5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

   日本政府は大政奉還せよ   

1 :おれ様:02/11/06 06:17 ID:RBpalsgV

 フッ、きまったな。
 

2 :おれ様:02/11/06 06:17 ID:RBpalsgV
ついでに2げっと

3 :朝まで名無しさん:02/11/06 06:18 ID:/D7NpZer
イラネ。

4 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/06 06:18 ID:RBpalsgV
トリップもつけておこう。
偽物が出ると困るしな。

やれやれ。



5 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/06 07:49 ID:RBpalsgV
誰もおれ様には反論が出来ないようだな。
当然だろな。

6 :朝まで名無しさん:02/11/06 07:53 ID:oSzVsQch
ああっ、もうダメッ!
ぁあ…ウンチ出るっ、ウンチ出ますうっ!!
ビッ、ブリュッ、ブリュブリュブリュゥゥゥーーーーーッッッ!!!
いやああああっっっ!!見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!
ブジュッ!ジャアアアアーーーーーーッッッ…ブシャッ!
ブババババババアアアアアアッッッッ!!!!
んはああーーーーっっっ!!!ウッ、ウンッ、ウンコォォォッッ!!!
ムリムリイッッ!!ブチュブチュッッ、ミチミチミチィィッッ!!!
おおっ!ウンコッ!!ウッ、ウンッ、ウンコッッ!!!ウンコ見てぇっ ああっ、もうダメッ!!はうあああーーーーっっっ!!!
ブリイッ!ブボッ!ブリブリブリィィィィッッッッ!!!!
いやぁぁっ!あたし、こんなにいっぱいウンチ出してるゥゥッ!
ぶびびびびびびびぃぃぃぃぃぃぃっっっっ!!!!ボトボトボトォォッッ!!!
ぁあ…ウンチ出るっ、ウンチ出ますうっ!!
ビッ、ブリュッ、ブリュブリュブリュゥゥゥーーーーーッッッ!!!
いやああああっっっ!!見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!
ブジュッ!ジャアアアアーーーーーーッッッ…ブシャッ!
ブババババババアアアアアアッッッッ!!!!
んはああーーーーっっっ!!!ウッ、ウンッ、ウンコォォォッッ!!!
ムリムリイッッ!!ブチュブチュッッ、ミチミチミチィィッッ!!!
おおっ!ウンコッ!!ウッ、ウンッ、ウンコッッ!!!ウンコ見てぇっ ああっ、もうダメッ!!はうあああーーーーっっっ!!!
ブリイッ!ブボッ!ブリブリブリィィィィッッッッ!!!!
いやぁぁっ!あたし、こんなにいっぱいウンチ出してるゥゥッ!
ぶびびびびびびびぃぃぃぃぃぃぃっっっっ!!!!ボトボトボトォォッッ!!!
ぁあ…ウンチ出るっ、ウンチ出ますうっ!!
ビッ、ブリュッ、ブリュブリュブリュゥゥゥーーーーーッッッ!!!
ブジュッ!ジャアアアアーーーーーーッッッ…ブシャッ!
ブババババババアアアアアアッッッッ!!!!
んはああーーーーっっっ!!!ウッ、ウンッ、ウンコォォォッッ!


7 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/06 08:00 ID:RBpalsgV
>>6
鮮人必死だな。

8 :朝まで名無しさん:02/11/06 08:17 ID:eqZ40kbg
>>7
大政奉還を何の意味で言ってんのよ

9 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/06 08:21 ID:RBpalsgV
>>8
朝廷に返すんだよ。
日本国政府と日本と言う名称が含まれているために誤解を生みやすいが、
歴代の幕府と同格だ。


10 :段造:02/11/06 08:28 ID:ejTmhJef
誰が補佐するの。
幕末は薩長土肥だったけど。

11 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/06 08:30 ID:RBpalsgV
日本国大統領。

12 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/06 08:35 ID:RBpalsgV
やべ、それじゃあ、大政奉還の意味がねーじゃねーか。

ま、気付かれるまでは黙っておこう。

13 :朝まで名無しさん:02/11/06 09:05 ID:UjQ2zmaL
新快速を長岡京に停めろ

14 :朝まで名無しさん:02/11/06 10:11 ID:Koy/IADF
失政があった際に陛下を連座させることになる。不敬である。

15 :朝まで名無しさん:02/11/06 10:14 ID:LEV8zZ8l
縄文人に返還せよ。

16 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/06 10:17 ID:RBpalsgV
失政の責任を陛下に求める方が不敬だ。
陛下がされるのは今の総理大臣のような仕事ではない。

17 :サルベージ ◆lWYtn5MZ2k :02/11/06 10:19 ID:b2dBBqbp
陛下に誤りは御座いません、有るとすれば俗塵の所為で有ります。


18 :朝まで名無しさん:02/11/06 10:23 ID:bLmCNrO9
天皇親政って事?

19 :おれ様シンパ1号:02/11/06 11:18 ID:pwg+cVPj
>1
賛成するよ。
まずは京都か奈良に遷都しよう。
総理大臣も廃止して左大臣だね。
善政を続ければ死後、太政大臣を追号しよう。
それから、国防省とかいう無粋な名前はやめて、兵部寮にしよう。
くれぐも、政治に対する不平不満が陛下に向けられないようにしないとね。
まずは、聖徳太子の10万円札発行から始めよう。
5万円札は神功皇后。
1万円札は日本武尊に変更。
5千円札は和気清麻呂。
千円札は楠木正成だな。

20 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/07 01:21 ID:K3naTRmD
>>19
そうですね。

正直おれ様より先を走られると返事が困ります。

21 :朝まで名無しさん:02/11/07 01:27 ID:EmNW3zjj
征夷大将軍は統合幕僚長?
源氏でないとなれませんが

22 :朝まで名無しさん:02/11/07 01:35 ID:fKbXEjs+
征夷大将軍の仕事はやはり在日排除か?

23 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/07 01:39 ID:K3naTRmD
征夷大将軍な訳がない。それだと日本国大統領よりも大政奉還の意味が無くなる。

ま、おれ様理論は最先端だな。

24 :朝まで名無しさん:02/11/07 09:26 ID:EewdO9Ui
明治維新はなんだったんだ?

25 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/07 10:28 ID:K3naTRmD
薩長土肥による幕府創立のための革命。

戦後の憲法が出来た時点でその日本政府の性質も変わってしまったのだから
大政奉還して1から出直すべき。

やべ、おれ様凄すぎ。

26 :朝まで名無しさん:02/11/07 14:07 ID:JFzTpVQe
>>25

なら >>1 から出直せ、ゴルァ!!

27 :おれ様シンパ1号:02/11/07 15:23 ID:Ub/TjNhC
大政奉還したら、陛下の勅令でもって太政官を設置しよう。
いわば革命政権だから、今の憲法に従う義務もないよ。
道徳再建を最優先課題に、全国から勤王の志士を集めよう。

28 :朝まで名無しさん:02/11/07 15:50 ID:m33facz4
おれ様 ◆Fa1VHIv2NI に質問。地方自治とかどうなんの?


29 :朝まで名無しさん:02/11/07 16:01 ID:jWqcaA7D
封建時代に逆戻りか?
ま、フジヤマ・サムライ・ハラキリ・ゲイシャが違和感なく登場するには
その方がいいかもな(w

30 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/08 06:41 ID:objiw7Rk
>>27
そうですね。
あの現行違憲憲法を廃棄させないと日本の未来は無い。
しかし今の政治体制のまま、憲法をもし変えることが出来てもかなり左翼要素が
含まれることが予想される。その意味で民主主義というのは本当に厄介なものだ。
故に現行の政府には日本を任せられない。

>>28
何かベストな形があればそれでいいんじゃない。おれ的には民主主義で選ばれるとか
そういうのは抜きにして、シムシティーの発想がある人が選ばれる形態だと地方も
栄えると思われる。

31 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/08 06:43 ID:objiw7Rk
>>26 了解です。

 
 フッ、きまったな。

32 :おれ様シンパ1号:02/11/08 08:28 ID:nmOdku3p
腐敗を正し、道ある世ぞと人に知らせることが肝要。
多数決は正しい、という信仰は棄てるべきだな。
頽廃した世相を斬り、健全な気風を取り戻すことから始めよう。

33 :朝まで名無しさん:02/11/08 08:46 ID:Yy34/ARi
おい、シンパ一号。おれ様寝てる間にクーしかけてやろうぜ。
お前テンノーになれ。おれはこうごうへいかがいい。

34 :おれ様シンパ1号:02/11/08 09:25 ID:nmOdku3p
「クーしかけてやろうぜ」の意味が解りませんが?
それから、「テンノー」などという言い方は不適切ですよ。
きちんと、「天皇陛下」と申しあげるべきです。
現行の法令ですら、そう定めてありますからね。

35 :朝まで名無しさん:02/11/08 10:27 ID:IphZaKoc
>>30「現行違憲憲法」・・・クスクス

36 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/08 10:55 ID:SC9nO/xK
>>34
クーデターの意味でしょう。
勝手にやってくれ>>33

>>35
ウィットが通じてるのか通じてないのか判別できない。
どちらにせよおれ様理論には敵わないってこった。

37 :朝まで名無しさん:02/11/08 11:01 ID:Zfv6i42+
>>35

憲法があり違憲というものがある。その憲法が違憲。
無限ループですな。

38 :おれ様シンパ1号:02/11/08 11:10 ID:nmOdku3p
>36
激しく御意!
言葉のあげ足とって、論点を巧みにずらすのは、反日左翼の常道だね。
そういや、かつての赤軍派の女性の中には、指輪を理由に総括されちゃった人がいたとか。
白でも黒でも、赤に言いくるめる彼らの弁舌に惑わされてはいかんね。
とりあえず、今夜も朝ナマ録画しておこう。
アンケートとかに、どんな操作を施してあるかが楽しみだ。

39 :朝まで名無しさん:02/11/08 11:19 ID:gV2JK4sJ
娘をなんとか皇族に入れれば、俺にもまだ希望の目はある。

40 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/08 11:29 ID:objiw7Rk
>>37
ほかの板じゃウケたんだけど、ここでは反応が宜しくないようで、
あまり深く気にせんで下さい。

>>38
今日は朝生だったんですね。気付いて良かった。

41 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/10 05:09 ID:DpGFpQFk
どうやら誰も反論は出来ないようだな。

42 :おれ様シンパ1号:02/11/10 23:09 ID:WawpGO4F
御意!

43 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/13 09:02 ID:9FYICUKl
>>42
ここではちょと間抜けなことを言ってるおいらですが、
もし宜しければこちらもよろしくどうぞ。
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/korea/1035586530/

44 :朝まで名無しさん:02/11/13 09:10 ID:00vx9zUg
 もうすぐ、IMFの軍門に下るよ。

45 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/15 09:29 ID:0dzCpFyk
どっこいしょ

46 :朝まで名無しさん:02/11/15 10:50 ID:qK4Eg8Sf
その前に皇位継承権の問題解決して女帝もOKにしておかないとね。


47 :朝まで名無しさん:02/11/15 10:57 ID:vFoiZFtB
>>1
主権者を辞めて、天皇家の家畜に成り下がる訳ですな。


48 :朝まで名無しさん:02/11/15 11:04 ID:qK4Eg8Sf
雅子様似の長身の頭脳明晰、人間的にも徳の高い
男子が日本国に授かれば、ちょっと考えてもいいかも。

49 :朝まで名無しさん:02/11/15 11:29 ID:B54QYlXv
大政奉還賛成。


50 :朝まで名無しさん:02/11/15 11:36 ID:vFoiZFtB
北朝鮮人民=金家の家畜
日本国臣民(右翼)=天皇家の家畜

日本国民=日本国の主権者


51 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/15 11:39 ID:eM2LHkjy
>>47
安易な考え方ですなー。君が主権を実行した経験を言ってもらいたいものだ。
選挙を通じて何かの夢が達成したことがあるのだろう。それを詳しく述べて欲しい。
主権が本当に国民にあるなどというまやかしをまともに信じているようにしか見えない。
結局は大衆政治による満足で全てを語っているのだ。


52 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/15 11:45 ID:eM2LHkjy
今の日本政府とは、自民党政府であるわけだが、>>50なる人間は自民党員なのか
それとも左翼なのかは知らないが、現自民党政府を支持したがる。自民党員ならば
ともかく、そうでない人間が>>50なる発言をしているならばただの阿呆と言えよう。
結局は他人の政権に膝まつくだけの奴隷根性の人間でしかない。
そして逆に自民党員ならばいっぺん崩壊しとけ。

53 :朝まで名無しさん:02/11/15 12:20 ID:RxQc7pTu
ほんじゃ、日本の主権者は誰なの?

54 :朝まで名無しさん:02/11/15 13:37 ID:SlGGvrHY
おれ様よ、いい年こいて現実逃避ばかりしないで定職でも見つけろ。

55 :おれ様シンパ1号:02/11/16 22:46 ID:DZnY6Nix
主権は陛下のもとにあるに決まってるじゃん。
主権在民なんざあ、愚か者の戯れ言だな。


56 :朝まで名無しさん:02/11/16 22:58 ID:xEAkdMme
>>55
匂うな。脳みその蛆が。

57 :朝まで名無しさん:02/11/16 23:01 ID:XorcHGF/
>>1

確かに、小泉よりも胡錦濤のほうが政治家としては有能そうだな。



58 :おれ様シンパ1号:02/11/17 02:23 ID:XoZBC8O7
>56
臭うな。腹のサナダ虫が。
おめでたい日本国憲法がお好きなようで。
ついでに週間金曜日・西暦表記・夫婦別姓もお好きだろ?

59 :みなさんにどうか陛下の御国と仲良くとお伝えください、ました。:02/11/17 02:29 ID:y2lGfXky
http://www.asyura.com/sora/bd16/msg/104.html
http://members.tripod.co.jp/esashib/fukasaku05.htm
東亜日報など韓国各紙の24日付早版は、「桓武(かんむ)天皇の生母が百済の武寧王(ぶねいおう)の子孫であると続日本紀(しょくにほんぎ)に
記されていることに、韓国とのゆかりを感じています」との天皇陛下の発言を1面に掲載した。「韓(朝鮮)半島との血縁を天皇自ら初めて発言した」
と紹介している。
韓国国内でも来年の日韓共催サッカー、ワールドカップ(W杯)のソウルでの開幕式に天皇が初訪韓するのは難しいとの見方が強まっているが、
W杯を前に「韓国人に送った友好メッセージ」などと好意的に伝えた。
ほとんどの韓国紙が天皇の顔写真入りで1面に記事を据えた。
東亜日報は東京発で「皇室が百済と密接な関係にあるのは日本の歴史書にも記録されてはいる。
しかし、これを公に言及することはタブー視されてきた」と報じた。

60 :朝まで名無しさん:02/11/17 02:32 ID:cRgk6d7t
米に大政奉還ですか?
既に主権は無いも同然だから意味があるのか・・・?

