5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【お願い】不当逮捕された8人を釈放してー!

1 :名無しピーポ君:02/10/24 23:40
私の職場仲間の女性の旦那さんを含め、8人が10月7日に「不当逮捕」され、 いまだ留置所に入れられたままなんです。

http://www1.jca.apc.org/ouen/koe021014.html
http://www1.jca.apc.org/ouen/koe021017.html

http://plaza9.mbn.or.jp/~kokurouk/jyouhou212.html
http://plaza9.mbn.or.jp/~kokurouk/jyouhou214.html

旦那さんがこういう活動をやっておられる為、家庭の収入が少ないので、 奥さんは私と同じ職場で事務員として働いておられるのですが、少ない給料でも、とても勤勉に働く立派な方です。
留置所に入れられている旦那さんとも以前お話をしたことがあるのですが、非常に穏やかな性格の方で、警察がいうような「暴力行為」をするような人じゃないんです、ホント、絶対に。
その夫婦には、小学1年生で学童保育に通う一人息子がいますが、病気で寝込んでても、一人でお留守番して、
おかあちゃんが仕事から帰ってくるのをおとなしく待っているような、とても、よくできた子供さんです。

そんな家庭状況の中、最初は2日間の拘束という話しだったのですが、なんだかんだと理由をつけられ、20日間延長され、今日現在も東京神田の留置所に拘束されたままなんです。


なんとか、その旦那さんを釈放してあげたいんです。

とりあえず、署名運動への参加をお願いしたいんです。

http://www5c.biglobe.ne.jp/~roui/index.html

他にも方法があるなら教えてもらいたいのです。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

2 :名無しピーポ君:02/10/24 23:42
∠( ゚д゚)/「2」

3 :名無しピーポ君:02/10/24 23:43
>>1
うぜーんだよ。
犯罪者の仲間の分際で偉そうにほざくな。

4 :名無しピーポ君:02/10/24 23:56
マスコミにタレこんでニュースにしてもらえば?

5 :名無しピーポ君:02/10/25 09:48
警視庁の警官への苦情窓口

●苦情の受付
 東京都公安委員会では、皆さんからの文書での苦情を受け付けています。なお、苦情の申出を行おうとする方は、下記の項目を記載した文書に署名又は押印をして提出して下さい。


1 氏名、住所及び電話番号

2 住所以外の連絡先へ処理結果の通知を希望する場合は、当該連絡先の名称、住所及び電話番号

3 苦情申出の原因となった警察職員の職務執行の日時及び場所並びに当該職務執行に係る警察職員の執務の態様その他の事案の概要

4 苦情申出の原因となった警察職員の職務執行により申出者が受けた具体的な不利益の内容又は当該職務執行に係る警察職員の執務の態様に対する不満の内容


 以上の項目を明記することが必要となります。なお、様式については特に定めはありません。

〒163-8001
新宿区西新宿 2-8-1
電話 03-5321-1111(代表)

東京都公安委員会

6 :名無しピーポ君:02/10/25 09:48

http://www.jca.apc.org/hasiru/kokubai.html
泣かないで、裁判所へ行こう! ―国賠裁判ノススメ―

警察や公務員に不当な扱いを受け、理不尽な思いに泣いている人はいませんか?
相手が警察だから、公務員だからと泣き寝入りすることはありません。納得行かないことは、納得行かないと、
はっきり声を挙げ、償いを求め、同じようなことの再発を防いでゆきましょう。
日本国憲法第十七条:
何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。
国家賠償法第一条:
@国又は公共団体の公権力の行使に当たる公務員が、その職務を行うについて、故意又は過失によって違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる。
・・・とはいえ国の過ちが認められることは大変難しく、国賠裁判を起こした原告は個々分断され、国家の巨大な金と力を前に、孤独で厳しい奮闘を強いられているのが現状です。そこで・・・
 (「国賠ネットワーク」入会案内です。)
☆新たな怒り、 新たな力、新たな知恵を、 ゆるやかな繋がりに
 『それぞれの特色ある闘いを超えて、ひとつの勝利が、ひとつの敗北さえも、その闘いの中で培われた知恵と、
熱い意思と、経験の成果が受け継がれて行かなければなりません。緩やかな連帯としての国賠ネットワークを目指して
、いま、ここから何ができるのか・・』
 1990年2月、最高裁のどうしようもない壁に直面していた「松永国賠を闘う会」からのこんな“呼びかけ”によって、
「国賠ネットワーク」の第一歩は始まりました。以後、毎年交流集会が開かれ、小さな力ながら、着実にその歩を進めています。
 国の誤った行為に対し謝罪や賠償を求めることは、憲法にも保証され私たちの基本的な権利です。
その裁判過程を通じ国の犯罪を明らかにし、荷担した官僚・公務員を裁くことは、権力犯罪の再発を防ぐ大きな歯止めともなります。
 しかし、このような「国賠裁判」の闘いは、いまだ個人的な次元に置かれ、孤立しているのが現状です。
国家は治安・秩序の維持のみに偏重し、「権力犯罪」の証拠を隠し、司法もまた犯罪の立証を原告にのみ課すなかで、
結果はいかにも厳しく、個人の権利・尊厳は著しくせばめられています。

7 :名無しピーポ君:02/10/25 09:49
東京弁護士会

犯罪被害者のための法律相談(犯罪被害者支援センター)について

相談日・時間
毎週 月曜・水曜・木曜日
PM 1:00〜4:00
03-3581-6666

http://www.toben.or.jp/counsel.html

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)