5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

選挙権を資格化しようよ

1 :朝まで名無しさん:02/10/10 13:36 ID:dh3ALUm4
選挙制度や憲法もわからない奴に選挙権を与えるから利権政治が無くならないんだ。
無駄に増えすぎた有権者を減らしましょう。

2 :朝まで名無しさん:02/10/10 13:54 ID:1xDMb5g1
>>1
無駄に増えすぎた有権者

3 :朝まで名無しさん:02/10/10 13:59 ID:ylo0nI3J
政治から利権を奪ったらいったい何が残るんだろ?

4 :朝まで名無しさん:02/10/10 14:02 ID:dh3ALUm4
人生終わりかかってる奴に選挙権なんかいらないだろ。百姓が最大の害悪だよね。
頭悪いし、高速道路はほしがるしさ。ゲリマンダーがなくならないのもあいつらのせいなんだよ。

5 :朝まで名無しさん:02/10/10 14:03 ID:gxCXTHnI
とりあえず>1は選挙権剥奪だな。

6 :朝まで名無しさん:02/10/10 14:16 ID:dh3ALUm4
いい加減に、制作能力もない奴に投票するの止めようよ。あ、言ってもわかんねーか。
>>5みたいなの奴は自覚がないからな。

7 :5:02/10/10 14:18 ID:gxCXTHnI
うん、漏れ自覚ないから政策能力はわかっても
制作能力なんてなんのことやらさっぱりわからん(W

8 :朝まで名無しさん:02/10/10 14:19 ID:BH8hXJiO
なにを制作するの?

9 :朝まで名無しさん:02/10/10 14:42 ID:dh3ALUm4
クソ

10 :朝まで名無しさん:02/10/10 15:33 ID:1xDMb5g1
とりあえずdh3ALUm4の選挙権は剥奪ってことでよろしいか?

11 :朝まで名無しさん:02/10/10 15:41 ID:dh3ALUm4
剥奪じゃないんだな、資格化しようよって言ってるんだよね。
つまり、誰も持っていない状態にして、欲しい奴の中から試験に通った人間にのみ、国政の選挙権を与えようよと言っているのだが。
地方自治に関しては現行の方法で良いと思うよ。
250人の衆議院議員を選ぶのに、選挙権をもってる人間が一億も居たら一票の重さなんて感じられないでしょ?
都市部はいつも少なめに配分されるしさ。

12 :朝まで名無しさん:02/10/10 16:18 ID:TSRWlqOd
もし資格化したら、仕事が忙しいまともな社会人は資格がもらえず
プロのウヨサヨや、2chで粘着質なニュース議論を繰り返してる
厨房・引きこもりばっかりが選挙権を持つと思われ

13 :朝まで名無しさん:02/10/10 16:24 ID:27ovFDh6
どんな試験すんだよ?

まあ、どんな試験やるにしても、創価の天下にまた一歩近づくな。


14 :朝まで名無しさん:02/10/10 16:32 ID:dh3ALUm4
憲法と政治学、あたりがいいね。コレを年に2,3回のペースで行ないます。
試験と衆議院の解散時期が関係してきたりすると、もっと政治が面白くなると思うのですが。


15 :朝まで名無しさん:02/10/10 16:34 ID:poLNxZpJ
資格はどうかと思うが、年齢制限なら賛成だな

16 :朝まで名無しさん:02/10/10 16:36 ID:dh3ALUm4
年金需給開始と同時に選挙権がなくなるとか?

17 :朝まで名無しさん:02/10/10 16:40 ID:/FPFnGdz
現代で資格制度してる国ってあるのか?

18 :朝まで名無しさん:02/10/10 16:41 ID:VxFZsKO1
関西(特に大阪)出身者については、
半島とのつながりを厳重に調査すべきだ。
売国代議士=土井(兵庫)・辻元(大阪)・中山(大阪)の拉致事件もみ消し工作や
大阪府高石市での半島人投票権賦与などにみられるように、
彼らに選挙権・被選挙権を田の地域なみに保障すると、日本の乗っ取り工作を許してしまう。

19 :朝まで名無しさん:02/10/10 17:09 ID:NUrPH0qx
資格制なんかにしたら今より買収が簡単になって
再選の嵐でしょうね。
資格を持ってる人間にだけ良いように行政を運営すれば
良いということになりますよね。

街中をうるせぇ選挙運動カーが走り回らなくなる、
っていうくらいしか利点が見えませんが。

20 :朝まで名無しさん:02/10/10 17:11 ID:7j2au2cX
別にそのぐらいどおってことないよ。今の日本を支配している鍬持った土民と比べたら可愛いもんだよ。

21 :朝まで名無しさん:02/10/10 17:17 ID:7j2au2cX
>>19 買収は当然罰せられます。現在の規定より重罰にします。しかも、有権者が誰なのか特定しにくいので買収は難しくなるでしょう。
選挙区は比例代表のみとします。

22 :朝まで名無しさん:02/10/10 17:21 ID:NUrPH0qx
>>21
銃器ネットがこのまま行けば誰が有権者なのかなんか
2秒でわかるようになると思うけど。

23 :朝まで名無しさん:02/10/10 17:29 ID:7j2au2cX
銃器ネットは不可です。総務省の天下り先確保のためなので。別な天下り先を作ってあげましょう。

24 :しょけーにん( ̄Э ̄)【ぶぅーぶぅーぶぅー】:02/10/10 17:31 ID:LI2DpV1B
>>12のレスでこのスレは終わってるとおもわれ。

25 :朝まで名無しさん:02/10/10 17:32 ID:YvpAjn67
各党員がちゃんと勉強して(させられて)組織票が強固になるだけじゃね?

26 :朝まで名無しさん:02/10/10 17:54 ID:7j2au2cX
大丈夫です、バカは通しません。内容的には国家公務員試験のT種レベルにします。
ちょっと勉強させられた位では取れないようにします。最初は今の有権者を一万分の一位にします。
当然、現役の大学生やそれに近い年代が有権者の中心となるでしょう。
また、年がいった方が取得不可能というわけではありません。バカは排除、コレが何よりも重要です。




27 :朝まで名無しさん:02/10/10 18:29 ID:+AQT9lat
つまり民主主義を捨てて貴族政治にしろと。

別に時代の逆行だからと非難するわけではありません。
ただ、どう考えてもエリート選出という方式は都市部の有利を加速しそうな
感じですし、「あそこのご一家、賢そうですわねぇ。きっと選挙資格とか
もってらっしゃるのよ」とか容易に周囲から特定されそうだとは思います、
どれほど情報保護を頑張っても、人柄と主婦ネットワーク(笑)はどうしようも
ないでしょう。

28 :朝まで名無しさん:02/10/10 18:49 ID:7j2au2cX
主婦か・・・意外な落とし穴だった。諦めました。

29 :朝まで名無しさん:02/10/10 19:11 ID:LkKZ943a
でもいまのままでも問題だよね
事実上、田舎のセンセイ達に支配されてるもんね

30 :朝まで名無しさん:02/10/10 21:06 ID:I6B1J9Yc
J・S・ミルとかトゥクビルとかアリストテレス辺りを引っ張り出してみて、衆愚制の危険、害悪を説くことから始めた方が良いのかな。
ウーム、法のもとの平等が総ての成人に選挙権を約束したわけじゃないんだけどな。
バカに選挙権を与えた結果が700兆円の国家債務という事に目を向けて欲しいのだが・・・

31 :朝まで名無しさん:02/10/10 21:18 ID:JYPUJ/lV
馬鹿には選挙権がないわけですから、理屈で言えば当然納税の義務は無いわけですね。
いや、別に>>1を揶揄するわけではなく、こうなったほうが喜ぶ奴結構いるのでは?
「やった〜!俺今日から納税しなくていいよ。選挙権なんかいらねーよ」みたいな奴。


32 :朝まで名無しさん:02/10/10 21:21 ID:I6B1J9Yc
選挙権と納税の義務はまったくの別物と考えてください。
選挙権をもつ者を市民、もたない者を国民とします。国民には納税の義務があります。
そういう突っ込みは随時お願い申し上げます。

33 :段造:02/10/10 21:30 ID:KCLye1zr
>>32
外国人でも納税の義務があるけど。日本で働いていれば。

34 :朝まで名無しさん:02/10/10 21:31 ID:JYPUJ/lV
>>32
詳しくは知らないが、この種の権利義務関係は分離して考えられるものなのか?
この国のために金は払え、しかし国のゆくえに口を出すな、でOKな訳?
どこぞの国の言い分を聞いているみたいな気になるのだが。

35 :朝まで名無しさん:02/10/10 21:35 ID:ROD8h63l
明治政府のときも選挙権はなくとも納税の義務あったからねぇ

36 :朝まで名無しさん:02/10/10 21:40 ID:Psm0T1Ca
つーか、納税の義務自体は租庸調の時代からあるでしょ。
法人や未成年者も納税の義務はあるけど選挙権は無い。

納税してるから選挙権をよこせ、という主張はわからなくは無いが、
両者は一体ではないということ。

37 :wΦ):02/10/10 21:47 ID:82kSwRsc
国民が愚鈍だから選挙権を資格化せよ、というのは、
国民の教育を怠ってきたことに対する責任の放棄に他ならない。
そのような意識のままでは、成長どころか衰退していくだろう。
資格化すべきは選挙権よりもむしろ被選挙権ではないか?

