWD1mdT
>>230
い、い、い、妹に、て、て、手を出しても良いですか?ハアハア

232 :朝まで名無しさん:02/11/01 13:44 ID:8xo5WByC
>>223
太古に人類がイルカや鯨のようにの海で暮らしていた時代があって
それで毛がなくなったって言ってる学者がアメリカにいる。
名前忘れたスマソ
多分、両生類=カエル?みたいな感じだとおもうけど。

233 :朝まで名無しさん:02/11/01 20:58 ID:UxEftYCZ
変温動物?卵で出産?

234 :朝まで名無しさん:02/11/01 21:01 ID:oKiAKnlM
でも、天才の生まれる率も高いんだよね?

235 :朝まで名無しさん:02/11/01 21:28 ID:lcif96wy
父親の体細胞から核を取り出して代理出産でクローンを作り、
生まれた娘と父親が近親相姦すると、どんな子供ができるのか。
てか、父親の体細胞のクローンは男しかできないのだろうか。
両性具有のクローン同志の近親相姦だったらどうなのか。
快楽も2倍になるのか。 2倍、2倍。



236 :朝まで名無しさん:02/11/01 22:24 ID:/1pTnf6L
>>232
それはもしかしてライアル・ワトソンのことじゃないだろうな。
もしそうだったら、脚を踏ん張って、歯をくいしばれ。

237 :朝まで名無しさん:02/11/01 22:27 ID:AVYUBNcS
>>232
デズモンド・モリスのことか?「裸のサル」

238 :朝まで名無しさん:02/11/02 03:20 ID:tjLE8TWN
まあ、あのエジソンも晩年は霊界と交信しようとしてたわけだしさ

239 :朝まで名無しさん:02/11/02 16:16 ID:uxtAE1WB
で、人類のベースの人種は白?黒?黄?

240 :朝まで名無しさん:02/11/02 16:18 ID:o0oGpUT8
元の肌の色は黒
日光が弱くなるにつれて白くなる

241 :朝まで名無しさん:02/11/02 17:55 ID:TaEFElAR
てか、肌の色は簡単に環境で変化する。
(インド人は、日本人よりよっぽど白人に近いが日本人より黒い)

頭の形=偏平率から見ないと意味が無いでしょ。

242 :朝まで名無しさん:02/11/02 18:54 ID:BVAdj2da
>>242
そうそう!
いいこと言うね
日本人より白い黒人もいるんだし
ホントだよ、こないだ六本木で見たよ
つまり偏平率と肌の色は何の関係も無いってことさ

243 ::02/11/02 19:01 ID:s4FmHOPz
>>1 朝鮮人に聞け

244 :朝まで名無しさん:02/11/02 19:08 ID:o0oGpUT8
人間は肌の色が一番認識しやすいからそれで
判断するんだよね

245 :朝まで名無しさん:02/11/03 17:35 ID:fOw93B+r
最近の子供の土踏まずが無くなりつつあるのは退化?
でも進化も退化だから進化??
あれ?進化と退化は同じか?進化の中に退化が含まれてるのかな???
わかんなくなっちゃった・・・

246 :朝まで名無しさん:02/11/03 17:39 ID:1n8AkWYq
土踏まずの件は単なる遺伝です。
俺の娘はスポーツ好きなんだけど、やっぱり俺と同じに偏平足になった。
小学校までは普通だったけど。

247 :朝まで名無しさん:02/11/03 18:41 ID:yXoYekIN
>>245
退化が進化に含まれます。

248 :朝まで名無しさん:02/11/03 21:30 ID:+HOBw3Rw
縄文人には土踏まずがなかったとか、原人には土踏まずがなかった
という話は聞くが。

最近の子ども、土踏まずなくなっているの? それは靴が悪いんじゃないのかな?