61 :おれ様シンパ1号:02/11/18 15:30 ID:GAVm/5NB
>59
古いコピペだな。
桓武天皇のご生母高新笠(たかのにいがさ)が渡来系だってことでしょ。
だからなんだっつうの?
そんな程度じゃ皇室の権威は微動だにしないヨ。
個人的には皇室の権威は、建国神話にまで遡る歴史の長さにあると思ってる。
だから本来は神道とは分離できないものだろう。

62 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/18 18:36 ID:+PLe1kHk
素人目にみて国の主権が国民にあるという実感が全くない。にもかかわらず国民に
あると言い続けるのは正確な表現とは言えない。
普通の感覚で今の政治体制で言うならば主権、つまり国家の意思や政治のあり方を
最終的に決定する権利は明らかに首相にあって、国民に最終的な決定権がない。
いっそのことこんないい加減な政治体制を1回破棄するためには、大政奉還が
ベストと思われる。政治体制を破棄してもなお国が崩壊することなく、歴史的に
連続性を維持できるという世界に希に見るシステムを守り続けている天皇家と
いう存在が日本に存在していることにとても大きな感謝を感じる。

ちなみに自分の意見を全く明らかにせず、人に質問しかしない人間を私はただの
バカなんだろうと思って親切に答えてあげている。

63 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/18 18:37 ID:+PLe1kHk
>>53に対する。

64 :朝まで名無しさん:02/11/18 18:47 ID:kdIzlgmv
>>61
でも皇紀ってのは中国讖緯(しんい)説からのパクりだし、
神道も物部氏からのパクりでしょ。
ボディを継ぐ天皇とかいうのも出自はっきりせんし。

65 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/18 18:51 ID:ho91gTIn
>>64
それがどうした。何の都合が悪いと言うのだ。例えそうであっても何の
都合も悪くない。

66 :朝まで名無しさん:02/11/18 19:33 ID:QVEl/2Kv
>>62
>普通の感覚で今の政治体制で言うならば主権、つまり国家の意思や政治のあり方を
>最終的に決定する権利は明らかに首相にあって、

首相じゃなくて国会だろ。首相は内閣の長。政府の総支配人として国会に対して
責任を負う立場。国会(国会議員)は選挙を通じて国民に責任を負う。
国の主権が国民にあるという実感がないのは、政治家の好き放題を放置してる
国民の無関心・無責任さの裏返しと言えなくはない。

67 :66:02/11/18 19:41 ID:QVEl/2Kv
肝心なことを言い忘れた。

大政奉還して一番喜ぶのは役人。天皇の官吏としてそれこそやりたい放題だろうね。


68 :朝まで名無しさん:02/11/18 19:51 ID:h16kBguS
天皇なんて俺は認めてない。

69 :朝まで名無しさん:02/11/18 19:53 ID:+PLe1kHk
>>66
これまでの歴代の総理のように自民党の意のままの首相ならば国会に主権があると
言えよう。教科書でも国権の最高機関と学ぶ。
じゃあ、それが最良なのか。小泉さんのように与党である国会の多数勢力と対立して
でも政策を押し通すのが私としてはベターなわけで、本来はそうあるべきだ。
そして首相の解散権とは国会に対する責任ではなく自身の政策に対する最終責任だと
言えましょう。国会は首相の暴走の止め役に過ぎない。教科書も民主主義だと言いたい
に過ぎない。
そしてそんなまやかしでいい加減な憲法なんかは破棄するべきなのだ。

70 :朝まで名無しさん:02/11/18 19:56 ID:J3XJaESo
>>69
名無しまで落ちぶれた「おれ様 ◆Fa1VHIv2NI 」ハケーン!

71 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/18 19:59 ID:+PLe1kHk
大政奉還とは日本政府が朝廷に権力を返す作業を言うのであって、
役人のための政府を新たに作ることを言っているのではない。

>>68
元首を認めないのならば日本にいる必要は全くない。

72 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/18 20:03 ID:+PLe1kHk
>>70
そういう意見しか言えないのならばしょうがないが、君の発言はスレの流れとは
明らかに異なる。
そしてそれは君にとって恥ずかしいことだ。

73 :おれ様シンパ1号:02/11/18 21:01 ID:vBqEW+Ge
>70
揚げ足とりは左翼の得意技か?
平安時代だろうが室町時代だろうが自分たちの祖先はいたわけで、そのころから現在まで
連綿と続く皇室は、少なくとも大切な日本の文化であり財産ではないか。
不遜な発言は厳に慎むべきだと思うけど。
で、大政奉還の件だが、昨今の時代閉塞の現況を鑑みれば、これは究極のニューディールだと思う。
個人的には日本に於いて、道徳の根源は皇室を敬う心にあると思ってる。
いわば日本教とも言うべきもので、宗教的な規制があってないようなこの国ならではのもの。
ひとまず、くされ憲法の改正を期待したいね。

74 :朝まで名無しさん:02/11/18 21:15 ID:1Kmz2qx2
>>71
維新における大政奉還は、薩長連合政府の樹立を意味したわけで
当然、幕府側もそれを自覚していたわけだが
今回でいう奉還したのち、どういう政体ができあがるのか具体的に
説明してくれまいか。


まさか・・・現政体に対する批判意識のみで、代案なく、適当に、勢いで
何となく、雰囲気で 「大政奉還」等とは言っていないのだろうから(w

75 :朝まで名無しさん:02/11/18 21:32 ID:1Kmz2qx2
>>74
大政奉還の時点では薩長連合政府というのは言い過ぎか、雄藩を
中心とした合議政体とでもしたほうが良いな・・・

76 :66:02/11/18 22:21 ID:QVEl/2Kv
>>71
権力を返された朝廷は、国家運営のための実務者を必要とする。
そいつらを役人と呼ぶ。大政奉還が行われた場合、今役人をやってる
連中がもっとも適任なので、そのまま新政権に引き継がれると考えるのが
自然。決して役人のためにやるのではないが、結果としては役人が一番
おいしい思いをする。

俺個人としては、朝廷というか天皇は政治権力とは無縁の国民のシンボル
でいるのが一番いい。日本の宝として大事にしたいと思っている。

77 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/19 10:37 ID:tkA0k1yS
>74
現行憲法では大政奉還ができんことはわかってるよ。
ただ、内政的なデフォールトを宣言して、政治形態を根本から変えろと言いたいんよ。
内閣は慢性指導力不足だし、参議院はいらないと思うし、司法もかなり怪しいと思うし。
当然、憲法の改正、あるいは廃止から始めなきゃいかんだろうね。
個人的には、日本には成文法の憲法は合わないと思ってるんだけどね。
で、次世代の日本政府は、役人も含めて官僚制が残ることはやむをえないだろうね。
しかし、マトモなトップを据えて、国益最優先で働いてもらえればいいと思う。
人生100年もないんだから、10年で1割、20年で2割、人間は入れ替わる。
腐った役所もキレイに立て直せば、やがて健全さをとり戻すよ。
(追)トリップ付けました。

78 :朝まで名無しさん:02/11/19 10:37 ID:GQ4oeIfm
http://trycomp.oc.to/seal/index.html
おまいらコピペしな。

79 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/19 17:05 ID:hOhy4YL+
>>74
おれ、あんたみたいなタイプ一番嫌いなんですよ。

>>76
日本政府の役人に江戸幕府の人間がそのまま残っていたわけではないので、
次回もそうありたいものです。いっそのこと今の官僚には路頭にさまよって貰って
死ぬ思いをして貰いたいものです。有能な人間ならば這い上がって来るでしょう。
私も天皇陛下に傷が入るのは痛ましいことに思うのですが、過保護にするのが
一番危機的なことに繋がると思うのです。日本に戦略というものが存在しないのが
首相がコロコロと入れ替わるからだとするならば、長期的な視野に立った1人の
人間が必要なのだと言えると思います。天皇陛下に無理な場合は摂政や関白といった
役職もある。昭和天皇も大正天皇の摂政だったし。血縁じゃなくても良いだろうし。
天皇陛下は常に口出しをするのではなく、一年に一度や二度出てきて基本指針を
定める存在であって欲しい。
天皇陛下を弱々しい存在にしてはいけないのだ。

80 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/19 17:22 ID:hOhy4YL+
>>75
徳川家としては、徳川家の勢力が一番強くなる合議制の新政府を想定していた。
それを押さえ込んだからこそ明治政府が成功したのだと言えるのかも知れない。
それがなければ武士の撤廃は出来なかったかも知れない。


81 :おれ様シンパ1号 ◆Oocat9SydI :02/11/19 18:22 ID:6SNluXEF
>天皇陛下は常に口出しをするのではなく、一年に一度や二度出てきて基本指針を
定める存在であって欲しい。
禿げ同!!
はやく、人心の頽廃を正してほしいものです。
ところで、今でもイギリスの議会とかだと、モーツァルトみたいなカツラつけたおじさんが、
議長とかやってるじゃない。
あんなふうに、昔からある伝統を守ることも大切だと思うなあ。
日本でも京都では、知事と京都市長はよく西陣の着物着てたりする。
国や地方を代表する立場にまでなったのなら、正月とかは衣冠束帯でテレビに出るべきだと思う。
昔の日本を否定してばかりいるのは、国際的には恥ずかしいよ。
そんな小さなことからでも、この国への愛着を育んでいくべきだね。

82 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/19 18:24 ID:6SNluXEF
あれ?スペース入った?

83 :朝まで名無しさん:02/11/19 19:52 ID:bSyZn+7B
ネタスレかと思ったらなかなか議論してますな。

現政権はある意味アメリカの魁儡政権である上、何故か北とか韓国、中国までちょっかい
出されるという、ダブルスタンダードですし。

もう、売国奴はいらない。

84 :朝まで名無しさん:02/11/19 20:07 ID:aw1KRBpD
天皇を利用して自分達だけに都合がいい政権を不法に作ろうってだけじゃねえか
だいたい天皇が
政権なんか任されたら迷惑だ
って言ったらどうするんだよ

85 :76:02/11/19 20:33 ID:j1vvO516
>>79
「大政奉還」そのものはネタだろうから何も言わないけど、
中央集権的な体制を維持する限り役人はそのまま生き残ると思うね。

俺は天皇制は擁護するけど、政治権力を持たせることには反対だ。
あくまで主権者たる国民全体の象徴でいて欲しい。

>日本に戦略というものが存在しないのが
>首相がコロコロと入れ替わるからだとするならば、
>長期的な視野に立った1人の
>人間が必要なのだと言えると思います。

長期戦略がきっちりしていれば、トップがコロコロ入れ替わっても
問題ないとも言いうる訳で、その戦略がないのは政党や政治家、国民の腰が
据わってないからとも言える。

それを一人の人間に委ねてしまおうと考えるのは、国民の怠慢じゃないのかね。
天皇を独裁者に仕立て上げ、責任を押し付けることにもなりかねない発想なので、
受け入れ難いな。



86 :跳ね馬 ◆fpnQgj0m8M :02/11/19 20:37 ID:XjeCMYXB
>>77
その「まともな人」をどうやって選考するんです?
何が「国益」であるか、どうやって決定するんです?
健全さを取り戻した役所が、再度腐敗しないようにはどうするんです?
>>79
その「基本方針」とやらが採用に足るかどうか、誰が判断するんです?

>おれ様一族
天皇に対して無邪気なまでに性善説を適用し続けるのは何故です?



87 :朝まで名無しさん:02/11/19 21:37 ID:9DgNGQVp
オレ様サン達を讃える気は欠片も無いが、結構当たっているよ。
今の状況が良くないことは誰が見ても分かる。野中やら田中真紀子やら土井やらその他糞そのもののような政治家ばかりがうろつき、私腹をこやすために、国民の利益を曲げて国を売る。
そしてこの状況は一向に改善されない。
主権在民なんて言葉だけのものでしかない。むしろそんな形だけのものなら無い方が良い。

今の世の中には変化が必要。そしてその一つの方向性として、昔の基本に立ち返るというのもありかもしれない。
「色々欠点はあっても、今の民主主義が最高」なんていう盲目的な意見にはもう同意できない。

88 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/19 21:45 ID:hOhy4YL+
>>83
ネタスレで始めたんですが、こういう議論も面白いと思うようになりました。

>>85
私的には政党、政治家、国民に期待するととんでもない方向に行くと思われる。
なぜならば、優秀な人間よりも劣った人間の方が人数的に多いだろうと私は捉えて
いるし、経営者などの社会のリーダーよりも労働者という自分の生活を最優先に
する人間の方が人数的に遙かに多いだろうと捉えているからだ。
民主主義とは独裁による間違った方向に行くことを防ぐのに相応しいというだけで
あって、歴史上、天皇陛下自らが独裁主義に陥ったことは一度もないし、今の体制の
ままでは100年経って日本が潰れても長期戦略などは生まれないだろう。
なぜなら任期を全うして首相を終えた人間など恐らく数えるほどしかいないからだ。
だからこそ日本は潰れる。
ちなみに軍の統帥権を伴う行政のトップは民主主義で選ばれるべきだ。
前回の戦争では軍が天皇の直属だったからこそ暴走したのだ。
全ては如何に強い国を作るかであって、多くの国はそのために民主主義を選択して
いるに過ぎない。

>>86
君のように質問しかしない人間には興味がありません。

89 :朝まで名無しさん:02/11/19 22:05 ID:YOG0xjqy
>>88
前段で民主主義に懐疑的な見解を示しながら後段では
>行政のトップは民主主義で選ばれるべき
なんだとさ
それが政府が大政奉還するって事かい

90 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/11/19 22:05 ID:1Ph9wNkH
>>88
ということは、
質問に対する答えは用意してあるけど、
こたえる気は無いというように理解してよろしいのですか?

それとも・・・答えはなんにも考えてないとか・・・
根拠無し?

91 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/11/19 22:09 ID:1Ph9wNkH
>>85
>優秀な人間よりも劣った人間の方が人数的に多いだろうと私は捉えているし
優秀な人間の定義は?
>民主主義とは独裁による間違った方向に行くことを防ぐのに相応しいというだけで
民主主義も独裁制を生みますが・・・
>長期戦略などは生まれないだろう。
誰がトップでもなかなか・・・

92 :朝まで名無しさん:02/11/19 22:09 ID:w4ZVFfEW
>>88
単に民主主義批判をしているだけであって、それに変わる「何か」を提示している
ようには見えません。
史上一回も独裁したことがない(?)という天皇観の評価はともかく、独裁をしない
のであれば、一体誰が天皇の政治を「補弼」するのか言わないと話になりません。
その文だけでは、単なる「民主主義批判」で、昔から言い古されてるものです。
>君のように質問しかしない人間には興味がありません。
跳ね馬さんの持論は首相公選論だったかな?
質問としては極めて重大なものであると思いますから、答えるべきだと思いますが?

93 :朝まで名無しさん:02/11/19 22:13 ID:JdQxloA0
>>1
日本政府は大政奉還せよ
って言いたかっただけで、それに変わる具体的な政体まで考えていなかったんじゃないの?
まあ、それは幕府に大政奉還を建白した山内豊信もそうだった訳だけど

94 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/11/19 22:15 ID:1Ph9wNkH
>>93
責任感に欠けますね・・・

95 :えICBM:02/11/19 22:20 ID:UPssgU6A
私としては大政奉還よりも前の状態である江戸幕藩体制に戻したほうが良いと思う。
地方地方に自治政府としての藩があることによって、様々な行政の実験が行なわれ良い例を他の藩が取り入れる。
事実日本が明治維新に成功し諸外国による植民地化を防げたのも少数の藩が進んだ改革を行いそれを回りの藩が取り入れたからだ。
大政奉還では所詮今と同じ中央主権体制で代わり映えなど無い。

96 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/11/19 22:24 ID:1Ph9wNkH
>>95
それは連邦制のようなものかもしれませんが、
仮に一つの藩で民意に反する何らかの問題が起こったときに、
其れに対する対処というのはどのようなことが考えられますか?

その「幕藩体制」ではリコールはできるんでしょうか?

97 :85:02/11/19 22:27 ID:j1vvO516
>>88
誰かに期待するというんじゃなくて、もっと主体性を発揮すべきということなんだろうね。
今回の拉致問題に関する世論に対して、政府も反応したではないか。
マスコミの態度も変わった。現状に満足して胡坐をかいていたのか、どうせ何も変わらないと
諦めていたのか知らないが、国民の意識が変われば動くものはちゃんと動くということが
分かったではないか。
これはとんでもない方向とは思えんが。

統帥権干犯問題みたいなやつは、要するに役人が自分たちの既得権益のために
利用するってことだ。だから常時チェックしてないとだめなのだ。一人でできるもんじゃない。

98 :朝まで名無しさん:02/11/19 22:27 ID:Z3u2SLi1
大政奉還なんてしてみろ。
欧米から反動的といわれて(特にアメリカ)、
格好の攻撃材料を与えることになるぞ。

99 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/11/19 22:30 ID:1Ph9wNkH
>>98
まぁ、政体の変化、特に民主主義からの脱却は
国際平和の安定という観点から見れば混乱を招く方向ににみえるでしょうね。

当の本人がどう思おうが・・・

100 :えICBM:02/11/19 22:30 ID:UPssgU6A
>>96
当然民意に反する問題も出てくるだろう。
しかしそれはその藩内だけの問題であり、他の藩がそれを選ばなければ良い。
どのような制度にもリスクというものはある。
中央集権は権力が強大となり強い国力を持てるかも知れない。
しかし反面改革ということがし難い(出来ない場合も多々ある)制度でもある。
一方幕藩体制なら藩内の改革だけなので比較的容易に行なえる。

これを簡単な言葉で言うと地方分権だが、本質は多様性のあるシステムである。

101 :えICBM:02/11/19 22:31 ID:UPssgU6A
>>100
ミスです、>>99へのスレです。
さらに補足。
多様性のあるシステムとは生き残り易いシステムでもあり。

102 :えICBM:02/11/19 22:33 ID:UPssgU6A
>>101
ミスです、やはり>>96へのレスです。
ぼけてます。

103 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/11/19 22:35 ID:1Ph9wNkH
>>100
そういうことではなくて、
民が苦しむようなとことが起こったときに、
それを排除できるシステムをどうするのかということなんです。

江戸期は問題のある藩を一応幕府が取り潰しや藩替えをしましたが、
その役目をどうするのかと・・・

104 :朝まで名無しさん:02/11/19 22:36 ID:U4aVsW3k
仮に江戸時代と同じ行政単位とすると約300だ
それぞれ独自に立法権、司法権、行政権を持ち、軍隊を持つ(非武装中立藩も有り)
通貨発行権も持つし、税制もそれぞれ独自だな
ただし外交権は原則として幕府(中央政府)が持つ
藩主は民主的に選ばれてもいいし、専制君主でもいい訳だ
ただし藩主の家族は東京に住む事が義務付けられ、藩主も一年毎に東京と地元を往復する

105 :えICBM:02/11/19 22:37 ID:UPssgU6A
>>103
うーーん、どうなるんだろうねぇ?
やってみないとわかんないだろうねぇ。
周りの藩が干渉するってのが現実的かな?