38 :朝まで名無しさん:02/10/10 21:49 ID:1csy9Stf
その通りだな。
司法試験・公認会計士試験・不動産鑑定士試験の合格者以外は
選挙権なし。

39 :朝まで名無しさん:02/10/10 21:50 ID:ZQ+VxA0t
地方の人間にも資格はなし。
彼らの「道路が欲しい」「ダムがほしい」のワガママが、利権政治を増大させてきたのだ。

40 :朝まで名無しさん:02/10/10 21:50 ID:RG6FZUhz
>>1
エリート政治によって利権政治から脱却できるという意味なのかな?

41 :wΦ):02/10/10 21:56 ID:82kSwRsc
>>40
エリート政治になっても利権政治は残るよ、政治家の意識が今のままではね。
問題は、政治家にならんとする人間の意識をいかに高めるか。
そのためには
@政治家を志す人間を、選挙以前に選別する制度の実用化
Aわれわれ有権者の意識向上。そのための教育充実
が必要となってくる。

42 :朝まで名無しさん:02/10/10 22:00 ID:avLw5EY7
俺も二十歳前後の頃は>>1みたいな考えを持った事あるけど、

資格試験より、衆愚政治のマイナス面を理論、観念の両方から徹底教育
するしかないでしょ。エリート層も変なヤシに投票する愚を犯すし。

やはり、↑ 理論、観念の双方を比べるとより観念教育に力を入れた方が
やっぱり良いね。馬鹿な投票(特に国政選挙)には生理的嫌悪感を感じる
人々の割合を増やすしかない。

効果が現れるまで(約14年て所か・・・)国が持ちますように・・・。

43 ::02/10/10 22:01 ID:I6B1J9Yc
エリート政治とまでは言いませんが、利権政治脱却のための苦渋の選択と考えていただけるとよろしいと思います。
皆が個人的な利害よりも全体の利益を考えて投票するのがベストだと考えます。
その為には、一定以上の知識は欠かせないと思います。
また、地方自治に関してはその地方によって差があっても構わないと思います。
差のさを地方の特色として活性化の動力としてはいかがでしょうか?
しかし、投票権の有無で住民の権利義務を優遇したり、と、言うようなことは禁止します。
発見次第、その身は切腹お家は断絶となります。権利は義務付けるのです。

44 :段造:02/10/10 22:03 ID:KCLye1zr
>>38
すると今回ノーベル賞とったお二人は選挙権は無い、と。

45 :wΦ):02/10/10 22:04 ID:82kSwRsc
>>42
その通り。
「政治」に対する意識を高めていくことで、
某府がただ単に人気・知名度があるという理由だけで
セクハラ知事を選ぶといったようなことはなくなるだろう。
そのためには、まずマスコミから変えていくことが先決と思える。
マスコミは、視聴者に一様な情報を与えて思考停止状態にさせている。

46 :段造:02/10/10 22:07 ID:KCLye1zr
>>45
ネットの発達によって、そのマスコミの問題点もある程度払拭される
でしょうけど、それでもかなりの割合でどうしようもない選挙民が
出ることは防止できない、と思うけど。

47 :朝まで名無しさん:02/10/10 22:07 ID:I6B1J9Yc
被選挙権を資格化するのも良いですね、しかし、司法と立法が親密になりすぎる嫌いがあるので、参議院のみ被選挙権を資格化する程度にとどめておくのが良いでしょう。

48 :wΦ):02/10/10 22:08 ID:82kSwRsc
>>43
投票権の有無で住民の権利義務を優遇したり、と、言うようなことは禁止します

これは難しいな。
階級を作るわけだから、そこに差別が生まれることは避けられない。

確かに、全体の利益を考えて(つまり公共心を持って)投票するために
一定の知識も必要かもしれないが、
しっかりとした経験に基づいた判断をする庶民も絶対に必要である。
なぜなら、知識は物事の一面だけを取り出すものだが、
経験は総合的に捉えるものだからだ。
知識だけに頼ってしまっては、一面的なものの見方しか出来ない政治になりかねない。
イデオロギーに基づいて政治を行った北朝鮮や中国をかんがみてもらいたい。

49 :wΦ):02/10/10 22:10 ID:82kSwRsc
>>46
どうしようもない選挙民も含めて選挙なのだから、
そこは仕方が無いと思っている。
そういう選挙民を持ってしまったことは、そしてその影響が大きいものとなってしまっているということは
国家・社会の責任であるから。
そのようなどうしようもない選挙民を減らしたい、影響を抑えたいのであれば、
選別よりもそれを避けるような意識改革が必要では。

50 :朝まで名無しさん:02/10/10 22:17 ID:S0TBzWEy
選挙の度に思うのだが、
どこかに投票の切符を高く買ってくれる闇組織ってないの?
ちなみに、私は東京都民です。

51 :段造:02/10/10 22:19 ID:KCLye1zr
選挙民と被選挙民の資格云々いがいに、ゲリマンダリングを何とか
しないと。
民意を正確に反映するのであれば全国一区の完全比例代表制が良いんだ
ろうけど、それだとマスコミが今以上に力を持つ結果になるし。
何か良い案、無いかしら。

52 :朝まで名無しさん:02/10/10 22:21 ID:QPcP9kMR
>>1にはラエリアンのかほりが............

http://www.mugendo.co.jp/book.html

53 :朝まで名無しさん:02/10/10 22:22 ID:I6B1J9Yc
マスコミは所詮商人です。商売になれば偏った情報を流すのは仕方の無いことだと思います。
現在の有権者である20歳以上の人間の殆どが政治に関してあまりにも無知である事が最大の問題です。
無知は常に権力者に利用されます。権力に国民が利用されている現在の状況を打破すには、大人の再教育が必要です。
本来、マスメディアの担う分野ではありますが、現在の状況を見る限りは期待できません。
また、現在の状況を見ますと、知識のある人ほど政治的な力に期待を寄せてないという社会的な病理が存在します。
これらを解決するには、無知と選挙権を分化し一定の有資格者のみに与えることで、無知を選挙権から切り離すことが重要です。
これにより、国民の政治に対する関心が高まり、大人の再教育が果たせれば選挙権は自然と拡大して行くでしょう。
現在のような危機的状況を切り抜けるには、荷物をしょっていてはなりません。
一刻も早く政治と無知を切り離すべきです。

54 :wΦ):02/10/10 22:22 ID:82kSwRsc
>>50
あるんだろうけど、私は知らないですね。

55 :wΦ):02/10/10 22:23 ID:82kSwRsc
>>51
衆議院と参議院で、
全国一区か中・小選挙区制か分けるのが良いのでは、と。

56 :段造:02/10/10 22:25 ID:KCLye1zr
選挙民の教育、という点では一致しているみたいだけど、
それが一番難しいのでは。
英国だって、民主主義の歴史が尤も長い、と言われる英国だって
あの程度だし。

57 :wΦ):02/10/10 22:28 ID:82kSwRsc
>>53
なぜ、選挙権が一部の特権階級のものから全体へと拡大したか。
それは、社会が成熟し、教育が行き届いたからに他ならない。
よって、現状打開には有権者教育が必要であることは同意できる。
しかし、それが難しいからといって特権階級化することには抵抗を感じる。
人権云々の問題以前に、社会としての義務・責任の放棄を感じるからだ。
これまで自分たちの怠慢によって招いてしまった問題を、
その怠慢によって生み出された存在を切り離すことで解決しようなどとは、
社会責任的に許されないのではないだろうか。
20歳以上の国民全員に選挙権が与えられている現状の中での解決法を模索するべきである。

58 :朝まで名無しさん:02/10/10 22:29 ID:RG6FZUhz

その前に利権政治とは何?
政治というのはなんらかの利権を実現することではないのか?
すべての集団の利権を実現するわけにはいかんから
特定の集団の利権に偏るだけで

59 :しょけーにん( ̄Э ̄)【ぶぅーぶぅーぶぅー】:02/10/10 22:30 ID:KCLye1zr
ところでその選民に選ばれた議員様は
具体的にどんなコトやってくれると考えてるの?

60 :wΦ):02/10/10 22:31 ID:82kSwRsc
>>56
「大人の再教育」は非常に難しいだろうが、
子供のうちから教育していくのであれば難しい話ではないと思うが。
子供をしっかりと教育することが、ひいては大人の教育に繋がる。
よって、この問題は長期的な視点に立って行われる必要がある。
公民教育にもっと力を入れるべきだ。

61 :段造:02/10/10 22:38 ID:KCLye1zr
>>60
全くその通りですが、現実は逆に進んでいるような・・・。
子供の教育→民主主義の成熟、完成
が理想だけれど、おそらくそうならない。この点については悲観的。
人間がそんなに賢ければ、社会主義だって成功したのではないか。

62 :朝まで名無しさん:02/10/10 22:44 ID:I6B1J9Yc
>>57 選挙権が拡大したのは教育が行き届いたからではなく、戦争の形態が変化したからです。
家内制手工業から工場での大量生産に移り、武器、弾薬が大量に生産可能になった為、兵士が不足したからです。
それまでは特権階級は戦争に従事する身分であったので選挙権が認められていたのですが、動因可能な兵士が増えるにつれ、
納税額で選挙権が認められるようになり、さらに生産力が高まり、国民皆兵が可能となり、普通選挙が実現したのです。
第一次世界大戦から、第二次世界大戦にかけての時期に選挙権が世界各国で選挙権が拡大していったのはそういう理由です。
教育や公衆衛生、福祉などが実現したのは少なくともニューディール以降の話です。


63 :wΦ):02/10/10 22:45 ID:82kSwRsc
>>61
私もわかっている。
しかし、それをやらねばならない。
社会がやらないのなら、現在子供を教える立場にある人間が、
親が、やらねばならない。
そして、そうやって教育された子供が社会を形成する。
その上で社会が徐々に変わっていく。
時間はかかるかもしれないが・・・。
しかし、理想は持っておきたい。
まずは、自分から変えていくことだと思う。