249 :朝まで名無しさん:02/11/03 21:32 ID:+HOBw3Rw
土踏まずのアーチは元々崩れやすく、いったんアーチが崩れてしまうと
再生能力は、ないのだそうな。

悪い靴を履いているとアーチが崩れてしまうのだそうだ。
アーチを形作るオーダーメイドの靴を履いていると崩れないですむそうだ。

250 :朝まで名無しさん:02/11/04 19:50 ID:RH5CrNRd
包茎の原因って遺伝?環境?経験数?体格?性格?
日本人って世界的にも多いんだよね?4人に1人とかって聞いた気が・・・

251 :朝まで名無しさん:02/11/04 19:55 ID:u3nHonVd
仮性は7割だろう?(汗

252 :朝まで名無しさん:02/11/05 08:47 ID:0HwWy6Co
か、か、仮性は、せ、正常です!間違いありません(大汗

253 :朝まで名無しさん:02/11/05 14:16 ID:L48a5uVu
寒い時は全員ちっちゃくなって被るでしょ?ちがうのか?
ひょっとして俺だけ?ま、まさかこれが、か、仮性!?

254 :朝まで名無しさん:02/11/05 17:09 ID:L48a5uVu
た、タートルネックだ・・・

255 :朝まで名無しさん:02/11/05 17:32 ID:tFHqwuJD
割礼が無いから日本人の包茎比率が高いだけじゃないの?
…ってキリスト教が今でも割礼してるのかどうか知らんが…

256 :朝まで名無しさん:02/11/05 18:02 ID:h5fWEV0h
>>239,240
アフリカ大陸でも日照時間の短い時代があったので、白かったか黒かったかはいちがい
に言えない。少なくともモンゴロイド・コーカソイドの祖先がアフリカ大陸を出発した
頃は氷河期だったので、その頃で言えばみんな白かったのでは。
>>255
割礼はユダヤ教でしょう。キリスト教でもやってた時代があるのか?
単に、寒いところに適応するために、末端をことごとく小さくなったことに関係する
のでは。

257 :朝まで名無しさん:02/11/05 18:13 ID:ZH/rvaP1
>>232
>>236
>>237

なんか水辺で生活してた猿が、頻繁に浅瀬に入るうち、
呼吸の為と浮力で楽なのとで直立を覚えたって学説があるって
聞いた事があるような。

?あれ?やっぱり出典はライアルワトソンか??
紹介しただけのような。

一応歯は、くいしばっとくけど。


258 :朝まで名無しさん:02/11/05 19:18 ID:L48a5uVu
ごめん、割礼ってなーに?誰かおすえて

259 :朝まで名無しさん:02/11/05 19:37 ID:VYPoQk4r
ちんちんの先っぽの皮にハサミで縦に切れ目を入れるのではないだろうか?
訂正希望。

260 :朝まで名無しさん:02/11/05 19:43 ID:0HwWy6Co
>>258
これなんかどうよ

http://africa.u-shizuoka-ken.ac.jp/j/Essays1/Circum.html

261 :朝まで名無しさん:02/11/05 19:43 ID:pbOZ3n/h
>>259
横です。

で、切り取った皮はリングフライにして市場に売ります(タモリの25年前のネタ)

262 :朝まで名無しさん:02/11/05 19:43 ID:1lzSCRVj
男の場合はいわゆる包茎手術。
女の場合は陰核の切除をふくむこともある。
というのはおいといて・・・・個人的には>>259の包皮の
様子が気になる。完全・・・いや言うまい・・・

263 :237:02/11/05 20:50 ID:+aoiLyoS
>>257
その通りのようですね。
私、間違っていました。

264 :朝まで名無しさん:02/11/06 14:10 ID:efskmr5V
で、こたえは白か?

265 :朝まで名無しさん:02/11/06 14:49 ID:QCznK8Cx
>>264
こだわるなぁ。
そっちの専門家がどう言ってるかは知らんが、漏れは白に近かったのではないかと
思う。理由は256に同じ。
それとも、黄色で包茎とか答えたら喜ぶ?

266 :朝まで名無しさん:02/11/06 17:54 ID:Ptxw+zB0
>>257
ライアル・ワトソンは『アースワークス』(旺文社、今ちくま文庫)中の、「水生のサル」という
小文で、その話を書いてる。自説+人の説の紹介。説というより、色々援用しながら「正しいと思う、
そうに違いない」という確信を述べているといったところか。アフリカのこの辺を発掘すれば
「水生人類」の化石が出てくる筈だ、自分も調査を始めている、と結んでいるが。旺文社刊が‘86年。

直立二足歩行については、樹上生活がそのままその準備になったという説がやっぱ今のところ強いんだろうな。
チンパンジーが木に登るとき使う尻の脇にある筋肉の動きを解析したら、ヒトの二足歩行のそれと
たいして使い方が変らないことが分って、昔サバンナに出た一派はわりとスムーズに転用できたのではないか、
とされていたと思う。あとは若干(?)の骨格の変化を待たねばならないが。

267 :朝まで名無しさん:02/11/06 22:38 ID:p5f54Ii6
いまだに進化論信じてんのか?!