106 :朝まで名無しさん:02/11/19 22:37 ID:QZScDNW7
現状では次の次の天皇が天皇家の血を濃く継いだ彼である以上、
大政奉還はまずいかと。

107 :えICBM:02/11/19 22:40 ID:UPssgU6A
>>103>>104
中央に幕府を置くのはいいのだろうか?
幕府は所詮中央政権であったから改革など上手く出来なかったし、変化に耐え切れず滅んだ。
となると江戸の幕藩体制より戦国期の群雄割拠の法がいいかな。
しかしそうすると国内は動乱かぁ。
やっぱり江戸幕藩体制だな。

108 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/11/19 22:42 ID:1Ph9wNkH
>>105
それはやはりリコールというものが出来なければ意味が無いでしょうね・・・
干渉とはいえ、それはいさかいを起こす原因となるので、
干渉の仕方も難しいでしょうね。
かつて起こったような叛乱/政権奪取のかわりにリコールの講師により新政権を作る。
彼らが他藩に援助(人的・物的)を要請。って感じですかね。

また、この際にも他藩に実質的な権力を奪われないようにすることも考えなければなりませんけどね・・・

>>104
専制君主はとかく世襲になりやすいですね。
また日本で軍隊をもつことは出来ないでしょうが・・・

109 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/11/19 22:46 ID:1Ph9wNkH
>>107
幕府、といいますか中央政府を置くことはいいと思うのですが、
極力藩に対する干渉は避けなければならないでしょうね。
そうしないとただの中央政権に成り下がるでしょうから。
そして、やはり其の政府の元首は民から選ばれたほうがいいかと。

後、中央政府の役割も制限したほうがいいかも。
国外に対しては外交などのグランドデザインを描く等の。
国内に対してはより活性化するためのレールを引く等の。

110 :えICBM:02/11/19 22:46 ID:UPssgU6A
>>108
江戸期の人間には民主主義という概念がなかった。
しかし現代に生きる日本人にはある。
当然幕藩制となっても政体は民主主義になるだろう。
そして民主主義を維持するルールである、選挙やリコールなども制度化されるだろう。


111 :えICBM:02/11/19 22:50 ID:UPssgU6A
>>109
外交窓口は必要だね。
えーーっと・・・・
いっそのこと天皇にでもするか?
わっはっは。

112 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/11/19 22:53 ID:1Ph9wNkH
>>111
多分最も重要なことは権力の集中を避けること。
責任所在の明確化と早急に問題を処理できる体制(人事を含めて)。
あとは、より多くの民の参加でき、活発に意見交換が出来る体制。
ですかね。

でしたら天皇でもかまわないかと・・・

113 :跳ね馬 ◆fpnQgj0m8M :02/11/19 23:01 ID:XjeCMYXB
>>92
首相公選というわけでもないんですけどね。
行政の長、司法の長、立法の長はそれぞれ別々に選出された人物が就いて、それぞれの
職が相互に牽制するような形にするのが好ましいと。
行政と立法の距離が近すぎる現在の形よりも首相公選なり大統領公選なりにすれば、
その人物は選挙区以外の選考も受けるわけですから、選挙区代表である国会とは異なる
利益を代表することができる可能性が出てきます。そこに期待したいな、と。

114 :えICBM:02/11/19 23:01 ID:UPssgU6A
>>112
私が最も重要とするのは権力の集中を避けるというか、諸藩が自治政府を持つことによる様々な
政策の実験とそれを周りが取り入れることによる変化の早い制度である。
だからそれ以外はあんまり考えてない。

115 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/11/19 23:04 ID:1Ph9wNkH
>>114
方向性は私も指示しますね。
あとは詰める事かと・・・

116 :えICBM:02/11/19 23:10 ID:UPssgU6A
>>115
地方分権論ということで話は出てるし国会で議論もされてる。
ただこのスレが大政奉還スレだったので戯れで幕藩制としただけで、本質は地方分権をどう制度化するかです。
思うに人類の文明の中で多くの繁栄した国々があったがそれらはほとんどが中央の官僚が腐敗しつぶれた行ったと思います。
現在の日本もまさにその状態で今のままの官僚制では衰退してもおかしくありません。
ただしこの地方分権の議論をする際官僚が関わることによって骨抜きにされるのは確かでしょう。


117 :朝まで名無しさん:02/11/19 23:15 ID:kDv5ruob
廃県置藩構想
今は
国 都道府県 市町村 
という行政単位な訳だけど、これを
国 合併等で今より広域かつ人口の多い基礎自治体(仮に藩とします・w)
の二つにします
今都道府県が行っている事のうち、なるべく多くを藩に移管します
メリット 行政のシンプル化、効率化とかいろいろ
デメリット 小さい政府に逆行する可能性、行政サービスの低下の可能性とかいろいろ

アメリカみたいな広い国と違って日本は基礎自治体と国という2段構えでも充分ではないかと

118 : :02/11/19 23:24 ID:j1vvO516
道州制っていう言葉が出てこないのは、理由があるんですか。

119 :跳ね馬 ◆fpnQgj0m8M :02/11/19 23:25 ID:XjeCMYXB
>>118
2chでは何故か非常に嫌われてます。
大統領制も同様です。

120 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/11/19 23:30 ID:1Ph9wNkH
>>119
権力が集中さえしなければ賛成しますよ。

121 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/19 23:33 ID:5cQ1qa6y
賑わってるような、乗っ取られかけてるような・・・。
個人的には性善説よりは性悪説なんだけどね。
仕方ないことだけど、私利私欲を追求するかぎり、人は性悪だと思う。
確かに海外の王室には、ときどきとんでもない王様も出現してるよね。
ただ、日本の天皇陛下に関しては、私人として振舞うケースはあんまりないと思うよ。
記紀の時代を除けば、どの時代にあっても、とくにおかしなことはないんじゃない?
日本独特の政治システムで、例えば平安時代とかでは、くるおしい振舞いのあるような
場合には、ちゃんと譲位されてるもの。
別に、大元帥陛下がイイなんて言ってないからね。
それから、連邦制みたいな地方分権は支持できないな。
少なくとも○野県みたいに変な知事が選ばれるうちは絶対反対だね。

122 :えICBM:02/11/19 23:33 ID:UPssgU6A
>>11
大政奉還スレなんだからそんな野暮な言葉を使ったらだめじゃん。

123 :118:02/11/19 23:34 ID:j1vvO516
>>119 ありがとうございます。

124 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/11/19 23:34 ID:1Ph9wNkH
>賑わってるような、乗っ取られかけてるような・・・。
自らちゃんと議論しようとすれば賑わいますよ。。。

125 :えICBM:02/11/19 23:34 ID:UPssgU6A
>>122訂正
>>118
大政奉還スレなんだからそんな野暮な言葉を使ったらだめじゃん。

今日はミスが多い・・・

126 :118:02/11/19 23:38 ID:j1vvO516
>>125
なるほど、そっちだったか。

127 :えICBM:02/11/19 23:41 ID:UPssgU6A
私は天皇制反対論者なのだがふと思った。
もしかすると日本は地方地方に独立した自治政府を持ち、天皇の権威の下統合するのが自然の姿なのかもしれない。
考えて見れば私の天皇制反対の根拠は中央集権国家による天皇の神格化であり地方地方に独立政府があるならその心配は無い。

128 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/11/19 23:43 ID:1Ph9wNkH
>>127
私が天皇制に消極的賛成なのもその理由。
しかし、将来的にそういう意味での天皇の存在意義が無くなれば、
天皇制自体はなくなってもかまわないと思いますね。

129 :朝まで名無しさん:02/11/19 23:46 ID:cnoxcAVC
>>127
私は天皇制反対論者ではないのだが、その案はなんか "emperor" ぽくて
カコイイな。

130 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/19 23:54 ID:5cQ1qa6y
もし陛下がいらっしゃらなくなったら、日本の歴史の連続性が断たれちゃうよ。
日本が日本ではなくなる、と思うな。
この国は現在を生きる我々のものだなんて、思い上がってもいないし。
さらには生憎、人民史観ではないのでね。
妖しい芸能人が選挙で勝つような状況での地方分権はやめとこうよ。

131 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/11/20 00:01 ID:4WJk9Y67
>>130
>もし陛下がいらっしゃらなくなったら、日本の歴史の連続性が断たれちゃうよ。
日本の歴史の連続性って何ですか???
>日本が日本ではなくなる、と思うな。
>この国は現在を生きる我々のものだなんて、思い上がってもいないし。
人々の価値観の違いじゃないですかね?
日本が日本たる所以は・・・っていうのは十人十色でしょうから、
ある意見がが自分の意見と違うと思うのであれば、
多数派をしめない限りは多くの人々にとって現実的に思わないでしょうね。
>妖しい芸能人が選挙で勝つような状況での地方分権はやめとこうよ。
理由は?

132 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/20 00:24 ID:R2DvgQaN
日本の歴史の連続性とは、神話の時代からず〜っと変わらず、いつの時代もみやこには、
お上がいらっしゃる、ということですよ。
で、妖しい芸能人の当選についてですが、これは残念ながら、有権者のほうに問題があると考えますね。
当選したからには絶対的に正しいのだとは、いっさい思いません。
もちろん、多数決で勝ったという事実だけは認めざるをえませんけど。
○野県の選挙では、マスコミを動員した戦術に、かなりあざとい印象を受けました。
ひとりひとりの有権者が、絶対的に尊いとも思いません。性悪説ですから。
まあ、日本人の質的低下を嘆いておるわけです。

133 : :02/11/20 00:24 ID:F6jE7XWt
おれ様にまとめてもらおうか


134 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/11/20 00:48 ID:QYiZjZOB
>>132
私は天皇がいなくても歴史の連続性は守られると思いますけどね。

歴史の連続性は結局「意思の連続性」でしょうから、
文化や民族性、国家としての独立さえ守られていれば
「歴史の連続性」は守られるんじゃないでしょうか。

歴史は神単体のみで存在するのではなく、
歴史は天皇のみで作られう訳ではないですから・・・

また、当選したからといって絶対的に正しいと思う方は少ないのではないでしょうか?
特に民主主義では。アメリカなどは少々趣が違うのでしょうが。
田中知事の場合も正しいと思って票を入れたというより、
田中知事の仕事振りを見るには不十分だったという面があると思います。
それ以上の働き振りをする知事候補を相手が出せなかったことに議会側の問題があるでしょう。

一人一人の有権者が絶対的に尊い訳でもなく、
一人一人の有権者が国のことを考え行動することが尊いのだと思います。

コレを書いていて思ったんですが、少々「絶対的」という言葉の使い方について疑問をもちましたね。
いまどき、「民意を反映して当選したことが絶対的に正しい」「有権者は絶対的に尊い」
と「極端に」思ってる人はいるのでしょうか?
まさに、そういう認識のほうこそ思考力の低下を表していると思いますが・・・

135 :朝まで名無しさん:02/11/20 00:51 ID:pm+9ZVRS
>>134
それは違うと思いますね。
たとえば、イギリスに王室がなくなったら、それは今までのイギリスとは違う感じがしませんか。
表面上は同じに見えてもね。多数の人はそう感じないと思います。

136 :えICBM:02/11/20 00:53 ID:lY8jHj8G
>今までのイギリスとは違う感じがしませんか。

それでもイギリスはイギリスだ。

137 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/11/20 00:57 ID:QYiZjZOB
>>135
歴史の連続性とは一種の精神的なものではないんでしょうかね?

わたしはそう思いますが、
日本から大和魂が消えたら、
また日本人が日本の歴史を作ることを諦めたら歴史の連続性がたたれたと思いますね。

其の目に見える姿としては正統的な政府があるかないかだとは思いますが。
だから私は「国家としての独立」と書いたんですが・・・

ポーランドは歴史の連続性は失われたことがあると思います。
ドイツやロシアによる分割によって。

従って、天皇家が無くても歴史の連続性は失われないと思いますね。
それによって日本の国家としての独立性さえ失わなければ。

138 :朝まで名無しさん:02/11/20 01:15 ID:9KAXhDo2
>>1
あなたが具体的に何をどう考えているかわからないが、あなたの様な陛下の権威を利用して国をどうにかしようとする輩は許せない。
そういう思想・行動が皇室の安泰、天皇制の存続を危うくするのだと気付くべきだ。
あなたが陛下の権威を認め、皇室の安泰と天皇制の存続を願うならそういう言動は厳に慎むべきである。

変わらなくていけないとしたらそれは制度、政体ではなくまず国民自身である。
陛下も「大政奉還」など望んでいないのは自明であろう。
あなたの様な思想の方を陛下がどう思っておられるか。
天皇主権への回帰など陛下が望んでいると思うのか。
陛下の御心を煩わせる事なく国を運営していくのが国民の務めである。
姦計をめぐらし、政治に陛下を利用しようなどとは不敬にも程がある。
陛下の権威を利用して国家の転覆を図らんとするあなたは国賊である。

最後に今上陛下ご即位にあたって述べられたお言葉を引用しておく。

さきに、日本国憲法及び皇室典範の定めるところによって皇位を継承しましたが、ここに「即位礼正殿の儀」を行い、即位を内外に宣明いたします。
このときに当たり、改めて、御父昭和天皇六十余年にわたる御在位の間、いかなるときも、国民と苦楽を共にされた御心を心として、
常に国民の幸福を願いつつ、日本国憲法を遵守し、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓い、
国民の叡智とたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。



139 :えICBM:02/11/20 01:20 ID:lY8jHj8G
>>138
私は天皇制反対論者だが、あなたのような真剣に天皇の立場を考えてる人がいることに安心感を覚えます。


140 :朝まで名無しさん:02/11/20 01:30 ID:5oP7VNoX
>>138
「立憲君主国家」、の保守派としては
模範解答といえるな。

141 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/20 12:30 ID:uacxlbwL
昭和から平成に変わってしばらくすると、昭和を時代として意識するようになった。
人心頽廃の極みにあって、今よりは健全であったろうかつての時代を懐古するとき、
道徳の中心にはその時代ごとの陛下がいらっしゃったように思うわけよ。
確かにいきなり大政奉還されちゃっても、陛下ご自身お困りだと思う。
国民がまともな政権を創りあげられたら、それは素晴らしかろう。
現在の政治形態はほぼデフォールト状態だと思うし、国民も堕落したと思うし、
改善の手段として、まず、かつての日本らしさを取り戻したいんだけどねえ。
この国の歴史の連続性を保つためにも。
昨今の世相を見て、今この国がいい方向に進んでいるようには思えないしね。

142 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/20 12:35 ID:uacxlbwL
あ、それから、○野県の選挙に関してのマスコミの姿勢は、
「民意を反映して当選したことが絶対的に正しい」「有権者は絶対的に尊い」
と「極端に」
解釈したもののように、思考力の低いわたくしには思われました。