64 :1です:02/10/10 22:47 ID:I6B1J9Yc
私は国民の権利を奪おうというのではなく、ばら撒かれた選挙権を一度集めなおそうといっているのです。
国民の再教育が進んで選挙民が増えることまでは反対致しません。

65 :wΦ):02/10/10 22:50 ID:82kSwRsc
>>62
知識不足によって間違った前提に立っていた。申し訳ない。
しかし、貴方の理屈からすれば、
選挙権とは責任に付随して拡大したと考えて良いように思える。
では、問いたいのだが、社会に対して責任を持つ人間が選挙権を持つに足るのならば、
選挙権を持たない人間に、社会として責任を求めることは出来なくなるのではないか?
そのような社会が質の高いものであるとは思えないのだが。

66 :段造:02/10/10 22:50 ID:KCLye1zr
wΦ)さんは確かにそういう立場にあるね。
諦めずに努力すれば、もしかしたら民主主義ではない、もっと優れた
制度を産むかもしれないし。

67 :朝まで名無しさん:02/10/10 22:54 ID:I6B1J9Yc
>>59 議員様とは呼びません。議員はタダバカみたいに国民の利益だけを追求して行けばよいのです。
無駄な公共事業さえ行なわなければ、彼らに優秀な政策担当秘書を多数つけることが出来ます。
そうすれば、現在のようなキャリア官僚頼みの立法は減り、議員が徒党を組むことも少なくなるでしょう。


68 :wΦ):02/10/10 22:56 ID:82kSwRsc
>>64
集めなおすとは?
もう一度「選挙権」という存在について認識しなおすということ?

69 :朝まで名無しさん:02/10/10 22:58 ID:I6B1J9Yc
>>65はい、国政に関しては求めません。しかし、一方で広報を通じて選挙権の自主的な拡大を促します。
国民ぎ自主的に学ぶのが理想です。


70 :wΦ):02/10/10 22:58 ID:82kSwRsc
>>66
問題が発生しているから、それをとってしまえばいい、という考え方は
退歩だと思うわけですよ。
選挙に問題がある。それは選挙民が無知だからだ。ならば、その無知を排除すれば良い。
という考え方では、たんなる護岸工事に過ぎないだろうと。

71 :朝まで名無しさん:02/10/10 23:00 ID:I6B1J9Yc
>>68一度選挙権を停止し、試験によって再配分するのです。但し、試験は年数回定期的に行ないます。


72 :しょけーにん( ̄Э ̄)【ぶぅーぶぅーぶぅー】:02/10/10 23:06 ID:KCLye1zr
その資格って更新とかはどうなってんの?

73 :wΦ):02/10/10 23:07 ID:82kSwRsc
>>69
しかし、国政に関して求めないとはいえ、
社会生活を営み、労働し、子供を育て、教育し、納税するうえで、
どうしても国政に関わってしまう。
社会に対して、生活を営むだけで義務を果たしているといえる。
この辺に関してはどう理屈をつけるつもりか?

また、学ぶことで選挙権が得られることにしてしまうと、つまり資格制にすると、
有権者が一様化して、結果として全体主義に繋がる危険は無いだろうか。
この辺に関しても説明を願いたい。

74 :wΦ):02/10/10 23:08 ID:82kSwRsc
>>71
して、その試験の基準は?
場合によっては全体主義に繋がりかねない。

75 :電波5号:02/10/10 23:09 ID:x/42DO7d
精神障害者の方なんかは選挙権無かったりするんでしょうか?

76 :電波5号:02/10/10 23:10 ID:x/42DO7d
教育を受けられなかった者には選挙権を与えないというのも問題がありますよね

77 :wΦ):02/10/10 23:12 ID:82kSwRsc
>>75
さぁ、分からないですね。
しかし、重度であれば隔離されているため
選挙権は無いに等しいでしょう。
また、精神障害を持っている方々は割合的に少ないため、
選挙権を持っても大勢に影響しないため、問題ないと思われます。

78 :朝まで名無しさん:02/10/10 23:14 ID:+8fQVAC3
選挙権を販売制にすればいいかと。
そうすれば、選挙の度に使われる無駄な国費
(投票所に足を運ばない奴ら。もっと言えば選挙があること
自体知らないやつら)も節約になって一石二鳥。

特に何もしないのにグダグダ生きていれば、そのうち
選挙権がもらえるってことがおかしいんじゃないかな。
金がかかれば、それなりに真剣にもなるだろうし。
自分で何かを変えようという意識がないヤツ、変えられる可能性を
持っているのにそのことに無関心なヤツに選挙権は無駄の極みだと思う。


79 :wΦ):02/10/10 23:14 ID:82kSwRsc
>>76
教育を受けていなくとも、その経験の豊富さから
しっかりとした意見や、理念を持って行動できる人はたくさんいる。
試験によって、つまり政治に参加できるだけの知識があるかどうかで
選挙権を与える・与え内を決めてしまっては、彼らのような「市井の賢人」の
存在を無視することとなる。それは社会にとって不利益である。
また、知識の有無のよって選別しないことにしても難しい。
個人の理念や考え方に優劣は付けられないからだ。
それは全体主義・選民思想というものだろう。

80 :wΦ):02/10/10 23:16 ID:82kSwRsc
>>78
それは明治時代に納税額によって選挙権の有無を決めていたことと同じ。
金持ちであれば選挙権が持てることになってしまう。
そして、金持ちであれば政治に関心があり、しっかりとした考えを持っているのかといえば、
それは必ずしもそうではない。

81 :朝まで名無しさん:02/10/10 23:17 ID:1csy9Stf
基本的には最初は全員に選挙権を与えて、どんどん剥奪すればいい。
年金保険料滞納、税の申告漏れ、交通違反、大学で留年、無職期間3ヶ月以上、
タバコのポイ捨て、etc.

そうすればたいていのDQNは排除できる。

82 :朝まで名無しさん:02/10/10 23:17 ID:I6B1J9Yc
基準は難しいね、更新は当然あります。一度通れば・・・というのでは意味がありません。
>>76教育を受けられなかった人にこそ興味を持って勉強をして欲しいのです。

83 :朝まで名無しさん:02/10/10 23:19 ID:1csy9Stf
ちなみに重要なのは、一回でも正当な理由無く投票をサボったやつは
永久に選挙権を剥奪すること。

84 :wΦ):02/10/10 23:20 ID:82kSwRsc
>>81
剥奪制にすると、政府の意向によって、剥奪者続出、
結果として独裁政治に、っていうパターンになりかねないが。


85 :朝まで名無しさん:02/10/10 23:21 ID:I6B1J9Yc
>>81 それこそ全体主義に直結してしまいますよ。(w

86 :電波5号:02/10/10 23:22 ID:x/42DO7d
>>79
しかし、投票するその選挙がどのようなシステムになっているかどうかのテストはあってもいい気もする。
訳が分からず投票するというのは意味がないからね。
学力のテストではなくて、その投票がどういった意味合いのものかどうかの理解度のテストは必要な気もしてきた。

経済力や学力によって権利を左右されることは、差別そのものでしょうけど
複雑化して変化し続ける選挙システムにおいて、投票する際にその選挙の意味する事がなんなのか、何の投票なのかを理解しているのかどうかのテストを投票と同時に、あるいは事前に調べて、勘違いなど無理解による投票は無効としてもいいだろう。

87 :朝まで名無しさん:02/10/10 23:23 ID:bVS+ViAp
まずは、棄権した人はその後2回くらい選挙権剥奪にしてはどうでしょうか。
>>83 の言う永久剥奪は極端すぎるので、再起の機会は残しましょう。

88 :朝まで名無しさん:02/10/10 23:24 ID:1csy9Stf
それに、憲法うんぬんの知識は、むしろ選挙される側にまず
問うのが急務。どんなに最低限にしても、中堅大学法学部の
定期試験くらいのテストに受からない奴は
国政選挙に立候補させるべきではない。

アホなスポーツ選手や吉本出身などこれだけで一掃できる。

89 :朝まで名無しさん:02/10/10 23:24 ID:I6B1J9Yc
やはり、最初は議席の一万倍位の人数に有権者を納めたいですね。それでも多いかも知れません。
少なすぎても皆が諦めてしまうし、多すぎればあまり意味がなくなってしまう。非常に難しい。

90 :wΦ):02/10/10 23:24 ID:82kSwRsc
>>86
その通り。無理解に投票してもらっても困る。
ただし、それを試験によって問う以前に、
それを社会がしっかりと説明していく義務を果たさなければならない。
いまの選挙民の意識の低さも、
全ては社会が彼らに対する説明・教育義務を怠っていることが原因に思えてならない。
そこを何とかしなければ、いくら護岸工事をしても無駄だろう。

91 :wΦ):02/10/10 23:25 ID:82kSwRsc
さて、議論の途中で抜けるのも心苦しいですが、
出かけなければなりません。ミーティングがあるので。
失礼。
あとでまたログを見せていただきます。

92 :電波5号:02/10/10 23:30 ID:x/42DO7d
あくまでも、その投票する選挙システムについての理解をしているかどうかのテストであれば問題はないだろう。
テストがあるということで理解を高めるという効果も現れよう。
その選挙システムに直接関係しないところの知識について、高度な理解を要求してはいけない。
最低限の理解を要求して、その知識は国民全員が無償で得られるとしておかなければならないだろう。