268 :朝まで名無しさん:02/11/06 23:10 ID:tLMQlqkz
>>267
未だに、天動説信じてのか?

269 :朝まで名無しさん:02/11/07 00:41 ID:UoL528hu
そう、これからは分化論

270 :朝まで名無しさん:02/11/07 11:39 ID:HZZcj5cF
なんか進化論も間違ってる気がしてきた・・・
聖書とダーウィンのハイブリット論をつくろう!

271 :朝まで名無しさん:02/11/07 12:31 ID:HfLXbuBb
『いわゆる進化論』
たまたま生存に適した、突然変異の一個体が、繁殖していく。その繰り返し。

いくら膨大な時間を考えてみても、どうしてもこれだけでは納得できないなあ。
第一、『一個体』が、どうやって繁殖するの?誰かおせーて。

272 :朝まで名無しさん:02/11/07 12:52 ID:1Df0INaF
>>271
一個体じゃ繁殖はできんわな。発電はできるかもしれんが。
変異してない個体とヤッて、変異した遺伝子を伝える子供を増やしていくしかない
わな。そうすると、変異したヤツは、相当な絶倫でないといけないな。

273 :朝まで名無しさん:02/11/07 12:52 ID:G7yBZnbc
ちょっとズレて申し訳ないが、淘汰されていく説では納得いかないので。
たとえば木の葉に似た羽根を持つチョウチョって、
その羽根を「だれ」がそうしたほうが身を守れると「思って」、「似せるようにしていく」の?
おしえてくらさい。


274 :朝まで名無しさん:02/11/07 13:16 ID:f0JLEd3N
>>273
ふつうは、
1;たまたま木の葉に似た突然変異体が生まれ
2;その形質が、他のものより生存に適し
3;生存競争の結果、木の葉のかたちをしたものだけが生き残る

と、説明されている。ふつうは、自然法則に意思は仮定されない。

275 :大天才様1号:02/11/07 13:19 ID:c+pgiWW2
最近のフランス書院が近親相姦モノばかりなのも、自然選択の結果なのか。
キモくて読めません。

276 :274:02/11/07 13:21 ID:f0JLEd3N
とはいえ、ダーウィンからはもうずいぶん経っているから、進化論も
色々な分派ができていて、
互いに違いがあるほうが生き残りやすいから互いに違いのあるものに
進化していく、という説明とか
進化には、古典・バロック・モダンという特定パターンがあるとか
生物の側が環境に影響を与え、環境が生物にさらに影響を与え、という
相互作用になっているとか
色んな説明がある。淘汰説だけではないけど、まあ、神様を仮定するってのは
思考停止だから、色んな科学説の、なるたけ著名なとこの原典を読むのが
よいのでは?

277 :274:02/11/07 13:23 ID:f0JLEd3N
>>275
観測していないから知らんけど、それは
棲息域の棲み分け(ニッチ)説 とか
社会が近親相姦的願望を抱いていることの反映(環境対応)説 とか
その辺が適応されそうですのお

まあ、社会心理学のカテゴリーだと思うけど

278 :大天才様1号:02/11/07 13:33 ID:c+pgiWW2
前から思っていたが、進化論において神様を仮定するのは果たして
本当に思考停止なのだろうか。

最近では、宇宙空間における他の知的生命体の存在確率は
低くないと考える人が多いよね。
とすれば、人間及びその他の生物が、他の知的生命体(ここでは
神様宇宙人と略す)の知的な意志によってデザインされた可能性は、
捨てきれない。
現に、人間だって生物のデザインを開始しているじゃないか。

こう書くと、「その神様宇宙人はどうやって発生したのか
という問題はやはり残ってしまうから、その考え方は思考停止だ」
と言う人がいるかもしれない。

でも、地球生物がどうやって発生したか、という問題と、その神様
宇宙人がどうやって発生したかは、全く別の問題だ。
神様宇宙人の事は、神様宇宙人を研究してみないとわからない。
神様宇宙人は、自然発生しやすい形質を備えていたのかもしれない。