143 :えICBM:02/11/20 12:36 ID:lY8jHj8G
>>141
君ならイスラム原理主義の元に政策を行なったタリバンの良き理解者になるだろう。

144 :名無し:02/11/20 12:55 ID:4VaE/Lwd
>1 政治制度に無知だな。
政府は政府だよ。大政奉還などありえない。
不可能だ。


145 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/20 13:10 ID:uacxlbwL
タリバンについてはあまりよく知らないし、イスラム教の関係することですから、
なんとも言えませんけどね。
で、スレタイは、「政府は大政奉還が妥当なくらい腐っとる」ぐらいの意味でしょ。


146 :朝まで名無しさん:02/11/20 13:21 ID:wuFdqJ8Y
正しい社会主義国日本きぼんぬ

147 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/20 13:45 ID:P+mG0gBL
社会(共産)主義って一神教でしょ。
日本にゃ合わないように思うけど。
スターリンとか毛沢東とか、そこらじゅうに銅像建てたり巨大壁画掲げたり、
やってることもあの評判の悪いヒトラーと大差ないしね。
身近なところでも、子供の学校の生徒会にまでなぜか「書記長」があったりしてさ。
日付書くときはなぜか、2002・11・20と点でつなぐとか。
窮屈だと思うけどなあ。

148 :朝まで名無しさん:02/11/20 14:57 ID:5oP7VNoX
>>147
八百万も天皇を窓口だと思うなら、一神教と変わらんのだよ。

昭和維新を叫んだ連中なんてのは、社会主義者だ。
そこら辺は日本も、人の事は言えまい。

149 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/11/20 20:18 ID:QYiZjZOB
>>142
なら貴方の思考力を高めることからはじめなければ・・・
>>147
>社会(共産)主義って一神教でしょ。
使い方を間違ったらそうなることの見本があるだけでしょ・・・

なんだかなぁ、ネタスレですねこれでは。
言いっ放しのスレ・・・

150 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/20 20:27 ID:SoYL5Whb
>149
とりあえず、某知事についての、思考力の高い方の見解をご披露くださいな。
それから、うまくやってる社会(共産)主義の例も教えてくださいな。


151 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/11/20 20:44 ID:QYiZjZOB
>>150
・・・?
>>134参照。

>それから、うまくやってる社会(共産)主義の例も教えてくださいな。


社会(共産)主義って一神教でしょ。
スターリンとか毛沢東とか・・・(>>147)

使い方を間違ったらそうなることの見本があるだけでしょ・・・(>>149)

上手くいった例を挙げなければならない必要性が何処に・・・

とりあえず勉強して。
視野を広げて見ることが重要そうですね・・・

152 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/20 20:53 ID:SoYL5Whb
>151
だから、視野も狭くて思考力が低いんだから、わかりやすくお願いしますよ。
もったいぶらないで、どうか教えてくださいな。
言い放しはナシってことで。
お願いしますよ。

153 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/20 20:58 ID:SoYL5Whb
そろそろ退勤時刻なんで、また明日にでも、お願いしますね。

154 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/11/20 20:58 ID:QYiZjZOB
>>152
何を?

155 :朝まで名無しさん:02/11/20 21:03 ID:SoaI5gc+
>>150
>それから、うまくやってる社会(共産)主義の例も教えてくださいな。

中華人民共和国
社会主義市場経済は成功している。(様に見える。今のところは。)


156 :朝まで名無しさん:02/11/21 00:23 ID:jJAtTqcc
そもそも社会主義、共産主義、資本主義、自由主義、民主主義、全体主義、個人主義、
あと何かあったかな、
現在飛び交ってる「主義」はいろいろあれど、明確に区分されているのかな。
俺的には立場によってそれぞれの定義からして違うような気がする。
政治の話をするときと経済の話をするときと、意味が違ってたりするんじゃないのかな。


157 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/21 08:52 ID:WMba6jJe
文化大革命も含めて成功だったら、ポルポトなんかは大成功ですかね?
それから、142に対する御解釈をぜひ、紫陽花 ◆jZDST.Etss 様にお願いしたいです。
>156
概ね同意します。境界はグラデーションみたいなものだと思います。

本題に戻って、米国のような二大政党の環境だったら、今よりはマシかもしれませんね。
もちろん、米国がいいとは思いませんけど。

158 :朝まで名無しさん:02/11/21 10:14 ID:IH2fqvFT
>>157
文革については中国共産党も失敗を認めている(というか批判してる)んじゃないの?
ただ、中国が現在GDPで世界第6位なのは事実だね
今後もこのまま経済成長を持続しつつ社会主義を守れるのか注目しているけど、社会主義市場経済は根本的に矛盾を孕んでいるから、いずれ経済か体制、どちらか(もしかすると両方)が崩壊すると俺は思うけどね

二大政党制と多数政党制、どちらにもメリット、デメリットがあるからどちらがいいとは一概には言えないんじゃないかな

159 :朝まで名無しさん:02/11/21 10:38 ID:jJay5n9T
>>151
>上手くいった例を挙げなければならない必要性が何処に・・・
>とりあえず勉強して。
>視野を広げて見ることが重要そうですね・・・
まず現実をみることをおすすめする。

160 :朝まで名無しさん:02/11/21 10:57 ID:D0raZEs3
明治政府は立憲君主制をいいことに偽勅を出しまくりだったな。
今度やるときは専制君主制キボン。

161 :朝まで名無しさん:02/11/21 11:08 ID:DJzjk/gn
経済自由競争社会に「平等」なんてのは矛盾してない?
平等を言い始めると共産主義もありあるんじゃない?

162 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/21 11:16 ID:WMba6jJe
行き詰まったときに、勅令で解決!という手法は、昔確かにしてたと思う。
やっぱり、陛下に世俗的決断をお願いするのはよくないよ。
組閣なんかの勅令をお願いするのもよくない。
とはいえ、年頭に「今年も頑張って国を盛り立てよう」とか、震災時とかに、
「国を挙げて、救助を急ごう!」とかの勅令はあってもいいと思う。
現行の「お言葉」よりもずっとイイと思うけどなあ。
カリフ&スルタン制なら兎も角、専制は日本には無縁じゃないか?
陛下もお望みじゃないって。

163 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/21 13:38 ID:tpRfDyhM
いきなりこんなにレスがついたので読むのも面倒くさいですが、取り敢えず、
>>89
君は国のトップと行政のトップの区別がついていないだけだ。

>>90
君の具体論がよく見えん。そういうのは反論にもならん。

164 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/21 13:53 ID:1teej0Xy
で、復古調でわるいけど、行政のトップの名称は、左大臣にしよう。
おふざけじゃなくって、これも日本の伝統だと思うよ。
それから、社会に勲功あった国民には、生きてるうちに官位を授与すべきだな。
田舎の村長さんとか小学校の校長先生でも、例えば肩書きが
 従七位 ○田○郎先生
だったら、愛国心が奮い立つと思うんだけどねえ。

165 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/21 14:01 ID:ZebmO5Uo
私的には、大政奉還=天皇陛下の政治などとは全く考えてない。そして民主主義
だけを志向の制度と捉えずに、君主制に対する歯止めの役割と捉えたい。

今の国会に無理を感じるのは国の議論をする場のはずなのに、実際には国会議員と
いうのは地方のことを最優先に考えている。
ならば、大政奉還した後の次の体制では、いっそのこと地方の最優先に考えても
いい議会を作ればいい。私的にはそれは都道府県知事か、それが指名した人間
だから副知事達による議会だ。ここで地方優先の道路でも何でも法案を作っておけ。
それと別に国のための国会議員を選ぶための選挙による議会の必要性を感じる。
これは全国統一選挙だ。言葉の意味があってるか知らないが。
昔の貴族院と衆議院に対して、国と地方に議会を分けるべき。今の衆参は分けてる
意味がわからん。如何に地方から離れて国のことを考える国会議員を作るシステムに
するか。を念頭にした。

166 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/21 14:39 ID:ZebmO5Uo
>>164
なるほどです。大将の発言はいつもすごいですね。

恐らく全国の中学生が公民を習ったときに疑問に思ったはずだ。三権分立と言うが、
現実はどう見ても二権分立になっている。実際は国会の大多数をしめる与党の総裁と
政府の首相が同一人物なのだから。
私的には三権分立どころかもっと分けたいものだ。現状でもう一つ国の大きな要素と
して独立しているのが日本銀行券を発行している日本銀行だ。ここと金融あたりを
一緒にして独立させるべきだ。国の収入になる税関係までも一緒にするといいかも
知らない。
これはともかく、行政・政府のトップは直接的に選びたい。議会との癒着から離し
たいからだ。なので議会への拒否権は持っている。
で天皇陛下の役割は何かと言うと、国の長期戦略を議会に勧告する役割であって
貰いたい。行政にはノータッチでいいのだ。諸外国から見れば日本の政府のトップ
がコロコロ変わる今のような状態で国が揺らいでいるほど都合がいい。そうならない
ためのシステムとして最善の役割が天皇陛下の存在なのだ。
天皇陛下に拒絶反応がある愛国者が多いならば摂政でもいい。とにかく国を安定した
立場から将来的な国のあり方を語る存在が必要だと言うのだ。

167 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/21 14:58 ID:ZebmO5Uo
>>138
本来ならば国民が国のことを憂い、国の安定、繁栄のために務めるのが義務でしょう。
しかし現状ではたった1ヶ月もしない内に北朝鮮に対する世論が一変するほど、
世論とは信頼の出来ないものだ。別にそれで構わないし、その上に日本の政治が
行われて国全体がふらふらとしていても良いというのならば何も言えないが、
そういう政治が続いたからこそ世論を甘くみた政治家がこれまでのさばっていたのだ。
これはシステムから変えないとならない。そして当てにならない民意や私利私欲の
一部の人間に寄らない国としての政策が必要だと言うのだ。

168 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/21 15:15 ID:plL1vBtL
その通り!
もっと国益を考えるべき。
自分の行動を律するにあたっても、「国の恥」という気持ち、あるいは
国民として恥ずかしい、という気持ちを決して忘れるべきではないね。
国際益、地球益なんてものは、国益が完璧に保てたアトの話と思う。
そして地方益を国益に優先させることはできないね。
個人的には「地球市民」感覚はいっさい持ってないつもり。
もし宇宙人が攻めてきたら、ハナシは別だろうけどね。

169 :朝まで名無しさん:02/11/21 15:19 ID:hRqwUNei
議員内閣制である以上、議会と政府がある程度癒着するのは制度として止むを得ないのではないか
議員内閣制にも米・仏のような大統領制(首相公選制―行政府を立法府から切り離す)にしても、どちらにも良い面、悪い面があると思う
ただ、日本は内閣総理大臣の政治権力が弱いと感じる
米国の大統領の様に我が国も首相に一定期間政治権力を集中させ、思い切った政策が実行できる様にした方がいいのではないか
要は法の運用次第という面もあると思うが、必要であれば首相公選制を導入してもいいと思う

170 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/21 16:58 ID:yN0TVLq+
不勉強なのですが、首相公選って現行憲法下で可能なんでしょうか?
現行の制度では、”内閣は国会に対して責任を負う”でしたっけ?
お得意の憲法解釈変更で乗り切れるのかな?

171 :朝まで名無しさん:02/11/21 17:01 ID:DIbIqIdQ
>>168
その理屈を敷衍すると
国益は地域益、市民益、家族益、私益が完璧に
保てたあとの話ということになります。

172 :朝まで名無しさん:02/11/21 17:25 ID:KWrjCmlC
日本政府の大政奉還には賛成
その後どうなるかはわからんが、
現在の状況がダラダラ続くよりまし

173 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/21 17:33 ID:yN0TVLq+
>171
ええっ?どうして?
>そして地方益を国益に優先させることはできないね。
は、国益<<地方益 と解釈されちゃう文章なの?
家族益・私益には言及しなかったけど、国益を優先させにゃあならない場合
もありうる、という覚悟を国民は持っておくべき。

174 :朝まで名無しさん:02/11/21 17:37 ID:DIbIqIdQ
>>173
そんな場合はない。

175 :朝まで名無しさん:02/11/21 17:41 ID:DIbIqIdQ
>>173
しかし、なんで国益の所でとまるのでしょうな。
不思議な理屈です。地方益と国益が対立したら
なぜ、地方益を優先しちゃいけないんです。
例えば、東京都ですが、裁判に負けたとはいえ
銀行税なんかぶち上げて国と対立しました。
東京都の税収と言う地方益のためにお上にさからったわけです。
あの種の行動は許されないと?

176 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/21 18:10 ID:ZebmO5Uo
私的には地方の生活に密着した利益の話と国家としての国益の話は全く別
として捉えた方がいいんじゃないかと思う。
確かに地方と国とでぶつかる話も出てこよう。いくら地方が道路が欲しいと
言っても無条件にそれを作っていれば国の財政は破綻する。しかし地方活性化
のためにはやはり必要なものだ。
だからこそ議会を地方の代表と国の代表に分けるのだ。
国力増強のためには地方の活性化も必要なので地方の代表は充分議論しとけ。
そうすりゃ文句も出んだろ。


177 :朝まで名無しさん:02/11/21 18:18 ID:IH2fqvFT
かつて参議院には全国区という選挙制度がありました
上位の当選者はタレントなど有名人ばかりでした

178 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/21 18:29 ID:ZebmO5Uo
>>168
いつも賛同してくださってありがとございます。首相公選については小沢一郎は
それをやると選ばれた人間が国の君主になってしまい、立憲君主制に矛盾
するから駄目なんだと言っていた。私的にはその理屈の方がわけわからん。
あまり納得できる首相公選違法説を見たことがない。知らんだけかもしれんけど。

内閣は国会に対して責任を負うってのも詰まるところ内閣は政府と国会の間に
位置するような飾りみたいなもんであって三権分立は完全に無視されている。
だからそこ地方から選出されたような人間が政府にまで影響をもつから
挙げ句に国がズタズタになったのが今の現状なのだ。
内閣ってのは政府つまり国にに対して完全なまでに責任を負う存在であるべき
なのだ。国が地方選出の人間の責任を持つってのが完全な欠陥なのだ。


179 :朝まで名無しさん:02/11/21 18:37 ID:o+jU7iGg
>>169
議員内閣制をやめるなら当然憲法改正が必要だよ
ただし首相を国会議員の中から国民が直接選び、それを国会が(儀式として)議決するというルールを作れば(法制化すれば)或いは可能かもしれない
だけど、ただでさえ形骸化していると言われる憲法の精神を益々ないがしろにする事になるでしょう
やはり首相公選を導入するなら憲法改正は必須ですよ

しかし、国家の在り方を議論するなら現在施行されている憲法ぐらいは理解しておいた方がいいんじゃないですか
もちろん議論に参加する資格がない、などと言うつもりは毛頭ありませんけどね

180 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/21 18:39 ID:yN0TVLq+
>175
国益を国際益よりも優先させるのに、何の不自然も自覚しておりません。
生憎、コスモポリタンでも無欲な慈善家でもありませんから。
それから、有事に備えた法整備は当然、急ぐべきだと思いますよ。(<173)
石原知事の胸中に、”国益よりも地方(東京)の利益”とか、国への反抗とかいう
意図があったようには思えませんが。
あれは大銀行に対して作為的に施行されたものと解釈しています。
ところで、自民党執行部や族議員、あるいは省庁の官僚たちにタテついたら、国益を損ね、
国に反抗したことになるのですかね?
>おれ様
当然ですよ!シンパ1号ですから。
2号、3号と登場してくれたらいいですね。

181 :朝まで名無しさん:02/11/21 18:40 ID:rHKmNOn+
国民が直接首相を選んでも天皇が任命すれば何も問題ないと思うけどね。

182 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/21 18:41 ID:ZebmO5Uo
>>177
だからこそ選挙で選ばれた左大臣や議員に完全に政治を委ねるのではなく、
そのまた上に1人の国策を勧告する立場の人間が必要になってくるのだ。
行政にまではタッチはしないが首相や議会はそれを国是として捉え、
その目標を達成する義務がある。しかしもちろんそれが全てではない。

183 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/21 18:44 ID:ZebmO5Uo
高円宮さまが倒れられたそうだ。


184 :朝まで名無しさん:02/11/21 18:48 ID:hRqwUNei
かつて日本には枢密院という制度がありました
枢密院と内閣が対立し国政が混乱した事は一度や二度ではありません

185 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/21 18:54 ID:ZebmO5Uo
>>184
ありがと。素人なものでそういうお話は有り難いです。

高円宮様、心筋梗塞らしい。意識不明。

186 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/21 18:54 ID:yN0TVLq+
知名度だけで投票するのはやめよう!
言ってることはあの羽柴秀吉と大差ないのに、得票では雲泥の差になる。
ふだん芸風の不真面目なタレントが、選挙になって急に深刻ぶったところで、
誰が投票などするものか!
それが有権者の良識ってやつじゃあないんですかね?

