5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

毛鉤みたいな虫、教えてください

1 :名無虫さん:2001/06/21(木) 02:24 ID:fcI0C3zM
くだらない質問スレで、回答がなかったので、スレ立てました。
すみません。
改めて書きますと、昨年夏、埼玉県秩父市の中津川にて釣行中(フライです)、
目の前をライトグリーンの小さな羽虫のようなものが通りました。
飛び方が、まるで風に乗ってるような滑空という感じでして、
小さいながらも優雅で、思わず追っていくと、枝に止まりました。
よく観ると、見慣れた形をしているのです。そう、いつも作る毛鉤(フライ)にそっくり。
ただ、フライというものは、カゲロウやトビケラなどの水生昆虫を似せているので、
もとを正せば羽根は透明の、もしくは普通の羽根で、それを動物の毛で擬似しているのですが、
この虫は、その、着色された動物の毛そのままが、直径2ミリぐらいの米粒を2つに割ったぐらいの大きさの、
茶色い胴体から長さ5ミリぐらいの数十本の毛を、伸ばしているのです。
最初は目の錯覚かと思いました。でも、指で触ってみると、その毛を、しゅるり!と瞬時に
格納したのです。2ミリの胴体のどこに格納されたのかほんとに不思議ですが、
そうして、指に乗せていたら、また、ゆっくりと、ライトグリーンの毛を少し出しはじめました。
足は、6本あったので、昆虫だと思います。感じとしては、蝉の仲間みたいな顔をしてました。
ある時期まではフライボックスに入れていたのですが、あまりに小さく、紛失してしまいました。
どなたか、この、毛鉤みたいな虫の正体をお教え願えますか?

ちなみに、一時期はやった「けさらんぱさらん」っていうのも、これの大型のやつだったら、
説明はつくと思いました。どうか、教えてください、よろしくお願い致します。

2 :888888888888888888888888888888888888:2001/06/21(木) 09:14 ID:???
 

3 :aika:2001/06/21(木) 12:35 ID:SflDDJ2I
 

4 :名無虫さん:2001/06/21(木) 12:44 ID:???
絵を書いてあぷセヨ >1

5 :1:2001/06/21(木) 12:59 ID:C4XZC5pc
うわー、こんなんなってる・・・ということは結局わからないのかなあ・・・
じゃあ、やってみますよ。少しまっててくださいね。
ちなみにアプロダーしってます?>4さん

6 :1:2001/06/21(木) 15:40 ID:eKdiaOoM
以下にUPしました

ttp://namihei.zone.ne.jp/cgi-bin/up2/upload.cgi?page=0&lm=100

279番の「毛鉤みたいな虫」ってやつがそうです。下手でごめんなさい。

7 :1:2001/06/21(木) 15:42 ID:eKdiaOoM
ていうか

ttp://namihei.zone.ne.jp/upup/up/279.jpg

これですね。すみません。

8 :名無虫さん:2001/06/21(木) 16:34 ID:GMuceVkA
アブラムシの一種?

9 :シャトルコック!:2001/06/21(木) 16:45 ID:???
>>1
下手じゃないですよ。
十分特徴がつかめてます。
正体はアオバハゴロモの幼虫ですね。
結構ポピュラーな謎らしく(?)
あちこちで不思議をふりまいてます。
>>http://www.afftis.or.jp/QandA/mon/mon117.htm

画的にはこんなカンジ。
>>http://www3.justnet.ne.jp/~bandori/sub5.htm
>>http://www.geocities.co.jp/AnimalPark/2102/hagoromo/hagoromo.htm




10 :1:2001/06/21(木) 19:13 ID:dIJ4ZTN2
おお!!

9さん、ありがとうございます!!
よく考えたら、2年越しだったんですよ、一昨年見つけて、昨年箱からどこかへ移し、
それで今年に至ってた謎だったのです。おかげですっきりしました。
ハゴロモの幼虫ですか。私は東京ですがハゴロモはよく見ました。色がきれいな虫で。
だけどその幼虫は東京では見たことがありません。2種のハゴロモの話がリンク先にありますが、
どちらも幼虫はこのような形態をしてるんでしょうかね?
あまり話題にもならないというのは、実際に見たことがないからなのかもしれません。
10年越しの謎を解いた主婦の話では、天使とまで言ってますからね、確かに、
不思議な虫ではあります。
重ねて、ありがとうございました。・・・しかし、10でスレ終了とは(^^)

11 :9=カメレオン:2001/06/21(木) 22:31 ID:???
>>10
そんなに喜んで頂けるとは、嬉しいかぎりですネ!
まぁ、かくいう私も昔同じ???の思いを抱いたもんでした。
BUT、スレの寿命をド短縮してしまった様で・・・
も〜ちょっと引っ張っても良かったかな〜。

それではオマケに新たな疑問にお答えしましょう!
次の画像を、ご覧あれ!

http://www.eislab.ed.ynu.ac.jp/ikimono/10semikame/html/index3.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~kf4k-td/kz/kontyu/hansi/hansi2.html
http://www.ne.jp/asahi/rhyncha/index/html3/0271.html

12 :1:2001/06/22(金) 01:32 ID:otNwl.as
いや、本来の目的は達成されたわけで大変有難く思っております。
追加情報もありがとうございました。
スケバとベッコウというハゴロモの2種で、スケバは白色、ベッコウは色つきですね。
多分私が見たのはベッコウのほうだと思います。
ここまでくると、さて、それでは、その「シャトルコック」のメカニズムはどうなってるんだろ?
という疑問が涌いてきてしまいます。
わたしが見たものは、かなりわたしのつたない絵に近くまとまった放射状の毛を出しており、
つついた瞬間、その毛を格納しました。
写真を見ていると、これが格納されるもんかいな、と思うかもしれませんが、
ほんとにみごとに、まるで毛が縮んでいくように、そして、伸びるように出入りするのです。
材質を予想すると、毛というよりは蜘蛛の糸のような感じですかね。毛を収納する袋があるというより、
袋の中に、空気と接触すると瞬時に固まる粘液が入っていて、その袋にはシャワーのように穴が開いており、
袋の収縮により粘液が多数の穴から細い糸として押し出されて、このような形になっているような感じです。
・・・妄想はあまり良くありませんが、もしこうしたメカニズムならば、なぜ幼虫時代だけに、
こんな機能を持たせたのか。あるHPでは、自分のあまりあるジャンプ力で着地時に怪我をしないよう、
バトミントンの羽根のように瞬時に体勢を整えることができるようになっているのでは?とあります。

存在を知ると「なあんだ」と興味がそがれることは多いですが、この件については、
ちょっと逆に、面白くなってきました。どうせ埋もれるスレならば、これから、
「ハゴロモの幼虫」というキーワードを得させていただいたので、いろいろ文献など調べてみて、
新たに分かったことがあったら報告させて頂きます。
9=カメレオンさんのフォローと、また博識に感謝いたします。それでは。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)