具体的には
自然状態→神様宇宙人(自然発生)→地球生命体(被造)
という場合が、可能性としては想定しうると言うことだ。
この場合、「地球生命体がどうやって自然発生したのか」という
問いに対する答えは、無いことになる。

ま、そんな事は無いだろうけど、必ずしも創造者を設定することは
思考停止じゃないと思うので書いた。

279 :大天才様1号:02/11/07 13:40 ID:c+pgiWW2
>>277
棲み分けなのかなあ・・・
フランス書院ってキオスクにも置いてあるし、最大手だと思うんだけど。
なんか、近親相姦ものばっかりで・・・

エロ小説からエロに入るやつって多いだろ、多分。
青少年への影響が心配だよ。

280 :朝まで名無しさん:02/11/07 13:49 ID:f0JLEd3N
>>278
ホワイトヘッドという現代哲学者兼科学者は、科学に仏教的世界観を
導入してますよ

従来欧米の思考枠組は、「誰かが(何かが)」一元的にスタートさせた
という思考枠組でしたが、これはヘブライズムという特定の思考形式で、
すべてのものは「関係」に依存する、という考え方のほうがむしろ
社会学や物理学では色々説明できそうだ、という反省が欧米哲学に
発生しまして…具体的には不確定原理による観測の不可能性なんかが
大きい。そこから現象学という思考枠組が生まれる。はじめから「存在する」
のではなく、「観察と言う行為をした時に、観察対象は現れる」という考え方。
この考え方は、仏教哲学が相当洗練されています。
ちなみに仏教哲学には「神(創造主)」はいません。「空」があるところから
はじまります。

281 :朝まで名無しさん:02/11/07 13:53 ID:f0JLEd3N
>>279
心理学的には、近親姦願望は、自殺願望に近いという解釈があります。
時代が閉塞しているってことですね。
外界に背を向けて、「温もりのある情の通った愛」を求める、という
社会状況を変えないと、その社会状況に対応したエロ文芸は嗜好を
変えませんよ。

282 :273:02/11/07 13:55 ID:G7yBZnbc
レスありがとうございます。
ところで、もし意思が反映されるとして、
「自ら(あるいは種)」ということはありえないのでしょうか?


283 :朝まで名無しさん:02/11/07 13:55 ID:HfLXbuBb
進化論から言えば、すべての種は近親相姦から始まっていますよね。
なぜ、そしていつ頃からタブーに変わっていくんでしょう?

284 :朝まで名無しさん:02/11/07 14:05 ID:HfLXbuBb
>>282
274ではありませんが・・・。
進化の比較的早い時期から、『環境に似せる』という、
能力、その遺伝子はできていたのではないでしょうか。
その遺伝子をたまたま強く引き継いだ生物の中で、
特にうまくそれをやって生き延びた種もいる・・・
という解釈はどうでしょうか?

285 :朝まで名無しさん:02/11/07 14:54 ID:HZZcj5cF
たとえば、進化の過程で目はどうして発生したか、っていう問題もあるよね。
光を感知する前になぜ目が発生したか、光を感知する前にどうして他者は淘汰されたかって
言うような話を何かのオカルト本で読んだんだけど、なんだってけかなー。
確かラストが、泣きつく女をカッコよく振り払って、手話のできる頭のイイ猿(たしかチンパンジーかゴリラだったと思う)が
悪いコンピューターをやっつけに悪い研究所に入って行って氏ぬって話だったんだけど。(へんな話・・・w)
知ってる人いる?

286 :朝まで名無しさん:02/11/07 15:05 ID:ZxL7f0H6
>>283
子孫を大量にばらまいてそのうちの数個体が生き残ればいい、っていう
繁殖方法なら問題ないけど、少数の子供を大切に育てる方法では
不利な遺伝子が表に出て来やすいとまずいだろう。

287 :朝まで名無しさん:02/11/07 15:16 ID:1Df0INaF
新しい種が生まれた直後には、古い種に比べて圧倒的に生存する可能性が高い
ので、近いもの同士で交配しようとする本能を持っているほうが有利。
一方、ある程度増えた後では、異なるもの同士で交配して新しい組み合わせを
模索する本能を持っているほうが有利。
そうでない本能を持っている遺伝子は生存競争に負けて後世に残らない。
野生動物でも種によっては近親を避けるらしいよ。高校生ぐらいの女が父親を
避けるようになるのも、本能かもしれない。

288 :朝まで名無しさん:02/11/08 00:30 ID:4bGYskkj
倫理ではなく本能だ、てことね。
てことは286のいう繁殖方法をとる生物にとっては、近親相姦で現れる変異は
それにとって「望まれないもの」という事になるのかな?