選挙に参加しなかった場合のペナルティーなども用意すべきかもしれない。

93 ::02/10/10 23:42 ID:I6B1J9Yc
残念ながら私も落ちです。意外と反響が有り、議論が出来たことを感謝します。

94 ::02/10/11 07:50 ID:n2vetqAV
昔、バークという人は小選挙区の選挙で、
「お前らが俺に投票をしても、俺は投票した人間のみを代表するのではない。投票しなかった人間も代表する。そして、この選挙区の代表として議会へ行くのではなく、国民を代表するのだ。それでもよければ俺に投票してくれ。」と演説し当選しました。
つまり、誰が選ぼうと代議士は常に国民を代表しているといったのである。投票権は国民全員には必要ないのです。


95 :朝まで名無しさん:02/10/11 09:36 ID:yodYbD2f
>>51
一票の格差信仰を捨てればよい

96 :朝まで名無しさん:02/10/11 09:47 ID:n2vetqAV
一票の格差をむしる・・・オフサイドルールの無いサッカーを見たいと思いますか?
>>95

97 :朝まで名無しさん:02/10/11 09:50 ID:n2vetqAV
訂正、>>96 むしる× 無視する○ 
むしってもしょうがないですな。

98 :朝まで名無しさん:02/10/11 10:00 ID:U1xWeSAG
>>88
私もこの方の見解に賛成です。車でも試験に受からなければ運転できない
時代に、国政を預かる人間が無資格でいいわけはありません。
立候補希望者には一定の知識と問題解決能力が問われるべきだと私は思います。
少なくとも精神鑑定ぐらいは受けて欲しいものです。

99 ::02/10/11 10:05 ID:n2vetqAV
それはつまり、私に選挙権を与えないということですね。まあいいでしょう、地方の精神鑑定は出張鑑定団お願いしましょう。


100 :朝まで名無しさん:02/10/11 10:10 ID:+B4aUQUL
>>88
経済畑の連中が文句言うぞ。
あと、国際情勢や時事問題も欠かせないな。

101 :朝まで名無しさん:02/10/11 10:18 ID:n2vetqAV
>>88国政の中にはスポーツの振興もふくまれますしね

102 :朝まで名無しさん:02/10/11 12:12 ID:yodYbD2f
>>96
無視するとは言っていない。
格差無しを目指さず、2〜3倍までは許容しろという事。
無理に徹底しようとするからいびつになる。

オフサイドだって、サッカーの歴史の中でどんどん規制が緩くなっただろ。昔は前にパス出したら駄目だったんだよ。

103 :wΦ):02/10/11 13:06 ID:c9f4lLLz
>>94
論理展開が不十分だな。

104 :wΦ):02/10/11 13:08 ID:c9f4lLLz
>>100
法律知識だけが必要ではない以上、
多面的に立候補者の適性を測る必要がある。
しかし、それには人格云々の話も絡んでいるため無理ではないだろうか。
確かに、心情的には立候補者を選別したいところだが、
現実的ではない。

105 :朝まで名無しさん:02/10/11 13:55 ID:zOq/pWV8
大宮市亡命市役所
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/3440/index.html

106 :朝まで名無しさん:02/10/11 16:01 ID:IO0A0sDz
>>96 確か前回の選挙の時は1,99倍くらいだったと思う。2.6倍位だと違憲ですね。

107 :朝まで名無しさん:02/10/11 16:11 ID:uq6Q3Pv+
【売国政党】 社民党が総力をあげて朝鮮総連を擁護
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/giin/1008246776/-100

108 :朝まで名無しさん:02/10/11 16:45 ID:IO0A0sDz
>>94の続き  これが、国民代表原理の起源であるといわれています。つまり、国民代表原理が代議制には認められるので、何人の支持であっても、当選した議員は常に全国民を代表しているのです。
このように考えますと、全国民に投票権を与えるのは予算の面から合理的であるとは言えなくなります。
よって、少数の人間のみが選挙権を有するのが合理的であると考えることが出来るのです。

109 :_:02/10/14 15:24 ID:92ole016
法の下の平等、は、「チャンスの平等」でさえあれば問題ないだろうな。

選挙権が欲しければ勉強しろ、と。

110 :朝まで名無しさん:02/10/20 11:32 ID:UMmRcSIE
やっぱり選挙制度の問題だと思う。
単純小選挙区・初回50%以上の得票が無ければ、1位2位の決選投票。
この制度は特定勢力の利益を擁護する者には受け入れがたいだろう。

“少数意見の尊重”の美名に隠れて、利権の獲得・擁護をする人は政治の世界から排除される。
又政権党が失政をすれば、政権交代という事になる。
今議員になっている一部の人には厳しい制度だが、国権の最高機関としては当然のことだ。
日本国憲法の“正当に選挙された国会における代表者”を選ぶのは、自立した個人だ。

111 :朝まで名無しさん:02/10/20 12:18 ID:as6V6wrZ
>選挙制度や憲法もわからない奴に…(>>1)

選挙はそれらを変える事もできる。
科挙でもあるまいし、どんな試験をしても落ちた奴は黙っていない。
ガス抜きの為にも、普通選挙でなければならない。

112 :朝まで名無しさん:02/10/20 12:21 ID:hUCg0CVC
コテハン人気投票
http://curoco.com/2chvote/vote700/tvote.cgi?event=news2

投票せよ

113 :朝まで名無しさん:02/10/20 13:07 ID:2smFOeoF
>>110の小選挙区の決選投票制にすると、既存の政党に有利に働きすぎるよ。
民主と、自民の二大政党制になるんじゃないかな。結果、二大政党の馴れ合い政治になるんじゃないかな。
アメリカみたいに。政策論争なんて、まず行なわないだろうな。政策によっては政権交代がおきかねない、という、緊張感が必要だよ。

114 :110:02/10/21 13:58 ID:sKzzuUyG
>>113
小さな政党がキャスティングボートを握って、大政策が実行できないよりは良いと思うんだが。
二大政党が馴れ合えば、第三の政党が勢力を得て旧勢力と政権を争うことになる。
それより今、目に余るのは、特定の政治勢力の支持で議席を得ている政党だ。

はっきり言おう。
 部落解放同盟・極左派労働組合 ⇒ 社民党(票にはならないが運動員として朝鮮総連)
 創価学会 ⇒ 公明党
 民主○○会 ⇒ 共産党   ○○は“商工”“青年同盟”etc

これらの組織には、警察も無力だ。まして市井に生きる者は批判すらできない。

115 :朝まで名無しさん:02/10/21 14:00 ID:msVjgH3q
10年間、一度も投票いったことない。



116 : ◆u2YjtUz8MU :02/10/21 14:11 ID:XfotHafc
前にも書いたけど
アフガニスタンには車を運転する自由がなかったのだが
車を運転する自由というのは、だれでも無免許で運転できる事ではない
職業選択の自由もなかったのだが、その自由というのは誰でもアフガニスタンの大統領になれると言う事ではない

能力のあるものに権利を限定する事は、自由を奪う事ではない

117 :朝まで名無しさん:02/10/21 14:25 ID:xxAuBbxX
>>114それ以外に第三の政党って?
小選挙区制で、一度二大政党制になってしまうと第三の政党の出現って困難になるんじゃない?
宣伝費用が全然違うから小選挙区で議席を取るのは困難じゃない。
やっぱり、投票所と国会はバカ進入禁止が手っ取り早いよ。予算も掛かんなくなるし。

118 :朝まで名無しさん:02/10/21 16:07 ID:2pW6WS+S
>投票所と国会はバカ進入禁止・・・
            ━━
@誰が選ぶの?
A何を基準に?
B正当性はどうして担保するの?

共産党一党独裁の国と同じになるよ。

119 :朝まで名無しさん:02/10/21 16:14 ID:xxAuBbxX
1、試験によって選考(内閣府あたりかな) 2、公務員試験のレベルで 3、機会の平等がある

120 :朝まで名無しさん:02/10/21 16:19 ID:iktkLFk+
>>1
逝ってヨシ

お前に対する選挙権が一番無駄

121 :朝まで名無しさん:02/10/21 16:24 ID:3qqmelVA
簡単なのは公務員、年金受給者、生活保護受給者及び雇用保険受給者の選挙権を停止すること。

これでかなり変わるよ

122 :朝まで名無しさん:02/10/21 16:41 ID:iPiS6Tak
前科者も一定期間は選挙権停止だな。
フリーターの選挙権はどうするよ?

123 :朝まで名無しさん:02/10/21 16:48 ID:xxAuBbxX
サラリーマンの妻も選挙権停止だな

124 :朝まで名無しさん:02/10/22 11:06 ID:4lRfh1Yn
『日本国籍を有する全ての成人による秘密投票での普通選挙』
 注)裁判により公民権を停止されている者を除く。

これって理想の政治から見れば、最悪の部類だろ。
出来が悪いから重々しく“民主政治の根幹”などと言う。

でも、ここに出てきたどの案よりましだよ。

125 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/22 11:10 ID:7Ids7VLR
ベターに安寧するよりもベストへの道を模索するのに意味が有るよー。
こう言う形で討論して道を模索する事はよい事だよ。

投票率が低いから云々と良く言うが、投票に行かざる負えない様な
問い掛けを国民にして来たか?と小一時間。

126 :朝まで名無しさん:02/10/22 11:53 ID:u1yt4qg5
衆議院は、単純小選挙区、決選投票方式とする。
参議院は、全国を一選挙区とする比例選挙とする。
       各党派の当選人数はドント方式で決める。
       順位は拘束名簿でなく、個人得票数で決める。
憲法第五十九条の参議院の議決猶予期間は、予算案と同じ30日とする。
先議権は憲法改正案を除き、衆議院に限定する。
当初から衆議院において3分の2以上の賛成を得た条約案、法案は参議院に送らない。