高円宮さま、だいじょうぶなのかなあ・・・。
そろそろ退勤時刻なので、ひとまず落ちます。

187 :朝まで名無しさん:02/11/21 19:00 ID:vNBl8FCL
このスレ大好き。おれ様と1号がむばれ

188 :朝まで名無しさん:02/11/21 19:38 ID:owIbg4PD
>>182
だから、太政大臣を一体誰にするんだ って話だよ。
選挙で選ばないというのであればね。
陛下に選んで頂く とか言うことになれば、容易に国の乗っ取りが可能になるぜ。

ところで おれ様は、某板でフェミ叩きやってる おれ様か?

189 :跳ね馬 ◆fpnQgj0m8M :02/11/21 22:49 ID:mgPwAiLB
>>162
>とかの勅令はあってもいいと思う。
誰が、どうやって、「あっていい勅令」と「あるべきでない勅令」を分けるのかね?

190 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/22 00:40 ID:2ZAi0olm
左大臣は選挙で選んで、陛下に信任していただくの!
国民の間で評判が悪いようなら、信任していただけないというわけ。
陛下が直接、誰かを指名するような方法は避けるべきと思ってる。
あってもいい勅令を選ばれるのは、そりゃあ、陛下に決まってるじゃん。
「今年も頑張って国を盛り立てよう!」って、言ったらイカンのかね?
それとも、陛下がとんでもない勅令を発布されるとでも言うのかい?

191 :朝まで名無しさん:02/11/22 01:00 ID:q0xMTlh6
左大臣やら太政大臣やらの言葉が出ているが、、、
何れにせよその内容を見ると律令制のものとも大日本帝国憲法発布前の明治政府のものとも全く似ても似つかぬ内容で、ただ名前を復古趣味で古いものを使いたいというだけの様な感じですなあ。

関白職は設けないの?(w


192 :朝まで名無しさん:02/11/22 01:01 ID:PihjHmHK
くそスレあげるな

193 :朝まで名無しさん:02/11/22 01:34 ID:WDsQDPf/
>>1
に賛成!
議員はサルみたいなものだからサルが選んだ総理大臣もDQNばかり。

194 :皇賊皆殺し政策実施中:02/11/22 01:50 ID:Mn9Phs/q
二年後の冬、皇賊に原爆をおとします。ニヤ。

195 :都合がいいだけの天皇を消す会:02/11/22 02:15 ID:0dbJLVgJ
皇族の魂は私が頂きました。
これより、より接近距離での天皇制を破壊する未来を作ることにします。
理由は、あなたが契約を侵しているからです。
死に値します。消滅です。

196 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/22 02:19 ID:2ZAi0olm
>191
じゃあ、Prime MinisterとかPresidentのカタカナ表記にする?
それとも「書記長」がお好みかな?
伝統的な名称も、大切にしようっていうだけだヨ。
>194&195
そんなこと言って楽しいのかい?
じぶんだけ消えちゃえば?

197 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/22 06:05 ID:31vsafce
おれ的には天皇陛下の役割は議会に対する勧告のみだ。この国のあり方、行く末を
語ることで国論がふらつかずに国力増大まっしぐらに国が走るための明確な指針を
示す。こんなことは実際は誰でもしゃべれるのだが、しかし現状は首相が頻繁に
代わりその度ごとに国の指針も変わる。国のトップが頻繁に入れ替わっては強国に
絶対になれない。アメリカのように4年ごとに代わっても民主党になれば明らかに
国の方針が大転換されとんでもない方向に突っ走る。だからこそ超長期的な視野に
立った1人の人間が元首として必要なのだ。今も天皇陛下は元首だが元首として
全く効果的な機能を果たせられていない。

198 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/22 06:13 ID:31vsafce
>>112
あなたはレスの数が多い割には恐らく>>112が最も詳細に具体論を書いたものでしょう。
そして「より多くの民の参加でき、活発に意見交換が出来る体制」が出来ると
どう国にとって良いのか具体的に答えて貰いたいものだ。
よく大勢の意見があれば無条件に最高だと言う人間がいる。末端の現場ではその
方がいいが国のトップに対して多くの民が参加でき、活発に意見交換されたら
まとまるのもまとまらず国の根幹から右往左往するに過ぎない。

199 :朝まで名無しさん:02/11/22 06:19 ID:mLizUjRA
>>197
勧告というのは実に曖昧だよ。
要するに、明治帝下の日本みたいなもんをイメージしてるのかな?

これが成り立つのは、天皇と内閣が、同時に高い能力を有していることが
必要だと思うんだが?

200 :朝まで名無しさん:02/11/22 06:28 ID:mLizUjRA
>>197
勧告は、恐らく内閣の意思を拘束しないという事なんだろうが、法的に
それを明記しても内閣が”高い能力を有し、強い意志を持たなければ”
「事実上拘束」してしまうのはミエミエ。
勧告を受け容れた場合も、悪い結果がでても、天皇は責任を負わないんだろう?

天皇制無責任論を絵に描いたようになる可能性があるが、その点どう思うの?


201 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/22 06:35 ID:31vsafce
>>97
国民が気合いと根性で常に正しい方向に動き、国のためにまっしぐらに突き進む
のならば問題が無いがそんなことは有り得ない。
だからこそ嫌でも国が正しい方向に突き進むための確固たるシステムが必要なのだ。
今のように民主主義だけに委ねた状態では絶対にそれは成し遂げられない。
だからこそその上に超長期的な視野に立った1人の人間が必要なのだ。
始めに天皇陛下ありきではなく、その役を天皇陛下が担うことが最も安全だと
思われる。


202 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/22 06:45 ID:31vsafce
>>200
そういう自分の意見を伴わない反論のための反論には興味が全く沸かないですが、
アメリカの大統領も議会には勧告をするだけだ。

203 :朝まで名無しさん:02/11/22 06:50 ID:PyaFa9Jt
>>88
>なぜならば、優秀な人間よりも劣った人間の方が人数的に多いだろうと私は捉えて
いるし、経営者などの社会のリーダーよりも労働者という自分の生活を最優先に
する人間の方が人数的に遙かに多いだろうと捉えているからだ。

ちなみに貴方は自分の事を「優秀な人間」と思っていますか? 
それとも「劣った人間」と思っていますか? 

204 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/22 06:56 ID:31vsafce
>>203
究極的につまらんことを聞くね。

205 :朝まで名無しさん:02/11/22 06:59 ID:PyaFa9Jt
>>204
そうだね。聞くまでもない質問だね。

206 :朝まで名無しさん:02/11/22 07:04 ID:mLizUjRA
>>202
>そういう自分の意見を伴わない反論のための反論には興味が全く沸かないですが
言いがかり、自分の意見に正当性があると思うのであれば、試験に
耐えるものでなくてはならない。
君は幾つかの、重大な質問から、その台詞で逃げている。
>アメリカの大統領も議会には勧告をするだけだ。
?意味不明。
大統領は行政権を独占してる権力者だぞ?
弾劾裁判の対象にもなる。

207 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/22 07:45 ID:iYAgujEw
>>206
俺から見ると逃げる必要も無いのですが、それとは全く別の話で最大限に
興味がないのだ。なぜなら自分の意見を伴わない人間とはどうやっても議論には
なり得ず、そして議論にならない相手に議論する事ほど虚しい結果になるものは
他にない。その良い事例が>>205だ。
人の意見をとやかく言う前に持論の展開をしてからにしろ。

208 :205:02/11/22 08:01 ID:PyaFa9Jt
確かにどうやっても議論にはならない。
その点のみ同意。

209 :朝まで名無しさん:02/11/22 08:02 ID:mLizUjRA
>>207
議論にならなくても「答える事ぐらい」できるだろう?(苦笑
どうやらフェミ叩きの俺様とは別人だな?

>持論の展開をしてからにしろ
だって、君の「大政奉還しろ〜」っていう持論に対するスレだろう?
天皇制廃止論でも俺は遊んでるが、彼処の廃止派はちゃんと批判すると
応酬するぜ?

つーことで後は夜な。

210 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/22 08:21 ID:iYAgujEw
異論同論関係なく持論も無いのに話にならないというだけなのだが、
正直あとに来なくていい。

211 :朝まで名無しさん:02/11/22 08:41 ID:++UOJTyV
何か一日ぶりにみたらすごい伸びてるな。

結局>1氏とシンパ氏は、イギリス型政治体制にしたいということですね。
そして、反対派はアメリカ型がいいと。それ以外の人もいるでしょうが。

ある程度民度が高いなら、アメリカ型もいい気はしますが、現時点ではイギリス型がいい気がしますね。

212 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/22 08:52 ID:F/7PBugI
まあ、人間の優劣を語ることは、今やタブーみたいなものですが、あいまいな
奇麗ごとで済ませても偽善の香りプンプンですから、言わせて貰いますと、
人格の優劣は確かにあると思いますよ。
善悪ふたつに分けるよりは、当然、色標本的な無段階移行のあるものでしょうけどね。
で、自分自身はけっして劣った人格ではない、という自負はもってるつもりだよ。
少なくとも、憂国の念は持ってるんだから。別にいいでしょ?
ついでに、劣った人格だけど、これは説明不要でしょ。
夜、繁華街にでも行ったら、好きなだけ見学できると思うし、新聞みてもいいし。

213 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/22 08:55 ID:F/7PBugI
すいません。
美術に詳しい人によると、
色標本ではなくて、「色立体」というそうです。
白から黒、赤・青・その他あらゆる色の移行を、立体模型にしたやつのこと。

214 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/22 10:06 ID:iYAgujEw
>>211
私的にはイギリス型のように王が政治に全く口出ししないものでは無いです。
そして反対派の方達はアメリカ型のような強権的な形態ではなく、
トップの権力は弱々しいという今の日本型がいいと言っているように見えます。


215 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/22 10:14 ID:iYAgujEw
>>98
こういう奴は今の憲法を有り難く思っている人間なのか知らないが、
日本が変わるにはどうあるべきかを生まれてから今まで一度も具体的に考えた
事のない人間なのだろう。それに賛同している>>99も同じ人種だ。
だから発言がこの上なく軽い。ガキでも言える内容しか言わない。

216 :朝まで名無しさん:02/11/22 10:18 ID:PihjHmHK
右翼たちによる糞スレ

日本政府は右翼を全員処刑せよ

のほうがいいな。

217 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/22 11:11 ID:F/7PBugI
いちば〜ん左のほうにいる人からみたら、み〜んな右に見える罠。

218 :朝まで名無しさん:02/11/22 11:16 ID:PihjHmHK
一人の右翼による自作自演のスレの気がしてきた

219 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/22 11:28 ID:F/7PBugI
根拠プリーズ!

220 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/22 16:26 ID:pBR4kexB
>200
まあ、愛国者を気取るつもりじゃあないんだけどね、天皇陛下ほど、
国民に対して深い責任感をお持ちの方はおられないと思うよ。
しかし、強い責任感をお持ちなのと、実際の責任の有無とは当然、別物。
仮に政治家が陛下から助言を賜るような場面があったとしても、以後生じる
すべての結果に責任を負うのはその政治家であるべき。
当然ながら、それが潔い姿じゃないかな?
もしその政治家が後日「言外の圧力を感じ、従ってしまった」とか発言するなら、
自分は心底からその政治家を軽蔑するし、彼は日本史に永遠の悪名を刻み込むことになると思う。
陛下が毎日のように勅令を連発して、大いに国民を惑わせたりでもしない限り、
「陛下の責任・・・」てな声は、決してあげるべきじゃないと思う。

自分のレスが続くので、sageときます。

(追)土・日と商用で名古屋方面に行くので、しばし失礼します。

221 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/24 22:59 ID:zEqszsAo
まだまだアイデアがあるというのにまともに意見を言える奴がいなくて困る。
自分の意見もないくせに突っ込もうと思うなどというのは勘違いも甚だしい。

222 :朝まで名無しさん:02/11/26 00:44 ID:Bz92qWsc
 大政奉還賛成

223 :朝まで名無しさん:02/11/26 01:08 ID:opoa8v5m
というか大政ってナニよ?

224 :朝まで名無しさん:02/11/26 01:18 ID:noMmXiGM
はて、なんだろ

225 :朝まで名無しさん:02/11/26 01:21 ID:FLafSz2p
天下の政治。まつりごと

226 :朝まで名無しさん:02/11/26 01:34 ID:ONX5bNRA
天皇逝ってよし

227 :朝まで名無しさん:02/11/26 01:40 ID:Bz92qWsc
しねよ、226!!

228 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/26 08:29 ID:mpFDpS4E
何行かカキコしたら、その一部をつかまえて「それは何?」とかいうパターン
すごく多いですよね。
で、ろくにレスなしで嘲笑してくれたりする。
最後に自分で(藁)とか(W、とか入れてさ。
左寄りの人たちの愛国心とはどういうものか、聞いてみたいよ。
そんなものナイとまでは言わないだろうしね。

229 :朝まで名無しさん:02/11/26 09:00 ID:TsCYgQJ1
ネタスレにマジレス、カコわるっ!

230 :朝まで名無しさん:02/11/26 09:04 ID:AnznmVIl
>>1
それいいね。
小泉や石原みたいなのに任せるより日本が良くなりそうだ。

231 :朝まで名無しさん:02/11/26 09:07 ID:s6CoCsS6
>>230=>>1
自作自演。

232 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/26 10:11 ID:ZwwpJ3A0
>>231
そこまで必死じゃない。

233 :朝まで名無しさん:02/11/26 10:21 ID:v3rUTXhR
大政奉還ってのはどうかな
ありゃ切羽詰まった幕府が土佐の提案にそりゃナイスアイデア!と飛び付いた、ってヤツだろう
所謂政権の丸投げだ
奉還された朝廷も困ったようだし
今で言えば日本政府が宮内庁に政治を任すようなもんかな
だいたい日本政府はずーずーしーから、自ら政権を放り出すとは思えん
まあ、無責任とも言えるし

ここはやっぱり
尊 皇 倒 幕
だろ

234 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/26 11:10 ID:mpFDpS4E
そもそも明治維新は外圧から始まったんだよね。
他にも国学の土壌とか、いろいろあったんだけど。
で、現在、日本近海だけを見ても、スパイ活動やり放題というのが実情でしょ。
現行憲法下で危機的状況に対応できるのかね?
有事法制反対の人たちは、北やら中国の公正と信義に信頼してるのかな?
皆のんきに毎日すごしてるけど、やはり国あっての個人だと思うんだけど。

235 :朝まで名無しさん:02/11/26 11:26 ID:wBAX3fgX
1の主張も案外暴論でもなかったり(w

236 :朝まで名無しさん:02/11/26 14:49 ID:RenrJiTN
「大政」なんぞ「奉還」されても
天皇陛下こそいい迷惑だろう。
そもそも「大政奉還」などといきり立つ奴に限って
「大御心」のなんたるかも知らんものなのさ。

237 :朝まで名無しさん:02/11/26 14:50 ID:RenrJiTN
っていうか
そもそも「大政」とは何で
誰に「奉還」するんだ?