289 :朝まで名無しさん:02/11/08 00:47 ID:Ba8LjWWk
あげ

290 :朝まで名無しさん:02/11/08 12:08 ID:gCT2QGim
>>288
そりゃそうだ。子孫を残せない生き物なんて単なる役立たずなんだから。

291 :朝まで名無しさん:02/11/08 12:22 ID:ELP43iT7
>>290
ごめんなさい。30過ぎてるのに、子孫残してません。
役立たずですぅ・・・ヽ(`Д´) ノ ウワァァァン 

292 :朝まで名無しさん:02/11/08 14:19 ID:P3HZJfhm
よその板で、こんなの見つけた

人類の進化について、綺麗にまとめているサイト
http://www1.fctv.ne.jp/~ken-yao/Zinrui.htm
水生進化説のサイト
http://www.geocities.co.jp/NeverLand/7234/study/mekarauroko/jinruihadokodetannjousitaka.htm

293 :朝まで名無しさん:02/11/08 17:56 ID:MFh7NZkv
>>291
子孫の元は毎日山ほど放出してるのにね・・・


294 :朝まで名無しさん:02/11/08 18:01 ID:XaTrQ8Pn
でもなんで世間一般では精子のほうを「元」として考えるんだろう。
遺伝子は卵子と半々にシェアしてるのに

295 :291:02/11/08 18:55 ID:ELP43iT7
>>293
最近は、3日に1回ぐらいしか・・・
もうだめぽ・゚・(ノД`)・゚・

296 :朝まで:02/11/08 19:28 ID:eGRbEF2s
大正天皇は精薄ではなくて、脳性梅毒による進行麻痺。

297 :朝までななしさん:02/11/08 19:35 ID:eGRbEF2s
キムヘギョンさんのホンとのお父さんと、そのお父さんつまりお爺さんの
名前を書ける勇気のある人書いてみて。

298 :朝まで名無しさん:02/11/08 19:41 ID:YMylvWZh
>>296
一説では、体は弱かったが別に精簿ではなく、陸軍が嫌いで
山県有朋と仲が悪かったので、山県が陸軍へ「大正天皇は
キチガイだ」というデマを流しまくった、とのことだ


299 :朝まで名無しさん:02/11/08 23:21 ID:1KaeYC2L
女も近親相姦願望あるのか興味あるね。
女性成人コミックにも近親相姦ネタってよくあるもの?

300 :朝まで名無しさん:02/11/08 23:23 ID:MFh7NZkv
>>295
3日に1回ならまだまし。漏れは20代なのにもう朝もだめぽ・・・

301 :朝まで名無しさん:02/11/09 00:26 ID:QiOoWckM
チェチェンでは、ロシア兵が、父娘に性交渉を強要しておもしろがっている。
また、日本兵は、中国で、同じ事をさせた。ナチスにおいては、楽しみとしてでは
なく、遺伝実験のためにユダヤの父娘に近親相姦をさせた。やらされた人々は、
辛かっただろう。しかし一つだけ不思議なことがある。なぜ、そのような究極の苦しみ
のなかで、勃起したのだろうか。


302 :朝まで名無しさん:02/11/09 00:29 ID:2RgN9fBe
>>298
もし、それが本当なら内乱の危機だったわけだ。
天皇は○○の方が、国は安全。

303 :朝まで名無しさん:02/11/09 00:33 ID:Hk4KkD7/
在日がいろいろ人種工作やってるけど、真相はかなり違う。

大雑把に、
頭示数が、韓国人は短頭〜過短頭、日本人は中頭〜短頭。
鼻示数が、韓国人は中鼻、日本人は広鼻〜中鼻。
二重の出現率が、韓国人は約2割、日本人が約5割。

一般的に韓国人の顔は、ツリ目が多く、鼻は低く目立たず、彫りが浅い。
頭は絶壁傾向が強く、その分頬骨が高い。体毛が薄いのに比例して
眉毛や髭などが薄い。全体的に見て平坦な印象。形態もさる事ながら、
中国人ほどではないが遺伝子の方もかなり違う事から考えれば、
日本人と韓国人は人種的には近いが異人種であるという事が分かる。

http://www3.mahoroba.ne.jp/~npa/narayaku/image/dna_map.jpg

304 :( ´∀`):02/11/09 00:34 ID:IBfMsF86
大正天皇は「遠眼鏡事件」が変な風に伝わったり、
確かに噂先行で勝手に○○扱いされちゃったよね。