127 :朝まで名無しさん:02/10/22 11:59 ID:4080Lzuy
>>126
>当初から衆議院において3分の2以上の賛成を得た条約案、法案は参議院に送らない。

この部分には激しく反対いたします。
悪法をのさばらせないための防波堤は出来るだけ確保するべき。

128 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/22 12:08 ID:7Ids7VLR
>順位は拘束名簿でなく、個人得票数で決める
この部分には禿げ同。

129 :朝まで名無しさん:02/10/22 12:17 ID:AfqJ60Tw
自民意外を指示するヤシは選挙権はく奪。

130 :朝まで名無しさん:02/10/22 12:18 ID:u1yt4qg5
大部分(9割位)の法案は、与野党一致で可決されているいだよ。
形式的な審議は要らないと思うのだけど。
参議院の方々には、日常の煩瑣な仕事を減らし、憲法等をじっくり考えてもらいたいのだが。
六年の身分保証をされているのも、その為だろう。

131 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/22 12:19 ID:7Ids7VLR
>>129
其の自民も内部で右派左派に別れてるんやけど…
デフレマンセーも居たら、インタゲ万歳派も居るし
構造改革としか叫ばない馬鹿も居る。
コップ割れよと小…以下略

132 :朝まで名無しさん:02/10/22 12:21 ID:u1yt4qg5
誤記訂正 >>130  可決されているいだよ。→ 可決されているんだよ。

133 :朝まで名無しさん:02/10/22 12:21 ID:4080Lzuy
>>129
今どき自民を支持する者の方が選挙権をはく奪されるべき。

134 :朝まで名無しさん:02/10/22 12:23 ID:sR/kp0kV
>>126 完璧に賛成。

135 :朝まで名無しさん:02/10/22 12:24 ID:+Udruj4K
>>129
>>133
共産も社民も民主も・・・とやっていると大半の人は剥奪されちゃうようなw


136 :朝まで名無しさん:02/10/22 12:27 ID:4080Lzuy
>>134
最後の行だけは絶対に賛成できん。>>129


137 :朝まで名無しさん:02/10/22 12:30 ID:4080Lzuy
>>134
訂正、最後の行だけは絶対に賛成できん。>>126





138 :朝まで名無しさん:02/10/22 12:34 ID:4080Lzuy
>>135
これからは無党派だ!!
民主には政権取れる程に育ってほしいし
共産も有能な野党としてある程度は支持されて良いと思うが。

139 :朝まで名無しさん:02/10/22 12:35 ID:sR/kp0kV
そんなにシビアなもんですか? >>137

140 :朝まで名無しさん:02/10/22 12:37 ID:4080Lzuy
だいたい自民なんて議席では過半数取っていても
実際に投票しているのは国民の1/5程度だからね。

141 :朝まで名無しさん:02/10/22 12:41 ID:4080Lzuy
投票率を上げるために無投票者には罰則付けるのどうよ?

142 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/22 12:44 ID:7Ids7VLR
>>141
質の問題なので水増ししても意味無いんだなー。
無理に上げてもマスコミに煽動される様な層なら如何しようも無くなるよー。

143 :朝まで名無しさん:02/10/22 12:48 ID:4080Lzuy
>>142
投票の意味について考えてくれる人が少しでも増えればいい。

144 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/22 12:53 ID:7Ids7VLR
>>143
その点では絶望してる。
奴等は考えない、顧みない、考証もしない。
「面倒臭い行事が一個増えた」程度でしょ。
まるで免許の更新が近づいた様に。

145 :朝まで名無しさん:02/10/22 12:59 ID:sR/kp0kV
ちゃんと投票に行くやつだって、意味を考えていないのは身近にいるし。

146 :朝まで名無しさん:02/10/22 13:07 ID:WztnWg21
>>142
ただな、2ちゃん見てると「よく考えてる奴等」って言うのも流されやすいんだよね。
俺もそうだが、後五年くらいしてから今を振り返れば、あのころの嫌韓は
行き過ぎだったなと感じるんじゃないか。

147 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/22 13:18 ID:7Ids7VLR
>>146
投票は一回きりじゃないから良いよ。
経験して繋げて考えて熟成して行くなら
「流された」自分を自戒する事も容易でしょ。

タチ悪いのは流された自分を認識できない手合い。

148 :朝まで名無しさん:02/10/22 13:22 ID:b5q6WJZg
>>138
俺は民主党にはもはや諦めたよ。
自民党にいつでも取って代わることができる状態なのに、
いつまでたってもロクなことしない・・・・。
共産党は名野党だよね、与党になられると困るけど。

149 :朝まで名無しさん:02/10/22 13:31 ID:Xfd3gige
割り込みゴメン

>>126 最終行改訂
当初から衆議院において3分の2以上の賛成を得た条約案、法案は参議院に送らない。
に但し書きをつけるてみました。

但し参議院において、送付要求が過半数で議決されたときはこの限りではない。

150 : ◆u2YjtUz8MU :02/10/22 13:35 ID:rNxhw+5Q
>>126
>先議権は憲法改正案を除き、衆議院に限定する。
>当初から衆議院において3分の2以上の賛成を得た条約案、法案は参議院に送らない。
「議論」というものの意義を完全に無視している。
話にならない

151 :朝まで名無しさん:02/10/22 13:41 ID:Xfd3gige
>>148 >共産党は名野党だよね、与党になられると困るけど。
ハゲ同 昔の話だけど、「うどんに掛ける七味唐辛子のような物だ」と言った人がいるよ。
無いと味が引き締まらない。しかしそれだけでは食べようがない。

152 :朝まで名無しさん:02/10/22 13:45 ID:b5q6WJZg
>>151
なるほど、うまい解釈だ。

153 :朝まで名無しさん:02/10/22 13:50 ID:Xfd3gige
>>150
選挙の為の出来レースで、必要な事が後手後手にまわるよりは良いだろう。
本来参議院に期待されているのは“良識“だと思う。
党議拘束を掛けて、賛成、反対の議論をしていてもしかたがない。

154 :朝まで名無しさん:02/10/22 13:59 ID:SQiXi0RW
いいじゃねーか。
選挙行かねーのは政治不信じゃなくて
なんだかんだ現状に満足してるから。

155 :♯♯:02/10/22 14:30 ID:rNxhw+5Q
>>153
良識が必要だからこそ、結果が見えていても良識による議論をしてもらう必要がある。
異なるグループで2度の議論をする事で1回目での見落としを防ぎ、新たな観点での修正などをする事ができる。
>>126の案は、参議院の良識の府としての役割をますます奪うものだ。矛盾している。


156 :朝まで名無しさん:02/10/22 15:00 ID:5kaNkQ5U
>>155
>>149の但し書きを付けてもダメかな?
これで議員、内閣とも時間的余裕が出来る。←すべき事は山ほどあるんだから。
又、現状を見れば、参議院が良識の府として機能していない事は了解してもらえるだろ。

157 :朝まで名無しさん:02/10/22 15:19 ID:UvI7GvtK
資格にしたら層化が天下を取るな

158 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/22 15:25 ID:7Ids7VLR
>>157
それが恐怖に感じるなら皆鍛錬に励むだろうさ。
できぬなら其れまでの国だったて事。

159 : :02/10/22 15:26 ID:2h3vZiH/
>>1
制限選挙にするの? 普通選挙制は廃止か?

160 :♯♯:02/10/22 18:09 ID:rNxhw+5Q
>>156

「議論を繰り返す事で、正しい結論に近づく」という、議会政治の基本中の基本を守っていないわけだから
議員に良識があるなら、どんな法律も100%、送付要求は可決されるだろう。

>これで議員、内閣とも時間的余裕が出来る。
それは、外国の議会みたいに、議論に参加する必要のない議員は休めばよいだけの話
アメリカやイギリスでは、採決の時以外は議場はガラガラだよ。
なにも、議論したい人まで黙らせる必要はない。

>又、現状を見れば、参議院が良識の府として機能していない事は了解してもらえるだろ。
機能していないなら、廃止するか、機能させる努力をするべきだろう。
俺は、今のイギリスの貴族院の形式を取り入れて、参議院からかつての貴族院に戻すべきだと思う

161 :♯♯:02/10/22 18:10 ID:rNxhw+5Q
>>159
資格化しても、一応普通選挙に該当する

162 :朝まで名無しさん:02/10/22 18:17 ID:qrm8g87u
?今も資格が必要だろ?

163 ::02/10/22 22:30 ID:kC3v9gzH
>>142 素晴らしい、そう、その他人指向的な人達を選挙から除外するのが目的だ。
一定水準以上の教養を持った人間にだけ、選挙権を持たせ、無教養な人たちを政治の世界から排除したいのです。
恐らく、現在、政治的無関心に陥っている、人たちが選挙民の中心に来るはずです。

164 :朝まで名無しさん:02/10/22 22:46 ID:WXfsYmDN
1の>>163とは関係ないが、今までの話の続きとして

>>160
英国は貴族制度が成功した数少ない国だろ。← この事は余り語られない。
                                歴史の積み重ねによる物で一朝一夕には出来ない。
貴族制度を今の日本に適用するには無理が多すぎる。←“誰がどうして”と言うの所で、
                                     普通選挙以外に選択肢が無い。
過半数で審議権を確保できる制度なら何も問題は無い。←選択的に重要法案を審議できる方が良い。
誰もが賛成する案件に時間や労力を掛けることはない。←90%は誰も異議を唱えない案件だよ。

165 :朝まで名無しさん:02/10/22 23:36 ID:ux9AJzwx
“1”さんも面白いテーマを持ち出したね。
>無駄に増えすぎた有権者を減らしましょう。
と言う発想はそうそう思いつくものでは無いな。

でも実現しようとすれば情報面だけでも、この程度の事をしないと暴動を押さえられないよ。
@新聞社・テレビ局・ラジオ局には武装した政治将校を常駐させ、検閲を徹底する。
  生中継はこれを禁止する。
A電気通信事業者には全ての通信を傍受しそれを保存する事を義務づける。
Bコピー機、印刷機は登録制にする。使用履歴を作成し保存する事を義務づける。
Cインターネットの利用は免許制にし政治犯又はそうなる可能性を否定できない者
  には免許を与えない。64kbps以上の速度で使用する事は禁止する。
  接続事業者には通信を傍受しそれを保存する事を義務づける。
D3人以上の集会は事前に許可を得ること。会話は録音し提出する。
E郵便は葉書以外の物は取り扱ってはならない。

166 :朝まで名無しさん:02/10/22 23:43 ID:WBptRitp

とりあえず、選挙権は東大卒業のエリートだけにしようぜ!!
>1も賛同してくれるだろ?