238 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/26 16:40 ID:QjlLM73b
同じ敗戦国のドイツにしても、憲法何十回も改正してるじゃない。
日本国憲法もそろそろ変えたいよね。
不磨の大典として扱うには内容がお粗末だと思うんだけど。
革命政権は希望じゃないので、ひとまず現行憲法の改正希望。
憲法改正に取り組めば、ウヨサヨ含めてひとまずは国民も盛り上がるだろ。
幕末の大政奉還をリプレイせよと言ってるわけじゃあないよ。
(再掲)
スレタイは、「政府は大政奉還が妥当なくらい腐っとる」ぐらいの意味でしょ。


239 :朝まで名無しさん:02/11/26 18:17 ID:VjkXooNt
憲法改正すりゃ景気がよくなるんか?
憲法改正すりゃ日本経済を立て直せるんか?
そうなら大いに改正するべきだ。

政府は今、何をおいてもやらにゃならんのは日本経済の再生。
国の経済がふらついてたら何もできん。

北朝鮮の経済状態を笑ってらんなくなるぞ。

240 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/26 18:39 ID:QjlLM73b
憲法を改正すれば、景気も良くなると思ってますけど。
人心を新しくすることで、悪い影響が出るとは思えませんが。
たしかに、このままではいずれ、日本経済は衰弱死するだろうとは思います。

241 :朝まで名無しさん:02/11/26 18:42 ID:RenrJiTN
>>240
同じように、悪くなる可能性もある。
良くも悪しくも国論を2分するだろう。
用いられなかった半分は
きっとヤケを起こすに違いない。
それがどんな改正であれな。

242 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/26 18:55 ID:QjlLM73b
国論は2分されますかね?
改正賛成のほうがだいぶ多いように思ってるんですけど・・・。
某新聞とかが大キャンペーンで操作に乗り出す可能性はあるでしょうね。

243 :朝まで名無しさん:02/11/26 19:01 ID:RenrJiTN
>>242
改正には賛成かもしらん。
でも、どのような改正かは問うていない。
内容次第ということを言うている。

244 :朝まで名無しさん:02/11/26 19:05 ID:PJjlCl4+
大政奉還など無理だし妥当でもない。
単なる復古主義であって、先祖がえりに過ぎない、
と見なされるのがおち。
やるんなら、欧米との戦争覚悟でやるんだな。

245 :朝まで名無しさん:02/11/27 00:14 ID:GOVkOH0w
なんでそれで戦争なるんだよ(W
あくまで国内問題だろ

246 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/27 12:19 ID:xxsJsEi5
>>241
君は頭悪すぎ。

>>239
それも重要なことには違いないですが、これは経済政策の話ではないです。

今の現状は国の経済政策の話を地方から選出された地方の利益誘導優先の議員が
取り決めているから話が進まないのでしょう。道路の話や景気対策のために金を
もっと使えなどというのはその典型です。私の案ではこの地方優先の議員の数が
全体の半分になります。そして今の政党優先の政治が自然に崩壊します。


247 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/27 12:20 ID:xxsJsEi5
頭悪すぎは>>244でした。
>>241さんに対してじゃないです。

248 :朝まで名無しさん:02/11/27 12:24 ID:vEV2E8kS
>>245
民主政体の破壊だから。

249 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/27 12:30 ID:rWUeGtVz
>>248
それが頭悪すぎ。

250 :朝まで名無しさん:02/11/27 12:31 ID:7oA7c23E
大政奉還して天皇(皇太子)の教育を国民が管理すれば良い。


251 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/27 12:33 ID:rWUeGtVz
>>250
何がどう良くなるのかを具体的に論理的に説明して貰いたい。

252 :朝まで名無しさん:02/11/27 12:37 ID:vEV2E8kS
>>245
民主政体の破壊だと解釈されるから

253 :朝まで名無しさん:02/11/27 12:39 ID:7oA7c23E
>>251
政がオープンとなり個人の思想が介在し難くなる。
そのうえ、国家の代表を国民が責任もって育てるわけだから
これほど民主的かつ喜ばしい事はない。

無理だと思うけどな・・・

254 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/27 12:45 ID:xxsJsEi5
>>252
それも大丈夫です。
今のシステムを根本的に変えるのに普通の国では軍が国を制圧して革命を
起こす必要があるわけですが、日本の場合はそこまでしなくても大政奉還
するだけで革命ができるわけでこの上なく平和な手段だと言えます。
国債の格付けも低下していることですので日本政府が自ら崩壊したことに
すれば何の問題もないです。

255 :朝まで名無しさん:02/11/27 12:47 ID:HPpB+BYG
右翼の2ch書き込み活動ウザい。
誰も相手にしないからとっとと消えろ。

256 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/27 12:50 ID:xxsJsEi5
>>253
国民は責任を持てません。今の政治システムを見ても分かるとおり国が
どんな事になっても国民は困るだけで責任を取ると言うことはありません。
そして民主主義というのはただの手段ですが、それを素晴らしいなどという
愚かな事を言う人がたまにいますが、国が正しい方向に行く保証はどこにも
ありません。

257 :朝まで名無しさん:02/11/27 12:51 ID:/knayGv1
>おれ様
大政奉還など待っていられない
陛下から倒幕の密勅をもらってきてくれ

258 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/27 12:53 ID:xxsJsEi5
>>255
私は今の国家体制を変えようとする極左翼です。
今の国のトップが誰だかわからないような政治形態ではなく明確に天皇陛下
が存在するシステムを目指す超極左翼です。

259 ::02/11/27 13:08 ID:1QZQ9g1T
「国家の代表を国民が責任もって育てる」とはいうものの、1億人以上で
責任の均等割りをすれば、それは無責任と同じ。
結局は、宮内庁なりに委ねるわけで、責任の所在がもっと不明になるだけ。

昨今の日本国民に、主権者たる能力はもはやないと思うんだけど。
これこそが政治腐敗の温床で、経済停滞の原因でもあると思ってる。
従来の日本らしさへの、原点回帰が必要なのでは?と、思うわけよ。

260 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/27 13:12 ID:1QZQ9g1T
259は名前欄を誤った送信でした。すいません。
ほんの10年、20年前と比べても、日本の社会ってひどく悪くなった気がする。
子供たちの将来を危惧してるんだけどねえ〜。


261 :255:02/11/27 13:13 ID:HPpB+BYG
>>258
じゃあ、極左翼ウザい。死ね。
天皇制を支持している時点でお前は日本を衰退させる売国行為すら働いている。

262 :255:02/11/27 13:15 ID:HPpB+BYG
>>260
お前のような馬鹿に心配されなくて結構。
自分の年金の心配でもしていろ。
お前のような馬鹿が政治に口出すと余計に日本が悪くなる。

263 :>260:02/11/27 13:17 ID:d2IHjji3
既存の価値観の変革を迫られている時代なんだ。
立身出世の為の学歴社会が滅びつつあると言うことで
一言で『過去に比べて悪くなった。』と切り捨てるのは抵抗を感じる。
そりゃ経済は悪くなってるだろうけど。
260よ、お前にも経済の良し悪しを以って事物を判断する価値観を修正する時が来たのだ。


264 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/27 13:28 ID:2PmHdYT4
>261&262
いきなり死ねとか馬鹿とか、荒々しいですね。
子供でも、「馬鹿って言ったほうが馬鹿や!」とか言いますよ。
>263
経済の良し悪しで判断してるつもりは無いんですけど。
むしろ道徳やら風俗の頽廃のほうが身に沁みております。
 ♪ボロは着てても心の錦〜(んにゃ)
そんな心意気のほうが好きなんですけどね。

265 :朝まで名無しさん:02/11/27 13:29 ID:CC7PlppG
>>255

俺相手するよ。
大政奉還に賛成。



266 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/27 13:55 ID:2PmHdYT4
今の政府ってひょっとしたら愚民政策をしてるんじゃないかな?
ゆとり教育とか、大学(国際なんとか学部学科)乱立とか。
風紀の乱れにも無頓着みたいだし。
今後も選挙に行く人が少ないほうが都合いいのかも。

267 :愚民政策:02/11/27 14:16 ID:bVGLSBG1

辻元センセイ、教壇に 大阪の社会人向け大学院
http://www.asahi.com/national/update/1126/026.html


268 :朝まで名無しさん:02/11/27 14:21 ID:bVGLSBG1
>>244

 米の承認取ればいいの。


269 :朝まで名無しさん:02/11/27 14:25 ID:bVGLSBG1
 韓国、中国と仲の良い日本政府なんてアメリカ良く思わない。
それよか親米の皇室をアメリカは良く思う。親米の皇室である限り
大政奉還は可能だし大政奉還後にアメリカ国日本州も選択の一つだ。



270 :@@:02/11/27 15:04 ID:+X/CG98M
>269
>アメリカ国日本州

言葉はどうするんですか?
わたし、英語しゃべれないんですけど。


271 :朝まで名無しさん:02/11/27 15:06 ID:W+jMzJAj
大政奉還しますた!

272 :朝まで名無しさん:02/11/27 15:21 ID:LUi9o8iK
造反有理

「革命は銃口から生まれる」―毛沢東

保守反動政権を打倒しプロレタリアートによる独裁を!

273 :朝まで名無しさん:02/11/27 17:13 ID:p14mEhDN
今のようなあいまいな政体ではなく
堂々と憲法を改正して、立憲君主国を名乗れば
いいんじゃないか?

274 :朝まで名無しさん :02/11/27 18:00 ID:wt8xaZPx
議会制的君主制をちこっと捻ってみたらいかが?
国民から直接選ばれた首相に、天皇が国政の全権を委任するみたいな…。
それなら首相公選制も可能かと。
それから、憲法は「徴兵制の禁止」と「侵略戦争の放棄」を明記すれば
国民の大多数は賛成するのではないか?


275 :朝まで名無しさん:02/11/27 18:24 ID:CC7PlppG
>>270

日本語でいいでしょう。
アメリカ人だって英語使えない人多いよ。


276 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/27 19:26 ID:V758FVtM
学歴社会が滅亡しつつあるとは思わないねえ。
ある程度、学歴と能力・実力には相関があると思うよ。
とーぜん、例外もあるだろうけど。
で、学歴社会を突き崩したと解釈される人物って、どんな人なんだろ?
たぶん大金を手にしたことで、評価されてるんじゃないかな。
いわゆる、American dreamの体現者として。
現在流布している様々な価値基準が、拝金主義の如く見えてしまうのは、
自分だけなんでしょうかね?

で、アメリカの属国化するのは絶対反対だね。

277 :朝まで名無しさん:02/11/27 20:39 ID:v2xDQ+54

おれも同感。
小泉改革はまさにその路線(拝金主義)だね。

278 :朝まで名無しさん:02/11/27 21:56 ID:AWBvyM4V
大日本帝国憲法を復活させる方がいい

279 :朝まで名無しさん:02/11/27 22:50 ID:dy2NYkOP
>>276

アメリカの属国化でなく
日本アメリカになればいいでしょう。
そうすりゃ大日本帝國の夢の再現だよ。


280 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/28 21:09 ID:m9fJT6Ht
>>273
憲法を一部改正すること万が一可能であっても国会のシステムを根本的に変えて
しまうという所までは憲法改正では出来ないでしょう。僅かな議席の増減だけでも
揉めるくらいですから。ただ単に立憲君主制を名乗るのが目的になってもそれは
意味がなく、根本的にシステムを変えないとこの国は強くなれない。そしてそれを
実現するための憲法改正は絶対に出来ない。

281 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/28 21:20 ID:m9fJT6Ht
>>274
国の元首である天皇陛下が全く国政に関与出来ないというのであれば天皇陛下の
意味が無く、直接選挙で選ばれるような人間が国のトップになってしまっては
短期的にはその時の人気のある素晴らしい人が選ばれるかも知れないですが、
長期的には政策が行ったり来たりして国がフラフラするだけです。
私的には国の元首である天皇陛下が超長期的な視野を持って定期的に国会に勧告し、
直接選挙で選ばれた首相が天皇陛下の意を受けて任命され、行政と国軍のトップを
治めるというのがいいと思います。首相は任命されているが故に誰が選ばれても
天皇陛下の勧告を無視することは許されません。



282 :朝まで名無しさん:02/11/28 21:57 ID:uI/WjUd9
>>281
国民が選んだ首相より天皇の意向が優先するなら国民は何の為に首相を選ぶの?
そんなら最初から天皇が自分の意向を実行する首相を任命すればいいじゃん

283 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/28 22:02 ID:m9fJT6Ht
>>282
本当にそうなった方がいいとあなたは思ってますか?

284 :282:02/11/28 22:10 ID:uI/WjUd9
>>283
あなたの提案を採用するぐらいならそうなった方がいいね
だって選挙で首相を選ぶ意味がないもの
具体的には大日本帝国憲法の方がずっと優れてるよ
つーか、個人的には日本国憲法より大日本帝国憲法の方が憲法としてはずっとましだと考えてるんだけどね

285 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/28 22:11 ID:m9fJT6Ht
一応、天皇陛下が自分で選ぶのならわざわざ他人に任命する必要も無くなる
というのと、民主主義の良い点は一部の暴走を止める役割を果たすことで
しょうから、君主のもとの人間は民主的に選ばれるようが国としては安定する
と思われます。しかし国のトップを民主的に選ぶと>>281の理由により国が
不安定になります。民主的に選ぶのはあくまでトップの下の人間です。

286 :朝まで名無しさん:02/11/28 22:12 ID:v6xL02V4
象徴になりたいなら天皇も立候補すればいいじゃん

287 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/28 22:15 ID:m9fJT6Ht
>>284
選挙で選ばずに天皇陛下が選ぶとなると天皇陛下を利用する勢力が現れる
危険性が出てきます。先の大戦で軍が暴走したのは軍が首相の下に位置した
のではなく天皇陛下の直属だったからです。こういう一部の暴走を押さえる
ために実権を握る役割を担う首相は民主的に選んだ方が危険は少なくなります。


288 :朝まで名無しさん:02/11/28 22:33 ID:K8ie3Jsr
軍部の台頭は天皇の統帥権を拡大解釈したからだよ
具体的には大臣を現役武官制にした事とかね
もちろん背景には国民世論がそれを求めた(或いは容認した)からという事は言う迄もないけど

日本国憲法下の現在でも国民がそれを強く求めれば自衛隊だって暴走するよ

要は法の運用と国民世論をどう誘導するかって事
その結果間違いを犯す事もある
人間だからね

289 :朝まで名無しさん:02/11/28 22:33 ID:sqpmUmmZ
大政奉還よりも鎖国の方がいいと思うのだが。

東京23区だけ出島にして開港。

290 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/11/28 22:58 ID:m9fJT6Ht
>>288
そういう、悪意があろうが無かろうが天皇陛下を利用する一部の勢力が現れるのは
避けたい。
なので民主制も導入しておいた方がまだ危険ではないでしょう。しかし国民が常に
正しいなどということは有り得ないので国の大まかな方針は誰にも支配されていない
状態の天皇陛下が判断する方が安全だと思われる。

291 :跳ね馬 ◆fpnQgj0m8M :02/11/28 23:58 ID:Y8H4RGWw
>>290
どういう風に考えたら「誰にも支配されない」などという状態が存在するということを
信じられるのか、その思考プロセスを知りたい。

292 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/29 00:39 ID:/jtC7vDK
陛下は拒否権をお持ちになるべきだと思いますね。
で、大統領的な指導者(左大臣)を信任されるのがよい思います。
一般行政における責任はすべてこの左大臣が負うべきです。
歴史上のカリフ・スルタン制とは違って、聖俗を分けて分担すべきです。
とーぜんながら、カリフのほうがすべてに優越します。
現況では、陛下が責任を負うとしたら、それこそ伊勢神宮に対してですかね。
今の堕落した国民に対しての責任なんて、恐れ多くて負っていただけません。
私は、天皇陛下は「誰にも支配されない」存在であってほしいですけど。

293 :朝まで名無しさん:02/11/29 13:53 ID:DoNgY3jW
age


294 :朝まで名無しさん:02/11/29 14:09 ID:zr2ceV7z
天皇を神聖にして犯すべからずな存在にするのであれば、権力を
持たせちゃいけない。
失政の責任論ぶち上げる奴が必ず出てくるからね。


295 :朝まで名無しさん:02/11/29 15:05 ID:9oHfpndF
おれ様さんの主張は首相(内閣総理大臣)を直接選挙で選ぶという以外は大日本帝国憲法下の日本の政体と変わらないんじゃないの?