305 :朝まで名無しさん:02/11/09 00:51 ID:3CCU0RFv
>>302
その後内乱寸前状態がずっと続いて、内乱危機を外へ避けたのが
昭和の戦争だ、という解釈もあります

306 :朝まで名無しさん:02/11/09 00:54 ID:QiOoWckM
大正天皇が性病になったのは、身近のおつきの者たちが、遊郭へ連れて行ったからだ。
側室に沢山の女がいたのに、遊びで、お忍びで、今でいう高級風俗に行ったから。
それよりも凄い話は、秋篠宮さまは、皇后様の子供ではなく、天皇陛下と、側室の
間で生まれたこども。皇后様は、皇室のそういう伝統をご存じなくて、失語症にならせ遊ばれた。
母親の苦しみを知って、皇太子様は、雅子様に、全力でお守りをすると
言われたのだった。

307 :朝まで名無しさん:02/11/09 00:59 ID:QiOoWckM
明治と昭和天皇の誕生日は今でも祝日。しかるに、大正天皇の誕生日は2月29日であった
ことで、祝日になっていない。

308 :朝まで名無しさん:02/11/09 12:59 ID:d6sbMPhN
age

309 :朝まで名無しさん:02/11/09 13:29 ID:JTPNDZj7
>>306
だから一人だけ体格が違うのか...


310 :朝まで名無しさん:02/11/09 16:17 ID:cjVkzOKC
ここ天皇スレじゃなかったハズ。

311 :朝まで名無しさん:02/11/09 16:19 ID:s88PxMth
か○ さ○ら が側室といううわさは根強い

312 :朝まで名無しさん:02/11/09 17:16 ID:QiOoWckM
大正天皇の誕生日は8がつ31日でしょ?

313 :朝まで名無しさん:02/11/09 17:19 ID:xm8cO2UD
>>306はチョソか?
どこでそんな事を知ったんだか教えてほしいよ


314 :朝まで名無しさん:02/11/09 17:28 ID:s88PxMth
>>313
有名なうわさだよ
うわさといってもけっこう本当だったりするんだな

315 :朝まで名無しさん:02/11/09 18:34 ID:d6sbMPhN
ソースは?

316 :朝まで名無しさん:02/11/09 18:38 ID:84HEW4bp
天皇には側室がいたのか。
一夫一妻制の日本の法律のらち外にいるな。
実は非国民か?

317 :朝まで名無しさん:02/11/09 20:49 ID:lPQNbFXz
>>184
Y染色体には精子を作る遺伝子はあるというのは正しくありません。
Y染色体には男性化因子の遺伝子があるのです。ただし、XY染色体
を持っているにもかかわらず外見が女性の場合異常はXにある場合も
あればYにある場合もあります。単純ではありません。
リングの貞子の例を調べて見てください。

318 :朝まで名無しさん:02/11/10 00:25 ID:lfmjw2v9
リングの貞子とか海辺のカフカのなんとかさんみたいな例って現実にあるの?


319 :朝まで名無しさん:02/11/10 23:08 ID:PATB+9Rs
>>184
ついでに書くとY染色体には男性化因子以外にも遺伝子がいくつか乗っています。
そうでなけりゃ、Y染色体伴性遺伝なんてありえないでしょ。
(父親から息子にしか遺伝しないもの。インド人の耳毛の遺伝など)

>>318
海辺のカフカというのは知りませんが、ホ乳動物は染色体というよりホルモン
によって性が決定されるのでXY染色体を持っていても外見は女性という例は
あります。基本は女性形なので逆はありません。

320 :朝まで名無しさん:02/11/10 23:22 ID:W53J5DuN
元々皆さんの遺伝子にはバグがほぼ必ずあります。
中には致命的なバグを持っている人もいます。
ただし、殆どの場合は表に表れてきません。
近親交配で同じバグを持った者同士が子供を作った場合、
その子供に、その遺伝子のバグが、表面に現れる確立が極端に高くなります。
逆に遺伝子にバグを持たない者は近親交配しても平気です。

321 :名無しさん  :02/11/10 23:31 ID:qTyRDWRe
>>316
側室がいたのは昔の話しだろ(w
今でもいるなら問題だと思うけど。

322 :朝まで名無しさん:02/11/10 23:49 ID:PATB+9Rs
>>320
何をバグと規定するのだろう?またバグを持たない者がいるだろうか?
例えばあなたの「びちゅうかく」の形は正常?