167 :朝まで名無しさん:02/10/23 00:01 ID:CWlHOMeM
選挙権の無い者は、納税の義務も無いことにしよう。
所得税以外でもかなりの額になるぜ。
酒は半値で 煙草は3分の1 温泉も安くなるんだ 当然5%は払わない

168 ::02/10/23 00:06 ID:L/aGMps8
>>166 俺は、東大卒どころか高卒だ。しかし、東大卒ではなく、東大卒程度ということであれば構わないよ。
>>165 別に殺さないよ、試験で絞るだけだよ。


169 ::02/10/23 00:09 ID:L/aGMps8
>>167 貧富の差がものすごく大きくなるが、良いか?


170 :♯♯:02/10/23 00:10 ID:qhMlZ7XK
>>164
貴族制度ではなくて貴族「院」制度ね
自由党も同じような事をいってるけど、今のイギリスの一代貴族制のように、
国家に功労のあった者、ノーベル賞受賞者のような学術に見識のある者
大企業の社長だったような者、衆議院の多回数当選者等
これらを集めて終身の議員にして、参議院で議論させると。
このあたりの人間の共通点としては、生前に勲章をもらい、死後には「正四位」なんて位をもらってるわけだから
貴族として集めるのが簡単だろう
戦前の貴族院もそんな感じだったわけだし、喜んで成ってくれるでしょ。

衆議院にとは逆で、選挙のない様々な専門家の集団がマターリ議論すれば面白いと思うし、
衆議院の定年なんて決めなくても、年寄りには貴族院に行ってもらえばいい(これも今のイギリスがそう。サッチャーなどは貴族院議員)
決して衆議院のカーボンコピーではなくなる。

>誰もが賛成する案件に時間や労力を掛けることはない。
それでも議論するのが議会政治の基本だと思うよ

171 :>167:02/10/23 00:12 ID:OLl9n29w
そうなったら俺選挙権いらねー

172 :朝まで名無しさん:02/10/23 00:13 ID:CWlHOMeM
>>168 1さん
殺さないから暴動が起こるんだよ
「氏ね 蛆虫ども!」とやらないと自分が血祭りにされるよ

173 ::02/10/23 00:22 ID:L/aGMps8
>>172 憲法に乗っ取った理論なので大きな暴動は起きないと思うよ。
今の人間は政治にそれほど興味が無いだろうし。
ほかに楽しいことが幾らでもあるから気にしないんじゃないかな?
暴徒は鎮圧して、牢屋の中でお勉強させて有権者にする。それで減っていくはずだ。

174 :朝まで名無しさん:02/10/23 00:24 ID:CWlHOMeM
>>169 :1さん
選挙権を取り上げるみかえりとしては安い物だ。

  ボストンティーパーティ

175 :朝まで名無しさん:02/10/23 00:37 ID:/VSh9YEr
免許制にして、義務教育で免許取得を義務付けろ。


176 :朝まで名無しさん:02/10/23 00:43 ID:ec9ueBrR
>>165
それを一名「戒厳令」と言う

177 ::02/10/23 00:52 ID:L/aGMps8
>>170 イギリスの貴族院をモデルにするのであれば、被選挙人を試験にかけるのは反対ではないのだな?
終身議員はだめだ、多少ぼけても資格がなくならない、ぼけたら有識者の意味が無い。
自由主義体制下のイギリスの議会に対する不満というのは、充分な議論はされていたがそれ以前に予定調和が有ったからだ。
議会の中心がブルジョアだったから、互いの利益保護を前提に議論がされてたんだ。
だから、利害の対立はなく、結果ブルジョアだけが勝者になった。同一の階級同士に議論をさせてもあまり意味が無い。
大企業の・・・・以下省略  には反対だ。
>>174 ボストンティーパーィーって何 暴動が起きたのか?原因は何だ


178 :174:02/10/23 09:17 ID:EQ5Zq88Q
>>177
英国から独立して、アメリカ合衆国が出来たんだよ!

179 :朝まで名無しさん:02/10/23 09:23 ID:EQ5Zq88Q
ボストン茶会事件 「代表なければ課税なし」

180 :朝まで名無しさん:02/10/23 09:26 ID:90pXMa5l
179 178ありがとう。

181 :朝まで名無しさん:02/10/23 09:28 ID:8PkZ5Po9
一度出馬した選挙区からは二度と出馬できない制度にすれば地元への利益誘導が多少は減るんじゃないかな

182 :朝まで名無しさん:02/10/23 11:58 ID:4VkasV83
>>181
次に出る選挙区に利益誘導する。
手口が陰湿になるだけ。

その上組織政党が有利になり過ぎる。
議長や会長の号令で、一斉に同じ事をする政党がこれ以上増えるのは嫌だよ。

183 :朝まで名無しさん:02/10/23 12:06 ID:6T3ONa9Z

やるならば、選挙権を無くすのではなくて、
選挙権に差を付けると言うカタチはどうだろう。
今でも1票格差は存在するわけで、これを逆に利用する。

たとえば、一般市民を選挙権1票とすると、知識層には2票、高額納税者も2票、
公務員などにも差を付ければ良いのかも知れない。


まぁ、この時点で憲法違反であるのは否めないが。

184 :朝まで名無しさん:02/10/23 12:08 ID:kZT0zrf1
要するに、 >1は 選挙権なんか欲しくないってことでつね。

185 :朝まで名無しさん:02/10/23 12:24 ID:fH7Xynkh
資格化よりも、資格を持った選挙人を選ぶ間接選挙にすれば?
選挙人はかなり高度な諸学問全般に渡る試験を受けて
例えば飛びぬけてある分野の見識を持つにしろ、全て水準以上であるにしろ
自分が知識人であることを示す。
なおかつ特定宗教組織、過激派組織に所属していないことを厳しく身辺調査される。
そして、そういう資格をもった人に被選挙権を与えて
たとえば、極小選挙区制にして(当選ライン約千票くらいの)
選出された約十万人が国会議員を選ぶ。

これなら有権者は一票の重みを知るし、
一過性のブームで浮動票が行ったり来たりする事もなくなる。
有識者を媒介するから浪花節や利権誘導も通用しない。
しかも組織表頼みの選挙もしづらい。

でもこの場合国会議員も資格化すべきかも

こんなのドウデスカ?

186 :朝まで名無しさん:02/10/23 12:48 ID:hu4n5CZK
>>170
三権分立のうえに天皇まで安全装置とかいって盲腸みたいにあるのに、
立法府を細分化してブレをなくそうというのは意味なし。
現代の議論はもう議場で行ってはいない。マスコミやネットで十分。
あと議員の絶対数が多すぎると思う。今の1/3にしてブレーンの手当てに
まわすべき。

187 : :02/10/23 13:11 ID:lnIDjnR/
・試験では「知識」しか測れない。物の考え方を知らないガリ勉くんや、お勉強会で知識をつけた学会員のおばさんたちは受かるだろうし、見識があってもリーマンは落ちたりする。

・かりに見識まで含めた広義の「良民度(w)」を測れる試験があったとして、上位何%に選挙権を与えるのか。 20%? 80%? その根拠は?

・選挙権を奪われた奴らはまず絶対納得しない。「あんな偏った試験でこの俺から権利を奪うなんて!こんな国はダメだ!」とか言って何をやらかすか分からん。

・有権者に偏りが生まれ、それがそのまま政治の偏りに繋がる。低所得者の多数が剥奪されたら「所得税累進性緩和」とかがすぐに出てくるだろうし、老人がたくさん受かったら環境政策そっちのけで福祉に税金つかいまくったりする。




188 :朝まで名無しさん:02/10/23 13:17 ID:TW1QfDfR
>>187
最後の3行の空白以外は同意する。

189 :朝まで名無しさん:02/10/23 13:33 ID:C0CTDwtF
てかもう直接民主制にしちゃえばいいじゃん。

190 : :02/10/23 13:38 ID:lnIDjnR/
直接民主制は「最大多数の幸福」を実現することはできても「最大幸福」を実現するには適切でない、と偉大なる大元帥様はおっしゃいました。

191 :朝まで名無しさん:02/10/23 14:08 ID:IlKtQgFs
>>190 大元帥?誰だJSミルのことか?
>>185 資格だけの方が良くないか?調査する人間に権力が集中してしまうよ。
>>187 良民度を問うようなことはしないよ、時間が掛かりすぎるし不公平になるだけだ。
選挙権を奪うのでは無く、バカだから停止されるだけだよ。車の免許を同じ、一般的禁止というヤツだ。
選挙制度や憲法を知らない人間が選挙権を持つのは問題は無いのか?
子供に刃物を持たせるようなモンだと俺は思うけど。

192 :187:02/10/23 14:34 ID:lnIDjnR/
>>191
「良民度を問う」のでなく「バカだから停止」、
「選挙権を奪う」のでなく「車の免許を同じ、一般的禁止」・・・・言葉遊びにしか聞こえんな。

どうやってバカ判定するんだって?