296 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/29 17:28 ID:nGYQiL2J
何回か書いたけど、人心の頽廃が最大の問題だと思う。
明治の、今よりも遥かに健全だったであろう気風には、憧憬を感じますね。
大日本帝国憲法には、いいところがたくさんあったと思うし、教育勅語の精神
は素晴らしいと思っております。
儒教は古いとかなんとか、批判されがちですが、普遍的な美徳を謳った名文は、
古くなる性質のものでもなかろうと思いますね。

297 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/29 17:46 ID:nGYQiL2J
国語(社会)に関しての、戦後教育の思い出は、
・ベトナム戦争世代の先生が多かったせいか、「ベトナムのダーちゃん」や
「ユンボギの日記」とか、読むようにすすめられた。
・さらには「広島の姉妹」とかが感想文の課題図書だった。
・体育館で「ガラスのうさぎ」を上映。
てな感じでしたね。
人間に対する可哀相という感情を、戦争反対に、さらには日本否定に転化するよう、
小さな頃から刷り込まれてたのかなあ。
日本国憲法を礼賛する先生に、憲法の全文丸写しをさせられたこともありましたよ。
その結果、十代のころは頭の中が殆どコミュニスト化していましたね。
まあその後、疑問を感じて転向して現在に至ってますけどね。

298 :朝まで名無しさん:02/11/29 18:35 ID:9qWp57uD
>>295
それ、以前に指摘して
天皇と内閣が共に有能でないと、途端に破綻すると思うんだが?
と言ったら
「自分の意見を言わない人(?)には感心無いから答えない」って事らしいですな。(w

299 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/30 01:34 ID:XZUg3831
代わりに少々、
政治家が無能で指導力無くても、政治家を続けられることが問題だよね。
不適格な政治屋さんにはさっさと退場してもらう政治風土が必要だと思う。
内閣が無能を理由に総辞職するのは、長期的には国益にかなうことだと思うし。
で、かつての藤原鎌足的な政治リーダーを期待しているのであって、大日本帝国憲法
の頃とは異なるつもりなんだけどね。

300 :朝まで名無しさん:02/11/30 01:38 ID:eRjlQgpu
帝国主義なんて百害あって一利なし。


301 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/11/30 02:04 ID:1OcuJ2tR
>300
帝国主義の定義は何なの?
今でも帝国主義やってるトコといえばアメリカかな?
弾丸がドル紙幣に代わったけどね。
あ、でも中東で弾丸も使いそうないきおいだよね。

302 :朝まで名無しさん:02/11/30 02:19 ID:eRjlQgpu
帝国主義と言えば北だろ!
あんまアメリカ好きじゃないけど、
アメリカは帝国主義とは言えない。

303 :朝まで名無しさん:02/11/30 02:22 ID:hILXd8Gh
>>1
馬鹿は黙ってろ。
こういうや香具師のいうとおりにしたら(誰も相手にしないが)
日本は余計悪くなる。

304 :朝まで名無しさん:02/11/30 02:26 ID:eRjlQgpu
http://tikiyuusimin.hp.infoseek.co.jp/
帝国主義と同じぐらい笑える物を発見しました。

305 :朝まで名無しさん:02/12/02 14:12 ID:tHjI9zDQ
>>300

 大政奉還は最後の最後だから
日本は余計悪くなることはない。滅びるか存続かの選択しかなくなる。





306 :朝まで名無しさん:02/12/02 14:45 ID:paefKXUD
みんな帝国主義すら理解してないのか・・・

現在では植民地支配を行なっていなくても資本主義が高度に発達し、生産の集中と資本の独占が形成され、資本輸出が盛んになった段階を帝国主義と言うんだよ
実際に植民地支配を行なわなくても資本、産業を支配していれば実質的に植民地支配となんら変わらない

この意味で北朝鮮と米国、どちらが帝国主義国家なのか、判断してください

307 :朝まで名無しさん:02/12/02 14:50 ID:paefKXUD
>>1
むしろ天皇制を廃止(国家の制度、機関から分離)してアメリカ型の大統領制にした方が権力構造も明らかになるし三権分立も確立する

308 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/12/02 18:40 ID:6Tts4y4o
>307
ハンターイ!
今や日本の皇室は世界遺産です。
皇室を敬う心にこそ、日本人の基本があると思ってます。

309 :レスを読まずに書きこ:02/12/02 19:16 ID:OjjAPxRp
>>1
【  学  力  低  下  】
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/news2/1038227142/


310 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/02 21:29 ID:U0naaxfE
>>295
議会の在り方が全く違います。
それ以前にあなたの論点がおかしいです。

>>307
アメリカでは民主党と共和党とで政権が代わる度に政策が正反対になります。
元首を直接選挙で選ぶと国全体がふらつき不安定になります。

311 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/02 21:42 ID:U0naaxfE
帝国主義がなんで出てくるのか笑えますが、あのかなり笑えますが、
かなり論点がずれている人が多いです。私もそれに合わせていた部分がありま
したが、大政奉還と言うのは今の体制を変える手段であってこれに異議を唱え
たい人はどうやって今の状態を変えたいのかを言ってから文句を言って下さい。
憲法改正や議会封鎖などいろいろやり方はあると思いますが私はそれらを支持しません。
「大政奉還=明治政府のような体制」をイメージした人がもし居たらかなりの馬鹿です。
大政奉還というのは今の日本政府に終止符を打つ平和的な手段に過ぎません。

312 :朝まで名無しさん:02/12/02 21:43 ID:oBIvaTf6
>>310
民意を反映してるって事でしょ?
国民が求めるならずーっとどちらかの党の候補者が大統領になるんじゃないの。

313 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/02 21:52 ID:U0naaxfE
>>298
君は論破したいのか議論したいのかよく分かりませんが、議論したいのならば
自分の意見を言ってからでないと相手をしません。
馬鹿じゃなかったら自分の意見くらい言えるでしょう。

314 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/02 21:54 ID:U0naaxfE
>>312
世論が正しいとは言えないのはこの2ヶ月で北朝鮮に対する世論が正反対に
なったのを見ただけでも分かります。そんな不安定な世論で国の元首が決定
されるのはベストとは言えません。

315 :イマジン:02/12/02 21:59 ID:+HF5UQfc
≫307

想像してごらん。
日本でクリントンのような馬鹿が選挙で大統領になることを。
想像してごらん。
日本でブッシュのようなアホが選挙で大統領になることを。
想像してごらん。
田中真紀子が大統領になることを。










恐ろしい世界・・・・・。

316 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/02 22:18 ID:U0naaxfE
>>303
日本では社民党や共産党などの左翼が護憲などと言って今の体制のままが良いと
保守的な事を言い、自民党や自由党などの保守に今の状態を変えたいと革新的な
ことを言う人間が多いです。
そこから考えるに>>303は左翼ですね。特に社民党はだめなものはだめと何も
変わらないことが素晴らしいことのように言いますが>>303はまさしくそれですね。



317 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/02 22:43 ID:U0naaxfE
>>299
大将はこのスレで自分の意見を言っているほぼ唯一の方ですので尊敬します。

318 :朝まで名無しさん:02/12/03 01:55 ID:5j7uEiZi
>日本では社民党や共産党などの左翼が護憲などと言って今の体制のままが良いと
>保守的な事を言い、自民党や自由党などの保守に今の状態を変えたいと革新的な
>ことを言う人間が多いです。

バカですか?

319 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/03 03:32 ID:dxpUJiI+
自分の意見を言わない奴は>>318と同じだと思え。

端から見て恥ずかしいのが分かるだろ。

320 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/12/03 09:56 ID:+tcR57RG
米国も日本国憲法の存続を願っているんだろうな、と思う。
いまだにGHQの呪縛が残っているような、未成年国家でいてくれたほうが、
何でもかんでも米国の思惑に従ってくれて、都合がいいだろうしね。
ドイツみたいに一人前にものを言う国になられると、困ることも多いんじゃない?
で、憲法の解釈変更って、すごく姑息な感じがするし、「文章をどう解釈するか」
の憲法学で、メシを食ってる人までいるじゃない。
政府は「今の憲法ではやってられませ〜ん」と、宣言してもいいんじゃない?
制定から半世紀、成文法としてはそろそろ寿命だと思うんだけど。

321 :朝まで名無しさん:02/12/03 12:22 ID:C6LfH47p
電波ユンユンの>>320よりも
>>319の方がマシ

322 :朝まで名無しさん:02/12/03 12:22 ID:C6LfH47p
書き間違え
>>319 ->>>318
>>320 ->>>319


323 :朝まで名無しさん:02/12/03 12:38 ID:qKmwXjn0
主権 国民
元首 天皇
立法府 一院制(小選挙区)
行政府 首相公選(首相、閣僚の国会議員との兼任不可―議員内閣制否定)
※法案提出権、予算案提出権なし
司法府 陪審員制導入、違憲審査強化―憲法裁判所設置

324 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/04 02:31 ID:uBpnZb72
主権 議会
元首 天皇陛下 議会に勧告し、任命された首相はそれに従う。
立法府 国家院(全国区)資格−立法試験合格者又は国家大学の卒業
    地方院(地方自治体の首長が選任、選挙は無い)
    国家院と地方院が対立した場合は国会院が優先される。

行政府 直接選挙で選ばれ天皇陛下が任命。
    官僚幹部には国家大学の卒業が必要。

司法府 思案中 積極的に興味がない

325 : :02/12/04 04:32 ID:XdsgzfmQ
だすれ。


326 :朝まで名無しさん:02/12/04 07:25 ID:I6WHA/+G
このスレは
自分に様をつける奴にろくな奴がいない
という証明のためのみ存在価値があるな。

327 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/12/04 09:02 ID:TQV686N5
政治家に資格制限を設けることは大賛成。
ついでに定数もどんと減らしましょ。
その一方で、暴論だろうが有権者も資格制限していいと思ってる。
今みたいに年齢だけで線引するのも現状には適さないと思っている。
日本人のレベルダウンの結果、二十歳で成人なんて、余程利口な人だけ。
並で二十五くらい、馬鹿は三十以降と思ってます。
選挙権は社会への参画度合で得るべきものと考えますね。
西欧型民主主義に逆行してもいいのでは?日本は東洋の国なんだから。

328 :朝まで名無しさん:02/12/04 10:12 ID:UtP3zNgo
>>324
そもそも二院制を取るのは国民に身分制度がある(例、英国)か、連邦制の国(例、米国)であるのが普通。
行政府の長を公選するなら、それに対しては地方選出の議員によるチェックが働けば充分。

天皇の権力行使は認められない。
理由を挙げればきりがないが、一例として、首相公選の下で天皇の大権を認めると権力の二重構造を招く。

議会を主権者としているが、議会によるチェックが天皇に働かないのだとすればそれは主権が天皇にあるという事
英国など、主権が議会及び国王にある国もあるが民主主義の原則に則り国民主権であるべき

329 :朝まで名無しさん:02/12/04 10:15 ID:Uso5m/Fv
―――復讐○仕返し○特殊探偵○悩み事相談○駆込み寺―――
●復讐・貴方に代って恨み晴らします!★★★別れ工作★★★
騙された・捨てられた・弄ばれた・相手に誠意がない・債権トラブル・不倫疑惑・証拠収集・★★★仕返し代行★★★悩み事相談★★★
●電話番号から住所などの調査・等など★何でも気軽に相談OK!
確実に貴方の悩みや困り事、トラブル等を迅速に解決致します。
●下記記載のURLがジャンプしない場合には・コピ−してファイルから開いて下さい! ・・・マル秘事件簿・緊急殺人現場・・・
http://www.blacklist.jp/i
(緊急情報)必ずご覧下さい★驚愕の事実&復讐の実態★★★
●女性秘密工作員・募集中!高収入確実!!!
http://www.blacklist.jp/ 
リンク・興信所・・> http://www.okudaira.co.jp/ 
----------------------------------------------------------


330 :朝まで名無しさん:02/12/04 10:17 ID:1APRlNjk
天皇に主権あたえたら大変なことになるよ
フセインやヒトラーが皇族から出ない保障はないからね

331 :朝まで名無しさん:02/12/04 10:23 ID:a5Mw+/Kq
決して駄スレではないと思うよ。
現在の議員内閣制は弊害ばかり目立つ。
大政奉還はともかく、国民、有権者が今後の国のカタチを考える事は大いに議論されるべきだと思います。

332 :朝まで名無しさん:02/12/04 10:28 ID:drLDyhtf
>>327
むしろ現在の学制や刑法の面から考えて成人を一歳引き下げて19歳にしてもいいと思います。
選挙権も19歳から認めるのと同時に自動車免許等も19歳からにしてはどうか。

333 :朝まで名無しさん:02/12/04 10:38 ID:pBsF95SZ
選挙資格試験導入きぼん
有効期間10年ぐらいで
せめて義務教育課程の公民が理解できてる香具師じゃないとな

334 :朝まで名無しさん:02/12/04 10:39 ID:By85o82u
選挙資格制にしたら余計投票率下がるし
政治に興味を持たなくなる人間も増えるね

335 :朝まで名無しさん:02/12/04 10:41 ID:By85o82u
究極的には東大卒の官僚に政治を任せとけばいいんだよね

336 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/12/04 10:51 ID:IuxNflwF
刑法上の成人なら、13歳でもいいですね。
でも選挙権は如何なものでしょう?
19歳では、職についてる人は少ないのでは?
自動車の運転免許は、年齢以外の部分に改善の余地が極めて大きいと思います。
個人的には、取得をドイツ並に難しくして、いわゆるDQNを締め出してほしいですね。

337 :朝まで名無しさん:02/12/04 10:54 ID:1APRlNjk
免許あんまり厳しくしたら
無免で運転する奴が増えるんじゃない
運転者はトラック輸送なんか考えると非常に重要だからね


338 :朝まで名無しさん:02/12/04 12:36 ID:youUhGRi
>>335
救いようのない馬鹿だな。
特殊法人作りまくるに決まってんだろ、ぼけ。

339 :朝まで名無しさん:02/12/04 16:04 ID:PD34QAJt
選挙権資格化→資格試験作成権者による試験問題の恣意的操作→思想的偏向の誘導
→反対者の弾圧→反対者に不満蓄積→革命発生アボォン


340 :朝まで名無しさん:02/12/04 16:12 ID:PD34QAJt
試験問題(マークシート形式)の例
問1 正しいものを選べ
@天皇は日本国の元首であり国政の最終意志決定者である
A我が国において、国政の最終的な意志決定は国会においてなされる
B日本国の元首は大統領である
C内閣は天皇の補弼機関である
D詔勅は憲法に優先する

341 :朝まで名無しさん:02/12/04 16:22 ID:1iGK3/mw
@CDだね

342 :朝まで名無しさん:02/12/04 16:26 ID:PD34QAJt
こうして、2chウヨは選挙資格試験にて国政から排除されるのでありました。

343 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/12/04 18:33 ID:PoQ9HCPJ
選挙権獲得試験なんて実施するのは、まあ無理でしょうね。
試験でハッキリ白黒つけるのは良い面も多いと思うんですけどね。
実際的なのは、異論もあるでしょうが年齢・納税・学歴とかの複合的な線引かな。
持論の官位(正六位とか従六位)もご考慮あれば、なおよろし。
現行の、選挙権たれ流し状態よりは余程いいと思う。

344 :朝まで名無しさん:02/12/04 18:54 ID:WXMmEJ3s
>>1
ようやく日本史の授業が大政奉還まで進みましたか。
用語を使ってみたくなったのね。

345 :朝まで名無しさん:02/12/04 18:58 ID:abBY5SpO
>>342

粛清しようっていうその考え方がイヤだね。


346 :朝まで名無しさん:02/12/04 19:06 ID:xl4So09G
>>343

>持論の官位(正六位とか従六位)も〜

それは位階。
現在でも追賜・昇叙が行われています。






347 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/12/04 19:13 ID:PoQ9HCPJ
>346
すいません!
官職要解しか読んでないもので、ついつい。
で、まだまだ現役の世代に位階を授けては?って主張しとるのですよ。

348 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/05 20:32 ID:1wi7CoRZ
>>328
地方選出の議員という地元の利益を優先する事を選挙で公約にする人間が首相の
チェックになるというのは筋が全く通っていないように見えるが、もし「国」
全体で選んだ首相に対して「地方」選出の議員が監視するからという国対地方の
図式だからチェック機能が働くという理由ならば、国会を100%地方のための
ものにするというこの上なく愚かな考えなのでそんな間抜けなことを言うことは無かろう。