323 :朝まで名無しさん:02/11/11 00:06 ID:gPRt4T1H
ここまでの議論はほとんどが劣性の病的遺伝子の発現に関する物だが、自己認
識の問題はどうなのか。本来親子間でも同じ事はまず無いMHCが兄弟では4分の
1で同じになる。これが近親婚が続くと似たようなのがわさわさと増えていくの
のでは。すると伝染病にやられると一気に一族全滅とかでそうだよね。

324 :朝まで名無しさん:02/11/11 07:02 ID:EoExczK4
大昔、近親婚はそれほど問題視されていませんでした。
社会の時間に習った、藤原氏一族は天皇家に近づくために近親婚を行っています。
また、現在の日本の法律でも、いとことは結婚が可能です。

ところでMHCとは何ですか?今話題の化粧品会社?

325 :朝まで名無しさん:02/11/11 13:25 ID:EMabcXpb
エイズウィルスってどこから来たの?
20世紀になってからだよね?はやりだしたの。
性行為しか感染しないなら、だれかがほかの動物とやったの?

326 :朝まで名無しさん:02/11/11 13:35 ID:QYCZYiqh
「致命的なバグ」って何?

327 :朝まで名無しさん:02/11/11 13:53 ID:4+tM0vPm
>326
動物では致死遺伝子の存在もすでに判明してた記憶あり。
(劣性遺伝のそういう遺伝子の場合、影響がないために当人は普通な
事も多いが、それが2つ揃うと(以下略))

328 :朝まで名無しさん:02/11/11 14:18 ID:1gLQGO6g
>>325
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/999265020/


329 :朝まで名無しさん:02/11/11 14:56 ID:3De69Khy
>>323
うちは旦那と息子、MHC全く同じ。
だから何だというわけじゃないけど・・・

330 :朝まで名無しさん:02/11/12 00:11 ID:L67RzrEC
あのさ、
実験してみてよだれか、プログラム作ってさ。
進化論でどういう風に種が淘汰されていくか。
進化というか変化というかよく分からんけど。
俺も手伝うからさ。
ホントに種は環境に適した特徴が強くなっていくかどうか、面白そうじゃない?
じゃあ簡単に設定するぞ。

■環境
・美形なほど異性にモテて子孫を残す(美形の基準は無視、とにかく-128〜+127までの範囲で存在する)
・唯一の食料は高い木になるサンチョの実。
 背が高いほど食べやすい(人のを奪って食べる腕力とか、石を投げて実を落とすための器用さとかそういうのは無し)
■生存率
・身長×3.14159
■生む子どもの数
・美形度×1.41421356(ゼロ以下は結婚できないので子供ができません)
■異性獲得率
・あ、上に含まれてるからいらないかな
■遺伝
・美形度、身長ともに50%が両親のパラメータを足して2で割ったもの、
 あと半分はランダム関数みたいなので求められた数値、
 この両方を足したものが子供に伝わる。

うるせーボケ!
こういうシンプルなのがいいんだよ。
あら探しはいいから
つべこべ言わずにさっさとプログラム書け!