193 :朝まで名無しさん:02/10/23 14:41 ID:IlKtQgFs
>>192 試験だよ。原付程度の試験にするか、公認会計士程度にするのかは別に議論が必要だけどね。


194 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/10/23 14:44 ID:x03HDYdR
その選挙の焦点に為ってる問題の基礎用語チェック程度なら...
今なら
デフレとは?
インフレターゲットとは?
不良債権とは?
BIS規制とは?
ニュースや新聞読んでりゃ最低限解ろうで有ろう事で。


195 : :02/10/23 14:45 ID:lnIDjnR/
>>193
良民度を問うでもなく、選挙権を奪うでもない形で?

196 :朝まで名無しさん:02/10/23 14:52 ID:1vQWhzHX
>>192
バカメータ 
もうすぐ島津の田中さんが実証試験を始めるらしい。
で、針が振り切れたらアウト。

197 : :02/10/23 14:52 ID:lnIDjnR/
そもそも全有権者同時開催の試験ってのが無理ありすぎるよな。

同時でないと先に受けるヤシがあまりに不利だし・・・。

198 : :02/10/23 14:54 ID:lnIDjnR/
>>196
大元帥様がお選びになった有権者が為政者を選ぶってのはどうだ?

199 :朝まで名無しさん:02/10/23 14:58 ID:IlKtQgFs
>>195 良民度を問うよな問題っていうと、例えば、南京虐殺に関する問題とか?
そんなのは、出さないよ。
選挙権を単に年齢だけで配っている現状の方が問題あるよ。


200 :無償作業の案内:02/10/23 15:04 ID:2fjFbJcI
マシーン大元帥

201 : :02/10/23 15:05 ID:lnIDjnR/
>>199
俺は最初に「見識まで含めた広義の良民度」って言ってるじゃん。
それに対して「そんなものを問うたりしない」って言ったんじゃないのか? なんでいきなり狭める?

あと、「どんな試験を行い、それによってどんな状態が生まれるのか」が
イメージできていない状態で「現状」と比較できるわけがない。
現状に問題があるのは同意だが改悪はゴメンだ。改善策としては説得力に欠ける。

202 :朝まで名無しさん:02/10/23 15:06 ID:IlKtQgFs
>>197 全く同じ内容の試験である必要は無いよ。行なう時によって問題は変えるよ。
なんで年齢資格に反対しないで、試験資格だと反対するんだ。よくわかんない。
年齢資格に賛成する人の意見が聞いてみたいな。

203 :朝まで名無しさん:02/10/23 15:16 ID:1vQWhzHX
この国では、選挙権は市役所から葉書でくる物だと思っている。
生まれた所の西洋では、奪い取る物だった。
その為に多くの血が流された。
それゆえ必死で守ろうとする。

成人になったら、市役所で窓口のおっちゃんと大論争をして、勝った者だけを選挙人名簿に載せる。
これなら大事な権利と気付くかもしれない。

204 :朝まで名無しさん:02/10/23 15:20 ID:IlKtQgFs
>>201 「どんな試験を行い、どんな状態が生まれるか」は議論を重ねる必要があるね。
意見を出してみようという気は無いのか?


205 : :02/10/23 15:28 ID:lnIDjnR/
>行なう時によって問題は変えるよ。

そりゃもちろん。難易度がバレるのが問題だと言ってる。


>なんで年齢資格に反対しないで、試験資格だと反対するんだ。

弊害が見えてこない。こんな優秀なガキに選挙権がないなんて!って思うことあるか? 俺はない。
ガキ時代の自分を思いだして、選挙権をくれてやりたいとも思わない。
ガキが参加できないおかげで政治が歪んでるとも思わない。
じゃあ試験資格でも同じ結果が期待できるか? とてもとても。

持ってる選挙権を奪われる(停止される)のと、生まれてこのかた持っていないのとでは違いすぎる。


206 : :02/10/23 15:35 ID:lnIDjnR/
>>204
「なんで反対派の俺が「良い試験」を提案せにゃならん!」と言いたいが我慢して、
>>194の案は悪くないと思う。しかし経済に偏りすぎてる気もする。
科学・歴史・文化あたりもないがしろにはできないし、
その中でも細分化が可能だ。というか細分化しろと言う声が出てくるだろう。
で、結局出題を誰がどうやって決めるのかという問題が出てくるし、
>>187に書いた「適切な難易度とは」って問題もクリアできない。
見識も測れない。

「どんな状態が生まれるか」は>>187で書いた。・・・つうか>>187で全部言ってるじゃん。

207 :朝まで名無しさん:02/10/23 15:41 ID:IlKtQgFs
>>205 難易度がばれたところで別に何の弊害も無いだろ?
くたばりぞこないに選挙権があるほうが問題だ。
どうせ近いうちにくたばる事がわかっているのに、責任ある投票なんて出来るわけ無いだろ。
教育の問題は現場のガキの意見が反映されないのが、そもそもの問題だよ。
これから、50年、60年生きる人間の意見より、
いつ死んでもおかしくない人間の意見が反映された結果が700兆円の国家債務だろ?

208 :朝まで名無しさん:02/10/23 15:42 ID:1vQWhzHX
問題@ 殺人は悪い事か?
   A 軍隊は必要か?
   B 宗教は阿片か?
   C 2ちゃんねるは放置すべきか?

209 :朝まで名無しさん:02/10/23 15:44 ID:IlKtQgFs
>>206 試験制度だけじゃなくて、もう少し広く、資格変更くらいで考えてみるよ。

210 :朝まで名無しさん:02/10/23 15:47 ID:1vQWhzHX
>>208を論述試験にしたら、司法試験より難しくもできる。

211 : :02/10/23 15:50 ID:lnIDjnR/
>>207
いつのまにか試験資格より年齢上限の話になってるな。
「80歳以上に選挙権なし」とか? 正直、ちょっと賛成だね。

>教育の問題は現場のガキの意見が反映されないのが、そもそもの問題だよ。

ガキに選挙権を持たせることで変わるとは思えん。
そもそも教育問題は見識不足によるものだから知識で選別しても無駄。

212 : :02/10/23 15:51 ID:lnIDjnR/
>IlKtQgFs

お仕事につきもうレスできんソマソ

213 :朝まで名無しさん:02/10/23 16:04 ID:IlKtQgFs
>>211 ただ、「80歳になったので選挙権を停止します」では大きな反発が考えられるだろ。
80歳で選挙権を停止するにしてもそれなりの根拠が必要になってくる。
そうすると、今度は70代は、60代は、ということになる。
どうしようか?

ガキは大人ほど多くの利害を抱えていないから、純粋な意見を集めるのに有効だと思うな。

214 :朝まで名無しさん:02/10/23 16:05 ID:IlKtQgFs
>>212 お疲れ、いってらっしゃい  おれも落ち。

215 :朝まで名無しさん:02/10/23 16:13 ID:+1Ft16eB
だから>121でいいやん 試験とか資格とかは無理だって

216 :朝まで名無しさん:02/10/23 16:35 ID:zc3zzOsr
>>121は実現不可能なんだよ。違憲性が高すぎる。

217 :朝まで名無しさん:02/10/23 17:01 ID:jR/Q6VdX
>>215 試験とか資格とかは無理だって

だから、2ちゃんねるにこんなスレが立つんだよ。
無理でなかったら、実現している。
無理を承知でどうこね回すか、議論と言う形のゲーム。
CDに入っているプログラムを相手にするよりも面白いだろ。
どうすれば自分の意見に賛同してくれるか考える。
知恵の絞り所だよ。

218 :朝まで名無しさん:02/10/23 23:53 ID:fUkIJJAb
先進国では、成年相当年齢(殆どが18歳)になれば、自動的に投票権が付与されるんだが。
「普通選挙制」と称する所以だよ。
議会民主制施行以前の、発展途上国に逆戻りするのか?

219 :朝まで名無しさん:02/10/23 23:55 ID:F++/CIIw
ダウンタウンの番組で支持が50%取れるくらい
緻密に案を練りこんで来いボケ




220 : ◆zeke/Do8Y2 :02/10/23 23:59 ID:/oJs/ucH
実現不可能だが趣旨には禿同age

221 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/10/24 00:01 ID:d1Nb9YYT
>>1
何にせ制限選挙にしても利権政治はなくならないのでは???
であれば>>1の理屈は成り立たない・・・

222 : :02/10/24 00:10 ID:iCEfyJ0W
>>220
俺もそうなんだよな。>>187等で書いたとおり、あまりに障害が多すぎて無理だけど
今のままで良いとはぜんぜん思わないし。

しかしまあ、それぞれがイメージする剥奪該当者(つまりバカ)が違うってのは
面白いな。リーマンの妻はダメとか公務員はダメとか・・・・

223 : ◆zeke/Do8Y2 :02/10/24 00:18 ID:MaWZaN/u
>>222
まぁ個人的には選挙システムよりもこの国の民主制自体がもうだめぽだと思うけどw
言葉の引用になるけど、
『民主主義は体制ではなく過程である』
ってのを理解してないヤツらが多すぎ。
別に普通・平等・秘密選挙と議会があるからと言って民主主義であるわけじゃない。


224 : :02/10/24 00:26 ID:iCEfyJ0W
>>223
俺は、だめぽなのは社会(つーか国民?)であって民主制ではないと思うけどね。
いや別に「ほんらい民主制は素晴らしいんだ!」と言いたいわけじゃなくて、
いまの日本が政治体制かえたからってどうなるとも思えん。