二院制について他国に倣うのは意味がない。自分でものを考えない人間が言い出す
言葉だ。そもそも国会という国の問題を議論する場なのだが、そこに地元の利益
しか考えない議員が選出されるというシステムがおかしい。明らかに「地元を
考える議員数」>「国を考える議員数」になる。これで多数決をとると国益が
無視される。
そこで選挙区を分けず、全国単位で定員分を選ぶという選挙制度にすれば今より
も国益を考える人間が選出されるようになると思われる。形敵には地方の議会の
ようなものだ。これは人口の多い地域の人間が選ばれやすくなるが、その方が
平等である。
そしてそれだけでは明らかに地方の過疎化に拍車が掛かる。国の繁栄のためには
地方も繁栄しなければならない。バランスを取るために一律各都道府県から固定数が
選出される議会を作る必要がある。言ってみれば人口が多い地域から選出される
だろう国家院に対する監視機能になるのだ。そしてわざわざ選挙で選んでもいいが、
地方院は地方優先のための議会なので地方の選挙で選ばれた首長が指名するだけで
充分である。県民が支持しなければそれを指名した知事は再選できなくなるだけだ。
こういうシステムにより国>地方の力関係が保たれる国会が初めて機能し、首相に
対しても正常な監視機能になるのである。



349 :朝まで名無しさん:02/12/05 21:06 ID:5PVU0FXJ
もともと二院制は、議会制の母国であるイギリスで登場した。
13世紀に始まった同国の身分制議会は、14世紀になると貴族と僧侶からなる部会と、州の騎士や都市の市民からなるもう一つの部会との二部会制として発展、以来、議会は二院制が主流を占めてきた。
現在のイギリス議会は世襲貴族や僧侶からなる上院(貴族院)と国民から選挙で選ばれた下院(庶民院)からなり、1911年に議会法が制定されて以来、下院優位の原則が確立した。
このようにイギリスでの二院制は同国がいわゆる立憲君主制を採っており、しかもイギリス国教会を国教に据えているところから貴族院が存在するという、特色ある二院制となっている。

しかし一方では、もう一つの二院制が存在する。
米国のように連邦制の国であるから採用している二院制である。
連邦国とは、単一国家と異なり、多数の支分国が統一的主権の下に平等に結合している複合国家のことを指す。
米国やスイス、あるいはベルギーがそれである。
米国の場合、上院は各国(つまり各州)から2人ずつ選出され、大統領の条約批准締結権などに同意を与える行政参与権で下院に優越し、下院は人口に比例して選出され、予算先議権などの専権を持つなど、上下両院で権力分立の特色がある。

では、日本の二院制は何を根拠にしているのだろうか。
明治憲法下では、その根拠は明確だった。
つまり、君主制の国として皇族や華族、あるいは国家功労者や学識者から構成される貴族院と、国民の選挙で選ばれる衆議院の二院制を採っていた。
しかし、戦後はいわゆる立憲君主制の国ではあるが、象徴天皇制が採られ、貴族制度は廃止された。
また日本はいうまでもなく連邦制ではない単一国家である。
したがって現行のような、衆参いずれも国民の選挙で選ばれるという、いわば変形的な二院制が採られることになったのである。
戦後日本のような二院制は他国に例を見ない。
つまり、二院制は由来で明らかなように、根拠があっての二院制であり、イギリス型かアメリカ型のいずれかが一般的である。
立憲君主制でなく連邦制でもない国は(現在、そうした共和国が多いが)、一院制で十分ということになり、議会制をもつ国(世界180カ国)のうち実に3分の2、すなわち120カ国が一院制を採用している。
二院制の国は約60カ国で少数派となっている。


350 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/05 21:11 ID:1wi7CoRZ
>>328
天皇陛下には行政権はない。よって行政責任を負うことは無い。
法案の提出権もない。よって立法府に対しても権力を持っていない。
司法にも関わらない。
何故に天皇陛下に権力があると言い出すのか全く理解できない。私の案を理解
出来るのならば容易にわかるだろうが、天皇陛下は権力などからまたかけ離れた
立場にいる。国の方向性を司る存在だが、権力が無いからこそ独裁にはならないのだ。

そして>>328が生まれてからこれまで国の主権を持っていると自覚したことがあった
ならば、その体験談を聞かせて戴きたいものだ。国民主権などというまやかしに
騙されるほど普通の人間は頭が悪くない。憲法に正確な表記をするべきだとする
ならば、ありもしないことを言い出す輩はほら吹きや妄想家と同じだと言えよう。
現実に国民主権を主張するなら、議会を廃止して全て直接選挙にしなければならなく
なる。
そんなことをしていては効率が極めて悪く、それでは重要事項がいつまで経っても
決まらなくなり、時代のスピードに日本は置かれていく要因になる。そんなことは
かなり重度の間抜けでも容易にわかることだ。
そして現在は現実には主権は国会にあると言えよう。

351 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/05 21:15 ID:1wi7CoRZ
>>349
ちょっと反省したわけですが、殺伐とした空気に慣れていたため、誠実でない
言葉を使ったのをお詫びします。
誠実にお返事戴いてありがとうございます。

352 :朝まで名無しさん:02/12/05 21:30 ID:5PVU0FXJ
>>350
>私の案を理解出来るのならば容易にわかるだろうが、天皇陛下は権力などからまたかけ離れた
立場にいる。

あなたの案では

>>324
>元首 天皇陛下 議会に勧告し、任命された首相はそれに従う。

これは天皇の権力ではないの?
首相を通じた天皇の勧告に国民が従う訳だよね?

権力
他人を支配し従わせる力。
特に国家や政府が国民に対して持っている強制力。

>>350
>そして現在は現実には主権は国会にあると言えよう。

その国会議員を選ぶのはだあれ?

主権
国家の意思や政治のあり方を最終的に決定する権利。


353 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/05 22:29 ID:1wi7CoRZ
>>352
私のイメージは天皇陛下には一切の強制力を持たせないので権力だと捉えてない
のです。実際に権力を持っているのは首相や、国会などで天皇陛下はそれらに
国とはこう有りたいものだねと言うに過ぎません。天皇陛下の諮問機関も自由に
あっていいでしょう。天皇陛下が能力が無かったら昭和天皇が大正天皇の下で
していたように摂政を皇族から出せばいいでしょう。
で恐ろしいほど権力が無いくらいだと思ってます。ほとんど意味が無いなどという
意見も有るでしょうが、この国の発展を超長期的に見定める存在が国の元首として
存在することが国がふらつかないために機能するでしょう。

アメリカなんかは大統領の政党が変われば全ての政策が正反対になる。
それでは国の方針もあったものじゃない。
中国のような独裁国家が経済力も軍事力も持てば外国から見ればこれほど恐ろしい
ものはない。しかし国内は常に不安定になるだろうから民主制が必要になるのでしょう。

おそらくgooを検索したのでしょうが、私も書く前に言葉の意味は確認はしてます。
私は例えば海外派遣についてもその度ごとに国民に真を問うていればまだ主権は
国民にあるなと実感するでしょうが現実には国会が法案を決定するだけですので、
国会に主権があり国民がそれを支持すると言う方が的確な表現だと思うのです。
教科書のまま何の疑いも無しに記憶したことが正しいとは到底思わないのです。

ちなみに私の案はもちろん独自のものであり、同じ案を聞いたことがない。
このようなものを採用している国も無いだろう。だからこそ独自の案で反論されると
有り難い。

354 :朝まで名無しさん:02/12/05 22:37 ID:Z2LbCUcY
>>353
慣習法・・・ という言葉をご存知かな?(苦笑)


355 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/05 22:52 ID:1wi7CoRZ
で私が二院制がまだ良いかなと考えたのは、国会は私の案で言う国家院だけで
充分だと初めは思ったのですが、完全なる国のための議員を選出されるために、
地方からも平等に選出していてはそれが有り得ないので選挙区を排除し全国区で
選ぶのが妥当だろう、しかしそれをやると明らかに大都市に有利な人間ばかりが
選ばれる事になり、地方から選ばれる人数がかなり少なくなることが目に見えている。
それを解消して置いた方がいいだろうと言うくらいなのでわざわざ選挙で選ぶ
必要もなく地方の知事が指名した人間で充分だろうと言うものです。
しかし国家院に混ざっては困るので分けたのです。
もちろんこんな選挙制度をしている国などは無かろう。だが、今の地方を優先すると
いう国会の在り方を変えるシステムが必要だ。

356 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/05 22:55 ID:1wi7CoRZ
>>354
つまらん。

君がつまらん人間でないならば独自案を出して貰おう。
それが無い人間ほど君のような態度に出るものだ。

357 :えICMB:02/12/05 22:56 ID:77srObNt
あの、ここってためになるスレですか?
それともネタスレですか?
ためになるなら読んでみようと思うのですが・・・

358 :朝まで名無しさん:02/12/05 22:58 ID:Z2LbCUcY
>>356
独自案を出す必要性を感じません。
議員内閣制の機能を取り戻すだけで充分です。

というより君の案自体が、明治憲法下での天皇の扱いと同じだと 何度も何度も
指摘されているはずなんだが、そのことには一向に答えないのかな?

359 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/05 22:58 ID:1wi7CoRZ
>>354が独自案を出さないままでは、また私が相手をしないということになるので
>>354が独自案を出すための手伝いをしてあげるべきなのだろう。

取り敢えず、国はどうあるべきなのか語って見ろ。>>354

360 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/12/05 22:59 ID:X6Q79S8H
>>357
ネタスレですかね???

361 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/05 23:02 ID:1wi7CoRZ
頭の悪い人間は「大政奉還=天皇陛下のための政府づくり」と捉えたがる。
だから議論を全て天皇陛下に持っていく。
この上なく歯がゆい気分になる。

>>357
君は来なくていい。

362 :朝まで名無しさん:02/12/05 23:04 ID:Z2LbCUcY
>>359
>国はどうあるべきなのか語って見ろ
質問が漠然としすぎて答えられません(大笑
”どうあるべき”とは何のテーマについてでせうか?


363 :朝まで名無しさん:02/12/05 23:06 ID:Z2LbCUcY
>>357
ネタスレというのは複数参加するだけの価値があるが、此処は1とその
”シンパ”しか参加が許されないので
オナニースレ
というのが近いかも。(w
最初の方では連邦制(幕藩制)の話なんかが出てちょっと面白かったけどね。

364 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/05 23:09 ID:1wi7CoRZ
>>362のような反論のための反論をしている人間を見ていると哀れ過ぎる。
最後まで自分の意見を言えない人間でしかない。
自分の意見を言うのに他人に何を言えばいいのかまで尋ねるなどというのは
呆れ果てる。

365 :朝まで名無しさん:02/12/05 23:13 ID:Z2LbCUcY
>>364
>議員内閣制の機能を取り戻すだけで充分です。
と意見は言ってるはずですが?

で、”明治憲法下の天皇の扱いと一緒” という指摘にはやっぱり答えないのかな?

366 :えICMB:02/12/05 23:20 ID:77srObNt
>>360
>ネタスレですかね???
やっぱし?

>>363
>オナニースレ
>というのが近いかも。(w
幕藩ネタの頃は参加しえたんですが今はナニスレっすね。

>>361 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI
オナニーしすぎるとバカになりますよ。

367 :紫陽花 ◆jZDST.Etss :02/12/05 23:22 ID:X6Q79S8H
>>366
議論になってないし・・・

368 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/05 23:22 ID:1wi7CoRZ
>>365
正直言って明治憲法下と同じだというその指摘がだからどうしたという風に
しか思いませんでした。何も天皇陛下の事だけを言っているのではなく、
そして明治憲法のように天皇直属に軍があるようには想定してないのですが、
それがそこまであなたにとって重要な質問だと到底思っていなかったので
その質問は無視してました。
もちろんそんなに大きく違いは無いだろうが、御前会議のようなものは存在せず、
主権も天皇には無いですが、まさかここまでしつこく言ってくるほどの質問には
思えなかったです。
なんでそれが聞きたかったのかも疑問です。それがどう今後の日本に関わりの
あることなのか理解できません。

369 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/05 23:25 ID:1wi7CoRZ
>>365
で議院内閣制になると国がどう発展するのか語ってみて下さい。
おそらく確固たるイメージを持っているのでしょう。

370 :朝まで名無しさん :02/12/05 23:32 ID:HDeRCpf7
>1 :おれ様 :02/11/06 06:17 ID:RBpalsgV
>
> フッ、きまったな。
最初の頃の軽やかさは何処へ・・・
おれ様キャラ変わっちゃイヤーン

371 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/12/05 23:42 ID:UV4nr4OE
冷やかしめいた短文で、最後に(w とかつけて嘲笑するような態度は、
果たして潔いと言えるのかな?
淡々と皮肉ばかり言うより、痛いところを鋭く突いてくれたほうが痛快だね。
自分たちこそ自慰、あるいは金玉の掴み合いってやつじゃないのかな?

372 :朝まで名無しさん:02/12/05 23:50 ID:/5PHjA7b
いまさら貴族どもに特権を与えてやりたいのか。ヤレヤレ

373 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/06 00:20 ID:Lyt5RYdT
>>331
何を言うかヨ!大政奉還はこの上なく斬新且つ効果的な作戦だと思ってるよ。
今の日本を真の独立国にするには憲法の改正が必要不可欠だけど、普通に憲法改正
しても絶対に部分的な改正にとどまり、根本的な解決は未来永劫絶対に訪れない。
>>349さんの言うとおりこの国のよくわからん議会制度に到っては議員自らの問題に
なるので多くの議員が保守的な態度になり変革は起きないだろう。
それを根本から変えるための案として大政奉還してしまえばあっさりとそれが
可能になる。
有名なもので諸外国が変革したときの例として、ソ連のクーデターをきっかけと
したソ連邦の空中分解、ペルーのフジモリ氏の自主クーデターと呼ばれた議会
封鎖をしての憲法改正、フィリピンのマルコスに対するクーデターなど、国の
根本から変えるときはほとんど危険な状態になりますが、日本は大政奉還する
だけでそれが可能なのだ。
台湾や韓国のようにそれまで独裁だった国がその強権的な力を持って民主化するぞ
というのは楽ですが、元々民主的な国ががらりと変革するのは難しい。

ということで大政奉還はグッドアイデアだと思ってます。

374 :朝まで名無しさん:02/12/06 00:23 ID:Slj/HyMN
大政奉還なんかして親政なんかしてみろ、天皇がどんなヤシかばれちゃう
ジャン。

375 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/06 00:27 ID:KKEKaFC7
親政にはなりません。


376 :えICMB:02/12/06 00:27 ID:QfqMeZdo
金正日を連れてきて独裁者として君臨してもらうのとあまり変わらないな。

377 :朝まで名無しさん:02/12/06 00:34 ID:Slj/HyMN
>>376
さて、ほわほわ天皇に金の真似すらできるかどうかだよな。
意外と、これまでの鬱憤で...ハーレム作りに懸命になったり
したら、笑えるがそこまで野心あるかなあ。
でも、国民のために経済政策で抜本的対策を打てるとも思えない
ね。
まあ小泉もそんな気ないみたいだし、そこまでの期待するのは酷
ってもんだな。

378 :おれ様 ◆Fa1VHIv2NI :02/12/06 00:48 ID:Lyt5RYdT
>>327
私的には国民がどんなに馬鹿でも国政がうまくいくシステムっていうのが
出来ないものかと思ってます。
そこだけ考えると中国の共産党一党独裁なんかは立派に見えてきます。
でもあの国は今の今でも各地で反乱が起きてるらしく、それは国内が不安定で
ある証拠なので、そう考えると民主制はやっぱり必要なんでしょうね。
そういう所でバランスの取れたシステムが最適なのでしょう。

379 :おれ様シンパ1号 ◆2sdZ4rmEDQ :02/12/06 01:08 ID:INmOdl/j
たしかに経済のダメージは深刻なんだけど、日本では米国みたいに政府主導による
強力な対策が用意できないからなあ。
それに、国民にしても、今さら政府が何を言っても信用しないだろうし。
もともと日本で政党政治がうまくいってたときってあるのかな?と思う。
いっそ政党政治にも憲法にも見切りをつけて、太政官設置から始めよう。
確かに、いずれ議会は必要ですが、他の部分に欧米からは想像もつかぬ、
まさに和風の政治形態があってもいいんじゃない?
なにせ、日本は東洋の国なんだから。

380 :朝まで名無しさん:02/12/06 07:12 ID:Z3Y+Q6qQ
>>375
大政奉還の意味を判ってないバカ

128 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)