331 :朝まで名無しさん:02/11/12 00:16 ID:wuWmR+SA
>>1
共食いしたら狂牛病とかヤコブ病とかになるだろ。
それと同じで神が作られたタブーなんだよ。

332 :朝まで名無しさん:02/11/12 00:18 ID:aPs+A5+z
>331
昔の人が作ったタブー

333 :朝まで名無しさん:02/11/12 00:19 ID:nfm7zDwW
330の計画は面白いかも。プログラマのひとがむばって。
をれはそれほどスキルないし、時間もないぃ…。

334 :朝まで名無しさん:02/11/12 01:23 ID:kqz8uYx4
あーおもしろかった
私の頭には丁度ヨイ柔らかさでほんとがーっと読んでしまいました
もっと教えて欲しい

同じ人の染色体のパーツ同士が
ちょこっとだけ入れ替わるとかもあり?
Yの右上の部分だけちぎれて、
となりの番号のとすげかわってるとか



335 :朝まで名無しさん:02/11/12 01:28 ID:zVsfcf7a
>>287
>新しい種が生まれた直後には、古い種に比べて圧倒的に生存する可能性が高い
それ間違いじゃないの?
新しい種って殆ど失敗する場合が多いと思うよ。

サピエンスの系統も殆どが死に絶えた枝ばかりでしょ。

336 :朝まで名無しさん:02/11/12 01:36 ID:PTY87se/
>>1
おい、近親相姦だけじゃあ、本人同士には遺伝子には何も影響無いよ。
近親者同士でできた子供の遺伝子に影響があるんだよ。

ま、近親相姦すること自体、遺伝子BUGってるだろうがな。

337 :朝まで名無しさん:02/11/12 02:36 ID:p5/il18e
ところで、ギズモってどうですか?
水をかけると繁殖、しかし見ての通り似ても似つかず、簡単なデータコピーじゃないらしい。
で、ボスが一匹必ずいると。
ギズモのなかに他の奴らの情報も入ってるのかな?

338 :朝まで名無しさん:02/11/13 22:24 ID:ktmqXLxJ
>>336
>近親者同士でできた子供の遺伝子に影響があるんだよ。
嘘書くのは止めてね。近親婚は遺伝子に影響は与えません。生まれた子どもの
形質に問題がある場合があるだけです。ただしその問題がDNAのコピーのエラー
修復に関係した場合はそう言えない事もないけれど。

339 :朝まで名無しさん:02/11/13 22:25 ID:ktmqXLxJ
>>329
そうなると家族全員同じMHCですか。ま、嘘ですね。

340 :朝まで名無しさん:02/11/13 22:34 ID:ktmqXLxJ
>>324
Major Histcompatibility Complex
主要組織適合複合体だったかな。スペル含めて怪しいけど。
いぜんは人のMHC抗原をHLAと言っていたからHLAならわかる?

341 :朝まで名無しさん:02/11/14 11:45 ID:+pD9LKES
>>330
面白そうだけど、誰かが既にやってるんじゃないか?
発表されてないとすると、何らかの理由で計算が発散しやすいとか。
いかにも発散しやすそうな・・・誰か有識者はいないか?

342 :朝まで名無しさん:02/11/14 19:30 ID:lwpBpiCW
>>324
化粧品はDHC。
ひろゆきに・・・略

343 :朝まで名無しさん:02/11/14 20:05 ID:Y90WhFUf
>1
近親相姦で奇形児が生まれるなんて全くの嘘です。ただ倫理的に良くないというだけ。
それが形を変えて周りに広がったと思われ。

344 :朝まで名無しさん:02/11/14 20:09 ID:OqEiuz/A
>>343
尻尾のない牛とかはどう説明するのか?

345 :朝まで名無しさん:02/11/14 22:15 ID:52UCADRK
>>343
俺の知り合いで、いとこ同士の子で心臓に欠陥のある子供、
違ういとこ同士の子で肝臓疾患のある子供が出来たのを知っているが、偶然なの?

346 :朝まで名無しさん:02/11/14 23:57 ID:tHCtqQeg
>>345
それはすごい偶然だな!

347 :朝まで名無しさん:02/11/15 00:49 ID:C2tOe2zL
犬とかでもそうだけどやっぱり近親相姦は長生きは無理だね何かしら変になるよ。

348 :朝まで名無しさん:02/11/15 00:53 ID:DMkx1MKx
おしべとめしべって近親相姦じゃないの?
おばなとめばなもかなぁ・・・
みんな同じ根っこのやつら同士で近親相姦してるのかなぁ

349 :朝まで名無しさん:02/11/17 23:37 ID:A8nMyfMV
用は、適度にコピーミスが起これば、遺伝子は半分のままでも
生物は進化するんじゃないのかな?
分裂とか、分裂したものを体内で一定期間育てると出てくるとか。

350 :朝まで名無しさん:02/11/20 11:02 ID:YB4+OAvZ
保全パピコ

93 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)