225 :朝まで名無しさん:02/10/24 00:55 ID:/pQG+NuU
きっかけだよ、選挙権が奪われるかも知れない状態になれば、本気になるだろ。

226 : :02/10/24 01:12 ID:iCEfyJ0W
そら本気になるわ。本気になって反対する。

227 :♯♯:02/10/24 01:18 ID:RRVMOrwC
本来民主主義は義務教育とセットである
民主主義をやる上で、教養のある市民の育成が必要
だから、義務教育で最低限の教養や判断力など、民主主義に必要な能力を身につけさせるわけだ。
しかし、民主主義に必要な能力を習得しきれない人間もいる。
こういう人々をどうするか。
外国のように、一人前になるまでは何年でも留年させる、というのも手だし
ここで出ている案のように、能力をテストで判定するというのも手だろう。
今までの日本のように、能力のない者を無責任に社会に出している事こそ異常なのだ。


228 : :02/10/24 01:32 ID:iCEfyJ0W
だから「民主主義に必要な能力」を知識量で測るのは無理があるってば。

229 :朝まで名無しさん:02/10/24 01:36 ID:VppZ76iV
義務教育の意味、勘違いしてないか?
普通教育を受けられる状態にない子には保護者なり周囲なりが
それを受けられるようにしてやる“義務”なんだよ。
だから障害者学級、病院の院内学級が存在する。
「教育を受ける義務」じゃない。

230 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/10/24 01:36 ID:d1Nb9YYT
百歩譲って
「被選挙権の資格化」なら
まだ議論の価値があるかと・・・

231 : ◆zeke/Do8Y2 :02/10/24 01:38 ID:MaWZaN/u
>>229
名目はね。
ジェファーソンの言葉の通り、民主主義を護るのに一番重要なのは教育。

232 :朝まで名無しさん:02/10/24 01:39 ID:XwRbaEHT
>>231 補足
民主主義を護るのに一番重要なのは教育=洗脳。

233 :朝まで名無しさん:02/10/24 01:40 ID:XwRbaEHT

教育のある人民は、治めるのに容易だ

by フレデリック大王(1712-1786)



234 : :02/10/24 01:41 ID:iCEfyJ0W
>>232
面白いこと言ったつもりだろうが、
そりゃ民主主義に限ったことじゃねーしなあ・・・・

235 : :02/10/24 01:42 ID:iCEfyJ0W
フレデリック大王って何か古い本から引っ張ってきた感じだなw

236 :♯♯:02/10/24 01:44 ID:RRVMOrwC
>>229
用語としては「普通教育」が適当だったかな

237 :朝まで名無しさん:02/10/24 01:45 ID:XwRbaEHT
>>234
>そりゃ民主主義に限ったことじゃねーしなあ・・・・

だからこそ、>>232のように書いたのですよ。

238 : :02/10/24 01:47 ID:iCEfyJ0W
>>237
こら失礼、鈍ってたw

239 :朝まで名無しさん:02/10/24 08:19 ID:FfajNtcp
>能力の無い者を無責任に社会に出していることこそが異常なのだ。
そう、そういう人間に投票権を与えるなんてもっての外だね。
だから、多数決を民主的なんて言い出す輩が出てくるわけだ。危なすぎるね。

240 : :02/10/24 11:45 ID:iCEfyJ0W
バカの投票が政治をダメにしてるってことはもう分かり切ってるんだよ。
いまさら原点に戻ったってしょうがねえだろ。

どんな能力がどれくらい劣った人間をどんな方法で選り分けて、どれくらい権利を制限し、
それによって短期・長期にどんなメリット・デメリットがあるんだ?

241 :朝まで名無しさん:02/10/24 18:03 ID:h6Ozg/PM
>>240 総合的な試験、始めは、教養試験のみ、高校入学程度の選択式の試験で落とす。一割くらいかな?
試験を受けない人間が相当いるはずなので、まず試験をやる。資格は一定の年数で消滅させる。
繰り返していく、試験の中で徐々に難易度、内容を変化させ、最終的には専門科目を選択式で入れる。



242 : :02/10/24 22:02 ID:iCEfyJ0W
>>241
・・・・・・あのさ、それ何人くらいが受けて、最終的に何人くらいが合格することを想定してんの?
「そんなことは問題じゃない」じゃすまないぜ。ものすげーコストかかるんだから。

243 :朝まで名無しさん:02/10/25 01:12 ID:0Xu7/NCJ
>>242 国家資格の受験手続って結構面倒だから、有権者の半分も受けないでしょ。
申し込む人数を少なくするために、最初は専門だけにして、教養を後から足す手もあるし、
絞ろうと思えば人数は絞れるよ。受験者が多ければ、郵便局の大きな財源になるわけだし。

徐々に難しい試験にして最終的には100万〜50万の間にしたいね。

244 :朝まで名無しさん:02/10/25 01:15 ID:8hayviTo
選挙権を得るために必要な資格

1.特定の宗教に入っている
2.キムチが好き


245 : :02/10/25 01:49 ID:v3QqN3b7
>受験者が多ければ、郵便局の大きな財源になるわけだし。

それで釣り合うと思ってんのか? 釣り合わないまでも何割かペイすると思ってんのか?
試験官等の人件費だけで何十億、答案のマークシートを機械に通すバイトの人件費だけでも
とんでもねー額になるぞ。もちろん初期投資はさらにとんでもねー額になるわけだが。
受験者が読めないから試験料でまかなうわけにいかねーし、全部税金だぞ。
そもそも、3000万人うけるとしてそいつらを1日(あるいは数日)拘束することで失われる労働力は?

246 :朝まで名無しさん:02/10/25 11:13 ID:i2KnHW2Y

普通選挙を否定したらこれは問題でしょう。
資格化すればエリート階層による独裁政治になる。

247 :朝まで名無しさん:02/10/25 11:19 ID:i2KnHW2Y

国政選挙においては選挙区制をやめたほうがいい

248 :♯♯:02/10/25 12:43 ID:SywDOrdm
>>246
中卒程度の学力を資格の条件にする分には、普通選挙の否定にはならないと思う
誰でもその学力を習得しているはずなのだから

ただし、上にあるように専門知識を条件にするようではまずいね

249 :朝まで名無しさん:02/10/25 12:52 ID:i2KnHW2Y
>>248
中卒程度ってかなりレベル高いんじゃないかな?
何点以上なら合格なんだろ?

250 :朝まで名無しさん:02/10/25 12:58 ID:82MJLSd4
>>245 受験者が多い間は、誕生日で受験者を幾つかに分ける必要があるね。
経費はODA予算から持ってくれば、充分足りるでしょ。
試験を繰り返していくうちに、選挙権を放棄して受験しなくなる人間はかなり増える。


251 : :02/10/25 18:12 ID:v3QqN3b7
>>250
ODA引き上げなんてぜんぜん目処が立ってねーじゃん。
無駄金だって言いたいのは分かるが、しょせん取らぬ狸。

>試験を繰り返していくうちに、選挙権を放棄して受験しなくなる人間はかなり増える。

それをあてにして予算組むのかよ。見通し甘すぎねーか?

252 :朝まで名無しさん:02/10/25 21:13 ID:Jl5Qtrad
じゃあ国債でも発行して・・・・・イカン 同じ過ちを繰り返すところだった。
心配しなくても受験者は減っていくよ。

253 :_:02/10/26 09:22 ID:28vNAZ9B
>252 日曜日、暇にしてる狂印と学校施設を使えば只。中学卒業時に受験機会を作れば良し。

現在の有権者に対しては、とりあえず数回以上選挙権の行使をしてない人から選挙権を停止し、
選挙権を復活させたければ資格を取ることを義務化すればそれほどコストはかからない。

コスト論議の解決法は、問題のポイントじゃないと思うよ。

254 : :02/10/27 21:29 ID:xiXbcWLi
>暇にしてる狂印と学校施設を使えば只

だから「あそこを切りつめさせれば何とか」っつーコスト論議はやめようぜ。
言うなら「あそこを切りつめますので何とか」だろ。ODAの話と同じ狸なんだよ。
目処のたたないものを盛り込んだ計算のどこに説得力があるかって。
もちろん、目処が立ってることを示せるなら、つまり教師が時間を大量に持て余してることを具体的に示せるなら、
話は別だけどな。(定説だとか言ってもダメだぞ。実施するとしたら教師達の反発を抑えこむための
論拠が必要になるんだからな)

>現在の有権者に対しては、とりあえず数回以上選挙権の行使をしてない人から選挙権を停止し、
>選挙権を復活させたければ資格を取ることを義務化すればそれほどコストはかからない。

「バカの投票が政治を壊している」というのが資格化論の原点だぞ。
不投票者なんぞ最初から眼中にない(つーかそいつらの動向を気にしたら
なおさらコストが計測不能な額になる)んだ・・・が、まあそれはさておき、
その話に該当しない連中(つまり、だいたい投票する連中)が数千万人にのぼるわけで、
そいつらの試験にかかるコストの話をしてるんだぞ。
数千万人の受験者をどうさばくか(あるいは申し込み段階で削るか)は重大な問題だよ。
こりゃもちろん本題の核心じゃない。核心じゃなくて、アキレス腱。ほっとけない。

でもまあ、コストの話がどうしても些末でつまらんものになってしまうのは事実だろうから
後回しにするべきだというのも正論かな。
先に試験化のメリットを検証するほうがいいかもね。

誰か、資格化によって生まれ変わった日本の政治の青写真を示せる奴いる?
「いくらなんでも今よりマシでしょ」どまり?

73 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)